議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 与那原町

平成28年3月第1回定例会 03月10日−03号




平成28年3月第1回定例会 − 03月10日−03号







平成28年3月第1回定例会




┌───────────────────────────────────────────────┐
│                                               │
│ 平成28年                                          │
│                与那原町議会定例会会議録(第3号)              │
│ 第 1 回                                          │
│            平成28年3月10日(木曜日)   午前10時44分開議            │
│                                               │
└───────────────────────────────────────────────┘




[議 事 日 程  第3号]

 平成28年3月10日(木曜日)

 午前10時00分開議


日程第1.議案第24号 平成28年度与那原町一般会計予算
日程第2.議案第25号 平成28年度与那原町国民健康保険特別会計予算
日程第3.議案第26号 平成28年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算
日程第4.議案第27号 平成28年度与那原町公共下水道事業特別会計予算
日程第5.議案第28号 平成28年度与那原町水道事業会計予算
─────────────────────────────────────────
[本日の会議に付した事件]
日程第1.議案第24号 平成28年度与那原町一般会計予算
日程第2.議案第25号 平成28度与那原町国民健康保険特別会計予算
日程第3.議案第26号 平成28年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算
日程第4.議案第27号 平成28年度与那原町公共下水道事業特別会計予算
日程第5.議案第28号 平成28年度与那原町水道事業会計予算
─────────────────────────────────────────
[出 席 議 員(13名)]
1番  識 名 盛 紀 議員          8番  喜屋武 一 彦 議員
2番  舩 谷 政 喜 議員          9番  田 中 直 子 議員
3番  山 口   修 議員          10番  津 波   弘 議員
4番  松 長 康 二 議員          12番  我 謝 孟 範 議員
5番  比 嘉 徳 雄 議員          13番  仲 里   司 議員
6番  上江洲 安 昌 議員          14番  城 間 盛 光 議員
7番  当 真   聡 議員                        
─────────────────────────────────────────
[出 席 議 員(1名)]
11番  上 原   晃 議員                        
─────────────────────────────────────────
[職務のため議場に出席した事務局職員の職、氏名]
事 務 局 長   照 屋   基         主     事   照 屋 朝 也
主     査   辺土名   梢                          
─────────────────────────────────────────
[説明のため出席した者の職、氏名]
町     長   古 堅 國 雄         農水環境安全課   新 里   健
                          参     事          
副  町  長   照 屋   勉         住 民 課 長   辺土名   彬
教  育  長   當 山   健         福 祉 課 長   宮 城 きよみ
サンライズ推進   上 原 丈 二         子育て支援課長   伊 集 京 美
特 命 参 事                                    
出 納 室 長   玉 城   仁         健康保険課長    新 垣 政 孝
総 務 課 長   城 間 秀 盛         まちづくり課長   比 嘉 義 明
財 政 課 長   上 原   謙         上下水道課長    大 城   哲
企画観光課長    上 原 宏 章         学校教育課長    岡     剛
税 務 課 長   仲 里 武 徳         生涯学習振興    宮 平 律 子
                          課    長           
農水環境安全    石 川   毅                          
課    長                                     
─────────────────────────────────────────




○議長(識名盛紀)

 これから本日の会議を開きます。

午前10時44分 開議

─────────────────────────────────────────



○議長(識名盛紀)

 日程第1.議案第24号・平成28年度与那原町一般会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第24号



平成28年度与那原町一般会計予算

 平成28年度与那原町一般会計の予算は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算)

第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ7,169,169千円と定める。

2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (債務負担行為)

第2条 地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表 債務負担行為」による。

 (地方債)

第3条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は「第3表 地方債」による。

 (一時借入金)

第4条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は1,500,000千円と定める。

 (歳出予算の流用)

第5条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

(1) 各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。


平成28年3月7日         与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────
第1表  歳  入  歳  出  予  算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 町             税│                 │       1,494,902┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 町      民      税│        649,834┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 固   定   資   産   税│        695,235┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 軽   自   動   車   税│        56,588┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 市 町 村 た ば こ 税  │        93,245┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 地   方   譲   与   税│                 │        33,064┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 地 方 揮 発 油 譲 与 税│         9,653┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 自 動 車 重 量 譲 与 税│        23,411┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 利  子  割  交  付  金  │                 │         2,238┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 利  子  割  交  付  金  │         2,238┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 配  当  割  交  付  金  │                 │         4,695┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 配  当  割  交  付  金  │         4,695┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 株式等譲渡所得割交付金    │                 │         4,135┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 株式等譲渡所得割交付金    │         4,135┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 地 方 消 費 税 交 付 金│                 │        260,037┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 地 方 消 費 税 交 付 金│        260,037┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 ゴ ル フ 場 利 用 税 交 付 金 │                 │         1,756┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 ゴ ル フ 場 利 用 税 交 付 金 │         1,756┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃8 自 動 車 取 得 税 交 付 金  │                 │         5,409┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 自 動 車 取 得 税 交 付 金  │         5,409┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃9 地 方 特 例 交 付 金  │                 │         8,364┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 地 方 特 例 交 付 金  │         8,364┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃10 地   方   交   付   税│                 │       1,782,258┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 地   方   交   付   税│       1,782,258┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃11 交通安全対策特別交付金    │                 │         2,311┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 交通安全対策特別交付金    │         2,311┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃12 分 担 金 及 び 負 担 金│                 │        132,789┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 負      担      金│        132,789┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃13 使 用 料 及 び 手 数 料│                 │        67,925┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 使      用      料│        56,250┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 手      数      料│        11,675┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃14 国   庫   支   出   金│                 │        960,411┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 国   庫   負   担   金│        857,580┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 国   庫   補   助   金│        98,019┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 国   庫   委   託   金│         4,812┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃15 県    支    出    金 │                 │       1,224,609┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 県    負    担    金 │        417,813┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 県    補    助    金 │        773,337┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 県    委    託    金 │        33,459┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃16 財    産    収    入 │                 │         3,248┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 財  産  運  用  収  入  │         3,247┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 財  産  売  払  収  入  │           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃17 寄      附      金│                 │         4,002┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 寄      附      金│         4,002┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃18 繰      入      金│                 │        380,405┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      入      金│        380,405┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃19 繰      越      金│                 │        10,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      越      金│        10,000┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃20 諸      収      入│                 │        185,371┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 延 滞 金 加 算 金 及 び 過 料 │         1,086┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 町  預  金  利  子  │          17┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 雑             入│        184,268┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃21 町             債│                 │        601,240┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 町             債│        601,240┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   入   合   計           │       7,169,169┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 議      会      費│                 │        102,203┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 議      会      費│        102,203┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 総      務      費│                 │        624,274┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 総   務   管   理   費│        462,394┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 徴      税      費│        83,239┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 戸 籍 住 民 基 本 台 帳 費  │        54,875┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 選      挙      費│        15,703┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 統   計   調   査   費│         6,827┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │6 監   査   委   員   費│         1,236┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 民      生      費│                 │       2,877,402┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 社   会   福   祉   費│       1,431,005┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 児   童   福   祉   費│       1,446,348┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 災   害   救   助   費│          49┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 衛      生      費│                 │        668,459┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 保   健   衛   生   費│        430,743┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 清      掃      費│        237,716┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 農  林  水  産  業  費  │                 │        47,918┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 農      業      費│        32,229┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 林      業      費│          127┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 水    産    業    費 │        15,562┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 商      工      費│                 │        274,591┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 商      工      費│        274,591┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃8 土      木      費│                 │        661,308┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 土   木   管   理   費│        16,336┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 道   路   橋   梁   費│        403,465┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 都   市   計   画   費│        229,118┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 住      宅      費│        12,389┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃9 消      防      費│                 │        219,528┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 消      防      費│        219,528┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃10 教      育      費│                 │        835,936┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 教   育   総   務   費│        266,577┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 小    学    校    費 │        111,009┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 中    学    校    費 │        55,631┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 幼    稚    園    費 │        82,628┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 社   会   教   育   費│        138,613┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │6 保   健   体   育   費│        181,478┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃12 公      債      費│                 │        847,550┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 公      債      費│        847,550┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃14 予      備      費│                 │        10,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 予      備      費│        10,000┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   出   合   計           │       7,169,169┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────
第2表  債 務 負 担 行 為 補 正
┏━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     事   項     │     期   間     │     限 度 額     ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃税務事務運営事業       │  平成29年度〜       │               ┃
┃(固定資産情報管理システム賃借│        平成32年度  │         2,515千円  ┃
┃料)             │               │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃戸籍住民基本台帳事務事業   │  平成29年度〜       │         2,766千円  ┃
┃(広域証明用複写機賃借料)  │        平成32年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃子どもの貧困緊急対策事業   │  平成29年度〜       │         1,670千円  ┃
┃(車両リース料)       │        平成32年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃与那原小学校管理運営事業   │  平成29年度〜       │          892千円  ┃
┃(印刷機、複合機リース料)  │        平成32年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃与那原東小学校管理運営事業  │  平成29年度〜       │          892千円  ┃
┃(印刷機、複合機リース機)  │        平成32年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃図書館事務管理運営事業    │  平成29年度〜       │          394千円  ┃
┃(複合機リース料)      │        平成32年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃公民館管理運営事業      │  平成29年度〜       │        15,013千円  ┃
┃(警備・清掃委託料)     │        平成30年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃綱曳資料館管理運営事業    │  平成29年度〜       │         1,132千円  ┃
┃(清掃委託業務)       │        平成30年度  │               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     事   項     │     期   間     │     限 度 額     ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃綱曳資料館管理運営事業    │  平成29年度〜       │         1,003千円  ┃
┃(警備委託業務)       │        平成30年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃文化財等調査・保存事業    │  平成29年度        │          729千円  ┃
┃(車両リース料)       │               │               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────
第3表  地     方     債
                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃   起 債 の 目 的   │ 限 度 額 │  起債の方法  │  利  率  │  償 還 の 方 法  ┃
┠─────────────┼─────┼─────────┼───────┼──────────┨
┃臨時財政対策債      │  156,240│(借入方法)   │年5%以内(但│償還期間、据置期間等┃
┃             │     │証書借入又は証券発│し、利率見直し│については、特別の融┃
┃             │     │行による。    │方式で借り入れ│資条件のあるものを除┃
┃一般補助施設整備事業債  │  47,000│         │る資金について│き、据置期間を含め30┃
┃(沖縄振興特別推進交付金)│     │         │、利率の見直し│年以内とする。償還方┃
┃             │     │         │を行った後にお│法は、元金均等又は元┃
┃公共事業等債(道路)   │  63,900│         │いては当該見直│利均等による。   ┃
┃             │     │         │し後の利率) │但し、財政の都合によ┃
┃             │     │         │       │り据置期間及び償還期┃
┃学校教育施設等整備事業債 │   4,600│         │       │間を短縮し、もしくは┃
┃             │     │         │       │繰上げ償還又は低利に┃
┃             │     │         │       │借換えすることができ┃
┃学校教育施設等整備事業債 │  329,500│         │       │る。        ┃
┃    (借換債)    │     │         │       │          ┃
┠─────────────┼─────┼─────────┼───────┼──────────┨
┃      計      │  601,240│         │       │          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議員の皆さん、おはようございます。議案第24号・平成28年度与那原町一般会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成28年度の一般会計歳入歳出予算の総額は7,169,169千円となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎財政課長(上原謙)

