議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 与那原町

平成27年3月第1回定例会 03月11日−03号




平成27年3月第1回定例会 − 03月11日−03号







平成27年3月第1回定例会




┌───────────────────────────────────────────────┐
│                                               │
│ 平成27年                                          │
│                与那原町議会定例会会議録(第3号)              │
│ 第 1 回                                          │
│            平成27年3月11日(水曜日)   午前10時01分開議            │
│                                               │
└───────────────────────────────────────────────┘




[議 事 日 程  第3号]

 平成27年3月11日(水曜日)

 午前10時00分開議


日程第1.議案第14号 平成27年度与那原町一般会計予算
日程第2.議案第15号 平成27年度与那原町国民健康保険特別会計予算
日程第3.議案第16号 平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算
日程第4.議案第17号 平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計予算
日程第5.議案第18号 平成27年度与那原町水道事業会計予算
─────────────────────────────────────────
[本日の会議に付した事件]
日程第1.議案第14号 平成27年度与那原町一般会計予算
日程第2.議案第15号 平成27年度与那原町国民健康保険特別会計予算
日程第3.議案第16号 平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算
日程第4.議案第17号 平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計予算
日程第5.議案第18号 平成27年度与那原町水道事業会計予算
─────────────────────────────────────────
[出 席 議 員(14名)]
1番  識 名 盛 紀 議員          8番  喜屋武 一 彦 議員
2番  舩 谷 政 喜 議員          9番  田 中 直 子 議員
3番  山 口   修 議員          10番  津 波   弘 議員
4番  松 長 康 二 議員          11番  上 原   晃 議員
5番  比 嘉 徳 雄 議員          12番  我 謝 孟 範 議員
6番  上江洲 安 昌 議員          13番  仲 里   司 議員
7番  当 真   聡 議員          14番  城 間 盛 光 議員
─────────────────────────────────────────
[職務のため議場に出席した事務局職員の職、氏名]
事 務 局 長          当 山   正         主     査   辺土名   梢
補     佐          照 屋   基                           
─────────────────────────────────────────
[説明のため出席した者の職、氏名]
町     長          古 堅 國 雄         教  育  長   當 山   健
副  町  長          照 屋   勉         学校教育課長    岡     剛
出 納 室 長 兼 会 計 管 理 者   上 原 丈 二         生涯学習振興    宮 平 律 子
与那原町大型MICE誘致特命参事                 課    長           
総 務 課 長          玉 城   仁         福 祉 課 長   宮 城 きよみ
財 政 課 長          新 垣 政 孝         住 民 課 長   仲 里 武 徳
企画観光課長           上 原 宏 章         健康保険課長    辺土名   彬
農水環境安全           新 里   健         税 務 課 長   上 原   謙
課    長                                            
まちづくり課長          城 間 秀 盛         子育て支援課長   伊 集 京 美
上下水道課長           石 川   毅                          
─────────────────────────────────────────




○議長(識名盛紀) これから本日の会議を開きます。

午前10時01分 開議

 日程に入る前に、皆様方の御協力をお願い申し上げます。2011年に発生いたしました東日本大震災から本日で4年目となります。ここで改めて震災で亡くなられた方々に対し、衷心より御冥福をお祈りいたしまして、黙祷を捧げたいと思います。皆様、御起立をお願いいたします。

〔黙祷〕

─────────────────────────────────────────



○議長(識名盛紀)

 黙祷を終わります。御協力ありがとうございました。御着席ください。

 日程第1.議案第14号・平成27年度与那原町一般会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第14号



平成27年度与那原町一般会計予算

 平成27年度与那原町一般会計の予算は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算)

第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ7,248,838千円と定める。

2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (債務負担行為)

第2条 地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表 債務負担行為」による。

 (地方債)

第3条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は「第3表 地方債」による。

 (一時借入金)

第4条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は1,200,000千円と定める。

 (歳出予算の流用)

第5条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

(1) 各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。


平成27年3月9日          与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────
第1表  歳  入  歳  出  予  算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 町             税│                 │       1,471,415┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 町      民      税│        643,917┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 固   定   資   産   税│        682,592┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 軽   自   動   車   税│        52,906┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 市 町 村 た ば こ 税  │        92,000┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 地   方   譲   与   税│                 │        32,952┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 地 方 揮 発 油 譲 与 税│         9,952┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 自 動 車 重 量 譲 与 税│        23,000┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 利  子  割  交  付  金  │                 │         3,288┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 利  子  割  交  付  金  │         3,288┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 配  当  割  交  付  金  │                 │         3,549┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 配  当  割  交  付  金  │         3,549┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 株式等譲渡所得割交付金    │                 │         3,249┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 株式等譲渡所得割交付金    │         3,249┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 地 方 消 費 税 交 付 金│                 │        220,161┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 地 方 消 費 税 交 付 金│        220,161┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 ゴ ル フ 場 利 用 税 交 付 金 │                 │         1,606┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 ゴ ル フ 場 利 用 税 交 付 金 │         1,606┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃8 自 動 車 取 得 税 交 付 金  │                 │         3,063┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 自 動 車 取 得 税 交 付 金  │         3,063┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃9 地 方 特 例 交 付 金  │                 │         8,016┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 地 方 特 例 交 付 金  │         8,016┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃10 地   方   交   付   税│                 │       1,687,842┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 地   方   交   付   税│       1,687,842┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃11 交通安全対策特別交付金    │                 │         2,700┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 交通安全対策特別交付金    │         2,700┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃12 分 担 金 及 び 負 担 金│                 │        143,752┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 負      担      金│        143,752┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃13 使 用 料 及 び 手 数 料│                 │        60,922┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 使      用      料│        49,376┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 手      数      料│        11,546┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃14 国   庫   支   出   金│                 │        893,807┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 国   庫   負   担   金│        759,497┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 国   庫   補   助   金│        129,573┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 国   庫   委   託   金│         4,737┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃15 県    支    出    金 │                 │       1,625,367┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 県    負    担    金 │        368,269┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 県    補    助    金 │       1,227,157┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 県    委    託    金 │        29,941┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃16 財    産    収    入 │                 │         3,140┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 財  産  運  用  収  入  │         3,139┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 財  産  売  払  収  入  │           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃17 寄      附      金│                 │          502┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 寄      附      金│          502┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃18 繰      入      金│                 │        477,530┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      入      金│        477,530┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃19 繰      越      金│                 │        10,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      越      金│        10,000┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃20 諸      収      入│                 │        229,634┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 延 滞 金 加 算 金 及 び 過 料 │         1,641┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 雑             入│        227,993┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃21 町             債│                 │        366,343┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 町             債│        366,343┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   入   合   計           │       7,248,838┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 議      会      費│                 │        99,807┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 議      会      費│        99,807┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 総      務      費│                 │        756,843┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 総   務   管   理   費│        580,358┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 徴      税      費│        88,011┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 戸 籍 住 民 基 本 台 帳 費  │        69,204┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 選      挙      費│         5,632┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 統   計   調   査   費│        12,249┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │6 監   査   委   員   費│         1,389┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 民      生      費│                 │       2,716,929┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 社   会   福   祉   費│       1,388,628┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 児   童   福   祉   費│       1,328,256┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 災   害   救   助   費│          45┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 衛      生      費│                 │        715,147┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 保   健   衛   生   費│        468,932┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 清      掃      費│        246,215┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 農  林  水  産  業  費  │                 │        30,510┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 農      業      費│        29,267┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 林      業      費│          86┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 水    産    業    費 │         1,157┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 商      工      費│                 │        94,995┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 商      工      費│        94,995┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃8 土      木      費│                 │       1,287,210┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 土   木   管   理   費│        15,373┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 道   路   橋   梁   費│        797,710┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 都   市   計   画   費│        465,207┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 住      宅      費│         8,920┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃9 消      防      費│                 │        216,159┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 消      防      費│        216,159┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃10 教      育      費│                 │        799,642┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 教   育   総   務   費│        252,116┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 小    学    校    費 │        119,422┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 中    学    校    費 │        56,153┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 幼    稚    園    費 │        80,093┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 社   会   教   育   費│        125,890┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │6 保   健   体   育   費│        165,968┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃12 公      債      費│                 │        521,596┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 公      債      費│        521,596┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃14 予      備      費│                 │        10,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 予      備      費│        10,000┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   出   合   計           │       7,248,838┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────
第2表  債 務 負 担 行 為 補 正
┏━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     事   項     │     期   間     │     限 度 額     ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃与那原町観光交流施設維持管理事│  平成28年度〜       │         2,074千円  ┃
┃業巡回警備委託料       │        平成29年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃与那原町観光交流施設維持管理事│  平成28年度〜       │         1,646千円  ┃
┃業機械警備委託料       │        平成29年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃与那原町観光交流施設維持管理事│  平成28年度〜       │          623千円  ┃
┃業印刷機賃借料        │        平成31年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃軽便与那原駅維持管理事業機械警│  平成28年度〜       │          467千円  ┃
┃備委託料           │        平成29年度  │               ┃
┠───────────────┼───────────────┼───────────────┨
┃個人番号カード関連事務事業  │      平成28年度    │         1,404千円  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────

第3表  地     方     債
                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃   起 債 の 目 的   │ 限 度 額 │  起債の方法  │  利  率  │  償 還 の 方 法  ┃
┠─────────────┼─────┼─────────┼───────┼──────────┨
┃             │   千円│         │       │          ┃
┃             │     │(借入方法)   │年5%以内(但│償還期間、据置期間等┃
┃臨時財政対策債      │  184,143│証書借入又は証券発│し、利率見直し│については、特別の融┃
┃             │     │行による。    │方式で借り入れ│資条件のあるものを除┃
┃             │     │         │る資金につい │き、据置期間を含め30┃
┃一般補助施設整備事業債  │  56,100│         │て、利率の見直│年以内とする。償還方┃
┃(沖縄振興特別推進交付金)│     │         │しを行った後に│法は、元金均等又は元┃
┃             │     │         │おいては当該見│利均等による。   ┃
┃公共事業等債(道路)   │  121,900│         │直し後の利率)│但し、財政の都合によ┃
┃             │     │         │       │り据置期間及び償還期┃
┃             │     │         │       │間を短縮し、もしくは┃
┃緊急防災・減災事業債   │   4,200│         │       │繰上げ償還又は低利に┃
┃             │     │         │       │借換えすることができ┃
┃             │     │         │       │る。        ┃
┠─────────────┼─────┼─────────┼───────┼──────────┨
┃      計      │  366,343│         │       │          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第14号・平成27年度与那原町一般会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成27年度の一般会計歳入歳出予算の総額は7,248,838千円となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎財政課長(新垣政孝)

 議員の皆様おはようございます。平成27年度与那原町一般会計歳入歳出予算を提案するに当たり、その概要を御説明いたします。平成27年度与那原町一般会計歳入歳出予算総額は、それぞれ7,248,838千円で、対前年度比141,255千円減で1.9%の減となっております。

 平成27年度の主な事業といたしまして、港東浜線道路改良事業、御殿山与原線道路改良工事、御殿山新島線道路改良工事、沖縄振興特別推進事業では与那原町ウォーターフロント整備事業、来訪者と町民の交流施設整備事業、与那原町墓地整備事業、地球温暖化を防止するための循環型社会形成事業等となっております。

 それでは歳入から順に御説明いたします。

第1款 町税は、1,471,415千円で2.3%の増となっております。その内訳としまして、第1項町民税が643,917千円で0.5%の増、第2項固定資産税が682,592千円で4.8%の増、第3項軽自動車税は52,906千円で9.4%の増、第4項市町村たばこ税が92,000千円で5.0%の減となっております。

第2款 地方譲与税は、32,952千円で2.4%の減となっております。その内訳としまして、第1項地方揮発油譲与税が9,952千円で1.7%の減、第2項自動車重量譲与税が23,000千円で2.7%の減となっております。

第3款 利子割交付金は、3,288千円で4.2%の減となっております。

第4款 配当割交付金は、3,549千円で95.6%の増となっております。

第5款 株式等譲渡所得割交付金は、3,249千円で583.8%の増となっております。

第6款 地方消費税交付金は、220,161千円で56.9%の増となっております。

第7款 ゴルフ場利用税交付金は、1,606千円で6.2%の減となっております。

第8款 自動車取得税交付金は、3,063千円で29.3%の減となっております。

第9款 地方特例交付金は、8,016千円で12.3%の減となっております。

第10款 地方交付税は、1,687,842千円で5.8%の増となっております。

第11款 交通安全対策特別交付金は、2,700千円で増減なしとなっております。

第12款 分担金及び負担金は、143,752千円で6.1%の減となっております。

第13款 使用料及び手数料は、60,922千円で6.3%の増となっております。その内訳としまして、第1項使用料が49,376千円で7.3%の増、第2項手数料が11,546千円で2.1%の増となっております。

第14款 国庫支出金は、893,807千円で0.6%の増となっております。その内訳としまして、第1項国庫負担金が759,497千円で1.6%の減、第2項国庫補助金が129,573千円で14.7%の増、第3項国庫委託金が4,737千円で15.1%の増となっております。

第15款 県支出金は、1,625,367千円で1.3%の減となっております。その内訳としまして、第1項県負担金が368,269千円で5.9%の増、第2項県補助金が1,227,157千円で3%の減、第3項県委託金が29,941千円で11.7%の減となっております。

第16款 財産収入は、3,140千円で34.8%の増となっております。その内訳としまして、第1項財産運用収入が3,139千円で34.8%の増、第2項財産売払収入1千円で増減なしとなっております。

第17款 寄附金は、502千円で増減なしとなっております。

第18款 繰入金は、477,530千円で35.3%の減となっております。

第19款 繰越金は、10,000千円で増減なしとなっております。

第20款 諸収入は、229,634千円で20%の増となっております。その内訳としまして、第1項延滞金加算金及び過料が1,641千円で45.3%の減、第3項雑入が227,993千円で21.1%の増となっております。

