議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 与那原町

平成27年9月第3回定例会 09月08日−02号




平成27年9月第3回定例会 − 09月08日−02号







平成27年9月第3回定例会




┌───────────────────────────────────────────────┐
│                                               │
│ 平成27年                                          │
│                与那原町議会定例会会議録(第2号)              │
│ 第 3 回                                          │
│            平成27年9月8日(火曜日)   午前10時01分開議            │
│                                               │
└───────────────────────────────────────────────┘




[議 事 日 程  第2号]

 平成27年9月8日(火曜日)

 午前10時00分開議


日程第1.議案第48号  平成27年度与那原町一般会計補正予算(第3号)
日程第2.議案第49号  平成27年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
日程第3.議案第50号  平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
日程第4.議案第51号  平成27年度与那原町水道事業会計補正予算(第1号)
─────────────────────────────────────────
[本日の会議に付した事件]
日程第1.議案第48号  平成27年度与那原町一般会計補正予算(第3号)
日程第2.議案第49号  平成27年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
日程第3.議案第50号  平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
日程第4.議案第51号  平成27年度与那原町水道事業会計補正予算(第1号)
─────────────────────────────────────────
[出 席 議 員(14名)]
1番  識 名 盛 紀 議員          8番  喜屋武 一 彦 議員
2番  舩 谷 政 喜 議員          9番  田 中 直 子 議員
3番  山 口   修 議員          10番  津 波   弘 議員
4番  松 長 康 二 議員          11番  上 原   晃 議員
5番  比 嘉 徳 雄 議員          12番  我 謝 孟 範 議員
6番  上江洲 安 昌 議員          13番  仲 里   司 議員
7番  当 真   聡 議員          14番  城 間 盛 光 議員
─────────────────────────────────────────
[職務のため議場に出席した事務局職員の職、氏名]
事 務 局 長   照 屋   基         主     事   照 屋 朝 也
主     査   辺土名   梢                          
─────────────────────────────────────────
[説明のため出席した者の職、氏名]
町     長   古 堅 國 雄         農水環境安全課   新 里   健
                          参     事          
副  町  長   照 屋   勉         住 民 課 長   辺土名   彬
教  育  長   當 山   健         福 祉 課 長   宮 城 きよみ
サンライズ推進   上 原 丈 二         子育て支援課長   伊 集 京 美
特 命 参 事                                    
出 納 室 長   玉 城   仁         健康保険課長    新 垣 政 孝
総 務 課 長   城 間 秀 盛         まちづくり課長   比 嘉 義 明
財 政 課 長   上 原   謙         上下水道課長    大 城   哲
企画観光課長    山 城   司         学校教育課長    岡     剛
補    佐                                     
税 務 課 長   仲 里 武 徳         生涯学習振興    宮 平 律 子
                          課    長           
農水環境安全    石 川   毅                          
課    長                                     
─────────────────────────────────────────




○議長(識名盛紀)

 これから本日の会議を開きます。

午前10時01分 開議

─────────────────────────────────────────



○議長(識名盛紀)

 日程第1.議案第48号・平成27年度与那原町一般会計補正予算(第3号)を議題とします。

 本件について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第48号



平成27年度与那原町一般会計補正予算(第3号)



 平成27年度与那原町一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算の補正)

第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ35,863千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7,582,560千円とする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (債務負担行為の補正)

第2条 債務負担行為の追加は「第2表 債務負担行為補正」による。

 (地方債の補正)

第3条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことのできる地方債の追加変更は、「第3表 地方債の補正」による。


平成27年9月7日         与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────


第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
歳 入                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃1 町         税│             │  1,471,415│   26,000│  1,497,415┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 町    民    税│   643,917│   26,000│   669,917┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃9 地 方 特 例 交 付 金 │             │    8,016│     50│    8,066┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 地 方 特 例 交 付 金 │    8,016│     50│    8,066┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃10 地  方  交  付  税│             │  1,687,842│   93,415│  1,781,257┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 地  方  交  付  税│  1,687,842│   93,415│  1,781,257┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃13 使用料及び手数料   │             │   61,356│     136│   61,492┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 使    用    料│   49,810│     136│   49,946┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃14 国  庫  支  出  金│             │   954,698│    3,832│   958,530┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 国  庫  負  担  金│   759,497│     398│   759,895┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 国  庫  補  助  金│   190,464│    3,434│   193,898┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃15 県  支  出  金 │             │  1,817,754│   10,947│  1,828,701┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 県  負  担  金 │   368,269│     199│   368,468┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 県  補  助  金 │  1,419,544│   10,751│  1,430,295┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │3 県  委  託  金 │   29,941│    △ 3│   29,938┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃16 財  産  収  入 │             │    3,140│     840│    3,980┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 財 産 売 払 収 入│      1│     840│     841┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃17 寄    附    金│             │    1,707│     900│    2,607┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 寄    附    金│    1,707│     900│    2,607┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃18 繰    入    金│             │   525,024│ △ 302,442│   222,582┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 繰    入    金│   525,024│ △ 302,442│   222,582┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃19 繰    越    金│             │   10,000│   170,000│   180,000┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 繰    越    金│   10,000│   170,000│   180,000┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃20 諸    収    入│             │   225,082│    3,316│   228,398┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 町  預  金  利  子│      0│     18│     18┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │3 雑         入│   223,441│    3,298│   226,739┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃21 町         債│             │   366,343│   28,869│   395,212┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 町         債│   366,343│   28,869│   395,212┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   入   合   計       │  7,546,697│   35,863│  7,582,560┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛


歳 出                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃1 議    会    費│             │   99,807│    1,533│   101,340┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 議    会    費│   99,807│    1,533│   101,340┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃2 総    務    費│             │   763,105│    8,612│   771,717┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 総  務  管  理  費│   586,503│    2,821│   589,324┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 徴    税    費│   88,011│   △ 572│   87,439┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │3 戸籍住民基本台帳費  │   69,204│    6,140│   75,344┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃2 総    務    費│4 選    挙    費│    5,749│     226│    5,975┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │5 統  計  調  査  費│   12,249│    △ 3│   12,246┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃3 民    生    費│             │  2,993,135│   10,458│  3,003,593┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 社  会  福  祉  費│  1,449,611│  △ 4,273│  1,445,338┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 児  童  福  祉  費│  1,543,479│   14,731│  1,558,210┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃4 衛    生    費│             │   715,207│   △ 517│   714,690┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 保  健  衛  生  費│   468,992│   △ 517│   468,475┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃6 農 林 水 産 業 費│             │   30,510│     509│   31,019┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 農    業    費│   29,267│     509│   29,776┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃7 商    工    費│             │   94,995│    9,779│   104,774┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 商    工    費│   94,995│    9,779│   104,774┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃8 土    木    費│             │  1,290,516│  △ 5,722│  1,284,794┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 土  木  管  理  費│   18,625│   △ 570│   18,055┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 道  路  橋  梁  費│   797,710│  △ 6,866│   790,844┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │4 都  市  計  画  費│   465,261│  △ 1,540│   463,721┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │5 住    宅    費│    8,920│    3,254│   12,174┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃10 教    育    費│             │   810,500│   11,211│   821,711┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 教  育  総  務  費│   253,021│    3,024│   256,045┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 小  学  校  費 │   122,221│    1,283│   123,504┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │3 中  学  校  費 │   56,840│     909│   57,749┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │4 幼  稚  園  費 │   80,273│    5,030│   85,303┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │5 社  会  教  育  費│   130,929│     965│   131,894┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   出   合   計       │  7,546,697│   35,863│  7,582,560┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛


第2表  債 務 負 担 行 為 補 正
(追加)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┓
┃       事   項       │     期   間     │    限 度 額    ┃
┠──────────────────┼───────────────┼─────────────┨
┃学校給食運営事業          │平成28年度〜平成32年度    │        239,055千円┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┛


第3表  地  方  債  の  補  正
                                                             (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃             │      限 度 額      │            │      │              ┃
┃    起債の目的    ├─────┬─────┬─────┤   起 債 の 方 法   │  利 率  │    償 還 の 方 法    ┃
┃             │補正前の額│ 補正額 │  計  │            │      │              ┃
┠─────────────┼─────┼─────┼─────┼────────────┼──────┼──────────────┨
┃             │   千円│   千円│   千円│            │      │              ┃
┃             │     │     │     │(借入方法)      │年5%以内 │償還期間、据置期間等について┃
┃緊急防災・減災事業債   │   4,200│ △ 4,200│     0│証書借入又は証券発行によ│(但し、利率│は、特別の融資条件のあるもの┃
┃             │     │     │     │る。          │見直し方式で│を除き、据置期間を含め30年以┃
┃             │     │     │     │            │借り入れる資│内とする。         ┃
┃             │     │     │     │            │金について、│償還方法は、元金均等又は元利┃
┃             │     │     │     │            │利率の見直し│均等による。        ┃
┃             │     │     │     │            │を行った後に│但し、財政の都合により据置期┃
┃             │     │     │     │            │おいては当該│間及び償還期間を短縮し、もし┃
┃             │     │     │     │            │見直し後の利│くは繰上げ償還又は低利に借換┃
┃             │     │     │     │            │率)    │えすることができる。    ┃
┃             │     │     │     │            │      │              ┃
┃             │     │     │     │            │      │              ┃
┃             │     │     │     │            │      │              ┃
┃             │     │     │     │            │      │              ┃
┃             │     │     │     │            │      │              ┃
┃             │     │     │     │            │      │              ┃
┠─────────────┼─────┼─────┼─────┼────────────┼──────┼──────────────┨
┃      計      │   4,200│ △ 4,200│     0│            │      │              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第48号・平成27年度与那原町一般会計補正予算(第3号)について提案理由を御説明申し上げます。今回の補正額は、歳入歳出それぞれ35,863千円を増額して、補正後の歳入歳出予算総額は7,582,560千円となります。

 担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁を申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎財政課長(上原謙)

 議員の皆さん、おはようございます。一般会計補正予算(第3号)の概要説明書のほうで一部誤りがありますので、修正のほうをお願いいたします。議案書と共にお配りしました概要説明書の歳入の第1款町税につきまして、第1項町民税で260万円の増というふうに誤った数字になっております。「260万円」を「2,600万円」に修正のほうをお願いいたします。

 では、平成27年度与那原町一般会計補正予算(第3号)を提案するに当たり、その概要を御説明いたします。今回の補正予算では歳入歳出それぞれ35,863千円を増額して、補正後の歳入歳出予算総額は7,582,560千円となります。

 歳入から順に御説明いたします。

第1款 町税は、第1項町民税で26,000千円の増となっております。

第9款 地方特例交付金は、第1項地方特例交付金で50千円の増となっております。

第10款 地方交付税は、第1項地方交付税で93,415千円の増となっております。

第13款 使用料及び手数料は、第1項使用料で136千円の増となっております。

第14款 国庫支出金は、3,832千円の増となっております。その内訳といたしまして、第1項国庫負担金で398千円の増、第2項国庫補助金で3,434千円の増となっております。

第15款 県支出金は、10,947千円の増となっております。その内訳といたしまして、第1項県負担金で199千円の増、第2項県補助金で10,751千円の増、第3項県委託金で3千円の減となっております。

第16款 財産収入は、第2項財産売払収入で840千円の増となっております。

第17款 寄附金は、第1項寄附金で900千円の増となっております。

第18款 繰入金は、第1項繰入金で302,442千円の減となっております。

第19款 繰越金は、第1項繰越金で170,000千円の増となっております。

第20款 諸収入は、3,316千円の増となっております。その内訳といたしまして第2項町預金利子で18千円の増、第3項雑入で3,298千円の増となっております。

第21款 町債は、第1項町債で28,869千円の増となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

第1款 議会費は第1項議会費で1,533千円の増となっております。

第2款 総務費は、8,612千円の増となっております。その内訳としまして、第1項総務管理費で2,821千円の増、第2項徴税費で572千円の減、第3項戸籍住民基本台帳費で6,140千円の増、第4項選挙費で226千円の増、第5項統計調査費で3千円の減となっております。

第3款 民生費は、10,458千円の増となっております。その内訳としまして、第1項社会福祉費で4,273千円の減、第2項児童福祉費で14,731千円の増となっております。

第4款 衛生費は、第1項保健衛生費で517千円の減となっております。

第6款 農林水産業費は、第1項農業費で509千円の増となっております。

第7款 商工費は第1項商工費で9,779千円の増となっております。

第8款 土木費は、5,722千円の減となっております。その内訳としまして、第1項土木管理費で570千円の減、第2項道路橋梁費で6,866千円の減、第4項都市計画費で1,540千円の減、第5項住宅費で3,254千円の増となっております。

第10款 教育費は、11,211千円の増となっております。その内訳としまして、第1項教育総務費で3,024千円の増、第2項小学校費で1,283千円の増、第3項中学校費で909千円の増、第4項幼稚園費で5,030千円の増、第5項社会教育費で965千円の増となっております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。



◆仲里司議員

 補正予算についてお聞かせください。20ページ、電算事務運営事業費の補正を組まれた理由をお聞かせ願いたいと思います。もう1点は、今回職員給与の補正が多いのかなというふうに感じております。人事異動の関係かなという気がしておりますが、人事異動の件でということでしたら、本来6月あたりに結構補正を組まれることが多いのかなと思っていますが、あえて9月になされた理由をお聞かせください。



◎総務課長(城間秀盛)

 仲里議員の質疑にお答えをします。まず、20ページ、電算事務運営事業費、13節委託料936万9,000円、人事給与システム改修委託料82万1,000円、総合行政情報システム改修委託料854万8,000円、それの内訳なんですが、人事給与システム改修委託料といたしまして、これはマイナンバー制に関連をして人事給与システムの中の所得税、住民税、共済組合、社会保険等々に対応させるためのシステムの改修となっております。総合行政情報システム改修委託料につきましても、これも番号制に関連をいたしまして、厚労省分ですね。国民年金システム46万8,000円、国民健康保険システム199万円、後期高齢者医療システム117万円、障がい者福祉システム234万円、児童福祉システム164万円、健康管理システム約94万円、等々のシステム改修費用のトータルが854万8,000円ということになっております。

 人事異動に伴う人件費の補正の件なんですが、例年6月ではなくて、9月に補正をかけているということで、6月については新年度予算が走り始めたばかりですから、必要最小限の補正にとどめるということで、9月に人件費の補正をかけているということでございます。