 議員の皆さん、おはようございます。平成28年度与那原町一般会計歳入歳出予算を提案するに当たり、その概要を御説明いたします。平成28年度与那原町一般会計歳入歳出予算総額は、それぞれ7,169,169千円で、対前年度比75,670千円減で1.0%の減となっております。

 平成28年度の主な事業といたしまして、大綱曳倉庫・作業場整備事業、御殿山与原線道路新設改良工事、与原東浜線道路新設改良工事、地球温暖化を防止するための循環型社会形成事業、避難誘導情報サイン整備事業となっております。

 それでは歳入から順に御説明いたします。

第1款 町税は、1,494,902千円で1.6%の増となっております。その内訳としまして、第1項町民税が649,834千円で0.9%の増、第2項固定資産税が695,235千円で1.9%の増、第3項軽自動車税は56,588千円で7.0%の増、第4項市町村たばこ税が93,245千円で1.4%の増となっております。

第2款 地方譲与税は、33,064千円で0.3%の増となっております。その内訳としまして、第1項地方揮発油譲与税が9,653千円で3.0%の減、第2項自動車重量譲与税が23,411千円で1.8%の増となっております。

第3款 利子割交付金は、2,238千円で31.9%の減となっております。

第4款 配当割交付金は、4,695千円で32.3%の増となっております。

第5款 株式等譲渡所得割交付金は、4,135千円で27.3%の増となっております。

第6款 地方消費税交付金は、260,037千円で18.1%の増となっております。

第7款 ゴルフ場利用税交付金は、1,756千円で9.3%の増となっております。

第8款 自動車取得税交付金は、5,409千円で76.6%の増となっております。

第9款 地方特例交付金は、8,364千円で4.3%の増となっております。

第10款 地方交付税は、1,782,258千円で5.6%の増となっております。

第11款 交通安全対策特別交付金は、2,311千円で14.4%の減となっております。

第12款 分担金及び負担金は、132,789千円で7.6%の減となっております。

第13款 使用料及び手数料は、67,925千円で11.5%の増となっております。その内訳としまして、第1項使用料が56,250千円で13.9%の増、第2項手数料が11,675千円で1.1%の増となっております。

第14款 国庫支出金は、960,411千円で7.5%の増となっております。その内訳としまして、第1項国庫負担金が857,580千円で12.9%の増、第2項国庫補助金が98,019千円で24.4%の減、第3項国庫委託金が4,812千円で1.6%の増となっております。

第15款 県支出金は、1,224,609千円で24.7%の減となっております。その内訳としまして、第1項県負担金が417,813千円で13.5%の増、第2項県補助金が773,337千円で37.0%の減、第3項県委託金が33,459千円で11.7%の増となっております。

第16款 財産収入は、3,248千円で3.4%の増となっております。その内訳としまして、第1項財産運用収入が3,247千円で3.4%の増、第2項財産売払収入1千円で増減なしとなっております。

第17款 寄附金は、4,002千円で697.2%の増となっております。

第18款 繰入金は、380,405千円で20.3%の減となっております。

第19款 繰越金は、10,000千円で増減なしとなっております。

第20款 諸収入は、185,371千円で17.8%の減となっております。その内訳としまして、第1項延滞金加算金及び過料が1,086千円で33.8%の減、第2項町預金利子が17千円で皆増、第3項雑入が184,268千円で17.7%の減となっております。

第21款 町債は、601,240千円で64.1%の増となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

第1款 議会費は、102,203千円で2.4%の増となっております。

第2款 総務費は、624,274千円で16.9%の減となっております。その内訳としまして、第1項総務管理費が462,394千円で19.6%の減、第2項徴税費が83,239千円で5.4%の減、第3項戸籍住民基本台帳費が54,875千円で20.7%の減、第4項選挙費が15,703千円で178.8%の増、第5項統計調査費が6,827千円で44.3%の減、第6項監査委員費が1,236千円で11.0%の減となっております。

第3款 民生費は、2,877,402千円で5.9%の増となっております。その内訳としまして、第1項社会福祉費が1,431,005千円で3.1%の増、第2項児童福祉費が1,446,348千円で8.9%の増、第4項災害救助費は49千円で8.9%の増となっております。

第4款 衛生費は、668,459千円で6.5%の減となっております。その内訳としまして、第1項保健衛生費が430,743千円で8.1%の減、第2項清掃費が237,716千円で3.5%の減となっております。

第6款 農林水産業費は、47,918千円で57.1%の増となっております。その内訳としまして、第1項農業費が32,229千円で10.1%の増、第2項林業費は127千円で47.7%の増、第3項水産業費が15,562千円で1245.0%の増となっております。

第7款 商工費は、274,591千円で189.1%の増となっております。

第8款 土木費は、661,308千円で48.6%の減となっております。その内訳としまして、第1項土木管理費が16,336千円で6.3%の増、第2項道路橋梁費が403,465千円で49.4%の減、第4項都市計画費が229,118千円で50.7%の減、第5項住宅費が12,389千円で38.9%の増となっております。

第9款 消防費は、219,528千円で1.6%の増となっております。

第10款 教育費は、835,936千円で3.8%の増となっております。その内訳としまして、第1項教育総務費が266,577千円で5.7%の増、第2項小学校費が111,009千円で7.0%の減、第3項中学校費が55,631千円で0.9%の減、第4項幼稚園費が82,628千円で3.2%の増、第5項社会教育費が138,613千円で5.5%の増、第6項保健体育費が181,478千円で9.3%の増となっております。

第12款 公債費は、847,550千円で62.5%の増となっております。

第14款 予備費は、10,000千円で10.5%の減となっております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出区分して行います。まず、歳入に対する質疑を許します。



◆仲里司議員

 今回人口増に伴う予定額と言うんですか、見込みを出せないのであれば昨年度の人口増に伴う税収の増加分をちょっとお聞かせください。そして1人当たり大体、平均で構わないので、どれぐらいだったのかお聞かせください。



◎税務課長(仲里武徳)

 議員の皆様、おはようございます。ただいま仲里議員の御質疑に御答弁申し上げます。昨年度と見込みの方法を変えまして、より厳密に出せるような形ができないかというふうに考えて、今回見込んでおりますので、単純に昨年度と比較というふうな形はちょっと困難ではあるんですけれども、納税義務者数が今年度500名近くふえるだろうと見込んでの試算をしております。1人当たり幾らぐらいかというところではあるんですけれども、平均でちょっと今のところ試算を出していなくて、全体で出しているものですから、ちょっと即答ができないんですけれども、全体で納税義務者数のほうが7,741名と見ております。もちろん均等割のみ、所得割、それぞれあるものですから単純にというわけにはいかないんですけれども、今話をした納税義務者数7,741名で2,000万円近く伸びるだろうというふうに見込んでおります。以上です。