第21款 町債は、366,343千円で25.2%の減となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

第1款 議会費は、99,807千円で4.6%の減となっております。

第2款 総務費は、756,843千円で33.8%の減となっております。その内訳としまして、第1項総務管理費が580,358千円で41.3%の減、第2項徴税費が88,011千円で1.5%の増、第3項戸籍住民基本台帳費が69,204千円で50.2%の増、第4項選挙費が5,632千円で58.6%の減、第5項統計調査費が12,249千円で95.1%の増、第6項監査委員費が1,389千円で8.8%の増となっております。

第3款 民生費は、2,716,929千円で4.8%の増となっております。その内訳としまして、第1項社会福祉費が1,388,628千円で3.2%の増、第2項児童福祉費が1,328,256千円で6.4%の増、第4項災害救助費は45千円で増減なしとなっております。

第4款 衛生費は、715,147千円で6.2%の増となっております。その内訳としまして、第1項保健衛生費が468,932千円で7.2%の増、第2項清掃費が246,215千円で4.4%の増となっております。

第6款 農林水産業費は、30,510千円で87.4%の減となっております。その内訳としまして、第1項農業費が29,267千円で24.4%の増、第2項林業費は86千円で増減なし、第3項水産業費が1,157千円で99.5%の減となっております。

第7款 商工費は、94,995千円で70.9%の減となっております。

第8款 土木費は、1,287,210千円で92.6%の増となっております。その内訳としまして、第1項土木管理費が15,373千円で9.6%の増、第2項道路橋梁費が797,710千円で93.8%の増、第4項都市計画費が465,207千円で98.7%の増、第5項住宅費が8,920千円で5.7%の増となっております。

第9款 消防費は、216,159千円で1.4%の減となっております。

第10款 教育費は、799,642千円で10%の減となっております。その内訳としまして、第1項教育総務費が252,116千円で28.8%の減、第2項小学校費が119,422千円で4.5%の減、第3項中学校費が56,153千円で2.7%の減、第4項幼稚園費が80,093千円で12.4%の減、第5項社会教育費が125,890千円で29.5%の増、第6項保健体育費が165,968千円で1.9%の増となっております。

第12款 公債費は、521,596千円で0.1%の減となっております。

第14款 予備費は、10,000千円で増減なしとなっております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出区分して行います。まず、歳入に対する質疑を許します。



◆仲里司議員

 平成27年度一般会計歳入歳出予算について、歳入の部分ということですが、少し歳出もかかわるものですから、議長、もし間違っていましたらとめてください。まず町税のほうで2.3%の増、町民税が0.5%、固定資産税が4.8%、軽自動車9.4%の増というような形になっておりますが、増に関しては大変人口がふえてくるなど、また今後の予定もあると思うんですが、その中でちょっと確認をしたいのが、人口がふえる上での歳入と歳出、支出と収入の割合というものが、もしある程度出せているのであれば、どういうバランスになるのかちょっとお聞かせいただきたいなと思います。それと地方交付税に関してですが、これについて今回5.8%増というふうになっておりますが、このふえた要因、そして今後地方交付税をふやしていく上での事業項目、そして町の行っている事業の中でも地方交付税の入りやすい部分、入りにくい部分があると思うんです。その増額を含めて行っていく対策と言うんですか、計数の数字なども少し総務省に学ばせていただきましたが、その地方交付税をふやすための研究なり、政策なりという部分はどういった形での取り組みがなされているのかお聞かせください。



◎財政課長(新垣政孝)

 ただいまの仲里司議員の御質疑にお答えいたします。まず1点目の人口増に伴う収支のバランスということだったと思いますけれども、人口がふえますと当然収入、税金ですね、町民税等ふえますけれども、それだけごみの収集だとか、さまざまな行政需要も増してきますので、その分歳出もふえるということになります。その直接的な収入と支出だけでいきますと、多分支出のほうが上回るかと思いますけれども、交付税という大きな項目がございまして、交付税の中で収入がふえた分、支出がふえた分、その差額を交付税で埋めるという形になりますので、結果的にはふえた分をそのまま交付税で埋めていただくので、収支のバランスが崩れるということも、ふえるということもそんなにはないというふうに考えております。交付税でトントンになるということでございます。それから今回の交付税の増の要因ということですけれども、交付税の増に要因としては細かく分析はまだできていないんですけれども、県の試算表に数字を入れて出した結果が、今回の数字となっておりますけれども、主な要因として考えられるのが今先ほど申し上げました人口増と、当然学校の子供たちの数もふえておりますし、保育所の子供たちの数もふえていると。クラス数もふえているということもありますので、そういったさまざまな要件が交付税増の要因になっているのではないかということで考えております。ただ、基礎となる国勢調査の人口が5年前の人口ですので、平成27年度に国勢調査が行われますので、その人口が反映されるのは次年度以降と、平成28年度以降になりますので、そのときには基準財政需要額のほうも大幅に伸びるのではないかというふうに想定はしております。それから交付税をふやすための施策と言うんですか、施策というものが何かないかということでございましたけれども、特に一般的な行政需要ということでございますので、一般的な行政需要をいかにふやすかということはなかなか施策として難しいのかなと考えておりますけれども、与那原町としては今人口がどんどんふえている状況でございますので、人口がふえれば行政需要が高まって、さらに交付税もふえていくということでなっていくかと思います。以上でございます。



◆仲里司議員

 まず1点目、人口増に伴うバランス、地方交付税での補填と言うんですか、基準財政需要額に伴いと思いますが、そうなると地方交付税で賄えない予算も多くあると思うんです。そういった部分の比率等を含めて、やはり出していかなければいけないのではないかなというふうに考えますので、そういったデータも新年度予算の数値としてはどちらかでうたわなければいけないのかなというふうに思いますので、その点も御検討をいただければと思います。そしてまた地方交付税について、人口が国勢調査に伴いということがありましたが、お話を聞くと、毎年住基をもとにその数値のチェックをしているということなので、5年後、マリンタウンの関係がどんどんふえた。5年前とさかのぼってというような大きな数字の増は見込めないのかなというふうに感じますが、その点はどちらが正しかったのかなと思いますので、情報的にもう一度お願いします。



◎財政課長(新垣政孝)

 ただいまの再質問にお答えいたします。国勢調査の人口が基礎数値というふうに基準財政需要額のほとんどの基礎数値が国勢調査の人口となっております。ただ、先ほど申し上げた小学校の子供たちの数だとか、クラス数とか、そういったものは毎年調査が行われまして、その数値は反映されてきますので、その分については当然増額になっています。ただ、基礎となる国勢調査の人口というものは5年に一度の更新になりますので、与那原の場合、5年前と現在では約3,000名近くの差がありますので、その分については次年度以降に、また反映されるものだというふうに考えております。



◆仲里司議員

 わかりました。今月、総務省の交付税担当とお話をしたときには、5年間待つのではなくて、その間に余りにふえ過ぎて、さまざまな需要に対する交付税措置を5年後に反映させるということだと、追いつかないという認識があるものですから、確認をさせてもらったら、そうではないよと。住基の中から人口増に伴い、元に関する係数をしっかり掛けているよというのがあったのが、どれが事実なのかなということがあったので今確認をしたのですが、課長のお話では5年置きだということで、小学校のクラスがふえたとか、そういう教育需要のみだということであれば非常に今後見直しがされたときに期待が持てるのかなと思いますので、期待をしておきます。そして交付税の部分ですが、先ほども課長からお話があったように人口増、そして学校のクラス単位だとか、いろいろお話をいただきました。我々もそのお話を聞く中で間違いなく地方交付税を少しでも増額する、多分ヒントがあるだろうなという思いをしております。その研究を我々議会も行いますが、ぜひ執行部のほうもどういう形をやれば交付税がもう少し多めに入るのか。係数的な部分が触れるというか、ふえる可能性があるのか。それとも母体となる部分の数字をふやしていけるのか。そのヒントは間違いなくあるなという感じがしましたので、ともに研究をしていきたいなと思いますので、この地方交付税1円でも10円でもほんとにふやしていける可能性があるということだけお伝えして終わります。



◎財政課長(新垣政孝)

 大変申しわけありません。先ほど少し申し逃したものがあったので、一つだけ加えさせていただきたいと思います。国勢調査の人口ということでお話をしましたけれども、毎年、国の交付税の担当のほうから何か要望がないかと、改正すべきものがないかということで調査がございます。与那原といたしましては5年前から急激に人口が伸びて、先ほど申し上げましたとおり3,000名近くの人口の差が生じておりますので、人口急減地域の補正係数というのはございます。ただ、人口急増という補正係数が今のところがありませんので、2年前、3年前ごろからずっとそういった行政需要は伸びているのだから、人口急増についても国勢調査の人口だけではなくて、反映させる方法を何とかできないかということで今要請をずっとしているところでございますけれども、いまだ回答がないということになっております。それから今、仲里議員がありましたこの提案につきましては、しっかりまた財政担当としても、また議会の皆さんと一緒に機会があればしっかり勉強をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。



◆当真聡議員

 1点だけちょっと確認したいんですけれども、仲里議員のほうからも今ありましたが、ちょっと総務省のほうでの情報なんですが、今回交付税の改正法によって、所得税、法人税を33.1%にして、酒税を50%に引き上げると。その中でたばこ税を除外していくというような話があったんですけれども、今我が町ではたばこ税9,000万円余りの収入がありますが、意外とたばこ税の収入というのはどなたから見ても大きな財産源になっているんですけれども、その中で総務省の話しているようにたばこ税を除外して、酒税を上げていくということになると、我が町にとってはマイナスではないのかなという点でちょっと思ったものですから、その辺どう考えているのか、どう見ているのか答弁をお願いします。



◎副町長(照屋勉)

 当真議員の御質疑にお答えしたいと思います。多分に今当真議員がおっしゃるのは交付税のトータル、大枠の話なので、たばこ税が抜かれたというのは本町にとってはいいんですが、酒税との絡みで言うと全く本町とは何らかかわりがないというふうに思っております。



◆当真聡議員

 今副町長からも説明があったんですけれども、私と副町長の理解の仕方がずれているのかなというのは今聞いて感じてはいるんですけれども、交付税の中で例えば酒税を50%に上げて、たばこ税を除外していくというような向こうの説明があったんですけれども、私の感覚としてはそうすることによって町としてはたばこ税の収入が減っていくのかなというところで、一応向こうのほうにも一旦投げかけはしたんですけれども、これは各市町村によっても差は出てくるだろうみたいな返答していただいていないところがあるんですけれども、その中で例えば今副町長の答弁の中で、副町長のほうとしてはどういうような、基本的に町にはほとんど影響はないよというような答弁ですけれども、そうであればそれで差し支えないんですけれども、もしそれが我が町にとって例えばマイナス点になるのであれば、やはりそれは対策として考えていく必要があるだろうと思ったので、今ちょっと質疑をしたんですけれども、その辺で再度念を押しておきたいと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時31分 休憩午前10時31分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎副町長(照屋勉)

 当真議員の再質疑にお答えしたいと思います。当真議員がおっしゃるのは町税の中のたばこ税が変わるのではないかということだと思うんですけれども、町税としてのたばこ税は全く変わらなくて、あくまでも国としての、いわゆる交付税の原資、トータルの原資ですね、16兆円余りでしたか。この原資の取り扱い5税の配分が変わると。普通交付税が94%、特別交付税が6%となるんですが、あくまでも国の原資の取り扱いのパーセンテージが変わるということであって、地方における交付税については影響はございません。



◆我謝孟範議員

 歳入の個人番号カードの国庫補助金が640万円見込まれているわけなんですが、これは国からどういう指導がなされていて、どういうことをしようとしているのか。その点を答弁してもらいたいと思います。それから第6款の地方消費税交付金の中身としてどういう性格があって、計算方法はどういう計算方法で当町に2億2,000万円の消費税が入ってくるのか。この点を答弁いただきたいと思います。



◎住民課長(仲里武徳)

 議員の皆様、おはようございます。ただいまの我謝議員の御質疑にお答えいたします。国庫支出金、国庫補助金の11節、個人番号カード関連事務補助金についてでありますが、ことしの10月から個人番号カードの、まず通知カードというものが交付されます。そのカードに対しての与那原町としてJ−LISというところに委任をしているわけなんですが、委任先のほうで個人番号を生成、また作成、発行、その業務にかかわる歳出のほう負担金があります。それに対する国からの交付金ということになっています。以上です。



◎財政課長(新垣政孝)

 ただいまの我謝孟範議員の御質疑にお答えいたします。地方消費税交付金につきましては積算の方法といたしましては、県に納付される地方消費税の2分の1を人口と従業者数で按分して交付されるということになっております。その基礎数値についてはまだ把握はしておりませんけれども、県のほうから1月13日付で通知が来ておりまして、その数値を今回の予算に計上させていただいております。以上でございます。



◆我謝孟範議員

 まず1点目なんですが、今課長が答弁なされているのは歳出の件で、これから何をやるかということで委託するということなんです。要は国の意図、なぜ国は個人番号制を導入しようとしているのか。それを皆さんが要求したのかどうか。自動的におりてきて、国からの命令なのかこれは。それを私は今答弁してほしいということなんです。この意図は何かと。背景はこれからどうしていくのかということ。個人番号を、要するにこれは町民のプライバシーに関することでもあるし、その件はどういう形で皆さんは国からちゃんと説明を受けているかどうか。またこれは町長どういう個人番号制、プライバシーの件とかそういうものがもろもろ出てくると思うんですが、これは個人個人の預金通帳とか全部調査されるわけです。番号をつけられる。これをどういう背景なのかということも踏まえて、これはちゃんと皆さんははっきりした態度を持ってもらわないと困ると思うんです。その国の意図というのは何なのかということをはっきり捉えて、予算を計上したのかどうか。その点も踏まえて答弁なされてもらいたい。それから消費税の問題なんですが、人口割で、パーセントでという形で、これはあくまで手段なんですよね。しかし、この消費税がなぜ自治体に交付金として持ってくるのかということ、それを聞いているんです。なぜなのか、例えば公共料金にも消費税課していますよね。町民から吸い上げていますよね。それを国に結果的には支払っているわけです。それをまた国から消費税という形で入ってくるわけなんですが、交付金として。そのからくりというのは何なのかということなんです。それをお尋ねしたい。意図は何かということ。配分とか按分はよろしいです。なぜ消費税が各自治体にこういう形で入ってくるかということを、ぜひ説明していただきたい。