◆仲里司議員

 マイナンバー制に対する改修の委託料ということで関連して聞かせてください。歳入のどの部分でその金額が入っているのかお聞かせ願いたいと思います。多分、国庫支出金あたりであるのかなというふうに感じていますが、総務費国庫補助金あたりかなと思いますが、ちょっとお聞かせ願いたいと思います。あと、給与に関しては理解しました。その中でもう1点だけ聞かせください。社会教育総務費の(生涯・図書)も同じ人事異動に関するものなのか。また、お聞かせください。



◎総務課長(城間秀盛)

 仲里議員の再質疑にお答えをします。歳入のほうなんですが、10ページ、国庫支出金、総務費国庫補助金、10節の社会保障・税番号制度システム整備補助金ということで、320万7,000円の国庫補助金がついております。これについて先ほど歳出のほうで854万8,000円ということで、歳出のほうが多いということについて少し試算をしております。854万8,000円に対して320万7,000円の歳入ということで、実際、持ち出しが534万円という形になるんですが、この中に交付税措置があるということで、これから交付税として入ってくる金額が147万円、それを差し引いても約386万円の単費の持ち出しが生じているということで、これについて全国的に言われていることなんですが、町としても県内の各自治体に問い合わせをしております。これだけ本町としては持ち出しが出ているのですが、ほかに対してはどうかということで確認をしたところ、やはり同じ程度の比率の持ち出しが生じているようであります。これは全て取りまとめて回答をいただいた自治体からの資料を取りまとめて、今県のほうと調整をしております。持ち出し分を少しでも減らす方向で厚労省に補助金の増額ですね、これを求めることができないかということで県のほうで協議をしている最中であります。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時16分 休憩午前10時16分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎財政課長(上原謙)

 仲里議員の質疑にお答えいたします。社会教育費の職員給与につきましては、ことし学芸員が採用されまして、その分の給与の差額がありましたので、その分を補正しているということになります。以上です。



◆仲里司議員

 やはり総務課長も総合行政情報システムの改修費については、国の地方への費用負担について疑問を感じておられるということですから、非常に安心をしました。そこで町長、少しお聞きしたいのですが、各自治体ともそのような状況になっている中で町村会、また首長の皆さんとその議論をなされたことがあるのか。そして、それをしっかり沖縄県、もしくは全国の町村会を含めて、これを国にしっかり要請をして、我々が行っていくシステムではなくて、国の行っていくシステムですから、そういったものに関しては全額国の予算で行うべきだというふうな話し合いが現在あるのか。なければ、これからぜひそういったことをやっていただきたいなと、声を上げていただきたいと思いますが、それに対していかがでしょうか。



◎町長(古堅國雄)

 おはようございます。ただいま仲里議員の御指摘の点につきましては、これは全国民にかかわる問題でありますので、当然、国が責任を持ってきちっと交付税か何かの形でちゃんと賄うという形でなければいけないと。私自身もそう思っております。ただ、現在のところマイナンバー制度について市町村長同士、まだ突っ込んだ議論はほとんどなくて、どうしましょうかというような普通の会話程度しか掘り下げていませんけれども、これから負担の件につきましては御指摘のとおり、全市町村一丸となって、全国的にも、もし行動を起こすべきであれば、それなりの方向に向かって、しっかり取り組んでいきたいと思っております。

〔休憩を求める声あり〕



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時19分 休憩午前10時19分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆田中直子議員

 平成27年度与那原町一般会計補正予算の中で、歳出の24ページ、1点だけお聞きしたいと思います。ひとり親家庭認可外保育施設料軽減補助事業ということで、156万円が出ておりますけれども、これの説明をお聞きしたいと思います。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 おはようございます。ただいまの田中直子議員の御質疑にお答えしたいと思います。24ページ、ひとり親家庭認可外保育施設料軽減補助事業ということですが、今回、沖縄県のほうで実施するひとり親家庭認可外施設利用料補助事業を活用し、本町においてもひとり親世帯が認可外保育施設を利用した場合において、保育料の軽減を図り、ひとり親世帯の自立を支援していこうという事業であります。事業のスキームとしては、認可施設を希望したひとり親世帯が、例えば保育にあきがないということで認可外を利用した場合において、認可外施設の利用料の差額分を補助するというようなスキームになっています。直接本人への助成ではなくて、認可外施設がひとり親世帯の保育料を軽減したという場合に、その補助として認可外施設への補助をするというような流れになっています。以上です。



◆田中直子議員

 今まで認可外保育園というのは、そういう補助というのはなかったですよね、認可外は。認可園に入れない子供たちに対しての5,000円補助という、これまでの金額はそれだけでしたよね。今回新たに認可外保育施設のひとり親家庭の認可外軽減補助事業ということで、新たに出ていて大変よかったなと思いますけれども、これ1人当たりどのぐらいの金額で何名ぐらいいますか。それで何年ぐらいの補助事業というのができるんですか。その辺お聞きしたいと思います。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 直子議員の再質疑にお答えしたいと思います。今回、これまで本町独自で認可外を利用した場合の助成事業として5,000円を上限に実施していたところです。これに関してはひとり親ということに限らず、全保護者を対象にこれまでは実施していたところなんですが、今回、県のほうの一括交付金を活用して、ひとり親世帯を支援していこうという補助事業が創設されたということで、今回はひとり親に対してはその補助事業を活用し、本町としても支援をしていきましょうということでの事業になっています。今現在、ひとり親で認可施設を、保育所を希望されている方で保育所に入れていないという方が10世帯ほどあります。そのうち、認可外施設の利用が4名いますので、多分その4名の方たちが今回の事業の対象になるかなというふうには思っています。県のほうとしては2万6,000円を上限に助成をするというふうなことになっていますので、例えば非課税世帯のひとり親世帯であれば、実際に認可園に入ると利用料はただというような状況がありますので、その分で負担の軽減を図っていきたいというようなことであります。2万6,000円が上限で、対象としては10世帯ということで、計上しているというようなことであります。



◆田中直子議員

 これまでひとり親家庭の軽減ということで補助事業、ひとり親家庭の親御さんにとっては大変助かる制度でもありますし、10世帯、それだけはできるということでありますので、ぜひこれは子育て支援の一環としてやっていただきたいなと思いますので。あと1点だけ、これ何年ぐらい、ことし1年だけですか。県のほうからの一括交付金は。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 再質疑にお答えします。県のほうの補助事業としては、平成27年から平成31年ということで、平成31年限りの事業ということになっています。基本的に待機児童をゼロというふうな方向で支援をしていこうというところが大きなところになっていますので、待機児童がなくなると必然的にここもなくなるのかなというふうには考えていますけれども、今現在まだ待機児童のゼロが実現されていないところで認可外の利用を余儀なくされている世帯への補助というふうに考えています。また、ひとり親に関しては保育所に入れることによって、就労がしやすくなるというところもありますので、自立を助けるという意味での支援というふうな2つの方向で考えたいというふうに考えています。以上です。

〔休憩を求める声あり〕



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時26分 休憩午前10時31分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆松長康二議員