◆仲里司議員

 何を聞きたいかというところは、税の伸び率、住民税、固定資産税、軽自動車税、たばこ税等、町民がふえた比率の入ってくる金額がどれぐらいあるのかなというのと、また、それにかかわる歳入歳出区分してということなので、ちょっと聞きづらいんですが、扶助費、教育、その他もろもろの予算の比率がどれぐらいあるのかなというのをちょっと知りたいんです。ふえた分、町としては有利になるのか、税的に。これは交付税等も含めてですね。入ってくるものと出ていくものの比率というのが我々議員の中ではわかりづらいところなんですよ、非常に。どれぐらい入ってきて人口がふえて、どれぐらい歳出で出ていくのかというものを少しお聞きしたいんです。きょうすぐということで答え切れないのであれば、委員会のほうで構いませんので、また、その数値的な部分をお聞かせ願えればなと。それに対する対策、考え方というのを我々議会も、そして執行部の皆さんも明確に見ていかなければいけないのかなと思いますので、これは今答え切れなければ、委員会で構いませんので、委員会のほうで少し資料として提出していただければと思います。



◎財政課長(上原謙)

 仲里議員の御質疑にお答えいたします。交付税で言うと国勢調査のほうが5年に一度、見直しがありますので、今年度見直しがあるということで、この数字についてはある程度、どれぐらい上がるという数字は確認はしております。先ほど仲里議員が御指摘のありました歳入がふえたものが歳出でどのように扶助費であったり、補助費であったり、維持管理費であったり、工事費であったり、そういった割合については、すみません、まだ出しておりません。こちらで今回概要説明書というのをお配りしたんですが、この中の5ページの中で目的別、1款議会費、2款総務費という中で、平成27年度と平成28年度の対比表をつくっております。この中で言いますと、一概にだからふえたとは言いにくいんではあるんですけれども、民生費のほうがふえているのかなというところで、これについては今後分析をさせていただきたいなというふうに思っております。こちらのほう概要のほうで前年度と今年度の対比表という形で出していますので、よろしくお願いします。以上です。



◆仲里司議員

 課長、対比わかりやすくできていて、また少し勉強にもなるんですけれども、町民1人当たりに対する単価というような形で考えると、消防費、その他もろもろ共有されていく部分で全体の経費が減る部分もありますよね。またふえる部分もあると思います。そういうのをちょっと比較してみたいので、委員会中にでもぜひ、そういうのを出していただけたら、また新たな議論ができるかなと思いますので、よろしくお願いします。



◎財政課長(上原謙)

 今、仲里議員から御指摘のありました点について、委員会で出せるように調整していきたいと思っています。以上です。



◆我謝孟範議員

 30ページの雑入、塵芥処理収入が1,961万7,000円、そのうち資源ごみ売り上げ収入が188万9,000円ですが、これは前年度と比較してどうなっているか。今後の塵芥処理収入がどういうふうに推移をしているか述べてもらいたいと思います。



◎農水環境安全課参事(新里健)

 ただいまの我謝孟範議員の質疑に答弁をいたします。歳入の30ページの資源ごみ売り上げ収入ですが、前年度が171万1,000円、今年度は188万9,000円と見込んでおります。例年、資源ごみの売り上げの収入につきましては170万円から190万円前後で推移しているところでございます。次年度に関しましては東浜のBブロック、マリンタウンベイサイドビスタの部分がふえるものということで想定をして188万9,000円を計上しているところでございます。以上です。



◆我謝孟範議員

 条例がつくられて、各家庭のごみを、あるいは資源ごみを持ち去らないようにという条例ができているんですが、それとの影響はあるのかないのか。それからまた、ごみ指定化収入が果たして妥当かどうかなんですが、基金にも繰り入れられているわけなんですが、その点、そのままこれを額として計上していくのか、見直しがあるのか。その点も踏まえて答弁願いたいと思います。



◎農水環境安全課参事(新里健)

 我謝孟範議員の再質疑に答弁をいたします。ごみの持ち去りの禁止につきましては、12月の定例議会に条例の改正案を上程させていただきましたが、議案は可決にならず、現在継続審議というふうになっております。今回の建設文教委員会の中で継続を審議していくということになっております。現在は条例としてはまだ改正されていないところでございます。あと、ごみ指定化収入につきましても、今後は近隣の町村等との手数料のほうも確認しながら、改善するべきところがないかどうかというのを確認させていただきたいと思います。以上でございます。



◆我謝孟範議員

 こういうものは実績ではかるべきだと思うんです。各市町村がどうかと、これは各市町村に委ねられる問題だと思いますので、近隣町村がどうなっているかということではなくて、実際、与那原町ではどれだけの実績があるか、不足なのか多いのか、ちょうどいい額なのかということを実績に基づいてやらないといけないと思うんです。そこら辺は多分基金も違うところに、全然違うところに支出していると思いますが、その辺も踏まえて検討をしてほしいということなんですが、もう一度。



◎農水環境安全課参事(新里健)

 それでは我謝孟範議員の再質疑に答弁をいたします。我謝議員の指摘のとおり、ごみ売り上げの収入手数料につきましては、それぞれどういうふうに使われているか、使われるべきかということを考慮して検討をしてまいりたいというふうに考えております。また基金の使用方法、基金への積み立てにつきましても、次年度で一般ごみ処理の計画、あとは平成29年度で災害時の廃棄物処理計画等の策定も計画しておりますので、そういった計画等を含めて、基金のほうも、積み立て等も検討をしてまいりたいというふうに考えております。以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。

これで歳入に対する質疑を終わります。

 次に歳出に対する質疑を許します。



◆田中直子議員

 平成28年度の一般会計予算の歳出113ページ、7款商工費の中の19節地域型就業意識向上支援事業の中身の説明の理由と、あとは117ページの7款商工費の中の19節地域特産品開発販路開拓支援事業の中の19節の負担金及び交付金の135万円の説明をお聞きしたいと思います。



◎サンライズ推進特命参事(上原丈二)

 議員の皆さん、おはようございます。田中直子議員の113ページ、地域型就業意識向上支援事業1,424万6,000円について御答弁申し上げます。平成27年度までは県から与那原町地域雇用連携推進協議会の直接補助であったものが、平成28年度からは町を通して、町のほうから間接補助で協議会のほうへ負担金として補助をするという制度に変わっております。簡単に申しますと、小学校、中学校のほうでグッジョブという形で事業を行っていますが、その事業が町を通して行うということで負担金の支出となっております。これまでは県が直接その協議会に補助をしていました。それが間接補助で一旦町に補助金が入って、町がその協議会に補助をするというふうな仕組みに変わっております。



◆田中直子議員

 すみません、内容をもう一度。雇用の。



◎サンライズ推進特命参事(上原丈二)

 地域雇用促進ということで、今の子供たちが将来に向けて就業につながるような形で、ジョブシャドウという形で町内の企業のほうに学校から子供たちを派遣して、仕事をしている大人を早くから見て、将来こういった仕事はどんなふうにやっているんだというような形で勉強をする事業です。それが将来的に、その子たちが新たな将来の仕事につなげるような形になっております。

 続きまして、地域特産品開発販路開拓支援事業ですけれども、これは商工会女性部のほうが特産品を開発ずっとしておりまして、ペーストですね、これを商品化するということで、前回のちゃんぷる軽便市のほうでも試食会をして、アンケートをとっております。平成28年度につきましてはパッケージとか商品開発として、それを進めていくということで、商工会女性部のほうへの補助金となっております。以上です。



◆田中直子議員

 今説明がありまして、大体内容はわかりましたけれども、今まで県がやったのが、今度町に委ねられて、町のほうが責任を持ってやるということですよね。これは子供たちの、例えばいろんな職場がありますよね、パン屋とかいろんな。そのときに子供たちが何名かいて体験学習、そういったあれとは違うんですね。ということは子供たちの就労となると、どういうものが主にあるんですか。今聞いたんですけれども。



◎サンライズ推進特命参事(上原丈二)

 田中直子議員の再質疑にお答えしたいと思います。大変済みません、私の説明に誤解があったかと思いますが、これは将来、子供たちが仕事、どんな仕事に就くかによって、目的が変わってきます。観光であったり、陶業だったりいろいろありますので、そこに行って大人の仕事をしている姿を見て、また、この人がどういった仕事をしているかを確認しながら、将来の仕事、意欲につなげていくというような事業となっています。ジョブシャドウということですね。今ではなくて、以前は職場体験というのがありましたけれども、そうではなくて、仕事をしている姿を見て、こういった仕事をしているんだとか、私もこういうふうになりたいとか、そういうふうに将来の仕事の意欲につなげるような事業であります。



