議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 八重瀬町

平成25年 12月 定例会(第10回) 12月05日−01号




平成25年 12月 定例会(第10回) − 12月05日−01号









平成25年 12月 定例会(第10回)



          平成25年八重瀬町議会第10回定例会会議録

               (会期日程表)

            開会 平成25年12月5日

                         会期16日間

            閉会 平成25年12月20日



 
月日
曜日
区分
開議時間
日程



12月5日

本会議
午前10時
◯開会
◯会議録署名議員の指名
◯会期の決定
◯議長・町長の諸般の報告
◯認定第1号〜認定第5号
◯議案第64号〜議案第75号
◯決議第6号


常任委員会
 
◯陳情案件審議



12月6日

本会議
午前10時
◯議案第76号〜議案第104号



12月7日

休会
 
 



12月8日

休会
 
 



12月9日

休会
 
 



12月10日

休会
 
 



12月11日

休会
 
 



12月12日

休会
 
 



12月13日

休会
 
 


10
12月14日

休会
 
 


11
12月15日

休会
 
 


12
12月16日

休会
 
 


13
12月17日

本会議
午前10時
◯一般質問4名 宮城 博議員・本村 繁議員
 神谷良仁議員・金城正保議員


委員会
 
◯議会運営委員会


14
12月18日

本会議
午前10時
◯一般質問4名 仲間一雄議員・金城秀雄議員
 宮城勝也議員・金城政春議員


15
12月19日

本会議
午前10時
◯一般質問4名 新垣正春議員・中村 司議員
 玉城武光議員・神谷清一議員


16
12月20日

本会議
午前10時
◯一般質問1名 上原勝彦議員
◯追加議案
◯議員派遣の件について



     平成25年八重瀬町議会第10回定例会会議録 第1号

          招集年月日:平成25年12月5日(木)

          招集場所:八重瀬町議会議事堂

1.開会、散会の日時及び宣言

   開会(平成25年12月5日 午前10時00分)

   散会(平成25年12月5日 午後3時45分)

   開会の宣告(議長 知念昭則)

   散会の宣告(議長 知念昭則)

2.応招議員(15名)

3.不応招議員(0名)

4.出席議員(15名)

  1番  宮城勝也        11番  宮城 博

  2番  新垣正春        12番  玉城武光

  3番  金城政春        13番  神谷清一

  4番  仲間一雄        14番  神谷信吉

  5番  本村 繁        15番  上原勝彦

  6番  神谷良仁        16番  知念昭則

  7番  金城正保

  9番  中村 司

  10番  金城秀雄

5.欠席議員(0名)

6.職務のため議場に出席した事務局職員の職・氏名

 事務局長 比嘉 巧     係長   宇地原 勇

7.説明のため議場に出席した者の職・氏名

 町長        比屋根方次    まちづくり計画課長 神谷清和

 副町長       福島正惟     住民環境課長    嘉数成裕

 教育長       金城隆雄     土木建設課長    親泊元秋

 会計課長      長田早苗     社会福祉課長    宇地原 毅

 総務課長      金城哲生     児童家庭課長    石原朝子

 企画財政課長    金城勇誠     健康保険課長    永山清和

 農林水産課長    新垣隆之     学校教育課長    新垣正次

 区画整理課長    金城 進     社会体育課長    玉城光次

 税務課長      浦崎勝男     生涯学習文化課長  中村通孝

     平成25年八重瀬町議会第10回定例会会議録(案件表)

                         (第1号)平成25年12月5日

 会議に付した事件

? 町長提出の議案

  認定

  認定第1号 平成24年度八重瀬町一般会計歳入歳出決算認定について

  認定第2号 平成24年度八重瀬町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について

  認定第3号 平成24年度八重瀬町集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について

  認定第4号 平成24年度八重瀬町土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定について

  認定第5号 平成24年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について

  議案

  議案第64号 南部広域行政組合規約の変更について

  議案第65号 伊覇地区宅地造成及び区画道路築造工事(25-1工区)の変更請負契約の締結について

  議案第66号 団体営ため池等整備事業(宜次地区)の施行について

  議案第67号 平成25年度八重瀬町一般会計補正予算(第6号)について

  議案第68号 平成25年度八重瀬町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について

  議案第69号 平成25年度八重瀬町土地区画整理事業特別会計補正予算(第4号)について

  議案第70号 平成25年度八重瀬町集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について

  議案第71号 平成25年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について

  議案第72号 八重瀬町職員の再任用に関する条例の制定について

  議案第73号 八重瀬町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について

  議案第74号 八重瀬町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について

  議案第75号 八重瀬町国民健康保険出産費資金貸付事業条例を廃止する条例について

? その他の議案

  決議

  決議第6号 TPP交渉に関する要望決議について

本会議の次第

                               平成25年12月5日



△開会



○議長(知念昭則) 

                               午前10時00分

 ただ今から平成25年八重瀬町議会第10回定例会を開会いたします。



△開議



○議長(知念昭則) 

 本日の議事日程は、お手元に配布した日程表のとおりであります。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(知念昭則) 

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、新垣正春議員と金城政春議員を指名します。



△日程第2 会期の決定



○議長(知念昭則) 

 日程第2 会期の決定の件を議題といたします。

 お諮りします。本定例会は、12月5日から12月20日までの16日間とし、会期日程表のとおりにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。よって、会期は本日12月5日から12月20日までの16日間に決定しました。

 休憩します。



△休憩 午前10時03分



△再開 午前10時03分



○議長(知念昭則) 

 再開します。



△日程第3 議長・町長諸般の報告



○議長(知念昭則) 

 日程第3 議長・町長諸般の報告となっております。

 議長の諸般の報告を行います。

 例月出納検査結果の報告について、地方自治法第235条の2第3項の規定により町監査委員から平成25年8月分、9月分及び10月分の例月出納検査の結果報告があります。議員控え室に配置し、閲覧できるようにしてありますので、ご参考にして下さい。

 次に今定例会までに受理した陳情・要請について、陳情4件を受理し、議会運営委員会での協議の結果、お手元に配布してありますので、陳情・要請一覧表のとおり、所管の常任委員会付託及び資料配布とさせていただきました。

 次に議長の会務の報告を行います。

 9月1日、八重瀬町陸上競技場におきまして、第8回八重瀬町陸上競技大会が行われました。

 9月4日、南部家畜セリ市場におきまして、八重瀬町畜産共進会が行われ、参加しております。

 9月7日、中央公民館におきまして、第8回子ども芸能祭が開かれ、参加しております。

 9月12日、具志頭小学校屋内運動場地鎮祭が行われております。

 9月27日、八重瀬町敬老会が行われ、参加しております。

 29日、白川幼稚園・小学校の運動会があり、参加しております。

 10月2日、南部家畜セリ市場におきまして、南部地区畜産共進会が行われ、参加しております。

 10月13日、島尻郡陸上競技大会が南風原の黄金森陸上競技場でございました。

 10月16日、障害者支援施設太希おきなわ起工式が本町内で行われております。

 10月28日、南部広域市町村圏事務組合の定例議会が開かれ、来年の4月1日より供用開始されるということが本決まりになっております。

 そして10月29日、沖縄県飲酒運転根絶大会が沖縄市民会館で開かれております。

 11月12日から15日まで、3泊4日、第57回町村議長会全国大会が東京都で開かれ、出席しております。

 18日、「土佐の塔」慰霊祭が開かれ、議員多くの方が参加しております。

 他にお手元に配布されておりますので、お目通しをお願いしたいと思います。

 以上で、議長会務の報告を終わります。

 次に、町長の諸般の報告を行います。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 おはようございます。12月定例議会よろしくお願いいたします。

 町長の諸般の報告は、3枚あります。急いで報告いたしますが、まずは月と日にちと場所については、省略したいと思います。あとでお目通しよろしくお願いいたします。

 まずは9月1日、八重瀬町陸上競技大会、同じく1日、町長杯沖縄県中学校ハンドボール大会開会式がありました。

 4日、9時、八重瀬町畜産共進会、7日、友寄第一団地敬老会及び納涼祭、10日、15時、島尻郡体育協会第3回理事会及び造成ボウリング大会、第3回実行委員会。それから12日、具志頭小学校屋内運動場改築工事祈願祭。14日、沖縄県高等学校商業実務競技大会。17時半、転生園まつり。15日、字外間敬老会。19日、字玻名城、十五夜豊年祭まつり。20日、陸上自衛隊八重瀬分屯地の観月会。21日、東風平中学校体育祭。それから字東風平豊年祭。22日、カジマヤー慶祝訪問。15時、字富盛、十五夜祭り。23日、第2回交通安全祈願駅伝大会。これは糸満の自動車学校スタートでした。24日、トーカチ慶祝訪問。26日、島尻郡陸上競技大会監督表彰審査委員会。27日、沖縄県町村自治会館管理組合定例会。八重瀬町敬老会。28日、特選沖縄伝統芸能、これは国立劇場でありました。それから29日、東風平小学校運動会。30日、交通安全町内巡視パトロール、糸満署長と回っております。

 10月1日、サザン協の正副会長会議。2日、南部地区畜産共進会。それから同じく2日、第3回畜産振興会理事会。同じく2日、南部地区畜産共進会表彰式。3日、第2回島尻消防、清掃組合正副管理者会議。9日、南部市町村議長会懇親会。10日、第2回南部広域市町村圏事務組合理事会。同じく10日、軍用地地主会連合会地区別代議員会。同じく10日、全国地域安全運動糸満地区出発式。11日、カジマヤー慶祝訪問。同じく11日、カジマヤー慶祝訪問。それから12日、18時、てだこあけもどろ学園の地域交流納涼祭。13日、島尻郡陸上競技大会。同じく13日、ときわ園トーカチ・カジマヤー合同祝賀会。16日、障害者支援施設太希おきなわ改築移転起工式。19日〜20日、やえせまつり。21日、第3回南部広域行政組合定例会。22日〜23日、沖縄県町村自治会管理組合の県外視察。これは新潟県に行きました。28日、シーちゃんパン発売記者発表。29日、八重瀬町カラフルベジタブルプロジェクト沖縄テレビインタビュー。同じく29日、沖縄県町村会負担金審査委員会。30日〜1日まで、沖縄県町村会の県外視察。これは石川県、富山県。

 開けて11月3日、新城小学校運動会。5日、サザン協の第2回理事会。同じく5日、南部広域行政組合関係市町村長協議会。同じく5日、東部清掃組合の7首長会議、これは東部清掃組合でありました。6日、町の女性連合会町長と語る会。7日、第4回島尻消防、清掃組合の定例会。8日、甲斐の塔慰霊祭。9日、ときわ園ゲートボール大会。10日、東風平幼稚園の運動会。それから同じく10日、ときわ園の新百歳カジマヤー・トーカチ合同祝い。12日、サザン協の正副会長会議。13日、農業信用基金協会上半期の決算監事監査。同じく14日、沖縄県地域振興対策協議会。島尻郡体育協会常任理事会。15日、南部水道企業団理事会。同じく15日、サザン協の第3回理事会。18日、土佐の塔の慰霊祭。20日〜22日、全国町村長大会、東京都でありました。23日、沖縄県民体育大会開会式。27日、第55回沖縄県地域振興対策協議会。その日に4つの会議を持っております。28日〜29日、安全安心の道づくりを求める全国大会、東京都でありました。以上であります。



○議長(知念昭則) 

 以上で、町長の諸般の報告を終わります。



△※日程変更(日程第4〜日程第6を一括)



△認定第1号、認定第2号、認定第5号(委員長報告〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第4 認定第1号平成24年度八重瀬町一般会計歳入歳出決算認定について、日程第5 認定第2号平成24年度八重瀬町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、日程第6 認定第5号平成24年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定についての3件を一括議題といたします。

 本件については、委員会での審査を終えております。

 委員長の報告を求めます。

 総務厚生常任委員会委員長、中村司議員。



◆総務厚生常任委員長(中村司議員) 

 皆さん、おはようございます。それでは、平成24年度決算認定について報告いたします。読み上げて報告に代えます。

 平成25年12月5日、八重瀬町議会議長知念昭則殿、総務厚生常任委員会委員長中村司。

 認定審査報告書。

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定しましたので、会議規則第77条の規定により報告します。

 記。

 認定第1号平成24年度八重瀬町一般会計歳入歳出決算認定、全会一致で認定であります。

 認定第2号平成24年度八重瀬町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定、全会一致で認定であります。

 認定第5号平成24年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定、全会一致で認定であります。

 委員長報告につきましては、お手元に配布してありますので、よろしくお願いします。

 なお、委員会の総意として、意見書として各課の質疑応答の最後の欄に記してありますので、ご斟酌のほど、またご対応方よろしくお願いを申し上げます。以上でございます。



○議長(知念昭則) 

 これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

     [「質疑なし」と呼ぶ者あり]

 これにて質疑を終結いたします。

 これから認定第1号に対する討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから認定第1号平成24年度八重瀬町一般会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 この採決は、起立によって行いますが、起立しない方は反対とみなします。

 本案に対する委員長報告は可決であります。

 本案は、委員長報告のとおり賛成の方は、ご起立願います。

     [起立全員]

 賛成全員であります。従って認定第1号については、委員長報告のとおり決定いたしました。

 次に、認定第2号に対する討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから認定第2号平成24年度八重瀬町国民健康保険特別会計決算認定についてを採決いたします。

 この採決は、起立によって行いますが、起立しない方は反対とみなします。

 本案に対する委員長報告は可決であります。

 本案は、委員長報告のとおり賛成の方は、ご起立願います。

     [起立全員]

 起立全員であります。従って認定第2号は、委員長報告のとおり決定いたしました。

 次に、認定第5号に対する討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから認定第5号平成24年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 この採決は、起立によって行いますが、起立しない方は反対とみなします。

 本案に対する委員長報告は可決であります。

 本案は、委員長報告のとおり賛成の方は、ご起立願います。

     [起立全員]

 起立全員であります。従って認定第5号については、委員長報告のとおり決定いたしました。



△※日程変更(日程第7〜日程第8を一括)



△認定第3号、認定第4号(委員長報告〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第7 認定第3号平成24年度八重瀬町集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について、日程第8 認定第4号平成24年度八重瀬町土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定についての2件を一括議題といたします。

 本件については、委員会での審査を終えております。

 委員長の報告を求めます。

 経済産業文教常任委員会委員長、金城秀雄議員。



◆経済産業文教常任委員長(金城秀雄議員) 

 では、ご報告申し上げます。

 平成25年12月5日、八重瀬町議会議長知念昭則殿、経済産業文教常任委員会委員長金城秀雄。

 認定審査報告書。

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第77条の規定により報告します。

 事件番号、件名、審査の結果でご報告申し上げます。

 認定第3号平成24年度八重瀬町集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定については、全会一致で認定でございます。

 認定第4号平成24年度八重瀬町土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定については、全会一致で認定でございます。

 委員長報告書につきましては、お手元に配布してありますので、お目通しをよろしくお願いいたします。以上でございます。



○議長(知念昭則) 

 これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

     [「質疑なし」と呼ぶ者あり]

 質疑なしと認めます。

 これから認定第3号に対する討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから認定第3号平成24年度八重瀬町集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について採決いたします。

 この採決は、起立によって行いますが、起立しない方は反対とみなします。

 本案に対する委員長報告は可決であります。

 本案は、委員長報告のとおり賛成の方は、ご起立願います。

     [起立全員]

 起立全員であります。従って認定第3号については、委員長報告のとおり決定いたしました。

 次に、認定第4号に対する討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから認定第4号平成24年度八重瀬町土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算認定についてを採決いたします。

 この採決は、起立によって行いますが、起立しない方は反対とみなします。

 本案に対する委員長報告は可決であります。

 本案は、委員長報告のとおり賛成の方は、ご起立願います。

     [起立全員]

 起立全員であります。従って認定第4号については、委員長報告のとおり決定いたしました。

 休憩します。



△休憩 午前10時22分



△再開 午前10時23分



○議長(知念昭則) 

 再開します。



△日程第9 議案第64号(上程〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第9 議案第64号南部広域行政組合規約の変更についてを議題といたします。