 平成27年度与那原町一般会計補正予算書の歳入の部分、9ページ、観光交流施設使用料10万円という形で計上が入っていますけれども、先ほど説明受けたように10月から12月までの使用料という形での項目で載せてあるという説明をいただいていますけれども、きのう条例を通した中で、3カ月間で10万円といったら1カ月3万円ちょっとぐらいの収入見込みとなると思うんですけれども、その分ちょっと目標が低すぎるのではないかなと。ただ、載せているだけであれば、別に1万円でも構わないのかなと。そういった部分ですね、大体の見込みでこれぐらいで載せるのではなくて、目標としてこれぐらいやりますという気持ちでできれば今後載せていただきたいなと。その部分についての答弁のほうをお願いします。あと、地域支え合い体制づくり推進事業ということで、こちらも今説明を受けたんですけれども、これ受けた方は何か資格というか、そういった部分が得られるのか。ただ、講座だけを受けて、それで終了という形になるのか。ボランティアの方々もそれを受けた中で何か今後登録とか、そういった部分で要請を募るというか、そういった部分も行われているのかの答弁もいただきたいです。



◎生涯学習振興課長(宮平律子)

 松長議員の御質疑に答弁申し上げます。議員のおっしゃるとおり目標が低過ぎるのではないかという御指摘がございました。おっしゃるとおりでございます。今回は10月から12月、実働が11月、12月の2カ月間というふうに踏まえて、10万円という金額を想定させていただきましたが、次回の補正にはしっかりとした目標金額と言いますか、もう少し頑張って収入できるような金額で補正を上げていきたいと思いますので、よろしくお願いします。



◎福祉課長(宮城きよみ)

 松長議員の質疑にお答えいたします。これに関しては講座が終わりましたら技能認定証というのがありはします。ただ、この認定証でもってお仕事ができるかということになると、そうではないのですが、この認定証を持って、自信を持って介護ができますし、介護ボランティアにも自信を持って参加できるということが私たちとしてはメリットだと思っておりますし、今社協のほうでやっていただいています生き生きサポート事業のほうにボランティアを養成するに当たって、介護のボランティアはやりたいんですけれども、やったことがないというお声も聞かれますので、そういう形では大いにボランティアの登録には役に立つのかなというふうにも思っていますし、これから家庭で介護される方もふえると思いますので、そのための正しい介護の仕方を学ぶことによって、介護の負担軽減、一番はそれが理由でございます。以上でございます。



◆松長康二議員

 今先ほどの観光交流施設使用料、実際11月から12月ということだったので、そこら辺最初のほうからちゃんと計画性を持って、もう少しちゃんと数字のほう出していただけると、こちらのほうもそれなりに対応できますので、よろしくお願いします。あと、地域支え合い体制づくり推進事業のほうは、いろんな項目があると聞いた中で、今回その事業を実施したということの答弁だったんですけれども、今後、高齢化社会になっていく中、そういった講座とか、そういった事業のほうですか、もし、もっと開けるのであれば、ちょっと開いていただいた中で行っていただきたいと思います。ただ、これ1回で48万円という形に、何回行っていたのか答弁をいただいていないので、その部分。あと、今後定期的にやっていくのかという部分をもう一度答弁をお願いいたします。



◎福祉課長(宮城きよみ)

 失礼いたしました。この事業は1日ではなくて単位が決まっておりまして、18時間という単位になっておりますので、これは今から事業所のほうを委託しなければいけないのですが、そういうところと詰めて、何日にするかということは今から、例えば1日ではできませんので3日にするのか、それとも18時間をもう少し細かい単位で振るのか、土日にするかという形では検討はできると思いますが、決められた時間というのはございます。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時37分 休憩午前10時40分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 ほかに質疑ありませんか。



◆城間盛光議員

 与那原町一般会計補正予算(第3号)について、ちょっと質疑をしたいと思います。18ページの庁舎維持管理事業、庁舎建具改修工事409万円の減ですね、その内訳と。29ページの農地中間管理事業38万円、補正になっていますけれども、農地管理事業の現状をお聞かせください。



◎総務課長(城間秀盛)

 城間議員の御質疑にお答えをします。18ページの庁舎維持管理事業の工事請負費の中の庁舎建具改修工事、これは2階の窓の雨戸設置を予定しておりました。その財源として、14ページお開き願えますか。雨戸設置工事の財源として、緊急防災・減災事業債をあてがう予定でございましたが、これ県のほうに起債計画書を提出したところ、この事業債に該当をしないと、雨戸の設置工事は該当しないということが回答を出されましたので、起債も減額ということで財源がなくなりましたので、工事のほうも減額になっております。これについては次年度以降、何か事業がないか探しながら工事のほうは再度計画をしていきたいと思っております。以上です。



◎農水環境安全課参事(新里健)

 議員の皆様、おはようございます。それでは城間盛光議員の質疑に答弁いたします。農地中間管理事業につきまして、現状はどうなっているかということでございましたが、現状としましては与那原町からの農地中間管理機構への農地の貸し出し件数はゼロというふうになっております。与那原町に土地を借りたいという方は、申しわけありません。最近、機構のほうから名簿が来ておりましたが、法人を含め6人程度というふうになっております。一番大きい要望面積としては1万平米というふうに記憶しております。申しわけございません。トータルにつきましては資料が手元にございませんので、詳細な面積については追って御連絡をしたいと思います。以上です。



◆城間盛光議員

 庁舎2階の雨戸、今回事業対象外だったということですかね。最近台風が頻繁に発生していますので、2階は何とか予算が通るように頑張っていただきたいと思います。

 農地の中間事業というのは遊休農地を生かそうということの対策事業ですよね。これは今現在は1件もないと。よく言われるけれども、地主の理解を得られないということで毎回話をされているんだけれども、この二、三年いろいろ対策をやっているような状況であるんですが、余り成果が上がっていないという状況で、今回補正も組んである中で、今後その辺の改善に向けて、どういった取り組みをされているのか、今の段階で考えることがあればお聞かせください。



◎農水環境安全課参事(新里健)

 城間盛光議員の再質疑に答弁いたします。現在、農地台帳システムが平成26年度で整備が完了しました。農地台帳システムの整備に当たりましては、農地の所有者へのアンケート調査も行っております。現在、貸してもいい売っても構わないという方の取りまとめはできておりますが、ただし、アンケートが返ってきていない場合もございます。あとは自作もしない、貸しもしない、売りもしないという方もいらっしゃいますので、その方に関しましては今回の補正で臨時職員の賃金も補正で載せてありますので、貸し手の掘り起こしについて進めていきたいというふうに考えております。以上でございます。



◆城間盛光議員

 今の農地を借りたいという、参考までに。町内の方々からの要望は多いですか。



◎農水環境安全課参事(新里健)

 城間盛光議員の再質疑に答弁いたします。町内住民からの借りたいというのはないですね。全て町外からの希望というふうになっております。以上でございます。

〔休憩を求める声あり〕



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時48分 休憩午前10時56分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆山口修議員

 議案第48号 平成27年度与那原町一般会計補正予算(第3号)、歳出のところでお聞きしたいと思います。19ページ、総務費、企画費の中の軽便与那原駅維持管理事業、需用費、これは何なのかお答えをお願いします。続いて、与那原町観光交流施設維持管理事業とありますが、その中で臨時職員採用となっているのはよくわかります。その下のほう委託料26万2,000円の減になっておりますが、これは警備に関する項目だと思うんですが、警備をおやめになって、この臨時職員で充てるつもりなのか。どういうことなのか御説明をお願いいたします。



