議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 嘉手納町

平成25年  9月 定例会(第8回) 09月10日−02号




平成25年  9月 定例会(第8回) − 09月10日−02号







平成25年  9月 定例会(第8回)



          平成25年第8回嘉手納町議会定例会 会議録第2号

          平成25年9月10日(火) 午前10時00分 開議

出席議員は次のとおりである。

    1番 宇榮原京一議員    2番 古謝友義議員

    3番 安森盛雄議員     4番 奥間政秀議員

    5番 新垣貴人議員     6番 照屋唯男議員

    7番 仲村渠兼栄議員    8番 石嶺邦雄議員

    9番 當山 均議員     10番 福地 勉議員

    11番 知念 隆議員     12番 金城利幸議員

    13番 奥間常明議員     14番 田崎博美議員

    15番 田仲康榮議員     16番 徳里直樹議員

欠席議員は次のとおりである。

職務のため本会議に出席した事務局職員は次のとおりである。

    前川広充   事務局長        前原信博   議事係長

    嵩本さゆり  庶務係長

地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。

    當山 宏   町長          神山吉朗   副町長

    比嘉秀勝   教育長         屋宜京子   福祉部長

    古謝徳淳   建設部長        古謝 聰   会計管理者

    比嘉孝史   総務課長        金城博吉   企画財政課長

    亀島 悟   基地渉外課長      山内 智   税務課長

    金城睦和   福祉課長        上原 学   子ども家庭課長

    稲嶺強志   町民保険課長      又吉政勝   都市建設課長

    宇榮原 孝  産業環境課長      儀間哲次   上下水道課長

    金城 悟   教育総務課長      我那覇隆三  教育指導課長

    天久 昇   社会教育課長      金城 進   中央公民館長

本会議に付した事件は次のとおりである。

  日程第1        会議録署名議員の指名

  日程第2        一般質問



○徳里直樹議長 

 これから本日の会議を開きます。

 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第127条の規定によって、2番古謝友義議員、3番安森盛雄議員を指名します。

 日程第2「一般質問」を行います。

 質問時間は30分以内とします。通告順に従い、発言を許します。

 6番照屋唯和男議員。



◆6番(照屋唯和男議員) 

 おはようございます。6番照屋唯和男でございます。一般質問を3件通告してありましたので、順を追って質問していきたいと思います。

 まず1番目に、水難事故防止策について、お聞きします。私たちの嘉手納町は、海や川に接した地形にあり、いつでもすぐに水辺に行くことができます。このような環境下で夏休みに入る前に、幼い児童が命を落とすという痛ましい事故が起こりました。本当に残念であり、冥福を祈ると同時に二度とこのような悲しい事故が起こらないように、児童生徒の水辺に対するしっかりとした安全対策に取り組めることを願い6点質問をします。

 これまでの安全対策の取り組みに足りないことは何か、また改善するべきところはないかという思いから質問及びまた提言をいたします。

 ?水難事故防止への取り組みについて、屋良小学校、幼稚園では、学校安全計画で安全教育の重点として危険に対する知識、危険に対する判断力、危険を予測する能力を身につけさせ、安全な行動ができるようにすると。また嘉手納小学校では7月の安全教育、安全指導、学校安全全体計画に水難防止。嘉手納中学校では、保健安全指導計画で7月に水の事故防止、8月の安全教育、河川での安全を。また嘉手納幼稚園では6月に水遊びの楽しみの中で危険についてわからせる。7月に海やプールに一人では行かないとされています。

 その実施指導内容と安全教育としての効果をどのように見ているか。お聞きします。



○徳里直樹議長 

 答弁を求めます。



◎我那覇隆三教育指導課長 

 それでは質問事項1.?についてお答えいたします。学校における安全指導は、学級担任を中心に行います。校内で起こる学校事故対応のほかに不審者対策、自転車の安全な乗り方などの交通安全指導、水難事故防止、地震、津波、竜巻対策等と多岐にわたります。あらゆる事故を想定し指導をしていかなければならないと考えます。

