議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 与那原町

平成29年3月第1回定例会 03月29日−07号




平成29年3月第1回定例会 − 03月29日−07号







平成29年3月第1回定例会




┌───────────────────────────────────────────────┐
│                                               │
│ 平成29年                                          │
│                与那原町議会定例会会議録(第7号)              │
│ 第 1 回                                          │
│            平成29年3月29日(水曜日)   午前10時01分開議            │
│                                               │
└───────────────────────────────────────────────┘




[議 事 日 程  第7号]

 平成29年3月29日(水曜日)

 午前10時00分開議


日程第1.      一般質問
日程第2.議案第9号 与那原町景観条例
日程第3.決議第1号 閉会中の議員派遣の件
日程第4.閉会中の継続調査及び審査の件
─────────────────────────────────────────
[本日の会議に付した事件]
日程第1.      一般質問
日程第2.議案第9号 与那原町景観条例
日程第3.決議第1号 閉会中の議員派遣の件
日程第4.閉会中の継続調査及び審査の件
─────────────────────────────────────────
[出 席 議 員(14名)]
1番  識 名 盛 紀 議員          8番  喜屋武 一 彦 議員
2番  舩 谷 政 喜 議員          9番  田 中 直 子 議員
3番  山 口   修 議員          10番  津 波   弘 議員
4番  松 長 康 二 議員          11番  上 原   晃 議員
5番  比 嘉 徳 雄 議員          12番  我 謝 孟 範 議員
6番  上江洲 安 昌 議員          13番  仲 里   司 議員
7番  当 真   聡 議員          14番  城 間 盛 光 議員
─────────────────────────────────────────
[職務のため議場に出席した事務局職員の職、氏名]
事 務 局 長   照 屋   基         主     任   照 屋 朝 也
主     任   齋 藤 美 枝                          
─────────────────────────────────────────
[説明のため出席した者の職、氏名]
町     長   古 堅 國 雄         教  育  長   當 山   健
副  町  長   照 屋   勉         学校教育課長    岡     剛
総 務 課 長   城 間 秀 盛         教育指導主事    砂 川   充
財 政 課 長   上 原   謙         生涯学習振興    宮 平 律 子
                          課    長           
出 納 室 長   辺土名   彬         福 祉 課 長   宮 城 きよみ
企画政策課長    石 川   毅         住 民 課 長   上 原 宏 章
観光商工課長    上 原 丈 二         健康保険課長    新 垣 政 孝
農林水産課長    新 里   健         税 務 課 長   仲 里 武 徳
まちづくり課長   比 嘉 義 明         子育て支援課長   伊 集 京 美
上下水道課長    大 城   哲         生活環境安全    比 嘉 哲 也
                          課    長           
─────────────────────────────────────────




○議長(識名盛紀)

 これから本日の会議を開きます。

午前10時01分 開議

─────────────────────────────────────────



○議長(識名盛紀)

 日程第1.昨日に引き続き一般質問を行います。



△まず、松長康二議員の一般質問を許します。

〔松長康二 議員 質問席に着く〕



◆松長康二議員

 皆さんおはようございます。最後の一般質問です。4年は早いものですね、あっという間でした。この4年間は執行部の皆さんにもかなりお世話になって、先輩議員もやさしく接してくれていい勉強になりました。朝集合するとき、私は10分前にしか来ないので1期生らしくないとも言われましたけれども、それが逆に自分の持ち味かなと思いこの4年間を過ごしてきました。それでは最後ということもあって、そろそろ一般質問に入りたいと思います。

 (1)待機児童についてですが、新設の保育園が開所したのにもかかわらず、次年度の待機児童がふえている原因をどうお考えか。こちらのほうについて答弁いただきたいと思います。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 皆さんおはようございます。それではただいまの松長康二議員の待機児童について。?新設保育園が開所したにもかかわらず、次年度の待機児童がふえている、その原因はどう考えるかということに御答弁したいと思います。まず、皆さんのお手元に資料が配付されているかと思います。その資料を一緒に見ながら御説明したいと思いますのでよろしくお願いします。資料で見ていただくように、平成24年から28年の待機児童数というのが、上のほうの表ですけれども、40名から70名であったことから、平成29年4月に開所する新設保育園の定員を100名としたところですが、議員が御指摘のとおり、新設の保育園が開所するにかかかわらず、次年度の待機児童数は増加しています。資料でも確認できるように、保育園の対象である5歳児童数、グラフのほうですね、5歳児未満の児童数は平成25年あたりから大幅な増加が見られないところでした。ただ、保育園の定員は平成25年に比較して206名分ふえています。このことから、これまでの認可保育園へ入所を諦めていた保護者や保育園を利用し、これから仕事をしたいという保護者が申し込みがふえ、待機児童が増加したものと考えています。以上です。



◆松長康二議員

 課長からいただいた資料の中では、確かにグラフの中では5歳児未満児童数は、平成25年から平成29年に比べ、それほど増加がないと。それに加えて今回待機児童がふえたということは、入所の申込数が大幅にふえたという見解の中で、平成27年度の3月に子ども・子育て支援計画を策定した中で、その中で987名ぐらいの保育を必要とする結果が出ている中で、その時点で382名ぐらい、潜在的保育も含め、380名ぐらいの保育施設が必要と考えている中、いろんな要素、その中で多分、仲里議員のほうからも新設、90名定員をするときに150名定員で大きくつくってやったほうがいいんじゃないかという提言もあった中、そのときにいただいた資料の中でも、平成25年の4月の待機児童が41名、10月には85名ですね。平成26年4月が70名で、平成26年10月には107名、平成27年4月で47名に対して、平成27年10月が114名と。当初の4月の待機児童より10月の待機児童数がふえるというのは、その間に生まれた子供とか、転入してきた世帯とかがあって、そこからまたさらに申し込みがあって、10月がふえるというのはどの市町村も同じ傾向だとは思います。ただやっぱり、その中で提言があった中、150名定員でもし、今回開所していたとした場合、課長からもらった資料の中でも、今回1歳児の申し込みが多くて待機児童数がふえたということでもあるんですが、想像の範囲でいいです。もし150名定員で開所していた場合、実際今の数字よりどれぐらい減らし切れるのかなと。もしおおよそでいいので、わかるのであれば答弁いただきたいと思います。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 松長議員の再質問に御答弁申し上げます。平成27年度の子育て支援計画の中で潜在的ニーズが300名余りあるだろうという状況の中で、議員の皆様からも、特に仲里議員、松長議員のほうからは保育園をつくるときの定員についての御提言もあったところです。なので、今回、新設園をするときに、当初90名の公募をかけていたところですけれども、その辺の皆さんの御意見も伺いながら、少し、120名ぐらいの入れる規模で定員を100名としたところでした。今御質問の場合によって150名の定員にしたときに待機児童はどれぐらいになるだろうと、私のほうとして想像できますかということですが、基本、保育園を創設するときに、保育士の確保等も含めて大体150名の定員であれば、1歳児も多分、今現在、平均的に18名の定員をしているところを24名とか、あるいは30名ぐらいまでの定員規模になるかなと思います。ですから、多分1歳児のほうが12名ぐらいの改善が図れたかなということと、あと2歳児のほうも6名ぐらいの改善が図れたかなということから18名で、66名ぐらいの定員が減になったかと想定できるかと思います。以上です。



◆松長康二議員

 課長、実際そこまで今回入所希望者の申し込みがふえたというのが、働きたい方々がふえたという見込みになる。ただ、私、子ども・子育て支援のほうを読んではいるんですけれども、確かに与那原、保育関係を含め、教育、あと福祉に含め、確かに取り組みに関しては本当に頑張っています。これはちょっと県の職員の方も与那原は頑張っているほうだという見解をいただいてはいます。だから大型MICEの関連も含め、逆に違う見方をすれば住みよいまちになっているのかなと。保育関係、福祉関係が少しずつ充実してきているのではないかという逆の見解を見ると、そういう部分もあると思います。それを踏まえて、質問の2番目になるんですけれども、次年度以降の対策ですか、待機児童への対策、こちらのほうを答弁いただきたいと思います。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 松長議員の?次年度以降の対策はということに御答弁申し上げたいと思います。次年度以降の対策としては、先ほど議員からもあったようにニーズ調査の中で潜在的ニーズはまだあると考えています。今回の申し込みの状況でも明確になったかと思っているところから、新たな保育園の創設に向けて取り組むと同時に、既存の保育園、先ほどどうしても新設されたとしても1歳児とか2歳児の定員の枠が限られてきますので、そこの定員の確保が可能かどうかということも既存園と相談しながら、1、2歳への取り組みも強化していきたいと思っています。以上です。



◆松長康二議員

 当初の予定では、新設保育園を2園つくる予定だと。今回1園できて、今の状況でいくと多分あと1園を計画して実施しないといけないのかという流れには多分なるはずです。その中でも平成28年度からでしたか、のびる保育園とか小規模保育も与那原は2カ所実施して、確かに改善された中ではあったんですけれども、ただそれに伴い出生率、あと子供が増加しているということで、それほど数字的には改善されていないという部分も見受けられて、次年度以降、新設関係を計画してやるときは、定員関係をもう一度ちゃんと見直して実施していきただきたいと思います。それでは、次の質問に行きます。

 (2)MICE施設関連についてですが、?は、きのう識名議員から質問があった部分と同じ質問になりますので、簡単な答弁で、県の一括交付金問題で建設が厳しくなっていくのではないかという声も聞くが、県との協議はどのようになっているのかという部分、町長あれでしたか、その話し合いがあったと思いますけれども、まだ公にできない部分もあるとは思いますが、話せる範囲で何か報告とかがあれば、いただきたいと思います。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時12分 休憩午前10時12分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎企画政策課長(石川毅)

 松長康二議員の御質問にお答えいたします。きのうの識名議員と同様な答弁になりますけれども、よろしくお願いいたします。大型MICE施設用地の県債や一般財源での購入、臨港道路3号線の用地費の先送りなど、さまざまな情報や報道なさているところではございます。事務レベル、事務方といたしましては、与那原町といたしまして、沖縄県の各種委員会に出席し、町の意見や考え方を提案し、一つ一つの議題を検討しながら、2020年のMICE施設供用開始に向け協議を推し進めている状況でございます。以上です。



◎町長(古堅國雄)

 おはようございます。松長議員のただいまのMICEの予算、財源について、御質問、いろんなところで心配されている要素もありまして、新聞紙上でごらんのとおり、一括交付金が該当しないというような土地購入の財源は債務負担行為でという形で報道されておりますが、やはり用地購入の財源について、一括交付金では無理があるということでありましたので、県がこれは債務負担行為を起こして県の責任のもとで購入してというような形で報道されたとおりでありますけれども、ただ建物について、きのうも会議が1時半から5時までびっしり、専門的な立場の方々、工学博士とか、あるいはMICE、世界的に運営に携わっている方々とか、あるいは沖縄の経済界を代表する方々とか、トップクラスの委員の皆さんから、本当に熱心な議論が展開されて、私は地元として本当にうれしくてたまらないぐらい、わくわくした思いで3時間半会議に参加させていただきまして、地元の声として、やはり今までは沖縄はサンセットが中心的な役割を担ってきたんですけれども、サンライズも無限の可能性があるんだということを訴えると同時に、サンセットとサンライズの差別化、やはりサンセットはサンセットでそれなりの魅力があるわけですけれども、サンライズにもそれなりの魅力があるんだということを、いろいろ知恵を絞っていただいて、またたくさんのアイデアも出ておりまして、きのうで会議は一応、1つの会議は締めくくりまして、4月の初めごろ公表という段階になります。ですから今の財政的な一括交付金の活用については、これはこれから、これまでも内閣府と県がすり合わせをして、事務段階では着々と進めてきているわけでして、最終的にどういう判断を下すかということは非常に微妙なところがあると見ておりまして、今後、4月に公表されて、そして6月あたりで何とかいい形ができればと思っているところです。ですから、もう少し突っ込んだ話も、説明もしたいんですけれども、今の段階では私があまり先んじて、県の事業主体者を無視して、あんまり私が突っ込みすぎてもいかんと思いますので、この程度でひとつ御理解いただきたいと思います。



◆松長康二議員

 4月も初めぐらいに公表されるという中で、それをちょっと見て、また話を進めていきたいと思いますが、やはり町民も心配しているんですよね、新聞報道だけの話なので、このままだと本当に頓挫してしまうんじゃないかとか、本当に大丈夫なのか、施設自体できるのかとか、そういう声を一応受けるもので、けれども、町長がずっと建設に向けて頑張っている姿もわかりますので、今後、一緒に取り組んでいきたいと思います。

 それでは?の質問に移ります。施設建設と併用して周辺施設も整備していかないといけないと考える中、道路整備に関しては、インフラ関係は進んでいるように感じますが、ただこれ何度も質問しています。宿泊施設や商業施設はどのような進展があるのか。ただやっぱり、前回も聞いたときは何社か来ていますという答弁をいただいている中、ただその会社名とか、まだ公表できる段階ではありませんという返事の中、今回もそういった返答になるのであればそれでいいんですけれども、公表できる部分もあるのか。実際上、名前を出して、こういった企業が今宿泊施設、商業施設の建設に向けて話し合いが進んでいますという、そういった明確な部分があれから何か進んでいるのかという答弁をいただきたいと思います。



◎企画政策課長(石川毅)

 松長議員の御質問にお答えします。私のほうからは、前回からの進展、進捗について御説明させていただきます。先日も御説明したとおり、マリンタウンMICEエリアまちづくりビジョンが策定されまして、一旦ゾーニングは確定しております。県の考え方と与那原町の基本的な考え方は合致しているということを答弁申し上げました。平成29年度からは本格的に大型MICEエリア振興に関する協議会というのが立ち上がってきます。その中の幹事会、作業部会の中で都市計画、港湾計画、建築基準法との兼ね合い等、課題の検討をしながら、その中での宿泊施設や商業施設について具体的な検討に入っていく予定となっております。以上でございます。



◎町長(古堅國雄)

 細かいことが申し上げられなくて、非常にまどろっこしいんですが、この程度はいいかなと思うところはちょっとお話しさせていただきたいと思いますが、全体像として4万平米の建物です。そして今明らかになっておりますのは、東側に向いているわけです、このMICE施設は。そしてそこの雨端、直射日光が強い沖縄ですから、その辺の気候的なものも配慮して、専門家の方々の御意見を取り入れて雨端を大きくとって、そしてその下で人が交流できる。そしてそこに那覇空港とか、那覇港から入ってきたお客さんがバス、タクシーで乗り入れを東側からする。貨物の搬入は西側からやると。駐車場は東浜の区民の皆さんに迷惑がかからないような配慮、あるいは景観も含めての議論も展開されました。そして防災、防音、そういうものがないように。パシフィコ横浜を参考にして、向こうの経営者も参画していただいておりまして、非常にいいアドバイスもいただきながら、そして議論が進んできているわけですけれども、この中で、やはり地元の企業、町民がいかに参画して、そして町民が親しめるような、あるいは県民が活用できるような。そして国際会議からイベント、コンサート、あるいは展示会等々、多機能型の施設になりますので、そこで雨端を利用した形とそのほかの部分にもありますけれども、収益事業箇所というのがあります。そこでは飲み物を飲んだり、食べ物を食べられる。そしてそこで会談ができる。会議ができると。オハイエといいますけれども、そういう部分と収益事業の部分が沖縄県民、そして与那原町民がいろいろな展開ができる、雇用の場ができる等々、非常に細かいところまで議論をさせてもらいましたけれども、非常に、いろいろ細部にわたって調査研究され、あるいは専門の方々の意見が、アイデアが取り入れられているということですので、要は来月公表された後、DBO方式で発注契約が結ばれるのが6月ごろかと思っているんですが、それが一度スタートしますと、一気に実施設計から建築、あるいは既に東京オリンピックのおかげで、東京ビッグサイトが7号館、8号館を今増築中らしいんですが、それでも間に合わなくて、沖縄に利用できないかということで、既に申し込みがあって、8万5,000人規模の催し物の申し込みがあると。それを受け入れているという状態で、恐らく建築が始まりますとどんどんスピーディーに進んでいくと。運営に関してもそういう申し込みが次々と入ってくるだろうというような専門家の方々の見通し、予測でありますので、私は非常にいい形で進むんじゃないかと期待もしながら、また今の財源の件においても地元としてできる、国と県の何かの橋渡し役、これは私が責任を持ってやらなければいけないところもあろうかという感じをしておりました。全力を挙げていきたいと思っております。



◆松長康二議員

 今の多分答弁の中では、まだホテルにせよ、商業施設にせよ、どこの企業と話があるというのは公表できないのかなという受けとめ方をしました。ただ、やはりMICEの施設とその周辺の整備、同時に進めていかないと施設だけが先に開所して、周辺整備はまだ建設中ですという状況に陥ってしまうと、本当に逆効果なのかなと。残り3年ぐらいしかない中で周辺整備も並行して話を進めていっていただきたいと思います。

 それでは、?防犯カメラ、防災施設の進捗状況はという質問に移ります。防犯カメラに関しては総務財政委員会で返答のほうもある程度いただいています。ただ、その防災施設に関して、MICE施設の横にできる立体駐車場、まだ案の段階ですけれども、そこが防災施設になるのか。それともバイパスまで逃げる道のりを防災の避難経路にするのか、そういった部分の話し合いとか、逆に新たな防災タワーを近くに建設して、そこも活用していくのか、そういう部分の話し合いがもし、進捗があるのであれば答弁いただきたいと思います。



◎生活環境安全課長(比嘉哲也)

 皆様おはようございます。松長康二議員の(2)MICE施設関連について。?防犯カメラ、防災施設の進捗状況はについて御答弁申し上げます。防犯カメラの設置に関しましては、平成29年度に防犯灯、防犯カメラ等緊急整備事業。これは平成29年度に限った国からの直接補助事業でございます。補助率については10分の10でございます。それがありますので、要綱に沿った形で周辺整備を行いたいと考えております。防災施設の進捗状況につきましては、大型MICE施設に係る防災施設のことだと認識しておりますが、現在のところ、業者のほうが正式に決まっておりませんので、決定次第、関係機関と協議を行っていきたいと考えております。先ほどありました防災避難タワーにつきましては、周辺の整備状況も勘案しながら、今後、協議していきたいと考えております。以上です。



◆松長康二議員

 この防犯カメラの件、10分の10補助、要綱によって申請していく中で、これをどうしても自分たち議会も含め、防犯カメラに全員が賛成というわけではないですけれども、今後の部分も含め、一緒に取り組んでいきたいと思いますので、ぜひよろしくお願いします。あと防災施設に関しては、ただ業者が決まっていないという話もありますけれども、県との協議の中でどういった部分の考え方があるのかと思って、その考えをどういう話になっているのかという、ただそれがわかるのであれば答弁いただきたいと思います。

〔休憩を求める声あり〕



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時29分 休憩午前10時30分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎町長(古堅國雄)

 防災の件に関してですが、MICE施設は当然海岸沿いにありますし、いざ津波とか災害時には避難場所として、あるいはまたたくさんの方が利用されるわけですので、当然、防災については県の事業主体者としてもそうですし、また運営に携わる企業に対しても相当厳しく指摘をして、それなりの施設にするということで、MICE施設の高さが大体26メートルありますので、万が一津波とかそういう災害時にも対応できるような、2階のオハイエあたりは相当の人が交流できるような形、あるいは展示室もあります。会議室もありますし、それから2,000台の駐車場も想定しますので、いざ鎌倉というときの災害時の避難施設として大いに活用できるように、対応できるように設計されているということで理解しております。