◎企画観光課長補佐(山城司)

 山口議員の御質疑にお答えします。事務消耗品費の内容なんですけれども、展示室の維持に係る消耗品と、あとパイプ椅子を購入する予定をしております。以上です。



◎生涯学習振興課長(宮平律子)

 山口議員の御質疑に答弁申し上げます。警備委託費の減額につきましては、当初の算定額をもう一度見直しまして、また見積もりを取り直したところ減額となっていることでございます。警備は巡回警備を採用したいと考えております。臨時職員が警備を当たるのではなく、警備会社のほうに委託はするということでございます。



◆山口修議員

 アスクか何かそういったところに総合警備保障みたいなところに頼むんだろうと思いますが、この警備ですね、どの範囲までの範疇に入るのですか。例えば駐車場はどうなるのか、あるいは建物だけなのか。その周り周辺なのか。その辺ちょっと気になるものですから。ただ、車で来て、とまって、それでさよならという警備は困るわけです。これはどこまでの範囲を含まれていくのか。それで足りるのか、お願いをします。



◎生涯学習振興課長(宮平律子)

 山口議員の再質疑にお答え申し上げます。もちろん10時まで臨時職員が詰めるという体制をとりたいと考えておりますので、ある程度の戸締りはその職員でやっていただいて、その後、駐車場の施錠までは職員がやりますので、その後の巡回警備を夜中ですね、翌朝までの数回を巡回していただくということを考えております。また範疇としましては、もちろん施錠の確認と、建物の中ですね。あと敷地内等の警備も行うという範囲で考えております。



◆山口修議員

 最後になりますので、はっきり申し上げておきますが。とりわけ10時以降、周辺においては少年、あるいは中学生だろうと思うんですが、たまっていたりする状況と大騒ぎをしているときもまま見受けられることがありますので、この辺の警備、巡回等々をされるのであれば、そういったところ、あと照明関係ですね。この辺もしっかりしないと警備にならないのではないかなと思いますので、この辺の排除と対策もお願いをして質疑を終わります。

〔休憩を求める声あり〕



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時01分 休憩午前11時04分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆舩谷政喜議員

 平成27年度与那原町一般会計補正予算(第3号)の債務負担行為補正について、5ページです。現在、契約している業者が今期までということで、次年度からまたプロポーザルで新しい事業なり、また事業者なり選定をされるとは思うんですが、その中でプロポーザルの中身について教えていただきたいのですが。



◎学校教育課長(岡剛)

 議員の皆様、おはようございます。ただいまの舩谷議員の御質疑にお答えいたします。今回、債務負担行為として補正をしておりますのは学校給食運営事業となっております。こちらは3年前より民間の力を活用するということで、現在日本ユニテックのほうに業務委託を行っておりますが、その契約期限が今年度末ということで、次年度からの5カ年に向けての債務負担行為となっております。プロポーザルの内容ということですけれども、安全、安心な給食の提供ということについて、その企業がどのぐらいの考えを持っているのかというところが一番のポイントになるというふうに考えております。具体的には衛生管理に関する考え方ですとか、社員の教育、また検査体制、そういったものになってこようかというふうに考えております。以上です。



◆舩谷政喜議員

 もしできればなんですけれども、プロポーザルの項目の中に、例えば地産地消として、そういった特産品を組み入れるということも入れてもらえないかなと思うんです。なぜかというと、特に地場産業発展だけというよりも、食育という観点からも子供たちがより正確な食について知ってもらうためには、やっぱり身近な地域のものを食べることによって、食育がよくなっていくと思いますので、できれば今後食育がより正確な食についてわかれば、それがまた今後の健康にもつながってきますので、ぜひ次回のプロポーザルの際にはそういうのも項目に入れていただきたいのですが。



◎学校教育課長(岡剛)

 舩谷議員の再質疑にお答えいたします。現在提供しております学校給食というものは県から派遣されております県費の栄養職員が給食のメニューを立てております。また、発注についても県費の職員が行っておりますので、このプロポーザルで選択する事業所のほうでメニューを立てたりとか、発注をしたりということはないんですが、現在この2年半の間に現に調理現場の職員のほうからこういったメニューを出したらどうですかというような御提案は複数受けております。そういったところでは与那原給食センター以外にもいろいろと給食センターを持っておられる事業所が恐らくこのプロポーザルには参加してきますので、そういったノウハウという部分では情報交換、意見交換をしながら、よりよい地産地消につなげていきたいというふうに思っております。また、ちなみに地産地消ということでお話をさせていただきますと、今年度より漁協の御協力を得まして、与那原産のひじき、こちらのほうも給食において提供をさせていただいております。以上です。



◆舩谷政喜議員

 今、与那原漁協とも今期からそういう提供をされているということで、特に重要なことが、ただ与那原の特産品ですよ、覚えてくださいというものではなく、さっきから繰り返しますが、食育ということで安全な正しい食に関してわかってもらうことが一番重要でありますので、その辺も重視していただきたいと思います。以上です。



○議長(識名盛紀)

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第48号は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 異議なしと認めます。したがって議案第48号は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第48号・平成27年度与那原町一般会計補正予算(第3号)を採決します。この採決は起立により行います。

 お諮りします。本案は、原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。

〔起立全員〕



○議長(識名盛紀)

 起立全員です。したがって本案号は、原案のとおり可決されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第2.議案第49号・平成27年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第49号



平成27年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

 平成27年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算の補正)

第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,026千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,767,091千円とする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」による。


平成27年9月7日         与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────


第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
歳 入                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃7 前期高齢者交付金   │             │   170,162│   △ 268│   169,894┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 前期高齢者交付金   │   170,162│   △ 268│   169,894┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃11 繰    入    金│             │   474,249│  △ 3,433│   470,816┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 他 会 計 繰 入 金│   474,248│  △ 3,433│   470,815┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃12 繰    越    金│             │      2│    2,675│    2,677┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 繰    越    金│      2│    2,675│    2,677┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   入   合   計       │  2,768,117│  △ 1,026│  2,767,091┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛


歳 出                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃1 総    務    費│             │   61,784│  △ 3,433│   58,351┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 総  務  管  理  費│   53,115│  △ 3,433│   49,682┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃3 後期高齢者支援金等  │             │   322,118│  △ 9,200│   312,918┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 後期高齢者支援金等  │   322,118│  △ 9,200│   312,918┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃4 前期高齢者納付金等  │             │     388│   △ 162│     226┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 前期高齢者納付金等  │     388│   △ 162│     226┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃5 老 人 保 健 拠 出 金 │             │     15│    △ 4│     11┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 老 人 保 健 拠 出 金 │     15│    △ 4│     11┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃6 介  護  納  付  金│             │   131,959│  △ 1,274│   130,685┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 介  護  納  付  金│   131,959│  △ 1,274│   130,685┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃8 保  健  事  業  費│             │   33,698│     36│   33,734┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 保  健  事  業  費│   13,497│     36│   13,533┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃11 諸  支  出  金 │             │    1,720│   13,441│   15,161┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 償還金及び還付加算金 │    1,720│   13,441│   15,161┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃13 予    備    費│             │   18,251│   △ 430│   17,821┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 予    備    費│   18,251│   △ 430│   17,821┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   出   合   計       │  2,768,117│  △ 1,026│  2,767,091┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第49号・平成27年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について提案理由を御説明申し上げます。今回の補正額は、歳入歳出予算それぞれ1,026千円を減額し、補正後の予算総額は2,767,091千円となります。

