議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 与那原町

平成27年9月第3回定例会 09月09日−03号




平成27年9月第3回定例会 − 09月09日−03号







平成27年9月第3回定例会




┌───────────────────────────────────────────────┐
│                                               │
│ 平成27年                                          │
│                与那原町議会定例会会議録(第3号)              │
│ 第 3 回                                          │
│            平成27年9月9日(水曜日)   午前10時01分開議            │
│                                               │
└───────────────────────────────────────────────┘




[議 事 日 程  第3号]

 平成27年9月9日(水曜日)

 午前10時00分開議


日程第1.認定第1号 平成26年度与那原町一般会計歳入歳出決算の認定について
日程第2.認定第2号 平成26年度与那原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第3.認定第3号 平成26年度与那原町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第4.認定第4号 平成26年度与那原町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第5.認定第5号 平成26年度与那原町水道事業会計決算の認定について
日程第6.議案第52号 平成26年度与那原町水道事業会計の決算に伴う剰余金の処分について
─────────────────────────────────────────
[本日の会議に付した事件]
日程第1.認定第1号 平成26年度与那原町一般会計歳入歳出決算の認定について
日程第2.認定第2号 平成26年度与那原町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第3.認定第3号 平成26年度与那原町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第4.認定第4号 平成26年度与那原町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について
日程第5.認定第5号 平成26年度与那原町水道事業会計決算の認定について
日程第6.議案第52号 平成26年度与那原町水道事業会計の決算に伴う剰余金の処分について
─────────────────────────────────────────
[出 席 議 員(14名)]
1番  識 名 盛 紀 議員          8番  喜屋武 一 彦 議員
2番  舩 谷 政 喜 議員          9番  田 中 直 子 議員
3番  山 口   修 議員          10番  津 波   弘 議員
4番  松 長 康 二 議員          11番  上 原   晃 議員
5番  比 嘉 徳 雄 議員          12番  我 謝 孟 範 議員
6番  上江洲 安 昌 議員          13番  仲 里   司 議員
7番  当 真   聡 議員          14番  城 間 盛 光 議員
─────────────────────────────────────────
[職務のため議場に出席した事務局職員の職、氏名]
事 務 局 長   照 屋   基         主     事   照 屋 朝 也
主     査   辺土名   梢                          
─────────────────────────────────────────
[説明のため出席した者の職、氏名]
町     長   古 堅 國 雄         農水環境安全課   新 里   健
                          参     事          
副  町  長   照 屋   勉         住 民 課 長   辺土名   彬
教  育  長   當 山   健         福 祉 課 長   宮 城 きよみ
サンライズ推進   上 原 丈 二         子育て支援課長   伊 集 京 美
特 命 参 事                                    
出 納 室 長   玉 城   仁         健康保険課長    新 垣 政 孝
総 務 課 長   城 間 秀 盛         まちづくり課長   比 嘉 義 明
財 政 課 長   上 原   謙         上下水道課長    大 城   哲
企画観光課長    山 城   司         学校教育課長    岡     剛
補    佐                                     
税 務 課 長   仲 里 武 徳         生涯学習振興    宮 平 律 子
                          課    長           
農水環境安全    石 川   毅                          
課    長                                     
─────────────────────────────────────────




○議長(識名盛紀)

 これから本日の会議を開きます。

午前10時01分 開議

─────────────────────────────────────────



○議長(識名盛紀)

 この際、申し上げます。決算の日程に入る前に、平成26年度工事完成箇所の視察を行いたいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 異議なしと認めます。これより工事完成箇所の視察を行います。

 暫時休憩します。


午前10時01分 休憩午後1時30分 再開




○議長(識名盛紀)

 再開します。

 日程第1.認定第1号・平成26年度与那原町一般会計歳入歳出決算の認定についてを議題とします。

 本件について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△認定第1号



平成26年度与那原町一般会計歳入歳出決算の認定について

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第233条第3項の規定により、平成26年度与那原町一般会計歳入歳出決算について、監査委員の意見を付けて議会の認定に付する。



