議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 読谷村

平成24年第415回読谷村議会定例会会議録 12月11日−05号




平成24年第415回読谷村議会定例会会議録 − 12月11日−05号







平成24年第415回読谷村議会定例会会議録



第415回読谷村議会定例会会議録



第8日目(12月11日)本会議 午前10時00分 開議



出席議員は次のとおりである。

      1番 知 花 徳 栄 君         2番 比 嘉 郁 也 君

      3番 仲宗根 盛 良 君         4番 伊 波   篤 君

      5番 當 山 勝 吉 君         6番 大 城 行 治 君

      7番 當 間 良 史 君         8番 上 地 利枝子 さん

      9番 山 城 正 輝 君        10番 城 間   勇 君

     11番 嘉手苅 林 春 君        12番 津波古 菊 江 さん

     13番 山 内 政 徳 君        14番 長 浜 宗 則 君

     15番 照 屋 清 秀 君        16番 上 地   榮 君

     17番 伊 佐 眞 武 君        18番 國 吉 雅 和 君

     19番 新 垣 修 幸 君





欠席議員は次のとおりである。





地方自治法第121条の規定により、説明のため本会議に出席した者は次のとおりである。

 村    長   石 嶺 傳 實 君      副  村  長   池 原 栄 順 君

 教  育  長   松 田 平 次 君      総務企画部長   儀 間 敏 光 君

 建設経済部長   比 嘉 隆 雄 君      生活福祉部長   仲宗根 盛 和 君

 教 育 次 長    喜 瀬   栄 君      会計管理者    知 花   毅 君

 総 務 課 長    安 田 慶 知 君      会 計 課 長    山 内 勝 美 さん

 企画財政課長   與那覇   操 君      税 務 課 長    小橋川 清 弘 君

 農業推進課長   福 地 政 勝 君      跡地利用推進   大 城 友 誼 君

                         課    長

 土木建設課長   新 城 直 喜 君      都市計画課長   古 堅   守 君

 商工観光課長   浜 川 秀 樹 君      健康環境課長   真栄田 敏 光 君

 福 祉 課 長    大 城 真悠美 さん     健康保険課長   大 湾   勇 君

 住民年金課長   仲村渠 英 二 君      こども未来課長  新 里 紹 伝 君

 診療所事務長   與那覇   準 君      健 康 増 進    矢 貫 卓 博 君

                         センター長

 教育総務課長   山 内   猛 君      学校教育課長   知 花   優 君

 生涯学習課長   玉 城 秀 友 君      文化振興課長   仲宗根   求 君

 給食調理場所長  伊 波   靖 君      水 道 課 長    比 嘉 憲 友 君





職務のため本会議に出席した事務局職員は次のとおりである。

 事 務 局 長    知 花 俊 治 君      事務局次長    山 内 明 秀 君

 議会主事補    儀 間 和 麻 君





本日の会議に付した事件は次のとおりである。

 日程 1.一般質問

 日程 2.議案第51号・平成24年度読谷村一般会計補正予算(第6号)

 日程 3.議案第52号・平成24年度読谷村診療所特別会計補正予算(第3号)

 日程 4.議案第53号・平成24年度読谷村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

 日程 5.議案第54号・平成24年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

 日程 6.議案第55号・平成24年度読谷村下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 日程 7.議案第56号・平成24年度読谷村水道事業会計補正予算(第1号)

 日程 8.議案第57号・読谷村残波岬いこいの広場の設置及び管理に関する条例の一部を改

             正する条例

 日程 9.議案第58号・読谷村水道事業布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準等に

             関する条例

 日程10.諮問第 5 号・人権擁護委員の推薦(宮里勝和氏)につき意見を求めることについ

             て

 日程11.陳情第 4 号・読谷村返還跡地への国際先端総合病院の誘致に関する陳情書

 日程12.陳情第 6 号・平成25年度幼稚園就園奨励費補助金に関する陳情書

 日程13.       閉会中の継続審査の申出について

            ・総務常任委員会(陳情第3号「屋良朝苗顕彰事業」)

            ・建設経済常任委員会(陳情第5号「公共工事発注に際しての事業

             用自動車(緑ナンバー)使用に関する陳情」)

 日程14.       閉会中の継続調査申出について

             ・建設経済常任委員会

              ?本村の農業振興地域について

              ?シルバー人材センターの意義の調査







○議長(新垣修幸君)

 これより本日の会議を開きます。



△日程1.昨日に引き続き一般質問を行います。

 議席18番・國吉雅和議員の一般質問を許します。



◆18番(國吉雅和君)

 村民の皆さん、議場の皆さんおはようございます。議席18番・國吉雅和、第415回12月定例議会最終日、一般質問を次のとおり通告してあります。1.9月29日に発生した台風17号の被害状況と最長4日間にわたる停電について。2.再生可能エネルギーについて。3.行政区改善等について。4.思いやり、暮らしのおつきあい運動について。5.読谷西部地区公園整備に伴い、同地区の防犯灯設置を再度求める。その前に所見の一端を述べます。

 3年3カ月の民主党政権は、政治に対する国民の信頼を著しく損ないました。もちろん失敗の責任を民主党だけに押しつけるものではありません。民主党政権という冒険を選んだのは国民であり、そしてその冒険に駆り立てたのは半世紀以上も政権の立場にあった自民党政治の失敗であります。今回の衆議院総選挙の結果の後、既成政党はこの教訓を生かせるのか、二の舞になるのか。さて、沖縄選挙区では仲井眞県知事、翁長那覇市長の発言として、新政権が誕生しても普天間の県外移設の方針は変えないと明言している。これは沖縄県41市町村議会と県議会において、普天間の県外移設の決議を受け、開催された県民大会が県民の心情であり、県知事、那覇市長の発言もそれを踏まえたものであります。県知事、市長の発言は地域主権を表現する言葉である「ウチナーの未来はウチナーンチュが決める」に連なる重い発言であることを述べ、通告に従い一般質問に移りますが、昨日の一般質問で議会基本条例制定後、初めて反問権を2.5件行使されたと受け取りました。議会は討論を述べてこそであり、さもないと東京都が尖閣購入の意見広告や調査費で約4億円の支出は違法の疑いがあると11月27日に、都民25人から住民監査請求が提出されることになります。議員執行部ともに討論を深めていきましょう。

 それでは質問1.9月29日に発生した台風17号の被害状況と最長4日間にわたる停電について。?台風17号の被害状況と停電について伺う。?被害の主な原因は。?台風発生時の行政(職員)の対応を伺う。



