議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 与那原町

平成28年9月第3回定例会 09月13日−02号




平成28年9月第3回定例会 − 09月13日−02号







平成28年9月第3回定例会




┌───────────────────────────────────────────────┐
│                                               │
│ 平成28年                                          │
│                与那原町議会定例会会議録(第2号)              │
│ 第 3 回                                          │
│               平成28年9月13日(火曜日)   午前10時01分開議        │
│                                               │
└───────────────────────────────────────────────┘




[議 事 日 程  第2号]

 平成28年9月13日(火曜日)

 午前10時00分開議


日程第1.認定第1号 平成27年度与那原町一般会計歳入歳出決算の認定について
日程第2.認定第2号 平成27年度与那原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第3.認定第3号 平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第4.認定第4号 平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第5.認定第5号 平成27年度与那原町水道事業会計決算の認定について
日程第6.議案第46号 平成27年度与那原町水道事業会計の決算に伴う剰余金の処分について
─────────────────────────────────────────
[本日の会議に付した事件]
日程第1.認定第1号 平成27年度与那原町一般会計歳入歳出決算の認定について
日程第2.認定第2号 平成27年度与那原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第3.認定第3号 平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第4.認定第4号 平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第5.認定第5号 平成27年度与那原町水道事業会計決算の認定について
日程第6.議案第46号 平成27年度与那原町水道事業会計の決算に伴う剰余金の処分について
─────────────────────────────────────────
[出 席 議 員(13名)]
1番  識 名 盛 紀 議員          8番  喜屋武 一 彦 議員
2番  舩 谷 政 喜 議員          9番  田 中 直 子 議員
3番  山 口   修 議員          10番  津 波   弘 議員
4番  松 長 康 二 議員          12番  我 謝 孟 範 議員
5番  比 嘉 徳 雄 議員          13番  仲 里   司 議員
6番  上江洲 安 昌 議員          14番  城 間 盛 光 議員
7番  当 真   聡 議員                        
─────────────────────────────────────────
[欠 席 議 員(1名)]
                        11番  上 原   晃 議員
─────────────────────────────────────────
[職務のため議場に出席した事務局職員の職、氏名]
事 務 局 長   照 屋   基         主     任   照 屋 朝 也
主     任   齋 藤 美 枝                          
─────────────────────────────────────────
[説明のため出席した者の職、氏名]
町     長   古 堅 國 雄         教  育  長   當 山   健
副  町  長   照 屋   勉         学校教育課長    岡     剛
総 務 課 長   城 間 秀 盛         生涯学習振興    宮 平 律 子
                          課    長           
財 政 課 長   上 原   謙         福 祉 課 長   宮 城 きよみ
出 納 室 長   辺土名   彬         住 民 課 長   上 原 宏 章
企画政策課長    石 川   毅         健康保険課長    新 垣 政 孝
観光商工課長    上 原 丈 二         税 務 課 長   仲 里 武 徳
農林水産課長    新 里   健         子育て支援課長   伊 集 京 美
まちづくり課長   比 嘉 義 明         生活環境安全    比 嘉 哲 也
                          課    長           
上下水道課長    大 城   哲                          
─────────────────────────────────────────




○議長(識名盛紀)

 これから本日の会議を開きます。

午前10時01分 開議

─────────────────────────────────────────



○議長(識名盛紀)

 この際、申し上げます。決算の日程に入る前に、平成27年度工事完成箇所の視察を行いたいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 異議なしと認めます。これより工事完成箇所の視察を行います。

 暫時休憩します。


午前10時01分 休憩午後1時30分 再開




○議長(識名盛紀)

 再開します。

 日程第1.認定第1号・平成27年度与那原町一般会計歳入歳出決算の認定についてを議題とします。

 本件について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△認定第1号



平成27年度与那原町一般会計歳入歳出決算の認定について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第233条第3項の規定により、平成27年度与那原町一般会計歳入歳出決算について、監査委員の意見を付けて議会の認定に付する。



  平成28年9月12日提出

与那原町長 古 堅 國 雄

─────────────────────────────────────────平成27年度与那原町一般会計歳入歳出決算概要説明書

 平成27年度の事業執行につきましては、町議会をはじめ町民皆様方のご理解とご協力をいただき諸事業が滞りなく進捗したことに心から感謝申し上げます。

 それでは、平成27年度与那原町一般会計歳入歳出決算について、その概要をご説明いたします。

1.平成27年度一般会計歳入歳出決算の状況は、[表1]のとおりとなっています。

 その概要は、歳入総額7,496,910,073円に対し、歳出総額7,227,238,240円、歳入歳出差引額が269,671,833円となり、翌年度繰越額46,775,000円を差し引いた実質収支額は222,896,833円となっています。

 そのうち、地方自治法第233条の2の規定による基金繰入額が112,896,833円とし、残額110,000,000円を平成28年度へ繰越額として処理しました。
[表1]一般会計決算の状況                          単位:円
 ┌───────────────────┬─────────────────────┐
 │       区   分       │        金   額        │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │1.歳入総額             │        7,496,910,073       │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │2.歳出総額             │        7,227,238,240       │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │3.歳入歳出差引額(1−2)     │         269,671,833       │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │4.翌年度へ繰り越すべき財源     │         46,775,000       │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │5.実質収支額(3−4)       │         222,896,833       │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │6.基金繰入額(法233の2)      │         112,896,833       │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │7.平成28年度への繰越額(5−6)  │         110,000,000       │
 └───────────────────┴─────────────────────┘

2.次に、款別歳入決算の状況について御説明いたします。
 歳入決算の状況は、[表2]のとおりとなっています。
 収入済額合計は7,496,910千円で、対予算収納率は91.2%、対調定収納率は99.4%となっています。
 収入における対調定収納率が100%未満の主なものは次のとおりです。
 第1款・町税は予算現額1,521,731千円、調定額1,579,585千円、収入済額1,557,753千円、収入未済額20,166千円で、収納率は対調定98.6%となっています。
 第12款・分担金及び負担金は、予算現額133,874千円、調定額142,586千円、収入済額132,894千円、収入未済額9,583千円で、収納率は対調定93.2%となっています。
 第13款・使用料及び手数料は、予算現額63,805千円、調定額67,195千円、収入済額66,847千円、収入未済額349千円で、収納率は対調定で99.5%となっています。
 第20款・諸収入は、予算額264,429千円、調定額245,789千円、収入済額231,779千円、収入未済額12,703千円で、収納率は対調定94.3%となっています。

[表2]歳入の状況                                      単位:千円、%
┌─────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┬─────┬─────────┐
│             │     │     │     │ 不  納 │ 収  入 │  収納率(%)  │
│      款      │ 予算現額 │ 調 定 額 │ 収入済額 │ 欠 損 額 │ 未 済 額 ├────┬────┤
│             │     │     │     │     │     │ 対予算 │ 対調定 │
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼────┤
│1 町税         │ 1,521,731│ 1,579,585│ 1,557,753│   1,698│  20,166│  102.4│  98.6│
│2 地方譲与税      │  32,199│  33,864│  33,864│     0│     0│  105.2│  100.0│
│3 利子割交付金     │   2,445│   2,305│   2,305│     0│     0│  94.3│  100.0│
│4 配当割交付金     │   4,736│   4,642│   4,642│     0│     0│  98.0│  100.0│
│5 株式等譲渡所得割交付金│   3,819│   3,775│   3,775│     0│     0│  98.8│  100.0│
│6 地方消費税交付金   │  256,461│  259,461│  259,461│     0│     0│  100.0│  100.0│
│7 ゴルフ場利用税交付金 │   1,737│   1,683│   1,683│     0│     0│  96.9│  100.0│
│8 自動車取得税交付金  │   6,124│   5,933│   5,933│     0│     0│  96.9│  100.0│
│9 地方特例交付金    │  10,755│  10,755│  10,755│     0│     0│  100.0│  100.0│
│10 地方交付税      │ 1,889,508│ 1,889,508│ 1,889,508│     0│     0│  100.0│  100.0│
│11 交通安全対策特例交付金│   2,700│   2,500│   2,500│     0│     0│  92.6│  100.0│
│12 分担金及び負担金   │  133,874│  142,586│  132,894│    109│   9,583│  99.3│  93.2│
└─────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┴─────┴────┴────┘

