議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 読谷村

平成16年第339回読谷村議会定例会会議録 12月13日−01号




平成16年第339回読谷村議会定例会会議録 − 12月13日−01号







平成16年第339回読谷村議会定例会会議録



第339回読谷村議会定例会会議録



第339回読谷村議会定例会は、平成16年12月13日読谷村議会議事堂に招集された。





応招議員は次のとおりである。

      1番 知 花 徳 栄 君      2番 源 河 朝 法 君

      3番 當 山 勝 吉 君      4番 長 浜 宗 則 君

      5番 仲宗根   悟 君      6番 比 嘉 郁 也 君

      7番 知 花   勝 君      8番 新 垣 修 幸 君

      9番 嘉手苅 林 春 君     11番 伊 波   篤 君

     12番 城 間   勇 君     13番 比 嘉 正 道 君

     14番 照 屋 清 秀 君     15番 山 内 清 高 君

     16番 山 内 政 徳 君     17番 當 山   弘 君

     18番 喜友名   昇 君     19番 知 花 昌 一 君

     20番 山 城 正 輝 君     21番 佐久間 盛 夫 君

     22番 前 田 善 輝 君





不応招議員は次のとおりである。





出席議員は次のとおりである。

  出席議員は応招議員と同じである。





欠席議員は次のとおりである。

  欠席議員は不応招議員と同じである。





地方自治法第121条の規定により、説明のため本会議に出席した者は次のとおりである。

 村    長   安 田 慶 造 君      助    役   石 嶺 傳 實 君

 助    役   池 原 栄 順 君      教  育  長   比 嘉   隆 君

 総務企画部長   新 城 正 雄 君      生活福祉部長(兼) 長 浜 功 勇 君

 建設経済部長   長 浜 功 勇 君      教 育 次 長    山 内 源 徳 君

 総 務 課 長    儀 間 敏 光 君      税 務 課 長    津波古 幸 夫 君

 企画財政課長   仲宗根 昌 栄 君      福 祉 課 長    高 山 朝 慎 君

 商工水産課長   玉 城 国 二 君      保険年金課長   玉 城   隆 君

 診療所事務長   上 地   力 君      土木建設課長   長 浜 真 俊 君

 農業推進課長   比 嘉 隆 雄 君      読谷飛行場    仲宗根 盛 和 君

                         転用推進課長

 健康共生課長   波 平 栄 善 君      水 道 課 長    新 城 正 光 君

 文化振興課長   長 浜 真 勇 君      生涯学習課長   比 嘉 新 常 君

 都市計画課長(兼) 長 浜 真 俊 君      学校教育課長   伊 波   寛 君

 会 計 課 長    伊 佐   稔 君      教育総務課長   照 屋 清 健 君

 住 民 課 長    町 田 光 枝 君





職務のため本会議に出席した事務局職員は次のとおりである。

 事 務 局 長    仲宗根 盛 良 君      議 事 係 長    伊 波 米 和 君

 議 会 主 事    山 内   太 君





本日の会議に付した事件は次のとおりである。

 日程 1.会議録署名議員の指名

 日程 2.会期の決定

 日程 3.議長諸般の報告

 日程 4.議案第71号・平成16年度読谷村一般会計補正予算(第4号)

 日程 5.議案第72号・平成16年度読谷村診療所特別会計補正予算(第1号)

 日程 6.議案第73号・平成16年度読谷村下水道事業特別会計補正予算(第1号)

 日程 7.議案第74号・平成16年度読谷村水道事業会計補正予算(第1号)

 日程 8.議案第75号・読谷村職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例

 日程 9.議案第76号・読谷村固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例

 日程10.議案第77号・読谷村老人福祉センターの設置及び管理に関する条例

 日程11.議案第78号・読谷村先進農業支援センターの設置及び管理に関する条例

 日程12.議案第79号・読谷村営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例

 日程13.議案第80号・読谷村都市公園条例の一部を改正する条例

 日程14.議案第81号・読谷村水道施設整備事業再評価委員会設置条例

 日程15.議案第82号・世界遺産周辺整備事業・喜名番所(観光案内・休憩所)建築工事請

             負契約の変更について

 日程16.議案第83号・損害賠償の額を定めることについて

 日程17.議案第84号・損害賠償の額を定めることについて

 日程18.諮問第 2 号・人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて

 日程19.諮問第 3 号・人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて













     午前10時06分 開会







○議長(前田善輝君)

 おはようございます。ただいまから第339回読谷村議会定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。



△日程1.会議録署名議員の指名を行います。本定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により議席4番・長浜宗則議員と議席18番・喜友名昇議員を指名いたします。



△日程2.会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。本定例会の会期は本日12月13日より12月20日までの8日間にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(前田善輝君)

 異議なしと認めます。したがって会期は本日12月13日より12月20日までの8日間に決定しました。

 なお会期中の会議予定につきましてはお手元に配付しました日程表のとおり御了承お願いします。



△日程3.次に9月定例議会から本日までの議長諸般の報告を行います。

 議長の会務報告はお手元に配付してある会務報告のとおりでございます。

 次に陳情等の受理について、9月定例会以降に受理した陳情及び要請は8件でございます。お手元に配付してあります陳情等受理一覧表のとおり、意見書の提案、または資料配付とさせていただきました。

 以上で議長諸般の報告を終わります。

 次に、地方自治法第235条の2第3項の規定により、平成16年8月分、9月分、10月分及び11月分の例月現金出納検査の結果の報告書がお手元に配ってあるとおり提示されております。朗読は省略いたします。



△日程4.議案第71号・平成16年度読谷村一般会計補正予算(第4号)を議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎村長(安田慶造君)

 第339回読谷村議会定例会を招集申し上げましたのは、議案第71号・平成16年度読谷村一般会計補正予算(第4号)ほか13件と、諮問2件を御審議いただくためでございます。ひとつよろしく御審議のほどお願いいたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第71号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     平成16年度読谷村一般会計補正予算(第4号)                 ┃
┃                                            ┃
┃     平成16年度読谷村一般会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。   ┃
┃                                            ┃
┃  (歳入歳出予算の補正)                               ┃
┃ 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ150,082千円を追加し、歳入 ┃
┃  歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ10,501,288千円とする。          ┃
┃ 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の ┃
┃  金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。                     ┃
┃  (債務負担行為の補正)                               ┃
┃ 第2条 債務負担行為の追加は、「第2表債務負担行為補正」による。           ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                  第1表 歳入歳出予算補正
歳 入                                    (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃     款     │     項     │ 補正前の額 │補  正  額│   計   ┃
┠──────────┼───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃15 使用料及び手数料│           │   73,307│    1,487│    74,794┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 使   用   料│   46,748│    1,075│    47,823┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │2 手   数   料│   26,559│     412│    26,971┃
┠──────────┼───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃16 国 庫 支 出 金 │           │  1,789,904│   94,586│   1,884,490┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 国 庫 負 担 金│   496,682│   55,449│    552,131┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │2 国 庫 補 助 金│  1,281,529│   39,011│   1,320,540┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │3 委   託   金│   11,693│     126│    11,819┃
┠──────────┼───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃17 県 支 出 金 │           │  1,089,124│△   1,028│   1,088,096┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 県  負  担  金 │   207,246│   13,342│    220,588┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │2 県  補  助  金 │   832,096│△  14,873│    817,223┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │3 県  委  託  金 │   49,782│     503│    50,285┃
┠──────────┼───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃18 財 産 収 入 │           │   564,938│△    780│    564,158┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 財 産 運 用 収 入 │   564,763│△    780│    563,983┃
┠──────────┼───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃21 繰   越   金│           │   68,276│   47,577│    115,853┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 繰   越   金│   68,276│   47,577│    115,853┃
┠──────────┼───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃22 諸   収   入│           │   139,120│    8,240│    147,360┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │4 雑       入│   128,745│    8,240│    136,985┃
┠──────────┴───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃      歳  入  合  計      │ 10,351,206│   150,082│  10,501,288┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┛

