議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 八重瀬町

平成26年  6月 定例会(第6回) 06月13日−03号




平成26年  6月 定例会(第6回) − 06月13日−03号









平成26年  6月 定例会(第6回)



     平成26年八重瀬町議会第6回定例会会議録 第3号

          招集年月日:平成26年6月13日(金)

          招集場所:八重瀬町議会議事堂

1.開会、散会の日時及び宣言

   開会(平成26年6月13日 午前10時00分)

   散会(平成26年6月13日 午後12時10分)

   開会の宣告(議長 知念昭則)

   散会の宣告(議長 知念昭則)

2.応招議員(16名)

3.不応招議員(0名)

4.出席議員(16名)

  1番  宮城勝也        11番  宮城 博

  2番  新垣正春        12番  玉城武光

  3番  金城政春        13番  神谷清一

  4番  仲間一雄        14番  神谷信吉

  5番  本村 繁        15番  上原勝彦

  6番  神谷良仁        16番  知念昭則

  7番  金城正保

  8番  比屋根陽文

  9番  中村 司

  10番  金城秀雄

5. 欠席議員(0名)

6. 職務のため議場に出席した事務局職員の職・氏名

 事務局長 永山清和     係長 宇地原 勇

7. 説明のため議場に出席した者の職・氏名

 町長        比屋根方次    まちづくり計画課長 神谷清和

 副町長       福島正惟     住民環境課長    嘉数成裕

 教育長       金城隆雄     土木建設課長    親泊元秋

 会計課長      比屋根せつ子   社会福祉課長    宇地原 毅

 総務課長      金城哲生     児童家庭課長    石原朝子

 企画財政課長    金城勇誠     健康保険課長    大田 厚

 農林水産課長    新垣隆之     学校教育課長    新垣正次

 区画整理課長    金城 進     社会体育課長    玉城光次

 税務課長      浦崎勝男     生涯学習文化課長  中村通孝

     平成26年八重瀬町議会第6回定例会会議録(案件表)

                          (第3号)平成26年6月13日

 会議に付した事件

? 町長提出の議案

  なし

? その他の議案

  なし

本会議の次第

                               平成26年6月13日



△開議



○議長(知念昭則) 

                               午前10時00分

 ただ今から本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布した日程表のとおりであります。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(知念昭則) 

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第127条の規定により、宮城博議員と玉城武光議員を指名します。



△日程第2 一般質問



○議長(知念昭則) 

 日程第2 これより一般質問を行います。

 順番に発言を許します。5番本村繁議員の発言を許します。



◆5番(本村繁議員) 

 早速、通告書を読んで提案したいと思っております。1番目として、下水道基本整備計画について。本年度施政方針に、下水道基本整備計画を作成し、住民の快適な住環境の整備とともに海や河川の水質保全に努めるとあり、その進捗についてお伺いいたします。

 まず、1番目として屋宜原・伊覇地区の下水道整備は、区画整理事業と同時に実施が妥当だと思うが、それがなぜ実施できなかったかお伺いします。?として、屋宜原団地の浄化槽は築約40年、またその敷地は町へ無償譲渡されている為、町で浄化槽改修ができないか。また、農業用排水事業と直結できないかお伺いします。?下水道基本計画書作成期間は決定したかお伺いします。?として、タウンゾーンを下見したが、下水道整備がされていない為、進出を断った企業があったとの情報だが確かかお伺いします。

 大きな2番として、高齢者生活環境整備について。高齢者が生活するにあたって、いつ緊急を要する事態が発生するか未知数です。その対策として、一括交付金を活用し、救急車等へ連絡できる整備ができないかお伺いします。?一人暮らしの高齢者は、町内で何人いるのかお伺いします。?高齢者支援には重要と思うが、見解をお伺いします。

 大きな3番として、全国学力テスト結果公表について。毎年実施される全国学力テストの結果公表は、市町村教育委員会が学校別の結果を公表できるようになったが、本町は公表しない。なぜかお伺いします。?として公表しない理由はなぜかお伺いします。?県内、また南部地区での順位をお伺いします。あとは、自席で再質問いたします。



○議長(知念昭則) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 おはようございます。2日目の一般質問よろしくお願いいたします。まず、はじめに本村議員の下水道基本整備計画について。?についてお答えいたします。区画整理事業は、平成8年に屋宜原地区、平成9年に伊覇地区が事業採択され進められてきました。下水道事業につきましては、平成11年に東風平町下水道基本構想説明書が策定されております。説明書では、町南部の2地区、富盛地区、世名城、高良地区は、農業集落排水事業、それ以外につきましては、すべて流域関連公共下水道として整備する方針により、関連部局と調整を行うものとする。

 ただし、この場合には上位計画がある県の了承が大前提となるとあります。その後、県と調整を続けてきました。県も平成16年に中部流域下水道計画への東風平町受け入れに関する検討業務の報告書を作成しています。その中で、ケース1からケース3まで報告がありますが、ケース2が妥当と判断しています。

 ケース2は、町北東部地域は、中部流域関連公共下水道、町中部地域は町単独の公共下水道で整備をするとなっております。町南部地区は、検討対象外になっています。本来なら、区画整理事業と同時に実施するのが望ましいのですが、県との調整で諸施設の能力不足や負担金の問題及び関係市町村の同意等の種々の問題があり、それをクリアできず、県との同意に至ることができませんでした。

 現在、県は沖縄汚水再生美ら水プランの見直し計画があり、引き続き町北部地域の流域下水道に接続できるよう協議していきたいと思います。

 2番目について、お答えいたします。屋宜原団地の浄化槽についてですが、築40年の老朽化を町で改修できないかとのご質問ですが、補助事業での改修は可能です。

 しかし、町としては屋宜原団地単独の事業ではなく、広域的な下水道計画を考えています。本年度に八重瀬町下水道基本整備計画を策定し、町全体の下水道の整備計画を進めていく予定であります。農業集落排水の雄樋川地区の処理施設に接続できないかについては、屋宜原団地は雄樋川地区の受益地区外となっていますので、接続はできません。

 3番目について、お答えいたします。八重瀬町下水道基本計画策定業務として、今月下旬に発注し、平成27年2月末の完了予定であります。

 4番目について、お答えいたします。タウンセンターゾーンにおいて下水道整備がなされてないことにより、進出を断った企業の情報は把握しておりませんが、企業ヒアリング等を行った際には、下水道整備の状況についての確認はありました。以上です。

 次に高齢者生活環境整備について、お答えいたします。一人暮らしの高齢者65歳以上は、住民基本台帳では平成26年4月1日現在では、男性が674人、女性708人、合計で1,382人となっておりますが、平成23年度の民生委員の調査によると、男性が143人、女性が297人、合計440人と大きなずれがございます。いずれの原因は、わからない部分があり、現在、現状も含めた調査は今年度において民生委員の皆様方に調査依頼を行う予定であります。

 2番目について、お答えいたします。本町において、高齢者が緊急を要する事態においての対応として、緊急通報システムを活用しており、現在、登録者は22名で、これまでのところ、特に支障もなく、運用している状況であります。

 また、地域見守り体制の充実に努めているところであります。今後、一括交付金を活用しての体制整備はできないかについては、必要性があるのか。一括交付金事業に該当するのか、調査を行ってまいりたいと思います。

 大きな3については、全国学力テスト結果公表については、教育長から答弁いたします。よろしくお願いします。以上。



○議長(知念昭則) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 おはようございます。本村議員の全国学力テストの結果公表について答弁を申し上げます。公表しない理由について答弁いたします。昨年の11月、文部科学省は平成26年度の全国学力学習状況調査、つまり全国学力テストについて、学校別の成績公表を市区町村の教育委員会の判断で認めることを発表するとともに、学力テスト調査の実施要領に盛り込んでおります。

 また、公表する場合の配慮事項として、学校別の平均正答率を一覧表にしないことや、順位付けをしないこと。さらに公表方法は、学校と事前に相談することなどを求めております。そこで、4月の町教育委員会定例会において、全国学力テストの公表について協議した結果、全国学力テストの実施は、義務教育が全国で均等に行われているのか。その教育水準が維持されているのかを調査することが目的であり、公表が目的ではないということ。公表により、学校や地域の序列化や過度の競争に繋がる恐れがあり、本来の教育と逸脱する恐れがあるなど、現段階での学校別の公表は、時期尚早とのことにより、本町においては町の平均、県平均、全国平均等について周知することで決定をしております。

 ただし、各学校においては、自校の結果を保護者に周知することや、学力テストの結果の分析と浮かび上がった課題、並びにその改善策について明らかにし、学校、保護者間で十分に話し合うこととしております。

 県内南部地区での順位について答弁申し上げます。全国学力テストの結果については、文部科学省より調査した教科ごとの平均正答率での各都道府県別の順位付けをしたものであり、県内の各学校ごとの順位や地区ごとの順位をつけたものの公表はされておりません。

 また、その順位に関する資料も届いてはおりません。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 順を追って再質問したいと思っております。区画整理事業についての答弁もいろいろあったんですが、というのは私の考え、素人的な考えなんですけど、区画整理事業が終わった後に、例えば下水道事業を持ってきたとき、要するに区画整理である程度、整備された地盤の中で、新たにまた下水道事業をやるとしたら、その事業をするための掘り起こしとか、この期間が長引くんじゃないかなと。