◆松長康二議員

 今の町長の答弁を聞いてちょっと安心しました。2階部分とかそういったところでも避難ができる、そういう仕組み、設計というか、そういった建物になっているのであれば、大勢の人が逃げ惑うときに東浜地帯は橋でしかつながっていないんですね。混雑もちょっと緩和されるのかなと思います。

 次の質問に移る前に、このMICE施設に関連して、今回質問に載せていないのでこれは答弁いただかないんですけれども、今後気になるのは病院関係です。商業とか宿泊とかは出てくるんですけれども、医療関係ですか、そういった部分も今後重要になってくるのではないかと思うので、そこら辺は次の機会があれば聞きたいと思いますけれども、答弁いただけますか、済みません、通告書に載っていないんですけれども。



◎町長(古堅國雄)

 医療施設については、非常に重要な要素を占める部分だと思います。世界各国から訪れる最低5カ国語、多言語の利便性を考えた施設が必要になってくると、当然その議論の中でも出てきておりますが、幸いにしまして、今回私はハートライフ病院の運営委員、これは沖縄県で10カ所、県から指定された利用施設でありますが、東海岸ではハートライフ病院がその指定を受けておりまして、あるいはもっと南側には県立病院のこども病院あたりとかありますけれども、幸い私にハートライフ病院の運営委員として就任してくれということで委任を受けましたので、受け入れました。その辺のMICE施設とのかかわり、ハートライフが今後どういう形で対応方を考えるのか等々を含めて、いいタイミングだと思っていますので、その辺も力を入れていきたいと思っておりますし、また消防や警察も、既に県も、消防はこれからですけれども、警察署関係も増員体制とかいろいろ県は県のほうでMICEを想定した形での取り組みの配慮がされているやに聞いておりますので、総合的にそういうものがこれからしっかり対応できるように配慮されていると理解をしております。



◆松長康二議員

 町長またさらに忙しくなるんですね。ぜひその医療関係も含め、頑張っていただければと思います。

 それでは次の質問(3)地方創生予算についてですが、平成27年度、総合戦略人口ビジョンが策定され、地方創生予算もありますが、沖縄の場合は一括交付金予算があるということで、そちらの使い勝手がいいというか、補助率が高い、地方創生予算、当初の予定より2分の1の補助になって使い勝手が悪い予算になってしまいましたが、その中でアクションプランとかそういった策定している中で、この中で実際一括交付金を使って実施されている事業がほとんどなのかと。地方創生予算は多分滅多に使われていないんじゃないかという見解ですけれども、?の地方創生計画の執行状況をお聞きしたいと思います。



◎企画政策課長(石川毅)

 では、3点目の御質問にお答えいたします。与那原町地方創生戦略人口ビジョンにつきましては、国が示す、まち・ひと・しごと創生長期ビジョン及び創生総合戦略を踏まえ、今後与那原町が持続可能な魅力あるまちづくりを進めていく上で必要な戦略を取りまとめております。執行状況について御説明いたします。総合戦略全44事業のうち、地方創生関連交付金事業として、平成27年度繰越事業で地方創生加速化交付金を活用したMICEを核とした地域産業基盤構築事業、ICTを活用した地域一体型情報発信事業の3事業、平成28年度にいたしましては、一括交付金を活用しての与那原町魅力発信事業や避難誘導情報サイン整備事業、きめ細かな児童生徒支援事業や公立幼稚園、保育所など、保育環境整備事業などで12事業を行っております。その他一般財源では、18事業を行っておりまして、その他、補助金などの事業で2事業、未実施事業が9事業で計44事業となっております。以上です。



◆松長康二議員

 地方創生の目的、まち・ひと・しごとの中で、多分仕事に関しては、今後MICEができて周辺にそういった施設ができれば、そこで雇用の場が生まれるので非常にいいことだと思います。ただ、今回の質問は確認のほうだったので、それほどどうこうというわけではないんですけれども、今の答弁の中では44事業が執行されている中で、アクションプランの中にも平成29年度から実施される事業があるので、それが多分、今後の執行計画の一部になっていくと思います。ただ、この、あれを読んでいく中では少子高齢化になっていく今後の日本の中、与那原町はそれと相反して高齢化にもなってはいますけれども、子供たちの増加もあるので、ちょっと違う方向になっていくのかなとは思うんですけれども、若者の雇用の場、今回、多分グッジョブ関係でやっているんですけれども、高齢者の雇用の場ですか、逆の見方をすると。それもちょっと今後必要になってくるのではないかと。結局仕事を退職したいけど、仕事もしたいけど働く場がないとか、そういった計画性も今後必要になってくるのではないかと本員は考えます。前にも話をしたんですけれども、うるま市がやっている食用ウサギを育てて、それを出荷するという、これを視察しに行ったとき非常にいいなと思って、ウサギの場合はにおいもないですし、餌もそこまで、費用もかかりません。それをまた県外に出荷して、県内でも出荷はしているんですけれども、そこまで需要がない部分と、一応安定して供給できない部分もあるので、そういった事業を計画してやっていくのも今後いいんじゃないかと思います。実際、町民農園をやったような形で、今回全部埋まって非常によかったなという思いもあります。ただ、あそこの場は自分でやって、自分で食べる分だけの部分ですけれども、やはりそれを販売、ここはちょっとある企業の絡みとかも出てくるので難しい部分はあるんじゃないかなと思いますけれども、そういった高齢者の方々が集いながら、仕事もでき、収入も得られる、そういった事業も地方創生の中で今後事業を実施していただければと要望を出して、この質問は一応終わりたいと思いますが、答弁をいただきましょうね。



◎企画政策課長(石川毅)

 松長議員の再質問にお答えします。提案ありがとうございました。高齢者の雇用の件につきましては、うちのみならず、観光、福祉、多岐にわたるかと思います。早速平成29年度、少し検討というか、内容の精査をしながら、今後、地方創生で生かせる事業があるのかどうか検討させてください。以上でございます。



◆松長康二議員

 それでは、4年間の中での最後の質問です。この質問をなぜ出したかというと、今回で17期の議員も最後と、私も1期、初当選して最後。正直言ったら次の意欲もありはしますが、町長がよくおっしゃるまさかの坂で転げ落ちる可能性も、100%ないとは言えないので、そういった場合、この質問もできるのはきょうが最後かなと思って、とりあえず一応、一般質問に出させていただきました。自分の選挙が一番大事なんですけれどもね。(4)町長選挙についてということで。与那原町長選挙まで、あと1年余り。現在町長はどうお考えか。この質問、後ろの質問の内容が、立候補を予定する意思はというか、現在の心境はという形で構いません。実際もう残り1年なのか、今取り組んでいるMICE関係、今後のLRT関係も含め、継続してやっていっている中、1年後もうちょっとどうお考えかという考えをお聞かせください。



◎町長(古堅國雄)

 非常に難しい質問で、来年のことを言うと鬼に笑われるとよく言われますが、まだ1年余もありますので、どうこうということは申し上げにくいんですが、現在の心境ということで、これから少しだけお時間いただいて、私の思いを少しお話させていただいて、その中で酌みとっていただければと思いますのでよろしくお願いいたします。今振り返ってみますと、31歳に町議会議員として初当選をしまして、あれから埋立事業にかかわり、役場職員として11カ年、そして町長として10年余にわたって、振り返ってみて、埋立事業も本当に自分が描いた絵のとおりといいますか、それ以上にうまくいったような感じがしますし、これで、3期目で私は集大成として卒業しようと思っておりました。しかしながら、そういう中で大型MICEが浮き上がってきまして、これはもうこのチャンスというのは百年に一度来るかないかですから、何としてでも東海岸の活性化に結びつけたいと。これは与那原町だけが大声を上げて要請したところで、それなりのインパクトしかありませんので、私は東海岸が結束して、何とか誘致をしたいという思いで、御案内のサンライズ推進協議会を皆さんにお話申し上げたところ、皆さんが待っていましたという感じで、本当に1週間ぐらいでこの組織を立ち上げることができたんです。そしてそれから町民の方々、議会の皆さん、そして隣町村の皆さんの御協力のおかげで住民大会とかさまざまアクションを起こして、もう本当に8割方、9割方、ほかの地域に決まっていたような内容のものを東海岸のマリンタウン地域に引き寄せて、誘致決定していただいたと。これは地域バランスということで知事も決断したようですが、そういう意味では本当によく、うまく自分が思っているとおりに進めてこられたなと思っているところですが、ただ、このMICEの会議に参加して、いろいろ感じるところ、今までは政治畑四十数年間がほとんどでしたけれども、このMICEが誘致決定したおかげで経済界の沖縄を代表するような、トップクラスとのさまざまな交流、意見交換の中で感じますのは、やはり沖縄の優位性、そして沖縄の将来、これはもう本当にすごい可能性を秘めているなと。本当に体で感じております。ですから政治、行政、よく政治経済といいますが、今こそ力を合わせてこの沖縄の将来、私たちの子や孫のためにお互いは使命を果たすべきだと、責任を果たすべきだという真心からそう思っておりまして、そういう意味ではMICEが今非常に微妙な段階であるということは御案内のとおりですが、ただ、ハードルはあってもみんなが結束して声を上げて、一所懸命取り組めば、このハードルは絶対乗り越えられると。なぜならば、沖縄21世紀ビジョン計画の中でしっかりと明記されて、位置づけられております。ですからこれは国も県も同じ気持ちで沖縄の将来振興ということで21世紀ビジョンが位置づけられていますので、それで今心配されている一括交付金につきましても、一括交付金を活用している部分、あるいは今、さっき申し上げた土地の購入の分でこれは該当しないという部分もありますけれども、全体としては、これはぜひMICE施設は進めて、成功させるべきだということではどの政党も同じ考えでありますので、ただ部分的にいろいろな指摘が出たり、賛否の意見が出ておりますが、私は必ずクリアできるものと思っております。そのためには、やはり中央政府と沖縄県政との意思の疎通、あるいはどこかで何かの形でこのMICEが必要であるということを訴え続けて、そしてそのつなぎ役をする、長州と薩摩ではないんですが、坂本龍馬のような何かをお互い誠意を持ってしっかり話し合える場づくりとか、あるいはアクションを起こしていかないと、そのままでは進まないと思いますので、それでせんだっての3月16日に上京しまして、サンライズで国道329号バイパスの北進要請をしたんですが、その効果も出てきました。実はあした鶴保大臣が沖縄入りします。それで南城市のAI、バスの視察を含めて、与那原のこの地域、東海岸の329号バイパス、そして本部に行くようですが、そういうことで現地を自分の目でという担当大臣がお見えになりますので、私もぜひ同行させていただいて、説明をさせてもらいたいということで申し入れをしておりますが、そういうことでやはり努力すれば、あるいは誠意を持って頑張るということがあれば必ず実現すると。これは、私はマリンタウン埋立事業でも実体験しておりますので、今回も非常に似たような雰囲気でMICE施設の振興については必ずできる、必ず成功させるんだという思いが強く最近出てきております。もう少しだけお時間かかりますけれども、実はサンライズ推進協議会でも来年の私の任期についての話題が出まして、実は来年任期だからということで話をしたら、すごい勢いでサンライズ推進協議会の首長が何を言っているんですかということで、もう大変な感動、涙が出るぐらいの激励を受けて、みんなで押しかけて応援しますからということもありましたし、きのうの会議の中でも実は、もう何か知らないんですけれども、任期はいつまでですかという話が出て、実は来年ということを言ったら、すごい激励を受けまして、キーマンとしてぜひ頑張ってほしいということでありまして、南部広域行政組合の13自治体からもそういう激励の声を受けています。そしてまた、私は個人的にも考えてもやはり自分の使命、そして責任、重大さを実感しておりまして、私は健康に幸い恵まれておりますので、命をかけるぐらいの気持ちでこのMICEを成功させたいと。何としてでもこのMICEを成功させるべく、全知全能を絞って全力を挙げて前に進むのみと。激動の年ですから、どういう展開があるかわかりませんけれども、とにかく来年のことというよりは今一所懸命取り組んでいく、その結果が来年は町民がどう判断するか、あるいはまた自分でも今の思いがそのままであれば、MICE推進という形につながっていくというふうに思います。



◆松長康二議員

 難しい質問の中での今の心境、感謝申し上げます。そうですね、その前に今度の4月で頑張って、またこの場に戻ってこられるように頑張りたいと思います。ふだんはあんまり言うなと言われている言葉で、議場であんまり言うなと言われている言葉ですけれども、この4年間、1期生ということもあって、かなり無礼な部分、無知な部分もありましたが本当にお世話になりました。ありがとうございます。これで一般質問を終わりたいと思います。



○議長(識名盛紀)

 以上で松長康二議員の一般質問を終わります。

 次に当真聡議員の一般質問を許します。

〔当真 聡 議員 質問席に着く〕



◆当真聡議員

 おはようございます。皆さん、我々議員ですけれども、今回が定例会も最後、一般質問も今回の議会で最後ということになります。私も2期8年、皆さんと一緒に与那原町をつくってきた、頑張ってきたつもりでございます。本当に執行部の皆さん、それから我々同僚議員の皆さんと2期8年できたことは本当に感謝したいと思います。また今回、御勇退される3名の先輩議員にも敬意を表してお礼を言いたいと思います。津波議員、城間議員、田中議員、本当にお疲れさまでした。きょう、またこれが終わったら懇親会がありますので、そこでまたお三方とも話をしていきたいと思います。それでは通告に従い、一般質問に入りますが、(2)の役場職員の業務体制についてということで通告しておりましたが、この部分は後で仲里議員も質問するということでありましたので、私のほうは、これは取り下げておきます。きょうは(1)についてだけ質問させていただきたいと思います。

 では、通告に従いまして、(1)与那原大綱曳についてということでありますが、基本的には?、?、?、?、実行委員会についての取り決め、今のままでいいのかというところをお聞きしていきたいと思います。?構成員の決め方について。多分、情報といいますか、話を聞くと、今まで我々大綱曳も400年余の歴史の中で育まれてきた行事でありますけれども、構成員も、実行委員というのか、これも400年余り、歴史の中で慣例的に取り決められてきたのかというようなことがありまして、実際、それでいいのかというところです。それをまずお聞きしたいと思います。



◎観光商工課長(上原丈二)

 皆さんおはようございます。それでは当真聡議員の(1)与那原大綱曳について御答弁申し上げます。まず、与那原大綱曳実行委員会の構成並びに基準について御答弁申し上げます。与那原まつりに変わってから各区長を実行委員として構成されておりますが、これは与那原まつりになる以前、与那原大綱曳が旧6区の区長が実行委員会を構成し、旧6区の住民だけで大綱をつくっていたことから、その要因で現在は町全体で大綱の作成を行っていることから、慣例的に実行委員を各区長が務めております。以上です。



◆当真聡議員

 各区長方には、その実行委員会の中で一所懸命やっておられて、与那原の大綱曳、与那原まつりには本当に貢献されていると思います。しかし、今課長の答弁にもあったように、旧6区の時代に、区長たちが我々でやろうかという形でやられたかもしれませんけれども、今の時代、このままだめじゃないのかなと。やっぱりしっかりした規約なり、どういう方々が、今頑張られている区長たちもそうですけれども、このまま区長たちが協力していただけるのであればそれも本当にいいことですけれども、そこをやはりある程度、規約なり、決まりなり、それはやっぱり権限等も与えていかないといけないと思うんです。だから今の中で課長の答弁からすると、慣例的に決められて、そのまま流れの中で13区の区長たちがやられているということですけれども、やっぱりその中ではしっかり構成員の決め方、規約、基準を決めてどういう方々がそこに入って、どういう職務、どういう権限を持ってその大綱曳、与那原まつりに携わっていくんだというところをやるべきだと思うんですけれども、今課長が言ったように、そのままの形で今後もやられていくのかというところを再度確認したいと思います。それと今、質問の中で話しましたが、現在の実行委員会の職務の規定、規定というか決まりですね、それから権限等をどういう形で与えているのか、その辺答弁願います。



◎観光商工課長(上原丈二)

 それでは当真聡議員の?の実行委員会の職務、権限、そして規約等の取り決め方について御答弁申し上げたいと思います。まず、実行委員会の職務につきましては、与那原大綱曳の日程の決定から、本体綱の製作、また当日の大綱曳の実施までの、全ての実施運営を行います。まず、綱にかかる神事の実行や金武町屋嘉区とのわらの買いつけの調整、また各区綱づくりの日程調整と当日の大綱曳の運営管理等が上げられます。権限につきましては、現在、与那原大綱曳は旧暦の6月26日の直後の日曜日となっておりますが、その日程の正式な決定は実行委員会の権限により決定されております。さらに大綱曳の日程に台風接近や大雨等により、与那原大綱本体づくりに影響が出る場合は、与那原大綱曳実施日の延期等について、まつり運営委員会と協議を行い、与那原大綱曳実行委員会の判断により変更する場合もございます。また、今回規約につきましては、現在のところ明文化されておらず、長年の慣例により大綱曳実行委員長、副委員長、事務局長の役員体制を東西の輪番制により執り行っております。実行委員会の現在の大綱曳の取り組み方や運営状況を確認しましたところ、大綱曳までの期間中を通して、各区長のみで運営するのは非常に困難な状況で、区長が参加できない場合におきましては、代理の方が出席している区もあります。しかしながら、諸事情により実行委員へ参加できないからといって、当該区長を実行委員から外すとなると、各区の綱づくりの周知や人集めが困難になることから、区長の実行委員への参加は必須であるとのことでございました。また、今後も与那原大綱曳を継承、発展させていくためには、区長以外の方も実行委員へ参画を進めるべきであるという意見も出ているそうです。よって、与那原大綱曳実行委員会は次回の大綱曳に向けて新しい実行委員会体制について協議し、また綱の各区係も含めて、規約を検討することとなっておりますので、観光商工課はまつり事務局であるので、その協議内容に沿った形で規約作成に協力してまいりたいと考えております。以上です。



◆当真聡議員

 ちょっと確認したいんですけれども、大綱曳の実行委員会と与那原まつりの実行委員会がありますよね。別にこれは組織上どうなんですか、大綱曳の実行委員会が下部組織という考えですか。それともイコールで考えているんですか、そこをちょっと教えてください。



◎観光商工課長(上原丈二)

 まず、与那原大綱曳は旧6区でやっているときから御説明しますけれども、その当時は旧6区の区長が寄附金も集めて、旧6区の住民だけで綱をつくって大綱曳を実施しておりました。与那原大綱曳まつりになりましてからは、各区の区長を中心に綱をつくっていますが、実行委員長に町長をトップとした形で構成されています。ですから祭り本体の、全体の資金集めから運営、全てをまつり実行委員会で、大綱曳の製作から実施までを実行委員会という形で縦分けております。ですから並列ではなくて、まずまつり運営委員会の大もとのもとに各組織がありまして、ただ大綱曳実行委員会の大綱、与那原大綱曳のみをしっかりと運営していただいている現状です。