┌─────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┬─────┬─────────┐
│             │     │     │     │ 不  納 │ 収  入 │  収納率(%)  │
│      款      │ 予算現額 │ 調 定 額 │ 収入済額 │ 欠 損 額 │ 未 済 額 ├────┬────┤
│             │     │     │     │     │     │ 対予算 │ 対調定 │
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼────┤
│13 使用料及び手数料   │  63,805│  67,195│  66,847│     0│    349│  104.8│  99.5│
│14 国庫支出金      │ 1,100,781│  973,255│  973,255│     0│     0│  88.4│  100.0│
│15 県支出金       │ 2,231,493│ 1,724,421│ 1,724,421│     0│     0│  77.3│  100.0│
│16 財産収入       │   6,212│   6,598│   6,598│     0│     0│  106.2│  100.0│
│17 寄附金        │   9,097│   9,021│   9,021│     0│     0│  99.2│  100.0│
│18 繰入金        │   1,258│    316│    316│     0│     0│  25.1│  100.0│
│19 繰越金        │  231,988│  231,988│  231,988│     0│     0│  100.0│  100.0│
│20 諸収入        │  264,429│  245,789│  231,779│   1,314│  12,703│  87.7│  94.3│
│21 町債         │  446,312│  347,612│  347,612│     0│     0│  77.9│  100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼────┤
│     合 計     │ 8,224,464│ 7,542,792│ 7,496,910│   3,120│  42,800│  91.2│  99.4│
└─────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┴─────┴────┴────┘
 次に、不納欠損額及び収入未済額の状況についてご説明いたします。
 不納欠損額及び収入未済額は[表3]のとおりとなっています。
 不納欠損額は、第1款・町税が231件、1,698千円、第12款・分担金及び負担金の保育料滞納繰越分が3件、109千円、第20款・諸収入の雑入で保育所主食費滞納繰越分が3件、7千円、学校給食費滞納繰越分が33件、1,307千円、合計で270件、3,121千円となっています。
 また、収入未済額の主なものは、第1款・町税が20,165千円、第12款・分担金及び負担金の保育所保育料が9,583千円、第13款・使用料及び手数料349千円、第20款・諸収入の保育所主食費が164千円、学校給食費で12,539千円、合計で42,800千円となっています。

[表3]不納欠損額及び収入未済額の主なもの                        (単位:千円、件)
┌─────────────────────────┬────────────┬──────────────┐
│                         │    不納欠損額    │              │
│          款 区 分          ├─────┬──────┤     収入未済額     │
│                         │  件数  │  金 額  │              │
├─────────────────────────┼─────┼──────┼──────────────┤
│1款 町税                    │    231│    1,698│           20,165│
│     町民税                 │    77│     833│            5,936│
│     固定資産税               │    94│     658│           12,988│
│     軽自動車税               │    60│     207│            1,241│
│12款 分担金及び交付金              │     3│     109│            9,583│
│     保育料現年分              │     0│    2,749│              │
│     保育料滞納分              │     3│     109│            6,834│
│13款 使用料及び手数料              │     0│      0│             349│
│     町営住宅使用料             │     0│     105│              │
│     滞納繰越分               │     0│      0│              │
│     町営住宅駐車場使用料          │     0│     10│              │
│     幼稚園保育料              │     0│      2│              │
│     幼稚園預かり保育料           │     0│      5│              │

┌─────────────────────────┬────────────┬──────────────┐
│                         │    不納欠損額    │              │
│          款 区 分          ├─────┬──────┤     収入未済額     │
│                         │  件数  │  金 額  │              │
├─────────────────────────┼─────┼──────┼──────────────┤
│     幼稚園保育料滞納繰越分         │     0│     150│              │
│     預かり保育料滞納繰越分         │     0│     76│              │
│20款 諸収入                   │    36│    1,314│           12,703│
│     保育所主食費              │     3│      7│             164│
│     学校給食費現年分            │     0│    2,295│              │
│     学校給食費滞納分            │    33│    1,307│           10,244│
├─────────────────────────┼─────┼──────┼──────────────┤
│           合  計          │    270│    3,121│           42,800│
└─────────────────────────┴─────┴──────┴──────────────┘


 次に、款別歳入前年度比較について、ご説明いたします。

 款別歳入決算の前年度比較の状況は、[表4]のとおりとなっています。

 歳入の前年度比較においては△8.0%、649,908千円の減となりました。その内訳は、次のとおりです。

 第1款・町税は3.5%、52,009千円の増となっています。その内訳は、町民税で36,487千円の増、固定資産税が12,379千円の増、軽自動車税が2,732千円の増、市町村たばこ税411千円の増となっています。

 第2款・地方譲与税は、4.9%、1,575千円の増となっています。

 第3款・利子割交付金は、△12.0%、314千円の減となっています。

 第4款・配当割交付金は、17.5%、690千円の増となっています。

 第5款・株式等譲渡所得割交付金は、26.1%、782千円の増となっています。

 第6款・地方消費税交付金は、83.5%、118,044千円の増となっています。

 第7款・ゴルフ場利用税交付金は、2.7%、45千円の増となっています。

 第8款・自動車取得税交付金は、91.3%、2,831千円の増となっています。

 第9款・地方特例交付金は、0.6%、67千円の増となっています。

 第10款・地方交付税は、5.1%、92,539千円の増となっています。

 第11款・交通安全対策特別交付金は、8.2%、189千円の増となっています。

 第12款・分担金及び負担金は、0.2%、241千円の増となっています。

 第13款・使用料及び手数料は、8.0%、4,938千円の増となっています。

 第14款・国庫支出金は、△1.4%、13,750千円の減となっています。

 第15款・県支出金は、△19.3%、412,547千円の減となっています。

 第16款・財産収入は、65.8%、2,619千円の増となっています。

 第17款・寄附金は、200.2%、6,016千円の増となっています。

 第18款・繰入金は、△99.9%、429,323千円の減となっています。

 第19款・繰越金は、423.6%、187,679千円の増となっています。

 第20款・諸収入は、9.2%、19,531千円の増となっています。

 第21款・町債は、△44.9%、283,769千円の減となっています。
[表4]款別歳入前年度比較                            (単位:千円、%)
┌─────────────┬───────────┬───────────┬───────────┐
│             │   平成27年度   │   平成26年度   │    増 減    │
│      款      ├──────┬────┼──────┬────┼──────┬────┤
│             │  金 額  │ 構成比 │  金 額  │ 構成比 │  金 額  │ 増減率 │
├─────────────┼──────┼────┼──────┼────┼──────┼────┤
│1 町税         │  1,557,753│  20.8│  1,505,744│  18.5│   52,009│   3.5│
│2 地方譲与税      │   33,864│   0.5│   32,289│   0.4│    1,575│   4.9│
│3 利子割交付金     │    2,305│   0.0│    2,619│   0.0│   △ 314│ △ 12.0│
│4 配当割交付金     │    4,642│   0.1│    3,952│   0.0│     690│  17.5│
│5 株式等譲渡所得割交付金│    3,775│   0.1│    2,993│   0.0│     782│  26.1│
│6 地方消費税交付金   │   259,461│   3.5│   141,417│   1.7│   118,044│  83.5│
│7 ゴルフ場利用税交付金 │    1,683│   0.0│    1,638│   0.0│     45│   2.7│
│8 自動車取得税交付金  │    5,933│   0.1│    3,102│   0.0│    2,831│  91.3│
│9 地方特例交付金    │   10,755│   0.1│   10,688│   0.1│     67│   0.6│
│10 地方交付税      │  1,889,508│  25.2│  1,796,969│  22.1│   92,539│   5.1│
│11 交通安全対策特別交付金│    2,500│   0.0│    2,311│   0.0│     189│   8.2│
│12 分担金及び負担金   │   132,894│   1.8│   132,653│   1.6│     241│   0.2│
│13 使用料及び手数料   │   66,847│   0.9│   61,909│   0.8│    4,938│   8.0│
│14 国庫支出金      │   973,255│  13.0│   987,005│  12.1│  △ 13,750│ △ 1.4│
│15 県支出金       │  1,724,421│  23.0│  2,136,968│  26.2│ △ 412,547│ △ 19.3│
│16 財産収入       │    6,598│   0.1│    3,979│   0.0│    2,619│  65.8│
│17 寄附金        │    9,021│   0.1│    3,005│   0.0│    6,016│  200.2│
│18 繰入金        │     316│   0.0│   429,639│   5.3│ △ 429,323│ △ 99.9│
│19 繰越金        │   231,988│   3.1│   44,309│   0.5│   187,679│  423.6│
│20 諸収入        │   231,779│   3.1│   212,248│   2.6│   19,531│   9.2│
│21 町債         │   347,612│   4.6│   631,381│   7.8│ △ 283,769│ △ 44.9│
│     合  計    │  7,496,910│  100.0│  8,146,818│  100.0│ △ 649,908│ △ 8.0│
└─────────────┴──────┴────┴──────┴────┴──────┴────┘