 本案についての提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第64号南部広域行政組合規約の変更について。

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第286条第1項の規定により、南部広域行政組合規約を別紙のとおり変更するものとする。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 提案理由、南部広域行政組合の組織を改編し、円滑な組合運営を図るため、南部広域行政組合規約を変更する必要が生じたので、地方自治法第290条の規定に基づき、本案を提案する。

 詳細については、担当課長から説明いたします。ご審議よろしくお願いいたします。



○議長(知念昭則) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 それでは議案第64号南部広域行政組合規約の変更について補足説明をいたします。

 お手元の資料3枚目の新旧対照表をご覧下さい。表の右側の現行の第5条及び第6条の下線部分を左の改正案のとおり改正をいたします。

 第5条では、組合の議会の議員定数を現行の10人から13人へと改正し、構成市町村の議長をもって充てる旨に改正をいたします。

 第6条では、議員の任期について、組合構成市町村議会の議長の任期へ改正をいたします。現行の第7条を削り、第8条を第7条に繰上げ、新たに第8条として特別議決を設けます。

 この第8条では、組合構成市町村の一部に係る議決案件については、関係市町村から選出されている議員の出席者の過半数の賛成を含む出席議員の過半数で、これを決する旨を規定しています。

 現行の第9条、執行機関組織を第9条理事会として第1項に理事会を置くこと。そして第2項で理事は組合構成市町村の長を充てること。第3項で理事の任期は、市町村長の任期によることを定め、第4項で理事長を置くことを。第5項で理事長の選出方法、第6項に理事長の職務を規定し、第7項ではその他必要な事項は理事会において定める旨を規定しています。

 新旧対照表の2枚目をお開き下さい。現行の第10条を削り、現行の第10条の2中、下線部、管理者を理事会に改め、同条を第10条といたします。

 第11条2項中、第12条第1項中の下線部分、管理者を理事会に改めます。

 第13条の次に1項を加えます。第3項、第1項の規定による組合市町村の負担金に関し必要な事項は、別に条例で定める。そして第15条を削ります。

 議案第64号、2枚目、南部広域行政組合規約の一部を改正する規約にお戻り下さい。附則、この規約は、平成26年4月1日から施行する。

 2.この規約の施行の際、現にこの規約による改正前の南部広域行政組合の規約の規定による管理者の職にある者は、この規約による改正後の規約の規定による理事長が互選されるまでの間の理事長の職務を行うものとする。

 3.この規約の施行の際に改正前の規約の規定による管理者より任命された職員は、改正後の規約の規定による理事会にて任命された職員とみなす。以上です。



○議長(知念昭則) 

 これから質疑を行います。質疑のある方、玉城武光議員。



◆12番(玉城武光議員) 

 何点か質疑します。この規約の改正に、一つは組合の議員を充てるというものと、理事会で運営するという二つは評価するんですが、その中に組合の議員は、組合市町村議員の議長をもって充てるという、充て職を充てている。これは円滑な組合運営という条例の改正案からすれば問題があるんじゃないかな。私はそう思っておりますから、質疑いたします。

 それで、この提案理由の中に円滑な組合運営を図るために、これを改正するということを説明しているんですが、これを改正しなければ、組合の円滑な運営はできないという、そういうことが過去に今まであったんですか。



○議長(知念昭則) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 ただ今、玉城武光議員の質問にお答えをいたします。はじめに、選出議員が構成市町村の議長を充てるということでございますが、ここにつきましては、組合構成市町村理事につきましては、各市町村の長を充てるということになっておりまして、それに相対して議員につきましては、議長を充てるというふうに説明を伺っております。

 そしてこの改正する旨の必要が以前に生じたのかという質問ですが、この件につきましては、これまで管理者制ということで南部広域行政組合の運営を担ってまいりましたが、その際に現在、最終処分場、サザンクリーンセンターですか、その議題があがった際に、ごみ処分場の件に関わらない市町村長が管理者となり、その会議の進め方に支障があったというふうな形で、これを理事会制にもって、合議制にもって移行をしながら、その全体の中で決めていく形に変えていきたいというふうな説明でございました。以上です。



○議長(知念昭則) 

 玉城武光議員。



◆12番(玉城武光議員) 

 そういう円滑な運営に対して支障があって改正したと。その改正された部分は私は評価するんです。

 だけど、その組合議会の構成の中では、ちょっと疑問があるんですが、この改正する前は二つの管轄の業務しかできなかったのが、二つ増えたんですよね。最終処分場と、それからごみの広域化の部分、一般廃棄物の最終処分場の設置と管理に関する業務と、ごみ処理広域化計画及び施設整備に関する事務が加わって、事務量が増えたわけですよ。

 それで、これは改正しなければいけないということになったと思うんですが、それでもこの改正のあれはいいんですが、この構成する議会の議員を、この構成する市町村の代表に任せるんじゃなくて、もう充て職ですよね。これはいかがなものかと、こういうことはちょっと私は承認はできませんね。

 そういう協議が、話がなかったのかどうか、どうなんですか。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午前10時32分



△再開 午前10時33分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 ただ今の質問にお答えをいたします。今回のこの組織の改編に伴いまして、規約の改正となっておりますが、これまでに事務方、広域の共同事業に関わる担当課長の会議、そして構成市町村の副市町村長の会議、そして構成市町村長の会議と、この3段階を経て、今回の提案となっております。

 そして、その中ではこの組合の事務局の方からの提案に基づいて、各々検討してまいりましたが、特に組合議会について、各構成市町村から議長を充てる旨についての特に私たち担当課長レベルの会議の中では、その質問は出てはおりませんでした。以上です。



○議長(知念昭則) 

 玉城武光議員。



◆12番(玉城武光議員) 

 これは一部事務組合のものは、ほとんど構成する関係市町村の議会によって、議会の議員から選出するということになっているんですよ、全部。島尻消防、清掃組合、それから南部水道企業団、議会の代表から選出しているんですよ。これは一部事務組合のそういう規約の例と、構成する団体という形のマニュアルみたいなものにもあるんですよ、議会の。

 なぜ、この南部広域行政組合が議長と首長と構成されたかと言ったら、以前の業務は二つなんですよ、二つのものだから、そんなに大きな議案がなくて、事務量がなくて、たぶんそういう経過が出てきたと思うんですが、今回、改善されて事務量が増えるんですよ。

 そういうものに対しては、民主的に選ばれた人たちから、民主的に選ぶというのは、私は組合運営を円滑にするためには、その方が非常に望ましいと思うんですよ。私の考え、どう思いますか。



○議長(知念昭則) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。現行の規定においても議会のいま10名なんですけれども、その10名のうちの4名が市町村長の職にある者、それから各議会の議長の職にある者というふうになっている関係上、市町村長は全員が理事です。それから各市町村の議会を代表する議長がこの広域行政組合の議員になるという形の提案だということで、特に異議もなくて、今の現行のものよりは、さらに議論が、全市町村の意見が集約されるのではないかということで、現行よりは良くなるというふうに理解しております。



○議長(知念昭則) 

 まとめて下さい。玉城武光議員。



◆12番(玉城武光議員) 

 いくらか改善されているのは、私、認めますよ。もっと改善する必要があるということで、今まである一部事務組合は、全部議会の代表なんですよ、議会の代表。こういう充て職ではないんですよ。だからもっとやるためには、そういう議会の代表という形で本当に入れた方が、今後、スムーズな円滑の運営ができるということで、私はその改正案には賛同はできませんということを申し上げます。以上です。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑ありませんか、本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 異議というよりは、ちょっとお聞きしたいものですから一応はやったんですが、実は現行では10名なんだけど、改定では13名になりますよね。そうすると、おそらく人件費はそれによって増えると思います。

 それによって、各市町村の負担金はどれぐらいになるのか。その辺は計算なさっていますかね。



○議長(知念昭則) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 ただ今の質問にお答えをいたします。10名から13名になることで、人件費が増えるのではないかというご質問ですが、この件については、先ほども申し上げましたが、担当課長レベルの会、そして副市町村長レベルの会の中でも話が出ました。

 現行の手当の年間支給分以上にはならないようにという形で、報酬等を低いというと語弊がありますが、抑えて規定をしていただくような形で決定をしています。

 増える部分につきましては、離島の市町村長が本島に来る際の交通費、この部分については、どうしても増えるという形にはなっていますが、原則的には報酬については、現行の年間支払い分の範囲内でという形で定めています。

 若干の負担金の増はあるという形にはなっております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 新垣正春議員。



◆2番(新垣正春議員) 

 それでは1点だけ、理事会が設置されて合議制にというお話がありました。理事会を代表するのは、理事長がというふうに書かれていますけれども、理事長の任期というのは、よく探しても見えないんですけれども、その辺はどういうことになるんでしょうか。



○議長(知念昭則) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 休憩お願いします。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午前10時40分



△再開 午前10時40分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 お答えをいたします。今回、改正をいたしました第9条の第3項、理事の任期は組合市町村長の長の任期によるものとするということになっております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午前10時41分



△再開 午前10時52分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 休憩前の質疑に対しての総務課長の答弁を求めます。総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 お答えをいたします。理事会の互選による理事長の任期についてでありますが、理事長の任期は、理事長としての任期としては、特には定めてはおりません。理事としての任期、市町村長としての任期がそのまま理事長の任期という形に捉えるということでございます。以上です。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午前10時53分



△再開 午前10時53分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 よろしいですか、ほかに質疑のある方。

     [「進行」と呼ぶ者あり]

 これで質疑を終結いたします。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第64号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第64号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第64号南部広域行政組合規約の変更についてを採決いたします。

 この採決は、起立によって行いますが、起立しない方は反対とみなします。

 本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は、ご起立を願います。

     [起立多数]

 賛成多数であります。従って議案第64号については、原案のとおり可決されました。



△日程第10 議案第65号(上程〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第10 議案第65号伊覇地区宅地造成及び区画道路築造工事(25−1工区)の変更請負契約の締結についてを議題といたします。

 本案についての提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第65号伊覇地区宅地造成及び区画道路築造工事(25−1工区)の変更請負契約の締結について。

 首題のことについて、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(平成18年八重瀬町条例第44号)第2条の規定に基づき、別紙のとおり変更請負契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、議会の議決を求める。

 記、1.契約の目的、伊覇地区宅地造成及び区画道路築造工事(25−1工区)の変更請負契約。2.契約の方法、随意契約。3.変更契約金額、変更前請負額金6,174万円、変更後の請負額6,244万円、増額金70万円。4.履行期間、変更前、25年8月7日から26年1月23日、変更後、25年8月7日から26年2月14日。5.契約の相手方、住所、沖縄県南城市大里稲嶺1253番地1、商号、有限会社伊世開發。代表者、代表取締役伊集薫。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 提案理由、土工、路盤工、排水工の数量変更が生じたため、請負額の増額及び履行期間の変更を行う必要がある。

 本工事の請負契約の締結は、議会の議決に付すべき契約及び財産取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を要する。

 詳細については、担当課長から説明いたします。ご審議よろしくお願いいたします。



○議長(知念昭則) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 補足説明をいたします。議運の方からございましたので、皆様のお手元の方に位置図の方があるかと思います。その変更概要図面の方でいきますと、庁舎予定地の南側区画の方のちょっと濃く色を塗っている部分がそうです。サッカー場の下の方になります。それを拡大したのが、左側の大きな図面の方になっています。その方についての工事の変更ということになっております。

 議案書の2ページ目の方で、工事変更契約書の写しを置いております。それについて、工事名、工事場所等は町長が申し上げましたようになっております。

 それと、増額としましては、70万円の増ということで、完了期日の方も先ほど申し上げましたとおりであります。

 6項の特約事項としましては、この契約は議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定による議会の議決があった旨、契約の相手方、契約者に通知したときに効力を生じるものとするということになっております。

 下の方で、平成25年11月25日の方で契約書の方は日付を打っております。

 工事については、先ほど説明があったように土木工で、土木工というのは切土、盛土等の話になります。

 路盤工、道路の整備で、それに伴う排水工の整備の数量の変更がございました。これについては、工事の入札残とか、今後、予定地の箇所の増ということになっております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 これから質疑を行います。質疑のある方、玉城武光議員。



◆12番(玉城武光議員) 

 この契約は、11月25日にやってあるんですよね。そうするんだったら、専決処分で出した方がよろしいんじゃないんですか。

 これを契約して後、契約した上で議会にあげるよりは、専決処分しましたというのがあれでしょう。これ非常にそういう面では、議会がなるべく専決処分しない方がいいという話はあるはずだけど、そういうあれだったら、25日に既にやったものを議会に承認を求めるとかするよりは、僕は専決処分にした方がいい、この金額もそんなに大きいものじゃないし。



○議長(知念昭則) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 ご提案有難うございます。実は、我々当局側としましても、その専決で処理をしたいんです。ところが、以前からこの議会事項においては、専決はするなという議会からの話がありましてやっておりません。

 今おっしゃるように、金額の中においては、専決処分をしてもいいという条例にはあるんですけれども、議会側からそのものについては、こういうふうに出してくれと。本会議で提案しなさいという話があって、こういう形になっております。

 できましたら、今後、条例で認められた案件につきましては、専決で済ませるようにしていただければと思ってはおります。以上です。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方、本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 金額は小さいんですけど、せっかく出されている議題ですから、一つだけ簡単な質問なんですが、実はこれ最初の例えば計画のときにその工事をやる範囲よりもちょっと延びたのか。なぜそこまで知らなかったのか、私はその辺が不思議なんですよね。

 要するに、途中で土工、要するに路盤工、排水工がこれだけ延びたということは、ここまでだよという、その指定ができなかったのか、その辺はいかがですか。



○議長(知念昭則) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。個別案件ではなくて、今後のために申し上げますけれども、先ほどもありましたように入札残を充てての増額という形になっておりまして、毎年度、この補助事業については、この年度年度、この地区については、この事業については、これだけの予算であるという形で割当がきて予算を組んでおります関係上、当初の発注において、今回6,174万円でありますけれども、実質はもっと上なんですよね、設計額は。

 この設計額、例えば7,000万円として7,000万円で発注した工事が6,174万円で請けたと。ということは、ごめんなさい。今70万円の増ですから、6,240万円程度と考えて下さい。その70万円増やしたというのは、入札残を充てて工事をすると。要するに、国、県に返すよりは、今回、予算もらっている部分を充てて増額、次年度以降計画している部分をやるというのが、ほとんどが増額契約の趣旨であります。

 次年度以降計画している分を先取りして、今回、入札残があった部分を充てて工事をするという形だというふうに、今後出てくるやつもほとんどがそれになります。そういうふうにご理解いただきたいと思います。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方、金城正保議員。



◆7番(金城正保議員) 

 課長、この場所は直接施工をやった場所だと思いますけれども、その直接施工をやったことによる納期の遅れ、工期の遅れもあったのかどうか、その辺のところを教えて下さい。



○議長(知念昭則) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 質問のとおり、直接施工をやった箇所であります。直接施工については、当初8月を予定しておりましたが、町の日程等々、及び本人の交渉等がありまして、10月の頭の方で直接施工の実施は行いました。それに伴う若干の工程的な変更はございます。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方。

 休憩します。



△休憩 午前11時05分



△再開 午前11時06分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第65号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第65号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第65号伊覇地区宅地造成及び区画道路築造工事(25−1工区)の変更請負契約の締結についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第65号については、原案のとおり可決されました。



△日程第11 議案第66号(上程〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第11 議案第66号団体営ため池等整備事業(宜次地区)の施行についてを議題といたします。

 本案についての提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第66号団体営ため池等整備事業(宜次地区)の施行について。

 団体営ため池整備事業(宜次地区)を施行したいので、土地改良法(昭和24年法律第195号)第96条の第2項の規定により議会の議決を求める。

 事業計画概要。1.施行年度、平成26年度から平成28年度まで。2.事業名、団体営ため池等整備事業。3.地区名、宜次地区。4.負担区分、国80%、県が11%、町が9%。5.工事概要、法面崩壊防止工事アンカー工128本、自立式擁壁工26本(H鋼)。6.概算事業費、1億4,506万7,000円。7.計画概要図、別紙のとおり。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 提案理由、本地区は、八重瀬町の北部に位置し、ハウス栽培の施設園芸や露地野菜、花卉が盛んな地域である。