◆当真聡議員

 多分、運営委員会の中でもしっかり規約等があって運営されていると思うんです。だから今まで慣例の中で区長たちが自主努力、ある意味では自主努力ですよね、その流れの中で、やられてきたことに対しては本当に感謝すべきだと思うんです。だけど、我が与那原町も与那原大綱曳のまち宣言もしているわけですから、いろんなところから視察とか研修とか、どういう運営の仕方をしているのかということが今後そういう関係も送られる可能性もあると思います。そこでやっぱり町として、実行委員会として、資料として出して、こういうふうに運営しています、ああいうふうに運営していますというような形がしっかり整っていれば、もっと運営方法も、運営の仕方もスムーズにいくんじゃないかなという考えがあって、今回これを提案しているんですけれども、今、課長の答弁の中で、その実行委員会の中でもそういう規約をつくっていくようなそれなりの話が出てきているということでの話ですよね。ですからその実行委員会の中でも報酬等もあるわけですか、その辺もちょっと答弁願いたいんですが。そこもしっかり決めていただいて、区長の皆さんたちだけで構成していると今思うんですけれども、その下に、いろんな区長たちの中にはある程度年齢もいっている方もいるので、しっかり若い人間をつけて、今言う、綱曳のわらの問題とか綱づくりの問題とかがあってきますので、そこをもう少し規約、条約とかでしっかり文書化して運営していく必要があると思いますけれども、再度それについて答弁をお願いします。



◎観光商工課長(上原丈二)

 当真聡議員の再質問にお答えしたいと思います。与那原大綱曳実行委員会は、これまでも長年与那原大綱曳の継承、発展に尽くしてこられました。しかしながら、区長の高齢化等でなかなか作業に全員参加できない部分がありまして、日当につきましては、参加された人で報酬として払っているようでございます。これまではまつり事務局としましては、正規といいますか、実行委員会で決めるべきところがありましたので、ただこれから先は一緒になって、与那原大綱曳まつりとして、この与那原大綱曳を継承、発展させるためにもどうしても実行委員会の役割はとても大きいものがございますので、しっかりとした形で継承発展できるように規約をつくって協力してまいりたいと思います。以上です。



◆当真聡議員

 我々与那原は、先ほど町長の答弁の中にもどんどん出てきているんですけれども、MICE施設を誘致して、3年後、4年後には我が与那原町というのは形としても、本当に成熟したまちになっていくんだろうというのを相当考えます。綱曳の倉庫もつくっていく、それから資料館も考えると。いろいろな意味で今回、建設文教委員会の中でもいろいろ話をして、本当に与那原がいろんなまちづくりビジョンに対して、いろんな挑戦をしていこうというところは実感として受けています。ただ、実感として受けている中でもう少し整合性をしっかりとるべきだろうというところもあるので、だから向こうがやっているからそれでいいよではなくて、今回の実行委員会にちょっと関連して話しますけれども、しっかり執行部の皆さん、それからそれを実行される方、議員の皆さんとも話をして、この与那原がいい方向に向かうように皆さん努力していただきたいと思います。ぜひ、そういう形で単独単独ではなくて、本当に我が与那原町がよくなっていくためには皆さんの力が必要だと思いますので、協力して頑張っていただきたいと思います。私の質問はこれで終わります。以上です。



○議長(識名盛紀)

 以上で当真聡議員の一般質問を終わります。

 次に喜屋武一彦議員の一般質問を許します。

〔喜屋武一彦 議員 質問席に着く〕



◆喜屋武一彦議員

 皆さんこんにちは。一般質問の前に最近あった出来事を、ちょっとお話しさせていただきたいと思います。3月は、先ほど来、あったように卒業の月でございまして、我が与那原町議会でも3名の方が勇退をするということでありました。町においては、去る与那原中学校、与那原東小学校、与那原小学校の卒業式がございまして、私も与那原小学校の卒業式に出席をする機会がございまして、そのときに久しぶりに大変いい話を聞いたなと、大変感銘を受けた話がございましたので、全部言うと持ち時間なくなりますので、ちょっとだけかいつまんで披露したいと思います。卒業式の祝辞で、町長のかわりに副町長が見えて、大変いい話をされていましたので少し紹介をしたいと思います。継続は力なり、あの大リーガーのイチロー、彼は決して天才ではないと。努力をしていると。彼は高校のときに365日毎日10分素振りをしていたそうでございます。それを本当かどうか確かめに行った人がおりまして、彼は本当にそういうことをしているのかと聞きましたら、いやそれは間違っていると。何でですかと。そうしましたら、最低が10分であって、納得がなければ40分も50分も素振りをしていたそうでございます。これがいわゆる行動目標というお話でございました。私もこの話を聞きまして早速1日10名、納得いかなければ20名、30名回って、目標達成のために頑張ったんですが、4日目にして会える人がいなくなりまして、きょうで議会も終わるわけでございますので、またあしたから早速最低10名を目標に頑張って、また6月には戻ってきたいと思っております。

 それでは1点目のダイキンオーキッドゴルフ大会について。これも3月の行事でありまして、全国的には大変注目をされている大会でございまして、そのダイキンオーキッドの駐車場が与那原町を通って会場に行くということになっておりますが、毎年1万人程度の観客が与那原に集合し、また与那原から会場まで行くという、この現実に1万人もの人が与那原にいるわけでございますので、その辺の人たちをどうにか与那原に来させる、町内に入れるというような発想もあっていいのかなと思っております。実はこの質問は、10年前に同じような質問を3点やっております。当時は軽便駅舎もなく、いろんな観光資源もない中でございましたので、それほど気にはしておりませんでしたが、昨今は軽便駅をどうしたら人に来てもらえるかとか、どうしたら与那原のまちを、散策を兼ねてアピールしようかということで観光振興課も相当な予算を使ってやっているわけでございますので、その辺、何か知恵がないのかどうか考えたことがないのかどうかお聞きをいたします。



◎観光商工課長(上原丈二)

 喜屋武一彦議員の1点目、ダイキンオーキッドゴルフ大会について御答弁申し上げます。今年度開催されましたダイキンオーキッドゴルフ大会は4日間の大会期間中に、主催者発表で2万1,654名の方が来場したそうです。そのうちの大半は臨時駐車場となっておりましたマリンタウン地区に来場されていたそうです。今回はダイキンオーキッドゴルフ大会にあわせて、与那古浜公園にて町商工会主催の与那原マルシェを開催し、約5,500人もの方が来場しておりました。そのそばをダイキンオーキッドに参加したお客さんにもシャトルバスの車窓から、本町の賑わいのある与那原町がピーアールできたものだと考えております。以上です。



◆喜屋武一彦議員

 会場からシャトルバスを出したんですか、そうではないですよね。だから現に1万人近くの方が来ているわけでございますので、直接大会とのかかわりは難しいかと思いますけれども、この駐車場から軽便駅まで町独自でシャトルバスを出すとか、この与那古浜公園のイベントに持っていくとか、そういうやり方をやるのも、わざわざ町独自でバス体験ツアーですか、そういうことをやるぐらいであれば、そういうシャトルバスを走らせてぜひ軽便駅まで足を運んでもらう、イベント会場まで来てもらう。そういう発想を、その辺もこれから考える余地があるのではないかと思っておりますので、いかに人を呼ぶかというのは大変苦労をなされてわかっていると思うんです。そういう意味からは現に、目の前にいるわけですから、そういう企画を、ちょっとした考えのチェンジでできると思いますので、今後は事あるごとにそういう客を呼び込むという努力もお願いをしておきたいと思っております。

 ?与那原町長として前日のセレモニー並びに、プロアマと書いてあるんですが、プロアマは別に参加はしなくてもよいと思うのですが、前日のセレモニー、これは相当大切だと思うんです。今話題になっているMICE、これはダイキンオーキッドの、本土の沖縄を愛する企業連中、沖縄懇話会というのがあるんですよね。その中から生まれてきたのが21世紀ビジョンにうたわれている、このMICE施設の話が発祥の、もとなんですね。そういう意味からしますと、地元の町長としてはいい機会であろうし、またいいお話も聞けるのではないかと思っておりますので、その辺どうにか工夫して参加をする方向で今後も考えていただきたいと思っておりますが、その辺はいかがでしょうか。



◎町長(古堅國雄)

 招待は私も記憶がありませんので受けていないと思って、今確認をしましたところ、招待はないようであります。しかしながら、せっかくのこれだけの、たくさんの方々が与那原町に足を踏み入れるわけですから、これをいろいろ知恵を絞って観光振興とか、あるいはいろんなビジネスのチャンスにつなげるような工夫は非常に大事だと思います。御提言ありがとうございます。それで気がつかないところ、先ほど行われました与那古浜でのちゃんぷるー市などもちょっとした工夫で5,000名の方々があの与那古浜であれだけの賑わいが持てた、あるいはいろいろな商品が売れて、町民を潤したということでは、この与那原のポテンシャルというのは私はあらゆるところに知恵を絞れば出てくると思いますので、今みたいな、私どもも気がつかないところがありますので、ぜひ皆さんの御提言、御提案大歓迎でございますのでよろしくお願いいたします。これについてはしっかりと私も参画できるような形で、どうすれば参画方の手綱が引けるのか、しっかり学習していきたいと思っております。



◆喜屋武一彦議員

 その点は、難しいことではなくて、とりあえず与那原町の商工会長にお願いをして、商工会長が県の連合会で会長にお願いをして、そういった機会を設けることは多分できると思いますので、その辺は商工会長の活用を、お願いも含めて、今後の検討課題としていただきたいと思っております。

 ?大会基金からの、与那原町内の企業団体への配当ですね、当初は、これは南城市を中心とした近隣町村までのスポーツ少年団ですか、そういったもの含めての基金からの配分だったんですが、今は沖縄県、離島を含めての基金の活用になっているという話は聞いているんですが、やはり地元としてそれは機会あるごとにどういった方向で請求できるのか、どういった方向でとれるのか、その辺も大会事務局に問い合わせをしながらぜひやってほしいと思うんですが、その辺やったことがあるのかどうかお聞きをいたします。



◎観光商工課長(上原丈二)

 ?についてお答えいたしますが、基金について配当はございませんし、そういったことで大会事務局へ働きかけたこともないと伺っております。以上です。



◆喜屋武一彦議員

 たしか与那原町内で2団体交付を受けているということがあります。新聞で私も確認をしておりますし、前回の質問のときも、今後もそういうことをやるようにということで質問をした記憶がございますので、その辺、調べて、ぜひどういうふうなシステムでそれが活用できるのか。これを今後検討してほしいなと要望をしておきたいと思っております。

 では、大きい2番、行政全般についてでございますが、今後の与那原町はどうなるか。どのような方向性に向かうのかですけれども、これはちょっと抽象的な質問になっておりますので、二、三、町長に質問をしてよろしいでしょうか。我が与那原町、これまでの歴代町長を含めて、大体与那原の町長像というのがありますよね。多かれ、少なかれ、いろんな町長の政治手腕とか行政手腕もありましたが、現に古堅町長も今3期目でございます。2期目の途中までは従来の与那原町長像としてやってきたと思うんですが、昨年あたりから盛んに議員から質問がありますように、大型MICE、これの誘致ということで、与那原町長像というのがちょっと変わってきているのではないか、行政長として、たかが1万8,000名を預かる町長が、建物だけで513億円、年間維持費18億円から20億円、そういった施設を今呼び込もうとして、それをまた活用して周辺整備、インフラ整備いろんな整備をする中で、果たして今の与那原町長の姿がこれで対応できるのか。変な話を言いますと、町長の政治手腕がひとり歩きして行政を預かる、課長の皆さん方が相当苦労しているんじゃないかなとか、そういうアンバランスも今出ているのではないかということを考えた場合、今の与那原の町長像、町長が働く位置づけ、そういうのはいま一度、考えるべきではないかと私は思っているのですが、その辺町長はどう思っていますか、ちょっとお聞きをしたいと思います。



◎町長(古堅國雄)

 ただいま喜屋武議員から与那原町長としての仕事以上にいろいろ全県とか、あるいは広域行政とか、あらゆる面で私はやり過ぎではないかという御指摘なのかと思ったんですが、私は思い込んでこれはやるべきだと、あるいは自分では正しい方向性だと判断をした場合には一直線に走るところ、性格的に持っておりまして、今御指摘いただいて、ああ、そういうところもあるのかなという反省もあるわけですが、ただ、町長も行政の責任者でありますけれども、政務の要素も含めておりまして、限られた財源、町税を主として、限られた財源の範囲で町政を運営していく方法も1つのやり方だと思いますし、あるいはまた隣接地域の自治体と協力しながら、一自治体ではできない大きな企画、あるいはプロジェクト等、計画等も進めていく場合には、どうしても広域的に考えていかなければいけない、負担の軽減。それからもう1つは、もっと広げて全県的な位置づけ、この中で与那原町がどういう役割を担っていくか、あるいは町民として幸せを願う、あるいは町の発展を願う場合に、町の将来を考えた場合にこの全県的な位置づけというのはどうあるべきかというあたりも1つの考え方があろうかと思います。そしてさらには国策としていろいろな制度がめまぐるしく変わっていく中で、旧態依然とした形で非常に保守的といいますか、地域で限定された考え方で進めていくのが先ほど申し上げたように1つの選択肢かとも思うんですが、私はやはり町民の幸せを願う、あるいは町の発展を願うという基本的な考え方からすれば、大いに活用できる財源、あるいは制度の活用、これはやっていくべきだと思います。ですからそういう意味では確かにいろいろな事業を、一括交付金もその1つですが、先取りをして職員にも相当ハードな負担をかけたところもあるかもしれませんけれども、やはりみんながそういう思いで取り組めばクリアできる要素があるので、私のタイプといいますか、基本的な考え方としては、町民のために、町の発展のために活用できるものは悪いことでなければ、法に触れるようなことがなければ大いに活用していくのが政治ではないかと。町長としての行政のあり方と政治家としての町長の仕事の1つではないかと思っていまして、私のどこか行き過ぎたところがあったら御指摘をいただいて、議会からもいろいろアドバイスをいただければそれはそれで反省もすべきところはしていきたいと思っておりますが、ただ、私はMICEがこのたび百年に一度というチャンスが訪れましたので、これは必ずや与那原のためにも、東海岸の活性化にも、沖縄県の将来の位置づけにも、これは大きな起爆剤になるということは、私は体で感じておりますので、これについては進めていくべきだと考えております。



◆喜屋武一彦議員

 今、町長に私の質問がちょっとちぐはぐな格好でいったかなと思っております。私は、このMICEという事業をするに当たって、与那原町長としての今までのやり方では太刀打ちできないので、もう少し新しい町長像というのが、仕組みがあってやらないと、これは対応できないんじゃないかということを思って、例えば極端な話、副町長を2人体制にしてこれで対応していかないと組織的にもこれは難しいのではないかという思いで、これまでの与那原の町長像では多分難しいだろうということで、この体制を今後変えるべき時期にも来ているんじゃないかと思って質問したわけでございまして、先ほど松長議員が来年の話をしていましたけれども、来年町長が出ようが出まいが、それは現に今町長がやっているわけでございますので、その辺の仕組み、MICEに特化した担当部署をつくって、政策参与なり、ポストをつくって本格的に与那原町として主導して、それを成功に導くんだというお考えはないのかという質問だったんですが、ちょっと〈…聞取不能…〉ような質問だったので再度お聞きをいたします。



◎町長(古堅國雄)

 私はまた余りにも猪突猛進でやり過ぎじゃないかという御指摘かと思って、そういうぐあいに直感的に御答弁を申し上げましたが、確かに今、私の熱い思いというのは外から入ってくるいろいろな情報、あるいは与那原町の将来にどういう政治を行うべきかというあたりを考えますと、本当に毎日が楽しくてわくわくして、あれもこれもという形がたくさん出てきているのは確かです。しかし、その分職員に、副町長もそうですが、普通の一般行政の業務だけでは余裕を持ってできるところもあるかもしれませんけれども、MICEとか大きなプロジェクトとかかわりが出てきますと、これはもう大変なスケジュールになってきます。ですから負担をかけていることは確か、これは御指摘のとおり認めますが、じゃあそれをどうするかということになりますと、今言うMICEが来月公表されて、そしていよいよ具体化していく中で地元としての取り組み、これはどうしても中央政府とのかかわり、どうしても全国的な、あるいは場合によると大げさですけれども、全世界にMICE施設を運営にかかわっている方々の知恵とか、あるいは知識を導入して、この地域に生かすということも出てくると思います。ですからそういう意味では調整官というか、あるいはまた第2の副町長として私の右腕として動いてもらう、私のスケジュールを幾つか、町内における催し物とか、あるいは広域的なものも含めて、私はそういう意味ではもっとやりやすくなると思っておりますので、内部で少し調整官の件も前から御提案をいただいているんですが、ただ本当に望む人材に巡り会わないと重荷になる場合もあるやに聞いておりますので、その辺は慎重に人選しながら、調整官とするか、副町長としてポジションを皆さんに御相談するか、しっかり考えてみたいと思います。ありがとうございます。



◆喜屋武一彦議員

 ぜひ、今が正念場、やはり町長も言ったように、百年に一度あるかないかの、与那原町に大チャンスが来ているわけでございますので、その辺の対応の仕方は、町長より執行分のほうが御存じだと思っておりますし、また誰が今後の町長をやるかわかりませんけれども、そういう後輩たちの、次の町長のためにも今のシステムづくり、それは真剣にやってもらって、ぜひ成功するようなMICE誘致を考えていただきたいということを申し上げまして一般質問を終わりたいと思います。



○議長(識名盛紀)

 以上で喜屋武一彦議員の一般質問を終わります。

 暫時休憩します。


午前11時34分 休憩午後1時29分 再開




○議長(識名盛紀)

 再開します。

 次に仲里司議員の一般質問を許します。

〔仲里 司 議員 質問席に着く〕



◆仲里司議員

 4年間の思いを伝えたいところなんですが、ちょっと一般質問が多いものですから、早速一般質問に入らせていただきます。1番、3番、4番は以前からも提案している件ですので、一括して御答弁いただければと思います。子供たちの声について。これは以前からも話しておりますSOSのボックスの設置を絡めた点でございます。現在、子供たちの声をどのように聞き取っているか。?いじめや虐待等の声は届いているか。

 次に3番、町インターネット運営について。町のホームページの運営について、提案させていただいた学生や学校への連携についてどうなったかお聞かせください。

 4番、ふるさと納税について。具体的な活用予算にするようにと提案したが、その後、具体的な動きが見えませんがどうなりましたか。



◎学校教育課長(岡剛)

 議員の皆様こんにちは。それではただいまの仲里司議員の御質問にお答えをいたします。各学校におきましては、子供たちの声につきましては、日常生活の中で信頼づくりとして児童生徒への声かけを行っております。改まった取り組みとしては年2回、放課後を活用しての教育相談があります。またそれとは別に毎月各学校においてはアンケート、あるいは子供たちの様子を見守る中で異変を感じたときにはすぐに声をかけるというところを行っているところであります。ただ、それだけで全ての声が拾えているのかということになりますと、やはりなかなか声を出せない児童生徒もあろうかと思います。そこで議員から以前より御提案をいただいておりますSOSボックスの設置につきましては、教育委員会で設置に向けた検討を行っているところであり、次年度より具体的設置をし、対応していきたいと考えております。以上です。