 特に嘉手納町においては、地理的条件から特に水の危険、道の危険、夜の危険と表現し、交通安全、水難事故防止、深夜徘徊防止について、重点的に安全指導を確認しておりました。今後比謝川流域の危険性については、さらに注意を図っていきたいと考えております。



◆6番(照屋唯和男議員) 

 今、私が最初に話した中で安全指導計画書が作成されて、目標を立てられています。今、我那覇課長もおっしゃっていましたけれども、その指導するときの内容ですね。どういうふうに子どもたちに指導したというような内容の資料を請求したんですけれども、手元に来たのがすべて通知だけでした。要するに県からこういうふうに指導してくださいということをまた家庭に、学校名、校長名で出したというような通知。そういう通知でなくて、実際に子どもたちにどのようなことに気をつけなさいという学校の教育現場での指導があったのか。その事故防止のための安全確保、子どもたちにしっかり伝えられているのかどうかという、そのことについてはどういうふうに考えているか。教えてもらいます。



◎我那覇隆三教育指導課長 

 県あるいは中頭から出される文書に関しましては、幼児児童生徒の安全指導の徹底に努めていただきたいという文書でありまして、その文書に沿って指導を行っていただきたいということで、私は理解しております。

 例えば、平成25年7月18日に出されました中頭教育事務所からのものにつきましては、1点、幼児児童生徒の安全指導ということで、海、河川等、危険が予想される場所へは子どもたちでは絶対に遊びに行かない。それから万が一危険に遭遇したときの対処方法として、大きい声を出す。近くの大人に助けを求める。下校や休日に外出のときには、帰る時間、行き先を必ず保護者に伝える。それから学校や家庭及び地域の安全点検の徹底として、地域安全マップづくりを実施し、地域の危険箇所や遊び場の安全点検、幼児、児童生徒の危険の予測や危険回避能力を努める。ということで、安全マップづくりを、こちらのほうで指導しておりますが、このことについては、保護者へ周知するだけではなくて、安全指導の概要そのものを示しているということで、私たちは考えております。



◆6番(照屋唯和男議員) 

 今、課長がおっしゃっているのは、通知をもって基本的に対象者はだれ、教育の現場では学校側ではどういうふうに指導しているかというのがちょっと見えなかったんですよ。通知自体は、大人、家族、要するに保護者のほうには行くと思いますけれども、子ども自体に実際にその学校の現場で、教育の現場でどういう指導がされているかというのが全然見えなくて、私ももちろん子どもがいるので、そういう状況を確認したときに、先ほど課長がおっしゃったように、こういうふうに通知が出ているのを見ました。そしてまた夏休みのしおりなどにもそういう危険を回避するためのいろいろな文書が書かれているんですけれども、その文書は渡されるだけで、その内容についての指導とか、そういうのはされているのかどうかというのがはっきり見えなかったものですから、そのことについて、まずどういうふうに思っているのかというのを聞きたかったんですけれども、それ以前に。

 ?に入りますけれども、教育関係者自体がしっかりした河川での危険とか、海での危険の知識を持っているのかどうか。その辺のところはどういうふうに考えているか、ちょっと。



◎我那覇隆三教育指導課長 

 先ほど話をしました文書のほかに、こういう「危機管理マニュアル」というのがあります。これは先ほど、地震、津波等申し上げましたすべての、あるいは不審者等も含めた安全管理になりますけれども、この中で水難事故について書かれていることにつきましては、先ほど読み上げたこと以外に、例えば離岸流の問題。それから海の危険性というもの。それからハブクラゲ。それから万が一、溺れている人を見かけた場合の対応等について、書かれておりますが、この危機管理マニュアルは各学校にございますので、その辺の徹底指導が行われているものと考えます。



◆6番(照屋唯和男議員) 

