議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 北谷町

平成18年  9月 定例会(第314回) 09月28日−01号




平成18年  9月 定例会(第314回) − 09月28日−01号









平成18年  9月 定例会(第314回)



     平成18年第314回北谷町議会定例会会議録(1日目)

  招集日時 平成18年9月28日(木)10時00分

  招集場所 北谷町議会議事堂

    開会 平成18年9月28日(木)10時00分

    散会 平成18年9月28日(木)18時42分

出席議員

   1番 金城紀昭議員

   2番 照屋正治議員

   3番 玉那覇淑子議員

   4番 渡久地政志議員

   5番 目取眞 肇議員

   6番 仲地泰夫議員

   7番 田場健儀議員

   8番 仲村光徳議員

   9番 與那覇美佐子議員

  10番 中村重一議員

  11番 稲嶺盛仁議員

  12番 洲鎌長榮議員

  13番 阿波根 弘議員

  14番 大嶺 勇議員

  15番 新城幸男議員

  16番 安里順一議員

  17番 與儀朝祺議員

  18番 亀谷長久議員

  19番 宮里友常議員

欠席議員

      なし

説明のため出席した者の職氏名

  町長             野国昌春

  助役             源河朝明

  教育長            瑞慶覽朝宏

  総務部長           上間友一

  住民福祉部長         平田 實

  建設経済部長         神山正勝

  教育次長           阿波根 進

  町長室長           屋良奉子

  総務課長           山内盛和

  会計課長           幸地 清

  企画課長           宮城盛善

  情報政策課長         多和田滿夫

  財政課長           稲嶺盛徳

  税務課長           宮城百合子

  住民課長           仲村渠春一

  民生課長           松田つや子

  健康保険課長         大道義光

  環境衛生課長         喜瀬乗了

  経済振興課長         照屋一博

  建設課長           嘉陽田朝正

  都市計画課長         新城 彰

  区画整理課長         仲地 勲

  教育総務課長兼学校給食センター所長

                 謝花良継

  学校教育課長         平 哲夫

  社会教育課長         大城 操

  生涯学習プラザ館長      安次嶺承一

  水道課長           照屋信雄

職務のため出席した事務局職員の職氏名

  議会事務局長    松田 盛

  議事係長      稲嶺盛和

  主任主事      兼島淳子







平成18年第314回北谷町議会定例会議事日程(第1号)

               平成18年9月28日(木)10時00分開会

日程第1 仮議席の指定

日程第2 選挙第1号 議長の選挙







平成18年第314回北谷町議会定例会追加議事日程(第1号の追加1)

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の決定

日程第3 選挙第2号 副議長の選挙

日程第4 議席の指定

日程第5 発議第19号 北谷町議会委員会条例の一部を改正する条例について

日程第6 常任委員の選任

日程第7 議長の常任委員の辞任

日程第8 議会運営委員の選任

日程第9 発議第20号 基地対策特別委員会設置に関する決議

日程第10 発議第21号 議会広報調査特別委員会設置に関する決議

日程第11 選挙第3号 倉浜衛生施設組合議会議員の選挙

日程第12 選挙第4号 比謝川行政事務組合議会議員の選挙

日程第13 選挙第5号 沖縄県介護保険広域連合議会議員の選挙

日程第14 選挙第6号 北谷町育英会理事の互選







平成18年9月28日(木)



△開会(10時00分)



◎松田盛議会事務局長 

 おはようございます。議会事務局長の松田 盛でございます。本定例会は、一般選挙後の最初の議会でございます。議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定によって、出席議員の中で、年長の議員が臨時に議長の職務を行うこととなっております。年長の與儀朝祺議員を御紹介いたします。

 與儀朝祺議員。

    (年長の與儀朝祺議員、議長席に着く)



○與儀朝祺臨時議長 

 おはようございます。御紹介いただきました與儀でございます。先程、議会事務局長から御案内があったとおり、地方自治法第107条の規定によって、臨時に議長の職務を行います。

(開会宣告)