◎総務課長(城間秀盛)

 仲里議員の3番、4番について答弁申し上げます。まず3番目、町インターネット運営についてでございますが、現在、町ホームページの管理に関しては部外業者への委託をしておらず、担当職員にて対応していることから、新たに構築するとなると新規事業となり、財政との協議が必要となってきます。しかし、マイナンバー制度の施行により、高度なセキュリティー対策を求められていることから、各課にまたがる行政情報を載せる町ホームページを学生や学校と連携し運営させるのは、現状としては厳しいと思われます。町立の小中学校も独自でホームページを立ち上げて運営をしておりますので、その中で学生等との連携は可能ではないかと考えております。

 続きまして、4番、ふるさと納税についてでございますが、ふるさと寄附金活性化プロジェクトチームでの寄附金の使途についての検討結果がまとまりつつあることから、正式な報告を受けた後、関係課で実施可能かの検討をしていただき、実施可能なものからホームページ等で公表していきたいと考えております。以上です。



◆仲里司議員

 教育長、SOSボックスについては、友人同士の意見の相違だとか、家庭内での問題、また恋愛というんですか、そういったものでも悩む思春期の子供たちからの多くの相談が寄せられる可能性があるんです。ですからいじめだけに限定せず、また小さい子供たちの虐待の情報も入ってくることも期待されますので、ぜひいろんなものを寄せていただきたいという形でSOSボックスの活用を次年度、早急に設置をお願いいたします。

 次にホームページの学生や学校との提携ですが、セキュリティー対策についても、今専門としている学校などは民間の行っている企業に、さらに充実したセキュリティーシステムを活用しているんです。そしてまた、新たな、新しい発想というんでしょうか、そういったものも充分期待ができますので、少し認識の違いなのかと思います。予算に応じてお話もされておりましたが、多額の予算ということではなくて、学校サイドの学びというところの観点からも相談していただければ、費用においてもある程度相談ができるのではないかと思っているんです。実際、多くの声が寄せられます。体育施設等、そしてまた町内の行事等、今もうSNSあたり、またはホームページを見ていろいろな情報を得る若者たちがいる中で、与那原町のホームページを見てもわからないと。体育館の予約を入れたいけれどもどうなっているだろうか。またその他の施設がどうなっているんだろうか、図書館の活用がどうなっているんだろうか、いろんな施設の活用方法も非常にわかりづらいという声が聞こえるんです。ですからその提案をさせていただいているんですが、極端な話、その利用頻度といえば、やはり20代、30代、もしくは10代がメーンになってくるのかなと思われる中で考えれば、やっぱりその中心となる、20代を中心とした大学生、もしくは専門学生を活用すると大いに期待が持てるのではないか、デザイン性にしてもそうだと思います。今までお堅い形の町のホームページ、どこを見ても同じような形。そうではなく、もうちょっと見やすく、楽しく、柔らかい感じのデザインも期待できると思うのですが、その件について予算的な考え方すると町長、副町長あたりが答えていただければいいのかと思いますが、その件について、予算というだけなのかお答えください。



◎総務課長(城間秀盛)

 ただいまの再質問にお答えをいたします。現状のホームページ、議員から指摘のあるとおり、私が見てもかなり堅いのかなと、行政情報が満載で非常にわかりにくいというところは否めないと思っております。ただし、いろんな自治体のホームページをよく閲覧したりするわけですが、それに比べると若干見やすいと思いはするのですが、やはり少し堅苦しいというところは否めないと思っております。今後、アフターMICEがいろいろ検討されてきます。その中でさまざまな観光メニュー等々が開発されれば、今後さらなる町のピーアール、そのためにもやはりホームページのリニューアル、再構築も必要になってくると思います。その再構築の際には、議員が提案されるように、学祭とか専門学校、特に本町は女子短期大学と包括的な連携協定を結んでおりますので、そこら辺と調整しながら、あるいはセキュリティー対策についても具体的な運用が始まったばかりで、まだはっきりとしたことは申し上げられませんが、県のほうと確認をしながら、そのときにはいろんなスポーツ施設、あるいは図書館等々、こういう施設の予約情報とか全体的にわかりやすいようなホームページの再構築を検討していきたいと思っております。予算についても、さきにふるさと寄附金のことで答弁申し上げましたが、実はプロジェクトチームからはふるさと寄附金を活用して、ホームページを再構築したらどうかという提案もいただいております。そこら辺を活用をすればそんなに遠くない時期に再構築できる時期が来るのかなと考えております。以上です。



◎町長(古堅國雄)

 ホームページの件につきましては、これまでの従来の形ではやはりインパクトが弱いという御指摘があります。私も実は、広報なのか、ピーアールなのかというあたりの効果、これは実は大きな違いがあるということを学習させていただいていますが、これからのMICEができ上がって、その後、たくさんの人が行き来する与那原町。これは観光客もそうですが、またMICE利用者も含めて、あるいは防犯とか防災とか、あらゆる安全なまちづくりをする意味でもこれはただの広報では対応できないと思っておりまして、やはりピーアールを含めた、一瞬にして情報が共有できるような、そういう効果のある形に持っていくべきだと思っておりますので、予算はどれぐらいかかるかわかりませんが、これは何としてでもそういう先取りをしていく考えで、前向きに進めていくという考えになっております。



◆仲里司議員

 担当課長もいろいろ考えて答弁なさっているのかなと思うんですが、町長の答弁からも早急に進めていくというお答えがありました。そこで1つだけ確認をしたいんですが、若い世代が広報紙をあまり読まないという状況の中で、ただその伝え方ということに関しては平等だと思うんです。そこで質問しますが、広報紙、委託料も含めて年間どれぐらいかかっているかお聞かせください。



◎総務課長(城間秀盛)

 広報紙は、年間400万円程度かかっていると思います。



◆仲里司議員

 これは委託料等も含めてということでよろしいでしょうか。



◎総務課長(城間秀盛)

 あくまでも印刷製本代です。配付につきましては、各自治会長と委託契約を結んでいますので、400万円というのはあくまでも印刷製本代ということでございます。委託料は別になります。委託料は各区長と委託契約を結んでおりますので、行政事務委託料です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後1時42分 休憩午後1時43分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎総務課長(城間秀盛)

 失礼いたしました。行政事務委託料で3,400万円程度がかかっております。以上です。



◆仲里司議員

 合計で3,800万円程度活用されて、町民の皆さんにいろんな情報を発信し、広報という形で行っているのであれば、予算的にというような答弁にはならないのかなと思います。それをやっぱり20代、30代の皆さん、10代の皆さんがもそういうものから情報を得られるような環境をぜひつくっていただきたいと思います。次にまいります。

 観光について、今後、どのような事業を予定しているのか。予算について、ハード、ソフト、またランニングコストをお聞かせください。あと特産品の開発についての事業も予定されているのかお聞かせください。これについて、今後どのような事業といっても具体的に出ていない部分も多くあるかなと思いますので、少し方向性という部分でも構いませんのでよろしくお願いします。



◎観光商工課長(上原丈二)

 皆さんこんにちは。仲里議員の(2)観光について。?から?まで一括して御答弁申し上げます。まず?、?について御答弁申し上げますが、予算の観光事業につきましては、ハード事業については現在予定しておりません。ソフト事業につきましては、平成29年度に策定予定の観光振興計画に沿った事業を検討してまいりたいと考えております。また、毎年のランニングコストにつきましては、軽便与那原駅舎展示資料館の指定管理委託料405万円、そしてポータルサイトの維持管理費が75万円、大綱曳倉庫の維持管理費として約70万円を予定しております。

 続きまして、特産品等の開発について御答弁申し上げます。特産品等の開発につきましては、平成26年から28年度におきまして、地域特産品、販路開拓支援事業で商工会を補助する形で実施しております。その際はレシピコンテストを開催し、その上がった中から1点を選定して、改良を加えて商品化をし、販売するという手順で行っております。今回は産業まつりで100個販売しておりますが、その後の流通ルートや生産ラインの確保ができていないのが現状であります。専門家の意見としましては、本来の特産品開発の手順としてはマーケティングを実施することにより、世間のニーズを把握し、次に町内の資源の発掘を行い、その資源を活用してマーケティングに沿った商品開発を行うという手順を踏む必要があるということでございます。そこで次年度は、その資源発掘からマーケティングを専門家の指導のもとで実施する予定となっており、加えて商工会のタウンツーリズムマネジメント部会と連携することにより、その後のノウハウを商工会へ落とし込むことによって、今後は商工会独自で特産品開発ができる体制づくりを進めていく予定でございます。以上です。



◆仲里司議員

 特産品の開発、そしてまた流通のルート等、町民が多く待ち望んだ点じゃないかなと思うんです。いろいろなデザイン、アイデア、いろいろなものを出してもどこに売っていいかわからない。でもこういうおいしいものがあるよ、またこういうものをつくってみたいというチャレンジに対してやっと動き出したのかなと思います。さて、先月でしたか、読谷村のほうに行ってまいりました。そしてまた昨年の4月だったかと思うんですが、伊勢のほうにも行ってまいりました。そこには特産品として非常に売り上げを伸ばしている商品がいろいろありまして、伊勢のほうでも学校給食に出る餃子があったんです、でかいやつが。それを学校給食の総合栄養食といってどんと出していたら、すごく人気があったということで、皆さんからその給食を商品にしてはという提案があり、これが馬鹿売れしているというようなお話もありましたし、また読谷に行ったらですね、何でしたか、モズク丼というのが給食で出されていたようです。それでいろいろな投票をしたら非常に子供たちから人気ナンバーワンで、これを商品化したらまた馬鹿売れしたというようなことがあったんです。ですから特産品を活用する上で、学校給食の栄養士さんですかね、メニュー、献立を立てたりする、その方なども大いに活用してコンテストを開くときには、その中に審査員だったらアドバイザーも含めて栄養士を入れてほしいんです。今栄養士は自分が納得いかないとメニューを組まないんです、正直。ですからぜひ入れていただいて、その方がまた満足するようなことを一緒に開発して、地元の児童の口で覚えていただくという、外部にアピールできる力をつけていくには非常に有効な手段だなというのを感じているんです。ですから、観光振興課のみならず、学校教育課だったり、またその他の分野もいろいろ協力し合わないといけないと思うんです。庁議などもあると思いますので、そういう中でいろんな意見交換をしながら面白いなというところをどんどん引き出していければと思います。税務課もそうですから。税務課も税金だけ集めておけばいいんじゃないですから、その中で何ができるかと考えないといけないですから、そういうようなことをぜひ皆さんで協力してやっていただきたいと思います。

 あと、今後に向けて観光に少し触れさせていただきますが、小さい事業をあまりやらないでください。あとイベント貧乏が、全国の自治体で非常に多く起こっていますからそれも気をつけていただきたい。やっぱりやるんであれば沖縄にここしかないんだというものをプロジェクトをつくってやらないと、人来ないですよ、やっぱり。小さいものばかりやっていてもしょうがないで、それも一過性のイベントばかりではなく、沖縄に来てここには行かないといけないよねというものをしっかりつくらないといけないというのは、もう明確に出てくると思いますのでこれは、観光においては。その点をどうか担当課長は頭に入れながら商工関係、またその他県外、海外の皆さんともいろんな意見をして頑張っていただければと思いますので、そこだけはぶれずにお願いします、よろしくお願いいたします。次へまいります。

 次、子ども医療費についてですが、本日のタイムスにも載っておりましたが、現物給付を南風原町がスタートしている部分で、やっぱりお金がなくて子供たちの診察を我慢させて重症化するという事例も多くある中で、やっぱり現物給付をスタートさせてはどうかと私も思うんですが、これは平成13年の私の提言書の中にもうたってありますので、お読みになれたかと思いますが、それについてデメリットもございます。その点でメリット、デメリットをお聞かせください。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 ただいまの仲里議員の子ども医療費についてのメリット、デメリットについてお答えしたいと思います。現物給付に関しては、先ほどあったように、保護者にとってはすごく安心な制度だと担当課としても認識しているところですが、まずメリットについてですが、議員もおっしゃるとおり、急病時に手持ちの現金を気にせずに病院に駆け込めるということで、保護者にとって大変安心だと考えます。また受診控えの抑制から病気の早期発見、早期治療につながるものだと考えております。あとデメリットとしては、その受診控えが反面、小児の救急医療を担当する医療者への加重負担を招くおそれがあること、また独自に行う医療費助成にかかる国民健康保険の減額調整措置、いわゆる国保のペナルティーということですが、それがあるかと考えています。以上です。



◆仲里司議員

 同じ、私も理解している範囲の中では同じようなお考えかなと思います。本当に夕方軽く熱が出ているから病院に行かなくていいなとなって、夜中すごい高熱が出てというようなお子さんの事例は多分子育てを行った親ならわかるはずですが、それでけいれんを起こして亡くなったという事例もあるんですね。また、歯科医であったり耳鼻科関係であったり、それに対してはこれぐらいはいいだろうという見過ごす親も多いんですね、余裕がなければ。それで重症化してしまって、さらに医療費がかかってしまうという事例も多く聞こえます。南風原町にいって、南風原町の担当と課長からもいろいろお話を聞かせてもらうと、やはり狙いは子供たちが親の手持ちのお金の問題で病院に行けないというのを防ぎたいというのと、やはり重症化するのを防いであげたいというところが一番の狙いですよということをおっしゃっておりました。1月現在しか具体的には出ていないと言われたんですが、診療に伺う回数はふえているんだけれども、医療費は若干下がっているということでした。すぐ答えが出ることではないと思いますが、これ注視してやっていけそうであればチャレンジしてください。よろしくお願いします。

 次に待機児童について。午前中、松長議員からも質問があってある程度お聞きしていますが、再度お聞きしますが、昨年と今年度の待機児童数の、入所児童の数と今度、新設された保育所の定数をお聞かせください。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 仲里議員のただいまの、昨年度の入所児童数等を確認します。今年度新設された保育所の入所児童数でよろしいですか。

〔仲里 司 議員「昨年度、今年度の数と新設の」の声あり〕



◎子育て支援課長(伊集京美)

 保育所の入所数。

〔仲里 司 議員「マックス」の声あり〕



◎子育て支援課長(伊集京美)

 定数ということでよろしいですか。昨年度の入所児童数ですが、これは午前中の資料のほうにもありますように、入所児童数は737名というふうになっています。今年度の新設の保育園に関しては100名を定員としているところです。

〔仲里 司 議員「去年とことしの差がついていますか。入所数」の声あり〕



◎子育て支援課長(伊集京美)

 その差ということですか。失礼しました。済みません、資料で申し上げさせていただきます。入所児童数が、昨年度は737名、今年度は813名ということで、差としては76名ということで入所児童は76名ふえたということです。

〔仲里 司 議員「定数は」の声あり〕



◎子育て支援課長(伊集京美)

 定数に関しては100名ということです。



◆仲里司議員

 これちょっと疑問なんですが、34名の差があるし、弾力化できるとすれば100名定員がもう少しふえるのではないかと感じます。それプラス、午前中でも議論がありましたように150名定員であったり、200名定員を大型化すれば、さらに弾力化も図れてということになれば、もう少し待機児童の数は減るんじゃないかという単純な計算だと思うんですが、それがそういかなかった理由はなぜなのか、この資料だけだとちょっとわかりづらいのでお答えください。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 ただいまの御質問にお答えします。まず、平成28年度の定員数と入所児童数を見ていただけたらと思いますが、定員に関して711名のところ737名、これからすると26名が弾力で入所がされているのかなということがおわかりかと思います。本年度は811名の定員に対して813名ということで、2名の弾力で入所が可能になっているということですが、平成28年と29年では先ほど申し上げたように100名の定員を設けて入所をということでやっていたところなんですが、実質76名のみふえたというところです。下のほうに年齢ごとの数字を入れさせてもらっていますが、この中でわかるように1歳児のほうがかなり入所の希望がふえました。そうすることで、これまで新規の園に関しては、1歳児は定員よりも6名弾力で入所を可能にさせたところですが、ほかの園がこれまで1歳児の弾力をやっていたところができずに、1歳児の弾力も定員よりも少し多めに入所させていた既存の園が、要するに保育士の確保が困難で入所をふやすことができないという弾力化ができないという状況が今年度の待機をふやしたもう1つの理由にあるのかなというふうに思っています。以上です。



◆仲里司議員

 やはり保育士問題なのかと思いますが、その点について、保育士対策に向けたいろんな予算であるとか、それを町内の保育所に具体的に活用するようにされているのか。それともう1点お聞きしたいんですが、施設整備だとか施設の修繕等を含めて、基金積み立てがされているのかというふうに、各保育所思うんですが、認められている基金があると思うんですが、それがどのようになっているかお答えください。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 仲里議員の再質問にお答えしたいと思います。保育士支援の制度に関しては、各園に周知を2カ月に一遍の保育所長会議の中で提案をさせていただくんですが、なかなか確保が、実際予算化されていても活用できなかったというような現状があるということで、なかなかその活用に至っていないというのがまず1点です。あとは少し、質問とはちょっと違うのかもしれないんですけれども、今年度新設したところに関しては、保育士確保がきちんとできていたということもあったものですから、その辺の事情を聞いたときに、新制度スタート時点で雇用の、特に給料の差ということではなくて、雇用の形態が正職での雇用を7割方募集したところでしっかりと埋まったという状況が1点ありましたので、そこはぜひ各法人参考にしてほしいということを申し上げたところです。あと積み立てに関してですが、法人の認可の指導監督が県になっていまして、ちょっとそこまで具体的に私のほうは把握していないということで、基金がどのように積み立てられているか、パーセンテージ的な基金の積み立ては聞いているんですが、今現状はどんなふうに積み立てられているかということは、済みません、私のほうでは把握していません。以上です。



◆仲里司議員

 新設の保育所の部分ですね、モデルになるケースはどんどんアピールしていただきたいと思いますし、既存の保育所がいろんな保育士支援の予算などを活用できないという部分がありますが、これは前からいろいろ話しているんですが、町でやったらどうですか。そのために法人保育所、公立保育所を残して、また公立保育所を減らした部分においても職員などをうまく監督できる環境をつくってきたんじゃないかと思います。それを逆に町がサポートをして、そういう資格制度だとかいろんなものをやればいいじゃないかと思うんですが、その点についてお聞かせください。

 それともう1点、基金のあり方ですが、今、増築や建てかえ等々含めて、こども安心基金の部分が活用できていますよね。これは基金の、基本的にはそういうものに使うための基金で置いているはずなんです。だからそれがどれぐらい置いているのかというのはちょっと把握したほうがいいんじゃないかと思うんですね。それでもし大量の金額が積み上げられているんであれば、やはりその部分を、保育士の処遇、また待遇の改善に向けてその基金の取り崩しを行ってでも何かサポートできる点がないかも議論するべきではないかと、担当課長としては。これチェックできるはずですから、公表ですからね。そういったことを踏まえて、もう少し踏み込んで議論をするべきじゃないかと思いますが、その点についてどう思われますか。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 仲里議員の再質問にお答えしたいと思います。まず、1点目の町の保育士支援に関して、まず町立がやる手だてはないのかということだと思うんですけれども、現在、町立のほうも1カ所運営しておりまして、そこでもまず保育士の不足があるということも含めると、派遣するということの支援は今現在ちょっと厳しいかなと思っております。ただ、保育士たちが、法人も保育士の入れかわりとか若い保育士がどんどんふえていますので、その支援に関しては平成26年から町立の保育士1人が巡回してきちんとその支援をしているというところで、現時点で支援できているところはそこと。あとは発達のおくれというか、丁寧なかかわりの必要な子供たちも法人に受け入れていただいていますので、それに関しては各園、心理士とか専門の方を雇用するということが厳しい状況ですので、それに関しては町が巡回して、その働きかけをして、支援をしているということなので、それについては法人からもすごく助かっているというお声をいただいているので、そういう支援で今はとどまっていると御理解いただきたいと思います。保育士を派遣するというところに関しては、町としても今厳しい現状があるということを御理解いただけたらと思います。

