議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 八重瀬町

平成25年 12月 定例会(第10回) 12月17日−03号




平成25年 12月 定例会(第10回) − 12月17日−03号









平成25年 12月 定例会(第10回)



     平成25年八重瀬町議会第10回定例会会議録 第3号

          招集年月日:平成25年12月17日(火)

          招集場所:八重瀬町議会議事堂

1.開会、散会の日時及び宣言

   開会(平成25年12月17日 午前10時00分)

   散会(平成25年12月17日 午後2時47分)

   開会の宣告(議長 知念昭則)

   散会の宣告(議長 知念昭則)

2.応招議員(15名)

3.不応招議員(0名)

4.出席議員(15名)

  1番  宮城勝也        11番  宮城 博

  2番  新垣正春        12番  玉城武光

  3番  金城政春        13番  神谷清一

  4番  仲間一雄        14番  神谷信吉

  5番  本村 繁        15番  上原勝彦

  6番  神谷良仁        16番  知念昭則

  7番  金城正保

  9番  中村 司

  10番  金城秀雄

5.欠席議員(0名)

6.職務のため議場に出席した事務局職員の職・氏名

 事務局長 比嘉 巧     係長   宇地原 勇

7.説明のため議場に出席した者の職・氏名

 町長        比屋根方次    まちづくり計画課長 神谷清和

 副町長       福島正惟     住民環境課長    嘉数成裕

 教育長       金城隆雄     土木建設課長    親泊元秋

 会計課長      長田早苗     社会福祉課長    宇地原 毅

 総務課長      金城哲生     児童家庭課長    石原朝子

 企画財政課長    金城勇誠     健康保険課長    永山清和

 農林水産課長    新垣隆之     学校教育課長    新垣正次

 区画整理課長    金城 進     社会体育課長    玉城光次

 税務課長      浦崎勝男     生涯学習文化課長  中村通孝

     平成25年八重瀬町議会第10回定例会会議録(案件表)

                         (第3号)平成25年12月17日

 会議に付した事件

? 町長提出の議案

  なし

? その他の議案

  意見書

  意見書第9号 辺野古沖移設を強引に推し進める政府に対して激しく抗議し、普天間基地の県内移設断念と早期閉鎖・撤去を求める意見書について

本会議の次第

                               平成25年12月17日



△開議



○議長(知念昭則) 

                               午前10時00分

 ただ今から本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配布した日程表のとおりであります。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(知念昭則) 

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、神谷良仁議員と金城正保議員を指名します。



△日程第2 意見書第9号(上程〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第2 意見書第9号辺野古沖移設を強引に推し進める政府に対して激しく抗議し、普天間基地の県内移設断念と早期閉鎖・撤去を求める意見書についてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。宮城博議員。



◆11番(宮城博議員) 

 おはようございます。今日は、東風平中学校の生徒さんがみえていますので、精一杯頑張りたいと思っております。

 私の方から意見書第9号、平成25年12月17日、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 辺野古沖移設を強引に推し進める政府に対して激しく抗議し、普天間基地の県内移設断念と早期閉鎖・撤去を求める意見書。

 標記の件について、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出いたします。

 提出者、宮城博、賛成者、玉城武光外12名となっております。

 辺野古沖移設を強引に推し進める政府に対して激しく抗議し、普天間基地の県内移設断念と早期閉鎖・撤去を求める意見書。

 私たち沖縄県民は、普天間基地の閉鎖・撤去、県内移設断念、垂直離着陸機・オスプレイ配備撤回の県民総意を文字通り“オール沖縄”でまとめあげてきた。

 本年1月には、県内41市町村のすべての首長と議会議長、県議会議長などが署名した「建白書」を安倍晋三首相に手渡した。9月には、県内の行政・議会の5団体(県議会、県市長会、県市議会議長会、県町村会、県町村議会議長会)が、オスプレイを強行配備した日米政府を糾弾し、全機撤去を求める抗議声明を発表した。

 しかしながら、日米両政府はこの県民総意を無視して、「辺野古移設」を「唯一の解決策」として力ずくで押し付けようとしている。

 国土面積の0.6%にすぎない沖縄に米軍専用施設の74%が集中する異常な実態に対する県民の憤りは、いまや限界点をはるかに超えている。

 本町議会は、これまでも沖縄の過重な基地負担の問題解決を求め、全会一致で意見書を可決してきた。

 私たち沖縄県民は、米軍占領時代から保革をこえた島ぐるみのたたかいで、土地取り上げに反対し、祖国復帰を実現してきた。いま、沖縄県民に求められているのは沖縄のアイデンティティを貫き、県民の心をひとつに県民総意の実現へ頑張り抜くことである。

 よって、本町議会は、沖縄への圧力を強め、政治家に公約の変更を迫り、「県民総意」を分断し、県知事に新基地建設のための公有水面埋め立て申請の許可を迫るなど、子や孫の代まで米軍基地を強要しようとしている日本政府のやり方に、激しい怒りを禁じえない。同時に、町民、県民の生命と安全を守る立場から、辺野古沖移設を強引に推し進める政府に対して抗議し、県民総意である普天間基地の県内移設断念と早期閉鎖・撤去を強く求める。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成25年12月17日、沖縄県八重瀬町議会。

 あて先、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、内閣官房長官、外務大臣、防衛大臣、沖縄及び北方対策担当大臣、沖縄防衛局長、以上。



○議長(知念昭則) 

 お諮りします。ただ今議題となっております意見書第9号については、委員会への付託及び質疑、討論を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従ってただ今議題となっております意見書第9号については、委員会への付託及び質疑、討論を省略することに決しました。

 これから意見書第9号辺野古沖移設を強引に推し進める政府に対して激しく抗議し、普天間基地の県内移設断念と早期閉鎖・撤去を求める意見書についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。よって意見書第9号は、原案のとおり可決されました。



△日程第3 一般質問



○議長(知念昭則) 

 日程第3 これより一般質問を行います。

 順番に発言を許します。11番宮城博議員の発言を許します。



◆ 一般質問を行います。第1番目に環境問題で非常に厳しいこの世の中になっておりまして、私たち八重瀬町でも南部地区の一員として町長は33年度の最終処分場の協定に調印したということで新聞等も賑わせておりましたけれども、それについて経過と、その内容、どういうふうにして八重瀬町の33年度に最終処分場が持ってきたかということを町長、担当課長に答弁してお答えをお願いしたいと思っています。

 そして、マスコミ等を見てみますと、くじ引きしたというふうな決定でありましたけれども、周辺にはくじ引きはダメだという話もありましたけれども、その辺の経緯を町長からお答えお願いしたいと思っております。

 そして一番大事なのは、やはり地域住民に対しての説明、これは絶対に欠かせない重要な説明でありまして、町長はその住民に対しての説明会をどういうふうにするのか、その考えをお願いしたいと思っております。

 2番目に陸上競技場です。中学生、陸上競技場を使って素晴らしい大会等に優秀な成績を東風平中学校は上げていますけれども、町長ぜひ雨降りでもウォーキングできる、あるいは練習もできるような全天候型のができないかどうか。良い機会でありますので、中学生がいらっしゃっておりますから、そして私は東京オリンピックがありますので、ぜひ町長、全天候型をお願いしたいなと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思っています。

 これはやはり町長もあと1カ月ぐらいで選挙がありまして、その町長の政策にこの陸上競技場の全天候型の施設を入れてもらいたい。そして任期期間中にぜひやり遂げてもらいたいと思っておりますので、答弁を求めます。

 次に、旧東風平の小城の体育館と言いますか、中学校生の中にも小城の方がいらっしゃると思いますけれども、この体育館、非常に古くて私はあと何年かすると、雨漏りが激しくなるんじゃないかと、そう見ております。

 だから、この屋根の改修、これができないかどうか、農林水産課長にもメニューをいろいろ調べてきてできないかどうかということで伝えてありますけれども、その辺の答弁もお願いしたいなと思っております。私の方から再質問は自席から行います。

○議長(知念昭則) 

 町長。

◎ おはようございます。12月定例議会、今日から4日間にわたる一般質問でございます。ひとつよろしくお願いいたします。

 今日は、また中学3年生、30名近くの東風平中学校の生徒の皆さん方がこの八重瀬町の議会を傍聴しようということで来ております。しっかりと勉強して、議会はこういうものであったということで、しっかり勉強して帰っていただきたいと思います。

 では、最初の質問であられる宮城博議員の質問にお答えいたします。まず、最初の質問はサザンクリーンセンターの最終処分場についての質問でございます。

 1番と2番を一括してお答えいたします。一般廃棄物最終処分場建設については、平成12年から協議が行われてきました。話し合い不調による過去2回の協議会解散がありましたが、平成19年度に3清掃組合の構成市町による現在のサザンクリーンセンター推進協議会が設立されました。

 関係者による幾度もの話し合いの結果、島尻消防、清掃組合の環境美化センター跡地への処分場建設が決定しましたが、最初の建設地である南城市の関係自治会から建設承認条件として次期建設候補地の決定を12月3日までと期限付けられ、協議会では南城市の次の建設地を輪番制とする協定書が締結されました。

 これにより、次期候補地の選定作業が行われましたが、話し合いによる決着がつかず、選定期限を設定されている関係上、くじ引きによる順番の決定となります。

 3番目について、お答えいたします。町民への説明についてお答えいたします。最終処分場の供用開始は、平成30年となっております。その後、先行利用する地域振興施設を含め、施設の活用状況を見ながら、先行利用施設の検討を行い、住民説明会を開催していきたいと考えております。

 南城市の最終処分場及び地域振興施設を間近で見ることにより、処分場の安全性と地域振興施設の周辺住民への生活環境、利便性がご理解いただけると考えております。

 2番目の陸上競技場について、お答えいたします。1番目の全天候型に改修する計画はないかについてお答えいたします。本町には、東風平運動公園陸上競技場と具志頭運動公園陸上競技場の二つの陸上競技場がありますが、いずれも土のトラックであり、児童オリンピックや陸上競技大会などを開催する場合や、他のイベントを開催する場合も開催前に雨天になれば開催運営等に非常に影響が出てくるなど、苦慮しているところが多々あります。

 そういうことから全天候型への改修の要望が多く出てきております。町といたしましても、どういう補助メニューがあるかを調査していることであり、財政的な面も含め検討していきたいと考えているところであります。

 2番目の一括交付金の活用はできないかについて、お答えいたします。一括交付金の活用については、他の補助メニューがない場合で、さらに沖縄県ならではの特殊事情を参酌しての事業ということであり、慎重に調査検討する必要があります。

 情報によりますと、一括交付金を活用して全天候型陸上競技場の改修をしたという市町村もあることから、本町においても実現の可能性は大きいと思います。

 防衛庁予算で整備された現在、都市公園に指定されております東風平運動公園陸上競技場起債事業で整備された具志頭運動公園競技場について、一括交付金の整備が可能かどうか調査検討していきたいと思っております。

 3番目について、お答えいたします。2期目の町長政策マニフェストに入れる考えはないかにお答えいたします。来年2月11日に任期満了になることから、多くの町民や支持者から比屋根町長に対する再出馬の要請が多々あり、その要請を受け、去る9月議会で比屋根町長は2期目の出馬を要請したところです。

 現在、2期目の出馬に向け着々と準備をしているところであります。ご質問のマニフェストについては、10項目を準備しており、その中にプロスポーツのキャンプ誘致や町民の体力づくり、生きがいづくりのため、スポーツ施設の整備や既存施設の改修、補修等を実施するということが記されています。その部分で考えて良いものと理解しております。

 次に3番目の農林漁業者トレーニングセンターの改築について、お答えいたします。同施設は、昭和57年度建設から約31年が経過し、老朽化が進んでいます。現在、同施設の指定管理者である小城から屋根、床、壁の腐食等による経年劣化に対し、全面的な改修工事要請が出ております。

 町といたしましては、農林水産省や防衛省の補助事業、又は一括交付金が活用できないか確認するとともに、同施設が31年前に建設されていることから構造劣化診断や耐震診断を踏まえながら、改修工事を行うか、行わないかも含めて、総合的な検討を進めていきたいと考えております。

 2番目について、お答えいたします。県農林水産部に確認したところ、農林水産省においては、現在、該当する補助メニューはないとのことであります。防衛省の補助事業につきましては、改修工事の補助メニューはあるが、同施設の改修工事が補助対象となるかは現段階では不明です。

 今後、防衛省に補助対象となるか確認作業を進めるとともに、一括交付金についても検討していきたいと考えております。以上であります。

○議長(知念昭則) 

 宮城博議員。

◆11番(宮城博 議員) 

 町長から説明ありましたように、12年間こういう協議をやっていた。そして、私も最終処分場と南部地区の議員の会合等に一緒に話、あるいは聞いたことありますけれども、非常に難しい問題で、特に昨今は環境問題が非常に厳しくなっているということで、新聞等もありますけれども、33年度は八重瀬町と大きな見出しで新聞も載っております。

 このくじ引きはなぜかという新聞等を見てみるとありました。しかし、これもやはり首長の方々が苦策の結論だと私はみておりますけれども、非常に町長、大事なのは、いまからたぶん地域住民への説明等も行うと思いますけれども、担当課長、この住民への説明、どういうふうな形でやるか、まずその辺から伺います。担当課長、よろしく。

○議長(知念昭則) 

 住民環境課長。

◎住民環境課長(嘉数成裕) 

 おはようございます。ただいまの宮城博議員の質問にお答えします。

 住民説明会については、町長からも先ほど話がありましたけれども、今後、南城市の処分場建設を見ながら、進めていきたいと思います。

 それで、その施設がいま島尻環境美化センターの跡地に造るということになっています。その取り壊しが平成27年度までに行われます。平成28年度から29年度にかけて工事が入ってきます。

 そういうこともありまして、すぐに説明会ということについては、最終処分場の必要性等を学校校区、小学校校区でやるのか、旧市町村単位で全体的な必要性についてを説明していきたいと思っています。以上です。

○議長(知念昭則) 

 宮城博議員。

◆11番(宮城博 議員) 

 27年、28年から取り壊し等が始まると。今、課長言っていますけれども、住民は新聞等を見てから、何で住民の説明会はないのかという話もあちこちでありますので、確かに早いとは思いますけれども、やはりこういうものだよということで、私はこの説明会をする前にチラシ等、あるいは広報の1ページを使って説明、僕は非常にこれは大事だと思いますが、今までこんなに長らく最終処分場がかかっていますので、33年度八重瀬町と新聞に大きく載っています。