○與儀朝祺臨時議長 

 ただいまから平成18年第314回北谷町議会定例会を開会します。

(開議宣告)



○與儀朝祺臨時議長 

 本日の会議を開きます。



△日程第1 仮議席の指定



○與儀朝祺臨時議長 

 日程第1 仮議席の指定を行います。

 仮議席は、ただいま着席の議席といたします。

 しばらく休憩いたします。

    (正副議長選挙についての協議)



△休憩(10時03分)



△再開(13時34分)



○與儀朝祺臨時議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。



△日程第2 選挙第1号 議長の選挙



○與儀朝祺臨時議長 

 日程第2 選挙第1号 議長の選挙を行います。選挙は、投票で行います。

 議場の出入口を閉めます。

    (議場を閉める)



○與儀朝祺臨時議長 

 ただいまの出席議員は19人です。

 次に、立会人を指名します。

 会議規則第32条第2項の規定によって、立会人に2番 照屋正治議員及び6番 仲地泰夫議員を指名します。

 投票用紙をお配りします。

 念のために申し上げます。投票は、単記無記名です。

    (投票用紙の配付)



○與儀朝祺臨時議長 

 投票用紙の配付漏れは、ありませんか。

    (「配付漏れなし」の声あり)



○與儀朝祺臨時議長 

 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検します。

    (投票箱を開け、全議員の面前に示す)



○與儀朝祺臨時議長 

 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 議会事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、記載台で記載し、順次投票をお願いします。



◎松田盛議会事務局長 

    (点呼、順次投票)

 1番 金城紀昭議員、2番 照屋正治議員、

 3番 玉那覇淑子議員、4番 渡久地政志議員、

 5番 目取眞 肇議員、6番 仲地泰夫議員、

 7番 亀谷長久議員、8番 仲村光徳議員、

 9番 與那覇美佐子議員、10番 中村重一議員、

 11番 稲嶺盛仁議員、12番 宮里友常議員、

 13番 洲鎌長榮議員、14番 大嶺 勇議員、

 15番 新城幸男議員、16番 安里順一議員、

 17番 阿波根 弘議員、18番 田場健儀議員、

 19番 與儀朝祺議員。



○與儀朝祺臨時議長 

 投票漏れは、ありませんか。

    (「投票漏れなし」の声あり)



○與儀朝祺臨時議長 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 開票を行います。

 2番 照屋正治議員及び6番 仲地泰夫議員、開票の立ち会いをお願いします。

    (開票)



○與儀朝祺臨時議長 

 選挙の結果を報告します。

 投票総数19票、有効投票19票、無効投票0票です。

 有効投票のうち宮里友常議員12票、新城幸男議員7票、以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は4.75票です。したがって、宮里友常議員が議長に当選されました。

 議場の出入口を開きます。

    (議場を開く)



○與儀朝祺臨時議長 

 ただいま議長に当選されました宮里友常議員が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定によって当選の告知をします。

 当選の承諾及び就任のあいさつをお願いします。

 宮里友常議員。

    (議長当選承諾及びあいさつ)



◆宮里友常議員 

 先程の議長選挙において、19人の議員の皆さんから推挙を受け、今回の議長選挙で当選することができました宮里友常でございます。ありがとうございました。

 與儀朝祺前議長の後を継いで、今日から北谷町の議会議長という、大変重責を負うことになりました。いま本当にその責任の重さに身が引き締まる思いであります。今後の議事・議案の進行につきましては、スムーズな議会運営とともに、公正中立を旨として議事進行に努めてまいりたいと思います。皆様方の御協力をよろしくお願いいたします。どうもありがとうございました。



○與儀朝祺臨時議長 

 宮里友常議長、議長席にお着き願います。

 しばらく休憩いたします。



△休憩(13時49分)



△再開(13時56分)



○宮里友常議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 本日のこれからの議事日程は、お手元に配付したとおりでございますので、御了承をお願いします。



△日程第1 会議録署名議員の指名



○宮里友常議長 

 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。本日の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定によって、1番 金城紀昭議員及び2番 照屋正治議員を指名します。



