議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 与那原町

平成29年3月第1回定例会 03月08日−03号




平成29年3月第1回定例会 − 03月08日−03号







平成29年3月第1回定例会




┌───────────────────────────────────────────────┐
│                                               │
│ 平成29年                                          │
│                与那原町議会定例会会議録(第3号)              │
│ 第 1 回                                          │
│            平成29年3月8日(水曜日)   午前10時00分開議            │
│                                               │
└───────────────────────────────────────────────┘




[議 事 日 程  第3号]

 平成29年3月8日(水曜日)

 午前10時00分開議


日程第1.議案第23号 平成29年度与那原町一般会計予算
日程第2.議案第24号 平成29年度与那原町国民健康保険特別会計予算
日程第3.議案第25号 平成29年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算
日程第4.議案第26号 平成29年度与那原町公共下水道事業特別会計予算
日程第5.議案第27号 平成29年度与那原町水道事業会計予算
─────────────────────────────────────────
[本日の会議に付した事件]
日程第1.議案第23号 平成29年度与那原町一般会計予算
日程第2.議案第24号 平成29度与那原町国民健康保険特別会計予算
日程第3.議案第25号 平成29年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算
日程第4.議案第26号 平成29年度与那原町公共下水道事業特別会計予算
日程第5.議案第27号 平成29年度与那原町水道事業会計予算
─────────────────────────────────────────
[出 席 議 員(14名)]
1番  識 名 盛 紀 議員          8番  喜屋武 一 彦 議員
2番  舩 谷 政 喜 議員          9番  田 中 直 子 議員
3番  山 口   修 議員          10番  津 波   弘 議員
4番  松 長 康 二 議員          11番  上 原   晃 議員
5番  比 嘉 徳 雄 議員          12番  我 謝 孟 範 議員
6番  上江洲 安 昌 議員          13番  仲 里   司 議員
7番  当 真   聡 議員          14番  城 間 盛 光 議員
─────────────────────────────────────────
[職務のため議場に出席した事務局職員の職、氏名]
事 務 局 長   照 屋   基         主     事   照 屋 朝 也
主     任   齋 藤 美 枝                          
─────────────────────────────────────────
[説明のため出席した者の職、氏名]
町     長   古 堅 國 雄         教  育  長   當 山   健
副  町  長   照 屋   勉         学校教育課長    岡     剛
総 務 課 長   城 間 秀 盛         生涯学習振興    宮 平 律 子
                          課    長           
財 政 課 長   上 原   謙         福 祉 課 長   宮 城 きよみ
出 納 室 長   辺土名   彬         住 民 課 長   上 原 宏 章
企画政策課長    石 川   毅         健康保険課長    新 垣 政 孝
観光商工課長    上 原 丈 二         税 務 課 長   仲 里 武 徳
農林水産課長    新 里   健         子育て支援課長   伊 集 京 美
まちづくり課長   比 嘉 義 明         生活環境安全    安仁屋 勇 希
                          課 長 補 佐            
上下水道課長    大 城   哲                          
─────────────────────────────────────────




○議長(識名盛紀)

 これから本日の会議を開きます。

午前10時00分 開議

─────────────────────────────────────────



○議長(識名盛紀)

 日程第1.議案第23号・平成29年度与那原町一般会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第23号



平成29年度与那原町一般会計予算

 平成29年度与那原町一般会計の予算は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算)

第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ7,058,717千円と定める。

2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (債務負担行為)

第2条 地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表 債務負担行為」による。

 (地方債)

第3条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は「第3表 地方債」による。

 (一時借入金)

第4条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は1,500,000千円と定める。

 (歳出予算の流用)

第5条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

(1) 各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。




平成29年3月6日         与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────
第1表  歳  入  歳  出  予  算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 町             税│                 │       1,550,602┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 町      民      税│        683,744┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 固   定   資   産   税│        716,027┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 軽   自   動   車   税│        59,582┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 市 町 村 た ば こ 税  │        91,249┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 地   方   譲   与   税│                 │        32,664┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 地 方 揮 発 油 譲 与 税│         9,661┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 自 動 車 重 量 譲 与 税│        23,003┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 利  子  割  交  付  金  │                 │          939┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 利  子  割  交  付  金  │          939┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 配  当  割  交  付  金  │                 │         2,311┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 配  当  割  交  付  金  │         2,311┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 株式等譲渡所得割交付金    │                 │         1,824┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 株式等譲渡所得割交付金    │         1,824┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 地 方 消 費 税 交 付 金│                 │        259,277┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 地 方 消 費 税 交 付 金│        259,277┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 ゴ ル フ 場 利 用 税 交 付 金 │                 │         1,630┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 ゴ ル フ 場 利 用 税 交 付 金 │         1,630┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃8 自 動 車 取 得 税 交 付 金  │                 │         6,430┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 自 動 車 取 得 税 交 付 金  │         6,430┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃9 地 方 特 例 交 付 金  │                 │         9,461┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 地 方 特 例 交 付 金  │         9,461┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃10 地   方   交   付   税│                 │       1,800,121┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 地   方   交   付   税│       1,800,121┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃11 交通安全対策特別交付金    │                 │         2,500┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 交通安全対策特別交付金    │         2,500┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃12 分 担 金 及 び 負 担 金│                 │        148,782┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 負      担      金│        148,782┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃13 使 用 料 及 び 手 数 料│                 │        71,083┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 使      用      料│        59,615┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 手      数      料│        11,468┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃14 国   庫   支   出   金│                 │       1,054,289┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 国   庫   負   担   金│        986,787┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 国   庫   補   助   金│        62,533┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 国   庫   委   託   金│         4,969┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃15 県    支    出    金 │                 │       1,143,678┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 県    負    担    金 │        443,120┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 県    補    助    金 │        676,494┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 県    委    託    金 │        24,064┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃16 財    産    収    入 │                 │         3,347┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 財  産  運  用  収  入  │         3,345┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 財  産  売  払  収  入  │           2┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃17 寄      附      金│                 │        10,380┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 寄      附      金│        10,380┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃18 繰      入      金│                 │        308,908┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      入      金│        308,908┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃19 繰      越      金│                 │        10,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      越      金│        10,000┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃20 諸      収      入│                 │        343,665┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 延 滞 金 加 算 金 及 び 過 料 │          529┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 町   預   金   利   子│          12┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 雑             入│        343,124┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃21 町             債│                 │        296,826┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 町             債│        296,826┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   入   合   計           │       7,058,717┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 議      会      費│                 │        101,477┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 議      会      費│        101,477┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 総      務      費│                 │        626,964┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 総   務   管   理   費│        466,978┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 徴      税      費│        84,419┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 戸 籍 住 民 基 本 台 帳 費  │        55,056┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 選      挙      費│        12,673┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 統   計   調   査   費│         6,527┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │6 監   査   委   員   費│         1,311┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 民      生      費│                 │       2,948,727┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 社   会   福   祉   費│       1,370,907┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 児   童   福   祉   費│       1,577,772┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 災   害   救   助   費│          48┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 衛      生      費│                 │        692,866┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 保   健   衛   生   費│        452,862┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 清      掃      費│        240,004┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 農  林  水  産  業  費  │                 │        65,152┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 農      業      費│        31,325┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 林      業      費│          348┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 水    産    業    費 │        33,479┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 商      工      費│                 │        129,963┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 商      工      費│        129,963┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃8 土      木      費│                 │        574,050┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 土   木   管   理   費│        16,596┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 道   路   橋   梁   費│        317,695┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 都   市   計   画   費│        224,778┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 住      宅      費│        14,981┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃9 消      防      費│                 │        233,974┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 消      防      費│        233,974┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃10 教      育      費│                 │       1,117,517┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 教   育   総   務   費│        236,555┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 小    学    校    費 │        232,244┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 中    学    校    費 │        66,699┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 幼    稚    園    費 │        87,190┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 社   会   教   育   費│        303,149┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │6 保   健   体   育   費│        191,680┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃12 公      債      費│                 │        501,695┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 公      債      費│        501,695┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃14 予      備      費│                 │        66,332┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 予      備      費│        66,332┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   出   合   計           │       7,058,717┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────第2表  債 務 負 担 行 為 補 正
┏━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     事   項     │     期   間     │     限 度 額     ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃総合計画策定業務委託料    │        平成30年度  │         5,500千円  ┃
┃(総合計画策定事業)     │               │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃OCR端末保守委託料     │  平成30年度〜       │         3,460千円  ┃
┃(電算事務運営事業)     │        平成33年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃戸籍電算システム保守委託料  │  平成30年度〜       │         9,878千円  ┃
┃(戸籍住民基本台帳事務事業) │        平成34年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃戸籍電算システム使用料    │  平成30年度〜       │        13,383千円  ┃
┃(戸籍住民基本台帳事務事業) │        平成34年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃戸籍電算システム機器賃借料  │  平成30年度〜       │        16,144千円  ┃
┃(戸籍住民基本台帳事務事業) │        平成34年度  │               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────
第3表  地     方     債
                                          (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃   起 債 の 目 的   │ 限度額 │  起債の方法  │  利  率  │  償 還 の 方 法  ┃
┠────────────┼─────┼─────────┼───────┼──────────┨
┃            │     │(借入方法)   │年5%以内(但│償還期間、据置期間等┃
┃臨時財政対策債     │  205,326│証書借入又は証券発│し、利率見直し│については、特別の融┃
┃            │     │行による。    │方式で借り入れ│資条件のあるものを除┃
┃            │     │         │る資金につい │き、据置期間を含め30┃
┃公共事業等債(道路)  │  43,100│         │て、利率の見直│年以内とする。償還方┃
┃            │     │         │しを行った後に│法は、元金均等又は元┃
┃            │     │         │おいては当該見│利均等による。   ┃
┃学校教育施設等整備事業債│  42,300│         │直し後の利率)│但し、財政の都合によ┃
┃            │     │         │       │り据置期間及び償還期┃
┃            │     │         │       │間を短縮し、もしくは┃
┃            │   6,100│         │       │繰上げ償還又は低利に┃
┃沖縄県市町村振興資金  │     │         │       │借換えすることができ┃
┃(学校教育施設等整備事業)│     │         │       │る。        ┃
┃            │     │         │       │          ┃
┠────────────┼─────┼─────────┼───────┼──────────┨
┃      計      │  296,826│         │       │          ┃
┗━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第23号・平成29年度与那原町一般会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成29年度の一般会計歳入歳出予算の総額は7,058,717千円となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎財政課長(上原謙)

 議員の皆様、おはようございます。平成29年度与那原町一般会計歳入歳出予算を提案するに当たり、その概要を御説明いたします。平成29年度与那原町一般会計歳入歳出予算総額は、それぞれ7,058,717千円で、対前年度比1.5%の減となっております。

 平成29年度の主な事業といたしまして、与原東浜線道路新設改良工事、上与那原23号線道路新設改良工事、与那原東小学校(教室増築)建設事業、与那原町魅力発信事業(一括交付金)、きめ細かな児童生徒支援事業(一括交付金)及び子ども医療費助成拡大事業となっております。

 それでは歳入から順に御説明いたします。

第1款 町税は、1,500,602千円で3.7%の増となっております。その内訳としまして、第1項町民税が683,744千円で5.2%の増、第2項固定資産税が716,027千円で3.0%の増、第3項軽自動車税が59,582千円で5.3%の増、第4項市町村たばこ税が91,249千円で2.1%の減となっております。

第2款 地方譲与税は、32,644千円で1.2%の減となっております。その内訳としまして、第1項地方揮発油譲与税が9,661千円で0.1%の増、第2項自動車重量譲与税が23,003千円で1.7%の減となっております。

第3款 利子割交付金は、939千円で58.0%の減となっております。

第4款 配当割交付金は、2,311千円で50.8%の減となっております。

第5款 株式等譲渡所得割交付金は、1,824千円で55.9%の減となっております。

第6款 地方消費税交付金は、259,277千円で0.3%の減となっております。

第7款 ゴルフ場利用税交付金は、1,630千円で7.2%の減となっております。

第8款 自動車取得税交付金は、6,430千円で18.9%の増となっております。

第9款 地方特例交付金は、9,461千円で13.1%の増となっております。

第10款 地方交付税は、1,800,121千円で1.0%の増となっております。

第11款 交通安全対策特別交付金は、2,500千円で8.2%の増となっております。

第12款 分担金及び負担金は、148,782千円で12.0%の増となっております。

第13款 使用料及び手数料は、71,083千円で4.6%の増となっております。

第14款 国庫支出金は、1,054,289千円で9.8%の増となっております。その内訳としまして、第1項国庫負担金が986,787千円で15.1%の増、第2項国庫補助金が62,533千円で36.2%の減、第3項国庫委託金が4,969千円で3.3%の増となっております。

第15款 県支出金は、1,143,678千円で6.6%の減となっております。その内訳としまして、第1項県負担金が443,120千円で6.1%の増、第2項県補助金が676,494千円で12.5%の減、第3項県委託金が24,604千円で28.1%の減となっております。

第16款 財産収入は、3,347千円で3.0%の増となっております。その内訳としまして、第1項財産運用収入が3,345千円で3.0%の増、第2項財産売払収入2千円で100%の増となっております。

第17款 寄附金は、10,380千円で159.4%の増となっております。

第18款 繰入金は、308,908千円で18.8%の減となっております。

第19款 繰越金は、10,000千円で増減なしとなっております。

第20款 諸収入は、343,665千円で85.4%の増となっております。その内訳としまして、第1項延滞金加算金及び過料が529千円で51.3%の減、第2項町預金利子が12千円で29.4%の減、第3項雑入が343,124千円で86.2%の増となっております。

第21款 町債は、296,826千円で50.6%の減となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

第1款 議会費は、101,477千円で0.7%の減となっております。

第2款 総務費は、626,964千円で0.4%の増となっております。その内訳としまして、第1項総務管理費が466,978千円で1.0%の増、第2項徴税費が84,419千円で1.4%の増、第3項戸籍住民基本台帳費が55,056千円で0.3%の増、第4項選挙費が12,673千円で19.3%の減、第5項統計調査費が6,527千円で4.4%の減、第6項監査委員費が1,311千円で6.1%の増となっております。

第3款 民生費は、2,948,727千円で2.5%の増となっております。その内訳としまして、第1項社会福祉費が1,370,907千円で4.2%の減、第2項児童福祉費が1,577,772千円で9.1%の増、第4項災害救助費は48千円で2.0%の減となっております。

第4款 衛生費は、692,866千円で3.7%の増となっております。その内訳としまして、第1項保健衛生費が452,862千円で5.1%の増、第2項清掃費が240,004千円で1.0%の増となっております。

第6款 農林水産業費は、65,152千円で36.0%の増となっております。その内訳としまして、第1項農業費が31,325千円で2.8%の減、第2項林業費が348千円で174.0%の増、第3項水産業費が33,479千円で115.1%の増となっております。

第7款 商工費は、186,295千円で32.2%の減となっております。

第8款 土木費は、574,050千円で13.2%の減となっております。その内訳としまして、第1項土木管理費が16,596千円で1.6%の増、第2項道路橋梁費が317,695千円で21.3%の減、第4項都市計画費が224,778千円で1.9%の減、第5項住宅費が14,981千円で20.9%の増となっております。