◎総務課長(安田慶知君)

 おはようございます。御質問の1.の?についてお答えいたします。10月2日、内閣府発表の平成24年度、台風17号による被害状況等によりますと、沖縄県で人的被害として重傷者6人、軽傷者83人、住宅被害として253棟の被害、非住宅被害として56棟の被害があったと報告されております。また停電が約17万7,000戸、断水については2市4町3村で6,722戸でありますが、読谷村では断水はありませんでした。読谷村の被害としましては、停電に関する問い合わせ、苦情が約200件ありました。ほかにも防犯灯、道路反射鏡、ごみ回収に関する問い合わせや飛散物に関する相談、樹木の枝が折れたなどの問い合わせなどが多数ありました。また農作物の被害としては、JA等の関係機関からの聞き取り調査によりますと、約6,200万円余りの被害ということでした。

 次に?についてお答えいたします。台風第17号は、大型で非常に強く、9月28日から29日にかけて沖縄を通過しました。最大風速は43.6メートル、最大瞬間風速は61.2メートルを記録しました。また24時間降雨量では29日7時までに573ミリを記録しましたので、強い風と雨量により被害が拡大したと思われます。

 最後に?についてお答えいたします。台風が接近し、本村が暴風域に入るおそれがあると判断した場合には、災害警戒本部を設置し対応を協議します。それと前後して、部課長会を開催し所管する公共施設の台風対策を支持します。災害警戒本部要員は警戒態勢班と災害復旧班に分かれ、それぞれ役割を分担します。警戒態勢班は、総務企画部長を筆頭に暴風域に入る前に役場庁舎へ招集され、情報収集、避難者対応等に当たります。災害復旧班は、建設経済部長を筆頭に台風通過後に招集され、村道等の倒木による通行できない場所等の復旧に当たります。



◆18番(國吉雅和君)

 今の答弁をもとに質問をさせていただきます。まず報告の中で、沖縄県の人的被害とか、それから住宅等の被害報告がありましたけれども、村内の人的被害、非住宅、住宅の被害等の状況と、それから読谷村では断水はなかったと、これは一般家庭ではなかったということであると思いますけれども、長浜ダムで断水があったのではないかと、まずそういったことから確認させてください。



◎農業推進課長(福地政勝君)

 長浜ダムにおきまして、停電によります用水吸い上げということですね、ファームポンドのほうに水を送る電気が停電したためにそれができなかったということで、それによりましてファームポンドから初日は給水がございまして、散布ができた形になっております。ところがその翌日、2日目からはファームポンドの中へのダムの水がありませんで、給水もストップということになっております。農家といたしましては、台風被害によります塩害の対策として、コックを開けて散水をして、減塩の、除塩の対策をしてまいりますけれども、水が供給できなかったということで農作物への被害が出たという報告を受けてございます。これまでは停電等については1日で回復されている経過がございまして、そういう苦情等はございませんでしたけれども、今回は3日間に及ぶ停電のために給水ができなかったという苦情でございます。



◎総務課長(安田慶知君)

 村内の負傷者等の情報としましては、重傷者はありません。軽傷者が3名になります。全壊、半壊についてもありませんでした。



◆18番(國吉雅和君)

 ただいま農推課長のほうから長浜ダムの貯水タンクの件で、まさにそのとおりなんですよね。これまでは停電がそれほどなかったものですから感じなかったんですけれども、長期にわたったものですから、私も現場へ行ったときに農家の皆さんから言われて、私も初めてそういったものに気づいたわけですけれども、そのとき、復旧したときにもいわゆるその流域の皆さんにおいては、これは今後、それを教訓に指導していただきたいんですけれども、結局はバルブを開けて、そのまま農家の皆さんが帰ってしまうと、タンクで給水が始まってもバルブが開けられているものですから、たまるのを待てなくて、農家によって非常に落差があるということが。極端に言えば、もうバルブを開けているわけですから、もうこれ以上かけなくてもいいものにもかかるし、今後はこういったことを教訓にして指導していただきたいと感じました。それから人的被害については、軽傷者の3名と住宅の被害もそれほどなかったということでありますけれども、私も実は隣近所で車庫のトタン屋根3分の1が近くの屋敷に飛んできたとか、こういったのが隣近所で3件あるわけです。今回はそういったものが結構あったなと、その中で幸いにも人的被害がなかったのはある意味で私は本当に奇跡だったのではないかという感じがするわけです。その流れの中で先日も議員から質問が出て、その答弁で100件を超えるトタンが飛び交ったという話があるんですけれども、その状況を確認させてください。



◎総務企画部長(儀間敏光君)

 去る台風については、断線状態が続いて、これはどういう原因によって断線で停電に至ったのかということで、電気屋によく聞いてみると、やはり國吉議員がおっしゃっていますように、トタン屋根が大分飛んだというお話は現場にいる電気屋のほうからお話がありました。したがって、このトタンでいわゆる電気とか、あるいは電話線とか、そういったものの断線が非常に切れているところが多かったということで、ですから暴風警報に入りますと、暴風域に入りますと、やっぱり外に出たら困るなということを電気屋のほうに教えられました。そしてこの断線もそうなんですけれども、このトタンが飛ぶことによって、サトウキビがありますね、あれも全部トタン屋根でぶった切るような感じで、すごい風だということで。一応、電気屋は動員されたんだけれども、出るような状態ではなかったということで、上司の許可を得て現場に一時とどまったということも受けておりまして、それで三日、四日ぐらいの、かなり長い停電が村内でも続いたということでございます。そして復旧作業も、県内に至るところあったものですから、やはりそれを手当てするために本村についてはそういう日数を要したというのが状況であります。



◆18番(國吉雅和君)

 今、部長から状況の説明ということで、トタンの原因による断線という、停電の電気工事屋は不眠不休で、目視でその断線をチェックしたということが先日の質疑のやりとりでも状況がうかがえたんですけれども、ところで読谷村は月曜日ですね、午前中、役場も停電で、その余波で読谷中学校は臨時休校にしたという状況があるんですけれども、読谷村の配線管内はたしかうるま支店管内だと思うんですけれども、うるま支店管内における読谷の停電の状況というのは他地域と比較してどういう状況か把握していますか。



◎総務課長(安田慶知君)