△日程第2 会期の決定



○宮里友常議長 

 日程第2 会期の決定を議題とします。

 お諮りします。本定例会の会期は本日から10月13日までの16日間にしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって会期は本日から10月13日までの16日間と決定いたしました。

 しばらく休憩いたします。



△休憩(13時58分)



△再開(13時59分)



○宮里友常議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。



△日程第3 選挙第2号 副議長の選挙



○宮里友常議長 

 日程第3 選挙第2号 副議長の選挙を行います。選挙は投票で行います。

 議場の出入口を閉めます。

    (議場を閉める)



○宮里友常議長 

 ただいまの出席議員は19人です。

 次に、立会人を指名します。

 会議規則第32条第2項の規定によって、立会人に9番 與那覇美佐子議員及び17番 阿波根弘議員を指名します。

 投票用紙を配ります。

 念のため申し上げます。投票は、単記無記名です。

    (投票用紙の配付)



○宮里友常議長 

 投票用紙の配付漏れは、ありませんか。

    (「配付漏れなし」の声あり)



○宮里友常議長 

 配付漏れなしと認めます。

 次に、投票箱を点検します。

    (投票箱を開け、全議員の面前に示す)



○宮里友常議長 

 異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 議会事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、記載台で記載し、順次投票をお願いします。



◎松田盛議会事務局長 

    (点呼、順次投票)

 1番 金城紀昭議員、2番 照屋正治議員、

 3番 玉那覇淑子議員、4番 渡久地政志議員、

 5番 目取眞 肇議員、6番 仲地泰夫議員、

 7番 亀谷長久議員、8番 仲村光徳議員、

 9番 與那覇美佐子議員、10番 中村重一議員、

 11番 稲嶺盛仁議員、12番 與儀朝祺議員、

 13番 洲鎌長榮議員、14番 大嶺 勇議員、

 15番 新城幸男議員、16番 安里順一議員、

 17番 阿波根 弘議員、18番 田場健儀議員、

 19番 宮里友常議員。



○宮里友常議長 

 投票漏れは、ありませんか。

    (「投票漏れなし」の声あり)



○宮里友常議長 

 投票漏れなしと認めます。

 これで投票を終わります。

 開票を行います。

 9番 與那覇美佐子議員及び17番 阿波根 弘議員、開票の立ち会いをお願いします。

    (開票)



○宮里友常議長 

 選挙の結果を報告します。

 投票総数19票、有効投票19票、無効投票0票です。

 有効投票のうち亀谷長久議員12票、安里順一議員7票、以上のとおりです。

 この選挙の法定得票数は4.75票です。したがって、亀谷長久議員が副議長に当選されました。

 議場の出入口を開きます。

    (議場を開く)



○宮里友常議長 

 ただいま副議長に当選されました亀谷長久議員が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定によって当選の告知をします。

 当選の承諾及び就任のあいさつをお願いいたします。

 亀谷長久議員。

    (副議長当選承諾及びあいさつ)



◆亀谷長久議員 

 ただいま議長から当選の告知がありました、亀谷長久でございます。大変重責ではございますけれども、議員各位の御指導をいただきながら、全力を尽くして、宮里議長を支えていきたいというふうに考えております。皆様方の御指導をよろしくお願いいたします。



○宮里友常議長 

 しばらく休憩いたします。



△休憩(14時10分)



△再開(14時13分)



○宮里友常議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。



△日程第4 議席の指定



○宮里友常議長 

 日程第4 議席の指定を行います。

 議席は会議規則第4条第1項の規定によって、ただいま着席のとおり指定します。

     議席の指定




金城紀昭
11
稲嶺盛仁



照屋正治
12
洲鎌長榮



玉那覇淑子
13
阿波根 弘



渡久地政志
14
大嶺 勇



目取眞 肇
15
新城幸男



仲地泰夫
16
安里順一



田場健儀
17
與儀朝祺



仲村光徳
18
亀谷長久



與那覇美佐子
19
宮里友常


10
中村重一
 



 しばらく休憩いたします。

    (常任委員等の選任についての協議)



