議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 嘉手納町

平成24年  9月 定例会(第51回) 09月13日−03号




平成24年  9月 定例会(第51回) − 09月13日−03号







平成24年  9月 定例会(第51回)



          平成24年第51回嘉手納町議会定例会 会議録第3号

          平成24年9月13日(木)午前10時00分 開議

出席議員は次のとおりである。

    1番 徳里直樹議員     3番 奥間政秀議員

    4番 新垣貴人議員     5番 照屋唯和男議員

    6番 仲村渠兼栄議員    7番 石嶺邦雄議員

    8番 山田政市議員     9番 福地 勉議員

    10番 知念 隆議員     12番 奥間常明議員

    13番 伊礼政吉議員     14番 田仲康榮議員

    15番 當山 均議員     16番 田崎博美議員

欠席議員は次のとおりである。

    なし

職務のため本会議に出席した事務局職員は次のとおりである。

    儀間哲次   事務局長        川原田俊美  議事係長

    嵩本さゆり  庶務係長

地方自治法第121条の規定による出席者は次のとおりである。

    當山 宏   町長          神山吉朗   副町長

    真喜屋 清  教育長         比嘉忠海   総務部長

    屋宜京子   福祉部長        古謝徳淳   建設部長

    古謝和秀   会計管理者       比嘉孝史   総務課長

    古謝 聰   企画財政課長      亀島 悟   基地渉外課長

    山内 智   税務課長        金城睦和   福祉課長

    上原 学   子ども家庭課長     稲嶺強志   町民保険課長

    宇栄原 孝  都市建設課長      真壁 孝   産業環境課長

    前川広充   上下水道課長      金城 悟   教育総務課長

    金城博吉   社会教育課長      我那覇隆三  教育指導課長

    金城 進   中央公民館長

本会議に付した事件は次のとおりである。

  日程第1       会議録署名議員の指名

  日程第2       一般質問

  日程第3 議案第10号 国道線形変更に伴う庁舎等改修工事請負契約の変更について

  日程第4 議案第11号 平成23年度嘉手納町水道事業会計未処分利益剰余金の処分について

  日程第5 議案第12号 嘉手納町応急小口資金貸付条例の一部を改正する条例について

  日程第6 議案第7号 平成24年度嘉手納町一般会計補正予算(第2号)

  日程第7 議案第8号 平成24年度嘉手納町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

  日程第8 議案第9号 平成24年度嘉手納町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

                                  以上 即決



○田崎博美議長 

 これから本日の会議を開きます。

 日程第1 「会議録署名議員の指名」を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定によって、4番 新垣貴人議員、5番 照屋唯和男議員を指名します。

 日程第2 これから「一般質問」を行います。

 質問時間は、30分以内といたします。通告順に従い、発言を許します。



◆3番(奥間政秀議員) 

 おはようございます。

 3番 奥間政秀でございます。

 本来なら最終日の一般質問、最終バッターだったんですが、急遽トップバッターになってしまいました。御承知のように通告を2問しております。答弁の方はゆっくりと答えていただいて、ぜひ原稿にもない思いもあれば答弁をいただきたいと思います。

 それでは一般質問を3点通告してありますので、順を追って一問一答方式で行います。

 質問の前に、去る9月9日、オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会が宜野湾海浜公園で開かれ、10万1,000人の県民が参加して、オスプレイ配備計画の即時撤回と米軍普天間飛行場の閉鎖、撤去を日米両政府に求める決議を採択いたしました。我が町でも當山町長を先頭に、多くの町民が参加をし、そして仕事、あるいは出られない町民も自宅のテレビでしっかり見ていたよという声も多く寄せられました。県民の気持ちが日米両政府に対して、不信と怒りの行動を示したと思います。この県民大会の開催に当たり、多くの町民への参加呼びかけを行った町当局の担当部署の方々の御尽力があったからこそ多くの町民がこの県民大会に参加できたと思います。敬意を表します。

 それでは1つ目の質問に入ります。

 1、基地内立ち入りについて。町域の83%を米軍基地に占有されている本町にあって、米軍基地の存在は大きな障害となっている。基地内への立ち入りについては、現在も町民の拝所参拝等、どうしても入らなければならない古くから伝えられる行事がある。特に旧暦9月9日(グングァチクニチー)豊年祈願と無病息災を願って多くの住民が毎年参拝に訪れています。しかし昨年、米軍側の都合により立ち入り申請が認められませんでした。そこで基地内の立ち入りについて伺いたい。?地元、町民の拝所参拝等による立ち入りについての現状は。?嘉手納基地との友好、親善交流事業の現状と内容をお伺いします。



○田崎博美議長 

 答弁を求めます。



◎亀島悟基地渉外課長 

 まず質問事項1の質問要旨1にお答えします。施設についてはいろいろございますけれども、その施設ごとにお答えしたいと思います。嘉手納マリーナについては、野國總管の墓地参拝が主なものであります。申請手続等は嘉手納基地渉外部が窓口となっています。平成23年度の参拝の立ち入りは1件、今年度については2件です。

 次に、嘉手納飛行場についてですが、申請手続等は、ここも嘉手納基地の渉外部が窓口となっています。平成23年度の参拝立ち入りは2件、今年度は現在のところありません。

 次に、嘉手納弾薬庫についてですが、ここは第18弾薬中隊管理課へ申請手続を行っています。平成23年度は7件の申請があり、6件が許可されています。不許可の1件の理由については、立ち入りを希望した日が平日であるということでした。立ち入りについては、この弾薬庫について立ち入りは土日ということが通告されています。今年度は現在のところ申請はまだありません。嘉手納町民が町外の海兵隊施設内で参拝するときは、海兵隊司令部G7と手続を行っています。平成23年度はありませんでした。今年度は2件です。

 次に、質問事項1の質問要旨2についてお答えします。沖縄防衛局では平成20年度から米軍人等と基地周辺住民との相互理解を深めることを目的として、日米交流事業を実施しているということです。平成23年度は3月17日、嘉手納スポーツドームにおいて、嘉手納基地と嘉手納町内の日米児童約120人が混合チームを編成して、ドッヂボール、綱引き等のスポーツを通じ交流を図ったということでした。

 次に、商工会ですが、2001年の9・11以前は、テロ以前ですが、バスツアーを実施していましたが、それ以降は実施していないということです。現在は司令官等の交代時の式典パーティーへの商工会の役員が招待を受ける程度だということです。

 次に、社会福祉協議会の関係では、嘉手納スペシャルオリンピックスがあります。同実行委員会が主催する基地内の障害者と基地周辺市町村の障害者との交流イベントです。町の社協が窓口となっていて、各スポーツイベントに町の障害者団体が参加しています。



◆3番(奥間政秀議員) 

 基地との交流、今ありました?のほうで再質問させてください。マリーナのほうは平成23年1件、申請が1件で、現在平成24年2件の申請があるとの御答弁でした。そして嘉手納基地が平成23年度2件、今年度はまだ申請がないということです。そして嘉手納弾薬庫、こちらのほうは平成23年度は7件中6件、1件が平日だからということで立ち入りができなかったということです。旧暦というのは沖縄の戦前、戦中、戦後と、この戦争に巻き込まれ、今、私たちが祖先を地域の拝所を拝むというのは、本当にお年寄りも、そして若い人たちに同じようにそういった年に一回の大事な行事で伝えていくと。伝えられなければいけない行事だと思うんです。例えば土日を利用して多くの催しをするという旧暦の行事もあります。そしてその参拝に行く町民は目的がこの拝所での参拝です。許可を得て、そして嘉手納町民は非常にまじめで、たしか2週間前までにすべての名前、住所、身分証明書、そういった書類をしっかりと半年も前から準備をして、おくれないようにということで迷惑をかけないようにということで、米軍側のほうにもしっかりと提出をしているんです。しかしながら、これが平日だからということで、旧暦を平日にかえることはできません。そういうところを米軍側のほうに、亀島課長は本当に一生懸命汗をかいていただいております。しかしながら、それがだめというところは、ぜひ担当部局として伝えていただけないでしょうか。御答弁を願います。



◎亀島悟基地渉外課長 

 久得の弾薬庫のほうについては、今、議員からも話がありましたとおり、平日はだめですと。土日にしてくださいということで、平成22年に通知がまいっております。その理由が平日は弾薬作業をしている場所が点在しているので、安全面を考慮して土日に立ち入りをしてくださいということでありました。ですが、旧暦の日が土日に集中するというわけでもありませんので、その行事がですね。その辺については当然、私のほうとしても平日であろうが、とにかく旧暦の日付に当たる日に、その行事を行いたいということについては理解しています。それで今年度、今回また予定しているということで話がありましたので、事前に手続をするところと内々で話を進めたところ、やはり窓口のほうでは許可をする権限はありませんので、やはり平日は避けてくれと。土日に申請してくれないかという話がありました。今回、特に8月30日ですが、米軍のほうの第18任務支援軍司令官が交代がたまたまありまして、この着任のあいさつで新しい司令官が町長のほうを訪問しております。その際、町長より直接、こういう旧暦の行事については配慮を願えないかということで要請をしております。その際ですが、当方の事情を司令官に詳しく説明してあります。今のところ軍の内部の関係する部隊間での調整が必要ということでしたので、そのなりゆきを今のところ期待しながら見守っているところです。



◆3番(奥間政秀議員) 

 基地渉外課長、ぜひ担当課として粘り強くこの思いを伝えてください。それまでは平日であっても立ち入りができたんです。同じように申請をして、そして郷友会の皆さんは町外に出ている方もいらっしゃいますし、それに合わせて、戦前はこういうふうに拝めたのに、今は基地でフェンスの中に入れないと。勝手に入るわけではありません。しっかりと約束事を守って、その旧暦を楽しみに、そしてまた無病息災、子やウマガンチャーが本当に安心して元気で暮らせるようにという沖縄の伝統ですので、ぜひ課長お願いします。過去には平日も入れました。米軍の関係で土日以外はどんな理由であれ入れない。先ほど申し上げましたが、何十年も続いている大事な行事です。町長、司令官は恐らく事前に嘉手納基地に配属が決まる前に、この嘉手納について、恐らくものすごく勉強して赴任なされていると思います。先ほどありました商工会との、商工業者との交流、そしてありがたいことに子どもたちの日米の交流も屋良小学校、嘉手納小学校、中学校等々と行っております。社協のほうでもスペシャルオリンピック、私も何度か参加しました。本当に彼らの慈悲心と言うのでしょうか、やさしさ、弱者に対するボランティアのあり方というのはすばらしいものがあります。さて、戻しますけれども、この拝所に行く80代、90代のおばあちゃん、おじいちゃん、町長、司令官は交代をなされています。私たち町はフェンスの中にまだふるさとがあるんです。その思いを担当課長は一生懸命、今、窓口でやっております。トップ会談で再度、町民の催し、この行事、ただの行事ではないです。そして参拝時間も1時間ぐらいです。終えて、また戻ってきます。そこであっちこっち行くわけでもなく、それは旧暦でなければだめなんです。町長の見解をお伺いします。



◎當山宏町長 

 今回、御質問のある基地内立ち入りの件につきましては、先ほど課長からもあったんですけれども、去る8月30日に支援軍の司令官の交代がございまして、そのあいさつで嘉手納町のほうに新しく就任した司令官がまいりました。そのときに黙認耕作地への立ち入りの件と。これは農耕者の立ち入りです。それと9月9日(クングァチクニチー)の、久得の皆様からの要請文書が町のほうに届いておりましたので、その写しを示しながら、立ち入りをぜひ許可してほしいということで要請をいたしました。従来、平日にも入れたのが、どうして土日になったかということについては、先ほどもありましたけれども、やはり弾薬庫のいろんな処理作業とか、いろいろなことをしているということがあって危険だからだと。安全性の確保ができないということがあって、土日に変更しているということでありますけれども、嘉手納飛行場の中では9月9日(クングヮチクニチー)については、状況次第では立ち入りが可能だという運用がされているようです。ですからそれを示して、同じような運用をぜひしてほしいということで要請をいたしました。要請の席には副町長もおりましたので、その内容等についても十分説明をしながらやったつもりです。ただやはり弾薬処理という安全確保が今回、土日にしぼった理由だということではあったんですけれども、久得の皆さんの拝所が黙認耕作地内にあるということで、やはりその日でも黙認耕作はしているわけです。立ち入りができない場合については、耕作をしている方々で、字の方々もいらっしゃるので、その方々が参拝をしているというお話もしましたら、黙認耕作地内だったら、それでは再度検討してみましょうということに今なっているわけです。まだ少し日にちもありますので、状況を見ながら、その基地内の対応も踏まえた上で、もしなかなか厳しいということであれば、それなりの要請をぜひしていきたい。今、持ち帰って少し検討させてくれと司令官のほうもそう申しておりますので、状況を見てみたいと思っています。ある程度の理解は示してくれたと思っておりますので、少し基地の判断を待ってみたいと思っています。今、そういう状況です。状況によってはまた司令官に対する要請もまた考えてみたいと思っています。



◆3番(奥間政秀議員) 

 町長、ぜひともこれも同じように粘り強くですね、弾薬庫は弾薬処理をするから危ないと。旧暦というのは毎年決まっています。逆にですね、町長、司令官のほうへ、1年でいつが9月9日(クングァチクニチー)というのはわかっております。先がけて、この日は弾薬処理をしないでくれと。安全に弾薬処理もされているということです。そしてそのときに町民が入った場合に、町民に危害があったら大変ということで、大変ありがたい御配慮です。ですから先ほども申し上げました一日中、弾薬庫の中に、黙認耕作地にいるわけではありません。これは恐らく町長も副町長も同席をなされたということですので、申し上げたと思うんですが、一度だけではやはり司令官には伝わらないと思います。町長もこれだけ大変な公務がある中ですけれども、ぜひともこれは私が申し上げているのは、その日は弾薬庫の処理を逆にストップしていただけないか、弾薬庫があるがゆえに久得の人たちはそこにしか行けないんです。今、町長が非常に前向きで、嘉手納基地の中の拝所はその弾薬処理がない。そういう形で米軍側も許可をしていただいております。ですから今、私が申し上げました旧暦の日は決まっております。ですからそこをその日は時間を制限してもいいです。午前中、あるいは午後、そういった交渉をぜひ町長粘り強く続けていただきたいと思います。戦後処理の一つでもあります。ふるさとの土地を米軍に接収され、先祖から受け継いだ意志を私たちが引き継がなければなりません。そして次、子や孫がずっと嘉手納にいるわけですから、そして嘉手納から今やむを得なく出て行った方々もふるさとに対する思いは一緒だと私は思っておりますので、ぜひともお願いしたいと思います。そしていろいろと友好親善が行われる中、今、本当に米軍の一方的な事情だと私は思っております。それをぜひ現状を打破するようにお願いしたいと思います。

 そしてあと1点、再質問させてください。これは先日の一般質問、田仲康榮議員からもありましたが、基地渉外課に専門の通訳をということがありました。私も同様です。町内の有能な人材活用で経験豊富な基地問題にたけた語学が堪能な人材がこの町にはいると思います。そういう方々を非常勤的に採用ができないか。例えば軍に勤めていらっしゃって、そういった広報にいらっしゃる方、米軍の中も勤務は多岐に及んでおります。そしてリタイヤをして、今、元気でいる方もいらっしゃいます。そして基地の問題でもやはり広報部も通訳がおりますけれども、やはり我々はずっと嘉手納基地に関する要請抗議等も行きます。そういった親善も行います。そのためには嘉手納側の思いを伝える。町民の言葉として伝える。経験豊富な方はこれまでずっと米軍に勤めていたり、あるいは今でも何というんでしょうか、ただ言葉だけではなくて、過去の歴史も踏まえて、経験も踏まえて交渉することができると思うんです。それを行いながら、ぜひ外語塾というすばらしい町独自の塾もございます。その若い人たちの人材を将来、本当にそういった英語の会話だけではなく、しっかりと歴史も説明ができる。これは大変な勉学が必要だと思います。その外語塾で得た経験をぜひ生かして、将来は専属で職員として採用するという方向はお持ちでしょうか、お伺いします。