 うるま支店管内の中で読谷村がほぼ復旧したのが10月2日午前1時ごろになります。同じように恩納村においても10月2日午前1時ごろ、うるま市におきましては10月2日午前4時ごろ、嘉手納町は10月2日午前4時ごろということで、そのうるま市管内におきましても、大体完全に復旧するまでには2日の夜中までかかっているという状況です。



◆18番(國吉雅和君)

 今の答弁からしますと、うるま市管内においては読谷村とみんな同等な停電、あるいは復旧の状況だったかと、今把握しているわけですけれども、この停電の復旧について、例えば行政当局は先日の質問でも月曜日朝一で村長と担当部局がそこに、沖縄電力のほうに要請に行ったという話がありまして、私もこの質問でちょっと確認しましたら、読谷には何か大きい幹線が2つあると、北幹線と南幹線ということで、その幹線からの大きさというのが4万、人口約1万5,000世帯近くに対して、果たしてその幹線というのがそれで適当なのかどうか、これは専門的なものに入ると思うんですけれども、例えば具体的に言えば残波ロイヤルホテルは土曜日の、いわゆる29日の晩には復旧しているわけです。それが隣のアリビラは2日の晩に復旧なんです。わずかこれだけしか違わないんですけれども、これはだから北幹線と南幹線の違いでそういうふうになっているようです。今後、自然災害というのは同等なものは常々起こるということで想定しないといけないはずですけれども、そこら辺の要請、対応等、技術的なものになるかと思うんですけれども、どういうふうに当局は考えますか。



◎村長(石嶺傳實君)

 せんだって報告したんですけれども、月曜日の午前中、役場も非常用電源で業務をやっていたということで、その午前中に私と総務課長と水道課長で電力のほうに早期復旧のお願いに行ってきました。当然沖縄電力は、先ほどありましたように全県的に鋭意復旧に努めているということだったんですけれども、その中で、例えば行政が努力して今言っているようなものが改善できるようなことがあれば、我々もそれは努力しますからというお話はしました。それについては今後の検討事項になるかと思いますけれども、今言いました、これはループと言ったかな、配線等々、ちょっと専門的にはわからないんですけれども、それももしあるのであれば当然検討されていくと思います。



◆18番(國吉雅和君)

 ぜひ私たち村はどんどん住宅地域が拡張していきますので、そこら辺のことも踏まえて、それから先ほどから出ておりますトタンの件ですね、来年の台風においてはしっかり今回の教訓を踏まえて、いわゆる住宅地のトタンもそうですけれども、農地にあるトタンの管理もしっかりやってもらうように、これは私はお願いしたい。お話を聞いた方によりますと、自分の身近から5枚もトタンが飛んできたという表現も実際聞いているし、特に西部土地改良、それから大当土地改良区の皆さんが地域にいるものですからお話を聞くと、本当にとんでもないような状況を見たというのがありますので、トタンのしっかりした管理と。それから昨日の質問にもあったんですけれども、作物の補償の件ですけれども、農業共済、いわゆる保険というのがあるわけですけれども、ぜひとも今回の教訓を一つの糧として、関係者に保険加入を私はぜひ勧めてもらいたいと思います。私も今、三十何年か貿易の仕事でやっているんですけれども、船が沈まないと代償がもらえない保険というのを三十何年間もかけていて、これは一回ももらったことないんです。保険というのは、私はそんなものだと思っているんです。万が一のためにかけるわけですから、今回は、その当事者は十分そこら辺の被害を理解したはずですから、そういうときにしっかり、まだ記憶が新しいうちにそういった保険加入指導もしていただきたいと思いまして、次の?の質問に入るんですけれども、そこで行政の対応というのは、先ほど災害警戒本部ということで理解をしておりますけれども、私があえてそこに(職員)とやっている意図は、実はこのように膨大な危険があるような、トタンも飛び交うような状況の中で、職員の身の安全、そういったものはどう確保されているかなと。いわゆるそういった職員の暴風対策時の対応、対策というのはどういうふうにして、しっかりしたマニュアルみたいなものもあるのか、そこを確認します。



◎総務課長(安田慶知君)

 台風時の職員の出退勤、そして役場の閉庁にするかどうかというのは、台風襲来による事故発生防止等の措置に関する要綱というものがございます。その目的は公共施設の被害及び職員の事故防止を図ることを目的としております。具体的に言いますと、まず業務停止につきましては、暴風警報の発令及び台風の襲来による事故発生が予想される場合は、事故発生防止のため所管する業務及び事業の全部又は一部を停止するものとしております。おおむね台風の勢力、進路、速度等を勘案して、暴風域に入る2時間前において役場の業務を停止するということになっております。また台風が通過した後は、例えば村の区域が暴風域外になったとき、路線バスの運行が再開されたとき、暴風警報が解除されたときというような基準を定めて、業務終了1時間以内、つまり4時までにそこが確認できれば業務を再開するというような内容になっております。



◆18番(國吉雅和君)

 今の答弁でしっかりした要綱のもとに、いわゆる職員の台風災害時の危険防止もされているということで確認をさせていただきまして、次、2番に移ります。

 2.再生可能エネルギーについて。?オリオンビールが電気売買事業に参入しますが、村の大駐車場(運動広場横)に太陽光発電を設置し、売電と駐車場屋根設置が可能では。?本年度予算化しているソーラー設置の補助金状況は。



◎健康環境課長(真栄田敏光君)

 御質問の?にお答えをいたします。太陽光発電システムは、地球温暖化対策として有効なシステムとして普及が進んでおります。今年度から電量固定価格買い取り制度が始まり、再び大規模なシステム、メガソーラーへと展開を見せております。運動広場横の駐車場は、乗用車のみの利用を見込んだ場合528台の駐車が可能となっております。カーポートタイプの太陽光発電システムからの単純計算になりますが、設置費用が約4億3,982万4,000円、年間推定売電量が109万5,640キロワットアワー、年間想定推定売電額が4,382万5,000円と試算できます。メガソーラーは、電気事業法により大規模太陽光発電施設となり、人などが進入できないようフェンス等の囲いが必要となりますので、駐車場としての機能が失われます。よって斬新な御提案ではございますが、この場所での大規模な太陽光発電システムは困難な事業と考えております。

 続きまして?にお答えをいたします。平成24年度の住宅用太陽光発電システムの補助金は、予算額1件当たり3万円の50件に対し、現在の申請件数は25件となっております。



◆18番(國吉雅和君)