◎総務課長(玉城仁)

 我謝議員の再質疑にお答えいたします。社会保障・税番号制度の導入の国の趣旨ということで、私どものほうも県を通して説明会のほうに参加をさせていただいています。まず、趣旨としては番号制度は複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための基盤であり、社会保障、税制度の効率性、透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤であるという点で、国のほうでその番号制の法律が制定されて、それを受けて市町村のほうもそれに合わせて、それに向けて基盤整備、システムの改修等を今実際取り組んでいるところでございます。あと、プライバシーの件ですけれども、国のほうも特定個人情報保護制度というのが法律で制定されておりますので、それによって今この番号というのは社会保障、税、あと防災に関するものにしか使用できないということで、それに違反した場合、罰則等の規則も制定されていますので、その辺についてはプライバシーのほうには非常に気をつけてやっているということでございます。今、預金通帳のお話が出ていますけれども、あくまでも今使えるのは個人番号というのは社会保障と税番号と防災、この3点にしか使えないというふうに説明を受けております。以上でございます。



◎財政課長(新垣政孝)

 それでは我謝孟範議員の再質疑にお答えします。地方消費税交付金につきましては、消費税の中の地方消費税分になっております。消費税の中には現在8%ですけれども、そのうちの24%が地方の分、それから76%が国の分ということになっておりますので、今回の地方消費税交付金については、その消費税のうちの法で定められました24%が地方に戻ってきているということになっております。それから昨年度でしたか、3%増税がありましたけれども、その分については社会福祉のほうに充当するということで法で決まっておりますので、その分についても今回、与那原町で言いますと扶助費で8,000万円余りの増加がございますので、そういったものに手当てをしているということになっております。以上でございます。



◆我謝孟範議員

 総務課長、国は今は民意で各国民一人一人で、これに国民番号、それで任意で当分は働きかける。しかし、将来数年後には法律でもってこれをやるということをちゃんと公表されているのですが、それは一つの国の個人、個人の権利までも含めて、地ならししてから結果的にはそういうところに持っていくというのが国の意図なんですよね。皆さんは防災の件とか、そんなことをおっしゃっているんですが、果たしてそれでとまるのかどうか。これ地ならしですよ。国の個人、個人を把握する。全預金までも含めて、誰が幾らの預金を持っているかまでも含めて全部国は把握すると。これはもう人権侵害そのものにも値するようなことを国がやろうとしているわけです。それを結果的には皆さんはこれを手助けして、結果的には総背番号制で預金通帳まで全部把握されると。一つの言い逃れとしては個人の情報を漏らしたら企業とかが罰則、罰金という形で言い逃れはしているわけなんですが、結果的には全国民が全部これに結果的には掌握されると。もうプライバシーどころではないです。その中でどういうふうに捉えているかが、やはり皆さんの認識の問題なんですよね。それをどういうふうに捉えて、これあれよあれよという間に地ならしされてやられるわけなんですが、これをどういうふうに捉えているかということも踏まえて答弁なされていただきたい。それから消費税の件なんですが、課長は3%は社会保障費に回すということを前から言われていますが、これ回っていませんよね。これ国の言い文であって、実際上は違いますね。それはそれとして置いておいても、消費税が町民から公共料金に課せられているわけですから、その公共料金の一つの還元みたいな形になっているのではないかということを私は捉えているわけなんですが、そういう考えは何も持っていなくて単なる数字上の、要するに配分だけで捉えているのかどうか。その点を踏まえてもう一度答弁をなされていただきたいと思います。



◎副町長(照屋勉)

 我謝議員の再質疑にお答えしたいと思います。議員が御心配されるのはごもっともだと思います。国の法律で、いわゆる国民総背番号制ですね。ただ、現時点におきましては社会保障、税、あるいは災害時に活用するというふうに限定されているところでございます。我々の姿勢としては住民一人一人の個人情報が決してそのほかに乱用されないように、その姿勢をしっかり持ちながら行政を進めてまいりたいと考えているところでございます。



◎財政課長(新垣政孝)

 我謝議員の再質疑にお答えいたします。税の制度を考えましたときに一旦税を広く、多く集めまして、それを国であったり、地方自治体であったりに還元をして、広く行政運営を行っていくということでありますので、言葉が合っているかどうかはわかりませんけれども、広く捉えたときには集めた税を広く町民の皆様に還元していくということでございます。以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時49分 休憩午前10時52分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 質疑ありませんか。

 暫時休憩します。

午前10時54分 休憩午前10時54分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 歳入に対する質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 これで歳入に対する質疑を終わります。

 次に歳出に対する質疑を許します。

 暫時休憩します。

午前10時55分 休憩午前10時55分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆松長康二議員

 127ページ、10款1項のきめ細やかな児童生徒支援事業の一括交付金を活用した事業になるんですけれども、前年度の予算が8,400万円、今回が7,700万円ぐらいということなんですけれども、きのうの答弁では学習支援のほうを今年度はふやしますという中で、支援員がふえる分、その分授業も拡大して事業費のほうでも上がるのではないかなというのが思われるんですけれども、今回その部分で事業費のほうが削減になっている理由のほうと。あと152ページ、10款5項の町史編集事業の中で、11目ですか、需用費の印刷製本費のほうが前年度より約700万円ぐらいアップしている。そちらの詳細のほうを説明お願いいたします。



◎学校教育課長(岡剛)

 議員の皆様、おはようございます。ただいまの松長康二議員の御質疑にお答えいたします。前年度まで議員御指摘のとおり、時代を担う人材育成事業という一本で予算を組んでおりましたが、今年度よりこの前にありますけれども、学校ICT環境整備等による学習意欲学力向上推進事業、そしてきめ細やかな児童生徒支援事業、そして国際理解人材育成事業というふうに3つに分かれております。そこに係る人件費分がICTのほうであったりとか、国際理解のほうに分かれていっております。ですから学習支援員、あるいは特別教育支援員というところの予算自体はふえているということになります。以上です。



◎生涯学習振興課長(宮平律子)

 おはようございます。松長議員の御質疑にお答え申し上げます。町史編集事業の需用費、印刷製本費の増額についての答弁でございますが、平成27年度町史発刊計画からしますと戦後の与那原資料編の発刊年となっておりまして、デジタル版も含めて約1,000冊の発刊の予定をいたしております。以上でございます。



◆松長康二議員

 町史編集事業の中で印刷製本1,000冊ぐらいですか、1冊当たり大体7,000円ぐらいの印刷から製本までの予算という形になるんです。ちなみに、これというのはデジタル化も含め、町のほうでも販売も行うような形になるのですか。その歳出のほうになるので700万円をかけたうちの中で、1冊大体どれぐらいでの販売で、どういった形で販売を行うのか。そこら辺の計画があるのであれば、ただつくるだけではなくて、どういうふうにしていくのかというのもお聞かせください。



◎生涯学習振興課長(宮平律子)

 松長議員の再質疑にお答えいたします。まず販売は通常どおり、私どもの当課の窓口等で行っております。またデジタル版に関しましては、ウエブ上に今1社委託しておりますところにデジタル化をしまして、販売をする予定でございます。価格につきましては編集委員等を交えて適正価格、そのまま印刷製本費を反映するかどうかというのは、また課内のほうで議論をして、適正価格を決めてまいりたいと思います。現在、行っております戦後の与那原編に関しましては、町内価格と町外価格というのを定めておりまして販売を行っております。以上です。



◆松長康二議員

 価格のほうがまだ決まっていないというお話でしたけれども、企画の段階の中で1冊大体1,000冊つくって、1冊7,000円ぐらいであれば、考えの中では普通大体販売単価も決まった中での事業を行うのが普通ではないかなと思うんです。とりあえずつくってから幾らで売ろうではなくて、つくるのに幾らかかる。販売で大体幾ら、総数の売り上げが大体これぐらいの見込みがあるので、その事業を行うというのが一般的な流れかなと思うので、今の段階で販売価格が決まっていません。そちらは今から検討しますではなくて、今後も含め、そういった事業を行うのであれば販売価格、それを行う大体の収益率とか、そういったのを試算した中で予算組みのほうをしていただければと思いますので、今後よろしくお願いします。以上です。



◆山口修議員

 教育関係について、説明資料58ページ、予算資料153ページ、154ページにわたって記載されております。これ多分新規事業と思われます。与那原町「記憶資源」保存活用事業、それから「御新下り」関連史跡復元・周辺整備事業、これ新規予算で出ているかと思いますが、これ生涯学習課担当ですか。これ詳しくちょっと説明をしていただきたいと思います。また、こちらの関係史跡復元・周辺整備・歴史資料館(仮称)整備事業となっています。これだけを単独で読めば将来、新しき建物を建てるんであろうなというふうに思われるのですが、どういう企画とどのような予定と、どのようなものを考えられているのか。そうするとこの予算では少ないのではないのかいうふうに思うんですが、これについての説明をお願いします。



◎生涯学習振興課長(宮平律子)

 それでは山口議員の御質疑にお答え申し上げます。まず、「御新下り」関連史跡復元・周辺整備・歴史資料館(仮称)整備事業についての御質疑にお答え申し上げます。こちらのほうは事業名が変わっております。平成24年度に行いました聞得大君御新下り史跡整備事業と、あと歴史資料館整備事業という2つの事業を合わせまして、今回関連の深い史跡の検討委員会を2つ立ち上げまして、その上ですり合わせた上で一体的な整備計画を策定する、策定計画に係る委託事業となっております。ですので、議員の御質疑にありました歴史資料館に関しましては、今後の建設に向けてか、整備に向けての検討をするという検討委員会という形になります。

 続きまして、「記憶資源」保存活用事業に関しましてでございますが、事業の内容としましては、既存する綱曳資料館の現状と課題を洗い出した上に資料展示の刷新等を行いながら与那原町の魅力を町内外へ発信する事業というのが大まかな概要となっております。具体的に申し上げますと、まず資料館の活用をこちらの事業費を活用して2年間にわたり、また与那原大綱曳の魅力を町内外に発信するための基盤整備を行っていくという事業となっております。以上です。



◆山口修議員

 課長、これあえて2つに分けているというふうにも今お話をされましたね。これあえて2つに分けなければいけないのですか。合計すると793万4,000円の予算ですけれども、これ2つといったら絶対足りないよね。それで綱曳資料館の話も出ましたが、現存する綱曳資料館を今後どうするのかを含めて、もう一度具体的にそれとの関連性と、あるいは整合性も含めて、あるいは新しいところへつくるのか。そういうことを含めて検討するのか否か、ちょっとお答えしてください。



◎生涯学習振興課長(宮平律子)

 山口議員の再質疑にお答え申し上げます。まず、事業を2つに分けた理由といたしましては、「御新下り」関連史跡整備事業に関しましては検討委員会でございまして、今後の史跡等の整備の文化財の整備等に関しましての方向性の基礎になる検討委員会というふうに捉えております。議員のおっしゃいましたとおり、資料館の建てかえ、刷新、その方向性を決める検討会という形でございます。あと「記憶資源」事業に関しましては、こちらのほうは資料館自体の機能強化ということでございまして、ソフト事業でございます。中身を検討するということでございまして、検討委員会の結果、新しく建設をするという方向性になりますと、その機能をまるまる新しい施設のほうに移設していくというような考えでございます。以上です。



◆山口修議員

 大体の方向性はちょっと感じられるんですけれども、行く行くは町の歴史的な文化と町史の編さんも含めて、そういったものを包括したような形のほうをとっていかれるのであろうというふうに思うんですが、そういったところには現在の町史編さん室がありますよね。コミュニティセンターに、あんな狭いところにあれだけの物量と人があるわけですから、そういったところも整理統合するような形で検討委員会の中で論議をしていただくような形はとっていただきたい。また、この予算については見直しをしたほうがいいと思いますよ。これ絶対少な過ぎる。私は個人的に見てもそう思う。この辺についてはもう一度協議をしたほうがよろしいのではないかなと思います。以上です。



◎生涯学習振興課長(宮平律子)

 山口議員の再質疑にお答え申し上げます。予算についての経緯といたしましては、まず「記憶資源」事業につきましては2年間にわたる事業と捉えております。平成27年、平成28年ということで2年間の事業でございまして、今回は1年分という形でございます。主に中身を検討する要員を雇用いたしましての事業と、具体的に申し上げますとホームページ等の作成の費用等を計上させていただいております。また、史跡整備事業につきましては、こちら検討委員会の主に会議費と、あと報告書等の取りまとめとなっておりますので、妥当な計上ではないかと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時10分 休憩午前11時10分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎生涯学習振興課長(宮平律子)