 それから国への予算折衝のときに、これは区画整理、これは下水道工事をやった場合に、この労力的力が分散しないか。一括にやれば、すぐ同時に説明ができて良かったんじゃないかなと思うんだけど、その辺はどうですかね。私のちょっと素人的な考えなんですけど。

 要するに別々にやったら、ちょっと期間的にもかかるしということなんですけど、その辺はどうですか。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 本村議員の質問にお答えします。確かに区画整理事業と下水道事業を同時にやった方が工事上も大変いいことだと思いますけれども、それに伴って区画整理も事業していますけれども、そこにまた下水道事業が入った場合の財政的な問題、それも私は考えなくちゃいけないかなと思っています。

 それと、工期的には確かに短くなるかと思いますけども、当時、町の下水道の基本計画というのが策定されていませんで、事業入るには大変また厳しいところもあったのではないかなとは考えています。

 それから東風平町時代の話に戻りますけれども、その時にこの区画整理事業に伴う下水道整備計画のときには、県の方といろいろ協議をしていますけれども、その結果が接続できないという結果が出まして、それから区画整理事業を単独で事業をした経過があります。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 先ほどいろいろ県と調整したんですけど、これが難しかったという話があるんですけど、やはり生活するには環境が良くないといけないんじゃないかなと思うんです。それで自分なりに本当に考えたんですけど、通告書にはないんですけど、全県的な各市町村との下水道の整備、わかる範囲でいいんですけど、教えてもらえますでしょうか。厳しいですか。じゃ、いいです。

 これは私ちょっと個人的に考えたんですけど、今度は区画整理事業はあと3〜4年で終了しますよね。と私は自分なりに考えているんですが、それを終えた後に、この下水道事業を早めに持ってこないと、町内に本社を要する企業が、場合によっては、企業、要するに経営不振、失礼な言い方かもしれないけど、この企業を育成させるためにも早めにこの下水道事業を進めた方がいいんじゃないかと思うんですけど、実際のこの基本計画のちょっと前後するかもしれんけど、計画はいつ完成して、いつから実際の事業が開始するのか。その辺はもう計画なさっていますでしょうか。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 下水道事業をいつ始めるかということについては、まだ計画は出していません。今年、八重瀬町下水道基本計画策定業務というのがございますけれども、その中で財政との絡みありますけども、平成26年度でこの基本計画を策定しまして、その中で財政との調整等ありますけれども、実際に工事をする期間、それも含めて、この策定業務の中で、この下水道事業の着工と言うんですか、これを決めていきたいと思っています。

 ただ、基本計画ができた後は、たぶんまた事業採択等に向けての作業等がありまして、概ね最低、この業務が策定された後も3年ぐらいは時間を要するんじゃないかなと、今担当課では見ております。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 26年度にこの計画書ができて、3年後ということは29年から一応開始という認識でよろしいでしょうか。



○議長(知念昭則) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。今、土木建設課長から話がありましたように、本年度基本計画を策定いたします。その基本計画というのは、どの地域はどういう公共下水道に持っていく、単独でやっていく、あるいは農業集落排水事業でやっていく、あるいは離れた地域については、個人、個人の処理施設を造っていくというふうな形の基本計画ができるということでございます。

 この実施時期については、要するに先ほどから答弁がありますように、公共下水道に繋ぐとする場合は、繋ぐ相手方の県の了解も得ますので、今、県の了解も得られておりませんので、それについてはいついつというのは、ここでは断言できるものではありません。

 要するに単独の下水道でやっていくんだという方針になれば、今度、財政との絡みが出てきますので、その際には中長期の財政計画の中で、この程度の年度で入れていきましょうというふうな方針になるものということでご理解をお願いいたします。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 先ほど町長の答弁で県も美ら水政策の関係上進めているという話があったので、ちょっとそれに関連するかもしれませんけど、今、副町長の答弁ではちょっと県との調整が難しいという答弁ですよね、場合によっては。要するに、基本計画ができても実施するのは長引くかもしれんという話ですよね。

 それで何と言うか、下水道の何と言うか、ちょっと自分もアバウト的なものしか持ってないんですけど、先ほどの答弁では地区ごとに一応はいろんな調整するという話があって、これは県との調整があると。だけど、単独でできる可能性もあるんでしょうか。先ほど、ょっと単独という言葉が出たんですけど。



○議長(知念昭則) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 公共下水道に繋げない地区については、もう単独でやる以外ないんです。要するに単独というのは、八重瀬町、その地区のみで処理施設を造っていくという意味でございますので、よろしくお願いします。単独事業でやるということではありません。補助事業を得ながら、補助事業を活用しながら、その地区で処理施設も造っていくと。これを単独というふうに言っております。よろしくお願いいたします。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 ちなみに、この下水道事業の補助率というのは大体どれぐらいか、ご存じでしょうか。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 お答えします。ちょっといま正確ではないんですけども、大体10の8ぐらいの補助率だと聞いております。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 何かしら学校建設よりも結構いいような補助率ですね。できたら、これは早めに進めた方がいいと思うんですけど、副町長もっと前進的な考えでやりますというふうな答弁ございませんか。



○議長(知念昭則) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 先ほどから答弁申し上げましているとおり、平成26年、今年度で基本計画を策定していきますので、その中でいついつどこはどの事業、どこはどの事業をやるのが望ましいというふうな調査がなされると思いますので、それに沿って進めていくという形ではあります。

 ただ、単独下水道となると、処理施設運営費がかなり、今度はランニングコスト、かなり高くなってまいりますので、それも財政等を見ながら、中長期の中で計画をしていくということになると思います。実施していくことは、間違いございませんけれども、いつという断言はできないということをご理解下さい。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 事業の進捗については、これだけにして。次に2番目の屋宜原団地の浄化槽についてなんですけど、先ほどの答弁で補助では可能という答弁がございました。補助でも可能であるけど、なぜ今までしなかったのか。その辺はご存じでしょうか。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 補助では可能であります。この補助というのが、環境省のコミュニティプラントという事業がありますけれども、現在の屋宜原団地のようなああいった地区です。確か人数が100名から1万人未満でしたかね、そういう人口の範囲内で、その環境省の補助事業があります。

 今までしなかったということではないんですけれども、何回か屋宜原団地自治会とは意見交換、あるいはいろいろ話をしてきています。屋宜原団地の場合は、この下水道だけの問題ではなくて、今、団地内走っている町道がありますけれども、その町道の雨水の排水も悪くて、同時に工事をした方がいいんじゃないかという話もございました。

 担当課としましては、できましたらこの道路の側溝の改良と、あるいはまたこの下水道の改修ですか、一緒にやりたいというふうには自治会の方には話はしています。

 ただ、担当課としましては、屋宜原団地の単独の下水道の整備ではなくて、もっと広域的に考えての下水道整備をしたいというふうには、屋宜原団地の自治会の方には伝えてあります。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 課長、いま団地内のこの町道における配管ですか。要するに浄化槽に行くための配管がいろいろありますよね。この整備と同時にやる考えはあったと。要するに、この浄化槽の改修と同時にやる構想はあったと。そうであれば、この補助金を探してできなかったのか。私、今資料として持っているんですが、先ほど課長もおっしゃったように、環境省が進める環境型社会形成推進地域計画によれば、屋宜原団地地域は下水道の整備が当分の間、見込まれないと。下水道事業計画区内の地区で水質汚濁防止法第14条の7第1項に規定する生活排水対策重点地区に該当するとあるんですよ、向こうからの情報では。

 それで、この状況によって国からの補助金もあると。これは私たち資料を持っているんですよ。先ほど課長がおっしゃったように補助金はある程度は探した感じだから、何で40年近くもそのままやっていたのか。自分は、ちょっと計り知れないんですね。

 というのは、これ今の状況ではこういうのがあったらしいんですよ。合併浄化槽及び汚水管については、老朽化が進み、過去に大雨の際、雨水の汚水管への流入によるマンホール及び処理施設からのオーバーフローによるトラブルが度々発生したという、向こうからの情報もあるんですよ。

 だから、同じ町内で住みながらの、生活しながらの、この平等性を考えれば、こういったトラブルが発生するような状況を見過ごしていいのかどうか。もうちょっと真剣に国から補助を取るような方式でできないのか。改めてお伺いします。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 そういった事業がございますけれども、これは役場としては放り投げてはいません。下水道の担当課の考え方としましては、屋宜原団地も普通の共同住宅がございますけれども、共同住宅の下水処理と同じように考えています。

 なぜかと言いますと、普通の住宅になると、合併浄化槽を設置していますけれども、屋宜原団地の場合は、それを設置はしないで、1カ所にまとめた下水道の処理方式を取っていますけれども、この方式は普通の民間の共同住宅の考え方と同じかと思います。そこに町の補助金を投入できるかというのに疑問を感じています。

 もし整備をするんでしたら、屋宜原団地の向こうは確か月いくらか積み立てやっていると思うんですけれども、その積立金を活用しての単独、屋宜原団地単独での下水処理の改修はやった方がいいんじゃないかと担当課では考えています。

 町としても、いくらかは補助金は出せるかもしれませんけれども、あくまでも維持管理の方は屋宜原団地ですので、屋宜原団地自体で考えて、それを町の方が手助けするということで屋宜原団地の方には話はしています。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 確かに、今課長がおっしゃるように、屋宜原団地の住民は所帯数、毎月いくらというふうにして、この浄化槽の改修、維持管理の積立を実施しています。