担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては御質疑により御答弁を申し上げたいと思います。慎重なる審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 平成27年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を提案するに当たり、その概要を説明いたします。今回の補正においては、歳入歳出予算ともそれぞれ1,026千円を減額し、補正後の予算総額は2,767,091千円となっております。

 歳入から順に御説明いたします。

歳入

第7款 前期高齢者交付金は、第1項前期高齢者交付金で268千円の減となっております。

第11款 繰入金は、第1項他会計繰入金で3,433千円の減となっております。

第12款 繰越金は、第1項繰越金で2,675千円の増となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

歳出

第1款 総務費は、第1項総務管理費で3,433千円の減となっております。

第3款 後期高齢者支援金等は、第1項後期高齢者支援金等で9,200千円の減となっております。

第4款 前期高齢者納付金等は、第1項前期高齢者納付金等で162千円の減となっております。

第5款 老人保健拠出金は、第1項老人保健拠出金で4千円の減となっております。

第6款 介護納付金は、第1項介護納付金で1,274千円の減となっております。

第8款 保健事業費は、第2項保健事業費で36千円の増となっております。

第11款 諸支出金は、第1項償還金及び還付加算金で13,441千円の増となっております。

第13款 予備費は、第1項予備費で430千円の減となっております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。



◆我謝孟範議員

 歳入の繰越金なんですが、現在4億7,000万円余、一般会計から繰り入れておりますが、これ項目別にどうなっているか。どのような繰り入れの仕方なのか。それを述べてもらいたいと思います。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 ただいまの我謝孟範議員の御質疑にお答えいたします。繰入金につきましては、6種類ございます。1つ目が保険基盤安定繰入金、こちらのほうが6,731万円。それから保険基盤安定繰出金の保険者支援分、こちらのほうが1,534万6,000円、それから職員給与費等繰出金、今回減額になっておりますけれども、当初予算で5,716万1,000円、それから出産育児一時金繰入金で1,316万円、それから財政安定化支援事業繰入金で2,127万3,000円、それからその他繰出金、赤字補填分として3億円となっております。以上でございます。



◆我謝孟範議員

 一般会計からの、これ無条件で繰り入れていると思わないのですが、国からの措置費が一般会計に来て、これから国保に繰り入れていますよね。その額は説明できますか、今。例えば措置費が国から一般会計に来ますよね。それから国保に繰り入れますよね。措置費があると思うんですが、実質的に幾らの措置費があって、幾らの一般会計から、純然たる一般会計からの繰り入れの額があると思うのですが、それはどうなっています、わかります。その中で。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時17分 休憩午前11時17分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 ただいまの御質疑にお答えいたします。具体的な数字は大変申しわけありません。今把握はしておりませんけれども、国庫補助と、それから交付税措置ということを考えれば、ほぼ全ての金額が措置はされているというふうに考えております。ただ、その他繰入金の分については赤字補填となりますので、その分については全て一般会計単独の持ち出しということになります。以上でございます。



◆我謝孟範議員

 確認のために聞いておきますが、決算もかかわることだと思うんです。去年、国保に対しての特別助成が出されていますよね。国の特別の財政があると思うのですが、それは国保に入ったのか、一般会計に入ったのか。



◎健康保険課長(新垣政孝)

 ただいまの質疑にお答えいたします。平成26年度からではなくて、今年度から国のほうが財政措置をするということになっているようです。国保への財政支援の拡充ということで、平成27年度から約1,700億円、平成29年度以降は毎年3,400億円を国が予算を措置するということになっております。平成30年度からは都道府県が財政運営の主体ということで、公益化一本化になりますので、それに向けての財政基盤強化ということで今年度からということでなっております。

〔我謝孟範 議員「どこの会計に入ったのか」の声あり〕



◎健康保険課長(新垣政孝)

 大変申しわけありません。まだ把握しておりませんので、再度調べて、後でお答えしたいと思います。

〔我謝孟範 議員「もう来ているでしょう、お金は」の声あり〕



◎健康保険課長(新垣政孝)

 今年度ですか。まだです。

〔我謝孟範 議員「まだ来てない。じゃあどうするかもまだ決めていない」の声あり〕



◎健康保険課長(新垣政孝)

 決まっているかもしれませんが、すみません、私のほうでちょっと把握をしていませんので。後で確認次第お知らせしたいと思います。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時20分 休憩午前11時25分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第49号は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 異議なしと認めます。したがって議案第49号は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第49号・平成27年度与那原町国民健康保険特別補正予算(第1号)を採決します。この採決は起立により行います。

 お諮りします。本案は、原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。

〔起立全員〕



○議長(識名盛紀)

 起立全員です。したがって本案は、原案のとおり可決されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第3.議案第50号・平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第50号



平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

 平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算の補正)

第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5,879千円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ591,369千円とする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (地方債の補正)

第2条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことのできる地方債の変更は、「第2表 地方債の補正」による。




平成27年9月7日         与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────
第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
歳 入                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃4 繰    越    金│             │    4,500│    5,879│   10,379┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 繰    越    金│    4,500│    5,879│   10,379┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   入   合   計       │   585,490│    5,879│   591,369┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛


歳 出                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃1 公 共 下 水 道 費│             │   425,428│    5,879│   431,307┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 公 共 下 水 道 費│   425,428│    5,879│   431,307┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   出   合   計       │   585,490│    5,879│   591,369┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛


第2表  地 方 債 の 補 正
                                            (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃           │     │        │      │     償還の方法     ┃
┃   起債の目的   │ 限度額 │  起債の方法  │ 利  率 ├───────┬───────┨
┃           │     │        │      │  補正前  │  補正後  ┃
┠───────────┼─────┼────────┼──────┼───────┼───────┨
┃           │     │(借入方法)  │年5%以内。│ 償還期間、据│ 償還期間、据┃
┃           │     │ 証書借入又は証│ 但し、利率│置期間等につい│置期間等につい┃
┃           │     │券発行による。発│見直し方式で│ては、特別の融│ては、特別の融┃
┃           │     │行価格が額面金額│借り入れる政│資条件のあるも│資条件のあるも┃
┃           │     │を下回るときは、│府資金及び地│のを除き、据置│のを除き、据置┃
┃下水道整備事業債   │  132,400│その発行差額をう│方公共団体金│期間を含め30年│期間を含め40年┃
┃           │     │めるため、必用な│融機構資金に│以内とする。 │以内とする。 ┃
┃           │     │金額をこれに加算│ついて利率の│ 償還方法は、│ 償還方法は、┃
┃           │     │した金額とするこ│見直しを行っ│元金均等又は元│元金均等又は元┃
┃           │     │とができる。  │た後において│利均等による。│利均等による。┃
┃           │     │(借入時期)  │は当該見直し│ 但し、財政の│ 但し、財政の┃
┃           │     │ 平成27年度。 │後の利率。 │都合により据置│都合により据置┃
┃           │     │但し、事業その他│      │期間及び償還期│期間及び償還期┃
┃           │     │の都合により、そ│      │間を短縮し、も│間を短縮し、も┃
┃           │     │の一部又は全部を│      │しくは繰上げ償│しくは繰上げ償┃
┃           │     │繰り延べ起債する│      │還又は低利に借│還又は低利に借┃
┃           │     │ことができる。 │      │換えすることが│換えすることが┃
┃           │     │        │      │できる。   │できる。   ┃
┠───────────┼─────┼────────┼──────┼───────┼───────┨
┃流域下水道建設負担金債│  17,100│        │      │       │       ┃
┠───────────┼─────┼────────┼──────┼───────┼───────┨
┃     計     │  149,500│        │      │       │       ┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第50号・平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について提案理由を御説明申し上げます。今回の補正額は、歳入歳出予算それぞれ587万9,000円増額して、補正後の歳入歳出予算総額は5億9,136万9千円となります。

