議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 西原町

平成25年  5月 臨時会(第3回) 05月29日−01号




平成25年  5月 臨時会(第3回) − 05月29日−01号









平成25年  5月 臨時会(第3回)





平成25年第3回西原町議会臨時会議事日程
5月29日(水) 午前10時 開会


日程
番号
事件番号
事件名



 
◇会議録署名議員の指名



 
◇会期の決定の件



議案第34号
◇平成25年度西原町国民健康保険特別会計補正予算について



同意第4号
◇西原町固定資産評価員の選任について



承認第1号
◇専決処分の承認を求めることについて(西原町税条例の一部を改正する条例)



承認第2号
◇専決処分の承認を求めることについて(西原町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)



意見書第8号
◇名護市辺野古沖公有水面埋め立て申請に対して、知事の不許可を求める意見書



意見書第9号
◇MV22オスプレイ配備に強く反対し、落下傘訓練の民間地着地に抗議する意見書





平成25年第3回西原町議会臨時会会議録


招集年月日
平成25年5月29日(水)


招集の場所
西原町議会議事堂


開会等日時及び宣告
開会 5月29日 午前10時00分
閉会 5月29日 午前10時26分
議長  儀間信子


出席議員
議席番号
氏名
議席番号
氏名


1番
新川喜男
2番
上里善清


3番
喜納昌盛
4番
大城誠一


5番
伊波時男
6番
長浜ひろみ


7番
宮里芳男
8番
呉屋 悟


9番
大城清松
10番
仲宗根健仁


11番
城間義光
12番
大城好弘


13番
与那嶺義雄
14番
伊礼一美


15番
宮城秀功
16番
仲松 勤


17番
有田 力
18番
前里光信


19番
儀間信子
 
 


欠席議員
 
 
 
 


会議録署名議員
16番
仲松 勤
17番
有田 力


職務のため出席した事務局職員の職、氏名
事務局長
喜屋武良則
書記
新川高志


説明のため出席した者の職、氏名
町長
上間 明
副町長
崎原盛秀


教育長
小橋川 明
総務部長
屋良朝則


福祉部長
喜納昌義
建設部長
呉屋勝司


教育部長
新垣洋子
総務課長兼選挙管理委員会事務局長
大城 安


企画財政課長
新城 武
健康推進課長
與那嶺 武


税務課長
花城清紀
 
 





○議長(儀間信子) 

 ただいまから平成25年第3回西原町議会臨時会を開会します。

 本日の会議を開きます。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(儀間信子) 

 日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、16番仲松 勤議員及び17番有田 力議員を指名します。



△日程第2 会期の決定の件



○議長(儀間信子) 

 日程第2.会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日5月29日の1日限りにしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって会期は、本日1日限りと決定しました。



△日程第3 議案第34号 平成25年度西原町国民健康保険特別会計補正予算について



○議長(儀間信子) 

 日程第3.議案第34号・平成25年度西原町国民健康保険特別会計補正予算についてを議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 副町長。



◎副町長(崎原盛秀) 

 おはようございます。議案第34号・平成25年度西原町国民健康保険特別会計補正予算について、提案理由を御説明申し上げます。

 今回の補正予算は、平成24年度西原町国民健康保険特別会計予算において、歳入歳出が歳出予算に対し不足する額を地方自治法施行令第166条の2の規定により、平成25年度の歳入をもって繰り上げ充用するための第1号補正であります。

 歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ9億7,839万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ57億5,495万2,000円に改めたいと思います。

 歳入歳出補正予算の内容について御説明申し上げます。5ページをお開きください。歳入の10款諸収入、3項雑入は9億7,839万3,000円の増額で、歳入欠かん補てん収入となっております。

 6ページをお開きください。歳出の13款1項繰上充用金は9億7,839万3,000円の増額で、平成24年度の収支不足を補てんするための繰上充用金であります。昨年度の累積赤字額が7億4,211万6,067円となっておりますので、その差は2億3,627万6,933円の増加となっております。

 その主な要因といたしまして、長引く経済不況により保険税収が伸び悩む一方で、高齢化により医療費が年々増加していることと、介護納付金や後期高齢者支援金等の負担増が主な要因と考えられます。

 以上が提案理由の内容であります。御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(儀間信子) 

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     進行(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております議案第34号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって議案第34号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 討論なしと認めます。

 これから議案第34号についてを採決します。

 お諮りします。

 本案については、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって議案第34号・平成25年度西原町国民健康保険特別会計補正予算については、原案のとおり可決されました。



△日程第4 同意第4号 西原町固定資産評価員の選任について



○議長(儀間信子) 

 日程第4.同意第4号・西原町固定資産評価員の選任についてを議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(上間明) 