3.次に、款別歳出決算の状況について御説明いたします。
 款別歳出決算の状況は、[表5]のとおりとなっています。
 予算現額8,224,464千円に対し、支出済額7,227,238千円、翌年度繰越額747,950千円を差し引いた不用額は、249,276千円となっています。執行率は全体で87.9%となっています。
 翌年度繰越額747,950千円の内訳は、第2款・総務費、総務管理費、電算事務運営事業で29,768千円、第3款・民生費、第1項・社会福祉費、低所得の高齢者向け臨時福祉給付金事業で50,999千円、児童福祉事務運営事業で670千円、法人保育園補助事業で184,751千円となっています。
 第6款・農林水産費、農業費、農業振興事務運営事業で5,400千円、第7款・商工費、商工費、地方創生加速化交付金事業で54,900千円、第8款・土木費、道路橋梁費276,049千円、板良敷大里線道路整備事業で31,408千円、都市計画費、与那原町ウォーターフロント整備事業(沖縄振興特別推進事業)で111,336千円となっています。
 第10款・教育費、社会教育費、「御新下り」関連整備事業で2,669千円となっています。
[表5]款別歳出決算の状況                            (単位:千円、%)
┌────────────────┬──────┬──────┬──────┬─────┬─────┐
│        款        │ 予算現額 │ 支出済額 │翌年度繰越額│ 不用額 │ 執行率 │
├────────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│1 議会費           │   101,473│   100,909│      0│    564│   99.4│
│2 総務費           │   825,208│   771,029│   29,768│  24,411│   93.4│
│3 民生費           │  3,206,388│  2,825,255│   236,420│  144,713│   88.1│
│4 衛生費           │   723,552│   693,519│      0│  30,033│   95.8│
│6 農林水産費         │   220,817│   212,860│    5,400│   2,557│   96.4│
│7 商工費           │   194,302│   132,749│   54,900│   6,653│   68.3│
│8 土木費           │  1,394,739│   960,775│   418,793│  15,171│   68.9│
│9 消防費           │   216,159│   216,159│      0│     0│   100.0│
│10 教育費           │   814,172│   789,395│    2,669│  22,108│   97.0│
│12 公債費           │   524,599│   524,588│      0│    11│   100.0│
│14 予備費           │    3,055│      0│      0│   3,055│    0.0│
├────────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│     歳 出 合 計     │  8,224,464│  7,227,238│   747,950│  249,276│   87.9│
└────────────────┴──────┴──────┴──────┴─────┴─────┘


 次に、款別歳出決算前年度比較の状況について御説明いたします。

 款別歳出決算前年度比較の状況は、[表6]のとおりとなっています。

 各款別の前年度比較では、△6.5%、498,784千円の減となりました。その主な内容は、次のとおりです。

 第1款・議会費で△2.5%、2,600千円の減となっています。

 第2款・総務費で△62.4%、1,281,059千円の減となっています。その内訳は、第1項・総務管理費で△68.5%、1,296,387千円の減、第2項・徴税費で△10.7%、9,764千円の減、第3項・戸籍住民基本台帳費で65.6%、29,114千円の増、第4項・選挙費で△62.2%、9,749千円の減、第5項・統計調査費で88.6%、5,662千円の増、第6項・選挙費で5.4%、65千円の増となっています。

 第3款・民生費では17.3%、415,908千円の増となっています。その内訳は、第1項・社会福祉費で7.6%、91,775千円の増、第2項・児童福祉費で27.1%、324,034千円の増、第3項・災害救助費で227.3%、100千円の増となっています。

 第4款・衛生費で10.7%、66,941千円の増となっています。その内訳は、第1項・保健衛生費で10.2%、40,871千円の増、第2項・清掃費で11.6%、26,070千円の増となっています。

 第6款・農林水産費で520.4%、178,549千円の増となっています。その内訳は、第1項・農業費で△18.1%、4,493千円の減、第3項・水産業費で1941.3%、183,042千円の増となっています。

 第7款・商工費では△32.0%、62,546千円の減となっています。

 第8款・土木費では40.2%、275,589千円の増となっています。その内訳は、第1項・土木管理費で26.8%、3,811千円の増、第2項・道路橋梁費で87.5%、271,028千円の増、第4項・都市計画費で0.1%、199千円の増、第5項・住宅費で4.8%、551千円の増となっています。

 第9款・消防費は△1.4%、3,122千円の減となっています。

 第10款・教育費は△10.8%、95,106千円の減となっています。その内訳は、第1項・教育総務費で△25.5%、86,412千円の減、第2項・小学校費で△11.1%、14,066千円の減、第3項・中学校費で△2.5%、1,330千円の減、第4項・幼稚園費で△2.8%、2,488千円の減、第5項・社会教育費で11.9%、13,201千円の増、第6項・保健体育費で△2.4%、4,012千円の減となっています。

 第12款・公債費は、1.7%、8,662千円の増となっています。


[表6]款別歳出決算前年度比較                          (単位:千円、%)
┌─────────────┬───────────┬───────────┬───────────┐
│             │   平成27年度   │   平成26年度   │    増 減    │
│      款      ├──────┬────┼──────┬────┼──────┬────┤
│             │  金 額  │ 構成比 │  金 額  │ 構成比 │  金 額  │ 増減率 │
├─────────────┼──────┼────┼──────┼────┼──────┼────┤
│1 議会費        │   100,909│   1.4│   103,509│   1.3│  △ 2,600│ △ 2.5│
│2 総務費        │   771,029│  10.7│  2,052,088│  26.6│ △1,281,059│ △ 62.4│
│3 民生費        │  2,825,255│  39.1│  2,409,347│  31.2│   415,908│  17.3│
│4 衛生費        │   693,519│   9.6│   626,578│   8.1│   66,941│  10.7│
│6 農林水産費      │   212,860│   2.9│   34,311│   0.4│   178,549│  520.4│
│7 商工費        │   132,749│   1.8│   195,295│   2.5│  △ 62,546│ △ 32.0│
│8 土木費        │   960,775│  13.3│   685,186│   8.9│   275,589│  40.2│
│9 消防費        │   216,159│   3.0│   219,281│   2.8│  △ 3,122│ △ 1.4│
│10 教育費        │   789,395│  10.9│   884,501│  11.4│  △ 95,106│ △ 10.8│
│12 公債費        │   524,588│   7.3│   515,926│   6.7│    8,662│   1.7│
│14 予備費        │      0│   0.0│      0│   0.0│      0│   0.0│
├─────────────┼──────┼────┼──────┼────┼──────┼────┤
│   歳 出 合 計   │  7,227,238│  100.0│  7,726,022│  100.0│ △ 498,784│ △ 6.5│
└─────────────┴──────┴────┴──────┴────┴──────┴────┘

 次に、性質別決算前年度比較の状況についてご説明いたします。
 性質別決算前年度比較の状況は[表7]のとおりとなっています。
 義務的経費においては2.0%、63,975千円の増となっています。その内訳は、人件費が△2.4%、25,364千円の減、扶助費が5.1%、80,677千円の増、公債費が1.7%、8,662千円の増となっています。
 投資的経費においては、△54.2%、1,013,021千円の減となっています。その内訳は、補助事業が△51.4%、837,917千円の減、単独事業が△73.1%、175,106千円の減となっています。