 また、昭和58年から昭和63年にかけて団体営かんがい排水事業により、ファームポンドや末端整備(給水栓)が整備されている。

 しかし、近年の度重なる豪雨等によりファームポンドの基礎である島尻泥岩が風化し、浸食・崩壊が発生している。

 よって、本事業で法面を整備し、農業用施設の保護を行うとともに農業用水の確保を図り、農家の生産意欲向上及び農業経営の安定を図る。

 詳細については、担当課長から説明いたします。ご審議よろしくお願いします。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 説明する前に、議運の時に場所がわからないということで、手元の方にカラー刷りの宜次地区の位置図が届いているかと思いますので、それで現場、場所は確認できたかと思います。

 それでは、今回の団体営ため池等整備事業(宜次地区)の施行についてということでございますけれども、事業名が団体営ため池等となっていますけれども、これは別にため池をやる事業ではございません。今回やるのは、土砂崩壊の防止工事であります。そのために、ため池も含めてですけれども、ため池等とういうことで等が入っていますので、勘違いをなさらないでいただきたいと思います。

 それでは、2ページの方をお願いしたいと思います。計画概要となっておりますけれども、その中で今回、想定被害額として1億7,090万円、その内訳としまして、まず農地の方が937万円、農業用施設が6,101万8,000円、農産物として1,921万6,000円、公共施設等で8,129万6,000円、合計1億7,090万円の想定被害額を予想しております。

 現況でありますけれども、被害はこのファームポンドの南側の方の法面が崩壊をしていまして、もしこの法面が崩壊した場合の被害としまして、農道、町道が295メートル、豚舎1カ所、農家事務所2カ所、あとビニールハウスが14棟、被害農家が8棟ということになっております。

 続いて、下の方ですけれども、工事計画ですけれども、工事費、これは一式ということで計上していますけれども、法面崩壊防止工事として1億1,295万8,000円、測量試験費一式917万3,000円、用地補償費一式1,484万5,000円、現場技術費一式809万1,000円、計1億4,506万7,000円です。

 次、4ページの方をお願いしたいと思います。4ページの方に計画平面図があります。先ほど工法については町長の方からご説明がありましたけれども、続きまして次のページですけれども、これは標準断面図ということで、アンカー工法を採用しております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 これから質疑を行います。質疑のある方、本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 まず最初に、今年度の6月に私の一般質問の課題の早めの対処に有難うございましたとお礼を申し上げます。

 それで、まず私は先ほどの4ページのアンカー工事ですか、アンカー工事の表示してあるのを見て、ちょっと感じたんですが、私はこれ昔は産業道路と言っていたんですが、これから入って、ちょうどこのハウスの側にある農道、これは私の毎日のウォーキングコースです。それで毎日ここは見ています。

 それで、この表示してある部分を見たときに、この向かって左側の部分、要するにハウスのあるところ、特にハウスがいま1、2、3、4、5ありますね。5番目のこの角っこの方を一昨日、私は農家の方と現場確認しながら、今、こういうふうにしてアンカー工事の予定しておりますが、ここも必要じゃないのというふうにして話したんですよ。

 そしたら、確かに農家の方もおっしゃっていました。以前に、役場のご厚意でここにトンブロックを一応は設置して置いたんですが、地滑りでこれも一応は崩れているというふうにして、一昨日農家の方と話し合って、それでここまでは予定してなかったのか。その辺をまずはお聞きしたいんですが。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午前11時15分



△再開 午前11時16分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 ただ今の本村議員の質問にお答えします。その件につきましては、先ほど本村議員が土木建設課の方にいらして、うちの担当の方と話をされたということを聞いております。

 今回のこの計画概要については、既に調査し終えたので、今回のこういう平面と言うんですか、そういうふうになっていますけれども、今、本村議員がおっしゃったところの方は、まだ詳細には調査していません。

 平成26年にまた調査測量が入りますので、その時に現場を確認して対応したいと思っています。

 また、そこはとりあえず今計画の中で、このファームポンドの行く道路を計画していますので、それに併せて、もしそういった法面崩壊が見られるようであれば、どういう工法になるかわかりませんけれども、法面が崩れないような方法を取っていきたいと思います。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 今、表示してある法面の崩壊は平成22年の大雨のときから崩れかけて、改修するのはやってもらうんですけど、なぜこの期間、要するに22年からすると、もう2〜3年ぐらい経っているわけですよ。

 これはそのまま置くと、このファームポンド、要するにため池の容器と言うんですか、あれも何かしら傷があるというふうな情報もありますので、なぜ遅れたのか。現在の係は結構やっていると思います。とにかくその遅れた理由、よろしくお願いします。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 この事業が平成26年度からの採択ということになっております。本村議員がおっしゃるには、平成22年度頃から土砂崩壊が発生しているんじゃないかということですけれども、確かに我々もそれは認識はしております。現場も調査しました。

 しかし、すぐそれに対して県の方と調整をしまして、どういう事業が一番ベターか、再三調整をしていきながら、やっと採択に向けて、この工法でいこうということで採択が決まりました。

 確かに3年ですか、約3年も、もうほったらかしではないんですけれども、県の方とどういう事業が一番いいかということを詰めてきましたので、本来ならば土砂崩壊が起きる寸前ですので、早急にこの事業をやりたかったんですけれども、ちょっと予算の関係上ありまして、現在まで延びたということになっています。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 最後になりますが、確かにこの施行年度が平成26年度から28年度までになっておりますが、実際の着工の目途というか、その辺は計画なさっていますでしょうか、最後です。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 26年度に測量設計を入れまして、今、県の方と調整していますけれども、補正で予算が確保できるようであれば、測量設計が終わり次第、用地交渉とありますけれども、もし補正で予算が確保できれば、26年度の工期から施行をやりたいというふうに県と調整しています。

 ただ、それができなければ、施行自体は27、28になるかと思います。以上です。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方、玉城武光議員。



◆12番(玉城武光議員) 

 議案には賛成です。1点だけ聞かせて下さい。この災害を未然に防ぐために整備施行することになっているんですが、事業費の中に被害想定額ということがあるんじゃないですか、この被害想定額と関連があるのかどうか、その事業費は。

 それから、その工事の中に用地補償費というのがあるんですが、この用地補償費というのは、法面のアンカー打つところの地図があるんですが、そこは用地買収するということですか。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 玉城議員の質問にお答えします。想定被害額としまして1億7,090万円ということを出しています。これは、もしこの法面が崩壊したら、どれぐらいの被害が出るかという想定で出しております。

 その内訳として、農地、農業用施設、あと農産物、公共施設等が被害を被るだろうということで、想定被害額ということで、1億7,090万円を出しています。

 あと用地補償費ですけれども、このアンカー工法する場所は、現在、個人の土地になっておりまして、町としては用地買収をして、この工事をやっていきたいと考えております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 玉城武光議員。



◆12番(玉城武光議員) 

 課長、私が聞いたのはこういうことですよ。被害想定額、要するに想定額のいくらかのことがあって、事業費が査定されるのかということです。要するに、1億7,000万円被害を受ける、これに関係なく、この事業は1億4,000万円の事業をやるということなのか。

 その被害想定額と関係なく事業はこういう施行でやれば、こういうことが事業費として計上されるという算定をしているのかどうかということ。

 要するに、被害想定額と関係なく事業費はやられるのかということです。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 お答えします。被害想定額というのが1億7,090万円、今回の事業費が1億4,506万7,000円ということになっています。

 これについて被害額と、あと工事を行った場合の費用対効果というのがありまして、それが1.0以下になったら、採択基準が難しいということになります。

 今回、この費用対効果を出した場合、1以上になっていますので、概算事業費ですけれども、一応1億4,506万7,000円ということに決まりました。以上です。



○議長(知念昭則) 

 よろしいですか。



◆12番(玉城武光議員) 

 はい、いいです。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方。

     [「進行」と呼ぶ者あり]

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第66号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第66号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第66号団体営ため池等整備事業(宜次地区)の施行について採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第66号については、原案のとおり可決されました。



△日程第12 議案第67号(上程〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第12 議案第67号平成25年度八重瀬町一般会計補正予算(第6号)についてを議題といたします。

 本案についての提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第67号平成25年度八重瀬町一般会計補正予算(第6号)について。

 首題のことについて、地方自治法第218条第1項の規定により、別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 3枚目開けまして、平成25年度八重瀬町の一般会計補正予算(第6号)は、次に定めるところによる。

(歳入歳出予算の補正)第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億3,328万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ120億4,787万9,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款、項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次。

 詳細については、担当課長から説明いたします。ご審議よろしくお願いいたします。



○議長(知念昭則) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 それでは補足説明をいたします。お手元の補正予算書第6号の1ページをお願いいたします。

 第1表歳入歳出予算補正、歳入の合計を読み上げたいと思います。補正前の額が119億1,459万3,000円、今回補正額13億、1億3,328万6,000円で、120億4,787万9,000円でございます。

 内訳につきましては、今回、殆どが人件費に関することでございますので、省略したいと思います。

 続きまして、2ページの方をお願いいたします。歳出の方を読み上げます。歳出につきましても、歳出合計の方を読み上げます。補正前の額が119億,459万3,000円、補正額1億3,328万6,000円、計120億4,787万9,000円でございます。

 今回のお手元にお配りしてあります一括交付金の部分について、ご説明をしたいと思います。

 よろしいでしょうか。上段、上の方に歳出科目、そして右側の方で補正前の額です。今回の6号補正額、流用済額、現予算額、交付金額、右側の方に内諾について記載しております。

 今回の6号補正で追加、あるいは減額した部分について読み上げて説明をしたいと思います。左側の方に番号を振られていますので、そこを基準にしてお願いしたいと思います。

 左側、7番の方です。戦没者援護台帳システム導入委託事業、これにつきましては、378万円の減額となっております。これは最終、県の方から内諾を得られないということで、今回、減額ということになっています。

 そして9番、墓地管理システム導入事業、これにつきましても155万4,000円、内諾が得られないということで取下げをしております。

 続きまして、10番目の農業機械施設整備事業1,160万円、これにつきましては追加でございます。

 中段辺りで36番で印紙代としまして5,000円追加しまして、これは組替でございます。39番、玻名城の郷整備事業1,100万円の減額でございます。44番、ハナンダー自然橋整備工事1,316万5,000円の追加でございます。

 46番、ハナンダー自然橋用地購入費20万2,000円の減額でございます。

 続きまして、47番と48番、県外研修、国外研修旅費につきましては、内諾が得られませんので、取下げとなっております。

 57番、公園管理機械機器購入費29万1,000円、これにつきましては追加でございます。70番と71番ですね。中央公民館耐震診断業務388万5,000円、下の印刷製本費65万6,000円につきましては、取り下げてございます。

 下段の方の79番、防犯カメラシステム導入業務2,497万6,000円、これにつきましては新規追加でございます。一番下の82番、備品購入費756万3,000円の減額、これにつきましては取下げでございます。

 一番下の方に合計額、補正前の額6億5,228万円、今回の6号補正で2,108万7,000円を追加いたします。よりまして、右側の現予算額が6億7,539万1,000円となりまして、交付金額は割当交付額5億2,000万となっております。以上でございます。



○議長(知念昭則) 

 これから質疑を行います。質疑のある方、金城正保議員。



◆7番(金城正保議員) 

 何点か質問をさせていただきたいと思います。22ページお願いします。説明の方で、児童家庭課長にお伺いします。子ども安心基金特別対策事業2,010万円ありますが、これの具体的な事業、どういったことをやっているのかということを教えて下さい。

 それと、その下の方の子ども手当9万1,000円、国の政権が代わって児童手当、子ども手当から児童手当に変わったと思うんですが、なぜこれが子ども手当がここにあるのか教えて下さい。

 それと、その下から2段目の遊具施設補修工事63万円、これはどこの施設なのかと。保育所なり、幼稚園なり、教えて下さい。

 それと27ページ、農林水産業費で森林整備事業委託料とあります。額は小さくて3万5,000円ですけれども、これはどこは森林に値するのか。それとどういった事業なのかをもう少し詳しく教えて下さい。

 あと一つ37ページ、学校教育課長ですかね、レンタル衣装代、東風平中学校で9万6,000円、どのような事業をやられたのか教えて下さい。以上です。



○議長(知念昭則) 

 児童家庭課長。



◎児童家庭課長(石原朝子) 

 お答えいたします。22ページの安心子ども基金特別対策事業2,010万円ですけれども、これは保育所の分園の改修分、2カ所の追加に伴う増になっております。

 20節の扶助費、子ども手当9万1,000円、これは確かに今は児童手当に変わっておりますけれども、23年5月に申請があったもので、保留をしていたものが離婚協議中のものが解消されたために、この子ども手当が支給されることになっております。1世帯のみです。

 そして遊具施設補修工事ですけれども、これは東風平運動公園体育館横にあります平成12年に設置してあります大型遊具の補修工事になっております。以上であります。



○議長(知念昭則) 

 農林水産課長。



◎農林水産課長(新垣隆之) 

 お答えします。27ページの森林整備事業の委託料の増なんですが、これは場所は八重瀬公園の桜の施肥、施肥というのは肥料を与えること。それから下刈り、桜の下の草刈り作業をする業務になっておりまして、当初予算でも計上していますが、今回の補正増は人件費の増によるものです。以上です。



○議長(知念昭則) 

 学校教育課長。



◎学校教育課長(新垣正次) 

 ご答弁申し上げます。ページ37ページのレンタル衣装代ということで、東風平中学校ということで記載されております。

 レンタル衣装代ですけれども、これは総合学習の中の彩雲祭の発表会において琉舞で使用したレンタル衣装代であります。

 ただ、当初予算においては教材の備品レンタルの中に含まれていたものですけれども、今回、補正で改めてレンタルの衣装ということで、そこからの細節をもって充てたということで、当初はその中に含まれていたということであります。



○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。



◆7番(金城正保議員) 

 児童家庭課長にもう少し詳しくお伺いします。先ほどの安心子ども基金特別対策事業、これは分園が2カ所追加になったということですが、分園は合計で何カ所予定しているのか。

 それと、先ほど下の方の遊具、遊具施設補修工事、運動公園の遊具と言いましたよね。あれが何で児童家庭課の管轄なのか。ちょっと意味がよくわからないので、その辺教えてもらえますか。

 それと、あそこの運動公園の遊具について、確か5,000万円以上かかったというふうに聞いております。それと設置してからそんなに長く経ってないと思うんですよ。

 今、見てきたら、下の方のパイプ、基礎が腐れて倒れるんじゃないかというところも散見されていて、非常に使用禁止の札がなされているんですよね。あれ何年でこのようなことになっていたのかと、下の方に穴が空いて。

 それをどのように今後、改良していくのかということまで含めてお願いします。



○議長(知念昭則) 

 児童家庭課長。



◎児童家庭課長(石原朝子) 

 説明させていただきます。安心子ども基金の方ですけれども、これは9月補正では、賃貸料のみの分園は2カ所です。当初と変わりません。9月補正のときは、賃貸料のみ計上してありました。今回の計上は、物件の中の修繕の方になります。修繕費の増の分を計上してあります。

 そして遊具の方ですけれども、東風平運動公園の体育館横に設置してあります平成12年度に大型遊具を設置されているものです。それの支柱等の腐食が生じていますので、その支柱等の補修をしてまいります。



○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。



◆7番(金城正保議員) 

 体育館の後ろの、休憩でもいいんですけど、体育館の後ろの方の



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午前11時40分



△再開 午前11時41分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 金城正保議員。



◆7番(金城正保議員) 

