議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 読谷村

平成25年第419回読谷村議会臨時会会議録 04月10日−01号




平成25年第419回読谷村議会臨時会会議録 − 04月10日−01号







平成25年第419回読谷村議会臨時会会議録





第419回読谷村議会臨時会会議録



第419回読谷村議会臨時会は、平成25年4月10日読谷村議会議事堂に招集された。



応招議員は次のとおりである。

     1番 知 花 徳 栄 君         2番 比 嘉 郁 也 君

     3番 仲宗根 盛 良 君         4番 伊 波   篤 君

     5番 當 山 勝 吉 君         6番 大 城 行 治 君

     7番 當 間 良 史 君         8番 上 地 利枝子 さん

    10番 城 間   勇 君        11番 嘉手苅 林 春 君

    12番 津波古 菊 江 さん       13番 山 内 政 徳 君

    14番 長 浜 宗 則 君        15番 照 屋 清 秀 君

    16番 上 地   榮 君        17番 伊 佐 眞 武 君

    18番 國 吉 雅 和 君        19番 新 垣 修 幸 君





不応招議員は次のとおりである。

     9番 山 城 正 輝 君





出席議員は次のとおりである。

  出席議員は応招議員と同じである。





欠席議員は次のとおりである。

  欠席議員は不応招議員と同じである。





地方自治法第121条の規定により、説明のため本会議に出席した者は次のとおりである。

 村    長   石 嶺 傳 實 君      副  村  長   池 原 栄 順 君

 教  育  長   松 田 平 次 君      総務企画部長   儀 間 敏 光 君

 建設経済部長   比 嘉 隆 雄 君      生活福祉部長   仲宗根 盛 和 君

 教 育 次 長    喜 瀬   栄 君      会計管理者    知 花   毅 君

 総 務 課 長    安 田 慶 知 君      企画財政課長   與那覇   操 君

 税 務 課 長    小橋川 清 弘 君      健康保険課長   大 湾   勇 君

 教育総務課長   山 内   猛 君      生涯学習課長   玉 城 秀 友 君





職務のため本会議に出席した事務局職員は次のとおりである。

 事 務 局 長    山 内 明 秀 君      事務局次長    伊 波   靖 君

 議 会 主 査    佐久川 節 子 さん





本日の会議に付した事件は次のとおりである。

 日程1.会議録署名議員の指名

 日程2.会期の決定

 日程3.議案第40号・読谷平和の森球場機能強化整備建築改修工事請負契約について

 日程4.議案第41号・読谷平和の森球場機能強化整備土木工事請負契約について

 日程5.承認第 1 号・専決処分の承認(読谷村税条例の一部を改正する条例)を求めること

            について

 日程6.承認第 2 号・専決処分の承認(読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)

            を求めることについて











     午後2時52分 開会







○議長(新垣修幸君)

 ただいまから平成25年第419回読谷村議会臨時会を開会します。

 議席9番・山城正輝議員が所用のため、欠席する旨の届け出が出ております。

 これより本日の会議を開きます。



△日程1.会議録署名議員の指名を行います。本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により議席1番・知花徳栄議員と議席18番・國吉雅和議員を指名します。



△日程2.会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。本臨時会の会期は本日1日間にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、本臨時会の会期は本日1日間に決定しました。



△日程3.議案第40号・読谷平和の森球場機能強化整備建築改修工事請負契約についてと日程4.議案第41号・読谷平和の森球場機能強化整備土木工事請負契約についてを一括して議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎村長(石嶺傳實君)

 皆さんこんにちは。第419回読谷村議会臨時会を開会しましたのは、平和の森球場関係請負契約2件と税関係の承認案件2件を審議いただくためでございます。

 詳細については、担当部課長をもってさせますので、御審議のほどよろしくお願いします。



◎教育次長(喜瀬栄君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第40号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    読谷平和の森球場機能強化整備建築改修工事請負契約について           ┃
┃                                           ┃
┃  平成25年3月13日指名競争入札に付した工事について、下記のとおり請負契約を締結 ┃
┃ するため、読谷村議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和4 ┃
┃ 7年読谷村条例第10号)第2条の規定により、議会の議決を求めます。         ┃
┃                                           ┃
┃                     記                     ┃
┃                                           ┃
┃ 1 契 約 の 目 的   読谷平和の森球場機能強化整備建築改修工事          ┃
┃ 2 契 約 の 方 法   指名競争入札による契約                   ┃
┃ 3 契 約 の 金 額   金139,650,000円                 ┃
┃ 4 契約の相手方    住    所 読谷村字長浜1750番地           ┃
┃             商号又は名称 株式会社山中組                ┃
┃             氏    名 代表取締役 玉城 政幸            ┃
┃                                           ┃
┃  平成25年4月10日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 議案第40号・読谷平和の森球場機能強化整備建築改修工事請負契約について、議案第41号・読谷平和の森球場機能強化整備土木工事請負契約について、一括で説明申し上げます。