 だからそういうことで、私はぜひ住民説明会は、これも非常に大事だと。その辺、町長はどう考えていますか。

○議長(知念昭則) 

 町長。

◎町長(比屋根方次) 

 お答えいたします。これから30年後になります。ですから、現時点の段階で、できた段階で周囲の住民、町民にしっかり現場を見ていただいて、これが大丈夫ですよと。できてから15年間あります。その間で、こういった施設は大丈夫であると。住民にもしっかり見ていただいて、それから住民への説明会、具体的にはやっていきたいと思います。

 その前に、やはり誰でもごみとなると、みんな反対するんですよ。しかし、あの最終処分場は何の問題もないと思います。

 そういうことで、この住民説明会については、広報誌でしっかり載せて、住民への最初の説明会にしたいと思います。以上です。

○議長(知念昭則) 

 宮城博議員。

◆11番(宮城博 議員) 

 今、町長がおっしゃるとおりだと思いますけれども、私たち議員も何カ所かは回って見たことがありますけれども、住民に対しての丁寧な説明、これは大事だと思いますので、ぜひ広報等、大きく載せてもらって、八重瀬町もこういうふうにやりますというふうな感じで、住民にこれは公害にならないですよと。安心ですよということをぜひ広報に載せてもらって、そして地域住民が安心してできるんだなということをぜひお願いをしておきます。

 次に町長、陸上競技場ですよね。祭り等、いろんな東風平中学は体育面で非常に優れた学校と、各市町村からも非常に注目されている学校ですが、この全天候型、これをどうにか改修して、これはずっと祭り等、いろんなもので使いますので、できないかどうか。

 私、玉城の陸上競技場等、いろいろなところ、殆ど全天候型になっておりますので、さっき町長はマニフェストにも載せてあるということで、非常に私は喜んでいますけれども、ぜひやってもらいたいと、再度お願いしたいと思いますが、町長、その辺は。教育長でもいいですよ。

○議長(知念昭則) 

 教育長。

◎教育長(金城隆雄) 

 お答えいたします。昨年からありました一括交付金活用の件も議論したことがあります。現在、運動公園内にある陸上競技場につきましては、防衛庁予算で整備された競技場であります。

 防衛庁予算におきましてもリニューアル事業が該当するという情報がありますし、公園事業においても長寿命化計画に載せれば、そういったことが可能であるというような情報もあります。どの補助事業を活用した方が町にとってはメリットがあるかどうか、そこら辺も含めて担当課と協議し、また財政的な面もありますので、時期的にいつになるのか。そこら辺についても十分に検討して、実施をしていきたいというふうに考えております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 宮城博議員。

◆11番(宮城博 議員) 

 私たちの学校、東風平中学校は繰り返すようですが、非常に体育系の強い中学ということで、全県的にも非常に注目されている中学校ですので、ぜひ教育長、町長もそうですが、ぜひ町長の2期目のときにオリンピックもありますので、ぜひこれはやり遂げてもらいたいと思いますけれども、教育長、その決意をお願いします。

○議長(知念昭則) 

 これについては、町長から答えてもらいます。町長。

◎町長(比屋根方次) 

 お答えいたします。先ほど教育長から答弁がありましたが、やはりこれから全天候型は必要だと思います。今、南風原町が全天候型に切り替えております。これも一括交付金を使っているという話も城間町長から聞いております。

 ですから、本町の陸上競技場も一括交付金をできたら利用して、全天候型にしたいと思います。

 そして私も2期目の町長を今のところ表明いたしましたが、次の町長、誰になるか、まだ相手はまだ顔も見ませんが、もし私が次2期目の町長になれば、全天候型についての競技場を4カ年の中で目鼻をつけていきたいとこう考えております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 宮城博議員。

◆11番(宮城博 議員) 

 ぜひ目鼻じゃなくて、実現してもらいたいと。オリンピックまでは遅いですので、その前にぜひ実現してもらいたいと思っております。

 次に、この小城の農林関係で造った体育館、他にこういう部落自体が持っている体育館というのは、私もないんじゃないかなと思うぐらいの体育館でありました。

 そういうことで、今は農林水産課長から聞いてみると、地元がちょっと利用数が少ないという話は聞いておりますけれども、農林水産課長、この改修、どうにかメニューを探して、この体育館、まず雨が降らないような屋根の葺き替えを担当課長はどういうふうに、あるいはメニューを探して、農林水産課長の考えを聞きます。水産課長、よろしく。

○議長(知念昭則) 

 農林水産課長。

◎農林水産課長(新垣隆之) 

 お答えいたします。同施設は、先ほど町長が答弁申し上げたとおり、昭和57年度に建設されて建築後、約31年が経過しておりまして、小城からも要請がありますが、全面的な改修、屋根だけじゃなくて、屋根も腐食しておりまして、壁も実は板がかなり剥がれ落ちております。

 それから床もかなり傷んでおりまして、いわゆるリニューアル工事が必要だと考えております。その工事費は、耐震診断の結果、現在の耐震基準を満たす場合は、約2,700万円から約3,000万円となることが想定されます。しかし、耐震基準を満たしていない場合は、耐震補強工事が追加となりまして、どの程度の補強工事になるかで工事費は変動しますが、その2倍以上の工事費がかかるものと想定されております。

 先ほど利用状況ということでしたが、実は同施設の利用状況は八重瀬町はもとより、近隣市町村の小、中、高等学校、専門学校、大学や企業、自衛隊、各種サークル活動に広く利用されておりますけれども、先ほどご指摘のとおり、地元字小城区民の利用率は2から3%、かなり低く止まっているのが現状です。

 同施設が建設された当時は、現在の町営体育館がまだ建てられていませんでしたので、ただ、現在は町営体育館、比較的近くに町営体育館があること、また八重瀬町内に同じような施設、トレーニングセンターが整備されている自治会は、字小城以外にありませんので、今後、同施設のあり方や役割、また字東風平区民の利用率、また工事に係る費用対効果を含めまして、リニューアル工事を行うべきかにつきましては、町公共施設等建設委員会で総合的見地から審議、検討していただく必要があるのではないかと考えております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 宮城博議員。

◆11番(宮城博 議員) 

 今、縷々説明聞いております。先ほど町長が全天候型も一括交付金で隣市町村もやったということですので、ぜひこれは非常に皆さん注目している事業でして、町長はじめ教育長、ぜひ実現できるように頑張ってもらいたいということで、私の一般質問、これで終わります。

○議長(知念昭則) 

 これで、11番宮城博議員の一般質問を終わります。

 次に、5番本村繁議員の発言を許します。

◆ 皆さん、おはようございます。2番手に質問しますが、よろしくお願いいたします。

 通告書を読みながら、一般質問を提案したいと思っております。まずは小中学校3学期制移行について。県内の小中学校で2学期制から3学期制へ移行する自治体がある。宜野湾市も来年度から3学期制を実施することを公表している。本町で保護者や児童生徒も3学期制を望む声がある。昨年3月の定例会にて3学期制についての一般質問に、関係者の意見を集約する答えであった。その後の取り組みをお伺いします。

 まずは、保護者や教員を対象にした調査・対話集会を行う計画があるか伺いします。2番目に、関係者の意見集約はどうなっているのかお伺いします。?3学期制への移行はいつから行うかお伺いします。

 次、バックネット修繕について。宜次グラウンドの野球場及び町ソフトボール場バックネット支柱の腐食で、台風等の強風で倒壊する可能性がある。宜次グラウンドは最近、少年野球試合での利用が多い現状で、少年野球選手の負傷事故が気になる。彼らが安心して試合ができるためにバックネット修繕が急務であると思い、下記の項目についてお伺いします。

 1番目に、少年野球が安心して試合ができるために早期にバックネット修繕が必要だが、当局の考えをお伺いします。

 ?宜次グラウンドの野球場及び町ソフトボール場バックネット支柱は、次年度の一括交付金を活用して修繕実施は可能かお伺いします。

 大きな3番、東風平豊見城路線について。東風平豊見城路線開通計画について、平成25年11月15日午前10時、県の道路計画課の職員からの情報を得た。職員によると、半年前に本町へ本路線の計画要項を提出依頼したが、未だにまだとの事。よって下記項目により当局へお伺いします。

 ?半年間も遅延したのはなぜかお伺いします。?職員体制についてお伺いします。?県は本町のこれは庁舎建設場所と書いておりますが、幹線3号線の接続を検討しているとの事だが、町の見解をお伺いします。

 大きな4番、苗の無料配布継続依頼について。苗の無料配布を必要とする状況にあり、南風原町新川在の公益社団法人沖縄県緑化推進委員会にお世話になっている。最近、同委員会職員より苗等の無料配布は県事業で、今年の12月で終了との情報があった。町として県へ苗等の無料配布継続要請依頼について、町の見解をお伺いします。

 あとは、自席から質問します。

○議長(知念昭則) 

 教育長。

◎ ただ今の本村議員の一般質問にお答えいたします。小中学校の3学期制移行についてであります。1番から3番までまとめて答弁申し上げます。

 まず、保護者や教員を対象にした調査・対話集会については、これまで行っておりませんが、校長会や教頭会において実施時期についての議論をしたことがあります。

 教育委員会としては、多くの保護者の方々からも3学期制に戻してほしいとの意見が多くあることから、早めに意向調査を行い、その結果が3学期制を望む声が多数であるならば、次年度辺りにでも実施したい旨を校長会、教頭会でもご説明したところであります。

 中学校においては、3学期制へ移行するのは、さほど問題はないとのことです。しかし、小学校においては、年間の学習指導計画を再編するには、準備期間が短いとのことと、スケジュール的に平成27年度に小学校の教科書が変わることから、2学期制から3学期制へ移行するのも、その時期が良いとの意見が出ました。

 そこで27年度からですと、小中学校とも同時に3学期制へ移行できることが可能になることもありまして、平成26年度中に学期検討委員会、仮称でありますけれども、委員会を設置して、保護者の意向調査や地域教育懇談会での意見交換会を実施し、学期制に関する意見を集約し、その結果に基づいて学期制をまとめていきたいと考えております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 町長。

◎ 本村議員の2番目の質問、バックネットの修繕についてお答えいたします。宜次グラウンドは、昭和62年に整備され、宜次区の管理となっております。現在、少年野球やゲートボールの場として地域の方々がグラウンドを利用しております。

 バックネットは、整備後26年を経過しており、柱支柱の下部の一部が腐食しているのが確認できます。子どもたちや利用者が安全にグラウンドを利用するには、修繕が必要であると考えております。

 2番目について、お答えいたします。一括交付金による補修工事等は認められておりませんが、何らかの事業との組み合わせ等により、一括交付金が活用できないか否かを考えていきたいと思っております。

 町のソフトボール場のバックネットについては、都市公園安全安心対策緊急総合支援事業で改築を行います。改築工事は、既に発注されており、平成26年1月末までには完成する予定であります。

 3番目の東風平豊見城路線について、お答えいたします。県道東風平豊見城線は、東風平町から豊見城市へ至る総延長約9.1キロの一般県道として平成8年4月に県道認定されております。

 現在、豊見城市豊崎から上田交差点までの約4.7キロの区間は、平成10年度から平成28年度までの予定で整備が行われております。

 その後、上田交差点付近から八重瀬町区間整備計画の検討に着手するとの事であります。今年、3月と7月に県と調整を行いました。南部土木事務所から3ルートの案が示され、役場関係課と協議を行ってきました。

 また、関係する自治会の友寄区、宜次区の役員にも説明を行いました。関係課及び自治会の意見等を集約し、今月の10日に町案として南部土木事務所の担当者と協議を行っています。

 2番目について、お答えいたします。職員体制についてですが、集中改革プランに伴い、計画的に職員数の削減が行われているところであります。

 土木建設課においては、3課が統合され、職員も減となりました。現在、土木部門には4名の職員がおり、庶務・用地係、計画係、工事係、維持管理係であります。東風平豊見城線の担当者は、庶務・用地係と計画係1名で兼務しております。

 3番目について、お答えいたします。東風平豊見城線につきましては、南部土木事務所から3ルートの計画案を示されました。八重瀬町区間の法線の検討を行ってほしいとの依頼を受け、役場関係課で協議を行い、友寄区と宜次区の自治会役員の意見も聞いております。

 両自治会とも本路線の終点は、新庁舎に繋がる伊覇土地区画整理地内の幹線3号線への接続を希望しており、北部地区からの中心市街地へのアクセス道路としての利便性を高く評価していただきました。

 本路線の今後のスケジュールですが、平成28年度以降、調査設計を実施し、事業化に向けて計画していくとのことであります。以上であります。

 失礼いたしました。もう一つ残っております。4番目の苗の無料配布依頼についてにお答えいたします。現在、沖縄県緑化推進委員会が行っている苗の無料配布は、県が国の臨時特例基金を活用した緊急雇用創出事業の一つ、グリーンコミュニティー支援事業により、平成22年7月から行われております。

 ご指摘のとおり、今年度で終了するとのことで、国の事業終了がその理由とのことであります。県に確認したところ、別の財源で同様の事業を行う予定はあるが、苗の無料配布はこれまでばら撒きとの批判もあるため、これを見直して来年度からは人材育成を重点とした事業内容で検討中とのことであります。

 本村議員が地域の方々と共に地道なボランティア活動を続けられ、沿道の緑地帯に花を植え、きれいな通りにしていることに敬意を表するとともに、町といたしましても地域のボランティアから継続要請の声があることを踏まえまして、県に対して苗木無料配布の継続要請をしていきたいと考えております。以上であります。

○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。

◆5番(本村繁 議員) 

 まずは3学期制について、去年の3月の私の質問に対して、当時、教育長は現在の教育長なんですが、2学期制、3学期制へのメリット、デメリットについて調査するとともに、多くの町民へのアンケート調査を実施し、特に卒業生や児童生徒、保護者、教職員、そして関係する各種団体への意見や考えを集約してみたいと考えておりますと。

 そのアンケートの結果、県内市町村の動向を踏まえ、3学期制についての検討委員会を開催し、まず議論してみたいと、一応は答弁なさっています。

 その後、どういうふうな呼びかけを行ったか、まずそれをお聞きしたいと思っております。

○議長(知念昭則) 

