議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 西原町

平成25年  2月 臨時会(第1回) 02月15日−01号




平成25年  2月 臨時会(第1回) − 02月15日−01号









平成25年  2月 臨時会(第1回)





平成25年第1回西原町議会臨時会議事日程
2月27日(水) 午前10時 開会


日程番号
事件番号
事件名



 
◇会議録署名議員の指名



 
◇会期の決定の件



発議第1号
◇西原町議会会議規則の一部を改正する規則について



発議第2号
◇西原町議会委員会条例の一部を改正する条例について



議案第1号
◇西原町議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例について



報告第1号
◇専決処分の報告について(坂田第1処理分区枝線工事〔その2〕)



報告第2号
◇専決処分の報告について(呉屋処理分区枝線工事〔その11〕)



報告第3号
◇専決処分の報告について(呉屋処理分区枝線工事〔その10〕)





平成25年第1回西原町議会臨時会会議録


招集年月日
平成25年2月27日(水)


招集の場所
西原町議会議事堂


開会等日時及び宣告
開会 2月27日 午前10時00分
閉会 2月27日 午前10時25分
議長  儀間信子


出席議員
議席番号
氏名
議席番号
氏名


1番
新川喜男
2番
上里善清


3番
喜納昌盛
4番
大城誠一


5番
伊波時男
6番
長浜ひろみ


7番
宮里芳男
8番
呉屋 悟


9番
大城清松
10番
仲宗根健仁


11番
城間義光
12番
大城好弘


13番
与那嶺義雄
14番
伊礼一美


15番
宮城秀功
16番
仲松 勤


17番
有田 力
18番
前里光信


19番
儀間信子
 
 


欠席議員
 
 
 
 


 
 
 
 


会議録署名議員
12番
大城好弘
13番
与那嶺義雄


職務のため出席した事務局職員の職、氏名
事務局長
喜屋武良則
書記
新川高志


説明のため出席した者の職、氏名
町長
上間 明
副町長
崎原盛秀


教育長
波平常則
総務部長
小橋川 明


福祉部長
喜納昌義
建設部長
呉屋勝司


教育部長
屋良朝則
総務課長兼選挙管理委員会事務局長
新垣洋子


企画財政課長
新城 武
上下水道課長
玉那覇満彦





○議長(儀間信子) 

 ただいまから平成25年第1回西原町議会臨時会を開会します。

 本日の会議を開きます。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(儀間信子) 

 日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、12番大城好弘議員及び13番与那嶺義雄議員を指名します。



△日程第2 会期の決定の件



○議長(儀間信子) 

 日程第2.会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日2月27日の1日限りにしたいと思いますが、御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって会期は、本日1日限りと決定しました。



△日程第3 発議第1号 西原町議会会議規則の一部を改正する規則について



○議長(儀間信子) 

 日程第3.発議第1号・西原町議会会議規則の一部を改正する規則についてを議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 議会運営委員長。



◆議会運営委員長(伊礼一美) 

 おはようございます。発議第1号・西原町議会会議規則の一部を改正する規則について。上記の議案を、別紙のとおり地方自治法第109条の2第5項及び会議規則第14条第3項の規定により提出します。提出者、西原町議会運営委員会委員長伊礼一美。

 発議第1号・西原町議会会議規則の一部を改正する規則について、提案理由を説明いたします。平成24年9月5日に公布された地方自治法の一部を改正する法律により、本会議においても公聴会の開催、参考人の招致をすることができることに改正されたことを受けて、西原町議会会議規則に公聴会の開催の手続、参考人に関する手続等を規定するための規則改正であります。

 改正の内容は、目次において、第14章公聴会、第15章に参考人を新たに規定し、現行の第14章の会議録から第17章の補則を2章ずつ繰り下げております。

 条文においては、第17条と第73条の改正は、法の引用条項の変更による所用の規定整備です。また第14章に公聴会の開催手続等、公聴会に関する事項を第117条から第122条までに規定し、第15章に参考人の招致に関する事項を第123条に規定しております。

 これらの新たな規定に伴い、現行の第117条から第123条は、第124条から第130条に7条ずつ繰り下げております。

 以上が提案理由と主な内容であります。御審議のほどをよろしくお願い申し上げます。



○議長(儀間信子) 

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

     進行(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 討論なしと認めます。

 これから発議第1号についてを採決します。

 お諮りします。

 本案については、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって発議第1号・西原町議会会議規則の一部を改正する規則については、原案のとおり可決されました。



△日程第4 発議第2号 西原町議会委員会条例の一部を改正する条例について



○議長(儀間信子) 

 日程第4.発議第2号・西原町議会委員会条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 本件について、提案理由の説明を求めます。

 議会運営委員長。



◆議会運営委員長(伊礼一美) 

 発議第2号・西原町議会委員会条例の一部を改正する条例について。上記の議案を、別紙のとおり地方自治法第109条の2第5項及び会議規則第14条第3項の規定により提出します。提出者、西原町議会運営委員会委員長伊礼一美。