△休憩(14時13分)



△再開(16時52分)



○宮里友常議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 時間を延長します。

 しばらく休憩いたします。



△休憩(16時52分)



△再開(17時12分)



○宮里友常議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。



△日程第5 発議第19号 北谷町議会委員会条例の一部を改正する条例について



○宮里友常議長 

 日程第5 発議第19号 北谷町議会委員会条例の一部を改正する条例についてを議題とします。提出者の趣旨説明を求めます。

 18番 亀谷長久議員。



◆18番(亀谷長久議員) 

 北谷町議会委員会条例の一部を改正する条例について提案をいたします。

 読み上げて提案とさせていただきたいと思います。

 発議第19号 北谷町議会委員会条例の一部を改正する条例について。

 上記の議案を別紙のとおり、地方自治法第112条及び会議規則第14条第2項の規定により、提出します。

 平成18年9月28日 北谷町議会議長 宮里友常殿。

 提出者 北谷町議会議員 亀谷長久、安里順一。

 賛成者 北谷町議会議員 中村重一、田場健儀、與儀朝祺、大嶺 勇。

 提出の理由、北谷町議会の議員の定数を定める条例(平成14年北谷町条例第26号)が改正されたことに伴い、常任委員会及び議会運営委員会の定数を改正する必要があるためであります。

 北谷町議会委員会条例の一部を改正する条例。

 北谷町議会委員会条例(昭和62年北谷町条例第16号)の一部を次のように改正する。

 第2条第1号中、「8人」を「7人」に改める。

 同条第2号及び第3号中の「7人」を「6人」に改める。

 第2条の2第2項中、「7人」を「6人」に改める。

 附則、この条例は、公布の日から施行する。

 以上であります。よろしくお願いします。



○宮里友常議長 

 これから発議第19号についての質疑を行います。

    (「質疑なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。発議第19号については、会議規則第39条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって発議第19号は委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

    (「討論なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから発議第19号 北谷町議会委員会条例の一部を改正する条例について採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって発議第19号は原案のとおり可決されました。



△日程第6 常任委員の選任



○宮里友常議長 

 日程第6 常任委員の選任を行います。

 お諮りします。常任委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定によって、お手元にお配りしました名簿のとおり指名したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって常任委員はお手元にお配りしました名簿のとおり選任することに決定しました。

     常任委員名簿



総務財政常任委員会


照屋正治   仲村光徳   與那覇美佐子
阿波根 弘  安里順一   亀谷長久
宮里友常


経済工務常任委員会


田場健儀   稲嶺盛仁   洲鎌長榮
大嶺 勇   新城幸男   與儀朝祺


文教厚生常任委員会


金城紀昭   玉那覇淑子  渡久地政志
目取眞 肇  仲地泰夫   中村重一



 ただいま全議員がそれぞれの常任委員に選任されましたが、地方自治法第104条及び第105条の規定では、議長は議会を代表すること。また委員会に出席し、発言することができます。また議長の職責上の都合によって、総務財政常任委員会委員を辞任したいと思います。

 なお、日程第7は自己の一身上のことに関する事件であり、地方自治法第117条の規定によって、除斥の対象となり、議事に参与することができませんので、議長の職務を副議長にお願いします。

 しばらく休憩いたします。



△休憩(17時17分)



△再開(17時18分)



○亀谷長久副議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。



△日程第7 議長の常任委員の辞任



○亀谷長久副議長 

 日程第7 議長の常任委員の辞任を議題とします。地方自治法第117条の規定によって、宮里友常議長の退場を求めます。

    (宮里友常議長退場)



○亀谷長久副議長 

 宮里友常議長から職責上の理由によって、常任委員を辞任したいとの申し出がありました。

 お諮りします。本件は議長の申し出のとおり、辞任を許可することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○亀谷長久副議長 

 異議なしと認めます。したがって宮里友常議長の常任委員の辞任を許可することに決定しました。

 しばらく休憩いたします。



△休憩(17時20分)