◎當山宏町長 

 昨日、初日でしたか、私のほうからお答えしましたけれども、専属の職員となりますと、どうしても人事の面でかなり厳しい、採用したとしても厳しい状況がございます。例えば防衛局の話も聞いたことがあるんですけれども、通訳官として採用してもやはり異動せざるを得ない。ある程度の年限になると、年間、期間を過ぎるとやはり本人が希望してくるということもあるようです。ですからこの小さな町で専属でずっと通訳官を置くということの人事的に言うと難しい面もありますし、先日もお答えしたんですけれども、現在のところは、例えば私が交渉相手、基本的にはそういう形になります。ですから私の言葉は通訳官が通訳をして相手に伝える。相手のほうのまた説明もこちらに、通訳官を介して伝えてもらうという方法をとっておりますので、通訳官自身が独自の考え方でいろんな交渉をするということはなかなかないだろうと思います。ですからそういった意味では、現在、特に大きな支障があるというふうには考えておりません。今後については、どうしていくのかについては、今の御質問、あるいは田仲議員からもございましたけれども、そういったものを含めて、今後の課題として検討させていただきたいと思っております。



◆3番(奥間政秀議員) 

 私も専属で、すぐ専属でいうことは本当に、先日も町長の答弁がございました。行革の問題もあろうかと思います。ですから将来的にという今提言をしております。やはり基地問題だけ毎日365日あるわけではないです。ほかの業務も行政の中にはありますし、人事異動等で課を変わるということもあります。しかし担当部局になった場合の何カ年間の業務をしっかりほかの部署に行っても今、気になされて、それぞれの部署で一生懸命、職員の皆さんも仕事をしていると思いますが、将来的にぜひそれは英語のまち嘉手納、ITのまち嘉手納を目指しているわけですから、宣言しているわけですから、やはり将来、そういった人材をつくるという目標を持って、実現させるためにぜひ子どもたちを、若者を育ててほしいと思います。そしてもう1点、先ほど申し上げました経験豊富な町内の人材、その方が同席することによって、これは何も基地の抗議行動だけではないです。そういうスペシャルオリンピックとの部分も、やはり基地の中を見ることができますし、そういう方がまた伝えることもできます。嘉手納をピーアールすると。それぞれの代表者がやられていると思うんですが、そういう人材活用の方法もあるのではないかと思いますので、この町にはそういったすばらしい方々がいると私は思いますので、ぜひ御検討ください。

 それでは次の質問に移ります。

 海外交流事業の今後の展開。我が町でも海外交流ということで、中学生の福建省恵安県のまちの子どもたちと、中国の子どもたちの交流が継続してなされています。やはりその子どもたちが5年後、10年後、20年後、交流をしっかりとつないで、この町と沖縄、日本と中国恵安県、それぞれ大人になり、その立場に必ずなると思います。我が町も中国から来られたら本当に熱烈歓迎で迎えて、各学校現場、あるいはホームステイ等々を受け入れて、町の人たちの心が中国の子どもたちにもしっかりと伝わっていると思います。これはその都度ある発表会等々、あるいはセレモニーでも中国の子どもたちの言葉から感じることができます。これはもう本当に行政が、教育行政が継続したたまものだと思いますので、ぜひ続けていただきたいと思いますし、また私は6月の定例会でも申し上げましたが、これからは地方自治体の職員もぜひ海外へと目を向けて、特に若い世代、管理職もそうです。そこで見た経験をこの町に生かす、そしてこの町のいいところを海外に伝えていくのが海外交流事業の一つだと思います。地域及び地方自治体の自立的経営と発展の視点から、地域の人材の育成、外国の都市との交流、次世代の若者たちが世界との橋渡しとなるべく自治体として取り組みをしていただきたい。?ハワイ交流派遣事業の現地調査の成果と今後の予定は。?海外移住者子弟研修の相互間交流の今後の取り組みは。?地元から基地内大学への進学、留学制度は。お願いします。



◎金城博吉社会教育課長 

 おはようございます。質問事項3の?についてお答えをいたします。現在、海外派遣事業については、嘉手納外語塾で英語圏への1カ月のホームステイ研修を実施しております。また人材育成会事業で中学生を対象に、甘藷伝来の歴史的つながりをもとに、中国福建省恵安県と隔年ごとに教育文化交流派遣事業を行っております。

 議員御質問のハワイ交流現地調査の成果と今後の予定についてでありますが、去る7月23日(月曜日)から28日(金曜日)までの日程で北谷町と合同でハワイを訪れ、沖縄タイムス主催の海外ホームステイ事業が2週間の日程で開催されており、その事業を同行視察いたしました。特に生徒たちが語学を学ぶ学校施設やホームステイ先等を視察し、交流目的及び安全性の確認を行いました。またハワイ、北谷、嘉手納町人会及び沖縄県人会を表敬し、今後の派遣交流について意見交換を行い、両団体から協力を取りつけることができました。特に町人会は子どもたちとの交流など、積極的に協力したいとのことでした。今後の予定については、北谷町と合同で事業を進める計画です。早い時期に派遣要項を策定して、町民へ周知を図っていきたいと思います。



◎古謝聰企画財政課長 

 おはようございます。質問事項2の?についてお答えいたします。本町においては南米、ブラジル、ペルー、アルゼンチン、ボリビアを対象に海外移住者子弟研修の受け入れ事業を毎年2名の予定で実施しているところです。相互間交流につきましては、ブラジル国の本町出身者から本町からの研修生の受け入れについて提案を受けているところでございます。今のところ研修期間とか研修内容、研修費用を、費用に見合う成果が得られるかなど課題も多く、また南米各国の町出身移住者状況も把握できていない状況でございます。今のところ相互交流を行う状況が整っているとは判断できておりません。これからまた継続して調査研究をしていきたいと考えております。



◎金城博吉社会教育課長 

 質問事項3の?についてお答えいたします。基地内大学への進学、留学制度については、社会教育課のほうで把握しておりますのは、嘉手納外語塾生の卒業生のみであります。その内容でお答えをしたいと思います。基地内大学進学についてでありますが、現在、嘉手納基地内には短期大学1校、大学1校、これは4年生大学です。そして大学院2校の4校があります。基地内大学の募集窓口は沖縄県国際交流人材育成財団が行っており、受験資格については英検2級以上、TOEFL520点以上という厳しい基準があります。現在、把握している当外語塾から基地内大学へ進学した卒業生は3名であります。また留学制度について、現在、嘉手納外語塾から基地内大学への留学制度はありません。基地内大学との提携については、これまで何度か当塾運営委員会等でも要望がありましたが、現在のところ実現しておりません。今後は基地内大学を含め、どのような方法があるか調査検討をしていきたいと思います。そしてまた町の広報を通して、基地内大学の募集について町民へ周知を図っていきたいと思っております。



◆3番(奥間政秀議員) 

 何点か再質問をさせてください。まず?のハワイ交流派遣事業も終えてきているわけですが、今、社会教育課長からありましたが、企画財政課長のほうはないですか、ハワイの交流事業。全く考えていなかったですか。ではしばらく考えていてください。

 私は社会教育課長、非常にいいことだと思うんです。英語教育を特化している我が町で、外語塾が今塾生が自分たちで留学先を決める。また工夫も凝らしているということです。ハワイのほうでは町人会も熱烈歓迎ということでありますので、これはこれからまた募集要項等々も含めて考えていくと思いますけれども、今、自主財源でやられています。そうですよね。ですからこれもやはり一括交付金を活用して、大いに町民の方々にチャンスを与える機会、事業だと思います。そしてお聞きします。来年から取り組む予定という声でしたが、これは対象はどういった方々ですか、お願いします。



◎金城博吉社会教育課長 

 再質問にお答えをいたします。まず予算については、議員が今お話しなさったように、一括交付金や人材育成会の予算等を視野に入れて考えていきたいと思っております。そして対象については、現在、北谷町とも調整をしているんですけれども、中学生と高校生を予定しております。ただ配分については、中学生が7割ぐらいになるかと思っております。あとの3割は高校生ということで、現在、北谷町のほうと調整をしております。



◆3番(奥間政秀議員) 

 まさに前向きな答弁で、今、教育委員会としての北谷町との連携もとりながらということですが、例えば町民のほうに早めに情報を提供して、アンケートをとって、中学生が多いのか、高校生が多いのか、そしてまた今現在やられている交流事業との対象のバランスも考え、その要項をしっかりとまとめていただきたいと思います。それでは企画財政課長、よろしくお願いします。



◎古謝聰企画財政課長 

 企画財政課のほうで計画して、8月31日から9月6日まで町長をはじめ、職員2人、それから商工会から1人、PTAから1人、計5人でハワイの沖縄フェスティバルに御招待を受けて訪問してございます。今回の訪問につきましては、ハワイの北谷、嘉手納町人会のほうから御招待を受けて訪問しているということでございます。その中で、ハワイの北谷、嘉手納町人会の状況、それから沖縄県人会の状況等を視察してきたということでございます。

 それからもう一つは、先ほどから話もございます、中学生、高校生の短期留学の現地での状況というようなものも視察の対象にできるというところでございます。今後の交流等につきましては、これからまた職員からの報告等を受けて、随時考えていきたいと考えておりますけれども、特に向こうの町人会のほうは700名ほどの会員がいいらっしゃるということで、そのうちの半数ほどが嘉手納町関係者だということでございます。ですから非常にたくさんの会員がいらっしゃって活動も活発であるということでございます。フェスティバルの当日は舞台関係で非常に盛り上がっていたという報告を受けております。ですからもし交流が考えられるということであれば、まず手始めに文化交流とか、そういったものも視野に入れながら検討していきたいと考えております。



◆3番(奥間政秀議員) 

 これも非常に内容の濃い研修だったかと思います。今やはり現地に、相手の国に行って、その風を感じ、その県人会、町人会との言葉を交わす中で、どこどこのだれだれという話も大変盛り上がったと思います。イャーヤ、マーヌ、ターヤガヤーと。タンカーヤラヤといううちなーんちゅの非常に情のあるところですので、そういったのもぜひ課長をはじめ、町長いい交流をなされたということですので、ぜひこれも同じように一括交付金、これは本当に人材育成に資する事業ですので、ぜひともこれも多くの町民がそこで交流を持てるように、今、課長は文化交流も含めてという非常に前向きな言葉がありました。この町の文化を育てはぐくんでいる文化協会等、大人も子どもも含めて、そういった機会にぜひ交流を深めてもらいたいと思います。

 またもう1点、この議会の中でも仲村渠兼栄議員からもよくハワイ沖縄交流センターには嘉手納町の資料はありましたかという質問が二度、三度ございました。その確認はなされたんでしょうか。そして儀間真常さんの資料、嘉手納町史、記念品等々、県人会館で確認ができたかどうかお伺いします。



◎金城博吉社会教育課長 

 この再質問について私のほうでお答えをしたいと思います。実は7月にハワイに行ったときに県人会館のほうも訪問いたしました。その中で私たちの目的として、嘉手納町の資料がどういうのがあるかということで確認をとってきましたので、前に仲村渠議員からもお話があったんですけれども、まず嘉手納町の400年祭の資料もありました。そして町史もありました。DVD等も置かれていたんですけれども、ただ沖縄県人会自体が本当にウチナーンチュ魂を持っていて、すべての方がボランティアでその運営を行っているんです。理事長の勢理客さんという方がいるんですが、その人以外はほとんどボランティアの方で、実際、過去に教育長が箱詰めにして送ったのもありました。ただ、その展示がボランティアでやっているということと、実際、資料館自体が少し小さいもので、煩雑になっていまして、その整理ができていないということで、前回、仲村渠議員が行ったときには嘉手納町のものがあまり見えなかったのではないかと思っております。現地のバーバラさんという方がそこの担当だったんですけれども、確認をして、ボランティアを活用して、少しずつそういうのを整理していきたいということでした。あとそれ以外に県人会をつくるときに、各市町村、沖縄県全部から記念の何かが欲しいということで、各市町村から石をもらって、嘉手納の石もありました。そういう点でしたので、報告したいと思います。



◆3番(奥間政秀議員) 

 仲村渠兼栄議員が何度も質問をしておりましたが、これで判明しました。嘉手納町の400年祭の資料、町史等々もございました。決して石ころではないということで、仲村渠兼栄議員は恐らく今年度中に自費で再確認に行くと思いますので、ぜひこれも交流事業の一環だと思いますので、お願いいたします。

 そして再質問を何点かさせてください。続けて、外語塾のほうで今、基地内の大学への留学はないということでありました。社会教育課長からの答弁がありましたように、これは沖縄県国際交流人材財団が行っております。嘉手納基地の中にあるセントラルテキサス大学、メリーランド大学、トロイ大学、メリーランドの修士課程というところで非常に厳しいところです。厳しいというのは入学する英語力、TOEFLという北米圏で英語をしっかりと得点できるという英検とは違った世界基準のものだとお聞きしております。ですからそれも含めて、やはり日本国内は英検ということがあります。両方教えるのは大変とは言わず、逆にこの難関を乗り越えるぐらい、この嘉手納外語塾でそういった人材を育て上げ、ぜひとも突破していただきたい。これは運営委員会のほうでも先ほども答弁からできないかと、留学ができないかということもあるようですので、ぜひそういったカリキュラムを組んで、私がなぜそういうかというと、ここの基地の中にこういった優秀な大学があって、これはその得点を取らないと入れないわけです。入るための授業を、アメリカは持ち帰りの宿題が山ほどあるそうです。ですから外語塾、朝からしっかりと英語だけではなく、授業をしております。その学生がまたそこに向かうには持ち帰っても猛勉強しないと、このTOEFL、これがメリーランドが550点というところです。一番短期大学で450点というポイントですので、ここはやはり講師の先生方が専門でいらっしゃいますので、そこに到達するような人材をつくるのを目標にし、ぜひとも基地内大学にも進学ができるようにお願いしたいと思います。そしてきのう山田政市議員からもありましたように、9月、広報かでなの中の外語塾出身の先輩方が本当に活躍をしております。平良さん、伊礼さん、アメリカ、中国と見てみますと、やはり本当に広報かでなで町民にピーアールをして、奨励してもらいたいと思いますし、ぜひそういった海外で活躍している外語塾の人材を、逆に私は町主催の講演会等々で、そこに行くために非常に努力をしたと思います。それで夢を持って、今アメリカ、中国のほうで活躍をしていると思いますので、ぜひともそういった方々をお招きして、里帰りする際に講演会を開き、この子どもたち、あるいは地域の人たちに嘉手納の若者は頑張っているよ、そして外語塾出身で頑張っているよ、後からついて来いというような声も、生の声を聞きたいと思いますので、御検討ください。

