議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 嘉手納町

平成26年  3月 定例会(第15回) 03月10日−03号




平成26年  3月 定例会(第15回) − 03月10日−03号







平成26年  3月 定例会(第15回)



          平成26年第15回嘉手納町議会定例会 会議録第3号

          平成26年3月10日(月)午前10時00分 開議

出席議員は次のとおりである。

    1番 宇榮原京一議員    2番 古謝友義議員

    3番 安森盛雄議員     4番 奥間政秀議員

    5番 新垣貴人議員     6番 照屋唯和男議員

    7番 仲村渠兼栄議員    8番 石嶺邦雄議員

    9番 當山 均議員     10番 福地 勉議員

    11番 知念 隆議員     12番 金城利幸議員

    13番 奥間常明議員     14番 田崎博美議員

    15番 田仲康榮議員     16番 徳里直樹議員

欠席議員は次のとおりである。

    なし

職務のため本会議に出席した事務局職員は次のとおりである。

    前川広充   事務局長        前原信博   議事係長

    嵩本さゆり  庶務係長

地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。

    當山 宏   町長          神山吉朗   副町長

    比嘉秀勝   教育長         屋宜京子   福祉部長

    古謝徳淳   建設部長        古謝 聰   会計管理者

    比嘉孝史   総務課長        亀島 悟   基地渉外課長

    金城博吉   企画財政課長      山内 智   税務課長

    金城睦和   福祉課長        稲嶺強志   町民保険課長

    上原 学   子ども家庭課長     宇榮原 孝  産業環境課長

    又吉政勝   都市建設課長      儀間哲次   上下水道課長

    金城 悟   教育総務課長      我那覇隆三  教育指導課長

    金城 進   中央公民館長

本会議に付した事件は次のとおりである。

  日程第1       会議録署名議員の指名

  日程第2 議案第63号 嘉手納町営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例について

  日程第3 議案第65号 物損事故に関する和解等について

  日程第4 議案第47号 平成25年度嘉手納町一般会計補正予算(第7号)

  日程第5 議案第48号 平成25年度嘉手納町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

  日程第6 議案第50号 平成25年度嘉手納町下水道事業特別会計補正予算(第2号)

  日程第7 議案第49号 平成25年度嘉手納町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

  日程第8 議案第51号 平成25年度嘉手納町水道事業会計補正予算(第2号)

                                  以上 即決

  日程第9 報告第5号 平成26年度沖縄県町村土地開発公社(本社及び支社)の事業計画及び予算書の報告について

                                  以上 報告

  日程第10 議案第52号 平成26年度嘉手納町一般会計予算

  日程第11 議案第53号 平成26年度嘉手納町国民健康保険特別会計予算

  日程第12 議案第55号 平成26年度嘉手納町下水道事業特別会計予算

  日程第13 議案第54号 平成26年度嘉手納町後期高齢者医療特別会計予算

  日程第14 議案第56号 平成26年度嘉手納町水道事業会計予算

                            以上 質疑、委員会付託



○徳里直樹議長 

 これから本日の会議を開きます。

 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第127条の規定によって、5番新垣貴人議員、6番照屋唯和男議員を指名します。

 日程第2「議案第63号 嘉手納町営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例について」を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。



◎又吉政勝都市建設課長 

 議案第63号の提案理由といたしまして、配偶者からの暴力防止及び被害者の保護に関する法律の改正に伴い、嘉手納町営住宅設置及び管理条例の一部を改正するための条例改正であります。

 今回の改正で公営住宅の入居資格が配偶者からの暴力による被害者のみでなく、生活の拠点を共にする交際相手からの暴力による被害者も対象となります。それでは議案書を読み上げて御説明いたします。

 議案第63号嘉手納町営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例について。

 上記の議案を次のように提出する。平成26年3月6日提出、嘉手納町長當山宏。

 嘉手納町営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例。

 嘉手納町営住宅設置及び管理条例(平成9年嘉手納町条例第17号)の一部を次のように改正する。

 第6条第1項第2号ク中「配偶者からの暴力防止及び被害者の保護に関する法律」を「配偶者からの暴力防止及び被害者の保護等に関する法律」に改める。

 附則、この条例は、公布の日から施行する。

 資料といたしまして、条例の新旧対照表を添付してありますので、御参照お願いいたします。以上、御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○徳里直樹議長 

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○徳里直樹議長 

 「質疑なし」と認めます。

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっています「議案第63号」は、会議規則第39条第3項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○徳里直樹議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第63号」は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○徳里直樹議長 

 「討論なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 これから「議案第63号 嘉手納町営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例について」を採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○徳里直樹議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第63号」は、原案のとおり可決されました。

 日程第3「議案第65号 物損事故に関する和解等について」を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。



◎金城悟教育総務課長 

 議案第65号物損事故に関する和解等について、提案理由を説明させていただきます。

 今回の物損事故の内容でございますが、平成25年11月17日に開催されました、かでなっ子フェスティバルにおいて、舞台発表で使用する琴を嘉手納文化センター内へ搬入する際、荷物用エレベーター側のステップと外部取りつけテーブルリフターとの間に琴が挟まり、破損する事故が発生しました。荷物用エレベーター側のステップがひさしのように壁から5センチ程度出ていることに気がつかず、テーブルリフターからはみ出して琴を置いたままテーブルリフターを作動上昇させたため、壁より5センチ程度出ているステップとテーブルリフターとの間に琴が挟み込まれ、破損しております。物損事故については琴所有者と損害賠償額金25万7,250円を支払うことにて和解しております。それでは議案を読み上げて提案いたします。