△再開(17時21分)



○宮里友常議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これから各常任委員会の委員長及び副委員長を互選していただきます。

 委員会条例第7条第1項の規定によって、委員長及び副委員長互選の場所は議長が定めます。

 総務財政常任委員会は第1委員会室、経済工務常任委員会は第2委員会室、文教厚生常任委員会は第3委員会室と定めます。

 しばらく休憩いたします。



△休憩(17時22分)



△再開(17時44分)



○宮里友常議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これから諸般の報告を行います。

 休憩中に各常任委員会において、委員長及び副委員長の互選が行われ、その結果の報告が議長の手元にまいりましたので、御報告いたします。

 総務財政常任委員会委員長に仲村光徳議員、同副委員長に與那覇美佐子議員。

 経済工務常任委員会委員長に大嶺勇議員、同副委員長に洲鎌長榮議員。

 文教厚生常任委員会委員長に中村重一議員、同副委員長に金城紀昭議員。以上のとおり互選された旨の報告がありました。これで諸般の報告を終わります。



△日程第8 議会運営委員の選任



○宮里友常議長 

 日程第8 議会運営委員の選任を行います。

 議会運営委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定によってお手元にお配りしました名簿のとおり指名したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって議会運営委員は、お手元にお配りした名簿のとおり選任することに決定しました。

     議会運営委員名簿



仲村光徳   大嶺 勇   中村重一
田場健儀   新城幸男   與儀朝祺



 これから議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選をしていただきたいと思います。

 委員会条例第7条第1項の規定により、委員長及び副委員長互選の場所は議長が定めます。正副委員長互選の場所を第1委員会室といたします。

 しばらく休憩いたします。



△休憩(17時46分)



△再開(17時53分)



○宮里友常議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これから諸般の報告を行います。

 休憩中に議会運営委員会において委員長及び副委員長の互選が行われ、その結果の報告が議長の手元にまいりましたので、御報告いたします。

 議会運営委員会委員長に與儀朝祺議員、同副委員長に中村重一議員が互選された旨の報告がありました。これで諸般の報告を終わります。



△日程第9 発議第20号 基地対策特別委員会設置に関する決議



○宮里友常議長 

 日程第9 発議第20号 基地対策特別委員会設置に関する決議を議題といたします。提出者の趣旨説明を求めます。

 2番 照屋正治議員。



◆2番(照屋正治議員) 

 読み上げて趣旨説明をいたします。

 発議第20号 基地対策特別委員会設置に関する決議。

 上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出します。

 平成18年9月28日 北谷町議会議長 宮里友常殿。

 提出者 北谷町議会議員 照屋正治、與那覇美佐子。

 賛成者 北谷町議会議員 仲村光徳、洲鎌長榮、玉那覇淑子、中村重一、大嶺 勇、安里順一、渡久地政志。

 基地対策特別委員会設置に関する決議。

 次のとおり基地対策特別委員会を設置するものとする。

          記

1 名称 基地対策特別委員会

2 設置の根拠 地方自治法第110条及び北谷町議会委員会条例第3条

3 目的 基地に関する諸問題の調査及び対策

4 委員の定数 9人

5 調査の期限 調査終了まで閉会中も、なお調査を行うことができる。

 提出の理由、本町の米軍基地は町土の53.5パーセントを占めており、その米軍基地から発生する諸問題及び米軍人、軍属等による事件事故に対する調査及び対策のため、基地対策特別委員会を設置する。

 以上でございます。よろしくお願いいたします。



○宮里友常議長 

 これから発議第20号について質疑を行います。

    (「質疑なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。発議第20号については、会議規則第39条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって発議第20号は委員会付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

    (「討論なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 お諮りします。照屋正治議員、外8名から提出されました発議第20号 基地対策特別委員会設置に関する決議を採決します。

 本案は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって発議第20号は原案のとおり可決されました。

 お諮りします。ただいま設置されました基地対策特別委員会の委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、お手元にお配りした名簿のとおり指名したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって基地対策特別委員会の委員は、お手元にお配りした名簿のとおり選任することに決定しました。