第9款 消防費は、233,974千円で6.6%の増となっております。

第10款 教育費は、1,117,517千円で33.7%の増となっております。その内訳としまして、第1項教育総務費が236,555千円で11.3%の減、第2項小学校費が232,244千円で109.2%の増、第3項中学校費が66,699千円で19.9%の増、第4項幼稚園費が87,190千円で5.5%の増、第5項社会教育費が303,149千円で118.7%の増、第6項保健体育費が191,680千円で5.6%の増となっております。

第12款 公債費は、501,695千円で40.8%の減となっております。

第14款 予備費は、10,000千円で増減なしとなっております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出区分して行います。まず、歳入に対する質疑を許します。



◆当真聡議員

 平成29年度与那原町一般会計予算書(案)について質疑をします。歳入、税務課の部分ですけれども、説明資料でいくと40ページ、町民税の部分ですが、税金、固定資産税、個人町民税等、人口増加もあって、約5,000万円増加という傾向が見られるんですけれども、それによって、きのうの補正の中でもいろいろあったのですが、子供たちの事業とか、そういうのが補助メニューでやられてきているということに関しましては、大変いいことだなと思っているんですけれども、前年度と比べての今年度の5,000万円近くの伸び率を教えてもらいたいということです。これが例えば次年度、与那原町としては平成32年度ぐらいまで人口増加が見込めるだろうというところで、執行部の皆さんも我々議員もある程度理解をしているところがあるんですけれども、税務課から見て、この伸び率が平成32年度ぐらいまでにどういう傾向で伸びていくのか。それとも減少をしていくのか。それと我々が今期待をしているMICE施設が供用開始になった場合に、それと関連したところで税金のかかわり方というか、税金が町に対してどの部分でマイナスになるのか、プラスになるのかというところが、もしわかれば答弁を願いたいと思います。



◎税務課長(仲里武徳)

 議員の皆様、おはようございます。ただいまの当真聡議員の質疑のほうにお答えいたします。今年度、町税といたしまして、個人住民税、法人住民税、固定資産税、軽自動車税、それぞれあるのですが、全体的に伸びているというふうに積算をしております。住民税についてはもちろん人口増加が主な要因だというふうに考えてはいますが、今回見込みに当たって、これまでの単純に人口だけではなくて、その中で生産年齢人口に着目をして、主に納税者がそこに集中するだろうというところで、生産年齢人口とそれ以外の人口で積算をしております。それぞれの人口に対しての収入から伸びを見込んで積算をした結果、これまでの過去5年の平均、主に所得のほうが伸びていまして、これまで均等割課税だけの方と、均等割また所得割、両方課税される方の人数というところで、ちょっと違いが見えてきています。均等割のみの方が減って、所得割も課税をされるというような傾向にありましたので、その中で伸びが主に出てきているのかなというふうに分析はしております。固定資産税についてですが、東浜の分譲のほうも順調にいきまして、もう全て完売の中で新たな宅地というところを見込めないところではあるのですが、主に償却資産、個人所有で太陽光発電、そちらのほうの申告が大分ふえまして、そちらの伸びが大分あるというふうに考えております。軽自動車税についても、去年税制改正がありまして、標準の税率の変更がありました。その分についても伸びがあるというふうに考えております。MICEが与那原町に来た場合ということですが、実際に県有地のほうになりますので、主に固定資産税という面では確かに税収は見込めないのかなというふうには考えておりますが、それ以外にそちらで働く方の個人所得の増、またそれに伴って法人の与那原町のほうに支社を置くなど、そういった意味では法人住民税の増も考えられるのではないかというふうに考えています。また、ホテルの建設も予定されているようですので、そういったことでも新たな税収というのは考えられるというふうに考えています。今後の伸びについてですが、以前、財政計画のほうを立てまして、人口もほぼ平成32年度には横ばいになっていくというふうに考えていますので、税収ももちろん比例してというか、伴って横ばいに推移していくだろうというふうに見ております。ただ、昨年12月の定例議会の中で一般質問にもありました目的税ですね、そういったのも今後検討していく課題として税務課としては、私としては受けとめていますので、新たな税収ということも念頭に置きながら、今後検討をしていきたいと思っております。以上です。



◎企画政策課長(石川毅)

 当真議員の御質疑にお答えします。先ほど税務課長のほうから県有地だから税収がふえないという言い方がありましたけれども、まず、西原町と与那原町にまたがるところの野球場、ここはホテルを建てたいという県のビジョンがありますので、ここは民間への売買ということで土地代並びに固定資産ですね、建物の固定資産については税収が見込めるのではなかろうかと思っております。あわせて女子短期大学の北側、バスセンター用地、そこも分譲をして民間のほうに建てていただくという基本的な考え方を持っているようですので、そこも踏まえて税収がふえるだろうという考えを持っております。さらにBブロックにつきましては、現在県有地ではあるんですが、ここもあわせてホテルを誘致したいという考えがありますので、そこも税収がふえるだろうということを考えております。あわせて当然ホテルですので従業員等、あと与那原町へ住む方があろうかと思いますので、もう少し正確な数字は今からですけれども、所得税ですか、住民税等もおのずとふえてくるであろうと考えております。以上です。



◆当真聡議員

 今、石川課長、それから仲里課長の答弁の中から県の有地に関しては確かに収入増というところは期待できないだろうと思いますけれども、平成32年度にMICEが完成して、そのときにホテル関係がしっかり誘致できているかといったら、その辺は疑問でありますけれども、それがしっかり誘致できれば増税に十分つながってくる可能性があるというところで、それは納得します。あと1点ですけれども、今税務課のほうからの説明があって、均等割と所得割、所得割は所得がどれぐらいから所得割になって、町のほうにはどのぐらいの増税につながるというのも説明をしていただきたいというのと、以前と今回の所得割の人数がふえた割合数、それとその理由を聞きたいと思います。それとあと1点、個人的に償却資産の太陽光、これは個人的には償却資産に当てはまるのは太陽光だけなのか。それともそれ以外の設備等もあるのであれば、それもちょっと答弁を願いたいと思います。



◎税務課長(仲里武徳)

 ただいまの当真議員の再質疑にお答えいたします。まず、所得割と均等割でありますが、均等割というのは住民の方、皆様に対して公共施設、そういったインフラのほうのサービス提供を行っているという意味で、所得等に関係なくというか、幅広く皆様に税を負担していただこうというところで均等割というものがあります。その均等割については所得と扶養人数に応じてかかってくるものですので、やはり扶養人数が多ければ均等割のほうもかからないというような形になっております。所得割についてなんですが、もちろん所得と控除の関係によって変わってきますので、一概に幾ら所得があると所得割がかかってくるよという答え方はちょっといたしかねるところがあるのですが、仮に所得が150万円ありました。扶養がゼロですといった場合に、単純に所得から控除を引いた残りに対して、10%の県民税と町民税、それぞれ合計した税率の10%が課されます。通常の均等割と所得割を合計して、町県民税というふうに課税をいたしております。所得割というのはあくまで所得に対しての税というふうに考えていただければいいかと思います。今回、町税がふたものに関しては、やはり所得割がかかる方がふえたという意味では、去年1年間の所得が与那原町の中で全体的に上がったのではないかというふうに考えております。これに関してはまた実際課税をしてみて、再度分析をして、最終的な要因というか、そういうのは出していきたいというふうに考えております。あと、生産年齢人口についてなんですけれども、以前、財政計画を立てた際に、こちらのほうも推算をしております。その財政計画の中での生産年齢人口については、去年から26名ほどですので微増というふうには考えてはいるんですけれども、そういった意味でも所得が伸びたというふうに分析をしております。あと、償却資産のほうですが、償却資産の中で主に太陽光が占めているのですが、その太陽光というのは個人で消費する分と、また事業用ということで売電を行っているものと2種類ありまして、個人で消費する分についてはあくまで本人の所得になるので、償却資産という扱いにはならないです。売電をすることで事業用というふうになりますので、おおむね10キロワット以上の発電量がある場合は償却資産というふうに扱って申告をしていただいております。実際に償却資産は個人でよく持たれているものとしては太陽光があるのですが、それ以外に事業所のほうで持っている、例えば飲食店であれば冷蔵庫、調理器具ですね、そういったのも償却資産というふうになりますし、アパートも1事業主というふうに見ますので、そこでフェンス、また駐車場をアスファルト敷にしたりとか、そういったのも償却資産と、事業に供するものとして位置づけがありますので、それに付随するものは全て償却資産というふうに扱って申告をしていただいています。以上です。



◆仲里司議員

 平成29年度与那原町一般会計予算、歳入についてお聞きします。平成29年度予算に対して、歳入対策というものがどういう形でなされたのか。そして今後、継続して行っていく歳入対策についてお聞かせください。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時30分 休憩午前10時31分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎財政課長(上原謙)

 仲里議員の歳入対策について御説明いたします。まず、平成29年度の歳入対策として上げますのが、町税の確保ということで収納率の向上を図るということで、各課のほうで収納率を上げていくということで対策を立てております。また、ふるさと納税の寄附金について、返礼品をふやしたり、そういった対策で寄附金をふやしていこうというところで考えております。ただ、平成29年度につきましては、ことしの1月に財政計画を立てておりますので、その中でも歳入の確保の取り組みというところで地方税の確保、寄附金の確保、あと諸収入、広告料の確保であったり、使用料、手数料の見直しを図っていくというところの対策を立てる予定をしております。以上です。



◆仲里司議員

 町民税の対策を行うとか、ふるさと納税とか、広告とかあるんですけれども、具体的に聞きたいのです。それはどういう対策なのか。



◎財政課長(上原謙)

 仲里司議員の再質疑にお答えいたします。町税の確保でいうところの具体的なもので言いますと、先ほど税務課長からもありましたように固定資産税の償却資産の申告の徹底、こういったものも上げております。また個人住民税の不動産取得の未申告者対策に対しての適正課税を努めるというところを検討しております。また、先ほど目的税の話がありました。これにつきましても税務課を中心に取り組みをやっていこうというところの話をしております。また、先ほどもお話をしました収納率向上をさらに取り組みをしていくというところの対策を立てていきましょうというところの話をしております。また、町税の確保の中で企業誘致や地域経済の活性化に向けた取り組みを積極的にやっていこうということで企業誘致ですね、そういったのも積極的にやっていきましょうというふうに上げております。また、使用料、手数料の見直しにつきましては、ここ10年ぐらい見直しがされていないということですので、これにつきましては次年度、使用料、手数料が適正なものになっているのかどうか、その辺の見直しをしていこうというところの具体的に上げております。また、財産収入におきましては、これまでも町有地とか、里道の売却を進めるというところの話を上げております。また、行政財産の貸し付け、公園の敷地の貸し付けだったり、仲里議員からも御提案のありました自動販売機の設置等、そういったものも具体的にやっていきましょうというところの話を上げております。寄附金につきましては、ふるさと納税の寄附に対する謝礼品の内容拡充をしていくということで、これについては継続的にやっていくというところを上げております。また、諸収入の中で広告料の確保ということで、これも継続的にやっているのですが、印刷物、配布物に広告を導入するというところの検討をしていくということです。あと公用車、公共施設、町ホームページに企業広告を掲載することを検討するというところで、財政計画でそういった具体的な事例を上げております。以上です。



◆仲里司議員

 この検討されていることが現実に進んでいくことが非常に望ましいのかなと思っておりますが、いつ、どの課がどのような人員で、どういう予算で対策を進めていくのか。そういったところを一番知りたいところなんです。企業誘致にしても、どの課が、どのような部分で、どのような企業を誘致していくのか。そこにアプローチをかけるのはどういうネットワークでかけていくのか。そういったところだったり、ふるさと納税に関しても返礼品の充実を図ると言いながら、それも予算がついていないのかなと。返礼品を与那原に関連する商品を返礼品の中に載せるといっても、そこに行って、その方々といろいろな交渉もしなければいけないと思うのですが、そういう予算も一切ついていない状況の中で、どのようにやっていくのかなというふうに思います。また、以前から話していますが、具体的な目的をつくって、ふるさと納税の寄附を募ることによって、よく言われるクラウドファンディングと言うんですか、そういったものに関して、大変成功事例いっぱいあるんです。ですから、そういったものを具体的にやったらどうですかという提案もしていますし、そういったことが具体的に取り組まれていくのかどうなのかというのがわかりづらいんです。言っていることは間違っていないと思うんですけれども、誰がどのようにやっていくのか、それにかかわる予算というのはどういうのが必要なのかというところが必要なんです。例えば企業誘致にしても、たばこ税一つにしても、そういうたばこの卸屋と言いますか、JT関連でない外国産たばこだと非常に税収がふえるというようなお話も聞いていますから、そういったところを誘致できるのかと、1個誘致することによって、何千万円という収入になる可能性があるんですよね。そういったところをどう誘致していくのか。どこにやるのか。どういう対策をしていくのかというのが非常に重要になってくるわけで、そういう対策をどのようにするのかというのが見えないというか、失礼ですが、ここに書かれている中でも見えないのかなというふうに感じるものですから、それを具体的にお聞かせ願えませんかということなんです。その点をもし、具体的にでき上がって、どこの予算に入っているのかわかれば教えていただきたいのですが、長くなるのであれば、総務のほうでまたいろいろ議論をしていただければと思います。



◎財政課長(上原謙)

 仲里司議員の再質疑にお答えいたします。今、仲里議員がおっしゃったとおりで、平成29年度にそういった予算が確かに反映はできていないのですが、この計画自体を1月に作成して、平成29年度から具体的にやっていこうという中での目標は立てたんですが、具体策がどういうふうにやっていくかというのは、これからまた全庁を挙げて、話をしていきながらやっていきたいというふうに思っております。この取り組みについても、ただやるという旗を上げて終わりではなくて、具体的に担当課もどこがやりますと、やりますというところの、あえて今回は載せております。そうすることによって、今後庁舎内で議論をしていきながら、企業誘致についてもどういったのができるのかどうか。今考えている部分もいろいろありますので、そういったのを総合的に考えていきながら、見える形でお示しできるようにやっていきたいというふうに思っております。

 答弁漏れがありました。すみません。この計画につきましては、平成31年までの計画というふうにやっていますので、順次、できるものについてはしっかりと進めていって、平成31年には形になって見えるような形で成果が出るようにやる予定であります。以上です。



◆我謝孟範議員

 税務課にお尋ねしますが、町民の前年度の所得が、今年度の町税にどういうふうに反映されているのか。実質上は町民の所得は平均して上がっているのかどうなのか。これで予算が組まれたのか、その点。それから予算書の30ページ、雑収入の塵芥処理収入で約2,000万円予算化されておりますが、補正予算も終わりまして、結果的には歳入と支出の差はどうなっているのか。それから基金は今幾らあるのか。その点を述べてもらいたいと思います。それから31ページの学校給食費、比較して前年度より1,741万円ふえているのですが、これはどういう理由で1,741万円ふえているのか、その点をお尋ねしたいと思います。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時43分 休憩午前10時43分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎税務課長(仲里武徳)

 ただいまの我謝孟範議員の質疑にお答えいたします。今回、町民税のほうですね、歳入を見込むに当たって、これまで平成28年度の見込みの立て方と平成29年度の見込みの立て方をちょっと変えています。というのは生産年齢人口のほうが主に所得、会社員として働く年齢であろうというところで、そこに着目をして今回出しております。一概に平成28年度の当時の所得と今回の所得という、ちょっと比較のほうはいたしておりませんが、平成29年度の見込みを立てるに当たっての平成28年度の収入というところで、生産年齢人口とそれ以外の人口のほうで過去5年間の所得の内容というのを出してきて、その平均をとっております。やはり生産年齢人口のほうが所得としては大きかったと。その生産年齢人口に対して、所得を掛けることで今年度の見込みが立つだろうというふうにやっております。過去の5年平均ということですので、その過去に関して、推移としてはやはり上がってきていると。ただ、今後同じような形で見込んでいく中で、平均額というのが徐々に上がっていく推移を見て分析をしていきたいなというふうに考えております。

