議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 八重瀬町

平成27年  6月 定例会(第4回) 06月08日−01号




平成27年  6月 定例会(第4回) − 06月08日−01号









平成27年  6月 定例会(第4回)



       平成27年八重瀬町議会第4回定例会会議録

              (会期日程表)

          開会 平成27年6月8日

                       会期10日間

          閉会 平成27年6月17日



 
月日
曜日
区分
開議時間
日程



6月8日

本会議
午前10時
◯開会


◯会議録署名議員の指名


◯会期の決定


◯議長諸般の報告・町長の行政報告


◯議案上程から採決
(報告第2号、3号)
(議案第28号〜第34号)


◯議案上程
(議案第36号)
(陳情第9号)


議員派遣の決議(ヌヌマチガマ視察)



6月9日

全員協議会
午前10時
◯ヌヌマチガマ視察
◯(第2回)全員協議会(議案第35号説明)



6月10日

休会
 
 



6月11日

常任委員会
午前10時
◯陳情案件審査
(第4号、6号〜10号)


◯総務厚生常任委員会まとめ
◯経済産業文教常任委員会まとめ



6月12日

議会運営委員会
午前10時
◯(第3回)議会運営委員会
◯(議案第35号・追加議案)



6月13日

休会
 
 



6月14日

休会
 
 



6月15日

本会議
午前10時
◯一般質問1日目(5名)


全員協議会
終了後
◯(第3回)全員協議会
◯(町における修学旅行現状説明会)



6月16日

本会議
午前10時
◯一般質問2日目(5名)


10
6月17日

全員協議会
午前9時30分
◯(第4回)全員協議会
◯(議案第35号・追加議案)


本会議
午前10時
◯一般質問3日目(1名)


◯委員長報告・採決
◯陳情案件(第4号、第6号〜第10号)
◯陳情に係る意見書(第3号〜第5号)


◯議案上程から採決
◯(議案第35号)
◯(追加議案第37号〜第39号)


◯議員派遣の決議


◯閉会





     平成27年八重瀬町議会第4回定例会会議録 第1号

         招集年月日:平成27年6月8日(月)

         招集場所:八重瀬町議会議事堂

1.開会、散会の日時及び宣言

   開会(平成27年6月8日 午前10時00分)

   散会(平成27年6月8日 午後3時50分)

   開会の宣告(議長 上原勝彦)

   散会の宣告(議長 上原勝彦)

2.応招議員(16名)

3.不応招議員(0名)

4.出席議員(16名)

  1番  神谷たか子       11番  金城秀雄

  2番  照屋 直        12番  知念昭則

  3番  神谷秀明        13番  玉城武光

  4番  宮城勝也        14番  神谷清一

  5番  新垣正春        15番  中村 司

  6番  比屋根陽文       16番  上原勝彦

  7番  金城政春

  8番  本村 繁

  9番  神谷良仁

  10番  金城正保

5.欠席議員(0名)

6.職務のため議場に出席した事務局職員の職・氏名

 事務局長 永山清和    係長 宇地原 勇

7.説明のため議場に出席した者の職・氏名

 町長        比屋根方次  まちづくり計画課長 嘉数成裕

 副町長       福島正惟   住民環境課長    中村通孝

 教育長       金城隆雄   土木建設課長    親泊元秋

 会計課長      金城美智子  社会福祉課長    宇地原 毅

 総務課長      金城哲生   児童家庭課長    石原朝子

 企画財政課長    金城勇誠   健康保険課長    大田 厚

 農林水産課長    山川 満   学校教育課長    新垣正次

 区画整理課長    金城 進   社会体育課長    神谷清和

 税務課長      浦崎勝男   生涯学習文化課長  新垣隆之

     平成27年八重瀬町議会第4回定例会会議録(案件表)

                      (第1号)平成27年6月8日

 会議に付した事件

? 町長提出の議案

  報告

  報告第2号 平成26年度八重瀬町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について

  報告第3号 平成26年度八重瀬町土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について

  議案

  議案第28号 八重瀬町統合庁舎外構工事の請負契約の締結について

  議案第29号 平成27年度八重瀬町一般会計補正予算(第2号)について

  議案第30号 平成27年度八重瀬町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

  議案第31号 平成27年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について

  議案第32号 八重瀬町行政手続条例の一部を改正する条例について

  議案第33号 八重瀬町子ども医療費助成条例の一部を改正する条例について

  議案第34号 八重瀬町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の制定について

  議案第36号 字の区域の変更について

? その他の議案

  陳情

  陳情第9号 土地区画整理事業に伴う役場案字界変更に反対する決議文

本会議の次第

                           平成27年6月8日



△開会



○議長(上原勝彦) 

                           午前10時00分

 ただ今から平成27年八重瀬町議会第4回定例会を開会いたします。



△開議



○議長(上原勝彦) 

 これから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布した日程表のとおりであります。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(上原勝彦) 

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第127条の規定により、中村司議員と神谷たか子議員を指名いたします。



△日程第2 会期の決定



○議長(上原勝彦) 

 日程第2 会期の決定の件を議題といたします。

 お諮りします。本定例会の会期は、本日6月8日から6月17日までの10日間とし、会期日程表のとおりにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。よって、会期は本日6月8日から6月17日までの10日間に決定いたしました。



△日程第3 議長諸般の報告・町長の行政報告



○議長(上原勝彦) 

 日程第3 議長の諸般の報告、町長の行政報告となっております。

 議長の諸般の報告を行います。

 例月出納検査結果の報告について、地方自治法第235条の2第3項の規定により町監査委員から平成27年2月分、3月分、4月分の例月出納検査の結果報告があります。議会事務局執務室に配置し、閲覧できるようにしてありますので、参考にして下さい。

 次に一部事務組合議会の報告について、神谷清一議員から東部清掃施設組合議会の2月定例会と3月臨時会の報告がありました。金城秀雄議員からは、南部水道企業団議会の平成27年第1回定例会の報告がありました。新垣正春議員からは、南部水道企業団議会の平成27年第2回定例会の報告がありました。

 追加でございますが、東部清掃施設組合議会2月定例会については、神谷たか子議員からも報告がございました。議会事務局執務室に配置し、閲覧できるようにしてありますので、参考にして下さい。

 次に今定例会までに受理した陳情・要請について、陳情7件を受理し、議会運営委員会での協議の結果、陳情第9号を除いて所管の常任委員会付託又は資料配布とさせていただきました。

 続いて、議長の諸般の報告でございますが、5月25日から5月28日まで東京都において第40回町村議会正副議長会の研修会があり、5月27日に町長と合流をして国土交通省へ国道507号の早期整備に関する要請をしてまいりました。比屋根町長から整備の遅れは、八重瀬町の発展に大きな影響を与えるため、大変に危惧しているという報告があり、国交省など関係機関と連携して速やかに対応するということで、いい返事をいただいたと思っております。以上で、議長の諸般の報告を終わります。

 次に、町長の行政報告を行います。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 おはようございます。町長も簡単に報告しようかなと思っておりましたが、月と日にちと件名、場所についてはあとでお目通し下さい。3月は、向陽高校卒業式、それから八重瀬町地産地消まつり、公民館まつり。6日、町景観委員会委嘱状交付式、15時、第2回八重瀬町地域環境型バイオガスシステム構築協議会、与座分屯地基地開庁42周年記念行事。8日に糸満高校野球部激励会。12日、糖業振興協会理事会。13日、具志頭中学校卒業式、町自立支援協議会委嘱状交付。14日、八重瀬町地産地消まつり。15日、転生園合同生年祝い。17日、謝花昇生誕150周年記念事業実行委員会。22日、なんぶトリムマラソン大会、同じく22日、南部文化協会創立20周年記念公演。23日、東風平小学校卒業式。26日、本島南部土地改良区総代会。27日、AEDコンビニ設置調印式、東部清掃施設組合正副管理者会議。29日、伊覇定期総会。30日、東部清掃施設組合3月定例議会。31日、新たな公共交通3者連絡協議会。

 開けまして、4月1日は庁舎建設調整会議、教職員辞令交付式。2日、初めての区長・自治会長連絡会議ということであります。5日、当銘総会。7日、日本赤十字地区・分区長会議。8日、交通安全街頭指導、東風平小学校入学式、東風平中学校入学式。9日、こいのぼりあしび実行委員会、町体育協会総会。10日、町青少協・町子連合同総会。11日、町女性連合会総会。12日、宜次区総会。17日、町赤十字奉仕団定期総会、道路関係6団体理事会。19日、東風平地区総会、高良区総会。21日、島尻郡体育協会常任理事会。22日、町更生保護女性会定期総会。24日、那覇地方法務局直轄管内戸籍住民基本台帳事務協議会総会。28日、謝花昇顕彰委員会、町老人クラブ大会。30日、こいのぼりの集い、県民の警察官表彰式、沖縄振興拡大会議、町文化協会定期総会。

 5月3日、やえせこいのぼりあしび。8日、サザンクリーンセンター推進協議会正副会長会議、同じく8日、町民俗芸能連絡協議会総会。11日、道路関係6団体定期総会。13日、謝花昇生誕150周年記念事業実行委員会、南部地区さとうきび生産振興対策協議会運営委員会。14日、南部水道企業団理事会、糸満地区防犯協会定期総会及び功労者表彰式。15日、町身体障害者定期総会、町PTA連合会総会。18日、赤十字奉仕団社資募集出発式、南部地区畜産共進会協議会理事会、字界変更説明会。19日〜21日、全国道路利用者会議定時総会、東京へ行きました。22日、南部広域行政組合理事会、同じく県農業信用基金協会監事監査、町商工会総会。24日、安仁屋ヤングスピリッツ壮行会。25日、島尻地域振興開発推進協議会定期総会、建設行政に関する懇談会。26日、糖業振興協会理事会、南部地区さとうきび生産振興対策協議会総会。27日から二泊三日で防衛省、国土交通省へ要請に行きました。29日、島尻消防、清掃組合し尿処理場竣工式、自衛隊沖縄地方協力本部創立43周年記念行事祝賀会。30日、島尻郡小学生陸上競技大会。以上であります。



○議長(上原勝彦) 

 以上で、町長の行政報告を終わります。



△日程第4 報告第2号(報告)



○議長(上原勝彦) 

 日程第4 報告第2号平成26年度八重瀬町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 本案について提案理由を求めます。副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 それでは、私の方から報告させていただきます。報告第2号平成26年度八重瀬町一般会計繰越明許費繰越計算書であります。

 平成26年度八重瀬町一般会計予算の繰越明許費について、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告いたします。

 単位は円となっております。2款総務費、1項総務管理費、事業名、地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金、これは地方消費喚起型となっております。繰越額を報告いたします。6,350万円、同じく款、項であります。同じ事業名でありますが、これは地方創生先行型ということで2,800万円ちょうど。

 3款民生費、3項児童福祉費、安心こども基金特別対策事業6,043万8,000円。

 6款農林水産費、1項農業費、団体営ため池等整備事業1,019万2,000円。同じく農業基盤整備促進事業4,631万7,400円。

 7款商工費、1項商工費、体験観光受入施設強化事業、これは一括交付金でありますけれども、6,610万7,000円。

 8款土木費、2項道路橋梁費、大名排水路整備工事249万円。3項都市計画費、下水道基本計画策定業務562万6,000円。トータルで2億8,267万400円が繰越明許額となっております。よろしくお願いいたします。



○議長(上原勝彦) 

 これより本案についての質疑を行います。質疑はありませんか、神谷清一議員。



◆14番(神谷清一議員) 

 何点か質疑したいと思います。7款の1項商工費、体験観光受入施設強化事業ということですけれども、この事業の中身、どういう中身なのかということの説明と、それからほとんど翌年度繰越になっていますけれども、その大きな原因はどこにあるんでしょうか。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 神谷議員の質問にお答えいたします。7款商工費、体験観光受入施設強化事業(一括交付金)ですけれども、この施設につきましては、観光地域交流宿泊施設、旧セミナーハウスの機能強化といたしまして、リニューアルの改築工事でございます。

 畳の張り替え、クロスの張り替え等々の事業でございまして、全額繰越なんですけれども、その原因としましては、一括交付金で3月に内諾を得ておりますので、すべて繰越ということになっております。

 設計につきましては、3月で契約をしまして繰越ということになっております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷清一議員。



◆14番(神谷清一議員) 

 私は、てっきりセミナーハウスのこともそうかと思ったんですけど、民泊のための補助事業ですか、それも含むのかなということで思っていたんですけれども、この中で民泊に対する補助事業ですか、一括交付金を使っての。それは入っていないのかどうか。

 それからもう1点は、いま全額セミナーハウスの改築工事について繰り越すということですけれども、現在の進捗状況、今どこまで、どの段階まできているかどうか、この工事についてご説明をお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 その事業について、民泊も入っているかということですけれども、基本的に民泊については入っておりません。そこの施設の改修ということでございます。

 そして工事の進捗ですけれども、現在、設計の方を入れている業務を行っているところでございます。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷清一議員。



◆14番(神谷清一議員) 

 課長、先ほどの説明で3月に内諾をして、設計という話も出ていたんですけど、現在はまだ設計中という設計の段階なんですか。工事はまだまだこれからですか。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 3月に一括交付金の県からの交付決定を受けまして、早速3月で契約をしまして、契約繰越の設計を行っております。そして設計後、これから工事に入るということになっております。



◆14番(神谷清一議員) 

 以上です。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑はございませんか、金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 1点だけ教えて下さい。3款民生費、児童福祉費、安心子ども基金特別対策事業、どういった事業が繰越になったのか。その理由、それだけお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 児童家庭課長。



◎児童家庭課長(石原朝子) 

 今回の繰越事業に関しましては、具志頭保育園の増築25名、増築のための繰越になっております。



◆10番(金城正保議員) 

 以上です。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑はございませんか。

     [「質疑なし」と呼ぶ者あり]

 これで質疑を終結いたします。

 これで、報告第2号を終わります。



△日程第5 報告第3号(報告)



○議長(上原勝彦) 

 日程第5 報告第3号平成26年度八重瀬町土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 本案について提案理由を求めます。副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 それでは、報告第3号をお願いいたします。平成26年度八重瀬町土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書、これも先ほどの一般会計の繰越明許費と同じ地方自治法施行令第146条第2項の規定による報告であります。

 先ほどと同様、款、項、事業名を申し上げます。1款土地区画整理事業、1項土地区画整理事業費、事業名、土地区画整理事業、繰越額として6,900万2,200円となっております。よろしくご審議下さい。



○議長(上原勝彦) 

 これより本案についての質疑を行います。質疑はありませんか。

     [「質疑なし」と呼ぶ者あり]

 質疑なしと認めます。

 これで、報告第3号を終わります。



△日程第6 議案第28号(上程〜採決)



○議長(上原勝彦) 

 日程第6 議案第28号八重瀬町統合庁舎外構工事の請負契約の締結についてを議題といたします。

 本案について提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第28号八重瀬町統合庁舎外構工事の請負契約の締結について。

 首題のことについて、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(平成18年八重瀬町条例第44号)第2条の規定に基づき、別紙のとおり請負契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、議会の議決を求める。

 記、1.契約の目的、八重瀬町統合庁舎外構工事の請負契約。2.契約の方法、指名競争入札。3.契約金額1億1,437万2,000円、内消費税額847万2,000円。3.契約の相手方、有限会社玉榮組・有限会社浦崎特定建設工事共同企業体、住所、八重瀬町字新城1471番地3、商号、有限会社玉榮組、代表者、玉榮幸弘。

 平成27年6月8日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 上原勝彦殿。

 あとは担当課長から説明申し上げます。ご審議よろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 それでは補足説明をさせていただきます。捲っていただきまして、工事請負契約書、工期が190日間を予定しております。

 そして特約事項としまして、この契約は、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、議会の議決があった旨を契約の相手方に通知したときに効力を生ずるものとするということでございます。

 続きまして、工事概要を説明いたします。工事名としまして、八重瀬町統合庁舎外構工事、工事概要としまして舗装工、擁壁工、排水工、附帯工、植栽工、構内配線設備工一式でございます。

 そして設計、予定価格ともに税抜きが1億780万円、税込み1億1,642万4,000円でございます。

 落札価格、税抜き1億590万円、税込み1億1,437万2,000円でございます。落札率98.2%。

 請負業者が有限会社玉榮組・有限会社浦崎特定建設工事共同企業体でございます。

 下の工事内容ですけれども、擁壁工が395メートル、壁高が1メートルから2.5メートルでございます。

 続きまして、排水工、構内排水路一式。附帯工が一般車両駐車桝が118台、公用車駐車桝が42台、駐輪場45台、懸垂幕広告塔、点字ブロック、植樹桝、サークルベンチ、車止め、案内板等でございます。

 舗装工としまして、アスファルト舗装3,851平方メートル、平板ブロック舗装463平米。植栽工がリュウキュウコクタン11本、ヒカンザクラ10本、マニラヤシ9本、アレカヤシ19本等でございます。構内配線設備工が屋外照明10基でございます。