 本議案は、築25年が経過し、施設の劣化が顕著となった読谷平和の森球場の改修を行い、機能強化を図ることを目的として、沖縄振興特別推進交付金を活用し、工事を実施するものでございます。整備後は、スポーツ振興、余暇活動、健康増進等の村民福祉の向上と、スポーツコンベンション等に資する施設として活用してまいります。工事につきましては、規模が大きいため、建築改修工事、土木工事、電気改修工事、機械改修工事に分離し発注を行いました。

 まず、議案第40号・読谷平和の森球場機能強化整備建築改修工事請負契約について説明申し上げます。

 工事の概要につきましては、管理棟内の壁、天井、床、開口部などの改修及びスコアボード等の電光掲示に係る改修が主な内容となっております。工事の発注につきましては、株式会社沖秀建設ほか7者を指名し、2月13日に現場説明会を行い、3月13日に入札に付しました。その結果、株式会社山中組が消費税込み1億3,965万円で落札しましたので、3月19日に仮契約を締結したところでございます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第41号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    読谷平和の森球場機能強化整備土木工事請負契約について             ┃
┃                                           ┃
┃  平成25年3月13日指名競争入札に付した工事について、下記のとおり請負契約を締結 ┃
┃ するため、読谷村議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和4 ┃
┃ 7年読谷村条例第10号)第2条の規定により、議会の議決を求めます。         ┃
┃                                           ┃
┃                     記                     ┃
┃                                           ┃
┃ 1 契 約 の 目 的   読谷平和の森球場機能強化整備土木工事            ┃
┃ 2 契 約 の 方 法   指名競争入札による契約                   ┃
┃ 3 契 約 の 金 額   金230,790,000円                 ┃
┃ 4 契約の相手方    住    所 読谷村字古堅939番地の1          ┃
┃             商号又は名称 (有)繁久産業・(有)AU企画        ┃
┃                    建設工事共同企業体              ┃
┃             代表者氏名  代表取締役 安 室 恵 子          ┃
┃                                           ┃
┃  平成25年4月10日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 次に、議案第41号・読谷平和の森球場機能強化整備土木工事請負契約について説明申し上げます。

 工事の概要につきましては、内野クレイ舗装、外野芝舗装、バックネット、防球ネット、内外野進入防止フェンス、内野スタンド等の改修及び新設が主な内容となっております。工事の発注につきましては、工事費が高額であることから、2者建設工事共同企業体方式を採用し、Aグループに株式会社池原建設ほか7者、Bグループに大武建設株式会社ほか7者を指名し、2月13日に現場説明会を行い、2月20日に業者間で建設工事共同企業体が結成され、3月13日に入札に付しました。その結果、有限会社繁久産業、有限会社AU企画建設工事共同企業体が消費税込み2億3,079万円で落札しましたので、3月19日に仮契約を締結したところでございます。

 以上、2件の契約を締結することに当たり、読谷村議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 なお、参考資料として、入札結果書、平面図等を添えてありますので、御参照の上、御審議くださいますようよろしくお願い申し上げ提案説明といたします。



○議長(新垣修幸君)

 議案第40号、議案第41号に対する説明は終わりました。

 これより質疑を行います。



◆16番(上地榮君)

 ただいま2つの議案について提案がございましたけれども、二、三点お伺いしたいと思います。まず、築25年という経過の中で老朽化ということがございます。今回、一括交付金を活用いたしまして、この2つの議案にあらわれている金額が約3億7,000万円でございます。それだけの費用をかけて内容を充実させようということでございますが、今後、この球場の耐用年数を何十年と考えているのか。その点についてお伺いしたいと思います。

 それからまた、地域から改修された後は、プロ野球の試合などもできるのかという質問もあるものですから、この辺についてお伺いいたします。

 それからもう1点は、これは当初予算では約4億1,000万円余りの予算を計上しております。今回、約3億7,000万円の計上、入札の結果はそうなっているわけでございまして、入札差額が出るわけでございますが、この入札差額が幾らになっていくのか。そしてそれは、結局一括交付金ですから、返すという話もあるわけですけれども、この辺の内容等につきまして、村民にわかるように御説明お願いしたいと思っています。