歳 出                                    (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃     款     │     項      │ 補正前の額 │補  正  額│   計   ┃
┠──────────┼───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃2 総   務   費│           │  1,122,112│   15,881│   1,137,993┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 総 務 管 理 費│   814,555│    5,517│    820,072┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │2 徴   税   費│   177,326│     890│    178,216┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │3 戸籍住民基本台帳費│   93,481│    9,321│    102,802┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │6 統 計 調 査 費│    2,460│     153│     2,613┃
┠──────────┼───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃3 民   生   費│           │  2,207,054│   90,420│   2,297,474┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 社 会 福 祉 費│  1,344,519│    8,230│   1,352,749┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │2 児 童 福 祉 費│   861,822│   82,190│    944,012┃
┠──────────┼───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃4 衛   生   費│           │   860,512│△  24,889│    835,623┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 保 健 衛 生 費│   429,291│△  20,805│    408,486┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │2 清   掃   費│   431,221│△   4,084│    427,137┃
┠──────────┼───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃6 農林水産業費  │           │   970,754│    7,480│    978,234┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 農   業   費│   934,210│     175│    934,385┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │2 林   業   費│   21,656│    7,305│    28,961┃
┠──────────┼───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃7 商   工   費│           │   721,500│    2,981│    724,481┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 商   工   費│   721,500│    2,981│    724,481┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃     款     │     項      │ 補正前の額 │補  正  額│   計   ┃
┠──────────┼───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃8 土   木   費│           │  1,440,803│△   2,405│   1,438,398┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 土 木 管 理 費│   81,657│     287│    81,944┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │2 道 路 橋 梁 費│   526,959│△   6,383│    520,576┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │3 都 市 計 画 費│   730,233│    3,691│    733,924┃
┠──────────┼───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃10 教   育   費│           │  1,365,251│   60,614│   1,425,865┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │2 小  学  校  費 │   365,432│   52,804│    418,236┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │3 中  学  校  費 │   197,290│△   2,000│    195,290┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │4 幼  稚  園  費 │   134,441│    3,600│    138,041┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │5 社 会 教 育 費│   293,278│     629│    293,907┃
┃          ├───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │6 保 健 体 育 費│   241,155│    5,581│    246,736┃
┠──────────┴───────────┼──────┼──────┼───────┨
┃      歳  出  合  計       │ 10,351,206│   150,082│  10,501,288┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┛

第2表 債務負担行為補正
(追加)
┏━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   事    項   │   期     間   │   限    度    額   ┃
┠────────────┼─────────────┼────────────────┨
┃            │             │                ┃
┃            │             │                ┃
┃   戸籍電算化事業   │ 平成16年度から7年以内 │    127,337千円    ┃
┃            │             │                ┃
┃            │             │                ┃
┗━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━┛






◎総務企画部長(新城正雄君)

 議案第71号・平成16年度読谷村一般会計補正予算(第4号)について、提案説明を申し上げます。

 1ページをごらんになってください。(歳入歳出予算の補正)は、既定の歳入歳出予算の総額103億5,120万6,000円に、歳入歳出それぞれ1億5,008万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ105億128万8,000円とするものであります。第2条では、債務負担行為の補正を行うものでありますが、内容については5ページをごらんになっていただきたいと思います。戸籍電算化事業の実施に向け、現在戸籍及び除籍、改正戸籍などの電算化委託料、電算化システムリース料及び電算化ソフト使用料など、平成16年度から7年以内の期間にかかる費用1億2,733万7,000円の債務負担行為を設けるものであります。

 次に、歳出予算の補正について御説明申し上げます。3ページをお開きいただきたいと思います。2款総務費に1,588万1,000円の追加を行います。そのうち1項総務管理費には職員給与費、庁舎等、敷地の賃借料、交通安全電工掲示板の修繕費、防犯灯の修繕費及び庁舎内会議室LAN配線工事費など551万7,000円を計上してあります。説明は19ページから20ページに掲げてございます。2項徴税費には、納税指導嘱託員報酬、村税滞納者への催告書の郵送料及び村税の過誤納金払戻金として89万円を計上してあります。3項戸籍住民基本台帳費には、戸籍電算化事業、戸籍等マイクロ作成委託料として932万1,000円を計上してあります。

 次に、3款民生費には、9,042万円を追加補正いたします。1項社会福祉費には、寝たきり老人医療費助成180万円、平成15年度在宅老人福祉事業費補助金の確定に伴う返還金427万1,000円、身体障害者日常生活用具給付費及び厚生医療給付費195万円などを計上してあります。2項児童福祉費には、制度の改正に伴う児童手当8,060万円、児童居宅支援費140万円など、8,219万円を追加補正いたします。

 4款衛生費では、2,488万9,000円の減額補正を行います。1項保健衛生費での2,080万5,000円の減額補正は、精神障害者地域生活支援センター設置が、補助事業として採択されなかったことによるものなどであります。説明は27ページから28ページに掲げてあります。2項清掃費における408万4,000円の減額補正については、実績見込みによるものとなっております。

 次に、6款農林水産業費では、748万円の追加補正を行います。その主な内容としましては、2項林業費において松くい虫防除費として730万5,000円の追加計上を行っていることなどによるものであります。

 7款商工費では、第46回米州開発銀行年次総会、読谷村推進会議への交付金220万円を含め、298万1,000円の計上となっております。

 8款土木費では、240万5,000円の減額補正を行います。1項土木管理費28万7,000円の追加は、会計検査準備にかかる時間外勤務手当及び損害賠償金の計上であります。2項道路橋梁費における638万3,000円の減額補正は、道路整備事業及び排水路整備事業にかかる経費の実績見込みによるものであります。説明は35ページから37ページに掲げてあります。3項都市計画費では、369万1,000円の追加補正を行います。その内容は泊城公園舗装及び擁壁の撤去復旧工事費など528万6,000円の追加計上と、職員給与費で170万円の減額などを掲げてあります。

 4ページに移ります。10款教育費には、6,061万4,000円の追加補正を行います。2項小学校費には渡慶次小学校マーチングバンドの県外大会派遣費補助金169万円や喜名小学校グラウンド整備事業費4,797万円などを計上してあります。4項幼稚園費では、産休代替、職員の研修代替及び障害児介護職員にかかる賃金360万円を計上してあります。6項保健体育費では、古堅給食調理場の給食配送車両購入費などを計上してあります。

 次に、歳入に移ります。2ページをごらんになっていただきたいと思います。15款使用料及び手数料に、148万7,000円の追加補正を行います。使用料の107万5,000円は公園内の高圧送電塔及び高圧送電線の占用料を掲げ、手数料には狂犬病予防注射手数料を計上してあります。

 16款国庫支出金には、9,458万6,000円を追加補正いたします。1項国庫負担金には、児童手当国庫負担金5,474万9,000円。身体障害者保護費国庫負担金70万円の計上となっております。2項国庫補助金には、障害児童福祉費国庫補助金70万円。特定防衛施設周辺整備調整交付金3,831万1,000円を計上してあります。

 17款県支出金では、102万8,000円の減額補正を行います。1項の県負担金では、児童手当及び身体障害者福祉費等県負担金1,334万2,000円の追加補正を行っております。一方、2項県補助金では、1,487万3,000円の減額補正を行います。その内容ですが、松くい虫防除費補助金などで681万7,000円の追加補正を行っておりますが、精神障害者地域生活支援センター補助金が2,169万円削減となっております。3項県委託金は、統計調査や子供と親の相談員活用調査研究にかかるもので50万3,000円の計上となっております。

 18款財産収入、78万円の減額計上は村所有土地に所在する沖縄電力の高圧送電塔及び高圧送電線にかかる土地賃貸料から先ほど申し上げました、歳入15款1項使用料の公園占用料に移管にしたことによるものであります。

 22款諸収入には、村道整備事業過年度補助金などを計上してあります。

 21款繰越金は、歳出経費にかかる所要の額として4,757万7,000円を計上してあります。

 以上で、議案第71号についての説明を終わります。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(前田善輝君)