 あともう1点、法人の基金ということですが、確認してよろしいですか。安心こども基金ということではないですよね。法人の基金ということですよね。失礼しました。平成27年度の制度改正から公定価格もかなりアップ、子供たちにあげる給付金、負担金というのが国のほうもかなりアップして、法人運営に関しては、運営費はかなり多くなっているので、それに加えて修繕費等は安心こども基金を使っているので、各法人が繕費等でこれまで積み立てたお金がどの程度あるかというところは、先ほど申し上げたように、私も具体的に確認していないので、それが保育士支援に充てられていないとしたら、やはり問題だと思いますので、少しその辺も念頭に置いて、法人と確認しながら指導支援していきたいと思っています。以上です。



◆仲里司議員

 課長、全部基金を引っ張り出して、何でも与えればいいということではないんです。ただ、国や県がやっているような補助施策ではなくて、オリジナルで各園がどんなサポートができるか、そして単独の予算を使ってでも保育士確保に向けて動いてもらうというのはチェックしておくべきだと思います。そして一番大切なこと、保育所の数を余りふやさないということです。これは定員割れを起こすような形になったときに一番苦しむのは今まで頑張ってこられた法人保育所です。ですからその点もしっかり伝えていかないと、法人保育所は誤解をして変な形になってしまいますから、その点を伝えて保育士確保をし、できる限り待機児童ゼロを目指してほしいということですので、よろしくお願いします。次にまいります。

 町の事業等と職員のバランスについて。職員が残業するのは当然だと思うか。一番残業している方の残業時間を確認したい。正職員とその他の人数をお聞かせいただきたい。



◎総務課長(城間秀盛)

 仲里議員のただいまの質問にお答えをいたします。まず、?職員が残業をするのは当然だと思うかということですが、職員が残業をするのは当然とは思いませんが、期限つきの事務事業、あるいは業務遂行上の繁忙期での残業はやむを得ないものと考えております。

 次、?一番残業している方の残業時間ということですが、今年度は、昨年4月から2月まで289時間が一番の最長の残業時間となっております。

 ?正職員とその他の職員の人数についてでございますが、現在、正職員132名、その他の職員が166名となっております。以上です。



◆仲里司議員

 もう1点お聞かせください。正確な数字を私は持っていませんので、約15年前の一般会計の予算と現在の一般会計の予算をお聞かせください。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時10分 休憩午後2時11分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎財政課長(上原謙)

 仲里司議員の15年前の予算規模と今の予算規模を教えてほしいというお話ですが、大変済みません。手元の資料で平成17年の歳出の決算額が54億8,200万円という形になっております。平成29年度の予算が70億円という形になっております。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時12分 休憩午後2時13分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆仲里司議員

 私もうろ覚えで申しわけありません、確認したかったんですが、十五、六年前の一般会計の予算が約40億円から45億円程度だったのかなと思います。そして今現在は70億円を超えるという予算になっていて、約25億円という大変なお金を活用されているんですね、与那原町。しかし、職員の数がどうなのかとなれば、そこまでその比率に見合うような人員増にはなっていないのかと思っています。ITの活用だとか、いろんなシステムの効率化、職員の能力が上がった等々あると思いますが、やはり我々土日に何か用事があって、役場に来ても毎回誰かいるんですよね。あまりそんな企業見ないですよ。多分担当課長の皆さんも一所懸命頑張っていらっしゃってあれかもしれませんが、職員の中にも、もう役場なんてブラックですよと。冗談で言うぐらい残業時間が多かったり、残業するのが当たり前だったりというのがあるんですね。それをどのように改善していくか見て、見ないふりはできないなと思ったので一般質問をさせてもらっているんですね。それについて対策をお考えでしょうか。



◎総務課長(城間秀盛)

 仲里議員の質問にお答えをいたします。基本的に残業というのは、その課の管理職が超勤命令を出した職員が基本的には残業するものとなっております。しかし、当然先ほども申しましたように期限つきの業務であったり、遂行上の繁忙期においては土日出勤されている職員も確かに見受けられます。今後は当然、事務事業の効率化、あるいは各課の職員での業務の平準化、それを推奨しながら、今の政府もワークライフバランスの推奨ということで、仕事と家庭の両立を、国を挙げて推奨しておりますので、本町としても水曜日はノー残業デーということで、定時の帰宅を、退庁を促しておりますので、そういう感じで、繰り返しになりますけれども、事務事業の効率化、それを進めながら、それと例えば窓口業務等々、民を活用できるものについては民活、アウトソーシングも進めながら残業の削減を進めていきたいと考えております。以上です。



◆仲里司議員

 課長、これは全体で話し合わないといけないと思いますが、職員増、これも必要になってくるのかなと思うんですね。これだけ大きな事業をずっとやっていくのであれば、やはり責任を持って、また専門的に学んでいく職員が必要かと思いますので、その議論もやっていただきたい。そして職員の中でも早く帰れる課、残業が当たり前の課があるのも事実です。それもどういうバランスをやるのか、応援態勢をとるのかを含めて検討いただきたいと思います。また、6月に一般質問をさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(識名盛紀)

 以上で仲里司議員の一般質問を終わります。

 次に我謝孟範議員の一般質問を許します。

〔我謝孟範 議員 質問席に着く〕



◆我謝孟範議員

 通告に従いまして、質問を行いたいと思います。まず1点目に、共謀罪についてでございますが、今、安倍内閣のもとで国家総動員法、秘密保護法、戦争法があります。国家総動員法は、いつでも総理大臣が必要とあらば港湾、船舶、病院、各地方自治体の建物等をいつでも収容できる。そういう法律であります。そしてその法律ができる前は、米軍は日本と日米安保条約があるわけですから、北朝鮮に攻め込もうとしていた時期があります。しかし、日本は後方支援の様相が整っていない。だから後方支援を万全の体制を整えるためにも国家総動員法が必要と、船舶等の収容が必要だという、そういう法案ができ上がったわけであります。そして秘密保護法ができ上がりました。これは政権にとって、政府にとって好ましくない、そういう資料は全て秘密扱いにすると。そして隠蔽し、破棄する。そういうたぐいのものであります。そしてまた戦争法が発令されて、自衛隊がアフリカの南スーダンに派兵されております。いつでも戦争があったら戦闘行為ができる、そういう法律であります。世界中至るところに戦争法が発動される、そういうおそれがあるわけであります。そしてまた、今度は去る21日に共謀罪が閣議決定され、国会に上程されております。この共謀罪は3回提案され、3回とも廃案にされている代物でありますが、この共謀罪について町長はどのような見解、お考えがありますか述べていただきたいと思います。



◎副町長(照屋勉)

 我謝孟範議員の1点目の御質問に御答弁申し上げたいと思います。まず、議員もおっしゃっていたように、これまでこの共謀罪、三度国会に提出をされておりますが、全て廃案となっております。まず、この三度も廃案になりながら、国民的な議論が全くないというようなところに非常に違和感を覚えるところでございます。そして日本弁護士連合がこの共謀罪法案の制定に対しまして、反対の意思を示しております。その理由として、この法案は我が国の国内法の基本原則に反するものであり、捜査機関による恣意的な運用により、私たち市民の人権が脅かされるおそれがあること。600を超える罪を対象とするなど、国際連合条約に批准する必要の範囲を超えていることを反対の骨子といたしているようでございます。また、別の識者や専門家は、過去の法案は適用対象を単に団体としていたが、今の法案は組織的犯罪集団、つまり組織の基本的目的が犯罪の実行にある団体に限定している。思想を取り締まる現代の治安維持法という批判もあるが、拷問などの人権侵害があった時代との比較は適切ではない。司法が成熟し、報道機関の監視がしっかり機能している現在、捜査当局がこの法律を乱用することは考えられないとして賛成の立場の理由を述べております。当然、日弁連が懸念をされているような法案であってはならないと思いますし、政府には具体例も挙げながら詳しい説明が必要ではないかと感じております。まずは国民的な議論を促すためにきちんとした情報公開が求められているのではないかと考えているところであります。以上です。



◆我謝孟範議員

 政府は、一般の市民には該当しないということを述べているわけですが、法務大臣はあり得るということを国会でたびたび答弁なされているわけです。3月22日の琉球新報の社説「無駄なことの例えに「屋上屋を重ねる」という言葉がある。政府が国会に提出した組織犯罪処罰法改正案、いわゆる「共謀罪」法案はまさにその典型だ。現在ある法に基づいて対応できるのに、なぜ無用の法を加える必要があるのか。捜査機関の恣意的な運用で市民監視社会に道を開きかねない悪法でもある。無駄どころか害悪でしかない」とうたっているわけであります。そして「市民社会の自由が奪われる前に即刻廃案にすべきだ」と、そういうふうに、これは一般紙が述べているわけですが、いかに共謀罪が基本的人権、そして国民の自由を束縛するか、それが一番懸念されているわけですが、その同じ日の記事に、治安維持法に酷似、安仁屋政昭沖国大名誉教授。かつて警察が職権を乱用し、無実の国民を犯罪者に仕立て上げた治安維持法と共謀罪法案は酷似している。安倍政権は、戦時体制の地盤を固めている。戦争への回帰だ。名目上はテロ対策だが、明らかに国の意に沿わない国民を弾圧するためのものだ。日本は今後、思想信条、言論の自由も奪う国へと変貌するのか。マスコミが政府の組織的策略や不祥事を暴き、国民に伝える使命を全うできなくなるおそれがある。軍事国会へと突き進む政府圧力に負けてはならない。人権問題が日本で最も問われている沖縄から声を上げなければならない。そういうふうに安仁屋教授が述べております。そしてこの共謀罪というのは、罪を犯していなくても数名で話し合っただけでこれが逮捕され、そして刑務所に入れられる。本当に人権を無視する、日本の基本的人権、憲法を無視するような、私からすれば恐ろしい法律であると言わなければならないわけですが、これを許しますと、日本は先ほど申し上げましたように、国家総動員法、秘密保護法、そして戦争法、これにまた共謀罪が加わるととんでもない方向へと日本は近づいていくものと、私は大変懸念をするものであります。以前、私が一般質問で取り上げまして、町長はこういうことがあってはならないということを明確に述べております。やはりこの共謀罪は国民全ての行動を監視する、そして全ての国民の電話を盗聴する、そういうことがあっていいのかどうか。まずは町長、私たちの電話がいつでも国家権力に、警察に電話が盗聴されていいものかどうか。そういうものも含めて答弁願いたいと思います。



◎町長(古堅國雄)

 共謀罪、私は専門家ではありませんので詳しい中身についてはあまり知りませんけれども、先ほどうちの副町長が共謀罪の可決するまでに至るまでの経緯がありました。どうして今、このような法律が可決されたのかなという背景を考えてみますと、やはり国際情勢が非常に不安定な状態、あるいはISが、テロ行為が各国でいろんな形で出ていると。そういう中で、国民の命と安心した生活ができるように、守るためにどうあるべきかというあたりの背景からこういう法律が二度も、三度も提案されて可決するに至ったのかと思うんですが、ただこれが乱用であってはいかないわけです。



○議長(識名盛紀)

 町長、まだ可決ではありません、提案だけです。



◎町長(古堅國雄)

 提案されているということですか、済みません、ちょっと私が誤解していました。提案されているということですが、これが、我謝議員が御指摘のように、個人的な権利、生活まで脅かすような乱用があっては絶対いけないわけでありまして、これが非常に微妙な、二、三名でテロ行為を計画してやっているものなのか、あるいはまた国民が日常の生活の中でそういう打ち合わせをやったのを共謀罪で取り締まるとかというような乱用があってはいけないわけですが、そういう微妙な運用の面で、絶対そういう個人の権利を脅かすようなことがあってはいけないと、これは私も我謝議員と全く同感であります。これは国会で徹底的に議論していただいて、国民の権利を侵害しないように、議論していただきたいものだと思います。



◆我謝孟範議員

 安倍内閣が今進めております高江のヘリパッド建設、それから辺野古の埋め立て、オスプレイの配備、そしてまた近ごろ国民を怒らせています森友学園。森友学園のやり方は日本会議に所属しております籠池前理事長、超右翼的な存在でありますが、その皆さん方が今、子供たちに教育勅語を教えているわけでありまして、やはり私は、これは切って切り離せない、連動しているものと思われるわけであります。ということは、日本をひたすらに、そういう方向へと、戦前回帰の方向へと導いていく、そういう流れとなっているのではないかと多くの皆さんが心配しているわけです。戦後71年間、私たちは今の憲法のもとで自由と民主主義を享受して、国も繁栄してまいりました。そして基本的人権も守られ、プライバシーも尊重されているわけであります。しかし、戦前に回帰しますと全て奪われる。私たちの自由が拘束される。自由もプライバシーも侵害されるわけでありますから、やはりそこら辺、国家で議論どころじゃなくて、今社説にもあらわれたとおり国民の自由を束縛する、戦前に戻るのか。新しく、平和な未来へ進んでいくのか、町長はどっちをとりますか。それを問うているわけでございます。



◎町長(古堅國雄)

 これは我謝議員に御指摘されるまでもなく、二度と戦争は起こしてはいけませんし、また戦前の軍国主義に帰ってもいけません。これは聞かれるまでもなく、私は戦前生まれでありますので、戦争の残酷、悲惨さを見聞きしておりますので、二度と戦争は起こしていけないということで全く同感でありまして、ただ、傍観しているという意味ではなくして、これは閣議決定したという段階で、これは徹底的に国会の中で議論をしていただいて、そしてこれが、もしどういう形になるかわかりませんけれども、さまざまな意見があるということは予想できますけれども、ただ、先ほど申し上げましたように、二度と戦争があってはいけないし、またそういう方向への流れはつくってはいけないということは我謝議員と全く同意見でありますから、御理解いただきたいと思います。



◆我謝孟範議員

 やはり私たち沖縄県民は、毎年6月23日には慰霊の日を設定し、黙祷を捧げて御霊に、もう二度と戦争を繰り返しません。もう二度と過ちを繰り返しませんと誓っているわけであります。そういう観点から、やはり私たちは子や孫に平和をバトンタッチする責務が誰にもあると思うんです。戦前に絶対に回帰させてはならない。戦前のやり方にはですね。そういう思いを町長もとっていただきたい、子や孫のためにも。今、いつでも事変が起こった場合やミサイルが飛んでいる時代ですから、何かあったらもう人類は死滅する、そういう方向に来ているわけでありますから、絶対に平和を希求していかなければならないと思うわけであります。前回も私はこう述べました。第2次大戦のドイツである牧師が戦後述べた言葉、最初は共産党員が弾圧された、次は社会党が弾圧された、次は労働組合が弾圧された、最初は関係ないから黙っていた。労働組合が弾圧されたときにはそれでも黙っていた。その後に教会が弾圧を受けた。そのとき自分は牧師だから立ち上がったと、しかしながらそのときは遅かったと。そういう戦後の懺悔の言葉があるわけですので、やはり私たちはひたひたと入り込んでくる、そういう戦争政策や平和を脅かす、そういう行為に対しては常に警戒心を持っていかなければならないということでありますので、ぜひとも町長もそういう立場で共有していただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 それでは次に私道の整備について問いたいと思います。この私道は、今回で3回質問いたしますが、その後の進捗はどうなっているかお尋ねしたいと思います。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 我謝議員の御質問にお答えいたします。私道整備の状況についてお答えいたします。本道路の用地地権者との協議も整っておりますので、軽微な舗装工事を完了しております。以上です。



◆我謝孟範議員

 工事が完了しているということは、私も回ってきて見ました。やはり関連した住民の皆さんは大変喜んでおります、高く評価したいと思います。まだまだそういう箇所が町内には残されていると思いますので、そこら辺もぜひ解決するように心がけていただきたいと思います。

 それでは3点目、駐車場開放についてでございます。この駐車場の開放というのは、与那古浜公園の駐車場と上の森公園の町営の駐車場でありますが、その件はどうなっているかお尋ねしたいと思います。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 我謝議員の(3)駐車場開放の進捗につきましてお答えいたします。まず、与那古浜公園の駐車場につきましては、現在開放しております。また、上の森公園の駐車場につきましては、観光交流施設利用者の優先利用を担保しつつ、有効的な駐車場活用への観点から一定時間帯を有料化する検討を行っております。検討方法としましては、駐車場管理運営を行う民間事業者に依頼し、民間事業者が設備投資と維持管理を行った場合、投資以上の売り上げが見込めるのかを試算していただいております。よって、もう少し時間をいただき、効率的な駐車場管理及び開放を検討したいと考えております。以上です。



◆我謝孟範議員

 与那古浜公園の駐車場は開放されておりますが、開放されて今日まで、やはりどういう結果が生じているかその点と、それからまた上の森公園の駐車場の開放は、与那原町に来る人たちがいつでも車に乗ってきてもらって、串焼きを食べたり、お酒を飲んだり、それから社交的な場で懇談する場。そして帰りには運転代行を頼んで帰っていただくと、そういう与那原町が胸襟を開いて受け入れると。夜間は駐車場はがら空きですので、これまでの野球場の駐車場、それから東小学校の海岸寄りの駐車場を開放して大変喜ばれているわけです。やはりそこら辺も経済効果が発生するものと見込まれるわけですので、その辺も含めて、私から言えばけちだと。けちなことを考えないでほしい。要するにお金をもらって駐車させると、それ以上に私は来てもらうだけでも大きな経済効果が発生すると思うんです。そういうことからそこら辺ちゃんと、まずは試験的にでもいいから、全部じゃなくても、半分でもいいから開放できないかと。そういう検討も必要じゃないかと、その点。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 我謝議員の再質問にお答えいたします。まず、与那古浜公園の駐車場を開放しての進捗ですが、今のところ適切に駐車されており、町民からの苦情等は届いておりません。また、上の森公園の駐車場につきましては、まず設置の目的が観光交流施設利用者の優先利用を考えての設置でありますので、観光交流施設利用者に大きな影響が出ない範囲内で関係各課と協議を行い、一部開放も含めた検討をしていきたいと考えております。



◆我謝孟範議員

 ぜひ早目の検討をなされて、前向きな行動をお願いしたいと思います。

 それから4番目になりますが、リサイクル事業についてでございますが、これはリサイクル事業が実施されて、ごみ袋の値段があるわけですが、今日までこのごみ袋の料金が適正であるのかどうか。それからこの基金があるわけですが、基金のあり方、基金の捉え方、それが今、私は検討に値するんじゃないかと思うわけですが、その点、課長はどう捉えているか答弁願いたいと思います。