 捲っていただきまして、入札の経過書を添付しておりますので、お目通しをお願いいたします。

 資料として計画平面図を添付しております。擁壁工、排水路工、植栽工の平面図でございます。確認の方をお願いいたします。以上でございます。



○議長(上原勝彦) 

 これより本案についての質疑を行います。質疑はありませんか、本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 私は、よく入札のたびに落札率、これの話をするんですが、今回は特に98.2%、執行部からの答弁では入札の結果がこうですので仕方がないという話をよく聞くんですけれども、これは入札の形態、これをどうにか今ほとんどが指名競争入札なので指名です。これをたまには一般競争できないかなと。そうすれば、入札率の高額なのはできるはずがないと思うんですけど、その辺執行部の見解をお聞きしたいなと。

 いろいろと情報を集めましたら、入札には総合評価入札というのもあるらしいんですよ。県のいろいろな話を聞いたら。だから、たまには違った入札方法を考えたことがあるのかどうか、お願いします。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。その件については、以前からよく質問が出たりということで答弁を申し上げているところですけれども、指名競争入札、なぜ指名競争をやっているのかというのは、町内業者を優先して発注していきたいと、町内業者の育成というのが一番の目的であります。

 今、国、県ともに一般競争入札、要するに指名をせずに競争、要するに日本全国、外国からの入札も可能であるという形の方式を取っておりますけれども、それをやりますと、中小企業が主であります町内業者が倒産の危機、あるいは事業が取れないと、工事が取れないという事態に陥る可能性がままありますので、指名競争という形を取らさせていただいております。

 それから別の形態の総合評価方式云々というのも確かにございますけれども、これも同じ理由で、それをやりますと、本土大手の業者あたりに事業を取られてしまうという懸念がありますので、指名競争入札の形態を主に実施しております。

 工事だけではなくて、設計等もそういう形を取っておりますけれども、例えば今度この役場の跡地、観光拠点施設等の事業等においては提案方式等も考えられるのかなというふうに思っております。ただ、まだ決定はしておりませんけれども、そういう提案方式もこの事業によっては実施するという可能性もございます。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 今、副町長の答弁で大体、私も一般入札と指名入札との相違、ある程度は別のところからいろいろ聞いて、確かに一般入札すれば、その地域の業者が入れない、要するに落札に至る可能性は低いという、その辺は勉強しております。

 ただ、今度またおそらく5,000万円以上でしたら、最低入札価格、これもやるのが2〜3年前ぐらいからちょっとあるんじゃないかなと思うんだけど、これがないんですよね。これはなぜか、その辺をお聞きして、私の質問を終わりたいんですが。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 最低制限価格を設ける際は、先ほどの答弁と関連してくるんですけれども、大手の業者、例えば統合庁舎の時もそうでしたけれども、ダンピングと言いますか、大手の事業所がどうしても取りたいということで、かなりの入札額を引き下げていく恐れがある際に、これを使わせていただいております。

 基本的には、最低制限価格は設けておりません。最低制限価格を設ける基準というのも今のところ設定はしておりません。



○議長(上原勝彦) 

 神谷清一議員。



◆14番(神谷清一議員) 

 今、設計図面、いろいろ見ているんですけれども、ちょっと専門的なことがよくわからないんですが、工事概要の附帯工のところに点字ブロックとかいろいろあるんですけれども、私が聞きたいのは中の方は今回いいとして、外構工事ですので、今後、庁舎がオープンした後、障害者の方、お年寄りの方、いろいろな方々が利用していくと思いますけれども、その際にケガとか、不便のないようにちゃんとバリアフリーとか、障害者に優しい、高齢者に優しい、使い勝手の良い整備をいま求められていると思いますけれども、そういう点でこういった障害者に優しい設計と言うんですか、それはどういう点で配慮されているか。わかる範囲で結構ですので、もしありましたら、何点かお願いしたいと思います。

 それからその下にある屋外照明について、10基ということですけれども、これは最近、よく省エネということで、一括交付金でも使われているLEDをもちろんこれは検討しているかどうか。まず、この2点についてお伺いしたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 お答えいたします。障害者に優しい外構工事ですかということですけれども、まず思いやり駐車場は当初から計画されているとおり、障害者用の思いやり駐車場がございます。そして歩道部分の方に点字ブロック、そして中央から、この平面図を見たときに上の方が北になります。右側が国道から入ってくる、手前が南で運動公園側に上がっていきます。

 そうしたときに国道の方から、正面の方から入ってきますので、その辺にも点字ブロックということで工事の予定でございます。

 勾配につきましてもスロープをつけて、勾配の緩やかな施工を予定しております。

 あと屋外照明10基につきましても今回LEDを施工する予定でございます。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷清一議員。



◆14番(神谷清一議員) 

 課長の説明を聞いて、障害者や高齢者に優しい設計がされているなということで安心をしております。

 あと1、2点聞きたいんですけれども、3枚目の入札経過書を見て気づいたんですけれども、1億円近くの工事ですので、多くの業者がJVを組んで指名に入っているんですけれども、私が気になるのは、いろんな公共工事がたくさんありますけれども、この公共工事、私、ある業者の方から聞いたんですけれども、なかなか仕事が入る人は入るけど、入らん人はなかなか入らないということで、町外の方が多いんじゃないかという、こういった声があったものですから聞いていますけれども、まず16のJV、特定共同企業体が入札に入っているんですけど、入札に指名する際に、この業者が町が発注したいろんな工事、5,000万円未満の工事がたくさんあると思いますけれども、その工事で既に仕事をやっているとか、手持ち工事がいくつかあるとか、そういった業者については、本来は工事の施工期間だとか、いろんな面を考えても、本来は指名から外して他の方をやるべきだと思うんですけれども、そういう点でそういうチェックがちゃんと担当課なり、審査委員会の方ではされているかどうか。

 前回、私、以前にも質疑したことがあったんですけど、同じ業者が二つも三つも、しかも工期も重なっているときにやっているけれども、また別の業者は全く仕事がないということがあったものですから、その辺のチェック体制はどうなっているかということが第1点です。

 それからもう1点は、以前、2〜3年前までは、議会と執行部の紳士協定か何かで年に1回ないし半年に1回は5,000万円未満の工事についても入札の経過、結果ですか、資料が全部各課跨って配布されたんですよ。

 ところが、ここ2〜3年、そういった資料配布がないものですから、どの業者が、5,000万円以上は議会で審査できるからいいんですけど、5,000万円未満についてはどの業者が仕事を取っているかわからないんですよね。

 だから、その辺で改めて町長にお願いしたいんですけど、ぜひ資料配布、5,000万円の工事についての資料配布、ぜひこれもう一度確認をしてお願いしたいなと思いますけど、この2点についてお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。まず、5,000万円未満の入札結果、工事発注状況につきましては、確かに以前、何年前というのはちょっとはっきりしませんが、出ておりました。おっしゃるとおり、今その部分が出されてないという状況があるようですので、それにつきましても議会から要求があるのであれば、今後、定期的にその資料配布はやっていきたいと思います。

 それからその前の質問にありますけれども、チェック体制はあるのかということでございますけれども、その業者が町内の工事について受注して工事中であるか否かというのは、この審査委員会の中でもチェックをしながら指名はしております。以上でよろしいでしょうか。



◆14番(神谷清一議員) 

 結構です。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑はありますか、知念昭則議員。



◆12番(知念昭則議員) 

 あと完成まで半年というふうに考えております。統合庁舎が完成するまでには半年で、いま現在の状況の中で建物ができなければ外構にも必ず影響してくるものですから、この工事の進捗率と言うんですか、絶対的にこの遅れは許されないと私は思っております。現在の状況、どのようになっていますか。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 建築本体工事の進捗状況ですけれども、現在5月末時点において、建築1工区、2工区、3工区、平均でございますが、49%でございます。

 そして計画は51%でしたので、約2%は遅れているのかなということでございます。

 外構につきましては、これから本体工事に影響がない部分から工事は入っていきます。そして工事につきましては、本体工事の工程会議等に参加していただいて、そこで影響のないような形で工事を進めていきたいなと思っております。



○議長(上原勝彦) 

 知念昭則議員。



◆12番(知念昭則議員) 

 この工事は、私、八重瀬町の顔を作るものだと思っておりますので、どんなことがあっても工期は間に合わせなければいけない。来年の1月4日からは、業務開始ということでやられておりますので、この内容的なものがいかなる理由があってもダメだということですので、これについてはその覚悟をしてやってもらわないといけないし、その部分については業者の方にもやってもらわんといけない。

 そのためには、本体工事が遅れるということは外構工事も全部に影響を及ぼすということですので、安全面にも十分に注意しながらやっていってもらいたいと思います。これについて町長からお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 お答えします。私は、毎週土曜日は工事現場を回ることにしております。ですから、去った土曜日も午前中回りまして、中も見まして、あんた方大丈夫かと。町は1月4日には移転する予定ですので、ぜひそれ間に合わせて下さいと。毎回、私は毎週土曜日行って、現場の皆さん方も励ましながら、ぜひお願いしますということ、工事現場を回っております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑はありませんか。

     [「質疑なし」と呼ぶ者あり]

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第28号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第28号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第28号八重瀬町統合庁舎外構工事の請負契約の締結についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第28号については、原案のとおり可決されました。



△日程第7 議案第29号(上程〜採決)



○議長(上原勝彦) 

 日程第7 議案第29号平成27年度八重瀬町一般会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 本案について提案理由を求めます。副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 それでは議案第29号をお願いいたします。平成27年度八重瀬町一般会計補正予算(第2号)についてであります。

 首題のことについて、地方自治法第218条第1項の規定により、別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成27年6月8日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 上原勝彦殿。

 3枚目をお開き下さい。平成27年度八重瀬町一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

(歳入歳出予算の補正)第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3億6,500万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ130億8,681万9,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出の予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 それでは、歳入歳出を説明いたします。6ページをお開き下さい。100万円以上、額の大きいものだけを説明しますので、よろしくご了承下さい。

 まず15款国庫支出金、2項国庫補助金の1目総務費国庫補助金、1節総務費補助金でありますけれども、備考欄の説明にありますように、社会保障・税番号制度システム整備費補助としまして、これは総務省分であります。100%補助となっております。724万7,000円。2目の民生費国庫補助金、1節社会福祉費補助金、これも税番号システムの補助であります。厚労省分でございます。これは3分の2の補助として1,011万6,000円。2節の児童福祉費補助金でありますけれども、保育対策総合支援事業補助金として702万円を計上いたしております。これは50%の補助となっております。県補助を合わせまして75になります。

 それから4目の土木費国庫補助金950万円の減でありますけれども、これは当初予算計上部分から補助金交付額が減になっての減額となっております。

 それから次のページ、7ページでありますけれども、1目の総務費県補助金、1節総務費補助金でありますけれども、沖縄振興特別推進交付金通常分1億4,346万5,000円を計上いたしております。

 それから2目の民生費県補助金、4節児童福祉費補助金でありますが、保育対策総合支援事業費補助金として351万円、これは25%補助です。国庫と合わせて75となるということであります。

 それから保育士産休等代替職員配置支援事業として1,365万円を計上いたしております。これは100%補助となります。

 それから3目の衛生費県補助金、子ども医療費助成事業として374万2,000円、これは子ども医療費の部分を3歳児から5歳児まで引き上げによる増となっております。

 それから4目の農林水産業費県補助金、2節の農業費補助金、多面的機能支払推進交付金として93万2,000円、その下の特定地域経営支援対策事業でありますが、これはJAが事業主体となりまして、ビニールハウス13戸分を補助をするという事業であります。1億1,997万8,000円、トータルで1億2,091万円を計上いたしております。

 次に9ページをお願いいたします。基金繰入金でありますけれども、この財政調整基金を繰り入れての対応としております。5,712万9,000円であります。

 それから次のページ、10ページ、雑入でありますけれども、自治宝くじ備品補助金として250万円、これは100%補助になります。それから対米請求権地域振興事業助成金300万円、これは80%です。それから農地中間管理事業委託金として200万円をそれぞれ計上しております。

 この農地中間管理事業委託金は、県の農業振興公社からの委託でありまして、当初予算で50万円計上しておりましたが、八重瀬町が重点地区であるということで200万円増額という形になっております。

 続いて、歳出であります。同じく額の大きい100万円以上の部分を説明申し上げます。12ページ、1目の一般管理費の中の9節旅費であります。職員研修旅費(香南市交流事業)ということで107万円、これは本来であれば、当初予算で計上すべきところを漏れがありまして、今回補正をいたしております。

 それから18節の備品購入費、自治宝くじ備品(コミュニティ助成事業)として251万円、続いて5目の財産管理費の中の15節工事請負費でありますけれども、太陽光・風力発電設備工事、これは一括交付金としての部分、7,236万円を計上しております。これは統合庁舎への工事費となります。先ほどの部分とは離れておりますけれども、外構工事として今後また発注していくという形になります。

 続いて13ページの2目賦課徴収費、番号制度導入システム開発委託費として433万2,000円、14ページの1目戸籍住民基本台帳、13節の委託料、これも番号制度に伴いましての334万7,000円の委託料を計上いたしております。

 続いて16ページ、1目社会福祉総務費の中の繰出金であります。国民健康保険特別会計操出で、これは次の議案と関連しまして、同じくシステム改修等に対応するための操出となっております。439万6,000円の計上であります。

 それから2目13節委託料、これも番号制度によるシステム改修費となっております。223万4,000円であります。

 続いて18ページお願いいたします。18ページの1目13節委託料でありますけれども、これも番号制度によりますシステム改修で139万2,000円、それから子ども医療費助成事業システム改修として23万9,000円、トータルで163万1,000円を計上いたしております。20節の扶助費でありますけれども、先ほど歳入のところで申し上げましたが、3歳児から5歳への引き上げということで748万5,000円の扶助費を計上いたしております。

 続いて3目の7節賃金、学童クラブ支援員賃金として一括交付金を活用しまして139万4,000円、19節の負担金、補助及び交付金でありますけれども、保育体制強化事業補助金として1,404万円、これは75%の補助です。

 それから保育士産休等代替職員配置支援事業1,365万円、これは法人への補助金で100%の補助となっております。それから19ページ、2目の13節委託料、これも番号制度導入によります122万5,000円の計上、それから28節の繰出金でありますけれども、後期高齢者医療特別会計事務費繰出金として219万8,000円を計上いたしております。

 20ページお願いいたします。3目1節報酬でありますけれども、農地調整員としまして、先ほど公社から入ってくる委託金として135万円を計上いたしております。19節の負担金、補助及び交付金でありますけれども、特定地域支援対策事業補助として、先ほど言いました13戸の農家へのビニールハウスの補助事業として1億1,997万8,000円を計上いたしております。

 それから5目の農地費でありますが、15節ため池等整備事業501万4,000円の減、それから八重瀬第1地区部分で359万9,000円の減、それを17節の公有財産購入の方に同じくため池整備事業で501万4,000円、八重瀬第1地区で359万9,000円、工事費の部分をトータルで861万3,000円、公有財産の方に組み替えております。

 21ページ、2目の水産業振興費でありますけれども、13節委託料、爬龍船造船委託費として50万円、それから保管庫設計委託業務として197万9,000円、トータルで247万9,000円、これは一括交付金を活用しての事業となっております。

 15節の工事請負費でありますが、中層浮魚礁設置工事4,050万円の減、19節で同じく中層浮魚礁設置補助金として4,050万円、これは組み替えという形になっています。漁協が事業主体となって実施するということでの負担金、19節での組み替えであります。

 それから22ページ、2目の観光費でありますけれども、13節委託料、地域情報発信映画製作委託業務(一括交付金)であります。324万円。観光ブランド魅力創出事業1,296万円、トータルで1,620万円を委託費として組んでおります。

 23ページ、2目の道路新設改良費の中の13節委託料、調査測量設計業務として317万5,000円の減、それから工事費でありますけれども、道路整備工事870万円の減、玻名城の郷整備事業、これは一括交付金となります。1,139万円の計上、それから17節の公有財産購入費でありますけれども、一括交付金を活用しまして玻名城の郷整備事業として450万2,000円を計上いたしております。

 それからこの前の13節と15節の減については、先ほど歳入のところで説明しました割り当て額の変更による減となっております。

 それから24ページでありますけれども、2目の災害対策費、18節備品購入費でありますけれども、AED購入費として155万6,000円、これはコンビニが新たに2店舗増えたということでのコンビニへのAED設置の備品購入費となっております。

 25ページをお願いいたします。2目の事務局費、13節委託料、番号制度導入に対するシステム改修で69万1,000円、それから下の方の切磋琢磨学力パワーアップ事業(一括交付金)でありますけれども、1,497万円を計上しまして、その上の電算業務委託料の10万7,000円を合わせまして、トータル1,576万8,000円を計上いたしております。

 18節の備品購入費でありますけれども、ICT教育強化事業(一括交付金)で994万9,000円、これは電子黒板を予定いたしております。

 続きまして、29ページをお願いいたします。4目の文化振興費であります。19節負担金、補助及び交付金、伝統芸能保存育成環境整備事業補助として一括交付金を活用しまして320万円、これは字東風平の十五夜の際に使用しております舞台等の設置であります。