 答弁漏れがございましたようなので再答弁を申し上げます。研修費ですね、委託費に全部含まれておりますので、この中で全部賄えるかと思います。



◆上江洲安昌議員

 2点ほどお聞きをしたいと思います。まず、教育委員会にお聞きをしたいのですが、この間、報道で平成27年度困窮家庭の子供たち、前にも一般質問をやったことがあるのですが、無料塾というのを、今まで西原町と南風原町で与那原が参加をしているということを聞いて、この間、報道から流れて与那原を拠点化していくということであったのですが、歳入歳出にどうあらわれているのか。これ県の事業として直接なのか、与那原が県支出金を受け入れて、平成27年度からやるのか。この辺ちょっと聞いているのでしたら、あれだけ報道でやったもので、私予算書を見てもどこにあるのかよくわからないので、もし、わかるようでしたら教えてください。あと2点目は、商工観光費ですか、商工費についてでありますが、どこを見ても観光協会の設立が出てこないということで、調査費さえも出てこない。昨年の12月議会では担当課長も含めて、平成27年度、今年度をめどに南風原町や南城市が出ていて、与那原も今これだけのを使って、与那原観光計画というのがすばらしいのができているわけですね。これを読んでも与那原もやっぱり将来も見えてきたなというふうな感じがしますので、観光計画の中から。これだけの与那原町、どうしてもいろんな施設ができていて、複合施設もできるし、駅もできるし、御殿山開発、そして世持橋親川観光という形で与那原も出発していく中で、観光協会の議論は全くとまっていて、あれだけ設置を平成27年度からはできると。町長も熱く徐葆光の話をしながら、私たちには語っていたわけです。今でも桜坂で映画をしているんだけれども、やっぱり琉球の歴史、文化という東御廻りとか、御新下りとか、そういうものからしたらどうしてもやっぱり南風原町、南城市、そして与那原をつなぐには観光協会というものを、もう既に私は調査をして設立ということの、ある意味では議会の一般質問等でもやったわけですから、これが予算にも調査費にもあらわれていないということになると、この一、二年議論は全くしていなかったのかなと。それはわかります。一括交付金でいろんな施設をつくったり、一生懸命やっていることはわかるのですが、それを網羅した形で今南風原町も南城市も一生懸命やっているのを見たら、これを核になるようなものを仕組みをつくるということは、とっても大切なんだけれども、一つも出てこないというところの、もし理由でもあれば町長から答弁をいただきたいと思います。2点ですけれども、よろしくお願いします。



◎学校教育課長(岡剛)

 上江洲安昌議員のただいまの御質疑にお答えいたします。議員がお話しされた件は、沖縄県が行います沖縄県子育て支援モデル事業という事業になります。こちらの事業につきましては沖縄県が直接事業所に委託費という形で支払いをして事業を実施していくという流れになっていきます。その中で沖縄県のほうより本町のほうへ年末に与那原町もそのモデル事業の実施市町村としていかがですかというお声かけがありましたので、教育委員会内部で検討した結果、そのモデル事業の実施市町村として手を挙げようということになっております。ですので歳入歳出ともにない形となっております。以上です。



◎企画観光課長(上原宏章)

 ただいまの上江洲議員の2点目の御質疑についてお答えします。観光協会の設立については私どもと商工会、あと観光にかかわる方々と意見交換を何度かしておりまして、その必要性についてはともに認識をしているところでございますけれども、今回の予算要求にないということについては、実際に具体的な詳細にどういうふうに予算を組んでということがまだ決まっておりませんで、これを今後協議して、平成27年度中に予算要求ができるか、また平成28年度になるか、ちょっとまだ未定ではありますけれども、そういうふうに予算立てをしていきたいというふうに思っております。以上です。



◆上江洲安昌議員

 教育委員会の今の無料塾については、例えば県の直接事業としてやるわけですね。与那原の教育委員会で例えば生活保護世帯とか困窮家庭というところで、県との調整なんかというのもないわけですか。



◎学校教育課長(岡剛)

 上江洲安昌議員の再質疑にお答えいたします。今回の沖縄県におけるモデル事業と申しますのは、沖縄県から実施するNPO法人等に直接の事業費として委託費が支払われることになります。ただ、その事業のあり方につきましては、沖縄県と私たちが協定書を結ぶことになっております。その協定書の中において対象の範囲であるとか、対象者への声かけであるとか周知、あるいは対象者の確定というところは町の教育委員会がかかわっていく形となっております。以上です。



◆上江洲安昌議員

 与那原の県の支出金で拠点化になったということは大変いいことだと思うんです。そういう意味ではぜひ頑張ってもらいたいというふうに思います。あとは観光協会についてですけれども、方向性については全く変わらないということですよね。町長、ぜひ答弁をお願いします。



◎町長(古堅國雄)

 上江洲安昌議員の観光協会、平成27年度あたりから隣町も含めて、足並みをそろえて設立して取り組むべきだろうという御指摘、おっしゃるとおり私も同感でありますが、その観光協会関係の予算が計上されていないというのは、先ほど課長が説明したとおりでありますけれども、沖縄は観光立県としての将来性、あるいはまたその中でも与那原町は東の拠点として、今大きなプロジェクトMICE誘致や、あるいはまたその他、先ほどありました徐葆光のいた琉球、私は3回も感動をして、映画を観ましたけれども、やはり貴重なポテンシャルを与那原は持っているということで、最近ビッグニュースが入ってきた一つも、与那原がいかに重要港であったかということが証明されていると思いますが、有名な鑑真大和上が与那原に上陸したと。これは8世紀のころですけれども。これが民俗学、あるいは考古学、そういう専門分野の方々の文献がそろって、このように与那原がすごい注目を集めてくる時代が来ると思いますので、これはもう観光立県として、あるいは観光立町として積極的に進めていく。一つ一つ着々と進めてはいるんですが、やはり観光協会というのが大きな役割を果たすと思いますので、その辺も私のほうとしてもしっかり指示を出して、一日も早く取り組めるようにしていきたいと思っております。



◆仲里司議員

 平成27年度与那原町一般会計予算の歳出についてですが、細かいお話は総務委員会の皆さんにお任せしていますので、細かい部分を聞くつもりはありません。そこで1点ですが、児童福祉について、これは大きな課題ですから、一応本会議で聞いておきますが、待機児童解消策、家庭的保育事業とか、待機児童世帯の助成だとか、そういうちょっと濁した形の予算なんかもありますけれども、本来あれはやっぱり保育園に子供たちが入れるということがメーンですから、その対策をどのような事業につけてあるのか。そしてその計画について、次年度の計画をお聞かせください。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 ただいまの仲里議員の御質疑にお答えしたいと思います。待機児童に関してはここ何年か喫緊の課題ということで、そういうこともあって与那原、本町としては子育て支援課というような新設もあったところですが、これまでも待機児童に対しては保育所新設等々の検討をしていくというふうなお答えをしていたところです。今回の予算については保育所増設について当初予算で一旦計上をしていたところなんですが、予算の編成上の中で安心こども基金を活用した形で本町としては保育所の増設を考えていきたいというようなことで、少し内示をいただいてからの補正対応でいきたいというふうなことで、財政課と今調整をしているところですので、ちなみに、子育て支援計画の中ではここ5年計画をしているところなんですが、施設増設に関しての計画をしていくということで明記はしてありますので、今後対策としては保育所増設は視野に入れているところであります。今回の予算に関しては基本的に補正で対応していきたいというふうに今検討しているところです。以上です。



◆仲里司議員

 この待機児童の問題、町長、大変重要な問題であるにもかかわらず、財政的な問題というようなお話で補正対応という協議がなされているということに関しては、大きな問題ではなかろうかと。補正というものは当初の予定にもなく、緊急性を有する部分で補正予算というのは組まなければいけないということは何度も議論をさせていただいておりますが、やはり当初から必要である、そして町長の政策としても法律上としても必要とされているものに関しては、新年度予算でしっかりつけるということが原則になっていると思いますが、その件について財政的な話というのであれば、それ以外の単独事業を含め、カットしないといけないことはもっとあると思うんですが、それについての考え方は非常におかしいと思いますが、それについていかがでしょうか。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時24分 休憩午前11時24分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 済みません。私のほうの説明が少し足らなかったということで、少し追加をさせていただきますが、今回の安心こども基金活用に関して、県のほうでもう一つ、市町村に対しての待機児童解消支援交付金というものがありまして、それに対しての裏負担として、要するに安心こども基金で持ち出す市町村負担分を…、その歳入も含めて、県からの歳入があるという状況がわかって、歳入確定された時点で今回の予算に計上するというふうなことでありましたので。当初予算のほうでは計上していないということであります。以上です。



◆仲里司議員

 担当課長、今の説明があれば十分理解できるわけです。2回目の質疑は必要ないですし、やらないということですかという議論にもならないわけです。その部分をしっかり答弁よろしくお願いします。待機児童解消、努力されるということですから、ぜひ頑張っていただきたいなと思います。あとは総務委員の皆さんに任せます。



◆田中直子議員

 平成27年度の与那原町一般会計予算の中の歳出ですね。7款商工費の中の110ページからお聞きしたいと思います。13節委託料の中の観光地美化・緑化きれいなまちづくり事業の賃金911万3,000円、それともう1点は、111ページの商工会、19節負担金補助及び交付金の中の250万円、商工会青年部南北交流支援補助金のちょっと説明をお聞きしたいと思います。前年は200万円だったのが、今度は50万円増になっていますよね。ちょっと御説明をお聞きしたいと思います。



◎まちづくり課長(城間秀盛)

 110ページ、観光地美化・緑化きれいなまちづくり事業の賃金911万3,000円、これは5名の賃金職員を採用する予定です。観光ルートとして指定をした路線、主に板良敷沿岸線ですね。それと東浜の水路沿いの道路等々の清掃作業を行う職員の採用ということになっております。以上です。



◎企画観光課長(上原宏章)

 それでは私のほうから商工会青年部南北交流事業の昨年度200万円で、平成27年度は250万円となっておりますけれども、商工会青年部と調整をしたところ、今現在参加されている方々のお子さんたちですね、準備等々でやはり備品となるようなもの、防寒具ですね、そういったものの準備等も含めて、負担が大きいというところの相談がありまして、私どもと相談した結果、そういったものを備品としてそろえて準備してあげて、なるべく負担の軽減を図れるのではないかということで今回増としております。以上でございます。



◆田中直子議員

 課長のほうから答弁をいただきまして、観光地美化・緑化きれいなまちづくり事業ということで、今5名の方の雇用ですよね。これは期間はどのようになっていて、事業内容は今お聞きしましたけれども、毎年行われているのか、新たに。期限、期限で採用しているのか。その辺とですね、それからまた年齢制限はあってやっているのか。そちら辺も再度お聞きをしたいと思います。それから商工会青年部南北交流補助金、これは毎年行われておりますよね。これは南北交流のときには年に一回ですけれども、これは申請、申し込みをして行きますよね。そのときの負担額、全額子供たち何名で、毎年何名と決まっていて行くのか。また、個人負担額も出るのか、全額負担なのか。ちょっとその辺もお聞きしたいと思います。なぜかと言うと、せっかく作文か何かですか、書いて通ったんですけれども、何か負担が大きいということを聞いたんです。私たち負担があると思わなかったものですから、それでその負担もどうにかできないものかという相談もあったものですから、その辺ちょっとお聞きしたいと思います。



◎まちづくり課長(城間秀盛)

 賃金職員5名の採用につきましては、4月から翌年度の3月までの1年間を通して採用をいたします。それと年齢制限は特にございません。これは公募を既にかけておりまして、応募された方から面接で5名の採用を決めていくということであります。以上です。



◎企画観光課長(上原宏章)

 再質疑にお答えします。まず初めに個人負担の件ですけれども、一括交付金を使った事業となっておりますので、個人負担を1割というふうに決めてございますので、その分についての減というのはかなり難しいかというふうに考えております。その分を調整しまして、毎年お子さんたちが防寒具だとか個人で買いそろえている…。毎年個人負担の減をするかわりに、毎年個々で準備されている防寒具だとかいうのを備品として貸し出しすることで、その分の負担を軽減しようということで今回調整しております。済みません。詳細はちょっと持っておりませんけれども、今年度については14名のお子さんたちが参加しているというふうに聞いております。以上でございます。



◆田中直子議員

 器具等がいろいろあって、負担額ということの増ですよね。子供たちは大変これはすばらしいということで、行きたいという子たち多いんです。これは申請してすぐできるわけではなくて、感想文か何か作文をやって初めて合格して行けるということなんです。ですけれども、こういうすばらしい体験がありますのに5万円ぐらいの負担があると言いますと、保護者はとっても厳しいということなんです。それで今14名ぐらいと言っていましたよね。それを人数を10名ぐらいに絞って、その分負担額を一、二万円で行けるような方法もできないものか。そういった配慮は考えないですかね。大変これ重要だと思いますよ。交流というのは子供たちは行きたくて、行きたくて仕方ないのに、受かったけれども今回、予算ちょっと厳しいということで行けなかった子もいるんですよ。ですからその辺もう少し具体的に考えていただけませんか。



◎企画観光課長(上原宏章)

 再質疑にお答えしたいと思います。まず個人負担の減ということに関しては人数の10名、15名でかわるわけではなくて、総事業費の1割は必ず負担をしてもらうというところが制度上あります。この場合の子供たちの旅費に係る部分の1割程度ということで、今回5万円ということでこれまでやってきておりますけれども、これについては県、内閣府とも相談はしてはいるんですけれども、やはり負担はあるべきというところですので、今後それにかわるような手法が今回の備品の貸与というような部分でできたものとかわるものと、さらにプラスでできるのかどうかを今後調整をしていきたいというふうに思います。以上です。



◆喜屋武一彦議員

 歳出、54ページですね、総務費の与那原町AEDステーション設置事業の内容と購入費の金額と個数をお教えください。



◎農水環境安全課長(新里健)

 喜屋武一彦議員の質疑にお答えいたします。一括交付金を活用しましての事業の整備というふうになっております。次年度の整備につきましては主に公民館等の施設へのAEDの設置というふうになっております。大変申しわけありません。設置箇所につきましては再度御確認をさせて、後ほど報告をさせていただきたいと思います。

 先ほどの答弁漏れがございました件につきまして、確認できましたので再度補足させていただきたいと思います。今避難所として指定しております公民館等に7カ所にAEDを設置する予定でございます。以上でございます。