 すみません。答弁漏れがありました。去年増になった分ということで、所得が増になったということは所得割のほうがふえてきます。所得割と均等割、それぞれに分けて計算しているのではなくて、生産年齢人口のほうで分けて推算をしているものですから、平成28年度と平成29年度の比較というのが今すぐにはちょっとできないですけれども、この分についてはまた、後でお示しできればというふうに考えております。以上です。



◎生活環境安全課長補佐(安仁屋勇希)

 我謝議員のリサイクル基金の今後の推移についてお答えいたします。平成28年7月現在ですが、定期預金のほうが1,600万円、普通預金のほうが710万円、合計2,310万円の基金と現在基金高となっております。平成28年度基金の処分をする予定額ですが、730万7,000円を処分予定しております。したがいまして、平成28年度基金積み立てをする予定がございませんので、定期預金の1,600万円が残るということになります。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時48分 休憩午前10時50分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎生活環境安全課長補佐(安仁屋勇希)

 それでは再質疑にお答えいたします。平成28年度の実績につきましては、3月31日をもって正式に計算はしますが、今のところ前年度比800万円の減ということになります。800万円が減になりまして、1,600万円の基金残高になる予定です。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時51分 休憩午前10時53分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎生活環境安全課長補佐(安仁屋勇希)

 大変申しわけございませんでした。我謝議員のおっしゃっていること、ごみ有料化事業における事業の収入のお話だと思います。ごみ袋、それから粗大ごみステッカーの売上額の合計から製造費、販売委託料を差し引いた事業収入の額は、平成28年度は704万4,000円の黒字というふうになります。以上です。



◎学校教育課長(岡剛)

 議員の皆様、おはようございます。ただいまの我謝猛範議員の御質疑にお答えいたします。学校給食費の1,741万円、予算として増額となっている内訳について御説明をいたします。まず、給食の安定供給を目的といたしまして、次年度より、以前御説明を申し上げましたように月額400円、給食費を改定させていただきたいということで今準備を進めているところであります。その影響額が1,016万4,000円となります。そして、昨年度の当初予算では2,148名の給食費徴収対象者数としておりましたが、今年度は2,310名の162名増員、実人員がふえるというふうに見込んでおりまして、その影響額で724万6,000円の増となっております。この2つを合計し、1,741万円となります。以上です。



◆我謝孟範議員

 まず、塵芥処理収入の件ですが、当年度予算でほぼ700万円余黒字ということになっておりますが、それを700万円取り崩すと、取り崩すと言うより、別の分野で使うということになっているわけなんですが、何の事業に使うのですか、これは。基金は基金として、基金の性格は基金の性格としてあるわけですが、この基金は何の性格になっているのですか。皆さん今1,600万円の基金が持たれておりますが、そっくりその700万円は基金には入れないで、何かに使うと今おっしゃっているのですが、何に使うのか。それから教育費の中の給食費が約1,000万円余、実質上給食費の値上げになっているということなんですが、今貧困が叫ばれて、国も県も町も子供の貧困、親の貧困という形で手当てをしようという中で、補正予算でも中学生までは通院費の医療費を小学生で700万円、中学生で200万円、計900万円の援助をすると。そのかわりにこの予算書を見た場合、1,000万円余の父兄の負担が出てくると。これはどうかなあと思うんです。ことしから三役も議員も手当が引き上げられました。片や子供の貧困対策をやるという中で、なぜ、そんなことが通るのか。幾ら予算がかかると言っても、こういう全体的な観点から見た場合、到底これは引き上げることはできないと思うんですよ、今の状況で。つい最近も高校生の3割が貧困で多くの高校生がアルバイトをせざるを得ないという状況の中で、本当にこれが果たして妥当なのかどうかですよ、引き上げが。全体的に見てどうですか、道義上も私はだめだと思うんです。やはりそういうものをちゃんと考えてもらわないといけないと思うんです。これは町長、どういうふうに。片や貧困対策として子供の医療費を900万円助成する。片や給食費を予算がかかるということで1,000万円余り父兄に負担をさせると。こんなことが通るのですか。要するに給食費の値上げが言われているわけですから、私はちょっとこの値上げが。その値上げの中でどのように皆さんが取りかかって、どういう資料をもとに、この値段が決められたのか。私は税務課の課長に聞いたわけなんですが、そういう子育ての皆さん方の所得が幾ら上がって、その資料も取り寄せて審議委員の皆さん方が配慮をしたのかどうかも問うつもりだったのです。そういうもの出されているのか。税務課からちゃんと報告を受けているのかどうかも踏まえて、そういうものを全体的に網羅して、審議委員の皆さんもこれをやったのかどうかもあるわけですから、その点も踏まえまして答弁を願いたいと思います。



◎生活環境安全課長補佐(安仁屋勇希)

 一番最初のごみ有料化事業における事業収入のほうについてお答えいたします。今年度につきましては、先ほど約700万円の黒字ということで答弁をしましたが、その700万円については全て一般会計に繰り入れるということになります。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時02分 休憩午前11時02分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎財政課長(上原謙)

 我謝議員の御質疑にお答えします。先ほど700万円余り黒字になっているということですが、これについては一般会計のほうに入れているのです。この分については塵芥処理費等、あと委託費関係、そういったものに充てております。清掃関係に充てていると。塵芥処理費ですね、ごみ収集です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時03分 休憩午前11時03分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎学校教育課長(岡剛)

 我謝猛範議員の再質疑にお答えいたします。貧困対策が叫ばれている中での給食費の改定ということですが、給食費につきましては全額材料費のみに充てているところであります。そして、この改定に至った理由といたしましては、前回改定をいたしました平成21年を基準に材料費の価格推移を見て検討をしたところであります。その検討委員の中には3校長、3PTAが委員として入っていたところであります。また、議員御指摘のように貧困家庭への支援につきましては、しっかりと現在も取り組んでおります就学援助制度、こちらの周知ときちんと制度を受けていただくということでカバーをしてまいりたいというふうに考えております。

 失礼しました。答弁を補足させていただきたいと思います。就学援助制度につきましては、この対象者となった方につきましては、給食費が全額こちらから支給されることになりますので、改定による影響というのは就学援助を受けている世帯にとってはないということになります。以上です。



◆我謝孟範議員

 リサイクル事業の塵芥処理の手当てに充てるということなんですか。基金の性格は何ですか、これは。基金の性格と塵芥処理の予算は全然違うと思うんです。700万円余の黒字があって、ということは前回の歳出では、この基金から別の用途に使いましたよね。この予算の趣旨とは違うような科目に結果的に使ってしまったわけですよね。外国に子弟を送る予算にも使いましたよね、数百万円。この基金の性格をちゃんと皆さんは捉えていらっしゃるのかどうか。そうであれば本来は基金に組み込んでいくのが普通だと思うのですが、一般会計予算に入れて、別のごみ事業に使うと、700万円は。基金という性格上からすると、私はこれは通らないと思うのですが。この点を踏まえて答弁をなされていただきたい。給食費ですが、これは物価が上がったから、そのまま転嫁しますと。就学援助を受けている皆さん方はこれは当たり前の話であって、そこから給食費は無償になるということは別の予算が計上されるわけですから、就学援助を受ける方々は別の角度から収入が入ってくるわけですから、別に皆さんはこれから引いても就学援助制度が活用されて、逆に皆さん方が、要するに父兄が出すお金、本来はもっと下がるべきだと思うのです。しかし、逆に上がるわけです。就学援助の率は上げるにもかかわらず、結果的には給食費が上がるということは、それ相応に私は皆さんの配慮があるのかなと思うんです。やはり財政の全体的な問題だと思うのですが、だから私は言ったんですよ。そういうことをやるんだったら私は反対しましたよ。三役の報酬、議員の報酬も、はっきり言って。こんなことをやるんだったら、私はこれは絶対に反対しましたよ。そんなことが通ることになったら、これはちょっと問題だと思うんです。全体的な配慮、それが不足していると思います。これはあくまで予算ですから、これはちゃんと一般会計からもその分だけ1,000数百万円ですから、それは町長、配慮すべきだと思うのです。子供たちの親も助成する立場からも。もっとこれは検討をしてほしいと思います。どうなんですか。



◎副町長(照屋勉)

 我謝議員の再質疑にお答えしたいと思います。まず、リサイクル基金の件ですが、我謝議員が多分勘違いをされていると思うのですが、これまで基金で活用をしたものは、例えばごみ処理機の補助であったり、昨年は一般廃棄物処理計画策定業務というのをやりまして、これで562万7,000円を充てております。一般会計に入れるというお話をしましたが、4款の清掃費ですね、その中に700万円も組み込まれて一般会計と同じように使っているということでございます。それから給食費の問題ですが、これも昨年8月ごろから、半年前から保護者の説明会もやり、さまざまなところで意見を伺いながら慎重に値上げについては進めてきた結果でなっております。先ほど学校教育課長からもありましたように就学援助を受ける方々には、当然給食費は徴収をしない、無料ということでございます。ただ、今後そういった要保護、準要保護も含めて、周知を徹底するという中で、貧困家庭と言いますか、そういう方々への配慮はしっかりとやっていきたいというふうに考えております。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時12分 休憩午前11時13分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。

これで歳入に対する質疑を終わります。

 次に歳出に対する質疑を許します。



◆松長康二議員

 休憩願います。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時14分 休憩午前11時19分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆松長康二議員

 平成29年度与那原町一般会計予算の歳出の部分です。53ページ、先ほどちょっと休憩中に質疑をした与那原町就業意識向上支援事業補助金ですが、一括交付金を活用して、前回までは小中学生を対象に事業を行っていた部分を年齢のほうもちょっと拡大して、一般の方々も含め、そういう取り組みを行っていくということでしたが、そのグッジョブのほう、多分えびす通りにあるのが事務所になっているはずなんですけれども、ただ、町民の方からよく言われるんですけれども、向こうは何なのと。何をしているかが全くわからない。人の出入りもそんなにない。でかい施設を構えているけれども、一体何なのという声があるんです。取り組みをしている人たちはわかるはずなんですけれども、それがまだ啓発できていないのかなという部分です。その部分も組めるように、今後この予算を生かしていただきたいと思います。やはり中の人も多分1人か、2人ぐらいしか配置していないはずなんですけれども、よく広報とかにチラシが入って、やっている部分もわかりますけれども、私たちも今回一般の方々まで年齢層を広げるというのを今聞いて理解をしましたので、そういうふうに町民のほうにも説明をしていきたいと思います。別の中で66ページ、10款3項2目の備品購入費のパソコン教室のパソコン入れかえ費ですね。これは与那原中学校全部かえるのか。何台分なのか。今からの購入になるはずなので、契約の問題とか、購入して修理、保証とか、そういった部分、もし、ある程度決まっているのであればお教えください。あと、70ページの10款5項1目、町史編集事業の中の報酬で、嘱託職員が前年度3名から今年度1名にふえる要因ですか、仕事量がふえるからか、人手が足りないからふやすのかどうかという部分を説明していただきたいと思います。あと71ページの10款5項1目の一括交付金を使った新たな事業の史跡復元周辺整備歴史資料館(仮称)整備事業、この説明の中の一番下の歴史の道基本計画及び綱曳資料館施設活用検討委員会運営の委託料1,050万円組まれていますが、何名の委員を組んで、どういった委員が仕事内容を行うのか。その説明をいただきたいと思います。



◎観光商工課長(上原丈二)

 松長康二議員の質疑にお答えしたいと思います。現在、えびす通りのほうにグッジョブ与那原の事業所を構えており、毎月区長にお願いをしまして、グッジョブ新聞を発行して、その活動について地域住民の方へ広報活動をしております。しかしながら、どうしてもなかなか周知がいかないということで事業を行っている方々も懸案事項として上がっております。今PC関係の支援という形で次年度からは一般の方にも2級、3級、初心者を含め、パソコンの受講を受けてもらって、3級とか資格を受けるような形で取り組んでいきたいと思っています。また、役場に出張して、ロビーで就職支援の説明会とか、相談会も行う予定となっておりまして、広く町民に就業意識の向上に向けて頑張りたいと思っています。あとはチラシではなくて、広報にも枠を設けまして、なるべく毎月広報に事業の進捗状況なり、活動を掲載して、広く周知をしてまいりたいと考えております。以上です。



◎学校教育課長(岡剛)

 松長康二議員のただいまの御質疑にお答えをいたします。次年度、与那原中学校のパソコン教室、生徒用40台、教員用1台の計41台の入れかえを予定しております。その理由といたしましては、整備から相当年数がたっているということで、その挙動に大分おくれが出てきたというところであります。パソコンを導入した後の保守契約ですが、これは現在も3校ともパソコンの保守契約は結んでいるところでありますので、そちらのほうに適切に対処をしていきたいというふうに考えております。以上です。



◎生涯学習振興課長(宮平律子)

 ただいまの松長議員の御質疑にお答え申し上げます。まず、10款5項1目、町史編纂編集事業の報酬の嘱託職員の報酬の増額の件でございますが、現在体制は正職員を合わせて5名で行っております。その中の5名のうち、現在は3名が嘱託員、1名が臨時職員、1名が正職員というふうになっております。そちらの臨時職員の分を嘱託員のほうに組みかえまして、さらなる編集の体制の強化を図ったということでございます。また、発刊前でございますので、やはり専門的な職員が必要ということで、今回は臨時職員を嘱託職員にという形で配置をさせていただきました。続きまして、一括交付金を活用します10款5項1目の御新下り織関連史跡復元事業の委託料の件でございますが、歴史の道基本計画及び綱曳資料館施設活用検討委員会運営委託料の件でございますが、まず、歴史の道構想の中に歴史資料館等の建設等の検討、それに関連して資料館の今後の活用というような関連づけをいたしておりますので、現在資料館を活用いただいている地元の皆さん、綱曳の関係の方、また史跡に精通している方、学識経験者等、また役場職員等を数名入れまして、人数はまだ確定しておりませんが、10名以内ぐらいの検討委員会を開催できればというふうに考えております。以上でございます。



◆松長康二議員

 生涯学習課長、最後にもう一回、その委員会の運営、ただ話し合いだけとか、今後こうしていこうとかという、10名以内ぐらいの委員を置いて話し合うだけの運営委託料で1,050万円を組んでいるのか。それ以外、事業の策定からそういった計画も全部つくる委託料になっているのか。その1点だけ確認させてください。



◎生涯学習振興課長(宮平律子)

 ただいまの再質疑にお答え申します。議員のおっしゃるとおり計画策定までを委託して、また諮問、答申という形をとってまいりたいと存じております。以上です。

〔当真 聡 議員 休憩を求める〕



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時29分 休憩午前11時36分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆当真聡議員

