議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 八重瀬町

平成27年  6月 定例会(第4回) 06月15日−02号




平成27年  6月 定例会(第4回) − 06月15日−02号









平成27年  6月 定例会(第4回)



     平成27年八重瀬町議会第4回定例会会議録 第2号

         招集年月日:平成27年6月15日(月)

         招集場所:八重瀬町議会議事堂

1.開会、散会の日時及び宣言

   開会(平成27年6月15日 午前10時00分)

   散会(平成27年6月15日 午後3時25分)

   開会の宣告(議長 上原勝彦)

   散会の宣告(議長 上原勝彦)

2.応招議員(16名)

3.不応招議員(0名)

4.出席議員(16名)

  1番  神谷たか子       11番  金城秀雄

  2番  照屋 直        12番  知念昭則

  3番  神谷秀明        13番  玉城武光

  4番  宮城勝也        14番  神谷清一

  5番  新垣正春        15番  中村 司

  6番  比屋根陽文       16番  上原勝彦

  7番  金城政春

  8番  本村 繁

  9番  神谷良仁

  10番  金城正保

5.欠席議員(0名)

6.職務のため議場に出席した事務局職員の職・氏名

 事務局長 永山清和    係長 宇地原 勇

7.説明のため議場に出席した者の職・氏名

 町長        比屋根方次  まちづくり計画課長 嘉数成裕

 副町長       福島正惟   住民環境課長    中村通孝

 教育長       金城隆雄   土木建設課長    親泊元秋

 会計課長      金城美智子  社会福祉課長    宇地原 毅

 総務課長      金城哲生   児童家庭課長    石原朝子

 企画財政課長    金城勇誠   健康保険課長    大田 厚

 農林水産課長    山川 満   学校教育課長    新垣正次

 区画整理課長    金城 進   社会体育課長    神谷清和

 税務課長      浦崎勝男   生涯学習文化課長  新垣隆之

     平成27年八重瀬町議会第4回定例会会議録(案件表)

                      (第2号)平成27年6月15日

 会議に付した事件

? 町長提出の議案

  なし

? その他の議案

  なし

本会議の次第

                           平成27年6月15日



△開議



○議長(上原勝彦) 

                           午前10時00分

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布した日程表のとおりであります。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(上原勝彦) 

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第127条の規定により、照屋直議員と神谷秀明議員を指名いたします。



△日程第2 議長諸般の報告



○議長(上原勝彦) 

 日程第2 議長諸般の報告を行います。町長から6月8日の会議における発言について、八重瀬町議会の運営に関する基準第89条の規定によって、お手元にお配りいたしました発言訂正の申出書に記載した部分を訂正したいとの申し出があり、議長において許可いたしましたので、ご報告を申し上げます。



△日程第3 一般質問



○議長(上原勝彦) 

 日程第3 これより一般質問を行います。

 順番に発言を許します。8番、本村繁議員の発言を許します。



◆8番(本村繁議員) 

 おはようございます。もう梅雨も明け、今日も最高32℃という予報になっていますので、体には気をつけて皆さん元気で頑張りましょうな。

 では、通告書に基づき一般質問をやりたいと思っております。まず(1)青年漁師育成について。近年、農業青年育成はよく耳にする。しかし、青年漁師育成については、課題にならない気配があります。本町の若い漁師が安心して漁業に没頭し、年収等を増額させる為には、大きな支援が必要と思われる。町の施策を伺いします。

 ?今年度の施政方針でも、沿岸漁業が主体の零細経営体が大半を占めていると認識している。その認識をふまえ、漁業にも大きな支援が望まれる。今後の計画を伺いします。

 ?今年度の当初予算書において、水産業振興費の負担金・補助及び交付金で新造船購入補助は購入額の5%との事。この率は、消費税8%にも満たない。補助金額を増やす検討をしたか伺いします。

 ?漁業従事の人口変動状況を伺いします。

 ?青年漁師の漁業研修を実施した事があるか、また今後その計画があるか伺いします。

 大きな2番、町道点検について。町民の安心安全な生活環境を創設する事は、重要な課題だと思います。現状は、町道で補修すべき箇所・白線の消えた箇所が多数ある。町道を巡回・チェックし、補修する事を希望します。今後の計画等を伺いします。

 ?町道の点検等を過去に実施し、また補修をしたか。平成25年度以降、何ヶ所か伺いします。

 ?白線が消えた箇所が多く、交通事故が発生しないか危惧する。白線の消えた状況の調査を定期的に実施した事があるか伺いします。

 ?ガードレールが腐食した箇所が存在する。その箇所を調査する計画があるか伺いします。

 ?施政方針で「道路ストック総点検事業に取り組みます」と平成26年度・平成27年度に掲げているが、その実施計画と内容を伺いします。

 ?町道は全体で何本か。合計の長さはどれだけか伺いします。

 大きな3番、通学区域の見直しについて。通学区域変更見直しは、以前から大きな課題である。東風平小学校は本島南部地区においてもマンモス校と知られている。これを解消し、児童生徒がのびのびと学習できる環境を整備する為にも、通学区域の見直しを期待する。今後の計画等を下記項目にて伺いします。

 ?通学区域の見直しについて、各字、学校等と意見調整を実施した事があるか伺いします。

 ?通学区域見直しの実施時期について、検討した事があるか伺いします。

 ?新城小学校児童生徒数の減少について、対策計画があるか伺いします。あとは自席でお伺いします。よろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 おはようございます。本村繁議員の1番目の青年漁師育成についての1についてお答えいたします。

 近年、港川漁協ではパヤオ漁、ソデイカ漁などが主流となっておりますので、平成27年度は一括交付金を活用して、中層浮魚礁の設置を予定しております。

 また、町単独補助としましては、表層浮魚礁設置への50%補助や各種漁業機械への補助、各研究グループへの補助金交付等を継続して補助していきたいと考えております。

 今後の事業としては、一括交付金を活用した定置網設置を計画しておりますが、概算事業費で約3億5,000万円を要し、事業者負担が多額なことや定置網の設置方法、販路や流通をどのように構築するか等、いくつかの課題がありますので、港川漁協と協議しながら検討していきたいと考えております。

 ?について、お答えいたします。新造船購入補助につきましては、これまで漁協からの要望等がありませんので、現時点では補助金増については検討しておりません。

 ?について、お答えいたします。港川漁協における漁業従事者の人口変動状況につきましては、組合員で正組合員、准組合員、合わせて平成18年度77人、19年度80人、20年度が77人、21年度が78人、22年度76人、23年度74人、24年度74人、25年度も74人、26年度が72人とほぼ横ばいの状況となっております。

 ?について、お答えいたします。青年漁師の漁業研修につきましては、町が実施したことはありません。また、港川漁協においても実施したことはないとのことであります。若い漁師への実技指導については、親子間、漁師間で行っているようであります。

 今後の計画は持っておりませんが、漁協側からの要望等があるのでしたら、漁協と連携しながら、どういった研修等ができるのか検討してまいりたいと考えております。

 2番目の町道点検についての1についてお答えいたします。町道の定期点検は、実施しておりませんが、平成24年度より実施した道路ストック総点検事業の結果を受け、危険箇所と判断された箇所の改修を実施しています。

 また、各自治会長や地域の住民から寄せられる情報等によって維持、修繕等を行っていることが多いのが現状であります。平成25年度の補修箇所は19カ所、平成26年度は15カ所を補修しております。

 ?について、お答えいたします。白線の定期的な調査は実施しておりません。白線が消え、危険と判断される箇所については、随時補修しています。道路標示の白線については、警察管轄と市町村管轄等に区分されております。

 例えば、警察管轄は横断歩道、停止線、黄色と白の白線で描かれた中央線、道路標識の中の止まれ、徐行、速度標示などの制限関係の標示であります。一方、市町村管轄は破線で描かれた中央線、道路側線などであります。道路の白線については、3月議会の一般質問にもありましたが、担当課が調査をし、白線が消えかかっている箇所については、随時補修していく予定であります。

 また、警察管轄のものについては、沖縄県交通規制課の方で整備補修を行っています。今後も引き続き警察と協力、連携して整備してまいりたいと思っております。

 ?について、お答えいたします。ガードレール腐食の調査を実施する計画はありませんが、腐食したり、壊れている箇所については、自治会長や地域住民の方から寄せられる情報を参考に調査を行って補修をしております。

 ?について、お答えいたします。戦後の高度成長期に一斉に整備され、道路、橋梁、トンネルなどは50年を経過しようとしています。平成24年12月に山梨県の中央自動車道の笹子トンネルで起きた天井崩落事故は多くの死傷者が出ました。後にその原因は施設の老朽化と施設の点検調査、維持管理の必要性が大きな社会問題となり、内閣府から一斉調査を行う義務づけの通達がなされました。通達を受け、自治体が管理する施設の点検調査、診断を行い、維持管理に伴う修繕計画を策定することにより、施設利用者及び第三者被害を防止する目的のための調査であります。

 ?について、お答えいたします。町道には1級、2級、その他町道があり、全部で553路線あります。総延長は1級町道が20.97キロ、2級町道が35.34キロ、その他町道が176.49キロ、合計で232.80キロとなっております。

 3番目については、教育長から答弁いたします。よろしくご審議をお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 おはようございます。本村議員の一般質問3番目について、お答えします。通学区域の見直しについて、1番、2番の学校での意見調整、そして実施時期等について答弁申し上げます。

 ご承知のとおり、本町では区画整理事業の進展や507号の拡幅事業により、住環境が整備され、年々人口が増加し、それに伴い児童生徒数も増えております。中でもご質問の東風平小学校区内の児童数がかなり増え、現在、児童数973名、学級数も33学級ということで、島尻地域においても一番児童数の多い学校となっております。

 学校教育施行令によりますと、小学校の学級数は12学級以上、18学級以下を標準としていますが、東風平小学校は、現在33学級で、標準を大きく超えている状況であります。そのため、何度か空きスペースを活用して普通教室の増築を行ってまいりましたが、既存の校舎内ではもう限界に来ている状況であります。教育委員会では、その過密化を解消するためには、どうすれば良いか検討してまいりました。

 まず、過密化の解決の1案として校区の見直しが適切ではないかと考え、その調査に入っているところであります。現在、伊覇地区の人口動態を検証しながら、東風平小学校の通学区域内の児童数の基礎調査を行っており、その調査が終わり次第、学校適正化検討委員会を開催し、具体的な校区見直し案を作成していきたいと考えております。

 また、それと並行して地域住民、保護者の方々のご意見も拝聴していきたいと考えております。これまで地域の方々との意見交換等については、新城小学校区に関しては、まず隣接する富盛区内や世名城地区において地域教育懇談会や字総会等々で何度か東風平小学校の過密と、その対策のための校区の見直しについて説明を行っておりますが、保護者を集めての具体的な説明会はまだ行っておりません。

 また白川小学校区においても、地域教育懇談会での東風平小学校区の過密化の説明をしておりますが、白川小学校区見直しに関する具体的な説明会も行っておりません。この通学区域の見直しについては、地域の方々の理解や協力がなければ、実現は難しいものであります。通い慣れた学校が子や孫の時代には、別の学校へということに強い抵抗感を抱く方々もたくさんおられます。また、小学校の校区変更は了解だが、中学校まで影響はさせないでという方もおられます。広く住民の声を聞いて、多くの方が賛同できる通学区域の見直しを目指していきたいと考えております。

 教育委員会では、平成26年度から27年度にかけて調査、並びに説明会、意見交換会を行い、学校適正化検討委員会において十分な議論を交わしてまとめていき、早ければ平成28年度から新しい通学区域に変更したいと考えていたところでありますが、現在、進捗が若干遅れているところであります。

 この校区の見直しについては、地域をはじめ、教育委員会としても大きな課題でありますので、十分に住民の意見を聞いて慎重に議論を重ねていきたいと考えております。

 3番目の新城小学校区児童数の減少についての対策計画があるかについて、答弁申し上げます。新城小学校は、昭和24年に具志頭初等学校より分離独立しました。その当時の児童数は288名と記されております。それ以降の児童数については、祖国復帰後の昭和48年には265名、昭和50年には250名、昭和56年には219名とだんだん減少し、平成元年には171名となり、それ以降、今日まで140名から160名程度の児童数を維持してまいりました。

 将来の児童数を推計しますと、5年後の平成22年が165人でほとんど横ばいの状況になることが予想されております。新城小学校の児童数を一時的に増やすのは、校区の見直し等により解決はできると思います。

 しかし、児童生徒数の減少としては、社会全体が少子化現象であることから、少子化対策の中で少子化を見据えた教育施策を講じていく必要があると考えております。

 まず、少子化が教育に及ぼす影響として、子どもの切磋琢磨の機会の減少、親の過保護や過干渉に陥りやすいこと、子育ての経験や知識の伝承が困難になりやすい。学校行事の部活動が限られてきたり、困難になる。良い意味での競争心が希薄になるということがあげられております。

 その対策として、子どもは社会の宝であり、地域全体で子どもを育てていくという気運を高めたり、子どもたちに多様な体験の場を提供するとか、ゆとりの中で特色ある教育を展開することが必要であります。また今後は、企業や会社等の親が働く場でも子育てと仕事が両立できる勤務環境の整備を行うことも必要だと言われております。

 すなわち社会全体で安心して子育てができる教育環境を実現する子育てや家庭の大切さ、若い世代に理解を深める。子育てをしながら働き学ぶことができる環境を整備する。教育に伴う経済的負担の軽減を図る。地域で子育てを支援する環境を整備する。子育て後のキャリア開発等を支援していくということだと思います。

 今後、そういう観点から少子化に対応できる教育施策を展開していきたいと考えているところであります。以上です。

 訂正申します。答弁中で、5年後の平成22年というのは32年の間違いであります。よろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 細々と町長なり、教育長なり、答弁してもらったんですが、私なりにまた意見をお伺いしたいと思っております。

 大きな1番目の?、いろいろと計画なさっていて、一括交付金を利用し、パヤオとか、そういった計画があると。これについては工事の方法とか、また漁師の方たちとのコンセンサスを図りながらやるということで、非常に期待いたしますので、これらの進捗を見届けたいと私は思っております。

 特に、私は?の新造船購入補助金の価格の5%というのは、この質問にも書いてあるように消費税8%に満たないというのを掲げたんですが、先ほどの答弁では組合からそういった話がないので、それはあえて増額する予定もないという話なんですが、この漁師たちを育てるというその大きな目的からすると、要するに要請があろうと、なかろうと、まずは規定を整備するのが私は行政だと思うんですけど、副町長、その辺のお考えはどうですか。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 町長からも答弁がありましたように、当事者と言いますか、港川漁協の方からそういう新造船補助金について上げてくれと、パーセントを増やして下さいという要請がないということで、その件については検討はしてないということでございます。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 農家はそうでもないんだけど、漁業のことはあまりわからないんですけど、船を例えば新造します。これの耐用年数というのは、どれぐらいでしょうか。その辺おわかりですか。もし、おかわりであれば答弁もらいたいので、それによって今から出る可能性もあるわけですよね、どうです。



○議長(上原勝彦) 

 農林水産課長。



◎農林水産課長(山川満) 

 お答えします。申し訳ないです。耐用年数というのは、把握はしておりません。ただ要綱上、5年を経過したらまた再申請できるというふうには謳われております。

 要綱というのが八重瀬町水産業奨励補助金交付規程というのがあるんですけども、それに各項目ごとの補助金の率があります。それの処分期間ということで、新造船に関しては5年というふうに規定はされております。以上です。

 船舶は、定期船検というのがございます。それが6年に一回ございます。3年ごとに中間検査というのがございます。あとは特に漁船に関しましては、漁に出ますと、一日中エンジンがかけっぱなしということもありまして、耐用年数では測れないというところもございます。要は、時間が経過した時点で、そのエンジンがどういう状況になるかというのが考えられております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 新造船のこととはまた別になるかもしれないけど、同じ八重瀬町水産業奨励補助金交付規程というのがあるんですよね。その中で、漁船エンジン購入に要する経費は、当該経費の7%とあるんですよね。これも消費税の8%に満たない。このエンジンについても要請はないでしょうか。その辺お伺いしましょうね。



○議長(上原勝彦) 

 農林水産課長。



◎農林水産課長(山川満) 

 要請はございませんけれども、船舶に関しましては、船舶の構成するのがファイバーで構成されています。あとはエンジンで、その動力を満たしているんですけれども、ほぼファイバーに関しては、船体に関しては長持ちすると。あとエンジンに関しては、先ほど説明申したとおり、時間によってその状況が変わってきます。