 議案第71号に対する説明は終わりました。



△日程5.議案第72号・平成16年度読谷村診療所特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。提案者の提案理由の説明を求めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第72号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     平成16年度読谷村診療所特別会計補正予算(第1号)              ┃
┃                                            ┃
┃   平成16年度読谷村の診療所特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 ┃
┃                                            ┃
┃  (歳入歳出予算の補正)                               ┃
┃ 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ110,821千円を追加し、歳入 ┃
┃  歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ538,338千円とする。             ┃
┃ 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の ┃
┃  金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。                     ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                 第1表 歳入歳出予算補正
歳 入                                   (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃     款     │     項     │ 補正前の額 │補  正  額│   計   ┃
┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃7 繰   越   金│          │   34,302│   110,821│    145,123┃
┃          ├──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 繰   越   金│   34,302│   110,821│    145,123┃
┠──────────┴──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃      歳  入  合  計      │   427,517│   110,821│    538,338┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┛

歳 出                                   (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃     款     │     項     │ 補正前の額 │補  正  額│   計   ┃
┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃2 医   業   費│          │   175,990│   23,687│    199,677┃
┃          ├──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 医   業   費│   175,990│   23,687│    199,677┃
┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃6 予   備   費│          │   10,000│   87,134│    97,134┃
┃          ├──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 予   備   費│   10,000│   87,134│    97,134┃
┠──────────┴──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃      歳  出  合  計      │   427,517│   110,821│    538,338┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┛






◎生活福祉部長(兼)(長浜功勇君)

 議案第72号・平成16年度読谷村診療所特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。今回の補正は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ1億1,082万1,000円を追加し、歳入歳出をそれぞれ5億3,833万8,000円といたします。

 歳入について御説明申し上げます。6ページをお願いします。7款繰越金1億1,082万1,000円は、平成15年度の実績によるものでございます。

 次に、歳出について御説明申し上げます。7ページをお願いします。2款医業費の11節需用費2,363万3,000円は、医薬材料費を計上してございます。

 8ページをお願いします。6款予備費に8,713万4,000円を計上しております。

 以上で、議案第72号の説明を終わります。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(前田善輝君)

 議案第72号に対する説明は終わりました。



△日程6.議案第73号・平成16年度読谷村下水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第73号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     平成16年度読谷村下水道事業特別会計補正予算(第1号)            ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年度読谷村の下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによ  ┃
┃ る。                                         ┃
┃                                            ┃
┃  (歳入歳出予算の補正)                               ┃
┃ 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に6,800千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳 ┃
┃  出それぞれ258,981千円とする。                        ┃
┃ 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の ┃
┃  金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。                     ┃
┃  (地方債の補正)                                  ┃
┃ 第2条 地方債の変更は、「第2表地方債の補正」による。                ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                 第1表 歳入歳出予算補正
歳 入                                   (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃    款     │     項     │ 補正前の額 │補  正  額│   計   ┃
┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃1 使用料及び手数料│          │   21,767│    3,000│    24,767┃
┃          ├──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 使   用   料│   21,766│    3,000│    24,766┃
┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃10 村      債│          │   47,900│    3,800│    51,700┃
┃          ├──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 村      債│   47,900│    3,800│    51,700┃
┠──────────┴──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃      歳  入  合  計      │   252,181│    6,800│    258,981┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┛


歳 出                                   (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃    款     │     項     │ 補正前の額 │補  正  額│   計   ┃
┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃1 総   務   費│          │   35,801│    3,099│    38,900┃
┃          ├──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 総 務 管 理 費 │   35,801│    3,099│    38,900┃
┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃2 施   設   費│          │   155,374│     110│    155,484┃
┃          ├──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 施   設   費│   155,374│     110│    155,484┃
┠──────────┼──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃4 予   備   費│          │    1,416│    3,591│     5,007┃
┃          ├──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃          │1 予   備   費│    1,416│    3,591│     5,007┃
┠──────────┴──────────┼──────┼──────┼───────┨
┃     歳  出  合  計      │   252,181│    6,800│    258,981┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┛

第2表 地方債の補正
┏━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃     │       補   正   前       │       補   正   後       ┃
┃起債の目的├───┬─────┬────┬───────┼───┬─────┬────┬───────┨
┃     │限度額│起債の方法│利  率│ 償還の方法 │限度額│起債の方法│利  率│ 償還の方法 ┃
┠─────┼───┼─────┼────┼───────┼───┼─────┼────┼───────┨
┃公共下水道│ 千円│     │    │ 償還期限は据│ 千円│     │    │ 償還期限は据┃
┃整備事業 │44,200│     │    │置期間を含め30│46,800│     │    │置期間を含め30┃
┠─────┼───┤     │    │年以内とする。├───┤     │    │年以内とする。┃
┃     │   │     │    │ 償還方法は借│   │     │    │ 償還方法は借┃
┃     │   │     │    │入先の融資条件│   │     │    │入先の融資条件┃
┃     │   │     │    │により元利均等│   │     │    │により元利均等┃
┃流域下水道│ 3,700│ 証書借入 │3.0%│又は元金均等に│ 4,900│ 証書借入 │3.0%│又は元金均等に┃
┃整備事業 │   │ 又  は │  以内│よる。ただし、│   │ 又  は │  以内│よる。ただし、┃
┃     │   │ 証券発行 │    │村財政の都合に│   │ 証券発行 │    │村財政の都合に┃
┃     │   │     │    │より償還期限を│   │     │    │より償還期限を┃
┃     │   │     │    │短縮できること│   │     │    │短縮できること┃
┠─────┼───┤     │    │のほか、繰上償├───┤     │    │のほか、繰上償┃
┃     │   │     │    │還又は低利債に│   │     │    │還又は低利債に┃
┃  計  │47,900│     │    │借り換えること│51,000│     │    │借り換えること┃
┃     │   │     │    │ができる。  │   │     │    │ができる。  ┃
┗━━━━━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━━━━━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━━━━━┛






◎建設経済部長(長浜功勇君)

 議案第73号・平成16年度読谷村下水道事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 今回の補正は既定の予算に歳入歳出それぞれ680万円を追加し、歳入歳出それぞれ2億5,898万1,000円といたします。

 歳入について御説明申し上げます。7ページをお願いします。1款使用料及び手数料の300万円は、トリイ通信施設の使用料の増によるものであります。

 次に、8ページをお願いします。10款村債の1節公共下水道事業債と2節流域下水道建設負担債の増は、起債充当率の変更による増でございます。

 次に、歳出について御説明申し上げます。9ページをお願いします。1款1項1目13節委託料10万円は、接続件数の増によるものでございます。次に、2目13節委託料50万円は、古堅地内の供用開始に向けてのマンホール点検のための委託料でございます。

 19款負担金補助及び交付金199万9,000円は、使用料の増に伴う県への負担金でございます。

 10ページをお願いします。2款施設費は、委託料から工事請負費への組み替えでございます。

 以上で、議案第73号の説明を終わります。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(前田善輝君)

 議案第73号に対する説明は終わりました。



△日程7.議案第74号・平成16年度読谷村水道事業会計補正予算(第1号)を議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第74号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     平成16年度読谷村水道事業会計補正予算(第1号)               ┃
┃                                            ┃
┃  このことについて、別紙のおとり議会の議決を求めます。                ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃             平成16年度読谷村水道事業会計補正予算(第1号)       ┃
┃                                            ┃
┃ 第1条 平成16年度読谷村水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによ  ┃
┃  る。                                        ┃
┃ 第2条 平成16年度読谷村水道事業会計予算(以下「予算」という。)第4条に定めた資本 ┃
┃  的収入及び資本的支出の予定額を次のとおり補正する。(資本的収入額が資本的支出額に対 ┃
┃  し不足する額163,023千円は、当年度損益勘定留保資金55,431千円、減債積立金31,815千円  ┃
┃  及び建設改良積立金75,777千円で補てんするものとする。)               ┃
┃                                            ┃
┃    ( 科 目 )   (既決予定額)    (補正予定額)    ( 計 )   ┃
┃                                            ┃
┃                   収   入                    ┃
┃                                            ┃
┃   第1款 資本的収入     53,002千円    19,500千円      72,502千円  ┃
┃    第3項 その他資本収入     2千円    19,500千円      19,502千円  ┃
┃                                            ┃
┃                  支    出                    ┃
┃                                            ┃
┃   第1款 資本的支出     216,025千円    19,500千円      235,525千円  ┃
┃    第1項 建設改良費    184,210千円    19,500千円      203,710千円  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