 余り突っ込みたくはないのですが、1点だけ聞かせください。今、住民課長のほうからマイナンバーカードについてはそんなに普及もしていないし、それを使う場所がふえない限り、どうかなという答弁があったんですが。執行部というか、行政全体として、例えば「いやいや違いますよ、これはうちのほうではぜひ必要なので、つくってほしい」とかというのがもしあれば、例えば税務課とか、そういうのがあるのかなと思って。やはり行政全課でそんなに必要ないのかなと感じているのか。「いやいや違う、冗談じゃないよ、うちは必要だよ」というのがあったらアピールしてほしいなと。みんな「うんうん」では困るので。ぜひアピールをしていただいて、質疑を閉めたいと思うので、よろしく。



◎副町長(照屋勉)

 当真議員の御質疑にお答えしたいと思います。このマイナンバーカード、当然国が進めております。我々も事業を推進する立場でございます。一例といたしまして、昨今高齢者の事故等が多くなって、免許を返上するという形になった場合、やはり身分証明書としての活用の仕方もございますし、今後コンビニでの住民票交付だったり、それから図書館での図書を借りるときのカードになったり、さまざまな分野で活用の方法はふえてこようかと思います。ただ、それには初期投資と言いますか、そういうお金も必要な部分もございますので、予算との兼ね合いも十分出てきますが、今後、十分このカードの活用方法は広がっていくものだというふうに考えております。我々としてもぜひマイナンバーカードをつくっていただくよう推進をしてまいりたいと考えております。



◆当真聡議員

 せっかく副町長が出てきて答弁をしたので、もう少し具体的な話が出てくるかなと思ったのですが、今の答弁の中ではそういう努力をしていく、国の方針だからというところもあるのですが、我が与那原町として、それをするためにはどの辺をどうするというのを、具体的なところをもう少しかいつまんで、課を分けてでもいいから、それがあったらもう少しわかりやすいのかなと思うのですが。多分、今の副町長の答弁だと、私も納得しないし、誰も納得をしないと思います。もう少しこういうところ、こういうところにぜひ活用をしてほしいので、こういう方向で持っていく考えとかというのがあったら、再度そこら辺は突っ込んでいただきたいと思うので、よろしく。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時39分 休憩午前11時40分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎税務課長(仲里武徳)

 ただいまの当真議員の御質疑のほうにお答えいたします。今まさに1階のロビーで確定申告のほうを行われているわけですが、マイナンバー制度自体が今年度から施行されて、実際に確定申告を受ける際にはマイナンバーと身分確認ができるものとして活用をいたしております。実際になかなか普及をしていないという現状がありまして、通知カードのほうと免許証の写しということをお願いして提出していただいているのですが、マイナンバーカードを持っている方についてはコピー1枚で済みますので、そういった活用を現在やっております。また、窓口のほうでは本人確認等が必要になってきます。先ほどあったように免許証をお持ちでない方といった方についてもマイナンバーカードを持っていれば、それで本人確認ができるということで対応をできていますので、そういった意味ではそういう活用の方法を周知していきたいなというふうに思っております。以上です。



◆当真聡議員

 私は申告をしたときはマイナンバーの写しと、免許証のコピーをとられました。必要なところで必要なので、我が与那原町としても、もうちょっとアピールをしてほんとに6%しか普及していないというような、要するに発行率が995人ということなので、これは生まれてからお亡くなりになるまで必要ということ、そういう意味でも全国民が持たないといけないという意味で施行されたことなんだろうと思いますので、ぜひもう少し頑張っていただいて、普及する方向性を検討していただきたいと思います。以上です。



◆仲里司議員

 歳出について質疑をさせていただきます。まず、説明資料の9ページ、車両維持管理事業の備品購入費、車両3台となっていますが、それがどういう車両なのか。また何かの事業の予算なのか、単費なのかお聞かせください。あと、ふるさと納税ですが、業務委託料、いろんなふるさと納税を行っている、ホームページでというところはたくさんあるのですが、これは今何社使われているのか。もうちょっと力を入れていくという予定がないのか。昨年度の予算と同じぐらいなのかなと歳入にしても。今年度の実績ぐらいしか考えていないというような感じだと、余りやる気がないのかなというふうに思いますが、それでよろしいのかお聞かせください。あと14ページの記念碑についてですが、先ほど当真議員が休憩中ありましたが、これは目的は何なのですか。どういった効果を、予定を考えておられるのか。こういった記念碑の何か成功事例等を具体的に挙げられていただければ助かります。



◎総務課長(城間秀盛)

 仲里議員の質疑にお答えいたします。まず、2款1項の車両維持管理費、備品購入費ですが、公用車3台という計画をしております。これは公用車の更新計画を立案いたしまして、経年、長くたっている車両を2台、それと町長車がもう10年を経過いたしまして故障が非常に起こりやすくなって、大分支障を来しているということがございます。それと町長が公務が大分かさんで、いろんな会議に出席をされるということで、その公務と公務の間、あるいは会議と会議の間、少なからず移動する時間もありますし、その間、車の中で休憩がとれる、あるいは車の中で次の会議の資料等に目が通せるということを考えますと、今のセダンタイプの車ではゆっくり休憩ができないということで、町長車を少し後部座席の広い、ワンボックスカータイプに買いかえをしたいというところと、あと公用車が経年で古くなったということをお話ししましたが、やがて20年ぐらいたったような公用車がございますので、それを2台、軽自動車でかえていきたいというふうな計画をしているところでございます。あと、ふるさと納税ですが、今委託をしている会社はですね、ふるさとチョイスということで、一番利用されている業者と契約をしております。あともう1社も今検討中ではあるのですが、寄附を募る窓口というのは何カ所もあっていいのかなというふうに思っておりますので、次年度以降、寄附を募れる委託業者もふやしていきたいというふうに考えております。それから寄附金も前年度実績並みということで、1,000万円強を計上しているわけですが、さらに返礼品をふやせば、寄附金というのはふえると思いますので、その返礼品の開拓ですね、それにもう少し力を入れていきたいというふうに考えております。

 答弁漏れがございました。公用車の購入については、これは単費で購入計画をしております。以上です。



◎企画政策課長(石川毅)

 仲里議員の御質疑にお答えいたします。まず、発端のほうは軽便駅舎のほうに、当時、東宮妃殿下が軽便鉄道を利用して那覇市のほうに向かったということで、乗車記念碑というのが建立されております。あわせて当時、水路を築造する際にも、どうしても水路沿いに上陸記念碑をつくるべきではないかというお声もありました。その後、数年たった後、上陸記念碑と乗車記念碑の一連の動線の説明もどうしても必要ではないかということで話が上がりまして、一括交付金のほうを活用しながら上陸記念碑を建立しようという話になっております。成功例というか、なかなか記念碑ですので、何名来て云々という話はなかなか難しいところがあるんですけれども、一部観光資源という観点から上陸した場所と乗車した場所の一連の流れを示しても非常にいい効果があらわれるのではなかろうかと思っているところでございます。以上でございます。



◆仲里司議員

 まず、公用車についてですが、ワンボックスカーの新車を購入し、軽自動車も新車なんでしょうか、この金額で足りるのかなと逆に思うのですが、見積もり等をされたのかなというふうには考えます。町長車に関して、会議、会議等の合間等も確かに必要なのかなと、休憩時間がというふうには思いますから、それに関してはとやかく言うつもりはないんですが、公用車を新車でないといけない理由を、もし新車を購入するのであれば、新車でなければいけないと理由というのをちょっとお聞かせ願いたいと思います。新車でなければいけない理由というのが、各担当課長なりが全て新車に乗って、いつも生活をされて、御家族も含めてですね。新車で生活をされているんだという、そういった理由で多分上げられていると思いますので、その点は何度か聞いていますが、よろしくお願いします。あと、ふるさと納税、返礼品をふやすとか、委託業者をふやすという話がありました。これについて考えていらっしゃるのであれば、当初から町長、予算に組み込むべきですよね。当初からふやしていきたいのだと考えているのであれば、新年度予算としてしっかり入れるべきなんです。対策を講じていきたいということを前面に出して。例えば返礼品を数をふやしたいというのであれば、与那原町の特産品としては、やはり限りがあるというような現状です。外のパワーももらっていかなければいけないのかなというふうに感じますから、今現状でもそうですから、返礼品の品ぞろえからすると、どうしても外部から返礼品を募らないといけないということですから、これを探すのにも大変時間と予算がかかるんです。また、委託業者をふやすというのであれば、これの委託料というのは出てきますから、そういった予算も当初から入れるべきではないかというふうに思いますし、さっきも話をしたようなこともやるべきではないかと思うのですけれども、また、これをふやしますよということで適当に補正をするのかなと思うと余りよくない予算の組み方なのかなと思いますが、それについて町長いかがですか。記念碑については、ちょっと具体的によくわからないのですけれども、歴史的な流れを残していきたいというようなことで考えるしかないのかなと。観光という表現をするのであれば、余りにも根拠がない中で1,000万円以上も使われるというのであれば、この予算は反対せざるを得ないのかなと。観光の根拠もなく、ただ、つくるというのであればおかしな話だと思いますから、これは歴史的な部分で次世代にもつなげていきたいというようなお話であれば、やむを得ないのかなと思っていますので、観光という言葉を出されると、余りにもちょっと違うのかなと、根拠もなく、成功事例もなく、ただ1,000万円をかけて適当につくりますよ、これこそ税金の無駄遣いと言われてしまいますから、課長、そういう答弁だったら非常におかしな話だと思いますから、その点も具体的にお答えください。あと、新年度予算の歳出で保育の件を少し聞かせてください。運営費の補助が約1億円ぐらいふえているんですかね。これは新規につくられた保育所の人数がふえた分の予算なのかお聞かせください。



◎総務課長(城間秀盛)

 再質疑にお答えをいたします。まず、公用車の購入なんですが、現在検討しているのは町長車につきましては、これは中古車を計上しております。環境に優しいハイブリッド車です。これの中古のほうを見積もりをもらって計上をしているというところです。あと、軽自動車の2台につきましては、新車を計上しております。軽自動車については中古車と新車の値段がそんなに変わらないということと。新車を購入すれば長年使えるだろうということで軽自動車の新車というふうに検討をしているところでございます。あと、ふるさと納税ですが、歳出で組んでいるのは原資といたしましては寄附金、その寄附金が原資となって委託料、あとは返礼品等々の費用を計上しているというところでございます。ですから、返礼品といたしましては、その寄附金の40%、委託料が約8%から10%程度だったと思います。全てで約50%ぐらいが返礼品及び郵送料、あるいは委託料ということで歳出を組んでおります。当然、寄附金がふえれば歳出の部分もふえてきます。その返礼品をいかにしてふやすかというところを議員おっしゃっていると思いますが、それの開拓についても以前、一括交付金で与那原町特産品ということで業務を行っておりました。そういう部分でそこら辺の特産品も早目に商品化をしていただいて、返礼品に載せたいというところと、あとはソデイカが拠点産地に認定されましたので、そこら辺の海産物もどうにか返礼品として活用できないか、あと農産品等々も返戻品として活用できないかを検討してまいりたいと思います。できるだけ費用をかけずに、今ある町産品、特産品を返礼品として活用できれば、それを活用していきたいというふうに考えているところです。以上です。



◎企画政策課長(石川毅)

 仲里議員の再質疑にお答えいたします。先ほどの目的についてですが、少し補足させていただきます。大正13年あたりに、その時期に天皇東宮殿下が上陸されたということで資料にも載っているようですけれども、設置としましては以前の歴史的価値、記憶等を後世の方々に記憶として残していきたいという観点も含めて、設置の目的といたしたいと思います。以上でございます。

 すみません。大正13年ではございません。大正10年でございます。訂正させていただきます。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 仲里議員の3点目の御質疑にお答えしたいと思います。保育の部分での増額ということなんですけれども、それに関してはおっしゃるとおり、法人保育所が1園新設され、4月から運営するということになりますので、それが現在の100名定員のところの運営費を見込み、1億円の歳出というふうになっています。以上です。



◆仲里司議員

 ハイブリッド車、電池タイプのやつでなければ中古でもいいのかなと思いますが。電池は消耗品になってきますので、プリウス系統の電池というような感じはいつ、中古車はこの電池がどこまでもつのかわからないという状況もありますから、その点も気をつけられてください。そんな変わらないというけれども、変わると思うんですよね、軽自動車も。それも今後の検討課題としていただきたいなと思います。あと、保育所に関してですが、昨年度、担当課長、町長を初め、答弁としては待機児童ゼロになりますと言い切っていたんです。その中で余分に箱はつくっていたほうがいいですよと、あとは保育所をふやせばどうにかなる可能性がありますよという提案をずっとしていましたが、これに関しては全く聞き入れずというか、アドバイスはどうなったのかなというふうに思いはしますが、そこを責めるつもりはありませんが、新年度はどういうふうに待機児童ゼロにしていくというお考えは町長変わりないと思いますから、それに向けて現在、当初ゼロの予定が100人も待機児童がいるということであれば、これからもどんどんふえていきますから、どのように待機児童対策の予算を組んでいくのか、これではちょっとわからないものですから、お聞かせいただきたいと思います。そしてふるさと納税ですけれども、城間課長、やる気を持ったほうがいいのではないかなと思うんですね、課長自身が。返礼品をふやせば納税がふえてくるのではないか、そうかもしれません。そしてお金もかけずに地元の商品でやりたいと言っていますけれども、一番売れているのは何ですか、キリンビールですよね。この状態をわかっていながら、そういう答弁をされるのかなと。やはり売れる人気商品というのを探してこなければいけないし、与那原と関連づけて売れる商品というのを探さなければいけない。その中で適当な答弁をされると非常にこの議論というのは意味を持たないのです。安易に何でもいいんだと、全然力を入れている感じをしないんですけれども、せっかくありがたい寄附をいただきながらやっていこうという中で、もう少し気持ちを入れてやっていただかないと、おかしな事業になると思います。それについてはこの予算のあり方、進め方というのを具体的に考えていかないとうまくいかないと思います。その点は御理解ください。答弁をお願いします。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 仲里議員の再質疑にお答えしたいと思います。おっしゃるとおり、平成23年度から私のほう子育て支援課のほうに配属され、待機児童対策に全力で取り組んできたつもりです。これまでの待機児童の状況を加味しながら保育施設を増改築、あるいは今年度に向けては増設というようなことで1園をふやしたというような状況があります。1園ふやすに当たっては仲里議員の御提案のあったとおり、箱を大きくすることの提案も受けておりました。当初、90名定員ということで公募をかけていたのを、その提案を受けて120名までは受け入れる箱をつくっていただきたいというようなことを調整しながら、現在に至ったところなんですけれども、現在入所の審査を終えるところなんですけれども、やはり待機があると。この件に関しては児童数がふえたというよりは、やはり保護者の皆さんの就労の状況が整ったというようなことで、申し込みがふえた状況から少し待機がふえたかなと思っています。その辺が判明した時点で町長、副町長と相談したところ、今回所信表明にも書かせていただきましたが、1園さらに必要ではないかというような議論をさせていただいていますので、今後に向けては1園増設、現在、既存保育所と意見交換をしていまして、その既存保育所のほうとしてとれる対策はないかどうかというようなことを今議論しているところですので、緊急な取り組みがあれば、そこに予算を補正で対応をしていきたいと。新年度で本来新設の予算を組んでいきたかったところなんですが、これに関しては具体的な公募の計画等々が急な取り組みだったものですから、少しそれを精査してから6月補正に間に合うような形で補正をさせていただきたいというふうに思っています。以上です。



◎町長(古堅國雄)