 それから謝花昇顕彰事業補助金、これも一括交付金を活用しまして850万円、地域文化振興事業、これは対米請求権事業でありますけれども、400万円を計上いたしております。これは香南市との文化交流事業ということになります。

 それから5目の資料館費の中の13節委託料、大きいものとして謝花昇関係資料等作成委託業務として312万円、トータルで379万3,000円を計上いたしております。

 次のページ、30ページであります。1目の保健体育総務費の中の19節負担金、補助及び交付金、各種大会派遣費助成金、これも一括交付金を活用しまして207万2,000円の計上、それから2目の体育施設費の15節工事請負費でありますけれども、運動公園のLED取替工事として750万円、そして31ページでありますけれども、31ページの15節工事請負費、変電設備工事費340万円を減にしまして、新たに給食センター改修工事費としまして1,730万円、トータルで1,390万円を計上しております。

 この給食センター、東風平給食センターでありますけれども、電気設備、それから調理場の増設を予定しております。以上であります。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 私の方から今回の予算に計上しました一括交付金について、お手元にお配りしてあります一覧表のご説明を行います。A3の裏まであります。2ページになります。左側に番号がございまして、グレーでペイントされた部分だけが今回の2号補正になります。

 予算書にあります2号補正予算というところが、今回の全事業計上でございまして、右側の方で内諾◯、×がついているのは、5月末時点において内諾を得た事業で、◯がついたのは内諾ということでございます。そして裏の下の方、通常枠の合計、当初予算額4億7,860万6,000円に対しまして、今回2号補正で1億7,933万3,000円を追加増額いたしまして補正後の額が6億5,793万9,000円ということになりまして、交付金額が5億2,416万5,000円ということになっております。

 そして下の方には特別枠を表示しておりますが、今回の2号補正では計上ございませんが、右側の方で一部内諾の方を付けさせていただいております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 これより本案についての質疑を行います。質疑はありませんか、宮城勝也議員。



◆4番(宮城勝也議員) 

 29ページの文化振興費、伝統芸能保存育成環境整備事業補助金ということで、先ほど説明では字東風平の十五夜等で使用される舞台ということでありましたけれども、この補助金、一括交付金を活用したもので、今回計上されていますけれども、八重瀬町内、各字においてもいろんな伝統芸能がある中で、今回、なぜ東風平の十五夜の舞台がこの補助対象になったのかということと、補助を受ける際の要綱等あると思うんですけれども、そういった内容について伺いたいのと、あと裏負担分、それはどうやって補填、充てていくのか。その辺をお願いしたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 生涯学習文化課長。



◎生涯学習文化課長(新垣隆之) 

 お答えします。文化振興費の伝統芸能保存育成環境整備事業補助金でございますが、今年度は東風平の野外舞台、これは十五夜の可動式の組み立て式の舞台でございます。これは地元の要請を受けての今回の設置でありまして、この補助要綱をいま作成中なんですが、これはすべての自治会の伝統行事に活用できる仕組みになっております。

 いま現在あるのが東風平ですので、これからどんどん他の集落の伝統行事も活用したいと考えております。以上です。

 現在、裏負担は20%、一括交付金が80%ですので、まだ要綱を作成中なんですが、地元負担は20%を想定しております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 宮城勝也議員。



◆4番(宮城勝也議員) 

 いま要綱、作成中とあったんですけれども、やはりこれ単発でこうやってあがってきたときに、なぜ東風平が先だったのかなというのは、他の伝統芸能に携わっている方、そう思うと思いますので、できたらちょっと順序が逆と言いますか、ある程度、要綱が出来上がって、その中できちんといま連絡協議会もできていますから、そういったことをきちんと開示してから、順序なり、本年度予算はいくらあって、こういうふうにやるというようなところも必要だったかなというふうに思います。

 今、この表でいくと、まだ内諾のところに丸がついてないので、今後これが採用されるか、されないかわからないとは思うんですけれども、今後そういった中でも要綱を作成して、町の予算の中でもそういった枠を作っていく方針なのか。それとも先ほど裏負担分は地元負担と言いましたけれども、これは今回の場合は例えば東風平が全部負担することになるのか。その辺答弁お願いします。



○議長(上原勝彦) 

 生涯学習文化課長。



◎生涯学習文化課長(新垣隆之) 

 補助金の方が今回320万円ということですが、その2割は地元に持っていただくということです。この制度、実は八重瀬町が初めてではなくて、隣の南風原町とか、県内の市町村いくつかやっているところがあるそうです。

 今後もどんどん例えば各集落のシーサーの造り替えとか、そういったものにもどんどん活用していきたいと考えております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 補足ありますか、企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 ちょっと補足説明させていただきます。ただいま地元、今回の事業でしたら字東風平の方で20%負担です。地元負担金があるよと。それに対してまた残り80%ございますので、それに対しては八重瀬町が20%、80%に対して20%は町の負担ということになります。あと残りが国庫の補助金ということになります。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時02分



△再開 午前11時04分



○議長(上原勝彦) 

 再開いたします。

 宮城勝也議員。



◆4番(宮城勝也議員) 

 要綱も検討中ということですので、今回、予算計上して僕はこれをぜひ内諾いただいて、伝統芸能の普及育成に繋げていただきたいと思いますので、しっかりまた関係する団体とか、また自治会の方にも情報を流して、また内諾、不内諾以外にもまた町としてどのように今後、補助していくか。サポートしていくかというところもきちんと地元の方とも話し合っていただきたいと思います。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 何点か質問したいと思います。20ページの方、農業振興費としてありますけれども、まず農地中間管理事業、これの具体的な説明をお願いします。先ほど副町長の方から県の委託事業であると言っていますけど、どういった事業なのか。

 その中で、農地調整員という方がいますけれども、この人はどういう人なのか。要するに、身分はどういうふうになっているのかと。公務員なのか、職員なのかというふうなことです。

 それと次のページ、22ページの地域情報発信映画製作委託業務とあります。これどのような映画なのかと。大体、何分ぐらいの映画か。これはどのような格好で広報開示するのかということをお願いします。

 それから23ページ、玻名城の郷の整備事業の中で、土地購入、用地購入がありますが、これはどこなのかというふうなことです。場所を特定できるような格好で説明をお願いします。

 次に24ページです。ここの方でコンビニAED損害保険という格好であります。これは損害保険を掛けるためのものなのか。AED、その下の方にも購入費とありますけれども、それで設置は終わっているはずですよね。その辺の状況の説明をひとつお願いします。

 それから25ページ、切磋琢磨学力パワーアップ事業、この事業の意図を説明お願いします。何を目的としているのかということです。

 それから最後に30ページ、各種大会派遣助成金ということで一括交付金事業が載っております。これについて先ほどの課長の説明で、これは県の内定も内諾も得られているというふうなことの見通しですが、要するにこれをやることによって、今、例えば学校の方でPTAとか、各クラブ、部活、父母会の方でやっている寄附行為、こういったのが軽減されるのかどうかの見通しをお願いします。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 農林水産課長。



◎農林水産課長(山川満) 

 お答えします。歳出の農業振興費の1節から12節までありますけれども、最初に歳入の方の確認をお願いします。歳入が10ページの方にあります。先ほど副町長の方からもご説明ありましたけれども、農地中間管理事業委託金、これは県から指定を受けた沖縄県農業振興公社の方から委託金として200万円、今回入ってきます。

 それを財源としまして、事業としましては農地中間管理機構が農地の中間的受け皿として所有者から農地を借り受け、農業の担い手への農地集積、集約化を行う事業ということであります。それを行うにあたりまして、歳出の20ページ、農地調整員、これは職員かどうかというお話があったんですけれども、嘱託職員を予定しております。

 業務としましては、貸し手、出し手の掘り起し、借受予定農地等の位置、権利関係等の確認、あと借受希望者と貸付希望者との交渉を担当してもらうということで考えております。以上であります。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 22ページ、観光費委託料の地域情報発信映画製作委託業務ですけれども、これは業務としましては、八重瀬町の地域の情報を写真や映像を通して映画を作成するということで、約30分程度を想定しております。

 そして委託は、企画提案方式で実施しようということで考えております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 それでは、23ページの2目道路新設改良の中の17節公有財産購入費の中で、玻名城の郷整備事業ということで一括交付金事業で450万2,000円を計上していますけれども、この用地買収は玻名城の郷のビーチから具志頭浜までの遊歩道の幅員、約1.5メートルの用地購入として、当初予算計上をしてありましたけれども、現地に入って調査したところ、大体、山の中の方を歩くもので、海の方が全然見えない箇所がありますので、海が見えるように遊歩道を造ったんだけど、海が見えない箇所がありますので、海が見えるように、またちょっとした残地も残っているところもありますので、その部分を用地購入して伐開等もやりながら、海が見える遊歩道を造ろうということで、今回、この玻名城の郷整備事業ということで一括交付金事業で450万2,000円を計上しました。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 説明をいたします。24ページ、9款消防費、1項消防費、2目災害対策費の12節役務費ですが、コンビニAED損害保険で7,000円を計上させていただいております。この部分につきましては、先ほど副町長の説明にもありましたが、今年の8月に白川小学校前、そして玻名城の方に新たにコンビニがオープンするということで準備のために計上したものの保険料です。

 この保険につきましては、AEDを備え付けてもすぐに誰でも持って行けるような形にしておかないといけませんので、それがもし悪意のある方が持って行った場合に紛失ということもあり得るということで、そのための保険になっております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 学校教育課長。



◎学校教育課長(新垣正次) 

 お答えします。切磋琢磨学力パワーアップ事業と称しまして、平成26年度から継続している事業であります。事業概要といたしましては、中学生徒の学力を全国水準まで高めるために本町で土曜講座及び長期休暇、夏期、それから春の休み期間中に補習講座を行うこととして、今年度も取り組んでまいりたいと思います。

 目標といたしましては、平成26年度の全国学力学習状況調査においてマイナスポイント10ポイント以上の差がありましたので、その辺を対象にこれから取り組んでまいりたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 社会体育課長。



◎社会体育課長(神谷清和) 

 お答えいたします。30ページ、保健体育総務費の19節負担金、補助及び交付金でございますが、各種大会派遣費助成金、一括交付金で207万2,000円を計上させてもらっています。これにつきまして、今までのこういう県外、あるいはその大会派遣への寄附行為が制限されるかということでありますが、今回のこの一括交付金の採用は、今まで一般単独で出していた助成金を今後一括交付金にも採用されるということで平成27年から夢・未来スポーツレベルアップ事業の一環として行うものであります。

 この内容につきましては、監督、コーチ、また選手等の限られた方々への助成であります。ですので、これ以外の応援団の方々が多数一緒に来られています。

 そういうことを考えますと、これまでの寄附行為を制限することはなく、またこれからも寄附行為があるかというふうに考えます。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 今の各種大会派遣費助成金、これの一括交付金が認められた背景が知りたいんですよ。要するに、沖縄の方から、離島県から大人数で行くのは大変であると、それで実際の財政負担もあると。町の方からの助成金をあてにしていたのでは、これは実際、派遣することができないと。そういう離島県の背景としての考慮があったのかなと、その辺のところを聞きたいんですよ。

 というのは、要するに一括交付金でこれが認められたということは、他のものもたくさんあるわけですよ。こういうことにも一括交付金が使えるんだと。最初はあまり使えなかったよね。それが財政当局だけではなくて、一般でもPTAでもこれはとにかく寄附をしないと、とてもじゃないけど行かせられないよという、そういうのがこの一括交付金の理由の中にあったのか。そういったことで認められたのか。その辺のところをもう一回お願いできますか。ちょっと待って下さいよ。3回しかできないから、あとでまとめて。

 コンビニのAEDについて、保険金、掛ける保険金がこの分で全部賄いきれるということです。新たにできた、これが該当するのが2箇所ほどあるということで、それに設置するということだったと思います。

 もう一つ、一番わかりにくかったものですけれど、農地中間管理事業、これは知りたかったのは国が休耕地対策、要するに遊んでいる農地、これを実際かき集めて、そのような格好でこれを新たにそういう企業とか、農業を志す人に貸すんだと、それの団体なんだと。

 これは要するに委託事業ということでありますけど、県のそのような格好の組織があるのかどうか。これによって要するに遊休農地が全部解消するのかというところをもう一回お願いします。



○議長(上原勝彦) 

 社会体育課長から答弁を求めます。



◎社会体育課長(神谷清和) 

 この派遣事業が一括交付金内諾を受けた経緯でございますが、おっしゃるように沖縄県の離島という観点から、これまで県外に派遣する前にそれの負担が大きかったということであります。

 それにつきまして、いろいろ県とのヒアリングの中で内諾を受けた内容は制限がございました。まず、この一括交付金は航空運賃にのみ採用されるということでありますので、その航空運賃にこの事業費を充ててやっていくということであります。

 また、その他PTA活動とかにつきましては確認しておりませんので、今後また関係課と調整したいと思います。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 コンビニAEDの件でお答えをいたします。今回の保険料の7,000円でございますが、この件につきましては、新たに設置、開店予定のコンビニ2箇所、その2台分の保険料、主に盗難の保険料となっております。

 1基当たり42万円で、これは8月開店予定ですので、8月2日から3月末を見込んでおりますが、日付の関係上、開けて2016年4月2日までの期間の保険料になっております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 農林水産課長。



◎農林水産課長(山川満) 

 お答えします。議員のおっしゃるとおり、遊休農地を認定農業者、あるいは認定新規農業者、また地域の中心的担い手へ農地を集積するためにやっていくという取り組みであります。

 いま新聞等々でもあるんですけれども、それがなかなか進んでないということで、平成27年度から本格的に稼動させようという国の方針がございます。県の方の目標としまして、今、農地集積率というのが現在23.8%と言われております。それを10年後に56%に持っていきたいという説明がございました。その取り組みに向かって頑張っていきたいというふうに思っております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 最後にしますけれども、さっきちょっと聞き漏らして、課長、コンビニの方で一般の人がAEDを借りるときに、要するに誰にでも貸すのか。それと例えば何か身分証明書を置いていってから、それを貸すのか。それともそれ要らないのかというふうなところなんですけれども、この辺のところは具体的にその緊急性があるものですから、誰が行ってもすぐ子どもでも、とにかく大変になっている、それを貸しなさいという格好で持って行けるのかということをお伺いしたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 お答えをいたします。コンビニの各社と協定書を結び、その中に報告、AEDを持って行った方の名簿を作って下さいということで、基本的には名簿があります。

 ただ、これは貸し出しする、持って行く際に書いて下さいということではありません。緊急を要しますので、持って行く際は大人であろうと、子どもであろうと、緊急であれば持たせます。これを持って行った方があとで来たとき、もしくは来なければ、どういった男性なのか、女性なのか、いくつぐらいの方なのかというふうな形の報告、そしてこのAEDというのは、心臓が止まった際に、停止の際に使われますので、普通はそのまま消防、救急が引き継いでいきます。そして救急の方で何時何分どこで、このAEDを使って、どこの病院に搬送したというのをコンビニと消防から報告が後日来るような形になっています。

 ただ、必要な方には誰にでも出して下さいというのが、こちらからのコンビニへのお願いです。以上です。



◆10番(金城正保議員) 

 以上です。



○議長(上原勝彦) 

 新垣正春議員。



◆5番(新垣正春議員) 

 それで2点ほどちょっと質問したいと思いますが、先ほどありましたが、29ページの教育委員会の文化振興費の中で、伝統芸能保存のための環境整備の補助金、これが先ほどの説明で80%の補助というような説明がありましたが、それからすると400万円の事業のうち320万円は町から補助金として出すということなんですが、この80%を補助するという根拠、多ければ多いほど、私はいいと思うんですが、例えば現在の町指定の文化財に対する補助が3万円で打ち切りなんですよね。

 だから、そういう伝統芸能の環境整備に対しては80%やるんですが、町指定の文化財については、そういう3万円の定額で打ち止めなんですよね。そういう文化財、あるいは文化振興を含めて、そういう進め方でこういう違いが出てくるのかなという気がするんですが、なぜ80%にしたか。悪いと言ってないですよ。いいことなんですが、その根拠と、別のそういう文化関係の補助金との整合性も取らないとまずいんじゃないかなと思うんですが、その辺の考え方をちょっと聞かせていただきたいのと、それからあと1点は、一括交付金のこれは番号2番です。庁舎への太陽光、風力発電設備工事というのが7,200万円ほどあるんですが、庁舎での消費電力の何パーセントぐらいを賄おうという考えなのか。それの具体的に金額での効果がどのぐらい見積もっているのか。

 そしてもう一つ、風力発電というのがあるんですが、すぐイメージすると、大きい風車を思い浮かべるんですが、これは庁舎内にあの風力発電を造るのか。景観上、あるいは安全上、問題がないかどうか。その辺についての説明をちょっとお願いしたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 生涯学習文化課長。



◎生涯学習文化課長(新垣隆之) 