 今、要請はないんですけれども、エンジンの購入補助としまして18年に1件、19年に2件、20年に1件、23年に1件、25年に1件のエンジンの交換ということで申請がございました。以上でございます。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 このエンジン購入の先ほど実績あげてもらったんですが、このときは当該費用の7%は実際に実施なさったわけですね。



○議長(上原勝彦) 

 農林水産課長。



◎農林水産課長(山川満) 

 お答えします。7%で補助を行っております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 課長、そのときに該当者の方から消費税の8%満たないけど、これどうするのという、そういう意見みたいなものはなかったですか。



○議長(上原勝彦) 

 農林水産課長。



◎農林水産課長(山川満) 

 先ほど説明したとおり、25年に最後の申請がありまして、そのときは消費税5%ということで、8%の話はございません。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 私が認識不足で大変すみませんでした。それで消費税というのは、いま国の予定では近々10%になるという話もあります。先ほど船舶購入と、またエンジン購入と、先ほどから話しているように8%に満たないんですけど、特にこのエンジン部分については、このパーセント率を上げた方がいいんじゃないかなと、私は提案するんだけど、執行部としては、これ上げる検討をなさったことがありますか。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 最初に町長が答弁したとおり、これまで検討はしておりません。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 私は、再三お願いしたんだけど、エンジン購入資金が例えば来た場合に、本当に7%、要するに消費税も満たないような7%をやって、この購入者が喜ぶか。私は喜ばないと思いますよ。消費税も買って1%出すような感じのあれだったら、おそらく受ける側もそんなには利益はないと思うし、何でかというふうな疑問が、再三お願いしたんだけど、副町長、最後の一言、上げるのを検討しますという返事はもらえませんか。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。この新造船購入補助金、それから先ほどからあるエンジン等の補助金には、消費税を賄うための補助金ではありません。これは具志頭村当時から漁協側から、漁師の方から、そういう補助金も作ってくれないかということで出来上がった補助金でございまして、先ほどから検討したことはないというのは、そこからそういう要請がないということで検討はしていないということであります。

 ですから、そういう消費税までもいかない補助金では生計が成り立たないので上げてもらえないかというふうな要請があれば、検討はすることになるであろうと思います。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 今の答弁を私は非常に期待しますので、よろしくお願いします。

 進みましょうね。漁業者の人口、先ほど発表してもらったんですが、本当にそんなに多くもなければ、そんなにまた極端に減るわけでもないというふうなことなんですが、私は行政自体のこういった漁業に、いま就職難とか、そういったのがありますので、4番目と絡めるかもしれないけど、研修とか、そういった漁業が要するに県民、または町民にとって非常に働き甲斐のある場所だよという、その位置付けをすれば、この漁業従事の人口は増える可能性はあるんじゃないかなと。今、世間では就職難の時代ですから、そういうふうに私は受け止めているんですけど、その辺の見解は課としては課長どんなですか。



○議長(上原勝彦) 

 農林水産課長。



◎農林水産課長(山川満) 

 お答えします。答弁申し上げたとおり、町が主体となって研修をしたことはないと。漁協の方に伺ってもないと。県の方に確認したんですけども、県の主催でやったことはないということでありました。

 国の方も調べたんですけれども、新規就業者確保育成支援事業というのがございます。これは長期研修ということで、新規に漁業を希望される方が各漁協、県漁連を通して、各漁協に申し込みをして、そこの組合の内部の研修であるとか、実施の状況の研修というのがあります。

 港川漁協に関しましては、それを受け入れしたことはありますけれども、港川の若い漁師が外に出て行って、その研修を受けたことはないというふうに伺っております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 私の通告文書にも書いてあるように、どっちかと言うと、農業者青年育成には本当に力を入れているなと私は感じはするんですよ。

 ただし、青年漁師の育成については、本当にいまいち、悪いことを言えば、町は何考えているかなというのがあるんですよ。というのは、農業青年の場合には、まだ農業をやってない方たち、青年がいて、この家族に、例えばお父さんたちがいて、畑があって、いくら以上あって、この子どもが農業を希望するのであれば、年間150万円ぐらいのその予算でもって生活しながら、この農業を習うようなことがありますよね。こういったのもないものだから、私はある程度は、漁業育成のためにも、要するに新しく従事する青年をさせるためにも必要ではないかなと思ってはいるんですよ。その辺、細かいというか、その辺まであまり考えたことはないんですか。

 要するに、農業者みたいに畑があって農業したいという青年がいる場合に、年間150万円のこの補助金を出しながら育成していて、漁業にはそういった類いの制度も全然ないというあれですかね。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。まず、本村議員がなぜこの質問を出したのか、ちょっと私疑問なんですけれども、と言いますのは、先ほど町長が答弁申し上げましたように、漁協側からそういう形の育成に対する漁業研修ですか、実施してくれという要求等、要請等もありません。

 なぜないのかと言いますと、これは憶測でしかありませんけれども、今の状況を見ていますと、各漁師、今、年々70人台の漁師の数であるという報告がありました。なぜ、その70人台なのかというのも、おそらくこれは私の考えですけれども、漁業権があると。港川漁協自体が船舶がとまれる漁協の大きさがその程度の規模であろうというふうに思っております。

 漁業権が限られた中で、200人、300人と漁師が増えていった場合、生計が成り立たなくなるということもあろうし、漁師の方、結構プライドがありまして、これは当然ですけれども、自分の漁法、方法、他の漁師に教えない、見せない。要するに仕掛けとか、そういう話を聞いたことがあります。

 ですから、その辺の漁場の大きさであったり、漁協の漁港の大きさだったり、その研修というのがどういう研修をすべきなのかというのも結構厳しいところがあって、漁協側からそういう要請がないのであろうというふうに考えております。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 今、副町長の最初の方の言葉で、私は自分としては客観的な立場で質問したんですよ。なぜ質問したかと言われると、私ショックですよ。ただ、私は本当に漁業を知らない。

 ただし、この施政方針とか、それから一般予算関係、これを見て農業はいろいろと施策を考えながらやっているけど、漁業はしてないという感じがするものだから、私、質問したんですよ。先ほどの副町長の言葉は、私はいただけないと思いますよ。何でやったかと言われたら、私どうします。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩します。



△休憩 午前10時35分



△再開 午前10時40分



○議長(上原勝彦) 

 再開します。

 農林水産課長。



◎農林水産課長(山川満) 

 お答えします。青年研修に関しましては、国の制度で先ほど説明しましたけども、新規就業者確保育成支援事業というのがございます。これは行政を通らずに県漁連から各漁協へ問い合わせをしまして、そこの受け入れ体制が整えば、その事業が行えると。

 研修生、並びに受け入れ漁業者にもいくらかの支援金があるということで、その事業が成り立っております。以上でございます。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 この件について、何かもうちょっと奮闘しそうなので、次に進みましょうね。

 次の農道点検についてですが、一つだけやります。?の施政方針で、道路ストック総点検事業に取り組みますと一応答弁してもらったんですが、これは国の施策でもってやっているという話なんですけど、細かく国からのいろいろ説明があったかもしれないけれど、どういった内容なのか。細かく私あまり国語力ないものですから、わかりやすい言葉で説明お願いできますでしょうか、課長。



○議長(上原勝彦) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 それでは、本村議員の質問にお答えします。先ほど町長の方から詳しい説明がありましたけれども、それを省いて、この道路ストック総点検事業というのを説明したいと思います。

 まず、道路の路線がありますけども、これの縦と横の状況を調べまして、それの悪い箇所を報告して、その悪い箇所を予算化しまして整備するということでございます。

 町として、平成25年に橋梁の長寿命化の点検をしたところ、富盛の土地改良の中でありますけども、富盛14号線の中のボックスがだいぶ老朽化しているということで、平成26年度で整備しています。その場所は、議会の皆さんの方も現場視察しに行ったかと思いますので、覚えているかと思っています。

 平成26年度におきましては、学校線のこれは東風平小学校の近くあずま支店の路線ですけれども、そこにボックスが入っていまして、そのボックスも結構老朽化していて小判のコンクリートも剥離している状況でありまして、それを平成26年度から測量設計を入れまして、今年、平成27年度、このボックスの整備をしたいと思っています。

 総点検事業で指摘された箇所については、随時予算化して整備していきたいと担当課では考えております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 今、課長から細かく、わかりやすいような答弁でしたが、例えば総点検ということですから、先ほど町道は553本ぐらいあるとか言ったかな。これは係が実際に行って目でこの点検というあれは毎年なさっていますか。先ほど富盛とか、東風平の話はあったんですが、これは定期的に何月にはやろうと、そういう実施はされていますでしょうか。



○議長(上原勝彦) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 定期点検は実施はしていません。今回、この道路ストック総点検整備事業ということで、国の方から事業がありまして、それに伴って、町道、トータルで553路線ありますけれども、それの路面の状態、あるいは構造物の状態、それを車を走らせての車での点検、あるいは目視、目で見ての点検を行って、悪い箇所があれば、これは報告書によりますけれども、悪い箇所があれば、それを早急に整備していくということで、町としては現在まで定期点検をやってはいません。

 これから維持管理については、重要な課題となってきていますので、今後その事業が終わりましても、町として定期点検を検討していきたいと思っています。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 課長、私はこの質問の文章にも書いてあるように、平成26年度、それから平成27年度、点検事業に取り組みますという確定的な言葉が入っているわけですよ。それをするからには、先ほど点検をしてないという、私はこれは道理に合わないと思いますよ。



○議長(上原勝彦) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 すみません。私の説明不足でありました。この道路ストック総点検整備事業というのは、悪い箇所の調査です。その悪い箇所の調査をやって、早急に整備が必要な箇所をあげてもらって、平成26年度に早急に必要な整備箇所は先ほど申し上げた富盛14号線のボックスカルバートということで、平成26年度に事業は終わりました。

 26年度、27年度もこの道路ストック総点検整備事業を継続しまして、これは道路の悪い箇所の点検でございます。早急に工事をするというわけではありません。この総点検で、悪い箇所ということで指摘された場所を予算化して橋を直したり、あるいはボックスカルバートを直したり、あるいは擁壁等も直したり、今後この点検内容の報告書の内容を見ながら、道路及びこういった構造物を整備していきたいと思っています。以上です。

 すみません、また説明不足であります。道路ストック総点検整備事業は、コンサルに調査を委託して、その報告書をもらうということであります。それを整備する事業というのは、また別な事業でありますので、今回、施政方針にも書かれている平成26、27年度に道路ストック総点検整備事業をやりますというのは、これはあくまでも点検するための委託事業であります。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 何かわかったような、わからないような感じの、次に進みたいと思っております。

 通学区域の見直しについて、この通学見直しということは、私の考えでは行政が学校運営を適正化するためには、ある程度、それは町民からいろいろ要件も聞いてもいいことはいいことなんですが、あまり言い方悪いかもしれんけど、これにばっかり気を取られていたら、この学校運営のところでちょっと支障を来すところがあるんじゃないかなと私は思って、ある程度、強制的な方法でもいいんじゃないかなと、私は思うんですけど、教育長いかがでしょうか。



○議長(上原勝彦) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 校区の見直しについては、行政で強制的にやってしまうと、地域住民の混乱を招くとともに、行政不信に陥ると思います。十分協議を重ねてやっていくべきだと思っております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 私、糸満市をちょっと例にあげるのは厳しいかもしれませんけど、以前、糸満南小学校とありましたですよね。向こうからいま確か糸満市の役所の近くに移転しています。場合によっては、これも校区、おそらくああいった要するに町が進める行政の強制的なものも必要ではないかなと。先ほど言ったように意見を聞くのもいいんだけど、もう過密化して、私たまに見るんだけど、何か東風平小学校の体育の時間かな、校舎の下駄履きの広場で何か授業をやっているような雰囲気もちょこちょこ見るんだよね。要するに、グラウンドあるんだけど。グラウンドを使うのがだぶってしまって、彼らが使えないところは、おそらく下級生あたりかな、何か下駄履きのところでやっているような現状もあるみたいなんですけど、その辺は確認はいかがでしょうか。



○議長(上原勝彦) 

 学校教育課長。



◎学校教育課長(新垣正次) 

 お答えします。東風平小学校973人の在校生がおります。今、運動場の使用についてですけども、それから教室の利用についても、特別教室については不足になっております。ただ、普通教室につきましては、これまでずっと増設、増設、改装で普通教室には収まっております。

 ただ、運動場につきましてもその旨ちゃんと授業時間割等でちゃんと与えることになっております。体育館の下、ピロティーですけれども、暑くもなくて大変利用価値もあって、その部の都合で使ったと考えられます。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 973名の児童生徒で、おそらく教室の33学級というのは、これは新年度は増える可能性はありますでしょうか。



○議長(上原勝彦) 

 学校教育課長。



◎学校教育課長(新垣正次) 

 お答えします。およそ40人ほどが増えるものと考えております。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 そうなった場合に校舎の数、私、去年までの校長先生かな、一回会ったんだけど、教室の不足はわかるんだけど、自分としてはプレハブ教室は嫌だと直接聞いたんですよ。その時に役場がおそらく校長先生の近くのところでちょっとレイアウトして2カ所ぐらい教室を増やしたことはわかるんだけど、これはプレハブの建築とかもありますでしょうか。



○議長(上原勝彦) 

 学校教育課長。



◎学校教育課長(新垣正次) 

 今後の児童の増によっては、プレハブも十分考えられます。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 これはまたプレハブ建設も一括交付金で大丈夫ですか。



○議長(上原勝彦) 

 学校教育課長。



◎学校教育課長(新垣正次) 

 プレハブにつきましては、国庫補助金も一括交付金も該当しないものと考えております。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 私は、この通学区域の見直しについては、おそらく平成28年度からできるかなというふうなある程度、期待感を持ちながら質問をしたんですが、今日答弁を聞く限りでは、なかなかそれが進まないという話があるので、教育長、遅くても平成29年度には見直しできるというふうな、その断言を、もう来年はできないかもしれんけど、29年度は確定的にできるというふうな検討、また見通しはありますでしょうか。



○議長(上原勝彦) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 先ほど課長からも答弁がありましたけれども、年々児童数が増えて、来年40名ほど増えるという予想されております。

 ただ、この校舎の普通教室の対応については、プレハブで対応せざるを得ない状況になろうかと思います。

 ただ、校区の見直しについて検討いたしますけれども、最終的にはその検討委員会でどのような判断が出るか、それを参考にしながら決定をしていきたいと思いますけれども、それが一過性なものなのかどうか。例えば、4〜5年でまた緩和していくということであれば、校区の見直しについても、糸満市が行ったように、あとでまた元に戻すというような感じにならなければいいのかなということで、そこをまた慎重に考えないといけないという点もあります。

 これについては、長いスパンで児童数の人口動態も見ながら検討させていただきたいと思います。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 もう最後の質問したいんですが、教育長、本当に遅くても29年というのは、これは断言できますね。



○議長(上原勝彦) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 お答えします。29年度までにどのような方向性になるか、その方向性を示すことは可能と思いますけれども、校区の見直しを実施するかどうかについては、はっきりはいたしません。

 ただ、校区の見直しをするのか。しないで、そのまま行くのか。見直しするにしても、また再度、継続して進めるのかどうか。これは住民の意見をまた最大限に尊重した結果になると思いますので、しかし、27年度までには、どのような方向でいくかという大まかな検討はつくものと考えております。以上です。



◆8番(本村繁議員) 

 終わります。



○議長(上原勝彦) 

 これで、8番本村繁議員の一般質問を終わります。

 次に、2番照屋直議員の発言を許します。



◆2番(照屋直議員) 

 おはようございます。本日の2番バッターで質問させていただきます。今日は一般質問の後、自然体験学校さんの説明会とか、ハーレーの練習もあるということですので、サーラナイ進めたいと思いますので、ぜひ当局には簡潔で前向きな答弁をお願いします。

 通告書に従って質問します。今年は、戦後70年ということで、特に6月は慰霊の日を中心にいろんな行事がありますので、まずそれに関連した質問になります。

 八重瀬町は、山梨県身延町との交流事業を行っているわけですが、その交流事業継続が難しくなっていると聞こえてきています。そこで、次の点をお伺いします。事業継続が難しくなったのは何故でしょうか。

 次に身延町との交流は、旧中富町出身の山中幸作さんが建立した慰霊塔がきっかけだと認識していますが、この交流事業の引率等で訪問された関係者は、それをきちんと認識されているのか伺います。

 3番目に、この山中さんが自費で建立した慰霊碑は、全国、沖縄を除く46都道府県の中で、最も早く建立されたというふうにも聞いております。そのことを説明した説明板をその慰霊塔の周辺に設置する考えはないか、お尋ねします。