◎生涯学習課長(玉城秀友君)

 まず耐用年数の件でございますが、今回の改修工事につきましては、昭和62年に建築されました当球場の主な躯体部分、コンクリートの躯体部分については取り壊す予定ではございません。内部の改修でございます。したがいまして、今後、どのぐらいこの野球場、本体部分がもつのかという話になるかと思いますが、コンクリートの耐用年数としては50年から60年とよく言われていると思うんですけれども、そういうことからして、現在、25年ぐらい経過しているということで、あと25年、30年ぐらいはもつのかなと思われます。

 あと、プロ野球の試合なども予定されるかということの質問だと思いますが、御承知のように、毎年春には中日の2軍ではありますが、キャンプを誘致しております。中日の話の中でも、今回の改修工事につきましては喜んでもらっておりまして、嘉手納町では横浜DeNAの2軍が練習しておりますので、今後、その辺との練習試合などをやっていきたいという話もございました。嘉手納球場のほうが幹線道路に接しているということもあって、ちょっと危険な状況にもあるので、ぜひ読谷村のほうでできないかという話もありましたので、そういった意味では新しくリニューアルされた球場を活用していきたいというお話はございました。

 あと入札差額でございますが、今回の平和の森球場にかかわる工種が4件ございまして、今回議案として出ております建築土木のほかに、機械、電気設備工事がございます。そのほうも含めまして、現在、差額が2,299万3,000円出ております。そのほうにつきましては、これは予算ベースでございますが、それに対する8割の一括交付金が充当される予定ではありますが、その差額については不用額となる予定になっておりまして、要するに申請のほうは7億5,000万円から、その分を差し引いた額を一括交付金として読谷村が申請することとなると思います。



◆16番(上地榮君)

 あと1点お願いします。今の答弁で、嘉手納の横浜DeNAも一緒にやるという話もあるんですが、これは要するに公式野球としてやるのかなというふうなことがあるわけですが、オープン戦は大丈夫だとか、公式な試合はこの球場ではだめだとか、ちょっと議論があったんですが、この辺のくだりはどうなっておりますか。



◎生涯学習課長(玉城秀友君)

 この質疑の趣旨は、公認球場の話だと思うんですが、今回、当球場につきましても、硬式野球の公認規格というのがありまして、両翼98メートル、センター間が122メートルというのがございますけれども、それに両翼で3メートル、センター間で2メートル、現在足りない状況にございますが、この公認の球場でなければ試合ができないということではないと聞いております。そういうことで、ただ議員がおっしゃるような規模の試合、要するに有料試合とかですね、その辺がうちの球場でできるかといったら、環境、うちの施設の状態もありますので、それが可能かというと、少し疑問な点もありますけれども、ただ、公認球場ではだめだということではないとプロ野球関係者のほうからは聞いております。



○議長(新垣修幸君)

 ほかにございませんか。



◆18番(國吉雅和君)

 1点だけ村長に伺います。私は、阪神タイガースのファンなものですから、現在は中日2軍のキャンプ誘致でございます。今年のキャンプは阪神タイガースは残波岬ロイヤルホテルに宿泊もしております。これだけ多額の費用をかけて、立派な機能球場になっております。電光掲示板も設置されるということでありますので、すばらしい球場が展開されると思いますけれども、冒頭に返りまして、将来、阪神タイガース誘致の展望はどのように考えますか。



◎村長(石嶺傳實君)

 今年度から宿泊ということで阪神タイガースに来てもらいました。大変な経済効果でございます。しかし、現在、中日の2軍がこれまでもずっと宿泊してきておりますし、そういった経過もございまして、これは村民議論をやっていくことになると思います。結論から言うと、すぐ阪神を誘致するとか、そういった話にはならないかと思っております。



◆2番(比嘉郁也君)

 土木工事のことで1点質疑します。今回、園路が一部変更になって示されているわけですけれども、先ほど全協でも申し上げましたけれども、その鉄製の渡しを撤去して、一部変更することになって、その園路部分が直角になった形になって表示されているものですから、そこはこの平面図ではわかりづらいんですが、この一部は大分勾配になっているんです。球場のてっぺんのほうから、現道の歩道に向けて。ということは、いつもここを利用なさる皆さん方は、周回運動をするものですから、反時計回りだったら余り支障ないかもしれませんが、時計回りで歩く方、高齢者等ですね、勢いがついた場合に90度の角度ではちょっと利用しづらいんではないかと、私とても懸念するわけなんです。そういう意味でも軽易な変更になると思うんです。そこのところですね、その利用なさる方の立場に立ってアールを切っていただきたいと思うんですが、そこら辺のことはどうお考えですか。