 お答えします。29ページの伝統芸能保存の整備補助事業補助金ですが、これは320万円で、いままだ要綱は作成中なんですが、いま80%補助を想定しております。約20%が地元の負担ということです。

 先ほど指摘がありました3万円、これはいま町の文化財の維持管理費、これは清掃したり、草刈り作業をしたり、主に世名城のガジュマルとか、約5箇所ありますが、その草刈り作業の補助金にしておりまして、町からの単独の補助でありまして、1団体3万円、これは主に老人会に委託していまして、そこの草刈りということですので、ご理解をお願いしたいと思います。

 ですので、これについてはまた一括交付金を充てたりとか非常に困難な面がありますので、ご理解をお願いします。以上です。

 80%の根拠は、一括交付金自体が約80%補助ですので、それに対して20%、地元負担というのも必要だろうといま考えておりますが、まだ決定ではありませんし、場合によってはまた90%補助ということも想定されます。

 いずれにしましても、まだ国から内示をもらっておりませんので、内示に向けてとりあえず何とか内示をもらえるように努力したいと考えております。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 ただ今のちょっと補足ですけれども、一括交付金の中で沖縄振興特別推進交付金の要綱の中で、交付率は80%以内とするということで、国の補助金につきましては80%、そして市町村は20%負担ですよということが交付要綱にございます。

 まず、12ページの総務費の財産管理費、15節工事請負費、太陽光・風力発電設備工事7,236万円ですけれども、今回、統合庁舎の屋上に太陽光発電設備の設置を予定しています。これが約50キロワットということで、5%程度は庁舎を賄う予定をしております。

 そして停電等、庁舎の誘導灯として風力及び太陽光蓄電池等を活用した風力発電、これを3箇所予定しております。ワット数としましては、300ワットで、庁舎の入口、3箇所からの入口がございます。南側、正面入り口、北側、そこの入口付近に風力と太陽光、それをセットされているもので、LEDと防犯カメラがついたものということで、大きさ的には7メートルの高さだということで聞いております。以上です。

 7メートルの高さに3つの風力、7メートルの高さ程度で風力がついて、その下にまた太陽光がついて、7メートル程度ということです。



○議長(上原勝彦) 

 新垣正春議員。



◆5番(新垣正春議員) 

 先ほど補助金80%なんですが、一括交付金が補助率80だから80にしたというような説明あったんですが、それで生涯学習文化課長、先ほどの町指定の文化財については清掃という話でしたが、実際は清掃にしか使われてないんですけれども、補助要綱自体は指定文化財を保存継承していくためにいろいろなものに使えるというふうに書かれているんですよ。町指定の文化財を保存継承していくためにも前から言っていることなんですが、あれだけでは不十分だと私は思うんですが、伝統芸能の環境整備については80%も補助するというのは、町指定文化財との整合性を取る意味でもちょっと考える必要があるんじゃないかなということで質問しましたので、ぜひその辺はお願いしたいなと。

 それから先ほどの風力7メートルというのがありましたよね。これは安全上と、それから景観、あの辺のまちづくりの方でそういう規制がなかったかどうかという、ちょっとはっきりしないんですが、そういう部分では大丈夫なのかどうか。

 あと一つは、自然エネルギーを使った効果、5%程度というのがありましたが、具体的な金額にすると、どのぐらいなのか。と言いますのは、7,200万円の事業費のうち、1,400万円ぐらいが町費の持ち出しということですので、この持ち出しと節約になる部分がどのぐらいなのかという部分もぜひ数字として知っておきたいなと思いますので、その辺よろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 新垣議員の文化財保護等々について答弁申し上げます。ご指摘のとおり、有形文化財等々については、3万円とか、2万7,000円、これは有形文化財の清掃とか、また保存ということで額は小さいけれども、合併以前の町村から引き継がれたものが多いです。

 ただ、教育委員会としましても文化財等々の奨励につきましては、いろんな事業を取り入れて、これからやっていこうと思っております。特に整備等々が必要な場合は、また改めて国の補助等々、こういったものを活用してやっていこうという考えであります。

 ただ、実用的な保存については、登録された団体が5団体ほどありましたでしょうか、その実用的な軽微な整備については、その補助金内で抑えているというところであります。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 風力発電につきましては、今回、約300ワットということでございます。そしてこの効果としましては、今回、この太陽光・風力発電をすることによって、二酸化炭素の削減や地球温暖化防止が期待されるということで、災害時においても町民や観光客等の安心安全の確保等から同時にコストの削減が図れますよということでやっておりますが、先ほどの数値的などれぐらいの削減されるかについては、いまちょっと資料ございませんので、そういうことでよろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩いたします。



△休憩 午前11時34分



△再開 午前11時35分



○議長(上原勝彦) 

 再開いたします。

 まちづくり計画課長。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 お答えします。風力の高さの件なんですけど、7メートルということでありますけど、タウンセンターゾーンについては、20メートルまでの高さの制限がありますので、それについては十分緩和に入っているということです。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩します。



△休憩 午前11時35分



△再開 午前11時35分



○議長(上原勝彦) 

 再開します。

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 先ほどの数字につきましては、現在わかりませんけれども、太陽光につきましては50キロワットで約1日5%の削減ができますよということで、金額的なものは出されておりません。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 新垣正春議員。



◆5番(新垣正春議員) 

 二酸化炭素の削減とか、そういう自然環境に配慮するということで賛成ではあるんですが、1,400万円余り町費が出るわけですから、その出る分と実際の節約になる部分を計算しておかないと、説明難しいんじゃないかなと思うんですが、ただ5%節約になるから大丈夫ですと言っても、具体的な金額で1,400万円、例えば普通、太陽光であれば10年で元が取れればいいというような話も聞きますから、そういう数字になっているのか。その辺を聞きたかったんですけれども、これはあとでまた調べてみたいと思います。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 まず最初に、今日新しく配ってもらった沖縄特別振興交付金事業一覧表について、一番右端の方に内諾ということで、◯、×が表示されています。その中で×というのが、私は八重瀬町にとって非常に大事なのがあるんだけど、どうなるのかなとちょっといま見て、というのは、最初にナンバーで言うと、7番と8番、農業振興費が6,000円余りと4,000円余りが要するに×になっているわけです。

 そして裏の102号、これの1,730万円、これは給食センターの改修工事なんです。これはいま×なんですけど、この×、内諾されてないんだけど、これは可能性があるのか。まずは1点目に質問したいと思っております。

 それから細かく、あとは2、3点いきますが、12ページ、行政改革推進委員会、12万2,000円の委員会報酬が計上されていますが、今までに何回やったのか。これまでの成果表と言うのか、どういったのが報告されたのか。それをお伺いしたいと思っております。

 それから14ページ、委託料334万7,000円ありますが、この事業というのは、国が決めたシステム改修、要するに番号なんです。その中で一般財源が43万2,000円含まれているような、私が計算したらなっているんですよ。なぜ国が政策上変えたのを八重瀬町があえて負担しないといけないのか。全額向こうがやるのが当然じゃないかなと思うんですけど、その辺のご説明をお願いしたいと思っております。

 それから22ページ、委託料、観光ブランド魅力創出事業1,296万円計上されています。それの内容を詳しくお願いしたいと思っております。

 それから29ページ、地域文化振興事業、対米請求権から400万円と説明書きにありますが、歳入10ページの対米請求権地域振興事業助成金は300万円なんです。この相違、これをお願いしたいと思っております。

 それから先ほどこの一括交付金のあれでちょっと話したんですが、31ページ、東風平給食センター改修工事1,730万円あります。私は建物というのは非常に老朽化していると思うんです。

 それで、この金額だけでは少な過ぎるんじゃないかなと思うんですけど、その辺の金額の妥当性かどうか、その辺をお聞きしたいと思っております。



○議長(上原勝彦) 

 それでは一括交付金一覧表、農林水産課長から答弁を求めます。



◎農林水産課長(山川満) 

 お答えします。一括交付金関係ですけれども、いま番号7と8という指摘を受けました。これは5番から8番まで一つの事業でありまして、農と緑の地域活性化推進事業でございます。まだ内諾は得られてないんですけども、ぜひ内諾に向けて取り組んでいきたいというふうに考えております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 学校教育課長、102番とページ31まで一括して答弁して下さい。



◎学校教育課長(新垣正次) 

 お答えします。一覧表の102番、それから予算書でいきますと、31ページ、東風平給食センターの改修工事ということで、一括交付金での申請であります。

 東風平給食センターは、いま2,800食ほど作っております。ただ、手狭でもう老朽化も進んでいるということではあるんですけれども、本町には給食センターが2箇所あるんですけれども、統合するにもまだ財政的な負担がありますので、平成30年度以降に給食センターの統合を図ろうかということで財政とも計画の中にも盛り込んでおります。

 ただ、喫緊の課題として、クラス増に伴うコンテナ等の増もありますので、それに係る改修工事ということで、今回1,730万円を計上しているところであります。

 ただ、これにつきましては、一括交付金を利用してのことでありますので、それに向けて校舎の改築等も含めまして、学校に係るものだということで申請して、どうにか獲得していきたいと考えております。



○議長(上原勝彦) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 12ページの2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費の1節報酬、行政改革推進委員会報酬12万2,000円について説明を申し上げます。

 今回の計上につきましては、委員長が報酬4,500円、委員が4,000円、そして3回、委員長と委員を含めて10名の方の会議を予定しております。

 この行政改革推進委員会につきましては、前回、開催したのは平成23年頃だと記憶をしています。この会議につきましては、行政改革大綱、そして第1次の集中改革プランの検証、そして第2次行政改革大綱の町長からの諮問を受けての答申という会議を行っております。

 今回計上したのは、職員定数について、この委員会に諮るという考えのもとで、今回、計上しております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 住民環境課長。



◎住民環境課長(中村通孝) 

 お答えします。歳出の14ページ、13節委託料、システム改修ということで、これは番号制度に伴う今回334万7,000円の補正増額であります。

 当初予算では、そちらの方に228万5,000円の予算を計上しておりました。その後、個人番号制度導入に伴いまして、当初金額よりはまだ増額しないといけないということで、併せて、今回の334万7,000円と228万5,000円を加えまして563万1,120円、約563万2,000円になるわけでありますが、その内容といたしましては、この番号制度導入に伴う住民基本台帳システム、その中のパッケージソフトウェアということで、それを購入しまして機器の改修にあたるという内容でございます。

 その後、大きいメインとしては、このパッケージソフトウェアの購入をいたしまして、住民基本台帳システムのシステム改修をするという内容の金額でございます。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 22ページ、商工費の2目観光費、委託料、観光ブランド魅力創出事業(一括交付金)ですけれども、この事業につきましては、町の地域資源を魅力ある観光資源として提供するために、地域資源の調査、掘り起し、そして魅力を伝えるための観光資源の安全安心のプログラム、そしてそれらを活用した観光ブランド化し、情報を発信し、誘客を図るということで、主な事業としましては、体験観光イベントの実施、そして観光のプロモーション、そしてまちあるきプログラムの作成ということで考えております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 生涯学習文化課長。



◎生涯学習文化課長(新垣隆之) 

 お答えします。まず10ページの歳入ですが、対米請求権事業助成金、これが300万円となっているのに対して、歳出29ページの文化振興費の地域文化振興事業(対米請求権)、これは400万円になっているということですが、冒頭で副町長から80%補助ということでした。

 ただし、これ単純に計算しても、これは75%になっておりまして、実はこの事業の内容が姉妹提携を結んでいる香南市への文化交流、主に町の青年や女性連合会の会員を派遣します。

 民俗芸能を披露して、会場では女性会が沖縄そばとか、ゴーヤーとか、沖縄料理を振る舞って、また地元の女性会とも交流を図るという内容になっておりまして、主にほとんど旅費とか、それから道具の運搬費、需用費になっておりまして、どうしても執行できない部分が出てきますので、約150万円ほどが単費がついていますが、結果的には385万円ほどの執行になると考えております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 ちょっと細かく聞いていきたいんですが、総務課長、行政推進委員会、今度の課題は職員定数のみの協議だというお話があったんですが、その他に例えば、町全体で考えるような、この課をどういうふうにするとか、そういう部門までは範囲はないんでしょうか。

 それからこの一覧表の5、6、7、8、これの事業は本当に八重瀬町内の推進に非常に効力のある、おそらく種苗センターの件だと思うんですけど、それは確実だと思うんですけど、これはできるだけ予算を獲得するように、課長、頑張ってほしいなと、それを強く要望したいと思っております。

 それから31ページの給食センターの改修なんですが、答弁では平成30年度にしか2箇所の統合はしないという、そういう答弁なんですが、私はどこよりも早急にやるべき事業ではないかなと思うんです。というのは、今の東風平給食センターのあの状況からすると、耐震強度、こういったのも大丈夫なのか。その辺も考えながら、30年ではなくして、来年、再来年ぐらいに着工ができるような方式にできないのか、確認したいと思っております。



○議長(上原勝彦) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 お答えをいたします。行政改革推進委員会への諮問、検討内容についてですが、今回は職員定数、現在、町長部局が200、教育委員会部局が50、250になっていると思います。ただ、実態につきましては、現在、総数で184名でございます。

 この状況について同規模、大体、類似団体と比較してどうなのかというところで、この委員会にかけたいと。それはなぜかと言うと、この職員定数のまずはいま定年退職者3名について、一人の採用というものの案が出てきたのが最初の合併当初の新町建設計画、その中では191名でしたかね、職員数の目標は。

 その後、第1次行政改革大綱の中で、職員は適正規模にというふうな文言が出て、集中改革プランの中で187名を目標にたぶん減らしてきたと思います。

 そういった中身の説明をしながら、今回、八重瀬町にとってそろそろ3万人規模になりますが、この行政規模で何名の職員が適正であるのかということを町長から諮問をしていただいて、答申を得たいと。

 そして、その後に条例の改正ということで、いま9月議会を目途に条例の上程ということで考えております。

 もう1件、同じ委員会の中で、機構改革までは検討してもらえないのかというご質問でしたが、機構改革については、内部の問題になると思います。この委員会の中からも意見としましては、第1次大綱、これは合併前の旧町村の大綱の中でもされていますが、課は増やさずに、新たな機構改革をするのであれば、ビルドアンドスクラップ、入れ替えなさいというふうな答申を受けて、そういう指針になっております。

 ただ、平成23年の機構改革では、2課減らして1課増ということで、現在は1課減と。当初の合併当初からの考えからすると、1課減という形になっております。この件は、特に町長からの諮問という形ではなくて、委員の皆さんの意見を聞きながらやっていきたいというふうに考えています。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 農林水産課長。



◎農林水産課長(山川満) 

 お答えします。要望ということで、内諾を得られるように頑張っていきたいというふうに思っております。よろしいでしょうか。

 先ほど種苗センター、ご指摘のとおり種苗センターに係るものです。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 お答えします。本村議員のおっしゃっているように給食センター、早めに建設したいのは山々であります。

 ただ、教育委員会としては、新城小学校、そして白川幼稚園ということで年次計画的に事業を控えているものがあります。それを終えてから、また財政とも調整しながら30年以降のできるだけ早い時期に統合した給食センターができればいいかなと思っております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩します。



△休憩 午前11時55分



△再開 午後1時30分



○議長(上原勝彦) 

 再開いたします。

 午前中に引き続き、議案第29号平成27年度八重瀬町一般会計補正予算(第2号)について、質疑を行います。質疑のある方、質疑はありませんか。神谷清一議員。



◆14番(神谷清一議員) 

 1、2点質疑したいと思いますが、まず6ページの社会保障税番号制度システム補助金ということで、総務省関係が720万円、厚生省関係が1,000万円ということで、トータルで1,700万円、歳入として入っているんですけれども、歳出の方では総務課とか、民生課、それから児童福祉課とか、各課に渡って、この税番号制度導入のための委託料等が計上されていますけれども、まずお聞きしたいのは、この税番号制度ですか、システム改修の今後の流れと言いますか、大まかな流れ、よく新聞等で見ると、10月から実施すると。本人の番号は全部これで決まって、前聞いたときには、証明書か何かもらうときは、本人が申請して初めてもらえるということで、自動的に番号はみんなあるけれども、申請によってこれがあるということ話聞いたんですけど、まずこの大まかな流れ、いろんな課に跨って委託料があるんですけれども、これ委託料、入札する場合には、一括して業者を何社か指名して、競争入札によってやるのかどうか。

 それとも本町の場合には特にOCCという業者を使っていますけれども、ほとんどこのOCCの業者の方にやる予定なのか。県内では他の市町村を見ると、いろんなメーカーがたくさんありますよね、こういう電算メーカー。

 だから、私はいろんな各課のメーカーの方にも、こういった機会も与えて、ぜひ慎重に入札についてはやるべきだと思いますけれども、まずさっき言いましたように、この税番号制度の導入にあたって、今後の大まかな流れ、関連してですけど、あと半年ぐらいでは、新しい庁舎に移りますけれども、これは今の古い庁舎の中で実行してやるものか。それとも準備はするけれども、実際のあれは庁舎が移ってから、新しい庁舎の中でやるのか。その辺のことも含めてお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 神谷清一議員の質問にお答えします。まず、このシステム改修、番号制度ですけれども、いわゆるマイナンバー制度につきましては、今年度10月に番号の交付を全町民に対して交付して、年明け1月から施行ということになっております。