 次に、小中学生への携帯電話とスマートフォンの指導についてです。今年4月4日、信州大学の入学式で山沢学長がスマートフォンの弊害を指摘して「スマホやめますか。それとも信大生やめますか」と発言し、大きな話題になりました。大学生でも弊害が多いとされる携帯・スマホは上手に使わなければ小・中学生にはさらに有害なものになってしまうと思います。そこで、次の点をお伺いします。

 町内の小中学生の携帯、並びにスマートフォンの所有率はどうなっているのか。2番目に、保護者に子どもたちへの携帯・スマホ使用について、どのような呼び掛けを行っているのか。3番目に、浦添市では「こどもたちをサイバー犯罪から守ろう!」というパンフレットを作成し、児童生徒の全世帯に配布したと聞いています。八重瀬町での取り組みはどのようになっているでしょうか。

 最後に、地域防犯についてです。最近、テレビニュース等でも事件、事故に絡む場合、かなり防犯カメラが証拠という形が出まして、事件、事故の解決だけでなく、防犯という部分でも防犯カメラが大きく貢献していると思います。

 そこで、次の点をお伺いします。町内には何カ所で防犯カメラが設置されているのか。調査したことがあれば、その数を教えていただきたいと思います。

 次に、最近本土の自治体では公用車にドライブレコーダーを設置して「移動型防犯カメラ」として活用する例が増えているとの報道があります。八重瀬町でも検討されてはいかがでしょうか。以上です。

 再質問は、自席から行います。よろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 照屋直議員の一般質問にお答えします。まず、山梨県身延町との交流事業について申し上げます。1番目の事業継続が難しくなったのは、なぜかということについて、お答えします。

 八重瀬町における山梨県身延町との少年少女交流事業につきましては、平成20年度から平成26年度までの7年間、小学生219名、中学生30名、高校生14名、引率者52名、計315名を派遣し、将来の八重瀬町を担う少年少女の人材育成と健全育成に大きな成果をあげてきたものと考えております。

 しかし、この7年間は、本町からの派遣のみで身延町から本町を訪問することがなく、町議会や関係者らから双方向での交互の訪問研修を実施すべきであるとの意見が寄せられており、町教育委員会から再三身延町へお願いをしたところ、身延町からは財政的に児童生徒の派遣は厳しく、受け入れの対応のみをご了承下さいとのご返事でした。

 そのような状況の中、身延町から今年度以降の交流受け入れを無期限延期したいと、実質上の受け入れ辞退の連絡がありました。こういう事情では、やむを得ないということであり、身延町との交流事業は一応終了することになりました。現在、新たな交流市町村を模索しているところであります。

 2番目に、山中幸作氏が建立した慰霊の碑がきっかけで交流事業を行ったということについて答弁申し上げます。身延町との交流のきっかけは、照屋直議員のご指摘のとおり、身延町合併前の旧中富町出身の山中幸作氏が私財を投じて、八重瀬町具志頭に甲斐塔の前身となる慰霊の塔を建立したことが縁となったようでございます。

 交流事業で訪問した関係者がそのことをきちんと認識しているかと問われれば、現段階では八重瀬町、身延町の両町の関係者は十分には認識してないのではないかと思います。もちろん人材交流直後の両町の広報誌やホームページには、子どもたちの交流の写真とともに山中幸作氏の慰霊の碑や甲斐の塔がきっかけで平成7年から旧具志頭村との交流事業が始まったことが紹介されております。

 山中幸作氏が建立したのが、昭和28年(1953年)6月15日であります。そしてそれが改築されて甲斐の塔が誕生したのが昭和41年11月8日ということが記されております。

 3番目に説明板を設置する考えはないかということについて、お答えします。山中氏が自費で建立した慰霊の塔については、このことを記した説明板を慰霊の塔近くに設置することは、山中氏の功績を後世に伝えることであり、大変意義深いことだと考えております。

 今後、説明板の設置について、甲斐の塔設置者の山梨県や、山中氏の出身地の身延町に提案し、そして協議するとともに、ご遺族の意向も踏まえながら、相互で検討せていただきたいと思います。

 次に2番目のスマホ指導について、答弁申し上げます。町内小学生の携帯・スマホの所有率はどうなっているかについて、お答えします。昨今、スマホ利用の子どもたちへの健康被害に対する指摘が多くなっております。5月の県教育委員会連合会研修会においても「メディア漬けで壊れる子どもたち」と題しての清川輝基先生の講演会があり、その中でもスマホ、パソコン漬けの子どもたちの健康被害の話があり、今や深刻な状況にあると警鐘を鳴らしております。

 その被害は生まれたときから発生し、90%の母親が母乳を与えながらテレビを観たり、スマホをやることが原因で、乳児と母親の目線が合わない。つまりアイコンタクトが取れなくなっているといい、さらに1〜2歳児からスマホをおもちゃ代わりに与えてしまい、平面画面を見続けることによる視力低下、遠近感を調整する能力が低下していること。そして80%の小学生の視力が1.0以下になっているとの報告や運動機能の劣化や脳、特に前頭葉への影響などが懸念されているところであり、早急な対策が必要とされていると訴えております。そういうことを申し上げて、答弁に移らせていただきます。

 携帯・スマホの所有率については、平成25年度に本町における小学生5、6年と中学生の児童生徒611人を対象に携帯電話等所有のアンケート調査を実施した結果、611人中237人が所有していると回答がありました。実に約40%の児童生徒が所有している数字が出ております。

 本調査は、25年度の結果であり、27年においては携帯電話料金プランの値下げや数々の値引き合戦により、所有率は高くなっていると予想されております。半数の児童生徒が所有しているのではないかと危惧しているところであります。

 2番目の保護者に子どもたちへの携帯・スマホ使用について、呼びかけについて、お答えします。現在、町立小中学校における児童生徒の携帯電話の使用は認めておりません。しかし、家庭の事情等で特に必要とされる場合は、校長と保護者の面談の上、校内での所有を認めている事例はあります。携帯電話、スマホ使用への呼びかけ等の取り組みとして、児童生徒向けの講演会や授業の中で携帯・スマホに関わる情報化社会とモラルについての学習が学校で行われております。

 特に、県警本部によるサイバー犯罪対策係による講演会は効果的であり、ある学校では日曜参観にて開催し、保護者同伴による講演会として成果をあげている学校もあります。

 しかし、実態としては児童生徒の携帯アプリを利用した、いじめ的なことも事実としてあります。その他にワンクリック詐欺や高額請求などの実態を踏まえますと、大人の喫緊の課題であると思います。そのことからもネット被害防止ガイドラインの周知活用を図り、ヤーナレー事業の促進を図っていきたいと考えております。

 3番目について、お答えします。サイバー犯罪から守るためパンフレットを配布している。本町での取り組みはどうかということであります。本町の取り組みといたしましては、先ほど申し上げましたネット被害防止ガイドラインの周知活用や大人版ゴーヤー運動、ヤーナレーフカナレー運動を推進するとともに、学校においてもこれまで以上にネット被害から子どもたちを守る学習を増やしていくよう取り組んでいきたいと考えております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 照屋議員の3番の地域防犯についての質問について、お答えいたします。まず1番目、町内の防犯カメラの設置状況については、特に調査したことはありません。町が設置しているものについては、東風平運動公園内へ利用者の安全を図ることを目的に一括交付金を活用し、防犯カメラ31台を設置しております。

 ?について、お答えいたします。その有効性及び必要性については、今後財源を含め検証を行っていきたいと思っております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 照屋直議員。



◆2番(照屋直議員) 

 有難うございました。ちょっと身延町の件にいきましょうね。そもそも疑問に思ったのは、子どもが世話になって身延町へ行ったときに、東風平の人間としては全然何で身延なのかというのがわからなくて、ネットで調べたら、どうもそういうことらしいと。

 ところが、オリエンテーションとかの資料を見ても全然出てこないので、ちょっと子どもたちにもそれを強調しておいた方がいいんじゃないのかなと思っていたら、もうダメになったというので、若干、タイミング的には遅い部分もあるんですが、山中さんが造った慰霊塔28年というのは、当然、教育長と要するに同い年なんですよ。だから、本当に沖縄がどういう状況であったかというのは、私が生まれる1年先ですので、容易に想像つくので、これは身延町との交流というのが事実上ダメになったというか、継続できないにしろ、八重瀬町にその慰霊塔があるわけですから、町内の子どもたちにそれをアピールするという部分でも、戦没者に敬意を表するとか、そういう部分でも、第一次的には山梨県であったり、身延町であったりかもしれないんですが、八重瀬町として、これはとっても意義があると思うんですが、先ほどの答弁をいただいたんですが、その辺を踏まえて、あと一声お願いできますか。



○議長(上原勝彦) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 山中幸作氏がこの具志頭の地に慰霊の碑を建立したのは、県内でも一番最初だと言われております。そして山中氏はいろいろ各地を回って5つの慰霊の碑を建立したと聞いております。このように戦争の悲惨さを訴える、そして二度と戦争を繰り返してはいけないという思いがここに建立したのではないかということで、このことについては後世にぜひ伝えなければならないことだと考えております。

 この山梨県の交流の際に、これまで事前研修等々はなかったわけですが、20年度から始まったときに、事前研修を行うようにしておりまして、出発する前に甲斐の塔の周辺を掃除したり、そういったことをして子どもたちにこの意義を伝えることもやっております。

 身延町との交流事業はなくなったんですが、ぜひ山梨県内の市町村と交流ができればいいかなということで、まず優先的に山梨県の市町村を今模索しているところであります。

 ぜひこの甲斐の塔の意義をこれからも子どもたちにも伝えていきたいなということを考えております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 照屋直議員。



◆2番(照屋直議員) 

 身延町との青少年の交流事業は、ある面しょうがないんですが、これまでの事業いろいろ調べてみると、派遣する、向こうからいらっしゃるはそうなんですけど、具志頭中学が身延町和紙を作るとかで、そこの職人さんが指導に来て、中学生が自分たちの卒業証書を作ったとかというのをネットでポッと出てきたりするんですよ。

 だから、そういう派遣したり、こっちに来てもらったりという形では難しいにしても、何らかの形で接点がすべてアウトになるというのは避ける工夫があればと思いますが、いかがですか。



○議長(上原勝彦) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 お答えします。そういう方法で交流ができれば、素晴らしいことだと考えております。ぜひいろんな人材の交流が、例えば今おっしゃった技術的なものとか、そして両町、両県のまた特産品等のこういう交流等ができればいいかなと思っております。ぜひ模索をさせていただきたいと思います。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 照屋直議員。



◆2番(照屋直議員) 

 慰霊塔に関しては、あと意見です。慰霊塔は、私共富盛は、ちょっと自慢話になりますが、終戦直後に富盛のあちこちに散らばっている遺骨を集めて、八重瀬の塔を造って、今現在まで部落でずっと慰霊祭をやっているんですよ。だからややもすると靖国でどうのこうのとかというふうになるんですけど、戦没者にきっちり敬意を示すという部分で、とってもこの質問に拘ったのはそういう理由があります。

 それと語り継ぐというのが難しいというのは、とっても実感がありまして、前に謝花昇先生の生誕150年で上杉茂憲県令の話をさせてもらったんですが、なかなか現実問題難しいと思うんですが、そうこうしているうちに、つい先月、中央公論社から沖縄の殿様ということで上杉茂憲について相当細かい調査をやった直木賞作家さんが書いた本が出て、これは東風平間切りを訪問したときの、その県令の非常に感情が強く出て、東風平を標的とせよといった発言が出たとか、謝花昇なんかを県費留学で送ったときに、実は県令としてのそろそろ自分の立場がまずいということで、大慌てでその5人の留学生を送って、彼らが東京に着いた後、学習院と掛け合って入学させたとか、八重瀬町にとっては、学習できるという部分では非常に意義があるんです。

 ただ、上杉というのはさすがに名門中の名門で殿様ですので、こういうふうに100年以上経ってもきちんと評価する本も出るんですが、一般の人々はなかなか振り向いてもらえないんですよ。そういう意味で、ぜひ山中幸作さんについては、町単独ででも頑張っていただきたいと思います。

 次、スマホの件に移ります。この質問通告書を出した後、沖縄タイムスさんが連載をやりまして、私の質問にそれだけ注目しているのかなとも思ったんですが、現実問題、私、携帯は通話以外は全く使わないので、どういう機能があるのかというのは全く理解してないんですよ。だから、対策はやらんといかんと思うけど、実際問題、何からというのはかなり厳しい、私的には質問もピント外れになる部分もあると思うんですが、学校の持ち込みが原則禁止というのはあれなんですが、専らよくわからんけど、LINEだの、何だので家に帰って後、もう勉強時間がなくなる、睡眠時間が短くなるという記事やら何やらいっぱい出てくるんですが、その自宅でどう使っているかという調査ってやったことありますか。



○議長(上原勝彦) 

 学校教育課長。



◎学校教育課長(新垣正次) 

 お答えします。携帯電話やスマートフォンのアンケート調査の中に携帯電話やスマートフォン、それからSNSと言われる、いわゆる会員制の交流サイトを利用した子どもたちはありますかという質問については、ほとんどの子どもたちがやっているという中で、じゃどれぐらいの時間でやっているかと言いますと、当然、学校ではできないことですので、2時間から4時間を利用しているという子どもが最も多い時間です。



○議長(上原勝彦) 

 照屋直議員。



◆2番(照屋直議員) 

 先ほども言いましたけど、こっちの分野、これ以上聞くと、こっちに知識がないのがバレバレになるので、この程度で終わりたいんですが、浦添市が先ほど質問出したんですが、こういうパンフレットを作って、全世帯に配布してという部分で、一枚頂戴と言ったら、どんどん宣伝して下さい、いっぱいもらっちゃったので、あとであげますので、ぜひこの辺も参考にしながら、まず基本的には保護者にそういう危機感というかな、そのスマホの危険性みたいなのを認知させることが重要かと思いますので、よろしくお願いします。

 あとの防犯カメラなんですが、防犯カメラというのは基本的に、いわゆる犯罪抑止、予防という部分で、特にコンビニが一般的には設置されているというふうな認識はあるんですが、実際、事件、事故があるとコンビニの防犯カメラで解決したとかがあって、抑止効果の方をちょっと私はむしろ期待しているんです。

 だから公用車につけるというのは、固定式じゃなくて、グルグル町内走り回っていますので、例えばドライブレコーダーつけました。それで大きなステッカーで、そういうこともやっていますよという部分をアピールすれば、八重瀬町の安心安全という、あそこはウカットグヮー、ナランドーというふうな抑止力にもなるんじゃないかということでの質問でした。それを踏まえて、ちょっと一言いただければ。



○議長(上原勝彦) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 お答えをいたします。ただ今の照屋議員の公用車へのドライブレコーダーの設置、防犯目的にということでありますが、私もこの質問をいただいてからインターネットで全国各市町村の状況等を調べさせていただきました。

 主に多くは、公用車の安全運転、職員の自覚というところで、その要綱を設置して公用車全部にドライブレコーダーを設置しているというふうにありました。

 ただ、いま照屋議員が提案をされているように、町内を走る公用車にドライブレコーダー、これを設置して防犯効果を高めるというのは、確かに効果があると考えております。

 今後、これは1台当たりいま3,000円から2万円程度の設置料で可能だということで、いま調べております。それも財政の方と相談をしながら、効果を検証しながら設置できるかどうかはこれからですが、その検討をしてまいりたいと思います。大変有難うございます。



○議長(上原勝彦) 

 照屋直議員。



◆2番(照屋直議員) 

 私はそろそろ終わって、3番バッターの良仁議員に譲ります。



○議長(上原勝彦) 

 これで、2番照屋直議員の一般質問を終わります。

 次に、9番神谷良仁議員の発言を許します。



◆9番(神谷良仁議員) 

 ハイサイ、グスーヨー、アチクナティヤーサイ。ハーリーガニヌ、ナイヌメーカイ、梅雨明けし、クンドー雨、イフェーイキラサンネースシガ、断水サンガヤーンチ、ワンネー、シワソーイビーシガ、ウヌシワヤカ、チューヌ、一般質問ガルクーテヌ、シワーナトーイビーシガ、一般質問始めていきたいと思います。

 改めまして、おはようございます。同僚議員から指名があり、今から一般質問を始めるんですけど、最近、3番目というのが少し定着している感じがします。非常にお昼前になるのか、お昼終わってからなるのか、いつも私は時間を気にしながら立っているんですけど、その前のお二人が早めに終わったということもあって、今日も午前中、切りのいいところで終わらせたいなと、私自身思っています。前回、自分なりには、少し早めに終わった自負もあるので、今日も執行部の切れの良い答弁をいただいて、早めに終わりたいと思っておりますので、ご協力よろしくお願いします。