  平成27年9月7日提出

与那原町長 古 堅 國 雄

─────────────────────────────────────────

平成26年度与那原町一般会計歳入歳出決算概要説明書

 平成26年度の事業執行につきましては、町議会をはじめ町民皆様方の御理解と御協力をいただき諸事業が滞りなく進捗したことに心から感謝申し上げます。

 それでは、平成26年度与那原町一般会計歳入歳出決算について、その概要を御説明いたします。

1.平成26年度一般会計歳入歳出決算の状況は、[表1]のとおりとなっています。

 その概要は、歳入総額8,146,817,857円に対し、歳出総額7,726,022,430円、歳入歳出差引額が420,795,427円となり、翌年度繰越額51,988,000円を差し引いた実質収支額は、368,807,427円となっています。

 そのうち、地方自治法第233条の2の規定による基金繰入額が188,807,427円とし、残額180,000,000円を平成26年度へ繰越額として処理しました。
[表1]一般会計決算の状況                         (単位:円)
 ┌───────────────────┬─────────────────────┐
 │       区   分       │        金   額        │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │1.歳入総額             │          8,146,817,857     │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │2.歳出総額             │          7,726,022,430     │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │3.歳入歳出差引額(1−2)     │           420,795,427     │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │4.翌年度へ繰り越すべき財源     │           51,988,000     │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │5.実質収支額(3−4)       │           368,807,427     │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │6.基金繰入額(法233の2)      │           188,807,427     │
 ├───────────────────┼─────────────────────┤
 │7.平成26年度への繰越額(5−6)  │           180,000,000     │
 └───────────────────┴─────────────────────┘


2.次に、款別歳入決算の状況について御説明いたします。

 歳入決算の状況は、[表2]のとおりとなっています。

 収入済額合計は8,146,818千円で、対予算収納率は93.2%、対調定収納率は99.4%となっています。

 収入における対調定収納率が100%未満の主なものは次のとおりです。

 第1款・町税は予算現額1,466,895千円、調定額1,537,105千円、収入済額1,505,744千円、収入未済額26,045千円で、収納率は対調定額で98.0.8%となっています。

 第12款・分担金及び負担金は、予算現額135,505千円、調定額141,472千円、収入済額132,653千円、収入未済額8,750千円で、収納率は対調定93.8%となっています。

 第13款・使用料及び手数料は、予算現額57,446千円、調定額62,567千円、収入済額61,909千円、収入未済額595千円で、収納率は対調定で98.9%となっています。

 第16款・財産収入は、予算現額3,275千円、調定額3,993千円、収入済額3,979千円、収入未済額13千円で、収納率は対調定99.6%となっています。

 第20款・諸収入は、予算額210,456千円、調定額223,347千円、収入済額212,248千円、収入未済額10,051千円で、収納率は対調定95.0%となっています。


[表2]歳入の状況                                  (単位:千円、%)
┌─────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┬────┬───────┐
│             │     │     │     │ 不  納 │収  入│ 収納率(%) │
│      款       │ 予算現額 │ 調 定 額 │ 収入済額 │ 欠 損 額 │未 済 額├───┬───┤
│             │     │     │     │     │    │対予算│対調定│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│1 町税         │ 1,466,895│ 1,537,105│ 1,505,744│   5,320│ 26,045│ 102.6│ 98.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│2 地方譲与税      │  33,753│  32,289│  32,289│     0│    0│ 95.7│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│3 利子割交付金     │   2,773│   2,619│   2,619│     0│    0│ 94.4│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│4 配当割交付金     │   4,020│   3,952│   3,952│     0│    0│ 98.3│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│5 株式等譲渡所得割交付金│   2,993│   2,993│   2,993│     0│    0│ 100.0│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│6 地方消費税交付金   │  141,417│  141,417│  141,417│     0│    0│ 100.0│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│7 ゴルフ場利用税交付金 │   1,612│   1,638│   1,638│     0│    0│ 101.6│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│8 自動車取得税交付金  │   3,180│   3,102│   3,102│     0│    0│ 97.5│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│9 地方特例交付金    │   9,145│  10,688│  10,688│     0│    0│ 116.9│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│10 地方交付税      │ 1,796,969│ 1,796,969│ 1,796,969│     0│    0│ 100.0│ 100.0│
└─────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┴────┴───┴───┘