 担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎上下水道課長(大城哲)

 議員の皆様、こんにちは。平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を提案するに当たり、その概要を御説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出ともにそれぞれ5,879千円増額し、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ5億9,136万9千円となります。

 歳入につきましては、

第4款繰越金で、5,879千円の増となっております。

 歳出につきましては、

第1款 公共下水道費で、5,879千円の増となっております。その内訳としまして、第3目下水道整備費、第2節の給料で1,218千円の減、第3節の職員手当等で540千円の減、第4節の共済費で533千円の減、第11節の需用費で200千円の増、第13節の委託料で1,470千円の増、第15節の工事請負費で6,500千円の増となっております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。



◆仲里司議員

 大きな補正として工事請負費の部分、また下水道の実施設計委託料だと思いますが、大きくこの時期に補正された理由と、工事箇所の説明をお願いします。



◎上下水道課長(大城哲)

 ただいまの仲里議員の御質疑にお答えいたします。補正の理由といたしましては、歳入、繰越金の増額がメーンでございまして、決算に伴う額でございます。わかりやすく言いますと、昨年度の下水道、使用料の増ですね。それが決算に伴い繰越金が発生したと。それに伴って、今回の予算増減をつけて、メーンは昨年度の下水道収入の増による今回の補正となっております。

〔仲里 司 議員 「委託料、工事費」の声あり〕



◎上下水道課長(大城哲)

 工事費につきましては、単費というか、今回、公共工事に伴う附属工事という形で増額の予定となっております。場所はですね、今回与原地内の下水道工事、先ほどありました道路拡張に伴う下水道工事、その部分で補助事業では見れないところですね。単費でしか見れないところに当てがう予定となっております。工事につきましては与原8号線及び、2カ所あります。今回発注しております与原の、かねひでの反対側の裏手、サンエーの裏手、両方ございますけれども、向こうの道路幅とか、その辺がちょっとごちゃごちゃしていまして、その辺のちょっとした附属工事費に宛がう予定でございます。以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時33分 休憩午前11時33分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎上下水道課長(大城哲)

 答弁漏れがございましたので訂正いたします。与原につきましては与原7号線及び8号線の工事で予定しております。以上でございます。



◆仲里司議員

 工事の内容は十分理解できました。その中で補正を組まなければいけなかった理由、当初予算で組めなかったのか。もしくはちょっと急いで補正で組まなければいけなかったのかという。それを補正で組んだ理由をお聞かせいただければ。



◎上下水道課長(大城哲)

 ただいまの仲里議員の再質疑にお答えいたします。今回補正をいたしましたのは、仲里議員のおっしゃるとおり、当初で組めなかったところは大変反省しております。といいますのも、下水道工事につきましては、掘ったときにいろんな目に見えない物件とか、当初予定していた設計していた箇所を掘ろうとしていたときに、いろんな支障物件が出たり、それを振ったりとかいろいろございますから、なかなか当初設計で計上できなかったところは大変反省をしないといけないと思っております。今後はこういったことがないように、きちんとした設計、精査のもとに予算も組んで発注していきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時35分 休憩午前11時36分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆我謝孟範議員

 接続率どうなっているのか。その点を述べてもらいたいと思います。



◎上下水道課長(大城哲)

 ただいまの我謝議員の御質疑にお答えいたします。平成27年3月末現在で、整備率のほうが68.2%、接続率のほうが70.1%となっております。以上でございます。



◆我謝孟範議員

 町長にお尋ねしますが、あと5年でMICEが稼働し、それからサンライズ構想も入っておりますが、5年で早急にこれ解決しなければならない問題だと思うので、サンライズ構想との関係と。それから町として普及率に対しまして、どういうふうに捉え、どういうふうになさろうとしているのか。それをお尋ねしたいと思います。



◎町長(古堅國雄)

 先日もちょっと触れさせてもらいましたけれども、MICEがマリンタウンに決定したことによって、たくさんの人が出入りしますし、また食事とか、あるいは見本市に展示する商品、これは想像を超えるような大きな物流が出てまいります。そういうことでごみの量も相当ふえるだろうと思いますし、また、たくさんの人の出入りによって下水処理場の規模の問題、あるいは今、私たちの公共下水道や上水道等を含めて、これは県の事業としてMICEは建設されるわけですけれども、先週その件について直接県の担当部長に強く申し入れたという話をきのうさせていただきましたが、幸いにして私もMICE施設の建設委員に委嘱というか、依頼を受けましたので、現地の与那原町の実情を県と一緒になって整備すべきところは整備するし、あるいは町独自の考え方、これもしっかりと県に申し上げて、その上で整備を進めていきたいというふうに考えております。ただ、これが完成が5年先でありますので、いろいろな要素が出てまいります。土地利用の問題、あるいは港湾法に基づくいろいろな制約がありますし、それから緑地とか道路とか、ただいまの清掃施設、下水道施設、総合的にさまざまなものが出てまいりますので、これは地元としてしっかりと事業主体である県に訴えて、一緒に整備をしていきたいというふうに、まだ具体的にどれぐらいの量か、あるいはまたどの地域で、どういう建物ができるのか、まだ、これがはっきり決定しておりません。ことしいっぱいで構想を練り上げて、次年度に基本設計を発注するというようなスケジュールになっておりますので、それに沿って地元の立場を強く訴えて整備に向けていきたいと思っております。



◆我謝孟範議員

 中城村、西原町、北中城村、与那原町を含めて、下水道の完備が急がれるわけなんですが、各町村民は値段の問題で、やはりお金の問題で躊躇しているのが大分いらっしゃると思うのですが、お金があれば接続してもいいという方々が大分いらっしゃるわけですから、5年と言わずに、今から備えておかないといけないと思うのですが、これ担当課として、観光施設との関連もあるわけですから、それからまた、サンライズ参事もやはりこの件に対して早急に解決するような立場で連携プレーをすべきだと思うんです。それについてもう一度、やはり具体化が必要ですので。今町長のおっしゃるようにまだ漠然としているわけですから、どういうプロジェクトチームを立ち上げてという形で、ある程度の計画性を持ってもらわないといけないと思うので、その点も踏まえて答弁なされていただきたいと思います。



◎サンライズ推進特命参事(上原丈二)