 一応、課長、この資料、確かにいろいろ書かれています。実際に学校のこの教育関係、要するに子どもたちと携わる教育関係者の方々が離岸流と言っても、耳で聞いて資料で見るけれども、実際どういうものなのかは、本当にわかっているのか。子どもたちに指導の内容では川に一人で行ってはいけないよ。海に一人で行ってはいけないよと言うんだけれども。その内容、「なぜ行ってはいけないのか」その川の危険の部分が何なのかというのを、この教育関係者が本当にわかっているのか。実際に何がどういうふうに危険なのかというのを子どもたちに、その学校の現場で口頭なり、実際に体験した内容のものを指導しているのかどうか。それ、されていると思っているかどうか。見解をちょっとお聞きしたいと思います。



◎我那覇隆三教育指導課長 

 安全指導については、やはりこの地域の実際に即してやらなければいけないと思っております。そういった意味で、嘉手納町に関しては、先ほど申し上げましたように、道の危険、水の危険、夜の危険ということで、この近郊に絞って校長会でこれは確認しているところでございますけれども、特に水の危険については、その中で触れたことに関しては、比謝川に関しては増水があると。特に台風、そういった災害時には雨量が増すために、増水があるということを、これは校長会等で確認をしているところです。



◆6番(照屋唯和男議員) 

 比謝川の今の増水の話。要するにこれは多分、鉄砲水とか、そういうものも含めてと思いますけれども、例えば川の危険というのは、もちろん入ってしまったときには流れとかそういうのもあるんですけれども、実質的には事故が発生する場合の状況としたら、ほとんどが川べりで足を滑らせて落ちるとか、そういうパターンだと思います。実際に比謝川を見ればわかると思いますけれども、コンクリートでつくられた部分に対しては滑り、何といいますか。コケがはえる場所は滑るかもしれないが、それ以外の部分。多分大人でもふちに立ったら落ちるんじゃないかというような、急なカーブといいますか。要するに砂地が雨で流れていって、足元が悪い状態になっていますね。そこに立てば、間違いなく足滑って落ちるよという。そういう状況というのは、子どもたちに教えておかないと、みんな勢い余って川べりに行って、足滑って落ちるというパターンになって、これが事故の発生と思います。そういうことを実際に教育の関係者自体が、例えば川が危ないよという指導する人たちが、そういう状況を知っているのかどうか。

 また先ほどの鉄砲水に対してもそうなんですけれども、比謝川自体は大雨が降ったときには増水するし、遊歩道自体にも水が入ってくるという可能性で、万が一入っていたら逃げ場がなくなるということもあります。そういうこと自体を知っているのかどうか。指導する必要があるんじゃないか。学校のこの関係者自体がそれを勉強する機会を持つ必要があるんじゃないかと。要するに川の危険性を。そういうところをしないと。通知文だけで、「一人で行ってはいけない」「川は危険ですよ」と言ったって、子どもに伝わりませんよ。その辺のところを少しまた考えていただけないかということを、ちょっと伺います。



◎我那覇隆三教育指導課長 

 先ほど御指摘がありました滑りやすい箇所があるということがありましたけれども、確かにそこまでは深くは承知しておりません。何かの形のまた先ほどの当初の学習を深めていければと考えます。



◆6番(照屋唯和男議員) 

 ぜひそういう状況をまず嘉手納町の川、海、危険な場所をどういうふうに回避するかというのを、まず教育、指導する人たちが知っておかないと、子どもたちに、ただ「危ないよ、危ないよ」って言ったって、全然伝わらないと思います。特に、今は川の話なんですけれども、海に対しても先ほど離岸流と言っていましたけれども、どこに離岸流が発生して危険なところかとか、あるいは河口でもこの潮の干満のときの流れ、間違えて泳ごうなんて考えたら、とてもじゃないけど人間の力では泳いで反対岸に渡ったりするようなこととか。そういうのはまず無理ですから、そういうところもしっかり指導しないといけないなというのと。