[表7]性質別決算前年度比較                           (単位:千円、%)
┌─────────────┬───────────┬───────────┬───────────┐
│             │   平成27年度   │   平成26年度   │    増 減    │
│      款      ├──────┬────┼──────┬────┼──────┬────┤
│             │  金額  │ 構成比 │  金額  │ 構成比 │  金額  │ 増減率 │
├──────┬──────┼──────┼────┼──────┼────┼──────┼────┤
│      │  人件費  │  1,026,195│  14.2│  1,051,559│  13.6│  △ 25,364│ △ 2.4│
│ 義務的経費 │  扶助費  │  1,651,191│  22.8│  1,570,514│  20.3│   80,677│   5.1│
│      │  公債費  │   524,588│   7.3│   515,926│   6.7│    8,662│   1.7│
│      │   計   │  3,201,974│  44.3│  3,137,999│  40.6│   63,975│   2.0│
├──────┼──────┼──────┼────┼──────┼────┼──────┼────┤
│      │ 補助事業 │   793,341│  11.0│  1,631,258│  21.1│ △ 837,917│ △ 51.4│
│ 投資的経費 │ 単独事業 │   64,312│   0.9│   239,418│   3.1│ △ 175,106│ △ 73.1│
│      │ 災害復旧 │      2│   0.0│      5│   0.0│    △ 3│ △ 60.0│
│      │   計   │   857,655│  11.9│  1,870,676│  24.2│ △1,013,021│ △ 54.2│
├──────┴──────┼──────┼────┼──────┼────┼──────┼────┤
│    その他の経費    │  3,167,609│  43.8│  2,717,347│  35.2│   450,262│  16.6│
├─────────────┼──────┼────┼──────┼────┼──────┼────┤
│     合  計     │  7,227,238│  100.0│  7,726,022│  100.0│ △ 498,784│ △ 6.5│
└─────────────┴──────┴────┴──────┴────┴──────┴────┘

[表8]平成27年度の主要事業                             (単位:千円)
┌──────────┬───────────────────┬──────┬───────┬───┐
│     款     │      事  業  名      │ 決 算 額 │  主 管 課  │単・補│
├──────────┼───────────────────┼──────┼───────┼───┤
│3款 民生費    │阿知利保育所5歳児保育室増設工事   │   16,395│子育て支援課 │ 補助 │
│4款 衛生費    │地球温暖化を防止するための循環型社会形│   64,641│農水環境安全課│ 補助 │
│          │成事業(街頭LED工事)       │      │       │   │
│7款 商工費    │軽便与那原駅舎外構工事        │   17,675│企画観光課  │ 補助 │
│8款 土木費    │板良敷大里線道路改良工事       │   19,569│まちづくり課 │ 補助 │
│8款 土木費    │港東浜線工事(繰越)         │   328,056│まちづくり課 │ 補助 │
│8款 土木費    │御殿山新島線工事(繰越)       │   68,180│まちづくり課 │ 補助 │
│8款 土木費    │与原8号線工事            │   11,188│まちづくり課 │ 補助 │
│8款 土木費    │御殿山与原線工事           │   29,754│まちづくり課 │ 補助 │
│8款 土木費    │ウォーターフロント整備事業      │   127,018│まちづくり課 │ 補助 │
└──────────┴───────────────────┴──────┴───────┴───┘
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 認定第1号・平成27年度与那原町一般会計歳入歳出決算の認定について提案理由を御説明申し上げます。本件は、地方自治法第233条第3項の規定により、監査委員の意見をつけて議会の認定をお願いするものでございます。

 概要説明書をお配りしてございますので御一読いただき、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、認定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております認定第1号は、総務財政常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第2.認定第2号・平成27年度与那原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について議題とします。

 本件について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△認定第2号



平成27年度与那原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第233条第3項の規定により、平成27年度与那原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について、監査委員の意見を付けて議会の認定に付する。

  平成28年9月12日提出

与那原町長 古 堅 國 雄

─────────────────────────────────────────平成27年度与那原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算概要説明

 認定第2号・平成27年度与那原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について、その概要を御説明いたします。

 平成27年度における国民健康保険加入者状況は、全人口18,862人に対し5,568人で、加入率29.5%(平成26年度:人口18,547人に対し、5,691人で加入率30.6%)、加入世帯状況は、全世帯7,544世帯に対し2,920世帯で、38.7%(平成26年度:7,337世帯に対し2,923世帯で39.8%)となっており、加入率は人口及び世帯で僅かに減少しています。

 被保険者の内訳としては、一般被保険者5,403人(平成26年度:5,466人)、退職被保険者165人(平成26年度:225人)となっています。

 国民健康保険税収納率については、現年度の収納率は、一般被保険者分で95.3%(平成26年度95.0%)と前年度より0.3ポイント増となっています。滞納分においては、19.1%(平成26年度17.9%)と前年より1.2ポイント増となっています。

 保険給付費の状況は、一般被保険者分が1,415,430,520円(平成26年度:1,274,207,523円)で前年度より11.1%の増、退職被保険者分が47,629,799円(平成26年度:69,136,530円)で前年度より31.1%の減となっております。

 審査支払手数料などを含めた保険給付費全体では1,483,208,872円(平成26年度:1,366,075,605円)、前年度より8.6%、117,133,267円の増となっています。



1.平成27年度国民健康保険特別会計歳入歳出決算収支の状況は、[表1]のとおりとなっています。

 歳入総額2,777,022,864円に対し、歳出総額は2,774,918,359円で、差引額は2,104,505円となっています。


 [表1]国民健康保険特別会計決算収支の状況                単位:円
 ┌──┬──────────────────┬──────────────────┐
 │  │      区    分      │      金    額      │
 ├──┼──────────────────┼──────────────────┤
 │ 1 │歳入総額              │       2,777,022,864     │
 ├──┼──────────────────┼──────────────────┤
 │ 2 │歳出総額              │       2,774,918,359     │
 ├──┼──────────────────┼──────────────────┤
 │ 3 │歳入歳出差引額           │         2,104,505     │
 ├──┼──────────────────┼──────────────────┤
 │ 4 │翌年度へ繰り越すべき財源      │             0     │
 ├──┼──────────────────┼──────────────────┤
 │ 5 │実質収支額             │         2,104,505     │
 ├──┼──────────────────┼──────────────────┤
 │ 6 │実質収支額のうち地方自治法第233条の │                  │
 │  │ 2の規定による基金繰入金      │                  │
 ├──┼──────────────────┼──────────────────┤
 │ 7 │実質収支のうち平成28年度への繰越金 │         2,104,505     │
 │  │(1)うち療養給付費交付金繰越金  │                  │
 │  │(2)うちその他繰越金       │                  │
 └──┴──────────────────┴──────────────────┘
2.款別歳入・歳出決算の状況は、[表2]のとおりとなっています。
 歳入の状況は、収入済合計額2,777,022,864円で、対予算収入率98.4%、対調定収入率は97.1%となっております。
 第1款国民健康保険税では、予算現額320,508,000円、調定額408,609,055円、収入済額327,332,126円で、収入率は、対予算額で102.1%、対調定額で80.1%となっております。収入未済額73,391,620円の内訳は、第1目一般被保険者国民健康保険税で72,527,986円、第2目退職被保険者国民健康保険税で863,634円、諸収入で2,359,017円によるものです。またその他、歳入の主なものは、第5款国庫支出金で896,410,299円、第6款療養給付費交付金で61,190,000円、第7款前期高齢者交付金で169,894,381円、第8款県支出金で167,135,091円、第9款共同事業交付金で749,681,141円、第11款繰入金で391,166,855円、第12款繰越金で2,676,008円、第13款諸収入で10,867,163円となっています。ちなみに、不納欠損は国民健康保険税131件で8,104,509円となっております。
 次に歳出の状況は、予算現額合計2,823,367,000円に対し、支出済額は2,774,918,359円、不用額は48,448,641円で、執行率は98.3%となっております。
 不用額の主な内訳は、第1款総務費で2,511,583円、第2款保険給付費で17,685,128円(うち主なものは、第1項療養諸費で13,329,736円、第2項高額療養費で2,783,580円、第4項出産諸費で1,569,812円)、第8款保健事業費で1,323,353円、第13款予備費で26,543,000円となっております。

