議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 与那原町

平成27年3月第1回定例会 03月10日−02号




平成27年3月第1回定例会 − 03月10日−02号







平成27年3月第1回定例会




┌───────────────────────────────────────────────┐
│                                               │
│ 平成27年                                          │
│                与那原町議会定例会会議録(第2号)              │
│ 第 1 回                                          │
│            平成27年3月10日(火曜日)   午前10時00分開議            │
│                                               │
└───────────────────────────────────────────────┘




[議 事 日 程  第2号]

 平成27年3月10日(火曜日)

 午前10時00分開議


日程第1.議案第9号 平成26年度与那原町一般会計補正予算(第7号)
日程第2.議案第10号 平成26年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
日程第3.議案第11号 平成26年度与那原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
日程第4.議案第12号 平成26年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
日程第5.議案第13号 平成26年度与那原町水道事業会計補正予算(第3号)
─────────────────────────────────────────
[本日の会議に付した事件]
日程第1.議案第9号 平成26年度与那原町一般会計補正予算(第7号)
日程第2.議案第10号 平成26年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
日程第3.議案第11号 平成26年度与那原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
日程第4.議案第12号 平成26年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
日程第5.議案第13号 平成26年度与那原町水道事業会計補正予算(第3号)
─────────────────────────────────────────
[出 席 議 員(14名)]
1番  識 名 盛 紀 議員          8番  喜屋武 一 彦 議員
2番  舩 谷 政 喜 議員          9番  田 中 直 子 議員
3番  山 口   修 議員          10番  津 波   弘 議員
4番  松 長 康 二 議員          11番  上 原   晃 議員
5番  比 嘉 徳 雄 議員          12番  我 謝 孟 範 議員
6番  上江洲 安 昌 議員          13番  仲 里   司 議員
7番  当 真   聡 議員          14番  城 間 盛 光 議員
─────────────────────────────────────────
[職務のため議場に出席した事務局職員の職、氏名]
事 務 局 長          当 山   正         主     査   辺土名   梢
補     佐          照 屋   基                          
─────────────────────────────────────────
[説明のため出席した者の職、氏名]
町     長          古 堅 國 雄         住 民 課 長   仲 里 武 徳
副  町  長          照 屋   勉         福 祉 課 長   宮 城 きよみ
教  育  長          當 山   健         子育て支援課長   伊 集 京 美
出 納 室 長 兼 会 計 管 理 者   上 原 丈 二         健康保険課長    辺土名   彬
与那原町大型MICE誘致特命参事                                  
総 務 課 長          玉 城   仁         まちづくり課長   城 間 秀 盛
財 政 課 長          新 垣 政 孝         上下水道課長    石 川   毅
企画観光課長           上 原 宏 章         学校教育課長    岡     剛
税 務 課 長          上 原   謙         生涯学習振興    宮 平 律 子
                                 課    長           
農水環境安全           新 里   健                          
課    長                                            
─────────────────────────────────────────




○議長(識名盛紀) これから本日の会議を開きます。

午前10時00分 開議

─────────────────────────────────────────



○議長(識名盛紀)

 町長の発言を許します。



◎町長(古堅國雄)

 皆さんおはようございます。貴重なお時間をお借りいたしまして、昨日、平成27年度の所信表明を申し上げましたけれども、その中で、少し訂正させていただきたいところが見つかりましたので、訂正させていただきますようお願いいたします。

 ページは、7ページでございまして、「産業の振興」についてというところの3番目、商工業の振興についての次の行で「商工業については、商工会に対する商工業育成事業費助成、」その次、「小規模事業所等専門家派遣事業補助を継続して行い、」ということになっておりますが、これは担当課のほうでミスがあったようでございまして、「小規模事業所等専門家派遣事業補助を継続して行い、」とありますのを削除していただきたいということのお願いでございます。もう一度、申し上げます。「小規模事業所等専門家派遣事業補助を継続して行い、」とありますのを削除していただきたいと思います。以上でございます。

 暫時休憩します。

午前10時01分 休憩午前10時01分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎町長(古堅國雄)

 大変失礼いたしました。私の所信表明でございますので、担当課のミスでということを申し上げましたが、それは私のミスでございます。これは私の所信表明ですので、その部分を削除いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時03分 休憩午前10時05分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 日程第1.議案第9号・平成26年度与那原町一般会計補正予算(第7号)議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第9号



平成26年度与那原町一般会計補正予算(第7号)

 平成26年度与那原町一般会計補正予算(第7号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)

第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ267,415千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7,509,683千円とする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (繰越明許費)

第2条 地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費」による。

 (債務負担行為の補正)

第3条 債務負担行為の補正は「第3表 債務負担行為補正」による。

 (地方債の補正)

第4条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことのできる地方債の追加変更は、「第4表 地方債の補正」による。

 (一時借入金)

第5条 一時借入金の借入れの最高額に500,000千円を追加し、一時借入金の借入れの最高額を1,700,000千円とする。


平成27年3月9日          与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────


第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
歳 入                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃1 町         税│             │  1,467,460│    1,535│  1,468,995┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 町    民    税│   653,995│  △ 2,000│   651,995┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 固  定  資  産  税│   668,283│    4,551│   672,834┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │3 軽  自  動  車  税│   48,366│    1,800│   50,166┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │4 市 町 村 た ば こ 税 │   96,816│  △ 2,816│   94,000┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃3 利 子 割 交 付 金│             │    3,431│   △ 658│    2,773┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 利 子 割 交 付 金│    3,431│   △ 658│    2,773┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃4 配 当 割 交 付 金│             │    1,814│    2,206│    4,020┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 配 当 割 交 付 金│    1,814│    2,206│    4,020┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃5 株式等譲渡所得割交付金│             │     519│    2,474│    2,993┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 株式等譲渡所得割交付金│     519│    2,474│    2,993┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃6 地方消費税交付金   │             │   140,307│    1,110│   141,417┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 地方消費税交付金   │   140,307│    1,110│   141,417┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃7 ゴルフ場利用税交付金 │             │    1,712│   △ 100│    1,612┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 ゴルフ場利用税交付金 │    1,712│   △ 100│    1,612┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃8 自動車取得税交付金  │             │    4,329│  △ 1,149│    3,180┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 自動車取得税交付金  │    4,329│  △ 1,149│    3,180┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃10 地  方  交  付  税│             │  1,595,179│   115,021│  1,710,200┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 地  方  交  付  税│  1,595,179│   115,021│  1,170,200┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃13 使用料及び手数料   │             │   57,431│     15│   57,446┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 使    用    料│   46,029│     50│   46,079┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 手    数    料│   11,402│    △ 35│   11,367┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃14 国  庫  支  出  金│             │  1,060,883│  △ 55,251│  1,005,632┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 国  庫  負  担  金│   794,945│  △ 10,334│   784,611┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 国  庫  補  助  金│   261,822│  △ 44,914│   216,908┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │3 国  庫  委  託  金│    4,116│    △ 3│    4,113┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃15 県  支  出  金 │             │  1,787,741│  △ 60,835│  1,726,906┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 県  負  担  金 │   364,932│  △ 3,832│   361,100┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 県  補  助  金 │  1,383,233│  △ 57,535│  1,325,698┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │3 県  委  託  金 │   39,576│     532│   40,108┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃17 寄    附    金│             │    1,252│    1,754│    3,006┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 寄    附    金│    1,252│    1,754│    3,006┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃18 繰    入    金│             │   765,045│ △ 239,957│   525,088┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 繰    入    金│   765,045│ △ 239,957│   525,088┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃19 繰    越    金│             │   10,000│   10,000│   20,000┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 繰    越    金│   10,000│   10,000│   20,000┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃20 諸    収    入│             │   203,136│    7,320│   210,456┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 延滞金加算金及び過料 │    3,013│     27│    3,040┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │3 雑         入│   200,123│    7,293│   207,416┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃21 町         債│             │   492,481│  △ 50,900│   441,581┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 町         債│   492,481│  △ 50,900│   441,581┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   入   合   計       │  7,777,098│ △ 267,415│  7,509,683┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛


歳 出                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃1 議    会    費│             │   105,862│  △ 1,957│   103,905┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 議    会    費│   105,862│  △ 1,957│   103,905┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃2 総    務    費│             │  1,210,594│  △ 54,271│  1,156,323┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 総  務  管  理  費│  1,053,867│  △ 53,770│  1,000,097┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 徴    税    費│   88,176│      7│   88,183┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │3 戸籍住民基本台帳費  │   44,725│   △ 270│   44,455┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │4 選    挙    費│   15,922│    △ 78│   15,844┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │5 統  計  調  査  費│    6,627│   △ 115│    6,512┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │6 監  査  委  員  費│    1,277│    △ 45│    1,232┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃3 民    生    費│             │  2,977,916│ △ 114,219│  2,863,697┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 社  会  福  祉  費│  1,509,411│  △ 84,092│  1,425,319┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 児  童  福  祉  費│  1,468,460│  △ 30,127│  1,438,333┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃4 衛    生    費│             │   686,018│  △ 20,356│   665,662┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 保  健  衛  生  費│   450,324│  △ 21,442│   428,882┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 清    掃    費│   235,694│    1,086│   236,780┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃6 農 林 水 産 業 費│             │   245,584│  △ 17,728│   227,856┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 農    業    費│   28,444│  △ 2,365│   26,079┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │3 水  産  業  費 │   217,054│  △ 15,363│   201,691┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃7 商    工    費│             │   164,853│  △ 6,952│   157,901┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 商    工    費│   164,853│  △ 6,952│   157,901┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃8 土    木    費│             │   702,011│  △ 11,201│   690,810┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 土  木  管  理  費│   14,261│    △ 61│   14,200┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 道  路  橋  梁  費│   418,226│  △ 2,288│   415,938┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │4 都  市  計  画  費│   257,836│  △ 8,970│   248,866┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │5 住    宅    費│   11,688│     118│   11,806┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃10 教    育    費│             │   924,269│  △ 40,731│   883,538┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 教  育  総  務  費│   367,426│  △ 24,311│   343,115┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 小  学  校  費 │   123,803│  △ 5,927│   117,876┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │3 中  学  校  費 │   59,146│  △ 4,599│   54,547┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │4 幼  稚  園  費 │   92,504│  △ 4,296│   88,208┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │5 社  会  教  育  費│   113,836│  △ 2,022│   111,814┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │6 保  健  体  育  費│   167,554│     424│   167,978┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   出   合   計       │  7,777,098│ △ 267,415│  7,509,683┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛


第2表  繰  越  明  許  費
                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃    款    │    項    │       事 業 名       │   金 額   ┃
┠─────────┼─────────┼──────────────────┼─────────┨
┃2 総  務  費│1 総 務 管 理 費│庁舎維持管理事業          │      2,215 ┃
┠─────────┼─────────┼──────────────────┼─────────┨
┃3 民  生  費│2 児 童 福 祉 費│法人保育園補助事業         │     188,751 ┃
┠─────────┼─────────┼──────────────────┼─────────┨
┃6 農林水産業費 │3 水 産 業 費│水産業構造改善事業補助金      │     192,023 ┃
┠─────────┼─────────┼──────────────────┼─────────┨
┃8 土  木  費│2 道 路 橋 梁 費│交付金事業             │     232,324 ┃
┠─────────┼─────────┼──────────────────┼─────────┨
┃8 土  木  費│2 道 路 橋 梁 費│板良敷大里線道路整備事業      │      9,912 ┃
┠─────────┼─────────┼──────────────────┼─────────┨
┃10 教  育  費│1 教 育 総 務 費│事務局運営事業           │      3,024 ┃
┗━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛


第3表  債 務 負 担 行 為 補 正
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃      事  項      │      期  間      │     限 度 額     ┃
┠────────────────┼────────────────┼──────────────┨
┃    庁舎維持管理事業    │   平成27年度〜平成29年度   │         14,200千円┃
┃    (庁舎警備委託料)    │                │              ┃
┠────────────────┼────────────────┼──────────────┨
┃    財政事務運営事業    │      平成27年度      │           652千円┃
┃     (印刷製本費)     │                │              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛

(変更)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃      事  項      │      期  間      │     限 度 額     ┃
┠────────────────┼────────────────┼──────────────┨
┃    電算事務運営事業    │   平成27年度〜平成30年度   │  平成27年度〜平成31年度  ┃
┃ (情報系サーバー保守委託料) │       4,920千円     │     1,620千円     ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛


第4表  地  方  債  の  補  正
                                                             (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃             │      限 度 額      │            │      │              ┃
┃    起債の目的    ├─────┬─────┬─────┤   起 債 の 方 法   │ 利 率  │    償 還 の 方 法    ┃
┃             │補正前の額│ 補正額 │  計  │            │      │              ┃
┠─────────────┼─────┼─────┼─────┼────────────┼──────┼──────────────┨
┃             │   千円│   千円│   千円│            │      │              ┃
┃             │     │     │     │(借入方法)      │年5%以内 │償還期間、据置期間等について┃
┃一般補助施設整備事業債  │  132,400│ △ 29,000│  227,200│証書借入又は証券発行によ│(但し、利率│は、特別の融資条件のあるもの┃
┃(沖縄振興特別推進交付金分)│     │     │     │る。          │見直し方式で│を除き、据置期間を含め30年以┃
┃             │     │     │     │            │借り入れる資│内とする。         ┃
┃             │     │     │     │            │金について、│償還方法は、元金均等又は元利┃
┃学校教育施設等整備事業債 │  85,600│ △ 21,900│  63,700│            │利率の見直し│均等による。        ┃
┃             │     │     │     │            │を行った後に│但し、財政の都合により据置期┃
┃             │     │     │     │            │おいては当該│間及び償還期間を短縮し、もし┃
┃             │     │     │     │            │見直し後の利│くは繰上げ償還又は低利に借換┃
┃             │     │     │     │            │率)    │えすることができる。    ┃
┃             │     │     │     │            │      │              ┃
┃             │     │     │     │            │      │              ┃
┃             │     │     │     │            │      │              ┃
┃             │     │     │     │            │      │              ┃
┃             │     │     │     │            │      │              ┃
┃             │     │     │     │            │      │              ┃
┠─────────────┼─────┼─────┼─────┼────────────┼──────┼──────────────┨
┃      計      │  218,000│ △ 50,900│  167,100│            │      │              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第9号・平成26年度与那原町一般会計補正予算(第7号)について提案理由を御説明申し上げます。今回の補正額は、歳入歳出それぞれ267,415千円を減額して、補正後の歳入歳出予算総額は7,509,683千円となります。

 担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎財政課長(新垣政孝)

 平成26年度与那原町一般会計補正予算(第7号)を提案するに当たり、その概要を御説明いたします。

 今回の補正予算では歳入歳出ともそれぞれ267,415千円を減額して、補正後の歳入歳出予算総額は、7,509,683千円となっております。

 歳入から順に御説明いたします。

第1款 町税は、1,535千円の増となっております。その内訳としまして、第1項町民税で2,000千円の減、第2項固定資産税で4,551千円の増、第3項軽自動車税で1,800千円の増、第4項市町村たばこ税で2,816千円の減となっております。

第3款 利子割交付金は、第1項利子割交付金で658千円の減となっております。

第4款 配当割交付金は、第1項配当割交付金で2,206千円の増となっております。

第5款 株式等譲渡所得割交付金は、第1項株式等譲渡所得割交付金で2,474千円の増となっております。

第6款 地方消費税交付金は、第1項地方消費税交付金で1,110千円の増となっております。

第7款 ゴルフ場利用税交付金は、第1項ゴルフ場利用税交付金で100千円の減となっております。

第8款 自動車取得税交付金は、第1項自動車取得税交付金で1,149千円の減となっております。

第10款 地方交付税は、第1項地方交付税で115,021千円の増となっております。

第13款 使用料及び手数料は、15千円の増となっております。その内訳といたしまして、第1項使用料で50千円の増、第2項手数料で35千円の減となっております。

第14款 国庫支出金は、55,251千円の減となっております。その内訳といたしまして、第1項国庫負担金で10,334千円の減、第2項国庫補助金で44,914千円の減、第3項国庫委託金で3千円の減となっております。

第15款 県支出金は、60,835千円の減となっております。その内訳といたしまして、第1項県負担金で3,832千円の減、第2項県補助金で、57,535千円の減、第3項県委託金で532千円の増となっております。

第17款 寄附金は、第1項寄附金で1,754千円の増となっております。

第18款 繰入金は、第1項繰入金で239,957千円の減となっております。

第19款 繰越金は、第1項繰越金で10,000千円の増となっております。

第20款 諸収入は、7,320千円の増となっております。その内訳といたしまして、第1項延滞金加算金及び過料で27千円の増、第3項雑入で7,293千円の増となっております。

第21款 町債は、第1項町債で50,900千円の減となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

第1款 議会費は、第1項議会費で1,957千円の減となっております。

第2款 総務費は、54,271千円の減となっております。その内訳としまして、第1項総務管理費で53,770千円の減、第2項徴税費で7千円の増、第3項戸籍住民基本台帳費で270千円の減、第4項選挙費で78千円の減、第5項統計調査費で115千円の減、第6項監査委員費で45千円の減となっております。

第3款 民生費は、114,219千円の減となっております。その内訳としまして、第1項社会福祉費で84,092千円の減、第2項児童福祉費で30,127千円の減となっております。

第4款 衛生費は、20,356千円の減となっております。その内訳としまして、第1項保健衛生費で21,442千円の減、第2項清掃費で1,086千円の増となっております。

第6款 農林水産業費は、17,728千円の減となっております。その内訳としまして、第1項農業費で2,365千円の減、第3項水産業費で15,363千円の減となっております。

第7款 商工費は、第1項商工費で6,952千円の減となっております。

第8款 土木費は、11,201千円の減となっております。その内訳としまして、第1項土木管理費で61千円の減、第2項道路橋梁費で2,288千円の減、第4項都市計画費で8,970千円の減、第5項住宅費で118千円の増となっております。

第10款 教育費は、40,731千円の減となっております。その内訳としまして、第1項教育総務費で24,311千円の減、第2項小学校費で5,927千円の減、第3項中学校費で4,599千円の減、第4項幼稚園費で4,296千円の減、第5項社会教育費で2,022千円の減、第6項保健体育費で424千円の増となっております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出区分して行います。

 まず、歳入に対する質疑を許します。

 暫時休憩します。

午前10時13分 休憩午前10時18分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 歳入に対する質疑よろしいですか。

 暫時休憩します。

午前10時18分 休憩午前10時22分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆仲里司議員

 平成26年度の一般会計補正予算について質疑をいたします。今までになく、財政に対する意識が高まったのかなという感じはしております。これだけの補正減を細かく上げてきたということに関しては、大変しっかりと業務をなさっているのかなと考えます。その中で、15款2項6目の総務費県補助金、石油備蓄の部分ですが、42万3,000円、AEDでしたか、購入された入札残があったという話ですが、こういうものも、できるだけ早目に使うよと、決まっていましたら当初のほうで早目に入札をして、余った金額をまたプラス何かに使えるということですから、そういう努力はしていただきたいと思いますので、次年度の予算に向けてもそういう認識を強く持っていただき、ある程度、買うものも決まっているんだと、整備するものも決まっているのであれば、もう4月、5月の間にでも、早目に入札を行えるようにして、入札残の部分はしっかりと使えるようにしないともったいないなという気がしますから、まだまだ必要な備品等々もありますから、よろしくお願いします。またこれは消防の予算にも組み込める予算だと思いますので、もし余るのであれば、これだけでも備品購入できますからね、そういう使い方もあるという認識をお持ちいただけないでしょうか。その件について答弁いただきたいと思います。これは一括してそういう予算全般ということですから、総務課長あたりでも御答弁いただければと思います。

 あと、沖縄振興特別推進交付金についてですが、大変難しいところかなという部分もあるんですが、やはりこれだけ、極端な話、10分の10事業ですから、これはこれだけの金額使えきれなかったというのは、与那原町にとっては大きな損かなという気がするんですね。本当に10分の10の事業なんてもう、あり得ないような事業ですから、これをですね、先ほども話したように、できる限りどうにか早くして、第2弾、第3弾が申請できるような状況でしっかり使い切る。若干足りなく、町の持ち出しでも出たんだが、この事業が満額使えたというのが理想だと思いますので、それについても副町長あたりから答弁いただければと思います。よろしくお願いします。



◎財政課長(新垣政孝)

 それではただいまの仲里司議員の御質疑にお答えいたします。まず、石油備蓄の件ですけれども、この事業につきましては、当初で事業内容が確定して、それ以外のものには流用できないということになっておりますので、執行残が出た場合には、この分はもういただけないということになりますので、その件は御了解いただきたいと思います。ただ、その他の補助事業であったり、また単費の事業であったり、当初予算をいただいた後に、遅いものでは本当に年度末に入札等を行うということもございますので、仲里議員指摘のとおり、早期に入札等を行って、執行残が出た場合には、ほかのものにしっかりまた使えるようにやっていきたいと思っております。それから一括交付金の件につきましても、同じような形でしっかり取り組んで、早期に入札を行って、執行残が出ればほかの事業にまた転用していくということで、住民福祉の向上のためにしっかりまた頑張っていきたいと思います。以上でございます。



◎副町長(照屋勉)

 仲里議員の御質疑にお答えしたいと思います。まず、石油備蓄交付金でございますが、議員がおっしゃるのはもっともだと思っております。まず、県からの交付決定が遅いということが挙げられます。これは我々も再三、交付決定をしてくれということもやっておりますし、じゃあ、交付決定する前にある程度の前準備をやっていいのかということも言っているんですが、それはまかりならんと。交付決定をしっかりやった後で事業を執行してもらいたいというようなことで、先ほど財政課長からもありましたように、残が出たからといって当初の計画でやったもの以外は使ってはならんと。なおかつ、今回のケースのように、もう1台、追加で買いたいという話もしているんですが、それもできないという状況がありますので、これは引き続き県に、もう少しその辺の見直しができないのかどうか。これは金額そのもの、総額の金額もこれまでも町長が県に訴えてきておりますが、要するに所在地である西原町が6,000万円余り取って、あとの隣町村がその数でそのまま割ってしまうというようなことで、本来、対面に面している与那原町が被害を受けるはずなのに、我々が少ないというのはどうかということもありまして、その辺の改善点も我々から示して、こういう計算方法にしていったらもっと多くもらえるのではないかというようなことも含めて、先ほど議員からあった指摘も含めて、県にもこれからも訴えてまいりたいと思っております。

 それから一括交付金につきましても、内閣府から早目の事業認定をもらって、早目早目に、事業を前倒しで行っていって、議員御指摘のように、総額、ぜひ使うように頑張ってまいりたいと思います。以上です。



◆仲里司議員

 今、大変詳しく御説明いただき、理解できました。まず、石油備蓄については、大体交付決定というのがいつごろなのかというのをお聞かせ願えればと思いますし、この交付決定を行う上で、例えば入札残というのが大体備品購入の中で1割程度落ちるのかなということであれば、それも見越して申請をするべきじゃないかと思います。そういう努力もぜひ行っていただきたいと思うし、あとこれは県のほうにも我々議会としてもしっかり、執行部だけではなく、議会側としても訴えなければいけない内容だなということを理解しましたので、大体いつごろに決まっているのかということも、委員会でも構いませんので、後ほど教えていただければと思いますので、よろしくお願いします。

 それと一括交付金ですね、これに関してはもうおっしゃるとおりなんですよね。そして交付決定も若干ずれてくる事業もあればというところがあって、大変難しいと思うんですけれども、この対策をやっぱり具体的に行わなければこれだけの金額になりますから、極端な話、1人の担当職員を置いてでも、これは使い切らないといけない金額だと思うんですね。ですから、これについての改善策というんですか、対策というんですか、そういうものを少し協議しなければいけないのかなと思うんですよね。ただ、頑張ろうということではなくて、具体的にこうなればこうなるんだというものを、やはりしっかり検討しなければ、今後も出てくる可能性がある事業じゃないかなと。だからいつまでにどうなんだ、こうなんだという確認業務を含めてやっていかなければ、また入札残等に伴い、大きな金額が使えなかったということになってくる可能性もありますから、ぜひその具体的な対策案というものを御検討いただければと思います。以上です。委員会でまた聞かせていただきます。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時32分 休憩午前10時49分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆田中直子議員

 平成26年度の与那原町一般会計補正予算(第7号)につきまして、歳入の15ページ、子育て世帯臨時特例給付事業補助金ということで質疑いたします。413万円の減が出ているということで、もらえるものももらえないということで、今22名の未申請者が出ているということを課長のほうから聞きました。これは何らかの方法で申請はしたけれども、わかっていて申請はなくて、もらえなかったという事情なんですけれども、これはもう少し配慮をして、もらえるような方法がなかったのか、そちら辺をお伺いします。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 田中直子議員の御質疑にお答えしたいと思います。子育て世帯臨時特例給付金に関しまして、本町の対象児童は2,000人、そのうちの22人の方が未申請ということになっていますが、この事業に関しては、児童手当受給者ということで、現況届けの時点で全数、与那原町の場合、児童手当は窓口のほうで現況のほうを届け出てもらっていますので、そこで対象者に関して個別に説明、案内をかけて、申請の時期に関しては半年間という時期を設定し、その中で郵送等々でも受け付けていますということでの案内をかけながらの御案内をさせていただいたところで、最終的には電話での申請の御案内もさせていたところなんですが、最終的には22名の方が申請をしていなかったという状況で、担当課としては丁寧に案内をかけて、22名の方から申請がなかったと判断し、申請の時期はもう終えています。最終的には98.9%ということで、予想はもう少し下回って、かなりの率で受給をさせていただいたかというふうに担当課としては判断しているところです。以上です。