 そして企画財政課長、ぜひ新聞等でもありましたように、世界の若者、うちなーんちゅ若者大会がブラジルで開催され、我が町出身の松堂さんも新聞記事で熱烈歓迎でブラジル本部の役員として迎えたようです。それを契機に若い人たちにチャンスを与えるよう導いていただけるようお願いをして、私の一般質問を終わりたいと思います。ありがとうございました。



○田崎博美議長 

 しばらく休憩します。



△午前10時55分 休憩



△午前11時04分 再開



○田崎博美議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 一般質問を続けます。

 10番 知念 隆議員。



◆10番(知念隆議員) 

 10番 知念 隆でございます。

 一般質問を5点通告してありますが、順番の変更をお願いします。3番目の老人福祉計画の評価についてを5番目に行いたいと思いますので、変更のほうよろしくお願いします。最後にやるということです。入れかえではなくて、一番最後に行いますので、よろしくお願いします。一問一答で行いますので、よろしくお願いします。

 それでは大きな声で頑張りたいと思います。まずはじめに、1番目のシルバー人材センターについてお伺いをいたします。この件に関しましては、これまで議会でも何回も取り上げさせていただきました。特に今年に入りまして、3月にも行いましたし、6月議会においては山田議員のほうからも質問がございました。議会の質問を受けまして、行政当局の調査研究も行われたかと思いますので、これまでどのような調査研究を行ってきたのか、内容についてお伺いをしたいと思います。

 2点目、中高年者に対する雇用支援について行政の考え方をお聞きします。今後の政策等についてお伺いをいたします。

 3点目、老人クラブなどに対し積極的な意向調査を実施してはどうか。以上の3点をお伺いします。



○田崎博美議長 

 答弁を求めます。



◎真壁孝産業環境課長 

 それではこれまでの調査についてお答えをしたいと思います。まず?についてですけれども、シルバー人材センターの立ち上げのためには全体調査、これは60歳以上の町民すべてのセンター登録のための意思確認のためのアンケートの実施をしなければならないということが一つあります。それからその立ち上げたときの業務のための町内企業等への委託業務の有無の確認のためのアンケートの実施、これは町内各事業所のほうに確認をしなければならないということです。それから沖縄県商工労働部との協議、それから沖縄県シルバー人材センター連合への加入及び登録、それから連合本部主催の講習会等の受講の必要、それから運営するにあたり、厚生労働省のほうの補助金を受ける場合の基準というものが会員数が100名程度で、年間5,000件以上の業務消化が必要であるということであります。これは国庫補助対象センターという呼び方をしております。それから今度は調査の小規模におけるセンターの設置においては、センター本部というところがありますので、そこに年間負担金が3万円程度支出があるということ。それから他の市町村の件で調べた部分については、中城村がこれから事業実施の準備を始めていくに当たり、就業内容について、アンケートではなくて、有志の皆さんが募って、業種の集約をしていきたいと。それによって、その業務の開始をしていくということもわかっております。それから北谷町におきましては、実績としまして、221名の会員登録があるということと、480件の件数を確保したということの状況もわかりました。

 それから?についてですけれども、現在、実施をしております嘉手納町就職支援活動総合窓口事業の就職相談等の委託業務を現在も実施しておりますので、できるだけそういったものも活用しまして、中高年者のみならず若年層につきましても支援をしていきたいと考えております。

 それから?についてですけれども、嘉手納町老人クラブ連合会会長に、人材センターの必要性及びその設置につきましての聞き取りをいたしましたところ、積極的な意向でしたので、クラブ員全体の意向も確認する必要がありまして、これから役員会との協議を行いながら、その後の展開を考えていきたいと思っております。



◆10番(知念隆議員) 

 産業環境課長、真剣に調査研究をしていただきまして、ありがとうございます。行政のほうは検討するとか、調査するとか、なかなか進まないことが多いかと思いますけれども、ぜひ真剣に調査をお願いいたします。この質問をするに当たりまして、私も沖縄県シルバー人材センターに伺って、事務局長といろいろとお話をしてまいりました。県内の状況につきましては、10万人クラスの市においては、右肩上がりで順調に仕事も受けて、シルバー人材センターのほうは順調にいっているということでございます。しかしながら、規模の小さい市町村におきましてはやはり国の補助金の対象となる正式なセンターにおきましては、会員の数だとか、年間の就業日数とかがあって、1万人、2万人の町村においては厳しいのではないかということで、私もそのように感じております。そこで正式なシルバー人材センターではなく、国の補助金を受けないで、町村独自の予算でやれば、会員の数にしても5名からできると。あるいは職員も1人でできるということで、そういったセンターをまず設立してみてはどうかという話もございました。先ほど課長から答弁があった中城村においてもそのような形で今年度中には設立になるのではないかということであります。読谷村のほうも最近、議会でシルバー人材センターの質問が多くて、恐らくこの1年の間には国の補助金を受けないミニシルバー、そういう形で発足するのではないかと思います。シルバー人材センターについては、第5期老人福祉計画の中にも創設の検討というのが入っております。高齢者の就業意欲や能力に応じた就業機会を確保していくため、シルバー人材センターの創設を検討していましたが、未実施となっていますということで、現在、途中でとまっているんですけれども、ニーズ調査で、現在行っている活動で働いている割合は25.5%で、将来的に仕事をしたいですかという質問に関しては、14.3%程度にとどまっているということで、「いいえ」という回答が46.6%、無回答が39.1%ということですけれども、私はこの質問の仕方にも問題があると思うんです。仕事をしたいですかというよりは、仕事をする必要がありますかと。そういう形にすると、当然、回答も変わってくると思うんですけれども、例えば収入があって生活できる方は別に仕事はしなくてもいいわけです。ところがやはり年金だけでは厳しい。どうしても収入が欲しいという方は仕事をしたいと。あるいは仕事をする必要があるということで回答は上がると思います。先ほど産業環境課長が老人クラブの連合会長にお聞きをしたということですけれども、老人クラブに参加していない方もたくさんいらっしゃいますから、老人クラブの調査も大事ですけれども、それ以外の方の意向調査というのも必要ではないかと。実際、私も老人クラブに入っていない方から10名以上、要請を受けております。嘉手納町にもシルバー人材センターをぜひつくってほしいということで、そういう方々もたくさんいらっしゃるので、会長は前向きにこたえると言っていましたので、会員全体の調査もぜひやっていただきたいと思います。あと私はこのシルバー人材センターはあくまでも高齢者福祉という観点で行っていかなければならないのではないかと思っております。以前は答弁は福祉課のほうでやっておりました。シルバー人材センターのですね。今回、産業環境課ですけれども、私からするとやはり福祉課のほうでやっていただきたいと思います。福祉課でつくっている老人福祉計画、その中の基本理念、計画の基本目標1、2、3とありますけれども、このすべてシルバー人材センターというのは理念が一致しております。例えば健康づくりを地域全体に取り組むまちづくりを推進します。シルバー人材センターは健康づくりに非常に寄与しています。長野県は高齢者の就業数が全国一高いところで、逆に医療費が全国一少ないのが長野県でございます。このことからも就労することによって、健康づくりができているというのが既に数字であらわされているわけです。基本2に対しても高齢者が自立した生活を送れるまちづくりを推進します。ということで、これも高齢者の自立を促すシルバーの理念と一致します。3番目の高齢者が自分らしく生きがいを持って暮らせるまちづくりを推進しますということも、まさにシルバー人材センターの生きがいづくり、シルバー人材センターに入ることによって、仲間づくりができて、そこでまた生きがいもできるということで、私はこの老人福祉計画の考え方とまさにシルバー人材センターの役割というか、効果というのは合致すると思いますので、福祉課のほうも力を入れて、設立に向けての努力はしていただきたいと思いますが、福祉課長の見解を伺います。



◎金城睦和福祉課長 

 まず嘉手納町の老人福祉計画というのは高齢者にかかわる全体的な計画でございまして、まずシルバー人材センターにつきましては、就労ということの観点から産業環境課のほうで実施していくような体制となっております。



◆10番(知念隆議員) 

 ぜひ福祉課と産業環境課、ほかも一緒になって、嘉手納町においても一日も早くシルバー人材センターができるように努力をお願いしたいと思います。

 それでは2番目の質問に移ります。介護サービス未利用者に商品券交付についてお伺いいたします。去る3月議会において、この件を提案した一般質問が當山議員から出ております。その後、答弁においては調査研究をするということでございましたが、その後の調査研究の内容、現在の見解についてお伺いします。またこの提案は本町が進めている商品券事業のさらなる拡充に寄与する政策と考えますけれども、その件についてもお伺いします。

 2点目、65歳以上の高齢者で介護保険サービスの未利用者は何名かお伺いします。



◎金城睦和福祉課長 

 質問事項2、?及び?についてお答えします。?についてお答えします。本町における高齢者福祉施策について、沖縄県の資料をもとに検証しております。その結果、高齢者施策事業費別で上位を占めています。また福祉施策費及び敬老祝い金を含む65歳以上、1人当たりの事業費で上位を占めています。そのことから本町においては、他市町村と比較してかなりの額を高齢者施策に投じていることがわかります。また介護保険事業においても地域支援事業で一次介護予防事業、いわゆる元気高齢者の予防事業及び二次介護予防事業、いわゆる虚弱な高齢者の予防事業に力を入れており、今後も引き続き要介護状態等となることを予防するための第5次予防事業に力を入れていきたいと思います。2015年、平成27年には団塊の世代が高齢期を迎えることで、高齢社会が急速に進展することが予測されており、さらに高齢者施策費が増えることが予想されています。よって、議員御提案の介護保険の未利用者に対する商品券交付については、現在のところ導入は考えておりません。

 ?についてお答えをします。65歳以上の高齢者で介護保険未利用者は平成23年度末で2,246人です。



◆10番(知念隆議員) 

 全国ではいろいろな政策が老人介護等において、いろいろなサービスの政策が行われております。この質問のもとになったものを少しだけ紹介しますけれども、京都府においては90歳以上の高齢者に対して、地元商品券、商店街で使えるプレミアム商品券を3万3,000円分贈呈をしているということで、この予算が何と3億3,000万円出しているそうであります。90歳以上の高齢者が2万9,000人いらっしゃって、このうちの3分の1に当たる9,500人が介護サービスを一度も利用していないということでございます。それだけ元気で健康長寿ということでございます。その一方で65歳以上が支払う介護保険料は2009年度には1.5倍も上がったということで、介護保険を使っていない方は出しっ放しといいますか、納める一方で。逆に使う方はそれなりの還元を受けているということに、考え方としてなるわけです。保険というのは、やはり使わなければ安くなるし、自動車保険にしても事故がなければ安くなりますし、全労済の共済も払い戻しが年間2割とかあるわけです。そういった感じで保険というのはやはり使わなければ安くなる、払い戻しという性質のものもございます。その点に関して、また介護保険というのは使わなくてもずっと払わなくてはいけないし、そういった面で、この京都府がやっているのもいわゆる介護サービスを利用しない方に対して、保険料を返戻するという趣旨で、京都府が独自に予算を組んで行ったということであります。一時的には予算はかかりますけれども、そういった感じで介護予防に重点的に予算を使っていけば、それが介護サービスを使わない、減っていけば介護保険料も安くなりますし、町村の負担金も安くなってきますので、一時的に予算は使うけれども、予算削減の効果もあるということで、そういう政策の効果もあるわけです。その辺もありますので、ぜひ。確かに後期高齢者の均等分の補助とかやっておりますけれども、あれはあくまでも後期高齢者のものであって、介護保険のものではありませんし、健康保険税でも介護保険料の分も結構高いもので、軽減世帯でないところの健康保険料というのは非常に高くて、皆さん負担感があると思うんです。少しでも健康保険料を下げていただきたいという声もたくさんあります。そういうことで、あらゆる施策を研究して、効果があるものはどんどん積極的に取り入れていただきたいということで要望をして、この質問を終わります。

 3番目の質問でございます。町営住宅の整備についてお伺いをします。本町の町営住宅は老朽化が進み、屋良団地は現在建て替え中ですが、水釜第二団地も築二十七、八年経過し、不具合も多数発生しております。また水釜高層住宅も築11年が経過し、修繕すべき箇所が多くなっております。年々修繕費が増える傾向にあります。そこで次の点についてお伺いをします。?町営住宅の整備、修繕にかかる予算の確保はどうなっているか。現在の年間予算はどうなっているのかお聞きします。?水釜高層住宅の廊下側窓に雨戸の設置と、さびで腐食している玄関ドアの取り替えができないか。廊下側の窓には部屋がありますけれども、部屋に窓がついておりますが、ほとんど開けることがない。プライバシーが守れない。防犯の意味での観点から窓が開けられない状況であります。雨戸を設置すれば、その問題を解決できます。?水釜第二団地の建て替えの予定について、いつごろになっているのか。あるいはどのような建物の構想を持っているのかお聞きします。



◎宇栄原孝都市建設課長 

 質問事項3の?から?までお答えします。まず?の町営住宅の整備については、現在、建設中の屋良町営住宅の整備にかかわる本年度の予算額は3億7,780万2,000円でございます。続いて維持修繕費にかかわる予算としまして、水釜高層町営住宅、水釜第二町営住宅の修繕にかかる本年度の予算額は、2,011万2,000円でございます。内訳としましては、水釜高層住宅についてはエレベーターの扉、ワイヤー等の取り替え、屋上防水工事等々があります。水釜第二住宅につきましては、駐車場区画線の設置、階段照明設備の取り替え、クーラー等の修繕工事があります。

 質問事項3の?についてお答えします。現在、ほかの入居者や管理委託先の住宅供給公社からは、町担当課には雨戸や格子設置の要望等はございません。今後、入居者からの意見をお聞きし、防犯上及び生活の環境の上から、入居者、多くの皆さんが必要であるとの意見があれば、対応していきたいと考えております。また玄関ドアにつきましては、現状調査の上、修繕取り替え等を行っていきたいと考えております。

 質問事項3の?についてお答えします。現在、建設中の屋良団地の完成後、耐力度調査等を実施し、建て替えが必要と判断されれば、建て替え計画を実施していきたいと考えております。



◆10番(知念隆議員) 

 ?についてですけれども、修繕にかかる費用が2,000万円ということですけれども、これは最初から2,000万円ではないですよね。途中で、追加でなったと思うんです。最初から2,000万円の予算を組んでやったんですか。



◎宇栄原孝都市建設課長 

 先ほど答弁しました金額については、当初予算の金額を答弁しております。



◆10番(知念隆議員) 

 なぜ聞くかといいますと、実は去る台風で高層住宅のエレベーターのホールに雨風が入って、1階のエレベーターのスイッチが故障してしまったんです。業者が緊急に修理をしまして、2階の物を外して1階につけたんです。2階は今、故障した状況で使えません。2階からエレベーターに乗れません。その件を問い合わせしたら、もう公社に予算はないと。修理する予算がないので、部品も買えませんということで、最初おっしゃっていたんです。今年はそういうぎりぎりの予算でやっているのかと思って、それでそういう質問をしたんですけれども、ある程度余裕を持った予算を、修繕の予算を立てないと、こういった非常に日常的に使うものが修理ができないとか、不具合が出ている間に、住んでいる方が困りますので、ぜひ余裕を持った予算の立てかたを通していただきたいということであります。

 それと廊下側の雨戸については、町民住宅は既に格子がついております、防犯上のです。雨戸ではないんですけれども、あれは防犯にはなりますけれども、プライバシーの確保にはならないんです。中が見えるものですから。防犯という立場は、観点は一緒ですので、これは町民住宅にはついて町営住宅にはついていないというのは、矛盾しているとか、おかしいですので、その辺の対策は早急にやっていただきたいということです。