◎水道課長(新城正光君)

 議案第74号・平成16年度読谷村水道事業会計補正予算(第1号)について、提案理由の御説明を申し上げます。

 今回の補正予算の提案は、牧原地域の開発行為に伴う、国道58号を横断し、開発地域へ水の供給をする水道管の推進工法による配水管布設工事部分、延長69.69メートル、直径100ミリと、国道、県道歩道部分と国道巻き込み部分、延長74.94メートル、直径100ミリの県企業局との共同施工工事負担金の計上であります。村としましては、開発行為による水道施設等の譲渡につきましては、開発行為の完了後、配水管布設の工事検査を行い、無償による譲渡を行っておりますが、今回の配水管布設工事につきましては、道路管理者であります、国の指導等により工事施工当初から、もう一方の国道占用申請者であります、沖縄県企業局と共同占用、共同施工をすることになりました。工事の施工につきましては、県企業局が執行をし、村がその工事費用を応分の負担として1,950万円を支払うものであります。今回の開発行為に伴う、国道占用部分の推進工事につきましては、村の水道施設として行うことになりますが、その工事につきましては、通常の開発行為と同様に全額開発業者負担となります。

 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(前田善輝君)

 議案第74号に対する説明は終わりました。



△日程8.議案第75号・読谷村職員の勤務時間・休暇等に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第75号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     読谷村職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例         ┃
┃                                            ┃
┃  読谷村職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成7年読谷村条例第6号)の一部を次のよ ┃
┃ うに改正する。                                    ┃
┃                                            ┃
┃  第2条第1項中「38時間45分」を「40時間」に改める。              ┃
┃  第3条第2項中「7時間45分」を「8時間」に改める。                ┃
┃                                            ┃
┃   附 則                                      ┃
┃  この条例は、平成17年4月1日から施行する。                    ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






◎総務企画部長(新城正雄君)

 議案第75号・読谷村職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について提案理由の説明を申し上げます。

 改正点としましては、一つには、1週間当たりの勤務時間について、現行「38時間45分」を「40時間」に改めること。二つには、1日の勤務時間について、現行「7時間45分」を「8時間」に改めるものであります。勤務時間の現状についてみますと、国と同じく1週間の勤務時間を「40時間」と定めている県内市町村は、平成15年4月1日現在で52市町村中、33市町村、63.5%あり、国と異なる「38時間45分」を定めている市町村は、19市町村、36.5%あります。全国3,000余の市町村でみますと、週40時間勤務の実施率は80数%に達しております。

 次に、改正の理由について申し上げます。本村の行政改革実施計画を定めた、読谷村の自律の中で、行政改革の実施にあたっての基本的な考え方として、村民と行政がそれぞれの責任と役割の分担をし、共同による村づくりを進めることを記しております。全国的に、あるいは県内において、一般的に実施されている週40時間勤務が本村においては、1時間15分短く定めていることは、公務員の特権という印象を村民に与え兼ねず、行政が村民との共同による村づくりを進めていくにあたって、マイナス要因の一つになるものと考えることであります。年間総労働時間の短縮は方向性としては、持つべきものと認識しますが、現在の社会情勢のもとにあっては、読谷村における現行の勤務時間について、住民総体の理解を得るには、厳しいものがあるとの判断によるものであります。

 以上で、議案第75号についての説明といたします。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(前田善輝君)

 議案第75号に対する説明は終わりました。



△日程9.議案第76号・読谷村固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例を議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第76号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     読谷村固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例          ┃
┃                                            ┃
┃  読谷村固定資産税の課税免除に関する条例(昭和57年読谷村条例第9号)の一部を次のよ ┃
┃ うに改正する。                                    ┃
┃                                            ┃
┃  第2条中「第12条第1項の表の第5号又は、第45条第1項の表の第5号」を「第12条 ┃
┃ 第1項の表の第4号又は、第45条第1項の表の第4号」に改める。            ┃
┃                                            ┃
┃   附 則                                      ┃
┃  この条例は、平成17年1月1日から施行する。                    ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






◎総務企画部長(新城正雄君)

 議案第76号・読谷村固定資産税の課税免除に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 読谷村固定資産税の課税免除に関する条例第2条は、沖縄振興特別措置法に基づく産業高度化地域における課税免除の措置を定めております。課税免除の措置が講じられる対象は、現行では租税特別措置法、第12条第1項の表の第5号または第45条第1項の表の第5号の規定の適用を受けるものとなっております。このたび租税特別措置法の改正があり、「第12条第1項の表の第5号」が「第4号」に、また「第45条第1項の表の第5号」が「第4号」に改められたことから、本条例の一部を改正するものであります。

 以上で、議案第76号についての説明といたします。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(前田善輝君)

 議案第76号に対する説明は終わりました。



△日程10.議案第77号・読谷村老人福祉センターの設置及び管理に関する条例を議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第77号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     読谷村老人福祉センターの設置及び管理に関する条例               ┃
┃                                            ┃
┃  読谷村老人福祉センターセーラ苑の設置及び管理に関する条例(平成13年読谷村条例第4 ┃
┃ 号)の全部を改正する。                                ┃
┃                                            ┃
┃  (目的)                                      ┃
┃ 第1条 この条例は、老人福祉法(昭和38年法律第133号)第15条第5項の規定に基づ ┃
┃  いて、老人福祉の向上を図るため、読谷村老人福祉センター(以下「老人センター」とい  ┃
┃  う。)の設置及び管理について必要な事項を定めるものとする。             ┃
┃  (名称及び位置)                                  ┃
┃ 第2条 老人センターの名称及び位置は、次のとおりとする。               ┃
┃   名称 読谷村老人福祉センター                           ┃
┃   位置 読谷村字座喜味1976番地                         ┃
┃  (使用者の資格)                                  ┃
┃ 第3条 老人センターを使用することができるものは、老人福祉活動に使用するもので、か  ┃
┃  つ、本村の住民であって次の各号に掲げるとおりとする。                ┃
┃  (1)60歳以上                                  ┃
┃  (2)老人団体                                   ┃
┃ 2 村長は、前項各号に規定するものの使用に支障がないと認められるときは、これらのもの ┃
┃  以外に使用させることができる。                           ┃
┃  (使用の許可)                                   ┃
┃ 第4条 老人センターを使用しようとするもの(以下「使用者」という。)は、あらかじめ村 ┃
┃  長の許可を受けなければならない。                          ┃
┃ 2 前項の規定により許可を受けた内容を変更するときも同様とする。           ┃
┃  (使用許可の取消等)                                ┃
┃ 第5条 村長は、次の各号の一に該当するときは使用の許可を取消し、又はその使用を制限  ┃
┃  し、若しくは停止することができる。                         ┃
┃  (1)この条例又はこの条例に基づく規則に違反し、若しくは指示に従わないとき。    ┃
┃  (2)災害その他不可抗力により老人センターの使用ができなくなったとき。       ┃
┃  (3)正当な手続きによらないで使用の目的内容等を変更したとき。           ┃
┃ 2 前項の場合において使用者に損害を生ずることがあっても村長は、その責を負わない。  ┃
┃  (使用料)                                     ┃
┃ 第6条 使用料は、第3条第1項各号に掲げるものにあっては、無料とする。        ┃
┃ 2 第3条第2項に規定するものにあっては、別表のとおりとする。            ┃
┃  (使用料の減免)                                  ┃
┃ 第7条 村長は、前条第2条に規定するものが公益上その他必要があると認めるときは、使用 ┃
┃  料を減免することができる。                             ┃
┃  (使用者の管理義務)                                ┃
┃ 第8条 使用者は、老人センターの使用にあたっては、この条例又はこの条例に基づく規則等 ┃
┃  を守り、その使用する施設及び附属設備について善良な管理をもって使用しなければならな ┃
┃  い。                                        ┃
┃  (損害賠償)                                    ┃
┃ 第9条 使用者が故意又は重大な過失により、建物、設備その他物件を損傷し、又は滅失した ┃
┃  とき、村長は、費用の弁償を求めることができる。                   ┃
┃  (使用料の納付)                                  ┃
┃ 第10条 使用料は、使用許可を受けるときに納付する。                 ┃
┃  (使用料の還付)                                  ┃
┃ 第11条 既納の使用料は、還付しない。ただし、村長が特別の理由があると認めるときは、 ┃
┃  規則の定めるところにより、その全部又は一部を還付することができる。         ┃
┃  (委任)                                      ┃
┃ 第12条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。              ┃
┃                                            ┃
┃   附 則                                      ┃
┃  この条例は、公布の日から施行する。                         ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 別 表
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃           │   村       内   │   村       外   ┃
┃   区   分   ├───────┬───────┼───────┬───────┨
┃           │9:00〜17:00│17:00〜22:00│9:00〜17:00│17:00〜22:00┃
┠────┬──────┼───────┼───────┼───────┼───────┨
┃ 作業所 │1時間当たり│   200円│   350円│   400円│   700円┃
┠────┼──────┼───────┼───────┼───────┼───────┨
┃ 集会室 │1時間当たり│ 1,000円│ 1,500円│ 2,000円│ 3,000円┃
┠────┼──────┼───────┴───────┼───────┴───────┨
┃    │      │    15,000円    │   30,000円     ┃
┃    │1回3時間 │3時間を超えた場合は30分を超│3時間を超えた場合は30分を超┃
┃全館使用│以内    │える毎に2,500円     │える毎に5,000円     ┃
┃    │      ├───────────────┴───────────────┨
┃    │      │     冷房を使用するときは、1時間当たり500円     ┃
┗━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