◆田中直子議員

 これは子供たちの仕事ということで、この子供たちは小学生から中学生を指すのか。あと販路事業を今、商工会の女性部が補助を受けてやっているということで、大変これ商工会の皆さん方、一生懸命頑張っております。非常にいいことだということで、これを商品開発としてできればなということで皆さん頑張っておられますが、その特産品としては今後また、ひじきを主に加工して、ひじきパンとか、ひじきコロッケいろいろありますよね。そういうことで今は商工会女性部の事例として1件だけ聞いていますけれども、あと何件かそういったものが利用されているのか。ありましたら、よろしくお願いします。大変いいことだと思いますので。広げていければなと思って、今お聞きしています。



◎サンライズ推進特命参事(上原丈二)

 田中直子議員の再質疑に答弁したいと思います。この商品開発、販路開拓事業ですね、これまでも幾つか提案がありまして、委員会の中で今回のペースト、一つを商品化へ持っていこうという形で、平成27年度のほうで試食会、アンケートをとって、平成28年度におきましてはちゃんとした形で商品を売り出そうという形になっておりますけれども、今後そういった形でほかの商品化にするかどうかについては、まだ提案がありませんので、そこら辺につきましては平成28年度で商工会のほうと協議してまいりたいと考えております。

 当初、ジョブシャドウは中学校からでしたけれども、今は両小学校、中学校、3校で行っております。以上です。



◆城間盛光議員

 平成28年度一般会計予算について、質疑をしたいと思います。歳出の112ページの第6款農林水産業費の中の防衛施設周辺民生安定施設整備事業、これちょっと事業の中身ですね。あと113ページ、先ほど田中直子議員から質疑がありました地域型就業意識向上支援事業、先ほど課長の答弁で与那原町地域雇用連携推進協議会、これいつできたのか。そこのところもう少し詳しく説明をお願いします。あと117ページ、商工費、東海岸地域サンライズ推進協議会、今回200万円負担金がありますが、今年度の主な事業計画があれば、その内容を説明お願いします。以上、3点よろしくお願いします。



◎農水環境安全課参事(新里健)

 それでは城間盛光議員の1点目の質疑に答弁をしたいと思います。防衛施設周辺整備事業の負担金となっておりますが、これが今回1,438万9,000円というふうに計上しております。事業の内容としましては、漁協のほうで所属しております正組合員のうち、漁業補償を受けております17隻の漁船に対して、サテライトコンパスですね、船首方位伝達装置、あとは簡易アルパー、この自動衝突予防援助の簡易版と、航路他船の針路、船速、自船の距離などを分析表示するシステム等の取りつけの補助というふうになっております。実施主体につきましては、与那原・西原町漁業協同組合が主体となっておりまして、事業の全体の総額としては1,918万7,000円というふうになっております。そのうち、国の補助が3分の2、町の補助が12分の1で、町負担額としましては159万8,000円というふうになっております。以上でございます。



◎サンライズ推進特命参事(上原丈二)

 城間盛光議員の質疑にお答えしたいと思います。113ページの地域型就業意識向上支援事業の与那原町地域雇用連携推進協議会、これは平成24年に産業振興課時代に雇用の関係で推進協議会を立ち上げまして、その雇用という形で企画観光課に業務を移りまして、それで平成28年度から観光商工課の事業として取り組むこととなっております。平成24年度から行っております。そしてサンライズ推進協議会の200万円につきましては、平成27年度につきましては50万円という形で4町村予算組みをして、いろんな要請活動とかをやってきましたけれども、今回サンライズ推進協議会では、西原バイパスの延伸とか、もろもろの要請活動をしております。そして国際特区で土地利用の見直し等のほうで要請をしておりますので、4町村を束ねた形での土地の見直しとか、基本計画を作成しようという形で通常の要請活動の事業プラス、そういった委託業務をするということでの200万円の措置となっております。以上です。



◆城間盛光議員

 今また防衛施設周辺整備事業、これ簡単に言うと車で言うとカーナビみたいなものかな。それは課長の答弁の中で、漁業補償を受けている17隻という、ちょっとこれ再度、内容がわからないので説明をお願いします。

 サンライズ推進特命参事、この協議会、産業振興課のときにできたと言うんだけれども、これ課長、要するに委員の内訳ですね。もう1つは、内容はグッジョブという話だったけど、今の時代、先のことに予算をかけ過ぎて、ある意味、今採用をしても人が集まらない時期だから、できれば逆に現状を踏まえて、すぐ雇用に生かせるような、そういった事業に使えないのかどうか。豊見城市あたりはいろんな公共施設を生かして、就業のための講師を呼んで勉強会をしたり、結構な雇用拡大につなげている事例もあるし、確かに子供たちに職業に対するいろいろな考え方を教えるのはいいかもしれませんが、今は企業が募集を出しても、人が集まらない売り手市場の中で、それも大事だと思うんだけれども、こういう1,400万円ですか、いろんな補助は制度事業の縛りがあると思いますけれども、もう少し現場で雇用の拡大につなげられるような、そういったものにこういった予算を生かし切れないのかどうか。その点、再度説明をお願いします。サンライズ推進協議会200万円。この前、サンライズ推進協議会の講演を聞いたときに、先生方が非常に立派な取り組みだと。アフターMICEだとか、都市計画。ただ、今の与那原町の現状、置かれている状況というのは、大きいコンベンションできたときに、このアフターMICEどうしようかという話の中で、与那原の立ち位置を、今の状況を生かそうと思ったら、サンライズ、東海岸もいい、道路面では。ただ、観光面やいろんな要素を生かそうと思ったら、与那原を中心に捉えて考えたら南城市まで入れた観光の拠点づくりというのも、ぜひやってもらいたいわけです。この前の講演は余りにも与那原町、西原町、中城村、北中城村、ラインの捉えが大き過ぎて、バイパスできて今要請していますよね、北側延伸。あれができたら交通の便はよくなるかもしれませんが、逆に便利になりすぎて、これは私の考えです。コンベンションをいろんなイベント終了後に道ができる、北側にライカムへ行く、中城城跡に流れる、カッチングスク、浦添、西原あたりに道路ができたら、北側の道路整備が非常によくなって、結局、与那原側というのはあんまり素人発想だけど、弱いのではないかなと。だからサンライズも同時並行で、やっぱり南城市あたりまで捉えた観光の都市計画も道路整備も含めて検討をなさることも必要ではないのかなという意見なんですが、よろしくお願いします。



◎農水環境安全課参事(新里健)

 それでは城間盛光議員の再質疑に答弁をいたします。少し先ほどの答弁に説明不足がございましたので、今回の防衛施設周辺整備事業の概要について御説明申し上げます。この事業につきましては、周辺機器を設置することより、相手方の船の進む方向、距離、速度がわかることによって、事前に衝突の回避が早目にわかると、具体的にわかるということ。あとはコンパス等をつけることによって、通常、座標を入れて自動操縦をしても、波に流されて方向がちょっとずれてしまって、ギザギザに行ってしまっている状況なんですが、その機器を入れることにより、よりスムーズに目的地に行くことができて、時間の効率化、燃料の効率化が図れるという事業になっております。この対象の17隻につきましては、補助への要綱が自衛隊及び米軍等の活動に伴い影響が出る漁船が対象というふうになっております。現在この17隻に関しましては、ソデイカ、マグロ漁というふうになっておりまして、周辺に訓練水域を通って、漁場に向かう船が対象というふうになっておりまして、イコール漁業対象を受けている漁船というふうになっております。その船が対象というふうになっているところでございます。以上でございます。



◎サンライズ推進特命参事(上原丈二)

 城間議員の再質疑にお答えしたいと思います。与那原町の就業の関係ですけれども、与那原町地域雇用連携推進協議会のメンバーですけれども、まず、会長が町長、副会長が教育長と商工会長となっております。そして監事で商工会の事務局長、さらに監事で漁業組合長という形で、そのほか学校関係の就業のジョブシャドウイングということで、各学校長、中学校、小学校の校長、教頭、そして学校教育課長、そして母子世帯等の就業関係ということで、子育て支援課長、そして生涯関係の雇用という形で福祉課長とか入って、その中で協議会を構成しております。先ほど城間議員が子供たちだけではなくて、実際具体的な雇用につなげたらどうかというお話がありましたように、平成28年度、沖縄女子短期大学と連携した形で、そういった取り組みも行う予定となっております。

 そしてもう1点、サンライズ推進協議会でアフターMICEそれだけではなくて、南城市も取り組むべきではないかというお話がありました。本町のほうで南城市の観光協会とか、南城市の観光の部分の課長といろいろと連携のお話をさせていただいております。次年度、南城市のほうであざまサンサンビーチを核とした観光についての話がありまして、それを与那原まで含めた形でできないかというお話もありまして、今その協議をしている最中でございます。ですから、与那原はサンライズだけではなくて、南部を含めた形で与那原を核とした形でアフターMICEを検討しながら、それを東のほうに向けていくような形で次年度は取り組んでいきたいと考えています。以上です。