◎生涯学習課長(玉城秀友君)

 現在、新たに迂回路といいますか、新設されるウォーキングロードにつきましては、議員御指摘のとおり直角に曲がった格好になっております。そこのところを歩く人の利便性などを考慮してアールのほうがいいんじゃないかということだと思いますけれども、それにつきまして、これから現地の状況も当然確認はして、できるだけそのほうでいけるように調整をしたいと思います。



○議長(新垣修幸君)

 ほかに質疑ございませんか。



○議長(新垣修幸君)

 これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第40号・読谷平和の森球場機能強化整備建築改修工事請負契約についてと議案第41号・読谷平和の森球場機能強化整備土木工事請負契約については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第40号及び議案第41号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。討論は1人5分以内とします。まず、議案第40号に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから議案第40号・読谷平和の森球場機能強化整備建築改修工事請負契約についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第40号は原案のとおり可決されました。

 次に議案第41号について討論を行います。討論は1人5分以内とします。本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから議案第41号・読谷平和の森球場機能強化整備土木工事請負契約についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第41号は原案のとおり可決されました。



△日程5.承認第1号・専決処分の承認(読谷村税条例の一部を改正する条例)を求めることについてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎総務企画部長(儀間敏光君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 承認第1号                                     ┃
┃                                           ┃
┃    専決処分の承認(読谷村税条例の一部を改正する条例)を求めることについて    ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村税条例(昭和47年読谷村条例第35号)の一部を改正する条例について、地方自 ┃
┃ 治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分し ┃
┃ たので同条第3項の規定により報告し、議会の承認を求めます。             ┃
┃                                           ┃
┃  平成25年4月10日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 読谷村告示第34号                                 ┃
┃                                           ┃
┃                   専 決 処 分                 ┃
┃                                           ┃
┃                              平成25年3月30日   ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┃                                           ┃
┃  地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、議会を招集する ┃
┃ 時間的余裕がないと認め、別紙のとおり改正するため専決処分する。           ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  読谷村税条例の一部を改正する条例をここに公布する。                ┃
┃                                           ┃
┃  平成25年3月30日                               ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┃                                           ┃
┃ 読谷村条例第7号                                  ┃
┃                                           ┃
┃    読谷村税条例の一部を改正する条例                       ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村税条例(昭和47年読谷村条例第35号)の一部を次のように改正する。     ┃
┃  第4条第1項中「第2章及び第3章」を「第2章(第8条を除く。)及び第3章(第14 ┃
┃ 条を除く。)」に改める。                              ┃
┃                                           ┃
┃  第54条第5項中「(独立行政法人森林総合研究所が独立行政法人森林総合研究所法(平 ┃
┃ 成11年法律第198号)附則第9条第1項又は第11条第1項の規定により行う旧独立行 ┃
┃ 政法人緑資源機構法(平成14年法律第130号)第11条第1項第7号イの事業又は旧農 ┃
┃ 用地整備公団法(昭和49年法律第43号)第19条第1項第1号イの事業を含む。)」を ┃
┃ 削る。                                       ┃
┃                                           ┃
┃  第131条第4項中「(独立行政法人森林総合研究所が独立行政法人森林総合研究所法附 ┃
┃ 則第9条第1項の規定により行う旧独立行政法入緑資源機構法第11条第1項第7号イの事 ┃
┃ 業を含む。)」を削る。                               ┃
┃                                           ┃
┃  附則第8条の3の見出しを「(平成24年度から平成26年度までの各年度分の用途変更 ┃
┃ 宅地等及び類似用途変更宅地等に対して課する固定資産税に関する経過措置)」に改め、同 ┃
┃ 条中「地方税法等の一部を改正する法律(平成18年法律第7号)附則15条第1項」を  ┃
┃ 「地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律(平成24年法律第1 ┃
┃ 7号)附則第10条第1項」に、「平成21年度から平成23年度」を「平成24年度から ┃
┃ 平成26年度」に改め、「新」及び「及び第25条の3」を削る。            ┃
┃                                           ┃
┃    附 則                                    ┃
┃  (施行期日)                                   ┃
┃ 第1条 この条例は、平成25年4月1日から施行する。                ┃
┃  (固定資産税に関する経過措置)                          ┃
┃ 第2条 別段の定めがあるものを除き、改正後の読谷村税条例(以下「新条例」という。) ┃
┃  の規定中固定資産税に関する部分は、平成25年度以後の年度分の固定資産税について適 ┃
┃  用し、平成24年度分までの固定資産税については、なお従前の例による。       ┃
┃  2 平成25年4月1日前に地方税法の一部を改正する法律(平成25年法律第3号)第 ┃
┃  1条の規定による改正後の地方税法(昭和25年法律第226号)附則第15条の9第1 ┃
┃  項に規定する耐震基準適合住宅に係る耐震改修(当該耐震改修に要した費用の額が30万 ┃
┃  円以上50万円以下のものに限る。)に係る契約が締結され、同日以後に当該耐震改修が ┃
┃  完了する場合における新条例附則第6条の3第6項の規定の適用については、同項中「書 ┃
┃  類及び」とあるのは、「書類及び当該耐震改修に係る契約をした日を証する書類並びに」 ┃
┃  とする。                                     ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 承認第1号・専決処分の承認(読谷村税条例の一部を改正する条例)を求めることについて提案理由の説明を申し上げます。