 私は、オリオンビールがせんだって新聞にこれが載ったときに、オリオンビールとしては事業としての表現が利率が6から7%行くということで、これは経営的な発想から出たものですから、その新聞を見たときに、私たちの駐車場も何とかこういう形にすれば、屋根ができることによって、職員だけじゃなくて、通常は、今現在はほとんど職員がとめているわけですけれども、一般のお客さんもそこにとめると。そうすると役場前の駐車場というのは非常にスムーズに利用ができるのではないかと。みんなまた、その分、役場に用があるときは歩くわけですから、健康増進にもなるなという発想のもとにこの展開をやったわけでございますけれども、この短期間に私もびっくりしたのは、課長がすぐ設置費用までも出してきたものですからびっくりしたんですけれども、相当当局も関心があるのかなと。ここまですぐ、物件の設置までも出てきたものですから、この答えは528台で割っていけば数字が出るなというのが、要するに1カーポート当たり83万円のコスト、このコストが妥当かどうかは、私は判断をゆだねますけれども、今の駐車場としての機能が失われるということで、これは没になるという話でありますけれども、村当局としては、今後こういった再生可能エネルギー、あるいは自然エネルギーの事業展開についてどういう検討、あるいは見解を持っているか聞かせてください。



◎健康環境課長(真栄田敏光君)

 大きなテーマでございます地球温暖化の対策等につきまして、このような再生可能、資源エネルギーを活用していくということが地球的な規模、あるいは日本政府、あるいは沖縄県にあってもそうなんですが、そのような形でCO2の削減に向かっていかなければならないということで、平成24年度は先ほどの太陽光発電システムへの補助金等を掲げまして、少しでも寄与していきたいということでございます。そのような形を持っていく中で担当課といたしましては、ほかにも方策がないかどうかということで企業等と勉強会を続けながらやっているところでございます。ですから担当課はしばらくの間というよりは、地球温暖化は永代の命題でございますから、そこに向かっていきたいと考えております。



◆18番(國吉雅和君)

 沖縄では原子力発電は使用されていないんですけれども、いずれ、今、今度の選挙でもそういったものも争点になっておりますし、物事の流れは今までみたいな簡単に原子力を利用するような状況には、今後の社会情勢はなっていかないはずですから、やはりそういった自然エネルギー、再生可能エネルギーを十分取り組むような展開等も行政当局は研究してもらいたいと思います。それから?について、現在50件の予定に対して25件の申請、実績だということですけれども、その利用者の声とか、そういったものはどういうふうになっておりますか。



◎健康環境課長(真栄田敏光君)

 まず住宅用の太陽光発電システムは国のほうからの補助、それから沖縄県のほうからも補助がございますので、その申請をいただいた皆様方には本村の補助を含めまして、その3つの補助をいただく手続をしているというふうに聞いております。これまでそういう補助はありませんでした。県内でもただいま7市町村ほどがやっていると聞いておりますので、住民の皆さんからは喜ばれているということが私どもの耳に入っている状況でございます。



◆18番(國吉雅和君)

 今、その補助システムにおいて、村民の皆さんから喜ばれているということでございますので、残りあと4カ月では、残り25件の予算、満額事業をぜひ完遂できるように当局はまた頑張っていただきたいと思います。

 3.行政区改善等について。?現在の進捗状況を伺う。?今後のタイムスケジュールは。



◎総務課長(安田慶知君)

 御質問の3.の?についてお答えいたします。庁内での議論も一通り終え、行政区改善大綱案も最終段階を迎えております。並行して区長会への説明も行っております。具体的には11月15日の区長会で各字区長の皆さんへ、これまでの経過と行政区と自治会の違いなどのおさらいをしております。11月25日には、区長会三役の皆さんとこれからの進め方を協議しております。その中で近年、区長になられた方へ説明をお願いされ、12月3日に瀬名波区、楚辺区、渡具知区、大添区、長浜区の区長へ、再度これまでの経過等を説明しました。また同日の区長会におきまして、校区ごとの説明会を提案し、現在、日程調整中であり、年内に説明会を開催していく予定となっております。

 続きまして?についてお答えいたします。当初予定しておりました平成25年4月での制度スタートはおくらせたいと考えております。理由といたしましては、村民との合意形成と周知に時間をかけていきたいと考えているからであります。今後のスケジュールとしては大綱案を年内、または年明け早々に制定し、行政区域を調整し確定して、区長と交付金、委託料等について確認し、村民周知に入っていきたいと考えております。また平成25年6月には条例案の提案を目指します。その後、新制度の周知と準備期間を経て、平成26年度に新制度をスタートさせたいと考えております。



◆18番(國吉雅和君)

 今、課長の答弁をいただきまして、再質問に移る前に、安田課長はこの行政区改善について、なぜ、あるいはどうして行政区改善をしないといかんというふうにして見解を持っていますか、そこを伺います。



◎総務課長(安田慶知君)

 行政区改善については、今、目指しているのは行政区と自治会、字になりますけれども、それを区別していこうということを今やっているわけですけれども、そもそも行政区というのはそれぞれの行政区域で、村が行う事務の一端を担うことを言って、委託契約に基づく事務のことを言います。一方、自治会においては、自治会が独自で行う選挙で選出された区長を筆頭に、自分たちの自治を確立している団体を言います。それぞれの自治会は会費を徴収し、独自の地域自治を行っております。そのことを明確にしていくことが重要なことかと考えます。



◆18番(國吉雅和君)

 共通理解をさせていただきました。今おっしゃるように、従来の字は自治組織として自主的に自分たちで費用負担もして運用していくというのが自治組織であるし、それから行政区は、行政区事務を委託する区域と、明確にそこをはっきり分けることが大切かなと思うわけです。加入、未加入の問題もそこでは出てくるんですけれども、やはり今議会においても、行政区懇談会という話も出てきましたけれども、それは以前でしたらそれぞれの行政区で事足りたはずですけれども、いわゆる行政区に未加入が50%になってくると、行政区だけの、公民館だけでの懇談会はできなくなってくると。広く未加入の皆さんにも周知、意見等の聴取が必要になってくるわけですから、そういう面において、行政においても今度はそれをそのまましておくとコスト負担が出てくるわけです。これまで公民館だけで物事の周知が図れたのが図れなくなるということは、そこら辺のコストにも影響しますし、またコストの話からしますと、いわゆるこの地域において、活発に自主組織が活動し、協調性のある地域はより行政においてもコスト軽減が図れるのではないかと私は思うわけです。ですから将来的においてはそういった地域コミュニティーの参加も50%のみの維持だけではなくて、将来においては60、70%まで、そういった自治会組織を拡充させるということにぜひ取り組んでいただきたいということを踏まえて、質問させていただきますけれども、せんだって10月17、18日に議会報告会を行った中で、各地で行政区改善についての質問等が出たわけです。これは時系列から言いますと、その間、行政区改善の大綱を当局はしっかり固めるのに時間がかかったと感じているわけです。それがある程度見えてきた流れの中で、11月15日に区長会で説明をし、それから25日には三役会で今後の進め方の協議をしているという答弁がありまして、年内には説明会を行いたいというスケジュールが発表されたわけですけれども、この11月15日、それから25日、3日は近年区長になられた皆さんに説明をしたようですけれども、この会議を通して課長は何か感じたものがありましたら。