 教育長。

◎教育長(金城隆雄) 

 お答えいたします。今年度に入りまして、2学期制から3学期制についての検証をしようということで、教育委員会内で、その作業を進めておりました。

 先ほども答弁申し上げましたように、平成26年4月からの3学期制導入はどうかということで、学校長、教頭会議の中で、その作業について可能かどうか、検討をしてもらいました。中学校においては、先生方も専門の課程でありますので、さほど問題はないと。しかし、小学校の場合は各クラスの担当がいろんな事業計画を持っているということで、短期間での教育課程の再編は難しいということで、10月頃からアンケート調査を実施する予定でありましたけれども、どうしてもアンケート調査をしても26年には難しいということがありまして、今、そのアンケートの内容もチェックしながら、27年度のスタートに向けて、その作業を今進めているところであります。

 というのは、先ほど答弁の中にもありましたけれども、27年度から新しい教科書が変わると。26年に3学期制を導入しますと、また26年度で教育課程の再編をしないといかんと。

 また、27年度も同じように新しい教科書に基づいた再編をしないといかないということで、2カ年連続やってしまうのは、先生方も負担があるということと、また時間的に大変難しいということが小学校の先生方からありました。

 いずれにせよ、この3学期制については、早急に検討しなければならないということは、教育委員会も痛切に感じております。

 今、そのアンケート内容もチェック中でありますので、早めに27年4月に間に合うように、これは条件としては大多数の保護者が3学期制に賛同するということが条件ですので、その意向調査をまずしっかりやりまして、3学期制に速やかにその結果に基づいて、できればいいのかなということを考えております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。

◆5番(本村繁 議員) 

 教育長の答弁で、中学生はさほど支障はないという答弁なんですが、私は白川小学校校区、東風平小学校校区のご父兄と実際に意見交換する場があったんです。

 そこで、先ほど簡単に支障なしと終わったんですが、2学期制になったら、3学期制と比べて、例えば1年生、中学1年生を考えますと、入学して最初の中間テストの範囲、これが2学期制になると大きくなると。

 要するに、場合によっては2倍ほど範囲が大きくなって、要するに今まで小学校で暮らしてきたその学業に対する、そのまま中学校に行った場合、あまりにもこの範囲が多くて、勉強、要するに自習する意欲がなくなったと。

 それで3学期制であれば、この中間テストの範囲内も範囲が少なくし出るという話があるんですよ、実際ですね。

 だから、これは私はどうかな。その支障ないというその考え、私とは意見は違うかもしれんけど、教育長は。

○議長(知念昭則) 

 教育長。

◎教育長(金城隆雄) 

 答弁申し上げます。私が中学校は支障がないということは、先生方が2学期制から3学期制へ移行するときの年間の学習計画、そして月計画とか、週案とか、いろいろあります。

 そういった計画に変更するのも中学校の場合は、先生方についても支障はないと。ただ、小学校の場合は担任がいろいろな分野を持っておりますので、年間指導計画を作成したりする場合に、その半年間ではどうしようもないということで、できれば1年間の時間を頂戴したいということがありまして、そうであるならば、意見を集約しまして、その結果が3学期制を望むのであれば、26年のはじめから準備をしまして、27年度に向けて、27年度からまた新しい教科書も変わりますので、それに向けた取り組みをすれば、一石二鳥ではないかなと私は考えているところであります。以上です。

○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。

◆5番(本村繁 議員) 

 私のちょっと勘違いで、要するに2学期制から3学期制に移行するとき、中学校はさほどスムーズに行くんだ、そういう考えですね。そうですか、わかりました。

 父兄が特に3学期制を望む意見は、夏休みを基準にした場合、3学期制でしたら、1学期、1学期、要するに1学期の終わるごとに通知表、要するに成績表、これをもらえるものだから、それをけじめにして、この1学期は、例えば何が悪かったから、次にこれに力を入れなさいよとか、2学期に頑張りなさいよとか、そういうけじめ、けじめが必要ですので、3学期制はぜひ必要だということを一応は強く要望がありましたので、意見として述べておきたいと思っております。

 実際、小学生たちの今の現状を見ますと、例えば2学期に入って、運動会やって、要するにあれは8月25〜26日ぐらいから学校ですよね、2学期制になった場合の後期。その時に、まだ日当たりは暑いのに、学校行くのはきついよと。おじさん、ワンネー3学期制がいいよというふうに、時たまこういうふうにワラビンチャーからも聞こえますので、これはぜひとも実行してもらいたいなと思いますので、答弁にもありましたように、一応前向きのお考えですので、ぜひとも目途は平成27年からをよろしくお願いしたいと思っています。強く要望します。

 次にバックネットの件なんですが、特に宜次グラウンドの件ですが、私は昔の議事録を本議会での答弁のをちょっと持っておりますが、その中で維持管理につきましても大きな工事、その公園内における工事等につきましては、今後とも町がせざるを得ないと。

 ただし、清掃とかについては、字がするという、これは旧東風平の平成8年度の議会のを持っておりますが、というのは、私、現在、宜次のグラウンドのこういう状況を役場の職員と立会いして、今年の4月か5月頃、確認したんですよ。私も立会いで。

 この支柱の中の支えるコンクリートの部分、これも試合中にはどういったのが起きるかわからないから、これをケガでもしないような構造でやりましょうねと。それまで確認したんですけど、未だにこれがまだなんですね。なぜこれができないのか。

 先ほどは一括交付金とかでなさるような答弁でしたけど、なぜこれまで、というのは結構頻繁に少年野球の回数が多いものですから、このバックネットの網がありますが、そこは所々に穴があいていて、槍みたいにして突っかかっているんです。要するにケガでもしたら心配なものですから、早めにお願いしたいんですけど、課長、来月すぐお願いできますか。

○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。

◎土木建設課長(親泊元秋) 

 本村議員の質問にお答えしたいと思います。確かに本村議員がおっしゃるとおり、宜次グラウンドのバックネットは、支柱とか、柱の下部の方が腐食していまして、またネットの針金等も腐食していまして、子どもたちがプレイするには、ちょっと危ない状況かなということを確認しています。

 また、職員の方からもそういう連絡を受けまして、私の方も現場を見ましたけれども、確かに補強が必要ということを感じています。

 それで業者の方にバックネットの補修にいくらかかるか見積してもらったんですけど、建て替えに関して、約400万円ぐらいかかると。それで補修についてはいくらかかるかと、ちょっと見積をお願いしたところ、約90万円ぐらいでできるんじゃないかということで話を聞いております。

 単独事業でやるか、一括交付金でやるか、それをいま模索しているところでありまして、できましたら町としましては一括交付金を活用して、そのバックネットを修繕していきたいと思っていますけれども、一括交付金担当の方とヒアリングをすると、現時点では厳しいんじゃないかということを回答もらっていますけれども、一括交付金でできなければ、ぜひ財政と調整しまして、単独の修繕費をいただいて、修繕していきたいと、担当課では考えています。以上です。

○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。

◆5番(本村繁 議員) 

 私がこの?番の方で一括交付金を利用できないかというその話を持ってきたのは、宜次のグラウンドの最初の整備は、農林関係の事業でやったわけです。やったんだけど、水溜まりが激しくて、これを補修しないといけないような立場になったわけです。

 それで、今度はこれをどうするかと言うと、当時のふるさと創生資金、あれでまた手直ししながら、今は現在の立派な雨降ってもそんなには水が溜まらないような状況に持ってきたんですが、それで両方とも資金がないものですから、一括交付金でどうかというふうにして変えたんですが、答弁でどうにか自前でやるというお話がありますので、ぜひとも実行してもらいたいと思っております。

 それからちょっと遅れたんですが、ソフトボール場のバックネット、私、町内の方からもし宜次グラウンドのバックネットをやるのであれば、向こうも同時にやった方がいいんじゃないということで、一応話があって現場を確認しに来ました。

 情報によると、あれは台風で何か倒壊したらしいですね。その台風の倒壊というのは、この台風のいつ頃の台風か、ちょっと教えてもらえますでしょうか。

○議長(知念昭則) 

 社会体育課長。

◎社会体育課長(玉城光次) 

 お答えします。平成24年度の確か台風15号か、17号か、どっちかの大きな台風があったときの倒壊であります。

○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。

◆5番(本村繁 議員) 

 平成24年度ということは、1年は過ぎているわけですね。というのは、私がこれをなぜ聞いたかと言うと、確かに補強はやってあるんだけど、この補強の仕方がどうも自分は危なくないかなと。というのは、この支柱の下の方、あちこちロープで支えているんです。

 ああいうふうにやったら、非常に、例えばバックネットの後ろから通った場合に足に躓いて倒れないか。要するに、子どもたちがケガしないか。それが私、一番気になったんです。

 だから、なぜ台風ああいうふうにしてやって倒壊したのに早期にできなかったのか、私はそれが不思議でたまらないんですけど、その辺はいかがですか。

○議長(知念昭則) 

 社会体育課長、これまでの経緯とこれからの方針まで言って下さい。

◎社会体育課長(玉城光次) 

 お答えします。倒壊したときに、そこはソフトボール場は少年野球とか、キャンプとか、いろいろな意味で活用が大きいところであります。

 今、簡易的に設置しているんですが、単独で工事をするには財政的に厳しいということで、今までいろんなメニュー、一括交付金でできないかどうかも含めて、去年もやってきたんですが、一括交付金ができないということで、25年度に新たに事業があるということで、今回、いま事業を実施しているところであります。

○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。

◆5番(本村繁 議員) 

 ご覧のとおり、向こうのソフトボール場というのは、町内では10カほどの少年野球チームがあるんですよね。それで毎週土日というほど試合があって、おまけに例えば少年たちが、ちょっと父兄みたいな方たちもそこでウォーミングアップとかいろいろやっているわけです、要するに練習ですね。

 これを考えた場合に、町民が安全にスポーツに親しめる施設ですから、もっと早くできなかったか、私は本当に強く指摘したいです。

 予算の関係を言うのは、ちょっとあれかもしれないけど、予備費というのがおそらくあると思うんですね、予備費、財政課、予備費ありますよね。まずはこれを使って修繕して、町民が安全に利用できる体制を私はあちこち重要なところがあるかもしれないけれども、特に町民の健康を維持する場ですから、その辺は本当にこれから心得として早めにやるような方向はないですかね、町長。

○議長(知念昭則) 

 副町長。

◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。確かに予備費はありますけれども、予備費というのは、どうしても予算がなくて使わなければいけない等々の場合において緊急的に流用して使うというのが予備費であります。

 今、ご指摘がありますけれども、これは重々承知はしております。町民の安全安心、少年たちの安全のためにも早急に補修すべきであるとは思いますけれども、皆さんご承知のように、本町はかなりの借金を抱えておりまして、単独工事でやらなければいけないものについてはやってまいりますけれども、予備費は単独、町費なんですよね。

 当初、最初に町長が答弁申し上げましたように、都市公園の安心対策緊急総合支援事業、補助事業が利用できたということで、それを使って補修をしているところでございまして、一般財源を使うよりは不便ではありますけれども、そういう形で補助事業があるものについては、時間がかかろうとも補助事業を優先すべきであろうと考えております。

○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。

◆5番(本村繁 議員) 

 宜次グラウンド、ソフトボール場、前向きな考えですので、これをぜひとも実現してほしいなと思っております。

 次に、東風平豊見城線についてお伺いします。この件については、私、巷で東風平豊見城線はどうなっているかなということをちらほら聞いて、私もそういった経緯があるのかな、ないのかなということで、実際に県の農林土木の道路計画課に行って、職員から直に聞いたんです。

 そのときに平成7、8年頃からこの計画は、先ほどの答弁にもあったんですが、やっていると。その中で、八重瀬町に2月、3月頃、こういうふうにして本町の路線の計画を出してくれということを言ったんですが、まだまだ来ないということであったので質問したんですが、確かにその後、11月19、20日、19日は宜次か友寄か、とにかく両方の日に地域の説明会、私が行った後、4〜5日後にやったんですが、向こうの職員と一応話し合ったときは、先ほど町長も答弁なさっていたように、3ルートの話はなさっていました。

 県としては、この自治体の繁華街と繁華街を結んで初めて県道の役割を果たすんだと。であれば、八重瀬町の場合は庁舎を建築するので、庁舎の場所に接する、いわば私が先ほど話したんですが、幹線3号線、これに接続を非常に希望しているわけです。やって、例えば友寄方面に向かっていって、ちょっとムイグワーがありますから、そこ橋を架けるんじゃなくしてトンネルをやりたい。そこまで構造上の話まで向こうの方から聞いたんです。

 これは早急に進めるべきだなということで一応は言ったんですが、確かに3ルートの最初は友寄の変電所辺りから旧507号線に行ける道路に接続するものと、今の線と、あとは志多伯辺りのやっていたんですが、それはもう抜きにして、とにかく先ほど私が言った幹線3号線に接続を自分たちは希望しているんだということを聞きまして、そうすればゆくゆくは豊見城の豊崎ですか、向こうと接続になって県の目的とするのが達成するからということを一応話もらいましたので、あれは27年から28年から、実際には着工はいつ頃からなりますか。実際の着工は。

○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。

◎土木建設課長(親泊元秋) 

 本村議員の質問にお答えします。今月の10日に担当課であられる南部土木事務所の方と、この東風平豊見城線のルートについて話をいたしました。

 その中で、県の方としましては、現在、豊崎と上田原を工事をしているところでございますけれども、それが終わり次第ということで、平成28年度までその工事がかかる予定であります。その後に東風平豊見城線の上田原から現在、宜次、友寄ルートを考えていきたいとおっしゃっていました。

 調査計画を平成28年度あたりからやりたいと言っていますので、それを入れた後に本設計が入りまして、実際の工事というのは、平成28、29年度辺りから入れるんじゃないかなと思っています。

 このルート案ですけれども、3ルート、県の方から提示されたのが7月でございます。最初、3月の方に県の方と調整したときには、東風平豊見城線のルートについて説明がありましたけれども、ルート案は示されてなくて、ルート案が示されたのが7月でありました。

 本村議員、なぜ半年間も遅れたかというご質問ですけれども、実際、担当課としては遅れているとは思っていません。なぜかと言いますと、このルートが県の方からあがったのが7月の段階でありまして、それから関係課との調整、11月には19日、20日、友寄区と宜次区の説明会して、この前10日に県の方に町の意見としていろいろあるということを報告しています。