     基地対策特別委員名簿



照屋正治   玉那覇淑子  渡久地政志
仲村光徳   與那覇美佐子 中村重一
洲鎌長榮   大嶺 勇   安里順一



 これから基地対策特別委員会の委員長及び副委員長の互選をしていただきたいと思います。

 委員会条例第7条第1項の規定により、委員長及び副委員長互選の場所は議長が定めます。正副委員長互選の場所を第1委員会室といたします。

 しばらく休憩いたします。



△休憩(17時58分)



△再開(18時10分)



○宮里友常議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これから諸般の報告を行います。

 休憩中に基地対策特別委員会において委員長及び副委員長の互選が行われ、その結果の報告が議長の手元にまいりましたので、御報告いたします。

 基地対策特別委員会委員長に照屋正治議員、同副委員長に渡久地政志議員が互選された旨の報告がありました。これで諸般の報告を終わります。



△日程第10 発議第21号 議会広報調査特別委員会設置に関する決議



○宮里友常議長 

 日程第10 発議第21号 議会広報調査特別委員会設置に関する決議を議題といたします。提出者の趣旨説明を求めます。

 6番 仲地泰夫議員。



◆6番(仲地泰夫議員) 

 それでは提案させていただきます。

 発議第21号 議会広報調査特別委員会設置に関する決議。

 上記の議案を別紙のとおり、会議規則第14条の規定により提出いたします。

 平成18年9月28日 北谷町議会議長 宮里友常殿。

 提出者 北谷町議会議員 仲地泰夫、照屋正治。

 賛成者 北谷町議会議員 目取眞 肇、玉那覇淑子、金城紀昭、渡久地政志であります。

 読み上げて提案をいたします。

 議会広報調査特別委員会設置に関する決議。

 次のとおり、議会広報調査特別委員会を設置するものとする。

          記

1 名称 議会広報調査特別委員会

2 設置の根拠 地方自治法第110条及び北谷町議会委員会条例第3条

3 目的 北谷町議会広報の編集及び発行に関する調査

4 委員の定数 6名

5 調査の期限 調査終了までの閉会中もなお調査を行うことができる。

 提出の理由、議会広報は議会と住民とを結ぶ架け橋であり、議会の審議、活動状況を広く住民に知らせる重要な役割を担っている。その役割を担う議会広報の充実強化を図るために、議会広報調査特別委員会を設置する。

 以上、よろしくお願いいたします。



○宮里友常議長 

 これから発議第21号についての質疑を行います。

    (「質疑なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。発議第21号については、会議規則第39条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって発議第21号は委員会付託を省略すること決定いたしました。

 これから討論を行います。

    (「討論なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 お諮りします。仲地泰夫議員、外5名から提出されました発議第21号 議会広報調査特別委員会設置に関する決議を採決します。本案は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって発議第21号は原案のとおり可決されました。

 お諮りします。ただいま設置されました議会広報調査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、お手元にお配りした名簿のとおり指名したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって議会広報調査特別委員会の委員は、お手元にお配りした名簿のとおり選任することに決定しました。

     議会広報調査特別委員名簿



金城紀昭   照屋正治   玉那覇淑子
渡久地政志  目取眞 肇  仲地泰夫



 これから議会広報調査特別委員会の委員長及び副委員長の互選をしていただきたいと思います。

 委員会条例第7条第1項の規定により、委員長及び副委員長互選の場所は議長が定めます。正副委員長互選の場所を第1委員会室とします。

 しばらく休憩いたします。



△休憩(18時16分)



△再開(18時24分)



○宮里友常議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これから諸般の報告を行います。

 休憩中に議会広報調査特別委員会において委員長及び副委員長の互選が行われ、その結果の報告が議長の手元にまいりましたので、御報告いたします。

 議会広報調査特別委員会委員長に仲地泰夫議員、同副委員長に照屋正治議員が互選された旨の報告がございました。これで諸般の報告を終わります。



△日程第11 選挙第3号 倉浜衛生施設組合議会議員の選挙



○宮里友常議長 

 日程第11 選挙第3号 倉浜衛生施設組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって、指名推選にしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって選挙の方法は、指名推選で行うことに決定いたしました。