 今回の改正は、地方税法の一部を改正する法律が平成25年3月30日に公布され、同年4月1日から施行されることに伴い、地方自治法第179条第1項の規定により、平成25年3月30日付で専決処分しましたので、同条第3項の規定より報告し、承認を求めるものであります。

 改正内容は、固定資産税及び特別土地保有税の納税義務者等の規定において、独立行政法人森林総合研究所法に基づく土地改良事業の規定を削除する改正であります。また、税制改正における行政手続条例の適用除外と用途変更宅地等に対して課する固定資産税に関する経過措置の規定の一部改正であります。

 以上で承認第1号の報告といたします。御審議の上、御承認くださいますようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 承認第1号に対する説明は終わりました。

 これより質疑を行います。質疑ございませんか。



○議長(新垣修幸君)

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております承認第1号・専決処分の承認(読谷村税条例の一部を改正する条例)を求めることについては、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、承認第1号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。まず、本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから承認第1号・専決処分の承認(読谷村税条例の一部を改正する条例)を求めることについてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、承認第1号は原案のとおり承認することに決定しました。



△日程6.承認第2号・専決処分の承認(読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を求めることについてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎生活福祉部長(仲宗根盛和君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 承認第2号                                     ┃
┃                                           ┃
┃    専決処分の承認(読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を求めることに ┃
┃    ついて                                    ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村国民健康保険税条例(昭和47年読谷村条例第59号)の一部を改正する条例につ ┃
┃ いて、地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとお ┃
┃ り専決処分したので同条第3項の規定により報告し、議会の承認を求めます。       ┃
┃                                           ┃
┃  平成25年4月10日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 読谷村告示第35号                                 ┃
┃                                           ┃
┃                   専 決 処 分                 ┃
┃                                           ┃
┃                              平成25年3月30日   ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┃                                           ┃
┃  地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、議会を招集する ┃
┃ 時間的余裕がないと認め、別紙のとおり改正するため専決処分する。           ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例をここに公布する。           ┃
┃                                           ┃
┃  平成25年3月30日                               ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┃                                           ┃
┃ 読谷村条例第8号                                  ┃
┃                                           ┃
┃           読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例          ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村国民健康保険税条例(昭和47年読谷村条例第59号)の一部を次のように改正す ┃
┃ る。                                        ┃
┃  第5条第1号中「の前日の属する月以後5年を経過するまでの間に限り、同日」を削り、 ┃
┃ 「属する世帯」の次に「であつて同日の属する月(以下この号において「特定月」とい   ┃
┃ う。)以後5年間を経過する月までの間にあるもの」を、「第21条において同じ。)」の ┃
┃ 次に「及び特定継続世帯(特定同一世帯所属者と同一の世帯に属する世帯であつて特定月以 ┃
┃ 後5年を経過する月の翌月から特定月以後8年を経過する月までにあるもの(当該世帯に他 ┃
┃ の被保険者がいない場合に限る。)をいう。第3号、第7条の2及び第23条において同  ┃
┃ じ。)」を加え、同条に次の1号を加える。                      ┃
┃  (3)特定継続世帯 12,750円                        ┃
┃                                           ┃
┃  第7条の2に次の1号を加える。                          ┃
┃  (3)特定継続世帯 3,750円                         ┃
┃                                           ┃
┃  第21条第1号イ(ア)中「特定世帯」の次に「及び特定継続世帯」を加え、同号イに次 ┃
┃ のように加える。                                  ┃
┃   (ウ)特定継続世帯 8,925円                        ┃
┃                                           ┃
┃  第21条第1号エ(ア)中「特定世帯」の次に「及び特定継続世帯」を加え、同号エに次 ┃