 おはようございます。同意第4号・西原町固定資産評価員の選任につきましては、地方税法第404条第2項の規定により、議会の同意を求めるものであります。

 評価員に、中城村字伊集128番地、現税務課長の花城清紀を選任したいと考えております。固定資産評価員は町長の指揮を受けて、固定資産を適正に評価するとともに、町長が行うその価額の決定を補助するために設置されておりますが、本町におきましては、これまで税務課長がその職務を併任することにしております。

 そこで去る4月1日に定期の人事異動により、花城清紀が税務課長に就任しましたので、本臨時会においてその同意を求めるものであります。

 以上が提案の理由であります。よろしく御審議のほど、お願い申し上げます。



○議長(儀間信子) 

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     進行(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております同意第4号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって同意第4号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 討論なしと認めます。

 これから同意第4号についてを採決します。

 お諮りします。

 本案については、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって同意第4号・西原町固定資産評価員の選任については、同意することに決定しました。



△日程第5 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(西原町税条例の一部を改正する条例)



○議長(儀間信子) 

 日程第5.承認第1号・専決処分の承認を求めることについて(西原町税条例の一部を改正する条例)を議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 副町長。



◎副町長(崎原盛秀) 

 承認第1号・専決処分の承認を求めることについて(西原町税条例の一部を改正する条例)、提案理由を御説明申し上げます。

 本条例の改正につきましては、地方税法の一部を改正する法律が、平成25年3月30日に公布され、同年4月1日から施行されることに伴い、西原町税条例の一部を改正する条例も同日から施行する必要が生じましたが、緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないと認め、地方自治法第179条第1項の規定により、平成25年3月31日付で専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により御報告を申し上げます。

 現下の経済情勢等を踏まえ、成長と富の創出の好循環を実現するなどの観点から、個人住民税の住宅借入金と特別控除等の延長、拡充並びに東日本大震災に係る津波により被害を受けた土地及び家屋に係る固定資産税の課税免除等の措置の延長等の改正並びに延滞金等の見直しを行うほか、税負担軽減措置等の整理合理化等を行う内容であります。それではこの条例の改正点の主な内容について御説明申し上げます。

 まず、町税条例第4条の改正は、経済社会の構造の変化に対応した税制の構築を図るための地方税法及び地方法人特別税法に関する暫定措置法の一部を改正する法律の公布に伴い、地方税法第18条の4第1項行政手続法の適用除外が改正され、平成25年1月1日から西原町行政手続条例第2表の第8条理由の提示及び第3章の第14条不利益処分の理由の提示が適用除外から除かれたための改正であります。

 次に、町税条例第54条の改正は、地方税法第343条固定資産税の納税義務者等の第6項の改正に伴い、字句を削除するものであります。

 町税条例第131条第4項の改正は、旧独立行政法人緑資源機構法第11条第1項第7号イの事業の廃止に伴う字句の削除であります。

 附則第2条の2の改正は、延滞金の割合等の特例、第1項及び第2項とも国税の見直しに合わせ、地方税に係る延滞金、還付加算金の利率を下げるものの改正であり、平成26年1月1日以後の期間に対応する延滞金等について適用されます。

 附則第2条の2の2の改正は、納期限の延長に係る延滞金の特別期間から除外することと字句の改正であります。

 附則第2条の2の3の改正は、地方税法附則第3条の2の4が改正されたことによる字句の訂正であります。

 附則第3条の3の2第1項の改正は、住宅借入金等を有する場合の個人の町民税の特別控除額控除についての改正で、地方税法附則第5条の4の2第5項が第6項に繰り下がり、居住年を4年延長して平成29年まで、適用年度を4年延長して平成39年度まで改正する内容であります。

 附則第8条の2の改正は、用途変更宅地及び類似用途変更住宅等に対して課する固定資産税に関する特例の改正であります。

 附則第13条の2第3項の改正は、地方税法附則第34条の2の改正に伴う字句の訂正であります。

 附則第15条の2の改正は、地方税法附則第44条第1項の全部改正並びに第2項が新たに追加され、第3項が一部の字句を訂正する改正であります。

 附則第16条の改正は、地方税法附則第5条の4の2個人の道府県民税及び市町村民税の住宅借入金等特別税額控除第4項の追加、地方税法附則第45条東日本大震災に係る住宅借入金等特別税額控除の適用期間等の特例、第3項及び第6項が追加改正されたことに伴う引用条項の繰り下がりによる字句の訂正であります。

 次に、附則でありますが、第1条でこの条例の施行日を規定しておりますが、第2条で延滞金に関する経過措置、第3条で町民税に関する経過措置、第4条で固定資産税に関する経過措置を定めております。

 以上が主な改正の内容であります。どうぞ御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。



○議長(儀間信子) 

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

     進行(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております承認第1号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって承認第1号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 討論なしと認めます。

 これから承認第1号についてを採決します。

 お諮りします。

 本案については、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって承認第1号・専決処分の承認を求めることについて(西原町税条例の一部を改正する条例)は、承認することに決定しました。