 あとは1点、ちょっと気になるのが。今は自分の子どももそうなんですけれども、部活なりを海浜公園でやっています。そのときに夏休み期間中、終わったときに汗かいて暑いから、「みんなで泳ぎにいこうぜ」というような話も出るらしいです。どこに行くかと聞いたら、例えば兼久マリーナに行くとか。兼久マリーナに行くときに、すぐそこだから、この海を渡っていこうかとか、そういう話も出てくるんです。兼久マリーナ自体を知っている人に言わせれば、「そこはすごい危険なところだよ」と、急に深くもなっているし、流れもあるし、そういうところを知っていて、教えたらわかるんだけれども、それが子どもたちに実際に学校の教育現場から伝わっているのか。あの海の状況を知っているのかということ。

 今は海浜公園で、よく運動をする。野球にしろ、サッカーにしろ使えるので、ついでに泳ぎに行こうかと言われて、そこに事故にあってしまったら、元も子もないので。また御存じのとおり、その海域はよく水難事故が発生しています。わかる人にとってはわかるけれども、子どもたちにはわからないという人たちもいっぱいいますので、その辺の指導をまず教育現場の人たちがしっかり知って、子どもたちにちゃんと伝えるという体制も必要だと思っております。

 あと、先ほどもちょっと話もあったんですけれども、事故が発生。

 ?の質問に入ります。事故が発生したときのこの通報の仕方を、実際にどのように指導しているのか。その場所によっても影響しますので、その辺ちょっと教えてください。



◎我那覇隆三教育指導課長 

 事故が発生した際の連絡体制は教育計画のほうに示されております。まず発見者から近くの教師、担任、養護教諭、同時に管理者、そして内容によって病院、または警察、または消防と連絡をしたあとに、県教育委員会に連絡をするということになっております。

 また、それ以外にアフターファイブ、あるいは土日の場合には、学校長を筆頭にした全先生方の連絡網というのが学校にはありますけれども、休日等の場合にはその連絡網でもって連絡するという手順で行われます。



◆6番(照屋唯和男議員) 

 今課長が説明したのは、実際事故が発生して通報するというよりは、その緊急の場合、例えば今、目の前で事故が発生したとき、どうするかというような、例えばそれを通報の仕方とかは指導とかはされていないのか。そこをちょっとお願いします。今の目の前で本当に事故が発生した場合のことですよ。



◎我那覇隆三教育指導課長 

 児童生徒同士の連絡体制と、連絡ということでよろしいでしょうか。

 先ほど連絡体制について申し上げましたけれども、当然事故、事件の内容によっては教師陣が救助に向かう。あるいは場合によっては一足飛びに病院、警察あるいは消防等への連絡ということが、これは当然現場の判断としてあるものと考えます。



◆6番(照屋唯和男議員) 

 課長、すみません。ちょっと質問と答えが行き違っていますけど。実際、私が聞きたかったのは。先ほどちょっと言っていたんですけれども、大声を出すとか、そういうのを言っていたんですけれども、目の前で事故が発生したときに、子どもたちにどういうふうにその事故が発生したということを伝えさせるかという指導がされているかどうか。ということですね。その辺のところを教えてほしいということなんです。



◎我那覇隆三教育指導課長 

 これについては万が一、危機に遭遇したときの対処法ということで、「大きな声を出す」それから「近くの大人に助けを求める」ということで、これは県の指導方針にのって指導しているところです。



◆6番(照屋唯和男議員) 

 すみませんね。その大声を出す。大人を呼ぶというのが、状況によっては、場所によっては全然通用しないところが、今言う屋良城跡公園ではないかと思っています。まず周りに人がいないんですよ。そして大声を出してもどこにも聞こえませんので、だからその辺のところを少し対策をしっかりとらないといけないという思いで、その辺のところを聞いたんです。

 海にすれば、周りは確かに人がいるから