 仲里司議員の御指摘のありました点について、私の考え方を少し申し述べさせていただきたいと思います。公用車の件につきましては、先ほど総務課長から説明があったとおりでありますが、半年のうちに、はっきり覚えていませんけれども、四、五回修理に入れたり、あるいはまたトラックみたいな音を出したり、ほかの市町村からも指摘をされたのですが、いつ何時、高速でどういうことが起こるかわからないという不安を持ちながら、これまで我慢をしてきたんですけれども、中古車で結構ですから、ぜひお認めいただければと思いますので、よろしくお願いいたします。それから、ふるさと納税の件につきましては、御指摘のとおり地産地消、何かもう少し開発できるような、特にこれからMICEができた後の観光客に対する、あるいは参加者に対するさまざまな需要が出てくると思いますので、その辺をどうこれから対策を練っていくか。また、議会の議員の皆さんの御提言、御提案もぜひ御協力をよろしくお願い申し上げたいと思います。それから昭和天皇の上陸碑の件ですが、これにつきましてはかつては上の森公園に碑があったというように聞いておりますが、私もちょっと確認はしておりませんが、いろいろな方々からのお話も承っております。ただ、与那原町が昭和天皇の皇太子のころ、ヨーロッパ遠征の途中で漢那中将の案内で与那原町に上陸されて、駅舎から御召列車で首里に向かわれたというようなことを、これは沖縄でただ1カ所ですし、観光資源として大いに活用できるのではないかと、また、すべきであるというふうに私は考えたところ、駅舎とリンクさせた上陸碑、ここに皇太子が上陸したんだというあたりの、いろいろな影響、観光資源として活用できる部分が出てくるのではないかなというふうに考えまして、この碑をつくるべきだと考えたわけであります。何も私は天皇崇拝者でも何でもないのですが、ただ、観光資源として使えるのではないかということで着眼をしました。それから保育所の件につきましては、確かに御指摘がありました、これで待機児童ゼロになるというような見通しが甘かったという御指摘は、御指摘のとおりだと思います。これにつきましては潜在待機児童が数字にあらわれてこなかったあたりの見通しが甘かったということでは大いに反省も必要ですし、また今後、人口がふえてくる可能性が十分にありますので、この辺も含めて、どうしても既存の施設では対応できない新しい施設を考えなければいけないのではないかということで今、検討をさせていただいておりますので、これは真摯に受けとめて、しっかり対応をしていくようにしたいと思っております。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後0時08分 休憩午後0時08分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎町長(古堅國雄)

 認識のずれが少しあったかなと思って、つけ加えさせていただきますけれども、やはり歴史認識という観点から、どういう温故知新の過去の歴史があったのか。海上交通で栄えた与那原町らしさを出す意味でも、総合的に含めて御理解をいただければと思います。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後0時09分 休憩午後1時30分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆田中直子議員

 平成29年度与那原町一般会計予算の歳出、117ページの7款、与那原町魅力発信事業委託料の中の19節負担金補助及び交付金の与那原大綱曳まつり運営補助金610万円、それから社交飲食業組合活性化補助金150万円、商工会PR事業補助金407万円と、あと1点は124ページの東浜水路散策路照明灯設置事業、委託料300万円、ちょっと説明をお聞きしたいと思います。



◎観光商工課長(上原丈二)

 議員の皆さん、こんにちは。田中直子議員の質疑にお答えします。まず、魅力発信事業の負担金補助及び交付金の与那原大綱曳まつりの補助金につきましては200万円が花火、そして支度の衣装等の作成費用として100万円、大綱曳桟敷設置について110万円、そして大綱曳まつり舞台イベントで200万円の予定をしております。そして社交飲食業組合活性化補助金につきましては、これまで社交組合がゆかたまつりとか、そして町が行っていました夜のバスツアー等をやっていましたが、それを平成29年度は社交飲食業組合の事業としてやってもらうということで、そこへの補助金となっております。商工会PR事業補助金につきましては、商工会の加盟している飲食業関係の方々の紹介する本をつくりまして、その作成する費用として商工会への補助金となっております。以上です。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 田中議員の御質疑にお答えいたします。東浜水路散策路照明灯設置事業につきまして御説明いたします。本事業は東浜水路を新たな観光資源といたしましての活用及び町民の憩いの場として港コミュニティセンターからゆめなり橋の既成市街地側水路沿いに景観に配慮した照明灯を設置するものでございます。まちづくり課におきましては、港区から新島区まで親水性護岸上にあずまやの設置をしております。また、世持橋からゆめなり橋の区間におきましては、遊歩道ということで幅員3メートルの歩道を設置しております。本事業は新たな観光資源として活用できる水路の活用を増すために、照明灯の設置を行うものであります。本事業は一括交付金を活用し、事業期間は平成29年度から平成31年度の3年間を予定しております。また、平成29年度におきましては詳細設計と照明灯、約25基の工事を行う予定となっております。以上です。



◆田中直子議員

 今、東浜水路の照明灯の工事設置ということで、25基ですね。これは遊歩道、観光資源の一環として、この照明灯を置くということですよね。もちろんLEDの設置ということですね。これはすごく明るくなって、観光用にもすばらしいことだと思いますので。ただ、提案としましては照明灯だけではちょっと物足りないので、同じ遊歩道にするのであれば遊歩道の景観の観点から、美化緑化の整備ですか。それを促進し、木や例えばハイビスカスなどを植えて、散策しながら目の保養とか、せっかくの町のハイビスカスもあるわけですから、それを大いに利用してやっていただきたいなと思いますが、その配慮はありますか。それと与那原町魅力発信事業の中の、今課長から答弁をいただきましたけれども、与那原町大綱曳まつりの運営補助金として、前回は450万円ですよね。今年度は160万円増ということになっておりますので、先ほど課長が何々といろいろ詳しくやりましたよね。その中に補助金はみんな含まれているのですか。それにプラスで補助金になって、こういうふうな形になっているわけですね。社交飲食業組合活性化補助金というのは、ゆかたまつりとか、例年もこれはあったと思いますけれども、やはり補助金が足りなくて困って、ことしそれの補助金を出したのか。その辺の理由と。それと商工会PR事業補助金というのは、各企業のPR版ですか。パンフレット、何部ぐらいですか。部数は何部ぐらいの準備をしておりますか。各企業のですね。それをお願いしたいと思います。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 田中議員の質疑にお答えいたします。現在港区から新島区の区間におきましては、既に高木や低木を緑化済みでございます。世持橋からゆめなり橋の区間につきましては、高木を緑化するスペースがございませんので、コンクリート製プランターを設置し、花を咲かせる低木などを一括交付金の美化緑化きれいなまちづくり事業を活用して、植栽をしていきたいと考えております。以上です。



◎観光商工課長(上原丈二)

 商工会PR事業補助金につきましては、こちらで部数をつくっておくのではなくて、ちなみに北中城村でありましたけれども、各商店のでき上がった冊子を書店に置いてもらう。流通の販売、そういった形で広げていこうということも想定をしていますが、また別に観光雑誌の中にページを買って、そこに与那原町の商店を入れるとか、いろいろと方法があるものですから、それについて今商工会と具体的に今後詰めていこうということで、まず1カ所見積もりをもらった段階で407万円とありますので、どの策が一番いいのか。今後商工会と十分協議をしてやっていく予定になっています。以上です。



◆上江洲安昌議員

 説明資料の46ページ、与那原町東浜水路観光創造水質浄化整備事業、これについて説明をしてください。



◎生活環境安全課長補佐(安仁屋勇希)

 上江洲議員の質疑にお答えいたします。まず概要を説明したいと思いますが、平成25年10月に議員の皆様にもお配りになったと思うのですが、東浜水路の水環境創造事業ということで、この冊子が端を発している事業になります。平成29年度から平成33年度を目標に東浜水路の水質浄化を目指すといった内容になっております。平成29年度、平成30年度につきましても2年間で水路浄化のための具体的な対策手法について検討をするという期間として2カ年設けています。残りの3カ年ですね、平成31年度から平成33年度までについては具体的な対策を講じるという予定になっております。以上です。



◆上江洲安昌議員

 今、平成25年度に出した水質、あれも水質調査とか多分入っていて、ある程度方向性を出したと思いますが、この一括交付金を使って3,000万円余りですよね、かなり踏み込んだというか、あれをもとにして、またさらにやっていくということで捉えていいんですか。何か水質調査、検査という次元ではないのではないかなと思ったりするんです。前に石川課長のときにも出してもらって、下水道の接続の普及が上がっていけば、水路もよくなるのではないかなということだったんですけれども、なかなかきれいにならないんですよね。御殿山近辺の、周辺はとってもきれいになっているけれども、水質そのものが、やはりこれは観光施設としては最悪の環境なんです。カヌーを浮かべたり、そういうところにはまだ持っていけないということがあるので、やはり県が10年前でしたか、しゅんせつ工事をして、かなり土砂なんかが入ったところを取って、少しきれいになったときもあったんですが、六、七年前ですか。特にこの水路というのは、一括交付金の概要の中ではMICEができて、取り囲むようにあるので観光資源としてこういうことをやるということで、一括交付金の申請を出しているようなことが書かれていますが、それだけではなくて、東浜をつくるときからこの水路を生かしたまちづくりというのはとっても重要な位置づけだったと思うんです。これは総合計画の中にもあるので、こんなまちというのが全国を探しても滅多にないんです。例えば当添のサンゴ礁の熱帯魚が泳いだり、ひじきがあったり、その中から入って市街地まで行って、与原を巡って出て行くようなそういう水路があって、魚が泳ぐという、そういう環境というのはほんとに与那原ならではの、そういうまちになっているので、これを生かさないことには与那原の発展にかかわることなので、これは早目に、もし、これでほんとに前の調査を生かして、また平成33年までにきれいになるという展望があれば、とてもうれしいのですが。何か今のままだと、台風の後ぐらいがきれいになって、あとは緩んでいるんですね、流れがなくて。だからここをやはり、MICEの関係で言えば、私たち議員5名、台湾に行ったときに高尾のMICE施設がちょうど与那原みたいに、上原晃議員からも一般質問があったんですけれども、ちょうど全く似ているんですよ。そこは海から入り込んだ水路なんだけれども、遊覧船が通って、そして貸しボート屋があったりして、憩いの場として使っているわけです。そういうイメージができるようなまちに、ここもできるなということでは、この水路事業はとっても重要なので、与那原町が将来、こういうふうになるんだということも含めて示してもらわないと、3,000万円ですよ、丸投げではないかなと、委託だけで。そういう心配があるので、今発言をしていますが、その辺どうでしょうか、町長、将来のまちづくりから言って、これを活用して。



◎生活環境安全課長補佐(安仁屋勇希)

 事業概要について少し細かく説明をしたいと思います。まず、現在上下水道課のほうで行っているのは、あくまでも水質の調査ということで年に一回、水路内の5カ所を調査しているという内容になっていまして、次年度、我々がこれからやろうという内容についてですが、基本的に調査項目であったり、頻度であったりというのはかなり異なります。水質がどのぐらい汚いかという調査ではなくて、なぜ水質が汚くなるのかという原因をきちっとした数値根拠を観測して、次年度以降の基礎調査としたいと思っています。今回、東浜水路に関して、少し難しい調査自体がかなり高度な調査になるということで、事例として県内でも、国内でもなかなかないという、水路の浄化については。ため池であるとか、ダムとか、そういったところでの水質浄化の事例はかなりあるんですけれども、海との境界に挟んだ水路の浄化というのはかなり対策として難しいということで、今回の調査費になっております。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後1時48分 休憩午後1時48分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎生活環境安全課長補佐(安仁屋勇希)

 済みません。調査項目といたしましては、流域状況調査、沿岸潮流調査、水路内の水の流れや速さの調査、水路内の底質ですね、底の調査です。あとは河川の流域、水質等、さまざまな調査項目がございます。水路の形状も含めて、この水路の水質浄化対策のための基礎調査を予定しております。以上です。



◎町長(古堅國雄)

 水路の水質の件につきましては、以前から何とか浄化すべく、あらゆる知恵も、あるいはアドバイスも受けながら、これまでもずっと考えて続けて、いい策はないものかということで、あらゆる場で私もずっと気にとめているわけですけれども、以前に比べれば大分よくなっているとは思うのですが、ただ、MICEができて国際観光都市としての水路の活用というのは、おっしゃるとおりだと思います。すごい可能性を秘めていると思いますので、下水道の整備は着々と進んでいるわけですけれども、やはり時間がかかりますし、これを今濁っている、汚れている要素を何とか早く解決する方法はないものか。水質をよくする方法はないものかということで、今回そういう原因究明、潮の流れ等々を含めて、基本的な調査をするということで、これも大事な調査だと思いますが、これは水路の水質改善には特効薬みたいなものがあれば、業者にとっては何か薬品を使って水質を改善するという宣伝をする業者もいますけれども、そういうことではなしに、何かいい方法はないものか。これはずっと追跡して、努力していきたいと思いますが、まずは基本調査をさせていただければということです。



◆上江洲安昌議員

 水質で与那原のまちが、この水路というのは大きいウエートを占めるので、与那原に来たいということから言えば、この水路の活用というのは大きいと思うんです。私も水路を各県のまちをめぐったこともあるんですが、かなり生かしているところが多いんです。向こうは景観が城の周りとか、海と、海上とまちということになれば、与那原はかなり特徴かなと思っていて、平成33年、あと5年間そのままかなと思ったら、ちょっと待てないなと思ったりしますが、浄化してきれいな海にかえていくという方向であればいいと思いますが、これだけではなくて、やはり今の問題として、沖縄にも水環境とか、そういう専門家はかなり出ているんですよ。環境問題、大学の中でもやっているし、金がかからないようにできる方法というのも、私も環境学習会なんか行って聞いてみたりはしていますが、昔、宇井純先生というのがいまして、東大の環境の専門ですが、あの人がフィリピンのラグナ湖というところの浄化を政府から頼まれてフィリピン大学に先生として雇われながら浄化をやったんです。結果はかなりきれいになったんです。ラグナ湖が。もう漁業もできるようにして、簡単だったんですよ。私は見に行ったんですけれども、水車を回しているんですよ、これだけ。酸素を送り込んで、汚すような物質を排除していくという。水車を回すというだけだったんです。これはどこかでもやっているので、この辺も研究をして、今はもうまちも住んでいて、水路も生かさないといけないし、カヌーのあれも出てくるので、あの辺一帯を少しでも浄化できるような策を並行して急いでもらいたいなと思って、ついでに発言をさせてもらいました。答弁はいいです。