 お諮りします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって議長が指名することに決定しました。

 倉浜衛生施設組合議会議員に仲地泰夫議員及び中村重一議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました仲地泰夫議員及び中村重一議員を倉浜衛生施設組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがってただいま議長が指名しました仲地泰夫議員及び中村重一議員が倉浜衛生施設組合議会議員に当選しました。

 仲地泰夫議員及び中村重一議員が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定により当選の告知をします。当選の承諾及び就任のあいさつをお願いいたします。

 6番 仲地泰夫議員。



◆6番(仲地泰夫議員) 

 ただいま議長からお話がありましたように、倉浜衛生施設組合議会議員に選ばれました仲地です。よろしくお願いいたします。町から出ている予算を厳正に活用できるように議会で監視、様々な発言などを含めて一生懸命頑張ります。よろしくお願いいたします。



○宮里友常議長 

 10番 中村重一議員。



◆10番(中村重一議員) 

 同じく倉浜衛生施設組合議会議員に選ばれました中村です。よろしくお願いします。新炉建設問題や財政負担の問題、それからこれからのごみ問題、環境問題、本当に「待ったなし」の課題がたくさんありますけれども、皆さんと一緒になって良い方向に進めていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。どうもありがとうございました。



△日程第12 選挙第4号 比謝川行政事務組合議会議員の選挙



○宮里友常議長 

 日程第12 選挙第4号 比謝川行政事務組合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって、指名推選にしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって選挙の方法は、指名推選で行うことに決定いたしました。

 お諮りします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって議長が指名することに決定しました。

 比謝川行政事務組合議会議員に宮里友常議員、洲鎌長榮議員及び安里順一議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました宮里友常議員、洲鎌長榮議員及び安里順一議員を比謝川行政事務組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがってただいま議長が指名しました宮里友常議員、洲鎌長榮議員及び安里順一議員が比謝川行政事務組合議会議員に当選しました。

 宮里友常議員、洲鎌長榮議員及び安里順一議員が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定により当選の告知をします。当選の承諾及び就任のあいさつをお願いします。

 19番 宮里友常議員。



◆19番(宮里友常議員) 

 ただいま比謝川行政事務組合議会議員、指名推選ではありましたが、私と洲鎌長榮議員、安里順一議員が指名推選で当選をされました。比謝川行政事務組合議会議員として、3人で協力しながら一生懸命頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。ありがとうございました。



○宮里友常議長 

 12番 洲鎌長榮議員。



◆12番(洲鎌長榮議員) 

 ただいま議長から指名推選でありますけれども、比謝川行政事務組合議会議員に推選を受けました。北谷町代表ということでありますので、一生懸命町のために頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。ありがとうございます。



○宮里友常議長 

 16番 安里順一議員。



◆16番(安里順一議員) 

 ただいま議長から指名推選で選出されました比謝川行政事務組合議会議員として当選させていただき、大変ありがとうございます。比謝川行政事務組合は消防、救急、防災の組織強化ということで、平成14年に設立されております。消防業務に関しては、町民の安心、安全を確保するために、大変重要な業務だと思っております。また比謝川行政事務組合議会議員として一生懸命頑張りますので、議員各位の今後とも御協力、御鞭撻よろしくお願いいたします。



△日程第13 選挙第5号 沖縄県介護保険広域連合議会議員の選挙



○宮里友常議長 

 日程第13 選挙第5号 沖縄県介護保険広域連合議会議員の選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって、指名推選にしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって選挙の方法は、指名推選で行うことに決定いたしました。

 お諮りします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって議長が指名することに決定いたしました。

 沖縄県介護保険広域連合議会議員に與儀朝祺議員を指名します。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました與儀朝祺議員を沖縄県介護保険広域連合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがってただいま議長が指名しました與儀朝祺議員が沖縄県介護保険広域連合議会議員に当選しました。