◆喜屋武一彦議員

 AEDの設置の要請は私も何度か一般質問でやっておりまして、当時の総務課長でしたか、町内のコンビニ、並びに私が東浜交番とか具体的な要請をして、今後予算がつきましたらそういう検討もしたいという、いつも答弁をやるんですが、実際事業として出てきた場合は公民館とか後でやるとか、そういう具体性がないので、この辺ですね、やはり前回質問をしているわけでございますので、新たに予算がつけられたという事業であれば、そういった過去の要望等があるので、その辺検討しているのかどうか含めて、どういうふうな設置場所の選定をやっているのか。それをお答えください。



◎農水環境安全課長(新里健)

 喜屋武一彦議員の再質疑に答弁いたします。大変申しわけありません。コンビニへの設置につきましては申しわけありません。先ほど避難所というお話もさせていただきましたが、避難所プラス町内のコンビニのほうも3カ所設置予定でございます。交番につきましては今年度で既に設置は済みということでございます。



◆喜屋武一彦議員

 交番には設置済みということで私の理解不足でございましたので、おわびを申し上げます。あと、この事業は次年度も継続してやっていける事業なのか。そうであるとすればいろいろなところの要望等もございますので、その辺よく加味をしていただきまして、具体的な設置場所の選定は十分に協議をしていただきたいということを申し上げておきたいと思います。以上です。



◆我謝孟範議員

 3点お尋ねしたいと思います。まず1点目は、47ページの大型MICE誘致事業155万5,000円計上されておりますが、今の進捗状況と絡み、この誘致事業が功を奏するかどうかなんです。ちゃんと県としては腹をくくっていると思うんですが、その誘致…

〔「建設文教常任委員会の所管です」の声あり〕



◆我謝孟範議員

 それから同じく総務費の新たに今度事業が発足する東海岸地域サンライズ推進事業という形で、町長も所信表明で…



○議長(識名盛紀)

 我謝議員、これも建設文教常任委員会でしっかりやってください。



◆我謝孟範議員

 もう1点、総務費の…、議長、大まかなことを聞いて、細かいことは委員会で聞くというのが、普通だったらいいと思うんですが。議長、暫時休憩お願いします。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。


午前11時45分 休憩午後1時30分 再開




○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆我謝孟範議員

 歳出の質疑を行いますが、大型MICE施設誘致事業が155万5,000円組まれておりますが、今までの経過から見ますと、もう県の腹も固まっているという状況だと思うわけなんですが、もし仮に町の意図と違うような判断が下されますと、この予算計上も無になるわけですので、その点から見ましてもどうかなと私は思うのですが、宜野湾市、西原町、与那原町、それから豊見城市、那覇市、手を挙げているわけなんですが、県に対してのもろもろの資料はもう提出されて、それを吟味して、それから県が精査して結果的にはどこということを決めるということでありますので、もう誘致合戦と言うのでしょうか、誘致運動と言うのでしょうか、そういうものは多分顧み見られないと思うのですが、そういう中での予算計上はどうかなと思います。その点、担当課のほうの見解をいただきたいと思います。それから同じく総務費の東海岸地域サンライズ推進事業、これが50万円組まれていまして、町長の所信表明にも述べられておりますが、事業としては与那原、西原、中城、北中の4町村で構成して、これから東海岸の活性化に向けていくという、そういうことになっておりますが、なぜあえて新たな事業が発足し、それからまた東海岸地域活性化でありますので、なぜあえて4町村なのかどうか。それから何らかの具体的な大きな事業が目に見えて立ち上がる可能性があるのかないのかということも踏まえて、これは多分予算措置がなされてこれから事業を行うことになっていると思うんですが、その点も踏まえて答弁をいただきたいと思います。それからあと1点は歳入にもお聞きしましたが、個人番号カード関連事務費が640万円そのまま国からの予算計上の中で歳出に組まれておりますが、それは町としてどういう調査の仕方をなさるのか、調査方法ですね。それから町民が周知徹底しているのかどうか。その点も踏まえて、例えば個人的な問題になりますので、この点をどういう方法で調査なされるのか。その点述べてもらいたいと思います。



◎出納室長兼会計管理者与那原町大型MICE誘致特命参事(上原丈二)

 議員の皆さん、こんにちは。それでは我謝孟範議員の1点目と2点目を答弁したいと思います。まず、大型MICEの誘致活動につきましての予算についてですが、これまで住民大会等、チラシ等も配って、この誘致活動をやってきました。県からの質問状に対しても回答をし、今現在、県のほうで候補地の決定について検討を重ねているところであります。当初、早急に決まる予定がずれずれにずれ込みまして、今県の部長は7月ごろまでに決めたいと。ですけれども副知事は5月末までには決めたいというふうになっております。決める決め手としましては、候補地を知事みずから現場を確認し、決めたいということですけれども、まだまだ決定に至りませんので、決定まで誘致活動は必要かと考えております。場合によっては県にあと一歩、後押しをするためにさらに住民大会をする必要があるかもしれませんので、そのために予算措置をしてあります。これまで最近の要請行動としましては、知事がかわった後ですね、すぐさま与那原、西原、中城、北中、北谷町が連携しまして、大型MICE誘致の要請を行っております。

 続きまして、東海岸地域サンライズ推進協議会の予算について答弁を申し上げます。これはMICEも含めた形で東海岸地域の活性化を目的に21世紀ビジョンに位置づけられた東海岸地域の開発促進に当たり、東海岸地域の魅力あるまちづくりを推進し、地域活性化の拠点として個性とにぎわいのあるまちの形成を促進するために、東海岸地域サンライズ推進協議会を設置するということで、2月6日付、与那原、西原、中城、北中で推進協議会を設置してございます。この推進協議会におきまして4町村を含めた形でのまちづくりに関する総合的施策の調整及び実施に関することを協議します。さらに今現在、与那原バイパス整備中でありますが、西原に延伸して設計が進められております。西原から西原バイパスとして、さらに中城の和宇慶のほうまで調査費がついていまして、来年はまた設計が進める予定となっています。この推進協議会におきまして、これを設計にとどめるわけではなく、工事実施まで推進させていくということで設立してあります。また、今4月25日オープンするライカムイオンですね、そこと商業の活性化、そして与那原、西原、中城、北中を含めて4町村の商業の活性化を含めまして、スクラムを組んで頑張っていこうということで、今回負担金50万円を組みまして4町村で200万円、この200万円で推進協議会の事業を展開していくと。200万円の内訳としましてはバイパス等の要請行動の旅費とか、そして4町村のMICEアピールとか、そしてバイパスアピール等ののぼり、ポール、チラシの作成、そして住民大会、体育館でやるか、野外でやるかわかりませんが、そういった住民大会の予算とか、もろもろですね、今まではMICEは与那原、西原でしたけれども、今回からは全て4町村でやろうということで同等の予算の確保し、運営をしていく予定で予算措置をしております。以上です。



◎住民課長(仲里武徳)

 我謝議員の3点目の質疑についてお答えいたします。まず、歳出のほう640万円というふうに組まれているわけですが、そちらのほうの中身については通知カードの交付申請、それらに関連する印刷物、通知カードの作成及びその発送と管理、さらに通知カードや個人番号カードに対する問い合わせ、いわゆるコールセンターの設置のほうを見込んだ交付金として国から一旦歳入が入ります。それを与那原町としてJ−LISという機構のほうに委任することになっていますので、640万円そのまま交付金として支出をするという流れになっています。先ほどの調査という話がありましたが、住所地という理解でちょっとお答えをしたいと思いますが、機構のほうから直接カードのほうは発送されるわけですけれども、その段階で住民課のほうで管理しています住民基本台帳、そちらのほうの住所地のほうに郵送をするということになっています。ですので通常我々の業務の中で住所地のほうを確定していますので、そういう意味で通常の業務の中でその辺の調査というか、住所地のほうは行われているというふうに理解しています。周知についてですが、通知カードのほうがことし10月から順次付番、作成、発送というふうになっていますので、10月までの期間を周知期間という形で考えていまして、まず個人番号カードの制度が始まりますということで、来月4月号の広報に載せる予定をしています。以上です。



◆我謝孟範議員

 このMICEの件なんですが、当初もう計画からずっとずれて、県知事もかわって、そういう中で副知事が5月中に方針化するということになっているという答弁をなされているのですが、そうであれば、それもまた絡めてサンライズ4カ町村の運動体としてMICE誘致もやるというそういう中身なんですが、そうであればこれは5月といえば、あと2カ月しかありませんよね。そういう中でこの事業が動くということ自体が、決定するのを見込んでの上での、これの設置なのか。それとも今後はどういう方向に東海岸が動いていくかということに基づいて、やはり4カ町村が力を合わせてやるという、そういう活性化に向けてやるということだと思うのですが、それはなぜ4カ町村なのかということを先ほど質疑をしましたけれども、答えがありませんので、なぜ4カ町村なのか。東海岸といえば、これは観光のかなめでもあるし、やはり東の観光のかなめといえば世界遺産も南城市にあるわけですし、海岸線もちゃんと南城市、それから八重瀬、糸満を含めて、海岸線があるわけですが、例えば中城湾をもし仮に見た場合、泡瀬も含めて、うるま市も含めて、いかに中城湾を観光の目玉にするかということも踏まえて、しかるべき措置をとるべきだと思うのですが、そういうもろもろの具体的な考えと言うんですかね、皆さんはそれはちゃんとある程度の図面は描いていると思うのですが、それがもしありましたら出していただきたいし、なかったらないで、これから手探りという形なのかということも踏まえて答弁を願いたいと思います。

 それから先ほどの個人番号カード、これが周知期間をおいて進めていくということなんですが、もし仮に個人番号というと、やはり何桁かの暗証番号が個人から出されると思うんです。私は例えば4桁であれば4桁、8桁であれば8桁の番号が個人からちゃんと町に報告され、それに基づいて番号がつけられると思うのですが、これは町が勝手につけるのか。それとも町民がみずからこの番号をつけるのか。その点も踏まえて、これからの動向、これがどうなっていくのかも踏まえて、それからまた、これだけで済むのか。今課長がおっしゃったような3つの要件で済むのかどうか。これは国はどう利用をしようとしているのか。それも踏まえてわかれば答弁を願いたいと思います。



◎出納室長兼会計管理者与那原町大型MICE誘致特命参事(上原丈二)

 我謝孟範議員の再質疑にお答えしたいと思います。どうして与那原、西原、中城、北中と、大変ごもっともだと思います。南城市もあります。斎場御嶽とかあります。沖縄市まで、うるま市もあります。ただし、これだけの市町村の首長が集まって、戦略会議を持って、活動をするには結構日程調整も厳しいです。今東部清掃組合の管内にある与那原、西原、中城、北中、常に管理者である町長のもとで集まっていますので、まずはこの4町村でスクラムを組んで進めながら、そこに南城市が加わる。そして沖縄市、うるま市が加わるという形で、まずこの4町村が核となって、起爆剤となって活性化を進めながら、そこから拡大していこうというふうな考えを持っています。今、各町村担当課長も戦略会議ということで持っていますが、現在1回集まっています。新年度に入りましたらそこに総合計画の担当課、そして都市計画の担当課、そして商工観光担当課、農林水産も含めまして、その組織でもって今後の戦略会議を持ちながら推進していこうと考えています。以上です。



◎町長(古堅國雄)

 我謝議員の大型MICE、あるいはサンライズ構想についての御質疑がありましたので、できるだけ手短に御説明をしたいと思います。まず、サンライズ構想ですが、これはいろいろな要素を持っております。今個々の自治体でそれぞれの総合計画に基づいて、将来に向けてのまちづくり、むらづくり、あるいは市づくりということで、個々頑張っているわけですが、どうしてもお互い大局的な立場から見ますと、東海岸がどうしても横の連携とか、あるいは広域的な面で個々の自治体でやるのにはどうしても限界があるというようなことを考えてみました場合には、やはり共通課題である、例えば道路網構想、あるいは琉球海溝でもし、大型地震が発生して津波が押し寄せてきた場合に、この中城湾は国の調査資料によりますと全地域が非常に危険な地域に色塗りをされているということからすれば、仙台のあの湾岸道路ですか、高速道路があったために何千名という人命が救われたというような例もお互い目の当たりにしているわけですが、きょうは3.11ということで、東海岸が東北の震災を教訓に、これはお互い力を合わせて、万が一の災害に備えてそれなりの備えをやるべきだろうというような考え方が一致しまして、そして道路網構想、これは我謝議員から指摘がありましたが、それぞれの地域の考え方は考え方として、将来はこの中城湾、こんなに静穏海域ですばらしい資源がある中で、これを生かすべく専門的な分野、あるいはまた個々の地域の声を反映させて、将来に向けて整備をしていくということが今求められているだろうと。タイミングよく今国が地方創生の政策を打ち出しております。ですから、そういうものもどういうかかわり方になるかわかりませんが、イオンジャスコ、あるいは浦西の駅舎、モノレールの北伸の駅舎、あるいは琉球大学の跡地利用、それにマリンタウンのMICEということが決まれば、まさにタイミングは絶妙なタイミングだということで、一気に東海岸のそれぞれの将来に向けてのプランが進む。そして先ほどありました南城市も観光地として非常に勢いよく今進められておりますが、全て関連してまいりますので、これは南城市長も東海岸ということでは全く異論はありませんし、また先日、沖縄市長、あるいはうるま市長とも話す機会がありましたので、このお話をしたところ非常に喜んで、これは将来お互い一緒に力を合わせて広域行政を進めていきましょうということで、MICEがサンライズ構想の中に包含されていることは当然であります。ですからこの際、MICEと言えばお互いが想像しているものとも、私は先日7日に国と、それから沖縄県、それから南部市町村会、中部市町村会の合同のフォーラムがありましたが、それを2時間近く聞いてみますと、これはもうすごいインパクトと言いますか、沖縄の将来を、沖縄らしさを発信する非常に重要なプロジェクトだなということを、ほんとに実感として感じました。例えば沖縄の伝統文化とか、空手とか、さまざまなものを観光を含めて、国際会議、研修所を含めて、全世界に対して沖縄がアピールできるという機会を、このMICEという一つのプロジェクトで全部連動させていけるというふうに理解をしましたので、このMICEについては最後の最後まで粘り強く県のほうにも、県知事に対しても強く要請をしてまいりたいというふうに考えておりまして、今までのところ最初に比べればはるかに東海岸を重視してもらっているというような感触を得ておりますので、間違いなく来るのではないかなというふうに期待をしながら、これは気を緩めることなく、最後の最後まで決定まであらゆる機会を捉えて要請をしていく。そして取り組んでいくということで予算も当然必要になってまいりますし、いろいろな活動が出てくることも予想されておりますので、全力で取り組んでいきたいというふうに思っています。