 発議第2号・西原町議会委員会条例の一部を改正する条例について、提案理由を説明いたします。平成24年9月5日に公布された地方自治法の一部を改正する法律を受け、西原町議会委員会条例の一部を改正する必要が生じております。その改正を含め、委員会の審議能力を強化するために、常任委員の任期を2年と規定しているところを、議員の任期中在任するに改正し、任期満了による常任委員の選任を実質不要とする改正であります。新旧対照表に基づいて説明いたします。

 第3条において、委員の任期を議員の任期中在任すると改めております。それにより任期満了の概念がなくなり、議員の任期の間、委員の任期であることを規定しています。

 それに伴い現行の第4条は、任期の起算、任期満了に関する規定でありますので削り、第4条の2、議会運営委員会の設置に関する規定を整備し、繰り上げて第4条とします。

 第7条第1項、第2項及び第3項の規定は、法改正により条例に委任されたため規定しております。現行の第2項と第4項の規定は、任期満了と補欠委員の残任期間に関する規定でありますので削り、第1項を第4項に、第3項を第5項に繰り下げて規定しております。

 以上が提案理由と主な内容であります。御審議のほどをよろしくお願い申し上げます。



○議長(儀間信子) 

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

     進行(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 討論なしと認めます。

 これから発議第2号についてを採決します。

 お諮りします。

 本案については、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって発議第2号・西原町議会委員会条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。

 休憩します。



△休憩 午前10時08分



△再開 午前10時08分



○議長(儀間信子) 

 再開します。



△日程第5 議案第1号 西原町議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例について



○議長(儀間信子) 

 日程第5.議案第1号・西原町議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 本件について、提案理由の説明を求めます。

 副町長。



◎副町長(崎原盛秀) 

 議案第1号・西原町議会政務調査費の交付に関する条例(平成13年西原町条例第3号)の一部を改正する条例について、提案理由を御説明申し上げます。

 平成24年9月5日、地方自治法の一部を改正する法律が公布されたことにより、法第100条第14項の規定中「政務調査費」が「政務活動費」に名称が変わり、交付の範囲が拡大され、政務活動費を充てることができる経費の範囲を条例で定める必要があること。また法第100条第16項において、議長は、政務活動費の透明性の確保に努めるものとすると規定されたことにより、西原町議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する必要があります。

 それでは条例改正の主な内容を御説明申し上げます。政務調査費が政務活動費に名称が変わったため、条例の名称を「西原町議会政務調査費の交付に関する条例」から「西原町議会政務活動費の交付に関する条例」に改め、各条において「政務調査費」の文言を「政務活動費」に改めております。

 第1条は、法改正による引用条項の整理と政務活動費の趣旨にのっとった整備であります。

 第7条の改正は、これまでは政務調査費を規則に定める使途基準に従い、使用する規定でありましたが、今回の法改正により、条例に定めなければならないため、政務活動費を充てることができる経費の範囲を規定しております。

 第9条は、議長の調査権を規定しております。

 この条例は、平成25年3月1日から施行したいと考えております。

 以上が提案理由と主な内容であります。御審議のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(儀間信子) 

 これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

 休憩します。



△休憩 午前10時12分



△再開 午前10時12分



○議長(儀間信子) 

 再開します。

 16番仲松 勤議員。



◆16番(仲松勤議員) 

 議案第1号ですけれども、地方自治法の改正によって議会の「政務調査費」が「政務活動費」の名称に変わったということで、議会において個々の議員においてこの活動範囲に対して大きく拡充されたと言っていいと思います。基本的に第7条のところに、政務活動費を議員が実施する調査研究、研修、広報・広聴、要請陳情、住民相談、各会議への参加等、町政の課題及び町民の意思を把握し、町政に反映させる活動、その他の住民福祉の増進を図るために必要な活動の事項において要する経費に対して交付をすると。これは基本的にこれまでの私たちが政務調査費と言われた範囲を非常に拡充され、大きな成果が得るものだと考えております。そういう中で研修費にしてもしかりでありますし、それから事務所費についても、議員が行う活動のための必要な事務所の処置及び管理に関する経費などについても非常に拡充されたということは議員個々としても大変拡充においては喜ばしいことであり、それから活動に対して大きな期待を持っているあらわれだと思っています。しかしながら拡充されている条件の中で、我が西原町においてはまだ年間の政務活動費が月1万円の12万円という状況にあると。ところがその政務活動費が拡充されたという中では大いに活動していただきたいということが込められているわけでありますので、それの裏づけとしての予算措置、政務活動費に対しての現状と、そしてまた大いに期待をするという意味の中で、町長からその政務活動費の予算についての現状が妥当であるのかどうなのか。予算拡大を考えていくことも、次年度からの予算の中で考えていらっしゃるのかどうかお聞きをしたいと思っております。

 それから資料の7ページですけれども、これは政務活動費に対する経費の明細を、7ページにおきまして詳しく書いてありますけれども、その中の研修費のところで2番目に「団体等が開催する研修会(視察を含む。)」その後に「後援会」という、この「後援会」というのは、多分に私は誤字であって、ごんべんの「講演会」ではないかと思うのでありますけれども、これはいかがなものでしょうか。まずお聞かせください。