◎生活福祉部長(兼)(長浜功勇君)

 議案第77号・読谷村老人福祉センターの設置及び管理に関する条例について御説明申し上げます。

 本議案は、平成13年3月30日に制定しました、読谷村老人福祉センターセーラ苑の設置及び管理に関する条例の全部を改正する条例でございます。改正の理由としまして、内閣府沖縄総合事務局那覇防衛施設局より、老人福祉法に基づく、老人福祉センターが葬祭場として利用されているのは、目的外使用ではないかとの指摘を受けての改正でございます。条例の中身は、今までとほぼ同じでございまして、条文中のセーラ苑と葬祭の文言を削除してまいります。国の指摘を受け、3条の使用者の資格を老人福祉活動に使用することと、使用目的を明確にしております。6条の使用料の別表中、葬祭に使用する場合を全館使用の場合に改正をしてございます。全館使用は3時間以内とし、使用料は従来と同額でございます。3時間を超えた場合には30分を超えるごとに村内の使用者は2,500円、村外の使用者は5,000円の超過使用料について規定をしております。12条の管理委託については、直営方式をとるため削除してございます。

 以上で、議案第77号の説明を終わります。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(前田善輝君)

 議案第77号に対する説明は終わりました。



△日程11.議案第78号・読谷村先進農業支援センターの設置及び管理に関する条例を議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第78号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     読谷村先進農業支援センターの設置及び管理に関する条例             ┃
┃                                            ┃
┃  (目的)                                      ┃
┃ 第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定に基づ  ┃
┃  き、読谷村先進農業支援センター(以下「支援センター」という。)の設置及び管理に関し ┃
┃  必要な事項を定め、読谷飛行場の跡地利用推進、農業担い手の育成及び先進農業の振興に資 ┃
┃  することを目的とする。                               ┃
┃  (名称及び位置)                                  ┃
┃ 第2条 支援センターの名称及び位置は、次のとおりとする。               ┃
┃  名称 読谷村先進農業支援センター                          ┃
┃  位置 読谷村字喜名2346番3                           ┃
┃  (施設等)                                     ┃
┃ 第3条 支援センターの施設(以下「施設等」という。)は、次のとおりとする。      ┃
┃  (1)ビニールハウス                                ┃
┃  (2)平張りハウス                                 ┃
┃  (3)花卉育苗施設                                 ┃
┃  (4)野菜育苗ハウス                                ┃
┃  (5)花卉集選花場                                 ┃
┃  (6)野菜集出荷場                                 ┃
┃  (事業)                                      ┃
┃ 第4条 第1条の目的に基づき、前条各号の施設等において農業担い手研修事業(以下「研修 ┃
┃  事業」という。)を実施する。                            ┃
┃ 2 研修事業の内容は、花卉及び野菜の経営研修とする。                 ┃
┃ 3 研修事業の研修コース及び定員は、別表1に掲げるとおりとする。           ┃
┃ 4 研修事業の実施については、別に規則で定める。                   ┃
┃  (研修施設の貸与)                                 ┃
┃ 第5条 村長は、研修施設として第3条第1号及び第2号の施設を研修生に貸与することがで ┃
┃  きる。                                       ┃
┃  (共同利用施設)                                  ┃
┃ 第6条 村長は、研修事業共同利用施設(以下「共同利用施設」という。)として第3条第3 ┃
┃  号、第4号及び第6号の施設と同条第5号の施設の供用の一部を別表2に掲げるとおり研修 ┃
┃  生に供用することができる。                             ┃
┃  (研修費)                                     ┃
┃ 第7条 研修事業に係る費用(以下「研修費」という。)として、別表3に基づく金額及び共 ┃
┃  同利用施設の維持管理料(別表4)を研修生から徴収する。ただし、研修費については、村 ┃
┃  長が必要があると認めるときは、減免等の措置を講ずることができる。          ┃
┃  (研修事業指導員)                                 ┃
┃ 第8条 研修事業を援助するため、先進農業支援センター研修事業指導員を置くことができ  ┃
┃  る。                                        ┃
┃  (施設等の管理)                                  ┃
┃ 第9条 施設等は、読谷村長が管理する。                        ┃
┃  (利用)                                      ┃
┃ 第10条 第3条第5号の花卉集選花場(以下「選花場」という。)は、第1条の目的に基づ ┃
┃  き農業振興を図るための利用に供する。                        ┃
┃  (利用時間)                                    ┃
┃ 第11条 選花場の開館時間は、午前8時30分から午後5時までとする。ただし、村長が必 ┃
┃  要があると求めるときは、これを変更することができる。                ┃
┃  (休館日)                                     ┃
┃ 第12条 選花場の休館日は、次の各号に掲げるとおりとする。ただし、村長が必要があると ┃
┃  認めるときは、臨時に開館し、又は休館することができる。               ┃
┃  (1)土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定す ┃
┃  る休日                                       ┃
┃  (2)12月29日から翌年の1月3日までの日                    ┃
┃  (3)6月23日(慰霊の日)                            ┃
┃  (利用の許可)                                   ┃
┃ 第13条 選花場の利用許可を受けようとする者は、村長の許可を受けなければならない。許 ┃
┃  可を受けた事項を変更するときも同様とする。ただし、第4条に規定する事業で使用する場 ┃
┃  合はこの限りでない。                                ┃
┃  (許可の申請)                                   ┃
┃ 第14条 前条の許可を受けようとするものは、次に掲げる事項を記載した書面より、あらか ┃
┃  じめ村長に申請しなければならない。これに変更があるときも同様とする。        ┃
┃  (1)施設を利用しようとする者の氏名、住所又は居所及び電話番号並びに法人その他の団 ┃
┃    体にあっては、その名称、代表者の氏名、住所又は居所及び電話番号         ┃
┃  (2)利用を希望する施設及び附属設備の種類                     ┃
┃  (3)施設を利用しようとする目的                          ┃
┃  (4)施設を利用しようとする期日及び時間                      ┃
┃  (5)その他村長が定める必要な事項                         ┃
┃ 2 前項の規定にかかわらず、前条の許可を受けようとする者は、村長が認めるときは、口頭 ┃
┃  により申請することができる。                            ┃
┃  (許可の基準)                                   ┃
┃ 第15条 前条の許可の申請が次の各号のいずれかに該当するときは、許可しないものとす  ┃
┃  る。                                        ┃
┃  (1)公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。     ┃
┃  (2)施設を汚損し、損傷し、又は滅失するおそれがあると認められるとき。       ┃
┃  (3)集団的に又は常習的に暴力的不法行為等を行うおそれがある組織の利益になると認め ┃
┃    られるとき。                                  ┃
┃  (4)施設の管理運営上支障があると認められるとき。                 ┃
┃  (5)前各号に掲げるもののほか、その利用が不適当と認められるとき。         ┃
┃  (許可の決定等)                                  ┃
┃ 第16条 第14条第1項の規定による申請に係る許可をするときは、その旨を決定し、同条 ┃
┃  の規定による申請をした者に対し、その旨を通知する。                 ┃