◆城間盛光議員

 今、私が質疑した事業、後でもし、できれば資料をちょうだい。今防衛庁何とか予算、初めて聞いたんだけど、こういった予算は何かほかにも生かせるような方法はないものかどうか。財政課長かな。今回新規事業1,400万円、防衛何とか予算という。こういう予算というのはほかの事業にも何か生かせるような方法はないのかどうか。わかる範囲で。



◎財政課長(上原謙)

 城間盛光議員の御質疑にお答えいたします。防衛予算ですね、これにつきまして、済みません、ちょっと細かい内容がわからなくて、今お答えすることはできないんですけれども。今回の場合は、あくまでも防衛施設の水域のほうに訓練をしている区域を通っていく予算について、今回事業費としてついていますので、こういったのがもっとあるのか、与那原町にこういった形で関係して、与那原町に軍の施設がなくても影響があるということで使えるものがあるかどうか、これも以前からこういった話がありますので、こういったものについては各主管課のほうでも調査をしていただいて、使える補助については該当させていくという形で検討を進めていきたいと思っています。以上です。



◎町長(古堅國雄)

 城間盛光議員の防衛予算の活用をもう少し、はっきり言えばそういうことだと思いますが。これまでもいろいろ活用できる部分についてはさせてもらっております。一つの例として、東部消防の無線施設、たしか3億円前後だったと思うんですが、これは無線設備が非常に古くなって、年間50回以上も故障が起こると、救急業務を扱う現場で、それぐらい故障が多くて、それでもなかなか予算が厳しくて整備ができないという状況があったときに、いち早く、西原町の普天間飛行場とのかかわりで、コースに入っているということで防衛関係の方々の御協力を得て、それを活用させてもらって、きれいに整備ができたというのも一つの例ですし、最近ではサザン協、最終ごみ処分場の施設、皆さん御存じのとおり、43億円ぐらいの大規模な施設ですけれども、これも防衛予算だったら3分の2補助、環境省の予算でやれば2分の1補助しかないものですから、この差が8億5,000万円の差があるという試算も出されたのですが、幸いにしまして、関係自治体の防衛予算関係で、実は与那原は基地とは関係ない、自衛隊と関係ない自治体ということで対象外に、最初のほうはですね、与那原と南風原は除外ということだったんですけれども、構成自治体は一つだということで防衛予算を活用させてもらっています。大きなものではその2つですね。

それからせっかく出ましたので、あと1つ。先ほどサンライズ推進協議会の、これから将来に向けての方向性、あるいは具体的な基本計画ということで、ちょっと触れさせてもらいますけれども、サンライズ推進協議会は御存じのとおり、4自治体で東海岸地域を中城湾を全面に活性化させると同時に、もう1つは南北の高速道路の整備の一環として、これまでハシゴ道路構想が整備が進んできまして、東西の交通アクセスも非常によくなって整備されつつあります。その中で私は交通の便がよくなるということは、迅速に移動できると。定期的に迅速に移動できるということはもう、これにこしたことはないと思います。ということはアフターMICEの件で与那原で催し物が終わって後、移動するのに北にも、西にも、東にも、ということで東西南北に迅速に移動できるという交通アクセスを整備するということは、これはもう大変な与那原町の発展につながりますし、それで今、城間議員の御指摘の南城市との件ですが、これについてはお互い歴史上も琉球王朝の東御廻いのコースとして、これまでもいろいろ協力体制をとりながらやってきました。ですから当然、これは南城市とも斎場御嶽、あるいは三津武嶽、御殿山、親川、これはもう歴史の道としての交流もありますけれども、観光の資源として、これからもしっかりとお互い連携をとりながらやっていくべきだろうと思いますので、あえて地域的に地域エゴと言ったら言葉は悪いですけれども、地域的に我がまちにということをもっと大きく捉えてですね、やはり東海岸、南城市からうるま市までということを私はいつも考えて申し上げているんですが、それもそうですし、ひいては沖縄の将来、これは大型MICEというのは沖縄の将来に大きな影響を与える施設だと思いますので、ぜひとも沖縄全県が観光特区として、これからどう生かされるかということにつながっていくというふうに確信をしております。ですから、地域も大事ですけれども、全体的な捉え方、これもぜひお互い知恵を絞って、連動していくようにしていきたいものだと思っていますので、御理解いただきたいと思います。



◆松長康二議員

 平成28年度与那原町一般会計の歳出について、多分説明資料でやったほうがわかりやすいので、そちらでちょっとお聞きしましょうね。学校教育課の62ページの部分で、与那原小学校管理運営事業、あと与那原東小学校管理運営事業、ちょっとページは飛んで与那原中学校の管理運営事業の中で、11節の需用費で与那原小学校の燃料費は283万円、東小学校が燃料費が8万円、中学校のほうは31万5,000円という、この大きなばらつきの差があるんですけれども、与那原小学校が200万円組まれているというこの理由の部分と、それに伴い、63ページにある各小学校の教育振興事業の中の11節の需用費、各学校によって要望とか、いろんな購入備品が違うと思うんですけれども、与那原小学校が690万円減、東小学校は270万円減、中学校は180万円増という形の説明の部分、また65ページの中で学校給食運営事業の委託料が1,000万円ぐらい上がっていますけれども、委託料と警備委託料という形で記載はされていますが、業者が新しくなったという話も聞いていませんし、どういった部分で委託料が大幅に伸びたかの理由をお願いします。



◎学校教育課長(岡剛)

 議員の皆様、おはようございます。ただいまの松長康二議員の御質疑にお答えいたします。まず、各町立学校における燃料費の差額でございますが、与那原小学校におきましては、平成26年度に整備をいたしました空調がございます。今回、与那原小学校のほうに整備をした空調はガス式となっております。そのためガスの燃料費というものがかかります。そして与那原東小学校と中学校においては電気式となっておりますので、光熱水費のほうに入ってございます。そのため差額が出ているということになっております。学校のほうに組まれている燃料費というのは、バス等を使ったときの燃料費のほうになってございます。各小学校において需用費が、与那原小学校で699万1,000円、与那原東小学校において274万1,000円、平成27年度に比較して減となっている理由ですけれども、一番大きな要因といたしましては、平成27年度より小学校の教科書の採択、新しい教科書での授業がスタートしております。そのために教科書の購入と教師用の指導書というものを購入いたしております。そのため今年度は大幅な減と、今年度は逆に中学校のほうが、平成28年度は購入ということでの準備をさせていただいているところであります。その他の原因といたしましては、需用費の中に修繕費というものを含んでございますので、その修繕を大幅に与那原小学校は老朽化が激しいものですから、平成27年度においていろいろな修繕をさせていただきました。そのための減もございます。

そして3点目、給食センターの委託料が1,000万円ふえているということにつきましては、平成28年度より5カ年間という予定で、新たな業務委託を行うこととしております。こちらのほうは1月にプロポーザルを終えて、現在契約に向けての準備を進めているところであります。その中で、これまでの事業運営と大きく異なる点がございます。まず1点目は、調理に従事する職員数、こちらのほうを9名から12名のほうに増員をしております。それは学校給食の安全確保の観点から適切な人数を見積もったところ、12名が妥当であろうということでの増員となっております。また、現在沖縄市、北谷町、あるいは豊見城市で発生しておりますノロウイルスによる学校の給食停止ということがございますが、今現在、本町におきましては冬の時期、12月、1月、2月のノロウイルス検査だけを行っておりますが、ノロウイルス検査というのは通年を通して発生する危険性がございますので、4月から3月までの1年間ですね、ノロウイルス検査を行うということで、これは当然調理員として従事する皆様にも、その検査を受けていただきますので、それが委託費に反映されていることとなっております。また、現在使っております車両ですけれども、運搬用に使っている車両ですね、こちらは現在、与那原町が保有をし、受託業者に無償で貸し出すという形になっております。こちらのほうがもう15年余りたちますので、老朽化をしております。次年度より委託をする中において、その車両の確保、こちらのほうも事業所のほうにお願いをしてございますので、その車両確保費も、その中に含まれているということで、合計してこの金額の差額が生じているということでございます。以上です。



◆松長康二議員

 今の説明の中でちょっと確認したいのが、学校クーラー、東小学校、中学校が電気式、与那原小学校がガスというのがあったんですけれども、その中で燃料費と光熱費で差が出ると言いますけれども、多分、与那原小学校が一番最後にクーラーを入れているはずなんですよ。何で与那原小学校だけをガス式にしたのかという、この説明の部分と。ガスのほうが安く上がったからなのかという確認もちょっととりたいです。あと、委託料の中で職員増、あとノロウイルス検査とか、車両はこれ1台分という形になっているんですね、お伺いします。そういった部分も含め、そのクーラーの件、答弁のほうお願いします。



◎学校教育課長(岡剛)

 松長康二議員の再質疑にお答えいたします。与那原東小学校においては電気式、そして与那原中学校においては氷蓄熱、そして与那原小学校においてはガス式を、それぞれ採用しておりますが、その時々で設計のための検討業務というのを行っております。その中で当時最善の方法であろうということで結論づけたものを採用しているというところで、今回与那原小学校におきまして、採用いたしましたガス式については導入コスト、そしてランニングコスト、そういったものを他の方式と比較したときに一番費用的にはトータルでランニングコストも含めて、安価で済むであろうという結論が出たことから、今回のガス式を採用したということに至っております。以上です。