◆田中直子議員

 ただいま課長のほうから答弁をいただきまして、案内をかけて、電話なりをやったと。これは半年の間のあれですよね、特例受給の日が。これは申請しなかった理由とか、そういったものもお聞きしましたか。それともまた、1万円というのは大きいですよね。もらえる、もらないというのは。それは何らかの理由があって申請ができなかったのかなと思うんですけれども、再度、電話とかなりでやったのか。それとも一度で終わったのか、二、三度までは連絡なり、こういったものがありますよということができなかったのかなと、非常に残念なんです。もらえなかった皆様方には、後から知ってしまったという方もいると思うんですけれども、いいですということなのか、その理由は何か聞きましたか。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 再度の質疑にお答えしたいと思います。先ほども申し上げたように、申告時、あるいは通知、個別での案内等々で、まず知らなかったということに関してはないと考えています。案内して申請されていない方たちに関しては、具体的に理由を聞いているわけではないんですが、申請案内があって、みずからの判断で未申請というふうにこちらのほうとしては認識しています。以上です。



◆田中直子議員

 未申請の方にはいろいろと方法をやったようではあるんですけれども、やはり半年間も、やがて終わるというときにはみすみす返すんじゃなくて、どうにかできる方法で皆さんに取っていただいて、活用できるような方法はないものかなということで、もう少しそちら辺もやっていただきたいと思いますので、今後よろしくお願いします。大体皆さんわかっていて、わからないことが多いんですよ、結構。電話なりやったけれども、また日にちを逃したとか、そういうのをですね、期日前になったらしっかりと、もう一度、再度お願いしてもらえるような方法でやっていただきたいと思います。以上です。



○議長(識名盛紀)

 ほかにありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 歳入はよろしいですね。

 次に歳出に対する質疑を許します。



◆仲里司議員

 説明資料の45ページ、7款商工費、1項商工費、1目商工振興費の、先ほどもありました小規模事業者等専門派遣事業ですが、商工会が行う中で、本当に専門的な知識を持っている方を派遣していただきたいというような話だったんですが、その専門が探せなかったという事例があるんですね。それを商工会から役場にこういう人材がいませんかというような連携をとるような事業が動きになっていたのか。ちょっと確認をさせてください。

 それと51ページの教育総務費、事務局費のいじめ防止対策推進協議会委員報酬の部分、金額は少ないんですが、いじめという部分が昨年よりも若干ふえたんじゃないかなという気がするんですね。これはいろいろなところから入ってくるお話の中でどうなってくるんだろうかということになると、やっぱり先生方も知っていらっしゃる。その対応に関してもいろいろやってくれていますよという話を聞いたりするので、あえて教育委員会にいって何かをするということはなかったんですが、数的には相談とか、そういう情報の数がふえたなという感じがするんですが、それに対して減というものに関しては、教育委員会側がその部分を少し楽観視してというか、そういうふうになっていないだろうかというのが気になるものですから、教育委員会として把握している内容の中で、いじめというような概念がふえたのか減ったのか、その部分をお聞かせください。

 あと歳入でちょっと聞きにくかったものですから、沖縄振興策、一括交付金の部分ですが、入札の部分でちょっとお聞かせ願いたいんですが、議長、もしこの数値等が会議で行っていいのかわからない…。一旦休憩していただいて構わないですか。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前10時57分 休憩午前10時58分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎企画観光課長(上原宏章)

 ただいまの仲里議員の専門家派遣事業についてですね、まず、商工会から専門家の派遣について、私どものほうにこういった人材をという相談はまずありませんでした。私どもでもそういったことで困っていないかということもやっておりませんでしたので、今後こういったことがある場合には、お互いで連携しながらやっていければと思います。以上です。



◎学校教育課長(岡剛)

 おはようございます。ただいまの仲里司議員の御質疑にお答えいたします。まず、このいじめ防止対策推進協議会の委員報酬の減額ということでございますが、これは今年度におきまして、開催する回数というものを勘案しての減額となっております。次年度以降ももちろん引き続き、このいじめ防止対策推進協議会は開催をしていきます。先ほどございました、各学校におけるいじめの件数というところでございますが、まず、各学校におきましては、既にいじめ防止計画というものがございます。その中において、いじめの発生があった場合には、速やかに教育委員会に報告する、あるいはどういった手だてをとるというようなことを計画づけられております。教育委員会としては、学校と連携をしながら、その計画をきちんと実行に移していくということが大事だと思っております。また、いじめの把握につきましては、各学校からの一報、あるいは児童生徒、保護者からの直接の電話というものもあります。件数的なものにつきましては、総代的にふえたり減ったりという状況にはあるかとは思いますが、ただ、決して教育委員会に上がってきている件数だけが全て把握できているというわけでもないだろうというのも認識としては持っております。そのため、我々は5者会議、あるいは校長先生、教頭先生との事務局連絡会、そういった場を設けてですね、その中でいじめの報告、いじめの把握というものに努めているところではあります。また、県の教育委員会からもいじめの調査というものもありますので、その都度、各学校には把握の依頼をしながら、また把握をした個別ケースについては随時対応を行っているところであります。以上です。



◆仲里司議員

 まず、小規模事業所への専門家の派遣ですが、ぜひこれに関しては、飢えているところはあるんですよ。本当に専門家が欲しい。ただ一般的な接客、マナー講座だとか、そういうレベルじゃなくて、本当に深いところに入り込んだ専門家を欲しがって要望したケースはあるんですけれども、それが探しきれないと。商工会の関連だけではどうしようもなかったというケースもありますので、やっぱり経済産業省なり、その他、国の中枢の部分にも町役場から要請を行っていくということも、お互いが支え合いながらそういう事業に携わっていただけたらと思いますので、課長の答弁ではこれからやっていきたいということでしたので、ぜひよろしくお願いします。

 あと、課長ね、いつもそういう話をよく聞くんですね。今回、私が聞いているのは2万5,000円、回数が少なかったんじゃないかと。必要だという予算づけをしたはずなのに、それだけ余らすということは、いじめに対する意識的なものが低いのか、何だったのかと。本当に何と表現をしたらいいのかわからないけれども、クラス内の数名でいじめが回っていたりというようなこともあったりするんですね。これも大きないじめではなく、ちょっとした分野だと聞いたんですが、そういったものもいじめですよという把握をされている先生方もしっかりいらっしゃる中で、会議が余り行われていなかったということに関しては、やはり認識的に甘いんじゃなかろうかということを聞いているんですが、だから皆さんがやっていることを聞いているんじゃなかったんですよね。やらなかったことを確認しているので、その点について、もう少しいじめという部分の認識を、過剰な反応をするわけではないんですが、そういったものはしっかり行うべきじゃないかなと。もしかすると生命にかかわるような問題ですから、心の弱い子であったり、またいじめがエスカレートしたりとかというのもありますからね、いろんな情報をできる限り共有しながら、そういう専門家の会議でもってサポートできる環境をつくるという部分ですよね。ですから、前から話していますが、いろいろ子供たちも傷つきやすい年ごろの年代ですから、SOSボックスなるものを設けたらいかがだろうとか、それをメールなり、何なりで受け取れる環境も必要じゃないかというお話もさせていただいていますが、それこそこういういじめの対策の中で、委員会の中でそういう議論があったならいかがだろうか。そういう協議なんかもするべきじゃないかと思うんですね。ですから、それを行わずして回が減りましたというような話にはならないのかなと。極端な話、あすでも、あさってでもやればいいんじゃないかと、やっていないのであれば。減額するのは簡単かもしれない、そういう問題じゃないだろうと思うんだが、それについてはどう考えますか。



◎学校教育課長(岡剛)

 仲里議員の再質疑にお答えいたします。いじめの対応というのは、教育委員会としても喫緊の課題だと捉えております。先ほど申し上げましたように、今年度の開催回数の関係から、減額というふうに申し上げましたが、今年度も3月中にもう一度、この会議を開催するということで決めております。そして次年度以降におきましては、きちんとこの開催回数も含めて、計画立てて、きちんとこの対策協議会を開催していきたいと考えております。以上です。



◆仲里司議員

 もう課長ね、余りしつこく言うつもりはないんですけれども、しっかり行っていただきたい。そして議会でもいろいろ、委員会でもいろんな提案、いろんなお話が出る中も、〈…聞取不能…〉かけてください、全然出てきていないという話も聞いていますから、それも慎重に、そして丁寧にやっていただきますようお願いして終わります。



◆舩谷政喜議員

 平成26年度補正予算の歳出についてなんですけれども、説明資料の53ページ、小中学校学習支援員賃金についてなんですけれども、これは一括交付金を活用した事業と聞いていますが、各地域によって学習支援員の賃金が変わると聞いています。その理由を教えてください。



◎学校教育課長(岡剛)

 舩谷政喜議員のただいまの御質疑にお答えいたします。学習支援員、あるいは特別教育支援員の時給が変わるということにつきましては、この職員というのは市町村の教育委員会の臨時職員という位置づけになります。ですから、一律に学習支援員は幾らですというのが示されるわけではありませんので、それぞれの市町村において検討された時給、あるいは日額というものになっているので、若干の差異が出ていると考えます。以上です。



◆舩谷政喜議員

 そうであれば、なお改善していただきたいんですけれども、今、学習支援員の中でも、例えば生活がかかっている方なども結構いて、賃金の高いほうに希望を出すというのが結構あるらしくて、その上で、与那原中学校で例えると、学習支援員の方がサッカーの経験があるということで、これはボランティアでサッカーのコーチまで務めているんです。例えば与那原中学校の場合、今の現監督が、顧問の方はサッカーの経験豊富な方で、今回異動になるらしいんです。さらに学習支援員の補助でコーチをしている方も、ほかの地区に希望願いを出しているらしいんです。サッカーにかかわらず、いろんな面で優秀な方々が、ぜひ与那原町で支援員として活躍したいと思うように、ぜひこの辺も改善していただけないかと思うんですが、その件について。



◎学校教育課長(岡剛)

 舩谷政喜議員の再質疑にお答えいたします。ただいまの案件につきましては、個別、具体的なお話ですので、回答を差し控えたいと思いますが、今後も学習支援員、あるいは特別支援員、教育支援員の適切な確保のために勤務条件面も含めて検討を重ねてまいりたいと思っております。以上です。



◆舩谷政喜議員

 これは教育ですので、この辺に力を入れるのは問題ないのかなと思うので、ぜひ検討のほうをよろしくお願いします。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午前11時10分 休憩午前11時14分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆松長康二議員

 先ほどちょっと質疑した民生費の件ですが、保育士の処遇改善臨時特例事業13万5,000円、現在これ何名に対して、均等にその処遇が改善されたのか。それとも保育所、各園によって、園長先生に任せた上での処遇改善になっているのかという部分と、あと予防接種事業のほうなんですけれども、80%で見ている中で、今回50%から60%ぐらいの接種率でしたか。その中でそうなった要因、金額面が多かったのか、それとも周知のほうなのか。人数減による接種率の低さが見られたのかという部分をお聞かせください。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 松長議員の御質疑にお答えしたいと思います。まず、民生費、児童福祉費、児童福祉費総務費の負担金補助金の中の保育士等処遇改善事業の御質疑ですが、まず、何人ぐらいにということですが、それに関しては済みません、ちょっと数字持っていないので、資料を後で示していただきたいと思うんですが、基本、これに関しては各保育士にきちんとその手当がいくようにというようなことで、書類できちんと審査したところでの交付となっていますので、去年の実績からいいますと、平均7,000円から1万円のアップがあったと見て、書類上、拝見しております。基本的に理事等には、これに関しては支給してはならないという規定もありますので、きちんと保育士等に処遇改善されているというふうに担当課としては認識しています。また、大体各保育園に、もちろんどんな形で給付するかというのは任せているところですが、うちの6カ所の保育所に関しては、一時金という形で支給をしているというのが実際でした。以上です。



◎健康保険課長(辺土名彬)

 それでは松長議員の衛生費の予防接種事業の1,500万円の減についてお答えいたします。当初見込みの80%から、今現在で50%から、ちょっと低いものですと30%もありますけれども、もちろん対象者に関しては個別に全部通知しております。その予防接種の種類によっては1回で終わるのもあれば、3回、4回とかというのもあります。ですから、必ずしも周知がうまくいかなかったということではなかったと思います。それぞれ1回受けて、次のときにまた来なかったりという事情もありますし、2回目受けるという事情もあります。ですからこちらの今の予防接種のものですけれども、インフルエンザとかも結構低い率になっております。そういう接種の種類によっては接種率が低いところも出ております。こちらとしては、やはり通知をしておりますので漏れはないかと思っていますけれども、接種率の低さが今回の要因になっていると思っています。以上です。