 そして予算につきましては、歳入につきましては、総務省関連につきましては、ほぼ100%補助ですよと。厚労省につきましては、3分の2ということになっています。中には全く単費のものもございまして、総務省の補助金が724万7,000円、そして厚労省が1,011万6,000円ということでございます。

 そしてシステム改修につきましては、一部につきましては、26年度から予算をシステムの改修を行っておりまして、26年度から引き続き27年度ということで予算を計上しております。

 そして本町の場合は、そのシステム改修につきましては、すべてOCCの方で実施しております。庁舎が年明け、28年1月なんですけど、改修につきましては、先ほど申し上げましたように、既に改修を始めておりまして、1月にはまた新しく庁舎にこのシステムを移動するということになりますので、業務としましては、既にシステム改修は始まっております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷清一議員。



◆14番(神谷清一議員) 

 私の方がちょっと認識不足で、ある程度はやっているのはわかっていたんですけれども、これはそうすると、新庁舎に移って、今やっていることが無駄になるとか、二重経費をやるとか、こういったことは財政的な面では全くないということで理解してよろしいですか。

 それからもう1点は、これをやることによって、いま新聞等でもいろいろ年金機構の情報流出問題がありましたけれども、メリット、デメリット、いろいろあると思いますけれども、特に担当課の方としては、どういうメリットが考えられるか。それからデメリットもあるのかどうか。それを含めて答弁をお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 お答えします。まず、今回システム改修することによって、新庁舎に移ることに対して財政的な負担はあるのかということですけれども、特にその場合について財政的な負担はございません。

 そして、このマイナンバー制度を実施することによってのメリットとデメリットですけれども、税から住民情報等々、すべて一元管理されます。そういうデメリットにつきましては、ちょっと資料を持っておりませんので、よろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 神谷清一議員。



◆14番(神谷清一議員) 

 今、課長の方からデメリットについてははっきりわからないということですけれども、最近よく新聞等から出ている年金の情報問題がありますが、実は私の知り合いのところにも既に年金機構の方から通知が来て、お宅は今回のあれで情報が漏れていますよということで、場合によっては年金の番号が変わるかもしれませんという通知が来ているんです。

 ですから、新聞にもあるように沖縄県と和歌山県の被害が特に多いということがありますけれども、いろいろな面で情報が一元化されることによって、これが悪用された場合には、大変なことになると思うんですよ。

 だから、それを防ぐためにどうするかということで、やはり職員の研修だとか、このコンピュータ、パソコンの管理だとか、これをどうするかということで、非常に慎重なあれが求められると思いますけれども、いま話を聞くと、全部委託料はOCCということですよね。

 課長は聞いていますかね、県内他の市町村のこういった電算化の実施状況、もしわかるんでしたら教えてほしいんですけれども、日立とか、いろんなメーカーがたくさんあると思うんですけれども、これは1箇所のところにすべて全部やって、これが本当にプライバシーだとか、いろんな面での情報の防止という点で対策は十分できるかということで、それが非常に心配なんですけれども、これはどんなでしょうか、対策については。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 お答えします。八重瀬町の場合は、住民基本台帳がOCCの方に委託して実施しておりますが、そこで住民基本台帳があるOCCの方で一括して今回の改修を行いたいということでございます。

 基本的に住民情報が主体となって番号制度を開始していきますので、OCCということになります。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 私の方からもお答えします。いま企画財政課長からもありましたように、八重瀬町の住民基本台帳、OCCの方でやっております。

 その関係で他の社会福祉課あたりでやっているシステム等についてもOCCがやっておりまして、なぜOCCなのかというのは、合併以前から東風平町、具志頭村の頃からOCCが委託を受けてやっていたという関係上、合併後もOCCになっております。

 なぜOCCだけなのかということですけれども、いま県内で全市町村のうち、確か11市町村だったと思うんですけれども、OCCが委託を受けて、この住民基本台帳等の業務を行っております。そのOCCから今ありました他のメーカー、NECであったり、日立であったり等々の話もありましたけれども、当時、そのシステム整備の中で、合併時点ですよ、このOCCに比較しましたら4倍ないし5倍の経費がかかるということで、両町村が使っていたOCCに落ち着いたという経緯があることをご理解いただきたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 神谷清一議員。



◆14番(神谷清一議員) 

 これについては新聞等のいろんな年金情報の問題等を見て非常に不安が広がっていると思うんですよ。ですから、いま話では10月から番号を全部交付してという話がありましたけれども、住民に対する周知徹底とか、それから町としてどういう安全対策をやるか。情報が漏れないようにどうするかということで、職員の研修等、二重、三重のチェック体制をやっていかないと、被害を被るのは町民ですので、そういう点で、この電算メーカー任せではなくて、町としてのしっかりした安全対策、これを強くやってほしいということを求めたいんですが、これについてもう一度、明確な答弁をいただきたいと思います。どういうふうにやるかという。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩します。



△休憩 午後1時43分



△再開 午後1時44分



○議長(上原勝彦) 

 再開します。

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 ただ今の神谷清一議員のセキュリティーの件について、お答えをいたします。個人番号制が施行されて、新たに個人個人、これは日本でその個人一つの番号という形の管理の仕方になりますけれども、現在でも住民基本台帳の中には、個人個人番号がついています。

 同じように基本台帳、戸籍、その他個人情報を扱うところについては、セキュリティーというのは外部に漏れないような形で基本システムは、外部とは直接的に繋がらないというふうな形の回路というか、ネットワーク構成になっておりますので、今のところ、特にこの個人情報が導入されたから、役場のセキュリティーをさらに違う方向でアップをしなければならないというふうな考えは今のところの設計の中ではありません。

 ただ、今後、この情報がいま国の回線、専用回線を使ってしていくと思うんですけれども、その部分についてのセキュリティーが必要ということであれば、今の情報系、また基幹系のそれぞれ違う業者に委託をしていますが、そことまた相談をしながら、セキュリティーは万全を期していきたいと。

 職員のセキュリティー教育についても、これは平成23年にですか、セキュリティーポリシーを作ってあるんですが、その後の今度は実施側のポリシーを実施していく、それぞれが何をすべきかという個別のものがまだできてないと思います。

 その辺りも併せて検討して、神谷議員がおっしゃられた年金機構の個人情報漏えい問題等、そういったような形が起こらない、職員の一人一人の意識を上げて、それぞれのパソコンの中から個人情報が出ていかないという対策には、これから取り組んでいきたいと考えております。以上です。



◆14番(神谷清一議員) 

 以上です。



○議長(上原勝彦) 

 知念昭則議員。



◆12番(知念昭則議員) 

 まず、23ページの玻名城の郷整備事業なんですけれども、実は以前に私が聞いたときに、皆さん方、今の本庁舎の観光拠点施設と、その玻名城の郷を関連させていかないと何も活きないよということで言いました。

 そのときに予算ベースでは70%以上使っているけれども、どういうふうに活かしていくかというようなあれができてないと。しかし、今回出されているということは、玻名城の郷はどういうふうに活かしていくかというようなことは、皆さん方の中ではできていますかということです。1点目です。

 それからもう一つは、先ほどの伝統芸能保存育成環境整備事業補助金として、東風平の十五夜のときの舞台の整備とか、それ一括交付金の内諾が得られないままに計上されているんですけれども、もしそれが一括交付金ができなければ、単独ででもやらなければいけないというふうになると思うんですけれども、それについてはどのように考えているか、お伺いします。

 それからもう一つは、謝花昇先生の顕彰事業補助金ということで、今回出されています。非常にいいことであります。当初予算で本来ならば、あるべきだっただろうなと思うんですけれども、実は去年、仲本稔先生の110周年というのもありました。これとの関連で、この補助金、一括交付金事業としての金額が多いのか、少ないのか、これについては私はよく考えなければいけないと思うんですけれども、どういうふうに予算計上しているのか。この3つについて答えてもらいたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長より答弁を求めます。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 お答えします。23ページの道路橋梁費、道路新設費、工事請負費、公有財産購入費で玻名城の郷整備事業ということで計上してありますが、玻名城の郷につきましては、以前からもそういう活用していきたいということで、玻名城の郷一帯を観光の体験学習ということでマリンとカヌー体験等々、イノー体験等々で考えております。

 そして観光拠点施設ができたときには、こことタイアップしながら、観光拠点施設周辺活用ということで考えていきたいと思っております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 生涯学習文化課長。



◎生涯学習文化課長(新垣隆之) 

 お答えします。まず1点目ですが、伝統芸能保存育成環境整備事業補助金、今回320万円計上していますが、まだ国の方から内諾は得られておりませんが、これがもし国から切られた場合どうするのかということなんですが、今この段階で切られることは想定しておりませんで、他の市町村がやっているので、こちらの方もできると思っていま努力しております。ですから、切られた段階でまた考えていきたいと思っております。

 それから謝花昇の今回150周年記念事業なんですが、昨年、仲本稔110周年と整合性取れているのかということでありますが、お二人とも町が生んだ偉人ですので、これは本当にどちらも甲乙つけがたい人物だと思っていますし、ただ、やはり事業の内容によってどうしても予算がどちらかが多くなったり、少なくなったりあろうかと思います。

 今回、謝花昇事業の補助金850万円計上させていただきましたが、従来、10年置きにやっている墓前祭、これは謝花昇門中墓で墓前祭を行います。献花と奉納舞踊を行いまして、これは10月18日を想定しております。

 それからこの日の午後にシンポジウム、シンポジウムの内容は基調講演とパネルディスカッション、これは中央公民館で午後想定しています。

 それから演劇、謝花昇劇です。これは文化協会の演劇部門にお願いしまして、町民が謝花昇の劇を演ずるというものです。これは従来どおりなんですが、今回の特徴としましては、全小中学校、小学校4校、中学校2校ありますが、これは9月から11月にかけまして全小中学校を対象に各校の体育館で謝花昇劇を演ずるという取り組みを今回想定しております。今、謝花昇が若い人から忘れ去られようとしているものを何とか食い止めようということをいま企画しております。

 それから作文の公募、小中学生からの作文を公募し審査して、それから表彰しようということです。ですので、前回よりもかなり取り組みが違っておりますが、予算によって仲本稔と若干の差が出てくるのは、もうやむを得ないところだと認識しております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 知念昭則議員。



◆12番(知念昭則議員) 

 ただ今の謝花昇先生の顕彰のことに関しては、いろんなことをやるべきだと思うし、顕彰するということは、それなりのことをお金もかけながらやらなければいけないというのが当然だと思っております。

 実は、仲本稔先生のときには、私ちょっとこれはもうちょっとやるべきじゃないかなということもあったものですから、今回聞いたのも、そういうふうにいろんな多方面からやろうとしているのがあるならば、それは非常に素晴らしいことで、ぜひやってもらいたいと思います。

 ただ一つ問題は、先ほど私が言った東風平の十五夜のときの話、こういうふうに例えば一括交付金でダメだったよと言われたときに、先ほど多くの議員からもあったんですけれども、それは順番を追って整備していきますということ。

 しかし、一括交付金ができなくなったときには、こういうふうに予算書に載せたというのであるならば、常に単独でもやりますというようなものがなければ、予算書に則って一括交付金が認められなかったらダメでしたから、これは今回やりませんということは、議会を通して来るのであるならば、私はこれはダメだと思います。だから聞いているんです。

 これからあといろんなことが出てきたときに、一括交付金でやりますと言われたときに、それがダメになったときには、他の手立てもありますからやりますというのであるならば、大丈夫なんですけれども、これがひとつ気になっているものですから、今お伺いしました。

 これまで議会も全部通ったんだけれども、一括交付金として認められませんでしたというときには、非常に問題が出てきますので、ぜひ生涯学習文化課長、これについては一括交付金でどんなことがあっても通すぐらいの意気込みでやってもらわんと、後々に厄介なことになるということは忠告しておきます。

 それから玻名城の郷整備事業なんですけれども、私は事業をするからには確実にこうなるんだというような計画を執行部の中でもっと綿密にやってもらわんと、造って後から、造っておけば何とかなるさというような物の考え方は絶対ダメですので、これについては早めにいろんなことを含めて考えていってもらいたいと思います。終わります。



○議長(上原勝彦) 

 答弁ありますか。副町長、まとめて答弁して下さい。



◎副町長(福島正惟) 

 答弁の求めはなかったんですけども、1件だけご了解いただいておきたいと思います。一括交付金の予算の件でしたけれども、まとまらなければ計上すべきじゃないというご意見でしたが、それでいきますと、内諾を得てから予算計上となると、事業が着手できないということがございますので、これは去年、一昨年あたりから申し上げているとおり、許可が受けられるものとして計上はしております。

 ですから、先ほど一覧表を差し上げましたけれども、あれもトータルでいくと、交付額を上回る予算計上になっております。必ずできるから載せるんだということではなくて、必ずするんだという気構えで進めております。

 今、ご注文ありましたとおり、これも通せるような形で努力は続けてまいりたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑はありませんか、玉城武光議員。



◆13番(玉城武光議員) 

 2、3点質疑します。歳入のことについて1点質疑します。9ページの19款の基金繰入金について、ちょっと質疑します。これの補正額の財源内訳は先ほども述べていましたけれども、一般財源から20%、繰り入れしないと予算計上できないということで、その財源はほとんど財政調整基金からの繰入金ですよね。

 それで、この財政調整基金の前年度末基金残高と、それから今後の補正はほとんど一般財源調整基金からの繰り入れと思うんですが、どれぐらい取り崩す予定なのか。これの説明をお願いします。

 それから歳出の18ページ、3款の民生費、7節の賃金、学童クラブ支援金賃金として計上していますが、これは役場の中で学童クラブ支援員、学童クラブを支援するために賃金職を配置していると思うんですが、どのような支援を行うか。具体的に説明をお願いいたします。

 そこの19節の負担金、補助金、交付金ですが、ここに保育士産休等代替職員配置支援事業補助金、これは100%といって、先ほど説明がありましたけど、これは法人の何名分を予定しているのか。そこの説明をお願いいたします。

 23ページ、8款土木費なんですが、道路維持費の中に使用料及び賃貸料で転貸借地料44万円計上しているんですが、その中身の説明を私わからないものですから、説明して下さい。



○議長(上原勝彦) 

 企画財政課長より答弁を求めます。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 玉城議員の質問にお答えいたします。まず、基金の状況ですけれども、財政調整基金、平成27年3月末時点の残高ですけれども、4億8,000万円の残高がございまして、当初予算で3億4,000万円の取り崩しをしております。

 そして今回、6月補正におきまして5,712万9,000円の取り崩しをしまして、現在の残高が8,287万2,000円ということでございます。

 また基金につきましては、9月にはまた予算の積立があるということを想定していますので、取り崩しにつきましては、ほぼ当初からこの基金の範囲内で取り崩しをしていきたいなと思っております。

 そしてもう1点の23ページの道路維持費、14節の使用料及び賃借料の44万円の転貸借地料(玻名城の郷)44万円につきましては、この事業は玻名城の郷整備事業に伴う道路の改修用地でございます。これにつきましては、玻名城の郷地主会、そして会社のリンクス、そして八重瀬町の三者協議会がございまして、その中で今回の工事につきましては、用地買収ではなくて賃借で行うということが取り決めをされております。

 そこで、地主会の所有している土地と八重瀬町が所有している賃貸借、当初、賃借している土地を玻名城の郷地主会は、リンクスと契約をしているんですけれども、そのリンクスと契約された土地を転貸して八重瀬町が賃借するということでの転貸借契約に伴う借地料ということで44万円の計上でございます。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 児童家庭課長。



◎児童家庭課長(石原朝子) 

 18ページの学童クラブ支援員賃金でございますけれども、これに関しましては、学童クラブが6箇所ございます。支援員を児童家庭課の方に配置をしまして、学童の会計事務等の管理を支援していきたいと思っております。

 そして産休代替職員配置支援事業につきましては、法人保育所13箇所分、概ね1園当たり1人分の計上をしております。以上でございます。



○議長(上原勝彦) 

 玉城武光議員。



◆13番(玉城武光議員) 

 賃貸の転貸の部分がちょっとわからないんですが、先ほどの説明ではリンクスと地主会との賃貸関係があって、そこのものを町が地主会のものを負担するという意味なのか。そこがうまく理解できないんですが、ちょっと詳しくもう一回説明お願いします。

 それから学童クラブの支援金、会計とか、学童クラブの会計、何箇所かある学童クラブをまとめて会計をするのか。たぶんそうじゃないと思うんですが、学童クラブの今後の条例を作りますよね、規則、そこの支援だと思うんですが、会計だけで支援するのか。もう一回説明お願いします。



○議長(上原勝彦) 

 総務課長より答弁を求めます。



◎総務課長(金城哲生) 