 [表2]款別歳入・歳出決算の状況
 歳入                                                          単位:円、%
┌───────────┬───────┬───────┬───────┬──────┬──────┬──────┬─────────┐
│           │       │       │       │      │      │      │   収入率   │
│     款     │  予算現額  │  調定額  │  収入済額  │ 不納欠損額 │ 収入未済額 │ 還付未済額 ├────┬────┤
│           │       │       │       │      │      │      │ 対予算 │ 対調定 │
├─┬─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│1│国民健康保険税  │  320,508,000│  408,609,055│  327,332,126│  8,104,509│ 73,391,620│   219,200│  102.1│  80.1│
├─┼─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│2│一 部 負 担 金│     4,000│       0│       0│      0│      0│      0│   0.0│   0.0│
├─┼─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│3│分担金及び負担金 │     2,000│       0│       0│      0│      0│      0│   0.0│   0.0│
├─┼─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│4│使用料及び手数料 │    597,000│    669,800│    669,800│      0│      0│      0│  112.2│  100.0│
├─┼─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│5│国 庫 支 出 金│  857,379,000│  896,410,299│  896,410,299│      0│      0│      0│  104.6│  100.0│
├─┼─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│6│療養給付費交付金 │  61,191,000│  61,190,000│  61,190,000│      0│      0│      0│  100.0│  100.0│
├─┼─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│7│前期高齢者交付金 │  169,894,000│  169,894,381│  169,894,381│      0│      0│      0│  100.0│  100.0│
├─┼─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│8│県  支  出  金 │  155,058,000│  167,135,091│  167,135,091│      0│      0│      0│  107.8│  100.0│
├─┼─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│9│共同事業交付金  │  749,680,000│  749,681,141│  749,681,141│      0│      0│      0│  100.0│  100.0│
├─┼─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│10│財  産  収  入 │     1,000│       0│       0│      0│      0│      0│   0.0│   0.0│
├─┼─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│11│繰   入   金│  499,636,000│  391,166,855│  391,166,855│      0│      0│      0│  78.3│  100.0│
├─┼─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│12│繰   越   金│   2,677,000│   2,676,008│   2,676,008│      0│      0│      0│  100.0│   0.0│
├─┼─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│13│諸   収   入│   6,740,000│  13,226,180│  10,867,163│      0│  2,359,017│      0│  161.2│  82.2│
├─┴─────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼──────┼──────┼────┼────┤
│   合    計   │ 2,823,367,000│ 2,860,658,810│ 2,777,022,864│  8,104,509│ 75,750,637│   219,200│  98.4│  97.1│
└───────────┴───────┴───────┴───────┴──────┴──────┴──────┴────┴────┘


 歳出                                          単位:円、%
┌──┬─────────┬────────┬────────┬─────┬───────┬─────┐
│  │    款    │  予算現額  │  支出済額  │ 翌年度 │  不用額  │ 執行率 │
│  │         │        │        │ 繰越額 │       │     │
├──┼─────────┼────────┼────────┼─────┼───────┼─────┤
│ 1 │総   務   費│   58,614,000│   56,102,417│     0│   2,511,583│   95.7│
├──┼─────────┼────────┼────────┼─────┼───────┼─────┤
│ 2 │保 険 給 付 費│  1,500,894,000│  1,483,208,872│     0│  17,685,128│   98.8│
├──┼─────────┼────────┼────────┼─────┼───────┼─────┤
│ 3 │後期高齢者支援金等│   312,918,000│   312,916,970│     0│     1,030│   100.0│
├──┼─────────┼────────┼────────┼─────┼───────┼─────┤
│ 4 │前期高齢者納付金等│     226,000│     224,829│     0│     1,171│   99.5│
├──┼─────────┼────────┼────────┼─────┼───────┼─────┤
│ 5 │老人保健拠出金  │     11,000│      9,340│     0│     1,660│   84.9│
├──┼─────────┼────────┼────────┼─────┼───────┼─────┤
│ 6 │介 護 納 付 金│   130,685,000│   130,684,834│     0│      166│   100.0│
├──┼─────────┼────────┼────────┼─────┼───────┼─────┤
│ 7 │共同事業拠出金  │   718,445,000│   718,442,344│     0│     2,656│   100.0│
├──┼─────────┼────────┼────────┼─────┼───────┼─────┤
│ 8 │保 健 事 業 費│   26,522,000│   25,198,647│     0│   1,323,353│   95.0│
├──┼─────────┼────────┼────────┼─────┼───────┼─────┤
│ 9 │基 金 積 立 金│      1,000│        0│     0│     1,000│    0.0│
├──┼─────────┼────────┼────────┼─────┼───────┼─────┤
│ 10 │公   債   費│      1,000│        0│     0│     1,000│    0.0│
├──┼─────────┼────────┼────────┼─────┼───────┼─────┤
│ 11 │諸  支  出  金 │   48,507,000│   48,130,106│     0│    376,894│   99.2│
├──┼─────────┼────────┼────────┼─────┼───────┼─────┤
│ 13 │予   備   費│   26,543,000│        0│     0│  26,543,000│    0.0│
├──┴─────────┼────────┼────────┼─────┼───────┼─────┤
│    合  計    │  2,823,367,000│  2,774,918,359│     0│  48,448,641│   98.3│
└────────────┴────────┴────────┴─────┴───────┴─────┘

3.款別歳入・歳出決算前年度比較は、[表3]のとおりとなっています。
 歳入においては、第1款国民健康保険税で5,600,755円の減、第4款使用料及び手数料で26,000円の増、第5款国庫支出金で40,127,273円の増、第6款療養給付費交付金で82,994,361円の減、第7款前期高齢者交付金で35,170,238円の増、第8款県支出金で6,067,379円の減、第9款共同事業交付金で381,228,859円の増、第11款繰入金で95,587,288円の増、第12款繰越金で4,414,334円の減、第13款諸収入で3,526,418円の増となっています。
 歳入合計では19.7%、456,589,247円の増となっています。
 次に歳出においては、第1款総務費で5,682,299円の減、第2款保険給付費で117,133,267円の増、第3款後期高齢者支援金等で188,699円の減、第4款前期高齢者納付金等で27,380円の減、第5款老人保健拠出金は増減無し、第6款介護納付金では6,742,632円の減、第7款共同事業拠出金で332,567,618円の増、第8款保健事業費で562,383円の増、第11款諸支出金で19,538,492円の増となっています。
 歳出合計では19.7%、457,160,750円の増となっています。

 [表3]款別歳入・歳出決算前年度比較
 歳入                                          単位:円、%
┌──┬──────────┬─────────┬─────────┬─────────┬─────┐
│  │     款     │  27年度決算  │  26年度決算  │   増減額   │ 増減率 │
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 1 │国 民 健 康 保 険 税│    327,332,126│    332,932,881│   △ 5,600,755│  △ 1.7│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 2 │一 部 負 担 金 │         0│         0│         0│     │
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 3 │分担金及び負担金  │         0│         0│         0│     │
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 4 │使用料及び手数料  │      669,800│      643,800│      26,000│    4.0│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 5 │国 庫 支 出 金 │    896,410,299│    856,283,026│    40,127,273│    4.7│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 6 │療養給付費交付金  │    61,190,000│    144,184,361│   △ 82,994,361│  △ 57.6│
└──┴──────────┴─────────┴─────────┴─────────┴─────┘

┌──┬──────────┬─────────┬─────────┬─────────┬─────┐
│  │     款     │  27年度決算  │  26年度決算  │   増減額   │ 増減率 │
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 7 │前期高齢者納付金  │    169,894,381│    134,724,143│    35,170,238│   26.1│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 8 │県  支  出  金│    167,135,091│    173,202,470│   △ 6,067,379│  △ 3.5│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 9 │共 同 事 業 交 付 金│    749,681,141│    368,452,282│    381,228,859│   103.5│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 10 │財  産  収  入│         0│         0│         0│     │
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 11 │繰    入    金│    391,166,855│    295,579,597│    95,587,288│   32.3│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 12 │繰    越    金│     2,676,008│     7,090,342│   △ 4,414,334│  △ 62.3│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 13 │諸    収    入│    10,867,163│     7,340,745│     3,526,418│   48.0│
├──┴──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│    合   計    │   2,777,022,864│   2,320,433,617│    456,589,247│   19.7│
└─────────────┴─────────┴─────────┴─────────┴─────┘


 歳出                                         単位:円、%
┌──┬──────────┬─────────┬─────────┬─────────┬─────┐
│  │     款     │  27年度決算  │  26年度決算  │   増減額   │ 増減率 │
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 1 │総    務    費│    56,102,417│    61,784,716│   △ 5,682,299│  △ 9.2│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 2 │保 険 給 付 費 │   1,483,208,872│   1,366,075,605│    117,133,267│    8.6│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 3 │後期高齢者支援金等 │    312,916,970│    313,105,669│    △ 188,699│  △ 0.1│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 4 │前期高齢者納付金等 │      224,829│      252,209│     △ 27,380│  △ 10.9│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 5 │老 人 保 健 拠 出 金│       9,340│       9,340│         0│    0.0│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 6 │介 護 納 付 金 │    130,684,834│    137,427,466│   △ 6,742,632│  △ 4.9│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 7 │共 同 事 業 拠 出 金│    718,442,344│    385,874,726│    332,567,618│   86.2│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 8 │保 健 事 業 費 │    25,198,647│    24,636,264│      562,383│    2.3│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 9 │基 金 積 立 金 │         0│         0│         0│     │
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 10 │公    債    費│         0│         0│         0│     │
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 11 │諸  支  出  金│    48,130,106│    28,591,614│    19,538,492│   68.3│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 12 │繰 上 充 用 額 │         0│         0│         0│   皆減│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│ 13 │予    備    費│         0│         0│         0│    0.0│
├──┴──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────┤
│    合   計    │   2,774,918,359│   2,317,757,609│    457,160,750│   19.7│
└─────────────┴─────────┴─────────┴─────────┴─────┘
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 認定第2号・平成27年度与那原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について提案理由を御説明申し上げます。本件は、地方自治法第233条第3項の規定により、監査委員の意見をつけて議会の認定をお願いするものでございます。