 この幹線3号線に接続するのも、7月頃、県と調整したときに、町としては、こういう案も頭の中にあるということを述べました。その中では出なかったんですけれども、各自治会との意見交換会のときには、自然を守るためにトンネル式にしたらどうかとか、あと高架橋をしたらダメだから、ぜひ高架橋をしないでくれとか、あと饒波川沿いのルートになりますけれども、このルート、できましたら既設の道路を利用した道路整備をしてもらいたいという、そういった意見もございました。以上です。

○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。

◆5番(本村繁 議員) 

 課長、私が実際に道路計画課に行って話したときは、何か私の直感なんですけど、本当に今まで来ないので、向こうとしては早めに出してほしいと。そのしびれを来しているような話ぶりだったものだから、こういうふうに書いたんですけど、だけどこの計画というのは、平成7〜8年からですよね。

 だから、そうであれば、ちゃんとそこには専任の職員を配置して、最初からこのルート、場合によってはこれが計画になれば用地問題とかいろいろありますので、その計画が作れるほどまでにひけるような体制が本当は私は望まれると思うんですけど、その辺はいかがでしょうか。

○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。

◎土木建設課長(親泊元秋) 

 職員体制の件ですけど、実際、これ仕事するのは、県の南部土木事務所の方がやるかと思います。町としては、これまでの工事の経緯、例えば国道507号とか、県道77号線の工事等を見ていますと、町としては住民とのパイプ役みたいなことをやっているんですよ。実際、設計書とか、そういうのはございませんので、今の体制で庶務係、計画係一人ですけども、今の体制でしばらくはやっていけるかと思っています。以上です。

○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。

◆5番(本村繁 議員) 

 確かに事業としては県ですから、県がやるのはそれは当然なんですが、先ほど課長もおっしゃったように、県の仕事でやるけど、町もある程度は手助け、補助、おそらくそれが必要だと思うんです。完全にうーうんとはできないと思うんですよ。だからその辺を勘案して、今度はよろしくお願いしたいと思っております。

 最後になりましたが、この通告書に書いてあるとおり、私は新川の緑化推進委員会に出向く機会が多くて、向こうの職員から残念だけど、今度の12月でこれ終わりさということで話を聞いたので、なぜかと言うと、職員にわざと問いかけたんですね。次はいつ会えるかねというふうにして話しかけたんですよ。そしたら、その職員がごめんだけども12月で終わりさというから、何でねと言ったから、苗の無料配布が12月で終わるので、自分もその時点で職場を退職しますというふうな話があって、お願いだけど、今業者から苗を一本買うには、どんなに割引しても45円なんですね、1本。これが10本、20本で済むところであれば、それは構わないかもしれないけど、100本以上となると、千円単位の動くものですから、できるだけ継続するように、あんたからもお願いねということで、一応お願いして、私はそれでまた気が済まないものですから、道路維持管理の職員のところにも電話して、どうにかこれを継続するような方法はできないかということで電話を入れたんです。

 そのときは、確かに維持管理と別なような感じで返事があって、別な課のものだから自分たち関係ないという話があって、じゃ、どこねと聞いたら、農林水産部森林緑地課というところに場所を教えてもらったんです。要するに、そこの課が管轄だということで教えてもらったので、早速、12月2日午後3時に電話を入れまして、国の補助金で実施したが、国自体がこの事業に対する予算がなく、仕方なく12月で終了しますと話したときに、そのかわり何か花のゆりかご事業、これは各農林高等学校に栽培させているらしいんですけど、この花のゆりかご事業を継続して、小中学校には配布すると、こういう何か返事があったんですよ。

 私たちこういった任意団体で無料配布できるような方法はないですかというふうにして問いかけたら、それも考慮しながら模索してみますという返事をもらったんですよ。だから、電話するときに私が痛感したのは、確か声からすると40代ぐらいの男性の職員だったと思うんですが、もう丁寧で、何と言うか、押し付けるのではなくして、お互いいつでも話しているような雰囲気の中で、これが感激して、今まで県の職員というのは相当話しにくいなと思ったんですが、このあれで非常に私は県に対して好意をもちまして、これからちょこちょこと電話しようかなと思っているんですが、最後の質問になるかと思うんですが、実はここに緑化推進委員会の平成25年8月の総会資料があって、実はそこに何と八重瀬町の副町長が理事で登録されているんですよ。

 だから副町長、私がお願いしたいのは、私以外にも緑化推進の方で無料配布の非常に必要とするのがたくさんいます。おそらく私が考えるだけで10カ所ぐらいは、要するに小中学校以外ですよ。道路のこういった関係の草花植えるのに必要とする方が多いかと思いますので、副町長、理事といったらちょっと堅いかもしれませんけど、私が先ほど県に言ったら、他にも事業がないか模索してみますと、これをもとにしてできるだけ県に何かの事業で県民が喜んで緑化推進、花いっぱい運動に推進できるような方法でお願いをしたいんですけど、決意をお願いします。副町長。

○議長(知念昭則) 

 副町長。

◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。本村議員から話がありましたように、確かに私も沖縄県緑化推進委員会の理事として、今年の7月の定時総会において選任されております。と言いますのも、この理事の皆さんが7月の総会前に農林水産課の課長と一緒にまいりまして、会員の中から行政側からも出ていただきたいということで、今度の任期満了に伴って私に理事に就任お願いできないかというお話がありまして、私で良ければいいですということで、町長の承認を得て理事に了解をしております。

 その関係上、7月29日の総会で理事に選任了解されたようであります。今、名簿がお手元にあるかと思うんですけど、その中で名護市の副市長、宜野湾市副市長、それと私ですね。それから宮古島市の農林水産部長、石垣市の建設部長、行政側からこの6人が理事として選任されております。

 今、要望がありましたように、この理事会の中でそういう話する機会があれば、こちらの方からも名護市の区長はよく存じ上げておりますので、名護市の親川副市長と一緒になって、そういう無料配布的なものを考えて下さいと、継続して下さいという話は申し上げていきたいと思います。

 それから国の補助があってやってきたことで、補助打ち切りにより、この緑化推進委員会からの補助も配布もないんだということでありますので、これはまだ確定ではないんですが、八重瀬町におきましてもNPO法人を立ち上げていきまして、こういう苗の栽培、市民農園的な町民農園と言うんですか、農業されておられない方たちへのほ場の貸し出しであるとか、これを26年度から計画をしております。

 その中で、ビニールハウス等も整備していきまして、これは一括交付金を使っていきますけれども、ビニールハウス等を整備しまして、その苗の育成であったり、無料配布になるのかどうかはまだ決定はしておりませんが、そういう形でそういう町の団体を利用して、そういう形で無償配布ができるような形を考えていきたいと思います。これは決定ではありませんけど、そういう形もまた考えてまいりたいと思います。以上です。

○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。

◆5番(本村繁 議員) 

 最後に、私、町長の決意を述べてもらいたいんですが、町長、先ほど副町長が県に要請すると、これをバックアップするために町長も一声かける決意はありますでしょうか。ひとつお願いします。

○議長(知念昭則) 

 町長。

◎ 苗木の無料配布は県からもないと、そういうことになりまして、確かに花というのは、町に道の道路辺り、最近うちも大きな花鉢に入って、3つの花鉢が置かれて、確かにいい気持ちですね。

 ですから、町といたしましても花運動、これについても今後、検討していきたいと思います。以上です。

○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。

◆5番(本村繁 議員) 

 三役ともそういう考えでありますので、ぜひとも無料配布が継続でいけるように願いを込めて、私の一般質問は終わります。以上です。

○議長(知念昭則) 

 これで、5番本村繁議員)の一般質問を終わります。

 休憩します。

△休憩 午前11時31分

△再開 午前11時32分

○議長(知念昭則) 

 再開します。

 次に、6番神谷良仁議員の発言を許します。

◆ ハイサイ、グスーヨー、チューウガナビラ。中学生ウランナティ寂しい思いですが、チチンヌスギセー、ヘーサヌヤーサイ。タレーマ12月議会ヌ、始マトーイビーン。フカークーテノ、雨降イギサーヤイビーシガ、議場ナカウテー、アチク語レヤーンチ、ウムトイビーン。執行部共々、ユタサルグトゥ、ウニゲーサビラ。

 改めまして、こんにちは。中学生がいるのかなと思って、ちょっと期待をしながら挑んだつもりですけど、ちょっと寂しい思いもあるんですけど、そういうことも気にせず、また通告書に則って一般質問をさせていただきたいと思います。

 (1)平成25年度の一括交付金事業について。?現時点で、一括交付金で完了した事業名、執行額をお伺いします。?今後の一括交付金活用における予算と執行状況をお伺いします。?平成24年度は一括交付金を100%活用できませんでしたが、今年度の状況はいかがかお伺いいたします。

 (2)交通システムについて。国や県が考えている鉄軌道等の新たな交通システムについて、町の考えや取り組みについてお伺いします。

 (3)保育行政について。次年度、平成26年度の保育所・法人保育園の申込み状況についてお伺いします。再質問あれば、自席からとさせていただきます。いつものように執行部の誠意ある答弁をよろしくお願いいたします。

○議長(知念昭則) 

 町長。

◎ 神谷良仁議員の質問にお答えいたします。まずは、1番目の平成25年度の一括交付金事業について、1についてお答えいたします。11月時点で3つの事業が完了しており、事業名及び執行額は次のとおりになっております。

 1番目、八重瀬町伝統芸能文化の継承事業、これは81万円であります。2つ目に、八重瀬町の国際交流人材育成事業486万6,000円であります。3つ目、汗水節の事業32万6,000円、以上3事業となっております。

 2番目について、お答えいたします。今後の一括交付金活用における予算と執行状況ですが、今年度計画されている事業は29事業でございます。完了事業を除いて、ほぼすべての事業が2月下旬から3月下旬に完了予定の事業計画となっております。

 これから発注を予定している事業や、未だ交付決定されてない事業もありますが、実施担当課において事業執行に努めているところでございます。

 3番目について、お答えいたします。平成24年度の一括交付金事業は、ご指摘のとおり100%活用できず、町民からのお叱りを受けたところであります。平成25年度には、沖縄振興特別推進事業交付金事業を実施する関係各課との調整会議において、平成25年度のすべての事業において執行に問題はないことを確認しております。

 2番目の交通システムについて、お答えいたします。国や県が考えている鉄軌道等の新たな交通システムについての町の考えや取り組みについて、お答えいたします。

 鉄軌道等の導入に関しては、国、県が主体となり、仮定のモデルルートを計画設定し、検討しております。町として鉄軌道等の新たな交通システムについての方向性や取り組みについて、具体的に動いてはおりませんが、国、県の説明会やシンポジウムなどに積極的に参加し、基礎調査や計画ルートについて、今後どのような取り組みが必要か隣市町村や関係団体とも協議し、検討していきたいと思います。

 3つ目の保育行政についてお答えいたします。平成26年度公立法人保育園児募集を11月1日から12月29日までの期間実施してきましたところ、平成26年度定員1,124名に対しまして、1,384名の申込みがありました。

 前年度申込み数よりも、さらに180名増えております。平成25年12月1日現在、定員910名に対しまして、弾力入所により、1,127名入所しております。

 平成26年度においても各保育園に定員増の変更を促し、さらに弾力入所240名を実施いたします。待機児童数につきましては、平成25年4月1日181名から平成26年4月1日は大幅に減り、17名程度になる予定であります。以上であります。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 それでは、再質問させていただきます。まず一括交付金についてですが、平成24年度、昨年度、新聞にも掲載されましたように1億4,000万円余りがうまく活用できなかったということで執行部、そして我々議員も多くの町民、あるいは関係の方々から叱咤されました。

 しかし、先ほどの町長の答弁では、今年度、平成25年度は100%近い予算執行がされそうだというふうに聞いたことで、非常に嬉しく感じております。ここで一つお聞きしたいんですけれども、24年度、一括交付金をうまく活用できなかった経験を踏まえて、今年度は100%近い活用ができそうだということなんですけれども、具体的な取り組みや対策を考えたことで、こういう結果になっているのかなと思っているんですけれども、もし、よろしければ、どういう対策を取ったのか。その辺りがあるのであれば、ちょっとお答えいただきたいと思います。

○議長(知念昭則) 

 副町長。

◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。予算の審議等でも申し上げておるところでありますけれども、昨年の経験を踏まえまして、25年度においての一括交付金につきましては、内諾を得れない事業等があることを踏まえまして、これを予測しまして次のそれがもし内諾を得られない場合は、それに代わる充当する事業を準備していたということと、この12月補正了解していただきましたけれども、その12月補正で提示しましたように、内示のある事業費以上に今回2,000万円程度を上乗せをしているということ等の内諾を得られない事業等があった場合の次の事業を準備していったということで、今の答弁になっております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 今まで出された資料、当初予算及び2号、4号、6号補正予算という中で進捗も見ていました。そこで、今後のことと言うんですか、この一括交付金の活用について、自分もちょっと教えてほしいんですけど、昨年度1億4,000万円の中で、一番大きなものが野球場整備事業、約8,000万円ですか、それがうまく活用できなかった、結果的には一括交付金以外の補助事業メニューの対象ということで約8,000万円が未執行というか、適用されなかったんですけど、例えばその時にこの8,000万円を丸々振り替えしないといけないものなのか。あるいは4,000万円だとか、2,000万円だとか、額を若干減額して振り替えすることも可能なのか、その辺りちょっと教えていただけますか。

○議長(知念昭則) 

 企画財政課長。

◎企画財政課長(金城勇誠) 

 お答えします。昨年、おそらく12月頃だと思うんですけど、県への最終の事業追加変更がございます。その時点で、新たに変更する分について、年度内で完了する事業については変更が可能なんですけれども、それを繰越する前提で事業を変更することはできませんよということでございます。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 ちょっと休憩願います。

○議長(知念昭則) 

 休憩します。

△休憩 午前11時44分

△再開 午前11時44分

○議長(知念昭則) 

 再開します。

 企画財政課長。

◎企画財政課長(金城勇誠) 

 額について、事業費を減額したりして、その分、年度内で完了する分については減額してやることも可能です。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 もう少しちょっと掘り下げてお聞きしたいんですけど、この野球場整備事業、担当課どちらかちょっと教えていただけますか。