 課長、大型遊具の方、平成12年にやったというやつですけど、要するに13年ぐらいになっているわけですね。足元の方が、基礎の方が腐れて、穴が空いているということなんですけれども、普通の施工方法では、要するに土地が、要するにGLが来るところまでは、それより高くコンクリートで巻くはずなんですよ。それが1カ所も巻かれてないんですよね。言うなれば、そのまま上から垂れてきた水分が、そのまま土に混じって、いつも濡れている状態であるということでありましたら、実際的には腐食するのも早いと思うんですよね。耐久性に問題があるんじゃないかという。

 それで、今後、工事されるということなんですけれども、あれは応急措置でやるのか。それとも徹底的に取り替えるのかどうか。この辺だけ教えて、最後にします。



○議長(知念昭則) 

 児童家庭課長。



◎児童家庭課長(石原朝子) 

 お答えいたします。取り替えますと、2,000万円超しますので、応急措置としまして、今、正保議員がおっしゃったように、足元の方は水分で腐食しないように、それを考えて今回は補修工事をさせていただきます。以上です。



◆7番(金城正保議員) 

 以上です。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方、本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 まず最初に、企画財政課にお聞きしたいと思っております。私は、この資料をもらう前に個人なりに全部一括交付金関係を抜粋して、トータルまで出したんです。そしたら、マイナス部分が2万8,950円、それからプラス面で5,003万7,000円となっております。

 いろいろと理由はあったかもしれないけど、先ほどの計画取り下げは、県の内諾ができなくて、こういうふうになったという簡単な説明だったんですが、このプラスになった分のこれは県とヒアリングしながら、調整しながら、これは計画予算立てたのか。

 もし、そうでなければ、去年度のようにそのまま返すような方法とか、とにかく自分たちとしては、前例があるものですから、この一括交付金に対しては、非常に注目しているんですが、その辺を詳しくお聞きしたいと思っております。

 それから私、歳入関係もみんなチェックしましたんですが、これは一括交付金じゃないんですが、項目ごとの歳入のページ、8ページ、国庫支出金、保育所運営費負担費マイナス2,426万6,000円、それから10ページの県支出金、保育所運営費負担金1,213万3,000円、トータルで3,639万9,000円なんですが、これが要するに収入が減ったために関連してP22ページ、法人保育所措置給食費負担金とか、それから認可外保育所指導監督基準達成支援事業とか、最初の法人措置は、2,901万6,000円、それから認可外なのは605万円と、トータルで3,566万円。

 私が聞きたいのは、あれほど八重瀬町の場合は、待機児童が多いこの町内において、この予算の消化しきれなかったのか、なぜこういうふうにしてやったのか。私は、その辺が疑問なものですから、質問にあげました。

 それからP26ページ、農業機械施設整備事業1,160万円、これは一括交付金なんですが、これの内容をお願いいたします。

 それからP6ページ、国有提供施設等所在市町村助成交付金がありますが、この方もご説明お願いいたします。

 それから最後になるんですが、実はP9、歳入で八重瀬分屯地障害防止対策事業3,568万7,000円とあります。支出でP31ページ、排水整備工事事業、これは分屯地の関連かと思うんですが、これが3,300万円なんです。差額の268万7,000円、これは人件費なのか。それともどこかで別の用途で使ったのか。この差額分の説明をお願いいたします。



○議長(知念昭則) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 それでは、まず一括交付金について説明いたします。今回の県との調整もやられているんですかというところですけれども、それぞれ事業の追加、取り下げする事業につきましては、それぞれ県と相談しながらやっております。

 右側の方に内諾◯ということでついている部分、空白の部分については取り下げでございます。

 今、下から4番目の防犯カメラシステム導入事業、これにつきましては新規追加でございまして、それについては、今まだ内諾を得ていないというところでございます。他のものにつきましては、追加とかでございますので、内諾を得ているということでお願いいたします。

 それと、あと予算の方の歳入の方の6ページの国有提供施設等所在市町村助成交付金250万8,000円ですけれども、これは交付確定によるものでございまして、これは八重瀬町内の自衛隊基地施設に共有する固定資産、土地家屋について交付される交付金でありまして、この助成交付金は固定資産の価格によるもののほか、市町村の財政事情も算定に加味されて交付される交付金でございます。以上です。



○議長(知念昭則) 

 児童家庭課長。



◎児童家庭課長(石原朝子) 

 お答えいたします。保育所運営費の国、県の補正減ですけれども、これはみどりが丘保育園と第二具志頭保育園の定員変更に伴う減額になっております。

 そして認可外保育園指導監督基準達成支援事業ですけれども、これは当初3カ所を予定して予算計上しておりましたけれども、要求された園は1カ所のみでしたので、2園分を減額してあります。以上です。



○議長(知念昭則) 

 農林水産課長。



◎農林水産課長(新垣隆之) 

 26ページの農業振興費負担金補助金及び交付金の農業機械施設整備事業1,160万円ですが、これはパワーショベルです。補助の相手は、東風平農業機械管理センターで昨年度も導入しております。

 ですから、十分に執行が可能なものです。以上です。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 歳入の方の9ページですけれども、総務費国庫補助金として八重瀬分屯地障害防止対策事業としまして、3,568万7,000円の国庫補助金の歳入がありまして、続きまして歳出としまして31ページ、道路新設改良費の方の委託料の方に施工管理委託料としまして、八重瀬分屯地268万7,000円、あと15節の工事請負費の方に排水路整備工事として八重瀬分屯地3,300万円、トータルしますと3,568万7,000円ということになりまして、歳入歳出、一応プラマイゼロになります。以上です。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 児童家庭課にお聞きしたいんですが、先ほど話したとおり、本町は待機児童が増えているという話は聞きますが、なぜ、みどりが丘と具志頭保育園が事業計画変更をしたのか。その辺の詳しい内容は、ご存じですか。



○議長(知念昭則) 

 児童家庭課長。



◎児童家庭課長(石原朝子) 

 お答えいたします。みどりが丘保育園は、90名定員を今年度110名定員に変更しております。そして第二具志頭の方も45名定員を60名定員に、そうしますと児童の一人当たりの単価が低く、減になっていきますので、その分の減額になっております。



○議長(知念昭則) 

 本村繁議員。



◆5番(本村繁議員) 

 企画財政課にちょっと聞きたいんですが、要するに一括交付金のマイナスがありますね。その中で、中央公民館耐震診断業務388万5,000円の取り下げになっておりますが、私は、中央公民館を利用する機会が多くて、よくその建物を見るんですが、あちこち本当に今にもちょっと心配なところがあるんですが、これは県からこういうふうに取り下げといったときに、安易に「はい」と言ったのか。

 私は、これは中央公民館ですから、これは町内の町民が利用する、そこでいろんな面での要するに町民のコミュニケーションの場所にもなるわけです。安心して使える施設にするためには、これをどうしても必要だということで、県に申し出をしなかったのか。その辺はいかがですか。



○議長(知念昭則) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 お答えします。耐震診断業務でございまして、あくまでもこの施設の耐震診断に係る分については、この一括交付金では難しいですよということです。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午前11時55分



△再開 午後1時30分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 午前に引き続きまして、平成25年度八重瀬町一般会計補正予算の質疑を継続していきます。質疑のある方、宮城勝也議員。



◆1番(宮城勝也議員) 

 予算書40ページにもありますけれども、一括交付金事業の新規の分、防犯カメラシステム導入業務について、新たに2,497万6,000円計上されております。この事業導入業務の内容について、場所、あとどういう目的で設置されるのか。

 先ほどの質疑の中にもありましたけれども、一括交付金については、沖縄の振興に資する事業、あと特殊性に起因する事業が交付金の対象になるというふうに私も理解しているんですけれども、その内容がそういうふうな形で、どのように今回、県と調整が行われているのか、その辺をまとめてご答弁をお願いします。



○議長(知念昭則) 

 社会体育課長。



◎社会体育課長(玉城光次) 

 お答えします。40ページの防犯カメラシステム導入業務の件ですけど、場所は東風平運動公園の中でございます。設置は14カ所で24基の防犯カメラを設置します。

 前に暴行事件がありまして、かねてから要請しておりました防犯カメラがようやく設置できるということで、防犯上の予防にもなるかと思います。以上です。



○議長(知念昭則) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 ただ今の防犯カメラの設置事業ですけれども、今回の12月の最終の追加でいま県等にあげているところです。今、ヒアリングの途中なんですけれども、手応えとしましては、何とか内諾を得られそうではあるんですけれども、まだ最終決定ではありません。



○議長(知念昭則) 

 宮城勝也議員。



◆1番(宮城勝也議員) 

 すみません、その辺のところをちょっと知りたいんですけれども、先ほどの耐震のものが認められないということで取り下げしたということなんですけれども、この辺の防犯が先ほど説明ありましたけれども、東風平運動公園の方で数年前に暴力事件があって、それが特殊事情として、それを防ぐために認められるというものではないと思うんですけれども、この一括交付金の対象になるという部分で、どのように県と調整しているのかという内容、もしこれが認められなければ、また2,500万円が今回、一括交付金の枠が浮いてしまうというようなことがちょっと懸念される部分があるんですけれども、その辺について、もう少し詳しくご説明をお願いします。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午後1時33分



△再開 午後1時34分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 お答えします。運動公園は、ただ今、野球のキャンプを始めているところです。その一帯をスポーツのキャンプの中で防犯的なものも必要でありますし、キャンプ一体的な運動公園の整備の中で、防犯カメラの設置も可能であるということで、今申請しているところです。



○議長(知念昭則) 

 宮城勝也議員。



◆1番(宮城勝也議員) 

 この件については、理解できました。有難うございます。

 あと1点なんですけれども、この一括交付金事業の中で、玻名城の郷整備事業の中で、今回1,100万円減額となっておりますけれども、この事業については、前々からいろいろ議会の中でも説明を受けているんですけれども、この事業に関して平成22年に具志頭地域を中心にした観光資源発掘調査を行った町内在住の研究者の方から、この事業に関してちょっと意見がありまして、この工事に関する環境アセスの部分の調査、あと町としては、どのように考えているのかということで、観光商工係の職員にもその旨、意見を述べているというようなところで、お話は聞いております。

 海岸沿いでもありますし、今後、この事業の先々には、この玻名城の郷のビーチを活用した、いろんなマリンメニューとか、商品の開発をするところなんですけれども、この地域は皆さんご承知のとおり、具志頭城址近辺で、あと貴重な戦争遺跡だとか、観光資源の自然資源も残っていると思うんですけれども、この辺についての調査を行ったのか、それとも行うのか。

 あと今後、どのようにこの環境について考えているのか、その辺についてご質問したいと思います。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 NPO法人の方から先月の29日に文書が来ていまして、中身としては、この地域一帯は、貴重な動植物がいるということで、ぜひ環境アセスをやったらどうかという提案でありました。

 担当課としましては、関係課と調整して、そのNPO法人の代表者と近いうちお会いしまして、話を聞いてから対応しようということで、内部ではそのように話をしております。以上です。



◆1番(宮城勝也議員) 

 以上です。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方、新垣正春議員。



◆2番(新垣正春議員) 

 2点ほどお聞かせ下さい。31ページですか、予算書、今の玻名城の郷整備事業の件なんですが、1,100万円減額補正なんですけれども、これのもうちょっと理由を聞かせて下さい。

 そして、今の関連ですけれども、まずは環境アセスをするとなると、この事業執行にどういう影響が出るのか。その辺まで検討されているのかということと、それから35ページ、教育委員会の教育評価委員の4万円の報酬があるんですが、これの人数というか、何名で何時間、何回かという積算のその数字をちょっと教えて下さい。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 31ページの道路新設改良費の中の13節委託料でございますけれども、玻名城の郷整備事業一括交付金ということで、1,100万円の減をやっておりますけれども、これについては当初、予算措置として1,800万円を予定していまして、その中にいま玻名城の郷地主会がリンクスさんに貸している借地の中の遊歩道の設計も入れての委託料でありましたけれども、今回、そこの借地されている部分を外して、残りの方の測量設計をいま入れていまして、その分の減ということであります。

 それから環境アセスがどのように影響するかということでございますけれども、現在、アクセス道路の部分は、ほぼ現道路の改良でありまして、環境にはそんなに影響ないんじゃないかということで、担当課の方では理解していますけれども、それ以外のこれから造る遊歩道関係については、県の自然保護課とも調整していますけれども、できる限り現道、現況を利用した遊歩道を造ってもらいたいという提案もありまして、ただ、人が通れる程度に木の伐開等は出てくるかもしれませんけれども、極力、岩を削ったり、また人工物のコンクリート等を流したりすることはできるだけ避けていくような設計を取り入れていきたいと思います。

 環境アセスについては、先ほどもお答えしましたけれども、先週の話が急に出てきているものですから、まだ担当課としては、取りまとめてどうしようというふうには、まだ結論は出していません。これも今後、関係課等々も調整していきながら考えていきたいと思っています。以上です。



○議長(知念昭則) 

 学校教育課長。



◎学校教育課長(新垣正次) 

 ご答弁申し上げます。教育評価委員ということで、3人の2日間で2時間で予定しております。



○議長(知念昭則) 

 新垣正春議員。



◆2番(新垣正春議員) 

 これは確認なんですが、教育委員会の事業の点検評価に関する提出義務があるんですけれども、それを外部の識見者ということで行うという、その評価委員ということでよろしいですよね。



○議長(知念昭則) 

 学校教育課長。



◎学校教育課長(新垣正次) 

 そのとおりでお答えします。



○議長(知念昭則) 

 新垣正春議員。



◆2番(新垣正春議員) 

 3月の定例会でも教育長、この点検報告書は、その12月の定例会には出したいというようなお話でしたし、それから要綱の中でも12月定例会に出すように努めるというふうにあるんですが、これは12月に出せるんですか、どうですか。



○議長(知念昭則) 

 学校教育課長。



◎学校教育課長(新垣正次) 

 そのように委員会の委員とも詰めて、そういうふうに計らっております。



◆2番(新垣正春議員) 

 以上です。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方、神谷清一議員。



◆13番(神谷清一議員) 

 2、3点質疑したいと思います。まず、40ページの体育施設の委託料、先ほど同僚議員の方から防犯カメラシステム導入業務の件で質疑があったんですけれども、関連して何点かしたいと思います。

 先ほどこの防犯カメラを導入する目的、それから14カ所で24基という話があったんですけれども、お聞きしたいのは、まず県内の他の市町村、あるいは県内のいろんな公園がありますけれども、こういった公園内で防犯カメラを設置した事例と言うんですか、調査したことがあるかどうか。もし、わかれば説明をしてほしいと思います。

 そして設置する場合に、これは人権問題とか、いろんなプライバシーの問題との関連があるものですから、やはり場所とか慎重にやらないといけないと思うんですけれども、その辺、先ほど14カ所で24基という話なんですけれども、具体的にどういうところに設置しようと考えているのかどうか。

 そして運用する場合、これは例えば、今の社会体育施設の方で防犯カメラの映像が見れるように、職員が常時そこにいるのかどうか。あるいはまた職員の勤務時間はいると思うんですけれども、勤務以降、5時以降何かは、例えば嘱託の職員なのか。あるいはガードマン、ガードマンが何カ所かに常駐していますけれども、このガードマンの方が来てやるのか。その辺の運用にあたっては、どういうふうに考えているのか。これの説明を求めたいと思います。

 ぜひ、お願いしたいのは、人権問題とか、プライバシーの保護という観点からも、防犯カメラはいいんですけれども、どういうふうにやるのか、その辺は弁護士だとか、人権擁護委員だとか、いろいろな方がいますけれども、専門の方々の意見も聞いて、ぜひ慎重にやってほしいなというふうに思いますけれども、これについてどういうふうに考えておられるか。答弁を求めたいと思います。

 それともう一つは、一括交付金の件でありますけれども、企画財政課長からいろいろな資料を丁寧に、詳しい資料をもらいましたけれども、これによると計画の取り下げ、それから追加ということで、新規とかいろいろありますけれども、先ほど副町長は答弁の中で、やりたいのはたくさんあるけれども、全部はできなかったという感じの絞った言い方をしていましたけれども、私はA3の一覧表を見ると、確かにそれぞれ必要な事業ではあると思うんですけれども、必ずしも緊急性でないものもあるんじゃないかという気がするんですよ。