◎総務課長(安田慶知君)

 今回の場合は、しばらく時間があいたということもありまして、これまでのおさらいを中心にしてお話をしていったわけですけれども、やはりその時間の経過とともに区長方の認識のほうも少し薄くなっていたということもありまして、特にここ近年区長になられた方については、私たちのほうもきちっとした説明をしていなくて、今回の説明を聞いて内容がわかってよかったという感想もいただきました。その区長会、そして新しく区長になられた方含めての説明が終わっていますので、これからさらに内容の濃い議論をしていきたいと考えております。



◆18番(國吉雅和君)

 ぜひ地域の自治を預かる区長の皆さんには十分理解をいただいてもらいたいと思います。それからせんだって討議の中でも出ましたのが、飛び地とか、入り組んだ地域の問題等がありましたので、我々は特別委員会においてもそういったのは懸念の流れの中でありましたけれども、答申としては飛び地をつくらないということで答申も出しておりますので、やっぱり将来展望も見ながら、しっかりそこら辺は自治会長の皆さんに理解をいただきたいと思っております。それからタイムスケジュールにおいては、平成25年6月には条例案の提案を目指すというスケジュールが答弁でありましたけれども、これは先日の自治基本条例制定の提案が、いわゆる平成25年9月ということで答弁がありましたので、当然、その前には行政区改善の提案はなされないといかんだろうと思っておりますので、ぜひ自治基本条例の提案の中にはもう既に行政区改善の骨格はすべて組み立てる状況で物事はやっていただきたいと思います。それから先ほど、特に問題においては、金目の問題、いわゆる補助金とか助成金というのもあると思うんですけれども、それはやはり予算等のいろんな皆さんの仕組み等もあるはずですので、ここであえて私は質問をしませんけれども、先ほどの飛び地、入り組んだ地域というのが、私は、これはいわゆるある意味での戦後、帰村するときにおいて、自分の地域、島に帰れなくて、こういった他字に移り住んだということで、これは私、戦争の遺物の一つじゃないかと思っているわけです。ですからそういった観点から、この行政区改善において、私はこのソフト面に一括交付金も活用できるのではないかと考えるんです。やっぱりタイトルはあくまでも戦争の遺物であるわけですから、帰るに帰られなくて、飛行場に接収されて帰れなかったわけですから、そこら辺等の見解を少し聞かせください。



◎総務課長(安田慶知君)

 今、問題点として挙げていただきました飛び地と入り組んだ地域の件については、限られた字、自治会になりますので、これからしっかりと議論をしていただきたいと考えております。一括交付金の活用ということでありますけれども、今、その行政区改善を進めていく中にどこに、どういうふうな予算がかかってくるかということが今明確ではなくて、交付金、補助金等をそのまま一括交付金でということは今のところは考えておりません。



◆18番(國吉雅和君)

 今回の質問等で平成26年度に新制度をスタートということで、目標設定が出されましたので、ぜひ再度、延びる状況にならないように行政当局は鋭意努力していただきたいし、また我々議会も地域住民にまた説明等もしていきたいと思っております。再度申しますけれども、やはり地域住民の理解、コンセンサスを得ることが今後の地域づくりに必要だと思いますので、ぜひともその先頭に立っていらっしゃる自治会長、区長の皆さんと幾度もなく協議をし、今、地域においては、区長の皆さんがある意味で地域の皆さんから信頼を得ていますので、この自治会長の皆さんには十分理解を得て、物事が進められるようにお願いしたいと思いまして、次、4番へいきます。

 4.思いやり、暮らしのおつきあい運動について。冠婚葬祭の見直しを図り、諸行事の簡素化を図る運動の取り組み状況を伺う。



◎生涯学習課長(玉城秀友君)

 御質問の4.についてお答えいたします。平成3年に発足されました読谷村生活合理化運動推進協議会は途中、村婦人会へ活動の主体を移行して、これまで啓蒙活動を推進し、一定の成果も得られてきましたが、近年、当運動について、再度村民一体での運動実施を望む声が多く聞こえてきました。そのため平成23年3月に関係団体により、生活合理化運動の必要性を再確認し、その後、協議会を再開したところであります。その後の具体的な取り組みとしましては、平成24年3月に全戸チラシ配布を行い、6月には周知、立て看板を5カ所の公民館へ配布しております。



◆18番(國吉雅和君)

 再質問に移る前に、少し私が調査した現状を報告させてください。まず自治会長に問い合わせしましたところ、生年合同祝いが行われているのが11自治会です。その合同祝いをしていないところはどうしているかといったら、個人でというんですけれども、それもほぼ家族というふうに、簡素の中でやっていると答弁もらっております。それから法事事については、お返しとかお礼状とかというのがほとんどの自治会でされていると。ただ楚辺と渡具知については、お返しはしていないと、また立て看板も立てていると。先ほど課長からの話もありましたけれども、そういった立て看板も立てているというふうに。また特に渡具知では法事のときに、スーコー事でもお茶と茶菓子程度、いわゆるお箸を使うものは一切出していないというのが、渡具知は特に徹底されているという印象を受けたわけです。それは渡具知においては、その背景を聞きますと、当初、その運動を取り組むにおいて、やはり自治会の責任者あたりがものすごく動いたというお話を聞いていて感じるわけです。そういった交際をするのに自分の実費で物事をやるのが大変だということで、自治会長が先頭に立ってそういうものを立ち上げていって、今日に至っているのが渡具知の状況かというふうにして、これは渡具知の諸行事の簡素化呼びかけ運動というのが、2007年12月8日、我々が決議する以前に物事が出たわけですから、こういうふうにしてやはり渡具知はある意味でこの行事の簡素化運動の私は先進事例かなと思っているんですけれども、課長においては、ぜひ渡具知の自治会長とその件では十分意見交換をしてもらいたいと思います。今回の件で、各自治会長にも確認しましたところ、みんなぜひそれを進めてもらいたいと、どなたも否定的な発言はありませんでした。ぜひこれは必要なことだというお話でございます。そこでそういう声も踏まえて、私、先ほどの答弁を通して、課長に私は聞くんですけれども、平成23年3月第397回定例会の決議第3号のタイトルを示してください。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午前10時48分 休憩