 向こうのアバウト的なちょっと、要するに機械も交換しないといかんとか、いろいろあって、アバウト的な数字でやった場合に、到底、いま積立金にしているのでは足りないという話を聞いています。例えば、総合費が出ますよね。例えば、向こう要するに事業が。この分の町の補助としては、どれぐらいまで見れるの。その辺は、ちょっと計算なされていますかね。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 町がどれぐらい補助金を見れるかという件に関しましては、確か補助金適正化条例でしたか、そういうのがありまして、それに照らし合わせて、いくらできるかは後で報告できますけれども、いまこの屋宜原団地の処理施設の改修には、前見積してもらったんですけれども、確か7,000万円ぐらいかかるというふうに出ています。

 これは処理施設だけの話でありまして、配管等は入っていません。屋宜原団地の場合、この配管もだいぶ古くなって漏水、あるいは雨水が入ってくるという状況ありますので、ただ、その処理施設ではなくて、全体的な改修が必要だというふうには認識はしていますので、そうなると、億単位の事業費になるかと思っています。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 課長、私は確かに同時に配管とやるのはベターかもしれないけど、今、浄化槽というのは先ほど私が話したとおり、オーバーフローとかそれやって、この場所のときに本当にその臭いが酷いらしいんですよ。

 だから、それから考えると、優先順位と言うかな、それを考えて例えば浄化槽をまずやるという、これ終わってから配管やるという順序とか、それは考えたことはございますでしょうか。考えたことあります。

 要するに、今、私が言ったように浄化槽の件で、要するに雨水が流れてきますよね。そしたらマンホールが処理できないものだから、オーバーフローするわけですよ。オーバーフローってその意味は、ご存じかと思うんだけど、もう周囲が酷いらしいんですよ。

 だから、それを防ぐためにもできるだけ早めにこの浄化槽の整備からやって、次に配管とか、そういった順位を考えたことはございますでしょうか。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 オーバーフローの原因は、配管から雨水が入ってきてからのオーバーフローかと思っております。整備順序については、検討したことはございませんけれども、あくまでもこの施設は屋宜原団地のものですので、屋宜原団地自体が解決すべき問題じゃないかなとは担当課では思っております。

 屋宜原団地から役場の方に正式にそういった改修について要請があれば、役場もいろいろ知恵を絞って助けていくということには、手助けにはなるかと思いますけれども、まだじっくりそこまでは団地と詰めたことはありません。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 この問題は、議論がちょっと尽きないんですが、これぐらいにして、とにかく。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長より補足があります。それからこの問題につきましては、執行部側の最高責任者である町長にもこれからのあれもありますので、答弁願います。土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 ただ今の屋宜原団地の件に関しましては、担当課である我々も今回、本村議員からの指摘がございますとおり、屋宜原団地の方に足を運んで、どういうふうにするか。もっと詰めてやっていきたいと考えております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 お答えいたします。屋宜原団地の浄化槽は、屋宜原団地独特のものであります。ですから、先ほど担当課長からの話がありましたとおり、向こうから正式な要請と言いましょうか、この辺も考慮しまして、それから担当課、足も運んでいただいて、今後どうするかということで、町とも十分話し合っていきたいと思います。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 そういう方法でなさりながら、国の補助金も探りながら、そういった方向で進めてもらいたいと。これは本当に議論が尽きないものですから、これで終わって、あとはこの下水道問題の最後のタウンゾーンを下見したがとやっておりますが、何か私の情報では2〜3件ぐらい周囲の下水道整備ができなくて進出を断ったという、ちらほら世間話みたいなのが聞くんですね。というのは、本当にいま伊覇地区、特に今は企業が進出して、いろいろあるんですが、たまにはちょっとここは匂い的には厳しいなというところがあるんです。

 だから、早めに下水道整備を進めてもらいたいんですが、町単独では厳しいという話もいろいろあるんですが、先ほど答弁では29年度からとありますが、これは早めにやるような方法は持っていけないでしょうか。まずは、課長お願いします。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 下水道事業を29年度にもっていけないかという本村議員のこれは要望だと思うんですけれども、担当課としまして下水道については、前から具志頭村のときに漁排、農排整備してきたんですけれども、その下水道については必要性は痛感していますので、なるべく早めに基本計画も作りまして、早めにこの事業が実施できるように、関係課とも協議をしながら進めていきたいと思っています。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 今は屋宜原地区、伊覇地区の要するに共同住宅の建設が結構あって、八重瀬町の人口増にも寄与するような状況にあります。

 これから生活する方たちの生活環境を良くするためにも、できるだけ早めに着工してもらいたいことを要望します。

 次の大きな2番、高齢者環境の整備についてですが、先ほど?番の答弁で何か住民課の調査と民生員のあれと違う、これはどういった関係で、この原因はご存じでしょうか。



○議長(知念昭則) 

 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(宇地原毅) 

 お答えします。先ほど?番の答えで住民基本台帳、これは住基から一人暮らしということで調べたら1,382人おります。あと平成23年度、地域民生委員の方々に依頼して、一人住まいという部分で、一人暮らしの老人世帯ということで調査したときは440人、この開きは住基でもって調べたら、要するに同一世帯にいても世帯主ということで別々とか、同じ隣接したところに親子住んでいても住基では一人住まいという部分で出てくるものですから、たぶんその違いで、実際、民生委員が調査の段階では、もう中に入っていって細かく調べてくるものですから、その大きな開きが出ていると思います。

 そういった開きがあるものですから、今年度、再度、民生委員の皆さん方に調査を依頼して、正式な数字を掴みたいなということでいま検討しております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 一人暮らしの高齢者は、その新しい要するに現状を掴むのが先手ですので、先ほど課長がおっしゃったように、これは民生員が調べたのは23年とありますので、できるだけ早めに調査をなさって、本当に一人暮らしがこれだけいるのか、確かめて、おそらくこれよりは増減はあるかと思います。

 私も宜次の部落で、果たして一人暮らしの65歳以上の方はいらっしゃるかなということで、ちょっと班ごとに一応調べてみたら、ただ、先ほどこの屋敷内で家が別々ではなくして、とにかく一人ということで一応調べたら7名ほどいらっしゃいました。7名です。

 だから、これも結構高齢者、80代以上もいらっしゃるし、90代もいらっしゃるということになりますので、彼らが安心して本当に生活できるその雰囲気、環境を本当に整備してほしいなと思っております。

 課長、私はこの緊急通報システム事業のちょっとしたパンフレットを持っているんですが、緊急通報システムの設置には、固定電話が必要と書いてあります。そして下の方のサービス利用料とあります。その項目の中で、その他機器の設置や機器のレンタル料については町が負担しますとあります。

 固定電話がない方たちがもしいらっしゃったとした場合に、どうしても固定電話、要するに設置しないといけませんよね。その費用はいかがなりますか。



○議長(知念昭則) 

 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(宇地原毅) 

 お答えします。緊急通報システム、この方は固定電話に接続して、緊急時その通報システムが作動した固定電話から委託先の業者の方に通報がいくというシステムになっております。

 それで、その固定電話の方は個人の方で設置して下さいというふうに私たちの方はつけるときには説明しております。その分については、補助金等もなくて町の負担での設置はできませんということで説明もしております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 それで、この施政方針の中にもちょっと町長が述べられているんですが、こういうところがあります。高齢者が住みなれた地域で自立、安心して暮らしていけるようなまちづくりを推進し、施設、特に私はここを重視したいのが、在宅福祉サービスの充実とあります。これを本当におもむきを置くのであれば、この高齢者がいつでもとにかく何かのときにどこか通報できるようなシステムが本当にあれば、この在宅福祉サービスのこれが発揮できるかと思うんですけど、その辺、おもむきを置くような感じの答弁をお願いしたいんですけど、町長いかがですか。



○議長(知念昭則) 

 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(宇地原毅) 

 お答えします。今現在、町としまして社会福祉協議会の方と一体として、配食サービスとか、要援護者支援サービス等、いろんな事業を絡めながら、地域での見守りということ、この見守りネットワークの構築ということで、地域を巻き込んだ見守り、緊急時には何かヤクルトとか、新聞配達、そういう方々でちょっと見ながらおかしいぞという部分とか、そういうのもすぐに連絡がいくようなサービスも今構築しております。

 あとケースワーカーさんとか、そういう方々も一応訪問して、状況をいつも見るというようなネットワークづくりはしている状況であります。

 これからもボランティアを募って、そういうサービスの充実に努めていきたいと思います。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 今の例えば新聞配達員とか、そういった話は昼間なんですね、昼間。高齢者というのは、いつ何時、どこでどういうふうなのが起きるかわからないんですよ。要するに、みんなが寝食中に、要するに深夜とかにやった場合に、本当に、はっといったときに、ぱっと来てからやるというのは、ちょっと具体的に厳しいと思うんですよ。

 それで、こういった緊急システムの本当に充実をもっとほしいんですが、というのは、先ほどの町長の答弁で一括交付金の必要があれば、利用可能というふうに理解してよろしいでしょうか。



○議長(知念昭則) 

 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(宇地原毅) 

 お答えします。現在、厚労省の部分で補助金があるという部分の一応情報も入っておりまして、そういう補助事業があれば、一括交付金は使用できないということがありますので、これをもうちょっと調査して進めていきたいと思います。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 今、八重瀬町の人口は約2万9,000人ぐらいかな。そのうちの高齢者で22名しかこれを使ってないということがありますので、できるだけ先ほどから私が話しているように、高齢者が安心して生活できるように、その状況というのは本当に緊急システムのあれは本当に重要かと思うんです。