◎生活環境安全課長(比嘉哲也)

 では、ただいまの我謝孟範議員の(4)リサイクル事業について。?基金のあり方について御答弁申し上げます。リサイクル基金については、ごみの資源化、減量化を促進し、快適な生活環境づくりを目指すために与那原町リサイクル基金を設置しています。基金の使い道については、資源化、減量化に関する事業、ストックヤードの設置に関する事業、その他町長が特に必要と認めたときに取り崩すことができることになっております。今後は、短期、中期的な計画を立てた上で与那原町リサイクル基金条例に基づき、計画的な基金活用を目指していきたいと考えております。以上でございます。

 済みません、答弁漏れがございました。ごみ袋の料金につきましては、現在、燃えるごみ、燃えないごみ、危険ごみについては大のほうが20円、中が15円、小が15円となっております。これにつきまして、平成13年度から値段が変わっていないということもありますので、今後検討の余地はあろうかと考えております。



◆我謝孟範議員

 基金が1,600万円、積み上げられて、それから700万円が単年度で浮いているということで、700万円がほかの用途に使われているわけですが、やはりそこら辺もっと、今課長がおっしゃったように検討して、黒字も出さず、赤字も出さず、適正な値段で町民が環境を保てるような、そういう行政を私たちは求めるわけですが、それに近づけるようにぜひとも努力なされていただきたい。それに対してどう思われますか。



◎生活環境安全課長(比嘉哲也)

 ただいまの我謝孟範議員の再質問にお答えいたします。事業の収支としましては、ごみ袋及び粗大ごみステッカーの売り上げの合計から製造費及び販売委託料を差し引いた事業収入額が平成23年度でプラス720万6,000円となっております。ごみ袋の代金には、ごみの処理量も含まれています。この720万6,000円については、清掃事務運営事業に全額充当しております。以上です。



◆我謝孟範議員

 これは、以前ごみ袋は無料でありましたが、何に出してもいいと。山内町政のころから有料化になったわけですが、そうであれば、国から措置費が来るわけですが、できるだけごみ袋は無料のところもあるわけですから、そういうものも含めて勘案していただきたいということですが、その点について町長の方から答弁願いたいと思います。



◎副町長(照屋勉)

 我謝孟範議員の再質問にお答えしたいと思います。ごみ袋の料金でございますが、この販売益ですね、実際にかかった費用を差し引いて、議員からもございましたように700万円程度利益があると。しかし、これは全て清掃事務事業に充当しているわけでございます。それから指定ごみ袋の価格につきましては、東部清掃構成市町村全てが一律でございますので、下げるとなりますと、その辺の隣町村との調整も必要になってくるかと思いますし、ただ、これまでも環境に対する住民の意識もかなり高くなっておりますので、全てそれは環境に寄与するお金でございますので、これからも基金、あるいはその販売益につきましてもそういった環境に充当するような方向で考えていきたいと思っております。以上です。



◆我謝孟範議員

 今の副町長の答弁からしますと、やはり基金というのが矛盾するのではないかと。そうであれば一般会計で全部処理できるわけです。何で基金を持つ必要がありますか。基金もあるわけですので、基金のあり方も私は問われると思うんですが、これは時間の問題もありますので、今後とも引き続き取り上げていきたいと思います。

 それでは5点目になりますが、学校給食運営についてでございます。ことし4月から学校給食費が1人当たり月に400円、年間4,400円値上げの予算が組まれているわけですが、なぜあえて値上げに踏み切ったのか、その点を答弁願いたいと同時に、委託されて何年になって、それからこの委託したときの予算と、それから委託後の予算がどういうふうになっているのか、浮いたのか、赤字になったのか、とんとんなのか。その点を述べてもらいたいと思います。



◎学校教育課長(岡剛)

 ただいまの我謝孟範議員の御質問にお答えをいたします。まず、給食費を改定した理由でございますが、こちらは昨今の物価上昇に伴い、給食運営を現在の給食費、まかない費だけで運営していくのが非常に難しくなっております。前回給食費を改定しました平成21年度と比較いたしまして、牛乳で11.8%、お米で8.7%、おかず用食材で12.9%、食材が高騰しております。その中で子供たちに栄養価のバランスのとれた安全で安心な給食を提供するために今回の改定に至っております。

 我謝議員からありました?の給食事業ですね、委託化した前後の比較でございますが、平成25年度より調理、配送、改修、清掃等の調理等委託業務を開始しております。それが平成24年度の決算におきましてはまかない費を除きますと6,234万3,503円、こちらと比較いたしまして、平成28年度の決算見込みで申し上げますと8,552万1,972円となっております。また平成27年度、昨年度でいいますと、同じく6,234万3,503円に対しまして、5,428万3,334円ということで、平成27年度ベースで申し上げますと806万円削減となっております。また、平成28年度におきましては2,317万8,000円余り増額となっておりますが、こちらにつきましてはボイラーを2,317万2,000円で購入しておりますので、実質としては6,000円の増額となっておりますが、平成24年度当時と比べまして児童生徒数の増加に伴い、調理員を4名増員しております。また調理主任管理衛生責任者といった平成24年当時には置いていなかった職員も配置をして6,000円の増額ということでありますので、削減効果は出ているというふうに考えております。以上です。



◆我謝孟範議員

 町長、削減効果が出ていると。削減されているにもかかわらず給食費の値上げ、もうちょっと考えていただきたかったなと。今、子供の貧困が叫ばれているわけですが、そういう中で、学校教育課長が答弁しているのに、委託して大分削減効果が出ているわけですので、それを回してもよかったんじゃないかと私は考えるわけです。それからまた財政課にお聞きしたいんですが、消費税も払うわけですから、国からの措置費はありますか。その点も踏まえて町長の見解と財政課長の見解をお尋ねしたいと思います。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時51分 休憩午後2時52分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎財政課長(上原謙)

 我謝議員の質問にお答えいたします。消費税に対する財源措置についてはないと…。給食費に対する措置はありません。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時53分 休憩午後2時53分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎財政課長(上原謙)

 我謝議員の質問にお答えいたします。答弁漏れがございました。給食費に対しては、消費税は含まれていないということで、その分についての財源措置はありませんが、学校教育課のものについては、ほかのものでは交付税での措置はあるということになっております。一般会計の全体でいいますと、給食費に対する措置はございません。しかし、別のもの、学校教育課関係の予算については交付税が入っているという形になっております。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時54分 休憩午後2時55分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎学校教育課長(岡剛)

 我謝議員のただいまの御質問にお答えをいたします。給食まかない費のあり方といたしましては、給食費を保護者の皆様から徴収し、それを全額まかない費として充てております。そして給食まかない費で支出する材料費につきましては、消費税が転嫁されておりますので、消費税も含めた金額をお支払いしているというところであります。その消費税を支払った分につきましての、特別な給食費に対する補填というのがございません。以上です。



◎副町長(照屋勉)

 我謝孟範議員の御質問にお答えしたいと思います。委託によって700万円余りの削減効果が出てはおりますが、今回の値上げに関しましては、あくまでも材料費の上昇に伴っての改定ということでございまして、約1年かけて保護者の理解も、説明等も行って、十分保護者の皆様にも御理解をいただいたと考えておりますし、それから貧困家庭、あるいは準要保護等で困っている方々にはしっかりと手当てもできていると思います。今回の値上げはあくまでも材料費、そのほか、先ほども岡課長からございましたように、人件費分はしっかりと一般財源分で手当てしているということでございます。以上です。



◆我謝孟範議員

 やっぱり教育費は無償という立場から、給食費も私はできるだけそれに近づけるというほうが子供の貧困、今、子供の貧困は親の貧困ですから、親の生計を助けるためにも、これから先もあると思うんですが、ぜひ町長、配慮していただきたいと思いますが、町長最後に一言ありますか。



◎町長(古堅國雄)

 子供たちの貧困が非常に社会問題となっている中で、給食費値上げというのは非常に心苦しい思いは同じでございます。ただ、今回の場合はどうしても食材の値上がりということで、それだけの差額が出たわけですけれども、これは限られた財源の中でどれを優先するかというところも非常に悩むところでありますけれども、できるだけ今後、子供たちの貧困断絶の意味でも、できるだけの努力はしていきたいと思っています。



◆我謝孟範議員

 教育委員会は、対策として就学援助制度のパーセントを引き上げると、そういう形で努力はなされております。あとはどれを優先に予算を確保していくか、これは町長の、町長部局のさじ加減でありますので、今後、なるべく値上げしないで、値下げできるような体制でもって臨んでいただきたいと。そういうことで私の一般質問を終わりたいと思います。ありがとうございました。



○議長(識名盛紀)

 以上で我謝孟範議員の一般質問を終わります。

 暫時休憩します。

午後2時59分 休憩午後3時10分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 次に舩谷政喜議員の一般質問を許します。

〔舩谷政喜 議員 質問席に着く〕



◆舩谷政喜議員

 皆さんこんにちは。この4年間を振り返って、今しみじみ感じていることは、私は40歳になるんですけれども、この40年間で一番早い4年間で、あっという間に終わったというのが、私が今思っていることで、こんなに早い4年で、果たしてまちづくりはどう形を変えていけるのかとしみじみ思っていて、ということは一日一日をもっと大事に使っていかないといけないんだと感じております。そして私もこの4年間を振り返って、まちのためにどれだけ尽力できたかと振り返ってみると、まだまだ足りない部分があるので、これまで学んできたことを次に生かせるようにまた頑張っていきたいと思います。それでは一般質問に入ります。

 まず(1)独自の都市計画区域を持つにはということで、ある程度、把握しているつもりであるんですけれども、ちょっとまだまだわかりづらい点とか、5年後、10年後、30年後、また50年後をもっともっと想定したまちづくりができないかと思いまして、この質問を取り入れました。?那覇広域都市計画区域から外れることは可能か、お願いします。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 舩谷議員の(1)?那覇広域都市計画区域から外れることは可能かについてお答えいたします。那覇広域都市計画区域の概要としましては、手元にお配りした資料がありますので、A4横型の資料をごらんください。11市町村で構成されており、まちなみを景観的に促進する市街化区域と抑制する市街化調整区域に分かれております。現在、与那原町全域に占める市街化区域、これはまちなみを促進する区域ですが、この面積の割合はおよそ52.5%、人口割合はおよそ98.4%となっております。いずれも那覇広域都市計画区域全体と比べましても高い数値となっております。御質問にあります那覇広域都市計画区域から外れることにつきましては、現在、都市計画法で縛られていることや、沖縄県や構成市町村との協議が必要であり、現時点では厳しいものと考えております。以上です。



◆舩谷政喜議員

 確かに今、この表から見ても那覇都市計画にかかわっている各区域の中では、面積も約半分は市街化区域ということと、あとは人口の割合も98%と高い数字ではあります。それはそれとして、私が最初にお伝えしたのは、現時点ではなく、今後、本当に可能性はあるかと。まちづくりだって人口の動態だって変わってくるし、また空洞化だったり、次の世代の人たちだったり、またその次だったり、いろんなことが含まれますから、その上で、今ではなくて今後そういうことも可能性はあるのかということをお聞きしているんです。例えば、今だってこれは与那原町ではないんですけれども、MICEの、ホテルができるであろう用地、向こうだって難しいと言われる県の緑地帯じゃないですか。それだってそういうハードルを、ここにこういう施設を立てて、ビジョンが明確にあるから国に要請してここを変えていこうかという、ですから今後のビジョンをはっきりすれば、その辺も可能性はあるのかなということをお聞きしたいんです。例えば南城市にしたら、与那原と全然違いはするんですけれども、向こうも外れたのは外れたじゃないですか。向こうも与那原以上にハードルは低かったかもしれない。けれども可能性はあったわけでありまして、その辺の可能性はあるかということをお聞きしたいんです。じゃないと、将来についての発想というのはここで終わってしまいますので、お願いします。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 舩谷議員の再質問にお答えいたします。将来にわたっての那覇広域の離脱ということですが、先ほど申し上げましたように、沖縄県や構成市町村との協議を行いまして、理解が得られたら可能性はあるのかなというところはございます。ただ、現時点ではまだはっきりどうだということは申し上げることはできません。以上です。



◆舩谷政喜議員

 今、課長がそういう答えを示したのも、多分、私の質問が外れることは可能かと断定しているから多分そういうことになったかもしれないですね。今の答弁がいただければ十分です。可能性は、もちろん県がオーケーすれば可能性はあるということで。

 ?ですけれども、独自の都市計画区域を持つことにメリット、またはデメリットをお願いします。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 舩谷議員の?独自の都市計画区域を持つことにメリット、デメリットはありますかということにお答えいたします。独自の都市計画区域を持つメリットといたしましては、住宅建築など、住民の自由な居住地の選択が可能となることや、商業、工業などの民間開発の自由度が増し、土地利用の利便性が高まることが考えられます。デメリットといたしましては、市街地が無計画に郊外に拡大し、開発される土地と手つかずの土地が隣接する虫食い状態での無秩序なまちなみが形成されるおそれがあります。また、基盤整備が後追いとなり、道路や下水道等の都市施設が整備されないまま低質なまちなみが形成されると、防災上や環境上の問題が発生することが懸念されます。以上です。



◆舩谷政喜議員

 確かに今おっしゃったように、メリットとしてはどこにでも居住地が建てられると。デメリットとしては、どこにでも建てるかわりに、こういうインフラ整備とかそういうものがおくれてきて、計画も立てづらいと。じゃあ、そうした場合に、例えば調整区域を取っ払ったとして、そうした場合にまち独自の決まりというものもつくれるんでしょうか、そういう整備とか、こういうものの規定をつくってですね。お願いします。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 舩谷議員の再質問にお答えします。今、舩谷議員から御質問がある、町独自の規定、規則ですね、というのがまさしく那覇広域から離脱して、与那原町だけの都市計画を持つということになりますので、その離脱して都市計画を持つことでそれができるということになると考えております。



◆舩谷政喜議員

 もう少し質問させてください。那覇広域の都市計画の中では、恐らく我が与那原町が恩恵を今まで受けている部分もあると思うんです。だから単にこれから外れる、那覇広域から外れるというだけではないと思うんです。その辺を精査しながらどういうふうなまちづくりをしていったほうがいいんだろうということも考えたいですので、これまでどういった恩恵が受けられたかと。現在もその恩恵もあるのかと。今後どういった恩恵が受けられるであろう、想定できるものがあればお願いします。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 舩谷議員の再質問にお答えします。都市計画区域にいる恩恵ということでよろしいでしょうか。まさしく先ほど説明しました離脱のデメリットの部分の反対になるんですけれども、市街化地域が無計画に拡大することを抑えておりますので、すみ分けですね、市街化区域に高質なまちをつくって人が住んでいくというところ。それから農業をやる部分、森林の部分を保全していくというところがございます。また、町税を人が住んでいる部分に集中的に投入して都市整備を進めることができます。むやみにまちが拡大されていきますと、その分、都市整備に費用も膨大になりますので、費用が追いつかない場合には先ほど申し上げましたとおり、低質なまちなみが形成されるという心配がございます。以上です。



◆舩谷政喜議員

 この恩恵を受ける意味で都市整備というものがそれになるのかわからないんですけれども、例えば沖縄全体を見渡したときに那覇広域都市計画があったとして、那覇を中心として、与那原町にはこういう道路を生かしましょうとか、私が言っているのはそういうことですけれども、今生かされているものとか、これまでに生かされてきたとか、今後、生かされるであろう整備などがあれば、わかる範囲でいいですのでお願いします。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 都市整備といいますのが、例えば下水道ですね、与那原全域に下水道を一気に整備することは不可能ですので、まず人が住んでいる部分に下水道を整備して費用を集中的に投資するということ。それから道路につきましても、人が住んでいる部分に集中的に投資して、利便性のいい道路をつくるということを考えていけばむやみに町が拡大することは、費用がかさむということになりますので、市街化区域と市街化を調整している区域、保全する区域を分けることが都市計画として必要なことであると考えております。また、県の都市整備についてという御質問でしょうか、この辺については、例えば県道も都市同士を結んでいくという、整備のネットワークを組んでのやり方をやりますので、この辺がむやみに予算をかけないで、集中的にできるというメリットが一番大きいものかと考えております。以上です。



◆舩谷政喜議員

 県のほうからも予算を今、恐らく組んでもらえるという話だと思うんですけれども、ちょっとわかりづらいので、このバイパスこれもそういうことになるんですか、お願いします。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 舩谷議員の再質問にお答えします。今、バイパスについても都市計画の道路かということですが、この道路につきましても名前が313南風原与那原バイパスという名前がついて、都市計画決定が打たれている道路になっております。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後3時26分 休憩午後3時27分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 今、道路を、町道の整備をする場所につきましては、上与那原23号線、上与那原地区の前の井付近、道路の整備を行っております。また、県道につきましては、県道糸満与那原線、港区から雨乞森に向かっての計画をやっております。先ほど言いました国道バイパスにつきましても、国道の決定を打って、国道の名称をつけて整備をしているところであります。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後3時28分 休憩午後3時29分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 まず、バイパスのほうからお話したいんですが、国道バイパスですね、これは事業を開始する前に都市計画決定というものを打って、広域の道路の位置づけをして整備を進めております。また、県道糸満与那原線、これにつきましても事業を開始する前に都市計画決定を打って事業を進めていくという、担保をとって進めていくということになります。それから上与那原23号線、これにつきましては都市計画道路の位置づけではなくて、町道として、道路事業を活用しての費用で整備をしていくということになっております。よろしいでしょうか。



◆舩谷政喜議員

 今の答弁で大体イメージもつきました。今、近隣市町村、糸満市だったり豊見城市だったり、市街化調整区域を外そうと皆さん言っている中で、もちろん面積的なものも与那原とは全然違うんですけれども、それぞれのメリットがあってそれを打ち出しているので、私も与那原町が実際にどういう恩恵を受けて都市計画を図っているのか、それをちょっと確認したかったんです。かといって、また今後、本当に5年、10年、30年となったときに、例えば富裕層、普通の富裕層ではなくて、本当に大富豪、沖縄にそういう方たちが来ても買い物するものもないというぐらい言われているんですけれども、例えばこの間、35億円か36億円のクルーザーが来たときに、どういう宿泊施設があるんだろうと見たときに、どこにでもあるような宿泊施設ではなくて、あれは行き過ぎかもしれないですけれども、そういった方たちの施設、沖縄にはここにしかない施設を建てようという計画になった場合、土地がないですよね。だからそういったときに調整区域とかが今後必要になってくるんじゃないかなと思うんですね。でも、これは全然大型MICEも決定していますから、そう遠い話をしているのではなくて、そういうものを視野に入れながら進めていかないといけないんじゃないかと思うんです。だからその辺で、ひとつ確認ですけれども、与原の運玉森開発はある程度の整備が、多分決まりがありますよね、何ヘクタール以上のまちづくりをして、それがちゃんとした一過性のものであれば県は承認するとか。例えばこういうホテルにしても、ただの小さなホテルではなくて、スリー、フォースターとかファイブスターとか、そういうものではなく、もう少し富裕層のもっと上のランクの人たち向けの施設をつくるとなった場合に、多分一企業だけでも本当にメリットはあると思うんです、町に対して。そういうときも調整区域、調整できるのかなと思って。これは県の職員ではないのでここで言ってもあれなんですけれども、これは同じことになりますから、県の確認が必要になるはずですから、そういう大きな構想を持たないとMICE施設が来て、与那原を大きく変えることはできないと思うんです。ですから町長、あした鶴保大臣にお会いしますよね。例えばそういうときにどういうビジョンを、イメージを持たせるかというのは非常に大事なことだと思うんです。このまちに鶴保大臣が海外の人たちや国外の人たちにあそこはいいところだよと言わせるようなビジョンを持たすことが大事だと思うんです。例えばパークゴルフ場、パークゴルフ場だってせっかくああいった絶景の場所にあるにもかかわらず、海を見ながら皆さんパークゴルフをしていませんよね。パークゴルフ場であれば、例えば山手でもできると思うんです。パークゴルフ場がだめだと言っていません。ああいったせっかくの絶景、すぐ海にリンクした場所にこそホテルとかを建てたりして、またマリーナもあるわけですから、今後は大型客船も入るような構想がもしあるとすれば、そこに見合ったような開発をイメージすることはすごく大事だと思うんです。もちろんあそこも県の持ち物なので簡単にクリアできないとは思うんですけれども、そういうことをイメージしながらそういった形でビジョンを語るというのはすごく大事なことじゃないかと思うんです。ですから、きょうは確認できたのは、可能性はゼロじゃないということが確認できたので、この質問は終わりたいと思います。