 第二団地の建て替えについて、私もまだ早いと思ったんですけれども、いずれ耐用年数が来れば建て替えするのは間違いないわけですから、時期が来てから取り組むのでは少し遅いのではないか。なぜかと申しますと、やはり向こうは一番海に近い団地であります。屋良団地も違いますし、構造もこれまでの常識では建てられないのではないかと。津波等に関しても避難場所にもなりますし、例えば集会場にしてもほとんどの団地は1階にありますけれども、もしこの第二団地も同じようにつくった場合、それこそ津波が来た場合はもう使えなくなりますし、避難場所にもできない。そういう面からすると、最上階に近いところ、高いところに集会場をつくったほうが、いざというときの避難場所にもなりますし、緊急避難のときもありますが、やはり二、三日と長期になった場合は、町営住宅も1戸の皆さんの住宅ですので、そこにたくさんの人が長らくいることはできないわけです。ところが集会場とかがあれば、そこに外部の方も長らく避難できますし、あるいは非常用食料の備蓄とか、あるいは地震、津波であれば停電もおきますので、屋上に自家発電設備を設置するとか、そういうのが求められてくるわけです。ですから早い段階で防災も兼ねた団地づくり、町営住宅づくりを早い段階から計画をしていただきたいということであります。そのためには現在、高層住宅に住んでいる住民の方々も入れて、ワークショップをして、住んでいるうちにいろいろな不具合とかがわかってきますので、高層住宅も住んでいるうちに、ここはよくないとか、ここは不具合があるとか、出てくるわけですから、そういうことで住民の意見もしっかり聞いて、何億円もする建物をつくるわけですから、不備の出ないように、100年住めるようなしっかりとした団地をつくるためにも早めの対策をお願いしたいということで、聞いているわけでございます。今の私の話を聞いて、答えることがあればお願いします。



◎宇栄原孝都市建設課長 

 まず1点目の修繕費なんですが、先ほどお答えしました今年度の修繕費が実績額2,000万円とお答えしましたけれども、そのうちの1,600万円が管理委託している住宅供給公社への契約額になります。そのうちから約1,000万円が団地にかかわる修繕費用になります。1,000万円のうちの約600万円が計画修繕に、それと400万円が緊急性に対応する修繕費になりますけれども、議員が先ほど連絡しました、このエレベーターの故障につきましては、緊急対策ということで、その分はその費用で対応していると思いますけれども、2階部分のエレベーターの稼働が今していないということについては、原因のほうはまだ調査の段階ですので、それは確認次第、また修繕に取りかかっていけると思います。

 それと2点目の雨戸と格子の話ですけれども、議員のほうから平成22年6月議会でもその件については質問がありましたけれども、その後、我々担当課のほうで検討はしました。団地自体、建てられるときに、県営団地を参考に設計もしてきているんですけれども、そのときには格子、雨戸のほうが設置されてなくて、水釜高層も現在の状況になっているは思いますけれども、たしかに議員がおっしゃったように、隣の町民住宅とか再開発住宅については、防犯上の観点から格子が設置されていますけれども、その辺、整合性がとれない部分はありますけれども、今後、先ほども申し上げたとおり、入居者の意見をもう一度お聞きして、それから大半の方が防犯上、あるいは風通しのために格子が必要ということの意見が多ければ、設置の方向で考えたいと思います。

 3点目の水釜第二団地については、まずは耐力度調査をして、構造的な判定をした後、その後団地の再生計画を実施していきたいと考えております。その節には先ほど話がありました集会場とか、防災上の観点からいろいろ施設の配置の計画のほうを検討してまいりたいと思います。



◆10番(知念隆議員) 

 ぜひしっかりとした今後、町営住宅の建設をお願いします。

 それでは2番目の質問を行います。比謝川に歩行者用つり橋の設置についてお聞きをします。これまで議会において、比謝川を活用したさまざまな提案がありました。例えば比謝川の水質浄化装置として、人工の滝をつくってはどうかという大胆な提案もありました。どの議員かということは伏せておきますけれども、それから比謝川河口のイユミーバンタから対岸の渡具知につり橋をかけてはどうかという提案もありました。大きな川の少ない本島において、自然豊かな比謝川流域は我が町の財産であり、大いに活用すべきであると思います。今回、私が提案しているスポーツドームの北側は川を隔てて、葬斎場に近く、また道の駅からも近く、観光スポットになります。たびたび問題になっている告別式の時の交通渋滞の緩和も図られます。葬斎場の近辺を地図で見るとよくわかりますが、スポーツドームから葬斎場まで直線距離にすると比謝川の里よりも近くなっています。焼却場の美化センターと同じぐらいの距離で、歩いて二、三分ぐらいの距離であります。橋は歩行者専用のつり橋なので、自然の景観を壊すこともなく、比謝川散策に最適な場所になるのではないかと思います。観光スポットの造成で、地域振興にもつなげるという観点でとらえれば、一括交付金の活用もできるのではないでしょうか。真剣に検討をしてみる価値があると思いますが、当局の見解はどうかお伺いします。



◎宇栄原孝都市建設課長 

 質問事項4の?についてお答えします。過去にも葬斎場までの交通渋滞の解消並びに利便性を図ることを目的に、嘉手納運動公園から川をまたぎ、久得霊園付近の道路に橋をかけたらどうかとの意見、提案がありましたが、スポーツドーム駐車場から葬斎場までの歩行距離からして、利用率に懸念があります。また公園内のジョギングや散策路、あるいは観光スポットとしての活用についても現時点では費用対効果、維持管理、また防犯対策や安全面にも不安があり、つり橋等の設置については予定がございません。



◆10番(知念隆議員) 

 今回で提案をするのが2回目でありますが、やはり葬斎場の交通渋滞に関しては、恐らく抜本的な解決策はないのではないかと。月に1回、2回とか。年に何回かしかない交通渋滞で、ものすごく交通渋滞はしますけれども、これが毎日だとやはり行政ももっと真剣に考えるのではないかと思いますけれども、これが時々なものですから、大変だなと思っても、また過ぎ去ってしまって忘れたりという感じではないかと思います。この交通渋滞をいかに緩和していくかということも、今後の大きな課題であります。今回、一括交付金でいろいろと事業を計画していますけれども、私は野球場のサブグラウンド等よりは、こういった場を活用したものをつくったほうがいいのではないかと。道の駅からも近いし、比謝川の名所をつくると。YOU・遊・比謝川の前に激流下りというのがあります。それもこの橋から見ることができます。そういうことで、比謝川に関して造詣の深い神山副町長どうですか、この提案に関して見解をお伺いしたいと思います。



◎神山吉朗副町長 

 比謝川は町民の財産であるという認識は、当局をはじめ、議会とも共有していると思っています。それをどう利活用していくかというと、やはりいろいろな意見を出しながら、今後検討していくべき課題だろうと思っています。そういう意味では、一括交付金の利用等も視野に入れながら、広い議論をしていければと考えております。



◆10番(知念隆議員) 

 それでは時間もありませんので、5番目の質問を行います。老人福祉計画の評価体制についてお伺いをします。今後、高齢社会がますます進展する中で、老人福祉計画の策定は大変重要でございます。そこで次の点についてお伺いします。?第4期の計画期間における策定委員会の開催回数、主な内容について。?第5期老人福祉計画について。イ、推進、評価を行うメンバーの組織体制はどうなっているか。ロ、開催時期はいつかお伺いします。



◎金城睦和福祉課長 

 質問事項5、?及び?についてお答えします。?についてお答えします。第4期の計画期間における策定委員会は4回開催しております。主な内容は、アンケートの集計結果について。現計画の評価について。施策の見直し及び検討について。計画値及び目標についてとなっております。

 ?についてお答えします。第5期老人福祉計画の推進評価メンバーは第5期老人福祉計画の作成時の作業部会及び策定委員会のメンバーを予定しております。開催時期につきましては、平成24年度の決算終了後に予定しております。



◆10番(知念隆議員) 

 まず策定の委員についてですけれども、第5期においては9名の方がいらっしゃいます。私が不思議に思うのは、自治会長会の会長がいつも入っているんですけれども、この自治会長の会長というのは任期はたしか1年です。ところがこの策定委員の任期は2年なんです。2年の委員の中において、自治会長会の会長は1年しか任期ないのに、そこに入っている。結局はこの方が欠員で交代ということで、つくったメンバーと評価するメンバーが違うわけです。当初の策定委員会のメンバーが9名中5名かわって、評価するときには半分以下しかいないということで、果たして正しい評価ができるのかなという疑問もあります。

 それと目標値というのは毎年ありますけれども、評価が毎年行われているかどうか。単年度ごとの進捗評価について、具体的に各年度、何回行っているか、要するにPDC、プラン・ドゥ・シー、計画、実施、チェックをして、いかに直していくかということです。処置していくかと。その辺の実績、分析評価、どう反映させていくのか。例えばこれは多岐にわたるので、みんなはできませんけれども、ボランティアの登録人数、この件が非常にひとつ顕著なんです。平成21年度は計画目標値が830、平成22年850、平成23年870とありますけれども、実績は半分以下の460とか、平成23年度に至っては416で、逆に50名も下がっている、減っているわけです、ボランティアの人数に関しては。そういったことで、減ったときにいかに何が原因かというチェックをしっかりしないと、次の計画に生かしていけないと思うんです。そこで各単年度ごとにしっかり評価しているかどうか、その辺のことについてもお伺いをしたいと思います。



◎金城睦和福祉課長 

 まず第5期の老人福祉計画今回つくった老人福祉計画なんですけれども、平成24年度が初年度となりまして、この計画評価につきましては、年度終了後に単年度ごとの数値を出して計画していこうという予定になっております。それからこれまで第4期の場合とか、そういった評価を行ったかということなんですけれども、第5期をつくるときに3年分をまとめて、そのときに評価をしているところでございます。



◆10番(知念隆議員) 

 福祉課長も声が出にくいようですので、これ以上は聞かないようにしておきたいと思いますけれども、やはりこれからの高齢社会に向けて、この老人福祉計画というのが本当に重要だと私は思うんです。この計画はしっかり実地されて、目標に近く実績が上がれば、嘉手納町の介護保険の保険料とか、健康保険料とか、そういうのも全部よくなっていくのではないかと。健康長寿をしっかりつくっていくためにも、この老人福祉計画は大変重要だと思います。ただ計画はしっかりできていても、これをしっかりと実施して、計画どおりにいかなければ、絵にかいたもちになりますので、その辺のところはしっかりと立派な計画を立てておりますので、それが実績としてのこるように、さらなる担当課の御努力を求めて、私の一般質問を終わります。ありがとうございました。



○田崎博美議長 

 これで一般質問を終わります。

 しばらく休憩します。



△午前11時50分 休憩



△午後1時30分 再開



○田崎博美議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第3 「議案第10号:国道線形変更に伴う庁舎等改修工事請負契約の変更について」を議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。



◎比嘉孝史総務課長 

 議案第10号 国道線形変更に伴う庁舎等改修工事請負契約の変更について提案といたしております。この議案につきましては、当初の国道線形変更に伴う庁舎等改修工事に増がありまして、変更請負契約を締結していきたいということでございます。正面玄関部分、地主会館側部分、文化センター部分におきまして、地下埋設雨水管の切り回し工事が追加で発注したことと、構造基礎地盤が当初予定より深く、土工事、コンクリートが増になったことが主な原因でございます。それでは読み上げて提案させていただきます。

 議案第10号 国道線形変更に伴う庁舎等改修工事請負契約の変更について。

 議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和47年条例第22号)第2条の規定により、平成23年10月25日、議案第16号で議決された国道線形変更に伴う庁舎等改修工事について、下記のとおり請負契約の変更をしたいので、議会の議決を求める。記、1、工事名 国道線形変更に伴う庁舎等改修工事。2、当初契約額 金2億5,830万円。3、改定増減額 金623万7,000円。4、改定後の契約額 金2億6,453万7,000円。5、契約の相手方 嘉手納町字水釜112番地。有限会社 福地組。有限会社 古謝建設。特定建設工事共同企業体。代表者 有限会社 福地組、代表取締役 福地裕吉。平成24年9月11日提出。嘉手納町長 當山 宏。



○田崎博美議長 

 これから質疑を行います。

 1番 徳里直樹議員。



◆1番(徳里直樹議員) 

 金額についてはそれなりの手続をされての金額だと思いますけれども、増になった理由なんですけれども、雨水管が云々とか何とかありましたけれども、少し言葉だけではわからない部分があるものですから、できたらどういった形で、予測されなかったことが起きたからそういうふうになったと思うんですけれども、予測されなかった、今回の内容を資料に添付していただけると大変助かりますけれども、そういった資料請求はできるんでしょうか。



◎比嘉孝史総務課長 

 先ほど申し上げました雨水管の切り回しで構造基礎地盤が予定より深く切り回し工事が追加で発注したということと、そのための土工事ラップコンクリートが増になったということが主な原因でありますが、資料については提出していきたいと考えております。



◆6番(仲村渠兼栄議員) 

 1件、確認をお願いします。これだけの金額が計上されて、契約も決まっているんですが、いろいろな形で私もいろいろ述べてまいりましたが、この正面玄関に、国道変更に伴って大型車両が入れないわけです。マイクロバスもやっとしか入れないという状況で、これだけお金をかけても大型車両が入れないということで、そういう議論があったのか、どうしてもそこをこれだけの2億5,000万円近くかけてつくるのであれば、大型車両も入れるべきではないかという要望も私は常々いろいろな場面で言ってまいりましたが、それに伴って、一緒になってくるのかというのがあったんですけれども、庁舎はこれだけやって、そういう玄関フロアがきれいになってくるんですが、大型車両が入れない。見送り等々もできないこともありまして、そういう議論があったのか。今後10年、何十年かけて、また壊すのかというのもありますので、その辺の話し合いがあったかお聞かせください。



◎比嘉孝史総務課長 

 現在マイクロバスが入れるようになっておりますが、観光バス等の大型バスについては、今の形状としては入れないようになっております。これにつきましては、今回の国道線形変更に伴う舗装の工事のことは直接関係ございませんので、今後どうしてもその要求があれば、また単独検討してまいりたいと考えております。現在の形状では大型バスは玄関までは入ります。ただ、それを抜けていこうとしますと、どうしても駐車場から町道に出るための角度がきついので、それにつきましては協議を行いまして、庁議等でも確認を得ております。



◆6番(仲村渠兼栄議員) 

 町民の代弁者ということで、私たち今14名の議員が頑張っております。この角度ということで、駐車場を減らすのではなくて、町民から、ろうきんのキャッシュコーナーがあると。ろうきんというのは住民にはどこにあるのかとほとんどの人がわからないと。そこを角度をつけていけばできるのではないかという相談を受けてまいりました。そういう中で、今後、こういう声があるというのもしっかりと話し合いというのはやるべきだと思うんです。というのは40名、50名の嘉手納から出発して空港に行くとき、見送りするときに雨が降っていたときは、ここでさようならと。通常、庁舎等はやはり屋根がついて大型車両も入れて、見送りができるというのが理想ではないかと思っております。2億5,000万円かけて1階部分、これは国道に伴うことなんですが、これは一般質問でするものではないと思います。町民にはそういう不信を持っている方がたくさんいるというのをしっかり認識していただきたい。ぜひそれだけの間口をかえるぐらいだったら、あれを潰してやったほうが町民のためにはならないですか。老人クラブが視察にバス3台でいくといった場合に、ここで町長がコメントしていってらっしゃいと見送るのを、そういう場面、場面も数多く事業、行事としてあると思うんです。そういうことからもしっかりと出口のそういうお金に関して、これは緊急だと私は思います。補正でもしっかりと議員はチェックし、確認していくと思いますので、そういうのもぜひ再度計画してほしいと思います。私は今質問しているのは、この契約等々に対してではありません。これだけの金をかけるのだったら、ここもやるべきだということでとらえてほしいと思います。