┃ 2 第14条第1項の規定による申請に係る許可をしないときは、許可をしない旨の決定を  ┃
┃  し、同条の規定による申請をした者に対し、その旨を通知する。             ┃
┃  (許可の条件)                                   ┃
┃ 第17条 管理運営上必要があると認めるときは、第13条の許可に条件を付すものとする。 ┃
┃  (利用許可の取消し等)                               ┃
┃ 第18条 第13条の規定により利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)が次の各号 ┃
┃  のいずれかに該当すると認めたときは、その利用を制限し、若しくは利用の停止を命じ、又 ┃
┃  は利用の許可を変更し、若しくは取り消すことができる。                ┃
┃  (1)第15条第1項各号のいずれかに該当するに至ったとき。             ┃
┃  (2)この条例に違反し、又は村長の指示に従わなかったとき。             ┃
┃  (3)利用目的以外の利用又は利用許可の条件に違反したとき。             ┃
┃  (4)偽りその他不正な手段により許可を受けたとき。                 ┃
┃  (5)災害その他の避けることができない理由により必要があると認められるとき。    ┃
┃  (6)前各号に掲げるもののほか、管理運営上必要があると認められるとき。       ┃
┃ 2 前項の規定によりその利用を制限し、若しくは利用の停止を命じ、又は利用の許可を変更 ┃
┃  し、若しくは取り消した場合において利用者に損害が生じても、村は、その賠償の責めを負 ┃
┃  わない。ただし、前項第6号に該当する場合は、この限りでない。            ┃
┃  (入場の制限等)                                  ┃
┃ 第19条 次の各号のいずれかに該当する者について、入場を制限し、又は退場を命ずるもの ┃
┃  とする。                                      ┃
┃  (1)伝染病の疾患のおそれがあると認められる者                   ┃
┃  (2)他人に危害又は迷惑を及ぼすおそれがあると認められる者             ┃
┃  (3)風紀を乱すおそれがあると認められる者                     ┃
┃  (目的外利用の禁止)                                ┃
┃ 第20条 利用者は、許可を受けた目的以外に利用し、又はその権利を他人に譲渡し、若しく ┃
┃  は転貸してはならない。                               ┃
┃  (利用料)                                     ┃
┃ 第21条 選花場及び付属設備等の利用料の額は、別表5に掲げる額とする。        ┃
┃  (利用料の減免)                                  ┃
┃ 第22条 選花場について、公益上その他必要があると認めるときは、利用料を減免すること ┃
┃  ができる。                                     ┃
┃  (利用料の還付)                                  ┃
┃ 第23条 すでに納入された利用料は還付しない。ただし、利用者の責めに帰さない理由によ ┃
┃  り施設を利用できないときは、その全部又は一部を還付することができる。        ┃
┃  (損害賠償)                                    ┃
┃ 第24条 施設等を汚損し、損傷し、又は滅失した利用者は、これを原形に復し、又はその損 ┃
┃  害を賠償しなければならない。ただし、村長がやむを得ない理由があると認めるときは、賠 ┃
┃  償額を減免することができる。                            ┃
┃  (委 任)                                     ┃
┃ 第25条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定め  ┃
┃  る。                                        ┃
┃   附 則                                      ┃
┃  この条例は、公布の日から施行する。                         ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 

別表1
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    研修コース    │             定 員             ┃
┠─────────────┼─────────────────────────────┨
┃     花 卉     │             12人             ┃
┠─────────────┼─────────────────────────────┨
┃     野 菜     │              3人             ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

別表2
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    研修コース    │           共同利用施設            ┃
┠─────────────┼─────────────────────────────┨
┃     花 卉     │花卉育苗施設、花卉集選花場                ┃
┠─────────────┼─────────────────────────────┨
┃     野 菜     │野菜育苗ハウス、野菜集出荷場               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


別表3 研修費
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃   ビニールハウス   │       年額 1a当たり 15,000円       ┃
┠─────────────┼─────────────────────────────┨
┃   平張りハウス    │       年額 1a当たり  9,000円       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

別表4 共同利用施設維持管理料
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃    研修コース    │        内  容         │  金 額  ┃
┠─────────────┼─────────────────────┼───────┨
┃    花  卉     │花卉育苗施設及び花卉集選花場の光熱水費、備│  実 費  ┃
┃             │品修繕費等                │       ┃
┠─────────────┼─────────────────────┼───────┨
┃    野  菜     │野菜育苗ハウス及び野菜集出荷場の光熱水費、│  実 費  ┃
┃             │備品修繕費等               │       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┛

別表5
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃           区  分            │      利 用 料      ┃
┠─────────────┬────────────┼────────────────┨
┃             │  選 花 機(1台)  │   1時間 2,000円   ┃
┃    花卉集選花場    ├────────────┼────────────────┨
┃             │  穂冷蔵庫(1箱)  │   1日    100円   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 注:箱の基準は、菊の出荷用箱とする。







◎建設経済部長(長浜功勇君)

 議案第78号・読谷村先進農業支援センターの設置及び管理に関する条例について御説明申し上げます。

 本議案は、島懇事業で整備を進めております、先進農業支援センターの設置及び管理に関する条例を制定するものであります。条文について、御説明を申し上げます。

 本条例は、第1条(目的)から、第25条(規則への委任)までの構成になっております。

 第1条は設置目的。

 第2条は名称及び位置について規定しておりまして、施設の名称を読谷村先進農業支援センターにしてございます。

 第3条は、支援センターの施設等について規定しております。

 第4条は、研修事業と研修内容等を規定し、7条で研修費用をビニールハウスを年額1アール当たり1万6,500円。平張りハウスを年額1アール当たり9,500円。共同利用施設維持管理費用として、花卉コース、野菜コース、それぞれ実費を負担してもらうための研修費用を規定してございます。

 第5条は、研修生への研修施設の貸与についてを規定してございます。

 第6条から第24条までは、共同利用施設について規定し、利用目的や利用の許可条件、利用料、損害賠償等を規定しております。

 第10条で、花卉集選花場の一般の利用を規定し、第21条で施設料金を花卉集選花場の選花機1台当たり1時間2,000円、穂冷蔵庫を1箱、1日当たり100円で料金の設定をしてございます。本条例は、公布の日から施行してまいりたいと考えております。

 以上で、議案第78号の説明を終わります。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(前田善輝君)