 それでは、1.企業誘致について。企業誘致に関する取組み状況をお伺いする。2.伊覇区画整理地区内幹線3号線と4号線の交差点、幹線3号線と6号線の交差点における信号機設置についてお伺いする。3.一括交付金について。一括交付金事業に対して、町民公募の案内はどうなっているのかお伺いする。

 以上、再質問は自席からとさせていただきます。よろしく答弁の方をお願いいたします。



○議長(上原勝彦) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 神谷良仁議員の質問について、お答えいたします。まず1番目の企業誘致について。平成23年に策定した八重瀬町企業立地基本構想に基づき、企業立地重点地区8カ所を検討し、その土地利用状況に応じて企業誘致を進めております。

 最近では、あけもどろてだこ学園の跡地利用について、土地所有者と今後の土地利用についての意見交換を行いました。また、東風平庁舎の跡地利用についても県と協力しながら、情報通信関連企業の立地を進めましたが、実施に至ってはない状況です。

 本町は、情報通信産業振興地域に指定されており、企業立地促進法や沖縄振興特別措置法の制度を利用し、税制上の優遇措置を受けることができるので、土地所有者や地域住民との合意形成を図りながら、誘致の取り組みを進めていきたいと考えております。

 また、沖縄地域産業立地推進協議会の会員として、県や各市町村と連携し、企業誘致を推進してまいりたいと思っております。

 2番目について、お答えいたします。交通行政について。伊覇地区や幹線道路及び区画整理が完了し、地区内の道路においては、住宅の建築や店舗等が立地し、徐々に交通量も増えている状況であります。ご承知のとおり、幹線3号と6号線が交差する画地には、新庁舎が来年1月より業務開始の運びとなり、町内外から多くの来客をはじめ、多くの車両の出入りが予想されることから、平成27年1月21日に糸満警察署へ信号機の設置要請を行っています。

 現地を調査した警察署の見解は、交通量も多く、事故も多発していることから新庁舎が開所されると危険性の増、及び交通渋滞の懸念から糸満署管内で第一優先地区に指定し、県警本部に早期の信号設置要請を行っているとのことでありました。信号機が設置されるまでの間、安全対策を警察署との協議の上、実施してまいります。また、警察署においては、取締りを強化しております。

 なお、幹線3号と4号線をはじめとする、その他の幹線道路の信号機設置については、今後の状況を見ながら検討していきたいとのことであります。

 3番目について、お答えいたします。一括交付金について。町広報やホームページを通し、町民及び町内関係団体からの八重瀬のまちづくりに関する提案を募集しております。4月に修学旅行、観光誘致強化事業の提案が1件あり、6月に動物愛護週間やドッグランを作ることの意見、提案が1件ありました。企画財政課で提案内容を検討し、関係課において内容の検討、調整を行っておるところであります。以上であります。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 それでは、再質問をさせていただきます。ちょっと時間配分を自分なりに考えているので、少し順番は違うと思うんですけど、この一括交付金について、先に再質問させて下さい。町民への案内ということで、やえせだよりの5月でしたかね、それにも公募が載っていました。

 ホームページも少し見たんですけど、私ちょっと探しきれなくて、課長に聞いたら、3月はじめ頃ですか、ホームページにはアップしたということだったんですけど、そのホームページはお知らせというところがあって、日々新しいお知らせが出てくると、古いのがたぶん10行ぐらいですかね、最初のページに表示されるのは。

 ですから2、3日ぐらい経つと、もうトップページからこの案内が、お知らせが消えていって、履歴をちょっと追っかけていかないと、なかなかその過去の案内が見れないということで、できれば継続したお知らせ、特にこの一括交付金というのは、少し町民も期待しているところは大きいなと私は思っていますので、ぜひお知らせに載せて、トップページから消えていくと言うんですか、過去の履歴に残ったとき、また再度、お知らせの方にあげるとか、そういうこともちょっとやってみてはどうかという話もしております。

 過去に富盛の土地ですか、あそこがなかなか販売できないということもあって、向こうも結構売れるまでホームページに載せて、お知らせから消えると、また新たに同じ内容を載せるということで、結構継続して載せていた経緯があるので、その辺もこの一括交付金、今年度だけじゃなくて、次年度以降もたぶん予定はあると思いますので、ぜひ私としては、やえせだよりも載せていますし、ただ、やえせだよりはやっぱり遡ってみるということがなかなかない方も多いかと思うので、せっかくリニューアルしたホームページ、もう少し上手に掲載して、町民への案内をやっていただきたいなと思いますけど、答弁ちょっと課長、またお願いできますか。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 神谷良仁議員の質問にお答えいたします。ご質問のあるように、このホームページ、そして広報を通して八重瀬町、地元を元気で活気あるまちにするために福祉関連、そして農林水産業関連、文化観光スポーツ関連事業などについてハードやソフト事業でまちや人、全体に関わる幅広い考え方の建設的な意見提案を募集しますということでやっております。

 そして3月号から広報とホームページにもあげておりますが、先ほど指摘がありますように、ホームページにつきましては、トップページから新しいのが更新されるたびに消えてくるということがございまして、先日は6月に新たにまた更新をしているところです。

 ご指摘にあるように、今後、定期的にこの公募を行っている課につきましては、履歴を更新していきたいなと思っております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 ぜひとも継続して案内をしていただきたいと思います。それに関してですけど、この一括交付金という事業を見ると、当初は観光に資するとか、いろいろ我々も勉強不足なところがあって、なかなかこの一括交付金の対象事業が見出せなかったということもあるかと思うんですけど、最近も地元の区長から一括交付金を使って、こういうのができないかなという相談をちょっともらったことがあって、町民によっては、この一括交付金事業が非常に何でも使えると言うんですか、自由に使えるというちょっと認識もあるのかなという心配もあって、ぜひこの一括交付金事業が、どういうのが対象だよと。どういう趣旨だよということも併せて知らせてほしいなと思うんですけど、そういった趣旨及び対象事業がどういうものだよということがうまく町民にも行き届いているか。その辺はいかがですか、課長。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 お答えします。一括交付金の趣旨、要綱からするといろいろ細かいところがございまして、町民に対して広報で知らせるのは、なかなか難しいところもあるんですけれども、広報の中で、これまで24年度から実施した事業について、それぞれ挙げております。

 そして広報、ホームページにつきましては、この事業に関する、もうちょっとわかりやすく、また新たに広報には、ホームページには更新も一緒にしていきたいなと思っております。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 ぜひお願いします。先ほど地元の区長のお話も出したんですけど、たまたま私のように地元に議員がいるところは、区長は私とかに聞いて、事業の内容がどういうものだよと。どういうものに一括交付金事業が使われるんだよという説明ができるんですけど、自治会というか、地域によっては、我々のような議員がいないところが数多くありますので、地元の区長あたりには、ぜひその趣旨がうまく浸透できるようにしてもらいたいなと。

 参考に、私、区長に聞いたんですけど、例えば、今、月2回ですか、区長会があると思うんですけど、その区長会の中でこういった一括交付金事業の案内とか、内容がこういうものだよという説明がなかったかどうか、ちょっと聞いたんですけど、うちの区長は聞いた覚えがないという答えだったんですけど、その辺り区長会とかでこういう一括交付金事業の案内、そういうのはやられたことがあるのか。どうですか、課長。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 お答えします。特に改まって、区長会の中で、この一括交付金についての説明はいたしておりません。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 定例であるので、ぜひ、今ないということなんですけど、今後そういった区長会の中でも先ほど私が言ったように、うちの地元は私に一括交付金事業ってどういうものに使えるのというのを聞くんですよ。だから、私のように議員がいない自治会の区長は、本当にわかっているのかな。あるいはそういうふうにせっかく案内をかけても、どういうものに使えるのかというのがうまく行き届いてないと、なかなか案も出てこないんじゃないかなという気がするので、今後ちょっとそれはそんなに難しいことではないと思います。区長会の中で、こういう事業に一括交付金が使えますよというのをちょっとやっていただきたいんですが、それはいかがですか。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 ただ今の意見につきましては、また総務課の方とも調整しまして、区長会の中でこの一括交付金についての説明会ができたらなと思っております。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 ぜひお願いします。今まで事業というのは、行政主導が多かったんですけど、非常に今回、こういった内容を公募するということは、町民の意向を聞いた事業が今後できるのかなということで、私は嬉しく思っています。ぜひ継続してやっていただきたいなと思います。一括交付金に関しては、これで終わります。

 次、信号機の件についてです。先ほど町長から答弁いただきました。新庁舎予定地の交差点、そこには管轄糸満署の方にもちょっと問い合わせをしたら、1月を目途に糸満署としても信号機の設置を考えているという答えをいただきました。

 そのときに、ちょっと休憩いいですか、すみません。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩します。



△休憩 午前11時40分



△再開 午前11時40分



○議長(上原勝彦) 

 再開します。

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 いま言った幹線3号線と幹線6号線は、交差点に信号機ができると。もう一つ、幹線3号線と4号線の交差点、そこも信号機は私は必要じゃないかなという気がするんですけど、ますます交通量が幹線3号線増えてくると、たぶん向こう優先じゃないんですよね、道路的には。一時停止になっているので、ましてや左側と言うんですか、役所から、新庁舎から行って交差点入って左側から来ると、少し下り坂にも入っているものですから、結構スピードが出るんじゃないかなと。

 ですから、そこも少し危険な地域になるんじゃないかなと思うんですけど、その辺りは信号機設置に関して、どういうふうに考えているか、答弁をお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 お答えします。今の3号線と4号線の交差点、かねひでスーパーの方から入りましての交差点になるかと思います。そちらの方も含めて、それから上の方の幹線1号線、琉銀側から入ってくる道路が幹線1号線と言います。その方の交差点及び3号線と6号線の交差点、今の役場予定建設地の場所と、今度は東風平中央線と言いまして、3号線とぶつかるローソンがあるところの交差点、及びそこの4交差点については、糸満署と協議しながら順次交通量を見ながらやっていきたいという調整はやっております。

 当面の安全対策としまして、現状を見てわかるとおり、カラーコーンを中央の方に立てまして交通規制を行う、それを行う前にあたっては多少の事故がございましたので、糸満署の方については、白バイ隊及び警察署の方々のミニパトロールでの交差点においての指導もいま随時行っている状態であります。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 いま言った幹線3号線と4号線、あるいはそこの信号機、少し糸満署にも聞いたんですけど、そこへの信号機の設置の予定はないですかと聞いたら、糸満署はないということだったんですけど、参考に町から信号機を設置してくれという要望はないですかってちょっと聞いたんですけど、私が聞いた人の個人的な答えかもしれないんですけど、今のところ、町からは来てないということをちょっと言われたものですから、ぜひ継続して信号機の設置は働きかけていただきたいなと思います。

 余談なんですけど、この3号線と6号線の交差点も糸満署として、役所が来ると危険になるだろうという予測で、糸満署自体として信号機が必要だという認識で設置を働きかけていると言い方をしていたので、ぜひそこに該当する我々がもっと声を出して、それ以外の場所での信号機の設置も大きな事故が起こらないうちに、ぜひ町からもいつも信号機の設置の依頼が来ているよと言われるぐらい足を運んでほしいなと思うんですけど、課長、もう一度答弁お願いできますか。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 先ほど担当、どなたに聞いたかわかりませんが、町としての担当者との協議としては随時、交通量は増えますので、信号設置よろしくという捉え方でやって、優先順位として今の3号、6号の交差点の役場予定建設地の位置については、早めにということで、先ほど聞かれたと思うんですけど、1月を目途には糸満署もやりたいということの回答は口頭ではいただいてはおります。

 今後のこういう交差点についても住宅建設及び今後のうちの宅地造成等によっての住宅建設はだいぶ増えますので、そういう面から常時見ながら要請はしてまいりたいと考えております。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 有難うございます。ぜひ継続してお願いします。最後になりますが、企業誘致、町長の答弁にありますように平成23年ですか、八重瀬町企業立地基本構想というのができています。そこで原点に返ってというか、町が企業立地、企業誘致に取り組む目的と言うんですか、それはどこにあると認識していますか。ちょっと答弁いただけますか。



○議長(上原勝彦) 

 まちづくり計画課長。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 お答えします。町の企業立地については、積極的に誘致して、雇用の促進等を図りたいということで、それと町民の所得向上ということで考えています。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 そうですね、雇用の促進、それ以前に私は税収、法人税、そういった町にとっての税収面が非常に大きいと思っています。そういう認識の中で、企業立地、企業誘致というのは、町としては非常に積極的に取り組むべきだというふうに、お互い認識していると思っています。

 そういう中で、平成23年からの企業立地の基本構想ができて、現時点、積極的にこれ誘致に対する取り組みができているのか。その辺をちょっとお聞きしたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 まちづくり計画課長。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 お答えします。ただいま町長からも先ほど答弁がありましたように、企業誘致についてはいろいろやってきています。それでいま大きくやっているのがてだこ学園とか、あけもどろ学園の跡地利用ということで、そこの方が29年3月には移転完了して、地主に返されるということであります。

 それとあと今まで終わっている分は、屋宜原地区のスーパーの導入が25年度に図られたということです。それで次にやっているのが、先ほど言いましたように東風平庁舎の跡地利用の部分で、情報通信関係の企業が来れないかということで、沖縄地域産業立地推進協議会とともに、この部分を活用するような企業がないかということで取り上げてやっています。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 今、課長から答弁ありましたけど、私もう少し本腰を入れてやるべき課題じゃないかなと思って、今回取り上げています。その理由の一つが町長の施政方針、私ちょっと読み上げます。これは平成24年度です。商工業の振興につきましては、企業誘致を積極的に推進し、雇用拡大を図るとともに、町民所得の向上を推進していきますと。

 次、平成25年度、商工業の振興につきましては、引き続き企業誘致を積極的に推進し、雇用拡大を図るとともに、町民所得の向上を推進してまいります。

 平成26年度、商工業の振興につきましては、引き続き企業誘致を積極的に推進し、雇用の創出を図り、町民所得の向上に努めてまいります。

 今年度、平成27年度、商工業の振興については、引き続き企業誘致を積極的に推進し、雇用の創出を図り、町民所得の向上に努めてまいりますということで、平成23年度から町長の施政方針の中では、この企業誘致というのは積極的にやっていくよということが謳われているんですよ。

 その中で、本当に積極的にこの企業誘致への取り組みが担当課としてなされているのかなという、私個人のこれ思いがあります。その辺り課長もう一度答弁いただけますか。



○議長(上原勝彦) 

 まちづくり計画課長。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 お答えします。ただ今ありましたように、平成23年度から町の方針ということで謳われています。

 それで、平成23年度に八重瀬町企業立地基本構想ということで作成しまして、基本的に8地区の重点箇所を検討しています。それでその中で先ほども言いました2カ所については取り組みをやりながら進めてきています。

 それと、あと本庁舎跡については、いま跡地利用を考えながら地域利便施設を導入しようということで募集をかけてやっています。それとあと町の北部地域、徳洲会病院前の方についても流通産業とか、そういうのをいま誘致できないかということで県とも調整しながらいま進めてはいるんですけど、なかなか進まない状況であります。

 それで課の体制としては跡地利用等に目が向いてしまって、いま遅れている状況にあると思います。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 課長、わかりました。ぜひ、ここにあるように積極的にもっと一生懸命取り組んでほしいと思います。今、課長の答弁にもありましたように、この8地域が町が考えている重点地域というふうに基本構想の中にもあるんですけど、例えばこの8地域、該当する地域のわかりやすく言うと、その地元の方、あるいは地権者は自分なんかの住んでいるところ、あるいは自分の土地が町が考えている立地基本構想の中に該当しているというのがわかるのか。あるいはただそれを町が考えているだけであって、そういった地元の方はここに企業立地、企業誘致を考えているところなんだよというのが行き届いているのか。その辺りはどんなですか、課長。



○議長(上原勝彦) 

 まちづくり計画課長。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 お答えします。8地域のうち、1地区は既に導入済みだということで、あと7地域についてなんですけど、2地域については地権者との調整をしながら進めているということであります。あとの地域については、まだ地権者の方にも説明会等を行っている状態ではありません。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 特にこの8地域のうちの企業立地基本構想の中に入っている資料からなんですけど、8番目と謳われている港川、長毛地域、そこは大きな円で囲まれているだけであって、具体的にそこのどの場所が企業を立地して呼びたいのかというのが全然見えないんですよね。