 議案第65号物損事故に関する和解等について。

 物損事故に関する和解及び損害賠償額について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項の規定により、次のとおり議会の議決を求める。1.事故名、かでな文化センター荷物用エレベーター(テーブルリフター)における物損事故。2.当事者、損害賠償請求者、嘉手納町水釜六丁目22番6号砂川初子。損害賠償支払者、嘉手納町字嘉手納588番地、嘉手納町。3.事故発生年月日、平成25年11月17日。4.事故発生場所、嘉手納町字嘉手納588番地、かでな文化センター荷物用エレベーター(テーブルリフター)。5.損害賠償額、金25万7,250円。6.和解内容、別紙のとおり。平成26年3月6日提出、嘉手納町長當山宏。

 なお、和解内容については別紙を添付しておりますのでご参照ください。御審議よろしくお願いいたします。



○徳里直樹議長 

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 14番田崎博美議員。



◆14番(田崎博美議員) 

 賠償額はもう決定して、お互いで和解なさるということはわかりますけれども、今までそういう部分について気づかなかったのですか。それと、その物損事故が起こって後に、どういうふうに安全を保つための改良を加えるかということが、そこの中では見えてこないのですけれども、その辺等を聞かせてください。



○徳里直樹議長 

 答弁を求めます。



◎金城悟教育総務課長 

 御質疑にお答えいたします。隙間があるところについては、かなり隙間が小さいこともあって、これまで気づかなかったようです。現在は荷物をここからはみ出さないようにということで、赤いテープを張って、使用者に気をつけるような措置をとっております。今後についてですけれども、今回の補正で壁側の隙間を埋める手だてをする修繕費用を確保しておりますので、今後、修繕して利用していくということを考えております。



○徳里直樹議長 

 ほかに質疑はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○徳里直樹議長 

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっています「議案第65号」は、会議規則第39条第3項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○徳里直樹議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第65号」は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○徳里直樹議長 

 「討論なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 これから「議案第65号 物損事故に関する和解等について」についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○徳里直樹議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第65号」は、原案のとおり可決されました。

 日程第4「議案第47号 平成25年度嘉手納町一般会計補正予算(第7号)」を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。



◎金城博吉企画財政課長 

 おはようございます。それでは議案第47号平成25年度嘉手納町一般会計補正予算(第7号)について説明をいたします。

 今回の補正予算は平成25年度における歳入歳出予算額の確定または最終見込みによる既定予算の調整が主なものとなっております。なお、総務費において財政調整基金積立金、民生費において国民健康保険特別会計繰出金、諸支出金において公共施設等整備基金積立金を計上しております。それでは議案を読み上げて提案をいたします。

 議案第47号平成25年度嘉手納町一般会計補正予算(第7号)。

 平成25年度嘉手納町一般会計補正予算(第7号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億458万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ79億3,552万9,000円とする。2項歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 (繰越明許費)第2条、地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表繰越明許費」による。

 (債務負担行為の補正)第3条、債務負担行為の廃止は、「第3表債務負担行為補正」による。平成26年3月6日提出、嘉手納町長當山宏。

 2ページの「第1表歳入歳出予算の補正」の歳入から説明をいたします。

 1款1項町民税で997万2,000円の補正増を行っております。個人分の現年課税分で766万9,000円の増。滞納繰越分で202万4,000円の増。法人分の均等割で27万9,000円の増を見込んでの補正であります。2項固定資産税で3,084万5,000円の補正増を行っております。現年課税分で2,915万7,000円の増。滞納繰越分で168万8,000円の増を見込んでの補正であります。3項軽自動車税79万円の補正増を行っております。現年課税分で69万9,000円の増。滞納繰越分で9万1,000円の増を見込んでの補正であります。4項町たばこ税1,357万1,000円の収入増を見込んで補正増を行っております。

 3款1項利子割交付金で462万2,000円の補正減は、県からの見込み通知に基づく補正を行っております。

 4款1項配当割交付金で10万2,000円の補正増は、県からの見込み通知に基づく補正を行っております。

 5款1項株式等譲渡所得割交付金の275万1,000円の補正増は、県からの見込み通知に基づく補正を行っております。

 6款1項地方消費税交付金で193万4,000円の補正減は、県からの見込み通知に基づく補正を行っております。

 7款1項自動車取得税交付金で147万3,000円の補正増は、県からの見込み通知に基づく補正であります。

 8款1項国有提供施設等所在市町村助成交付金で77万3,000円の補正増は、交付決定によるものであります。

 9款1項施設等所在市町村調整交付金で1,491万5,000円の補正増は、交付決定によるものであります。

 11款1項地方交付税で211万9,000円の補正増を行っております。普通交付税の確定によるものであります。

 13款2項負担金で210万8,000円の補正増を行っております。2目民生費負担金の児童福祉負担金で253万円の増、ほかによるも