◆松長康二議員

 すみません、自分の勉強不足であるんですけれども、確かに東小学校は太陽光パネルがついていましたよね。与那原小学校はついていなかったですか。そういう部分があるのであれば、電気のほうがとか、ガスのほうがとか、そういった部分で検討したという中であればいいんですけれども、余りにもちょっと差が大きかったもので、ちょっと確認させていただきました。わかりました。以上です。



◆我謝孟範議員

 議会費なんですが、議員の報酬4,190万4,000円、前年度より約450万円増額されておりますが、今回から増額されている理由としましては、議会から議員提案という形で出て、本員も今の額は妥当だという了解して、認めたわけなんですが。要は議会は議会からの要求はそのまま認められた形になっているのですが、これを具体的に財政事情がどこの町村でも個々の問題だと思いますので、その財政事情、今後ちゃんと見通した上で計上されているのか。その点、1点だけを尋ねて質疑を終わりたいと思います。



◎総務課長(城間秀盛)

 我謝議員の質疑にお答えをします。今回、議員報酬を上げたというのは、議会サイドで委員会を開いて、それが町長部局に諮問が来たというのを受けて、報酬審議会でそれを審議をしていったという経緯があります。本島内の全市町村、それを比較検討をした上で、要求があった分は妥当であるという審議会のほうでも了解を得られましたので、これが町長へ答申をして、議会へ答申がされたという経緯があります。その中で当然、財政サイドとも協議をいたしております。これは推計にはめても当面は支障がないだろうというのがありましたので、これについては妥当であるという答申をしたということでございます。以上です。



○議長(識名盛紀)

 これで歳出に対する質疑を終わります。

 ただいま議題となっています議案第24号は、総務財政常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。


午前11時59分 休憩午後1時30分 再開




○議長(識名盛紀)

 再開します。

 日程第2.議案第25号・平成28年度与那原町国民健康保険特別会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第25号



平成28年度与那原町国民健康保険特別会計予算

 平成28年度与那原町国民健康保険特別会計予算は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算)

第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,790,030千円と定める。

2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (一時借入金)

第2条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、300,000千円と定める。

 (歳出予算の流用)

第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

(1) 保険給付費の各項に計上された負担金、補助金及び交付金に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。
平成28年3月7日         与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────


第1表  歳  入  歳  出  予  算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 国 民 健 康 保 険 税  │                 │        320,056┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 国 民 健 康 保 険 税  │        320,056┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 一   部   負   担   金│                 │           4┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 一   部   負   担   金│           4┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 分 担 金 及 び 負 担 金│                 │           2┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 分      担      金│           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 負      担      金│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 使 用 料 及 び 手 数 料│                 │          597┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 手      数      料│          597┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 国   庫   支   出   金│                 │        840,279┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 国   庫   負   担   金│        532,177┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 国   庫   補   助   金│        308,102┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 療 養 給 付 費 等 交 付 金  │                 │        45,223┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 療 養 給 付 費 等 交 付 金  │        45,223┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 前 期 高 齢 者 交 付 金│                 │        174,678┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 前 期 高 齢 者 交 付 金│        174,678┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃8 県    支    出   金 │                 │        169,907┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 県    負    担    金 │        22,477┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 県    補    助    金 │        147,430┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃9 共 同 事 業 交 付 金  │                 │        741,761┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 共 同 事 業 交 付 金  │        741,761┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃10 財    産    収    入 │                 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 財  産  運  用  収  入  │           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃11 繰      入      金│                 │        496,305┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 他  会  計  繰  入  金  │        496,304┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 基   金   繰   入   金│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃12 繰      越      金│                 │           2┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      越      金│           2┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃13 諸      収      入│                 │         1,215┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 延滞金・加算金及び過料    │          438┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 預    金    利    子 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 雑             入│          776┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   入   合   計           │       2,790,030┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 総      務      費│                 │        58,343┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 総   務   管   理   費│        49,890┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 徴      税      費│          614┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 運  営  協  議  会  費  │          90┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 趣   旨   普   及   費│          429┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 国民健康保険特別対策事業費  │         7,320┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 保   険   給   付   費│                 │       1,505,502┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 療    養    諸    費 │       1,279,107┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 高   額   療   養   費│        209,104┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 移      送      費│           2┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 出    産    諸    費 │        16,809┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 葬      祭      費│          480┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 後 期 高 齢 者 支 援 金 等  │                 │        296,894┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 後 期 高 齢 者 支 援 金 等  │        296,894┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 前 期 高 齢 者 納 付 金 等  │                 │          216┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 前 期 高 齢 者 納 付 金 等  │          216┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 老 人 保 健 拠 出 金  │                 │          15┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 老 人 保 健 拠 出 金  │          15┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 介   護   納   付   金│                 │        131,006┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 介   護   納   付   金│        131,006┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 共 同 事 業 拠 出 金  │                 │        756,937┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 共 同 事 業 拠 出 金  │        756,937┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃8 保   健   事   業   費│                 │        29,434┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 特 定 健 康 診 査 等 事 業 費 │        20,783┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 保   健   事   業   費│         8,651┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃9 基   金   積   立   金│                 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 基   金   積   立   金│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃10 公      債      費│                 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 公      債      費│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃11 諸    支    出    金 │                 │         1,647┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金 │         1,647┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃13 予      備      費│                 │        10,034┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 予      備      費│        10,034┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   出   合   計           │       2,790,030┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第25号・平成28年度与那原町国民健康保険特別会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成28年度の国民健康保険特別会計予算の総額は2,790,030千円となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 平成28年度与那原町国民健康保険特別会計予算を提案するに当たり、その概要を御説明いたします。平成28年度本会計における歳入歳出予算総額は、それぞれ2,790,030千円で、主に医療費の伸びにより、対前年度比0.8%の増となっております。

 それでは歳入から順に御説明いたします。

第1款 国民健康保険税は、320,056千円で、その内訳は第1項第1目一般被保険者国民健康保険税で310,067千円、第2目退職被保険者国民健康保険税で9,989千円となっております。

第2款 一部負担金は4千円で、それぞれ費目存置となっております。

第3款 分担金及び負担金は2千円で、それぞれ費目存置となっております。

第4款 使用料及び手数料は597千円で、主に督促手数料となっております。

第5款 国庫支出金は840,279千円で、その内訳は第1項国庫負担金で532,177千円、第2項国庫補助金308,102千円となっております。

第6款 療養給付費等交付金では、45,223千円となっております。

第7款 前期高齢者交付金では、174,678千円となっております。

第8款、県支出金は169,907千円で、その内訳は第1項県負担金で22,477千円、第2項県補助金で147,430千円となっております。

第9款 共同事業交付金は741,761千円となっております。

第10款 財産収入は1千円で、費目存置となっております。

第11款 繰入金は496,035千円で、主に他会計繰入金となっております。

第12款 繰越金は2千円で、それぞれ費目存置となっております。

第13款 諸収入は1,215千円で、その内訳は第1項延滞金・加算金及び過料で438千円、第2項預金利子で1千円、第5項雑入で776千円となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

第1款 総務費は58,343千円で、その内訳は第1項総務管理費で49,890千円、第2項徴税費で614千円、第3項運営協議会費で90千円、第4項趣旨普及費で429千円、第5項国民健康保険特別対策事業費で7,320千円となっております。

第2款 保険給付費では、1,505,502千円を計上しております。その内訳は、第1項療養諸費で1,279,107千円、第2項高額療養費で209,104千円、第3項移送費で2千円、第4項出産諸費で16,809千円、第5項葬祭費で480千円となっております。

第3款 後期高齢者支援金等は296,894千円となっております。

第4款 前期高齢者納付金等は216千円となっております。

第5款 老人保健拠出金は15千円となっております。

第6款 介護納付金は131,006千円となっております。

第7款 共同事業拠出金は756,937千円となっております。

第8款 保健事業費は29,434千円となっております。その内訳は第1項特定健康診査等事業費で20,783千円、第2項保健事業費で8,651千円となっております。

第9款 基金積立金は1千円で、費目存置となっております。

第10款 公債費は1千円で、費目存置となっております。

第11款 諸支出金は1,647千円となっております。

第13款 予備費は10,034千円を計上しております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。



◆仲里司議員

 16ページのレセプト委託報酬の部分で少しお聞きしたいのですが、レセプトにおける効果をお聞かせ願えればと思います。そして、このレセプトはさらに強化をすれば、効果がさらに高まる可能性はあるのか。その点お聞かせください。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 ただいまの仲里司議員のレセプト点検業務に係る効果ということでございますけれども、済みません、今資料を手元にございませんので、後ほど持っていきたいと思います。レセプト点検業務につきましては、第一次のレセプト点検のほうを広域連合、国保連合会のほうに委託をしておりまして、向こうで上がってきたものを二次点検という形でこちらのほうでやっておりますので、ほぼ全てチェックが終えているということから考えますと、さらにふやしたからといって、極端に効果が上がるものではないというふうに考えております。現状で大体の点検は行われているというふうな判断に立っております。以上でございます。