 それから(2)本町の保育に係る子供たちの環境に平等性をということで、これも非常に難しい質問だと思うんですが、認可外保育園についてどうお考えかお願いします。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 舩谷議員の(2)本町の保育に係る子供たちの環境の平等性をということで、認可外保育園についてお答えしたいと思います。本町においては、現在においても多くの乳幼児が認可外保育園を利用しております。担当課としては、保育の下支えをしているものというふうに認識しております。以上です。



◆舩谷政喜議員

 次、?に行きます。認可外保育園と子育て環境についての意見交換会などこれまでされたか。また何回したか、お願いします。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 ただいまの認可外保育園との意見交換についてお答えしたいと思います。認可外保育園とは、これまでも、特に新制度がスタートするに当たったときには意見交換を2回ほど行っています。制度の説明会を含めて行いました。また昨年末は、沖縄県認可外保育園園長サミットというのが行われていまして、それを受けて2月10日に意見交換を行ったところであります。以上です。



◆舩谷政喜議員

 ?は保育の平等性、これはみんな同じ考えを持っていると思うんです。与那原町に住んでいる保育に係る子供たちが、平等といっても全てが全て平等にできるわけはないんですけれども、国の制度も認可保育園に補助金を入れていこうという制度なので、必然と認可外保育園がだんだん苦しくなってくるというのはあります。しかしながら、これが普通の民間企業だったらそれでいいと思うんです。しかし、これは与那原町の子育て環境に関係することですので、これは今さらですけれども、今後、待機児童もだんだんめどが立っているさなか、ただ、こういう考えであってほしいということを私は伝えたくて、普通の民間企業であれば、自分で企業を起こしてどうなったとしても、町は関係ないじゃないですか。ただ、子育てに関係する保育の平等性ということは、それはもう国の制度としてわかってはいるんですけれども、じゃあ町としては、それは制度だからいいんですかでは済まされないはずなんです。自分たちの、与那原町の子供たちにもう少し、もっともっと平等性を分け与えてあげたいと、そういう思いがあるんでしたら、今でも補助はあるんですけれども、認可保育園の100分の1の補助といわれています。そうであれば、必然的に保育環境だったり、衛生面だったり、いろんな面が劣ってくるのは間違いないんです。だからそこをもう少し考えていただきたいというのが私の思いなんです。本当に何回も繰り返すんですが、民間企業とはただの民間企業ではないですから、実際に保育に係る平等性がここにかかわるわけですから、その辺をちょっと、課長もう一度、答弁をお願いします。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 舩谷議員の再質問にお答えしたいと思います。先ほど申し上げたように、担当課としても今現在認可外には我が町の子供たちが入所を余儀なくされているところとありますので、本当に保育の現場の下支えになっているというのは認識しているところで、先日行われた2月10日の意見交換会においても、そのことは十分議論し合ったところです。そういったことで、現在、県の補助を含めて、町としても1人当たり月額500円というような、わずかなお金ではあるんですが、助成をしているところに、今回、今年度に関しては意見交換も踏まえ、全園との意見交換を踏まえて、せめて給食費、今現在90円の助成であるところを少しアップしてあげようではないかということを町長を含め、相談ができて、給食に係る子供たちの食を少し手当てして上げたいということで今年度の予算を組んだところであります。以上です。



◆舩谷政喜議員

 これまでの私の4年間の保育に関することも見てきて、その予算関係というのもわかるんですけれども、基本的なことは同じ、与那原町に住んでいる子供たちを少しでも平等性を保とうということをもっと持って、それに通じていろんなことをもっともっとやってほしかったと思うんです。ただ、本当にそろそろ待機児童解消も間近かなというところに来ているとは思うんです。ただ、まだそれでも諦めることなく、明らかに前回の園長サミットと、もう1つ、何か話し合いの場がありましたよね。会話が少ないですので、お互いもっとどういうことができるか、可能かということをもっともっと今後、話し合いの場をふやしてほしいと思うんです。それについて課長、お願いします。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 これについては、?のお互いの話し合う考えはあるかということになるかと思うんですけれども、2月10日の意見交換のときには、やはり多くの認可外からこういう場をもっとふやしてほしいと。要するに私たちのところには少なからず情報がなかなか届かないんですというようなお話がありましたので、この場で、2月10日の場で今後は定期的に話し合いを持ちましょうということ、お互いどういう考えで今後子供たちの保育を充実させていくかというのを、自分たちも一緒に考えていきたいという御意見がありましたので、今後、定期的な話し合いを持つということは確認しています。ちなみに次回は4月27日に持つということは確認をとれているところです。以上です。



◆舩谷政喜議員

 これは、しつこいようですけれども、認可外保育園の方々も、ある一定のルールをわかっていながらそれをやったということもあるんですけれども、そこは民間と違いますよと、与那原町の子供たちですので、そこは考えましょうということですので、この考えというのは保育園でも、いろんな意味で通ずる面はあると思うんです。例えば先ほども言っていましたよね、虫食い状態になる調整区域の話。これも町が最初からある程度の一定の決まりを、例えば認可外保育園のすみ分けができた段階で、いや、でも同じ町の子供たちなんだからということで、町がまた単独で整理してあげることもできたんじゃないかなと思うんですね。そうしたらこういった平等差は、そこまでは生まれてこなかったと思うんです。ですからそういうものも含めまして、また4月29日に話し合いもあるとおっしゃっていましたので、ここはまた話し合っていただきたいと思います。

 それでは(3)特産品をもっと明確にして歴史文化経済の発展をということで、なぜあえて特産品を打ち出したかというと、与那原町は特産品が少なく、まだまだ知れ渡っていないと思うんです。そこでこの質問をしたんですけれども、現在、本町の特産品をどのようにアピール、または支援しているかお願いします。



◎観光商工課長(上原丈二)

 舩谷政喜議員の3点目、特産品をもっと明確にして、歴史的文化経済の発展を。これの?ですね、現在、本町の特産品をどのようにアピールし、また支援しているかについて御答弁申し上げます。現在、本町で特産品として上げられますのは、赤瓦、ヒジキでございます。町の町勢要覧や以前作成した町ガイドブックへの掲載をし、ピーアールをしております。また今年度、地域創生加速化交付金を活用して作成いたしました観光ポータルサイト与那原においてヒジキの収穫風景や赤瓦製作工程などを撮影して、サイトでアップすることに随時ピーアールしてまいりたいと考えております。また、支援につきましては、沖縄赤瓦使用奨励金がございますが、ここ数年、実績において活用されていないことから、内容について見直してはどうかという御指摘がございましたので、関連する赤瓦組合や税務課と協議し、さらなる支援方法を検討してまいりたいと思います。以上です。



◆舩谷政喜議員

 前回、前々回の議会の場でも答弁させてもらったんですけれども、南城市の観光協会は十分御存じだと思うんですが、ある1人の人がいろんなところに足を運んで、本当にこれでもかというぐらい改善改善をされるんですね。例えばオープンガーデンとか、それも第何回まで来ているか、7回、8回ぐらいまで来ているはずなんですが、その改善改善を重ねて、同じことをずっと職員がやり続けてここまで持っていっているものですから、ほかの議員からも先ほどあったんですが、いろんな事業をするのはいいんですけれども、ここの柱を決めて、1人の人がずっとこれを走り続ける人がいないと、特産品だったり町の歴史文化財であったり、そういうものを発信はできないと思うんです。なので、今はいろんな事業に携わっていますよね。例えば南城市の観光協会のように、1人の人が主になって、これをずっと担当している方というのは今与那原町にはいるのか、その辺をお願いします。



◎観光商工課長(上原丈二)

 舩谷政喜議員の御質問にお答えしたいと思います。本町は、人事異動がございますので、3年から5年になると人事異動がございます。ですから1つの業務に関して継続的にずっとやるというのは厳しいと考えております。以上です。



◆舩谷政喜議員

 今の答弁でも皆さんはおわかりだと思うんですね。継続が厳しいのであれば、1つのことを成し遂げることはできないんです。じゃあ、それをどういうふうにして継続して成し遂げられるか。担当が変わるごとにできないというんでしたら、これはいつまでたってもできないです。例えば軽便駅舎、これをもっともっと全国に広めていこうというのも、今は前年度から始まってはいるんですが、これも指定管理も変わる、担当者も変わるとなると、じゃあ、またゼロから始めるんですかという話なので、この辺をもっともっと工夫していただきたい。じゃないと成し遂げることができないです。今の質問は本当に重要ですので、考えていただきたいんです、そこを。

 次の質問、?特産品のある地域にわかりやすい看板を設置してはどうか、お願いします。



◎観光商工課長(上原丈二)

 舩谷政喜議員の?特産品のある地域にわかりやすい看板を設置してはどうかについて御答弁申し上げます。看板設置につきましては、以前に赤瓦組合の通り、入り口に赤瓦ヤー通りという看板を設置した実績がございます。その他、ヒジキに関する看板につきましては、漁業組合とも協議し、設置の必要性や設置内容、他地域での実績に加えて、費用対効果も考慮しながら慎重に検討してまいりたいと考えております。以上です。



◆舩谷政喜議員

 そうですね、前向きな答弁だったと思います。ちょっと提案があるんですけれども、せっかく与那原町に10年以上商工会が、青年部がつくり上げたファイタースリーがありますね、そのファイタースリーのカワラレッドを、あの赤瓦のあの通りに大きい、5メートル、6メートルぐらいの看板に絵でもいいですから掲げてやるとか、そしてヒジキのところにも大きい看板で、ここはヒジキの産地ということでうたいながら、ヒジキブラックをうたうとか、そういう発想をしていただきたいと思うんですけれども、最後に答弁をお願いします。



◎観光商工課長(上原丈二)

 舩谷政喜議員の再質問にお答えしたいと思います。特産品のアピール、そして本町のアピールにつきましては大変重要だと考えておりますが、しかし、その看板を設置してそこにどれだけのピーアール度と費用対効果等も検討しないといけませんので、十分検討していきたいと思います。以上です。



○議長(識名盛紀)

 以上で舩谷政喜議員の一般質問を終わります。

 次に津波弘議員の一般質問を許します。

〔津波 弘 議員 質問席に着く〕



◆津波弘議員

 しんがりであります。一般質問に入る前に、この16年間の思い出話をたくさんやりなさいというものですから、しばらく時間をいただいて話をしてみたいと思っております。さかのぼって議員になる前に、私は行政にいたんですが、平成3年、平成8年かな、失礼しました。平成8年、マリンタウンの埋め立ての起工式があったんです。平成8年でしたね、5月。たまたま私は行政にいたものですから、そのときにコミュニティーセンター、あれを工事させてもらったんです。それで起工式も見ていたんですが、当時は相当な雨がありまして、当時の太田知事、それから我が町は山内町政、それから西原が平安町長でしたかな。そういう形で起工式を行った覚えがあります。あれから5年後、私は縁があって議員に立候補することができまして、ある人のかわりということで、急遽、そういうつもりも全くなかったんですが、急遽そういう話がありまして、引き受けて現在に至っております。そのときに、私、選挙公約に女性の管理職の登用ということをメーンに上げまして、一応は当選させていただきました。そのときの最初の一般質問が女性の管理職の登用をということで一般質問をした覚えがあります。そのときは山内町長でしたんですが、そのときは管理職の皆さんは全部男性でありました。たまたま我が町の議員は田中議員を初め、上原議員、瀬底議員、3名の女性がいたんですよね。それで管理職のほうはゼロでありました。そこでそういう質問をしたことがあります。山内町政のときは実現しなくて、それから新垣町政でも実現しなかったです。2回ほどそういう質問をしたことがあります。そして3番目の古堅町長になりましてから、やっと1人伊集課長、それから宮平課長、宮城課長、3名の女性の管理職が誕生したことを覚えております。当時は、私が1期のときは、平成の大合併で市町村合併がありまして、非常にすったもんだしたことがありましたが、私たちは1期〈…聞取不能…〉だったものですから、玉城へ行ったり知念へ行ったりして、講演、いろんな話を聞きまして、結局は御破算になって今の状態になっております。その辺はまた別としまして、そういうことが過去にありました。それでは時間がないようですので、一般質問に入っていきたいと思います。

 早速入っていきます。これまでに、私いつもは大体4番目ぐらいで一般質問をしていたんですけれども、今回なぜか知らないけれども、最後になりまして、非常に焦っておりましたが、最後いろいろとまた、皆さんいろんな話を、私の質問と大体かみ合うところもありますので、大体そういうところは抜いていきたいと思っておりますが、まず1つ目に、MICEについてでございます。?の工程・進捗状況、それから?のBブロック、ベイサイドビスタの進捗状況ということでありますので、この2つをひっくるめて答弁をしていただきたいと思います。答弁は簡潔に、今まで聞いておりますので、もし変わったことがありましたらお願いしたいと思います。



◎企画政策課長(石川毅)

 津波議員の御質問にお答えします。まず、?の工程について答弁申し上げます。先日の上原議員、本日午前中の松長議員も同様であります。平成29年度から本格的に協議が始まる大型MICEエリア進行に関する協議会の中の幹事会、作業部会で具体的な検討に入っていく予定でございます。

 続きまして、?Bブロック、ベイサイドビスタの進捗状況ということで、これも同様の答弁ではあるんですけれども、マリンタウンベイサイドビスタ、Bブロックにつきましては、マリンタウンMICEエリアビジョンでL字部分につきましては、MICEや地域産業に関連するビジネス利用者をターゲットにする滞在環境の整備を図り、シンボル緑地に隣接する住居地域につきましては、沖縄らしさが感じられるリゾートスタイルのファミリー向けの滞在環境の整備を図ることと明示されておりまして、MICEビジョンの土地利用計画と与那原町の基本的な考え方については、ホテル関連の施設を誘致することについては合致しているところでございます。同様に、今後の進捗につきましては平成29年度から本格的に始まる大型MICEエリア振興に関する協議会の中の幹事会、作業部会の中で具体的な検討に入っていく予定でございます。以上でございます。



◆津波弘議員

 これまでもいろいろと説明を受けているんですが、12月の段階でも余り進展はしていない、これからが、きのうの町長の会議があるということで期待していたんですが、話せない事情があるということで聞かれないんですけれども、きのうの中でDBO方式、一括設計施工の話がありましたが、これについての話はなかったですか。それともう1つは、一括交付金の件ですね、その辺何か変わったことがあれば答弁していただきたいと思います。



◎企画政策課長(石川毅)

 昨日でしたか、いわゆるDBOですね、デザイン・ビルド・オペレートといって、設計、施工、運営、維持管理を含めて、それがMICE本体につきましてですけれども、総額は外構を入れて513億円程度ですけれども、本体につきましてDBO方式になると420億円あたりだったと記憶しております。これは先ほど町長がおっしゃっているように、きのうで最終的な協議会の内容の精査が終わったということと、町長のお話では、来週あたりには県知事からの報告があるであろうといわれております。一括交付金、これはMICE施設に関するところでよろしいでしょうか。きのうも識名議員のほうにも答弁いたしましたとおり、県の一括交付金につきましては用地費、MICE本体がつくる用地費です。それについては当時、一括交付金で購入という形を県は持っていたようですけれども、それが非常に厳しい状況ということで県債と一般財源で購入したという経緯があります。あわせて、MICE本体の中に走っている臨港道路3号線、この部分では道路は廃止すべきだと、建設の支障になりますので、その分については一括交付金で購入予定であるということで、平成28年度補正予算で計上していたんですけれども、交通量調査とか住民説明等の事務手続がおくれているようでありまして、平成29年度の新年度予算、もしくは平成29年度の補正予算で再度上程して理解を得られたいということになっているそうです。以上です。



◆津波弘議員

 前にも同僚議員から質問があったんですが、町の持ち出しはないのかと、いつもそういう話が出てきますけれども、そういう心配はないのかというのと、4月には公表するということでありますので、そこにならないと詳しくはわからないんじゃないかと思っているんですが、持ち出しはないですか。



◎企画政策課長(石川毅)

 たしか12月議会でも少し御答弁しましたけれども、ハード的な部分につきまして、当然県の事業ですので、施設、道路等、ハード的については町の持ち出しはないと考えております。ただ、土地利用計画とか一部、今回の総合計画、国土利用計画、マスタープラン等々、MICEが来ることによっての改定版を策定する予定でございます。これについては、町の一般財源からの変更、改定版ということになりますので、この辺については町の財源から出しております。以上でございます。



◆津波弘議員

 それではBブロックの件にいきます。先ほどの課長の答弁では、平成29年度に検討会議を開くと、今年度に決定するということですよね、Bブロック。それで聞きたいのは県主体なのか、町主体なのかということが、これを我々は知りたいんですけれども、その辺はお答えできますか。



◎企画政策課長(石川毅)

 再質問にお答えします。Bブロックにつきましては、現在、県有地でございます。先ほども申しましたとおり、MICEビジョンと与那原町の基本的な考え方、意見も当然ですけれども、既に県のほうには打診をしております。今後、詳細な土地利用、あわせて与那原町で今策定しているまちづくり基本構想のほうで与那原町としての案を提示ができそうな状況ですので、このまちづくり基本構想が策定次第、県のほうとの調整に入っていきたいと考えております。以上でございます。



◆津波弘議員

 その件は終わりたいと思います。

 ?の語学対策はどうなっているのかということですが、担当課長から薄々聞いているんですが、ちょっと腑に落ちないところがありますので、答弁してください。



◎総務課長(城間秀盛)

 津波議員の?語学対策はどうなっているかについて、語学対応職員の採用の観点から答弁申し上げたいと思います。MICE関連での語学対応職員の採用は時期尚早と考えております。MICEで訪れる外国人はさまざまな国が想定されますので、多言語対応が必要になると考えられますが、役場のみでの対応は厳しいと思われますので、今後発足される観光協会、または県及びサンライズ推進協議会等と連携し、対策検討していく必要があると考えております。以上です。