 本当にこういう資料で、例えば我々が八重瀬町で企業誘致を考えているよと言ったときに、じゃどの場所で、どの坪数で、地権者はどれぐらいかと言われたときに、非常に答えに困ることが実はあって、そういう中で、ぜひ8地域ということで選定しているのであれば、ぜひその地域の方にもこういう企業立地、こういう企業誘致を考えているんだよということを積極的にやっていかないと、いざ企業が来ようとしたときに、いや地域の了解が得られてないとか、まだどの場所か限定してないというふうになると、少しおかしなことにもなりかねないと、私は思います。

 その中で、最近の話ですけど、この企業誘致、さっき私が言ったように、税収面では期待するものが多くて、私もあけもどろ、てだこの跡地の話も出たし、自分なりに少し企業誘致を働きかけています。

 先ほど言ったこの北部地域、徳洲会病院周辺の場所が重点地区となっていますけど、そこに地権者が何名ぐらいいて、その地権者に対して、ここが企業立地の重点地域になっているんだよとか、地権者がどれぐらいいて、その地権者がどれぐらいの坪数を持っているとか、そういう情報は課長持っていますか。



○議長(上原勝彦) 

 まちづくり計画課長。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 お答えします。ただ今ありましたように、地権者がどれぐらいの面積を個人ごと持っているかということについては、何名いるかというのは、ちょっと資料を持っていませんので、お答えすることはできません。

 今、徳洲会病院前は自動車道によって二つに分断されているものですから、それでその徳洲会側が大体2万2,000平米、約6,600坪です。それと反対側も大体6,000坪ぐらいの部分が残っているんじゃないかということで、面積的な部分を報告したいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 今、課長が言われた徳洲会病院と反対側、向かい側ですか、そこに約6,000坪という話があったんですけど、ちょうど担当の方にもこの場所を私ちょっと聞いたんですよね。どれぐらいの坪数なのかと。そのときに担当課長からもどれぐらいの面積がありますよという話をしていました。

 そこで、この該当する地権者が何名いて、どういった考えを持っているのかということを知っているかというふうに聞いたら、地権者の数もわからないということで、まだまだその企業誘致に関しては、ちょっと遅れているのかなと。場所はここだよと言ってはいるんですけど、そういった地権者の声と言うんですか、地権者の思い、その辺をまだまだ十分把握してないんじゃないかなと思うんですけど、課長、いま言ったこの6,000坪、具体的に地権者の声とかというのは、いかがですか。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩します。



△休憩 午前11時56分



△再開 午後12時00分



○議長(上原勝彦) 

 再開します。

 社会体育課長からまとめて、短くコンパクトに答弁求めます。



◎社会体育課長(神谷清和) 

 3月までまちづくり計画課長ということでありましたので、これまでの経緯について、私から少しご報告申し上げます。

 企業誘致は、やはり基本構想の中で8カ所の重点地区を置いていますけれども、その重点地区はそれぞれに土地利用の法的制限がございます。その中で、しっかりとまたできるもの、できる企業誘致をやっていくということであります。

 また、先程来、徳洲会の前の方の2ヘクタールほどの土地利用につきましては、やはり八重瀬町内の地権者の方々からもいろいろご相談を受ける。また今後、その地域につきましては、南風原町津嘉山、神里、山川の地権者もございますので、そこでしっかりとまた説明をすることになります。

 それにつきましては、やはり基本構想の中で、なおかつそれをより具体的にするために企業誘致実行計画等々の作成が急がれると思います。以上でございます。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 課長も異動なされたばかりで、少し答弁、大変だと思うんですけど、この企業誘致、私が聞いた理由は、先ほど言ったように、何人かの方から八重瀬町に企業を誘致したいとか、あるいは立地を考えているという相談をもらったのが、まずは始まりです。

 町としても企業誘致に対して、どう考えているのかというのを私自身調べたら、先ほど町長の施政方針にもありましたように、平成24年度からこの企業誘致に関しては取り組むというふうに書かれているので、私も八重瀬町、企業誘致は取り組んでいますという返事をしています。そのときに率直な話ですよね。どの場所に、坪数いくらなのと。地権者がどれぐらいなのというふうに私聞かれて、正直答えきれなかったです。大体、この辺りで地権者の数もわかりません。坪数もどれだけなのかがわかりませんと。それで企業誘致をするということなのということで、ちょっと私お叱りもいただいて、確かに企業、持っていきたい、あるいはここに移りたいという人からしたら、どの場所で坪数がどれぐらい、坪単価がどれぐらいということは大事なことなんですよね。

 8カ所ということで、これは基本構想の中にも出ているわけですから、それが平成23年度です。それから4年経つわけですよ。ある程度、具体化してないと、私はいけないんじゃないかなと思います。この基本構想の中も少し調べると、第8章にあります企業立地に関わる今後の課題及び検討と。その中に基本方針に基づく企業立地については、今後住民との話し合いを進めながら、個別の実施計画を作成して、具体化を図るものとすると。平成23年度にもそういうふうにして示されているわけですよ。それから3年、4年経って、これが何ら変わりがないということではまずいなと、私自身思います。

 原点にかえって、税収のアップですこの企業誘致、何も執行部だけでやれることではなく、私自身も非常にこの企業誘致に関しては、自分のできる範囲で声をかけています。東風平の庁舎跡地ですか、予定されている。そこにも1,000坪、1,000ちょっとぐらいで、ちょっとまだこれ以上、具体的なことは言えないんですけど、ちょっと興味を示しているところもあるんですよ。そこはでも地主が一人で間に入っている業者があるので、たぶん交渉は非常にしやすいと思います。

 ただ、いま言った徳洲会病院の向かい、ここも坪数から言うと、少し希望している方の面積に匹敵するんですよ。本当、この地域で企業が立つと、私本当にいいんじゃないかなと思っています。前々から、町時代から町の玄関口と言われて、交通の便もいいし、非常に八重瀬町の中で一番那覇にも近いし、交通の便としてはいいと思うんですよ。その辺り積極的に企業誘致、一緒に取り組んでいきたいと私思っています。ぜひ一度、地主への説明会と言うんですか、それは旧東風平町時代に行われているということなので、もう10年ぐらい前の話だと思うので、地権者も変わっているだろうし、場合によっては考えもまた変わってくるだろうし、ぜひその辺りをさっき言われたように、今後、住民との話し合いを進めながら、個別の実施計画を作成すると。具体化を図るということが、これは平成23年の基本構想で出されています。それをちょっと念頭に、課長、さらなる働きかけをやっていただきたいと思いますけど、もし町長及び副町長でも答弁いただければ、お願いします。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 私の方から答弁できる範囲でお答えしたいと思います。先ほど現社会体育課長、前まちづくり計画課長から説明がありましたように、この八重瀬町の企業立地基本構想につきましての8つの重点箇所というのは確かにありますが、先ほど説明がありましたように、端的にわかりやすく言えば、位置は決めているけども、特定した場所ではないと。

 町長の答弁にもありました沖縄地域産業立地推進協議会というのがございまして、これは沖縄県を中心とした各市町村、この会員となったところの例えばトップセールスと言いますか、知事を先頭に各市町村長も一緒になって、あるいは副市町村長も一緒に出掛けて、こういう地域です。我々の町は、村はこういう地域ですと。こういう企業が来られたら、結構発展もあるでしょうというふうな形でのトップセールスみたいな形をやって、そうであれば沖縄県に行きましょう。そういうのがあった際に、この基本構想があることによって立地、誘致しやすいという形のものだとご理解いただきたいと思います。

 例えば、民間の方でこういう企業が来たがっているけども、この辺りでどうですかというふうな場合には、可能ですと。八重瀬町においても、こういう形でまた応援していきますという形の進め方というのが、今後の進め方という形になろうかと思います。

 この八重瀬町から、ある特定の企業に八重瀬町に来ませんかというのは、特別な場合だと思います。こちらに来たいという企業があれば、この地域にどうぞというふうな形の進め方というふうにご理解いただきたいと思います。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 副町長の答弁、少しちょっと私の思い違いもあるのか、この企業誘致という言葉を出しているということは、誘致ということは、積極的に招き寄せるという意味があるんですよ。今の副町長の答弁だと、企業受け入れという言葉が僕は適切じゃないかなと思います。

 積極的に、ある民間企業に働けることはないよという答弁からすると、この企業誘致という言葉自体、私ちょっと合わないんじゃないかなと。逆に言うと、企業受け入れという言葉の方が、私の中では適するんじゃないかなと思います。それが元々企業受け入れという言葉であれば、当然、今の副町長の答弁は、最もだと思いますけど、先ほど町長の施政方針にもありましたように、企業誘致というふうに謳われているわけですから、誘致という意味は積極的に招き寄せるという意味合いがあるんですよね。

 だから、私もそれを信じて自分の周りには、八重瀬町を企業誘致取り組んでいるよと、考えているよということを言っているものですから、この企業誘致、もう少し真剣にどうあるべきかもちょっと考えていきながらやっていければと。ちょっと私の言い方が、もし語弊があれば、またあとで指摘を下さい。

 参考までに、私、県にも少し問い合わせをして、県の企業立地推進課とあるんですよね。そこにちょっといろいろ情報をもらったら、県が持っている、保有している場所に関しては、当然、県が積極的に県外とか、あるいは沖縄県に企業を進出したいというところには、情報を提供していると。

 ただ、その地域が適さないときがあると。そのときには各自治体及び県以外の場所でどういうところがあるのかなというふうなことに対しては、興味があるということを言っていました。

 参考に八重瀬町から、この企業立地推進課に企業立地に対する問い合わせだとか、八重瀬町でもこういう企業誘致しているよとか、あるいは場所的にここだよというようなことは聞いたことありますかと言ったら、たまたまその方は聞いたことないと。

 ただし、他の自治体によっては、こういうところを企業誘致として考えているよということで、八重瀬町ではないけど、他の地域ではあるということを言っていたので、ぜひ、いま副町長言われたように、働きかけるところというのはいくつもあると思うんですよね。県にもこういった企業立地推進課あります。そこも県の土地以外の立地、誘致場所の情報も知りたいというふうに言っていました。

 ぜひ課長、企業立地推進課、そことも情報を共有しながら、一緒になってこの八重瀬町をもっと税収面からも雇用からも発展させたいという私は思いです。ぜひ一緒になってやりたいと思いますので、課長、もし答弁いただければ、お願いをします。



○議長(上原勝彦) 

 まちづくり計画課長。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 お答えします。町においては、沖縄地域産業立地推進協議会に東風平庁舎の部分については提案して、この部分の利用可能だということであげてあります。その中で、今年の1月にはその部分も協議しながらやっています。

 今、言われたように県の方も協議会には入っていますので、この部分については情報はいっているかと思います。

 今後、いま議員がおっしゃったように、県の方とももっともっと密接な連携を取って、企業誘致については進めていきたいと思います。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 今、課長の答弁ありましたように、たぶんこの1件、情報を提供したという話なんですけど、たぶん窓口は情報産業振興課じゃないかなと思います。そこがITとか、コールセンター関係の窓口というふうに私聞いています。

 私がさっき言った企業立地推進課というのは、どっちかと言うと、工場とか、流通関係、箱物の窓口というふうに聞いています。だから、県も業種によって窓口がちょっと複数あるんですよ。IT、コールセンター関係は情報産業振興課というまた別の課らしいです。

 ですから、そこは私、聞いてはないんですけど、さっき言った企業立地推進課、そこは流通及び工場、そういった類いの担当課だというふうに聞いていますので、ぜひ併せて県に申し入れをしながらやってほしいなと思います。

 課長、ひとつ確認ですけど、先ほど課長が言われた情報系の話というのは、たぶん情報産業振興課とのやり取りですよね。ここだけちょっと教えてもらえますか。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩します。



△休憩 午後12時15分



△再開 午後12時17分



○議長(上原勝彦) 

 再開します。

 まちづくり計画課長。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 ただいま話がありましたように企業立地推進課の方とも一度お話があったということでありました。それについては立地には至らなかったということで、単価等の折り合いが悪くて、そういうのがありましたということであります。

 今後は、企業立地推進課及びまた情報産業推進課、協議会とも一緒にタイアップして町の企業誘致に対して積極的に図っていきたいと思います。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷良仁議員。



◆9番(神谷良仁議員) 

 課長、本当に異動して間もないばかりで、少し答弁にも困ったかと思います。その中で、前向きにやっていただけるものだと思っております。よろしくお願いします。

 町長には、過去、屋宜原地域で、一生懸命取り組んだ県内の小売店、スーパーですか、その誘致に関して、非常に一生懸命取り組んだ実績もあるし、非常に邁進したことがあります。ぜひそのときの思いをまた町長、思い起こしながら、それに代わるまた新たな企業誘致を積極的に担当課へ取り組んでもらえるように期待をします。もし町長、答弁いただけるのであれば、最後お願いします。



○議長(上原勝彦) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 私、23年度から企業誘致、企業誘致とずっと叫んできました。今のところ、私の頭には伊覇地区の大きな土地を持っている地権者の皆さん方に、この土地にぜひともと。今、役場造っている前、本庁舎、あれも土地大きく空いています。向こうに病院が来ると、こういった話も伺っております。しかし、まだ100%の話ではありません。

 それから結婚式場、15年の開館とか、結婚式の建物の看板がありますよね。向こうの件についても地権者と、それから会社が来るところ、まだまだ十分かみ合わなくて、いろんな資金面とか、あれもどうなるかわかりませんけど、あれも大きな期待をしております。

 そういうことで、私は大きな伊覇地区、空いているものだから、大きな本当に企業、特に大きな土地を有するような土地に企業を誘致しようと考えております。

 ですから、今のところまだ停滞はしていますから、町長も一生懸命頑張っております。よろしくお願いします。以上です。



◆9番(神谷良仁議員) 

 以上です。



○議長(上原勝彦) 

 先ほど町長の答弁、不動産の呼名がありましたので、削除したいと思います。

 暫時休憩します。



△休憩 午後12時20分



△再開 午後12時20分



○議長(上原勝彦) 

 再開します。

 これで、9番神谷良仁議員の一般質問を終わります。

 暫時休憩します。



△休憩 午後12時20分



△再開 午後1時45分



○議長(上原勝彦) 

 再開します。

 引き続き、一般質問を続けます。

 次に、6番比屋根陽文議員の発言を許します。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 皆さん、こんにちは。私、比屋根陽文は、今日午後一番の一番眠たい時間の一般質問を行います。できるだけ皆さん、私と一緒に我慢して起きていて下さい。よろしくお願いします。

 それでは、通告の質問をしたいと思います。統合庁舎への移転準備は万全かということで伺います。

 統合庁舎の工事は順調に進んでいると思いますが、移転の計画は順調に進んでいるか、次の事について質問します。

 ?引っ越し期間は12月28日から1月3日となっているが、業務開始は翌日の4日(御用始の日)である。業務に支障は発生しないか伺います。?旧具志頭側の役場業務については、どのように実施するのか伺います。?町営体育館と中央公民館はどのような管理体制になるのか伺います。

 次、大きい2、東風平運動公園体育館と野球場、ソフトボール場の間にある森の将来開発計画について、伺います。現在、この場所は雑木や雑草が生い茂り見苦しいと思います。将来の開発計画をお伺いします。

 大きい3、公園の植物等について、伺います。西部プラザ公園の説明板に『「チョウが舞う豊かな自然づくり」をめざして、東風平町議会議員の皆さんが、議会開催回数の200回を記念し、八重瀬公園に桜の記念植樹、そしてここ西部プラザ公園「蝶々園」に200本の多年生草木ホウライカガミの記念植樹をしました。このホウライカガミは国内最大のチョウ、オオゴマダラの幼虫が食べる草であります。2005年3月』と掲示されております。そこで質問します。

 ?八重瀬公園の記念植樹の桜は現在存在しているのか。?ホウライカガミは200本中何本ぐらい生息しているのか。?オオゴマダラチョウはこの公園で時期的にいつ頃見られるのか。?前にも質問したがシマジリスミレは本町の限られたところにしか生えない貴重なスミレであるが、公園内のどこに生えているか。公園内の説明板の場所で探しても探しきれませんでした。?説明資料については、只今準備中と掲載されているが、現在の進捗状況はどうかということで質問いたします。再質問は自席にて行います。よろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 改めてこんにちは。比屋根陽文議員の1番目の統合庁舎の移転準備は万全かの1について、お答えいたします。

 統合庁舎の建築本体工事は、若干の遅れはありますが、ほぼ順調に進んでおります。庁舎移転については、12月28日から1月3日の年末年始を利用して行うこととしており、情報関連機器等の施設については、構築業務の事前調整を万全に行うことにより、平成28年1月4日の仕事はじめには問題なく通常業務ができると考えております。