 概要説明書をお配りしてございますので御一読いただき、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、認定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております認定第2号は、総務財政常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第3.認定第3号・平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題とします。

 本件について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△認定第3号



平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第233条第3項の規定により、平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について、監査委員の意見を付けて議会の認定に付する。



  平成28年9月12日提出

与那原町長 古 堅 國 雄

─────────────────────────────────────────平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算概要説明

 認定第3号・平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について、その概要を御説明いたします。

1、平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算収支の状況は、[表1]のとおりとなっています。

 歳入総額は119,705,540円に対し、歳出総額は119,325,417円で、差引額は380,123円となっております。


 [表1]後期高齢者医療特別会計決算収支の状況           単位:円
 ┌──┬────────────────┬────────────────┐
 │  │      区   分      │      金   額      │
 ├──┼────────────────┼────────────────┤
 │ 1 │歳入総額            │      119,705,540     │
 ├──┼────────────────┼────────────────┤
 │ 2 │歳出総額            │      119,325,417     │
 ├──┼────────────────┼────────────────┤
 │ 3 │歳入歳出差引額(1−2)    │        380,123     │
 ├──┼────────────────┼────────────────┤
 │ 4 │翌年度へ繰越すべき財源     │           0     │
 ├──┼────────────────┼────────────────┤
 │ 5 │実質収支額(3−4)      │        380,123     │
 └──┴────────────────┴────────────────┘
2、款別歳入・歳出決算の状況は、[表2]のとおりとなっています。
 歳入の状況は、収入合計額119,705,540円で、対予算収入率96.6%、対調定収入率は96.9%となっており、その内訳は、第1款後期高齢者保険料で82,082,094円、第2款使用料及び手数料で43,900円、第4款繰入金で36,785,414円、第5款繰越金で377,161円、第6款諸収入で416,971円となっています。
 次に歳出の状況は、予算現額122,918,000円で、うち支出済額は119,325,417円で、不用額は3,592,583円、執行率は97.1%となっています。
 不用額の主なものは、第2款後期高齢者広域連合納付金で2,774,418円となっています。
 [表2]款別歳入・歳出決算の状況
 歳 入                                         単位:円、%
┌──┬───────────┬───────┬───────┬───────┬───────────┐
│  │           │       │       │       │    収入率    │
│  │     款     │  予算現額  │  調定額  │  収入済額  ├─────┬─────┤
│  │           │       │       │       │ 対予算 │ 対調定 │
├──┼───────────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│ 1 │後期高齢者保険料   │  84,986,000│  84,725,467│  82,082,094│   96.6│   96.9│
├──┼───────────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│ 2 │使用料及び手数料   │    32,000│    43,900│    43,900│   137.2│   100.0│
├──┼───────────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│ 3 │寄    附    金│     2,000│       0│       0│    0.0│    0.0│
├──┼───────────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│ 4 │繰    入    金│  36,958,000│  36,785,414│  36,785,414│   99.5│   100.0│
├──┼───────────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│ 5 │繰    越    金│    377,000│    377,161│    377,161│   100.0│   100.0│
├──┼───────────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│ 6 │諸    収    入│    563,000│    416,971│    416,971│   74.1│   100.0│
├──┼───────────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│  │   合   計   │  122,918,000│  122,348,913│  119,705,540│   97.4│   97.8│
└──┴───────────┴───────┴───────┴───────┴─────┴─────┘


 歳 出                                         単位:円、%
┌──┬────────────┬───────┬───────┬─────┬──────┬─────┐
│  │      款      │  予算現額  │  支出済額  │ 翌年度 │  不用額  │ 執行率 │
│  │            │       │       │ 繰越額 │      │     │
├──┼────────────┼───────┼───────┼─────┼──────┼─────┤
│ 1 │総     務     費│   6,417,000│   6,244,828│     0│   172,172│   97.3│
├──┼────────────┼───────┼───────┼─────┼──────┼─────┤
│ 2 │後期高齢者広域連合納付金│  115,539,000│  112,764,582│     0│  2,774,418│   97.6│
├──┼────────────┼───────┼───────┼─────┼──────┼─────┤
│ 3 │諸   支   出   金 │    673,000│    316,007│     0│   356,993│   47.0│
├──┼────────────┼───────┼───────┼─────┼──────┼─────┤
│ 4 │予     備     費│    289,000│       0│     0│   289,000│    0.0│
├──┴────────────┼───────┼───────┼─────┼──────┼─────┤
│      合  計      │  122,918,000│  119,325,417│     0│  3,592,583│   97.1│
└───────────────┴───────┴───────┴─────┴──────┴─────┘

3、款別歳入・歳出決算前年度比較は、[表3]のとおりとなっています。
 歳入においては、前年度と比較して、第1款保険料で1,831,674円の増、第2款使用料及び手数料で4,500円の増、第4款繰入金で3,280,679円の増、第5款繰越金で179,561円の減、第6款諸収入で415,653円の増、歳入合計では5,352,945円、4.7%の増となっています。
 次に、歳出においては、第1款総務費で1,707,582円の増、第2款後期高齢者広域連合納付金で3,497,464円の増、第3款諸支出金で144,937円の増、歳出合計では5,349,983円、4.7%の増となっています。

 [表3]款別歳入・歳出決算前年度比較
 歳入                                          単位:円、%
┌──┬──────────┬─────────┬─────────┬─────────┬──────┐
│  │     款     │  27年度決算  │  26年度決算  │   増減額   │  増減率  │
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼──────┤
│ 1 │後期高齢者保険料  │    82,082,094│    80,250,420│     1,831,674│     2.3│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼──────┤
│ 2 │使用料及び手数料  │      43,900│      39,400│       4,500│    11.4│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼──────┤
│ 3 │寄    附    金│         0│         0│         0│     0.0│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼──────┤
│ 4 │繰    入    金│    36,785,414│    33,504,735│     3,280,679│     9.8│
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼──────┤
│ 5 │繰    越    金│      377,161│      556,722│    △ 179,561│   △ 32.3│
└──┴──────────┴─────────┴─────────┴─────────┴──────┘

┌──┬──────────┬─────────┬─────────┬─────────┬──────┐
│  │     款     │  27年度決算  │  26年度決算  │   増減額   │  増減率  │
├──┼──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼──────┤
│ 6 │諸    収    入│      416,971│       1,318│      415,653│   31536.6│
├──┴──────────┼─────────┼─────────┼─────────┼──────┤
│    合   計    │    119,705,540│    114,352,595│     5,352,945│     4.7│
└─────────────┴─────────┴─────────┴─────────┴──────┘


 歳出                                           単位:円、%
┌──┬────────────┬─────────┬─────────┬───────┬──────┐
│  │     款       │  27年度決算  │  26年度決算  │  増減額  │  増減率  │
├──┼────────────┼─────────┼─────────┼───────┼──────┤
│ 1 │総     務     費│     6,244,828│     4,537,246│   1,707,582│    37.6│
├──┼────────────┼─────────┼─────────┼───────┼──────┤
│ 2 │後期高齢者広域連合納付金│    112,764,582│    109,267,118│   3,497,464│     3.2│
├──┼────────────┼─────────┼─────────┼───────┼──────┤
│ 3 │諸   支   出   金 │      316,007│      171,070│    144,937│    84.7│
├──┼────────────┼─────────┼─────────┼───────┼──────┤
│ 4 │予     備     費│         0│         0│       0│     0.0│
├──┴────────────┼─────────┼─────────┼───────┼──────┤
│     合   計     │    119,325,417│    113,975,434│   5,349,983│     4.7│
└───────────────┴─────────┴─────────┴───────┴──────┘
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 認定第3号・平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について提案理由を御説明申し上げます。本件は、地方自治法第233条第3項の規定により、監査委員の意見をつけて議会の認定をお願いするものでございます。