○議長(知念昭則) 

 副町長。

◎副町長(福島正惟) 

 お答えします。担当課としては、いろいろあるんですけれども、この方、野球場を管理している課は社会体育課、その現在の野球場を造ったのが区画整理課、今、いわゆる以前の田園都市課、東風平町の頃の。この一括交付金を使って、今現在、このハード部門を実施している課は企画財政課のプロジェクトチームでございます。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 わかりました。社会体育課が関係していたのかなという認識があるんですけど、合っていますか。そうではない。社会体育課からのこれは案と言うんですか、そういう一括交付金活用の提出元と言うんですか、それは認識として合っていますか。

○議長(知念昭則) 

 社会体育課長。

◎社会体育課長(玉城光次) 

 ご指摘のとおりでございます。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 そこで、先ほど私が聞いたように8,000万円の当初の減をしてうまく少しでもいいから一括交付金を活用できなかったのかなという、ちょっと思いがあったんですけれども、今回6号補正で、防犯カメラシステム導入業務というのが約2,500万円あがっていますけど、これも社会体育課という認識でよろしいですか。

○議長(知念昭則) 

 社会体育課長。

◎社会体育課長(玉城光次) 

 社会体育課であります。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 そうであれば、この6号補正で今回出ているわけですから、時期的には当初からあがっているわけではないんですよね。結構、駆け込みであげているだろうというふうに思うんですけど、そこで私が先ほど聞いたのは8,000万円の野球場整備がダメだよとなったときに、それもたぶん去年の11月、12月、この時期だと思うんですよ。

 その時も社会体育課が申請しているのであれば、同じように防犯カメラが出ているのであれば、みすみす8,000万円使えなくなるよりは、その時にもこういう防犯カメラの一括交付金活用の案が出ても良かったんじゃないかなと、私思うんですけど、もしかしたらそういうのも出たということもあると思うんですけど、去年そういうふうな防犯カメラを導入しようという思いは出たかどうか、ちょっと教えてもらえますか。

○議長(知念昭則) 

 社会体育課長。

◎社会体育課長(玉城光次) 

 去年は、一括交付金の事業の活用の中では、防犯カメラの計画はありませんでした。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 去年は、そういう活用の申請がなかったと。今年、新たに申請をしていると。去年と今年、どういう違いがあって申請しなかった。今年はしたというその理由というのがもしあれば、ちょっと教えてもらえますか。

○議長(知念昭則) 

 社会体育課長。

◎社会体育課長(玉城光次) 

 去年から観光の一環としてキャンプでハンファイーグルスのキャンプが実施されていると。併せて、そこには不特定多数の観光客、あるいは野球を見に来る方の安心安全な体制を作るために防犯カメラを設置して、どこかからでも管理ができるようにということで、今回申請中であるということであります。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 このキャンプは、当初から八重瀬町はいろんなプロ野球の球団だとか、大学が来ているわけですから、何も今年度新たにそういうキャンプがあるとか、そういうのではないと思うんですよね、状況的には過去から結構そういうキャンプの誘致というか、キャンプはされているわけですから、僕が聞きたいのは、去年度、今年度と、そういうあまり大きな変化はないのに、昨年度は防犯カメラの申請がされずに、結果的に8,000万円をうまく活用できなかったと。であれば、何で今年度はそういうのが出てきたのという、ちょっとその部分を聞きたいんですよね。

○議長(知念昭則) 

 副町長。

◎副町長(福島正惟) 

 ご質問があるのは最もだと思います。皆さん、ご承知のように、この一括交付金事業というのは、昨年度から出た事業でありまして、国、県、各市町村とも事業内容というのをよく承知していないというところから始まりまして、当初予算にも組めないほどの大急ぎの事業でございました。

 昨年度、当初予算に組んだのが6月補正で、全体のおそらく20%程度の予算だったかと思います。とにかく100%は組めないような状況だったと。

 各執行する担当課におきましては、その一括交付金の交付規定を熟読の上、この事業であれば、使えるであろうという形で最終的には満額予算化してまいりました。

 ところが、内諾を得たにも関わらず、この1億4,000万円につきましては、公園事業ですけれども、内諾を得たにも関わらず、いざ実施しようとしましたら、補助事業があるんだということで県の方から指摘を受けまして、今申し上げましたように代わりの事業を模索して行きましたけれども、年度内に完了しなければ認めないということで、渋々使わなかったというふうな状況であります。

 なぜ使わなかったということは、今申し上げましたように、事業そのものが拙速と言いますか、大急ぎで作られてきたというものと、この一括交付金について政府とも、沖縄県側ともいろいろやってきた段階で、使い勝手のいい補助金という形のものを何度も県から要求していますけれども、市町村、いざ使う市町村側からすれば、使い勝手がかなり悪いというふうな形の補助金になっていることは皆さんご承知だと思います。

 これは言い訳になりますけれども、要するに昨年度自体は、他の市町村もどういう事業が入れていけばいいのかというのは、かなりいろいろ考えてきたところで、我々八重瀬町としてはできるものだという形を、内諾を得た関係上できるつもりでいたのが、急に年末にきてできなくなったということがあって、そういうふうに使えなかったというのが現状であります。

 使う方策をしなかったのではなくて、各全課長を集めまして、他に代わる事業がないか出してくれということでやりましたが、年度内で終われる事業は作り切れないということで、そのような状況になりました。

 それを踏まえまして、先ほど答弁申し上げましたが、内諾いただけない事業があった際には、それに代わる事業を後ろの方に準備していたということで、今年は全額使えるという形できているということでございます。ご理解いただきたいと思います。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 少しちょっと話が逸れていったんですけど、僕はこの防犯カメラが去年、たまたま野球場整備事業も社会体育課、今回の防犯カメラも社会体育課と。先ほどの課長の答弁では、キャンプだとか、観光客ということがあって、防犯上ということで今年度一括交付金でということで出したという話なんですけれども、僕が聞いたのは、ずっとキャンプは継続されてきているわけですから、それに伴って観光客も来ているわけですから、平成24年度以前も25年度もそんなに大きな環境の変化はないのに、どうして昨年度は野球場整備が8,000万円ダメだった時点で、こういう額も落としてオッケーということですよね。

 今回、たまたま6号補正であがっているものですから、この時期であがってくるということは駆け込みで間に合うのかなという思いであげているんだろうということもあったものですから、もしかしたら平成24年度もこういう防犯カメラ、それじゃなくても額を落としてやれば、8,000万円満額じゃなくても、いくらかでも一括交付金が使えたんじゃないかなという、ちょっと思いがあって聞いているつもりです。そういう認識で、もし答弁できるのであれば、お願いします。

○議長(知念昭則) 

 教育長から答えてもらいます。教育長。

◎教育長(金城隆雄) 

 神谷議員の疑問に思うところは最もだと思います。この一括交付金につきましては、先ほど副町長からも話がありましたように、急に出てきた事業でありまして、平成24年につきましては、行き当たりばったりということで、調査研究もできないままに予算要求したところであります。

 その結果が1億円余りの該当しない予算が出たということで、それにつきましては駆け込みでもなかなか使えないということがありました。

 その後、教育委員会もいろんな市町村の状況を把握しながら、使える事業はないかということで、今年度模索をしまして、新たに防犯カメラの設置も可能ではないかなということで準備をしていたところであります。

 他の課も県内の各市町村のいろんな事業メニューを参酌しながら、本町でできる事業をということで、今懸命にその模索をしているところであります。

 そういうことで、24年度はその防犯カメラについては想定ができなかったということで、25年度にいろんな情報を得て、この事業が可能ではないかということで補正であげたところです。以上です。

○議長(知念昭則) 

 副町長。

◎副町長(福島正惟) 

 舌足らずだったようで、お詫び申し上げます。今、教育長からありましたように、要は24年度が事業の始まった年であって、どういう事業が該当するのかというものを今あったように行き当たりばったりで作ってきたという経緯もございます。

 その1億4,000万円が使えないんだとなった際に、後ろにそれができない場合、こういうふうな事業をやりましょうという事業を予定しておらなかったということでございます。

 今回出している防犯灯につきましても研究をした結果、これからでもできると、これも該当するんだということで、この12月補正で出ているということをご理解いただきたいと思います。

 それが準備されているのであれば、3月当初予算にも出てくるでしょうけれども、それをできるものとは考えていませんで、他市町村の状況も踏まえながら、この12月でも可能だということで、今回、補正が出たというふうにご理解いただきたいと思います。よろしいでしょうか。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 教育長、副町長有難うございます。わかりました。

 ただ、この防犯カメラというのは、以前、何年前ですか、ちょっと事件があったものですから、その当時から必要性があるんじゃないかなという、ちょっと思いもあったものですから、今回出てきたことで、そうであれば、昨年度うまく使えていればなというちょっと思いが出たものですから、ちょっとこういう聞き方をしました。

 ちょっと話を変えて、今回5億2,000万円ですか、八重瀬町に配分される一括交付金、その中でいま既に消化されている執行済みが3件で、約160万円ぐらいという、先ほど町長の答弁で400ですか、ちょっとすみません、訂正入れたいんですけど、ちょっと休憩いいですか。

○議長(知念昭則) 

 休憩します。

△休憩 午前11時59分

△再開 午前11時59分

○議長(知念昭則) 

 再開します。

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 先ほどの町長の答弁で、3事業の600万円が執行済みと。残り約3カ月余りですか、年度も短い中ですけど、その間で5億円のまだ未消化があるということなんですけど、その辺りは年度内で大丈夫ですか、ちょっとお聞きします。

○議長(知念昭則) 

 企画財政課長。

◎企画財政課長(金城勇誠) 

 お答えします。今年度、計画されている事業は29事業でございますが、先ほども町長の方からありましたように、この3事業以外については、ほぼ2月から3月が事業の完了予定ということでございまして、この事業につきましても先日の各課の調整会議の中では、ほぼすべての事業執行できるということでございます。

 ただし、3つの事業につきましては、繰越も想定されております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 ぜひ年度内で終われるように期待はするんですけど、既に繰越もあるということなんですけど、最低限この5億2,000万円満額の活用ができればと思っております。

 そこで、ちょっとこの一括交付金の中身と言うんですか、このバランスと言うか、配分と言うんですか、その辺りをちょっと聞きたいなと。私が個人的に思う中で、各課からあがってきている、今6号補正予算を見ているんですけど、いろんな観光費だとか、他に玻名城の郷関連だとか、ハナンダー関連、その辺りも観光地及び観光客誘致と言うんですか、町の観光化に向けての開発事業という認識でよろしいですか。

○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。

◎土木建設課長(親泊元秋) 

 お答えします。ただ今、神谷議員からありましたとおり、玻名城の郷整備事業ということで、海に降りるアクセス道路と、その辺一帯の遊歩道の整備と、あとハナンダーもこの観光地の中に入っていまして、ハナンダーの整備事業ということで進めてまいっています。以上です。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 あと事業細目ですか、そこの中に観光費というのが結構10ぐらいあって、たぶん観光に関わるものだと思うんですけど、その中にガラビ壕関連のも二つあるんですけど、これも観光化に向けてという事業ということで捉えてよろしいですか。

○議長(知念昭則) 

 企画財政課長。

◎企画財政課長(金城勇誠) 

 そのとおりでございます。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 今おっしゃったように、観光関連の事業が結構大きいウェートを占めているのではと私も思っております。例えば、この玻名城の郷、ハナンダー及びガラビ壕関連、それ以外にも観光費という事業細目に載っている事業を単純に計算すると、約3億4,000万円の事業なんですよね。交付金の約6割ぐらいがこの観光関連の事業ということで見られると思います。

 そういう中で、例えばこの一括交付金、観光以外にもうまく使えなかったとか、あるいは課によっては全然一括交付金としてあがってない税務課、会計課というのはなかなか一括交付金活用は難しいと思うんですけど、社会福祉課とか、児童家庭課、その辺りは隣市町でも一括交付金を使った事業があるんですけど、その辺り八重瀬町、今言ったように税務、議会事務局、社会福祉課、児童家庭課、健康保険課、会計課、その辺りが一括交付金活用の対象として何か考えていることがないのかなというちょっと思いもあるんですけど、その辺り担当課いかがですか。

○議長(知念昭則) 

 社会福祉課長。

◎社会福祉課長(宇地原毅) 

 お答えします。社会福祉課として、具志頭城址、戦没者の芳名版、そういった修理にも一括交付金を充てております。

 それから、この戦没者の名簿等の作成を電子化の部分で、今26年に向けて一括交付金が使えないかということで、今申請を準備しているところであります。以上です。

○議長(知念昭則) 

 他の課にありますか。児童家庭課長。

◎児童家庭課長(石原朝子) 

 お答えいたします。児童家庭課としましては、近隣市町村の調査をいたしまして、今後検討してまいります。以上でございます。

○議長(知念昭則) 

 健康保険課長。

◎健康保険課長(永山清和) 

 健康保険課では、観光と医療がタイアップしたという一括交付金の活用事業を実施している市町村があるんですが、そこのところをまだきちんと調査して、それが八重瀬町で活用できるのか。まだ調査中であります。以上です。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 ぜひ一括交付金をうまく活用して、各課たぶんいろんな課題だとか、予算がなくてなかなか達成できない事業もあるかと思いますので、ぜひ今後できれば、各課でそういう一括交付金事業を取り入れてもらいたいなというふうに思います。

 一つ提案というか、ちょっと案なんですけれども、例えばこの一括交付金、我々町民及び町民団体、そういう要は役所外から何か案を募るとか、そういう企画提案をもらうようなこともちょっと検討したのか。その辺りもちょっと教えていただけますか。

○議長(知念昭則) 

 企画財政課長。

◎企画財政課長(金城勇誠) 

 一括交付金につきましては、町内の方でもそれぞれ予算のヒアリング等でも新しいメニューがないかということで常に声掛けしています。掲示板に載せてやっているところです。

 町外の方からそういう申し出が、一括交付金使えないかということで提言があります。そういうのもいろいろヒアリングしながら、できるだけその事業のメニューの乗せれるように検討しているところです。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 これを出したのは、実は宜野湾市がホームページ上で市民、市民団体からの一括交付金案を受け付けますというのがホームページ上に載って、実はそのホームページを見た人だけじゃないと思うんですけど、そういう市民、市民団体からの提案が何と41件あがったということなんですよね。