○田崎博美議長 

 ほかに質疑はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっています「議案第10号」は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第10号」は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「討論なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 これから「議案第10号:国道線形変更に伴う庁舎等改修工事請負契約の変更について」を採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第10号」は、原案のとおり可決されました。

 日程第4 「議案第11号:平成23年度嘉手納町水道事業会計未処分利益剰余金の処分について」についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。



◎前川広充上下水道課長 

 それでは議案第11号、提案理由を申し上げたいと思います。

 地方公営企業制度の見直しが実施され、関係省令が施行されました。改正の趣旨は地方公営企業会計制度と民間の企業会計制度に大きな隔たりがあり、それを是正し、より民間企業の企業会計制度に近づけ、整合性を図ることを目的とし、新会計基準として、平成26年予算、決算から適用されます。御提案の議案もその一部として、地方公営企業法第32条の改正が行われ、平成24年4月1日より施行されました。今回の議案にかかわる部分から御説明申し上げますと、これまで法定積立金であった減債積立金、利益積立金の積み立て義務の廃止とその使途を限定する義務づけがこの法律により廃止になりました。これまで同法によって細かく制限されていた処分の処理が大幅に緩和され、地方公共団体が条例の制定や、また議会の議決を通して、地域の実情や地方公営企業の状況に応じた独自の判断に基づき、経営において、より自由度を高める運営ができるということに改正になりました。これまで剰余金の処分に際しては、同法により細かく制限が定められていたため、決算認定議案の1議案として提案し、利益処分の議決と決算認定の議決をあわせて受けることも差し支えがないとの行政実例等の考え方で提案してきましたが、改めて議会の議決の対象であるということを明確にすべきとの同法の改正の趣旨にのっとり、決算認定議案と分けての提案となりました。中味につきましては、従来どおりの処分ということになっております。参考としまして、決算書の226ページにも掲載しておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 それでは議案を読み上げまして、提案したいと思います。

 議案第11号 平成23年度嘉手納町水道事業会計未処分利益剰余金の処分について。

 地方公営企業法第32条第2項の規定に基づき、平成23年度嘉手納町水道事業会計未処分利益剰余金の処分について、議会の議決を求める。平成24年9月11日提出、嘉手納町長 當山 宏。

 次のページをお願いします。平成23年度嘉手納町水道事業剰余金処分計算書。当年度未処分利益剰余金としまして、7,294万9,531円、処分額としまして利益積立金500万円、建設改良積立金に3,000万円、合わせて3,500万円を処分したいと思います。処分によりまして、翌年度繰越利益剰余金としまして3,794万9,531円が翌年度に繰り越すということでございます。



○田崎博美議長 

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「質疑なし」と認めます。

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております「議案第11号」は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第11号」は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「討論なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 これから「議案第11号:平成23年度嘉手納町水道事業会計未処分利益剰余金の処分について」を採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第11号」は、原案のとおり可決されました。

 日程第5 「議案第12号:嘉手納町応急小口資金貸付条例の一部を改正する条例について」を議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。



◎金城睦和福祉課長 

 議案第12号 嘉手納町応急小口資金貸付条例の一部を改正する条例について御説明いたします。

 今回の主な改正点は、町民、民生委員及び議員の皆様方から保証人の要件を緩和してほしいとの要望があり、これまで保証人は町内に住所を有しているものに限定していましたが、3親等以内の親族で沖縄県内に住所を有している者を追加し、一部改正の提案をするものであります。また、それとあわせて条文の見直し及び文言等の修正を同時に行っております。

 それでは議案を読み上げて提案をいたします。

 議案第12号 嘉手納町応急小口資金貸付条例の一部を改正する条例について。

 上記の議案を次のように提出する。平成24年9月11日提出、嘉手納町長 當山 宏。

 嘉手納町応急小口資金貸付条例の一部を改正する条例。嘉手納町応急小口資金貸付条例(昭和54年嘉手納町条例第12号)の一部を次のように改正する。

 第1条ただし書を削る。

 第2条中「基準以下の収入」を「所得の者」に、「応急の」を「応急に」に、「ある者」を「あるもの」に改める。

 第3条第1号中「ところ」を「理由」に改め、同条第5号中「現に」の次に「この条例による」を、「受けていない者」の次に「又はこの条例による資金の保証人でないもの」を加え、同条第6号を次のように改める。

 (6) 生活保護法(昭和25年法律第114号)による扶助を受けていない者

 第4条の見出しを「(貸付資金)」に改める。

 第4条の2を削る。

 第5条及び第6条を次のように改める。

 (貸付け申込み)

第5条 資金の貸付けを受けようとする者(以下「申込人」という。)は、規則の定めるところにより、町長に申し込まなければならない。

 (貸付け)

第6条 町長は、前条の申込みがあったときは、調査のうえ、必要と認める者に対し、資金を貸付ける。

 第7条中「資金の貸付けを受けようとする者」を「申込人」に改め、同条ただし書を削り、同条第1号中「有している者」の次に「又は3親等内の親族で、沖縄県内に住所を有している者」を加える。

 第7条第3号を削り、第2号を第3号とし、第1号の次に次の1号を加える。

 (2) 申込人と別世帯を構成するもの

 第7条に次の2号を加える。

 (4) この条例による資金の保証人でない者

 (5) 生活保護法による扶助を受けていない者

 第10条中「について」を「に関し」に、「別に町長が」を「規則で」に改め、同条を第12条とし、第9条を第11条とし、第8条を第10条とし、第7条の次に次の2条を加える。

 (償還方法)

第8条 貸付けを受けた者(以下「借受人」という。)は、資金貸付けを受けた日の属する月の翌月から第4条本文の資金については12箇月以内に、同条ただし書については20箇月以内に一括又は分割償還しなければならない。

 (貸付金の利子)

第9条 貸付金には利子を付さない。

 附則(施行期日)1 この条例は、公布の日から施行する。

 (経過措置)2 この条例の施行の際現にこの条例による改正前の嘉手納町応急小口資金貸付条例の規定による申請、許可その他の行為は、この条例による改正後の嘉手納町応急小口資金貸付条例の規定に基づいてしたものとみなす。

 新旧対照表を添付してございますので、御参照いただきたいと思います。よろしくお願いします。



○田崎博美議長 

 これから質疑を行います。



◆14番(田仲康榮議員) 

 この小口資金というのは、緊急に必要な場合に活用できるということで、いい制度の一つにはなっているんですけれども、従来、実績からみると、もう既に計上していた分をすべて使いこなした年度と、そうでない活用されていない年度もいろいろ出たりして、なぜそうなるのかということで、よく議論されているところなんですけれども、今回の条例改正の主なポイント、なぜこういう形で書きかえざるを得なかったのかというそもそもの理由をかいつまんで、もう一度話をしていただきたい。

 それと新旧対照表のほうからお聞きします。新旧対照表の3枚目の保証人のほうです。実はここの部分では4以降の部分が新たにつけ加えられています。4と5とか、ここの分の説明と。基本的にはこれは町長の判断によっては、貸し付けの10万円が15万円を限度としてはできるとなっているんですけれども、ただ借りる側からすれば、保証人つきだということで、緊急になかなかですね、例えば一両日中に手術をしなくてはいけないということで、資金がどうしても必要な場合に、すぐには保証人が探せないという場合などの事例の場合は、条例の趣旨を生かすことがなかなか難しいと私は思うんですけれども、この保証人という制度について、この段階では基本的には私は額からしても保証人そのものについては外したほうがいいのではないかと。いわゆる気軽に必要としている人に貸し付けをしていく場合には、そういう厳しい部分の規定というのは外すことはできないのかどうか。そこをひとつお聞きしたいと思います。



○田崎博美議長 

 答弁を求めます。



◎金城睦和福祉課長 

 まず最初に、第1条ですが、これについては高額療養費資金貸付についての文言を削るということがありますけれども、これにつきましては、入院費は平成19年4月から外来診療は平成24年4月から高額医療費の現物支給化によって、窓口での患者の経済的負担が軽減されていることから、今回高額貸し付けに関する事項をすべて削除しております。それから第2条、基準なんですけれども、現行は基準以下の収入とあるんですけれども、現行の規則の第4条で所得の基準となっているため、そういった所得者のものに改正するという改正をしております。それから第5条及び第6条なんですけれども、これにつきましては、これまでなかった条文でして、その条文、流れとしてその条文を追加して、つけ加えております。全体的な主な理由としては、保証人のことが主なんですが、改正するときにこの条文全体を見渡して、よりよい条例にしていくために、今回他府県の同様な応急小口資金の条例を参考にしながら、条文の追加とか、修正等を加えております。それから第7条の保証人の第4号、第5号についてなんですが、第4号につきましては、もとの第3号と同じようなことなんですけれども、よりわかりやすい条文にしてございます。それから第5号につきましては、生活保護を受けている方は、保証人とならないということを定めております。それから保証人はいらないのではないかということなんですけれども、この保証人をつけることによって、やはり借りている側が意識をもって償還するということがこれまでも何件かございましたので、そういった意識づけをするためにもやはり保証人というのは必要ではないかということで、保証人をそのままつけております。それからこれまで町内に限定していましたけれども、3親等以内の親族については、沖縄県に住所を有する者として一部改正の提案をさせていただいております。



◆14番(田仲康榮議員) 

 こういうお金が絡む場合は、確かに保証人というのをつけると、いわゆる借りた本人がその意識を持つということは当然だと思うんですけれども、少なくともお金にかかわる問題というのは、借りる人の信用保証というのが一つは大切なので、これまでに実際に貸し付けをして回収できなかった例が何件ぐらいあるのか。それと実際に、例えば返済された分というのは、ほとんど借りた本人が返済したのか、それとも場合によっては保証人が立て替えて払ったという例があるのかどうか。その辺を明らかにしてほしいと思います。



◎金城睦和福祉課長 

 現在、応急小口の貸し付け状況なんですけれども、現在8名の方に貸し付けがされています。それでそのうちの3名が返済が滞っている件数でございます。それから保証人が立て替えて支払ったことがあるかということなんですけれども、これまで保証人が立て替えたことはないという実績となっております。



◆14番(田仲康榮議員) 

 これまで8名、8名というのは何年から何年の間のものですか。この年度に入ってからの貸し付け件数ではないですよね。要するに累計ですか。8名のうち3名の方が滞っているというんですけれども、それは町のほうとしては、その人に話しかけをして、なぜ滞っているのかという理由は明らかにさせていますか。それと本人たちとの間で、例えばいつまでに支払いができるのか、そういう話も進められているのか、そういう上での滞りなのか、内容についてお聞きをしたい。

 それと保証人まで行きついていないというのが、今、課長の答弁で明らかになったわけですけれども、これは額面としては10万円から15万円という形ですので、借りた人が努力をすれば決して返済も難しくはない、難しくはないような額だと思います。ですからその場合に緊急に必要性がある場合に、それに保証人までつけてやらないと、なかなか必要性というのがそれによって阻害されてしまいかねないという問題が生じますので、今の課長の答弁からすると、やはり保証人の問題については少し検討を要する必要があるのではないかと考えていますけれども、それは制度責任者として、もしできれば町長か副町長あたりで制度改善ができないかどうか、その辺の答弁もひとつお願いしたいと思います。



◎金城睦和福祉課長 

 現在3件の方が滞っているということで、2件につきましては、以前訪問して支払いの約束まではとりつけたんですけれども、なかなか支払ってくれないという状況がございます。あと1件につきましては、郵便物を送っても居ない、行方がわからない状態の方が1件いらっしゃいます。



◎當山宏町長 

 保証人の件なんですけれども、具体的に今どういった状況なのか、その保証人を必要としないのか、あるいはする状況なのかというのを具体的に私の段階では確認をしておりませんけれども、今回保証人の範囲を広げているわけです。町内だけではなくて、県内、場合によっては県外と。これについてはその必要性が指摘されたことによるものだと認識をしております。ですからそういったことも含めて、運用をしてみて、保証人が必要だから緊急の対応ができなかった事例が果たしてあるのかどうか、そういったことも踏まえながら、今後検討していく必要があるだろうと思います。今回これでまず様子を見てみたいと思います。



◆6番(仲村渠兼栄議員) 

 今回この一部条例改正、保証人の間口が広がったということで、私は高く評価したいと思います。なぜかというと、これまで息子、娘あたりが嘉手納町内に住宅を持てない、住めないという条件でほかに行ったということで、話し合いも、そしていろんな形でできる、すぐ相談ができるようなことになったということで、そういうことで条例改正があって、平成7年から制度改正ができなかったということで、これは評価したいと思いますが、一つ確認をとりたいと思います。現行は保証人をとる場合の書類というのはどういう書類を提出していたのか。町内でしたらいろいろ一定の職業を持ち、一定の所得があるというのは、役場のシステムでわかります。町外になった場合には、どれだけ働いて、どんなして、所得がどれだけあるかとかもわからないです。そうなった場合には、そういうこれは内規でやるのか、規定でやるのかわかりませんが、これについてどうなっているかお伺いしたいと思います。



◎金城睦和福祉課長 

 保証人の様式等につきましては、規則にございます。この保証人の印鑑証明をとりまして、まず職業等につきましては、そういった相談の中で聞き取りながら行っているというのが現状でございます。



◆6番(仲村渠兼栄議員) 

 所得証明をとる予定はあるのか。町外ですので、どれだけの収入があるかわからないです。一定の職業があるということもありますので、一般、そういう銀行等は金額に関係なく、資産証明まではとる必要はないと思うんですけれども、そういう納税とかがおくれているとか、そんなものもあると思います。町外の確認というのもありますので、その辺はどう考えているのかお聞かせください。



◎金城睦和福祉課長 

 保証人の所得証明等については、この保証人自体が連帯保証人ではないものですから、特に所得証明とか、そういったものまではとってはございません。これまでにも聞き取り等によって行っていますので、同じような感じで進めていきたいと考えています。



◆1番(徳里直樹議員) 

 大変すばらしい事業だと思うんですけれども、借りやすくするということ、これは文教厚生常任委員会の中でもよく話し合われていることなんですけれども、今回、条例の中に借りられる対象者、借りることができる方というんですか、生活保護による扶助を受けていない者ということで、記載されているんですけれども、これはどういった意味でそうなったのか、いきさつを教えていただきたいと思います。



◎金城睦和福祉課長 

 対象外の生活保護受給世帯なんですけれども、生活保護者につきましては、必要に応じて扶助費があるため、貸し付けの対象から除いております。いろいろな生活とか、教育、住宅、医療関係とか、いろいろな制度がございます。



◆1番(徳里直樹議員) 

 緊急に、要するに資金が必要になって、駆け込み寺のような感じで来る資金だと思うんです。特に低所得者向けということで、生活保護を受けている、扶助を受けている方々もそれなりの視点からの支援策はあると思うんですけれども、それには手続もかかりますし、緊急を要するという意味においては、生活保護を受けている方々も一緒だと思うんです。そういった面では拡充する、拡充というか、もとは入っていないわけですから、わざわざそこに入れる必要性があるのかと疑問を感じるものですから、もう少し検討していただくことはできないか要望したいと思います。