 もっとこの一括交付金でも利用なさいながら、おそらく私はちょっと情報では、一括交付金の中でも、また別枠の特別交付金があるというふうに聞きますけど、その辺はどうでしょうか。一括交付金の中にあって、さらにこれに該当しなければ、特別一括、何かそういった感じの資金もあると、補助金もあるというふうには聞いているんですが。



○議長(知念昭則) 

 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(宇地原毅) 

 今おっしゃった補助金、それもあるかどうかちょっとそれも調査して進めていきたいと思います。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 前向きな答弁ですので、ぜひ高齢者が生活できるこのシステムを町内に。この緊急システムですか、これを利用するにあたっての審査というのは厳しいんでしょうか。例えば、緊急システム事業というのは。

 これにはそんなに資格とか、そういったのは書いてないので、ちょっとその辺の内容はわかりませんけど、ただ提出書類が5つほどあるんですが、申し込めば却下される率、何件かそれはあるんでしょうか。実際、申込みして却下したのもありますか。



○議長(知念昭則) 

 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(宇地原毅) 

 お答えします。緊急通報システムについては、基本として高齢者の方々だけの住まい、住んでいるという部分で、いつも見守れる状況にないということを基本としてシステムの受け入れはしております。

 緊急情報システムの場合、緊急時、本当に急に倒れたりしても、すぐ情報が取れる、連絡が行くというシステムを取っておりますけど、中にはそのシステムはいらないという方もいらっしゃいます。なぜかと言ったら、いつも身内の方に常に来てもらいたい。見守ってもらいたいという方々もいらっしゃいます。本当に年寄り、そういう介護を要するようなお年寄りの方々、会話も求めております。精神的な面の会話とか、誰かがいてもらいたいという、いつもそういうのも求めております。

 そういった面で、申込者の方はそんなに多くないという、そういう情報もありますので、そういった部分を報告しておきます。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 課長、確認したいんですけど、実際に申込して、役場サイドでできないと。その断った事例はありますでしょうか。



○議長(知念昭則) 

 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(宇地原毅) 

 申込みがあった場合、電話、確かに固定電話が入ってないということで、固定電話は必要ですよという部分での、こちらは固定電話を設置したら、私たちいつでも対応できますよということでのお断りはしたことはあるんですけど、高齢者世帯だけでの申込みについては、今まで断った事例はありません。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 この方のこれで終了したいと思っております。

 それから全国学力テスト、今年の4月23日のちょっと情報で持っているんですが、その中で41ある市町村で33の市町村は公表しないと。そしていま考慮中というのが7で、発表するというところが今のところ1カ所、それはあえて市町村名は言わないんですけど、私は考えるには、確かに学校ごとの八重瀬町内の例えば、中学校2校あって、これを同時に発表してしまうと「アマの学校、ディキヤーヤッサー、ウマー、ワッサッサー」という、その評価はあるかもしれんけど、だけど実際問題としては、自分たちの学校の状況がどうあると、要するにこの点数しか取れないか、失礼な言い方かもしれんけど、この点数なのという、その確認のもとの重要と思うんだけど、その辺の考えはどうでしょうか。ということで、私は公表してもいいんじゃないかなという私的な考えなんですけどね、その辺は。



○議長(知念昭則) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 お答えします。先ほど答弁の中にもありましたように、学校別にその結果を公表してしまうと、本村議員の話もありましたように、学校別のこれは序列化に繋がる恐れがあるということと、また子どもたちも点数が低い場合は、この学校の子どもたちは成績が悪いという烙印を押される可能性が十分あるということで、これは慎重に検討すべきではないかなということで、県内の市町村もほとんどが学校別の成績の公表はしておりません。

 ただ、市町村の平均と県の平均と全国の平均等については、ほとんどが公表しているのではないかなと思います。この公表で、子どもたちをまたこういう差別化と言うんですか、序列化をするのが教育としてはどうかなということで、いま考えているところです。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 学校教育課としても、先だっての予算の補正で、切磋琢磨学力アップとか、そういう感じの一応はやってはいるんですけど、これが本当に旗揚げのこのあれにならないように実践的な実績を上げるような、これは私は具体的にもうちょっとやってほしいなと思うんですけど、これは学力のあれですから、あまり事業に対するあれはしないんですけど、とにかくいま全県的にも他府県と比べた場合は、学力がだいぶ落ちているというニュースがあります。というのは、国公立大学、大学で本当に自費で、要するに合格するのは、全国でもおそらく下位の方じゃないかなという、その情報もちらっと聞きますので、この学力についてどういうふうにすれば伸びるのか。まずは、私は子どもたちを要するに何と言うかな、やる前に、もしかすると父兄のある程度は連絡と言うのかな、要するに子どもたちの指導、これをもうちょっと父兄にピーアールするような方法をやった方が私はいいと思うんですけど、その辺、教育委員会での話はありますでしょうか、わかる範囲でいいですけど。



○議長(知念昭則) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 先ほど答弁の中にもありましたけれども、学校においては各学校の成績については、県の平均等を比較していくらということはわかっております。そして、それをもとにその結果を独自の学校の結果を分析して、そして課題を明確にしております。どこが悪いのかと。例えば、A問題、B問題とあります。B問題というのは、応用力等々、その応用力が足りない場合は、どうすればいいのかということで、各学校、その改善に向けた対策を取っております。その対策についてPTAとか、保護者の面談等々で、その改善策についてまた話し合いをしております。

 ですから、今その公表ということについては、各学校で独自の分については、保護者にも周知をしております。今、県の諸見里教育長がヤーナレー運動ということで、基本的な生活習慣を身につけさせようということを今十分に謳っております。というのは、沖縄県が夜型社会ということと、以前から議員の皆様からもご指摘がありました経済格差がそのまま学力格差にも繋がっているのではないかなということと、これは学習状況調査等からもわかります。所得と学力は、ある程度、比例しているような感があります。というのは、塾に行きたくてもいけないという状況もあって、十分な家庭での学習環境が整ってないということで、今年、切磋琢磨、学習塾のようなものを今考えておりますけれども、それをぜひ塾に行けない子どもたちを率先して、そこに参加してもらって学力をアップさせていただきたいと。

 そして基本的な生活習慣も身につけさせていただきたいということで、保護者にはその分は十分周知させているところであります。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 今、教育長の答弁で学力は経済力に関係するという、私はこの考えについては、全く反対なんですよ、嫌なんですよ。というのは、塾に行かせないから、確かに向こうで勉強できないからあるかもしれんけど、じゃ塾に行けなかったら対策として、そこに親がいますから、少なくとも家にいらっしゃる父母は高校までは卒業しているんですよね、ある程度は。

 例えば、小中のこれがわからないということは、私はないと思うんですよ。だから、子どもたちをいかに勉強させる、仕向ける、習慣づけさせる、これは本当に私は親だと思うんですよ。私は、この経済力が学力と比例するという、私はもうこれに本当に前々から、というのは私は本当に宮古で貧困の生活をしてきたんですよ。要するに、明日、明後日の食事があるかどうか。本当にあの生活を振り返った場合に、この言葉を聞くと、私は非常に嫌。何で親がそこで子を手助けできるような雰囲気にできないか。じゃ、お金がなければ、学校に行かんけーという、そうなってしまってもしょうがないという今の考えなんですよ。私は、これは絶対反対。

 だから、いかに子どもたちを将来、要するにいろんな面でのやりたいことをさせる、達成させるために、これだけこういうふうにしなさいよという、親が仕向けてやるのが私は教育だと思うんですよ。

 だから、ちょっと自分なりのことを言ってしまったんですけど、とにかく私はああいう見解は、私はちょっとほしくないですね。その辺で何かご意見ございますでしょうか。



○議長(知念昭則) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 おっしゃるとおりだと思います。親がしっかり勉強する環境を作れば、これは塾とか行かなくても大丈夫ということは、これはご指摘のとおりだと思います。

 しかし、そういう塾に行きたくても行けないという世帯もあるということは、また認識をしていただきたいなと思います。そういった世帯にも少しはチャンスを与えようということでの取り組みでありますので、先ほど申し上げましたように、子どもたちは基本的な生活習慣がしっかりすれば、学力も伸びていくと考えております。

 今、沖縄県、前年度まで最下位でありました。しかし、年々その差は縮まっております。そして無回答の生徒も年々少なくなっております。というのは、これも全県的な取り組みで、先生方が一生懸命、この学力向上のためにいろんな施策を取っております。各市町村とも学習支援を入れたり、いろんな取り組みをやっております。

 そういった取り組みをしても効果がないというわけではないと思いますので、少しずつ上がって、この差は縮まってきております。この2〜3年うちには、必ず最下位を脱出するのではないかなと考えておりますけれども、まだまだ沖縄はスポーツも、これは全国で肩を並べて全国平均も上回るような活躍をしております。そして心の豊かさも十分です。

 ただ、学力だけが2科目のテストの成果で学力が下がっているということでありますけれども、他の学力については、そういう指標はないんですけれども、全体的に沖縄の子は優秀だと思いますので、まだまだ学力が下がっているということで、沖縄の子どもたちをまた差別化と言うんですか、序列化をしてはいけないのではないかなというふうに考えております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 学力については、もう深く深くなる可能性もありますので、今の教育長の言葉どおり前進するような、期待しながら私はこれで質問を終わります。以上です。