◆仲里司議員

 今の答弁で広域のほうに委託をされ、大体のチェックが広域で済んでいるというようなことからすると、二次レセプトにおける効果と、その支出の部分を少しチェックしてみるべきではないかなと思いますので、その点、一応後ほどチェックしていただいて、広域のほうで済んでいますよと、ほんとに微々たるものしか効果も出ないよというのであれば、この部分を削除することも検討いただきたいなと思います。これまた委員会のほうでやると思いますので、よろしくお願いします。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 ただいまの再質疑にお答えいたします。こちらのほうでも効果のほうは確実に出ております。この予算につきましては、調整交付金という形で入ってきておりますので、医療費の削減という意味では効果はあるものと考えておりますけれども、費用対効果の面でいかほどかというところを、後でまた委員会のほうでもお示ししていきたいと思います。



◆喜屋武一彦議員

 議案第25号について、1点だけお聞かせください。歳入の保険税なんですが、昨今は国、経済界上げて、正社員化を促進するということで、大分正社員がふえたと思うんです。そういう中で前年度よりちょっと減るのかなと思ったら、逆にふえている状況なので、我が与那原町内ではそういった雇用の正社員化とか、保険に関する移行とか、どんな状況になっているのか、お聞かせください。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 ただいまの喜屋武議員の御質疑にお答えいたします。与那原町の国保の世帯、被保険者数の件でございますけれども、皆さん御存じのとおり、与那原町については人口が急増という形になっておりますけれども、国保の世帯数、ちなみに平成25年度、総人口1万8,547名に対しまして、被保険者数が5,765名でございました。それが平成26年度、1万8,643名の人口に対して、被保険者数が5,691名ということで、人口がふえたにもかかわらず、被保険者数は減に転じているということになっております。保険税が上がる分につきましては、社会保険等に入っていなくても所得が上がっている方々もいらっしゃるというところでの増加を見込んでおります。以上でございます。



◆我謝孟範議員

 歳入の滞納繰越分がありますが、これは前年度と比べて滞納繰越分の被保険者の皆さんの状況が出てくると思うんですが、これは推移として、年々滞納は多くなってきているのか。それともまた、現状より少なくなっているか。それから今期限つき手帳を交付していますが、多分一月、期限つきで出されていると思うんですが、これの活用状況と言うんですか、これはどういう形で推移しているか、それも含めて報告していただきたいと思います。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 我謝議員の御質疑にお答えいたします。1点目の滞納繰越分がどういうふうな状況で推移しているかにつきましてですけれども、与那原町の場合、収納率のほうが毎年上がっております。平成22年度で93.51%だったものが、平成26年度、5年間の間で95.02%ということで1.6%ほど上がっております。ということからしますと、滞納繰越分は毎年減っていっているということで考えています。それから短期被保険者証の件ですけれども、この滞納が減っているというところから、短期保険者証の発行についても年々減少しております。この短期被保険者証につきましては、納税相談の回数をふやすということで一月単位で役場の窓口のほうまで来庁していただいて、相談した上で納めていただいて発行するというふうにしております。それは2カ月、3カ月を通して、額が大きくなって払えないという状況を避けるためにも毎月相談をするということで、しっかりそのように対応をさせていただいております。以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第25号は、総務財政常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第3.議案第26号・平成28年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第26号



平成28年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算

 平成28年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算)

第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ122,957千円と定める。

2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は「第1表 歳入歳出予算」による。

 (歳出予算の流用)

第2条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

(1) 各項の予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。


平成28年3月7日         与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────


第1表  歳  入  歳  出  予  算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 │                 │        84,778┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 │        84,778┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 使 用 料 及 び 手 数 料│                 │          36┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 手      数      料│          36┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 寄      附      金│                 │           2┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 寄      附      金│           2┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 繰      入      金│                 │        37,073┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 一 般 会 計 繰 入 金  │        37,073┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 繰      越      金│                 │          301┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      越      金│          301┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 諸      収      入│                 │          767┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 延 滞 金、加 算 金 及 び 過 料│           5┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金 │          759┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 預    金    利    子 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 雑             入│           2┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   入   合   計           │        122,957┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 総      務      費│                 │         6,459┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 総   務   管   理   費│         6,276┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 徴      収      費│          183┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 後期高齢者医療広域連合納付金 │                 │        115,251┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 後期高齢者医療広域連合納付金 │        115,251┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 諸    支    出    金 │                 │          761┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金 │          760┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 繰      出      金│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 予      備      費│                 │          486┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 予      備      費│          486┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   出   合   計           │        122,957┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第26号・平成28年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成28年度の後期高齢者医療特別会計予算の総額は122,957千円となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 それでは平成28年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算を提案するに当たり、その概要を御説明いたします。平成28年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算総額は、それぞれ122,957千円で、対前年度比4.4%の増となっております。

 それでは歳入より順に御説明いたします。

第1款 後期高齢者医療保険料は、84,778千円となっております。

第2款 使用料及び手数料は36千円となっております。

第3款 寄附金は2千円となっております。

第4款 繰入金は37,073千円となっております。

第5款 繰越金は、301千円となっております。

第6款 諸収入は、767千円となっております。その内訳は、第1項延滞金・加算金及び過料で5千円、第2項償還金及び還付加算金で759千円、第3項預金利子で1千円、第4項雑入で2千円となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

第1款 総務費は、6,459千円となっております。その内訳は、第1項総務管理費で6,276千円、第2項徴収費で183千円となっております。

第2款 後期高齢者医療広域連合納付金は、115,251千円となっております。

第3款 諸支出金は、761千円となっております。その内訳は、第1項償還金及び還付加算金で760千円、第2項繰出金で1千円となっております。

第4款 予備費は、486千円となっております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第26号は、総務財政常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日程第4.議案第27号・平成28年度与那原町公共下水道事業特別会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第27号



平成28年度与那原町公共下水道事業特別会計予算

 平成28年度与那原町公共下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算)

第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ540,978千円と定める。

2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (地方債)

第2条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。

 (一時借入金)

第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、250,000千円と定める。

 (歳出予算の流用)

第4条 地方自治法第220条第2項のただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

(1) 各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。


平成28年3月7日         与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────


第1表  歳  入  歳  出  予  算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 使 用 料 及 び 手 数 料│                 │        72,173┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 使      用      料│        72,100┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 手      数      料│          73┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 国   庫   支   出   金│                 │         6,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 国   庫   補   助   金│         6,000┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 繰      入      金│                 │        190,400┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 一 般 会 計 繰 入 金  │        190,400┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 繰      越      金│                 │         3,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      越      金│         3,000┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 諸      収      入│                 │         3,005┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 町   預   金   利   子│           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 雑             入│         3,001┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 延滞金、加算金及び過料    │           3┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 町             債│                 │        115,400┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 町             債│        115,400┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 県    支    出    金 │                 │        151,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 県    補    助    金 │        151,000┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   入   合   計           │        540,978┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 公  共  下  水  道  費  │                 │        376,087┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 公  共  下  水  道  費  │        376,087┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 公      債      費│                 │        164,831┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 公      債      費│        164,831┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 予      備      費│                 │          60┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 予      備      費│          60┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   出   合   計           │        540,978┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────
第2表  地     方     債
                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃   起債の目的   │ 限度額 │   起債の方法   │  利 率  │   償還の方法   ┃
┠───────────┼────┼───────────┼───────┼───────────┨
┃           │    │(借入方法)     │年5%以内。 │ 償還期間、据置期間等┃
┃           │    │ 証書借入又は証券発行│但し、利率見直│については、特別の融資┃
┃           │    │による。発行価格が額面│し方式で借入れ│条件のあるものを除き、┃
┃           │    │金額を下回るときは、そ│る政府資金及び│据置期間を含め40年以内┃
┃           │    │の発行差額をうめるた │地方公共団体金│とする。       ┃
┃           │    │め、必要な金額をこれに│融機構資金につ│ 償還方法は、元金均等┃
┃下水道整備事業債   │ 104,900│加算した金額とすること│いて、利率の見│又は、元利均等による。┃
┃           │    │ができる。      │直しを行った後│ 但し、財政の都合によ┃
┃           │    │(借入時期)     │においては、当│り、据置期間及び償還期┃
┃           │    │平成28年度。     │該見直し後の利│間を短縮し、もしくは、┃
┃           │    │但し、事業その他の都合│率。     │繰上償還又は低利に借換┃
┃           │    │により、その一部又は全│       │えすることができる。 ┃
┃           │    │部を繰り延べ起債するこ│       │           ┃
┃           │    │とができる。     │       │           ┃
┠───────────┼────┼───────────┼───────┼───────────┨
┃流域下水道建設負担金債│ 10,500│  同 上      │  同 上  │  同 上      ┃
┠───────────┼────┼───────────┼───────┼───────────┨
┃     計     │ 115,400│           │       │           ┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第27号・平成28年度与那原町公共下水道事業特別会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成28年度の公共下水道事業特別会計予算の総額は540,978千円となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎上下水道課長(大城哲)