     午前10時49分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◎生涯学習課長(玉城秀友君)

 平成23年3月29日に決議されておりますタイトルとしましては、決議第3号 読谷村における冠婚葬祭等の生活合理化宣言決議でございます。



◆18番(國吉雅和君)

 私、今率直な感想、安心しました。というのは課長の先ほどの答弁にその件が全然触れられていないものですから、我々議会が決議したことが一言も答弁に入っていないということ、これは担当課として意識があるのかなと。幸いにしっかり本人は把握していたものですから、事務的なものだったかなというふうにして私は理解します。今の話ありますように、それを踏まえて、先ほどの答弁にもありましたように、思いやり、暮らしのおつきあい運動というふうにして、このようにすばらしいのが今年3月、全戸に配布されているわけです。各家庭にもこれはあるわけです。みんなこのことについては非常に関心を持って、ぜひ推進してもらいたいというのが先ほどの各自治会の区長の答弁にもあったわけですけれども、私は、そこでやはり物事は、我々議会も決議もしましたし、一歩、より進めるために具体的な物事を進めないといけないのではないかと思っているわけです。それで次、お伺いしますけれども、老人福祉センターの設置管理条例と施行規則についてなんですけれども、老人センターを葬祭場として使用する規定はどこにありますか。



◎福祉課長(大城真悠美さん)

 読谷村老人福祉センターの設置及び管理に関する条例施行規則の中に、(事業の内容)第2条の内容としまして、読谷村老人福祉センターは条例の目的を達成するための、次に掲げる事業を行うものとするという中に、各種相談事業、そして生業及び就労の指導事業、機能回復訓練事業、教養講座等の事業、老人クラブに対する援助事業、そして6項に、その他村長が必要と認める事業ということで、そこに葬祭を行うということと認識しております。



◆18番(國吉雅和君)

 理解しました。それで私は提案したいんですけれども、その施行規則の中に、また使用者の遵守事項ということで、第7条の(5)に、その他村長が指示する事項に従うということがありますので、私はこのセーラ苑を葬祭で使用するときに、もうしっかり物事をルール化する必要があるのではないかと。まずその1つに、会葬礼状と香典返しは廃止すると、いわゆる貸し出す条件の中に、もうそれをはっきりうたい出す必要が今日来ているのではないかと思うわけです。これは去る397回の議会決議においても、公共施設等の使用において、上記を遵守した運用を求めますということで、先ほどの決議の中でこういったことも委員長報告で提案されているわけです。ですからそういったことを私、ぜひ具体的に物事を決めて、実行する必要があるのではないかと思うんですけれども、どうですか。



◎生活福祉部長(仲宗根盛和君)

 生活合理化運動の中から老人福祉センターの部分が入っているわけですけれども、条例、規則の中でああいう形でうたわれてはいるんですけれども、こういう文言が馴染むかどうかというのは、まだ具体的に庁内での議論が必要かと思います。そこら辺で、まずはそれからさせていただくということが大切なのかなと思っております。ただ、運動全体を進めていくと、必ず進めなければいけないという形になるのであれば、全体の運動をまずは村民に、チラシもありますけれども、運動の点検そのものが、先ほど議員からいろいろ各地で頑張っている状況というのが示されたんですが、そこら辺の点検をまずやっていただいて、その中で具体的にこういうのを一つの葬祭に関する事項を、まずはできることからやろうということがあるのであれば、これについては現行の条例に、規則に馴染むかどうかをまずは検討させていただくということから始めさせていただきたいと思っております。



◆18番(國吉雅和君)

 今、部長の答弁がありましたけれども、先ほど課長が平成3年にああいった、もう20年前に生活推進合理化協議会というものを立ち上げて、もう20年間かかっているわけです。やはり次は一歩踏み出す時期に来ているのではないかということで、私は提案しますので、ぜひそこら辺を検討していただきたいと思います。それから今、FMよみたんで朝7時50分から、それからお昼の12時50分からお悔やみ放送の受付、告知等をやっているんですけれども、私は将来、いずれはああいったものも利用される時代が来るのではないかと、いわゆる新聞の告知というのが果たして、我々の今の経済情勢、時代情勢でどういうふうに変化するかなというのもありますので、そういったものもぜひ踏まえていただきたいと思い、続きまして5番に移ります。

 5.読谷西部地区公園整備に伴い、同地区の防犯灯設置を再度求める。



◎総務課長(安田慶知君)

 御質問5.についてお答えいたします。防犯灯の設置につきましては、毎年4ないし7灯設置しておりますが、村民の要望に追いついていないのが現状であります。御質問の場所におきましては、民家も増えてきておりますが、まとまって建築されておらず、集中的な設置が難しく、かなりの数の防犯灯の設置が必要になりますので、現年度予算での対応は厳しいと考えております。御質問の場所以外にもまとまった防犯灯の設置が必要な箇所がありますので、計画的に対応していきたいと考えております。



◆18番(國吉雅和君)

 読谷西部土地改良事業の目的を伺います。



◎農業推進課長(福地政勝君)

 当高志保区におきましては、戦後から他字との人々の受け入れ等、長い期間の中で本村の中心地区を担ってきてございます。その中において、土地改良事業を進めていこうということになって、通常レール線というのがございまして、そのレール線から西側の部分、そしてレール線から東側の部分ということで、2回に分けての土地改良事業が整備されてきてございます。やはり土地改良を進めるに当たっては、どの地番においても農道、道路に面している形での配置が必要になってまいります。そういう形で旧態依然の畑の使用ではなくて、新しい手法での土地改良事業という、この改良の事業ということで、すべての土地が区画をされて農業生産の発展に結びつかせていこうということでの土地改良事業の進め方でございます。



◆18番(國吉雅和君)