◎住民課長(仲里武徳)

 先ほどの我謝議員の再質疑にお答えします。まず、個人番号のほうですが、今現在、住民票コード11桁のほうがあります。その11桁の数字をある法則に従って並びかえをし、それに1桁を加えた12桁が個人番号というふうになります。この個人番号については先ほど申し上げましたJ−LIS機構のほうですね、地方公共団体情報システム機構というところでありますが、そちらのほうで付番をすることになっています。通知カードというものがまず最初にあるんですけれども、そちらのほうについては個人番号、住所、氏名、生年月日と性別、いわゆる基本情報、4情報と言われるもののみを記載して、各住所地のほうに送ることになっています。その通知カードをもとに本人の希望でもって、顔写真入りの個人番号カードというのを作成します。その作成した際には個人番号カードのほうは与那原町のほうに郵送されてきて、本人のほうにはカードができ上がりましたというふうなお知らせのはがきを送ることになっています。そのはがきを持って、役場のほうに一旦来ていただいて、その際に暗証番号の設定をやりますので、通常の住基カードのほうをイメージしていただければわかるかと思うんですが、本人の確認をした後、暗証番号の設定、そういうのをやって本人に直接手渡しをするというふうになっています。スケジュールについては10月から付番をして郵送が始まって、1月ごろから個人番号カード、希望者について発行するというふうになっています。国のほうでどう利用しようとしているかということですが、今現在、個人番号のほうは社会保障、税、防災の各分野を対象としているということです。その中で使われていくであろうと考えています。以上です。



◆我謝孟範議員

 MICEとサンライズ構想が一つに包含されるようなそういう説明がありますが、今までは南部広域行政組合、南部広域圏、2つの組織がありまして、それからまた中部も踏まえた形でそういう広域化を図るという、そういう前提のもとだと思うのですが、今の2つの広域行政はそのまま存続して、また新たに第三の広域行政をつくるわけですよね。それでいいのかどうかですよ。以前から指摘したわけなんですが、やはり見直すところは見直すということで答弁がきているわけなんですが、やはり見直すものは見直して、必要なものは必要として実施するのが本来の姿だと思うのですが、それはそのままにしておいて、また新たに第三の広域行政をつくっていくということになろうとしているわけなんですが、それで今の課長の答弁、町長の答弁をお聞きしますと、今この構成組織が商工会が入るわけですよね。何で商工会だけなのか。東海岸というと、海ですよ。海もあるし、陸地もあるし、商工業もあるわけですから、なぜ商工会だけなのか。本来は漁協、それからほかにも多々あると思うんですが、そういう形でもし仮に行政組合をつくるということだったら、全体的に網羅して初めて、皆さんが描くような大きな構想に発展すると思うんですが、これでは何かの片手落ちではないかと私は思うんです。なぜあえて商工会だけなのか。その点も踏まえまして、また今の行政組合のあり方も絡めまして、今後どうしていくかも含めまして答弁なされていただきたいと。

 それから個人情報のことなんですが、一応は国からそういう形で予算が計上されて、そのまま国の思惑どおりに多分進んでいくと思うのですが、今課長がおっしゃったのは12桁の番号が並べられると。これは将来は国の意図ははっきりしていますから、個人情報全部つかむということですから、これに意義のある町民は現在は任意で多分それが調査なされて、任意制になっていると思うんですが、あと数年したら法制化して強制的にそれを実施すると。それも一つの私は地ならしだというふうに捉えているわけなんですが、個々の町民の全データが一つのカードに全部集約されて、これがもし仮に外部に、あるいはまた意図的にこれが利用されるようなことになったらこれは大変なことになると思うのですが、その点の懸念はないのかどうか、この1点だけお尋ねして終わりたいと思います。



◎町長(古堅國雄)

 非常にいい機会ですので、ぜひ御理解をいただきたいと思うのですが、サンライズ構想の骨格としましては、南部広域行政組合とか、他の広域行政組合との目的が違うんです。南部は一つという基本理念のもとで清掃施設等、サザン協も取り組んできて今日に至っているわけですが、このサンライズ構想は先ほども申し上げたように個々の自治体には総合計画があって、そして実施計画まで順序立てて、まちづくりをしているわけです。ですからそれぞれの市町村には御指摘がありました商工会だけではなくして漁業、農業、一次産業から三次産業まで全ていろいろな形があるわけですから、申し上げましたようにそれぞれの構成自治体が、これからの将来の将来のまちづくりに抱えている課題、あるいはまた共通した課題、そういうものをお互い力を合わせて進めていくことによって経費も節減されるし、また万が一、先ほど申し上げた災害時における対応等々、これはどうしても広域的にお互い共通した課題を抱えているわけですから、その対策のためにも、そしてまた将来はそこまで話が出ていますが、中城湾に大型観光船、今那覇港に接岸してたくさんの観光客を運んでいるわけですが、この中城湾にもそういう専用バースができて、たくさんの観光客が沖縄に訪れる。特にMICEが決まれば、これはもう全世界からお互いのMICEが決まる与那原地域にたくさんのお客さんが来るわけですし、また、観光客も合わせて那覇に匹敵、あるいはそれ以上の経済効果や、あるいは将来の沖縄の振興につながると。その中で沖縄らしい文化を発信していくということが、今後の沖縄にとって非常に大事な21世紀ビジョンに位置づけられている骨格となっておりますので、それに向けて取り組むことは、これは決して間違ってはいないという確信を持っておりますので、ぜひ御理解をいただきたいと思います。ほかの広域行政もただ、整理統合をすべきではないかということで今日まで専門委員会みたいにいろいろ検討委員会を含めて、現在も現在進行形で進めております。ただ人事の問題とか、あるいは抱えているそれぞれの組織の整理統合については、どうしても時間がかかるということで今日も遅々としておりますが、これも並行して進めていることは事実でありますので、ぜひ御理解をいただきたいと思います。



◎総務課長(玉城仁)

 我謝議員の再質疑にお答えします。個人情報の管理については、今一元管理ではなくて、分散管理という方向でやろうということになっています。まず、この番号制度が導入されることによって、各行政機関が保有している個人情報の特定の機関に集約し、その集約した個人情報を各行政機関が閲覧することができる一元管理の方法はとらないということになっています。個人番号制度が導入されても従来どおり、個人情報は各行政機関が保有して、ほかの機関の個人情報が必要となった場合には、あくまでも法律に基づいた利用できるものについて、限ってですね、情報提供ネットワークシステムを使用して、情報の照会、提供を行うことができる分散管理の方法をとるということになっていますので、その辺については分散管理という形になっていますので、その辺の個人情報の管理については徹底されるということになっています。あと、それと特定個人情報保護委員会というのが国のほうに設立されますので、そのほうで監視するような形になっています。以上です。



◆舩谷政喜議員

 平成27年度一般会計、歳出の部分で、まず商工費ですね。項目のちょっと似たような事業が3つあって、109ページの与那原町魅力発信事業ですね、これと。110ページの地域活性化イベント支援事業、もう1つが111ページの地域特産開発・販路開拓支援事業、ちょっといろいろ何か項目が似てはいるんですけれども、これは各地域、地域でアイデアを出し合って活性化をしていこうという取り組みの事業だと思うんですが、町民の方にもいろんなアイデアを出してもらうために私もいろいろ説明をしようと思っているのです。なのでこの項目の一つ一つの内容をちょっと説明お願いします。



◎企画観光課長(上原宏章)

 それでは舩谷議員の御質疑にお答えしたいと思います。まず、109ページの与那原町魅力発信事業でございますけれども、去る1月31日と2月1日に行いました軽便駅舎のオープニングイベントもこの事業を活用したものでございまして、与那原町を町外、県外にアピールしていこうということで、そういったイベント等を行うための予算となっております。詳細についてはまたこれから詰めるところでございます。続きまして、110ページの地域活性化イベント支援事業でございますけれども、これは商工会が実施していますちゃんぷるー市、軽便市、そちらの実施の補助となっております。111ページのほうの地域特産品開発につきましては、平成26年度から行っておりますけれども、地域でお土産となるような地域の特産品等々の開発をしていくということで、平成27年度についてはそれのブラッシュアップと、県外に持って行ってのアピールというところを検討しております。以上でございます。



◆舩谷政喜議員

 これ例えば一つはイベント事業ということですよね。平成27年度にこれだけのイベントが予定しているということですよね。あと地域特産品開発の部分とか、今のようなイベントの事業とか、例えばどういうふうな発信をして、どういうふうな手順でこれを進めていくか。例えばアイデアをどちらかが持ってきたとして、そのアイデアをどこからどこまで詰めていただければ、より取り入れてもらえるとか、この特産品にしてもイベントにしても、そういう部分でちょっと難しい点が結構あると思うんです。そういう何か基準みたいなものがあるんですかね。その辺を教えてください。



◎企画観光課長(上原宏章)

 舩谷議員の再質疑にお答えしたいと思います。魅力発信事業の件だというふうに捉えてイベントの件もお答えしたいと思っているのですが、この事業につきましては前回やったように公募をかけまして、イベントの内容等々、私どもと詰めながらやっていきたいというふうに思っています。ですので、議員がおっしゃるように何かしら住民の方対象になるかどうかというのはちょっとまだ不明ですけれども、事業のアイデア等も受けながらやっていきたいというふうに思っております。特産品開発につきましては、平成26年度で実施している事業でございますので、既に町内の飲食店等々からアイデアというか、作品の応募をいたしまして、今3品ぐらいに絞り込んでおりますので、そのブラッシュアップとなっておりますので、今後は専門の先生を呼んで、こういうふうに形を変えたら売れるのではないかという業務になっていくかというふうに思っております。以上です。



◆舩谷政喜議員

 よく上がっている声では、例えばこういうことをやりたいとお伺いしたんだけれども、いまいち話が詰めることができずに帰ってしまうというケースが結構あるということで、例えばわかりやすく、誰がでも提案できやすいように多くの提案が上がるように、こういうアイデアを生かすために、例えば与那原の特産品がひじきパンだとして、これを製造して、どこに販売して、販売先入り口から出口の部分までを最初から企画してから提案してくださいとか、ただ、こういう開発をしたいんだけれども、相談に行ったつもりがお互い話が進まず、そのままうやむやになってしまうとか、そういうケースが結構あるものですから、この手順を踏んで提案書を持って来てくださいとか、そういう企画みたいなものがあれば多くのアイデアを集めることができると思うんですけれども、そして、これはもう直接課のほうと話し合うものなのか。あと商工会のほうがこれを受け持ってやるものなのかとかですね。いろいろちょっと教えていただければと思います。



◎企画観光課長(上原宏章)

 それでは再質疑にお答えしたいと思います。ただいまの件につきましては商工会がメーンとなって事業を行って、町から一括交付金を使って補助をするということになっておりますので、これに関しましては商工会のほうにアイデア等々の提案をいただければと思いますが、今回の特産品の応募に関しては一旦終了しておりますので、今後商工会とまた新たなものとなりますと調整をしないといけないというふうに思っております。



○議長(識名盛紀)

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで歳出に対する質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第14号は、総務財政常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第2.議案第15号・平成27年度与那原町国民健康保険特別会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第15号



平成27年度与那原町国民健康保険特別会計予算

 平成27年度与那原町国民健康保険特別会計予算は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算)

第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,768,117千円と定める。

2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (一時借入金)

第2条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、300,000千円と定める。

 (歳出予算の流用)

第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

(1) 保険給付費の各項に計上された負担金、補助金及び交付金に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。


平成27年3月9日          与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────
第1表  歳  入  歳  出  予  算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 国 民 健 康 保 険 税  │                 │        321,359┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 国 民 健 康 保 険 税  │        321,359┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 一   部   負   担   金│                 │           4┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 一   部   負   担   金│           4┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 分 担 金 及 び 負 担 金│                 │           2┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 分      担      金│           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 負      担      金│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 使 用 料 及 び 手 数 料│                 │          597┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 手      数      料│          597┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 国   庫   支   出   金│                 │        832,642┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 国   庫   負   担   金│        517,452┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 国   庫   補   助   金│        315,190┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 療 養 給 付 費 等 交 付 金  │                 │        74,297┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 療 養 給 付 費 等 交 付 金  │        74,297┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 前 期 高 齢 者 交 付 金│                 │        170,162┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 前 期 高 齢 者 交 付 金│        170,162┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃8 県    支    出   金 │                 │        157,018┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 県    負    担    金 │        22,837┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 県    補    助    金 │        134,181┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃9 共 同 事 業 交 付 金  │                 │        736,890┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 共 同 事 業 交 付 金  │        736,890┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃10 財    産    収    入 │                 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 財  産  運  用  収  入  │           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃11 繰      入      金│                 │        474,249┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 他  会  計  繰  入  金  │        474,248┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 基   金   繰   入   金│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃12 繰      越      金│                 │           2┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      越      金│           2┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃13 諸      収      入│                 │          894┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 延滞金・加算金及び過料    │          438┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 預    金    利    子 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 雑             入│          455┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   入   合   計           │       2,768,117┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 総      務      費│                 │        61,784┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 総   務   管   理   費│        53,115┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 徴      税      費│          655┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 運  営  協  議  会  費  │          90┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 趣   旨   普   及   費│          495┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 国民健康保険特別対策事業費  │         7,479┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 保   険   給   付   費│                 │       1,446,466┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 療    養    諸    費 │       1,241,687┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 高   額   療   養   費│        184,407┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 移      送      費│           2┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 出    産    諸    費 │        19,750┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │5 葬      祭      費│          620┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 後 期 高 齢 者 支 援 金 等  │                 │        322,118┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 後 期 高 齢 者 支 援 金 等  │        322,118┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 前 期 高 齢 者 納 付 金 等  │                 │          388┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 前 期 高 齢 者 納 付 金 等  │          388┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 老 人 保 健 拠 出 金  │                 │          15┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 老 人 保 健 拠 出 金  │          15┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 介   護   納   付   金│                 │        131,959┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 介   護   納   付   金│        131,959┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 共 同 事 業 拠 出 金  │                 │        751,716┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 共 同 事 業 拠 出 金  │        751,716┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃8 保   健   事   業   費│                 │        33,698┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 特 定 健 康 診 査 等 事 業 費 │        20,201┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 保   健   事   業   費│        13,497┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃9 基   金   積   立   金│                 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 基   金   積   立   金│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃10 公      債      費│                 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 公      債      費│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃11 諸    支    出    金 │                 │         1,720┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金 │         1,720┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃13 予      備      費│                 │        18,251┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 予      備      費│        18,251┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   出   合   計           │       2,768,117┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第15号・平成27年度与那原町国民健康保険特別会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成27年度の国民健康保険特別会計予算の総額は2,768,117千円となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎健康保険課長(辺土名彬)