 議案第27号・平成28年度与那原町公共下水道事業特別会計予算について、概要を御説明申し上げます。

 本町の平成28年1月末における公共下水道事業(汚水事業)の進捗状況は、整備率で約68%、人口普及率で約78%、接続率(水洗化率)は人口比率で約72%、世帯数比率で約70%となっております。

 今年度の予算総額は、歳入歳出ともそれぞれ540,978千円となっており、その主な事業箇所は、汚水事業として、板良敷及び当添地区での実施設計業務、与原、板良敷、当添地区での汚水管布設工事、雨水事業が上与那原地区の雨水管基本設計を予定しております。

 まず歳入について御説明いたします。

第1款 使用料及び手数料は、72,173千円で、その主な内訳は、第1項使用料の下水道使用料72,100千円、第2項手数料で73千円となっております。

第2款 国庫支出金は、下水道事業補助金6,000千円となっております。

第3款 繰入金は、一般会計繰入金190,400千円となっております。

第4款 繰越金は、前年度繰越金3,000千円となっております。

第5款 諸収入は、3,005千円で、その主な内訳は、第2項雑入で消費税の還付金3,000千円となっております。

第6款 町債は、115,400千円で、その内訳は、第1目下水道整備事業債104,900千円、第2目流域下水道建設負担金債10,500千円となっております。

第7款 県支出金は、下水道事業補助金151,000千円となっております。

 続きまして、歳出を御説明いたします。

第1款 公共下水道費は、376,087千円で、その内訳としては、第1目一般管理費で466千円、第2目維持管理費で63,322千円となっており、その主な内訳は、第13節委託料7,150千円、第19節中城湾南部流域下水道維持管理負担金53,500千円となっております。第3目下水道整備費は、312,299千円で、その主な内訳は、給料、職員手当、共済費及び賃金で25,329千円、第13節委託料64,323千円、第15節工事請負費195,598千円、第19節負担金補助及び交付金の中城湾南部流域下水道建設負担金10,554千円、第22節補償補填及び賠償金の水道管切り回し等の補償費10,500千円となっております。

第2款 公債費は、164,831千円で、その内訳は、第1目元金償還金111,800千円、第2目利子償還金53,031千円となっております。

第3款 予備費は、60千円となっております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第27号は、建設文教常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第5.議案第28号・平成28年度与那原町水道事業会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第28号



平成28年度与那原町水道事業会計予算(案)

 地方公営企業法第24条第2項の規定により、別紙のとおり平成28年度与那原町水道事業会計予算(案)を提出し、議会の議決を求めます。



  平成28年3月7日提出

与那原町長 古 堅 國 雄

─────────────────────────────────────────

平成28年度与那原町水道事業会計予算


 (総 則)
第1条 平成28年度与那原町水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。
 (業務の予定量)
第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。
 (1)給水件数                                7,530 件
 (2)年間給水量                             1,878,000 m3
 (3)1日平均給水量                             5,200 m3
 (4)主要な建設改良事業
    イ 配水管等整備事業                         95,504 千円
 (収益的収入及び支出)
第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。
                    収     入
第1款 水道事業収益                             451,851 千円
第1項 営 業 収 益                            422,845 千円
第2項 営 業 外 収 益                            28,003 千円
第3項 特 別 利 益                               3 千円
                    支     出
 第1款 水道事業費用                            441,559 千円
  第1項 営 業 費 用                           425,180 千円
  第2項 営業外費用                            10,843 千円
  第3項 特 別 損 失                             536 千円
  第4項 予 備 費                             5,000 千円
 (資本的収入及び支出)
第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額100,439千円は、過年度分損益勘定留保資金40,439千円、建設改良積立金50,000千円及び減債積立金10,000千円をもって補填するものとする。)
                    収     入
 第1款 資本的収入                             17,005 千円
  第1項 企  業  債                             1 千円
  第2項 国 庫 補 助 金                          17,000 千円
  第3項 他会計補助金                              1 千円
  第4項 他会計出資金                              1 千円
  第5項 他会計負担金                              2 千円
                    支     出
 第1款 資本的支出                             117,444 千円
  第1項 建 設 改 良 費                          97,707 千円
  第2項 企業債償還金                           19,736 千円
  第3項 国庫補助返還金                             1 千円
 (債務負担行為)
第5条 債務負担行為をすることができる事項、期間及び限度額は、次のとおりと定める。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃         事    項         │    期   間    │  限 度 額  ┃
┠───────────────────────┼─────────────┼────────┨
┃  ? 公営企業会計・水道料金システム賃借料 │ 平成24年度〜平成28年度 │  18,595千円 ┃
┠───────────────────────┼─────────────┼────────┨
┃  ? コピー機賃借料            │ 平成25年度〜平成29年度 │   1,260千円 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┛
 (一時借入金)
第6条 一時借入金の限度額は、30,000千円と定める。
 (議会の議決を経なければ流用することのできない経費)
第7条 次に掲げる経費については、その経費の金額を、それ以外の経費の金額に流用し、又はそれ以外の経費をその経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。
 (1)職員給与費                              30,538 千円
 (2)交際費                                   1 千円
 (たな卸資産購入限度額)
第9条 たな卸資産の購入限度額は、5,000千円と定める。

  平成28年3月7日提出
与那原町長 古 堅 國 雄
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第28号・平成28年度与那原町水道事業会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成28年度の水道事業会計予算の総額は559,003千円の規模となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎上下水道課長(大城哲)

 平成28年度与那原町水道事業会計予算(案)を提案するに当たり、その概要を御説明申し上げます。

 平成28年度における主な水道事業といたしましては、板良敷地内での重要管路(送水管)の耐震化工事と、昨年度に取りまとめた配水池の耐震二次診断の結果を基に、耐震補強の実施設計業務を行ってまいります。また、漏水調査業務により漏水の早期発見に努め、発生した漏水の迅速な修理工事を行うとともに、水質検査業務で徹底した水質管理による、安心・安全な水の安定的な供給の持続を目指します。

 今後も水道施設の計画的な整備と日常的な保守管理に十分配慮し、健全な財政の維持・事業経営の効率化を基本方針に、信頼性の高い水道事業を継続してまいります。

 第2条 業務の予定量は、当年度給水件数7,530件、年間給水量1,878,000m3、一日平均給水量で約5,200m3を予定しております。

 第3条 収益的収入及び支出について

 収入といたしましては、第1款水道事業収益で451,851千円を予定し、第1項営業収益は422,845千円で、その内訳として第1目給水収益407,100千円、第2目受託工事収益8,501千円、第3目その他営業収益7,244千円を予定しております。

 第2項営業外収益は29,003千円で、その内訳として、第1目受取利息450千万円、第2目他会計補助金456千円、第3目他会計負担金768千円、第4目雑収益117千円、第5目消費税還付金1千円、第6目長期前受金戻入27,211千円となっております。第3項特別利益は3千円で、第1目固定資産売却益1千円、第2目過年度損益修正益1千円、退職給付引当金戻入1千円であります。

 支出といたしましては、第1款水道事業費用で441,559千円を予定し、第1項営業費用は425,180千円で、その内訳として、第1目受水費は223,000千円で浄水購入費であります。第2目総係費は64,131千円、第3目業務費は77,742千円、第4目減価償却費は59,876千円、第5目資産減耗費は400千円、第6目その他営業費用で31千円を予定しております。第2項営業外費用は10,843千円で、その内訳として、第1目支払利息5,341千円、第2目雑支出は2千円、第3目消費税は5,500千円を見込んでおります。第3項特別損失は536千円、第4項予備費は5,000千円を予定しております。

 第4条 資本的収入及び支出について

 収入といたしましては、第1款資本的収入で17,005千円を予定し、その内訳は、第1項企業債1千円、第2項国庫補助金17,000千円で、第3項他会計補助金、第4項他会計出資金、第5項他会計負担金は、それぞれ費目存置を予定しております。

 支出といたしましては、第1款資本的支出で117,444千円を予定し、第1項建設改良費は97,707千円で、その内訳として、第1目配水施設費95,504千円、第2目営業設備費2,200千円となり、第3目施設買収費、第4目車両購入費及び第5目その他構築物は費目存置となっております。第2項企業債償還金は19,736千円を予定しております。第3項国庫補助返還金は費目存置となっております。

 資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額100,439千円は、過年度分損益勘定留保資金40,439千円、及び建設改良積立金50,000千円、減債積立金10,000千円をもって補てんする予定であります。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、収入支出一括して行います。質疑を許します。

 暫時休憩します。

午後2時04分 休憩午後2時08分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第28号は、建設文教常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 以上で本日の日程は、全部終了しました。

 本日は、これで散会します。御苦労さまでした。

午後2時09分 散会