 その地区において、私は17世帯から現状を確認させていただいたんですけれども、幼児8人、小学生14人、中学生3人、高校生6人、その他4人、合計35人。これはみんな未成年で、やはり担い手の土地改良事業になっているわけですよね。そこで私もまたびっくりしたのが、ハブについて、5世帯で8匹確認、そのうち1世帯で3匹の事例、今年の6月は50センチ、去年の8月、9月、1メートル50センチと1メートル。これが駐車場の車庫の中にいたと、3匹は退治したようでありますけれども、それから今現在、その西部公園整備をやっているんですけれども、7匹、工事中にハブが出まして、一番大きいのは3メートルなんです。小さいのは草の中に紛れて、この草はどこに行ったかといったら、最終処分場に行っているんです。これは小さいのだからどの程度か私もわかりません、数は。そういう状況がありますので、私、以上報告します。設置の優先順位は当局の判断にゆだねますから、くれぐれも咬傷事故が発生しないことを願うと同時に、一括交付金を活用したハブ退治を求めます。以上、ありがとうございました。



○議長(新垣修幸君)

 國吉雅和議員の質問は終わりました。

 しばらく休憩いたします。

     午前10時59分 休憩

     午前11時10分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。

 休憩前に引き続き一般質問を行います。

 17番・伊佐眞武議員の一般質問を許します。



◆17番(伊佐眞武君)

 村民の皆さんこんにちは。日本共産党、読谷村議会議員の伊佐眞武であります。第415回読谷村議会定例会において一般質問を行います。今年最後の質問でありますので、早速でありますが質問に入らせていただきます。

 最初の質問は、まず台風17号による被害について質問をいたします。台風被害については、農作物の被害や建物の被害、あるいはまた停電などいろいろありますが、今回は2点の台風被害に絞って質問をいたします。1点目の台風被害は古堅ガー周辺の2本の倒木についてであります。2本のうち1本は古堅ガー入り口に倒木があります。この倒木がある古堅ガーは長期の干ばつのときでさえ決して枯れることはなく、豊富な清流がわき出ている井戸であります。そのことから古くから地域の人々の暮らしにはなくてはならない水源地として大変大事にされてきたところであります。そしてここは今でも農業用水として多くの人々が利用しています。そしてもう1つの倒木は古堅ガーから南側へ20メートルほど離れたところでありますが、ここはメーダグスクの下に当たります。斜面から倒れた大きな木はメーダグスクの下の通路をふさいで、木の枝は大湾排水路まで達して水路をふさいでおります。古堅ガーとメーダグスク周辺は拝所でありまして、地域では年に何回かの御願も行われているところであります。ふだんは散策する場となっており、隣接する比謝川では釣りを楽しむ場にもなっております。そして2点目の台風被害については、渡具知海岸の崖崩れについてです。これは昨日、城間議員からも質問がありましたが、別の観点もありますので、改めて質問をしたいと思います。それでは具体的に?古堅ガー周辺の大木が2本倒れていますが、行政の支援策はあるか伺います。?渡具知海岸沿いにおいて崖崩れが発生しています。今後、どのような対策がありますか、2点伺います。



◎土木建設課長(新城直喜君)

 御質問の1.の?についてお答えします。個人が所有する土地の維持管理については、その土地の所有者が適正に管理に努めなければならないと考えております。したがいまして、台風などの災害により倒木がある場合には、土地の所有者がその対策を行う必要があると考えております。御質問の台風による倒木被害に対する行政の支援策は特にありませんが、道路など村道、生活道路、里道、排水路等なんですけれども、それらへの倒木により住民の生活に影響を及ぼすおそれがある場合には安全、機能確保の観点から倒木の撤去などを行っております。

 続きまして御質問の1.の?についてお答えします。渡具知海岸沿いの泊城公園の崖地崩落については、平成24年10月9日火曜日に崩落の連絡を受け、現場を確認しております。その後、崖地崩落箇所の上部の公園の園路は、応急処置としてロープなどにより進入防止対策を行っております。また崖下についても進入防止のためのワイヤーメッシュと告知看板を設置し、応急的な進入防止対策を行っております。今後は、地質や地形、植生、地下水の状況など、専門的な見地から調査を行い、現状の把握と対応策について検討したいと考えております。



◆17番(伊佐眞武君)

 まず2本の倒木のうち、メーダグスク下の倒木から質問いたします。メーダグスクについては個人の土地でありますが、今現在、所有者は本土のほうにて生活していて、すぐには対応できない状況があります。そこで前段でも述べたように、今、大きな木が倒れている状態は、斜面から倒れて、メーダグスク下の通路をふさいで、さらに村管理である大湾排水路まで達しているんです。このまま放置すれば、木の枝などにごみが引っかかって、排水路の機能にも影響が出てくるおそれが十分あります。このことから今回のメーダグスク下の倒木についても、私有地であるにせよ、答弁にあるように、倒木によって住民生活に影響を及ぼすおそれがあって、その場合には安全、機能確保の観点から倒木の撤去を行っているとなっています。今回のメーダグスク下の倒木についてもこのケースに該当すると思いますが、いかがでしょうか。



◎土木建設課長(新城直喜君)

 この場所については議員がおっしゃるように、このまま放置すると流水の流れを妨害するという懸念があります。それで今回の補正の中で、維持管理の部分なんですけれども、機械借料として予算を組み替えて、100万円ほど補正してありますので、その中で対応していきたいと、今、補正を提出しておりますので、それが成立次第、撤去していきたいと思います。



◆17番(伊佐眞武君)

 先ほど言いましたように、私有地とは言え、公共的な場でもありまして、今回、予算を組み替えて撤去するということで大変評価しております。それでもう1つの倒木があるんですけれども、この件は古堅ガー入り口のほうに倒木はあるんですけれども、この古堅ガーの倒木に関しては、私も古堅の公民館まで行っていろいろ聞いたんですけれども、そこは古堅の字有地ではあるんです。それで大変大きな倒木なんですけれども、古堅区民のほうで、当然字有地であるために、区民で努力して、しかしかなり大きいものですから、当初は業者のほうに見積もりをお願いしたらしいんです。しかしその結果、金額的な負担がかなり大きいために、結局、区民自身の手で撤去作業を行うことになって、それで聞いたところによりますと18名の区民を動員して、2トン車も2台借りて、あとチェーンソーを2台使い、切ったり運んだりして作業を行ったそうなんですけれども、そこである程度までは片づけることができたんですけれども、これ以上は非常に危険な状態があって、そのままの状態なんですよ。ここもメーダグスク下の倒木と同様に斜面のほうに立っていた大きな木が倒れたものですから、一部の枝が地面に接して、かろうじてその枝が大きな木を支えている状態なんです。その幹回りも3メートル近くあります。倒れて横たわっていても、地面の足元に横たわっている状況ではなくて、斜面から倒れたために枝の一部が接して手の届かない状態で横たわっているんですよ。そういうことからこれ以上は素人が片づけるのは非常に困難を伴うということで、そのままの状態で放置されているんです。そういうことから考えると、ここも危険性の除去、安全性の確保の観点から行政のほうからも早目の対応が求められていると思うんですけれども、ここも非常に、古堅ガーも年に何回か御願にも来るし、水をくみに来たり、釣りを楽しむ人とか、ここも公共的な面があるものですから、そういう意味では区民のほうで対応するのはちょっと厳しいかなと思いまして、ぜひとも何らかの支援策といいますか、少なくとも地元と協議をする必要があると思うんですけれども、このあたりはもう1回、いかがでしょうか。