┌─────────────┬─────┬─────┬─────┬─────┬────┬───────┐
│             │     │     │     │ 不  納 │収  入│ 収納率(%) │
│      款       │ 予算現額 │ 調 定 額 │ 収入済額 │ 欠 損 額 │未 済 額├───┬───┤
│             │     │     │     │     │    │対予算│対調定│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│11 交通安全対策特例交付金│   2,700│   2,311│   2,311│     0│    0│ 85.6│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│12 分担金及び負担金   │  135,505│  141,472│  132,653│    68│  8,750│ 97.9│ 93.8│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│13 使用料及び手数料   │  57,446│  62,567│  61,909│    64│   595│ 107.8│ 98.9│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│14 国庫支出金      │  995,546│  987,005│  987,005│     0│    0│ 99.1│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│15 県支出金       │ 2,716,645│ 2,136,968│ 2,136,968│     0│    0│ 78.7│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│16 財産収入       │   3,275│   3,993│   3,979│     0│   13│ 121.5│ 99.6│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│17 寄附金        │   3,006│   3,005│   3,005│     0│    0│ 100.0│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│18 繰入金        │  433,533│  429,639│  429,639│     0│    0│ 99.1│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│19 繰越金        │  44,309│  44,309│  44,309│     0│    0│ 100.0│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│20 諸収入        │  210,456│  223,347│  212,248│   1,048│ 10,051│ 100.9│ 95.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│21 町債         │  673,881│  631,381│  631,381│     0│    0│ 93.7│ 100.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼────┼───┼───┤
│     合 計     │ 8,739,059│ 8,198,769│ 8,146,818│   6,500│ 45,454│ 93.2│ 99.4│
└─────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┴────┴───┴───┘


 次に、不納欠損額及び収入未済額の状況について御説明いたします。

 不納欠損額及び収入未済額は、[表3]のとおりとなっています。

 不納欠損額は、第1款・町税が451件、5,320千円、第12款・分担金及び負担金の保育所保育料滞納繰越分が1件、68千円、第13款・使用料及び手数料の幼稚園保育料滞納繰越分が2件、64千円、第20款・諸収入の雑入で保育所主食費1件、1千円、学校給食費の滞納繰越分が31件、1,047千円、合計で486件、6,500千円となっています。

 また、収入未済額の主なものは、第1款・町税が26,045千円、第12款・分担金及び負担金の保育所保育料が8,750千円、第13款・使用料及び手数料の幼稚園保育料が595千円、第16款・財産収入の土地貸付収入が13千円、第20款・諸収入の保育所主食費が213千円、学校給食費で9,838千円、合計で45,454千円となっています。


[表3]不納欠損額及び収入未済額の主なもの                   (単位:千円、件)
┌──────────────────────┬───────────┬────────────┐
│                      │   不納欠損額   │            │
│        区    分        ├─────┬─────┤    収入未済額    │
│                      │  件数  │  金額  │            │
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│1款 町税                 │    451│   5,320│         26,045│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    町民税               │    40│    279│          7,667│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    固定資産税             │    294│   4,599│         16,634│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    軽自動車税             │    117│    442│          1,744│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│12款 分担金及び交付金           │     1│    68│          8,750│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    保育料現年分            │     0│     0│          2,455│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    保育料滞納分            │     1│    68│          6,295│
└──────────────────────┴─────┴─────┴────────────┘

┌──────────────────────┬───────────┬────────────┐
│                      │   不納欠損額   │            │
│        区    分        ├─────┬─────┤    収入未済額    │
│                      │  件数  │  金額  │            │
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│13款 使用料及び手数料           │     2│    64│           595│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    町営住宅使用料           │     0│     0│            0│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    滞納繰越分             │     0│     0│            0│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    駐車場使用料            │     0│     0│            0│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    幼稚園保育料            │     0│     0│           188│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    幼稚園入園料            │     0│     0│            0│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    預かり保育料            │     0│     0│           162│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    滞納繰越分             │     2│    64│           245│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│16款 財産収入               │     0│     0│           13│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    土地貸付収入            │     0│     0│           13│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│     〃 滞納分            │     0│     0│            0│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│20款 諸収入                │    32│   1,048│         10,051│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    保育所主食費            │     1│     1│           213│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    学校給食費(現年分)        │     0│     0│          2,744│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│    学校給食費(滞納分)        │    31│   1,047│          7,094│
├──────────────────────┼─────┼─────┼────────────┤
│        合    計        │    486│   6,500│         45,454│
└──────────────────────┴─────┴─────┴────────────┘