┃ のように加える。                                  ┃
┃   (ウ) 特定継続世帯 2,625円                       ┃
┃                                           ┃
┃  第21条第2号イ(ア)中「特定世帯」の次に「及び特定継続世帯」を加え、同号イに次 ┃
┃ のように加える。                                  ┃
┃   (ウ) 特定継続世帯 6,375円                       ┃
┃                                           ┃
┃  第21条第2号エ(ア)中「特定世帯」の次に「及び特定継続世帯」を加え、同号エに次 ┃
┃ のように加える。                                  ┃
┃   (ウ) 特定継続世帯1,875円                        ┃
┃                                           ┃
┃  第21条第3号イ(ア)中「特定世帯」の次に「及び特定継続世帯」を加え、同号イに次 ┃
┃ のように加える。                                  ┃
┃   (ウ) 特定継続世帯 2,550円                       ┃
┃  第21条第3号エ(ア)中「特定世帯」の次に「及び特定継続世帯」を加え、同号エに次 ┃
┃ のように加える。                                  ┃
┃   (ウ) 特定継続世帯 750円                         ┃
┃                                           ┃
┃  附則第15項中「3項」を「4項及び第5項」に、「36条」を「35条第1項」に改め ┃
┃ る。                                        ┃
┃                                           ┃
┃    附 則                                    ┃
┃  (施行期日)                                   ┃
┃ 1 この条例は、平成25年4月1日から施行する。ただし、附則第15項の改正規定は、 ┃
┃  平成26年1月1日から施行する。                         ┃
┃  (適用区分)                                   ┃
┃ 2 次項に定めるものを除き、改正後の読谷村国民健康保険税条例(以下「新条例」とい  ┃
┃  う。)の規定は、平成25年度以後の年度分の国民健康保険税について適用し、平成24 ┃
┃  年度分までの国民健康保険税については、なお従前の例による。            ┃
┃ 3 新条例附則第15項の規定は、平成26年度以後の年度分の国民健康保険税について適 ┃
┃  用する。                                     ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 承認第2号・専決処分の承認(読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を求めることについて提案理由の説明を申し上げます。

 読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、平成25年3月30日付で専決処分をしましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものであります。

 本条例の改正は、地方税法の一部を改正する法律が平成25年3月30日に公布され、同年4月1日から施行されることに伴い、読谷村国民健康保険税条例の一部を改正したものでございます。

 改正の主な内容について説明申し上げますと、第5条及び第7条の2では、基礎課税額及び後期高齢者支援金等課税額に対する世帯別平等額を定めておりますが、国民健康保険の被保険者であったものが、国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行する場合において、特定世帯に係る世帯別平等割額を最初の5年間2分の1減額する現行措置に加え、その後3年間4分の1減額する措置を講ずるものでございます。第21条においても、特定継続世帯の項目を追加し、所得区分ごとの保険税の軽減額について定めております。附則で、施行期日及び適用区分を規定しております。

 以上で承認第2号の説明を終わります。御審議の上、御承認くださるようよろしくお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 承認第2号に対する説明は終わりました。

 これより質疑を行います。



○議長(新垣修幸君)

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております承認第2号・専決処分の承認(読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を求めることについては、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、承認第2号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。まず本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に、賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから承認第2号・専決処分の承認(読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を求めることについてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、承認第2号は原案のとおり承認することに決定しました。

 議決事件の議事整理についてお諮りします。会議規則第45条の規定により、第419回読谷村議会臨時会において議決した事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に一任することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、本臨時会において議決した事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に一任することに決しました。

 以上で本日の議事日程はすべて終了しました。

 本日の会議を閉じます。

 平成25年第419回読谷村議会臨時会を閉会します。



     午後3時21分 閉会





 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





          読谷村議会議長



            新 垣 修 幸



                         印



          読谷村議会議員



            知 花 徳 栄



                         印



          読谷村議会議員



            國 吉 雅 和



                         印