○議長(知念昭則) 

 これで、5番本村繁議員の一般質問を終わります。

 次に、11番宮城博議員の発言を許します。



◆11番(宮城博議員) 

 おはようございます。通告書に基づきまして、私たち任期もあと少ししか残っておりませんけれども、精一杯頑張りたいと思っております。私は、来年、謝花昇生誕150年ということで取り組んでもらいたいということで教育長はじめ、町長にも伺いたいということであります。

 諸々書いてありますけれども、実施する考えはあるのかどうか。また方法は、どういう方法で生誕150周年をやるのか。あるいは、また皆さんご存知のように沖縄は門中制度がありますので、やはり門中とのお話をすべきだと思いますので、その辺はどう考えているのか。

 そして、確か140周年の時は、謝花昇伝ということで劇もやったというふうに私は見ておりますけれども、この辺の考えはどうかと。一括交付金、これも活用できないかどうか。そしてこれも大事だと思いますけれども、謝花昇というのは、やはり今の子どもさんに自由民権運動ということで、ぜひ教育してもらいたいということで学校での副本あるかどうかわかりませんけれども、確かあると思いますので、その辺を使って特別授業できないかということでありますので、ご答弁のほどをお願いしたいなと思っております。

 そして、いつか同僚議員から話がありましたけれども、三学期制に戻ると、変更すると、移行ですね。これは非常に父兄の方々も三学期制がいいんじゃないかなという父兄もありますので、その辺教育長、学校教育課長、どう考えているのかお伺いしたいと思っております。再質問は、自席から行います。



○議長(知念昭則) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 それでは、宮城博議員の質問にお答えしたいと思います。謝花昇関連について、お答えします。まず、八重瀬町が生んだ偉人、謝花昇について少しだけ紹介させていただきます。

 謝花昇は、慶応元年(1865年)9月28日、当時の東風平間切、東風平村に生まれました。明治13年(1880年)16歳で東風平小学校に入学し、明治14年、17歳で沖縄県師範学校へ入学しております。そして翌年卒業。卒業したその年、明治15年(1882年)18歳で県費留学生として選抜され、学習院中学科へ入学します。明治18年、21歳に東京山林学校へ入学します。翌年の明治19年には、山林学校の廃止により設立された東京農林学校の予備科3年に編入学を行い、明治21年、24歳で予備科を卒業し、本科1年に進んでおります。明治23年(1890年)には、東京農林学校が東京農科大学となり、翌年の明治24年7月、謝花昇は東京農科大学1部を27歳で卒業し、沖縄初の農学士となりました。

 その年の9月には、沖縄県技師として採用されますが、明治26年頃から謝花昇が29歳の頃、杣山開墾問題で奈良原知事と対立していきます。その後、明治31年(1898年)34歳に沖縄農工銀行の取締役となり、明治32年、35歳の時、沖縄クラブを結成し、機関誌「沖縄時論」第1号を東京にて発刊しました。

 また、那覇にて南陽社を設立して沖縄時論第2号、第3号を発刊し、さらに上京して参政権獲得運動を行いました。明治33年(1900年)には、沖縄県農工銀行取締役を辞任し、その後、心労等により病気を患い、明治41年10月29日に44歳で逝去されております。

 謝花昇らが発刊した沖縄時論は第46号まで発刊され、さらに謝花昇が取り組んだ参政権獲得運動は、謝花昇の死後4年後に実を結んでおります。以上、簡単にご紹介をして答弁に移らさせていただきます。

 質問の全般にお答えしたいと思います。謝花昇は、琉球処分の特殊事情下にあって沖縄自由民権運動をはじめ、沖縄産業振興に貢献するとともに、県民の生活福祉の向上のために尽力されました。平成27年は、生誕150周年の記念すべき節目にあたり、その功績を讃えるとともに、遺徳を顕彰するため、生誕150周年記念事業を実施する予定であります。

 これまで生誕90周年、生誕100周年、生誕130周年、生誕140周年の事業を開催し、記念式典、シンポジウム、墓前祭や謝花昇劇等が行われてきました。

 次年度に開催予定の生誕150周年記念事業については、実行委員会を立ち上げ、謝花昇顕彰委員会とも連携するとともに、門中の方々の意見も拝聴して事業内容を検討していきたいと考えております。また、一括交付金についても活用が可能かどうか、担当課と協議してみたいと思います。

 さらに、学校における特別授業についても校長連絡会等で提案し、協議してみたいと思います。

 次に三学期制について、お答えします。本町立学校における三学期制への移行は、平成27年度から導入する予定で進めております。

 まず島尻地区においては、豊見城市、与那原町、八重瀬町の3市町が二学期制を実施しており、離島を含め7市町村が三学期制であります。これまで多くの保護者から二学期制から三学期制へ戻してほしいとの強い要望があることから、平成25年度において校長連絡会議等で協議を進めてまいりました。

 協議においては、各学校からは三学期制へ戻すことへの反対異論はなく、平成26年度に三学期制への移行を含めたアンケート調査を行い、保護者の意見を集約して三学期制への移行に賛同することが多い場合には、三学期制を実施する方向で検討していくことを確認しております。

 二学期制から三学期制へ移行する場合、学習指導計画を作り直さなくてならないことから、その作業を実施できるのが夏休み期間中という先生方からのご指摘があり、6月中にアンケート調査を行い、7月はじめには集計を行って、夏休み前には決定をしていきたいと考えております。

 三学期制のメリット、デメリットについてであります。まず、メリットとして児童生徒側から見た場合は、二学期制とは異なり、秋休みがないため、他の長期休暇が減らされることがない。一回の定期考査、試験の範囲が二学期制に比べて範囲が狭い。定期試験が長期休業前に終わるため、長期休業中での苦手問題の克服など、有意義に過ごすことができると。

 教師側から見たメリットとして、長期休業を学期の区切りとして学習指導ができ、学習や生活のリズムも作りやすい。

 次にデメリットとして、児童生徒側から見ると、試験の回数が増える。教師から見たデメリットとして二学期制に比べて始業式、終業式、定期考査の回数が増えるため、年間授業総時数が少なくなる恐れがあり、余裕を持った指導計画が作成しにくい場合があるということです。

 その他にも二学期制では、長い夏休み前に通知表がなく、何を目標に勉強して良いのか戸惑う生徒がおり、通知表をもらって、夏休みに入るという三学期制の方が気持ちの区切りは良いとの意見や、二学期制はけじめがつきにくく、学習や運動に最も適した時期に秋休みを置くのは良くないとの意見もあるということ。

 また、テストも年3回あった方が努力目標が増えて良いという保護者からの声もあるというところであります。以上です。



○議長(知念昭則) 

 宮城博議員。



◆11番(宮城博議員) 

 教育長から謝花昇についてのいろんな時代の背景等、あるいはその歩みがありましたけれども、素晴らしい私たち八重瀬町では偉人と言われて差し支えないんじゃないかなと、私も思っております。

 そういうことで、来年は生誕150周年ということで、周辺からもどうするのかという話もありまして、私はこの問題を取り上げて、ぜひ実行委員会を立ち上げて、素晴らしい150周年ができるようにやってもらいたいということであります。

 そして、教育長は実行委員会を立ち上げてやると言っておりますけれども、今年度の後半あたりから実行委員会を立ち上げるのか。その辺を伺いたいと思っております。



○議長(知念昭則) 

 生涯学習文化課長。



◎生涯学習文化課長(中村通孝) 

 お答えします。今年1回、謝花昇顕彰委員会という会議を開催しております。それにつきましては、その中でも謝花門中の方々から150周年についてのどういう方法でやるのかということでご意見も出ておりました。できましたら、来年が本番の150周年を迎えます。それに向けて、平成26年度で何かできるんじゃないかということで、今、生涯学習文化課の方では考えております。継続して、年内にもう一度それに向けて会議を実施していきたいというふうに考えております。



○議長(知念昭則) 

 宮城博議員。



◆11番(宮城博議員) 

 文化課長が今おっしゃいましたけれども、ぜひ早めに立ち上げて、八重瀬町の皆さんにも広報でお知らせできればいいなと私は思っております。

 私は、それも大事ですが、特に教育の一環として私は中学生には、ぜひ道徳教育か、あるいは特設に1時間ぐらいでもいいですから時間を取ってやってもらいたいと思っていますけれども、教育長はその辺はどうですか。文化課長でもいいです。



○議長(知念昭則) 

 生涯学習文化課長。



◎生涯学習文化課長(中村通孝) 

 生涯学習文化課におきましては、今、博議員の方からお話ありましたように、前年度、小学校で町の文化協会とタイアップしまして、小学校で組踊の上演、あるいは中学校で組踊の上演、それから公演活動を3校程度で実施しております。

 そういうことで、この謝花昇の演劇につきましても次年度以降、今、教育長の方からもお話ありましたように、校長会で提案をさせてもらって、中学校とは言わず、小学校も含めて、そういう演劇等ができない検討していきたいと思います。



○議長(知念昭則) 

 宮城博議員。



◆11番(宮城博議員) 

 教育長、文化課長、ぜひ校長会に提案して、ぜひやってもらいたいと私は強く要望をしておきます。

 私たち八重瀬町にはやはり汗水節もありますので、これはまた汗水節大会等ということで、近頃、非常に八重瀬町といったら汗水節というふうな感じもありますので、偉大なまた謝花昇先生もいるということで、ぜひその継承もやってもらいたいと思っております。