 次に、款別歳入前年度比較について御説明いたします。

 款別歳入決算の前年度比較の状況は、[表4]のとおりとなっています。

 歳入の前年度比較においては17.6%、1,217,747千円の増となりました。その内訳は、次のとおりです。

 第1款・町税は1.9%、28,789千円の増となっています。その内訳は、町民税で11,567千円の増、固定資産税が23,060千円の増、軽自動車税が2,185千円の増、市町村たばこ税8,023千円の減となっています。

 第2款・地方譲与税は、△4.6%、1,574千円の減となっています。

 第3款・利子割交付金は、△14.9%、460千円の減となっています。

 第4款・配当割交付金は、77.9%、1,730千円の増となっています。

 第5款・株式等譲渡所得割交付金は、△18.4%、677千円の減となっています。

 第6款・地方消費税交付金は、22.9%、26,387千円の増となっています。

 第7款・ゴルフ場利用税交付金は、△1.8%、30千円の減となっています。

 第8款・自動車取得税交付金は、△56.9%、4,087千円の減となっています。

 第9款・地方特例交付金は、11.0%、1,062千円の増となっています。

 第10款・地方交付税は、△6.1%、115,882千円の減となっています。

 第11款・交通安全対策特別交付金は、△14.5%、391千円の減となっています。

 第12款・分担金及び負担金は、2.4%、3,121千円の増となっています。

 第13款・使用料及び手数料は、0.6%、394千円の増となっています。

 第14款・国庫支出金は、7.1%、65,256千円の増となっています。

 第15款・県支出金は、99.5%、1,065,744千円の増となっています。

 第16款・財産収入は、20.4%、674千円の増となっています。

 第17款・寄附金は、△48.5%、2,829千円の減となっています。

 第18款・繰入金は、170.5%、270,830千円の増となっています。

 一般会計が財源不足となったため、財政調整基金から370,000千円取り崩して繰入ています。

 第19款・繰越金は、△86.5%、283,394千円の減となっています。

 第20款・諸収入は、5.8%、11,547千円の増となっています。

 第21款・町債は、31.6%、151,536千円の増となっています。


[表4]款別歳入前年度比較                              (単位:千円、%)
┌─────────────┬───────────┬───────────┬────────────┐
│             │   平成26年度   │   平成25年度   │    増  減    │
│      款      ├─────┬─────┼─────┬─────┼──────┬─────┤
│             │ 金 額 │ 構成比 │ 金 額 │ 構成比 │  金 額  │ 増減率 │
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│1 町税         │ 1,505,744│   18.5│ 1,476,955│   21.3│   28,789│    1.9│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│2 地方譲与税      │  32,289│    0.4│  33,863│    0.5│  △ 1,574│  △ 4.6│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│3 利子割交付金     │   2,619│    0.0│   3,079│    0.0│   △ 460│  △ 14.9│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│4 配当割交付金     │   3,952│    0.0│   2,222│    0.0│    1,730│   77.9│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│5 株式等譲渡所得割交付金│   2,993│    0.0│   3,670│    0.1│   △ 677│  △ 18.4│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│6 地方消費税交付金   │  141,417│    1.7│  115,030│    1.7│   26,387│   22.9│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│7 ゴルフ場利用税交付金 │   1,638│    0.0│   1,668│    0.0│    △ 30│  △ 1.8│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│8 自動車取得税交付金  │   3,102│    0.0│   7,189│    0.1│  △ 4,087│  △ 56.9│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│9 地方特例交付金    │  10,688│    0.1│   9,626│    0.1│    1,062│   11.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│10 地方交付税      │ 1,796,969│   22.1│ 1,912,851│   27.6│ △ 115,882│  △ 6.1│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│11 交通安全対策特別交付金│   2,311│    0.0│   2,702│    0.0│   △ 391│  △ 14.5│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│12 分担金及び負担金   │  132,653│    1.6│  129,532│    1.9│    3,121│    2.4│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│13 使用料及び手数料   │  61,909│    0.8│  61,515│    0.9│     394│    0.6│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│14 国庫支出金      │  987,005│   12.1│  921,749│   13.3│   65,256│    7.1│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│15 県支出金       │ 2,136,968│   26.2│ 1,071,224│   15.5│  1,065,744│   99.5│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│16 財産収入       │   3,979│    0.0│   3,305│    0.0│     674│   20.4│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│17 寄附金        │   3,005│    0.0│   5,834│    0.1│  △ 2,829│  △ 48.5│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│18 繰入金        │  429,639│    5.3│  158,808│    2.3│   270,831│   170.5│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│19 繰越金        │  44,309│    0.5│  327,703│    4.7│ △ 283,394│  △ 86.5│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│20 諸収入        │  212,248│    2.6│  200,701│    2.9│   11,547│    5.8│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│21 町債         │  631,381│    7.8│  479,845│    6.9│   151,536│   31.6│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│     合 計     │ 8,146,818│   100.0│ 6,929,071│   100.0│  1,217,747│   17.6│
└─────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┴──────┴─────┘