 玉城議員の23ページ、8款土木費、2項の道路橋梁費、1目道路維持費、その14節使用料、転貸借地料、玻名城の郷ということで、先ほど企画財政課長からも説明がございましたが、総務課、玻名城の郷地主会の事務局を持っているものですから、私の方から少し補足で説明をさせていただきます。

 実は、リンクスの上のクラブハウスのところから下のビーチまで降りる道の整備の際に、用地買収をして買い取りをして道を整備して、町の管理にしたいというふうな話で最初は進めていたんですけれども、実際にはあの部分の土地については、玻名城の郷というよりはサザンリンクス、今は違う会社名になっているんですけれども、開発計画というのが今のゴルフ場と、また、その他の土地、ずっと山側の土地まで続いているんですが、そこが一帯となって開発の許可を受けている用地であると。

 そして地主会からすれば、すべてを開発していくものだということで貸しているということになっておりまして、その中で町が一部買い取りをして、分断させてくれるのは地主会としてもあまり良くないと。地主会としては、サザンリンクスの方にすべて貸していて、地上権についてはリンクスの方に任せてあると。その中の道の整備については、リンクスと売買ではなくて、リンクスから新たに借りてやってもらいたいと。

 これは賃貸契約の中の第8条でしたか、転貸をする場合には地主会の承認許可を得て転貸することができるということがありまして、リンクスさん、地主会、そして役場が入って、三者協の中で、この道の部分については、町が借用、借りるという形で工事を進めて、管理は町がやりましょうという形になって、今回の計上、これは4月分からということで1年間分を44万円の計上という形になっております。以上です。

 支払い先については、サザンリンクスですが、現在はアコーディアAH02という会社名がありまして、そちらの方に支払いをするという形になっております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 児童家庭課長。



◎児童家庭課長(石原朝子) 

 お答えいたします。今回、この一括交付金でもってこの事業を実施しますのは、学童クラブさんは民立民営がほとんどでございまして、その学童ごとに運営や会計が実態がちょっと異なっております。

 その経緯で正確性に欠けるので、今後この運営費につきましては、国庫補助金を活用していることもありますので、正確性が求められます。県においても放課後児童クラブ運営の手引き、あとは会計の手引き等を示して、八重瀬町としての指導を行ってきたところでありますけれども、まだまだ整然とした経理状態にはちょっと程遠いので、児童家庭課の方に専任の指導員を置きまして、今後、事務指導にあたっていきたいと思っております。以上です。



◆13番(玉城武光議員) 

 以上です。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑はありませんか。

     [「質疑なし」と呼ぶ者あり]

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第29号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第29号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第29号平成27年度八重瀬町一般会計補正予算(第2号)についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第29号については、原案のとおり可決されました。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時09分



△再開 午後2時09分



○議長(上原勝彦) 

 再開いたします。



△日程第8 議案第30号(上程〜採決)



○議長(上原勝彦) 

 日程第8 議案第30号平成27年度八重瀬町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 本案について提案理由を求めます。副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 それでは議案第30号をお願いいたします。平成27年度八重瀬町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について。

 首題のことについて、地方自治法第218条第1項の規定により、別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成27年6月8日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 上原勝彦殿。

 3枚目をお開き下さい。平成27年度八重瀬町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

(歳入歳出予算の補正)第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ439万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ49億621万1,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額、並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 それでは、歳入歳出を説明いたします。5ページをお開き下さい。歳入の部でありますけれども、11款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金、その他繰入ということで439万6,000円を計上いたしております。

 次、歳出に移ります。6ページをお開き下さい。1款総務費、2項徴税費、1目賦課徴収費、説明欄にありますようにシステム改修業務委託料として439万6,000円、これは先ほど一般会計でもありましたように番号制度導入に伴うシステム改修ということになっております。

 次、7ページをお願いします。2項特定健康診査等事業費でありますけれども、1目も同名です。11節の需用費、特定保健指導用消耗品6万5,000円を計上しまして、その下の18節備品購入費6万5,000円から組み替えということであります。よろしくご審議をお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 これより本案についての質疑を行います。質疑はありませんか、金城正保議員。



◆10番(金城正保議員) 

 1点だけ質問をさせて下さい。7ページの11節需用費6万5,000円、18節の備品購入費、このマイナス6万円、この組み替えを行った理由、具体的に備品は何を購入する予定だったものなのかということを教えて下さい。お願いします。



○議長(上原勝彦) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(大田厚) 

 ただ今のご質問にお答えします。最初、去年システムの改修ということで備品購入しました。バージョンアップするための備品購入でした。それを組み間違えて、そのまま組んでしまったと。内容に関しては、マルチマーカーシステムという健康増進に伴う審査、分析等を行うシステムでありまして、そのシステムのパッケージ、番号を年度ごと購入していくと。今年度、購入するということで消耗品に組み替えるということであります。備品ではなく、消耗品に組み替えた方がいいということで組み替えております。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑ありますか。

     [「質疑なし」と呼ぶ者あり]

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第30号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第30号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第30号平成27年度八重瀬町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第30号については、原案のとおり可決されました。



△日程第9 議案第31号(上程〜採決)



○議長(上原勝彦) 

 日程第9 議案第31号平成27年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 本案について提案理由を求めます。副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 議案第31号をご提案申し上げます。平成27年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について。

 首題のことについて、地方自治法第218条第1項の規定により、別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成27年6月8日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 上原勝彦殿。

 3枚目をお開き下さい。平成27年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

(歳入歳出予算の補正)第1条 歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ219万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億7,835万3,000円と定める。

 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額、並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 続いて、歳入歳出を説明申し上げます。5ページをお開き下さい。3款繰入金、1項一般会計繰入金、1目事務費等繰入金、1節事務費等繰入金でありますけれども、219万8,000円を計上いたしております。

 その内訳としてでありますけれども、歳出の方で6ページ、1目の一般管理費、13節の委託料でありますけれども、これも後期高齢者システム改修、これも番号制度導入によります219万8,000円の計上となっております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 これより本案についての質疑を行います。質疑はありませんか。

     [「質疑なし」と呼ぶ者あり]

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第31号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第31号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第31号平成27年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第31号については、原案のとおり可決されました。



△日程第10 議案第32号(上程〜採決)



○議長(上原勝彦) 

 日程第10 議案第32号八重瀬町行政手続条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案について提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第32号八重瀬町行政手続条例の一部を改正する条例について。

 首題のことについて、地方自治法第96条第1項の規定により、別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成27年6月8日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 上原勝彦殿。

 提案理由、行政手続法の一部が改正され、行政指導の中止等を求め及び処分等の求めに関する規定が設けられたこと等に伴い、八重瀬町行政手続条例において同様の規定を設ける必要がある。

 詳細については、担当課長から説明いたします。ご審議よろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 それでは、補足で説明させていただきます。新旧対照表で説明をしたいと思います。4枚目をお開き下さい。右側が改正前、左側に改正後となっております。改正部分につきましては、下線が引かれております。

 まず、中頃の第4章行政指導(第30条−第34条)とありますが、これを34条の2、そしてその下に新たに第4章の2処分等の求め(第34条の3)に改めるということです。

 そしてそれ以降ですが、その下につきましては、「名あて人」というところを、これまでの平仮名表示を漢字表記に変更しております。

 次のページ、5枚目をお開き下さい。改正前の1行目です。右側になりますが、第4章までとありますが、第4章の2に改めます。そしてその下、「名あて人」を漢字の「名宛人」に改正いたします。そして、その次の次の行ですが、改正前は「かかわる」平仮名で表記されておりましたが、「関わる」漢字表記に改正ということになっております。そして中頃、第4条の2行目ですが、同じく「名あて人」を漢字の「名宛人」に改正をいたします。そして第13条ですが、これも2行目ですが、右側の改正前が「名あて人」、平仮名になっておりますが、漢字表記に改正をいたします。下から3行目、第1号のイの真ん中の「名あて人」ですが、これも漢字表記の「名宛人」に改正をいたします。

 6枚目をお開き下さい。このページにつきましては、右側の改正前の「名あて人」、平仮名表記にありますが、すべてこれを漢字表記にという改正になります。

 7枚目をお開き下さい。第22条の第3項、こちらの3行目ですが、「名あて人」、平仮名表記を漢字表記に改めます。そして下の第28条、3行目です。「名あて人」となっておりますが、これも漢字表記に改めます。その下、第33条の第2項を新たに追加いたします。行政指導に携わる者は、当該行政指導をする際に、町の機関が許認可等をする権限又は許認可等に基づく処分をする権限を行使し得る旨を示すときは、その相手方に対して、次に掲げる事項を示さなければならない。(1)当該権限を行使し得る根拠となる法令の条項。(2)前号の条項に規定する要件。(3)当該権限の行使が前号の要件に適合する理由。第3項、行政指導が口頭でされた場合において、その相手方から前2項に規定する事項を記載した書面の交付を求められたときは、当該行政指導に携わる者は、行政上特別の支障がない限り、これを交付しなければならない。

 そして3項を4項に繰り下げまして、次に第34条の2を新たに新設をいたします。法令に違反する行為の是正を求める行政指導(その根拠となる規定が法律又は条例に置かれているものに限る。)の相手方は、当該行政指導が当該法律又は条例に規定する要件に適合しないと思料するときは、当該行政指導をした町の機関に対し、その旨を申し出て、当該行政指導の中止その他必要な措置をとることを求めることができる。ただし、当該行政指導がその相手方について弁明その他意見陳述のための手続を経てされたものであるときは、この限りでない。

 第2項、前項の申出は、次に掲げる事項を記載した申出書を提出しなければならない。(1)申出をする者の氏名又は名称及び住所又は居所。(2)当該行政指導の内容。(3)当該行政指導がその根拠とする法律又は条令の条項。(4)前号の条項に規定する要件。(5)当該行政指導が前号の要件に適合しないと思料する理由。(6)その他参考となる事項。

 第3項、当該町の機関は、第1項の規定による申出があったときは、必要な調査を行い、当該行政指導が当該法令に規定する要件に適合しないと認めるときは、当該行政指導の中止その他必要な措置をとらなければならない。

 同じく第4章の2、処分等の求め。第34条の3ということで、これも同じように今度は処分の求め、何人も法律に違反する事実があると、これはその行政指導を受けた者ではなくて、周りで見ている方でもいいと、そういう方々は行政指導をしなさいという申し出ができるという旨の条項です。これが第2項、第3項となっております。

 3枚目の方をお願いいたします。附則です。この条例は、公布の日から施行し、改正後の八重瀬町行政手続条例の規定は、平成27年4月1日から適用する。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 これより本案についての質疑を行います。質疑はありませんか。

     [「質疑なし」と呼ぶ者あり]

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第32号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第32号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第32号八重瀬町行政手続条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第32号については、原案のとおり可決されました。



△日程第11 議案第33号(上程〜採決)



○議長(上原勝彦) 

 日程第11 議案第33号八重瀬町子ども医療費助成条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案について提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第33号八重瀬町子ども医療費助成条例の一部を改正する条例について。

 首題のことについて、地方自治法第96条第1項の規定により、別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成27年6月8日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 上原勝彦殿。

 提案理由、「児童福祉法(昭和22年法律第164号)」の一部改正により、小児慢性特定疾患に関する条項の変更及び「難病の患者に対する医療等に対する法律」が制定されたこと並びに「沖縄県こども医療費助成事業」の対象者が拡大され、「沖縄県こども医療費助成事業補助金交付要綱」が一部改正されたことに伴い八重瀬町子ども医療費助成条例を改正する必要がある。

 詳細については、担当課長から説明いたします。ご審議よろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 児童家庭課長。



◎児童家庭課長(石原朝子) 

 3枚目の新旧対照表をご覧下さい。左の方が改正後の条項になっております。では定義の第2条第4号イ中の第20条の次に「第19条の2」を加え、「又は」を「若しくは」に改めます。

 そして同号に次のように加えます。エ、難病の患者に対する医療等に関する法律第5条を加えます。

 第4条、助成の方になりますけれども、本文中「満4歳に達した日の属する月の翌月1日」を「6歳に達した日以後の最初の4月1日」に改めます。

 そして同上、ただし書き中、「3歳児」を「3歳以上の就学前児(3歳に達した日の属する月の翌月の初日から6歳に達した日以後の最初の3月31日までの者)」に改めます。

 附則としまして、この条例は、平成27年10月1日から施行します。ただし、改正後の第2条の規定は、平成27年1月1日から適用いたします。以上でございます。



○議長(上原勝彦) 

 これより本案についての質疑を行います。質疑はありませんか。

     [「質疑なし」と呼ぶ者あり]

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第33号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第33号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第33号八重瀬町子ども医療費助成条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第33号については、原案のとおり可決されました。



△日程第12 議案第34号(上程〜採決)



○議長(上原勝彦) 

 日程第12 議案第34号八重瀬町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の制定についてを議題といたします。

 本案について提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第34号八重瀬町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の制定について。

 首題のことについて、地方自治法第96条第1項の規定により、別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成27年6月8日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 上原勝彦殿。

 提案理由、八重瀬町として公の施設の指定管理者選定に際し、統一した手続等を行うため。

 詳細については、担当課長から説明いたします。ご審議よろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 まちづくり計画課長。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 補足説明いたします。八重瀬町の公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例。

 (趣旨)第1条 この条例は、地方自治法第244条第1項に規定する公の施設に係る法第244条の2第3項に規定する指定管理者の指定の手続等に関し必要な事項を定めるものとする。

 (指定管理者の募集等)第2条 町長又は教育委員会は、指定管理者に公の施設の管理を行わせようとするときは、次に掲げる事項を八重瀬町公告式条例(平成18年八重瀬町条例第3号)に規定する掲示場への掲示その他の適当な方法によって明示し、法人その他の団体で指定管理者の指定を受けようとするものを公募するものとするということで、1号から9号に募集事項を定めています。

 2項、前項の規定にかかわらず、町長等は、次の各号に掲げる理由のいずれかに該当するときは、公募によならないで指定管理者の候補者を選定することができる。

 (1)地域密着型施設で、住民との協働、地域コミュニティの醸成、住民活動の促進等の観点から地域住民で構成する団体等を指定するとき。

 (2)施設の設置目的、特性等により特定の団体等に管理を行わせることが、その施設の安心・安全利用及び効果的、合理的活用が図られるとき。

 (3)施設の廃止又は用途変更の予定を勘案して、選定の際現にその管理を行っている法人等を指定管理者の候補者に選定するとき。

 (4)公募を行わないことについて合理的な理由があると町長等が認めるとき。

 (5)公募を行っても応募者がないとき。

 3条で、指定管理者の指定の申請を謳っています。4条で、指定管理者の候補者の選定等、5条で指定管理者の指定等ということで、5条。町長等は、前条の規定により選定した指定管理者の候補者を法第244条の2第6項の規定による議会の議決を経て、指定管理者に指定するものとするということになっています。

 6条で協定の締結、6条2項で協定において定める事項を1号から10号までに規定しています。

 7条で事業報告、8条で指定の取消し等、9条で原状回復の義務、10条で損害賠償の義務、11条で個人情報の取扱い等、12条で委任ということになっています。

 附則、(施行期日)1 この条例は、公布の日から施行する。(準備行為)2 この条例に規定する指定管理者の指定に関する手続その他この条例の施行に必要な準備行為は、この条例の施行前においても行うことができる。(経過措置)3 この条例の施行の日までに、各施設の管理に関する条例等に基づき指定管理を行っている施設については、従前のとおりとする。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 これより本案についての質疑を行います。質疑はありませんか、神谷清一議員。



◆14番(神谷清一議員) 

 提案理由の中に、今までの公共施設の指定管理者選定に関しては、統一した手続きではなかったということで、今回、統一した手続きを行うためにこの条例を作るということだと思いますけれども、具体的に今までの指定管理選定にあたっては、どういうふうにちぐはぐな手続きがされていたか。具体的な例をちょっと申し上げてほしいんですけれども。



○議長(上原勝彦) 

 まちづくり計画課長。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 ただ今の質問に対してお答えします。今まで2条で謳っているように、指針では新規の施設等については、指定公募を行うということで謳われています。

 それで今まで施設が既存の施設については、いま2項の1号であるように密着型施設ということで、公園とか、公民館等については、その地域の密着型施設ということで、団体で指定をしておりました。

 それで新しい施設について、今まで指針に基づいて公募したりしていたんですけど、どうしても条例作ったり、要綱作ったりするので、ちょっと施設ができてからしか、この管理条例を作れなかったために、ちょっと後手後手に回っていたということがあって、今回統一した手続きをしたいということで、今回の条例を制定したいということであげています。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷清一議員。



◆14番(神谷清一議員) 

 ちょっと今の課長の説明、非常にわかりにくいんですけれども、2条の中の2項の説明をやっていましたけれども、2条の2項の(1)は、地域密着型施設ということで、これはおそらく公民館のことだと思いますけれども、それと別にまた新しい、例えばセミナーハウスですか、セミナーハウスを廃止して、また新たに用途変更してやった場合には云々ということでいろいろ出てくるんですけれども、これについては本来は指定管理者制度が導入されて、おそらく4〜5年近く経っていると思うんですよ。だから、本来だったらもっと前に気づいて、この条例を作って統一した手続きに基づいてやるべきだったんですけれども、これが非常に遅れたということで、私感じております。