 與儀朝祺議員が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定により当選の告知をします。当選の承諾及び就任のあいさつをお願いいたします。

 17番 與儀朝祺議員。



◆17番(與儀朝祺議員) 

 ただいま議長から沖縄県介護保険広域連合議会議員に推選をいただきまして、大変ありがとうございます。特に介護保険は、少子・高齢化を迎えまして、本当に高齢者を取り巻く経済環境というのは大変厳しい状況におかれております。そういうことも踏まえまして、これから高齢化社会、あるいは介護関係について、精一杯努力しながら勉強し、また高齢化社会を迎えて対応できるように頑張っていきたいと思います。ひとつ議員諸兄の御支援と御協力をお願いしたいと思います。大変ありがとうございます。



△日程第14 選挙第6号 北谷町育英会理事の互選



○宮里友常議長 

 日程第14 選挙第6号 北谷町育英会理事の互選を行います。

 北谷町育英会条例第5条第1項の規定は、議会議員の中から5名を互選して理事に加入させることになっております。

 育英会理事の互選については、指名推選にしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。

 お諮りします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって議長が指名することに決定いたしました。

 育英会理事は與那覇美佐子議員、渡久地政志議員、玉那覇淑子議員、金城紀昭議員及び目取眞 肇議員を指名いたします。

 お諮りします。ただいま議長が指名しました5名を北谷町育英会理事と決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」という声あり)



○宮里友常議長 

 異議なしと認めます。したがって、ただいま議長が指名しました與那覇美佐子議員、渡久地政志議員、玉那覇淑子議員、金城紀昭議員及び目取眞 肇議員を北谷町育英会理事と決定しました。

 與那覇美佐子議員、渡久地政志議員、玉那覇淑子議員、金城紀昭議員及び目取眞 肇議員が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定により当選の告知をいたします。当選の承諾及び就任のあいさつをお願いいたします。

 9番 與那覇美佐子議員。



◆9番(與那覇美佐子議員) 

 こんばんは。私は4年間、育英会理事として関わらさせていただきましたけれども、年々、育英資金が減少しておりますので、そういうことを踏まえて、教育問題に取り組んでいきたいと考えております。この4年間、頑張りますので、よろしくお願いいたします。



○宮里友常議長 

 4番 渡久地政志議員。



◆4番(渡久地政志議員) 

 私もまだ2期目ではありますが、まだまだ議員としての経験はないんですけれども、一生懸命に頑張っていきたいと思いますので、是非、よろしくお願いします。



○宮里友常議長 

 3番 玉那覇淑子議員。



◆3番(玉那覇淑子議員) 

 皆さんこんばんは。4年間、一生懸命頑張りますので、皆様の御指導をいただきながら頑張りますので、よろしくお願いいたします。



○宮里友常議長 

 1番 金城紀昭議員。



◆1番(金城紀昭議員) 

 育英会の理事に選任していただいて、大変感謝を申し上げます。育英会事業が広く町民に行き渡って、そして事業をとおして、町内の素晴らしい若者が多く出るように、新人で微力ではございますが、精一杯努めたいと思いますので、議員の皆さんの御指導をいただいて、しっかり努めますので、よろしくお願いいたします。



○宮里友常議長 

 5番 目取眞 肇議員。



◆5番(目取眞肇議員) 

 皆さんこんばんは。お疲れのところとは思いますけれども、初議員になりまして、初めての大役じゃないかと思っております。育英会理事ということで、中身はこれからなんですけれども、一生懸命勉強して、皆さんの後ろ姿を見ながら頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

(散会宣告)



○宮里友常議長 

 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。明日は午前9時30分から議会運営委員会を開催し、午前10時から会議を開きます。本日はこれで散会します。



△散会(18時42分)

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

           平成  年  月  日

      北谷町議会議長

      臨時議長

      副議長

      署名議員

      署名議員