◆松長康二議員

 今、保育士等の処遇改善の件は、大体7,000円から1万円ぐらいアップしているんじゃないかなという部分の中、非常にいいことだと思います。これを次年度とかも継続して続けていけるように、ぜひお願いします。

 あと、先ほどの舩谷議員との関連の質疑にちょっと移ります。先ほどの小中学校学習支援賃金の300万円ですが、先ほどの言い方とは違う言い方になるんですけれども、小学校のほうで学習支援員をもうちょっとふやしてほしいという声を保護者の声もいただいている中で、予算が300万円余っているのであれば、これは中途というか、途中からでも支援員というものはふやせないものかどうか。そこら辺をちょっとお聞かせください。



◎学校教育課長(岡剛)

 松長康二議員の御質疑にお答えいたします。今回の300万円の学習支援員の賃金の件というのは、当初から私たちは採用枠というものを、一括交付金で認められた人数分持っていたんですけれども、それに対する応募者がなかったということで、一番最後に埋まった枠は、ことしは9月まで枠が埋まりませんでした。そのため、日々、日額賃金というものが浮いていくという形になりましたので、結果として300万円の減ということになっております。議員から御指摘のありました、増員の件につきましては、平成27年度一括交付金における学習支援員、あるいは特別教育支援員というものは、増員の予定をしております。この浮いた分の途中からの増員というのは、私たちのほうも、企画観光課、あるいは県のほうとも協議をしたんですけれども、それに対する目標値の設定、なぜ増員が必要なのかというところですね、予算があるからふやすということでは国は通しませんというようなことがあったので、じゃあ、例えば今年度は予算があったからふやして、次年度は減らしますといったときに、じゃあ、去年ふやした理由は何だったんですか。ことし減らした理由は何だったんですかというところが、説明がつきますかというようなことがあったものですから、学校とも協議の上、予算があるからつけるとなってしまっては、学校としても混乱してしまうというところがあったので、学校としては次年度、きちんと4月から増員をしてほしいというような要望がありましたので、その調整をさせていただいているところであります。以上です。



◆松長康二議員

 次年度、各学校の学習支援員がふえること、これが非常にいいことだと思っております。ただ、今の説明の中で、応募がちょっと足りていなかったというか、不足していたという部分なんですけれども、枠の範囲でいいんですけれども、これは結局近隣の市町村とか、小学校も今そういう状況になっているのか。教員免許を持っている方が対象になると思うんですけれども、先ほど舩谷議員が言ったように、どうしても時給というか、そこら辺にも差が出ている状況での現状なのか。もし、そういった現状が見られるんであれば、今後の改善策とか取り組みを聞いて質疑を終わりたいと思います。



◎学校教育課長(岡剛)

 松長康二議員の再質疑にお答えします。現在の本町の日額賃金というのは、近隣他市町村と比較して、突出していいわけでもないんですが、突出して悪いということでもないと考えております。ただ、必要な人材を確保する面においては勤務条件面の改正ということは検討していきたいと思っております。そして、他市町村においても現在、学習支援員がいないという状況があるのかと、枠はあってもですね、ということですが、これは他市町村においても見られた状況になっております。原因といたしましては、教員の大量採用というのが、今年度、あるいは次年度ぐらいまでじゃないかという話があったものですから、教員採用試験を受けたい人たちが8月に2次試験が終わりますので、9月から働きたいということで応募しないというような状況がありました。それで、先ほど申し上げましたように、最後に埋まった枠が9月でしたと申しましたのは、8月の2次試験が終わった後は、逆に電話がかかってくるような状況でした。学習支援員まだ募集していますかということで、この募集につきましては当然ハローワーク、あるいは島尻教育事務所。先生方のネットワークを使ってといったところで、広くそういった人材を探しているところではありますが、今年度におきましては、なかなかそういった、試験との兼ね合いもあったかと思いますが、なかなか埋めることができなかった状況があったと考えております。以上です。



◆田中直子議員

 平成26年度与那原町一般会計補正予算、歳出の55ページ、10款教育費の中の20節の扶助費、準要保護児童生徒就学奨励費の150万円の減ですね。それと56ページの同じく10款、扶助費の与那原小学校の準要保護児童生徒就学奨励費の100万円。それと58ページの10款教育費の中の準要保護児童生徒就学奨励費の300万円の減の説明をお願いしたいと思います。



◎学校教育課長(岡剛)

 ただいまの田中直子議員の御質疑にお答えいたします。内容が全て同じ内容となっておりますので、一括してお答えいたしたいと思います。この要保護、あるいは準要保護というのはですね、要保護につきましては生活保護、準要保護につきましては、申請があって非課税、あるいは生活保護の生活基準表というものに当てはめたときの1.1倍以下の収入額の世帯を支援するための制度となっておりますが、この予算を我々は多く見積もっておりますので、できるだけ支援するために確保しておりましたが、今年度のおおよその見込みが立ちましたので、不用額の減額ということになっております。ちなみにここ数年ですね、準要保護につきましては25%ぐらいの児童生徒が対象ということで推移しております。以上です。



◆田中直子議員

 今、課長の答弁をお聞きしました。与那原小学校、東小学校、中学校ですね。これは生活保護の、以下の方々の奨励費ですよね。違いますか。今、大まかに見込みを大きくとって、それで減にしたということなんですけれども、与那原小学校、東小学校、中学校は大体何名ぐらいいらっしゃいますか。



◎学校教育課長(岡剛)

 田中議員の御質疑にお答えします。済みません、各学校の個別、具体的な数字につきましては、後ほど整理して御報告させていただけたらと思いますが、先ほど申し上げましたように、町内全体の児童生徒の約25%がその対象となっているところでございます。以上です。



◆城間盛光議員

 平成26年度与那原町一般会計補正予算(第7号)について確認をしたいと思います。歳出、24ページ、文書広報費の委託料、電光掲示板保守点検委託料の43万2,000円の減と、28ページの防災拠点機能強化事業の避難施設天井劣化調査委託料の255万円の減。それと46ページの大綱曳倉庫・作業所整備事業の委託料、事業認定委託料の156万8,000円の減の内容と。あと1点ですね、53ページの教育総務費の先ほど備品購入の説明がございましたが、再度、確認したいことがありますので、御答弁をよろしくお願いします。



◎総務課長(玉城仁)

 城間議員の24ページの電光掲示板保守点検委託料の減について御説明をいたします。これについては、大型ビジョンということで、琉銀屋上のほうに設置しています保守点検委託料ですけれども、議会のほうからもいろいろ当初予算の中で質問が出ていましたけれども、これについて執行に当たって、電光掲示板を設置している市町村のほうを調査してまいりました。本部町とか名護市、その辺を調査した段階で、保守点検委託料を実際やっているのかどうかを含めて調査したところ、やっていないというお話があったものですから、執行に当たってですね、もうちょっと詳細に検討したほうがいいのかということで、内部で検討した結果、今回については減にして、委託料を見合わせたということでの減となっています。



◎農水環境安全課長(新里健)

 それでは城間議員の御質疑に答弁いたします。予算書の28ページ、2款2項11目、防災機能拠点機能強化事業、これは沖縄振興特別推進事業、一括交付金での事業を予定しておりましたが、与那原町が南海トラフの推進地域のほうに指定されたのが平成26年4月1日から指定されております。それに伴いまして、社会総合整備事業が指定に伴いまして使えるということとなっております。それで一括交付金事業につきましては、使える補助事業があれば、その一括交付金の事業の対象外ということになると確認がとれましたので、この天井劣化調査につきましては事業を取り下げております。以上でございます。



◎企画観光課長(上原宏章)

 私のほうからは、47ページの商工費の事業認定委託業務のほうですけれども、大綱曳倉庫の用地取得に当たりまして、事業認定を行いまして、その認定図書作業をするために委託を行っておりますけれども、その際の入札によりまして、予算が残となりましたので、今回、減としております。



◎学校教育課長(岡剛)

 城間議員の御質疑にお答えいたします。今回の備品購入費806万4,000円の減額につきましては、当初、一括交付金を活用し、与那原中学校のほうへデジタルテレビの導入を考えておりましたが、中学校と最終的な協議を行った結果、デジタルテレビよりも電子黒板のほうが教育的効果が大きいということの要望から、次年度において電子黒板を整備することとし、今年度におきましては取り下げということでの減額となっております。以上です。



◆城間盛光議員

 課長、この電光掲示板、43万2,000円、去年、予算委員会で、あれも予算一緒ですか、設置した会社の年間の保守点検を入れると説明あったときに、設置した当初は保守点検いらないだろうと、本来、おかしいんじゃないですかということで去年の予算委員会で指摘した予算なんですか。それを確認します。

 あと避難施設天井劣化調査委託料、今回、交付金事業ではなくて、補助事業で対応できる。ということは平成27年度は、今年事業で、補助事業で、対応していくということなのかどうか。その点。

 もう1点、課長、このデジタル、本来、予算を組む場合、当初で八百何十万、また工事に二百何十万と、1,000万円近い予算を組んで、ほとんど補正減になっていると。予算をあげるというのは、現場から、ぜひ必要だよと。必要だということで予算を組んでいるわけですよね。それが年度末で簡単に、いろいろとやったらテレビから黒板、そういう簡単に変更できるぐらいだったら、最初からこのデジタル、そんな必要性ないような事業に予算を組んだんじゃないですか。その点、理解できませんので再度御答弁お願いします。



◎総務課長(玉城仁)

 城間議員の再質疑にお答えします。この大型ビジョンの保守点検については、委員会のほうで昨年、指摘のあった点でございます。以上です。



◎農水環境安全課長(新里健)

 それでは城間議員の再質疑にお答えいたします。避難施設の天井劣化調査について、次年度やるかという御質疑ですが、社会総合整備事業につきましては、補助割合が3分の1、または2分の1というふうになっております。一括交付金、沖縄特別推進交付金事業と比べて、大分補助割合が違うということで、財政とも調整をさせていただいたところ、平成27年度につきましては、予算としては計上していないところでございます。したがいまして、次年度の計画はしていないということでございます。以上です。



◎学校教育課長(岡剛)

 城間議員の再質疑にお答えいたします。議員御指摘のとおり、当初予算で組んだ予算ですので、適切に執行すべき体制をとるべきだったと考えております。また、このデジタルテレビを予算化した背景といたしましては、中学校のほうから教育効果を上げるためにこの設置がぜひ必要ということが要望として上がってきたことがあります。ただ、中学校のほうと最終的な協議を行った段階において、より教育的効果の高いものを導入したいという学校の思いがあったものですから、教育委員会としても、やはり教育的効果の高いものを導入すべきであるということから、今回は減額をさせていただいて、次年度において整備ということの予定をしております。ただ、議員御指摘のように、当初からすぐに電子黒板というゴールにたどり着けばよかっただろうという反省はありますので、今後も各学校長とはその辺の連携を密にして、速やかな学習環境の整備に努めていきたいと考えております。以上です。



◆城間盛光議員

 委託料、この件については、あれだけ去年、本来、設置業者が責任持って一、二年持ってやっているわけだから、本来出ないだろうと、委託料というのは、ある意味ね。保守点検か、保守点検でしょう。私らはその明細をもらっておかしいんじゃないのと。その辺の必要がないというのは、メーカー側から別にいらないよと。いろいろと調査したら、本来おかしいだろうと。そうであれば、メーカーのほうからいいですよというふうになったのか。課長が言うように、周りを調査して、どこもそういう事例がないということでこうなったのか。その点、再度お願いします。

 課長よくわからないんだが、先ほど天井の調査事業、補助率がどうのこうので、財政との関係で今回は事業組んでいないと、平成27年度。そうであるならば、平成26年度に組んだこの事業でやるべきだったんじゃないの、本来、そうであれば。いろんなメニューができて、ほかの事業を生かせるという社会整備というんでしたか、社会整備何とか事業。ああいう組み替えできるということで、今回はやっていないわけでしょう、この事業。先ほどの説明では、何ら財政どうのこうの、予算組んでいないというんであれば、本来はこの事業で、平成26年度でやるべきだったんじゃないかなと理解しているんですが、その点、再度御答弁。

 教育課長、私は、予算組んだから執行しなさいということではなくて、散々もう、これまで以上に財政が厳しくなるというね、今指摘されている中で、予算を組むときにこういう厳しい状況を踏まえて、本当に必要なのかどうかということを、もうちょっとしっかり担当が精査して、やってもらわないと。簡単にこれじゃあ予算を通せないですよ。1,000万円近いでしょう。だからその辺がちょっと確認が弱かったんじゃないかなと。再度、今後に向けて改善というか、やっていただきたいと思います。その点、再度答弁お願いします。



◎総務課長(玉城仁)