 今、課長の方からもあったんですけど、これは条例はあるんですけど、具体的にこの条例を運用するにあたっての基本的な方針とか、規則と言うんですか、要綱、これは既にできているんでしょうか。

 これの確認と、それからもう一つは、この2条の中に募集期間とか云々ありますけれども、要するに2号の1から8、9までありますけれども、これを実際に運用するにあたって、さっき言った規則だとか、方針、こういったのがないとできないと思うんですよ。それも既にできているかどうか。もちろん県の方の資料をちょっと持っているんですけど、県の場合には、公の施設の指定管理制度に関する運用方針ということで、いろいろ詳しくあります。

 例えば、指定期間についても業務に高い専門性があって、人材の育成や確保、事業の企画等に期間を要する施設については、5年以内とか、ところが施設の維持管理が主な目的の場合には3年以内とか、いろいろ結構詳しく方針が書かれているんですよ。

 ですから、この条例を実際に運用するにあたっての方針ですか、規則と言うんですか、要綱、これは既にあるかどうか。もしあるんでしたら、課長、それの資料の提出もお願いしたいんですが。



○議長(上原勝彦) 

 まちづくり計画課長。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 お答えします。今までの八重瀬町指定管理者の制度に係る指針というのが平成18年9月1日より指針として施行されています。その中でいま神谷議員から言われたように委託をする期間とかは5年以内とか、そういうものは全部謳われています。

 それと先ほどありましたように、施設によってどういうふうにしてやるかということでありましたけど、今後新しい施設ができた場合に、設置及び管理に関する条例を各々で策定していきます。それに基づいて指定管理をまた指定していくということです。

 今回の場合は、あくまでもその基準、元の部分を統一していこうということをやっています。

 それで今ありましたように1条については、公募による部分と。2条については、指定管理者の候補者を選定する、公募によらない指定管理者の候補者を選任することができるということで、その分も加えています。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 神谷清一議員。



◆14番(神谷清一議員) 

 今回、この議案に関連してあとで追加議案ということでたぶん出ると思うんですけど、ヌヌマチガマの何かありますよね。それについての指定管理者の募集ということであるんですけど、これ議運のときに配られた資料で既にこのヌヌマチガマの指定管理の募集については、FAXで3団体と言うんですか、3つの団体に対してFAXで応募をかけているんですよ。

 ところがこれを見ると、5月21日に指定管理者の募集ということでやって、締切期限が6月1日なんです。わずか約10日間しか期間がないんですよ。県の方のあれを見ると、例えば公募の期間は60日以上とか、いろいろ期間があるわけです。

 ですから、この条例のできる前にヌヌマチガマのものについては、既に募集をかけて、しかも締切が10日ということで、非常に何か条例ができる前の本来だったら条例できた後からでも良かったんじゃないかと思うんですよね。それでちょっとこのやり方がもうちょっと、この条例との整合性と言いますか、せっかく条例を作ろうとしているわけですから、その辺は、もうちょっとできた後でも良かったんじゃないかと。

 しかも募集の期間もわずか10日ということで短いですよね。これももうちょっと相手側が十分準備したりできるような期間という点では、私は見直すべきじゃないかなというふうに思います。

 この条例の中に一番最後の方、附則、準備行為とか、経過措置とかあるんですけれども、この準備行為でもって、先ほど言ったヌヌマチガマの指定管理募集については、既にこの条例ができる以前に募集をかけてやっているから、要するに準備行為だということで、既にできるということで理解していいんですか。それとも条例ができた後に選考委員会では正式にはやるということなんでしょうか。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩します。



△休憩 午後2時45分



△再開 午後2時45分



○議長(上原勝彦) 

 再開します。

 生涯学習文化課長。



◎生涯学習文化課長(新垣隆之) 

 お答えします。戦争遺跡公園ヌヌマチガマの設置及び管理に関する条例は、冒頭で提出していますが、この後、指定管理者もいま準備をしています。

 神谷議員が申し上げますように、その附則の準備行為、これが根拠になっておりまして、先ほど指摘があったように5月21日に募集をかけて6月1日まで、10日間の募集期間になっています。

 この戦争遺跡公園は、実は3月末に工期が完了して、すぐ4月1日から供用開始できる状態にあったんですが、いろいろと内部の手続きが手間取りまして、予定としましては7月1日からを予定しております。

 既にいろんな団体からガイドの会とか、それから県外の旅行社からも早めに使えるのかという問い合わせがありまして、今回、これまで準備にだいぶ手間取りましたが、何とか7月1日からということで、当然募集期間も短くなって大変申し訳ないと思うんですが、いま既に準備をしていまして、当然、議会の議決が大前提となりますので、これはまた追加議案として提案していただきたいと思っております。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 ただ今、生涯学習文化課長からも答弁ございましたけれども、私また今回提案されています議案第34号について、ご説明いたしたいと思います。

 先ほど附則の準備行為の中でヌヌマチガマを対象にしてやっているのかということでしたけれども、この条例制定の部分については、ヌヌマチガマだけではなくて、公の施設、すべての施設において、この条例ができる前にそういう指定管理を考えている施設があった際はできるということで、附則は決めております。

 ただ、ヌヌマチガマについては、これを元に準備をしているということで、たまたま二つの案件が重なっているというふうにご理解下さい。

 この指定手続き等に関する条例の制定につきましては、まちづくり計画課の方では、この具志頭庁舎の跡地、観光拠点施設を一番の念頭において、この条例制定を提案しているところです。



○議長(上原勝彦) 

 まとめて最後の質問を許します。



◆14番(神谷清一議員) 

 7条のところに事業報告というのがありますけれども、そこで指定管理者は、毎年度終了後60日以内に報告しなさいという収支報告、管理報告なんですけれども、この条例ができた後、各地の公民館でやっている指定管理のもの、それからセミナーハウスですか、向こうも含めてですけれども、これは条例できて後はすぐ60日過ぎていますけれども、事業報告を求めるということで理解していいですか。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 ただ今の質問にお答えします。ただ今の質問は、附則の3、経過措置に謳っているように、この条例の施行の日までに各施設の管理に関する条例等に基づき指定管理を行っている施設については、従前のとおりとするということで、この条例以前に指定管理を受けている者は、従来どおりの形での報告があれば報告というふうになります。



◆14番(神谷清一議員) 

 以上です。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑はありますか、新垣正春議員。



◆5番(新垣正春議員) 

 2点ほど質問いたします。まず、公募を行って公募がないとき、町長が選定できるというふうにあるんですが、そのときに町長が選定する団体は、町が出資している法人とか、あるいは公共団体、または公共的団体ということで書かれていますけれども、まず一つは公募がないときなんですが、例えば条件が厳しくて公募がないのか。それをちょっといろいろ考えながら、公募の条件をちょっと変えて、再度公募するということは考えてないということの理解でいいのか。

 そして先ほど言った公共団体、または公共的団体というのをどういうふうな団体を考えているか。その辺のちょっと考え方を聞かせていただきたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 まちづくり計画課長。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 お答えします。公募がない場合は、今おっしゃったように前条の規定により申請がないときはということであります。それで町が出資している法人等ということは、第三セクター等の部分をいま考えています。

 それと公共的団体、または公共的団体等についても社協とか、そういうのが該当するんじゃないかなということで考えています。

 そしてあと公募によって応募されない場合に、その条件等が厳しくて公募がなかったときの部分についての各々の施設の設置条例をもう一回見直して、そこら辺はまた検討していきたいということで思っています。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 新垣正春議員。



◆5番(新垣正春議員) 

 それから公募の方法ですけれども、どういう形でやるのか。ホームページでいろいろ今やられていますけれども、そのホームページだけでやるのか。その公募の方法について、いろいろ方法あると思いますけれども、その辺のところ説明していただけますか。



○議長(上原勝彦) 

 まちづくり計画課長。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 お答えします。いま考えているのは、ホームページを活用しながらやっていきたいということであります。

 それとあと掲示板の方には、その分を掲示していきたいということでやっています。



◆5番(新垣正春議員) 

 いいです。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑はありますか、本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 最後の附則のところで、経過措置とありますよね。この経過措置の中にセミナーハウスも入っていると理解してよろしいですか。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。読めば理解していただけると思いますけれども、この条例の施行日の施行の日までに、要するにそれ以前のものについては、それ以前のとおりで従前の条例等に従って指定管理を受けているわけですから、そのとおり以前のとおりでやっていくと。

 この条例施行日以降、指定管理を受けるものは、今回制定する条例に準拠するという形になります。



○議長(上原勝彦) 

 本村繁議員。



◆8番(本村繁議員) 

 私がこれを聞いたのは、もしこのセミナーハウスがこれに該当するにせよ、要するにセミナーハウス、いま指定管理やっているところの業態というのは違いますから、私は条例の3条、要するに指定管理の指定を受けようとする法人は規則に定める申請書に掲げる書類を添えてとかいろいろあります。その中で収支計算書、それから損益計算書、すべてのものを確かにこの経過措置というのがあるんですけど、これを向こうに求めるような方式ができないのか。私は、それをお尋ねしたいんです。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 この条例を施行する前において締結された協定書であったり、約束事であったりというものまで、この条例を及ばすということは、当時受けた条件等がかなり変わってくるということもあり得ますので、相手に不利益を与える等々については、期日を遡って該当させるということはかなり厳しいであろうと考えております。できないものと考えております。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑はありませんか。

 暫時休憩します。



△休憩 午後2時55分



△再開 午後2時55分



○議長(上原勝彦) 

 再開します。

 ほかに質疑はありませんか、玉城武光議員。



◆13番(玉城武光議員) 

 先ほど準備行為のいろいろ話がありましたけど、その準備行為は先ほどの説明では、ヌヌマチガマのものを想定してやっているというものじゃなくて、たまたまという話だったんだけど、そうですよね。

 それで、その指定管理の手続きは先ほど毎年度事業報告するということがあるんですが、そういう事例があったのか。そういう報告事項があったのか。報告をもらったのか。これが一つと。

 それから個人情報に関して必要な措置を講じなければならないと。必要な措置とは、公開しなければならないということなのか。そこをちょっと明確にしていただきたいんですが。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時57分



△再開 午後2時57分



○議長(上原勝彦) 

 再開いたします。

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 ただ今の質問ですけれども、事業の報告があったかということでの質問ですけど、それについては、先ほどありましたセミナーハウス等々、この協定書の中で報告することということで謳っておりまして、そういうのは受けている事例もあります。

 ただ、すべてがすべて過去のもの、それが入っているということではありませんで、思い浮かべるのが、今あったセミナーハウスについては、報告を受けているところです。もう1点については、課長の方から説明いたします。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩します。



△休憩 午後2時59分



△再開 午後2時59分



○議長(上原勝彦) 

 再開いたします。

 まちづくり計画課長より答弁を求めます。



◎まちづくり計画課長(嘉数成裕) 

 お答えします。11条3項の情報の公開について必要な措置を講じなければならないということなんですけど、これについては八重瀬町個人保護条例の2条の2項の方の部分で、特定の個人が識別される、または識別されえるものについては、保護しないといけないということになっています。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後3時00分



△再開 午後3時15分



○議長(上原勝彦) 

 再開いたします。

 休憩いたします。



△休憩 午後3時16分



△再開 午後3時16分



○議長(上原勝彦) 

 再開いたします。

 副町長より補足説明をして下さい。



◎副町長(福島正惟) 

 それでは、私の方からご説明申し上げます。まず、ただ今の条例の中の第6条協定の締結というのがございます。第6条の2項の方で1号から10号まで、その協定書にその事項を盛り込みなさいということがありまして、その8号の中には個人情報の保護に関する事項を守りなさいと、謳いなさいということがありまして、さらに9号の方に管理にあたって保有する情報の公開に関する事項も謳うことになっております。

 ですから、具体的にどういう事項がそれに該当するのか、ちょっといま答弁できませんけれども、要は個人情報と同等の管理に関する事項の中で公にすべきではないような情報を制限するというふうな形になると思います。この条例については、南城市の条例を参考にして、ほぼ似たような形で作っておる関係上、南城市の方にもさらに確認をして、今の答弁がおかしいようであれば、また後日こういう事項ですということで説明させていただきたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 玉城武光議員。



◆13番(玉城武光議員) 

 もう1点、準備行為ということなんですが、準備行為というのは、条例の制定する前に準備行為としては、すべてできるということなんだよね、この条例からすれば。

 沖縄県のてぃるるという男女協働参画センターの設置管理に関する条例の中には、準備行為はこれこれこれのものは、準備行為としてできますということが条例の中にあるんだけど、私たちいま34号の中には、これからすれば準備行為としては、全部できるということになるんですよね、準備行為としては。

 要するにそこからすれば、2条のことも、指定管理者の申請の方法も全部できる、協定の締結とか、そういうのも全部できるということになるということで理解していいのか。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。準備行為というのは、協定の締結は含まれないと理解しております。協定の締結というのは、当然、指定管理については議会の承認を得て指定管理を行うわけですから、その指定管理を選任する協定を結ぶ前までの行為というふうに理解しております。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑ありますか。

     [「質疑なし」と呼ぶ者あり]

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第34号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第34号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第34号八重瀬町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例の制定についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議案第34号については、原案のとおり可決されました。



△日程第13 議案第36号(上程〜採決)



○議長(上原勝彦) 

 日程第13 議案第36号字の区域の変更についてを議題といたします。

 本案について提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第36号字の区域の変更について。

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第260条第1項の規定により、本町の区域内の別図1に示す字の区域を別図2に示すとおり変更する。

 なお、この処分は、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第179条の規定により、土地区画整理法(昭和29年法律第119号)第103条第4項の規定による那覇広域都市計画事業屋宜原土地区画整理事業の換地処分の公告があった日の翌日からその効力を生ずるものである。

 平成27年6月8日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 上原勝彦殿。

 提案理由、土地区画整理法(昭和29年法律第119号)第3条第4項に基づき実施された那覇広域都市計画事業屋宜原土地区画整理事業により整備された道路に沿い事業区域内の大字及び小字界の変更が必要なため提案する。

 詳細については、担当課長が説明いたします。よろしくお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 私の方で説明いたします。お手元の方に議案書がありますが、その前に今日午前中で議会運営委員会でお配りしましたこれまでの経緯を簡単にまとめた資料等も2枚組になっております。お手元の議案書、36号の次のページからよろしくお願いいたします。

 別図1、那覇広域都市計画屋宜原土地区画整理事業の字界の区域の変更図(変更前)ということの図面になっております。今、皆さんの2ページ目のお手元の図面がこの図面になっているかと思います。これについては、従前図の字界を示しております。字屋宜原の波平原、字屋宜原の東大越地原、字伊覇の東大越地原、字東風平の波平原ということで、この方で平成26年10月8日現在の分筆等の登記をされている登記書にある図面ということになっております。

 次の3ページ目の図面が凡例にありますように、?から?までの字地番等がございます。それを色分けで塗って、どの地番がどういうふうにいくということの説明図面になっております。この方でちょっとわかりづらいので、今日午前中でお配りしました図面に基づいて説明はいたしますが、まずこれまでの経緯ということで、この屋宜原地区の字界変更については、屋宜原地区推進協議会を中心に平成21年6月から協議は重ねてまいりました。

 平成24年2月に関係自治会と協議をし、素案づくりをやりまして、平成24年8月に中央公民館にて説明会の開催をいたしました。その説明会において、これといった意見もなく、前の案がございます。それを平成24年9月議会の議案提出を行って議運までは説明いたしましたが、自治会からの反対決議等もあり、また細かく各自治会の意見を再確認するということになりました。

 その後、各自治会、これは現在、屋宜原地区の字界を進めながら、隣の伊覇地区の区画整理も進めるので、関係する自治会ということで、屋宜原、伊覇、上田原、東風平等々と4自治会へ協議をやってまいりました。

 それについては、町として案を作りまして、こういう案ではどうでしょうかという各自治会を回り、協議を重ねてまいりました。この協議を重ねていった中において、最終的な案件としまして、平成27年2月において町の最終的な字界変更案ということで3月議会に予定しておりましたが、原案作成は2月に行っております。

 これまでの各自治会の意見等を簡単にまとめますと、字屋宜原においては507号線を境に東は屋宜原としてほしいと。西は伊覇とするというような要望でございました。字伊覇については、従前の字界を基本として行ってほしいと。同等程度の面積での変更だろうという捉え方でございました。字東風平については、従前の字界を基本として行うと。字東風平の区域は残してほしいという捉え方がありました。

 上田原については、現在の行政区を字上田原としてほしいという意見がございました。また第三者委員会で協議し、決定しても良いのではないかという意見でございました。以上の4字等の意見をまとめまして、平成27年2月で町の案件という捉え方で今日の提案になっております。