 概要説明書をお配りしてございますので御一読いただき、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、認定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております認定第3号は、総務財政常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第4.認定第4号・平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題とします。

 本件について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△認定第4号



平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第233条第3項の規定により、平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算について、監査委員の意見を付けて議会の認定に付する。



  平成28年9月12日提出

与那原町長 古 堅 國 雄

─────────────────────────────────────────平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計決算概要説明

 本町の公共下水道事業は、平成8年度に事業を着手し、平成14年6月に一部の地域で供用開始され、順調に事業が進捗しております。

 平成28年3月末現在の下水道の整備面積は209.0ha(平成26年度末200.5ha)、下水道整備率は71.1%(平成26年度末68.2%)、使用可能人口は14,925人(平成26年度末14,356人)で、接続人数は10,569人(平成26年度末10,569人)、接続率は70.8%(平成26年度末70.1%)となっています。


  与那原町公共下水道の現状
 ┌──────────┬───────┬───────┬───────┬───────┐
 │          │  27年度末  │  26年度末  │  増 減  │ 増減率(%) │
 ├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
 │下水道整備面積(ha)│     209.0│     200.5│      8.5│      4.2│
 ├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
 │下水道整備率 (%)│     71.1│     68.2│      2.9│      4.3│
 ├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
 │使用可能人口 (人)│    14,925│    14,356│      569│      4.0│
 ├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
 │接続人口   (人)│    10,569│    10,063│      506│      5.0│
 ├──────────┼───────┼───────┼───────┼───────┤
 │接続率    (%)│     70.8│     70.1│      0.7│      1.0│
 └──────────┴───────┴───────┴───────┴───────┘

1.平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算収支の状況は、[表1]のとおりとなっています。
 歳入総額599,349千円に対し、歳出総額は585,216千円で、差引額は14,133千円で、実質収支額は14,133千円となっています。
[表1]公共下水道事業特別会計決算収支の状況                (単位:千円)
 ┌────────────────────┬─────────────────────┐
 │        区   分        │        金   額        │
 ├────────────────────┼─────────────────────┤
 │1.歳入総額              │              599,349    │
 ├────────────────────┼─────────────────────┤
 │2.歳出総額              │              585,216    │
 ├────────────────────┼─────────────────────┤
 │3.歳入歳出差引額(1−2)      │              14,133    │
 ├────────────────────┼─────────────────────┤
 │4.翌年度へ繰越すべき財源       │                 0    │
 ├────────────────────┼─────────────────────┤
 │5.実質収支額(3−4)        │              14,133    │
 └────────────────────┴─────────────────────┘
2.次に款別歳入・歳出決算の状況についてご説明いたします。
 款別歳入・歳出決算の状況は、[表2]のとおりとなっています。
 歳入の状況は、収入済合計額599,349千円、対予算収入率は101.3%、対調定収入率は99.7%となっています。収入未済額は、第1款第1項第1目の使用料及び手数料の下水道使用料で、調定件数1,239件、1,755千円の調定額となっております。第1款第1項第1目の下水道使用料の調定件数は45,233件で、78,952千円の調定額となっています。
 次に歳出の状況でありますが、歳出予算現額591,571千円で、うち支出済額は585,216千円、不用額6,355千円で、執行率は98.9%となっています。
 不用額の主なものは、第1款第1項第2目の維持管理費で1,841千円、第1款第1項第3目の下水道整備費で2,871千円となっております。
[表2]款別歳入・歳出決算状況
 歳 入                                              (単位:千円)
┌───────────┬───────┬───────┬───────┬───────┬───────────┐
│           │       │       │       │       │   収入率(%)   │
│     款     │  予算現額  │  調定額  │  収入済額  │ 収入未済額 ├─────┬─────┤
│           │       │       │       │       │ 対予算 │ 対調定 │
├───────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│1.使用料及び手数料 │    70,085│    78,952│    77,181│     1,755│   110.1│   97.8│
├───────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│2.国庫支出金    │    42,000│    42,000│    42,000│       0│   100.0│   100.0│
├───────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│3.繰入金      │    172,900│    172,900│    172,900│       0│   100.0│   100.0│
├───────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│4.繰越金      │    10,379│    10,379│    10,379│       0│   100.0│   100.0│
├───────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│5.諸収入      │     5,007│     5,689│     5,689│       0│   113.6│   100.0│
├───────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│6.町債       │    147,200│    147,200│    147,200│       0│   100.0│   100.0│
├───────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│7.県支出金     │    144,000│    144,000│    144,000│       0│   100.0│   100.0│
├───────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼─────┼─────┤
│   合   計   │    591,571│    601,120│    599,349│     1,755│   101.3│   99.7│
└───────────┴───────┴───────┴───────┴───────┴─────┴─────┘


 歳 出                                              (単位:千円)
┌───────────┬────────┬────────┬───────┬────────┬────────┐
│     款     │  予算現額  │  支出済額  │ 翌年度繰越金 │  不用額   │  執行率(%)  │
├───────────┼────────┼────────┼───────┼────────┼────────┤
│1.公共下水道費   │     431,509│     426,704│       0│      4,805│      98.9│
├───────────┼────────┼────────┼───────┼────────┼────────┤
│2.公債費      │     160,002│     158,512│       0│      1,490│      99.1│
├───────────┼────────┼────────┼───────┼────────┼────────┤
│3.予備費      │       60│        0│       0│       60│       0.0│
├───────────┼────────┼────────┼───────┼────────┼────────┤
│   合   計   │     591,571│     585,216│       0│      6,355│      98.9│
└───────────┴────────┴────────┴───────┴────────┴────────┘

3.次に款別歳入・歳出前年度比較について御説明いたします。
 款別歳入・歳出前年度比較は、[表3]のとおりとなっております。
 歳入における前年度比較の概要は、第1款使用料及び手数料において、下水道接続件数等の増加で5.5%、4,024千円の増となっております。
 第2款国庫支出金においては社会資本整備総合交付金における雨水事業が36.9%の減、24,600千円の減となっております。
 第3款繰入金は、2.2%、3,700千円の増となっております。
 第4款繰越金は、31.0%、4,663千円の減、第5款諸収入は、99.1%の増、2,831千円の増。
 第6款町債は、2.5%の増、3,600千円の増となっています。
 第7款県支出金においては沖縄振興公共投資交付金が14.8%、18,600千円の増。
 歳入合計では、0.6%、3,492千円の増となっております。
 次に歳出における前年度比較の概要は、第1款公共下水道費において、第1項第3目の下水道整備費等で1.5%の減、6,655千円の減となっております。第2款公債費は、元利償還金の増加により、4.2%、6,393千円の増となっております。
 歳出合計では、0.0%、262千円の減となっております。
[表3]款別歳入・歳出前年度比較
 歳 入                                      (単位:千円)
┌────────────────┬───────┬───────┬───────┬──────┐
│        款        │ 27年度決算 │ 26年度決算 │  増減額  │ 増減率(%) │
├────────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┤
│1.使用料及び手数料      │    77,181│    73,157│     4,024│     5.5│
├────────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┤
│2.国庫支出金         │    42,000│    66,600│   △ 24,600│   △ 36.9│
├────────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┤
│3.繰入金           │    172,900│    169,200│     3,700│     2.2│
├────────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┤
│4.繰越金           │    10,379│    15,042│   △ 4,663│   △ 31.0│
├────────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┤
│5.諸収入           │     5,689│     2,858│     2,831│    99.1│
├────────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┤
│6.町債            │    147,200│    143,600│     3,600│     2.5│
├────────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┤
│7.県支出金          │    144,000│    125,400│    18,600│    14.8│
├────────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┤
│     合   計      │    599,349│    595,857│     3,492│     0.6│
└────────────────┴───────┴───────┴───────┴──────┘


 歳 出                                      (単位:千円)
┌────────────────┬───────┬───────┬───────┬──────┐
│        款        │ 27年度決算 │ 26年度決算 │  増減額  │ 増減率(%) │
├────────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┤
│1.公共下水道費        │    426,704│    433,359│   △ 6,655│   △ 1.5│
├────────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┤
│2.公債費           │    158,512│    152,119│     6,393│     4.2│
├────────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┤
│3.予備費           │       0│       0│       0│     0.0│
├────────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┤
│      合   計      │    585,216│    585,478│    △ 262│     0.0│
└────────────────┴───────┴───────┴───────┴──────┘