 もっともっと八重瀬町としてやらなければいけない課題は、いろいろたくさんあると思うんですけれども、本当にそういう面での検討はされたかなということで、ちょっと疑問なんですよ。

 一例をあげますと、例えば、前に私言いましたよね。具志頭城址、城址の方に東屋がありますよね。あそこは、よく毎日のように観光、高校生が修学旅行で来て、東屋に登って平和ガイドの方が説明するんですね。

 ところが、東屋のこの手摺り鉄筋が腐食して、もう危ないんですよ。私は、この件は何度か言いました、本会議でもですね。

 担当課長は、いろいろ調べてやったんですけれども、もしあれが町の管理であるならば、早急にやはりあれも一括交付金で私たちはやるべきじゃないかと思いますけれども、これは観光と関連させても、すぐできるものじゃないかと思うんですよ。

 こういう危険を伴うものについては、観光客の安全を守るという点で、私はもし該当するのであれば、それを優先的には、それを本来はもっとやるべきじゃないかということで、これについて、もし担当課の方がわかれば、この件も検討したかどうか。それともまだなのか。これからやる予定があるかどうかを含めて、答弁をいただきたいと思います。

 もう一つは下水道、今、八重瀬町は雄樋川と、それから港川、両方の下水道事業がありますけれども、ところが接続率が30%以下ということで、南城市だとか、与那原町に比べると、相当低いんですよ。

 前にもいろんな議員が委員会等々でもっといろんな対策を取って、この接続率を上げるべきじゃないかということで指摘をしましたけれども、私はたまたま与那原町の11月の広報を見ましたら、与那原町は下水道への接続補助を一括交付金でやるということで広報に載せたんですよ。

 これ10万円以上かかったものは10万円、10万円以下のものは、要するに5万円以下は5万円ということで、金額もちゃんとやっているんです。大体、あれは接続高い人で50万円とか、30万円とか、平均30万円ぐらいと思うんですけれども、それからすると、結構、接続しようと思っている方については、相当の大きなメリットがあって、接続率も私はだいぶ上がるかと思うんですよ。

 そういう点で、ぜひ他の市町村の調査もなさって、この下水道への接続の補助ですね。与那原町がやっているわけですから、ぜひ八重瀬町でも早急に、これを検討してやってほしいと思いますけれども、こういったものも企画財政からとか、他の課の方でも検討されたかどうか。これも含めて答弁をお願いします。



○議長(知念昭則) 

 社会体育課長。



◎社会体育課長(玉城光次) 

 お答えします。防犯カメラの方で、他の市町村に設置してあるかというご質問でありますが、1カ所はあるとは聞いております。町村に関しては、私の方でちょっと把握していませんので、あとで報告したいと思います。

 それから主にどこに設置するか、14カ所の方ですけれども、主に11時以降はゲート閉まりますので、ゲートの北ゲートとか、南ゲートとか、入口を中心に施設の中、体育館とか、駐車場等々を含めて、ゲートでやれば、あとは中の方でやっていきたいと思っております。

 人権の保護とかということで、専門的に相談するかということでございますが、その方はあとで検討していきたいと思います。

 その方で、どこに設置するかということ、モニターは体育館の事務所の中で常時見れるようにということで、何かあったら、すぐ対策できるというような方向で、体育館の事務所の中に設置をしていきたいと。

 それで、その後、時間外をどうするかということで、今、ガードマンが陸上競技場で待機しているんですが、向こうに設置すると、今度は時間内の管理とかというのができないものですから、あとで総務課の方とガードマンの常駐の場所とかというのは、設置後に検討していきたいと思います。以上です。



○議長(知念昭則) 

 企画財政課長。



◎企画財政課長(金城勇誠) 

 ご指摘のあります具志頭城址公園なんですけれども、確かに手摺りの方が朽ちれたり、ちょっと危険な状態も見受けられるんですけれども、その一帯、観光としましては具志頭海岸からクラシンジョウ、具志頭城址、その玻名城の郷一帯を自然体験観光という意味合いで、その一帯を今回の一括交付金で事業として取り組めるかについては、これから検討していきたいと思います。

 そして企画財政課においては、各課の事業計画について取りまとめをしているところですけれども、各課からあがったものを優先的に県にあげながら、調整しながら、事業を仕組んでいるところでございます。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 下水道の接続については、30%弱ということでありますけれども、担当課としては、いかに接続率を上げるかということに頭を悩ましているところでございます。

 この下水道の接続についても一括交付金が利用できないかということで、財政課の担当と相談をしていますけれども、回答として、個人の利益に寄与することは一括交付金では認められないよということでございました。

 ただ今、神谷清一議員がおっしゃった与那原町は、この一括交付金を利用して接続をやっているということでございますので、与那原町の方にちょっと問い合わせしてみて、どういうふうにこの一括交付金を利用しているか調べてみまして、もし八重瀬町でも、この一括交付金が使えるようであれば、接続率を上げるためには、ぜひ導入したい事業だと思っていますので、与那原町の方に行って調べてみて、もし活用できれば、活用したいと思います。以上です。



○議長(知念昭則) 

 神谷清一議員。



◆13番(神谷清一議員) 

 有難うございます。この一括交付金もなかなか使い勝手が悪いと言われていますけれども、しかし、この一覧表を見ると、結構いろんなものに使っているものですから、本当にこういうものに使っていいのかなということで、ちょっと疑問な点もあるものですから、ぜひ企画財政課長はじめ、関連する担当課、県内の他の市町村の状況もよく調査をして、やはり住民の利益になるものについては、町の発展に期するものについては、どんどん積極的に利用できるように頑張って取り組んでほしいと思います。

 それから先ほど社会教育課長から言いました防犯カメラの件、あれはもう一度確認しますけれども、ゲートが閉まった11時以降ですか、11時以降、朝は6時までですよね。その間だけの運用ということなのか。それとも11時以前の昼間の時間帯は全く使わないということで理解していいんですか。



○議長(知念昭則) 

 社会体育課長。



◎社会体育課長(玉城光次) 

 お答えします。24時間体制でございます。



◆13番(神谷清一議員) 

 以上です。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方、玉城武光議員。



◆12番(玉城武光議員) 

 質疑します。15ページの歳入、土地区画事業資金貸付金の元利収入6,988万6,000円、これは返済期日が来たので返済されたのか。その貸付金ですから、契約書はどのようになっているのか。

 17ページの歳出なんですが、2款総務費の1目一般管理費、4節の賃金職員等の社会保険料793万4,000円の補正増になっているんですが、その補正増になった説明をお願いします。

 同じく歳出の20ページ、3款の民生費、2目心身障害者福祉の21節の扶助費4,439万4,000円の補正増となっているんですが、増額になったこの扶助費の説明をお願いしたいと思います。

 3点目は、先ほども説明があったんですが、31ページの8款2項道路橋梁費の玻名城の郷の整備事業が1,100万円減額になった理由なんですが、先ほどの説明で借地の部分の測量設計を外したと。1,800万円の当初の予算が1,100万円減額になったんですから、これは大きな事業の減だと思うんですが、その事業の減になった理由を説明していただきたい。

 それからそのことに関して、先ほど環境アセスは入れた方がいいんじゃないか申し出があったということで、課長の答弁では環境アセスをしても影響はないだろうという話が、答弁があったんですが、当然、環境アセスをやったら、事業に影響出ることがあるんですよ、環境アセスやったら。

 だからこの事業、当初予算よりどんどんどんどん減ってきているこの一括交付金の中で、昨年もそうでした。今年も減額になってきて、なぜ減額になったかと言ったら、要するに事前に地主との事業説明とか、そういうのがなくて、そういう結果になっていて、また環境アセスの申し出があって、それをやらなくちゃいけないということがあっての事業減と、こういう一括交付金がどんどん事業減としてやってくると。

 こういうのは、前に戻してはじめからやり直した方がいいんじゃないかなと私は思うんですが、どうなんでしょうか。



○議長(知念昭則) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 質問の収入に関する15ページの方になります貸付金元利収入ということで6,988万6,000円については、4月の議会の方で議決してもらった富盛への貸付金で、5月9日で富盛の方に1億7,197万3,000円等々の貸し付けをやりました。

 それについては、保留地の17筆を処分してまいりまして、7筆の保留地が売れましたので、それを町に売れ次第、収入が入り次第、それを町の方に入れていくということで、今回の議会の方への提案になっております。

 本日、段階においては10筆が売れておりまして、総額としましては、1億1,739万円程度の方の収入は入る見込みにはなっております。



○議長(知念昭則) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 質問にお答えをいたします。予算書の17ページの一般管理費、共済費の賃金職員と社会保険料の今回の補正額でございますが、この額につきましては、昨年、当初予算を組んだ、予想した賃金職員の人員を大きく上回っておりまして、平均しますと25〜26名の毎月の増があるということと、今年の9月から厚生年金保険料の率が若干変わりまして、この分がおよそ30万円から40万円ぐらいの金額が含まれております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(宇地原毅) 

 20ページの扶助費なんですけれども、4,439万4,000円、この方は更生医療給付費、あと障害者介護給付費、訓練等給付費、障害者児童通所支援費、あと育成医療給付費、5項目の方が当初見込みよりは、かなり利用者が増えたという部分での増額となっております。以上であります。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 31ページの2目道路新設改良費の中の13節の委託料ですけれども、玻名城の郷整備事業ということで、一括交付金でマイナスの1,100万円と出ています。

 先ほどの新垣正春議員の答弁の中での答弁を訂正したいと思います。当初、この委託料は1,900万円予算計上していました。今回、1,100万円を減にしまして、委託料800万円ということになっております。減った理由は、遊歩道のこれは設計ですけれども、現在、玻名城の郷地主会がリンクスさんに貸している敷地内は、まだ同意はもらえていませんので、それ以外のところの設計を今回進めようということで、1,100万円の減にしております。

 先ほど環境アセスはやらないとは言っていませんけれども、やらないと言ったところは、現在、海に降りる道路、我々はアクセス道路と言っていますけれども、アクセス道路の既存の道路の改築ですので、この道路については、環境アセスは必要ないだろう。

 ただ、赤土流出防止等に関しましては必要ですので、これはまた県の方に申請しますけれども、あと遊歩道に関しては、まだ必要かどうかの判断は下していませんけれども、先ほども申し上げたように、関係課と調整しながら、必要というふうに結論づければ、それなりの予算措置をして、環境アセスの調査をしなくちゃいけないんじゃないかなと思っています。以上です。



○議長(知念昭則) 

 玉城武光議員。



◆12番(玉城武光議員) 

 最後の方からやりましょうね。この一括交付金の玻名城の郷の事業費、どんどん減ってきている。いま減った理由が借地されたものの地主の了解が得られなくて減ったと。これは以前にもそういうことがあって述べていたんですけれども、これだったらどんどんこの事業は進捗状況が心配されますよね、今のあれだったら。

 だから、先ほど私言いましたけど、その事業自体を計画段階からこういう事業する、こういうことを考えているということを住民に説明する。議会にも説明する必要は、私はあると思うんですよ。

 だから、先ほどの環境アセスの問題も、確かに進入道路の関係ではあんまり影響ないんだけれども、事業自体に関しては、NPOの環境アセスというのは、この前、新聞に載っていましたでしょう。独特の地形があって、そういうのを調べてみたと。そこは観光地としてもいいはずだけど、そこに手をかけたら、その観光価値としての環境が損なわれるんじゃないかという心配なんですよ、あの人たちは。

 だから、それを全体をアセスして、事業自体を見直して組み立てる必要があるんじゃないかなと、私は考えているんだけど、そういうやる考えはないのか、ちょっと聞かせて下さい。

 それから扶助費の心身障害者の利用者が増えたということは、当初、考えていた利用者が何らかの法的な、要するに心身障害者関係の法的なものが改正されて増えたのか。それから自然に利用者が増えたと言うんですが、それは法的ないろいろ施策が変わって増えたのか。単なる自然増、人が増えたのか。そこのことをちょっと教えていただきたい。何名増えたのか。何名増える予定なのか。これを教えていただきたい。

 それから先ほど貸付収入わかりました、富盛のは。7筆売れたので、契約書は私はどうなっているかと言ったら、契約書、これは議会に出す必要ないですか。そこの契約書。前この問題を審議したときに、その理事の担保として何かやるとか、保証人にするとかということを言っていましたよね。それが確実に履行されているのか。だから、そういうのをちょっと議会にも提出する必要があるんじゃないかなと思いますが、どうですか。



○議長(知念昭則) 

 まず、土木建設課長から答えてもらいます。その後に方針的なものもありますので、副町長からの答弁もお願いします。土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 環境アセスに関しましては、先ほども説明したように先月NPO法人の方から必要だということで文書をいただいております。

 役場の方としては、まずそういった環境アセスについてはどうするというふうな結論は出していませんけれども、先ほども申し上げたように、ちょっと関係機関と調整しながら、どうしても必要であるということでありましたら、それを組み入れていきたいと考えております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。環境アセスについては、土木課長からありましたように、まだ私この中身については、文書は見ていませんけれども、先月の29日に話があったということで、当然ながらその内容を見ながら検討していかざるを得ないだろうとは思っております。

 ただ、このアクセス道路については、先ほど説明がありましたように、現況をさほど触るわけではないので、その分については、問題なかろうというふうに考えております。

 海岸部分につきましては、これから検討していくということでやらないということではありません。検討してやるべきことはやっていくという形でおります。

 その質問の中で、どんどん減額になっているというお話でしたけれども、まだ減額にはなっておりません。今年の部分、25年度分のこの委託料が減になったということでありまして、次年度以降もどんどんこれが進んでいくという形です。

 なぜ、そういう状況になっているかと言いますと、前にもお話申し上げましたが、こちらの認識不足で、玻名城の郷地主会との関連を見落としていたということで、今、その分についても地主会、それから琉球リゾートさんとも調整をしながら、この一括交付金の分について、今年度分について使えるような形で調整中であるということを報告しておきたいと思います。

 それから一括交付金の件でありますけれども、今申し上げたとおり、計画そのもの、この一括交付金制度というのが昨年度から始まって、大急ぎで取り組んできたところがあります。確かに、不備な点もいろいろあります。

 先ほど神谷清一議員からもありましたように、優先順位等の話がありましたけれども、今出ている範囲では、精一杯、この優先順位、優先順位をつけるほどの事業量は出てきてないということで、各課から出てきたものについては、内諾が得られる分については、どんどん進めているというところでございます。

 それからまた昨年の反省も踏まえまして、このA3で一覧表、先ほど説明申し上げましたが、当初予算が6億5,200万円、今回のこの補正予算で6億7,500万円、結局2,000万円ほどの上乗せ分をいま予算計上しております。

 これはなぜかと言いますと、この6億7,500万円すべて使うわけではなくて、今予定している分で、また事業によっては、10万円、20万円、あるいは100万円、200万円使えない。あるいは丸々できないというふうなところが出てきた際に、この2,000万円分で埋めていくという形で、今回の予算計上になっていることをご了解いただきたいと思います。

 この6億7,500万円を使うのではなくて、最終的には6億5,000万円超という形に決算ではなってくると思います。それが3月議会では、また減になる部分が出てくると思います。以上です。



○議長(知念昭則) 

 社会福祉課長。



◎社会福祉課長(宇地原毅) 

 扶助費の方をちょっとお答えします。扶助費の方なんですけれども、これは法律が変わったという部分ではなくて、利用者が自然に増えてきたという部分であります。

 件数の方なんですけれども、件数の方はちょっと今のところ出しておりません。

 ただ、当初予算の段階では平成24年度の利用状況という部分での金額で概算で出しているものですから、それが現時点ではちょっと足りない状況じゃないかという部分での今回の補正となっております。

 一概に件数だけじゃなくて、かなり高額の医療費がかかったり、そういった部分での補正もございます。以上であります。



○議長(知念昭則) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 お答えいたします。富盛区画整理組合との契約書の写しが議会提出が必要だという捉え方の質問でしょうか。ということをちょっと確認の方をいたします。ちょっと休憩お願いします。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午後2時12分