 2番目について、お答えいたします。庁舎移転と同時に具志頭支所業務開始の予定であります。

 庁舎支所の仮設場所は、具志頭郵便局前敷地及び具志頭農村改善センター内のいずれかに支所を設置するか、検討中であります。支所事業所の内容につきましては、証明書、窓口交付業務、住民票、戸籍抄本、謄本、それから印鑑証明、それから住民異動届け、移転(転入・転出)、世帯合併、世帯分離、世帯変更等の業務内容となります。証明発行手数料等の徴収、町税等の徴収につきましては、指定金融に委託するか。現在のように会計課で対応するか検討中であります。また、時間外の届け出につきましては、死亡、出産につきましては、統合庁舎で実施したいと考えております。

 3番について、教育長から答弁いたします。

 次に2番目の運動公園野球場にある森の将来開発について、お答えいたします。この場所は、雑木が生い茂り、見苦しいと思います。将来の開発計画について、お答えいたします。

 東風平運動公園内の体育館と野球場、ソフトボール場の間にある森については、合併前の東風平町の計画で民権の森、謝花昇会館建設構想がありました。当時、南風原町、大里村、東風平町、具志頭村の4町村で合併協議を立ち上げ、合併に向けた調整等を行っておりましたので、その構想は新市に引き続き、合併特例債を活用して、事業を実施していくという方針でありましたが、4町村の合併が頓挫したため、2町村で合併した新町へ引き継がれる形になりました。

 しかし、合併特例債の規模等も含めての財政的状況からその建設計画も進まず、宙に浮いた状態になっているところであります。当時の計画では、謝花昇資料館、劇場ホール、屋外ステージ等が予定され、建設費も約25億円とされていました。

 これまで本町においては、庁舎建設や区画整理事業、並びに教育環境施設整備事業等に多くの財源を投入していることから、当初の計画どおりの事業実施は厳しいところがあり、今後、財政確保も含め、全体的な見直しの検討が必要ではないかと考えているところであります。

 3番目の公園の植物等について、お答えいたします。八重瀬公園には、平成4年2月議会開催、100回を記念し、植樹した桜が広場横の園路沿いに25本あります。平成17年2月に議会開催200回を記念した桜の樹木の本数は確認できませんが、植栽された場所には12本あります。八重瀬公園全体では、約420本の桜があります。

 ?についてお答えいたします。説明板にある植栽された場所には、見当たらない状況であります。公園内には4本あります。

 ?についてお答えいたします。オオゴマダラチョウは、季節を問わず繁殖するので、1年中見ることができます。成虫の期間も長く、孵化してから数カ月、条件が良ければ半年ほど生き続けると文献にはあります。平成15年8月に、平成17年2月に放蝶も行われた経緯がありますが、公園内で見かけることはほとんどない状況であります。

 ?についてお答えいたします。シマジリスミレは、西部プラザ公園にはありません。町内の限定された2カ所に分布し、個数体は少なく、沖縄県の固有種であります。

 ?についてお答えいたします。以前にもお答えしましたが、平成17年度以降は、公園管理の引き継ぎ等が十分ではなく、管理されていない状況でありました。また、施設管理においても管理が行き届いてない状況であります。

 昨年から資料の整理、状況確認を行いながら進めておりますが、今後の公園の利活用及び管理を含め、対応を検討中であります。以上。



○議長(上原勝彦) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 比屋根陽文議員の1番目の3についてお答えします。町営体育館と中央公民館はどのような管理体制になるかについて、お答えします。

 町営体育館につきましては、平日の管理等について、現在、社会体育課が業務を執行しながら管理等を行っております。統合庁舎への移転に伴い、本施設をはじめ東風平運動公園体育施設は、今後、受付業務や管理などについて、臨時職員等を張り付けるか、または委託するのか等々、そのあり方について検討していきたいと考えております。

 また、中央公民館の管理体制につきましては、2階大ホール、会議室、和室などがほとんど毎日のように各種サークル、公民館講座、各種団体の予約が埋まっており、その予約受付等の管理業務があるため、職員の常駐は不可欠であります。

 現段階では、正職員の公民館担当1人、嘱託職員の社会教育指導員1人、そしてパート職員2人の合計4人を事務室に配置する予定であります。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 それでは1番の業務に支障は全くないということで、町長からの答弁ありましたが、御用納めの翌日か、また、その2〜3日うちには、八重瀬町の新年会もあると思うんですよ。だから、職員が本当にこれは引っ切りなしに動いて、職員は年末年始すべてその引っ越し業務に携わるのか。それともすべて業者に委託するのか。それを答弁願います。



○議長(上原勝彦) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 お答えをいたします。ただ今、すべて業者に任せるか、職員がやるのかというご質問でしたが、業者に任せられる分については、これから振り分けをして業者の方に委託を検討したいと思います。基本的には、職員で移動したいと。ただ、電算関係はこれはいま企画財政課の情報政策係の方で現システムの管理者、そしてその管理者たちを統合する業務について検討して委託する予定でございます。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 本庁舎の方については、何も問題なしと。そういうふうに答弁いただいたんだけど、旧具志頭側は、一つ私聞こえなかった、改善センターともう一つどこだったですか。郵便局前の広場、そこにプレハブを置くんですかね。



○議長(上原勝彦) 

 住民環境課長。



◎住民環境課長(中村通孝) 

 お答えします。先ほど町長の方からお話ございましたように、いま具志頭郵便局の駐車場ではなくて、空いている方の敷地、そちらの方にプレハブを設置するか。あるいは公共施設、いわゆる今の具志頭の改善センターございます。そこにするかということで、ただ今検討中でございます。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 これもこれから住民に支障がないように十分検討し、具志頭側の業務体制をしっかりやってほしいと思います。それと具志頭側には1月4日からは何名配置されるか。よろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 住民環境課長。



◎住民環境課長(中村通孝) 

 今、東風平庁舎の支所の方にも職員が3名、そして嘱託がお二人、計5名配置されております。加えて会計課の方からお一人、会計業務を携わっておりまして、具志頭支所の方には、統合後は支所の窓口業務4人と、それから会計課職員になりますか、まだ検討中でございますけれども、1人を入れまして、合計5人をただ今予定をしております。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 皆さん、検討の中では5名で妥当ということであります。その5名でしっかりと役場業務の行政をしっかりと頑張るよう、よろしくお願いします。

 それと次、町営体育館と中央公民館、町営体育館においては臨時か委託、中央公民館は4名ということでありますが、これで業務はできるかどうかを確認いたします。



○議長(上原勝彦) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 これから業務に支障がないような人数ということで考えておりまして、その中央公民館については、問題はないと思いますけれども、運動公園につきまして、全体的な管理になりますと、若干検討する必要があるかなと考えているところです。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 これからあと半年ぐらいありますので、しっかりと吟味し、本当に業務に支障がないよう検討して実施をお願いします。

 それでは東風平公園体育館と野球場、ソフトボール場、そこの間の森は今現在、本当に雑草が生い茂り、見苦しいと。それから町営体育館側から、その森を見た場合、向こうにコンクリート壁で階段上で造られていますよね。あれは目的はどういうもので、ああいうふうに造られているのかを説明願います。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 たぶん今の場所については下の方に寺があります。そこの斜面地かなとは思っておりますけど、それでよろしいでしょうか。

 その場所については、あれは植栽枡ということで、法面を切って、高い山を切った法面を保護するために植栽枡を設置しておりまして、当初については、そこに植物等が植えてございました。今どっちかと言うと、雑草等が茂っている状態ではございます。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 今の場所は、植栽を目的として造られた。最初は植えてあった。これが継続するのが当たり前じゃないかなと僕は思う。これが何であんな雑草、いわゆる今もう木が生い茂り、下は何もない。聞いてみたら、向こうはゆりとか、そういうのも全部植えていたと。本当に最初はきれかったと。これは継続するのが皆さん方の義務じゃないかなと僕は思うんです。町の義務。それについてお答え願います。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 確かに比屋根議員のおっしゃるとおりでございます。そういう町内のいろんな都市公園ございまして、その管理等が行き届いてない面は確かにございます。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 先ほど、この場所は謝花昇記念公園とか、それから屋外劇場とか、そういうお話がありましたけれども、先ほど町長は25億円かかるとか、そう言っていたんだけど、あの公園そのままではとっても見苦しいと思う。だから、我如古毛はこの前、パークゴルフか、そういうものを計画していると、それも含めて、いま現在、私が言っている体育館の間の森も一緒にこういうふうに開発できないか、答弁願います。



○議長(上原勝彦) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 確かにおっしゃるとおり、あの森はいずれは潰して何かを造らないといけないと思います。旧東風平町時代は、あの山を崩して謝花昇会館、そこに造ろうということで東風平町長室に青図面もできていました。これが合併して、これがなくなりまして、とにかくいま謝花昇会館も150周年を迎えて造らんといかんし、それから本町には大きなイベント事業をやる会館もありません。

 そういうことで、前にも申し上げたと思うんですが、中央公民館が上もセメントも落ちるような状況であり、あと何年もつかどうかわかりません。ですから、いつも何か会合、いろんな集会をもつたびに非常にヒヤヒヤであります。

 ですから、あの中央公民館もここ2〜3年もつかどうかわかりませんが、あの敷地を全部後ろ側に広げて、向こうに私の個人の案ですが、中央公民館と謝花昇会館も一緒にして造ろうかなと思っております。ちょうど森の前に謝花昇先生の銅像がありますし、ですから、あの森はいずれ何かに利用できます。

 ですから、あの森はさて置いて、まずは謝花昇会館と一緒にして中央公民館の跡地をイベントホール的なもの、建物を一緒にして造ろうかなと、いま町長の私案であります。これについては、またいろんな委員会も持ちまして、これから全体的な町の箱物づくりについては、委員会の皆さん方とも話し合って、またこれから検討していきたいと思います。とにかくあの森は、しばらくそのまま置こうと思っております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 わかりました。本当に町としての大事な資源であります。有効的に使うよう、よろしくお願いします。

 それから次、西部プラザ公園、もう一度、八重瀬公園の桜は、この記念植樹したのは何本残っているかということをお聞きします。先ほど答弁がちょっと合わなかったです。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 先ほど町長の方からも答弁ございましたが、平成4年2月に東風平町議会開催100回を記念し植栽した桜の方が広場の園路沿いの方に35本あります。平成17年2月議会の200回を記念した桜の方、何本植栽したか確認はできませんでした。

 その植栽された場所については、12本の桜の木がございます。全体としては420本の桜の木が公園内にはあります。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 私が質問しているのは、本当に全部生きているかということを確認したいんですよ。生きているのか。何本ぐらい枯れたかと。それを確認したいということで、答弁を求めます。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 ですから、200回記念をした植栽の本数というのは確認できませんでした。植栽された場所については、12本の桜が残っているということであります。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 せっかく記念樹ですから、この12本を大切に育てあげて下さい。次、ホウライカガミは200本中、何本残っているかと聞いたら、町長さっき4本とか言ってなかったですかね、これは事実ですかね。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 4本だけであります。その植栽された場所に200本という、私の方も現地を確認、私がここの公園の管理を引き継いだときから、そこの場所にはなかったという認識でございます。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 今の答弁で、とっても残念なのが、いわゆる課長が確認しに行ったときはなかったと。いわゆるせっかく記念植樹として200本植えて、あの公園は蝶々園であるということですよね。それであの公園はまだ完成もしてない。完成もしないうちから、すべてなくなるということは、とっても残念である。

 だから本当に執行部の皆さん、せっかく植えて育てた、それからさっきの運動公園のところの植栽園、ああいうところも維持管理しなければ、これは何の役にも立たない。だから、そういうところを私は皆さん方、執行部の大事にすべきものは大事にしてもらわんとちょっと困るというのが私の意見です。

 先ほど町長はオオゴマダラチョウは1年中見れますと。執行部の皆さんで、よく見ているのか。それから蛹は金色に輝くということであるが、私向こうに4〜5回行っています。1回も蝶々を見たことありません。この蛹も見たことない。今、私もこれを調べたら、1年中いると書かれています。だから、皆さんよく見られているかどうか、それを答弁願います。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 文献には、そういうふうに載っております。一年中見られることができると。これは条件が良ければという捉え方で、島尻地域においては、海岸沿いにそのオオゴマダラチョウが捕食する餌等がございました。その周辺では昔はよく見られたと。

 でも八重瀬町内、旧東風平地域においてもそんなに見ることはできなかったということではあります。たまに見かけるやつがございますが、それはどなたかが逃がしたようなやつがそこに飛んでいるんじゃないかという皆さんの意見等はございます。ほとんど町内で見るということは、いま聞いたことはございません。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 執行部の皆さんにお聞きします。皆さんは西部プラザ公園に蝶々園という名所をつくってありますから、そこに行けば、いつでも蝶々が見れる。それから自然観察ができる。その公園を造り上げるのが、皆さんの公園としての目的ですから、これが当たり前だと私は考えます。それを皆さん肝に銘じて業務を全うしてもらいたいということです。

 それから前にも質問したがということで、シマジリスミレについて、これは大変貴重なスミレであると。私も向こうの看板のところを探してもシマジリスミレがどれであるかもわからない。見たこともない。雑草しか生えてないようなところです。皆さんは、シマジリスミレをよくご存じかどうか。本当にいつ見れるのか。どこ行けば見れるのか。それを答弁願います。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 お答えします。シマジリスミレは、この西部プラザ公園にはなくて、八重瀬公園の近くの八重瀬岳の一部にしか存在しておりません。その愛好家等によると、その場所については、町内でも数名の方しか知っておりません。それは今のところ他の方には教えたくないと。それが絶滅危惧等になる恐れがあって、捕られてしまうという状態で、私の知る限りでは2〜3名の方がその生えている場所は知っていると。現物を見ているのもその2〜3名程度だろうということは聞いております。

 この辺で見られるスミレ等のやつ、西部プラザについては、沖縄で見られるスミレがそういう種類があるということで、看板等の表示では説明している状態ではございます。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 今の答弁、いわゆる向こうの看板とはちょっと意味合いが合わないんじゃないですかね。ここはスミレ公園でありますということで書いてあります。だから、そこに写真でもいいですから、そこにこういうのがシマジリスミレであるということで、大切に別のところで保管していますということを、それは必要あるんじゃないかなと。一生懸命探しても、そこになければ、この公園に来て、向こうへ行けば、シマジリスミレが見られますということであれば、写真でもいいですから、これは盗まれたら困るということで、盗難にあったら困るということで、別のところで大切に保管していますということで、そういうことを看板上掲げることはできないか、よろしく頼みます。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 現在、向こうの方にスミレの看板というやつが、リュウキュウスミレ、リュウキュウシロスミレ、オキナワスミレで、ツクシスミレ、ヤクシマスミレ、ヤエヤマスミレということで、沖縄に点在するスミレの名称を掲げております。

 これは沖縄県の自然公園においては、こういうスミレ等が点在しますということの表示で、そこで学習をしてもらうということの当初ねらいがありまして、そういう看板にはなっております。

 比屋根議員がおっしゃるような、今後そういう方面も検討しながら、今その資料の整理をしている段階でございます。そういう看板設置も平成16年度でほとんどされておりまして、そのときにもある程度の植物がこちらにあったということの確認等の書類もやっと探しまして、その整理をやっているところで、できれば、そういうふうな整理をした後に看板設置等のやつも含めて検討いたします。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 今の答弁、すべて区画整理課長が答弁していますけど、あれは担当は区画整理課ですか。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 区画整理課の方で都市公園を見ておりまして、西部プラザ公園は都市計画公園でありますので、うちの西部プラザ公園、八重瀬公園、東風平運動公園、長田門原公園と、いま主に整備している公園は、この4公園ございます。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 今、これ工事が完了しないということで、区画整理課なのか。完了してしまえば、どこの課に移るんですか。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 今、西部プラザ公園に限ってでよろしいでしょうか。西部プラザ公園については、自然体験学習ができると、散策ができると、多目的広場もありますと、将来的には、パークゴルフ場等の整備もやっていきますということでやっておりまして、その管理体制については、今後完了後は、そういう調整してどの課でやっていくかということは、今後の検討事項だということになります。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 それまでは、ずっと区画整理課が担当するということですね。向こう説明板、ステンのボックスで作られた中に説明資料がありますと。私、前もどこにあるんですかとやったら、今回行ってみたら、ただいま準備中であると。あれは私、1年ぐらい前に、僕はその件は質問したと思います。1年経ってもまだ何もできてないのか。本当に資料が全くなかったのか。これは他の課がやれば、専門の課があるんじゃないですかね。そういうものを検討したことはないですか。すべて区画整理課がこれをやるのかどうか。説明板の中の資料の件について頼みます。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 議員がおっしゃるように専門的なやつもございまして、ここは歴史的なこともございます。地域のウガンジュ等もあって、地域の文化財もございます。そういう資料のやつが前、ご自由にもらって下さいという中に入っていたと。それについては、平成16年の後半に入れた一回きりで、小学生が遠足が予定されていると。そこの中において、そういう資料の配布をしたと。