◎金城睦和福祉課長 

 生活保護者に対してはいろいろな扶助費がありまして、それだけ保障されているということがあるということです。そういうことから緊急性とかというのはなかなか考えにくいということがございます。それから他府県を見ても生活保護については貸し付けから除外されておりましたので、それを参考にしながら入れております。もし今後、生活保護者の方からそういった借り入れ、申し込みがありましたときには、社協でも民生委員児童委員協議会が行っています歳末助け合い金庫というのがございますので、そういったものを紹介していければと思っております。



◆1番(徳里直樹議員) 

 ほかの扶助を受けているということなんですけれども、これは法律で生活保護という国の法律を援助を受けているから、こういった町の支援策が受けられないという明確なものがあるのでしょうか。それを少し調べていただければと思いますけれども、借りにくいという問い合わせがあって、文教厚生常任委員会の中でもこういった議論がされる中で、保証人もしかりなんですけれども、その幅を拡充していただくのはとてもよいことだと思うんですけれども、今度は借りる側に制限を加えてしまうと、その相談に来る方々というのは困ってくるわけですから、ほかの支援を受けているから生活が満たされているということはないと思います。その辺をもう少し、先ほど町長のほうからも行ってみて、状況を見てまた改善していくというお話もありましたので、これも含めて、検討の中に入れていただきたいと思います。要望でございます。一応調べてください。



○田崎博美議長 

 ほかに質疑はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております「議案第12号」は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第12号」は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「討論なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 これから「議案第12号:嘉手納町応急小口資金貸付条例の一部を改正する条例について」を採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第12号」は、原案のとおり可決されました。



○田崎博美議長 

 しばらく休憩します。



△午後2時16分 休憩



△午後2時25分 再開



○田崎博美議長 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第6 「議案第7号:平成24年度嘉手納町一般会計補正予算(第2号)」についてを議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。



◎古謝聰企画財政課長 

 議案第7号 平成24年度嘉手納町一般会計補正予算(第2号)について説明いたします。

 今回の補正予算の主な内容は次のとおりです。総務費において庁舎空調設備改修工事設計委託料、民生費において障害福祉サービスシステム導入委託料、障害児通所支援等給付金、児童手当システム構築委託料、土木費において町道屋良西原線整備工事、屋良町営住宅建設工事、屋良町営住宅併行防音工事を計上しております。

 それでは議案を読み上げて提案いたします。

 議案第7号 平成24年度嘉手納町一般会計補正予算(第2号)。

 平成24年度嘉手納町の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億1,840万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ73億4,628万円とする。2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。

 (継続費の補正)第2条 継続費の変更は、「第2表 継続費補正」による。平成24年9月11日提出、嘉手納町長 當山 宏。

 それでは2ページの第1表歳入歳出予算補正の歳入から説明いたします。

 11款1項地方交付税で9,073万円の補正増を行っております。普通交付税の確定による増であります。

 14款1項使用料で90万円の補正増を行っております。ウォーターガーデン施設使用料の増によるものであります。

 15款1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金で934万5,000円の補正増を行っております。障害者自立支援給付費で98万6,000円の増。障害児施設措置費国庫負担金で835万9,000円の増によるものであります。15款2項国庫補助金で3億236万7,000円の補正増を行っております。2目民生費国庫補助金の障害程度区分認定等事業費補助金で17万1,000円の増。4目土木費国庫補助金の公営住宅整備事業補助金で2億5,038万6,000円の増。防衛施設周辺住宅防音事業補助金で1,495万円の増。6目特定防衛施設周辺整備調整交付金で3,686万円の増によるものであります。

 16款1項県負担金、1目民生費県負担金で467万2,000円の補正増を行っております。障害者自立支援給付費で49万3,000円の増。障害児施設措置費県負担金で417万9,000円の増によるものであります。16款2項県補助金、2目民生費県補助金で900万2,000円の補正増を行っております。すこやか保育サービス事業補助金で357万7,000円の増。放課後児童健全育成事業補助金で293万1,000円の増。特別保育事業費等補助金で1万5,000円の増。安心子ども基金事業補助金で246万7,000円の増。障害者自立支援特別対策事業費補助金で1万2,000円の増によるものであります。

 19款1項特別会計繰入金、2目後期高齢特別会計繰入金で138万6,000円の補正増を行っております。後期高齢医療決算に伴う増によるものであります。

 以上、歳入合計で4億1,840万2,000円を増額補正しまして、補正後の金額を73億4,628万円といたしております。

 次に、3ページ。歳出について説明をいたします。

 2款1項総務管理費で1,997万3,000円の補正増を行っております。1目一般管理費の工事請負費で156万2,000円の増。5目庁舎等管理費の委託料で1,013万1,000円の増。工事請負費で306万円の増。6目企画費で16万9,000円の増。7目情報政策費の委託料で362万7,000円の増。13目防災対策費で8万4,000円の増、ほかによるものであります。3項戸籍住民基本台帳費で107万3,000円の補正増を行っております。人件費及び賃金の増によるものであります。

 3款1項社会福祉費で2,535万6,000円の補正増を行っております。1目社会福祉総務費の工事請負費で75万6,000円の増。2目障害者福祉費の委託料で1,019万8,000円の増。扶助費で1,393万9,000円の増。5目後期高齢者医療費で30万8,000円の減、ほかによるものであります。2項児童福祉費で1,293万円の補正増を行っております。2目児童措置費の委託料で1,260万円の増。4目保育所費の需用費で33万円の増によるものであります。

 4款1項保健衛生費で437万8,000円の補正増を行っております。3目健康増進事業費の需用費で43万2,000円の増。5目母子衛生費の職員手当等で58万3,000円の増。賃金で78万5,000円の増。7目子ども医療費の委託料で234万8,000円の増、ほかによるものであります。

 6款1項農業費で112万7,000円の補正増を行っております。2目農業総務費の賃金で76万8,000円の増、ほかによるものであります。

 7款1項商工費で237万5,000円の補正増を行っております。2目商工振興費で7万5,000円の増。4目観光費で20万円の増。5目情報通信産業費の備品購入費で191万4,000円の増、ほかによるものであります。

 8款1項土木管理費で35万5,000円の補正増を行っております。1目土木総務費で8万5,000円の増。2目施設管理費の委託料で27万円の増によるものであります。2項道路橋りょう費で4,320万6,000円の補正増を行っております。2目道路維持費で102万6,000円の増。3目道路新設改良費の委託料で100万円の増。工事請負費で4,066万6,000円の増。公有財産購入費で27万円の増、ほかによるものであります。3項都市計画費で155万8,000円の補正増を行っております。1目都市計画総務費で1万円の増。3目公園費で154万8,000円の増によるものです。5項住宅費で2億9,287万8,000円の補正増を行っております。1目住宅管理費の工事請負費で228万5,000円の増。2目町民住宅管理費で161万8,000円の減。4目住宅建設費の委託料で211万4,000円の増。工事請負費で2億9,009万7,000円の増によるものであります。

 10款2項小学校費で608万4,000円の補正増を行っております。1目学校管理費の委託料で232万4,000円の増。工事請負費で374万6,000円の増、ほかによるものであります。3項中学校費で104万9,000円の補正増を行っております。1目学校管理費で41万6,000円の増。2目教育振興費で63万3,000円の増によるものです。4項幼稚園費で202万5,000円の補正増を行っております。1目幼稚園費の委託料で162万8,000円の増、ほかによるものであります。5項社会教育費で338万4,000円の補正増を行っております。1目社会教育総務費の負担金補助及び交付金で112万円の増。5目社会教育施設費の委託料で62万2,000円の増。工事請負費で120万3,000円の増。6目青少年センター費で5万7,000円の増、ほかによるものであります。6項保健体育費で2目体育施設費の工事請負費で65万1,000円の補正増を行っております。

 以上、歳出合計で4億1,840万2,000円を増額補正いたしまして、補正後の金額を73億4,628万円といたしております。

 次に、4ページをお願いいたします。第2表継続費補正でございます。

 8款土木費5項住宅費。事業名、屋良町営住宅建替事業の平成24年度の年割額を5億9,286万円、平成25年度の年割額を4億1,383万6,000円といたしております。

 5ページ以降につきましては、説明を省略いたします。御審議よろしくお願いいたします。



○田崎博美議長 

 これから質疑を行います。



◆4番(新垣貴人議員) 

 4番 新垣です。

 18ページ、19ページ。3款民生費2項児童福祉費2目児童措置費内の13節委託料1,260万円が計上されております。平成21年度に民主党政権が誕生いたしました。制度が児童手当から子ども手当に変わり、再度児童手当に戻るということです。マニフェストに書いてあることはやらない。書かれていないことは実施する。今回の消費税増税などはそのものだと思いますけれども、その民主党政権の失策により、今回1,260万円もの経費がかかるということになっております。そのうちの約7割が一般財源から支出されるということなんですけれども、これは制度の変更というのは国の責任で、国の決定によって行われるものですので、当然ながら国の責任において全額措置されるべきものだと思っております。これはどうなんでしょうか、財源について、交付税の中に含まれているうちでの支出なのか、それともまるまる一般財源からの支出なのか、その点についてお伺いいたします。

 20ページ、21ページ。4款衛生費1項保健衛生費7目子ども医療費内の13節委託料234万8,000円が計上されております。子ども医療費システム改修委託料ですが、どのような理由により改修されるのでしょうか。先ほどの児童手当システムに関するものなのか、その改修理由をお伺いいたします。

 それと24ページ、25ページ。7款商工費1項商工費5目情報通信産業費18節備品購入費191万4,000円計上されております。添付資料として備品の内訳がパソコンとオーディオシステムを購入するということなんですが、もう少し詳しい説明を求めます。

 それから28ページ、29ページ。8款土木費2項道路橋りょう費2目道路維持費内の15節工事請負費が計上されておりますが、町道73号線交通規制柵設置工事について詳しい説明を求めます。続いてその下、3目道路新設改良費内の13節委託料、15節工事請負費、17節公有財産購入費について、説明の2内の町道48−2号線修正設計委託料について説明を求めます。それと町道屋良西原線整備工事から町道2号線整備工事用地買収、四つの工種と1件の用地買収がございますが、その場所を示す資料のほうを御提供いただきたいのですが、地図、もしくは嘉手納一郎さんの家から水釜次郎さんの家までの区間とか、そういったわかりやすい資料の提出を求めます。議長、こちらは資料請求ということで、お諮りをお願いします。



◎上原学子ども家庭課長 

 18ページ、19ページにあります3款民生費2項児童福祉費2目児童措置費の児童手当システム構築委託料について説明いたします。今回18ページにあります児童措置費の中の県支出金246万7,000円につきましては、子ども手当から児童手当に変わるため、改修に関しては全額交付金で賄っております。支出のほうにあります1,260万円に関しましては、現システムの保守対応が終了するのに伴い、新しいシステムを導入するための費用であります。

 続きまして、20ページ、21ページを説明いたします。4款衛生費1目保健衛生費7目子ども医療費のシステム改修の内容ですが、平成24年10月より、子ども医療費制度の県のほうの一部改正がございまして、通院に関しましては今までどおり、県の基準は4歳までですが、入院に関しまして、小学校就学前までの医療費対象でしたが、10月以降、中学校卒業まで子ども医療費の対象になりますので、そのためのシステム改修となっております。



◎真壁孝産業環境課長 

 24ページ、25ページの商工費の中の情報通信産業費の備品購入費の件なんですけれども、これはマルチメディアセンターにコンテンツスタジオというところがありまして、そこはプロからアマチュアなどの音楽関係の収録とか、あるいは映像等の編集機器をセットしているところがあるんですが、そこのものが大分型が古くなったために、現在にそぐわないというところがありまして、新しい、要するにデジタルの製品に変えていくというところであります。



◎宇栄原孝都市建設課長 

 28ページ、29ページをお願いいたします。8款土木費2項道路橋りょう費2目道路維持費の15節工事請負費、金額77万7,000円、項目としましては、町道73号線交通規制柵設置工事ですけれども、場所につきましては、漁港からマルチメディアセンターまでの海岸線の道路になります。暴風、台風が発生した場合に、その道路については交通規制で通行止めになりますけれども、そのときになんくる家というお店がありますけれども、その前でゲートを閉めるんですけれども、所有者の方から、そこでゲートを閉めると営業的に支障があるということがありまして、第2ゲートとして、これから60メートル奥に行ったところに、そのなんくる家の駐車場のちょっとしたスペースがあるんですけれども、その境界のところに第2ゲートを設置しようと思っています。気象の条件によって第1ゲートで封鎖するのか、あるいは第2ゲートで封鎖するのかというのを、その辺また判断して管理していきたいと考えております。

 続きまして、その下の3目道路新設改良費の中の13節委託料、その中の町道48−2号線の修正設計業務ですけれども、場所としましては、水釜大木線の元ホットスパー、新垣議員が一般質問で指摘したちょっとカットする道路、そのところから漁港に下りていく坂道、脇道があるんですけれども、この道路につきましては、以前、実施設計まで行ったんですけれども、地権者との協議等で折り合いがつかなくて、保留にしていました。最近になりまして、地権者からもこの道路については側溝等も含めて、いろいろ道路の改良をしてもらいたいということで、先方のほうからも要望がありまして、前回やった実施設計の修正設計を今回やっていきたいと思っています。それとその下の15節の工事請負費から17節の公有財産購入費までは資料の提供ということでしたので、後ほど屋良西原線から町道埋立2号線の用地買収まで事業の箇所図のほうを資料として提供いたしたいと思います。



◆4番(新垣貴人議員) 

 4番 新垣です。

 18ページ、19ページ。児童手当システム構築委託料ですが、制度の変更によるシステム改修、システム構築というのは理解いたしておりますが、お聞きしているのは財源なんです。一般財源、町民の血税からシステム変更に対する財源を拠出するのか、それとも国の責任において、その時の政権によって制度が変わったから、その分の補てんを求めていくのか、その財源についてお伺いいたしております。再度御答弁をよろしくお願いします。



◎上原学子ども家庭課長 

 今回、提案いたしております児童手当システム構築委託料は、先ほど申し上げましたように、現システムの保守対応が終了に伴い、新しいシステムを導入するためであります。制度が変わって、子ども手当から児童手当に変わるための委託料ではなく、今現在、使っているシステムの保守対応が終了するために新しいシステムを導入するためであります。財源といたしましては、全額単費でございます。子ども手当から児童手当に変わるという国の制度の変更ではなく、うちが今使っているシステムの終了に伴う変更です。18ページにあります児童措置費の県支出金の246万7,000円、この費用につきましては、子ども手当から児童手当に変わる国の制度の変更ですので、全額交付金で賄っております。1,260万円に関しましては、現在使用しています保守対応の終了に伴うために計上しております。国の制度の変更ではなく、これは単費でやっております。

 今回、子ども手当から児童手当に変わる時期と今使っていますシステムの保守対応が終了するというタイミングがたまたまあったために、こういった形になっております。



◆1番(徳里直樹議員) 

 それでは教えてください。16、17ページです。障害者福祉費の説明書きのほうで新しいシステムが導入されるということで、その内容と同じく障害者の虐待防止対策支援事業委託料ということで、どういった事業が委託されるのか、それを教えていただきたいと思います。