○議長(儀間信子) 

 総務部長。



◎総務部長(小橋川明) 

 お答えします。政務調査費の件でありますけれども、平成25年度の予算については、定例議会のほうで提案する予定でありますけれども、今のところ増額は考えておりません。



○議長(儀間信子) 

 総務課長。



◎総務課長(新垣洋子) 

 お答えします。7ページの研修費のところなんですけれども、御指摘のとおり「後援会」は誤字になっております。ごんべんの「講演会」が正しいです。よろしくお願いします。



○議長(儀間信子) 

 休憩します。



△休憩 午前10時17分



△再開 午前10時17分



○議長(儀間信子) 

 再開します。

 総務課長。



◎総務課長(新垣洋子) 

 申しわけございません。講演会のコウはごんべんの「講」、エンもさんずいの演奏の「演」、演出の「演」になります。大変申しわけございません。



○議長(儀間信子) 

 しばらく休憩します。



△休憩 午前10時18分



△再開 午前10時19分



○議長(儀間信子) 

 再開します。

 ほかに質疑ありませんか。

     進行(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 ただいま議題となっております議案第1号については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会への付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって議案第1号については、委員会への付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論ありませんか。

     なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 討論なしと認めます。

 これから議案第1号についてを採決します。

 お諮りします。

 本案については、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって議案第1号・西原町議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。



△日程第6 報告第1号 専決処分の報告について(坂田第1処理分区枝線工事〔その2〕)



△日程第7 報告第2号 専決処分の報告について(呉屋処理分区枝線工事〔その11〕)



△日程第8 報告第3号 専決処分の報告について(呉屋処理分区枝線工事〔その10〕)



○議長(儀間信子) 

 日程第6.報告第1号・専決処分の報告について(坂田第1処理分区枝線工事〔その2〕)、日程第7.報告第2号・専決処分の報告について(呉屋処理分区枝線工事〔その11〕)、日程第8.報告第3号・専決処分の報告について(呉屋処理分区枝線工事〔その10〕)を一括して報告を求めます。

 本件について、提案理由の説明を求めます。

 副町長。



◎副町長(崎原盛秀) 

 報告第1号・専決処分の報告について(坂田第1処理分区枝線工事〔その2〕)について御説明申し上げます。

 地方自治法第180条第1項の規定及び平成5年6月30日の議会の議決により、議会の議決を得た工事請負契約について、契約金額の400万円以内の変更については、町における専決処分事項として指定されております。その指定に基づき、平成24年6月21日に議決していただきました坂田第1処理分区枝線工事〔その2〕の工事請負契約につきましては、設計変更により396万円の工事費の増額が生じたため、去る12月14日付で専決処分により変更契約を締結しております。設計変更の主な内容は、事業進捗を図るために管路布設工事の延長を追加したことによるものであります。

 以上、地方自治法第180条第2項の規定により、専決処分の御報告を申し上げます。

 続きまして、報告第2号・専決処分の報告について(呉屋処理分区枝線工事〔その11〕)について御説明申し上げます。

 地方自治法第180条第1項の規定及び平成5年6月30日の議会の議決により、議会の議決を経た工事請負契約について、契約金額の400万円以内の変更については、町における専決処分事項として指定されております。その指定に基づき、平成24年6月21日に議決していただきました呉屋処理分区枝線工事〔その11〕の工事請負契約につきましては、設計変更により340万円の工事費の増額が生じたため、去る12月28日付で専決処分により変更契約を締結しております。

 設計変更の主な内容は、土溝の埋め戻しで当初予定の流用土から購入土への変更によるものであります。

 以上、地方自治法第180条第2項の規定により、専決処分の御報告を申し上げます。

 続きまして、報告第3号・専決処分の報告について(呉屋処理分区枝線工事〔その10〕)について御説明申し上げます。

 地方自治法第180条第1項の規定及び平成5年6月30日の議会の議決により、議会の議決を経た工事請負契約について、契約金額の400万円以内の変更については、町における専決処分事項として指定されております。その指定に基づき、平成24年6月21日に議決していただきました呉屋処理分区枝線工事〔その10〕の工事請負契約につきましては、設計変更により339万1,500円の工事費の増額が生じたため、去る1月8日付で専決処分により変更契約を締結しております。

 設計変更の主な内容は、事業進捗を図るために管路布設工事の延長を追加したことによるものであります。

 以上、地方自治法第180条第2項の規定により、専決処分の報告を申し上げます。



○議長(儀間信子) 

 これで報告を終わります。

 お諮りします。

 会議規則第45条の規定により、本臨時会において議決されました事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに御異議ありませんか。

     異議なし(と言う声あり)



○議長(儀間信子) 

 異議なしと認めます。

 したがって本臨時会において議決されました事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに決定しました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成25年第1回西原町議会臨時会を閉会します。



△閉会(午前10時25分)

                             平成25年2月27日

 地方自治法第123条第2項の規定により、署名する。

    西原町議会議長 儀間信子

       署名議員 大城好弘

       署名議員 与那嶺義雄