△再開 午後2時12分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 契約については、4月20日の条例をやりまして、そこの中での条例を制定するにあたってのいろんな質疑等もございました。それに基づいての条例案件になっていて、連帯保証人という13名の方々も含めて、全部の署名をして契約をしております。

 あと、そこの中ではまた利子の交渉もできないかと、現在の1.7からの方の交渉はできないかということで、それについても農協さんに返済する時点で交渉をしまして、130万円程度の減額はしてもらいました。そういうふうに貸付はやっております。

 提出というのがちょっと知りませんでしたので、持ち帰って後日でも提出したいと思います。



○議長(知念昭則) 

 よろしいですか。



◆12番(玉城武光議員) 

 いいです。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方。

     [「進行」と呼ぶ者あり]

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第67号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第67号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第67号平成25年度八重瀬町一般会計補正予算(第6号)についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第67号については、原案のとおり可決されました。



△日程第13 議案第68号(上程〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第13 議案第68号平成25年度八重瀬町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)についてを議題といたします。

 本案についての提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第68号平成25年度八重瀬町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について。

 首題のことについて、地方自治法第218条第1項の規定により別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 3ページ開けまして、平成25年度八重瀬町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。

(歳入歳出予算の補正)第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,005万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ40億4,666万3,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款、項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次。

 詳細については、担当課長から説明いたします。ご審議よろしくお願いいたします。



○議長(知念昭則) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(永山清和) 

 補足説明を行います。1ページをお開き下さい。第1表歳入歳出予算補正(歳入)です。款、項の項のところの補正額と内容についてご説明いたします。

 4款の1項国庫負担金です。1,069万3,000円の減です。これは療養給付費等負担金、あとは特定健診等負担金の減であります。

 5款1項の療養給付費交付金926万4,000円、同じく6款1項前期高齢者交付金387万6,000円の増です。7款1項県負担金27万8,000円の減です。これは特定健診等負担金の減であります。

 11款1項の他会計繰入金690万7,000円の減ですが、国保の保険基盤安定負担金が445万2,000円の減、職員給与費等繰入金が525万2,000円の減、あと出産費等繰入金が280万円の増であります。

 13款4項雑入です。9,332万5,000円の増ですが、これは一般被保険者第三者納付金が150万円の増、それから平成24年国保連合会からの精算金の返還金として478万円の増、あと出産費資金貸付基金、あとで条例改正があるんですが、それの基金が300万あります。これを今回、雑入という形で300万円の増です。

 それから欠陥補填収入ということで8,704万5,000円の増です。歳入合計が補正前の額が39億7,660万4,000円、補正額7,005万9,000円、計40億4,666万3,000円となっております。

 2ページです。歳出になります。1款1項総務管理費16万1,000円、消耗品関連です。2項徴税費541万3,000円の減です。これは嘱託徴収員4名が採用がなかったということで減にしております。

 それから2項1項の療養諸費、これは財源補正です。2項高額療養費13万1,000円、高額介護合算療養費の増です。4項出産育児諸費420万円、これは出産が10名ほど増えるだろうと追加にしております。

 それから3款1項後期高齢者支援金が1,808万4,000円の増、4款1項の前期高齢者納付金12万9,000円の減、6款1項介護納付金2,277万4,000円の増、8款2項特定健診等事業費、これは財源補正であります。11款1項償還金及び還付加算金3,025万1,000円の増です。これは保険税の還付金ということで94万3,000円の増、それから平成24年度の国庫の療養給付費等負担金が前年超過交付だったということで、償還金ということで2,930万8,000円の増です。

 歳出合計、補正前の額が39億7,660万4,000円、補正額が7,005万9,000円、計40億4,666万3,000円となっております。

 それから歳出の方で12ページです。12ページの説明のところで報酬、嘱託員徴収員報酬10人とありますが、これは4人の間違いであります。同じく共済費のところも10人とありますが、これも4人の間違いです。以上で終わります。



○議長(知念昭則) 

 これから質疑を行います。質疑のある方、神谷清一議員。



◆13番(神谷清一議員) 

 12ページの嘱託徴収員について質疑したいと思います。

 課長のいま説明資料では、4名の方が減になっておりますけれども、まず何点かお聞きしますけれども、本来10名必要としているんですけれども、4名が採用できなくて6名でやってきたということなんですが、ちなみに現在の保険税の収納率、去年と比較して、どういう状況なのか。大体ほぼ同じなのか、それとも低いのかどうか、もしわかれば説明をいただきたいと思います。

 それからなかなか4名が採用できないということなんですけれども、なぜこういうふうに欠員が出るのか。採用のやり方とか、広報を使っていろいろやっているかと思いますけれども、なかなか集まらないのはなぜなのか。

 併せて聞きたいのは、嘱託徴収員の勤務時間、それから業務内容、どうなっているか。私、条例集の方でいろいろ見ていますけれども、これを見ると、税の嘱託徴収員は月額12万円なんですけれども、国民健康保険税の場合は、日額6,500円ということで、そういう差はあるんですけれども、だから他の市町村で何か聞いたことありますけれども、税も国保も一緒にやっているというところもあると聞いたことがありますけれども、もしこの国民健康保険だけのあれが難しければ、もし他の市町村がやっているのであれば、両方できるような形で、税も兼ねて両方できるような形でやれば、もっと人も集めやすいし、またやる方も報酬が上がりますよね。

 それにもっと安定した仕事ができるんじゃないかと思いますけれども、その辺もし他の市町村の事例がわかれば、説明をお願いします。



○議長(知念昭則) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(永山清和) 

 本来、10名ほしいところであるんですが、応募、今年の1月、2月に応募者とか、いろいろ調べたところ、どうしても足りないと。途中途中何度か電話でやりませんかということをやっているんですが、それもないということで、また、できれば必ずしも徴収というのは外勤だけではなくて、中での業務もあるわけですので、特に滞納をしている方々の給与調査だとか、預貯金調査だとか、そういうところに嘱託員を使えたらなということで、できれば若い職員の方をということで、いろいろと選考したんですが、そこまで至らなかったということで、今、6名で現在もやっている状況です。

 収納率については、これは10月末でしかいま出せないところなんですが、過年度分に関しては、対前年、マイナスの0.29%の落ち込みがあります。

 ただ、現年分に関しては、前年より1.73%の増ということで何とか維持している状況です。ただ、これが最後でどういう形になるかということをいま心配しているんですが、1月以降、追加で応募があればやりたいという方向は考えております。

 それから業務内容なんですが、今2時半から8時半に出勤で、電話等で納付の呼びかけをしております。

 あと先ほど税と国保の同時にできるような方法はないのかというところだったんですが、これについては、国保の場合は6時間勤務、それから税の場合は5時間勤務、あと社会保険は入っているとか、厚生年金は入っているか、入ってないかの違いもあって、一つにできるのかどうか。

 あと国保に関しては、県の特別調整交付金の対象になり得るところがあって、一色単にしてしまうと、交付金の対象から外れるのではないかという部分もあって一緒にできないところがあります。以上でございます。



○議長(知念昭則) 

 神谷清一議員。



◆13番(神谷清一議員) 

 それぞれ税務課との関係、なかなか交付金との関係で難しい面があるかと思いますけれども、しかし、採用はそれぞれ違う課で採用はするんですけれども、例えば行動するときには、おそらく夜間訪問なんかは一人では行かないと思うんですね、二人一組だと思うんですよ。

 おそらく国保も、それから税も、今、滞納している方、ほぼ大体共通しているんじゃないかと思うんです。

 ですから、できれば税務課と連携しながら行くようにやるとか、それから職員の研修と言うんですか、仕事に対するいろんな何と言うんですかね、社会福祉ですか、社会保障制度を勉強して、いろんな訪問したときにいろいろ聞かれますけれども、そのときにちゃんとしっかり答えられるように勉強するとか、それからいま見たら、さっき言ったように勤務時間が何か税とあれは違いますよね。

 ところが税は、税務の方は月額12万円、国民健康保険の分は日額6,500円ということなんですけれども、ぜひ他の市町村の状況も調べて、他の市町村並みに、あるいはまたどうしても集まらなければ、この日額を例えば6,500円から7,000円に上げるとか、集めるためにはやっぱり改定していかないと、集められないわけですよね。その辺、何らかの対策を取っていかないと、この収納率アップもできないと思うんですよ。

 ですから、他の市町村もぜひ調べて、その辺の要するに委託料の改定もできるかどうか、ぜひまたいろんな角度から検討して、この10名の確保をやっていただきたいと思います。以上です。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方、金城正保議員。



◆7番(金城正保議員) 

 1点だけお聞きします。10ページ、雑入の方、歳入欠陥補填収入8,704万5,000円計上してあります。課長、大雑把でいいんですが、来年の3月時点での確定金額に近い金額の大雑把な金額を教えてもらえましたら、何千万単位でも結構です。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午後2時29分



△再開 午後2時29分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 健康保険課長。



◎健康保険課長(永山清和) 

 歳入欠陥補填収入が8,704万5,000円の増ということで、今、25年度の4号補正の段階で、トータル的には5億8,782万3,000円の歳入が足りないよということで、予算上は組まれております。

 これがすべて赤字になるかという話ではなくて、実質的には支出は多めに見込んでいる関係上、歳入の方もないんですが、この辺も大きくなってきているところです。

 今年度、平成24年度に関しては3億円余りの赤字ということだったので、25年度もそれぐらいになるのかなというのが、あくまでも大まかな予想です。

 ただ、25年度に関しては、いろんな意味で特調というやつがさらにあって、特別調整交付金の特別調整交付金という意味合いのやつがあって、その辺からはまたいろんな形で歳入があるだろうと見込んでいるところです。

 収納率も何とか維持していますし、給付関連もレセプト点検とか、すごいアップしておりますので、その辺で24年度に比べては改善するんじゃないかなと見込んでいるところです。

 額については、お答えできません。以上です。



◆7番(金城正保議員) 

 以上です。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方。

     [「進行」と呼ぶ者あり]

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第68号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第68号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第68号平成25年度八重瀬町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第49号については、原案のとおり可決されました。



△日程第14 議案第69号(上程〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第14 議案第69号平成25年度八重瀬町土地区画整理事業特別会計補正予算(第4号)についてを議題といたします。

 本案についての提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第69号平成25年度八重瀬町土地区画整理事業特別会計補正予算(第4号)について。

 首題のことについて、地方自治法第218条第1項の規定により別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 3ページ開けまして、平成25年度八重瀬町土地区画整理事業特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。

(歳入歳出予算の補正)第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ33万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ16億6,757万8,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款、項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

(繰越明許費)第2条 地方自治法第213条第1項の規定により、翌年度に繰越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」による。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次。

 詳細については、担当課長が説明いたします。ご審議よろしくお願いいたします。



○議長(知念昭則) 

 区画整理課長。



◎区画整理課長(金城進) 

 補足説明いたします。まず1ページ目をお願いいたします。第1表歳入歳出補正予算で、歳入合計で説明いたします。補正前の額16億6,724万3,000円、一般会計繰入金としまして、補正額33万5,000円、トータル合計としまして16億6,757万8,000円となります。

 続いて、2ページ目お願いいたします。歳出について、こちらの方も歳出合計で説明いたします。補正前の額16億6,724万3,000円、補正額33万5,000円になっております。この補正額については、住居手当等が13万5,000円、需用費が20万円ということになっております。そのトータルが33万5,000円で、計16億6,757万8,000円ということになります。

 続いて、3ページ目の方の第2表の繰越明許費の方をお願いいたします。それについては、議会運営委員会から細かい資料がほしいということで皆さんのお手元の方に資料の配布をしてあるかと思います。A4サイズの一枚になります。

 こちらの方を見ながら、ちょっと説明いたします。土地区画整理事業費繰越としまして、いま1億2,890万5,000円を予定しております。

 その内訳としましては、宅地造成工事等のやつが3,704万4,000円で、これからの契約発注予定区画道路ということで1,500万円、宅地造成工事雨水管整備工事ということで1,782万9,000円、また、これからの予定工事として幹線3号線ということで2,300万円、物件補償完了払いということで3,603万2,000円のトータル1億2,890万5,000円を今回、繰越予定ということでやっております。

 下の方に説明で、直接施工箇所及び補償物件等の箇所の工事が国庫補助事業関連における事業完了期日、平成26年2月14日までには工事を終わらせて検査まで2月いっぱいでは終わらすという繰入の補助金申請等もありますので、今の日程的にはちょっと厳しいため、今回の議会で提案するということになります。

 次期議会の方が3月議会になるかと思われますので、その前に繰越手続き等関連から、今回の提案ということになっております。以上であります。



○議長(知念昭則) 

 これから質疑を行います。質疑のある方。質疑ありませんか。

     [「進行」と呼ぶ者あり]

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第69号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第69号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第69号平成25年度八重瀬町土地区画整理事業特別会計補正予算(第4号)についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第69号については、原案のとおり可決されました。



△日程第15 議案第70号(上程〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第15 議案第70号平成25年度八重瀬町集落排水事業特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。

 本案についての提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第70号平成25年度八重瀬町集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について。

 首題のことについて、地方自治法第218条第1項の規定により別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 3ページ、平成25年度八重瀬町集落排水事業特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

(歳入歳出予算の補正)第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ100万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4,977万8,000円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款、項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次。

 詳細については、担当課長から説明いたします。よろしくご審議お願いします。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 補足説明します。1ページをお開き下さい。第1表歳入歳出予算補正、歳入、繰入金、歳入合計でいきます。補正前の額4,877万8,000円、100万円を追加しまして4,977万8,000円。

 続きまして、2ページお願いします。歳出、1款集落排水事業費、こちらも歳出合計でいきます。集落排水事業費、補正前の額4,877万8,000円、補正額100万円を追加しまして、計4,977万8,000円、以上です。



○議長(知念昭則) 

 これから質疑を行います。質疑のある方、金城正保議員。



◆7番(金城正保議員) 

 朝の答弁がありましたので、それに関連しまして質問したいと思います。

 朝の説明では、モーターが要するに止まった場合、4時間でそのタンクはいっぱいになるという話でありました。

 それからすると、今回はその発電機をセットしてやったということですけれども、課長、もし夜間に電源が落ちた場合、どんな対処法を考えておられるか。この辺お願いします。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 お答えします。いま両、港川も雄樋川も一緒なんですけれども、もし故障が生じたら、まず管理をしている業者がありますけれども、そこの担当の方に電話で連絡がいきます。エラーが出たということで、それも繋がって、またうちの担当の方にも電話を繋ぐことになっています。

 最終的には、私の方にも携帯電話ですけれども、それに繋がることになっています。ということは、夜中、もし何か異常が発生すれば、まず管理している業者、担当課、担当課長の方にも連絡が行くことになっております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。



◆7番(金城正保議員) 

 その体制は取られているということで理解させていただいて、本当によろしくお願いしたいと思います。

 同僚議員から朝ありましたように、今後、発生する可能性もあるということで、そういう避雷針ですか、そういう設置の方もくまなくやっていただきたいというふうに思っておりますので、答弁お願いします。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 避雷針については、実際、この施設の屋上にはついていますけれども、低いんじゃないかという指摘もありましたけれども、今後、この機器がついている電力柱にはなるんですけれども、電力さんと調整しまして、もしその電柱に避雷針等がつけられれば、ぜひそのように処理していきたいと思います。以上です。



○議長(知念昭則) 

 玉城武光議員。



◆12番(玉城武光議員) 

 この建物、施設、保険入ってないですか。



○議長(知念昭則) 

 土木建設課長。



◎土木建設課長(親泊元秋) 

 入っていません。



○議長(知念昭則) 

 玉城武光議員。



◆12番(玉城武光議員) 

 いいです。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑ありませんか。

     [「進行」と呼ぶ者あり]

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第70号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第70号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第70号平成25年度八重瀬町集落排水事業特別会計補正予算(第3号)についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第70号については、原案のとおり可決されました。



△日程第16 議案第71号(上程〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第16 議案第71号平成25年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。

 本案についての提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第71号平成25年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について。