 一括交付金は、どうかなと思って、この前、財政の資料を見たら、謝花昇紙芝居の作成ということで14万1,800円ですか、そういうふうな感じで含まれていますけれども、これは紙芝居ということですか、文化課長。



○議長(知念昭則) 

 生涯学習文化課長。



◎生涯学習文化課長(中村通孝) 

 議員ご指摘のとおり、紙芝居の読み聞かせにも使用できるような本ということになります。以上です。



○議長(知念昭則) 

 宮城博議員。



◆11番(宮城博議員) 

 ぜひこれもまた使いまして、子どもたちに沖縄の偉人だということで、ぜひ教育してもらいたいと思っております。

 最後には、町長の見解をお聞きしたいと思っていますけれども、次に三学期制についてお伺いしたいと思っています。先ほど教育長は27年度から実施したいということですよね。

 そして周辺の父兄も子どもたちが私たちのところ、屋宜原団地近くは、子どもたちが土曜日になると、自転車で遊んで歩くということで、非常に私も事故を起こさんかということを心配しておりますので、僕は三学期制に移行して、土曜日でもその授業ができると。そうすれば父兄も気をつける、あるいはメリットもあるんじゃないかなと思いますけれども、再度、教育長からご答弁をお願いします。



○議長(知念昭則) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 お答えします。二学期制から三学期制という移行への要望は保護者から随分あります。ということで、去年、校長会でもその話をしました。二学期制のメリットがないと、うまく活用できてないのではないかなということで、三学期制へ戻すのもいいだろうというような意見が大半でありました。

 26年度から実施できるかということで話をしましたけれども、その学習の指導計画を作るのがだいぶ時間がかかると。夏休み期間中でないと、この変更はできないということで、26年、今年の夏休みに先生方が指導計画を練り直す最後のチャンスということで、27年度からの実施は可能という話がありましたので、この6月に保護者からのアンケートを取りまして、おそらく三学期制に戻すことに賛成するのが多くなるだろうという予想で今進めておりますけれども、それが理解得られれば、27年4月から三学期制にもっていこうということになっております。

 ただ、土曜日の授業については、これは二学期制、三学期制になっても同じであります。土曜日は、もう休みということになります。ただ、土曜授業という施策がありまして、これについては教師ではなくて、民間の方々、ボランティアを活用した授業ができるということであります。それについても今後、必要であれば、また検討していきたいと思いますけれども、現在のところは土曜日の授業については考えておりません。以上です。



○議長(知念昭則) 

 宮城博議員。



◆11番(宮城博議員) 

 私は、てっきりまた三学期に戻れば、土曜日もできるかなと思ったけれども、土曜日の授業はないということですね。わかりました。

 さっき豊見城、与那原、私たちということの二学期制ですが、私の周辺の父兄の方もぜひ三学期制に戻してもらいたいという要望も私は受けております。

 そういうことで、今、教育長から27年度、6月でカリキュラムを練って、そして来年の4月からはということで受け取っておりますけれども、私たち八重瀬町は、もちろんアパート等ができまして、子どもたちのまた教育環境、教室等、非常に素晴らしい学校ということでお褒めの言葉もありますので、ぜひ父兄の要望に沿うように学校教育を進めてもらいたいと思っております。

 最後に、町長に伺いますけれども、謝花昇先生の生誕150周年、町長も気になったと思いますけれども、最後に町長の見解を聞いておきたいと思っています。町長、お願いします。



○議長(知念昭則) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 お答えします。来年は、謝花昇生誕150周年であります。先ほど教育長からも担当課長から話がありました。ぜひこの150周年は、町長も成功させたいなと思っております。ただし、これもまた実行委員会を開いて、どういった内容の持ち方をやるか、この辺はまた実行委員会を立ち上げて、その内容によってまた来年の150周年のやり方はやっていきたいと、町長も個人的にそう思っております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 これで、11番宮城博議員の一般質問を終わります。

 次に、4番仲間一雄議員の発言を許します。



◆4番(仲間一雄議員) 

 皆さん、おはようございます。最後の質問ということになりますけれども、ひとつよろしくお願いします。

 私は、鉄軌道について伺いたいと思います。1番目に県は、那覇から名護間を鉄道で結ぶ計画をしています。2020年までには目途をつけ、着工したいとのことであります。私たち八重瀬町にも、民間べースで鉄道を走らせる八重瀬の会というのができました。町も今から行動をおこし、南部広域連合で団結し、早めに意見調整をして方針を示すべきだと思うが、町長の考えをお伺いします。

 2番目に、1家庭に、大人の数の分だけ車があると言われています。それは異常な状態であると私は考えますけれども、どうでしょうか。

 3番目に、車を少なくし、交通渋滞をなくせば、時間的ロスで経済的損失が大きいと言われている沖縄ですが、鉄道が走ればそれも解消できると考えますが、どうですか。

 4番目に、車の運転できない高齢者でも、遠出も容易に可能になるし、観光客の皆さんにとっても、安心して計画通り旅行ができます。観光立県沖縄には、絶対になくてはならないものであると思いますが、どうですか。

 5番目に、先の大戦までは、那覇を中心に嘉手納・与那原・糸満まで軽便鉄道が走っていたとのことである。戦後、それもなくなり、復興することもなく現在に至っています。国には、それを復興する責任があると考えますが、どうでしょうか。

 次に、具志頭農村公園の遊具設置について伺いたいと思います。1番目に、具志頭村時代に造られたいろいろな遊具がありましたが、耐用年数が過ぎ、腐食が進み、危険な状態になったので撤去され、現状は6年前に造られたシーソーが残るだけです。地域の親御さんたちから健全、健康な子どもたちを育てるためにも、ぜひ遊具を設置してもらいたいとの要望がきています。隣の保育園の園児たちも散歩しながら、その公園で遊んでいます。早めに設置していただきたいと思いますが、伺います。

 2番目に、細長い公園であり、町道が平行に走っているため、安全、安心して遊ぶためにもガードレールの設置が必要と思いますが、どうですか。

 大きな3番目に、港川フィッシャー、それからハナンダー、それと遊歩道について伺います。1番目に進捗状況を伺います。2番目に、どのような設計で、どのような観光資源開発を進めているのか伺います。

 次の質問は、自席で行います。



○議長(知念昭則) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 仲間一雄議員の鉄軌道について、お答えいたします。まず1番目、鉄軌道整備については、南部広域で連携し、南部が一つになって取り組む方針で検討しております。鉄軌道を含む、新たな公共交通システムの導入に向けては、これまで国、県が開催するシンポジウムなどにより、情報収集を行ってまいりましたが、先日、民間による「南部に鉄道を走らせる八重瀬の会」が結成されたことにより、行政と住民が一体となって鉄軌道と連携したまちづくりについて取り組んでいかなければいけないと考えております。行政もさらに鉄軌道を含めた新しい公共交通システムの導入に向けて検討してまいりたいと思っております。

 次に2番、3番、4番は関連しますので、一括してお答えいたします。沖縄の交通手段の現状として、自家用車利用の割合は、全国に比べて最も高いとされております。交通渋滞による時間の損失、車から排出する二酸化炭素など、時間的ロスによる経済的損失や環境負荷の増大などの問題を生じさせています。

 鉄道が走ることによって慢性的な交通渋滞の解消はもとより観光、交流の活性化や新たな産業とまちづくりの確立が可能となるとともに、高齢者の外出機会が増えるなど、住民生活の向上にも繋がることから必要性は非常に高いと考えております。

 ?についてお答えいたします。沖縄県は、現在、鉄道を有しない唯一の県であり、戦後、本土では鉄道の復旧が行われたにも関わらず、沖縄県営鉄道は復旧がなされていません。戦前の鉄道建設までの歴史と、戦後から現在までに至った経過を踏まえると、国にはそれを復興する責任があると思われます。

 沖縄の社会現状や、これからの将来図を見据えると、ぜひとも沖縄に新たな公共交通システムを導入し、本島南部地域への鉄軌道の展開が必要と考えられます。

 次に2番目の具志頭農村公園の遊具整備1にお答えいたします。具志頭農村公園は、平成2年度、農村総合整備モデル事業で整備された公園です。遊具については、老朽化が進み、自治会からの要請で平成24年に町で撤去しました。その後、自治会から再整備の要請があり、農林土木関係の補助事業で整備ができないか検討してきましたが、補助事業が見当たらず、現在に至っています。

 今後、一括交付金を含め、いろいろな方向で再整備ができないか調査、検討していきたいと思っております。

 ?についてお答えいたします。農村公園の敷地の横は、車道となっていて、保護柵はありません。子どもたちが道に飛び出す危険性があります。補助事業での整備を検討してまいりますので、園児や子どもたちが安全に安心して遊べるのに必要な諸施設を整備していきたいと思っております。

 港川フィッシャー・ハナンダーについて、お答えいたします。ハナンダー自然橋の工事完了は、平成26年8月29日です。現在、樹木等の伐開を終え、木を枯らすため除草剤を散布してあります。岩の切れ目にくい込んだ根を取るために枯れるのを待っている状況であります。

 2番目についてお答えいたします。ハナンダー自然橋は、琉球石灰岩によって形成され、県内でも珍しい自然橋であります。考古学的のみならず、地質学的にも貴重な遺産とみなされています。工事は、樹木を伐開し、橋の全体が見られるようにします。また、橋の上を歩くことができるように歩道と転落防止柵を設置します。下から橋の下部を見られるように川岸にポケットパークも計画しています。以上、フィッシャーについては、担当、教育長から答弁いたします。以上です。