◆津波弘議員

 そのように、前聞いていたんですが、実は東部消防組合、組織は違うものですから、この場合は委員会でも話をしたんですが、台湾へ行ったり、香港へ行ったり、基地内へ行ったりして、英語と中国語を習得すると。1人女性の、中国語専門の女性職員、臨時だと思いますが、採用しているという紹介もあったんですが、そういう観点からいきますと、何か今の課長の話は、県サイドがあるようなことみたいですけれども、私は与那原町と西原町、両方で、やはりそういう語学に対しては単体でやると金もかかりますし、合同でやれば経費も少なくしてできるんじゃないかと思っていたんですけれども、県サイドでやるという感じの言い方をしていたものですから、時期尚早という話もあったんですが、そうなんですか。早目にそれをやらないと少しは手遅れになるんじゃないかという気もするんですが、もう一度お願いします。



◎総務課長(城間秀盛)

 再質問にお答えをいたします。語学対応職員の採用がまだ時期が早いという答弁の内容でしたが、確かにMICEが平成32年に完成予定だということではあるんですが、現状でその語学対応、語学を話せる職員を採用してもなかなかその職員の活用ですね、これがどうかというところが見えないところがございます。当然、多言語対応になることから、その言語でもどこら辺までの言語を習得した職員を入れるのか。あるいは当然、多言語に対応する職員がいればいいんですけれども、そういう多言語を話せる職員がいなければ、多数の職員を対応職員として入れるのか、まだそこら辺の検討が一切なされていないというのが実情であります。最近の新聞で、コンベンションビューローの多言語コンタクトセンターというのが新聞記事に載っておりました。無料の電話でいろんな相談を受け付けると、外国語対応のですね、そこで最も多いのが中国語の問い合わせがあったと、要するに観光情報、あるいは飲食店の情報ですね、そのコンベンションビューローが持っている多言語コンタクトセンターにそういう問い合わせの電話があったと。あるいは英語圏、韓国語、タイ語、ロシア語等が現状としては主な問い合わせになっているということですので、それがMICEとなると、どこら辺の国からどういう人たちが来るかというのがまだ全然見えない状況で、どういう言語を使える職員を配置するかということもまだ見えないということで時期尚早という答弁になりましたけれども、今後、当然町だけではなくて、お隣の西原町、あるいはサンライズ推進協議会、そこでさまざまな議論を重ねていく必要があると考えているところです。以上です。



◆津波弘議員

 わかりました。ひとつそのようにお願いしたいと思います。次へ行きたいと思います。

 東浜水路について。私は、今回で五、六回同じような質問をしているんですが、やはりこれはMICEができることで、どうしてもこれは必要な、国際観光を目指しているということでありますので、この水路をちゃんとしないと観光ということにならないんです。これは根本的にやっていかないと困ると思うんです。きょうはそういうことでいろいろ質問を出しているんですが、水質については何回も同じことを聞いておりますので、今回新たに、与那原町東浜水路観光創造水質浄化整備事業として、三千なにがしかの予算を組んで新たに調査していくと、これはもっと深く、表面だけでなくて、堆積した泥も全部調べていくという説明があったので、これは私、非常にいいことだと思っております。遅すぎるぐらいだと思っています、実は。これは本当、最初にやるべきだと思っているんですが、遅すぎているんですが、早目にやって結論を出していただきたいと。そうするには、私、?から?まで質問を出しているんですが、その辺の話を聞いてからもう一度質問していきたいと。根本的に説明を受けてからやりたいと思っております。まず、水質について…、これは?、?、?、同じ課長の答弁ですか。違いますか、全部違いますか。じゃあ、1つずつ行きます。水質についてお願いしたいと思っています。



◎上下水道課長(大城哲)

 ただいまの御質問の水質の現状についてお答えいたします。平成28年度末の最新の水質検査結果によりますと、5項目のうち、pH、水素イオン濃度については全箇所において環境基準をクリアしております。しかしながら、BOD生物化学的酸素要求量、SS浮遊物質量、DO溶存酸素量、また大腸菌群数においては一部を除いて環境基準に満たない数値となっております。以上でございます。



◆津波弘議員

 ただいまの?の質問は何回もやっていますのでこれでいいかと思っております。

 次、?お願いします。ヘドロのしゅんせつ工事、県との話し合いはどうなっているかということでお伺いしたいと思っています。



◎生活環境安全課長(比嘉哲也)

 ただいまの津波弘議員の(2)?の御質問にお答えいたします。南部土木事務所へは、平成26年10月14日に東浜水路しゅんせつについて文書で依頼済みであります。水路の構造的な問題がない限り、県ではしゅんせつすることがないとの回答を得ております。しかしながら、しゅんせつ工事には東浜水路浄化に大きな効果が期待できるので、沖縄県へ再度要請していきたいと考えております。



◆津波弘議員

 これは前回のヘドロの工事は、平成22年から23年にかけてでしたよね。約2万1,000立米のヘドロが出たんですけれども、あれから6年になるわけですね。県は何か10年に一度という話を前から聞いているんですが、MICEがこういうふうに時期が来ているわけですから、ひとつ県にもお願いしているということですが、早目にこれはやらないと、本来はこれをやってから水質検査の、今の事業を進めていくべきじゃないかと思っているんです。じゃないと、何かいたちごっこでまた同じような結果になってくるんじゃないかと思うんです。これ再度、県にお願いをして早目に、もう一度、きれいにやってほしいと。それでも五、六千立米はまたはまっているんじゃないかと思います、現在でも。これは私の主観ですけれども、そういうことで再度、県にお願いをして、早目の工事をお願いしてもらいたいと思っていますが、どうですか。



◎生活環境安全課長(比嘉哲也)

 ただいまの津波弘議員の再質問にお答えいたします。新年度早々に与那原町、西原町、県も含めて構成する中城湾港水路内環境保全連絡会を開いて、その中でもしっかり要望していきたいと考えております。以上です。



◆津波弘議員

 ひとつ早急にお願いしたいと思っております。

 それと?西原町との協議はどうなっているのかということです。これも以前に、西原との協議もちゃんとやらないと、与那原だけやってもしようがないじゃないかということを言ったことがあります。今、水はきれいなんですけれども、西原方面。実はあの辺、兼久川、小波津川、2カ所あります、大きな川が。あれはサイラー川と同じぐらいの汚染があると思うんです。前汚かったですからね。西原町はその後改善していないと思うんです。実際はかってみたら、多分サイラー川ぐらいのあれがあるんじゃないかと思うんですが、西原町との話し合いはどうなっていますか。



◎生活環境安全課長(比嘉哲也)

 ただいまの津波弘議員の?の御質問にお答えいたします。西原町との協議については、水路活用を両町で意識を共有することが必要になってきます。その上で、両町で水路の浄化の必要性を共有し、対策を講じていく必要があると考えます。今回の、平成29年度の調査については兼久川、小波津川流域についても調査を含んでおります。先ほども少しお話をしましたが、新年度早々に与那原町、西原町、沖縄県で構成する中城湾港水路内環境保全連絡会を開いて、その中でしっかり協議していきたいと考えております。以上です。



◆津波弘議員

 先日、課長からこの表をいただきまして、どうしても堆積するのは与原側なんです。潮は西原側から全部溜まってきて、ここでしか、海水が溜まるんですよね。説明ありましたが。これは相当、堆積があると思うんです、この辺は。ですからそのための今回の調査になっているわけですけれども、だからさっきから言っているように、後手後手でしょっちゅうこんな形では進まないと思うんです。最後の観光に関して、ちょっとその辺で話をしたいと思っているんですが、せっかくこの水辺の一番いいところです、与那原の。こんなに使えないような状態ではこれはどうしようもない。これは絶対に早目にやっていかないと、せっかくMICEができてもこんなに汚いと言われたら、もう話にならないです。だからそれをとにかくこれは真剣に、早目にこれはやらないと。今県に要請していますとか、そういうことではらちあかないと思うんです、実際に。私はこれ4年ぐらい前からこの話ばかりをしているんですけれども、そういうことでは早急にやっていただきたいと。最後に、町長にまたお話をまとめて聞くんですけれども、各担当の方はそういうことで一所懸命頑張っていただきたいと思っております。

 それでは、?の水路の観光目的に使用できる時期はいつか。これを言われても答えられないと思うんです。わかりながらこれ出しているんです、実は。そういうことで私の思案もありますので、その辺を説明してから終わりたいと思います。その前に、議長と局長に…、議長にお願いしたかな。これは許可を得て出してあるんですが、これを見てください。説明しますので。これはどういうことかといいますと、この水路は殺風景ですから、こういうような形で、構造的には、これ構造計算しないといけないと思いますけれども、こういうふうに鉄骨で組んで、全部やるわけにはいかないですから、金がかかりますから、これは当然わかります。せめてこういう感覚で、こっちにブーゲンビリアとか、そういった沖縄の特色ある花を這わして、夏場はまた暑いですから、そういう方法で考えられないかなと、これは私の思案です。これは別に一般質問に出してありませんので、思案でこういうことをしてあるんですが、ひとつ検討していただきたいんです。これは本来、全部やったほうがいいんですが、金がかかりますので、この程度でどうかなと。今あくまでも提言です、提案です。一般質問に出してありませんので、これ以上求めません。考えてほしいと思います。

 それで最後になりますが、時間があまりないものですから、私も16年間皆さんにお世話になりまして、大変感謝を申し上げます。実は去る12月24日で75歳、後期高齢者に突入しましたのであまり大きなことは言えないんですが、そういうことでこの年まで頑張らせていただきまして、大変ありがとうございます。最後に町長に、これも含めてお願いしたいと思いまして、これで質問を終わりたいと思っております。



◎町長(古堅國雄)

 津波弘議員には、4期16年の長期にわたりまして、町民のためにいろいろと頑張っていただいて、心から感謝を申し上げたいと思います。勇退宣言されておられますので、これから、まだ75歳ですから、ひとつ人生を謳歌していただきたいと思います。

 それでは(1)から(2)についてということでありますので、まず(1)のMICEの件ですが、先ほど課長から説明したとおりでございまして、平成29年度にDBO方式で発注、来月には公表されるという予定だと聞いておりますし、またその後、MICEエリアビジョンの検討協議会、これも私も地元として、委員として参画する予定になっております。ですからその中でMICE周辺の地元としてどういうアイデア、観光スポットを、知恵を絞っていくか等々、専門の方々を初め、お互い地元の、町民のアイデアもぜひ取り入れていければと思っておりますので、どうぞいろいろと御提案いただければありがたいと思っております。

 それから多言語対策についてですが、これはMICE施設の中で当然世界各国から来られますので、いろいろな機材を活用した形、あるいは人材を活用した形での多言語に対する設備も当然配慮するということでございます。しかしながら、与那原町としても、これは県施設だから県にだけというわけにはいきませんで、町としてどういう観光ピーアールに活用できるか、町歩き等々含めて、あるいは食材とか伝統文化等々含めて、多言語の人材というのは大変重要な役割を担うと思っておりますが、ただ、今、どういう形の対応が適切なのか、これは県の発注業者が決まって、そしてどの程度まで県施設として整備され、あるいは地元としてはどういう形のものが必要なのか等々、これは並行して進めていくしかないんじゃないかと思っております。

 それから?のBブロックの活用についてですが、実はきのう、委員会で土木部長もずっと一緒でしたので、このBブロックの件については強く要請をしました。そして逆に向こうからも要請されましたが、与那原町有地の活用方について、ぜひ御協力をお願いしますと部長から逆に頼まれましたが、この辺はお互い協力し合いながら、提供できる部分と、それから守らなければいけない部分といろいろ出てくると思います。

 それから(2)の東浜水路についてですが、せんだって城間盛光議員からも厳しい御指摘がありましたが、やはり水質の今の状態、これは毎年下水道課で調査していることは御承知のとおりでありますけれども、やはりこういう状態になっている、現在の状態をしっかり水質検査をすることによって、今の事実関係をしっかり確認して、調査結果に基づいて、そして事実を確認した後は必ず汚染された原因があると思います。ですから生活用水で汚れた範囲なのか、あるいは何かの工業地帯からの汚染であるのか、あるいはそのほかも含めて、しっかりとその原因調査も確認をするということで今度の調査が必要だということを申し上げておりまして、決して無駄な支出ではありませんので御理解をいただきたいと思います。そしてこの原因がしっかり究明された暁においては、どうこれを解決するか、汚染を駆除するか、そしてどう今後活用していくか等々含めて、これからしっかり腰を据えて進めていこうということで今度の予算計上も議会の皆さんに御提案させていただいたわけでありますので、ぜひこの辺は御理解をいただきたいと思います。

 それから西原町との協議ですが、これまでもMICE施設でいろいろとお互い腹を割って、将来の東海岸の拠点としてどういう役割を担っていくか。これについては、これまでの会議の中でしたたかに誘致合戦をしたり、町域の話等々含めてたくさん議論をさせていただいたんですが、やっときのうそれがまとまったという段階までこぎ着けております。

 そしてこの水路の、?の観光資源としての活用ですが、これは当然、私は水路は埋め立てのころから出島方式と名づけておりまして、神戸の出島方式、この水路を将来生かすべく構想を練って、全地域を埋め立てするにはすごい抵抗感を感じて、私はこの水路構想を埋め立ての中で実現してきたことに対しては、決して間違っていなかったという自分なりの確信があります。ですからこれをどう生かすか、先ほど図面も見せていただいて、ブーゲンビリア構想といいますか、いろいろな沖縄らしさ、本当に観光スポットとなるべきところは、沖縄らしさをいかにしてピーアールできるかということにつきると思いますので、その辺をしっかりこれから進めていきたいと考えております。

 長い間、津波議員に対しては大変お疲れさまでした。ありがとうございました。



◆津波弘議員

 ひとつ、今提案しました件はぜひ検討していただいて、これは金かかります、確かに。だけど金をかけないとあの水路はよくならないです。あそこは海ですから、適用されないんじゃないかという課長の話もあったんですが、その辺はクリアしてひとつお願いをしたいと思っております。終わります。



○議長(識名盛紀)

 以上で津波弘議員の一般質問を終わります。

 これで全ての一般質問を終わります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第2.議案第9号・与那原町景観条例を議題とします。



△本案について委員長の報告を求めます。

─────────────────────────────────────────


与議建文委第14号平成29年3月28日
与那原町議会
議長 識 名 盛 紀 殿
建設文教常任委員会  委員長 仲 里   司

委 員 会 審 査 報 告 書
 本委員会に付託の事件は、審査の結果、下記のとおり決定したから会議規則第77条の規定により報告します。

  ┏━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┓
  ┃ 事件の番号 │          件     名          │ 審査の結果 ┃
  ┠───────┼──────────────────────────┼───────┨
  ┃ 議案第9号 │与那原町景観条例                  │  原案可決  ┃
  ┃       │                          │       ┃
  ┗━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────
1、事件の名称
 議案第9号 与那原町景観条例

2、審査の経過
 本案については、平成29年3月6日に本委員会へ付託され、平成29年3月15日、3月24日及び3月28日にまちづくり課長及び課長補佐の出席を求め、慎重に審査を行いました。

3、決定の内容
 全会一致により、可決すべきものと決定しました。
─────────────────────────────────────────




◎建設文教常任委員会委員長(仲里司)

 ただいま議題となりました議案第9号について報告をいたします。本件については、平成29年3月6日に本委員会へ付託され、平成29年3月15日、24日、28日の3日間、まちづくり課長及び補佐の出席を求め、慎重に審査を行いました。採決の結果、お手元に配付いたしました報告書のとおり、議案第46号については、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。以上、報告を終わります。



○議長(識名盛紀)

 これで委員長の報告を終わります。

 これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑を許します。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。討論ありませんか。

〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第9号・与那原町景観条例を採決します。この採決は、起立により行います。

 本案に対する委員長の報告は原案可決です。本案は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

〔起立全員〕



○議長(識名盛紀)

 起立全員です。したがって本案は、原案のとおり可決されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第3.決議第1号・閉会中の議員派遣の件を議題とします。

─────────────────────────────────────────



△決議第1号



閉会中の議員派遣の件について

 地方自治法第100条第13項及び与那原町議会会議規則第129条の規定に基づき、下記のとおり決定する。



  平成29年3月29日

与那原町議会議長 識 名 盛 紀





 次のとおり議員を派遣する。



1.町村議会議長会主催「常任委員長・副委員長実務研修会」

(1)派遣場所  沖縄県市町村自治会館

(2)派遣期間  平成29年5月11日(木)1日間

(3)派遣議員  常任委員長・議長会運営委員長・副委員長

(4)その他   日時及び会場の変更については、議長の決定による。

─────────────────────────────────────────



○議長(識名盛紀)

 お諮りします。お手元に配付した決議書のとおり議員を派遣したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 異議なしと認めます。したがって決議書のとおり議員を派遣することに決定しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)



△日程第4.閉会中の継続調査及び審査の件を議題とします。

─────────────────────────────────────────


与議総財委第18号平成29年3月29日
与那原町議会議長 識 名 盛 紀 殿

総務財政常任委員会  委員長 山 口   修
閉会中の継続調査・審査申出書
 本委員会は、調査中の事件について、下記により閉会中もなお継続調査を要するものと決定したから、会議規則第75条の規定により申し出します。


1.調査事件
  (1)行財政改革に関すること(所管事務調査)
  (2)介護事業に関すること(所管事務調査)
  (3)協動のまちづくりに関すること(所管事務調査)
  (4)子育て支援に関すること(所管事務調査)
  (5)社会福祉に関する事(所管事務調査)
  (6)障害福祉に関する事(所管事務調査)

理  由
  この事件は、重要な事件であるので、閉会中もなお調査する必要がある。
─────────────────────────────────────────
与議建文委第15号平成29年3月29日

与那原町議会
議長  識 名 盛 紀  殿

建設文教常任委員会  委員長 仲 里   司
閉会中の継続調査及び審査申出書
 本委員会は、調査及び審査中の事件について、下記により閉会中もなお継続調査及び審査を要するものと決定したので、会議規則第75条の規定により申し出ます。


1.調査事件
(1)教育に関すること(所管事務調査)
(2)農業水産に関すること(所管事務調査)
(3)上下水道に関すること(所管事務調査)
(4)文化財に関すること(所管事務調査)
(5)公園整備に関すること(所管事務調査)
(6)環境施設に関すること(所管事務調査)
(7)商工業、観光振興及び臨海部埋め立てに関すること(所管事務調査)
2.審査事件
 (1)陳情第15号 馬天シータウンへの接続道路推進についての要請決議

理  由
 この事件は、重要な事件であるので、閉会中もなお調査する必要がある。
─────────────────────────────────────────




○議長(識名盛紀)

 総務財政常任委員会委員長及び建設文教常任委員会委員長から、目下委員会において調査中の事件について、会議規則第75条の規定によって、お手元に配付されておりますとおり閉会中の継続調査・審査の申し出があります。

 お諮りします。両委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査・審査とすることに御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 異議なしと認めます。したがって両委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査・審査とすることに決定しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 以上で本日の日程は、全部終了しました。

 本日の会議を閉じます。

 平成29年第1回与那原町議会定例会を閉会します。御苦労さまでした。

午後4時36分 閉会

 地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。


議     長  識 名 盛 紀
副  議  長  田 中 直 子
会議録署名議員  松 長 康 二
会議録署名議員  比 嘉 徳 雄