 首題のことについて、地方自治法第218条第1項の規定により別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 3ページ開けまして、平成25年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

(歳入歳出予算の補正)第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ98万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億6,675万円とする。

 2 歳入歳出予算の補正の款、項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次。

 詳細については、担当課長から説明いたします。ご審議よろしくお願いいたします。



○議長(知念昭則) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(永山清和) 

 1ページをお開き下さい。第1表歳入歳出予算補正、歳入です。3款1項一般会計繰入金98万7,000円ですが、これは後期高齢者医療基盤安定負担金に係る分の一般会計繰入です。

 歳入合計が補正前の額1億6,576万3,000円、補正額98万7,000円、計1億6,675万円です。

 2ページです。歳出になります。2款1項の後期高齢者医療広域連合納付金98万7,000円、先ほどの歳入が広域連合への納付金になります。歳出合計、補正前の額が1億6,576万3,000円、補正額98万7,000円、計1億6,675万円です。以上でございます。



○議長(知念昭則) 

 これから質疑を行います。質疑のある方。

     [「進行」と呼ぶ者あり]

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第71号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第71号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第71号平成25年度八重瀬町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第71号については、原案のとおり可決されました。

 休憩します。



△休憩 午後2時48分



△再開 午後2時48分



○議長(知念昭則) 

 再開します。



△※日程変更(日程第17〜日程第19を一括)



△議案第72号、議案第73号、議案第74号(上程〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第17 議案第72号八重瀬町職員の再任用に関する条例の制定について、日程第18 議案第73号八重瀬町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、日程第19 議案第74号八重瀬町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についての3件を一括議題といたします。

 提出者の提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第72号、そして第73号、第74号を一括して提案いたします。

 まずは72号から、八重瀬町職員の再任用に関する条例の制定について。

 首題のことについて、地方自治法第96条第1項の規定により別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 提案理由、再任用制度による再任用については、本格的な高齢化社会に対応し、高齢者の知識・経験を行政・社会において活用していくとともに、年金制度の改正に合わせた職員の雇用と年金の接続を考慮し、公務で働く意欲と能力のある者を新規採用職員とのバランスや組織の活力維持にも留意し、必要な人材の確保を図るため、これが72号。

 議案第73号八重瀬町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について。

 首題のことについて、地方自治法第96条第1項の規定により別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 提案理由、八重瀬町職員の再任用に関する条例の制定により、再任用職員等の給与及び諸手当を新たに定める必要があるため。

 次に、議案第74号八重瀬町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について。

 首題のことについて、地方自治法第96条第1項の規定により別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 提案理由、八重瀬町職員の再任用に関する条例の制定により、再任用職員等の勤務時間及び休暇を新たに定める必要があるため。以上、3つの提案をいたします。

 詳細については、担当課長が説明いたします。ご審議よろしくお願いします。



○議長(知念昭則) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 それでは、補足説明をさせていただきます。

 まず、はじめに議案第72号八重瀬町職員の再任用に関する条例の制定について、説明を申し上げます。提案理由でも申し上げましたとおり、社会情勢及び年金制度の改正により、定年退職等により退職した職員を再任用するために制定するものです。

 それでは、条例について説明をいたします。第1条、この条例の趣旨、定めるべく規定について謳っています。第2条では、再任用の対象となる者について定めています。定年退職日に退職した者、定年による退職の特例を受けて引き続き勤務に従事し、その期間を終えた者が対象となります。

 第1項第1号において、対象となる者の勤務年数と再任用として対象となる期間を定めています。

 同項第2号では、再任用されて期限終了を迎えたが、任期の更新を行わないもので、当該退職日の翌日から起算して、5年を経過するまでの日までの間にあるものも対象となる旨を規定しています。

 第3条では、第1項で再任用の更新について定めています。第2項に再任用の更新を行う場合には、予め職員の同意を得なければならない旨を定めています。

 第4条では、再任用期間の任期の末日は、年齢が65歳に達した日以後の最初の3月31日と規定しています。

 附則、施行期日、この条例は、公布の日から施行する。附則2、関連する八重瀬町定年等に関する条例の一部を改正します。

 お手元の議案書に添付されている新旧対照表をご覧下さい。改正後が右、改正前が左側に記載されています。

 第1条中、改正前の下線の引かれている部分、第28条の3並びに第28条の4第1項及び第2項を改正後の下線部分、及び第28条の3に改めます。

 改正前の第5条を削り、第6条を第5条とします。

 改正後の条例については、八重瀬町職員の再任用に関する条例の施行の日から施行します。議案第72号については、以上です。

 続きまして、議案第73号について補足説明を申し上げます。お手元の資料の10枚目、新旧対照表をご覧下さい。表の右側が改正前、表の左側が改正後となっております。

 給与表の規定をする第4条の第2項中、下線部分、第22条とあるのを第25条に改めます。これはこれまでの改正により引用する条数が異なり、誤りとなっていたため、今回の訂正と併せて改正をいたします。

 次に第6条の次に、新旧対照表、左側の改正後の下線部分、再任用職員等の給与月額を定める第6条の2を加え改正します。

 同条第1項では、定年退職等で再任用された職員、再任用常勤職員の給料月額について定めています。

 同条第2項では、定年退職等で再任用された職員のうち、短時間勤務を占める職員、再任用短時間勤務職員の給料月額の算出方法について定めています。

 次に通勤手当の規定をする第12条の第2項第2号に改正後の下線部分、但し書きを加え改めます。

 ここでは、再任用短時間勤務職員の勤務形態による通勤手当の支給について追加し、改めます。

 新旧対照表の次のページをお開き下さい。時間外手当について規定している第14条に新たに下線部分の第2項を加え改正いたします。

 ここでは、再任用短時間勤務職員の時間外勤務手当について、割り振られた正規の勤務時間を超えて勤務した勤務のうち、正規の勤務時間を超えて、7時間45分に達するまでの間の時間外手当は100分の100の割合で支給する旨を加え、改正します。

 次に期末手当の規定をする第20条の第5項を第6項に繰り下げ、第5項として下線部分を加え改正いたします。

 ここでは、再任用職員の期末手当の支給割合を6月期は100分の65、12月期は100分の80とする旨を加え、改めます。

 次に勤勉手当の規定をする第23条第2項中の下線部分について改め、同項の次に次の2号を加えます。同条同項を第1号として改正前の同条第2項を柱書の下線部分の一般職の職員の支給率をここに加え改めます。

 お手元の新旧対照表、次のページをお開き下さい。同条同項を第2号として、再任用職員の支給率を勤勉手当基礎額に100分の32.5を乗じて得た額の総額と定め、加え改めます。

 次に非常勤職員の給与を規定する第25条第1項中、改正後の下線部分(再任用短時間職員を除く。)を常勤を要しない職員の後と、常勤の職員の後にそれぞれ加え改めます。

 次に別表の行政給与表に新たに職員区分を設け、再任用職員以外の職員の下に再任用職員を加え改めます。

 それでは、議案第73号の議案書の9枚目にお戻り下さい。附則、この条例は平成26年4月1日から施行する。以上です。

 続きまして、議案第74号八重瀬町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について、説明をいたします。

 お手元の資料の3枚目の新旧対照表をご覧下さい。先ほどと同じく表の右側が改正前、表の左側が改正後となっております。

 一週間の勤務時間を規定する第2条に、新たに第3項として下線で示してあります条文を加えます。この条文で対象となるのは、定年退職者等再任用職員で短時間勤務の職に占める者です。一般職の職員の勤務時間が4週を超えない期間につき、1週間当たり38時間45分となっていますが、定年退職者等再任用職員で短時間勤務の職については、4週間を超えない期間につき、1週間当たり15時間20分から31時間までの範囲内で任命権者が定めることと改正をいたします。

 次に、週休日及び勤務時間の割り振りを規定する第3条の第1項とするの次に、改正後の下線部分を加えます。

 ここでは、定年退職者等再任用職員で短時間の職に占める者を再任用短時間勤務職員と呼びますが、この再任用短時間職員の勤務形態により日曜日及び土曜日に加えて、月曜日から金曜日までの5日間の中に週休日を設けることができることと改正をいたします。

 同条第2項を改正後の下線部分のとおりに改めます。任命権者から始まる前段については、改正前の条文の語句を整理しています。但し書き以降の後段に新たに加え、再任用短時間勤務職員について一週間ごとの期間について、一日につき7時間45分を超えない範囲内で勤務時間を割り振ることと改正をいたします。

 次に年次有給休暇を規定する第12条第1項第1号の20日の下線部分を加えます。(再任用短時間職員にあっては、その者の勤務時間等を考慮し、20日を超えない範囲内で規則で定める日数)と改正をいたします。

 新旧対照表の次のページをお願いいたします。非常勤職員の勤務時間、休暇等を規定する第19条の規定に下線部分を加え、改正します。

 ここでは、八重瀬町臨時職員の任用、給与、服務及び勤務時間等に関する規則により採用される非常勤職員に再任用短時間勤務職員は、含まれないことを加え、改正をいたします。

 議案書の2枚目にお戻り下さい。附則、この条例は、平成26年4月1日から施行する。以上です。



○議長(知念昭則) 

 これから議案第72号から議案第74号に対する質疑を行います。質疑のある方、中村司議員。



◆9番(中村司議員) 

 この制度の趣旨、目的に対しては賛成であります。65年定年制に対応して、再雇用と言いますか、再任用と言うか、私もいま66です。団塊の世代の第一の山になりますけど、既に年金を取っておりますけど、ご存じのように、確かに若いですね、60歳は。

 課長クラスが定年退職して持て余しているという、そういう状況もいっぱいありますし、私も地域のある長老の先輩が言っておりました。50、60は、はなたれ小僧と。70、80は花盛りと。90で迎えに来たら100まで待てと追い返せという、こういうのが非常に印象に残っておりますけれども、確かに現役で60年の培った知識とか、経験とか、スキル、技術、技能、これは本当に勿体ないと思うんです。

 そういう意味で、後輩に、若い人にこれを教えながら伝授しながら、継承していくという、そういう非常に良さもあるのではないかなと。そういう意味で、老若男女が一緒になって職場で切磋琢磨していくという、そういう意味では、非常にいい制度ではないかなと、私は思っております。

 それで、2点だけ質問をしますが、希望者は全員、常勤、非常勤問わず採用すると。1年ごとの更新もできるということでありますよね。それで例えば若い人とのバランス、当然、職員にも定数があると思いますけれども、この定数を増やすのか。今までの定数も当然、改革集中プラン行財政改革で、意見もあって、諮問会議もあって、基準は減らす方向に行くと思いますが、その職員を減らすのか。当然、再雇用、再任した職員も増えるわけですから、全体のバランスを例えば退職者、採用者に対する何パーセント新規職員を採用するとか、この辺のルール作りはできているのか。このバランスをどう図っていくのかということと、例えば、中間管理職、課長とか、課長補佐とか、参事が退職して再雇用したと。再任されたと。

 そのときにまた役職、課長補佐とか、課長に復帰すると、当然、実力はあると認められて復帰するということも人事としてあり得るのか。この2点をご説明お願いしたいと思っております。



○議長(知念昭則) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 それでは、お答えをいたします。まず1つ目の質問の退職される職員、希望者は全員採用するかという点につきまして、これにつきましては、面接等、それぞれまた退職までの間の勤務の状況等を勘案して判断をしていきます。

 そして今後、退職者と新採用の割合等のルールについてどうですかということでありますが、これは早急に調べながら定めてまいりたいと思います。

 2点目です。管理職が退職した場合に、また再度管理職として採用するのかという点でございますが、今回の新たに制定をいたします八重瀬町職員の再任用に関する条例の適用するものにつきましては、管理職は考えておりません。

 ここで採用するのは、主に主事から主任クラス、給与表で言いますと、1、2、3級になります。課長が退職して再任用される場合につきましても主事、もしくは主任クラスという形の配置になっていく予定でございます。以上です。



○議長(知念昭則) 

 中村司議員。



◆9番(中村司議員) 

 わかりました。特にベテランの力量、経験を重視しながら、また若いパワー、次の人材を削ぐことのないようにバランスを取ってもらいたいと思います。

 特に来年、平成26年はニッパチですか、花のニッパチと有名でありますけれども、非常にパワーのある素晴らしい人材がこれからまた登用されてくると思いますので、素晴らしいまちづくり、また役場づくりに邁進してもらいたいと思っております。以上でございます。



○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。



◆7番(金城正保議員) 

 3点程お伺いします。まず、今の課長の答弁を聞いて、副町長が議運で答弁された内容と少し違うようにも感じましたので、その辺について答弁をお願いします。

 1点目ですけれども、要するに再任用について希望すれば、その全員の要望を聞かないといけないという、その義務があるというふうに聞いております。

 今の課長の答弁を聞いておりますと、要するに勤務態度を見て再任用するかどうか、皆さんが決めるというような格好ですね。その点、実際にどういうふうな格好になるのかということと、2点目、この制度については、意味はよくわかります。もう定年は来たけど、年金はないという、そういう時代に入りました。

 それで実際にこの提案理由にもありますけれども、そういう高齢者の知識経験を行政社会において活用していくと。そういう趣旨に則って、要するに大事にというような格好であれば、非常にいいと思います。

 ただ、現実の社会を見てみますと、実際、民間はもう55歳から定年が始まります。その際の今の制度については、一応はそういう話を聞くという義務はやっていますけど、要するに希望があれば、全員そういう採用をしなければいけないという義務はわかっていますけれども、ただ現状を見てみますと、肩たたきの意味が非常に強いというようなものが実際です。

 私の知人がいるところでも実際いま55歳過ぎて、そういうような再任用になったんですけれども、これは営業をやっていた人が内勤に回されて、資料の見方もわからんというような、パソコンの使い方もわからんと。言うなれば、パソコンを使えなかったら、あんたやめなさいよというような勤務実態があるということなんです。

 要するに、自分の知識を活かした再任用ではなくて、全然わからない、やったことのないようなところへ飛ばされると。要するに左遷なんだと。それで社会のそういった義務を果たしているようなところがあるので、そういう地方公務員においては、そういうことがないような格好で、実際はお願いをしたいということです。

 それともう一つ、3点目ですけれども、今まで要するに職員の枠を適正枠員ということで92ですか、93ですかね、それで実際来たわけですけれども、それを言うなれば60までではなくて、65までの間で実際的に言えば、その93人がこなす仕事をパートも含めて、臨時も含めて、その65歳までの人たちも含めてやらなければいけなくなるということで、仕事の量は変わらないけど、そういう人間が増えると。

 それの影響を受けて、先ほどもありましたけれども、新規採用の枠がそれによって影響を受けるかどうか。要するに、新規採用を減らす予定があるかどうかということです。

 最後にもう1点だけ、これは次の73号の資料に載っていますけれども、こちらの給与表の一番最後の方、最後の方に再任用職員の給与が載っております。先ほども少しありましたけれども、例えばそこで実際的に言えば、号俸が上がってきて、等級も上がってきたんだけども、再任用する際については、まず1号俸に戻るのかと。その辺でいろいろと査定があるのか。この人は、要するにいろんな等級とか、2級とか、3級とかのそういうふうな査定も出てくるのかということを実際の給与を支払うときにどうするかということを聞きたいと思います。

 この中身を見てみますと、非常に下がっていると。これで本当に生活できるのかなというふうな金額になっておりますけれども、その決め方、そこにあります再任用職員のこの金額、その等級についても、これはどこの官庁の資料を参考にしたのか。それとも八重瀬町が独自に決めたことなのか。どういうふうな数字を参考にしたのかということを教えて下さい。以上です。



○議長(知念昭則) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 それでは、お答えをいたします。まず1点目の退職される職員は、全員再任用されるのではないのか。選考するのかというご質問ですが、今回、再任用に関する条例と併せまして、八重瀬町の職員の再任用実施に関する規則を参考資料としてつけてございます。