 城間議員の再質疑にお答えいたします。議員から指摘がありましたような形で、執行に当たっては本当に必要性があるのかどうか、委員会のほうからもいろいろ御意見等がありまして、私どもとしても、その辺について初めての業務でしたので、周辺市町村いろいろ調べてきました。その中で保守委託について、実際やっているところがないような状況ということで、私ども、本町のほうの主体的な形での予算の執行をやらなかったというのが現状でございます。以上です。



◎農水環境安全課長(新里健)

 それでは城間盛光議員の再質疑にお答えしたいと思います。避難施設の天井劣化調査につきましては、平成26年度でやるべきだったのではないかという御質疑でございますが、私たち農水環境安全課としましても、どうにか一括交付金事業を活用できるように、少し県、あとは総合事務局のほうとも調整しまして、一括交付金での事業実施ができないかというようなことは検討してまいりましたが、どうしても一括交付金につきましては防災拠点ということで申請しております。社会総合整備資本事業に関しても防災拠点の改修等については、補助に該当するということで、一括交付金で事業を実施してしまいますと、会計検査等で指摘された場合に、事業費の返還等も憂慮されたものですから、事業の取り消しをしているところでございます。以上でございます。



◎学校教育課長(岡剛)

 城間議員の再質疑にお答えいたします。議員から今御指摘がありましたように、いま一度ですね、各学校におきましては、予算を組むということの意味、そのことからきちんと認識をしてもらえるように、校長、教頭連絡会等を通してきちんと伝えてまいりたいと思います。また、各学校からは多種多様な要望が教育委員会のほうに上がってきます。その精査についてもいま一度、その精度を上げて精査を行い、費用対効果、あるいは必要性、そういったものについていま一度検討する認識を再度強くしたいと思っております。以上です。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。


午前11時46分 休憩午後1時31分 再開




○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆山口修議員

 議案第9号・平成26年度与那原町一般会計補正予算(第7号)の歳出について、7点にわたってお聞きしたいと思います。歳出、23ページ、19節負担金及び交付金、マイナス28万9,000円となっております。その中で与那原町伝統文化活動支援補助金となっておりますが、こういう伝統文化活動支援の場合においての28万円というのは、金額的には結構大きいなと思うんですね。ついては、これはどのぐらいの対象団体に、対象として考えておられたのか。あるいは当初の予算はどのぐらいあったのか。余るということは、使っていないということなのかについてちょっとお聞きしたいと思います。

 続きまして、27ページ、総務費です。上段、与那原町観光客受入に係る交通状況調査事業、これは130万円のマイナスとなっておりますけれども、これは実際、やらなかったのかということですね。やる予定であったんだろうと思いますが、何をこれ獲得しようとしたのか、成果としてね。お聞きしたいと思います。やらない理由は何だったのか。

 続けます。民生費、33ページ、毎回同じことを聞いているのかもわかりませんが、老人福祉事業で高齢者記念品となっておりますけれども、これもマイナスですよね、これは対象人数が減ったからマイナスなのか。ついては、何を差し上げたのかお聞きいたします。

 続きまして、41ページ、衛生費。これは墓地に関してですけれども、これもマイナス67万円となっております。これは沖縄振興特別推進事業として計上されているわけですが、これはどこまで進捗されているのかお伺いいたします。これだけマイナスしていいのかどうか。

 続いて、49ページ、土木費。その中で、これは都市計画に入るんですか、与那原町景観形成強化事業、これもマイナスになっております。これは委託事業ですね。マイナスということですから、具体的になぜここまでマイナスをせざるを得なかったのかお聞きしたいと思います。どうしていくのかということですね。

 続きまして公園費。公園事業で維持管理、約150万円近い、149万8,000円という委託料のマイナスが出ております。これはもともと公園維持のトイレ管理というふうに思いますが、ちょっと金額的に大きいなと。というのは当初の計上が違っていたのかと思いますが、なお、これですね、各公園、たしか昨年お聞きしているんですが、委員会でお聞きしているかと思いますが、13区の中で公園を持っているところの、例えばシーサー、きょうりゅう、あとは当添、板良敷、あるいは新島の綱曳資料館の公園とか、そういったところに、各区に出している事業と、補助金ということでお聞きしているわけなんですが、そういった場合、マイナスが出てこないんじゃないのと。当初に得た予算ですから、なぜこれがマイナスになるのか、ちょっとその辺と。それとこれは各区に分かれているわけなんですが、ほぼ一括処理して民間業者でもしっかり委託したほうが合理的でかつ安く上がるのではないかと。また、きれいなところもあれば、そうでもないところもあるというふうに伺いますし、私もそのように見てきました。これについてどうされるのかお聞きします。以上です。



◎総務課長(玉城仁)

 山口議員の御質疑にお答えします。総務費の伝統文化活動支援補助金ということでのマイナス減の理由ということですけれども、当初は、この事業については当添ハーリーやエイサー、綱曳等の補助金ということで49万円、当初予算で計上していましたけれども、実際、こちらのほうに申請が上がった実績が、見込みが20万5,000円という形になっているものですので、それで28万5,000円の減額という状況となっています。以上です。



◎企画観光課長(上原宏章)

 それでは27ページの与那原町観光客受入に係る交通状況調査事業ですけれども、こちらについては事業を行わなかったわけではなくて、入札残となっております。内訳のほうにございます報酬の部分は、検討委員会の報酬ということで計上しておりましたけれども、この部分についても検討委員の先生方の報酬は、委託のほうに入れて契約をしておりますので、その分の減となっております。先ほど質疑にありました、この事業の目的につきましては、交通量を調査して、観光客の受け入れのための交通の課題を洗い出すためのものとなっておりますので、アンケート等々、それと交通状況の調査、そういったものを行っております。以上でございます。

〔山口 修 議員「それで何がわかった」の声あり〕



◎企画観光課長(上原宏章)

 今、まだ整理中でございます。



◎福祉課長(宮城きよみ)

 ただいまの山口議員の御質疑にお答えいたします。ページのほうは33ページにございまして、高齢者の記念品代ということですが、この予算の内訳としましては、カジマヤーの記念品、あとトーカチの記念品、新100歳の祝い金がありまして、今回は、現在支給中でありますトゥシビーの祝い金、5,000円ですが、その分を残した形で補正減をしております。以上でございます。

〔山口 修 議員「対象者の数は」の声あり〕



◎福祉課長(宮城きよみ)

 これはトゥシビーみんなですか。

〔山口 修 議員「差し上げる方全て」の声あり〕



◎福祉課長(宮城きよみ)

 88人分を計上しております。以上です。



◎農水環境安全課長(新里健)

 それでは山口修議員の質疑に答弁いたします。与那原町墓地基本整備実施計画の策定につきましては、今年度の委託としまして、墓地の現況調査及び策定委員会の運営支援というふうになっております。今年度の成果物としましては、墓地の分布図の作成となっております。仮で検査もいたしておりまして、実際に、再度漏れがないかということを受託業者のほうが確認しているところでございます。また、この分布図が整い次第、今月中に策定委員会を一度、開催する予定でございます。以上です。



◎まちづくり課長(城間秀盛)

 49ページ、与那原町景観形成強化事業、これは委託業務で発注しているんですが、入札残ということで残っております。その分の減額ですね、現在策定業務を進めているということでございます。それと公園の維持管理事業149万8,000円の減なんですが、これは上の森公園の維持管理の減になります。ここは観光交流施設の整備が始まりましたので、管理するエリアが大分縮小されたということで、その分の減額ということであります。それと今後の公園の維持管理についてですが、当然、上の森公園、与那古浜公園、それから与原公園ですね、大きい公園については、特に与那古浜は維持管理を入札で民間業者のほうに委託をしております。それと上の森公園と与原公園については、愛の園に委託をしていると。また街区公園については、所在する区のほうにお願いをしております。確認をすると、その維持管理費も区の財源になっているという状況もございますので、今後、一体的にどのように管理したほうがいいのかというのは課題事項として検討していきたいと考えております。以上です。



◆山口修議員

 先ほどの高齢者記念品について、再度お尋ねしますけれども、88名という数字を出していただきましたが、やはり今の与那原をつくっていただいた御高齢の大先輩の方々に対する長生きをしてください、あるいはそのお礼という意味合いも非常に含まれていると思うんですね。これをですね、はっきり言って、安いと私は思うわけです。もうちょっと実のある、中身の濃いものを差し上げてはいかがかと。だから余るはずはないと思っているんですが、ただ、高齢の方にカジマヤーだからということでおあげするんだったら、その中身の問題ですね、質のこういうものを検討していただきたいと、それについては確かに予算はあるんですが、必要なんですけれども、本当に喜ばれる、感謝されるものを厳選して、いいものをちょっとぐらい高くてもいいんじゃないのと、私は個人的には思うんですが、その辺やっていただければと思います。削っていい予算と削って悪い予算があると思うんです。これは削って悪いと思っております。この辺は町長ひとつよろしくお願いいたします。その辺は予算削らないでいただきたいということです。

 それとまちづくり課長、今、答弁いただきましたが、確かに各区収入になっているんですよ、これは20万円とか、何万円とかになっていると思うんですが、全くいただいていない区もあります。そういったところは公園がないんだから仕方ないんですけれども、ついてはその公園の管理の仕方、私はこれ何回も言っているんだけれども、ある区では区長が1人で朝早くから頑張っている区もありますよ、名前出しませんけれども。本当に感謝の一言です。そういう区もありながら、また一方ではぞんざいに扱っているんじゃないのという区もあると思います。それで同じ補助金を出しているわけですから、常に皆さん方の使う地域公園ですから、きれいにそういったものをやって、維持管理していただかないと困るなと。小便器が真っ黄っ黄というところもありますよ。これいつ掃除したのかと言いたいところもありますよね。そういったところはちゃんと点検して、補助金に見合う仕事は老人会で受けようが、それはその区で考えてもらえばいいわけですから、きちんと維持管理をしていただかないと、地域の公園として役に立たないと思いますので、その辺の指導もひとつよろしくお願いしたいと思っております。私の質疑はこれで終わります。



◆上江洲安昌議員

 補正予算の歳出のほうの何ページだったか、文書広報費、電光掲示板の情報発信事業について総務課長にお尋ねをします。この発信事業なんだけれども、あっちこっち電光掲示板があってやっていますが、どういうプロセスとシステムというか、情報、各課からもいろいろ情報を集めてくると思うんだけれども、今回、これだけ減になっていますよね。52万2,000円か。どういう業務をしているんですか、これを聞かせてください。



◎総務課長(玉城仁)

 上江洲安昌議員の質疑にお答えします。この電光掲示板からの情報発信事業ですけれども、今、掲示されているのが琉銀への大型ビジョン、あと沿岸線、東浜の県道のほうに3基、計4基つけております。情報発信については、琉銀への大型ビジョンについては、総務課のほうで管轄していまして、あと板良敷沿岸線等についてはまちづくり課のほうで管理をしています。その情報発信のあり方ですけれども、今各課の行事等の情報提供をいただいて、それに基づいて情報を発信しています。あと各種団体、警察、消防、その辺の各団体からも依頼がありますので、その辺のものについて情報を発信しているという状況であります。以上です。



◆上江洲安昌議員

 じゃあ、これは各種団体とか、各課からの情報を総務課でやっているのと、まちづくり課でやっているのがあるんですね。今、配置されている電光掲示板を見たら、きょうは議会が始まっているから何時から何時まで議会ですよと。一般質問が何日から一般質問とか、MICEとか下水道推進しましょうというのがずっと年間流れているんですね。これですね、まず1点目はドライバーに絞った情報発信の仕方をしているんです。じゃあまちにはお年寄りとか、車に乗らないでやっている人たちはこの電光掲示板というのは余り見ないんですね、見ないんですよ。ドライバーにどれだけ与那原町民がいて見ているかということも、本来だったら掌握しないといけないけれども、与那原以外の人たちが議会何日といってもあんまり意味がない、実際はね。だからもう少し視点を、発想も変えてみて、それも必要だけど、さっき議会では向きの問題とかいろいろあるんだけれども、町民向けにも私は流してもらいたいと思うんです。というのはね、文字数が大体40文字とかと言っていましたよね。限られるので、40文字でメッセージ性があるような流し方があるのかどうか、その辺も検討してもらって。例えば、今、観光地などに行くと、車向けじゃなくて、駅前とか広場なんかにあって、ここに来た人に対するこういうものがありますよと、与那原には。もし、観光与那原を打ち出すんだったら与那原の紹介とかそういうものがばーっと流れて、ここにも行きましょうとか、あったりして、最近感じたのは。神奈川県の大学の卒業式などに、例えば何々大学の卒業生の皆さん卒業おめでとうとか、ばーっと流れるんですよ。メッセージ性があってとっても喜ぶわけ。また、このまちにも卒業して、いずれまた来てくださいとか。そういうメッセージ性のある出し方というのもあるんですよね。そうなると、やっぱり町民向けのメッセージだなということで、今までの流し方も、これはいいものもあるし、ずっとマンネリ化して、とにかく下水道だけとか、そういうだけじゃなくて、与那原の情報を各課からいっぱい流せるような、40文字だったら40文字で、もう少し業務の中でしっかりやって、こういう与那原の紹介の仕方があるということでやれば、これから沖縄女子短期大学も来るし、与那原小学校、中学校、卒業式などがあるので、与那原中学校の皆さん卒業おめでとうございますと。これからまた、頑張ってもらいたいというふうなメッセージ性のある、やっぱり町民にも訴えるようなメッセージの仕方というのをもう少し研究したほうが私はいいと思うんです。ドライバー向けという視点からも、それも必要だけれども、出して、町民に向けて、例えば駅前に行って、お年寄りでも、若い人でも道を歩く人たちも見るような、与那原町の情報を発信していくという、そういう流し方というのも私はあると思うので、その辺についてはどうですか。総務課長と町長か副町長に聞きたいんですけれども。