 それでは平成27年度与那原町国民健康保険特別会計予算を提案するに当たり、その概要を御説明いたします。平成27年度本会計における歳入歳出予算総額は、それぞれ2,768,117千円で、対前年度比17%の増となっております。

 それでは歳入から順に御説明いたします。

第1款 国民健康保険税は、321,359千円となっております。その内訳は第1項第1目一般被保険者国民健康保険税で304,742千円、第2目退職被保険者国民健康保険税で16,617千円となっております。

第2款 一部負担金は4千円で、それぞれ費目存置です。

第3款 分担金及び負担金は2千円で、それぞれ費目存置となっております。

第4款 使用料及び手数料は597千円で、主に督促手数料となっております。

第5款 国庫支出金は832,642千円で、その内訳としましては第1項国庫負担金で517,452千円、第2項国庫補助金315,190千円となっております。

第6款 療養給付費等交付金は、74,297千円となっています。

第7款 前期高齢者交付金は、170,162千円となっております。

第8款、県支出金は157,018千円で、その内訳としまして、第1項県負担金で22,837千円、県補助金で134,181千円となっております。

第9款 共同事業交付金は736,890千円となっております。

第10款 財産収入は1千円で、費目存置となっております。

第11款 繰入金は474,249千円で、主に一般会計からの繰入金となっております。その内訳としまして第1項1目1節保険基盤安定繰入金で82,654千円、同項同目第2節職員給与費等繰入金で57,161千円、同項同目第3節出産育児一時金等繰入金で13,160千円、同項同目第4節財政安定化支援事業繰入金で21,273千円、同項同目第5節その他会計繰入金で300,000千円となっております。

第12款 繰越金は2千円で、それぞれ費目存置となっております。

第13款 諸収入は894千円で、その内訳としまして、第1項延滞金・加算金及び過料で438千円、第2項預金利子で1千円、第5項雑入で455千円となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

第1款 総務費は61,784千円で、その内訳としまして、第1項総務管理費で53,115千円、第2項徴税費で655千円、第3項運営協議会費で90千円、第4項趣旨普及費で495千円、第5項国民健康保険特別対策事業費で7,429千円となっております。

第2款 保険給付費は、1,446,466千円で、その内訳としまして、第1項療養諸費で1,241,687千円、第2項高額療養費で184,407千円、第3項移送費で2千円、第4項出産諸費で19,750千円、第5項葬祭費で620千円となっております。

第3款 後期高齢者支援金等は322,118千円となっております。

第4款 前期高齢者納付金等は388千円となっております。

第5款 老人保健拠出金は15千円となっております。

第6款 介護納付金は131,959千円となっております。

第7款 共同事業拠出金は751,716千円となっております。

第8款 保健事業費は33,698千円となっております。その内訳としまして、第1項特定健康診査等事業費で20,201千円、第2項保健事業費で13,497千円となっております。

第9款 基金積立金は1千円で、費目存置となっております。

第10款 公債費は1千円で、費目存置となっております。

第11款 諸支出金は1,720千円となっております。

第13款 予備費は18,251千円を計上しております。

 以上です。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。



◆我謝孟範議員

 歳出の16ページ、一般管理費の中のレセプト嘱託員報酬、これ何名分になって、この果たしてきた役割が多分顕著だと思うんですが、今まで摘発と言うんですかね、指摘された件なんかあると思うんですが、大まかに説明できるのでしたら説明をしていただきたいと思います。



◎健康保険課長(辺土名彬)

 国民健康保険の総務費の一般管理費の報酬、レセプト嘱託員ですけれども、現在2名おりまして、次年度も2名を予定しております。業務内容につきましては療養費とかのいろんなレセプトが来ますので、その総点検をしております。もちろん間違いがあれば、それを解しておりまして適正な医療費になるようにしております。そのレセプト点検効果というのも県のほうに報告をしなければいけませんので、その効果が一定以上の効果が上がると県の調整交付金も上乗せがありまして、与那原町のほうもその効果が出ているということで、上乗せ分の交付金をもらっております。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時26分 休憩午後2時26分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎健康保険課長(辺土名彬)

 申しわけありません。答弁漏れがありました。昨年度は県平均というのが、レセプト点検効果というのがありますけれども、それよりちょっと下回っておりました。平成25年度はですね。平成26年度は県平均を上回ったということで、逆に沖縄県のほうでも点検効果のほうは上のほうになっております。以上です。



◆我謝孟範議員

 ということは毎年事件があるということなんですが、これは故意なのか、過失なのかということが出てくると思うんですが、過失なのか、故意なのか、この点が問題になると思うのですが、やっぱり課としては過失が多いのか、それとも故意が多いのかですね。もし、故意があればどういう制裁をしているのか。その点、もしあれば出していただきたいと思います。



◎健康保険課長(辺土名彬)

 それでは我謝議員の再質疑にお答えしたいと思います。過失なのか、故意なのかという判断はちょっと私のほうではできませんけれども、予想されることは点数表が古いものを使っていたとか、そういうものが予想されます。薬剤とかも変わってきますので、こちらとしてはできるだけ新しい点数表を購入して勉強会も南部地区、中部地区もあわせてやっておりますので、そういうもので点検の効果が上がっているということです。特に故意というふうには今捉えておりません。以上です。



◆我謝孟範議員

 故意はないと、ほとんど過失だという状況でよろしいと思います。レセプト嘱託員は近隣町村とほぼ匹敵するわけですか。それとも与那原町が多いのか少ないのか。この点を答弁お願いします。



◎健康保険課長(辺土名彬)

 それでは我謝議員の再質疑にお答えします。人数に関しましては与那原町は今2人採用しておりますけれども、医療費の係る部分の件数ですね、その大きさによってレセの担当の方も多い少ないでやはりあります。与那原町は人口規模もそうですし、国保に入っている方も低いほうですので、今2名体制でやっております。もちろん那覇市とかでしたら10名とかもいらっしゃいますし、南風原町でしたら4名でしたか、そういうふうにしてやはりバラつきはあります。ただ、1人当たりの点検件数というのはほぼ一緒です。以上です。



◆仲里司議員

 国保会計について質疑をさせていただきます。2年前一般質問をしながらジェネリックの活用に向けて質問をさせていただき、その効果がやはり出てきたのかなという気はしておりますが、それについてさらなる活用方法に向けた町民に対しての案内と言うんですかね。そういったものに関しては今回特別に予算というのは何か入っていますでしょうか。



◎健康保険課長(辺土名彬)

 それでは仲里議員の質疑に答えたいと思います。ジェネリックの案内というのは実際には広報を通じてやっておりますけれども、その前に保険証を発送するときに、その中にジェネリックシールを全部備えつけて郵送しております。もちろん短期証もいらっしゃいますので、その切りかえに来たときに、こういうジェネリックがありますよということで紹介しています。私たちが張るわけにはいかないので、その本人たちで張ってもらうということでやっております。今ジェネリックにつきましては、沖縄県が他府県よりも一番多く使用されておりまして、与那原町でも県内で大体7位から10位ですね。そのぐらいの効果が上がっております。昨年の10月と11月でしたら、日本一になったことがあります。月によってどんどん変動がありますので、これは使用回数ですので、どうしても一定はしないんですけれども、毎月のこういうジェネリックシールをやったという報告は来ておりますので、大体県内で7位から10位の間で浸透していると思っております。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時32分 休憩午後2時32分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎健康保険課長(辺土名彬)

 済みません。答弁漏れがありまして、さらなる周知活用ということですけれども、今実際に住民の方にはジェネリックのほうがすごい浸透をしておりますので、現在の体制でやっていきたいと思っております。以上です。



◆仲里司議員

 ジェネリックの件に関して一般質問でやったときも、課長、余り前向きではなかったですよね、答弁も。その後、ジェネリックのシールを含め、いろいろ案内をする中で医療費削減に大きくつながってきた中で、課長もやる気を出してきたのかなという気がしているのですが、まだジェネリックに対しての認知が甘かったり、まだ活用をどこまでやっていいのかという不安がある方、多くいらっしゃるんですよ。やはり病気で行く方ですから、やっぱり一番新しくて、一番効くようなやつがいいなとみんな思ってしまうので、どこまでの判断ができるかという説明なり、案内であったり、例えば読みやすく漫画形式にして、そんなに効果は違わないんだとか、そういうのをわからせていく必要がまだまだあると思うんですね。ですから我々委員会ではちょっとできないものですから、どうぞ、またこれも御検討いただいて、さらなる補正なり、何らかの形でさらなる周知、そして皆さんがもっと活用して、安心して活用できるような施策を検討いただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時34分 休憩午後2時36分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第15号は、総務財政常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第3.議案第16号・平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第16号



平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算

 平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算)

第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ117,816千円と定める。

2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は「第1表 歳入歳出予算」による。

 (歳出予算の流用)

第2条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

(1) 各項の予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。


平成27年3月9日          与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────


第1表  歳  入  歳  出  予  算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 │                 │        83,049┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 │        83,049┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 使 用 料 及 び 手 数 料│                 │          32┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 手      数      料│          32┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 寄      附      金│                 │           2┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 寄      附      金│           2┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 繰      入      金│                 │        34,108┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 一 般 会 計 繰 入 金  │        34,108┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 繰      越      金│                 │          445┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      越      金│          445┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 諸      収      入│                 │          180┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 延 滞 金、加 算 金 及 び 過 料│          26┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金 │          151┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 預    金    利    子 │           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │4 雑             入│           2┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   入   合   計           │        117,816┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 総      務      費│                 │         4,916┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 総   務   管   理   費│         4,675┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 徴      収      費│          241┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 後期高齢者医療広域連合納付金 │                 │        112,266┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 後期高齢者医療広域連合納付金 │        112,266┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 諸    支    出    金 │                 │          332┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金 │          331┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 繰      出      金│           1┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 予      備      費│                 │          302┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 予      備      費│          302┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   出   合   計           │        117,816┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第16号・平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎健康保険課長(辺土名彬)

 それでは平成27年度与那原町後期高齢者医療特別会計予算を提案するに当たり、その概要を御説明いたします。平成27年度本会計における歳入歳出予算総額は、それぞれ117,816千円で、対前年度比5.3%の増となっております。

 それでは歳入から順に御説明いたします。

第1款 後期高齢者医療保険料は、83,049千円となっております。その内訳は第1項第1目特別徴収保険料で50,044千円、第2目普通徴収保険料で33,005千円となっております。

第2款 使用料及び手数料は32千円となっております。

第3款 寄附金は2千円で、それぞれ費目存置となっております。

第4款 繰入金は34,108千円で、その内訳は第1項第1目事務費繰入金で4,916千円、同項第2目保険基盤安定繰入金で29,192千円となっております。

第5款 繰越金は、445千円となっております。

第6款 諸収入は、180千円となっております。その内訳としまして、第1項延滞金・加算金及び過料で26千円、第2項償還金及び還付加算金で151千円、第3項預金利子で1千円、第4項雑入で2千円となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

第1款 総務費は4,916千円で、その内訳としまして、第1項総務管理費で4,675千円、第2項徴収費で241千円となっております。

第2款 後期高齢者医療広域連合納付金は、112,266千円となっております。

第3款 諸支出金は332千円で、その内訳としまして、第1項償還金及び還付加算金で331千円、第2項繰出金で1千円となっております。

第4款 予備費は302千円を計上しております。

 以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時40分 休憩午後2時40分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第16号は、総務財政常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時41分 休憩午後2時41分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 日程第4.議案第17号・平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第17号



平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計予算

 平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算)

第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ585,490千円と定める。

2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 (地方債)

第2条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。

 (一時借入金)

第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、250,000千円と定める。

 (歳出予算の流用)

第4条 地方自治法第220条第2項のただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

(1) 各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。


平成27年3月9日          与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────


第1表  歳  入  歳  出  予  算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 使 用 料 及 び 手 数 料│                 │        70,085┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 使      用      料│        70,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 手      数      料│          85┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 国   庫   支   出   金│                 │        42,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 国   庫   補   助   金│        42,000┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 繰      入      金│                 │        172,900┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 一 般 会 計 繰 入 金  │        172,900┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃4 繰      越      金│                 │         4,500┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 繰      越      金│         4,500┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃5 諸      収      入│                 │         2,505┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 町   預   金   利   子│           1┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │2 雑             入│         2,501┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │3 延滞金、加算金及び過料    │           3┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃6 町             債│                 │        149,500┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 町             債│        149,500┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃7 県    支    出    金 │                 │        144,000┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 県    補    助    金 │        144,000┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   入   合   計           │        585,490┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項        │   金   額   ┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃1 公  共  下  水  道  費  │                 │        425,428┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 公  共  下  水  道  費  │        425,428┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃2 公      債      費│                 │        160,002┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 公      債      費│        160,002┃
┠─────────────────┼─────────────────┼───────────┨
┃3 予      備      費│                 │          60┃
┃                 ├─────────────────┼───────────┨
┃                 │1 予      備      費│          60┃
┠─────────────────┴─────────────────┼───────────┨
┃           歳   出   合   計           │        585,490┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