 我謝議員の再質疑にお答えしたいと思います。我謝議員が御質疑されたことにつきましては、せんだって、県のほうにごみの問題、MICE施設が供用開始したときのごみの問題、そして下水道処理、そして水道についてどういうふうに具体的に考えているかについては質問として投げております。前回、4町村と一緒に視察に行ったパシフィコ横浜、ビックサイト等々、そこについても確認しましたら、やはり当初計画から、そこでの滞留人口も含めた形で建設予定をされていましたので、もともとそういった計画に基づいて下水道、ごみ等については処理をされているということでしたので、ただ、今回マリンタウン決定しましたMICEにつきましは、当初から計画がなかったものですから、これを今回決定したからには、そういった問題が発生しますので、これはもう観光振興課のほうにしっかりと検討してもらいたいと思っています。これはまた、与那原だけの問題ではなくて、与那原、西原、中城、北中城、4町村で連携した形で基本的な構想を立ち上げようということが話し合いでできましたので、その中でしっかり検討してまいりたいと思っています。以上です。



○議長(識名盛紀)

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第50号は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 異議なしと認めます。したがって議案第50号は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第50号・平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。この採決は、起立により行います。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

〔起立全員〕



○議長(識名盛紀)

 起立全員です。したがって本案は、原案のとおり可決されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第4.議案第51号・平成27年度与那原町水道事業会計補正予算(第1号)を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第51号



平成27年度与那原町水道事業会計補正予算(第1号)

 地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第24条第2項の規定に基づき、別紙のとおり提出するので議会の議決を求める。



 平成27年9月7日提出



与那原町長 古 堅 國 雄

平成27年度与那原町水道事業会計補正予算(第1号)

第1条 平成27年度与那原町水道事業会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

第2条 平成27年度与那原町水道事業会計予算第3条に定めた収益的収入および支出の予定額を、次のとおり補正する。
 収益的収入および支出(第3条予算)
 収 入                                      単位:千円 
┏━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃     科 目      │   既決予定額   │   補正予定額   │    計    ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃第1款  水道事業収益   │       440,754│          0│      440,754┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第1項  営業収益    │       410,645│          0│      410,645┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第2項  営業外収益   │       28,958│          0│      28,958┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第3項  特別利益    │        1,151│          0│       1,151┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛


 支 出                                      単位:千円 
┏━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃     科 目      │   既決予定額   │   補正予定額   │    計    ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃第1款  水道事業費用   │       438,055│        5,570│      443,625┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第1項  営業費用    │       420,932│        5,570│      426,502┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第2項  営業外費用   │       11,387│          0│      11,387┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第3項  特別損失    │         736│          0│        736┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第4項  予備費     │        5,000│          0│       5,000┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第51号・平成27年度与那原町水道事業会計補正予算(第1号)について提案理由を御説明申し上げます。今回の補正額は、第3条予算の収益的支出で557万円を増額し、補正後の予算額は4億4,362万5千円となります。

 担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎上下水道課長(大城哲)

 平成27年度与那原町水道事業特別会計補正予算(第1号)を提案するに当たり、その概要を御説明申し上げます。

 今回の補正予算は、3条予算収益的支出の水道事業費用で557万円の増額となり、補正後の予算額は4億4,362万5千円となっております。

 4条予算資本的収入および支出の補正はございません。

3条予算

 水道事業費用で、557万円の増

 その内訳は、第1款第1項営業費用で557万円の増額を予定しております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は歳入歳出一括して行います。質疑を許します。

〔休憩を求める声あり〕

 暫時休憩します。

午前11時48分 休憩午前11時52分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆仲里司議員

 平成27年度与那原町水道会計事業の補正予算についてお聞きします。休憩中も確認をさせていただきましたが、3条予算の部分で収益的収入、収益的支出を比べてみますと、運営的には赤字というような形になっております。これは以前からも委員会やその他の質問でもお聞かせいただきましたが、1人当たりの水の消費量という部分の非常に大きな減水量と言うんですか、そういうことが発生しているということをお聞きする中で、これから水道事業は厳しくなっていくよというお話を聞かせていただいております。それについて町長、これは担当課長一任の話ではなくて、もう整備されてきた排水管の問題であるとか、そういった部分で予算がかかってくる部分もあるのかなというふうに考える上で、これだけ水道の消費量という部分が減ってきて、運営的に支障を来す可能性が出ております。その中で今後、水道料を上げていくというようなことが必要になってくるのか。もしくは、それ以外何らかの対策というふうに何かあるのかを少し補正と関連してお聞かせ願えればと思います。



◎町長(古堅國雄)

 今振り返ってみますと、やはり慎重を期して、健全経営をしてきたのはよかったなと改めて感じているわけですが、与那原町単独の事業として従来と同じ形で、これからも推移していくということであれば、いろいろ検証して、どういう方法があるのか。値上げまではしなくても、何とか健全な経営ができるのではないかなというふうに予想していたわけですが、今回大きな展開がMICE決定によって、この地域が大きく変わってくるだろうと思います。それから企業の活性化、例えば大きなホテルとか、水を使う企業なども、これ今のところはまだはっきりしませんけれども、今までの東京のビックサイトとか、パシフィコ横浜とか、幕張メッセとかを見てきた範囲内では、これはもう並大抵の規模ではないものですから、実際的に数字をはじき出して、これはもう県も一緒になって対応策、そして与那原町独自の水道会計が、下水道も含めてですけれども、しっかり原点に返って、どういう構想を描いていくか、非常に大事な時期を迎えているというふうに受けとめておりまして、これからしっかり検証をして、健全な経営ができるように最大の努力を払っていくと同時に、また県の協力、あるいはまた話が出ておりますが、国策あるいは特区等の応用ができる要素があるのかどうか。さまざまな角度からしっかりと検証をしていきたいというふうに思っております。



◆仲里司議員

 ほんとにこれから難しい水道事業経営が待ち受けているのかなというふうに考えると、少しわかりづらかったので。イメージをすると、MICEやホテル関係とか、その他関連する飲食店がふえてくるということになると、水道事業に対しても明るい話題なのかなというふうに考えますし、それがMICEで使用する水道料やホテルで使用する水道料に関しては、公共性があるものだから水道料が余り発生しないんだとかということで、逆に仕入れだけ大きくなって、販売というものは厳しくなるということなのか。それを担当課長、もし御存じであればその部分詳しく教えていただければと思います。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時58分 休憩午前11時59分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎上下水道課長(大城哲)

 仲里議員の再質疑にお答えいたします。仕入価格等のお話がありましたけれども、仕入価格等の単価につきましては、それほど大差は出てこないと思いますけれども、出ていく分、支出とか出ていく分はかなり大きくなると思いますけれども、一番メーンになってくるのは、MICEが来ることによる今後出ていくのが大きいのは施設の整備費、今までの管でもつのか、もたなければ重要幹線を引っ張らないといけないのか、それで第2配水池というのが今、東浜向けに行っているんですけれども、これの容量だけで足りるのか、足りなければ配水池も大きくつくらなければいけないとか、そういった面で出ていくお金のほうが大きいかなと思っております。



◆仲里司議員

 大変よくわかりました。委員会でもいろいろまたお聞きしたいと思いますので、補正についてはこれで終わります。



○議長(識名盛紀)

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第51号は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 異議なしと認めます。したがって議案第51号は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第51号・平成27年度与那原町水道事業会計補正予算(第1号)を採決します。この採決は、起立により行います。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

〔起立全員〕



○議長(識名盛紀)

 起立全員です。したがって本案は、原案のとおり可決されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 以上で本日の日程は、終了しました。

 本日は、これで散会します。御苦労さまでした。

 次回は明日10時から行います。

午後0時01分 散会