○議長(知念昭則) 

 教育長。



◎教育長(金城隆雄) 

 それでは、港川フィッシャー関連についてお答え申し上げます。港川フィッシャー遺跡整備保存事業につきましては、地権者のご理解とご協力をいただき、平成25年度中に用地購入を終え、町への移転手続きが完了しております。

 今年度は、町文化財指定に向けて、文化財保護審議会を開催し、そして港川フィッシャー遺跡整備検討委員会設置に向け、取り組んでいきたいと考えております。

 昨年度作成しました港川フィッシャー遺跡公園基本計画においては、遺跡の保存継承はもとより、見学レクチャー等、体験学習等広場、駐車場、管理棟などが計画されておりました。

 今後の公園整備については、この基本計画をもとに文化財保護審議会、港川フィッシャー遺跡整備検討委員会の中で十分に審議検討をすることになります。以上です。



○議長(知念昭則) 

 仲間一雄議員。



◆4番(仲間一雄議員) 

 鉄軌道についてなんですけれども、10年先か、20年先か、まだわかりませんけども、おそらく私たちが生きている間にはできないと思うんですけれども、これからの子どもたち、若い人たちにどうしてもこの鉄道は必要だと私は思っていますので、必ず実行できるように、町も県側も動き出していますので、町も一緒に南部地域も連帯して動く必要があると思います。

 ですから、早めに町長も心を決めて、ちょうど南部区域の観光広域連合の会長でもありますし、観光面からもこの南部地域というのは、知念の斎場御嶽から具志頭辺りの港川フィッシャーも、これは本当に全国でも、世界的にも有名な観光地ですので、ぜひ循環線も、それから那覇から具志頭交差点までの中央の鉄道も引けるように、今から動いた方がいいと思うので、今さっき町長の話も聞きましたら、前向きに検討しているようなので嬉しく思っております。

 ただ、民間の方で町長とも話もしないで、勝手に進めて、今、八重瀬町に八重瀬町の会ができましたけれども、それでもどうしても私は車持っていて、渋滞がすごいんですね、那覇に入るには。そして観光地もレンタカーでいっぱいで、駐車場も停められないというふうな状態が今の沖縄の現状なんですよ。

 ですから、それも解消するためにはどうしても定期的に時間どおり正確に走る公共交通機関がないといけないと私は思います。ですから、沖縄の発展のためにも公共交通機関を早めに設置してほしいと考えております。県も観光団を1,000万人誘致しようとしている状況ですから、前向きに考えれば、鉄軌道も採算が取れないんじゃないかとか、そういうふうに言われてはいますけれども、でも内地の大きなああいう電車とかじゃなくて、一回り小さくしたLRTとか、そういう感じのあれでもいいんじゃないかと。

 また、昔は軽便鉄道があったわけですから、あれはちょっと一回り大きくした感じの、なるべく経費のかからんようなことも考えればできるんじゃないかと私は思いますけれども、どう思いますか、町長。



○議長(知念昭則) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 仲間一雄議員にお答えいたします。南部に鉄軌道というのは、既にもう看板も横断幕も張られております。これは町長も知らないうちに出てしまって、実はびっくりいたしました。あとで皆さん方が町長室に来て、我々が先走ってしまって申し訳ないと。こういった問題というのは、町も一緒にやって進むべきであると、実は私もそう思いました。そういうことで、その場でお互い話し合って一緒にやりましょうということで話を決めました。

 それで、この鉄軌道については来週あたり、県の担当課に議長も一緒に行く予定になっております。そして、この鉄軌道は南部だけではなくて、南部の振興会が来月、7月頃に鹿児島と、それから熊本、向こうの路面電車、これを南部の市町村長が視察に行くことになっております。それをまた見学してから、またどうなるか。今後また検討するんじゃないかと思います。

 ですから、これはまた八重瀬町だけ走ってもいかんし、とにかくまずは県の担当課に八重瀬町の鉄軌道、どう考えていますかと、まずは伺って、またあと何十年後と県も答弁するかわかりませんが、まずは来週あたり議長も一緒に行く予定になっております。

 それからさっき申し上げましたように、南部は一つということで、南部の振興会を中心にして市町村が鹿児島と熊本に来月の後半あたり視察に行くことになっております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 仲間一雄議員。



◆4番(仲間一雄議員) 

 町長も前向きなご意見で本当に喜んでおります。民間べースで先に先走ってしまったんですけれども、県の考えでは国が最初にあれを出したときに採算取れるかどうか、糸満、八重瀬、それから与那原、それから那覇から名護まで、また本部までというそういう計算で、これでは採算が取れないと。そういうあれを出して、その後に県がこの八重瀬とか、糸満を切って、那覇から名護までの分を計算して採算取れるんだというふうなあれでやったものですから、八重瀬の分が消えてしまったものですから、それで民間が騒ぎ出して、急に八重瀬の会を作り上げたようなものなんです。

 ですから、これからは町もまた南部広域で一緒になって、私たち議会も一緒になって進めていければいいなと思っております。いい意見が聞けましたので、これはそれで終わりますけれども。

 それから具志頭農村公園の遊具なんですけれども、これももう長いこと経ってだいぶ危険な状態になったので、町にお願いして撤去してもらったんですが、その後に何の遊具もなくて、ちょうど6年ぐらい前にシーソー、それを町の方から設置しようということで話が合って設置したんですけれども、今はそれだけしかないんです。それまでは滑り台とか、そういうのもあって子どもたちが遊んでいたんですけれども、それでだいぶ不便を被っているような状態で、親御さんの方からどうしても早めに造ってほしいと、そういう要望がありまして、私もこれ今度出したんですけれども、ぜひ一括交付金とかでできないか。どうですか。できませんか、一括交付金で。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午前11時47分



△再開 午前11時47分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 仲間議員の質問にお答えします。具志頭農村公園は、当時、具志頭村時代に農業土木課の方で造られた公園であります。それをいま土木建設課の方で具志頭農村公園ということで担当していますけれども、農林関係の事業で、これは整備したものですから、我々担当課は農林関係の補助事業を探したんですけれども、今のところ再整備の補助事業というのが見当たらないということであります。

 先ほど町長が答弁しましたけれども、一括交付金も含めて、他の事業、他の担当、他の課の事業もそういった遊具関係の補助事業がないか調べて、もしありましたら、その遊具関係の整備をしていきたいと考えております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 仲間一雄議員。



◆4番(仲間一雄議員) 

 ぜひ、そういう予算がないか、いろんな面から探して早めに取り付けてほしいと思っております。よろしくお願いします。

 それから次、港川フィッシャーとか、ハナンダー遊歩道について伺います。進捗状況をさっき聞いたんですが、港川フィッシャーの場合は、土地も買われていて、これはまた建設検討委員会を設置して進めるということなので、ぜひ早め早めに、これはだいぶ遅れていますので、早めにあれしてもらいたいと思います。

 そして、この港川フィッシャーの入口の駐車場、入口に30坪か、40坪ぐらいの空き地がありますよね。向こうは、あれは個人の土地ですか。それとも入口の部分は、どうなんですか。個人の土地ですか。あれも買い上げていますか。



○議長(知念昭則) 

 生涯学習文化課長。



◎生涯学習文化課長(中村通孝) 

 お答えします。今回の土地購入の中で、いま仲間議員がおっしゃっていた場所、ちょっといま私の方では把握できないんですけれども、あの方向から車両が入ってこれるスペースの用地は、とりあえず今回購入して確保しております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 仲間一雄議員。



◆4番(仲間一雄議員) 

 入口の部分、今、草で覆っていますけれども、入口、今日も見たら住宅街の中からの道路ではなくて、私は国道からの道を言っているんです。すぐ側に30坪か、40坪ぐらいの土地がありますよね。それが駐車場として利用できないのか。国道側です。上じゃないです。下の入口がありますでしょう。ガジュマルが茂っていて、そこの土地ですが、だからあの土地も買い上げれば、車が入る道もそこから造らんといかんと思うので、あれも買い上げるべきだと思うんですけれども。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午前11時53分



△再開 午前11時55分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 生涯学習文化課長。



◎生涯学習文化課長(中村通孝) 

 今、仲間議員のお話がありましたように、県道側から、下の方の道路からいま車が進入できる部分の用地は確保してございます。

 今、議員がおっしゃっているところは、ちょっとはっきりしないんですけども、そこは車両、バスが進入できる幅の道路は確保されているということです。



○議長(知念昭則) 

 仲間一雄議員。



◆4番(仲間一雄議員) 

 その車両が通る幅の分は確保してあると言いますけれども、土地は同じ、あれは1筆じゃないんですか。車が通る分だけを確保したんですか。同じ1筆だと思うので、そこに4〜5台もっと停められると思うんですよね。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午前11時55分



△再開 午前11時55分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 細かい配置等は、私、十分把握はしておりませんけれども、今、仲間議員がおっしゃっている車が乗り入れする部分なのかということについては、特に問題なく購入は済んでおります。

 ただ、1筆だけ単価の折り合いがつかずに何平米だったかな、10坪程度の三角の道路、その県道に則した三角の土地があるんですけれども、そこについてはもうどうしても単価の面で折り合いがつかずに購入を断念しているところがあります。