─────────────────────────────────────────
第2表  地     方     債
                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃   起債の目的   │ 限度額 │   起債の方法   │  利 率  │   償還の方法   ┃
┠───────────┼────┼───────────┼───────┼───────────┨
┃           │    │(借入方法)     │ 年5%以内。│ 償還期間、据置期間等┃
┃           │    │ 証書借入又は証券発行│但し、利率見直│については、特別の融資┃
┃           │    │による。発行価格が額面│し方式で借入れ│条件のあるものを除き、┃
┃           │    │金額を下回るときは、そ│る政府資金及び│据置期間を含め30年以内┃
┃           │    │の発行差額をうめるた │地方公共団体金│とする。       ┃
┃           │    │め、必要な金額をこれに│融機構資金につ│ 償還方法は、元金均等┃
┃下水道整備事業債   │ 132,000│加算した金額とすること│いて、利率の見│又は、元利均等による。┃
┃           │    │ができる。      │直しを行った後│ 但し、財政の都合によ┃
┃           │    │(借入時期)     │においては、当│り、据置期間及び償還期┃
┃           │    │ 平成26年度。    │該見直し後の利│間を短縮し、もしくは、┃
┃           │    │但し、事業その他の都合│率。     │繰上償還又は低利に借換┃
┃           │    │により、その一部又は全│       │えすることができる。 ┃
┃           │    │部を繰り延べ起債するこ│       │           ┃
┃           │    │とができる。     │       │           ┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━┯━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃   起債の目的   │ 限度額 │   起債の方法   │  利 率  │   償還の方法   ┃
┠───────────┼────┼───────────┼───────┼───────────┨
┃流域下水道建設負担金債│ 17,100│ 同 上       │  同 上  │ 同 上       ┃
┠───────────┼────┼───────────┼───────┼───────────┨
┃     計     │ 149,500│           │       │           ┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第17号・平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成27年度の公共下水道事業特別会計予算の総額は585,490千円となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時42分 休憩午後2時42分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎上下水道課長(石川毅)

 議案第17号・平成27年度与那原町公共下水道事業特別会計予算について、概要を御説明いたします。

 今年度の予算総額は、歳入歳出ともそれぞれ5億8,549万円となっており、その主な事業箇所は、汚水事業といたしまして、板良敷地内での実施設計業務、板良敷地内及び与原地内での汚水管布設工事、雨水事業が大見武地内での雨水管布設工事を予定しています。

 では、順を追って御説明いたします。

 まず歳入について御説明いたします。

第1款 使用料及び手数料は、7,008万5千円で、その主な内訳は、第1項使用料の下水道使用料7,000万円、第2項手数料で8万5千円となっております。

第2款 国庫支出金は、下水道事業補助金4,200万円となっております。

第3款 繰入金は、一般会計繰入金1億7,290万円となっております。

第4款 繰越金は、前年度繰越金450万円となっております。

第5款 諸収入は、250万5千円で、その主な内訳は、第2項雑入で消費税の還付金250万円となっております。

第6款 町債は、1億4,950万円で、その内訳は、第1目下水道整備事業債1億3,240万円、第2目流域下水道建設負担金債1,710万円となっております。

第7款 県支出金は、下水道事業補助金1億4,400万円となっております。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時44分 休憩午後2時47分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎上下水道課長(石川毅)

 続きまして、歳出を御説明いたします。

第1款 公共下水道費は、4億2,542万8千円で、その内訳としては、第1目一般管理費で46万6千円、第2目維持管理費で5,953万2千円となっており、その主な内訳は、第13節委託料590万円、第19節中城湾南部流域下水道維持管理負担金5,100万円となっております。第3目下水道整備費は、3億6,543万円で、その主な内訳は、給料、職員手当、共済費及び賃金で2,658万3千円、第13節委託料4,775万円、第15節工事請負費2億5,950万円、第19節負担金補助及び交付金の中城湾南部流域下水道建設負担金の1,719万8千円、第22節補償補填及び賠償金の水道管切り回し等の補償費900万円となっております。

第2款 公債費は、1億6,000万2千円で、その内訳は、第1目元金償還金1億500万円、第2目利子償還金5,500万2千円となっております。

第3款 予備費は、6万円となっております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第17号は、建設文教常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第5.議案第18号・平成27年度与那原町水道事業会計予算を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第18号



平成27年度与那原町水道事業会計予算(案)

 地方公営企業法第24条第2項の規定により、別紙のとおり平成27年度与那原町水道事業会計予算(案)を提出し、議会の議決を求めます。



  平成27年3月9日提出

与那原町長 古 堅 國 雄

─────────────────────────────────────────
平成27年度与那原町水道事業会計予算
 (総 則)
第1条 平成27年度与那原町水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。
 (業務の予定量)
第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。
 (1)給水件数                                7,350 件
 (2)年間給水量                             1,798,000 m3
 (3)1日平均給水量                             4,900 m3
 (4)主要な建設改良事業
    イ 配水管等整備事業                         106,982 千円
 (収益的収入及び支出)
第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。
                    収     入
第1款 水道事業収益                             440,754 千円
 第1項 営 業 収 益                           410,645 千円
 第2項 営 業 外 収 益                           28,958 千円
 第3項 特 別 利 益                            1,151 千円
                    支     出
第1款 水道事業費用                             438,055 千円
 第1項 営 業 費 用                           420,932 千円
 第2項 営 業 外 費 用                           11,387 千円
 第3項 特 別 損 失                             736 千円
 第4項 予  備  費                            5,000 千円
 (資本的収入及び支出)
第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額96,016千円は、過年度分損益勘定留保資金26,016千円、建設改良積立金50,000千円及び減債積立金20,000千円をもって補填するものとする。)。
                    収     入
第1款 資本的収入                              30,811 千円
 第1項 企  業  債                           10,000 千円
 第2項 国 庫 補 助 金                           20,807 千円
 第3項 他会計補助金                               1 千円
 第4項 他会計出資金                               1 千円
 第5項 他会計負担金                               2 千円
                    支     出
第1款 資本的支出                              126,827 千円
 第1項 建 設 改 良 費                           107,685 千円
 第2項 企業債償還金                            19,142 千円
 (企業債)
第5条 起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、次のとおり定める。

┏━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┓
┃ 起債の目的 │  限度額  │    起債の方法    │  利率  │    償還方法    ┃
┠──────┼──────┼────────────┼──────┼────────────┨
┃建設改良事業│10,000千円 │ (借入方法)     │年5%以内 │ 起債年度から据置期間を┃
┃      │      │ 普通賃借又は証券発行に│      │含め、30年以内に元利均等┃
┃      │      │よる。         │      │その他の方法により償還す┃
┃      │      │ (借入時期)     │      │る。          ┃
┃      │      │ 平成27年度。但し、その│      │ 但し、融通条件又は財政┃
┃      │      │全部又は一部を翌年度以降│      │の都合により、償還年限を┃
┃      │      │に繰り越し、起債すること│      │短縮し、又は借り換えるこ┃
┃      │      │ができる。       │      │とができる。      ┃
┗━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┛

 (債務負担行為)
第6条 債務負担行為をすることができる事項、期間及び限度額は、次のとおりと定める。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃         事    項         │    期   間    │  限 度 額  ┃
┠───────────────────────┼─────────────┼────────┨
┃  ? 公営企業会計・水道料金システム賃借料 │ 平成24年度〜平成28年度 │  18,272千円  ┃
┠───────────────────────┼─────────────┼────────┨
┃  ? コピー機賃借料            │ 平成25年度〜平成29年度 │  1,103千円  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┛

 (一時借入金)
第7条 一時借入金の限度額は、30,000千円と定める。
 (議会の議決を経なければ流用することのできない経費)
第8条 次に掲げる経費については、その経費の金額を、それ以外の経費の金額に流用し、又はそれ以外の経費をその経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。
 (1)職 員 給 与 費                         34,176 千円
 (2)交   際   費                            1 千円
 (たな卸資産購入限度額)
第9条 たな卸資産の購入限度額は、5,000千円と定める。

  平成27年3月9日提出
与那原町長 古 堅 國 雄
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第18号・平成27年度与那原町水道事業会計予算について提案理由を御説明申し上げます。平成27年度の水道事業会計予算の総額は564,882千円の規模となっております。

 これより担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎上下水道課長(石川毅)

 平成27年度与那原町水道事業会計予算(案)を提案するに当たり、その概要を御説明申し上げます。

 平成27年度における主な水道事業といたしましては、当添地内での配水管新設工事や、昨年に引き続き大見武地内や上与那原地内、板良敷地内で重要管路の耐震化工事を行うとともに、配水池やポンプ室などの耐震度・耐力度を把握するため、耐震二次診断調査委託業務を実施してまいります。また、漏水調査業務により漏水の早期発見に努め、発生した漏水の迅速な修理工事を行うとともに、水質検査業務で徹底した水質管理による、安心・安全な水の安定的な供給の持続を目指します。平成27年度も水道施設の計画的な整備と日常的な保守管理、健全財政の維持と事業経営の効率化を基本方針に、水道事業の運営に取り組みます。

 第2条 業務の予定量は、当年度給水件数7,350件、年間給水量179万8,000m3、一日平均給水量で4,900m3を予定しております。

 第3条 収益的収入及び支出について

 収入といたしましては、第1款水道事業収益で4億4,075万4千円を予定し、第1項営業収益は4億1,064万5千円で、その内訳として第1目給水収益3億9,900万円、第2目受託工事収益500万1千円、第3目その他営業収益664万4千円を予定しております。

 第2項営業外収益は2,895万8千円で、その内訳として第1目受取利息43万円、第2目他会計補助金66万円、第3目他会計負担金67万2千円、第4目雑収益7万7千円、第5目消費税還付金1千円、第6目長期前受金戻入2,711万8千円となっております。第3項特別利益は115万1千円で、第1目固定資産売却益1千円、第2目過年度損益修正益1千円、退職給付引当金戻入114万9千円であります。

 支出といたしましては、第1款水道事業費用で4億3,805万5千円を予定し、第1項営業費用は4億2,093万2千円で、その内訳として第1目受水費は2億1,900万円で浄水購入費であります。第2目総係費は7,013万8千円、第3目業務費は7,204万2千円、第4目減価償却費は5,937万1千円、第5目資産減耗費は35万円、第6目その他営業費用で3万1千円を予定しております。第2項営業外費用は1,138万7千円で、その内訳として第1目支払利息587万5千円、第2目雑支出は2千円、第3項消費税は550万円を見込んでおります。第3項特別損失は73万5千円、第4項予備費は500万円を予定しております。

 第4条 資本的収入及び支出について

 収入といたしましては、第1款資本的収入で3,081万1千円を予定し、その内訳は第1項企業債1,000万円で、第2項国庫補助金2,080万7千円で、第3項他会計補助金、第4項他会計出資金及び第5項他会計負担金は、費目存置となっております。

 支出といたしましては、第1款資本的支出で1億2,682万7千円を予定し、第1項建設改良費は1億768万5千円で、その内訳として第1目配水施設費1億698万2千円、第2目営業設備費70万円、第3目施設買収費、第4目車両購入費及び第5目その他構築物は費目存置であります。第2項企業債償還金は1,914万2千円を予定しております。

 資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額9,601万6千円は、過年度損益勘定留保資金2,601万6千円、及び建設改良積立金5,000万円、減債積立金2,000万円をもって補てんする予定であります。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。



◆山口修議員

 課長にちょっとお聞きしますが、消火栓設備は他会計からの収入という形で管理が、上下水道が管理しているということで理解していいんですか。こちらに67万2,000円ですか、入っていますね。それと支出のほうには修繕費で50万円と入っていますが、何を聞きたいかというと、町内にある消火栓の標識並びに消火栓のあるところのマーク、劣化しているというのがありますが、これ御存じですか。何カ所かありますよね。消火栓設備、赤い看板でポールのところになりますが、赤いのが、これ赤なのと、真っ黒ではないのというのも幾つもあります。また、消火栓のところに黄色い枠があるんですが、これももう剥げていてわからないというのもあります。となると不法駐車をしている方もいるわけです。消火栓の上に。そういったことを周知徹底させる、あるいはとめさせないようにするということも業務としてやっていただかないと、ちょっとおかしいのではないかなと思うのですが、御存じですか。



◎上下水道課長(石川毅)

 山口議員の質疑にお答えします。私も現場等、消火栓の場所等を見て劣化、特にふたですね、鉄ぶたが劣化しているのが多々見えると、色も消えかかっているということは承知しております。今後、消防等と相談しながら対策のほうをやっていきたいと考えております。以上です。



◆山口修議員

 予算あるわけですから、これを早目に対策を立てないと、現実にですよ、もうはっきり言って読めない。そういうのも多々あるんです。自分の言うことはちょっと差し控えたいけれども、現実にあります。ほかの区の方からも言われたんだけれども、やっぱりこういうのは消防署と連携プレーをとりながら、予算はきっちりと使っていただいて、取りかえるものは取りかえる。マークもやり直すならやり直すということをしていただくようにお使い願いたいと思います。



○議長(識名盛紀)

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第18号は、建設文教常任委員会へ付託します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 以上で本日の日程は、全て終了しました。

 本日は、これで散会します。御苦労さまでした。

午後3時01分 散会