 議案第78号に対する説明は終わりました。



△日程12.議案第79号・読谷村営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例を議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第79号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     読谷村営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例               ┃
┃                                            ┃
┃  読谷村営住宅設置及び管理条例(平成9年読谷村条例第19号)の一部を次のように改正す ┃
┃ る。                                         ┃
┃                                            ┃
┃  第6条第1号中「村内に居住しているか、又は勤務場所を有すること。」を「申込みの日ま ┃
┃ でに、村内に居住しているか、又は勤務場所を有すること。」に改める。          ┃
┃                                            ┃
┃   附 則                                      ┃
┃  この条例は、平成17年4月1日から施行する。                    ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






◎建設経済部長(長浜功勇君)

 議案第79号・読谷村営住宅設置及び管理条例の一部を改正する条例について、提案説明申し上げます。

 本議案は、条例第6条第1号を改正する条例でございます。今回の改正は、村営住宅申し込みの住所要件を申し込みの日までに、村内に居住、または勤務場所を有するものと明確にすることでございます。

 以上で、議案第79号の説明を終わります。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(前田善輝君)

 議案第79号に対する説明は終わりました。



△日程13.議案第80号・読谷村都市公園条例の一部を改正する条例を議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第80号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     読谷村都市公園条例の一部を改正する条例                    ┃
┃                                            ┃
┃  読谷村都市公園条例(昭和54年読谷村条例第6号)の一部を次のように改正する。    ┃
┃                                            ┃
┃  別表第2(公園を占用する場合の項)中                        ┃
┃                                            ┃
┃  「                                         ┃
┃   ┌────────────────┬─────────┬───────┐     ┃
┃   │電柱、支柱、支線及び標識その他こ│   1本1月  │    20円│     ┃
┃   │れに類するもの         │         │       │     ┃
┃   └────────────────┴─────────┴───────┘     ┃
┃                                       」を   ┃
┃                                            ┃
┃  「                                         ┃
┃   ┌────────────────┬─────────┬───────┐     ┃
┃   │電柱、支柱、支線及び標識その他こ│   1本1月  │    20円│     ┃
┃   │れに類するもの         │         │       │     ┃
┃   ├────────────────┼─────────┼───────┤     ┃
┃   │    高 圧 送 電 塔   │1平方メートル1月│    30円│     ┃
┃   ├────────────────┼─────────┼───────┤     ┃
┃   │    高 圧 送 電 線   │1平方メートル1月│    15円│     ┃
┃   └────────────────┴─────────┴───────┘     ┃
┃                                       」に   ┃
┃                                            ┃
┃  改める。                                      ┃
┃                                            ┃
┃   附 則                                      ┃
┃  この条例は、公布の日から施行し、平成16年4月1日から適用する。          ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




◎建設経済部長(長浜功勇君)

 議案第80号・読谷村都市公園条例の一部を改正する条例について提案説明申し上げます。

 本議案は、条例第12条使用料の別表2を改正する条例でございます。これまでは公園内の高圧送電塔及び高圧送電線の占用につきましては、普通財産として貸し付けを行っておりましたが、条例を改正し、公園内の工作物として占用許可を与え、占用料を徴収するための改正であります。

 以上で、議案第80号の説明を終わります。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(前田善輝君)

 議案第80号に対する説明は終わりました。



△日程14.議案第81号・読谷村水道施設整備事業再評価委員会設置条例についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第81号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     読谷村水道施設整備事業再評価委員会設置条例                  ┃
┃                                            ┃
┃  (設 置)                                     ┃
┃ 第1条 読谷村が実施する水道施設整備事業(以下「事業」という。)の効果的な執行及びそ ┃
┃  の実施過程の透明性の一層の向上を図ることを目的として読谷村が行う事業の再評価の適正 ┃
┃  化を図るため、読谷村水道施設整備事業再評価委員会(以下「委員会」という。)を設置す ┃
┃  る。                                        ┃
┃  (委員会の事務)                                  ┃
┃ 第2条 委員会は、読谷村水道事業管理者(以下「管理者」という。)の諮問に応じ、管理者 ┃
┃  が作成した再評価案について審議を行い、管理者に対して意見の具申を行う。       ┃
┃  (組 織)                                     ┃
┃ 第3条 委員会は、委員5名以内で組織する。                      ┃
┃ 2 委員は、村民及び有識者のうちから管理者が委嘱する。                ┃
┃ 3 委員の任期は委嘱を受けた年度の3月31日までとする。ただし、委員が欠けた場合の補 ┃
┃  欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。                     ┃
┃ 4 委員は、再任されることができる。                         ┃
┃ 5 委員は非常勤とする。                               ┃
┃  (委員長)                                     ┃
┃ 第4条 委員会に委員長、副委員長を置き、委員の互選によりこれを定める。        ┃
┃ 2 委員長は、会議を総理し、委員会を代表する。                    ┃
┃ 3 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるとき、または委員長が欠けたときは、そ ┃
┃  の職務を代理する。                                 ┃
┃  (会 議)                                     ┃
┃ 第5条 委員会は、委員長が招集し、委員長がその会議の議長となる。           ┃
┃ 2 委員会は、開催時期、審議方法等を定めた運営要綱を決定する。            ┃
┃ 3 委員会で用いた資料等の取り扱いについては、委員会が決定する。           ┃
┃  (委員会の庶務)                                  ┃
┃ 第6条 委員会の庶務は、読谷村水道課において処理する。                ┃
┃                                            ┃
┃   附 則                                      ┃
┃  この条例は、公布の日から施行する。                         ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



◎水道課長(新城正光君)
 議案第81号・読谷村水道施設整備事業再評価委員会設置条例について提案理由の御説明を申し上げます。
 水道施設整備事業再評価につきましては、国は効果的、効率的な執行及び透明性の確保を図る観点から、平成11年3月9日、水道施設整備事業の評価の実施について再評価を実施しております。再評価の趣旨としましては、事業の効率的な執行及びその実施過程の透明性の一層の向上、事業採択前の事業を対象に事前評価、また事業採択後一定期間を経過した事業対象に事業の再評価を行うものであります。村は国庫補助事業を受けて実施した水道施設整備事業にかかる事業採択後、一定期間を経過して実施中の事業を対象に再評価を実施するものであり、その評価にあたり、学識経験者等の第三者から意見を聴取するため、再評価委員会を設置いたします。
 条例につきましては全6条からなり、第1条が設置の趣旨。第2条が委員会の事務、水道管理者からの諮問に応じて、管理者に対し、意見の具申を行う。第3条が委員会の組織。委員は5名以内とする。第4条が委員長。第5条が会議で資料の取り扱い運営要綱の決定。第6条が委員会の庶務で、水道課に位置して、水道課にて処理することになります。
 以上、読谷村水道施設整備事業再評価委員会、設置条例を提案しますので、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。


○議長(前田善輝君)
 議案第81号に対する説明は終わりました。


△日程15.議案第82号・世界遺産周辺整備事業・喜名番所(観光案内・休憩所)建築工事請負契約の変更についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第82号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     世界遺産周辺整備事業・喜名番所(観光案内・休憩所)建築            ┃
┃     工事請負契約の変更について                          ┃
┃                                            ┃
┃  読谷村議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和47年読谷村 ┃
┃ 条例第10号)第2条の規定により、平成16年6月28日議案第38号で議決された世界遺 ┃
┃ 産周辺整備事業・喜名番所(観光案内・休憩所)建築工事請負契約について、下記のとおり変 ┃
┃ 更したいので議会の議決を求めます。                          ┃
┃                                            ┃
┃                      記                     ┃
┃                                            ┃
┃      1.契約の目的   世界遺産周辺整備事業・喜名番所(観光案内・       ┃
┃                休憩所)建築工事                    ┃
┃      2.当初契約額   金 88,200,000円               ┃
┃      3.変更増減額   増額金1,890,000円               ┃
┃      4.変更後の契約額 金 90,090,000円               ┃
┃      5.契約の相手方  住 所 沖縄市知花6丁目40番15号          ┃
┃                商 号 日進建設株式会社                ┃
┃                氏 名 山 内 光 雄                 ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






◎建設経済部長(長浜功勇君)