 それから32、33ページの住宅管理費の中の15節工事請負費、町営水釜高層住宅屋上防水塗装工事の内容を教えてください。それと下の町民住宅管理費の中の不動産鑑定料が出ているんですが、どういった内容で不動産の鑑定を入れるのか。また不動産の鑑定には幾つか種類があると思いますので、その内容も含めて教えてください。それと水道メーター及び集中検針盤取替工事が減になっているんですけれども、これは工事をやらなくて減なのか、工事代金が減になったのか、内容を教えてください。

 それから36、37ページ。中学校費の学校管理費です。製氷機の保守点検委託料の内容を教えてください。

 それから40、41ページ。社会教育総務費、町PTA連合会の補助金の増について、内容を教えてください。



◎金城睦和福祉課長 

 16ページ、17ページ。3款1項2目障害福祉費13節委託料、その中の障害福祉サービスシステム導入委託料なんですけれども、これにつきましては、現システムの保守対応が3月末に終了するのに伴いまして、新システムを導入する予定でございます。それから障害者の虐待防止対策支援事業委託料なんですけれども、これにつきましては、障害者の虐待防止に関する法律が10月から施行する予定となっています。それに対応するために虐待発生時に必要となる一時保護のための居室の確保に必要な費用をこちらで計上させていただいております。



◎宇栄原孝都市建設課長 

 32ページ、33ページをお開きください。8款土木費5項住宅費の1目住宅管理費の15節工事請負費228万5,000円ですけれども、町営水釜高層住宅の屋上の防水塗装工事、当初から予算計上していたんですけれども、当初の予算計上の際、県の住宅供給公社の指定している業者のほうから当初予算の見積もりのほうを計上していたんですが、実際発注段階になりまして、住宅供給公社が指定する業者につきましては、町外の業者になっていまして、町内業者に発注する際に、改めて見積もりを徴収したところ、まず作業の施工方法の手順がまず違ったのと、それと撤去した瓦屋根の処分費のほうの単価の見直しがありまして、それで228万5,000円を補正計上しております。工法、それと処分費による増になります。その下の2目町民住宅管理費の12節役務費8万4,000円の不動産鑑定料ですけれども、現在の町民住宅の敷地一部が個人有地になっておりまして、契約を更新する時点で、坪単価の見直し等々の話がありまして、この見直しをする単価を査定するために、今回不動産鑑定を入れます。なお、不動産鑑定の種類につきましては、鑑定士による意見書のほうをまず鑑定評価をしていただこうと思っております。その分の増になります。その下の15節工事請負費の192万4,000円の減ですけれども、水道メーター及び集中検針盤の取替工事ということで、当初200万円近く予算計上していたんですけれども、作業を点検していく中で、軽微な修繕関係で対応ができましたので、工事費としては今回不用になりましたので、減にいたしました。



◎我那覇隆三教育指導課長 

 36ページ、37ページ。10款3項1目学校管理費の13節委託料、製氷機保守点検委託料ですけれども、これまではPTAのほうで対応しておりましたけれども、今回6月に中学校及びPTAのほうから要請がありまして、2台分の保守点検委託料を対応しております。



◎金城博吉社会教育課長 

 それでは40ページ、41ページです。10款5項1目社会教育総務費の中の19節負担金補助及び交付金のほうでPTA連合会の補助金12万円増についての質問ですけれども、これについては嘉手納町PTA連合会の事務員の手当の増による補正であります。



◆1番(徳里直樹議員) 

 まず防水塗装の水釜高層団地の防水塗装工事ということで、今の説明でよく理解できたんですけれども、もう一つは、定期的な工事なのか。何か修繕が入って、今回思い切って、そういったとらえ方になったのかを教えてください。

 それと不動産鑑定料ということで、敷地の一部が借地関係にあるかと思うんですが、その借地料の意見書を求めるというとらえ方で鑑定士に出されているということなんですけれども、これも耳のほうに入っておりますので、鑑定士は多分よその地域から来て調べられるケースだと思います。それも指標になるかと思いますけれども、ぜひ地域の声もどういった状況で課されているかということも踏まえて、地権者の方には対応していただければと思います。

 製氷機の保守点検については、中学校のほうも喜んでくれると思います。

 それと町PTA連合会補助金は、PTA連合会のほうからは事務員の給与云々ということも踏まえて、その活動費も足りないということでの補助金申請であったと思います。実質12万円だけの増という内容がわからないものですから、その辺の話し合いがどういうふうに行われたのか、PTAのほうから幾ら上がって、それをどういった話し合いをもって、この金額になったのか教えていただければと思います。



◎宇栄原孝都市建設課長 

 徳里議員の再質疑にお答えします。33ページですけれども、町営水釜高層住宅の屋上防水工事につきましては、昨年、台風が二度沖縄本島近郊に接近しまして、高層住宅の屋上の瓦が剥離飛散しました。この分を早急に補修しないといけなかったんですけれども、調査のほうに時間がかかりまして、それで当初予算に計上しているんですけれども、今、養生ネットで上から押さえて、保護しているというんですか、養生している状況です。今回その瓦を撤去して改めて瓦を乗っけるのではなくて、上から防水の塗布防水塗装をする予定であります。それと不動産鑑定料ですけれども、議員御指摘のとおり、周辺取引事例等も参考にしながら、評価につきましては、それと地域の住民の意見もお聞きしながら、鑑定士のほうにその条件も話をしながら、評価のほうを鑑定していきたいと思います。



◎金城博吉社会教育課長 

 徳里議員の再質疑にお答えをいたします。実は嘉手納町PTA連合会については、現在100万円の補助金をこちらのほうから支出しておりますが、要望としては40万円の人件分を含め、活動費等、トータルで40万円の希望額がありました。その中で予算指導ももちろん精査してから決めていますけれども、繰越金等にまだ少しばかり活動費については余裕がありましたので、今回この人件費の12万円だけということで計上しております。



◆5番(照屋唯和男議員) 

 12ページ、13ページの5目庁舎等管理費のほうで先ほど説明があったと思うんですけれども、庁舎の空調設備改修工事の内容をもう少し教えてください。その下の庁舎サイン改修工事のほうもよろしくお願いします。

 次、28ページ、29ページ。土木費の中の道路改良費の中で説明のほうに久得橋右折帯設置工事がありますけれども、それもどういう内容なのか教えてください。その下で町道屋良西原線整備工事が入っていますけれども、これは多分さとやの弁当屋さんのところから入った通りと思うんですけれども、これは当初歩道だけの整備から道路全体の整備工事になるというのを説明受けた覚えがあるんですけれども、その内容をもう少し詳しく教えてもらいたい。クランク式から楕円方式みたいな形、ちょっとカーブを設置するような形のものをやると言っていましたけれども、それとその道路について、隣接する地域住民との意見交換もしながら、どのほうに整備したほうがいいかというようなこともしたいというのを聞いていました。それをいつごろやっていくのか、またこの道路はその一帯ではどういう目的で行ったかわからないけれども、一方通行になっています。南側から北側にしか抜けていきませんけれども、これが例えば歩道を縮めて、対面方式とか、そういうのも要望があったらできるのかどうかとか、そういうのも含めて説明もらいたいと思います。

 34、35ページの学校管理のほうで、これも説明にありますけれども、屋良小学校の施設等配置計画の策定委託料が計上されていますけれども、これについても少し内容を、どの辺までどういうふうに考えているか、内容を説明ください。その下の屋良小学校樹木剪定委託料、これについてもどういうふうに進めていこうとしているのか、内容を教えてください。



◎比嘉孝史総務課長 

 2款総務費1項総務管理費の中の5目庁舎等管理費、庁舎空調設備改修工事設計委託料について御説明いたします。

 この庁舎空調設備につきましては、本庁舎が建設された昭和58年から約30年が経過しております。この空調設備につきましては、15年程度が耐用年数と言われておりまして、ここ数年来、頻繁に故障が発生しており、このままではいつ空調がとまってもおかしくないということでございます。またさらに現在冷媒としてフロンガスが使用されておりますけれども、既に製造が中止されていること、空調機器の部品についてももう既に部品交換できないということで、これを工事を実施する前に設計委託をやっていきたいと考えております。

 それから次の庁舎サイン改修工事について御説明します。庁舎サインの改修につきましては、1階を今現在行いまして、1階フロアが明るくなったということで、評判もございます。さらに2階、3階を今回補正予算計上して、残りの部分を改修してまいりたいと考えています。



◎宇栄原孝都市建設課長 

 28ページの8款2項3目道路新設改良費の13節委託料の久得橋右折帯設置検討業務委託料ですけれども、これまでの懸案事項でありました久得牧原線、葬斎場に向かう三又路のほうです。これまで交通渋滞していた。どうにか解消できないかということで、今まで議会でも取り上げられたんですけれども、昨年、橋の長寿命化計画の調査をしているときに、この橋りょうの構造的なものをいろいろ専門者に聞きました。この橋に今まではあと1車線設けた場合に、車両の加重かかった場合に、橋に負荷がかかって、あと1車線が難しいという見解だったんですけれども、専門家に聞きますと、構造的に大丈夫だろうと。可能性はあるだろうということで、今回、葬斎場に向かう右折帯の設置の橋の改修の検討をするということで、橋の右折帯設置業務の委託料を計上させていただいております。

 続きまして、その下の15節工事請負費、屋良西原線整備工事、先ほど議員が言われたとおり、当初屋良西原線、県道74号のさとやの弁当屋さんのところから、第二保育所に向かう一方通行の道路ですけれども、当初予定は歩道の改良工事でしたけれども、樹木のほうが大分大木化して、その樹木のほうも今回植えかえしようということで、根こそぎ取るんですけれども、どうしても車道までの影響範囲が出まして、この際、歩道も車道も一気に改良工事、新設したほうがいいという住民からの意見もありまして、今回、工事的には大掛かりな工事になります。案につきましては、早速、町としてはこういう考えを持っていますけれどもということで、地域の自治会のほうにも御説明をしてきております。地域自治会のほうからはできれば速度減速のためのクランク式はこのタイプがいいだろうと。また途中途中にハンプですね、速度制限、減速をさせるハンプを設けたほうがいいということで、幾つか提案、要望も聞いております。それを設計に反映させて、間近で設計のほうも落ち着くと思うんですけれども、それから防衛局の査定を受けて、ほぼ案が固まり次第、それからまた付近住民への工事に向けての説明会を行っていく予定であります。また通行につきましては、今、県道側から第二保育所に向かって一方通行ですけれども、交通形態については現状のままで考えております。



◎金城悟教育総務課長 

 それでは34、35ページの10款2項1目学校管理費の屋良小学校施設等配置計画策定委託料について、御説明いたします。

 屋良小学校については、管理棟がかなり耐力度が落ちているということで、早急に建て替えを考えなくてはいけない状況になっております。また屋良幼稚園につきましても、築44年たっているということで、これも建て替えを考えなければいけない時期に来ているのかということがあります。建て替えに当たって、同じ機能を持つ建物を同じ場所にするのではなく、将来を考えて、園舎、校舎、ランチルーム等々を含め、どのような形で配置したほうが今後、将来理想的な形になるのかということを考えた上で、建て替え計画を進めていきたいということがありまして、今回、学校の先生方、あるいは保護者の代表の皆さん等々も含め、配置計画を立てて、建て替えに向けた準備を進めていきたいということで、予算計上しております。

 続きまして、同じく屋良小学校の樹木剪定委託料についてですけれども、屋良小学校の北西側、運動場の端側になるんですけれども、現在ガジュマルとモモタマナという木になりますが、道路のほうにはみ出していまして、かなり通行の邪魔になるし、危険ではないかということで、住民の皆さんからも御指摘を受けております。その木について安全対策を行う上でも剪定を行おうということで、予算計上しております。



◆5番(照屋唯和男議員) 

 もう少しお聞かせください。先ほどの庁舎空調設備の件なんですけれども、これは補正予算が一般財源から出ていますけれども、こういうのは例えば9条とか、そういうのを使ってはいけなかったのか、もう大分なっているとわかっている話ですから、そういうのを計画していけばできたのかという質問と、あともう1点、先ほどの屋良の件なんですけれども、これは町民から、地域住民から要望があって、例えば交通安全対策としてハンプをつけてほしいとかいろいろありました。中にはこの通りは1本道で、完全に右側、要するに西側と東側を分離するような道路になっているんです、区画線の中で。そういうところから、本来横断するときに、すごく必要な道路が車道止めでふさがれていたりして、その辺少し交通上不便だなということがあります。それで先ほど目的としてなぜ一方通行につくったのかと確認して、それが例えば北から南に戻ってこれるような対面方式の道路もできるのか、要するに歩道を縮めて2車線にして、行き帰りできるような道路にもできるのかというのが、もし要望が出たら、それは今からでも考えていけることなのかどうか、少し教えてください。



◎比嘉孝史総務課長 

 庁舎につきましては、これは公共的施設ではございません。公用施設でございます。公用施設につきましては、特定防衛施設周辺整備調整交付金は使えないということでございます。



◎宇栄原孝都市建設課長 

 屋良西原線の道路なんですけれども、その道路の場所が屋良土地区画整理区域の中にあります。現状は今照屋議員がおっしゃったように、県道側から第二保育所のほうに一方通行ではあるんですけれども、当時、区画整理事業とこの道路の計画の中では、当初対面交通、両側交通で計画されていたらしいです。その後やはり区画整理地内の道路としての位置づけで、周辺住宅界隈の人たちがうまく利用、歩行者を優先にした道路にしたほうがいいということで、その後、計画が変更になったということを聞いております。この屋良西原線につきましては、都市計画決定された道路で、位置づけとしてはコミュニティ道路としての位置づけになっていますので、現時点で都市計画道路の変更というのは時期としては厳しいと思います。東と西側のほうに分断されているというお話だったんですけれども、この道路で住宅地のほうを分断しているというのは、私どものほうから見ては、こちらで分断されている状況というのは伺えません。



◆14番(田仲康榮議員) 

 何カ所かありますので、順を追ってお願いします。13ページの5目の庁舎等管理費の工事請負費ですけれども、説明の2に東区コミュニティーセンター倉庫設置工事が出ております。これはいろいろ自治会のほうでも話があったんですけれども、それをセンターの後ろ側のほうに倉庫をつくるという話を聞いたんですけれども、その倉庫のほうに従来使われているコミュニティーセンター内にある部分をそこのほうに移すという話を聞いたんですけれども、もし仮にそうなった場合に実際に一般倉庫として、そこに入れたらまずいと思うような品物も実はあるんですけれども、この設置予定をしている倉庫というのは、クーラーつきなのか、その辺をお聞きしたいと思います。

 それから17ページの5目の後期高齢者医療費ですけれども、今回補正のほうで30万8,000円の減額になっておりますけれども、これは事務費関係ですけれども、これはなぜそれが発生しているのかお聞きをしたいと思います。

 それから27ページ。8節の報償費です。土木総務費関係ですけれども、この中に道路愛称募集の報償費というのが計上されていますけれども、実際に町内で、今当局のほうで道路愛称の部分を決定しようとしている路線は何カ所ぐらいあるのか。実際にはどういう状況なのか、内容をお聞かせください。

 それと33ページ。4目住宅建設費の工事請負費ですけれども、屋良町営住宅の待望の工事が始まって、2階の方面まで伸ばされてきているんですけれども、この進捗状況は今どういう段階になっているのか。それと今回計上されている2億9,000万円余りの工事内容はどういうものを想定しているのか、具体的に話をお聞きしたいと思います。