◆城間盛光議員

 平成29年度一般会計予算について質疑をしたいと思います。上江洲議員から水路の水質の件がありましたけれども、安仁屋補佐をちょっといじめているようで、しつこいようだけど、今の説明で与那原町東浜水路観光創造水質浄化整備事業3,173万円、先ほど説明がありました水調査、平成何年でしたか、石川課長がやったときの、あれの調査。もう1つは水路を生かした観光計画、あれの調査事業の中でも水質の事細かく内容が載っています。先ほど説明の中で私が聞いた限りではほとんど違いがわからないと、今あなたが答弁をした検査項目、全部ありますよ。原因もわかっている。多分石川課長は詳しいと思うんだけれども、できれば課長が答弁をしてやっていいんだけれども。あそこの水質が悪いというのは地形の問題、下水道、運玉からの残土、我謝方面からの水の流れ、当添とぶつかり合う、水流がほとんどない状態だから汚泥がたまる。みんなあの原因をわかっていますよ。改善をする、担当課は下水道を早目に連結するとか、あるいはまた水路の管理をやるために一度マリーナあたりから水路を引っ張り込んで、水を入れて改善策だとか、いろんな指摘もありました。それを踏まえて、今度水路の水質改善をして、観光にどう生かすか。これの観光客もある中で、今聞いたら余り違いがわからないし、その辺の3,000万円という大きい予算だから、これまでの調査研修資料が上がったデータ、状況を踏まえて、具体的に改善をするための事業、事業として考えているのかどうか。今みたいな水質の中身だったら、前回と全然違いがわからないし、年次計画で現場でどういう事業をやって水質改善をするとか、そういったメニューがあるのかどうか。それを含めて再度答弁をお願いします。あと1つは、説明資料の47ページ、東部清掃施設組合負担金、今回868万円増になっていますけれども、その内訳を説明ください。それから説明資料の59ページ、与那原町健康づくり支援環境整備事業、委託料の500万円、その内訳を説明お願いします。



◎生活環境安全課長補佐(安仁屋勇希)

 城間盛光議員の質疑にお答えいたします。おっしゃるとおり、平成25年から水環境の事業に関しては検討を重ねてまいりました。この冊子に関しては基本的な方向性は示されているんですけれども、具体的な調査にはまだ至っていないという内容になっておりますので、平成29年度は詳細な調査、観測を行って、平成30年度については具体的な対策について検討をし、平成31年度からは対策の工事を進めてまいりたいというふうに考えております。続きまして、東部清掃施設組合の分担金の増の理由でございますが、平成29年度東部清掃施設組合の予算総額が8億5,000万円余りになっております。平成28年度に比べまして1億8,900万円の増ということになっております。主な理由といたしましては、基幹改良に伴うごみ焼却施設の整備費が1億円増になっております。それに伴って焼却炉が2炉あるんですけれども、そのうち1炉を約3カ月間とめますので、その焼却処理の委託を糸・豊清掃組合のほうにしますので、その金額が約3,000万円増ということになっております。分担金負担金の増額については、全体の歳出の予算増に伴う868万8,000円の増というふうになっております。以上です。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 城間議員の御質疑にお答えいたします。与那原町健康づくり支援環境整備事業について御説明いたします。この事業は与那古浜公園内のトラックと外周一周園路にゴムチップを舗装施工し、幅広く住民の方に利用してもらうとともに、健康づくり環境の整備を進めることを目的としております。本公園の外周園路は朝夕の時間帯には多くのウォーカーやジョガーが健康づくりに励んでおります。また、トラックにつきましては町内陸上競技大会の開催や中高生の部活動、近隣企業等の運動会に使われ、地元で人気の公園となっております。また、健康部署による公共主体の事業として、てくてくウォークラリー等、楽しみながら健康づくりが行える行事も行うなど、健康増進に資する公園として活用されております。さらに沖縄県が実施しております1キロ減らす運動や長寿県日本一を取り戻す活動にも寄与できるようにゴムチップ舗装を行いまして、健康環境を向上させ、運動人口をふやしたい考えであります。以上です。



◆城間盛光議員

 水質検査の件で今説明がありましたけれども、平成29年度と平成30年度、2カ年かけて水質調査をやると。その以降、平成31年度までに具体的なという話がありましたけれども、この三千百何十万円という予算は平成29年度、平成30年度の水質調査の分の委託料になっているのですか。それと石川課長、前回の調査詳しいと思うんですが、何回見ました、調査の内容を。数値を恐ろしいぐらい細かく、どういった成分が入っているとか、結構細かく前回のあれで調査をされている。台風が来たら水路の流れで若干よくなるというのがあって、それ以外は今言う水流も流れない、いろんなことで改善が非常に難しいという、事細かく調査されている。補佐の説明でさらに平成29年度と平成30年度、さらに細かい調査をして、平成30年度、31年度に施策をやるという話だったんだけれども、細かい資料は後でもらうにしても、今の説明だけでは違いが実感としてわからないです。現状はみんなわかっていると思いますよ、今の水質をどういう条件で悪いのかどうか。改善が難しいとわかっているわけです。その中でもどういう対策をするかとか、あるいは前にありましたヘドロをしゅんせつするとか、課題はいっぱいありました。ああいうところと整合性を持って本来はやるべきだけど、どうも聞いたら、また調査事業だけで3,000万円の金をかけるのかなという、その辺ちょっとまだ理解ができないので、〈…聞取不能…〉わかる範囲でお願いします。もう1点、東部清掃のふえた分は基幹改良でした。基幹改良、最近終わったばかりではないですか。基幹改良と1号機をとめて、その処理費。今構成市町村ふえているわけだから、そんなに極端にふえるのかなと。その点、再度お願いします。



◎企画政策課長(石川毅)

 環境について私のほうから御説明いたします。下水道接続率が7割といっても、以前よりは非常に水質がきれいになっていることは事実でございます。下水道については整備があと約10年ぐらいかかりますかね、あと接続率が100%となると20年、30年後になろうかと思われますので、やはり長い時間が有するということです。20年、30年手をこまねいているということではなくて、今環境がやっているように平成25年度に策定された水環境創造事業ですね、これはあくまでも指針としてこういった手法もあります。こういった考え方もありますよという基本的な考え方を述べた報告書であります。今環境がやっているように…、

〔城間盛光 議員 「検査はちゃんとやっているわけでしょう」の声あり〕



◎企画政策課長(石川毅)

 実質は水質検査のみですね、上下水道課のほうは。補佐が言っているように、底のヘドロのレベルとか、例えば年間を通しての水質調査は行っておりません。年一回しか下水道はしていませんので、これまで下水道が接続した年から1年に一回、水質がどうなっているかの経年観察ですので、数値の表示という形になろうかと思います。平成29年度に調査をしっかりした調査を入れる。基本調査を入れて、平成30年度に実施設計が入るのでしょうか。平成31年度から先ほど言ったように具体的に、例えば水車もあろうと思います。当然、酸素、非常に重要な要素だと思われます。あとマリーナからの導水ですね、水の入れ方とか。あと、かつて生きた貝を入れて、水質を浄化させると。さまざまな手法があります。なるべく予算をかけないで、非常にいい手法が今後検討されると思います。検討だけではなくて、やはり実施しないことには水質浄化されませんので、今後下水道課が整備率を接続率100%になる以前で、そういった対処で環境部門としてやっていくという考えを持っていることだと思います。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時09分 休憩午後2時10分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎生活環境安全課長補佐(安仁屋勇希)

 まず、東部清掃の分担金の件からお答えをいたします。今回分担金の増の理由を述べていきたいと思いますが、基幹改良につきまして、平成18年度、平成19年度の基幹改良工事、9年たっているというところで、今回突発的な故障等も発生している現状があります。平成29年度については基幹改良ではなくて、大規模修繕という扱いになります。この大規模修繕とあわせて先ほどの1炉をとめて、糸・豊清掃組合のほうにごみ処理を委託する3,000万円がふえるということとあわせまして、西原町にあります汚泥再生処理センターの元金償還ということで、平成36年度まで8,200万円あるということで、この大きな3つの理由によって分担金はふえております。構成町村それぞれ分担金のほうは増額という形になっております。続きまして、東浜水路の今後の年度ごとの事業の取り組みについて、再度整理をして答弁いたします。平成29年度につきましては、水路の水質ではなくて、水路の分析調査業務を行う予定です。平成30年度はその調査、観測結果を踏まえて、具体的な対策の手法について検討をしていくということになります。それを踏まえて平成31年度からは対策の工事にとりかかると。平成33年度末に工事を終了するという予定になっております。以上です。



◆舩谷政喜議員

 一般会計歳出の説明資料46ページ、今と同じ内容になるのですが、与那原町東浜水路観光創造水質浄化整備事業、これに関しては町の目的だとか、調査内容なども今答弁で聞いていますので、これに関しては要望をしたいと思うんです。あとは47ページの清掃事務運営事業、これに関しては単純に確認なんですけれども、人口がふえていて、委託料がなぜ減っているのかというのをちょっと確認したいんです。あとは57ページ、観光地美化緑化きれいなまちづくり事業の15節工事請負費、これは前年度100万円の予算がついているのに比べて、本年度は1,000万円、この内容をお聞きしたいです。あと59ページ、与原公園整備事業の設計委託料なんですが、町の基本をもとに設計なども委託していると思いますので、どういうふうな設計かというものをちょっと教えていただきたいです。それでは最初の質疑、要望です。東浜水路沿いに関してなんですけれども、ここは与那原町でも唯一の観光スポットになり得るところだと私は思っているんです。町中に水路があるというのは、上江洲議員もおっしゃっていたんですが、このようなきれいな景観の水路があるというのは全国にもなかなかないということは、私もいろんな人たちから聞いているんです。かといって、同じように例えば繁華街の中に水路があるわけでもないし、そこにも適していないと思います。執行部のほうも先日、タイのランタンのほうを視察に行っていますよね。あれもほんとにアジアンチックな雰囲気をもたらした与那原の水路の景観には合っているなと私は思うんです。あとは雰囲気づくりと、生態系をここで復活させることができれば、ほんとに全国で一番の観光スポットの水路になると私は思っているんです。先ほども城間議員からもありましたとおり、なぜ、ここが汚れているかというのも原因はある程度明確になっていると思うんです。山からの土砂だったり、生活用水、そういったものが流れ込んできて、ヘドロなんかがたまったり、そこで私もずっとこの水路に関してはいろいろ調べていたんです。これは研究調査にちょっと加えてほしいんですけれども、例えば生活用水が流れる各家庭があるじゃないですか、各家庭の例えば洗濯機の生活用水だったり、食器を洗ったりする生活用水のパイプだったり、これもよくテレビでやっているんですけれども、鉄分が含まれたものがあって、それを置いておくだけで、そういった化学物質が分解されて流れてくるというところがあるんです。それを活用して、どこの県だったか、水路のヘドロがなくなったという事例などもありますので、そうすることによって、例えば各家庭にこれを2個なり、3個なり置くことによって、さっきも言っていましたよね、水路の出口が5つあるんですね。マンホール、土管みたいな。そこの1カ所の区域でもいいので、この区域のパイプにつながっている家庭に鉄分を置いてみて、そうすることによって、ここの水域がどれくらい生態系が復活したかとか、水質が変わったとか、そういう調査もどうせ3,000万円ですか、活用をするのであれば、ちょっと調べていただきたいなと思うんです。実際、事例も全国でありますので。以上です。



◎生活環境安全課長補佐(安仁屋勇希)

 ただいまの要望どうもありがとうございました。内部のほうで検討をさせていただきたいと思います。



◎まちづくり課長(比嘉義明)

 舩谷議員の御質疑にお答えいたします。概要資料の57ページ、観光地美化緑化きれいなまちづくり事業の第15節工事請負費1,000万円につきまして御説明します。本事業を進めるに当たりまして、町内に散策ルートというのを我々決めております。その散策ルートの範囲内の中で植栽工事、美化工事を進めてきております。前年度の事例で申し上げますと沿岸線など、あと上の森公園の斜面地などに植栽美化工事を行っております。次年度の1,000万円につきましては、現在水路沿いに遊歩道、与持橋からゆめなり橋まで遊歩道を整備しておりますので、ここに先ほど申し上げましたコンクリートのプランターをセットして、低木、花の咲く低木類を置きたいなというふうに考えております。また、それ以外には街路樹が枯れている箇所等の植栽の増加と、また高木の周辺に花の咲く低木なりを植えていきたいなというふうに考えております。次年度は東浜地区をメインとして整備を進めていきたいというふうに考えております。続きまして、概要書の59ページ、与原公園整備事業の第13節の委託費50万円です。これは与原公園の拡張を検討しております。要望として多くの町民の方から野球場なり、サッカー場をつくっていただきたいということで要望が多々上がっております。その概略的な設計をここでまずは行って、どれぐらいの工事費用がかかる、どれぐらいの規模のサッカー場なり、野球場なりがつくることが可能かということで、概略設計をやりたいということで予算を計上しております。以上です。



◎生活環境安全課長補佐(安仁屋勇希)

 済みません。答弁漏れがございました。説明資料の47ページ、4款2項1目の清掃事務運営事業の委託費の減額の理由ということですが、平成28年度一般廃棄物処理基本計画の委託費562万7,000円を組んでおります。これが今年度完了するということでの減額となっております。以上です。



◆我謝孟範議員

 1点だけお尋ねしたいと思います。ただいまの予算案が総務費の中の庁舎建設検討事業委託料、44ページにありますが、これは475万2,000円、端数まで出されているわけなんですが、端数まで出されているということは、この額を出した根拠はどうなのか。この点お尋ねをしたいと思います。



◎総務課長(城間秀盛)

 ただいまの質疑にお答えいたします。庁舎建設検討事業ということで、委託料ですね。この中に3つの委託業務を予定しております。まず、1点目が庁舎整備事業手法、これは民活でいくのか、あるいは単独工事でいくのかという手法の検討です。それから個別管理計画策定業務、今年度公共施設等の総合管理計画を立てているのですが、それに伴う庁舎本体の個別管理計画、これを策定しようと思っております。それから業務継続計画、これはBCP策定業務と言うのですが、災害が起こった場合に仮にこの庁舎が被災をして、災害後の役場の業務をどこでやるかという計画を策するというふうに考えております。この3つの事業で475万2,000円という事業費立てをしております。個別管理計画とBCP策定、なぜそれをやるかというと、熊本県の大震災を受けて、国の新たな起債事業がありまして、市町村役場機能緊急保全起債事業ということで、これが4年間の期間で、その事業が行われるということで、それに該当させるために個別計画とBCP計画、この2点の策定がないと、その起債業務に応募ができないということで緊急的にこの業務を行って計画を策定していくというふうに考えております。ですから民活を活用した整備をしていくのか、あるいは起債業務で庁舎を建設していくのかという基本的な方向性を、この業務の中で決めていきたいということでございます。以上です。



◆我謝孟範議員

 国からの助成が4年間で検討がなされ、耐震であるわけなんですが、例えば額が出されて、結果が出て、その後はどういう段取りになるのですか。と申しますのは、例えば役場があって、福祉センターがあって、福祉センターと役場の間は大きな落差があるわけなんですが、その落差もあって、ひび割れもしていて、これからまた調査に入るのか。それともまた、この範疇でとどまるのかどうか。これからまた南風原町も新庁舎ができて、西原町も新庁舎ができているわけですから、そういう両町の建設の中の、いろんな流れ、そういうものも加味した状況なのかどうかも含めて、それからまた住民からの意見とか、提案とか、そういうものも含めて、これからの調査に入るのか、これで終わるのか。その辺の流れがよくわからないわけですので、その辺を流れを説明していただきたいと思います。



◎総務課長(城間秀盛)

 再質疑にお答えします。現在、今年度において公共施設等の総合管理計画を策定していると先ほど申しましたが、その中で庁舎の建設の基本計画もあわせて現在策定を進めております。その業務の中で町民に対してのヒアリング調査もあわせてやっております。この結果を踏まえて、平成29年度に民活でやるのか、あるいは町単独でいくのか。それを取りまとめて、ある程度概略的な設計も終えた後に、仮に起債事業でいくのであれば、平成30年度に向けて起債の応募に準備をしていくと。平成30年度に当然実施設計を行っていかないと、平成32年度までの事業期間に完了しないわけですから、平成30年度において当然、建設検討委員会みたいなものを立ち上げて、その1年間の中で基本計画から実施設計までを終えて、平成31年度、平成32年度で建設を進めていくというふうなスケジュールを今のところは考えております。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時29分 休憩午後2時29分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎総務課長(城間秀盛)