◎総務課長(玉城仁)

 上江洲議員の再質疑にお答えします。本町においては、やっぱり住民と協働によるまちづくりに向けて推進しているところでございます。そのためにも情報の共有、発信というのは非常に重要な要素だと思っています。そういった面で、これだけの電光掲示板が4基ありますので、非常に有効な手段だと思っていますので、上江洲議員の提言について、真摯に受けとめて、今後検討していきたいと思っています。以上です。



◎副町長(照屋勉)

 上江洲議員の御質疑にお答えしたいと思います。この電光掲示板の活用の仕方については、当初からいろいろ模索をした経緯があります。今、上江洲議員からあった視点は新たな視点で非常にいい提言だと思っています。そういったメッセージ性も含めた電光掲示板ですね、ぜひ取り組んでまいりたいと思います。



◆上江洲安昌議員

 私も余り気づかなかったんだけれども、ヤマトに行って、そういう流し方があるんだなと思って気づいたんですね。ある駅では、駅の時刻表がありますよね。何時何分に何が発車しますとかというところの掲示板からもパンと流れたりするようなところもあって、ああ、感動するなという思いもありましたので、ぜひその辺も検討してもらって、与那原町が、とてもやさしいなと思うんです、まちの気持ちは。ちゃんと卒業生とか、そういう人たちに。老人会だったら老人会がありますからということだけじゃなくて、お年寄りに40文字でメッセージを与えられるぐらいの、職員がまた勉強をしますので、こういうメッセージを流すということでは。いろんな仕組みをつくってもう少し、やさしさあふれる電光掲示板の、せっかくこれだけ金をかけてつくったんだから、もっと活用の仕方を考えてもらいたいと思います。



◎町長(古堅國雄)

 まちの雰囲気というのは、非常に大事だと思います。ですから歩きたくなるまち、これを1つの目標に町の郊外のほうに車を置いて、あるいは電車が敷設されれば、電車で乗ってきて、そして与那原町などは非常にコンパクトにまとまったまちですから、歩きたくなるまちというような雰囲気づくりというものは非常に大事だと思います。ですから、今設置されている電光掲示板、それはそれで一家に4台も車がある今日ですから、これはそれでそれなりの効果は出ていると思いますけれども、今おっしゃる御指摘のような、町民が歩きながら楽しめるような、あるいは文字盤にしても本当に楽しく見ながら、あるいは考えながら歩けるというまちというのは、非常に理想だと思っていますので、これはいろんな分野、伝統文化とか、あるいは地場産業の紹介とか、そういうものもまちは雄弁に物語るとよく言われておりますが、言葉には出さなくても感じさせるような、こういうまちで、まちを目指してですね、例えば親川通りの石張りに整備したあたりも、これは歴史を感じさせるひとつのまちだという目的意識を持って、ああいうひとつの整備も進めたわけですが、今後、これはもう重要視していく大きな視点だと思いますので、またいろいろアイデアをいただきたいと思います。



◆我謝孟範議員

 34ページの老人福祉費なんですが、配食サービス事業委託料が107万1,000円減額になっておりますが、この事業の総予算に対して何割の、何パーセントの減になっているのか。どうして減になったのか、その点と。

 それから次の35ページの民生費なんですが、負担金補助及び交付金で、保育所看護師配置助成事業が110万円減額になっておりますが、その中身を述べてもらいたいと思います。

 それから41ページの衛生費、与那原町墓地基本整備実施計画策定が、これは事業がなされておるわけなんですが、この進捗はどうなっているのか。ちゃんと策定されているのかどうか。これは何年にもわたって、もう終わっていると思うんですが、その策定した計画書はいつ配付するのか、それを答弁していただきたいと思います。

 それから42ページの衛生費、生ごみ処理器等購入補助金15万円減額になっておりますが、これは以前から指摘されているわけなんです。課としては、これを町民に広く啓蒙していくということになっておりますが、この補正予算書を見ますと、15万円の減額になっていますが、その実情がどうなっているのか。その点を述べてもらいたいと思います。



◎福祉課長(宮城きよみ)

 ただいまの質疑にお答えいたします。配食事業に関しましては、当初の予算から大体21%減になっておりまして、最初の食数から申し上げますと、1万9,680食を見込んでおりましたが、今回、最終的な見込みで1万4,925食になりますので、その分を減額しております。以上でございます。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 我謝孟範議員の2点目、保育所看護師配置助成事業についてお答えしたいと思います。これについては、一括交付金を活用した各保育所でゼロ歳児保育を実施するところに、安心して保育ができるようにということで、看護師配置を求めているところに配置をしたところに助成を行っているんですが、当初、法人保育所5カ所に配置予定で300万円の予算を計上していたところですが、実際、途中で看護師がやめたりとかということで4カ所スタートの、現在3カ所で実施していて、歳出の見込みがないということで110万円の減額をさせていただいています。以上です。



◎農水環境安全課長(新里健)

 我謝議員の御質疑に答弁いたします。41ページですね、与那原町墓地整備実施計画の策定につきましては、昨年、新規で一括交付金事業として申請しておりまして、9月議会に補正を上程して、承認をいただいている事業となります。10月に入札をしまして、そのまま契約ということで、今年度につきましては墓地の分布の実態調査プラス策定委員会の支援事業ということで、今年度に策定事業、3月に1回、次年度、4月から9月までの間に合計5回の策定委員会を予定しておりまして、その後に実施計画の策定ということになっております。実施計画書の成果物としての納品につきましては、現在の予定では9月という見込みでございます。

 続きまして、42ページですね、清掃事務運営事業の負担金補助及び交付金の生ごみ処理器等購入補助金でございますが、平成26年度の当初予算では1台3万円掛けるの10台分ということで、予算のほうは計上させていただきました。しかしながら、現在までの補助金の申請につきましては、1台分3万円の支出の実績となっております。その実績等を加味しまして、今回、補正(第7号)にて半分ですね、15万円の減額となっています。これまで農水環境安全課としましても広報紙等で生ごみ処理器の導入、あとは補助金につきましても周知してきたところでございますが、さらに循環型の社会を形成するために、また広報紙だけではなくて、町民の啓発につながる対策を講じていかないといけないと考えております。以上でございます。



◆我謝孟範議員

 最初の配食サービスの件なんですが、21%の過大見積もりということは、これは問題があるんじゃないかと思いますが、なぜあえて21%の減額になったかという、要するにどこで生じたのか。ただ安易に出したのか、その辺を詳しく、余りにも額が大きいものですから、21%というのは。もうちょっと細かく説明していただきたいと思います。

 それと保育所看護師配置助成事業なんですが、5カ所の予定で配置ということになっているが、途中で看護師が辞めたということで予算がそれだけ浮いたということになっておりますが、これは要するに看護師でも臨時だと思いますので、配置の仕方が、じゃあ全員が辞めたらどうなるのかとなるわけですので、やはり辞めても補うような状況はなかったのかどうか。その点も踏まえて、もう一度説明していただきたいと思います。

 それからまた、生ごみ処理器の件なんですが、当初30万円、しかし予想に反して、啓蒙はしたけれども、申請がなかったということで15万円の減額になっておりますが、1台3万円の助成ということになっていますが、これはどこに問題があるのか。要するに町民としては必要性を感じていないのか。町としては必要性があるのかどうか。啓蒙をやったけれども、皆さんの思いとは裏腹に、そんな調子でどんどん減っていくということになった場合は、皆さんの仕事の内容が疑われるわけなんです。そこら辺、今後どうしていくか、もう一度検討していくのかどうか。それからまた、1台につき3万円というのは安いのかどうか。生ごみ処理器は多分額が、あるいはまた機種によっては違うと思うんですが、その辺の問題等もないのかどうか、その点も踏まえて答弁なされていただきたい。答弁をもらってから、必要に応じて質疑します。



◎福祉課長(宮城きよみ)

 ただいまの御質疑にお答えいたします。おっしゃるとおり、私ども配食事業に関しましては、伸び率で計算をしておりますが、中には受給中に入院された方でありましたり、あとは嗜好的なもので配食をやめられる方とかがいらっしゃいますので、なかなか固定した数字を捉えることができないのが現状でございます。おっしゃるように、21%も不用額を出したことに関しましては、私どもの過大見積もりであると思います。その辺は反省して、次回の見積もり、正しい見積もりができるように努力いたしたいと思います。以上でございます。



◎子育て支援課長(伊集京美)

 我謝孟範議員の再質疑にお答えしたいと思います。看護師配置に関しては、基本、保育所のほうではゼロ歳児保育をする場合、3対1の保育士を求められているところで、本町としては9人以上を保育する場合には、子供たちの安心、安全を確保したいということでその場合には看護師を配置していただきたいということで各法人保育園のほうに指導しているところです。それに対して月額5万円を上限に一括交付金を活用して助成をしているところなんですが、今回、当初5カ所でできるだろうということで5カ所を計上していたところが、実際スタート段階で、定員も9名以下で設定したいということでの4カ所スタートになっているところで、まず、その分の差額が出てしまったということと、あと1カ所に関しては、看護師の体調の問題もあって、お辞めになって、途中から減額が生じたところなんですが、基本的にはその後でももし採用があれば調整をしていきたいという形でもってこちらのほうとしてはお話していたところなんですが、その1カ所が来年増改築するコスモスさんになっていまして、その増改築もあるので、残りのところは8人定員でいって、来年また改めて雇用していきたいという申し出があったところなものですから、その分の減額をしているという状況であります。以上です。



◎農水環境安全課長(新里健)

 それでは我謝議員の再質疑に答弁いたします。生ごみ処理器等の購入補助金につきましては、町民の方の必要性があるのかと、町としては必要なのかという御質疑でございましたが、私ども町としましては、ごみの減量化にもつながりますし、ごみのさらに資源化にもつながるということで推進していく必要があると認識しています。また、これまで申請が少なかったことにつきましては、私たちの周知方法による町民の皆さんへの浸透が足りなかったというふうに私どものほうでは反省するところは多々ございます。それにつきましては、次年度以降に再度周知の方法については検討させていただきたいと思います。また、機器についても3万円という補助金の額が適当なのかというお話でございましたが、機器につきましても高いものでは1台10万円以上するのもございます。安いものですと7万円から8万円ぐらいからというのもございます。またこの補助金の額について、3万円というのも機器に対して適当かというお話ではございますが、近隣の市町村の補助金の金額を見ましても、近隣の市町村とバランスのとれた金額と認識をしてございます。また、生ごみにつきましても、必ず処理器ではなくて、今はコンポスト等もございますので、実際に堆肥化するのも、生ごみ処理器以外でもできるものもございますので、それも含めて補助金の交付内容、対象については検討してまいりたいと考えております。以上でございます。



◆我謝孟範議員

 ただいまの生ごみ処理器の件なんですが、他市町村との整合性で3万円としたということになっておりますが、町民にこれは徹底周知なされていると思うのかどうか。例えば、今現在、生ごみ処理器の業者はいらっしゃると思うんですが、この稼働率を見た場合において、要するに町民が知らずに生ごみ処理器は買っていませんよね。多分、これは生ごみ処理器業者のほうにも助成金があるということは知れ渡っていると思うんです。多分ですよ、絶対的に。向こうも商売ですから。そうであれば、町民は生ごみ処理器の必要性を感じた場合、やはり業者に問うわけですから、業者からは与那原町も3万円の助成がありますという、そういう報告をすると思うんです。それでも結果的には普及しないと。普及しなければどこに問題があるのかと。与那原町の、特にアパートとか、庭がない方々も多数いらっしゃると思うんです。そういう皆さん方はこの生ごみ処理器がどうしても必要という認識があるのかどうか。そうであれば、値段の問題にかかってくるのかどうかという懸念もあるわけです。そういう中で、根本的にどこが問題なのかということは、ある程度は把握しておかないといけないと思うんですが、この点どうなのか。それをまた今後煮詰めていくことになると思うんですが、この点を答弁願いたいと思います。