3.次に、款別歳出決算の状況について御説明いたします。

 款別歳出決算の状況は、[表5]のとおりとなっています。

 予算現額8,739,059千円に対し、支出済額7,726,022千円、翌年度繰越額607,014千円を差し引いた不用額は、406,023千円となっています。執行率は、全体で88.4%となっています。

 翌年度繰越額607,014千円の内訳は、第2款・総務費、第1項・総務管理費、庁舎維持管理事業で2,215千円、与那原町創生総合戦略・人口ビジョン策定事業で10,000千円となっています。

 第3款・民生費、第1項・社会福祉費、シルバー生き活きサポート事業で5,900千円、第2項・児童福祉費、法人保育園補助事業で188,751千円、待機児童世帯助成事業で3,000千円となっています。

 第6款・農林水産費、第3項・水産業費、水産業構造改善事業補助金で192,023千円となっています。

 第7款・商工費、第1項・商工費、消費喚起プレミアム商品券発行事業で37,613千円、与那原大綱曳まつり集客力アップ事業で3,000千円となっています。

 第8款・土木費、第2項・道路橋梁費、交付金事業費で158,186千円、板良敷大里線道路整備事業で3,302千円となっています。

 第10款・教育費、第1項・教育総務費、事務局運営事業で3,024千円となっています。

 次に、不用額406,023千円の主なものは、第2款・総務費、第1項・総務管理費で37,356千円、第2項・徴税費で1,428千円となっています。

 第3款・民生費、第1項・社会福祉費で213,017千円、第2項・児童福祉費で57,971千円となっています。

 第4款・衛生費、第1項・保健衛生費で27,195千円、第2項・清掃費で1,728千円となっています。

 第6款・農林水産費、第1項・農業費で1,494千円、第3項・水産業費で20,239千円となっています。

 第7款・商工費、第1項・商工費では7,927千円となっています。

 第8款・土木費、第2項・道路橋梁費で7,245千円、第4項・都市計画費で4,892千円となっています。

 第10款・教育費、第1項・教育総務費では1,629千円、第2項・小学校費で4,428千円、第3項・中学校費で1,219千円、第4項・幼稚園費で1,442千円、第5項・社会教育費で1,640千円となっています。


[表5]款別歳出決算の状況                           (単位:千円、%)
┌──────────────┬──────┬──────┬──────┬─────┬─────┐
│       款       │ 予算現額 │ 支出済額 │翌年度繰越額│ 不 用 額 │ 執 行 率 │
├──────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│1 議会費         │   103,944│   103,509│      0│    435│   99.6│
├──────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│2 総務費         │  2,103,484│  2,052,088│   12,215│  39,181│   97.6│
├──────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│3 民生費         │  2,877,987│  2,409,347│   197,651│  270,989│   83.7│
├──────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│4 衛生費         │   655,501│   626,578│      0│  28,923│   95.6│
├──────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│6 農林水産費       │   248,067│   34,311 │   192,023│   21,733│   13.8│
├──────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│7 商工費         │   243,835│   195,295│   40,613│   7,927│   80.1│
├──────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│8 土木費         │   859,057│   685,186│   161,488│  12,383│   79.8│
├──────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│9 消防費         │   219,281│   219,281│      0│     0│   100.0│
├──────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│10 教育費         │   898,777│   884,501│    3,024│  11,252│   98.4│
├──────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│11 災害復旧費       │      3│      0│      0│     3│    0.0│
├──────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│12 公債費         │   521,721│   515,926│      0│   5,795│   98.9│
├──────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│14 予備費         │    7,402│      0│      0│   7,402│    0.0│
├──────────────┼──────┼──────┼──────┼─────┼─────┤
│    歳 出 合 計    │  8,739,059│  7,726,022│   607,014│  406,023│   88.4│
└──────────────┴──────┴──────┴──────┴─────┴─────┘