 だから、そういうふうにして役所でいろいろ考えていることもあるとは思うんですけど、そういう市民、町民レベルと言うんですか、そういうところからも先ほど宜野湾では41件という案があがったということもありますので、ぜひ今後はさっき言ったように、各課万遍なくという思いもあるんですけど、もしかしたらそういうアイディアを持っている人が他にもいるかもしれないという思いもあって、こういった隣市町ではないんですけど、同じ県内の宜野湾市が今年度、そういうふうにして取り組んだということで、聞いたら1件だけ採択されたということも聞いていますので、その辺りまたちょっと参考にしてほしいと思うんですけど、担当課としてはいかがですか。

○議長(知念昭則) 

 企画財政課長。

◎企画財政課長(金城勇誠) 

 お答えします。確かに、この事業、一括交付金の新しい事業を各課、探すのにも苦労と言いますか、事業内諾得られるものを探しているところですけれども、今、宜野湾市があるような、こういう形もできるだけ検討していきたいなと思います。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 ぜひ今後も継続されるであろうこの一括交付金事業、毎年度いろんな事業を出しながら大変だと思うんですけど、100%活用をしていただきたいなという思いで、この一括交付金については終わりたいと思います。

 続いて、鉄軌道に関して、先ほど町長の答弁もありましたように、国及び県レベルで、今いろいろ模索及び話が出ているという認識です。

 ただ、そういう中でもいろんな県の勉強会と言うんですか、研修会、あるいは我々議員も民間団体のそういう鉄軌道等の勉強にも参加をしています。

 そういう中で、今年7月ですか、南部の市町村会及び島尻地域開発推進協議会ですか、富山にLRT関連の視察で行っていると思うんですけど、執行部でそれに参加された方がいれば、ちょっと教えていただけますか。

○議長(知念昭則) 

 企画財政課長。

◎企画財政課長(金城勇誠) 

 うちの方では、どなたも参加してございません。

○議長(知念昭則) 

 休憩します。

△休憩 午後12時11分

△再開 午後12時11分

○議長(知念昭則) 

 再開します。

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 議長が行かれているという認識を持っていま聞いています。このLRTの勉強会、結構、我々議員も県からの議員、議会事務局研修会の中でも2回ほど、県のそういう説明を聞いています。

 そういう中で、県の説明を聞くと、那覇から名護、1時間圏内というのが非常に県の思いのように感じて、なかなか那覇から南と言うんですか、この県の話の中では出てこない。そういう中で、我々南部、このLRTに関して、もうちょっと隣市町と情報を共有しながら那覇以南、及び那覇から東ですか、与那原、南城市、その辺りも含めて何か考えていかねばという思いが私個人はあるんですけど、その辺りはいかがですか。

○議長(知念昭則) 

 副町長。

◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。実は、私副町長としまして町民の方からそういう要請と言いますか、話を伺ったことがありまして、その内容というのがいま比屋根方次町長が会長を務めておられる南部観光協会等も含めて、南部一周するようなモノレール的な、そんな大袈裟なものじゃなくてもいいから簡単な軽便鉄道的と言いますか、トロッコ電車的なものでもいいだろうから、そう大がかりでないような形のものでも考えていっていいんじゃないかということで、要するに私に行政主導で進めてくれというお話がありました。私もこの話は、私個人でやりますとは言えませんけれども、議会であったり、そういう提言のあった方たちを含めまして話をしたいということを申し上げました。

 南部観光協会の構成市町でもって、そういう形を今後盛り上げていければ、なおいいんじゃないかということで、また後程、他の議員からも似たような質問があって、答弁を考えているところですけれども、そういう取り組みをこの南部観光協会を含めた形で考えていければなというふうに考えております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 ぜひ南部でもこういった新たな交通と言うんですか、できればそれが南部周辺の観光にも繋がるような案を早いうちに僕は出してほしいなという思いがあります。何か県の話を聞くと、まず那覇から名護という話が最初に出て、最後もそれで終わるような感じでいっているものですから、私個人では、本当に高速道路も当初は那覇から名護、最近、空港まで延びてきています。

 モノレールも那覇から空港から首里と。最近、延伸もなったんですけど、それも結局、首里から浦添、西原と。なかなか大がかりな交通網というのが那覇から南にはないものですから、そういう中で、新たなLRT等、鉄軌道に関してはぜひ南部が一つになる本当にいい機会じゃないかなという思いを持っています。

 そういう中でも、糸満市長もこういうのを近隣の市町村と話を詰めながら、共通認識を持ちたいというふうに議会の答弁でも出されています。お隣与那原では、新たなこういう鉄軌道等に関する調査予算もつけて、町の方もいろいろ取り組んでおります。

 ましてや与那原は、思いの中で那覇、南風原、与那原という区間を結構念頭に置いていて、最近は那覇市、南風原町、与那原町の三者で勉強会も持っているというふうに聞いています。そうなると、また那覇から南風原、与那原というふうになってしまうと、ますます我々の方がちょっと取り残されないのかなという思いもあるものですから、ぜひ那覇市、南風原、与那原が今勉強会を持っていると。できれば、県も交えてという話もちょっと聞いているものですから、その辺りもし情報がわかる、及びそういう認識があれば、何か答弁いただければと思います。

○議長(知念昭則) 

 副町長、その後に町長からの答弁を求めます。

◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。そういう形で那覇、南風原、与那原、与那原が主体となって進めているという話は聞いたことがございます。具体的なのはまだ把握はしておりませんが、そういうこともありまして、先ほど申し上げましたのは、この南部観光協会を網羅した形での周遊線と言うんですか、南部周遊線、それから縦横断的な那覇からこの507号を主とした縦の線、それから南城市、与那原辺りから糸満市、豊見城市辺りまでを結ぶ横の線、そういう形を取れば、八重瀬町を十字路、起点となる鉄軌道が取れるんじゃないかというふうに考えております。

 先ほど答弁しました中で、ぜひとも議会も一緒になって、そういう協議会を立ち上げて、南部の全市町を網羅するような形での協議会に持っていければなというふうには考えております。

○議長(知念昭則) 

 方針的に町長の答弁を求めます。町長。

◎町長(比屋根方次) 

 お答えいたします。この鉄軌道については、与那原町長が一生懸命であります。那覇、国場を通って南風原、与那原、この線は第一目的、考えているみたいであります。ですから、与那原町長が比屋根町長、我々一生懸命考えていますから、南部の町村長もぜひ協力お願いしますと、その話も聞いたことがあります。

 やはり我々は、南部は一つという考えを持っておりまして、できましたら、南部一周、これも考えております。

 しかし、まずは県の考えとして、まずは那覇、南風原、国場を通って与那原、この辺を考えているんじゃないかなと。次、2案、3案として、また県も我々もぜひ南部の鉄軌道、南部町村長は、次は南部にということで頑張っていきたいと思います。以上です。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 ぜひ執行部、我々議員もこれに関しては、いろいろ勉強しながら取り組んでいきたいなと思います。これから日本は、高齢化社会、超高齢化になるんじゃないかなと言われていまして、その中で沖縄は車社会なんですよね。もう8割、9割が車を乗っているというぐらい車社会です。

 そういう中で、高齢化になっていくと、やはり運転技術とか、そういうことでお年寄りの事故もちょっと増えてきています。本当にアクセルとブレーキを間違えたとか、そういう本当に初歩的な事故、前進と後進を間違えたとか、そういう中で車社会がこのまま続くとは思わないので、今後のそういう高齢化社会の中でも新たな交通網というのは、ちょっと必要じゃないかなと思います。そういう中で、ぜひ一緒になって取り組んでいきたいと思っております。

 最後、保育園の待機児童を今まで対策として取ってきたことで、25年度ですか、約257名の待機児童が4月1日時点いました。今年度、同僚議員からこの待機児童に関しては、質疑も出て26年度、来年度4月1日時点では、推測ではあるんですけれども、約17名の現時点で待機児童になるのではないかなというふうに、先ほど町長からお聞きしました。

 本当にこの21年度から私が議員になった頃ぐらいから、もう待機児童数というのが右肩上がりで増えて、23年度からは100名を超えて三桁、今年度は250名と。26年度が17ということで、非常に自分が思っていた以上に待機児童対策が進んでいるのかなというふうに感じています。

 具体的に、どういう対策を取って、このような17人の推測ですけど、数字になったのか、ちょっと教えていただけますか。

○議長(知念昭則) 

 児童家庭課長。

◎児童家庭課長(石原朝子) 

 お答えいたします。今回の待機児童がこれだけ減ったことは、新規保育所の2園が新設、あと既存の法人保育園の分園が2カ所、それと同時に現在定員の弾力化をもって面積に応じて保育士が配置している施設であれば、その人数分だけのお子さんを入れています。26年度もそのようにやっていきます。以上でございます。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 担当課、非常に一生懸命頑張った結果で、目に見えて数字が激減していると私は思っております。この数字が27年度というのは、ちょっと早いんですけど、今この17と、今までずっと3年ぐらい三桁だった待機児童数が今二桁、10名ちょっとにきているんですけど、これは今後これぐらいの推移でいきそうなのか。もし、予測がつくのであれば、ちょっと教えていただけますか。

○議長(知念昭則) 

 児童家庭課長。

◎児童家庭課長(石原朝子) 

 これで終わりではなくて、また子ども子育て会議を設置しておりますので、またニーズ調査を図っていきますし、人口もこれからまだ伸びる予測がありますので、認可保育園の増改築、分園等も今後も検討していかなければならない状況になるかと思います。以上でございます。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 すみません、ちょっとかみ合わせきれなくてすみません。僕が聞きたいのは、この三桁の待機児童数が26年度17名程度になると。その待機児童数が27年度以降も、そういった推移でいきそうなのか。あるいは減っていくのか。場合によっては、また増えていくのか。そういう何か予測的なものがあればということです。

○議長(知念昭則) 

 児童家庭課長、その後に町長からも述べさせていただきます。児童家庭課長。

◎児童家庭課長(石原朝子) 

 申し訳ありませんでした。増えるかと思います。

○議長(知念昭則) 

 町長。

◎町長(比屋根方次) 

 お答えいたします。待機児童17名が残ると。実は私は、来年は待機児童ゼロにしたいと、そういう考えを持っておりました。と言いますのは、来年は4月1日から両法人の保育園が開園いたします。これも60、60でアルファーで15名程度のアルファーでやりまして、それから県も本町の待機児童が大変だということで、多いということで、これは分園を認めました。45名の分園、80名、90名です。それで分園ができ、既に分園も県も予算も下りて査定決まっております。そういう分園ができまして、待機児童は来年は17名と。私は課長にはゼロにしたかったんですと言いましたけど、しかし、17名の児童が出ておりますが、できたら私は町長はゼロにしたいと。と言いますのは、本町は屋宜原地区、伊覇地区にどんどんアパートができます。やはりアパートができても、若い人たちが子どもを預ける場所がないと、なかなかアパートは来ないんですよ。

 ですから、八重瀬町まだまだ待機児童じゃなくて、保育園に預ける場所があるなということ、こういった皆さん若い人たちを考えたらアパートも入っていきます。

 しかし、八重瀬町に来たくても、こういった保育園が入れないと、若い人たちも入ってきません。その辺も考えて、若い人たちが八重瀬町のアパート、伊覇地区、屋宜原地区のアパートに入ってくるようなことも考えて、待機児童をゼロにしたいと。町長、そういう考えを持っております。この辺は、また児童家庭課とも次年度のことについては十分話し合って、できましたらこの17名もゼロにしたいなと、そういう考えを持っております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 町長は、ずっと以前から待機児童ゼロを目指すということで取り組んでいました。そういう中で、17名ということで非常に激減して、執行部の対応、対策の成果だと思っています。

 その中で、先ほど課長が平成27年度ちょっと増えると。一言簡単に言われたんですけど、僕はそのまま並みで行くのかなという期待もあったんですけど、もし一言増えるという簡潔な何か理由があれば、ちょっと教えてもらえますか。

○議長(知念昭則) 

 児童家庭課長。

◎児童家庭課長(石原朝子) 

 本町の人口は、4月1日から11月1日で450名以上の人口増に約なっております。その中で0歳児から5歳児までが約100名増えております。その推計を見ますと、26年4月1日は17名の待機児童となりますけれども、今回の待機申込みに際しても去年より180名の申込みの増になっております。

 それをもとにしますと、やはり次年度ももっと増えるのではないかと思っております。そのため、その受け皿を次年度もまた準備していかなければならない状況になるかと思っております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 わかりました。今後もちょっと待機児童対策というのは、担当課及び執行部も継続していかねばならないものだろうというふうに感じました。

 そういう中で、県の11月定例議会でこの待機児童解消支援基金30億円というのが補正予算で出されたんですけど、それについての期待と言うんですか、何か認識があれば、ちょっとお答えいただけますか。

○議長(知念昭則) 

 児童家庭課長。

◎児童家庭課長(石原朝子) 

 この基金の活用につきましては、認可保育園に関しましては、既存の補助事業を利用して間に合うかと思っております。

 この基金を利用しまして認可外で待機せざるを得ない児童の処遇の改善を図る意味での単独補助に充てていきたいといま検討中であります。以上でございます。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 わかりました。この基金の活用に関しては、いろいろ勉強会と言うか、話も聞いていると思います。その中、一つだけ県の基金の中にこういう内容があるんですよね。市町村の独自事業に対して支給すると。ここで言うのは市町村で何らかの待機児童対策、それから独自性があると認められた場合に、県が基金として支給するのかなという、ちょっと捉え方を私しているんですけど、まだ案が出て間もない時期ではあるんですけど、ぜひこの市町村の独自事業ということを念頭に置いて、ちょっと考えていってほしいなと思うんですけど、もし答弁いただければ、お願いします。

○議長(知念昭則) 

 児童家庭課長。

◎児童家庭課長(石原朝子) 

 先ほども答弁しましたけれども、認可外保育園に対しまして、既存の補助を上回る上乗せ分として教材費等の補助等、人件費の一部補助等などを検討していきたいと思っております。以上でございます。

○議長(知念昭則) 

 神谷良仁議員。

◆6番(神谷良仁 議員) 

 非常にきりのいい時間になって、待機児童も僕が思っていた以上に激減していると、私個人、改めて感じました。ちょっと時間もお昼過ぎたんですけど、これで私の一般質問を終わらせていただきます。答弁有難うございました。