 町の方針として従前字界を基本として行うということをもってまいりました。字界は、道路及び水路等の境界等でやっていきたいと。従前の字名は残して行うということでやりました。やった後の今回、決定して皆さんにわかりやすくした図面がこの方になっております。

 この図面で説明いたしますと、水色で塗られている部分が字伊覇としたいと。黄色い部分が字屋宜原、ピンクの部分が東風平ということの字界に変更したいということになっています。右上の方で、字屋宜原が黄色になっている凡例があります。そこの中で、従前字界より字屋宜原について1万5,780平米増えますと。水色の部分の伊覇地区については、1万2,958平米が減りますと。ピンクの部分については、字東風平の部分については、2,822平米が減ると、従前字界よりそういう字界の設定になっております。

 従前字界については、図面上の中にある黒い点線で示してあるようになっておりますけれども、そういう感じでこの字界の上限については、まず字伊覇については、この了解を部落の方にも確認しております。字東風平についてもこの減等についても確認、字伊覇、東風平については、この案等で了解をもらっている次第ではございます。

 字屋宜原については、向こうについては、あくまでも507号線からの境界にしてほしいという状況ではあります。以上で簡単ではありますが、説明を終わっていきたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 これより本案についての質疑を行います。質疑はありませんか、新垣正春議員。



◆5番(新垣正春議員) 

 1点だけ、平成24年8月に中央公民館で説明会をして、案を決定して、これまでちょっと変更があったというふうに聞いているんですが、今日いただいた資料の中で、町の字界変更に対する基本ということで、?で従前字界を基本として行うというふうにあります。3つあるんですけれども、この平成24年8月のときには、この基本方針はあったんですか、なかったんですか。その辺だけちょっと説明をお願いします。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 その基本方針は作っておりませんでした。そのときは推進協議会を中心にしまして、全体の意見を聞きながらの判断ということになっております。



◆5番(新垣正春議員) 

 以上です。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑はありませんか、比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 ただ今、屋宜原地区推進協議会とそういうふうに24年8月の説明会をこの資料をもとにしてやったということだけど、その後、話が全く変わって、従前の各字境界線となっているんだけど、その推進協議会に対しては、この内容を変えたという理由は説明なされていますかどうか確認したいです。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 推進協議会を開催したということはしておりません。この案件については、推進協議会のメンバーがほとんど今いる屋宜原の方々のメンバーにはなっています。その屋宜原区の中での説明はやっております。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 これは今回そういうのが問題の発端じゃないかなと私は思うんですよ。いわゆる推進協議会には何も説明をせず、すぐ部落民を招集して説明会やったら、おじゃんになったと。いわゆる相手は聞く耳を持たないということがあるということを聞いております。

 それともう一つ、以前の507を境として、以前の通りであれば、この屋宜原地区は面積相当増えてくるんですよ。伊覇地区は今でも1万2,000平米減っています。屋宜原地区は、あの面積すべてが字屋宜原になりよったんんゃないかなと。相当な面積が大きくなるという懸念と、それから今回提案されている?番と?番、以前は屋宜原区でありました。今回は伊覇区となっておりますけど、そこに住んでいる住民、それから地主の方の意見はどうなったのか、お伺いいたします。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 今の質問は、別図1の10番と12番の図面の中での話かなと思いますが、そこに住んでいる方々の個人的な意見等々、アンケート等のやつは取っておりません。全体の字伊覇、字屋宜原、字東風平という集落単位での説明会を開催しましてやっておりまして、町としては個人的な意見等の把握はしておりません。



○議長(上原勝彦) 

 比屋根陽文議員。



◆6番(比屋根陽文議員) 

 じゃ、全く説明なしということ、意見も聞いてないということであれば、こういうことを決めるからには、そこに住んでいる人、地主、そういう人の意見も一番重要じゃないかなと私は思いますけど、執行部の皆さんはそれを全く考えないんですか。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 私が申し上げたのは、町としてあたっていないということであって、部落の方からその個人の方にいっているかと思うということです。部落の方でも総会でこういう案件を説明はしているという捉え方もございますので、そういう面から個人個人には伝わっているだろうという考えは持っております。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑はありませんか、宮城勝也議員。



◆4番(宮城勝也議員) 

 本件に関して平成21年からずっと紆余曲折あったんですけれども、今回この議案に対して、この後、陳情として扱われますけれども、屋宜原自治会の方から反対決議文が出されております。おそらく町長の方にも反対決議ということで自治会の方から出されていると思うんですが、それを踏まえて今回の提案になっていると思うんですが、町長の方にお伺いしますけれども、この反対決議を受けても、今回この案でこの議案上程されたというところで、その辺の経緯と、あと町長のお考えをお聞きしたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 お答えします。1週間前ですか、班長、評議員、名簿を一覧表にして要請を出しております。この案については、町長もまだ最終的な検討はしておりません。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後3時35分



△再開 午後3時35分



○議長(上原勝彦) 

 再開いたします。

 宮城勝也議員。



◆4番(宮城勝也議員) 

 質問が悪かったのかわかりませんけど、今回この議案に対して字屋宜原自治会の方から説明を受けたんだけれども、町の原案には反対するという決議文が議会の方に陳情されております。

 町長の方にも届けられていると伺っているんですけれども、それも踏まえて、今回36号の議案として、これを町案として反対、屋宜原が反対している案を議案として上程されているわけですが、町長の率直な、これは議案として出される上でのお考えをお伺いしたいと思います。

 反対決議が出されていますけれども、それも踏まえて、今回、議案上程されたということでよろしいでしょうか。



○議長(上原勝彦) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 前にとにかく最終的な案ということで、屋宜原で字界変更について、字の皆さん方集まって懇親会を持ちました。それでも町に対するこの案についても聞き耳持たない。

 そういうことで、私も副町長もその日は8時から次予定があるということで中座いたしまして、あと最終的に担当課長の皆さん方にこの件はお預けしましたが、とにかく屋宜原の話はとにかく507号、東が屋宜原、西が伊覇と、こういったことで最初から聞き耳持たんということで、その後に私は副町長と帰りましたけど、あとからこの要請も手元にあります班長、それから評議員を一覧表にして要請文が一週間前ですか、ちょうどこの頃来たと思います。

 そして、この件についても最終的には私はどうするかと、いまのところ検討する考えているところであります。とにかくこの件は、字界については、最終的には議会の皆さん方が決めてもらう案だと思います。

 そういうことで、議会に一任したら町長も非常に頭痛いんですけど、お互いにいい案として、お互いに役場も、それから議会の皆さん方もいい案として、今後検討していきたいと思います。以上です。



○議長(上原勝彦) 

 暫時休憩します。



△休憩 午後3時39分



△再開 午後3時39分



○議長(上原勝彦) 

 再開します。

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 私の方から、町長も同じ考えだと思いますので答弁させていただきます。これまでも屋宜原を中心に説明会を行ってまいりました。と言いますのは、先程来、説明があります推進協議会の中で、中央公民館で説明を行った際には、この国道507を境界とした分け方がいいということで、町もその提案を去年出そうとした際に、伊覇の方からその議案は納得できないという申し出がありまして、話を聞きましたら、字の総意として、これまでの経緯の方でまとめている町の方針として1、2、3ありますけれども、その旨の要請がございました。字伊覇の要請を聞いておりますと、理解できるところが多々ございましたので、1カ年近くかけてまた各字説明をいたしまして、今回の議案提案となっております。

 この議案提案、町のまとめとしての1、2、3どおりではありませんが、これに近い形で提案をしております。従前の字界となると、歪な形ですので、道路、排水路を固定物を境として、今回提案したものでやっております。

 なぜそんなに急ぐのか。なぜ100%同意をもらいながらやらないのかという意見等もありましたけれども、この屋宜原の区画整理事業を終えてから、今まだ仮換地の段階で、住所も確定していないと、かなり不便を来しているという意見がかなりありましたために、いつまで経っても平行線でございますので、町の考えとして屋宜原の主張には沿わない形にはなっておりますけれども、この伊覇の要求が妥当な線であろうということで、今回提案した形になっております。

 町長は、議会に決めてほしいということでありましたけれども、こちら町が提案した部分をご理解いただいて、ぜひともこの形で字界変更をご了解いただきたいという思いの答弁だったとご理解いただきたいと思います。



○議長(上原勝彦) 

 知念昭則議員。



◆12番(知念昭則議員) 

 確かに2カ年ぐらい前に出たのとは全然違うと。それで私町長にも聞いたんだけれども、その全体説明会のときには、何の話もなかったと。それで、私は実はこの新しい案が出されたときに、区画整理課の方にあなた方は全体説明会ではこういうふうに説明をしたんだと。それを説明して、議会にあげるときには違っているというんだったら、あなた方は再度説明する義務があるだろうと言ったら、その義務はないと言われたんですけれども、私は間違っていると思いますよ。

 例えば、みんなを前にして、こういうふうに我々はやりますという説明会の中で、全体の中で説明をやったのであるならば、変わったのであるならば、変わったための説明会をやらないと、これから後、皆さん方がいろんなところで説明会をやります。皆さん方がやったのは、次に出たときには変わったものしか出してないといったら、執行部がやっているのは、ただ単なる説明だったのかと言われますから、これは非常によく注意しないといけないと思います。

 私は、全体の中で説明をしたのであるならば、変わったのであるならば、それをまた再度わかるようにやるのが執行部側の努めだと思いますよ。



○議長(上原勝彦) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 ただ今の知念議員の質問にお答えいたします。全体説明会と言いましても、その地域の屋宜原区域内の地権者等々にやっております。それというのが、これまで説明した字伊覇、屋宜原、東風平においても、その地権者には十分伝わっているという捉え方を持っておりまして、そのときでも現在いるアパートに住んでいる方々にそういう説明会がございますということで、町全体ではなくて、あくまでも屋宜原地区の区域内の方々を集めて中央公民館で全体説明会ということでやっております。

 それについて、今回、去年の12月頃から屋宜原をはじめとし、伊覇、東風平という説明会の開催をこういうふうにやりたいということで、全体を集めなくて、各字でやっていきたいということを説明申し上げまして、そこの判断については、もう役員を集めようが、全体を集めようがというやつは、部落の方に任せて説明をしてきたという状態になっております。こういう説明会についてやっていきたいと。屋宜原については、12月頃やりました。伊覇については、5月12日には最終的な文書でも回答もらっています。これは字東風平等もです。その前の2月の方で字東風平と伊覇についても自治会において説明会を行っている状態であります。それは皆さんにやって、町としてそういうふうな全体でわざわざ中央公民館でこの4部落を集めて、地権者もおりますので、そういうふうな催しはやっておりません。それで十分意見等が取れるという捉え方でやっております。



○議長(上原勝彦) 

 知念昭則議員。



◆12番(知念昭則議員) 

 課長が言っているのはわかるんですよ。今まで話し合いされてなかったのを深く中までいって話をしているから、それでいいんだろうというような言い方かもしれない。

 しかし、この区画整理事業というのは、伊覇・屋宜原合わせたら180億円ぐらいのお金もかかっているし、それから一般会計からの持ち出しもありながら、全部のあれがかかっているんならば、八重瀬町全体に係る問題だというのが私の考えなんです。

 だから最初の説明会をしたのと違っているのであるならば、その義務はなかったにしても、私はやって当たり前だと思います。これが今やらないで、出されたときには、他のところから行った人が聞いたときに、何でこんな話になっているのということになるはずですから、私はここは筋道としては、どんな意見の対立があったにしても、再度説明を事細かにやるべきだと思います。

 今のような状況でしたら、字伊覇、字屋宜原、本当に後々までいろんなあれを引っ張ってきますので、ここはもっと気配りが必要だと私は思います。よろしいです。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑はありますか、玉城武光議員。



◆13番(玉城武光議員) 

 先ほど町長が議会に投げかけているという話の関連してやりますが、この議案が今までこういうことに来たという責任は町にあるんじゃないですか。それは自覚していますか。一旦は提案して、全体で説明して、全体説明会ではないと言うんだけど、ここの説明書の中では全体説明会とあるんですよ。これをわざわざそこの中に字界、字名、地番についての全体説明会というのがあって、そういうことがあって、先ほど知念昭則議員が言うように、一旦町民の皆さんにこういう方針でいくといったものが、いつの間にかじゃなくて、提案理由を下げたということ。

 その提案理由を説明するときにも説明がないんですよ。なぜ取り下げたのか。だから、そういう経過があるのは、僕は一番ここまでこじれてきて、なかなか町民の理解を得ることができないというようなものは、一番の原因は町にあるんだと思うんですが、町長どのように考えていますか。



○議長(上原勝彦) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 玉城議員がおっしゃるように、責任は町にございます。昨年、この507を境界として提案しようとしたことも確かにおっしゃるとおりであります。説明もしております。議運までいって、その旨やって取り下げした経緯もこれまで説明してきていますので、議会の中ではどういう経緯であるというのはおわかりいただいていると思います。

 先ほどから言いますように、そういう状況で全体説明会というのが24年に全体説明会が行われておりますけれども、この全体説明会というのは、この屋宜原地区の伊覇・屋宜原、東風平、この3カ字に対しての地権者を中心とした説明でありまして、その後、変更になる、今回提案しているこの議案についての説明というのは、その各字単体で行って説明をしておりますので、この全体説明会に代わるものだと思っております。

 その中で、先ほど言いましたように、当事者という言葉が適切かどうかわかりませんが、私が考える当事者である字屋宜原、それと字伊覇、東風平の方はこれでいいということですから、その境界が507になるか、今回提案した部分になるかにおいて、字東風平は変更がございませんので、私の言う当事者というのは屋宜原、伊覇になるかと思います。

 その中で、お互い主張はもう平行線でありますので、町としてこれが妥当なところであろうという、ベストではありませんけれども、よりベターな選択で今回の提案になったというのをご理解いただきたいということです。

 それについては、議会にお任せしたいということではなくて、先程来言いますように、この屋宜原の地権者が今のところ住所が確定しないということで、かなり不便を被っていると。これが来年、再来年、時期が延びるに従って不利益がますます拡大していくであろうということで、今回の提案になっていることをご理解いただいて、ぜひとも今回提案しているこの字界変更についてご同意をいただきたいということでご理解を賜りますよう、お願いいたします。



○議長(上原勝彦) 

 玉城武光議員。



◆13番(玉城武光議員) 

 細かいことは、これは特別委員会で付託されて審議がされているという予定ですが、細かいことはいろいろあると思うんですが、大きく言って、自分たちの方針を変えるときには、それなりの納得できるような説明をしないと、こういう形になるというんですよ。

 だから、あの方針が、説明会で私頑張りますと言ったものが、結果にはその言葉と反対の方向にやることをやったということになったら、町民は誰を信じたらいいのかということが一番の根本の問題だと思うんですよ。

 だから、細かいことは委員会で質疑します。これで終わります。



○議長(上原勝彦) 

 ほかに質疑ありませんか。

     [「質疑なし」と呼ぶ者あり]

 質疑なしと認めます。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第36号については、議長を除く全議員をもって構成する屋宜原土地区画整理事業に伴う字の区域の変更に関する審査特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査とすることにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。よって議案第36号については、議長を除く全議員をもって構成する屋宜原土地区画整理事業に伴う字の区域の変更に関する審査特別委員会を設置し、これに付託の上、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

 これから屋宜原土地区画整理事業に伴う字の区域の変更に関する審査特別委員会の委員長、副委員長を互選していただきます。

 暫時休憩いたします。



△休憩 午後3時55分



△再開 午後3時55分



○議長(上原勝彦) 

 再開いたします。

 諸般の報告を申し上げます。休憩中に屋宜原地区土地区画整理事業に伴う字の区域の変更に関する審査特別委員会において委員長、副委員長が互選されました。その結果が議長の手元に届いておりますので、報告いたします。

 委員長に中村司議員、副委員長に比屋根陽文議員、以上のとおり互選された旨の報告がありました。これで、諸般の報告を終わります。



△日程第14 陳情第9号(上程〜委員長報告)



○議長(上原勝彦) 

 日程第14 陳情第9号土地区画整理事業に伴う役場案字界変更に反対する決議文を議題といたします。

 本案については、先ほどの議案第36号と関連いたしますので、屋宜原土地区画整理事業に伴う字の区域の変更に関する審査特別委員会に付託の上、閉会中の継続審査とすることにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って陳情第9号については、屋宜原土地区画整理事業に伴う字の区域の変更に関する審査特別委員会へ付託の上、閉会中の継続審査とすることに決定をいたしました。



△日程第15 議員派遣の件について



○議長(上原勝彦) 

 日程第15 議員派遣の件についてを議題といたします。

 お諮りします。別紙、議員派遣の件について別紙のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 異議なしと認めます。従って議員派遣の件については、別紙のとおり決定いたしました。



△散会



○議長(上原勝彦) 

 以上で、本日の日程は全部終了しました。

 本日は、これにて散会いたします。

                        《散会 午後3時50分》

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

     議長   上原勝彦

     15番議員 中村 司

     1番議員 神谷たか子