 次に、款別歳出決算前年度比較の状況について御説明いたします。

 款別歳出決算前年度比較の状況は、[表6]のとおりとなっています。

 各款別の前年度比較では、12.6%、864,816千円の増となりました。その主な内容は、次のとおりです。

 第1款・議会費で3.2%、3,250千円の増となっています。

 第2款・総務費では124.5%、1,137,933千円の増となっています。その内訳は、第1款・総務管理費で1,135,114千円の増、第2項・徴税費で7,689千円の増、第3項・戸籍住民基本台帳費で6,961千円の減、第4項・選挙費では1,379千円の増、第5項・統計調査費では750千円の増、第6項・監査費で38千円の減となっています。

 第3款・民生費では0.4%、10,383千円の増となっています。その内訳は、第1項・社会福祉費では95,109千円の増、第2項・児童福祉費で84,726千円の減となっています。

 第4款・衛生費では△1.4%、9,095千円の減となっています。その内訳は、第1項・保健衛生費で16,567千円の増、第2項・清掃費で25,662千円の減となっています。

 第6款・農林水産費では△23.2%、10,356千円の減となっています。その内訳は、第1項・農業費で5,877千円の増、第3項・水産業費で16,233千円の減となっています。

 第7款・商工費では△29.0%、79,723千円の減となっています。

 第8款・土木費では15.7%、92,948千円の増となっています。その内訳は、第1項・土木管理費で1,351千円の減、第2項・道路橋梁費で42,397千円の増、第4項・都市計画費で52,063千円の増、第5項・住宅費で161千円の減となっています。

 第9款・消防費では△1.4%、3,208千円の減となっています。

 第10款・教育費では△22.7%、259,290千円の減となっています。その内訳は、第1項・教育総務費で126,560千円の増、第2項・小学校費で421,161千円の減、第3項・中学校費で7,367千円の減、第4項・幼稚園費で31,370千円の増、第5項・社会教育費で11,225千円の増、第6項・保健体育費で83千円の増となっています。

 第12款・公債費では△3.4%、18,026千円の減となっています。


[表6]款別歳出決算前年度比較                            (単位:千円、%)
┌─────────────┬───────────┬───────────┬────────────┐
│             │   平成26年度   │   平成25年度   │    増  減    │
│      款      ├─────┬─────┼─────┬─────┼──────┬─────┤
│             │ 金 額 │ 構成比 │ 金 額 │ 構成比 │  金 額  │ 増減率 │
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│1 議会費        │  103,509│    1.3│  100,259│    1.5│    3,250│    3.2│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│2 総務費        │ 2,052,088│   26.6│  914,155│   13.3│  1,137,933│   124.5│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│3 民生費        │ 2,409,347│   31.2│ 2,398,964│   35.0│   10,383│    0.4│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│4 衛生費        │  626,578│    8.1│  635,673│    9.3│  △ 9,095│  △ 1.4│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│6 農林水産費      │  34,311│    0.4│  44,667│    0.7│  △ 10,356│  △ 23.2│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│7 商工費        │  195,295│    2.5│  275,018│    4.0│  △ 79,723│  △ 29.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│8 土木費        │  685,186│    8.9│  592,238│    8.6│   92,948│   15.7│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│9 消防費        │  219,281│    2.8│  222,489│    3.2│  △ 3,208│  △ 1.4│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│10 教育費        │  884,501│   11.4│ 1,143,791│   16.7│ △ 259,290│  △ 22.7│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│11 災害復旧費      │     0│    0.0│     0│    0.0│      0│    0.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│12 公債費        │  515,926│    6.7│  533,952│    7.8│  △ 18,026│  △ 3.4│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│14 予備費        │     0│    0.0│     0│    0.0│      0│    0.0│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│   歳 出 合 計   │ 7,726,022│   100.0│ 6,861,206│   100.0│   864,816│   12.6│
└─────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┴──────┴─────┘