 41ページ。1目の社会教育総務費、先ほども関連したのが出ているんですけれども、町のPTA連合会の創立30周年記念事業の補助金が100万円計上されています。この事業の内容をお聞かせください。

 それから43ページの2目の体育施設費の中の15節工事請負費ですけれども、町営の野球場のベンチの改修工事が入るということになっていますけれども、これはどういった部分の改修なのか、内容を説明してください。



◎比嘉孝史総務課長 

 2款総務費1項総務管理費の5目庁舎等管理費、説明の2、東区コミュニティーセンター倉庫設置工事につきましてお答えいたします。これにつきましては、東区自治会からの要請によりまして、今、倉庫となっている部屋について青年会の育成を目指して充実を図っていきたいということで、今ある荷物を、倉庫をつくることによって移してもらえないかという要望がありました。したがいまして、我々としまして、その倉庫につきましては、北側のほうに置くということで、倉庫の予算計上をしてございます。この中にはクーラー設置の予算は入っておりません。



◎稲嶺強志町民保険課長 

 16ページ、17ページでございますけれども、後期高齢者広域連合の過年度分決算に伴う事務費の減であります。



◎宇栄原孝都市建設課長 

 まずは27ページの8節報償費5万円、道路愛称募集報償費ということなんですけれども、今年度、各地域の主要な道路にネーミングをつけていきたいということで、以前から申し上げてきているんですけれども、今、実施要項を作成の途中でありまして、募集をする予定であります。町民から募集を募って、それでネーミングが決定した応募者に対して報奨金を支払うということで、今10路線考えております。

 それと33ページをお願いいたします。住宅建設費の工事請負費の2億9,009万7,000円ですけれども、屋良団地の建替工事ですけれども、現在、工事の状況としましては、建物自体の形状がL型形状になっていまして、1工区、2工区ということで、工区を分けて工事を発注しています。工事の進捗状況につきましては、順調どおりにいっていて、建物自体が2階、3階までの躯体が立ち上がったところです。それと予算につきましては、補助金の歳入との関係もありますけれども、県のほうからの補助金の調整配分がありまして、嘉手納町に補助金が2億円余りつけられました。この分につきましては、平成25年度のほうで予定していたものを前倒しにすることになっております。支払いの内容としましては、工事の出来高払いに充てたいと思います。



◎金城博吉社会教育課長 

 40ページ、41ページです。10款5項1目社会教育総務費のほうの町PTA連合会創立30周年記念事業補助金についてでありますが、主に記念誌の発刊代金ということと、あと式典です。式典については、2月の中ごろを予定しております。

 続きまして42ページ、43ページ。10款6項2目の体育施設費、工事請負費のほうですけれども、嘉手納町野球場ベンチ改修工事ということですが、野球場の3塁側のベンチ、選手等が座るベンチがあるんですけれども、20年以上もたっておりまして、大分腐食が激しいもので、それの全面取りかえということの工事であります。



◆6番(仲村渠兼栄議員) 

 まず1点、12ページ、13ページ。防災対策費が8万4,000円計上されております。場所はどこで、県外旅費を予定しているのか、何名行くのか。8万4,000円といったら1人を予定しているのかと思っているんですが、こういうところは1人で行っても見る部分が大体限られてきますので、2人分かなと、可能かわかりませんが、どこに何人予定しているか、お聞かせください。

 続きまして32、33ページです。議会のほうで現地に視察に行ってきました。その場では住宅併行防音工事をするという説明は一言もありませんでした。今回初めて住宅併行防音工事という形で出てきておりますが、私も併行防音工事については防衛局あたりに行っていろいろ調査研究しながら一般住宅について行ったんですけれども、いろいろなハードルがあると思いますが、これに伴う予算額は幾らなのか、お聞かせください。公共にした場合どういった、設計士等々いろんな状況もあるかと思いますが、そういう条件等も内容を教えてください。説明がなかったもので、なぜ説明がなかったのか教えてください。

 戻りまして28、29ページ。屋良西原線の一般質問をさせていただきました。歩道のブロックタイルのほうを、これは長年するとでこぼこになって、木も大木化していて転ぶと。ウオーキングもできないような道路になっているということで、一般質問をさせていただきました。そういう中で、改修を検討するというようなことをいただきまして、検討していきたいということで、今回この補正が出ているのは大変喜んでおりますが、大木化しているもので、木の根っこが出ていて、でこぼこになって、また同じようにブロックタイルをやるのか、その辺をお聞かせください。そしてこの木は邪魔になって、虫も来るということで、景観上も台風の後の片づけも地域住民が大変だという要望もあるということで、何かもっと景観にやさしい、例えば桜を植えるとか、いろんなのがあるかと思いますが、そういうことを住民と話し合いというのはされたのかということで、この木についても一般質問をいろいろ行った経緯がありますので、どういう話をして、この予算を組んでいるのかお聞かせください。



◎比嘉孝史総務課長 

 12ページ、13ページの2款総務費1項総務管理費13目防災対策費の中の旅費について御説明いたします。この県外旅費につきましては、嘉手納町地域防災計画等の見直し業務の中で、実施予定の先進地視察に伴う日当でございます。航空賃等につきましては、計画の中で計上されておりましたけれども、日当がないということで、今回計上させていただきました。

 7人の予定で、まずどちらに視察しに行くかはこれから策定業務の中で検討していきたいと考えております。



◎宇栄原孝都市建設課長 

 33ページの15節工事請負費の屋良団地町営併行防音工事ですけれども、今、議員から御指摘のとおり、去る3月の議員の現場視察については、併行防音については現場のほうで説明していませんでした。今回、併行防音工事につきましては、従前の屋良団地が防音工事をされていたということで、その復旧の権利を持っていますので、今回建て替えと同時に併行防音工事を実施するということになっております。

 それとページは前に戻りますけれども、29ページの同じく工事請負費の屋良西原線の道路工事ですけれども、現道路の樹木がホウオウボクですけれども、約30本ありまして、議員が今おっしゃったとおり、虫がついて、周辺のほうからもどうにかしてほしいというのがこれまでありましたので、この機会に樹木の植え替えをする予定しております。樹木につきましては、今、東区自治会と地域の方々のほうに今提案して、いろいろ樹木の種類について提案が出されていますけれども、その中から選定していきたいと思っていますけれども、樹種についてはまだ決定はしておりません。もう一つ、歩道の整備につきましては、これまではインターロッキングだったんですけれども、いろいろメンテのことも考えて、今回改良される歩道につきましては、アスファルト舗装、コーラル系の舗装にするのか、従来のエンジ系のベンガラ舗装にするかというのは、防衛庁のほうとも調整しながら決定していきたいと思います。



◆6番(仲村渠兼栄議員) 

 併行防音工事の予算は出てくるんですよね、その金額。



◎宇栄原孝都市建設課長 

 今、補正額のほうは工事費合計で2億9,000万円ということで出していますけれども、防音工事だけについての金額の提示については、これから発注いたしますので、答弁としては控えさせていただきたいと思います。



◆6番(仲村渠兼栄議員) 

 28ページ、29ページ。このホウオウボク30本がとても邪魔になってしまって、道路まで出てきて、マンホールまで多分汚しているのではないかというのもありますので、ぜひ。そして抜け道として街路樹をそのままオートバイが抜けたり、車が抜けたりしていて、対応策として何か大きいものを置いてあるんです、ガッターみたいなのを置いて、抜けられないようにしていますので、その辺もしっかりと現場を見てください。オートバイが抜けたり、人が勝手に歩けるようにちゃんと安全性、車を運転して、まさかここから人が出てくると、オートバイが出てくると、街路樹から人が出てくる、オートバイが出てくるというのはもう予期せぬ事故ですので、被害者にも、加害者にもなりかねませんので、ぜひその辺も現場と、自治会長と相談して、地域住民と相談してぜひ対応の仕方をお願いしたいと思います。

 あと総務課長の答弁にありました、7名の予定という形で、ぜひ早急に視察を行っていただいて、行く前に我々議員団も、私たちも防災計画というのはばらばらでした。しかし町のそういう協力を得まして、参加して、今の議員が一つになりまして、防災計画というのは情報を共有しながら向かっております。そういう意見交換の場もつくっていただくように、行政からもまたうちの議長からも話し合って、そういう中でどこがいいのかと、行政だけで決めないで、我々のいったところのそういう情報もとって、ぜひすばらしい防災計画を作成してほしいと思います。



◆3番(奥間政秀議員) 

 それでは2点お聞きします。24、25ページの18節備品購入費、マルチメディアセンター備品購入費のコンテンツスタジオの型が古くなったためにデジタル化をしたという御説明を先ほど受けました。これは何年使用なされたんでしょうか。そして191万4,000円という予算を今回補正で計上していますけれども、それが何年ぐらい耐用年数の予定なのか、お聞きします。

 それでは34ページ、35ページの15節、説明の中の嘉手納小学校体育館照明設備ランプ及び安定器取替工事とあります。嘉手納小学校の体育館は嘉手納中学校、屋良小学校の体育館と比べて暗いと。これが当然、今後建て替えを予定なされていると思いますが、あえて照明器具のランプ、天井のランプと理解していいのでしょうか、ちょっと説明をお願いします。



◎真壁孝産業環境課長 

 これは何年経過しているかということなんですが、要するに一つの器具ではなくてもろもろ。例えばパソコン等もあるものですから、現在のところまで10年を経過しておりまして、それぞれの固体の中では耐用年数は違ってくると思うんですが、全体で申し上げると、ほぼ10年程度の耐用年数があるだろうということであります。



◎金城悟教育総務課長 

 それでは34ページ、35ページ。10款2項1目15節、嘉手納小学校体育館照明設備ランプ及び安定器取替工事について御説明申し上げます。嘉手納小学校の体育館は現在、照明が32カ所あるんですけれども、そのうちの12カ所が現状で切れている状態になっております。これまで数個切れている中では、少し我慢してもらっているところもあったんですけれども、3分の1強切れているということで、今回、取替工事のほうを発注することにしております。安定器については、照明ランプを1個ずつについている安定器になっていますので、同じ12器取り替えることにしております。



◆3番(奥間政秀議員) 

 嘉手納小学校の今12カ所ということでありました。最終的に残っている、32カ所のうち今回取り替えしないところも光が弱いのかどうか、そういうところもぜひ学校現場と、あるいはできればPTAも交えて確認をして、これはいずれ建て替えるということで何度も説明を受けておりますが、これは来年、再来年ということではないですので、先ほど申し上げましたように、嘉手納中学校、屋良小学校との体育館の明るさが違います。そうであれば、この使用する間、児童生徒が体育館内、さらに補強をしていただければと思いますが、よろしくお願いします。



◎金城悟教育総務課長 

 照度については、今回全部つくことになるので大丈夫かとは思うんですけれども、学校と確認しまして、全部ついても暗いというのであれば、さらに照度を検査しまして、どういう状況なのか、確認して対応していきたいと思います。



◎古謝徳淳建設部長 

 大変すみません。少し訂正させていただきます。先ほど28ページ、29ページの説明で都市建設課長のほうで西原線の当初対面交通だったのを、今一方通行ということのお話があったんですけれども、私の記憶では、当初は歩行者専用道路で計画していたんですけれども、都市計画道路で歩行者専用道路というのは適さないという指摘があって、一方通行にさせていただいたということで、そういうことで訂正させていただきます。



○田崎博美議長 

 ほかに質疑はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております「議案第7号」は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第7号」は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「討論なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 これから「議案第7号:平成24年度嘉手納町一般会計補正予算(第2号)について」を採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第7号」は、原案のとおり可決されました。

 日程第7 「議案第8号:平成24年度嘉手納町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)」についてを議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。



◎稲嶺強志町民保険課長 

 議案第8号 平成24年度嘉手納町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)。

 議案第8号 平成24年度嘉手納町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、人事異動に伴う人件費の調整及び後期高齢者支援金等の増並びに保険給付費の増、後期高齢者支援金確定による支出の増を繰越金で補っていくというのが主なものです。

 それでは読み上げて御提案申し上げます。

 議案第8号 平成24年度嘉手納町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)。

 平成24年度嘉手納町の国民健康保険特別会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,730万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ22億2,327万円と定める。2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」による。平成24年9月11日提出、嘉手納町長 當山 宏。

 2ページをお願いします。第1表歳入歳出予算補正。

 1歳入、5款前期高齢者交付金、1項前期高齢者交付金3,452万9,000円の減。現年度分の減によるものです。

 10款繰越金、1項繰越金6,182万9,000円の増。その他繰越金の増によるものです。

 次に、3ページをお願いします。2歳出、1款総務費、1項総務管理費223万5,000円の増です。人事異動に伴う人件費の増によるものです。

 2款保険給付費、2項高額療養費214万6,000円の増です。退職被保険者等の高額療養費、実績に基づくものです。

 3款後期高齢者支援金等、1項後期高齢者支援金等2,227万9,000円の増です。後期高齢者支援金等の確定によるものです。

 4款前期高齢者納付金等、1項前期高齢者納付金等48万1,000円の減です。前期高齢者納付金等の確定によるものです。

 5款老人保健拠出金、1項老人保健拠出金48万8,000円の減です。老人保健医療費拠出金の確定によるものです。

 6款介護納付金、1項介護納付金14万3,000円の減です。介護納付金の確定によるものです。

 11款諸支出金、1項償還金及び還付加算金175万2,000円の増。一般被保険者保険税還付金の増、出産育児一時金補助金の償還金の増によるものです。

 次ページ以降につきましては、説明を省略いたします。



○田崎博美議長 

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「質疑なし」と認めます。

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっています「議案第8号」は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第8号」は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「討論なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 これから「議案第8号:平成24年度嘉手納町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)」についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第8号」は、原案のとおり可決されました。

 日程第8 「議案第9号:平成24年度嘉手納町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。



◎稲嶺強志町民保険課長 

 議案第9号 平成24年度嘉手納町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)。

 議案第9号 平成24年度嘉手納町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は、歳入歳出ともに平成23年度決算に伴う事業費の精算が主な内容です。

 議案第9号 平成24年度嘉手納町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)。

 平成24年度嘉手納町の後期高齢者医療特別会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ107万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億1,573万6,000円と定める。2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表 歳入歳出予算補正」による。平成24年9月11日提出、嘉手納町長 當山 宏。

 2ページをお願いします。第1表歳入歳出予算補正。

 1歳入、3款1項一般会計繰入金30万8,000円の減になっています。平成23年度決算に伴うものです。

 4款1項繰越金138万6,000円の増になっています。平成23年度決算に伴うものです。

 次に、3ページをお願いします。2歳出、2款1項後期高齢者医療広域連合納付金、過年度分30万8,000円の減。平成23年度決算に伴うものです。

 3款2項繰出金138万6,000円の増。平成23年度決算に伴う町への償還金であります。

 次ページ以降につきましては、説明を省略いたします。



○田崎博美議長 

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「質疑なし」と認めます。

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっています「議案第9号」は、会議規則第39条第3項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。

 御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第9号」は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論はありませんか。

     (「進行」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「討論なし」と認めます。

 これで討論を終わります。

 これから「議案第9号:平成24年度嘉手納町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

     (「異議なし」と言う声あり)



○田崎博美議長 

 「異議なし」と認めます。

 したがって「議案第9号」は、原案のとおり可決されました。

 以上で本日の日程は終了しました。

 本日は、これにて散会します。



△午後3時56分 散会

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

 嘉手納町議会議長 田崎博美

 嘉手納町議会議員 新垣貴人

 嘉手納町議会議員 照屋唯和男