○議長(知念昭則) 

 これで、6番神谷良仁議員の一般質問を終わります。

 休憩します。

△休憩 午後12時31分

△再開 午後2時00分

○議長(知念昭則) 

 再開します。

 午前に引き続きまして、一般質問を再開します。

 7番金城正保議員の発言を許します。

◆ 皆さん、こんにちは。将来の有権者の方がたくさん来られるということで楽しみにしていたんですけど、肩の力がちょっと抜けてしまいました。

 それでは、通告書に従いまして、今日最後の4番目の質問をさせていただきたいと思います。

 (1)「南城市の次は八重瀬町」南部ゴミ処分場輪番制の決定を受けて、町長は町内のどこに最終処分場を造るお考えか。また自治区への説明責任を果たし理解をどう得るか町長の所見を伺います。

 南部の一般廃棄物(ごみ)最終処分場建設を進めるサザンクリーンセンター推進協議会は、今年11月15日に最終処分場建設地を関係5市町輪番で決めるためのくじ引きを実施し、12月2日の調印式を経て正式に確定すると新聞報道がありました。

 すでに受け入れが決まっている南城市の次の予定地は、?八重瀬町、?西原町、?豊見城市、?与那原町、?糸満市と決まったとのことであります。

 私は、今まで13年間議論しても決めきれなかった課題の方向性を決めたことは、今のサザンクリーンセンター推進協議会を高く評価すべきことだと考えております。

 そこで、町長は新聞社の取材に対し、「町内の候補地を検討し、住民にもしっかりと説明していきたい」と述べておられます。最終処分場の候補地をいつまでに挙げるのかお伺いをします。

 最後の行、聞きたいのはこれだけでございます。最終処分場の候補地をいつまでに挙げるのかお伺いをします。

 (2)八重瀬町内のコンビニにもAED設置を。那覇市は今年3月に一括交付金を活用し市内の24時間営業のコンビニエンスストアー全店舗にAED(自動体外式除細動器)を設置したとのことです。その3カ月後には早くもAEDが市民のかけがえのない命を救ったとの新聞報道がありました。

 現在、八重瀬町内の公共施設にも、ほぼ全施設にAEDが設置されていますが、夜間は閉まっていることもあり、町民がAEDをいち早く探し出すことは困難であります。

 その点、町内でもコンビニは24時間営業している。誰に聞いてもすぐわかる。すぐ見つかる。コンビニでのAED設置が当たり前になればAEDを探し出すことは簡単になると考えます。

 心停止後5分以内にAEDによる救命処置を行えば、救命率が一段と高くなるとのことであります。身近な人が不幸にも心停止に至った場合の救命に関しては、身近に、しかも24時間AEDが設置されていることが大変重要になってくると考えるが、町民の命を守る、安心・安全の環境を充実させる意味でも、来年度の一括交付金を活用し、町内のコンビニ全店舗にAEDを設置する考えはないか町長に伺います。

 (3)保育園の保育料の滞納対策について。?現年度分の滞納対策について、児童手当法第22条の4の2項は、事前に受給者に通知さえすれば保育料を特別徴収することが出来るとあります。6月・10月・2月それぞれの児童手当支給分から現年度滞納分を特別徴収することが出来ると考えますが町長はどう思うかお伺いします。

 ?過年度分の滞納対策について。児童手当法には過年度分の特別徴収が出来るとは書いてありませんが、申し出を取り付けた場合、普通徴収が出来ると解釈できます。現に南風原町役場においては、現年度分、過年度分に関係なく滞納がある家庭の児童手当の銀行振り込みによる支給をストップし、滞納者を役所の窓口に呼び出し、納付書を作成し普通徴収により支給予定の児童手当から保育料の滞納分(過年度分、現年度分とも)に充当して不納欠損分の減少に努めているとのことであるが窓口で、これといったトラブルもなく、町民の理解も得られているとのこと。南風原町のように滞納対策を工夫し強化すべきと考えるが町長の所見を伺います。

 (4)学校給食費の滞納対策について。児童手当法第22条の3は、受給資格者が児童手当の支払いを受ける前に、学校給食費等の支払いに充てる旨の申し出があれば徴収することができるとあります。

 実際に八重瀬町でも、今年6月・10月支給分の児童手当から学校給食費滞納分の徴収を開始していると聞いていますが、今年11月末時点で滞納年度別に何人から徴収できたか、また事務手続き体制はどのようにしているか、教育長にお伺いします。以上。

○議長(知念昭則) 

 町長。

◎ こんにちは。金城正保議員の質問にお答えいたします。まず1番目の「南城市の次は八重瀬町」南部ゴミ輪番の決定を受けて町長はどこに処分場を造るかという質問であります。

 これは最初の宮城議員にも答弁いたしました。供用開始後の先行利用する地域振興施設を含めた施設の活用状況を見ながら、先行利用施設の検討を行い、最終処分場の必要性と地域振興施設の利便性等を町民に説明していきたいと考えております。

 その後、各自治会や各団体、町民の方々からの意見を聴取しながら、拝聴しながら、町民に納得いただける候補地をじっくりと時間をかけて検討して決定していきたいと考えております。

 2番目について、お答えいたします。2番目は、コンビニへのAED設置に対する質問でございます。那覇市が平成24年度、沖縄市が25年度に沖縄振興特別推進交付金事業において24時間営業のコンビニにAEDを設置する事業を行っており、那覇市、沖縄市を参考に町内のコンビニ等と調整し、AED設置を検討してまいりたいと存じます。

 コンビニの承諾及び他の一括交付金事業との事業費の折り合いがつくようであれば、平成26年度に実施いたします。

 大きな3番目、保育園の保育料の滞納についての1についてお答えいたします。現年度分、過年度分ともに児童手当10月支給分より特別徴収を実施しております。特別徴収実施の保護者については、現年度分の4月から8月分までのうち、2〜3カ月未納者12名の保護者のみ実施いたしました。

 2つ目にお答えいたします。過年度分につきましては、児童手当10月支給より保護者32名の方の窓口支払いを実施しております。

 大きな4番の学校給食の滞納についてお答えいたします。児童手当からの学校給食等への滞納所帯は、8件であります。児童手当の事務については、主管である児童家庭課で事務手続きがなされており、教育委員会においては、滞納者に対して児童手当からの納付をお願いしている状況であります。

 また、教育委員会に関連する徴収業務の体制については、不十分な状況もあり、今後コンビニでの納付、徴収員の設置などを現在検討しているところであります。できれば、次年度に向け財政担当とも調整していきたいと考えております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。

◆7番(金城正保 議員) 

 それでは再質問をさせていただきたいと思います。まず1番目のごみの最終処分場の扱いについてですけれども、同僚議員の答弁でも同じことがあったわけですけれども、もう少し突っ込んだ内容がほしかったわけですけれども、私も要するにそういった事務手続きをいつ頃から始めるのかというよりも、要はその町内に最終処分場の候補地なんです、候補地。決定地じゃないですよ。候補地、これは2、3出てくると思います。これをいつまでに挙げるかということを聞いたわけなんです。

 町長の答弁の内容を推測すれば、言うなれば最初これ南城市が行います。それの稼動開始が平成30年度というふうに解釈するのであれば、それから耐用年数が15年ということであれば、八重瀬町の2番目の時期は、平成45年度ということになると思います。

 ただ、これはくじ引いて決めたことではありますが、言うなれば、その45年までに決めればいいということではなくて、実際的にはこれは総論賛成で、各論反対というのがたくさんあると思います。

 その意味で、これは正直に言って、比屋根町長の2期目も想定した上で、そんな何月何日までということを聞いているんじゃありません。大体、要するに言うなれば、2期目の1年目とか、2年目、3年目、4年目、いつ頃その候補地を挙げるかということを聞いたんですけど、その辺のところを町長にもう少し詳しく答弁をお願いします。

○議長(知念昭則) 

 町長。

◎町長(比屋根方次) 

 お答えいたします。最初の宮城議員にもお答えしたように、供用開始が30年であります。それから15年、これから20年後、いま25年ですから、これから20年後、ですから、供用開始して、途中あたり大体できた時点で現場をご覧いただいて、住民の皆さん方にこういった施設ですよと。何の公害もありませんと。跡利用もできますよと。十分説明して、それから本町に候補地を決定したいと思います。

 私の後、2期目の任期、もし2期目の任期、町長になれば、その期間内におそらくこれは私も断言できません。

 ですから、造ってから現場を見ながら、これをまた次の町長にバトンタッチできるんじゃないかと、こう思っております。

 ですから、あの問題は何の公害もありません。そして跡利用もできます。都城の造った施設の跡は、赤土を埋めてテニスコート、室内テニスコートを造っております。

 ですから、地元の皆さん方に対しても本当に利用価値もあるし、何の公害もなくて、それから地域に対してもまたあとで恩典もあります。ですから、私としては、とにかく供用開始をしてから途中半ば辺りからこういった現場を見せて、地域の皆さん方に。それから説明会でいいんじゃないかと、こう思っております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。

◆7番(金城正保 議員) 

 少し見えてきたところがございますが、要するに南城市の施設が供用開始を始めたときから、実際にどういうものかというものを町民の方に見ていただいて、その上で、その後、実際、候補地を挙げるということをやっていきたいということを考えますが、これは逆に言えば、平成30年まで、要するに南城市の施設が稼動するまで何もしないということなのか。おそらく私は、町長が2期目までは元気でおられると思います。

 ただ、3期目どうかということはわかりませんけども、別にくじを引いた責任とは言いません。2番目に当たっているという責任とは言いません。これは非常にデリケートな問題で、大変時間がかかると思うんですよ。

 そういう意味では、2番目ということに決まったことを実際的に言えば、早めに始める必要があるんだろうという、そういう意味で2期目の、要するに1年目、2年目、3年目、4年目を通して、本当にそこまでに候補地を挙げて、実際的にはそういう理解を求める努力をするつもりがあるのかどうか、これを聞いているわけです。

 それとも後任に譲るつもりなのかどうか。この辺のところをはっきりとよろしくお願いします。

○議長(知念昭則) 

 副町長。

◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。先の議員の方にも答弁申し上げたとおり、供用開始が平成30年度ということで、その後の先行利用施設、この最終処分場の状況を見ながらというのもあるんですけれども、それまでには先行利用施設というのが完成して先行利用されます。

 南城市の方では、スポーツ施設になるのか。あるいは農業施設になるのか。今いろいろと考えているところだと思うんですけれども、それらも見ていただきながら、この八重瀬町の住民説明会を行っていきたいというふうに考えております。

 それまでに住民の方からは、どうしても説明が必要だということであれば、その話をご理解いただきながら進めていきたいと思います。

 先行利用施設というのがかなりその地域の方にとって住民生活に利便性のある施設、あるいは農業施設等になれば、収入にも影響してくるというふうな施設ができる形になるはずですから、それを見ていくことで、次回の八重瀬町の建設候補地は我々のところにやってくれというふうに誘致合戦が出てこないとも限らないと思っております。

 場合によっては、八重瀬町は3番目にやってくれ。我々のところが引き受けますという形で、残りの4市町からまた出てくる可能性もあると思っております。

 ということで、その施設の利用状況を見ながら進めていきたいというふうに思います。

○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。

◆7番(金城正保 議員) 

 確かに、そういう別の市町村の方から手が挙がる可能性もあるということは新聞等の情報で聞いております。

 それについても実際的に言えば、魅力的な施設であるかどうかも、それも実際わからない状態であると。ただ、今は正直に言って、そういう最終処分場という、これは非常に名前、ネーミングがマイナスイメージではありますけれども、これを何とか払拭してということを、町長の2期目以降、それに対して努力していくというのを私はそういう何と言うんですか、2番目にくじを引いた責任とは言いません。そういったことをやっていく必要があると。15年というのは、あっという間だと思うんです。

 だから、それを考えれば、早めにそのような格好で住民意見を収集してと。理解を求めるということをやる必要があると考えます。

 そのような格好で、ひょっとしたら協定書の中身は見ておりませんけれども、よその市町村が手を挙げるかもしれないというふうな答弁がございましたけれども、それをあてにしないで、これは南部の市町村がとにかくどこもかしこもとにかく自分のところから出したごみは自分のところでというのを徹底すれば、八重瀬町もどうせやらなければいけないんですけれども、そういう理解を求める努力というのは、早めにやる必要があると思います。

 その辺のところ、町長にもう一回だけ、これは要するに言うなれば、2期目、4年しかございません。実際的に言えば、平成30年というのは、その初年度にあたるかもしれません。

 ということは何もやっていただけないのかという失望感があるんですけれども、もう一声だけお願いしたいです。

○議長(知念昭則) 

 町長。

◎町長(比屋根方次) 

 お答えいたします。私、2期目4年間のうちで、せめて一回ぐらいは町民に対して、こういった理解を得たいと。そしていろんな資料も南城市が持っております。島尻清掃組合が持っております。こういった資料もご覧いただいて、町民の理解を得たいと。せめて4カ年に一回ぐらい予定をしております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。

◆7番(金城正保 議員) 

 そういう大きな問題は、後世に譲るというようなことではなくて、積極的なそういうふうな説明会も理解も得るということで町長にはお願いをしてまいりたいと思います。

 関連質問なんですけれども、最終処分場の候補地という問題は置いておきまして、最終処分場なんですけれども、南城市が今現在やっております島尻清掃組合の要するにごみ焼却場、その土地に最終処分場を造るということを聞いております。

 現在の施設は、要するに言うなれば、来年ですか、再来年ですか、解体をすると。壊すということになりますが、それで現在の南城市と八重瀬町のごみ、そういったものについては、東部消防に収めるようになるということを新聞報道で聞いております。

 そこで、要するに言うなれば、島尻消防、清掃組合の中に焼却場がないということになるわけですけれども、現在、八重瀬町が負担しております島尻清掃組合のごみ焼却の負担金、これを東部清掃組合に委託した場合、負担が増えるのか、それとも現在のままなのか。どのような推移になるのか、課長でもいいです。答弁お願いします。

○議長(知念昭則) 

 住民環境課長。

◎住民環境課長(嘉数成裕) 

 金城議員の再質問にお答えします。島尻清掃組合の美化センターが今年度いっぱいで閉鎖します。これに基づいて、今おっしゃっていたように、東部清掃組合の方に可燃ごみ、燃えるごみは委託するということになっています。