 次に、性質別決算前年度比較の状況について御説明いたします。

 性質別決算の前年度比較の状況は[表7]のとおりであります。

 義務的経費においては4.7%、140,601千円の増となっています。その内訳は、人件費が△0.6%、6,165千円の減、扶助費が11.7%、164,792千円の増、公債費が△3.4%、18,026千円の減となっています。

 投資的経費においては、77.4%、816,259千円の増となっています。その内訳は、補助事業が90.9%、776,640千円の増、単独事業が19.8%、39,619千円の増となっています。


[表7]性質別歳出決算前年度比較                           (単位:千円、%)
┌─────────────┬───────────┬───────────┬────────────┐
│             │   平成26年度   │   平成25年度   │    増  減    │
│      款      ├─────┬─────┼─────┬─────┼──────┬─────┤
│             │ 金 額 │ 構成比 │ 金 額 │ 構成比 │  金 額  │ 増減率 │
├───────┬─────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│       │ 人件費 │ 1,051,559│   13.6│ 1,057,724│   15.4│  △ 6,165│  △ 0.6│
│       ├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│       │ 扶助費 │ 1,570,514│   20.3│ 1,405,722│   20.5│   164,792│   11.7│
│ 義務的経費 ├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│       │ 公債費 │  515,926│    6.7│  533,952│    7.8│  △ 18,026│  △ 3.4│
│       ├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│       │  計  │ 3,137,999│   40.6│ 2,997,398│   43.7│   140,601│    4.7│
├───────┼─────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│       │ 補助事業 │ 1,631,258│   21.1│  854,618│   12.5│   776,640│   90.9│
│       ├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│       │ 単独事業 │  239,418│    3.1│  199,799│    2.9│   39,619│   19.8│
│ 投資的経費 ├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│       │ 災害復旧 │     5│    0.0│     0│    0.0│      5│    0.0│
│       ├─────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│       │  計  │ 1,870,676│   24.2│ 1,054,417│   15.4│   816,259│   77.4│
├───────┴─────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│    その他の経費    │ 2,717,347│   35.2│ 2,809,391│   40.9│  △ 92,044│  △ 3.3│
├─────────────┼─────┼─────┼─────┼─────┼──────┼─────┤
│    合    計    │ 7,726,022│   100.0│ 6,861,206│   100.0│   864,816│   12.6│
└─────────────┴─────┴─────┴─────┴─────┴──────┴─────┘


4.平成26年度の主要事業は、[表8]のとおりです。


[表8]平成26年度の主要事業                               (単位:千円)
┌──────────┬────────────────────┬───────┬──────┬───┐
│     款     │       事  業  名       │  金  額  │ 主 管 課 │単・補│
├──────────┼────────────────────┼───────┼──────┼───┤
│          │                    │       │      │   │
│2款・総務費    │与那原町観光交流施設整備事業(繰越)  │    918,653│企画観光課 │ 補助 │
│2款・総務費    │与那原町観光交流施設整備事業      │    433,349│企画観光課 │ 補助 │
│8款・土木費    │軽便鉄道跡地整備事業          │    39,362│企画観光課 │ 補助 │
│8款・土木費    │道路新設工事              │    204,144│まちづくり課│ 補助 │
│8款・土木費    │道路新設工事(繰越)          │    62,526│まちづくり課│ 補助 │
│10款・教育費    │与那原小学校大規模改修事業       │    162,158│学校教育課 │ 補助 │
│10款・教育費    │与那原東小学校建設事業         │    29,903│学校教育課 │ 補助 │
│10款・教育費    │与那原幼稚園新増改築事業        │    24,022│学校教育課 │ 補助 │
├──────────┼────────────────────┼───────┼──────┼───┤
│          │                    │       │      │ 単独 │
└──────────┴────────────────────┴───────┴──────┴───┘
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 認定第1号・平成26年度与那原町一般会計歳入歳出決算の認定について提案理由を御説明申し上げます。本件は、地方自治法第233条第3項の規定により、監査委員の意見をつけて議会の認定をお願いするものでございます。

 概要説明書をお配りしてございますので御一読いただき、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、認定を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出区分して行います。まず、歳入に対する質疑を許します。

〔休憩を求める声あり〕



○議長(識名盛紀)