 議案第82号・世界遺産周辺整備事業・喜名番所(観光案内・休憩所)建築工事請負契約の変更について、提案説明を申し上げます。

 本事業は、平成16年6月28日第332回臨時会において、議案第38号で議決を得まして、木造平屋造り、延べ床面積が133.86平方メートルで、玄関ポーチ、展示案内、休憩スペース、畳間、案内コーナー、身障者用トイレ、給湯室、倉庫等の工事を進めているところでございます。今回の変更は主に、石張り工事の増でございます。当初請負金額の8,820万円に189万円を追加し、請負金額を9,009万円に変更してまいります。相手方とは平成16年12月3日に仮契約を締結したところでございます。本請負契約を締結するにあたり、読谷村議会の議決に付すべき契約及び財産の取得、または処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 なお、参考資料として、図面を添付してございますので、御参照の上、御審議くださるようお願い申し上げ、提案説明といたします。



○議長(前田善輝君)

 議案第82号に対する説明は終わりました。



△日程16.議案第83号・損害賠償の額を定めることについてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第83号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     損害賠償の額を定めることについて                       ┃
┃                                            ┃
┃  村道維持管理運営事業での事故による損害賠償を次のとおり賠償することについて、地方自 ┃
┃ 治法第96条第1項第13号の規定に基づき議会の議決を求めます。            ┃
┃                                            ┃
┃      1.相 手 方  読谷村字座喜味247番地                 ┃
┃               当 山 行 正                      ┃
┃      2.事故の概要  平成16年10月6日の13時50分頃、村道座喜味12号線 ┃
┃               から村総合福祉センター向け進行中の被害者の運転する車両に ┃
┃               村道管理草刈作業中の草刈機による飛び石により損傷を与え  ┃
┃               た。                           ┃
┃      3.損害賠償額  金41,150円                     ┃
┃      4.示 談 書  別紙のとおり                       ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






◎建設経済部長(長浜功勇君)

 議案第83号・損害賠償の額を定めることについて、提案説明を申し上げます。

 村道維持管理のための草刈り作業中は、歩行者や通行車両に十分注意を払っておりますが、平成16年10月6日、午後1時50分ごろ、村道座喜味12号線から福祉センター向け、通行中の乗用車に草刈機により飛び散った小石があたり、前方ドアと後部側面にへこみの損害を与えてしまいました。事故の当事者並びに村民の皆様に深くお詫びを申し上げます。誠に申しわけありませんでした。今後、同じような事故を起こさないように、作業にあたっては細心の注意を払ってまいります。なお、損害賠償につきましては、4万1,150円でございます。このたび双方で別紙のとおり示談が整いましたので、損害を賠償するため、地方自治法第96条第1項第13号の規定により、議会の議決をお願いするものでございます。よろしく御審議くださるようお願い申し上げ、提案説明といたします。



○議長(前田善輝君)

 議案第83号に対する説明は終わりました。



△日程17.議案第84号・損害賠償の額を定めることについてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第84号                                     ┃
┃                                            ┃
┃     損害賠償の額を定めることについて                       ┃
┃                                            ┃
┃  村道維持管理運営事業での事故による損害賠償を次のとおり賠償することについて、地方自 ┃
┃ 治法第96条第1項第13号の規定に基づき議会の議決を求めます。            ┃
┃                                            ┃
┃      1.相 手 方  読谷村字波平868番地                  ┃
┃               山 城 博 文                      ┃
┃      2.事故の概要  平成16年11月22日の13時20分頃、沖縄海邦銀行読谷 ┃
┃               村支店駐車場において、相手方の駐車中の車両の側面に駐車し ┃
┃               ようとして、相手車両の右側後部に公用車を接触し損傷を与え ┃
┃               た。                           ┃
┃      3.損害賠償額  金30,000円                     ┃
┃      4.示 談 書  別紙のとおり                       ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






◎建設経済部長(長浜功勇君)

 議案第84号・損害賠償の額を定めることについて、提案説明を申し上げます。

 常日ごろから公用車の安全運転に心がけておりますが、平成16年11月22日、午後1時20分ごろ、沖縄海邦銀行読谷支店駐車場内において、接触事故を起こしてしまいました。事故の当事者並びに村民の皆様に深くお詫びを申し上げます。誠に申しわけございませんでした。

 事故の概要について申し上げますと、駐車中の相手車両の隣に駐車をする際に、相手方車両の右側後部に接触し、後部バンパーにへこみの損害を与えてしまいました。なお、損害賠償額については、3万円でございます。このたび双方で別紙のとおり、示談が整いましたので、損害を賠償するにあたり、地方自治法第96条第1項第13号の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。よろしく御審議くださるようお願い申し上げ提案説明といたします。



○議長(前田善輝君)

 議案第84号に対する説明は終わりました。



△日程18.諮問第2号・人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 諮問第2号                                      ┃
┃                                            ┃
┃     人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて               ┃
┃                                            ┃
┃  下記の者を人権擁護委員候補者として、法務大臣に対し推薦したいので、人権擁護委員法  ┃
┃ 第6条第3項の規定に基づき議会の意見を求めます。                   ┃
┃                                            ┃
┃                      記                     ┃
┃                                            ┃
┃          住  所   読谷村字渡具知142番地               ┃
┃          氏  名   渡具知 善 輝                    ┃
┃          生年月日   昭和16年4月2日                  ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




◎村長(安田慶造君)

 諮問第2号・人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、御説明申し上げます。

 今回の提案は、人権擁護委員の奥原 実氏の任期満了による退任があり、その補充のための推薦であります。退任なさいます奥原氏につきましては、2期6年にわたり、人権擁護委員として職務を全うしてまいりました。これまでの御苦労に対し、衷心より敬意を表します。一方、推薦する方は、字渡具知142番地の渡具知善輝氏であり、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めます。渡具知氏は、履歴書にも記載されておりますように、昭和40年に高等学校教諭として勤務以来、平成14年の退職までの長きにわたり教育者として、その職責を全うしてこられました。同氏は、地域の方々からの信望も厚く、人格者であり、識見も広く、地域社会にも精通しておられます。したがいまして、人権擁護委員としての広い見知から御尽力いただける最適任者と確信し、推薦を申し上げる次第でございます。

 以上、御説明申し上げ、御審議のほどお願いをいたします。



○議長(前田善輝君)

 諮問第2号に対する説明は終わりました。



△日程19.諮問第3号・人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 諮問第3号                                      ┃
┃                                            ┃
┃     人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて               ┃
┃                                            ┃
┃  下記の者を人権擁護委員候補者として、法務大臣に対し推薦したいので、人権擁護委員法第 ┃
┃ 6条第3項の規定に基づき議会の意見を求めます。                    ┃
┃                                            ┃
┃                      記                     ┃
┃                                            ┃
┃          住  所   読谷村字喜名2319番地               ┃
┃          氏  名   金 子 盛 市                    ┃
┃          生年月日   昭和10年8月7日                  ┃
┃                                            ┃
┃  平成16年12月13日提出                             ┃
┃                               読谷村長 安 田 慶 造 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




◎村長(安田慶造君)

 諮問第3号・人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを御説明申し上げます。

 今回の提案は、金子盛市氏の任期満了に伴う、再任の推薦であります。金子氏は、平成7年5月に人権擁護委員の委嘱を受け、住民の基本的人権を擁護し、常に自由人権思想の普及高揚に努めてまいりました。金子氏は履歴書にもございますように、昭和35年に中学校教諭として勤務以来、平成6年の退職までの長きにわたり教育者として、その職責を全うしてこられました。同氏は、地域の方々からの人望も厚く、人格者であり、識見も広く、地域社会にも精通をしておられます。したがいまして、今後も引き続き、人権擁護委員として御尽力いただける最適任者と確信し、金子氏を推薦申し上げる次第でございます。

 以上、御説明申し上げ、御審議のほどお願いいたします。



○議長(前田善輝君)

 諮問第3号に対する説明は終わりました。

 本日の議事日程はすべて終了いたしました。これにて散会いたします。



     午前10時56分 散会