◎農水環境安全課長(新里健)

 我謝議員の再質疑に答弁いたします。先ほど生ごみ処理器が普及しない原因はなぜか、どこが問題なのかということにつきましては、確かに、私ども答弁いたしましたが、補助金の額の問題もあるかもしれません。これにつきましては、再度、うちの課のほうで分析させていただきたいと。周知不足が、浸透不足があったのか、もしくはこの補助金の額につきましても近隣市町村とのバランスで設定はしておりますが、それが機器に対しての補助割合が低いからなのか。そこら辺も再度検討させていただきたいと。また、設置する場所の問題なのかというのも、再度、分析をさせていただきまして、必要に応じてはこの補助金の要綱の改正まで含めて対応したいと考えます。以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時19分 休憩午後2時23分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆喜屋武一彦議員

 一般会計補正予算(第7号)について、1点だけお伺いをします。45ページの商工費、沖縄赤瓦使用奨励金の90万円の減なんですが、与那原町は商工業のまちということで、町長を初め、商工関係には予算を多くつけてもらっている印象もお持ちではありますが、特に地場産業であります、この赤瓦ですね、奨励金の90万円の減、当初予算に対しての実績、数字もあればお答えをいただきたいと思います。



◎企画観光課長(上原宏章)

 ただいまの喜屋武議員の質疑にお答えしたいと思います。赤瓦奨励金については、今年度申請がありませんで、今のところゼロ件でございます。ただ、1件分見込みということで現在来ておりますので、その分に関して残して減としております。以上です。



◆喜屋武一彦議員

 予算をつけてありがたいんですが、こういうふうに申請がないということは、使い勝手が悪いのか、ただ予算をつけるのではなく、組合とか業者に、この予算が使い勝手があるのかないのか、そういうところですね。お互いのコミュニケーションというんですか、連絡をとりながら使いやすい予算のつけ方も必要ではないかと思っていますので、その辺、どういうふうに考えているのかお聞きします。



◎企画観光課長(上原宏章)

 喜屋武議員の再質疑にお答えしたいと思います。確かに予算についてございますけれども、活用がなされていないというところでは、赤瓦組合等との連携もとれていなかったのかなという反省点もございますので、組合員も含めて、建築業者等々と連携を図りながら活用に向けて検討していきたいと思っております。以上です。



◆喜屋武一彦議員

 与那原といえば赤瓦というイメージが県内に相当定着しておりますし、これはずっと残していく地場産業だと思っておりますので、その辺、与那原町が率先して赤瓦を乗せていくと、赤瓦を使っていくという意味では、やはり予算をつけるだけじゃなく、使い勝手のいいような予算措置ですね、それを望んで終わりたいと思います。



○議長(識名盛紀)

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第9号は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 異議なしと認めます。したがって議案第9号は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第9号・平成26年度与那原町一般会計補正予算(第7号)を採決します。この採決は、起立により行います。

 お諮りします。本案は、原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。

〔起立全員〕



○議長(識名盛紀)

 起立全員です。したがって本案は、原案のとおり可決されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第2.議案第10号・平成26年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第10号

平成26年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)

 平成26年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算の補正)

第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ650千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,440,862千円とする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」による。


平成27年3月9日          与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────


第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
歳 入                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃1 国 民 健 康 保 険 税 │             │   324,811│    4,243│   329,054┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 国 民 健 康 保 険 税 │   324,811│    4,243│   329,054┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃5 国  庫  支  出  金│             │   820,677│   18,457│   839,134┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 国  庫  負  担  金│   526,675│  △ 11,168│   515,507┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 国  庫  補  助  金│   294,002│   29,625│   323,627┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃6 療養給付費等交付金  │             │   149,619│  △ 17,055│   132,564┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 療養給付費等交付金  │   149,619│  △ 17,055│   132,564┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃8 県  支  出  金 │             │   160,665│    8,834│   169,499┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 県  負  担  金 │   26,110│  △ 2,933│   23,177┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 県  補  助  金 │   134,555│   11,767│   146,322┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃9 共 同 事 業 交 付 金 │             │   355,249│   13,202│   368,451┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 共 同 事 業 交 付 金 │   355,249│   13,202│   368,451┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃11 繰    入    金│             │   481,883│  △ 27,048│   454,835┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 他 会 計 繰 入 金│   481,882│  △ 27,048│   454,834┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃13 諸    収    入│             │    4,895│     17│    4,912┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │5 雑         入│    4,471│     17│    4,488┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   入   合   計       │  2,440,212│     650│  2,440,862┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛


歳 出                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃1 総    務    費│             │   62,829│    △ 90│   62,739┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 総  務  管  理  費│   54,048│    △ 80│   53,968┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │5 国 民 健 康 保 険│    7,476│    △ 10│    7,466┃
┃             │  特 別 対 策 事 業 費 │      │      │      ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃2 保  険  給  付  費│             │  1,449,315│  △ 7,883│  1,441,432┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 療  養  諸  費 │  1,233,587│  △ 1,203│  1,232,384┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 高  額  療  養  費│   190,755│  △ 3,020│   187,735┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │4 出  産  諸  費 │   24,371│  △ 3,660│   20,711┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃5 老 人 保 健 拠 出 金 │             │     16│    △ 5│     11┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 老 人 保 健 拠 出 金 │     16│    △ 5│     11┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃6 介  護  納  付  金│             │   137,566│   △ 138│   137,428┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 介  護  納  付  金│   137,566│   △ 138│   137,428┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃7 共 同 事 業 拠 出 金 │             │   401,454│  △ 15,579│   385,875┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 共 同 事 業 拠 出 金 │   401,454│  △ 15,579│   385,875┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃8 保  健  事  業  費│             │   27,946│  △ 1,783│   26,163┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 特定健康診査等事業費 │   21,167│   △ 864│   20,303┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │2 保  健  事  業  費│    6,779│   △ 919│    5,860┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃13 予    備    費│             │   19,070│   26,128│   45,198┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 予    備    費│   19,070│   26,128│   45,198┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   出   合   計       │  2,440,212│     650│  2,440,862┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第10号・平成26年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)について提案理由を御説明申し上げます。今回の補正額は、歳入歳出それぞれ650千円を追加し、補正後の歳入歳出予算総額は2,440,862千円となります。

 担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎健康保険課長(辺土名彬)

 それでは平成26年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を提案するに当たり、その概要を説明いたします。今回の補正においては、歳入歳出予算ともそれぞれ650千円を増額し、補正後の予算総額は2,440,862千円となっております。

 歳入から順に御説明いたします。

歳入

第1款 国民健康保険税で、4,243千円の増となっております。その内訳といたしまして、第1目一般被保険者国民健康保険税で10,961千円の増、第2目退職者被保険者国民健康保険税で6,718千円の減となっております。

第5款 国庫支出金で、18,457千円の増となっております。その内訳といたしまして、第1項国庫負担金で11,168千円の減、第2項国庫補助金で29,625千円の増となっております。

第6款 療養給付費等交付金で、17,055千円の減となっております。

第8款 県支出金で、8,834千円の増となっております。その内訳といたしまして、第1項県負担金で2,933千円の減、第2項県補助金で11,767千円の増となっております。

第9款 共同事業交付金で、13,202千円の増となっております。

第11款 繰入金で、27,048千円の減となっております。

第13款 諸収入で、17千円の増となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

歳出

第1款 総務費で、90千円の減となっております。その内訳といたしまして、第1項総務管理費で80千円の減、第5項国民健康保険特別対策事業費で10千円の減となっております。

第2款 保険給付費で、7,883千円の減となっております。その内訳としまして、第1項療養諸費で1,203千円の減、第2項高額療養費で3,020千円の減、第4項出産諸費で3,660千円の減となっております。

第5款 老人保健拠出金で、5千円の減となっております。

第6款 介護納付金で、138千円の減となっております。

第7款 共同事業拠出金で、15,579千円の減となっております。

第8款 保健事業費で、1,783千円の減となっております。その内訳といたしまして、第1項特定健康診査等事業費で864千円の減、第2項保健事業費で919千円の減となっております。

第13款 予備費で、26,128千円の増となっております。

 以上です。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。

 暫時休憩します。

午後2時32分 休憩午後2時35分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◆我謝孟範議員

 補正4号なんですが、歳入の場合、国民健康保険税が1割強補正されておりますが、これはどういう状況で1割強の423万円が補正されているのか、その内訳を述べてもらいたいと思います。

 それから歳出の保険給付費なんですが、療養諸費が120万円、それから高額療養費が300万円、出産諸費が366万減っているわけなんですが、少子化で出産諸費が減っているのか。前年度の実績で結果的には減額になっているのか、その点、大まかでよろしいですが、答弁願いたいと思います。



◎健康保険課長(辺土名彬)

 それではただいまの我謝孟範議員の御質疑にお答えしたいと思います。まず、国民健康保険税につきましてですけれども、一般保険税のほうがふえておりまして、それに付随して退職者被保険者のほうの保険税が減っております。これは退職者、65歳到達して一般に変わっていくということで、それだけ退職の分を減して一般に回っていると。結局、今まで退職の方が65歳、人数も多いですので、その分が一般に回ってふえていったという状況になります。療養費につきましては、とりあえず今回、12月までの総額を出しまして、2月支払いとかもありますので、その分で計算をして出しております。出産諸費につきましては、12月まで出産の数も多かったんですけれども、健康保険の対象の方はどちらかというと、若い人世代ではなくて、どちらかといえば退職した方たちの年代のほうが多いものですから、出産に関しては社会保険の対象の方が多いと思っております。ですから人数的にも昨年に比べては落ちていると。1月、2月の出産の申請も少なかったものですから、今回、これだけ減額をしても大丈夫だろうという見込みを立てております。少子化とは特に関係はしておりません。その分、若い世代の出産の分が社会保険の方だということです。ですから国民健康保険の対象者は昨年、一昨年と比べて5,700名でしたか、その分の、余り人数は変わっておりません。ですから出産は昨年も多かったんですけれども、社会保険の方がふえているということだと思っております。以上です。



◆我謝孟範議員

 じゃあ、歳入の保険税が424万3,000円増額したのは、一般の会社員が定年退職なされて、結果的には国民健康保険に加入して、それの増ということですよね。であれば、これは今、社会保険と国保、何対何になっていて、将来、高齢化社会を迎えていきますが、例えば5年先、10年先を見越して、国保会計の状況をどういうふうに捉えて、これは感想なんですが、課長の思いは、今後こういうふうに変化していくのではないかということがあると思うんですが、もしその辺、感じとられている面があれば答弁をなされてもらいたい。

 それから療養諸費と高額療養費が減額になっているんですが、これの減額の大きな原因はどこにあるのか。皆さんが方が事前に予防している事業が結果的に功を奏しているのか、それとも町民の皆さんが自主的に健康になって、結果的には医者にかからない方々がふえているのか、この減はどういうふうに捉えているのか、その点だけ課長のできる範囲で答弁なされてください。



◎健康保険課長(辺土名彬)

 それでは我謝孟範議員の再質疑にお答えいたします。将来につきましては、今、65歳の、団塊の世代の方たちが後期高齢にいくまでずっと国保のほうでふえていくと言われております。平成30年から35年ぐらいがピークになるだろうと言われております。ですから、その分、国保の財政も圧迫するかと思っておりますけれども、ただ、先ほど我謝孟範議員もおっしゃっていましたけれども、療養費のほうが幾分落ちてきております。その分、町民の健康に対する意識が変わってきていると思っております。それは実は、今回医療費の療養諸費の一般のほうで月に1億円を超えたことが3回ございましたけれども、これはなかなかないものなんですけれども、それ以後はずっと落ち着いてきて、逆に下がっている傾向にあります。特に去年の後半でしたらインフルエンザとかが流行っていたんですけれども、それにつきましてもそれほど療養諸費は、例年に比べると上がっていないという状況です。特定健診とか保健指導の中で、腎疾患にならないような予防もさせておりますので、その効果もだんだんあらわれてきているのではないかと思っております。やはり腎疾患になりますと、人工透析と結びついていきますので、1人600万円、10名いれば6,000万円ですので、今、与那原町でも人工透析の方は多いほうだと聞いておりますので、その方たちが人工透析にいかないで、腎疾患でよくなっていくという傾向がありますし、そういうふうに力を入れておりますので、その成果のあらわれだと思っております。社会保険との比率はこちらのほうでは把握していないんですけれども、人口から言いますと、国保世帯が41.4%ですので、大体同じぐらいになるかと思っております。以上です。



○議長(識名盛紀)

 ほかに質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第10号は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 異議なしと認めます。したがって議案第10号は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第10号・平成26年度与那原町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)を採決します。この採決は、起立により行います。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