 その中の第4条に再任用の選考等という条文がございまして、採用の可否については、選考を行って通知を行うという形になっております。

 そして二つ目の質問、再任用後の職種についてということであります。これについては、現在のところは、同一職種というふうに考えておりますが、これもまだこれから始めていくものです。近隣市町村についても再任用での事例につきましては、現業職が主で、事務職については、まだ見えていないという状況でございますので、これはその現状を勘案しながら、今後も詰めていきたいと考えております。

 そして3点目のこの再任用によって新採用職員を減らす予定かというご質問につきましてですが、現在、八重瀬町は合併後、職員の適正化ということで、退職者の30%採用ということで、ここ7年間やってきてまいっております。そして徐々に職員も減りまして、適正の基準をいま探っているところではあります。

 今年度退職者、26年度、28年生が26年3月31日に退職をされるわけですが、この職員の適正化計画を鑑みまして、平成26年度につきましては、職員定数に含まれない短時間勤務職員の再任用を予定しております。

 これは希望については、この条例が可決された後に、この対象者にまた希望を取っていこうとは考えております。

 そして4点目についてです。給与の額の決定についてですが、先ほど金城正保議員がおっしゃられたとおり、改正後の給与表の一番下の欄に再任用職員という形で給与月額が決まっております。これは1級、2級、3級、4級とそれぞれありますが、主にこれは3級までしか扱われないものだと考えております。

 そして、この額については再任用1年、2年目に更新されても金額の増はないです。そして、これがどこからこの基準が来ているかということでありますが、国、そして県、近隣市町村、私たち八重瀬町につきましては、行政1という給与表を使っておりまして、その中と同じ形で定めております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 金城正保議員。



◆7番(金城正保議員) 

 以上です。



○議長(知念昭則) 

 新垣正春議員。



◆2番(新垣正春議員) 

 それでは、何点か質問したいと思いますが、まずこの最初の再任用の条例、これについては職員組合からぜひ条例を作るようにというそういう申し出もあったのが、そういう組合から何らかのアプローチもあったのかということです。

 そして施行は、おそらく26年4月1日からやるだろうと思うんですけれども、規則で申し出のある人は町長が定めるときまでということですけれども、いつ頃までに出しなさいと。普通、6月ぐらいですかね。

 そういう形になると思いますけれども、さっきの話と関連しますが、再任用申込書を出したら、間違いなくオッケーになるのか、ならないのか、ちょっとはっきりしないんですけれども、ここに提案理由があるんですが、非常に素晴らしいと思うんですけれども、これはどうにでもとられると思うんですが、規則の中でも、町長の判断基準、採用の基準あるんですが、これは当たり前なんですよね、普通の条件。

 本当は、この条例は国が定めた法律に基づいて作っているだろうというふうにしますけれども、私も来年、定年の年になるんですが、今、若い人たちの仕事が本当にないんですよ、みんな非正規。そういう中で、地域の共同体の維持も難しくなっているということがあります。

 先ほどありましたように60でも若いですから、それなりのもっとやりたいというのはわかるんですが、そこのバランスですよね。そのバランスをどう取るかということなんですが、これはあくまでも全国一律の公務員に対する考え方ですので、八重瀬町ではどうかということも考えて、そのバランスを取ってほしいと。

 私は、できるだけ今の状況で、若い人たちをたくさん入れてほしいと。60過ぎた人は、体力もあるんですが、それなりにやったんですから、別の道を考えて、若い人に譲ってもいいんじゃないかなという考えもあります。

 とにかく若い人たちの仕事がないと、これからの自分たちの地域社会が維持できなくなる可能性が非常に強くなっていますので、そのバランスの取り方は、八重瀬町の状況に応じて町長判断してほしいということを一応お願いをしておきたいと思います。

 そしてさっきの給与の再任用ありますけれども、国が決めたものということですけれども、これは八重瀬町として、この金額はこういう理由で、こうですというぐらいの説明はしていただかないと困るんですけれども、国が決めたからこうですということではなくて、ぜひその辺の考え方もお願いしたいんですけれども、あと採用する基準を規則にありますけれども、さっき申し上げたように、例えば退職をして仕事をしなくても生計はできるという人が申し込んでも、その人は断るとか、そういうような部分をこの条例の中では表現できないと思うんですけれども、その辺のバランスを町長はどう考えるか。その辺の考え方をお聞かせ下さい。



○議長(知念昭則) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 質問についてお答えをいたします。まず、1点目の職員労働組合からの働きかけ、アプローチ等がありましたかという質問につきまして、今年度、当初につきましては、この再任用の話というのは出ておりませんでした。

 先週、11月29日付けで、これは労働組合の統一要求という形で要求書が提出されておりまして、その中の項目に再任用についての基準を緩やかにしてほしいということと、給与については水準をもっと上げてほしいという旨が書かれておりました。

 そして2点目です。募集期間についてということであります。当然、募集期間につきましては、これは例年勧奨退職を募るのも5月末、6月1日までという形にしております。それと併せた形で募集は、次年度以降は取っていこうと思いますが、今年度につきましては、この条例がこの議会で認めていただいた後に募集をかけていきたいと思っております。

 3点目の希望すれば全職員、先ほどの質問と重複をするんですが、再任用をされるかという点につきまして、採用されない基準というのは概ね病気を理由になかなか勤務が難しい。これは1級の主事クラスの仕事も任せることが難しいであろうというような状況とか、その他そういったものを勘案をされて、再任用をする、しないの可否を決めていくという考えでおります。

 そして新採用職員とのバランスというお話でした。今回につきましては、当然、先ほども言いましたが短時間、この職員定数に含まれない、再任用の短時間職員の募集をかけるという予定でおります。

 そして給与の水準につきましてですが、当初、国の方の法律、そして県で作られた条例、規則等の最初の基本は、50代後半の給与の大体60%から70%を維持するという形の方向で検討されてまいりました。

 そして今回の1級の場合は、51%ぐらいになりますかね。2級でだんだん近くなって60ちょっとまでは3級となるという形になります。この1級、2級、3級の級の職名の配置につきましては、その配置する職によるという形になっております。以上です。



○議長(知念昭則) 

 新垣正春議員。



◆2番(新垣正春議員) 

 これ一番バランスだと思うんですよ。役場だけでは、そういう理論になると思うんですけれども、ただ、八重瀬町の中から見たら、やっぱり若い人を入れて、新しい発想も入れる。そして60定年になる前に、その人の能力、スキルは後輩に全部伝えるというぐらいをやらないと、本当に若い人から見れば、八重瀬町、魅力なくなるんじゃないかなという気がしますので、ぜひそうならないようなバランスの取り方をやっていただいて、安上がりもいいんですけども、あまり安上がりになって、将来にちょっと悔いを残すようなことがないようなバランスの取り方をぜひやってほしいということを申し上げて終わりたいと思います。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方、宮城勝也議員。



◆1番(宮城勝也議員) 

 今までも質疑ありましたけれども、例えば、この中では働く意欲と能力ある人を募るという形であるんですけれども、逆にこちら側からぜひ雇用を継続して後輩の指導にあたってほしいという意味で、こちらから再任用の働き、声掛けをするような人材を逆に再任用の方に応募してもらって、また採用するというような形もあることなのか。その辺をちょっと読み解いたときになかったものですから、その辺も踏まえているのか、お願いします。



○議長(知念昭則) 

 総務課長。



◎総務課長(金城哲生) 

 今の質問にお答えをいたします。大変優秀で、この方が欠けてしまうと、この方の代わりに補充が難しいというような職員について再任用を働きかけられないかというふうな質問でよろしかったですかね。



◆1番(宮城勝也議員) 

 はい。



◎総務課長(金城哲生) 

 その点につきましては、別途、八重瀬町職員の定年等に関する条例、こちらの方の第4条の方に定年による退職の特例ということで、今言ったように特殊な技術をもった職員、この方が辞めた場合に補充がきかない職員と認められる方については、最長3年まで継続して勤務ができるという形には条例上もなっております。これは上位法令、地方公務員法でも定められております。

 ですから、今回の再任用条例とは別枠でそういったものも可能ではあります。ただ、これまでこれに該当して特例を受けられた方はいらっしゃらないと思います。以上です。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑のある方、玉城武光議員。



◆12番(玉城武光議員) 

 任用は、僕もいいと思うんですが、先ほどちょっとはっきりしないのは、この制度は技術職の継承という形で考えられていて事務職は考えてないという話があって、事務職。

 既に技術職は、今、既に行われているんですよね、技術職の皆さんは。要するに技術の継承という形で、定年になってから再任用されている人たちがいるんですよ。

 これは事務関係の要するに一般職の関係は、そんなに技術の継承が、技術じゃなくて、事務の継承がいいかどうかというのはいろいろ意見があると思うんですが、そういうことをさっきおっしゃったんだけど、だから技術職の関係のものを参考にしたというわけだから、なかなかすっきりした答弁がないんです。これはそうなんですか。



○議長(知念昭則) 

 これについて政策的なものもありますので、副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 お答えいたします。今回提案している再任用の件については、いわゆる技術職、一般行政職と言うんですか、特に色分けしているものではございません。

 先ほど答弁ありますように再任用、60を迎えて定年される職員について希望があれば、基本的に全員再任用になると。

 ただ、その際に面接等を行って、過去の勤務成績等も考慮しますので、あまりにも勤務成績の悪い、あるいは病気がちで1カ年間、勤務に耐えられない職員等については、不採用ということもあり得ます。基本的には、全員採用という形になると考えております。



○議長(知念昭則) 

 玉城武光議員。



◆12番(玉城武光議員) 

 これは本当に全員採用するんですか、申し出があったら。先ほどの。



○議長(知念昭則) 

 休憩します。



△休憩 午後3時29分



△再開 午後3時32分



○議長(知念昭則) 

 再開します。

 副町長。



◎副町長(福島正惟) 

 再度、舌足らずだったようですので答弁申し上げます。今回のこの案件につきましては、定年を迎えまして退職される職員について、今後61歳、62歳、63歳という形で65歳までの年金支給がどんどん遅れてきますので、その間の職員について申込みがあれば、基本的に全員採用していくという方針でおります。

 その中において、これまでの職員としての勤務態度がかなり悪い。あるいは今後、病気がちで1カ年間、この勤務時間に耐えられない休みが出てくるような職員があれば、お断りするということもあろうかと思いますが、基本的には全員申込みがあれば、採用という方針でおります。

 その中におきましては、フルタイムと短時間勤務がありますので、それは今後の新職員採用との数との絡みも鑑みまして、フルタイムにするか、短時間にするかは決定していきたいと思います。



○議長(知念昭則) 

 ほかに質疑ありませんか。

     [「進行」と呼ぶ者あり]

 これにて質疑を終結いたします。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第72号から議案第74号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第72号から議案第74号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これから議案第72号八重瀬町職員の再任用に関する条例の制定について討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第72号八重瀬町職員の再任用に関する条例の制定についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第72号については、原案のとおり可決されました。

 これから議案第73号八重瀬町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第73号八重瀬町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第73号については、原案のとおり可決されました。

 これから議案第74号八重瀬町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第74号八重瀬町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第74号については、原案のとおり可決されました。



△日程第20 議案第75号(上程〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第20 議案第75号八重瀬町国民健康保険出産費資金貸付事業条例を廃止する条例についてを議題といたします。

 本案についての提案理由を求めます。町長。



◎町長(比屋根方次) 

 議案第75号八重瀬町国民健康保険出産費資金貸付事業条例を廃止する条例について。

 首題のことについて、地方自治法第96条第1項の規定により別紙のとおり提出し、議会の議決を求める。

 平成25年12月5日提出、八重瀬町長 比屋根方次、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 提案理由、本条例は、条例施行後の平成18年1月1日以来、資金貸付の実績がなく定期預金にしている状態である。

 被保険者の出産費用は、医療機関が代理受領する制度から、保険者が直接医療機関へ支払う制度になっているため、費用の一時貸出の必要性がなくなっている。以上。

 詳細については課長が説明いたします。よろしくお願いします。



○議長(知念昭則) 

 健康保険課長。



◎健康保険課長(永山清和) 

 補足説明を行います。次のページです。八重瀬町国民健康保険出産費資金貸付事業条例を廃止する条例、八重瀬町国民健康保険出産費資金貸付事業条例(平成18年八重瀬町条例第88号)を廃止する。

 これにつきましては、南部地区各市町村、ちょっと調べてみたんですが、元々その基金自体がないという市町村、あるいはあったにしてもほとんどが活用されてないという状態であります。

 附則です。この条例は、公布の日から施行する。以上でございます。



○議長(知念昭則) 

 補足説明があります。



◎健康保険課長(永山清和) 

 すみません、申し訳ないです。この廃止に伴う基金が300万円あるんですが、この基金の300万円につきましては、先ほど議案の68号、国民健康保険の第4号補正の方に歳入として計上してあります。以上でございます。



○議長(知念昭則) 

 これから質疑を行います。質疑のある方。

     [「進行」と呼ぶ者あり]

 これにて質疑を終結します。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第75号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第75号については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論を行います。討論ありませんか。

     [「討論なし」と呼ぶ者あり]

 討論なしと認めます。

 これから議案第75号八重瀬町国民健康保険出産費資金貸付事業条例を廃止する条例についてを採決いたします。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従って議案第75号については、原案のとおり可決されました。



△日程第21 決議第6号(上程〜採決)



○議長(知念昭則) 

 日程第21 決議第6号TPP交渉に関する要望決議についてを議題といたします。

 提出者の説明を求めます。中村司議員。



◆9番(中村司議員) 

 決議第6号、平成25年12月5日、八重瀬町議会議長 知念昭則殿。

 TPP交渉に関する要望決議。

 標記の件について、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。

 提出者、中村司、賛成者、金城秀雄外12名。

 TPP交渉に関する要望決議。

 TPP交渉は、年内にも合意するペースで交渉が進められているとの報道があるが、この交渉の状況によっては、農林水産業を基幹産業とする町村の多くは、海外からの大量の安価な農林水産物の流入等により、深刻な打撃を破り、農山漁村が崩壊する恐れが高いと考えられる。

 とりわけ、離島県である沖縄県においては、農業の基幹作物であるさとうきびをはじめ肉用牛、酪農、パインアップル生産に壊滅的な打撃を受けるばかりでなく、関連産業も含めた地域社会の崩壊も危惧され、県域全体への大きな影響が懸念されている。

 よって、国は、目標とする食料自給率の達成、食の安全性の確保、農山漁村の景観及び自然環境の維持、水源涵養等の公益的機能等を維持する観点及びこれまで営々と築き上げてきた制度を守る観点から、我が国の実情に十分配慮した交渉を行い、下記の点を確保し、状況によっては、TPP交渉からの脱退を含め、決然とした行動をとるよう強く要望する。

 記、1.農山漁村に与える影響に鑑み、とりわけ、農林水産分野の重要5項目(米、麦、牛肉・豚肉、乳製品、甘味資源作物)などの聖域及びパインアップルの確保を最優先とすること。

 2.国民の食の安全が損なわれないよう、食の安全・安心の基準を守ること。

 3.国内林業・国内水産業の経営に大きな影響を及ぼさないよう十分配慮すること。

 4.誰もがいつでも安心して適切な医療を受けることができる国民皆保険制度を堅持すること。

 上記のとおり決議する。

 平成25年12月5日、沖縄県八重瀬町議会。

 あて先 内閣総理大臣 外務大臣 財務大臣

 農林水産大臣 経済産業大臣 厚生労働大臣

 内閣官房長官 沖縄及び北方対策担当大臣

 以上でございます。



○議長(知念昭則) 

 お諮りします。ただ今議題となっております決議第6号については、委員会への付託及び質疑、討論を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。従ってただ今議題となっております決議第6号については、委員会への付託及び質疑、討論を省略することに決しました。

 これから決議第6号TPP交渉に関する要望決議についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり決定することにご異議ありませんか。

     [「異議なし」と呼ぶ者あり]

 ご異議なしと認めます。よって決議第5号は、原案のとおり可決されました。



△散会



○議長(知念昭則) 

 以上で、本日の日程は全部終了しました。

 本日は、これにて散会いたします。

                            《散会 午後3時45分》

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

          議長   知念昭則

          2番議員 新垣正春

          3番議員 金城政春