 庁舎建設基本計画の中で、当然隣の福祉センター、あるいはひざしですね、それから庁舎向かい駐車だとか、斜面地も町有地が全てございますので、それを全てひっくるめた形で開発が可能かどうか、あるいは福祉センターをひっくるめた複合的な庁舎建設が可能なのかどうか。それも含めた上で検討を進めていきたいというふうに考えております。以上です。



○議長(識名盛紀)

 これで歳出に対する質疑を終わります。

 ただいま議題となっています議案第23号は、総務財政常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第2.議案第24号・平成29年度与那原町国民健康保険特別会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第24号



平成29年度与那原町国民健康保険特別会計予算

 平成29年度与那原町国民健康保険特別会計予算は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算)

第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,778,505千円と定める。

2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (一時借入金)

第2条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、300,000千円と定める。

 (歳出予算の流用)

第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

(1) 保険給付費の各項に計上された負担金、補助金及び交付金に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。




平成29年3月6日         与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────
第1表  歳  入  歳  出  予  算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 国 民 健 康 保 険 税  │                 │        329,182┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 国 民 健 康 保 険 税  │        329,182┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 一   部   負   担   金│                 │           4┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 一   部   負   担   金│           4┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 分 担 金 及 び 負 担 金│                 │           2┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 分      担      金│           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 負      担      金│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 使 用 料 及 び 手 数 料│                 │          597┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 手      数      料│          597┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 国   庫   支   出   金│                 │        885,155┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 国   庫   負   担   金│        542,823┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 国   庫   補   助   金│        342,332┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 療 養 給 付 費 等 交 付 金  │                 │        54,529┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 療 養 給 付 費 等 交 付 金  │        54,529┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 前 期 高 齢 者 交 付 金│                 │        186,908┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 前 期 高 齢 者 交 付 金│        186,908┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃8 県    支    出   金 │                 │        167,462┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 県    負    担    金 │        25,231┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 県    補    助    金 │        142,231┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃9 共 同 事 業 交 付 金  │                 │        756,075┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 共 同 事 業 交 付 金  │        756,075┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃10 財    産    収    入 │                 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 財  産  運  用  収  入  │           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃11 繰      入      金│                 │        397,217┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 他  会  計  繰  入  金  │        397,216┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 基   金   繰   入   金│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃12 繰      越      金│                 │           2┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      越      金│           2┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃13 諸      収      入│                 │         1,371┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 延滞金・加算金及び過料    │          655┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 預    金    利    子 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 雑             入│          715┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   入   合   計           │       2,778,505┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 総      務      費│                 │        63,927┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 総   務   管   理   費│        55,404┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 徴      税      費│          739┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 運  営  協  議  会  費  │          90┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 趣   旨   普   及   費│          437┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 国民健康保険特別対策事業費  │         7,257┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 保   険   給   付   費│                 │       1,476,211┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 療    養    諸    費 │       1,257,108┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 高   額   療   養   費│        201,832┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 移      送      費│           2┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 出    産    諸    費 │        16,809┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 葬      祭      費│          460┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 後 期 高 齢 者 支 援 金 等  │                 │        292,198┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 後 期 高 齢 者 支 援 金 等  │        292,198┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 前 期 高 齢 者 納 付 金 等  │                 │         1,099┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 前 期 高 齢 者 納 付 金 等  │         1,099┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 老 人 保 健 拠 出 金  │                 │          15┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 老 人 保 健 拠 出 金  │          15┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 介   護   納   付   金│                 │        133,131┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 介   護   納   付   金│        133,131┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 共 同 事 業 拠 出 金  │                 │        771,543┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 共 同 事 業 拠 出 金  │        771,543┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃8 保   健   事   業   費│                 │        28,572┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 特 定 健 康 診 査 等 事 業 費 │        20,641┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 保   健   事   業   費│         7,931┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃9 基   金   積   立   金│                 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 基   金   積   立   金│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃10 公      債      費│                 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 公      債      費│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃11 諸    支    出    金 │                 │         1,698┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金 │         1,698┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃13 予      備      費│                 │        10,109┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 予      備      費│        10,109┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   出   合   計           │       2,778,505┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第24号・平成29年度与那原町国民健康保険特別会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成29年度の国民健康保険特別会計予算の総額は2,778,505千円となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 平成29年度与那原町国民健康保険特別会計予算を提案するに当たり、その概要を御説明いたします。平成29年度本会計における歳入歳出予算総額は、それぞれ2,778,505千円で、主に医療費の減により、対前年度比0.4%の減となっております。

 それでは歳入から順に御説明いたします。

第1款 国民健康保険税は、329,182千円で、その内訳は第1項第1目一般被保険者国民健康保険税で322,926千円、第2目退職被保険者国民健康保険税で6,256千円となっております。

第2款 一部負担金は4千円で、それぞれ費目存置となっております。

第3款 分担金及び負担金は2千円で、それぞれ費目存置となっております。

第4款 使用料及び手数料は597千円で、主に督促手数料となっております。

第5款 国庫支出金は885,155千円で、その内訳は第1項国庫負担金で542,823千円、第2項国庫補助金342,332千円となっております。

第6款 療養給付費等交付金は、54,529千円となっております。

第7款 前期高齢者交付金は、186,908千円となっております。

第8款 県支出金は167,462千円で、その内訳は、第1項県負担金で25,231千円、第2項県補助金で142,231千円となっております。

第9款 共同事業交付金は756,075千円となっております。

第10款 財産収入は1千円で、費目存置となっております。

第11款 繰入金は397,217千円で、主に他会計繰入金となっております。

第12款 繰越金は2千円で、それぞれ費目存置となっております。

第13款 諸収入は1,371千円で、その内訳は第1項延滞金・加算金及び過料で655千円、第2項預金利子で1千円、第5項雑入で715千円となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

第1款 総務費は63,927千円で、その内訳は、第1項総務管理費で55,404千円、第2項徴税費で739千円、第3項運営協議会費で90千円、第4項趣旨普及費で437千円、第5項国民健康保険特別対策事業費で7,257千円となっております。

第2款 保険給付費では、1,476,211千円を計上しております。その内訳は、第1項療養諸費で1,257,108千円、第2項高額療養費で201,832千円、第3項移送費で2千円、第4項出産諸費で16,809千円、第5項葬祭費で460千円となっております。

第3款 後期高齢者支援金等は292,198千円となっております。

第4款 前期高齢者納付金等は1,099千円となっております。

第5款 老人保健拠出金は15千円となっております。

第6款 介護納付金は133,131千円となっております。

第7款 共同事業拠出金は771,543千円となっております。

第8款 保健事業費は28,572千円で、その内訳は、第1項特定健康診査等事業費で20,641千円、第2項保健事業費で7,931千円となっております。

第9款 基金積立金は1千円で、費目存置となっております。

第10款 公債費は1千円で、費目存置となっております。

第11款 諸支出金は1,698千円となっております。

第13款 予備費は10,109千円を計上しております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。



◆我謝孟範議員

 歳入の一般会計からの繰入金9,900万円、約1億円減額になっているのですが、当初予算の補正で1億4,000万円残って返すというふうに課長が答弁をなさっていたのですが、これは赤字になったら一般会計からの繰り入れを行うのか。それとも常時、国保は厳しい財政運営だからということで、もう毎年度一般会計からの繰り入れをやるという前提のもとに入れられると思うのですが、私が前議会で一般質問をしたときに課長は、次年度からは市町村の窓口は県になりますから、その際に一般会計からの繰り入れはできないのではないかということで私は質問をしたんですが、課長は今のところそういうことはないということで答弁をなされているのですが、次年度からは県が窓口になってしまうわけですから、一般会計からの繰り入れの際は、一体全体どういうことになるのか。これは避けて通れない問題ですから、その件と。もし仮に国が認めなければ制裁すると、ペナルティーを課すと、一般会計からは繰り入れてはならないという、そういう方針になった場合、じゃあどうするかということが出てくるわけですから、3月から皆さんは県と調整をしていくということに答弁なさっています。もう3月ですから。その件も踏まえて、一般会計からの繰り入れの果たす役割は今後どうなっていくのか。その点をお尋ねしたいと思います。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 ただいまの我謝猛範議員の御質疑にお答えいたします。その他繰り入れ、赤字の補填分の繰り入れということで、一般会計から平成29年度2億円繰り入れを予算で計上させていただいております。それにつきましては広域化された後にどうなっていくかということですけれども、現状では今のところまだ我謝議員が懸念されているようなことはなくて、繰り入れをやってはいけないというような通知とか、そういったお話もまだ、こちらのほうにはありませんので、そういうことはないであろうというふうに考えております。こちらのほうから県のほうには税収、税で収入を得た分とか、そういったものをそのまま県のほうに納めるという形になりますけれども、3月中には県のほうからその金額等が、概算が示されるという予定だったんですけれども、かなり国のほうの試算のほうがおくれていまして、係数等がまだ県のほうに来ないということで、その試算がいまだにできていないようです。なので全国市町村どちらにもその数字がまだ行っていないということになっておりまして、これが来るのが10月ごろになるのではないかと。この試算ができるのが10月ごろになるのではないかということで、今お話がありますので、その辺については一日も早く数字をいただかないと、平成30年度どれだけ県のほうに負担をすればいいのかということがわかりませんので、これは全県挙げて、早目にこの数値を出してくれということで要望をしているところでございます。今後この赤字の負担につきましては、前回のときにもお話をしたかと思うんですけれども、沖縄の場合には戦後処理の一環として前期高齢者問題があるということで、どうしても今の制度、国のつくっていった制度である程度は赤字額が減額はされると思いますけれども、完全に赤字を解消するということには絶対至らないというふうな試算も出ておりますので、前期高齢者問題については今後もしっかり国のほうに訴えていきたいというふうに思っております。以上でございます。



◆我謝孟範議員

 しかし、今のところ国からの達しがないと。10月ぐらいにしか概要がわからないだろうという国待ちではありますが、国は何らかの情報は出しているんです。認めないと。そうであればじゃあどうするのかと。備えなければいけないと思うのですが、備えのためには、今年度は6,000万円で賄ったと。一般会計から2億円入って、6,000万円で賄ったと。1億4,000万円はお返しをしますということになっているのですが、これは基金に万が一に備えて、基金に入れていたほうが私はいいのではないかと思うんです。国保の基金に。課長はまさか国がそういうやり方をとらないだろうと思っていても、もし、万が一にそれが意に図らなかった場合は、意に反した場合は混乱するわけです。そのときどうするのですかということです。財政担当課にお尋ねしますが、1億4,000万円は次年度の予算に反映されているのか。それともそのまま決算が終わるまでは、そのままの凍結、1億4,000万円はなされているのかどうか。それをお尋ねしたいと思います。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時44分 休憩午後2時45分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎財政課長(上原謙)

 我謝議員の御質疑にお答えいたします。一般会計のほうですね、その他繰出金ということで国保のほうに、当初予算で3億円予算を組んでおりました。今回の補正で1億4,000万円戻すということで、実質は1億6,000万円、国保会計に出すという形になっております。減額しまして1億4,000万円につきましては、一般会計のほうに戻していただくんですが、一般会計のほうがまだ2億円余り予算上はマイナスという形になっていますので、この1億4,000万円を戻しても、あと6,000万円ぐらい収支では赤になっているという形になっておりますので、一旦、一般会計のほうで受けて終わりだということになります。以上です。



◆我謝孟範議員

 まだ予算もちゃんと締めていないのに、この1億4,000万円はとっくに次年度の一般会計に組み込まれて、それでも厳しいと。皆さんは5,000万円、ある程度は浮くからということで新たな予算もつくっていますよね。これはちょっといいんですかね。要するに国保はまだ締めていないわけですね。ただ予算が通って、これは返しますよと、まだ返していないんですよ。置いてあるんです、国保に。そうでしょう、決算まだ通っていないんだから。それを皆さんは通っていないにもかかわらず、この1億4,000万円は当たり前のごとく一般会計に組み入れて、次年度予算に計上して、さまざまな予算を組んだということに聞こえるわけなんです。要するに国保が国の言うとおりに、もし仮になった場合、一般会計からの繰り入れはだめですよと。被保険者のみで全額出してくださいといったら、国保財政は大変な問題になると思います。そのときどうするのかということも出てきますので、そこら辺、国保はまだ締めていないわけですから、そこら辺も踏まえて検討なされていただきたいと。これはどう転ぶかわからないわけですから、そこを心配しているんです。財政課は余っているから、これは次年度でうまく活用しようというのは、これはわかります。しかし、万が一国が言うように、一般会計から繰り入れは御法度ですよと、ペナルティーを課しますよということになったら、できないわけですから、その前に基金に積み立てていたら、何らかの手だてができるわけですが、国保課長、もし仮に次年度から県の移行になって3億円が入らなかったとする、一般会計から。自腹を切らないといけないと、国保は。被保険者の皆さんは何割、仮に計算されたことあります。ちゃんと言われているわけですから、何割負担をするのかという。これもちゃんと示して、財政と話し合って、万が一こうなった場合大変だということで、ほんとははじき出して対処をすべきだと思うのですが、はじき出しています、これは。3億円が入ってこなければ国保財政の被保険者がこうむる負担はこうなりますと、いうことぐらいはじき出すのが普通ではないですか、備えて。はじき出していますか。そうであれば、はじき出して財政の担当と直談判をして、こうなったら大変だということでちゃんと突き合わせていかなければならないと。財政は財政でいろんな課を抱えているわけですから、そこに予算を分配しなければいけない。国保の会計がもたもたしていると、とんでもないことになるのではないかなと思うのですが、その辺も踏まえてちゃんと対応をしてほしいと思うのですが、どうなんですか。



◎財政課長(上原謙)

 我謝議員の再質疑にお答えいたします。先ほど私の予算の戻す説明が荒くて、もう一度、御説明をしたいと思います。当初予算で3億円の予算を計上しまして、今回の補正で1億4,000万円減額という形になっておりますが、この原資は財政調整基金から取り崩して予算化しております。今回1億4,000万円減額になった分は、この財調に戻すということで、平成29年度ではなくて平成28年度の予算として財調に戻すというところになっております。以上です。