 西部プラザの方には、自然観察ができるふるさとのクサティムイということで、部落、集落の後ろ側のクサティムイという捉え方を森ということで、志多伯側から志多伯側の後ろの森、当銘側から当銘側の集落の後ろ側のクサティムイという捉え方の表現をしまして、そこに自然観察もできる、地域の文化財がある、地域の拝所がある、地域の色があるという捉え方の歴史的な文献もA4タイプのこういう表紙でまとめて出していたと。今、そういう歴史的なやつも全部ひっくるめながら資料整理をして、当初の方も担当者、当時は課長がやっていたようで、その課長さんの引き継ぎがうまくいってないようなことで、どういう書類があるかということの把握をしてまいりました。それでちょっと時間がかかった次第ではあります。

 そこで、公園の利用者に対してどこまでの資料提供をしていこうかということで、今、資料の整理検討をしております。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 この資料についても、本当に研究に研究を重ね、立派な資料づくり、説明板の中に入れてほしいということです。それから西部プラザ公園、あんなに多額な金がかかっております。完成している部分だけでもどんどんどんどん利用させてもらい、有効的に使ってもらいたいと。

 向こうへ行ってみれば、その散歩道の中にウォークラリーコースというのがあります。このウォークラリーコースも本当にどこを管理しているかわからないんだけど、このコースということでありますから、たぶん完成はしていると思います。どんどんどんどんこれを利用させて、町民に広報願いたいと。

 それからさっき言ったオオゴマダラチョウ、それがいわゆるたくさん見れる時期には、ぜひこの時期が一番いいですから、向こう西部プラザ公園へ行って、オオゴマダラチョウを見てきて観察して下さいというのは、これは教育委員会の仕事じゃないかなと。すべてが区画整理課でいま担当しているから、そういうことが起きるんじゃないかなと。

 私は、そういう自然体験の研究をする場所ですから、教育委員会の方にも投げかけてもらいたいと。すべて区画整理課がやったら、これは困るというのが私の意見です。これで終わります。



○議長(上原勝彦) 

 答弁はよろしいですか。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 いいです。



○議長(上原勝彦) 

 これで、6番比屋根陽文議員の一般質問を終わります。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時23分



△再開 午後2時32分



○議長(上原勝彦) 

 再開いたします。

 次に、10番金城正保議員の発言を許します。



◆10番(金城正保議員) 

 皆さん、こんにちは。梅雨明けの大変心地よい日差しが差し込んでいますが、眠たいですか、皆さん。最後となりました。頑張りましょう。今日は、この後もまたスケジュールがいっぱいだそうですので、まだまだここで潰れるわけにはいきませんので、夜まで、反省会まで頑張りましょう。

 それでは、通告書に従いまして、一般質問をさせていただきます。(1)町営プールの費用対効果は。町営プールの利用状況を教育長にお伺いします。?昨年度1年間の大人用と子供用の月別利用者数は、それぞれ何人か。?町営プールの運営にかかった費用はいくらか。また利用料の合計はいくらか。?平成25年度の決算で費用対効果が低いと聞いているが、改善の余地はあるか教育長の所見をお伺いいたします。

 (2)後発医薬品(ジェネリック)の利用拡大はということで、?政府は新薬より3〜5割程度安い後発薬の普及率を2013年の46.9%から20年度末までに80%に上げることで、医療費を1.3兆円削ることが出来ると試算しております。経済財政資本会議の場で厚労省の方針を説明した。そこで八重瀬町での後発薬の普及率は何パーセントでいくらか。また、沖縄県内での順位は何位か、お伺いいたします。

 ?レセプトチェック時に、はしご受診をした際の調剤薬の重複投薬や飲み残しチェックは制度として出来ているか、町長にお伺いする。

 ?厚労省の方針でこれから5万7,000の既存の薬局を「かかりつけ薬局」に再編すると発表しているが、この制度の詳しい内容を町長にお伺いします。

 (3)ふるさと納税返礼品のメニュー拡充を。全国の市町村で昨年度にふるさと納税寄付金額が最も多かったのは長崎県平戸市で、約14億円と全国的に見ても九州には多くのふるさと納税を獲得した自治体が多い。(ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」)。政府が今年度から確定申告を一部簡素化するなど制度を使いやすくしたため、今後ますます増えると思われております。そこで次の項目を町長にお伺いします。

 ?八重瀬町の昨年度のふるさと納税寄付金は何件でいくらか。?八重瀬町の返礼品のメニューは何品目あるか。以上、お伺いいたします。



○議長(上原勝彦) 

 教育長より答弁を求めます。



◎教育長(金城隆雄) 

 金城正保議員のプールの件について、お答えします。まず1番目の1年間の月別利用数について、申し上げます。平成26年度の月別利用人数は、6月、子ども992人、大人347人、合計で1,338人。7月、子ども1,792人、大人889人、合計2,681人。8月、子ども1,303人、大人754人、合計2,057人。9月、子ども256人、大人384人、合計645人。1年間の総合計が6,721人となっております。

 プールにかかった運営費用等について、申し上げます。平成26年度町営プールの運営費用は、歳出合計850万円であります。内訳としまして、光熱水費が278万円、賃金が440万円、薬剤費が77万3,000円、法定水質検査費など54万7,000円であります。また、利用料として収入額を申し上げますと、81万2,900円であります。

 費用対効果について、改善の余地はあるか伺いますについて、お答え申し上げます。費用対効果につきましては、歳入歳出の状況から数値的にはアンバランスであります。このことはプールの設置当時の昭和56年から何ら変わっておりません。

 これまで改善したことは、利用者が太陽光に長い間さらされないようにと日除けネット整備をしたこと等で、特に入場者の安全管理には、万全を期すよう取り組んでいるところであります。

 プールの設置効果ということを考えれば、6月から9月までの4カ月間に約6,800人余りの入場者があることから、町民の泳力の向上や健康体力づくりの観点からは大いに効果があったものと考えております。

 特に毎年度、町内の小学生を対象に少年少女水泳教室を開催し、泳力の向上とスポーツの楽しみを感じてもらいながら、夏休み期間中における青少年の健全育成に寄与していると思っております。

 また、中高年層を対象にした水中運動教室を開催し、健康増進のために水に慣れて水中で自由自在に楽しく体を動かす、歩く、泳ぎをすることや浮力を活用しての膝に負担がかからない運動により、足の弱い方でもメタボリックの解消や日常生活の中で運動を定着させることを目的としております。

 健康スイミングには、筋肉などの血行促進、疲労回復、心肺機能の向上などの効果があり、今後は多くの町民が水泳を通して水に親しみ、健康づくりを楽しめるよう関係機関や関係課と連携して、各種施策を推進していきたいと考えております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 2番目の後発医薬品(ジェネリック)の利用拡大はについて、金城正保議員にお答えいたします。厚生労働省は、価格の安い後発医薬品の使用割合の達成時期を32年度とし、段階的に80%に引き上げる目標を6月末までに設ける方針を固めています。

 現在、八重瀬町での後発医薬品の普及率は、平成27年3月まとめで70.93%の普及率で、沖縄県内でも上位となっております。

 2番目について、お答えいたします。本年度より医療費適正化を目指し、訪問指導員による重複頻回受診者への適正な服薬指導を行っています。保健師が家庭訪問して診察状況を聞き取り、医療機関へのかかり方、処方薬剤の飲み過ぎや飲み残し等がないか確認調査しながら、正しい飲み方の説明を行っております。

 3番目について、お答えいたします。全国にある薬局、平成27年までに患者の服薬情報を一元管理できるかかりつけ薬局に再編成し、薬の飲み残しや重複を防ぎ、医療費の抑制に繋げるねらいや患者がかかりつけ薬局を決め、どの病院を受診してもその薬局に処方箋を持って行けば、薬剤に応じたり、調剤に応じたり、在宅患者に服薬指導したりする機能など検討に入っています。

 3番目について、お答えいたします。ふるさと納税返礼品、平成26年度ふるさと納税は14件で102万円の寄付がありました。内容として10件が本土からの寄付金で、4件が県内寄付金となっています。寄付額は5,000円から50万円となっており、50万円の寄付者は町内出身の方となっております。

 2番目について、お答えいたします。平成26年度までのふるさと納税については、1品目を返礼してきましたが、平成27年度6月1日より町の特産品を特典として返礼品の見直しを行っています。1万円以上の寄付者には、14品目から選択できるようになり、2万円以上の寄付者には4品目から選択、もしくは14品目から2点選択できるようにしております。以上であります。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 それでは、順序よく再質問を行わさせていただきます。最初の教育長のプールの件でございますが、総人数について、過去の3年間の実績をデータとしていただいたわけですが、横ばいの状態であると。減りもしないし、あんまり増えてもないと。これはその数字を維持できているというのは評価するわけですけど、私が今日お伺いしたいのは、実はいま東風平町は50メートルのプール、それも競技ができるプール、あそこでいろんな水泳の競技ができるわけです。正式タイムが計れるという、これは非常に高価な施設で、それに相応しい使い方をしないといけないんじゃないかなと。この施設に見合うような使われ方がなされているのかどうかと。これを実際に疑問を感じざるを得ないわけです。

 要するに、先ほどおっしゃられたように、800万円を超えるような経費の中で、実際的には81万円ぐらいしか収入がないと。これが八重瀬町の財政規模の、八重瀬町が本当にこれ維持していける、そういった言うなれば、贅沢品じゃないのかと。要するに、そのような格好で、このような施設を維持しなければいけないほど、町民に対する福利厚生をカバーしなきゃいけないほど、この八重瀬町は財政が豊かなのかと。それからすると、非常に厳しいものがあると思うんです。確かにできたものはしょうがない。しょうがないんじゃないですけれども、うまく利用しなきゃいけないと思います。

 ただ、いま考えるのは、八重瀬町と類似財政の規模の町、例えば南風原町とか、与那原町、ここは町民のためのプールないんですよ。西原町もそうです。だから、そういうふうなものが実際ないと、町民の福利厚生ができないのかじゃなくて、実際的にはそれはなくても同じ財政規模の町村は我慢しているというか、これは当たり前であるというふうな捉え方があるわけです。

 そこで、実際的に言えば、この八重瀬町のプール、これは県の方から取り寄せた資料でありますけれども、市町村立の体育施設、そういったものの中で、プール2面持っている町村、これは数えるぐらいしかないわけです。八重瀬町みたいに50メートルプールがあって、それから20メートル、25メートルプールがあってと。それから幼児用のプールもあると。これが実際的には、このように完備した市町村というのは、なかなかないんです。あったとしても実際的には米軍基地がある、そのような補助金があるというふうな財政の豊かな市町村が持っているぐらいです。名護市も持っていますけれども、確かにうるま市、それから宮古島市もあります。

 ただ、この2面もそのような格好で有しているような町村というのは、なかなか少ない。要は、これをそのような格好で活用しているかどうかが問題だと思うんです。

 ですから、費用対効果、これは八重瀬町ぐらいの財政規模の町村が持っていいものかどうか。できれば、一時も潰そうかという話もありましたと、維持できないから。現在の財政規模で、これは南風原も与那原も持ってないけれども、八重瀬町としては今後もずっと抱えていく予定なのか。教育長の考えをお伺いしたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 ただ今の質問にお答えしたいと思います。財政状況に応じて、このプールについてどう考えるかということでありますけれども、この町民の泳力の向上等々、スポーツに関する効果は非常に高いものがあると思います。

 これはプールのみならず、体育館、野球場、そしてサッカー場、すべて町内のスポーツ施設については、この費用対効果については、収支のバランスは同じような状況だと考えております。せっかく造ったものをどう有効活用するかというのが、僕は教育委員会としての考え方だと思っておりますので、財政的にアンバランスだから潰しなさいというのはちょっといかがなものかなと考えているところであります。

 このように4カ月間で6,800人の町民の方がここで水泳を習う。そして健康体力づくりを行うということで、目に見えない価値は相当なものがあると僕は考えております。以上です。

 補足説明したいと思います。町営プール、以前は勤労者体育施設ということで、雇用促進事業団でしたか、向こうが造って、その雇用者に還元しようということで開いたのがスタートであります。その後、雇用団から譲り受けて、現在の町営プールになっておりまして、それを町民がうまく活用しているということになります。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 最もな答えだと思います。ただ最近、6,000人余りも実際町民が利用していると。この団体ですけども、最近、非常に目立つのが保育園、法人保育園も一夏にそういうふうな日を設けて、今日はプールに行く日だと。あそこはただだし、教える人もいるから。安全面も確保されているからと。何のためにやっているかということを聞くと、3歳、4歳、5歳の子どもたちを水にならすためと。よく法人の保育園なんかは、園庭でもってゴムのプール、あれでやっているのが普通ですけれども、八重瀬町は実際そういう幼児が遊べるような、遊べるというか、水に馴染めるようなものもあるし、非常に恵まれていると。それはわかるんですけど、ですから先ほどもこれの活用方法をどうしようかという面でありましたけれども、今は昔と違って、昔は東風平小学校も白川小学校もプールはなかったです。だから子どもたちのためにも、ぜひ必要であるというような格好で誘致もして造っただろうと思いますが、今、各小学校にプールがあります。完備されております。それだけで実際的に言えば、学校は水泳の教育もきちんとした時間管理もできて、ちゃんとした水泳の教育ができるという万全の体制が整っているわけです。

 それからすると、あの施設、非常に贅沢な施設でありますけれども、何かいまの時代に役割が終わったんじゃないかなということを私は感じるわけです。要するに、それが実際的に言えば、町民は何を求めているかということですけれども、確かに入場料は安いと、150円、200円と。入場料は安いけど、行楽客のニーズに応えてないんじゃないかなと。ということは、その辺確かにいい施設ではあるけれども、うまく利用されてないような感じがするわけです。

 だから、そこで思いますけど、いろいろ語弊があるかもしれませんけれども、これはより良く利用するためにはどうすればいいかと。子どもたちがあそこで1時間そのような格好で泳ごうとしても、30分も過ぎたら飽きて、悪ふざけの水かけ合いがほとんどなんですよ。というのは、要するにあそこの施設は真面目過ぎる施設なんだと。遊ぶ施設じゃないんだというふうなことで、要するにもっと家族でも楽しめるような感じの運用が求められているんじゃないかと。言いたいことは、そのような格好で、経費で850万円もかかるんだったら、もっと入場料が高く取れるような施設に変えるべきじゃないかというふうに考えているわけです。突飛な話ではありますけれども、町民のためのレジャープール、そういう施設を追加して、流水、滑り台とか、噴水の水浴びとか、そういったものがあるような、要するに子どもたちが娯楽として遊べるような教育よりも娯楽性を求めているんじゃないかと思いますけど、この辺のところいかがでしょうか、教育長。



○議長(上原勝彦) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 お答えします。まず、保育園等々の使用については、町内の保育園には、申込み制で利用させております。というのは、水に慣れ親しむというのは大事なことでありまして、保育園のときから水に親しんで小学校に入ると、また水泳教室等々で泳力を養っていくということを段階的に見れば、いいことではないかなと思っております。

 ただ、おっしゃっているように、レジャー施設的なものについては、今後それが導入可能かどうか。そして町民の声も聞いて、それが可能、また希望者が多ければ、それに改善と言いましょうか、そういったのも考えていいのではないかなと思いますけれども、ただ、今の施設がこのように6,800人もいると、特に子どもたち、小学生の利用は自分たちの学校でのプールは体育の時間しか使えないということで、それを土曜、日曜、夏休みの間にプールに入って、水泳教室等々を含めて泳力を養っていくということで、うまく利用されているのではないかなと思います。

 レジャー施設等については、以前、太陽光発電等々があったときに、温水プールにしたらどうかという計画もありましたけれども、このプールでは相応しくないというのがありまして、中断したことがあります。

 ただ、レジャープールにする場合も、この施設の面積ではどうしても足りないのではないかなと思います。そこら辺も含めて、今後導入可能かどうかについてもまた検討していきたいと思います。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 検討していただくということで、考えていただくことは大変重要なことじゃないかなと。そういう施設の有効利用、本当に南風原でも、与那原でも、西原でも、プールはないわけです。それで八重瀬町が持っていると。これは言うなれば、勿体なさ過ぎるというような状況になるわけです。この財政が苦しい中で、年間1,000万円近くかかるというものを維持するというのが。