 それで、ただ今話がありましたように、経費的な分は増えるのかということがあったんですけれども、経費的と言うと、ごみの搬入量でしか計算しませんので、同じとすれば、大体、同等の金額いくと思います。

 ただ言えるのは、基幹改良が東部清掃組合については行って、あと4〜5年残っていると聞いています。その分は増えていきます。基幹改良分は増えていくということです。

 それと、あと議員の定数についての島尻消防分と東部清掃分がありますので、この分も若干増えていくと思います。以上です。

○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。

◆7番(金城正保 議員) 

 課長の答弁で負担金は変わらないだろうと、将来的に言っても。

 もう一つだけお伺いしたいんですけれども、要するに最終処分場は各それぞれの市町村で持ち回りという格好になったんですけれども、要するに来年度から言うなれば、島尻清掃組合もごみ焼却炉なくなります。

 ゆくゆくは、南部の市町村で一つのごみ焼却炉というのを目指しているのではないかというふうに考えますが、その際も実際的に言えば、要するに南部市町村の6市町で、そういうごみ焼却炉、これが実際的に言えば、東部消防の方にある間を置いといて、言うなれば、この6市町村で実際一つのそういう焼却炉しかないという場合も、実際的には南部の市町村全部で一つという格好になった場合も合理化されてですよ。その際、負担金額は軽減の方向へ向かうのかどうか。その辺のところをお願いします。

○議長(知念昭則) 

 住民環境課長。

◎住民環境課長(嘉数成裕) 

 お答えします。今の問題、2033年に事務統合ということで南部は考えているということを今やっています。その時に、そういう問題は発生してくると思います。

 それで、今の経費的な分については、その時の施設のどういう施設を造るかによっても違ってくると思いますけど、一応は軽減されるんじゃないかということで考えております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。

◆7番(金城正保 議員) 

 将来的には、その負担も軽減の方向へ向かっていくだろうというふうに答弁ございましたけれども、やはりそういう南部は一つというのを早い時期にそのような格好で、そういう体制を作る必要があると思っております。

 それを願って、南部がそのようなことで南部のチリは南部で片付けるということが合理的に効率的にできるような体制が早く造られることを願ってやみません。それを祈念しまして、次の問題にいきたいと思います。

 AEDの件についてですが、先ほどの町長の答弁で26年度、来年度の一括交付金、県の承認がいただけたらやっていただきたいというふうなことを答弁ございました。これも実際的に言えば、90%の補助負担、大変大きいものがございます。それも含めて、那覇市だけじゃなくて全県的にそれが広がれば、全県のそういうコンビニに行けば、すぐ除細動器が使えるというような体制であれば、沖縄の観光県としてのそういう生命も上がるんじゃないかというふうに思います。極力その辺、来年からできるような格好で努力をしていただきたいというふうに思います。

 そこで担当課長、一括交付金にあげる場合、その可能性として、実際、那覇市がやっておりますけれども、他の市町村にそれを浸透するときに、できる可能性があるのかどうか、その辺のところをお願いします。

○議長(知念昭則) 

 企画財政課長。

◎企画財政課長(金城勇誠) 

 お答えいたします。AED設置につきましては、先ほどもありましたように那覇市と沖縄市が実際、一括交付金の事業の中で設置している状況です。

 確かにAEDを設置することによって救命処置を行えば救命率が一段と上がるということでございます。幸い八重瀬町では、修学旅行の誘致と体験観光を推進しており、その取り組みの中で安心安全な受入れ体制を構築するために町民公募の救急蘇生講習会を開催しております。その中でもAEDの救命救急処置も講習はございます。

 その救急蘇生講習会を25年9月から救急の日から皮切りに11月末時点で約200名程度の方が受講している状況です。そういう中で地震や津波など、自然災害に強いまちづくりを推進するために居合わせた方が救急蘇生を行えるよう、さらには救急蘇生の講習会の開催を増やしながら、24時間営業のコンビニにAEDを設置し、町民の救命能力の向上と意識啓発に取り組んでいく、そういうことで八重瀬町地域全体の安全性が高まり、地域住民とともに安心して生活のできる地域づくり、さらには安心して八重瀬町を訪れることのできる地域づくりを行うことにより、教育分野や観光分野に大きな波及効果を呼び、地域の活性化に繋げられるということで、このAED設置につきましては、八重瀬町、コンビニが10店舗ほどあると思います。

 那覇市、沖縄市の事例もあるとおり、八重瀬町でも事業の内諾は得られるだろうというふうに考えております。

○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。

◆7番(金城正保 議員) 

 長々と力説有難うございました。ぜひ実施に向けて頑張っていってもらいたいと思います。

 それでは、3番目の保育園の保育料の件につきまして移りたいと思います。児童家庭課におきましては、質問した1番目についても、2番目についても既にやっているということで、4月から新しい課長になって、非常にその体制が児童手当からの徴収ということで、その体制が整いつつあるというふうに聞いております。

 それで町長にお伺いしたいんですけど、法令でもあるように今現在、実際に実施しているとおり、申出書、要するに児童手当から払いますよというものを取り付けたら、実際的に言えば特別徴収、これは実際やっているわけですけども、これをできるというふうにありますが、既にやっているものがありますが、これは拡大解釈ではありません。

 例えば、そういう保育所の入所時、たくさんの入所するための書類がございます。そこで入所時に、要するに3月ですけれども、その時に、言うなれば、その保育料を滞納したら、即特別徴収しますよと。児童手当から天引きしますよという承諾書、事前に取っておけないか。それを取ることができるのであれば、実際に特別徴収をする際については、その通知書だけ、事前に今回の保育料については、そのような格好で児童手当から引きますよという通知書だけを送れば、それでいいと。

 要するに、保護者も窓口に来る必要がないと、申出書を取るために。それができないかどうか、町長のお考えをお伺いします。

○議長(知念昭則) 

 これについては、事務的なことが入っておりますので、まず担当課長から答えてもらいます。児童家庭課長。

◎児童家庭課長(石原朝子) 

 お答えいたします。児童手当からの特別徴収の件につきましては、次年度、その実施、制度の概要等を説明した資料を承諾書とともに保護者の方に通知いたします。それをもって、その説明文の中にありますように保育料の未納額に応じた児童手当からの天引きをやっていきます。

 それに則って、その後また児童手当の担当の方から通知文書を発送してまいります。以上でございます。

○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。

◆7番(金城正保 議員) 

 課長、今のは要するに現状やっていることはこうですよということですよね。私が要するに言うなれば、町長にお聞きしたのは、その上ではありますけれども、要するに保育料の滞納分が発生したら、その月、もしくはその翌月にそのような格好でいちいち申出書であるとか、通知書とか発送するものではなくて、取るのではなくて、入園時にそのような条件で、要するに入園児の書類が一枚増えるということなんです。その申出書、要するに滞納があったら、すぐ特別徴収しますよと、現年度分について。これを実際、承諾した方が入園すると、それで実際、滞納が出れば、即特別徴収を行って、その通知書だけ送ればいいはずなんですよ。そしたら絶対100%取れるはずなんです。

 要は、現在でも実際的に言えば、その特別徴収をするのに、この申出書をもらっていると。これをもらいに行っている。お客さんがそれに書かないと、実際的に言えば、特別徴収ができないということではありますが、要するにこれを入園の条件、入園の条件として実際的に言えば、滞納があったら、即児童手当から特別徴収しますよという承諾書をもらって、実際的には運営したらどうかと言っているんですが、その辺について、実際これは町長の判断になると思います。よろしくお願いします。

○議長(知念昭則) 

 副町長。

◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。そういう形ができれば、それに越したことはないと思いますので、この児童手当を見ている県、国あたりとちょっと調整をしまして、それが可能かどうか調査の上、それができれば、そういうふうにもっていこうと、もっていくように検討していきたいと思います。

○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。

◆7番(金城正保 議員) 

 これは児童家庭課からもらった資料でありますけれども、実際、保育料のQ&A、保育料や学校給食費などを児童手当から差し引かれる場合があるんですかということですが、これは答弁として、要するにアンサーとして、各市町村の判断により、手当から保育料を差し引くことが可能ですと。

 また、同意していただいた人については、学校給食費などを差し引いて手当を支給することができますと。学校給食費については、条件付きではありますが、児童手当については、申出書を取る必要もないと言っているんです。

 これを実際的にやっている市町村、これは実際にはそのような格好で学校給食費もそうですけれども、保育所、保育料については既にその両方について実施している市町村、これは9月25日時点のものでありますが、与那原町、既にやっております。八重瀬町も実際的に言えば、今、既に学校給食についても、これもやり始めていると聞いております。これはあとでやりますけれども。

 あと北谷町、それから金武町、本部町、中城村、恩納村、それから宜野座村、国頭村、伊江村、南風原町になっております。殆どの市町村がもうそのような格好で、児童手当から保育料も特別徴収を行って、そのような格好で不納欠損が出ないような措置をやり始めているというのがあと半分ぐらいありますけど、そのようなことで実際、南風原町でもその窓口でトラブルになったことはないと言うんです。

 要するに、逆に役場の方が遠慮しているんじゃないかと。八重瀬町民もそんなに悪い人いないと思いますよ。本当にそのような格好で学校給食費まだですよね。これは児童手当から差し引いておきましょうねと言って、イーベーリハーという人はいないと思います。

 だから、そういう意味でこれは税金と一緒ですから、その納税の責任感、義務感もあると思います。公平にと、公平感ということであるんだったら、児童手当はそのために支給されているというふうに解釈できますので、徹底したそのような格好での事務の改良をお願いしたいというふうに思っております。

 今の副町長の答弁は、非常に優等生な答弁ではありますけれども、もう少し突っ込んだそのような取り組みができないかというふうに思います。

 今、実際にこの児童家庭課で今年の要するに今年度、児童手当の支給は6月、10月、2月とありますけれども、6月のときには間に合わなかったということで、その体制が整わないということで課長は実際できませんでしたけども、今年の10月にその体制を整えて、実際に過年度分も含めて、5年分です。滞納分。これが先ほど申したように、その人数についてはありますけれども、11月26日現在で資料をいただいたんですが、総人数で実際的に前年度101人いた滞納分、これ5年分です。101人いた滞納者がこの11月26日、言うなれば10月分の支給分で、実際的に言えば、48人入金になっております。48人。普通徴収でですよ。

 これは、そのおかげで実際、現在、53人の滞納者がいますけれども、これは半分以上、滞納が5年分の滞納額の半分以上入っているわけです。それぐらい効果のあることだと。それで実際トラブルも何もない。

 特に顕著なのは、平成20年度分の今年の3月末時点、言うなれば、その時点において実際的に言えば、これが28人いたわけです。実際に、その10月分からの児童手当で引き落とししたら、要するにこれから引きましょうねという手続きをやったら、28人が13人になったと。15人の人が払っていただいたんです。来年3月に不納欠損分として処理される予定のものが半分以下に減ったわけです。それぐらい効果のあることなんです。

 トータルでも実際的に言えば、101件が53件に減ったと。これは各年度別に言ってもしょうがありませんけども、それから実際、子育てをやる予定の児童手当からそれを保育料に回していいですというのは、私は非常に行政のやり方としては、非常にまどろっこしいと言うか、要するに非常に遠慮があるんじゃないかと。もっとものを言うべきだと思います。

 役所は公正でないといけないと思うんです。そうじゃないと、真面目に払っている人が何であの人は払わんのということになってくるはずなんです。

 だから児童手当もそのような格好で、実際、その制度そのものが支給されていますから、これから天引きしましょうねということは、法律でもオッケーと言っているわけです。だから、その辺のところの体制、役場の体制をもっと整えて、実際的に言えば、不納欠損額、とにかく現在はいつも財政が厳しい厳しいいうのがあります。

 だから、それも税金を実際的に言えば、あまり他の市町村に比べて取り切れてないというのがあります。そこへ何も1番を狙う必要はないと思います。本当に41市町村のうちの真ん中ぐらいにでも行かないと、この財政を乗り切ることはできないと思うんですよ。その辺を踏まえて、副町長、来年以降。

○議長(知念昭則) 

 まず児童家庭課長から答えてもらって、その後に副町長から。大丈夫ですか、副町長に答えてもらいます。副町長。

◎副町長(福島正惟) 

 先ほど答弁申し上げたのがちょっと舌足らずのように聞こえたのであれば、謝っておきたいと思います。

 そういう形で調査をしまして、児童手当関係の県、国あたりから話を聞きまして問題がないと言われるようであれば、やっていきたいという形での答弁のつもりでありました。

 要するに、やる方向で検討すると。調べもしないうちにやりますとはちょっと言えないものですから、優等生答弁だとおっしゃいましたが、そういう答弁しか今はできないというふうに考えます。やる方向で検討していくというふうに受けて下さい。

○議長(知念昭則) 

 金城正保議員、あと時間ないですので、まとめて下さい。

◆7番(金城正保 議員) 

 今の答弁を聞いて、非常に安心をしております。児童家庭課長は、本当に前年度そういった体制を作らなければいけないというのが宿題になっていて、前任の課長からそれを引っ張ってきて、今年度からその体制を作ってきているというのは、非常にすごいことだと思います。私は、大変高く評価します。新任の女性課長でありますけど、他の男の課長、何しているんだ。

 とにかく児童家庭課長に負けないぐらいの数字を出していただきたい。時間がありません。本当は、学校給食費について教育長と教育課長にお聞きしたかったんですけれども、そのような体制を取っていただけるよう、要するに不納欠損が出ないような体制を学校給食について、体制を取っていけるように要望を出したいんですけど、教育長、答弁をお願いします。

○議長(知念昭則) 

 教育長。

◎ お答えいたします。先ほど町長の答弁の中にもありましたように、次年度に向け徴収方法、そして徴収体制、徴収体制につきましては、徴収員の配置について、財政等とも調整をしながら、次年度あたり検討させていただきたいと思います。

 給食費につきましては、本町の財源にもなることから、その滞納額を少しでも減らすようまた努めていきたいと考えております。以上です。

○議長(知念昭則) 

 これで、7番金城正保議員の一般質問を終わります。

△散会

○議長(知念昭則) 

 以上でもって、本日の日程は終了しました。

 本日は、これをもって散会いたします。

                            《散会 午後2時47分》

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

          議長   知念昭則

          6番議員 神谷良仁

          7番議員 金城正保