〔起立全員〕



○議長(識名盛紀)

 起立全員です。したがって本案は、原案のとおり可決されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時46分 休憩午後2時46分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。

 日程第3.議案第11号・平成26年度与那原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第11号



平成26年度与那原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)

 平成26年度与那原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算の補正)

第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,814千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ116,784千円とする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」による。


平成27年3月9日          与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────


第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
歳 入                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃1 後期高齢者医療保険料 │             │   79,235│    3,259│   82,494┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 後期高齢者医療保険料 │   79,235│    3,259│   82,494┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃5 繰    越    金│             │      1│     555│     556┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 繰    越    金│      1│     555│     556┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   入   合   計       │   112,970│    3,814│   116,784┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛


歳 出                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃1 総    務    費│             │    4,674│      0│    4,674┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 総  務  管  理  費│    4,445│      0│    4,445┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃2 後期高齢者医療広域連合│             │   107,775│    3,688│   111,463┃
┃  納    付    金│             │      │      │      ┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 後期高齢者医療広域連合│   107,775│    3,688│   111,463┃
┃             │  納    付    金│      │      │      ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃4 予    備    費│             │     280│     126│     406┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 予    備    費│     280│     126│     406┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   出   合   計       │   112,970│    3,814│   116,784┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第11号・平成26年度与那原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)について提案理由を御説明申し上げます。今回の補正額は、歳入歳出それぞれ3,814千円を追加して、補正後の歳入歳出予算総額は116,784千円となります。

 担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎健康保険課長(辺土名彬)

 それでは平成26年度与那原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を提案するに当たり、その概要を説明いたします。今回の補正においては、歳入歳出予算ともそれぞれ3,814千円を追加し、補正後の予算総額は116,784千円となっております。

 歳入から順に御説明いたします。

歳入

第1款 後期高齢者医療保険料で、3,259千円の増となっております。

第5款 繰越金で、555千円の増となっております。

 次に歳出について御説明いたします。

歳出

第2款 後期高齢者医療広域連合納付金で、3,688千円の増となっております。

第4款 予備費で、126千円の増となっております。

 以上です。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第11号は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 異議なしと認めます。したがって議案第11号は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第11号・平成26年度与那原町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を採決します。この採決は、起立により行います。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

〔起立全員〕



○議長(識名盛紀)

 起立全員です。したがって本案は、原案のとおり可決されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第4.議案第12号・平成26年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第12号



平成26年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)

 平成26年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。



 (歳入歳出予算の補正)

第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,700千円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ590,685千円とする。

2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (地方債の補正)

第2条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことのできる地方債の変更は、「第2表 地方債の補正」による。


平成27年3月9日          与那原町長 古 堅 國 雄


─────────────────────────────────────────
第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
歳 入                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃1 使用料及び手数料   │             │   68,021│     300│   68,321┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 使    用    料│   67,860│     300│   68,160┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃3 繰    入    金│             │   171,000│  △ 1,800│   169,200┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 一 般 会 計 繰 入 金 │   171,000│  △ 1,800│   169,200┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃6 町         債│             │   144,800│  △ 1,200│   143,600┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 町         債│   144,800│  △ 1,200│   143,600┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   入   合   計       │   593,385│  △ 2,700│   590,685┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛


歳 出                                        (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │  補正額  │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃1 公 共 下 水 道 費│             │   439,228│   △ 879│   438,349┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 公 共 下 水 道 費│   439,228│   △ 879│   438,349┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃2 公    債    費│             │   154,080│  △ 1,821│   152,259┃
┃             ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃             │1 公    債    費│   154,080│  △ 1,821│   152,259┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃       歳   出   合   計       │   593,385│  △ 2,700│   590,685┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛


第2表  地 方 債 の 補 正
                                            (単位:千円)
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━┓
┃        │      限 度 額      │        │     │       ┃
┃  起債の目的  ├─────┬─────┬─────┤  起債の方法  │ 利 率 │ 償還の方法 ┃
┃        │補正前の額│ 補 正 額 │  計  │        │     │       ┃
┠────────┼─────┼─────┼─────┼────────┼─────┼───────┨
┃        │     │     │     │(借入方法)  │ 年5%以│償還期間、据置┃
┃        │     │     │     │証書借入又は証券│内。   │期間等について┃
┃        │     │     │     │発行による。発行│但し、利率│は、特別の融資┃
┃        │     │     │     │価格が額面金額を│見直し方式│条件のあるもの┃
┃        │     │     │     │下回るときは、そ│で借入れる│を除き、据置期┃
┃下水道整備事業債│  135,600│     0│  135,600│の発行差額をうめ│政府資金及│間を含め30年以┃
┃        │     │     │     │るため必要な金額│び公営企業│内とする。  ┃
┃        │     │     │     │をこれに加算した│等金融機構│償還方法は、元┃
┃        │     │     │     │金額とすることが│資金につい│金均等又は元利┃
┃        │     │     │     │できる。    │て、利率の│均等による。 ┃
┃        │     │     │     │(借入時期)  │見直しを行│但し、財政の都┃
┃        │     │     │     │平成26年度。但し、│った後にお│合により据置期┃
┃        │     │     │     │事業その他の都合│いては当該│間及び償還期間┃
┃        │     │     │     │によりその一部又│見直し後の│を短縮し、もし┃
┃        │     │     │     │は全部を繰り延べ│利率。  │くは繰上償還又┃
┃        │     │     │     │起債することがで│     │は低利に借換え┃
┃        │     │     │     │きる。     │     │することができ┃
┃        │     │     │     │        │     │る。     ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━┓
┃        │      限 度 額      │        │     │       ┃
┃  起債の目的  ├─────┬─────┬─────┤  起債の方法  │ 利 率 │ 償還の方法 ┃
┃        │補正前の額│ 補 正 額 │  計  │        │     │       ┃
┠────────┼─────┼─────┼─────┼────────┼─────┼───────┨
┃流域下水道建設負│   9,200│ △ 1,200│   8,000│同上      │同上   │同上     ┃
┃担金債     │     │     │     │        │     │       ┃
┠────────┼─────┼─────┼─────┼────────┼─────┼───────┨
┃    計    │  144,800│ △ 1,200│  143,600│        │     │       ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第12号・平成26年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)について提案理由を御説明申し上げます。今回の補正額は、歳入歳出それぞれ270万円を減額して、補正後の歳入歳出予算総額は5億9,068万5千円となります。

 担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(識名盛紀)

 暫時休憩します。

午後2時51分 休憩午後2時51分 再開



○議長(識名盛紀)

 再開します。



◎上下水道課長(石川毅)

 議案第12号・平成26年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)について、その概要を御説明いたします。

 今回の補正は、歳入歳出ともそれぞれ270万円を減額し、補正後の予算総額は、歳入歳出それぞれ5億9,068万5千円となります。

 歳入については、

第1款 使用料及び手数料で、30万円の増となっております。その内訳としまして第1項第1目第2節の滞納繰越分の増となっております。

第3款 繰入金で、180万円の減となっております。その内訳としまして第1項第1目第1節の一般会計繰入金の減となっております。

第6款 町債で、120万円の減となっております。その内訳といたしまして第1項第2目第1節の流域下水道建設負担金の減となっております。

 歳出については、

第1款 公共下水道費で、87万9千円の減となっております。その内訳といたしまして第1項第3目下水道整備費、第3節の職員手当等で6万円の増、第19節の負担金補助及び交付金の中城湾南部流域下水道建設負担金で、93万9千円の減となっております。

第2款 公債費で、182万1千円の減となっております。その内訳といたしまして第1項第2目第23節の償還金利子及び割引料の減となっております。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第12号は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 異議なしと認めます。したがって議案第12号は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第12号・平成26年度与那原町公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)を採決します。この採決は、起立により行います。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

〔起立全員〕



○議長(識名盛紀)

 起立全員です。したがって本案は、原案のとおり可決されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 日程第5.議案第13号・平成26年度与那原町水道事業会計補正予算(第3号)を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

─────────────────────────────────────────



△議案第13号



平成26年度与那原町水道事業会計補正予算(第3号)

 地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第24条第2項の規定により、別紙のとおり提出しますので議会の議決を求めます。



 平成27年3月9日提出



与那原町長 古 堅 國 雄



平成26年度与那原町水道事業会計補正予算(第3号)

第1条 平成26年度与那原町水道事業会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。



第2条 平成26年度与那原町水道事業会計予算第3条に定めた収益的収入および支出の予定額を、次のとおり補正する。

 収益的収入および支出(第3条予算)


 収 入                                       単位:千円
┏━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃      科 目      │   既決予定額   │   補正予定額   │    計    ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃第1款 水道事業収益    │      445,453 │       2,131 │     447,584 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第1項 営業収益     │      420,707 │     △ 5,700 │     415,007 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第2項 営業外収益    │      24,744 │       7,831 │     32,575 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第3項 特別利益     │         2 │         0 │        2 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛

 支 出                                       単位:千円
┏━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃      科 目      │   既決予定額   │   補正予定額   │    計    ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃第1款 水道事業費用    │      454,565 │     △ 12,307 │     442,258 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第1項 営業費用     │      436,869 │     △ 12,307 │     424,562 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第2項 営業外費用    │      11,960 │         0 │     11,960 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第3項 特別損失     │        736 │         0 │       736 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第4項 予備費      │       5,000 │         0 │      5,000 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛

第3条 平成26年度与那原町水道事業会計予算第4条に定めた資本的収入および支出の予定額を、次のとおり補正する。
 資本的収入および支出(第4条予算)
 収 入                                       単位:千円
┏━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃      科 目      │   既決予定額   │   補正予定額   │    計    ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃第1款 資本的収入     │      26,005 │       1,000 │     27,005 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第1項 企業債      │         1 │         0 │        1 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第2項 国庫補助金    │      26,000 │         0 │     26,000 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第3項 他会計補助金   │         1 │         0 │        1 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第4項 他会計出資金   │         1 │         0 │        1 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第5項 他会計負担金   │         2 │       1,000 │      1,002 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛


 支 出                                       単位:千円
┏━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃      科 目      │   既決予定額   │   補正予定額   │    計    ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃第1款 資本的支出     │      132,694 │     △ 10,150 │     122,544 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第1項 建設改良費    │      114,125 │     △ 10,150 │     103,975 ┃
┠──────────────┼──────────┼──────────┼─────────┨
┃ 第2項 企業債償還金   │      18,569 │         0 │     18,569 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛
─────────────────────────────────────────




◎副町長(照屋勉)

 議案第13号・平成26年度与那原町水道事業会計補正予算(第3号)について提案理由を御説明申し上げます。今回の補正額は、第3条予算の収益的収入で213万1千円の追加、収益的支出で1,230万7千円の減額、第4条予算の資本的収入で100万円の追加、資本的支出で1,015万円の減額となっております。

 担当課長に概要説明をさせた後、詳細につきましては、御質疑により御答弁申し上げたいと思います。慎重なる御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げます。



◎上下水道課長(石川毅)

 では、議案第13号・平成26年度与那原町水道事業会計補正予算(第3号)につきまして、その概要を御説明いたします。

 今回の補正予算は、3条予算収益的収入の水道事業収益で、213万1千円を増額し、補正後の予算額は4億4,758万4千円となっています。また、3条予算収益的支出の水道事業費用で、1,230万7千円を減額し、補正後の予算額は4億4,225万8千円となっております。

 4条予算資本的収入では、100万円を増額し、補正後の予算額は2,700万5千円となり、4条予算資本的支出で1,015万円を減額し、補正後の予算額は1億2,254万4千円となります。

3条予算

 水道事業収益で、213万1千円の増

  その内訳は、第1款第1項営業収益で570万円の減、第1款第2項営業外収益で783万1千円の増額を予定しています。

 水道事業費用で、1,230万7千円の減

  その内訳は、第1款第1項営業費用で1,230万7千円の減額を予定しています。

4条予算

 資本的収入で100万円の増

  その内訳は、第1款第5項他会計負担金で100万円の増額を予定しています。

 資本的支出で1,015万円の減

  その内訳は、第1款第1項建設改良費で1,015万円の減額を予定しています。

 以上でございます。



○議長(識名盛紀)

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑は、歳入歳出一括して行います。質疑を許します。質疑ありませんか。

〔「質疑なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第13号は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 異議なしと認めます。したがって本案は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。討論はありませんか。

〔「討論なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(識名盛紀)

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第13号・平成26年度与那原町水道事業会計補正予算(第3号)を採決します。この採決は、起立により行います。

 お諮りします。本案は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

〔起立全員〕



○議長(識名盛紀)

 起立全員です。したがって本案は、原案のとおり可決されました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ * ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



○議長(識名盛紀)

 以上で本日の日程は、全部終了しました。

 本日は、これで散会します。

 なお、明日は午前10時から会議を開きます。御苦労さまでした。

午後2時59分 散会