 その辺のところを、この財政規模で、これは苦痛ではないと。要するに、脆弱な財政ではないとおっしゃるんでしたら、それはそれでいいかと思います。そういう福利厚生面も町民に対するものは、きちんとやらなければいけないだろうと思いますし、そういう水泳力をつけるということも教育長、大切ではございます。

 ただ、他の市町村に比べて、八重瀬町は恵まれているな。恵まれ過ぎているなというのが、このプールを見てもわかるんです。利用がそれが活かされているかという面で、財政が無理しているんじゃないかなと、本当はそう思うんです。

 しかし、町民は無理しているとか、財政が苦しいとかということは一切考えないんですよ。安いとかというのは有難いと思わないんですよ。言うなれば、これは安いなりに実際的に言えば利用できるものであると。だから、それでも家族で行きたくなるようなものがあるんだったら、それに対して町民は金は出すはずなんです。その辺のところを考えていただけましたら、非常によろしいかと思います。

 その辺で、行政がそのような格好でレジャープールを持つというのが非常におかしいと言うのであれば、それは指定管理者でもすれば、そのような格好でできるんじゃないかなというふうに思います。この件につきましては以上にしまして、次の問題へ移りたいと思います。

 ジェネリックの利用状況について、先ほど町長の方から答弁がございます。八重瀬町70.93%と、県内でも上位の方であると。これは八重瀬町が70.93%というのは、私はびっくりしております。非常にこれは高い数字ではないかなと。

 要するに、政府が4、5年後に80%という普及率を目標にする時代に、何で沖縄だけはと、八重瀬もそれに漏れず70.93%という数字がありました。これは先ほど上位ということですけれども、課長、これは県内でその順位、例えば3位であるとか、4位であるとか、そういったのがわかるんでしたら、その辺のところを教えてもらえますか。

 それともう一つ、なぜ沖縄がこのジェネリックの普及率が高いのか。背景はどこにあるのか。医者が一生懸命やっているのかどうか。この辺のところ、わかるんでしたらお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(大田厚) 

 ただ今のご質問にお答えします。現在、順位の方なんですが、これは毎月ごとの利用順位と言うんですか、月ごとの方が出されておりまして、4月から始まりまして、現在3月までなんですけど、4月が4位、5月3位、6月3位、7月が5位、8月5位、9月6位、10月6位、11月2位、12月5位。

 現在2位から7位までの順位を行き来している状況であります。先ほど70.という数字は全国的にも高い順位でありまして、沖縄県の方はもちろん全国1位ということで、これは各地区の医師会等々、それと市町村、また県ということで、ジェネリックの普及を推進してほしいということで、関係機関そういうふうに進めているところで、そういう伸び率だというふうに認識しております。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 沖縄県が全国1位であると。要するに、そういうジェネリックに取り組みが熱心であると、これは言い方悪いかもしれませんけど、貧乏県なので財政も苦しいから、そのような格好で安いものを使おうというふうなところがあるのか。それとも沖縄の医師会は特別でと。普通、医者も儲けたがるのが普通ですよ。だから、薬局も儲けなければいけないというのがあるので、高いのを売ろうとすると。しかし、沖縄はそうじゃないんだと。全国と比べての特殊性がどこに出ているのか。先ほどちょっと答弁あったかもしれませんけど、もう少し具体的に。



○議長(上原勝彦) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(大田厚) 

 県の普及率が高いというのは、これは医師会、県、関係機関、そのジェネリックを使っていこうということで推進まとめていったということが主だと思います。これはもちろんお医者さんは儲けたいというのは、正保議員のおっしゃるとおりだと思うんですけど、県の方の指導でも保健所あたりの指導でも医薬品の効果というのは一緒だということで、できるだけ安いのがいいんじゃないかということで、これは22年から八重瀬町の方が各家庭に通知して、そういう薬もありますのでということで、八重瀬町は進めているところであります。それが、その順位に繋がっているんだと思います。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 大変よくわかりました。それで、この問題は非常にややこしい、非常に難しいのがあるんですよ。言葉の意味一つ一つ取っても、正確に理解できないのがあるんですよ。わかっているつもりでも、違うと言われるのがあるものですから、それで確認したいんですけど、課長、この後発医薬品、要するにいわゆるジェネリックと、安い商品ジェネリックというのがあります。その対抗にある要するに高い薬、言うなれば、新薬、要するにそれも特許、特許が切れた新薬というのがありますよね。これがよくわからないんですよ。特許が切れたら、本当は安くなるのが普通じゃないかなと。

 それで実際的に言えば、新薬というのがつくだけで、実質的には効果は一緒なのかどうか。その違いもよくわからんものですから、課長、わかっていらっしゃるんでしたら、その辺の説明をお願いできませんか。



○議長(上原勝彦) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(大田厚) 

 ただ今のご質問なんですけど、新薬、例えば開発しましたということで、20年から25年の間の特許があります。例えば、私がその薬を開発しますと、25年間は私しか作れないということでありますので、その開発した薬を作った方は、そのまま25年間は販売できるということなんですが、この特許が切れたということになると、全国各地にある医薬品会社が一斉に同じ効果のある薬が作れるということになる、同じ成分ででも。中身はちょっと変わっても、その効果がある薬は作れるということで、全国で作れれば、それだけ出回ると。その分、安くなるということで、ある程度安く抑えられるということが要因です。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 私もよくわかってないところがあるものですから、確認しているんですけども、この特許が切れたということは、後発医薬品のことじゃないのかと。この辺が非常にややこしいんですよ。特許がまだ生きている間というのは、実際、この特許料も取られるから高くなるというのはわかりますけれども、特許が切れた新薬というのは、何で特許が切れたらそれに対して同じ効果なのに新薬というふうに言うのかなと。意味がよくわかってないです。その辺わかるんでしたら、お願いできますか。



○議長(上原勝彦) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(大田厚) 

 そう聞かれるとちょっと答えづらくなってきているんですけど、新薬、新しく作った薬、新薬ということで25年間はまず特許がもらえるので、新薬ということなんです。それが切れましたと。切れた場合に、皆さんで作れるので後薬、ジェネリックと、そこでこの薬の効果がもうダメということではなくて、そのままただこの特許の期間で抑えているものですから、皆さんが作れるようになるということで後薬、ジェネリックという名称で販売していると考えています。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 わかったような、これで理解しなければいけないとは思います。そういう中身が非常にあやふやなところがあって、大変課長も苦労しているんじゃないかなと思いますけれども、もう一つ、今の体制の中で、2番目ですけど、はしご受診をするお客さんがいるわけです。

 これが実際的に言えば、重複投薬や飲み残しチェックは、そういう制度の中でいま非常にこれやられているはずであるというふうに解釈しているわけですけれども、この3番目のかかりつけ薬局、これを防止するためのもので、実際5万7,000の薬局をかかりつけ薬局にするものなのかと。具体的な目標は、そこにあるのかと、重点的な目標は。その辺のところを確認したいんですけど。



○議長(上原勝彦) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(大田厚) 

 ただ今のご質問、かかりつけ薬局、先ほど町長の方からもご説明ありましたように、全国に5万7,000カ所ある薬局なんですけど、それを37年までに服薬情報、薬局で一元管理化することで、病院に受診される方のお薬とかをそのかかりつけ院と一緒のような考えで、その薬局に行けば、その方の情報、誰々さん、あなたは前回も行って、この薬まだありますかとか、そういった医療費適正化の指導とか、この飲み過ぎとか、かかり過ぎとかという指導までできるような状況を薬剤師さんにも持っていこうと。

 現在の薬剤師さんというのは、病院に私が行きました。処方箋を持って行けば、その窓口でそのまま受け取って帰るというところを、この保健師さんが丁寧にどうですかと相談もできる。指導もできる。その状態を作っていけば、いま医療費適正化に繋がっていくということであります。

 現在、私たちは健康保険課でも重なって病院へ行ったり来たりしている方が結構おりますので、今年度から皆さんご存じだと思うんですけど、保健師さんをうちの本庁舎に一人派遣して、5月からなんですけど、その方が今は各世帯でレセプトのあがった薬がおかしいんじゃないかと、多いんじゃないかとか、病院かかり過ぎじゃないかとかというのをレセの方からあげてもらって、その保健師さんが今は各家庭に訪問して、そういった指導、お医者さんのかかり方、またお薬の飲み方というところを指導して、そういった医療費適正化に繋げているということであります。それをいまかかりつけ薬局もそういったところで持っていこうというのが、その計画です。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 非常に大変ややこしい制度でありますけれども、ただ心配するのは、この保健師さんがこれはだぶってお薬出していますよというふうな指摘をする。このこと自体が正直に言いましたら、これは病院の先生に保健師さんが言う権限があるかどうか。かかりつけ薬局ですか、この法制度ができた場合は、そのような格好で、かかりつけ薬局の方からその病院の方に、この薬はだぶっていますから出さないで下さいと。そんなこと指導できるのかと。要するに、立場が逆転するんじゃないですか。医師よりもその薬局の方が強いとか、もしくは保健師さんが強いというふうなことで、そういう権限を強化するこれは制度なのかと。この辺のところをお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(大田厚) 

 ただ今のご質問なんですけど、今までのかかり方というのがお医者さん主導で、例えば、お医者さんが5日分のお薬ですと渡したら、薬局さんの方はその処方箋を見て、5日分のこの薬ですねと確認して、本人に渡すというシステムだったんですけど、かかりつけになってくると、その方がいつ薬をもらったか。いつ病院かかったのかというのを全部把握しているものですから、その人にこの薬はだぶっていますので、そんなに飲まなくていいですよとか、病院も行っていますけど、1カ所でいいんじゃないですかとかという指導まで、中まで入っていけるというのが、このかかりつけ薬局、それぐらい同じようなお医者さんでも同じ医者の専門的なことをやってきているということで、薬局さんの方も同じような薬剤に対して、すごい勉強されていますので、それぐらいの指導とかというのは、今度のこの改正でそれぐらい責任を持たそうというような制度ということであります。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 だんだんわかってはきましたけれども、まだまだ難しいところがあるんですけれども、今、保健師さんがいるとおっしゃいましたよね、5月から。だから、あの関係でいま医療費のお知らせ、あそこで病院で支払ったお金だけではなくて、薬局で支払ったお金、それについてもレセプトでチェックできるようになっているというわけですよね。その保健師さんは、この薬の出し方は多いですよとか、そういった指導は今でもできるんですか。それだけお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(大田厚) 

 うちの方で今できるところは、そのレセプトの状況を見て、それをその家庭訪問して指導していくと、相談していくというぐらいでありまして、この医療費通知等、また、お金に関しては、連合会さんの方からいま委託しておりますので、そこから皆さんはお医者さんかかった、どこどこ病院いくらですよ、何点ですよ。金額的にいくらです。その薬局さんにいくらです。いくらかかりましたというのをお知らせするのが連合会さんの方から委託していますので、これが22年からいっております。

 うちの方としては、レセをチェックして、それが間違いないか、おかしくないかというところをチェックして、その保健師さんが指導に相談にまたどうなったのかというのを聞くいま相談ということです。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 この医療費が大変膨大な数字になっているということで、いろいろと課長も努力されていると思います。最後に、先ほど言った国の目標、これは2020年度末には80%というジェネリックの普及率、これは今年の5月に公表したものではありますけれども、17年度末にも、要するにその時点の状況を見て、80%を設定するというふうなことは言われております。最近の新聞ですけれども。

 これは80%になった場合、普及率の目標が。これはまず八重瀬町から、課長として、これは達成見通しがたつのかどうか。大した努力をしなくても、自然に達成できる数字だと考えておるのかどうか。その辺のところをお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(大田厚) 

 この件に関してですけど、今、現在行っているのが、例えば健康保険手帳の切り替えのときにジェネリックのしおりを入れて一緒に配布しているというのと、いろんな新聞等で何と言うんですか、いきいき通信というので、ジェネリックの紹介したり、どうぞ使って下さいというような内容を行っているんですが、80%というのはかなり高い数字であると思いますので、いろんな方面から、そういった普及できるように広報等も流していきたいと、検討していきたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 この80%の普及率を達成するために、今後頑張らなければいけないようなところ、どういった面に要するに努力するべきなのかと。課長の考えがございましたら、よろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(大田厚) 

 80%といういま数字ではすぐ80%なんですけど、かなり高いレベルでありますので、まず医療費の適正化、いま保健師さんがやっているところをもうちょっと徐々に徐々に固めていったところで指導とか、相談とか持っていかないと、そこまでは行けないと思いますので、そこのところを今年ちょっと努力したいなと考えております。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 健康保険のその財政が非常に危機的状況であると。これは全国的な課題だと思います。再来年、県と一緒になるということでありますけれども、借金で作ったものをどう始末つけるかということも残っております。

 その辺のところを実際的にもっともっと努力しなければいけないと思いますので、課長頑張って下さい。エールを送ります。

 最後のふるさと納税返礼品のメニュー拡充をということで、確かに立派なメニューが載ったものが課長の方から配られました。これを見たときに一番最初に思うのは、年寄りが文字が小さいなと。読めないというのが普通です。全国の市町村で一番になったところ、14億円も集めたところ、あそこはこのチラシ、パンフレット、これに相当お金をかけたそうです。それで14億5,000万円も集めたみたいな感じで言っていたんですけども、見やすく、カラーで非常に買いたくなるような、寄付したくなるようなチラシをまずそのような格好で心を動かすものだというふうに考えます。

 沖縄の場合、確かに私は八重瀬町は1種類ぐらいしかないんじゃないかと思っていたんですけども、これから見て18ですか、18もあってびっくりしているんですけども、ただ考え方が全国一律で、要するにそういう特産品を返礼品に使うというパターンがありますけれども、もっと違う意味で寄付したくなるような、心を動かせるようなものの発想が必要になるんじゃないかと。これは何も物じゃなくてもいいと思うんですよね。

 例えば、全国的にも親孝行ポイント制、親孝行の代行ということで、自分の実家の庭の手入れ、それの清掃券であるとか、さとうきびの実家の搬出、これの代行の利用券とか、シルバー人材センターと提携して、新しいそういうふうな商品、これを作ってもいいんじゃないかと。そうすれば沖縄を愛する人たちが自分たちのこれを納税することによって、また親孝行も代わりにできると。もっと違う発想を絞り出して考えられないかどうか。この辺のところ課長、お願いします。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 お答えします。まず、このお手元にお配りしていますお礼の品のリストですけれども、今年度27年度6月1日からリニューアルしたものでございます。これまで5,000円を寄付した方に対して2,500円相当の黒糖の1品だけということだったのを18品目から選べるようなシステムにしております。

 ただ今、新しいということでしたけれども、今回このふるさとお礼の品を選択するにあたって、選択したものを例えば私がふるさと納税をしたんですけれども、自分の知り合いにお中元で贈りたいと言った場合に、これを送り先を別の方の住所にして、それを送れるような形の新しい取り組みもしております。

 基本的には、八重瀬町の特産品を主体として、今回ホームページの方にもリニューアルしておりますので、たぶんこれまで以上に納税があるのではないかなと期待しております。

 補足しますけれども、資料は見にくいということでございましたけれども、いま議員さんにはA4でお配りしていますけれども、基本的にA3の資料と、あとホームページの方では、きれいにまた見れるようになっております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 いろいろ工夫されていると思います。他県のそういった担当の話を聞いていますと、品目が40品目ぐらいあると。それも実際的に言えば、チラシ一つを作るにしてもプロの製作者に頼んで、金をかけてチラシも作っていると。それぐらい非常に情熱が感じられるわけですよ。

 だから、ぱっとこれを見たときに、これ欲しいなと思うようにまずさせないといけないと思うんです。それは物じゃなくても、いろんな形のものがあると思いますので、今後これをたくさん取るということが目的ではありません。このふるさと納税資金をたくさん獲得することが目的になったら、またいけないと思います。

 しかし、こんな感じでふるさとを愛する気持ちというのをどう表現すればいいかというのをうまく使えば、もっともっと財政面に非常に好影響を与えるんじゃないかなというふうに思いますので、ちょうど良い時間になっております。今日は、3時半からまた新たなスケジュールもございますので、以上で一般質問を終わりたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 答弁はいいですか。



◆10番(金城正保議員) 

 答弁はいいです。



○議長(上原勝彦) 

 これで、10番金城正保議員の一般質問を終わります。



△散会



○議長(上原勝彦) 

 以上で、本日の日程は全部終了しました。

 本日は、これにて散会いたします。

                       《散会 午後3時25分》

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

     議長   上原勝彦

     2番議員 照屋 直

     3番議員 神谷秀明