 財調に戻すだけですね。予算を1億4,000万円減にしておりますが、この分の原資は財政調整基金を取り崩して充てていますので、それを戻すという形になります。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時52分 休憩午後2時53分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 我謝猛範議員の再質疑にお答えいたします。現在、国民健康保険税、大体3億2,000万円程度毎年入ってきておりますので、それからいたしますと平成27年度の決算で言えば1億9,500万円、約2億円、その他繰り入れ、赤字補填をしていただいておりますので、平成27年度で言えば約60%以上の税収を上げないといけないと。平成28年度については先ほどの補正で1億6,000万円になりましたので、それを考えると約50%程度上げなければ賄えないということになりますので、この数字としては私としては不可能な数字だと思っておりますので、今後も我謝議員が懸念されているようなことが絶対ないように、しっかり補正をしていきたいというふうに思っております。以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時54分 休憩午後2時54分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 今申し上げましたとおり、平成27年度ベースで見れば6割以上の負担増と。平成28年度、今年度の決算見込みでは5割以上の負担増になるであろうということが懸念されますので、これに備えるということでございますけれども、先ほども何度も申し上げていますけれども、一般会計からの繰り入れは認めないということを私ども聞いておりませんので、その件についての備えと言われましても、なかなか難しいものがございまして、今の段階で先ほども我謝議員が提案していたような形で一般会計からその他繰り入れ、余った分をそのまま基金に積み立てるということについても、少しまた財政課とも町長、副町長ともしっかり相談をさせていただきたいと思います。国のほうから正式にそういった通知が来れば、即対応ということに間違いなくなるとは思うんですけれども、現時点でその通知もお話もない時点で、基金に積み立てるということについては少し相談をさせていただきたいと思います。以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時56分 休憩午後3時01分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第24号は、総務財政常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後3時02分 休憩午後3時12分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 日程第3.議案第25号・平成29年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第25号



平成29年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算

 平成29年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算)

第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ126,281千円と定める。

2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は「第1表 歳入歳出予算」による。

 (歳出予算の流用)

第2条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

(1) 各項の予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。




平成29年3月6日         与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────第1表  歳  入  歳  出  予  算


 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 │                 │        89,038┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 │        89,038┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 使 用 料 及 び 手 数 料│                 │          40┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 手      数      料│          40┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 寄      附      金│                 │           2┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 寄      附      金│           2┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 繰      入      金│                 │        36,698┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 一 般 会 計 繰 入 金  │        36,698┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 繰      越      金│                 │          304┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      越      金│          304┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 諸      収      入│                 │          199┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 延 滞 金、加 算 金 及 び 過 料│          30┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金 │          166┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 預    金    利    子 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 雑             入│           2┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   入   合   計           │        126,281┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 総      務      費│                 │         5,560┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 総   務   管   理   費│         5,328┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 徴      収      費│          232┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 後期高齢者医療広域連合納付金 │                 │        120,206┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 後期高齢者医療広域連合納付金 │        120,206┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 諸    支    出    金 │                 │          168┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金 │          167┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 繰      出      金│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 予      備      費│                 │          347┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 予      備      費│          347┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   出   合   計           │        126,281┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第25号・平成29年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成29年度の後期高齢者医療特別会計予算の総額は126,281千円となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 それでは平成29年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算を提案するに当たり、その概要を御説明いたします。平成29年度本会計における歳入歳出予算総額は、それぞれ126,281千円で、対前年度比2.7%の増となっております。

 それでは歳入より順に御説明いたします。

第1款 後期高齢者医療保険料は、89,038千円となっております。

第2款 使用料及び手数料は40千円となっております。

第3款 寄附金は2千円となっております。

第4款 繰入金は36,698千円となっております。

第5款 繰越金は、304千円となっております。

第6款 諸収入は、199千円となっております。その内訳は、第1項延滞金・加算金及び過料で30千円、第2項償還金及び還付加算金で166千円、第3項預金利子で1千円、第4項雑入で2千円となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

第1款 総務費は5,560千円となっております。その内訳は、第1項総務管理費で5,328千円、第2項徴収費で232千円となっております。

第2款 後期高齢者医療広域連合納付金は、120,206千円となっております。

第3款 諸支出金は168千円となっております。その内訳は、第1項償還金及び還付加算金で167千円、第2項繰出金で1千円となっております。

第4款 予備費は347千円となっております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第25号は、総務財政常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日程第4.議案第26号・平成29年度与那原町公共下水道事業特別会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第26号



平成29年度与那原町公共下水道事業特別会計予算

 平成29年度与那原町公共下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算)

第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ509,278千円と定める。

2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (地方債)

第2条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。

 (一時借入金)

第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、250,000千円と定める。

 (歳出予算の流用)

第4条 地方自治法第220条第2項のただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

(1) 各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。




平成29年3月6日         与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────第1表  歳  入  歳  出  予  算


 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 使 用 料 及 び 手 数 料│                 │        79,373┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 使      用      料│        79,300┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 手      数      料│          73┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 国   庫   支   出   金│                 │        27,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 国   庫   補   助   金│        27,000┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 繰      入      金│                 │        185,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 一 般 会 計 繰 入 金  │        185,000┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 繰      越      金│                 │         3,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      越      金│         3,000┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 諸      収      入│                 │         3,005┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 町   預   金   利   子│           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 雑             入│         3,001┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 延滞金、加算金及び過料    │           3┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 町             債│                 │        105,900┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 町             債│        105,900┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 県    支    出    金 │                 │        106,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 県    補    助    金 │        106,000┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   入   合   計           │        509,278┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 公  共  下  水  道  費  │                 │        337,855┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 公  共  下  水  道  費  │        337,855┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 公      債      費│                 │        171,402┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 公      債      費│        171,402┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 予      備      費│                 │          21┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 予      備      費│          21┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   出   合   計           │        509,278┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────第2表  地    方    債
                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃  起 債 の 目 的  │ 限度額 │   起債の方法   │  利  率  │  償 還 の 方 法  ┃
┠───────────┼────┼───────────┼───────┼───────────┨
┃           │    │(借入方法)     │ 年5%以内。│ 償還期間、据置期間等┃
┃           │    │ 証書借入又は証券発行│但し、利率見直│については、特別の融資┃
┃           │    │による。発行価格が額面│し方式で借入れ│条件のあるものを除き、┃
┃           │    │金額を下回るときは、そ│る政府資金及び│据置期間を含め40年以内┃
┃           │    │の発行差額をうめるた │地方公共団体金│とする。       ┃
┃           │    │め、必要な金額をこれに│融機構資金につ│ 償還方法は、元金均等┃
┃           │    │加算した金額とすること│いて、利率の見│又は、元利均等による。┃
┃下水道整備事業債   │ 97,200│ができる。      │直しを行った後│ 但し、財政の都合によ┃
┃           │    │(借入時期)     │においては、当│り、据置期間及び償還期┃
┃           │    │ 平成29年度。    │該見直し後の利│間を短縮し、もしくは、┃
┃           │    │但し、事業その他の都合│率。     │繰上償還又は低利に借換┃
┃           │    │により、その一部又は全│       │えすることができる。 ┃
┃           │    │部を繰り延べ起債するこ│       │           ┃
┃           │    │とができる。     │       │           ┃
┠───────────┼────┼───────────┼───────┼───────────┨
┃流域下水道建設負担金債│  8,700│  同 上      │  同 上  │  同 上      ┃
┠───────────┼────┼───────────┼───────┼───────────┨
┃      計     │ 105,900│           │       │           ┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第26号・平成29年度与那原町公共下水道事業特別会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成29年度の公共下水道事業特別会計予算の総額は509,278千円となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎上下水道課長(大城哲)

 議案第26号・平成29年度与那原町公共下水道事業特別会計予算について、概要を御説明申し上げます。

 本町の平成28年12月末における公共下水道事業(汚水事業)の進捗状況は、整備率で約71%、人口普及率で約80%、接続率(水洗化率)は人口比率で約73%、世帯数比率で約71%となっております。

 今年度の予算総額は、歳入歳出ともそれぞれ509,278千円となっており、その主な事業箇所は、汚水事業として、与原、板良敷及び当添地区での汚水管布設工事、雨水事業が江口地区の物件調査を予定しております。

 歳入について御説明いたします。

第1款 使用料及び手数料は、79,373千円で、その主な内訳は、第1項使用料の下水道使用料79,300千円、第2項手数料で73千円となっております。

第2款 国庫支出金は、下水道事業補助金27,000千円となっております。

第3款 繰入金は、一般会計繰入金185,000千円となっております。

第4款 繰越金は、前年度繰越金3,000千円となっております。

第5款 諸収入は、3,005千円で、その主な内訳は、第2項雑入で消費税の還付金3,000千円となっております。

第6款 町債は、105,900千円で、その内訳は、第1目下水道整備事業債97,200千円、第2目流域下水道建設負担金債8,700千円となっております。

第7款 県支出金は、下水道事業補助金106,000千円となっております。

 歳出を御説明いたします。

第1款 公共下水道費は、337,855千円で、その内訳としては、第1目一般管理費で421千円、第2目維持管理費で66,622千円となっており、その主な内訳は、第13節委託料7,150千円、第19節中城湾南部流域下水道維持管理負担金56,400千円となっております。第3目下水道整備費は、270,812千円で、その主な内訳は、給料、職員手当、共済費及び賃金で24,532千円、第13節委託料67,235千円、第15節工事請負費140,000千円、第17節公有財産購入費5,000千円、第19節負担金補助及び交付金の中城湾南部流域下水道建設負担金8,724千円、第22節補償補填及び賠償金の水道管切り回し等の補償費5,000千円、家屋等補償費13,800千円となっております。

第2款 公債費は、171,402千円で、その内訳は、第1目元金償還金121,200千円、第2目利子償還金50,202千円となっております。

第3款 予備費は、21千円となっております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第26号は、建設文教常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第5.議案第27号・平成29年度与那原町水道事業会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第27号



平成29年度与那原町水道事業会計予算(案)

 地方公営企業法第24条第2項の規定により、別紙のとおり平成29年度与那原町水道事業会計予算(案)を提出し、議会の議決を求めます。



  平成29年3月6日提出

与那原町長 古 堅 國 雄

─────────────────────────────────────────平成29年度与那原町水道事業会計予算


 (総 則)
第1条 平成29年度与那原町水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。
 (業務の予定量)
第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。
 (1)給水件数                                7,558 件
 (2)年間給水量                             1,877,000 m3
 (3)1日平均給水量                             5,200 m3
 (4)主要な建設改良事業
    イ 配水管等整備事業                         90,704 千円
 (収益的収入及び支出)
第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。
                    収     入
 第1款 水道事業収益                           451,273 千円
  第1項 営 業 収 益                         426,726 千円
  第2項 営 業 外 収 益                          24,544 千円
  第3項 特 別 利 益                            3 千円
                    支     出
 第1款 水道事業費用                           432,613 千円
  第1項 営 業 費 用                         417,032 千円
  第2項 営 業 外 費 用                          10,245 千円
  第3項 特 別 損 失                           336 千円
  第4項 予  備  費                          5,000 千円
 (資本的収入及び支出)
第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額90,309千円は、過年度分損益勘定留保資金40,309千円、建設改良積立金40,000千円及び減債積立金10,000千円をもって補填するものとする。)
                    収     入
 第1款 資本的収入                             20,504 千円
  第1項 企  業  債                            1 千円
  第2項 国 庫 補 助 金                          19,000 千円
  第3項 他会計補助金                             1 千円
  第4項 他会計出資金                             1 千円
  第5項 他会計負担金                           1,501 千円
                    支     出
 第1款 資本的支出                            110,813 千円
  第1項 建 設 改 良 費                          91,916 千円
  第2項 企業債償還金                           18,896 千円
  第3項 国庫補助返還金                            1 千円
 (債務負担行為)
第5条 債務負担行為をすることができる事項、期間及び限度額は、次のとおりと定める。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃         事    項         │    期   間    │  限 度 額  ┃
┠───────────────────────┼─────────────┼─────────┨
┃ ? 公営企業会計・水道料金システム賃借料等 │ 平成29年度〜平成33年度 │  19,970千円  ┃
┠───────────────────────┼─────────────┼─────────┨
┃ ? コピー機賃借料             │ 平成25年度〜平成29年度 │   1,260千円  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛
 (一時借入金)
第6条 一時借入金の限度額は、30,000千円と定める。
 (議会の議決を経なければ流用することのできない経費)
第7条 次に掲げる経費については、その経費の金額を、それ以外の経費の金額に流用し、又はそれ以外の経費をその経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。
 (1)職 員 給 与 費                            24,731 千円
 (2)交  際  費                              1 千円
 (たな卸資産購入限度額)
第9条 たな卸資産の購入限度額は、5,000千円と定める。

  平成29年3月6日提出
与那原町長 古 堅 國 雄
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第27号・平成29年度与那原町水道事業会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成29年度の水道事業会計予算の総額は543,426千円の規模となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎上下水道課長(大城哲)

 平成29年度与那原町水道事業会計予算(案)を提案するに当たり、その概要を御説明申し上げます。

 平成29年度における主な水道事業といたしましては、板良敷地内において送水管、上与那原地内での配水管の布設替えによる耐震化工事を行います。また、国道与那原バイパスの事業進捗に伴い、側道部において配水管の布設工事を行います。その他、漏水調査業務により漏水の早期発見に努め、発生した漏水箇所の迅速な修理工事を行うとともに、水質検査業務で徹底した水質管理による安心・安全な水の安定的な供給を目指します。

 今後も、水道施設の計画的な整備と日常的な保守管理に十分に配慮し、健全な財政の維持・事業経営の効率化を基本方針に、信頼性の高い水道事業を継続してまいります。

 業務の予定量は、当年度給水件数7,558件、年間給水量1,877,000m3、一日平均給水量で約5,200m3を予定しております。

 第3条 収益的収入及び支出について

 収入といたしましては、第1款水道事業収益で451,273千円を予定し、第1項営業収益は426,726千円で、その内訳として、第1目給水収益413,200千円、第2目受託工事収益4,751千円、第3目その他営業収益8,775千円を予定しております。

 第2項営業外収益は24,544千円で、その内訳として、第1目受取利息200千円、第2目他会計補助金120千円、第3目他会計負担金792千円、第4目雑収益117千円、第5目消費税還付金1千円、第6目長期前受金戻入23,314千円となっております。第3項特別利益は3千円で、第1目固定資産売却益1千円、第2目過年度損益修正益1千円、退職給付引当金戻入1千円であります。

 支出といたしましては、第1款水道事業費用で432,613千円を予定し、第1項営業費用は417,032千円で、その内訳として、第1目受水費は230,000千円で浄水購入費であります。第2目総係費は62,605千円、第3目業務費は70,048千円となっております。第4目減価償却費は53,563千円、第5目資産減耗費は800千円、第6目その他営業費用で16千円を予定しております。第2項営業外費用は10,245千円で、その内訳として、第1目支払利息4,743千円、第2目雑支出は2千円、第3目消費税は5,500千円を見込んでおります。第3項特別損失は336千円、第4項予備費は5,000千円を予定しております。

 第4条 資本的収入及び支出について

 収入といたしましては、第1款資本的収入で20,504千円を予定し、その内訳は、第1項企業債1千円、第2項国庫補助金19,000千円で、第3項他会計補助金、第4項他会計出資金はそれぞれ費目存置、第5項他会計負担金で1,5001千円を予定しております。

 支出といたしましては、第1款資本的支出で110,813千円を予定し、第1項建設改良費は91,916千円で、その内訳として、第1目配水施設費90,704千円、第2目営業設備費1,209千円となり、第3目施設買収費、第4目車両購入費及び第5目その他構築物は費目存置となっております。第2項企業債償還金は18,896千円を予定しております。第3項国庫補助返還金は費目存置となっております。

 資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額90,309千円は、過年度分損益勘定留保資金40,309千円、及び建設改良積立金40,000千円、減債積立金10,000千円をもって補てんする予定であります。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、収入支出一括して行います。質疑を許します。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第27号は、建設文教常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 以上で本日の日程は、全部終了しました。

 本日は、これで散会します。

 次回の会議は追って通知いたします。御苦労さまでした。

午後3時32分 散会