 そこを除けば、予定していた駐車場、それと管理棟ですか、それらも含めて、十分な敷地をいま取得は済んでおります。



○議長(知念昭則) 

 仲間一雄議員。



◆4番(仲間一雄議員) 

 わかりました。その入口の部分が、道路の幅の分だけ売るというのはちょっと考えられないので、それで聞いたわけですね。それで1筆の中に、この道路の部分だけを売る人はいないと思うので、それを聞いたわけですけれども、それはいいとして、早めに中も整備して、県道側から出入りできるように、住宅街の中に入っていきますと、向こうも狭いですから、早めに整備して検討委員会を立ち上げて、早くやっていただきたいと思います。港川フィッシャーはそれで終わりますけれども。

 それから、このハナンダー、私この前、水嵩増したときに見に行ったんですが、水がどういうふうに流れているのか。そしたら、上流の方から見て左側の土手、そこもちょっと川にせり出しているんですね、間知ブロックで積まれて。

 そして、この水が右に行くことによって、また行ったら、その前に橋越したすぐそこに土手がまた川の中に出ているものですから、上は駐車場になっていますけれども、この土手にあたってまた左に流れているんですよ。そんなに大きな水じゃなかったので、自然橋の基礎の方にはいってはなかったんですけど、もっと大きな水嵩が増すとおそらく向こうに流れているんじゃないかなと、私はそう見ました。

 ですから、その土手の方、橋の上だけじゃなくて、下も三面張りをあれしなさいということではなく、下も取りなさいとは言いませんけれども、左側と右側の土手の部分は直して、景観も壊しているんですね。この上から見た場合の自然橋の景観も壊していますので、これはぜひそのままじゃいけないと思うので、直してもらいたいと私はそう思っていますけど、どうですか。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 仲間議員の質問にお答えします。このハナンダーは、上流、下流とも農林関係の事業で造られた河川になっています。白水川ですけれども。今、土木建設課では、この橋の保護ということで、上部の方の木の伐開等、あるいは切れ目があるところを木の根っこが入っていますので、それを取り除いて補修するということと、あと歩道、人が歩けるように歩道の整備と、あと転落防止柵ということで事業を進めていますけれども、今、仲間議員がおっしゃっている、この上流、下流も含めて両側にコンクリートの擁壁、あるいは間知ブロックの擁壁がありますけれども、それの撤去までは今回の事業には入っておりません。

 これも仲間議員の要望ですけれども、担当課としましては、そこまでやるかどうかの判断はまだ行っていませんので、現場も調査しながら、川の水の流れの検討もいろいろ必要かと思いますけれども、その辺も考慮して、今度、検討していきたいと思っています。以上です。



○議長(知念昭則) 

 仲間一雄議員。



◆4番(仲間一雄議員) 

 今のままでは、どうしても景観が悪くて、これから景観委員会ですか、これができるという話ですけれども、そういう観光資源開発、港川フィッシャーもそうですけれども、ハナンダーも、それから遊歩道もそうなんですね。その人たちが見て、専門家の人たちが委員になると思うので、意見も聞いてぜひ下の方も直していただきたいと、私はそう思っています。

 そうしないと、ハナンダーの観光資源開発はちょっとできません。素人が見てもおかしいんですよ、上の方から見ますと。それが邪魔になって、この自然の橋を壊しているような感じに見えますので、ぜひ今度の予算でできないのであれば、また予算をつけて、ぜひやってもらいたいと。ちゃんとした観光資源開発をやっていただきたいと思いますけれども、どうですか、町長。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午後12時02分



△再開 午後12時02分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。今、土木課長からありましたように、今の計画ではその部分の改修等は入っておりませんが、そういうご要望であれば、この一括交付金の部分でできたら追加して修正をしていきたいと思います。

 ただ、この部分については、これは県の財産でございまして、管理はこちらで見ているんですけれども、県の許可も必要になってきます。

 当時、この三面張りをした経緯というのが字具志頭のヤフガー、飲料水があるということで、当初は二面張りの予定であったものを飲料水への影響があるということで、字具志頭からの要請によって三面張り変えた経緯がございます。

 取り付け部分についても農業用水としてポンプアップをしている部分がありまして、そのためにそこはちょっと池みたいな感じになってはいるんですよね、下流側ですけれども、自然橋からの下流側。

 ですから、今度はまた農業者の方との調整も必要になってくるかとは思いますけれども、側壁のみであれば、おそらく水の流れの影響はないかと思われますので、景観にあったような形で対処が可能かどうか、これは一括交付金を活用して可能かどうかも検討しながら、できる限りそういう形で取り付け部分については、また改修も検討していきたいと思います。



○議長(知念昭則) 

 仲間一雄議員。



◆4番(仲間一雄議員) 

 ぜひ土手の方は、このままじゃどうしても景観を壊してしまうので、観光資源ですから、どうしてもみんなが見てもおかしなあれが、そのまま出っ張っているなというんじゃなくて、誰が見ても本当にちゃんと整備しているなと見せるような整備の仕方をしていただきたいと思います。それで、これは終わりますけれども。

 それから橋の上のガードレールは何でやるつもりですか、土木課長。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 お答えします。橋の上は、当初、ガードレールが両側にありましたけれども、それは現在、取っ払っていまして、今回、転落防止柵ということで擬木の支柱を立てて、それから鎖を二段にこういう感じでやる予定しています。以上です。



○議長(知念昭則) 

 仲間一雄議員。



◆4番(仲間一雄議員) 

 わかりました。最後に遊歩道について、ちょっと聞きたいんですけれども、具志頭城址まで遊歩道を造るということで、測量も入ったんですけれども、この前聞きましたら何か具志頭城址までは、ちょっとできないと。具志頭城址の外壁にかかるので、文化財保護委員会からストップがかかっているようなことを言っていましたけれども、あれはどうなったんですか。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 当初、具志頭城址までの遊歩道ということで予定していましたけれども、先日、文化財保護委員会の先生方と一緒に現場を立ち会った結果、具志頭城址はまだ発掘調査が済んでないので、触らないでほしいということの要望がありまして、今回、具志頭城址までの遊歩道は断念しまして、しかし遊歩道、当初から計画されていますので、それを法線を変えまして、具志頭城址公園の手前のところを左側、左側と言ったらおかしいんですけど、具志頭城址公園に向かったら手前左側の方に曲げまして、伊礼さんのお家のところがございますけれども、伊礼さんのところの方に里道がございますので、その里道に結ぼうということで今計画しております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 仲間一雄議員。



◆4番(仲間一雄議員) 

 ゆくゆくは、具志頭城址まで繋ぐ予定はあるんですか。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 具志頭城址公園まで繋ぐ予定はありますかというご質問ですけれども、具志頭城址公園一帯は、ほとんど文化財が調査されていませんので、この文化財の調査が済んだら、繋げる可能性は出てくるかと思っています。

 しかし、今の時期、文化財の調査はしていませんので、今の事業では繋ぐことはできません。調査が済み次第、繋ぐことは可能だと思っています。



○議長(知念昭則) 

 仲間一雄議員。



◆4番(仲間一雄議員) 

 そうであれば、そこには持ってこないで、リンクスの方に向こうの方を先にするというわけにはいかないんですか。この伊礼さんのところに出てくると、そこがまた人があんまり多くなると、この伊礼さんところ道幅も狭いところですから、何かあれが出てくるんじゃないかと思うんですけど。こっちは今やめて、リンクスの方に延ばすというわけにはできませんか。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 仲間議員が今おっしゃっていることは、今こちらから行きますと、城址公園に向かっている遊歩道を事業は取りやめて、リンクス側の遊歩道を先に整備してもらいたいという要望だと思いますけれども、それも一応考えていませんけれども、伊礼さんの方に遊歩道を向けたというのは、ここに既設の里道がありまして、それに向けたらどうかということで、この前、文化財保護委員の先生の皆さんと話し合っています。

 まだ、設計書等は作っていませんけれども、その辺はまた地域の方々とも調整はしていませんけれども、仲間議員がおっしゃるように、確かにその辺がこの遊歩道の出入口となってしまって、人々がたくさん来るかと思いますけれども、その辺も一応考慮しながら、今後、考えていきたいと思っています。以上です。



○議長(知念昭則) 

 仲間一雄議員。



◆4番(仲間一雄議員) 

 そこに結ぼうとしているのであれば、伊礼さんとか、その周辺の人たちには話は聞いてみた方がいいんじゃないかと、私はそう思います。

 具志頭城址までは、いつになるかわからんわけですよね。ですから、そうであれば、もうそこにしか出入口はないわけですから、どうしても人は多くなりますので、その辺をよく考えて、周辺の人たちとも意見を聞いていただきたいと思います。私の質問は、これで終わります。



○議長(知念昭則) 

 町長。



◎町長(比屋根方次) 

 先ほど鉄軌道の件の答弁なんですが、来週、議長と一緒に鉄軌道についての県の担当課に行く予定になっておりますと答弁いたしました。これは道路の件であります。失礼いたしました。

 鉄軌道については、これいずれまた日程は調整しまして、県の担当課に行くことにします。以上です。



◆4番(仲間一雄議員) 

 よろしくお願いします。



○議長(知念昭則) 

 これで、4番仲間一雄議員の一般質問を終わります。



△散会



○議長(知念昭則) 

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 本日は、これにて散会いたします。

                            《散会 午後12時10分》

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

          議長   知念昭則

          11番議員 宮城 博

          12番議員 玉城武光