4.平成27年度公共下水道事業特別会計予算での主な事業は、[表4]のとおりとなっております。
[表4]平成27年度公共下水道の主な事業                       (単位:千円)
┌────────────────────────────────┬──────────────┐
│            事   業   名            │    金    額    │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│[工 事]                           │              │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│1.大見武地内雨水管布設工事                  │      61,452     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│2.与原地内汚水管布設工事(その2)              │      29,700     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│3.板良敷地内汚水管布設工事(その2)             │      31,320     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│4.与原地内汚水管布設工事(その1)              │      82,566     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│5.板良敷地内汚水管布設工事(その1)             │      37,368     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│6.与原地内取付管布設工事                   │       1,404     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│7.与原・港地内汚水管布設工事                 │      11,685     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│                                │              │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│                                │              │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│[業務委託]                          │              │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│1.与那原町公共下水道現場技術業務委託             │      12,204     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│2.与那原町汚水処理施設整備構想見直し業務委託         │       4,752     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│3.与原地内磁気探査業務委託                  │       5,616     │
└────────────────────────────────┴──────────────┘

┌────────────────────────────────┬──────────────┐
│            事   業   名            │    金    額    │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│4.板良敷地内磁器探査業務委託                 │       7,624     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│5.与那原町公共下水道汚水管設計業務委託(板良敷処理分区)   │       9,828     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│6.大見武地内磁器探査業務委託                 │       5,065     │
│                                │              │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│7.上与那原地内雨水管基本設計業務委託             │       2,376     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│                                │              │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│                                │              │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│[補償費]                           │              │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│1.支障水道管移設工事補償業務(汚水事業分)          │       5,434     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│2.支障電気通信線路移転工事補償業務(汚水事業分)       │        706     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│3.支障電気通信線路移転工事補償業務(雨水事業分)       │        311     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│4.支障電線路等移設工事補償業務(雨水事業分)         │        878     │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│                                │              │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│                                │              │
├────────────────────────────────┼──────────────┤
│                                │              │
└────────────────────────────────┴──────────────┘

5.平成27年度公共下水道事業特別会計の歳入に対する歳出の財源内訳は、[表5]のとおりとなっております。
[表5]平成27年度公共下水道事業特別会計の歳入に対する歳出の財源内訳         (単位:円)
┌───────────────────────┬───────────────────────┐
│         歳   入         │         歳   出         │
├───────────────┬───────┼───────────────┬───────┤
│       款       │  金 額  │     款 項 目     │  金 額  │
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│               │       │1.1.2. 維持管理費   │  59,190,789│
│               │       ├───────────────┼───────┤
│1. 使用料及び手数料    │  77,181,478│2.1.1. 元 金     │  17,990,689│
│               │       ├───────────────┼───────┤
│               │       │           計   │  77,181,478│
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│2. 国庫支出金       │  42,000,000│1.1.3. 下水道整備費  │  42,000,000│
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│               │       │1.1.1. 一般管理費   │    373,880│
│               │       ├───────────────┼───────┤
│               │       │1.1.3. 下水道整備費  │   1,050,529│
│               │       ├───────────────┼───────┤
│3. 繰 入 金       │  172,900,000│2.1.1. 元 金     │  117,632,513│
│               │       ├───────────────┼───────┤
│               │       │2.1.2. 利 子     │  53,843,078│
│               │       ├───────────────┼───────┤
│               │       │           計   │  172,900,000│
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│4. 繰 越 金       │  10,379,397│2.1.1. 元 金     │ △ 3,754,154│
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│5. 諸 収 入       │   5,688,683│2.1.1. 元 金     │   5,688,683│
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│6. 町   債       │  147,200,000│1.1.3. 下水道整備費  │  147,200,000│
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│7. 県支出金        │  144,000,000│1.1.3. 下水道整備費  │  144,000,000│
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│      合  計      │  599,349,558│      合  計      │  585,216,007│
└───────────────┴───────┴───────────────┴───────┘

6.平成27年度公共下水道事業特別会計の歳出に対する歳入の財源内訳は、[表6]のとおりとなっております。
[表6]平成27年度公共下水道事業特別会計の歳出に対する歳入の財源内訳         (単位:円)
┌───────────────────────┬───────────────────────┐
│         歳   出         │         歳   入         │
├───────────────┬───────┼───────────────┬───────┤
│     款 項 目     │  金 額  │       款       │  金 額  │
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│1.1.1  一般管理費   │    373,880│3. 繰入金         │    373,880│
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│1.1.2. 維持管理費   │  59,190,789│1. 使用料及び手数料    │  77,181,478│
│2.1.1. 元 金     │  17,990,689│               │       │
│          計    │  77,181,478│               │       │
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│1.1.3. 下水道整備費  │  334,250,529│2. 国庫支出金       │  42,000,000│
│               │       │3. 繰入金         │   1,050,529│
│               │       │6. 町 債         │  147,200,000│
│               │       │7. 県支出金        │  144,000,000│
│               │       │         計     │  334,250,529│
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│2.1.1. 元 金     │  119,567,042│3. 繰入金         │  117,632,513│
│               │       │4. 繰越金         │  10,379,397│
│               │       │5. 諸収入         │   5,688,683│
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│2.1.1. 利 子     │  53,843,078│3. 繰入金         │  53,843,078│
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│               │       │               │       │
├───────────────┼───────┼───────────────┼───────┤
│      合  計      │  585,216,007│      合  計      │  599,349,558│
└───────────────┴───────┴───────────────┴───────┘
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 認定第4号・平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について提案理由を御説明申し上げます。本件は、地方自治法第233条第3項の規定により、監査委員の意見をつけて議会の認定をお願いするものでございます。

 概要説明書をお配りしてございますので御一読いただき、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、認定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております認定第4号は、建設文教常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第5.認定第5号・平成27年度与那原町水道事業会計決算の認定についてを議題とします。

 本件について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△認定第5号



平成27年度与那原町水道事業会計決算の認定について

 地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第30条第4項の規定により平成27年度水道事業会計決算を、別紙監査委員の意見を付けて議会の認定に付する。



  平成28年9月12日提出

与那原町長 古 堅 國 雄

─────────────────────────────────────────平成27年度  事 業 概 要

1.概況

(1)総括事項

(業務状況)

 平成27年度の給水状況は、給水栓数が7,506栓で、対前年度比141栓(1.91%)増加し、給水人口は18,862人で288人(1.55%)増加しています。

 沖縄県企業局からの年間総配水量は、1,955,959m3で対前年度比41,293m3(2.16%)増加しています。有収率は93.66%で、0.46ポイント減少しています。

(工事状況)

 工事は国庫補助事業と単独事業を行っており、補助事業として上与那原地内送水管布設工事(261m)、単独事業として、当添地内配水管布設工事(370m)や、下水道布設に伴う切り回し工事・仕切弁修繕工事・消火栓設置工事など、10件の単独工事を行っています。

 また、委託業務も国庫補助事業と単独事業を行っており、補助事業として、板良敷地内送水管詳細設計業務、単独事業として、新島地内配水管詳細設計業務委託や、与那原町水道施設耐震二次診断業務委託など、8件の業務を行っています。

(財政状況)

 収益的収支については、総事業収益が426,576,944円で、前年度に比べて9,138,140円(2.19%)の増、総事業費用は381,528,240円で、前年度に比べて19,503,251円(4.86%)減少しています。当年度純利益は45,048,704円で、前年度に比べて28,620,891円(174.22%)の増となっています。

 資本的収支は、資本的収入が42,898,000円で前年度に比べて25,176,000円(142.06%)の増、資本的支出は116,940,596円で前年度に比べて23,303,975円(24.9%)の増となっています。

 資本的収入が資本的支出に不足する額74,042,596円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額7,015,262円、及び過年度分損益勘定留保資金47,027,334円で補填しました。

─────────────────────────────────────────



◎副町長(照屋勉)

 認定第5号・平成27年度与那原町水道事業会計決算の認定について提案理由を御説明申し上げます。本件は、地方公営企業法第30条第4項の規定により、監査委員の意見をつけて議会の認定をお願いするものでございます。

 事業報告書を添付してありますので御一読いただき、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、認定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、収入支出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