△日程第6 承認第2号 専決処分の承認を求めることについて(西原町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)



○議長(儀間信子) 

 日程第6.承認第2号・専決処分の承認を求めることについて(西原町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 副町長。



◎副町長(崎原盛秀) 

 承認第2号・専決処分の承認を求めることについて(西原町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)、提案理由を御説明申し上げます。

 今回の改正は、地方税法等の一部を改正する法律が平成25年3月28日に公布され、同年4月1日から施行されることに伴い、西原町国民健康保険税条例の一部改正が必要となりました。緊急を要するため、議会を招集する時間的余裕がないと認め、地方自治法第179条第1項の規定により、平成25年3月31日付で専決処分をしたので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めたいと思います。

 なお、今回の改正内容は、国民健康保険の被保険者であった者が、後期高齢者医療制度へ移行する場合について、国民健康保険税の軽減判定所得の算定を恒久化することと、特定世帯に係る世帯別平等割額を最初の5年間2分の1減額する現行措置に加え、その後、3年間4分の1減額する措置を講じるための改正であります。

 以上が提案理由の内容であります。よろしく御審議のほど、お願い申し上げます。



○議長(儀間信子) 

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

     進行(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております承認第2号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって承認第2号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 討論なしと認めます。

 これから承認第2号についてを採決します。

 お諮りします。

 本案については、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって承認第2号・専決処分の承認を求めることについて(西原町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)は、承認することに決定しました。



△日程第7 意見書第8号 名護市辺野古沖公有水面埋め立て申請に対して、知事の不許可を求める意見書



○議長(儀間信子) 

 日程第7.意見書第8号・名護市辺野古沖公有水面埋め立て申請に対して、知事の不許可を求める意見書を議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 8番呉屋 悟議員。



◆8番(呉屋悟議員) 

 皆さんおはようございます。意見書第8号・名護市辺野古沖公有水面埋め立て申請に対して、知事の不許可を求める意見書。上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条第2項の規定により、提出者 呉屋 悟、賛成者 伊礼一美議員、仲宗根健仁議員で提出を行います。

 提案理由、本文についてはお配りしたとおりでありますので、求める事項について読み上げて提案とさせていただきます。

 1、知事は、普天間飛行場の辺野古沖移設に向けた公有水面埋め立て申請書を不許可とすること。2、知事は、日米両政府に対して、普天間飛行場の辺野古移設計画の撤回を求めること。3、知事は、日米両政府に対して、普天間飛行場の早期閉鎖・無条件返還を求めること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。2013年5月29日、沖縄県西原町議会。

 あて先は、沖縄県知事。以上であります。



○議長(儀間信子) 

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     進行(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております意見書第8号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって意見書第8号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 討論なしと認めます。

 これから意見書第8号についてを採決します。

 お諮りします。

 本案については、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって意見書第8号・名護市辺野古沖公有水面埋め立て申請に対して、知事の不許可を求める意見書は、原案のとおり可決されました。



△日程第8 意見書第9号 MV22オスプレイ配備に強く反対し、落下傘訓練の民間地着地に抗議する意見書



○議長(儀間信子) 

 日程第8.意見書第9号・MV22オスプレイ配備に強く反対し、落下傘訓練の民間地着地に抗議する意見書を議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 8番呉屋 悟議員。



◆8番(呉屋悟議員) 

 意見書第9号・MV22オスプレイ配備に強く反対し、落下傘訓練の民間地着地に抗議する意見書。上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条第2項の規定により、提出者 呉屋 悟、賛成者 伊礼一美議員、仲宗根健仁議員により提出いたします。

 提案理由、意見書の内容については、お手元に配付した資料のとおりでありますので、求める事項について読み上げ、提案とさせていただきます。

 1、欠陥機MV22オスプレイを即時撤去すること。2、欠陥機MV22オスプレイの県内での訓練を即刻中止すること。3、在沖米軍占用施設の早期の整理縮小・撤去を行うこと。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。2013年5月29日、沖縄県西原町議会。

 あて先、内閣総理大臣、防衛大臣、外務大臣。以上であります。



○議長(儀間信子) 

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

     進行(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております意見書第9号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって意見書第9号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 討論なしと認めます。

 これから意見書第9号についてを採決します。

 お諮りします。

 本案については、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって意見書第9号・MV22オスプレイ配備に強く反対し、落下傘訓練の民間地着地に抗議する意見書は、原案のとおり可決されました。

 お諮りします。

 会議規則第45条の規定により、本臨時会において議決されました事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって本臨時会において議決されました事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに決定しました。

 これで本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成25年第3回西原町議会臨時会を閉会します。



△閉会(午前10時26分)

                         平成25年5月29日

 地方自治法第123条第2項の規定により、署名する。

    西原町議会議長 儀間信子

       署名議員 仲松 勤

       署名議員 有田 力