◎土木建設課長(新城直喜君)

 現場を見たところ、確かに人力でできる分というんですか、その辺は大方片づけられております。そして大きな幹を残して、ほとんどは片づけられていて、古堅の皆さんも片付けを一所懸命頑張ったなという印象を受けました。ただ先ほどから申しているように、個人の財産は個人で管理すべきだということではありますけれども、古堅区とこの場所については利用する方もおられるものですから、何らかの話をして調整していきたいと思います。



◆17番(伊佐眞武君)

 この台風による倒木の被害は、あの地域に、今、前段でも質問で言ったんですけれども、メーダグスク下の倒木も、あとこの古堅ガー、2本あるんです。そのメーダグスク下については排水路があるということで、これは村が責任を持って片づけるということで評価しますが、もう1本の古堅ガーについても地元と協議して、善処することを要望いたします。

 もう1つ、?のほうの渡具知海岸の崖崩れについて再質問いたしますけれども、それで質問の最初は、この崖崩れの現場、ここは沖縄県が管理する海岸保全区域というのが海岸沿いにあるんですけれども、その保全区域に含まれているかどうか、まずそこを確認したいと思います。



◎都市計画課長(古堅守君)

 その崖崩れが起きたところは、比謝川の河口になっております。海岸区域は西側のビーチの部分、そこで指定区域はとまっております。ですので、崩れているところはこの区域には含まれておりません。



◆17番(伊佐眞武君)

 県が管理する海岸保全区域に入っていないということですね、わかりました。それで今回の質問のテーマに取り上げた崖崩れについて、今度の12月議会で既に皆さん御承知だと思うんですけれども、336万円の調査委託料が計上されています。それでその調査費だけでこれだけの300万円余りの委託料がかかるということは、もし仮に、あの崩れた現場を復旧工事するとなると、実施設計と工事費はかなり大きなものになると思うんです。そういう意味で村の事業として大変困難になると思いますので、そこで沖縄県がこういう場合に、事業主体になってやる事業があって、大規模災害復旧事業というのがあるんですけれども、この事業として沖縄県が採択する場合の条件や基準、このあたりはどういうことがあるのか説明を求めたいと思います。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午前11時25分 休憩

     午前11時26分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◎都市計画課長(古堅守君)

 大規模災害というものに当たるかどうか、まだ調べておりませんけれども、急傾斜地崩落防止の災害事業とかそういうものがあります。ただ、今回の場所は公園区域内となっておりまして、村が管理する場所となっております。公園区域内ということで、公園の災害復旧事業に該当するだろうと考えておりますが、県などに問い合わせてみたところ、公園は災害の対象は公園施設に限るという回答でありました。自然の崖地、のり面等は対象にはならないという回答を受けております。



◆17番(伊佐眞武君)

 崖崩れの当該地は、恐らく県の管理する対象にはならないという答弁なんですけれども、きのう城間議員からも質問があったんですけれども、崖の上のほうには非常に大事といいますか、実は梵字碑という石碑がありまして、そこは知っている方もいるとは思いますが、今から500年ほど前に建てられたものであって、聞くところによりますと、インドの古代文字で書かれた「阿・毘・羅・吽・欠」と5文字で書かれているんですけれども、これは航海を願う安全祈願として建てられた石碑なんですけれども、住宅街も近くにあって、非常に今後が心配されるんです。それとちょっとした歴史の話になるんですけれども、あの泊城一帯は、その昔北山城址で内乱があったときに、落ち武者が逃げ延びてきたところと言われておりまして、そういう意味ではこの崖崩れ付近に関係する墓とか、あるいは考古学的な遺跡はないか、今回の調査委託料の中にこういうことも調査項目として含まれているのかどうか、この点を伺いたいと思います。



◎都市計画課長(古堅守君)

 今回の調査は、公園区域内の崖地崩落に関しての調査でございまして、その崩落した場所と西側、公園区域内の崖一帯を含めて地盤の状況、あるいは崩落の今後の懸念、また進んでいくのかという影響範囲、それから地質等々の崖崩れに関しての調査を行うもので、文化財に関しての調査は含まれておりません。



◆17番(伊佐眞武君)

 今回の調査は地質調査ということで、それで現場はちょっと近くから見ると、崩れたすぐ隣の大きな岩も、大きなひび割れが見受けられるんです。そういう意味では非常にこれも危ないかなと思っているんですけれども、しかしそういう自然災害というのは考えてみますと、自然界の物質というのは長年の時間の経過とともにどうしても風化作用の過程で劣化していくんです。そういう意味では自然界で起きた事柄が、例えば今回のように崖崩れが発生した場合に、これは必ずしももとに戻すというか、復旧するということは、必ずしもあるのか、ない場合もあると思うんです。そういう意味ではお聞きしたいのは、自然界で発生した今回の崖崩れのように、やはりそのままの状態で済ますわけにはいかないと思うんですけれども、復旧工事をしない場合もあると思うんです。こういう場合に例えばどういう事例が当てはまるのか、またその場合に行政としてはどういう手続があるのか、これは当該地ではなくて、一般論としてまずそのこともお聞きしたいと思います。



◎都市計画課長(古堅守君)

 今回は、まずは第1次調査としまして、現況の確認と把握をするわけですけれども、影響範囲であるとか、地質の状況、それから過去の災害記録などを専門的な見地から調べて、危険度の検証をしたいと。それを踏まえて今後の対応を、方針を考えていきますけれども、災害復旧整備をするにしても莫大な費用がかかると予想されることから、その辺も検討の内容になってきますけれども、もう1つは公園区域内の見直し、この崩落した箇所の上に公園の園路と、先ほどの梵字碑がありますので、利用者もおりますから、その安全性を考えて、そこは公園区域から外すということもこれから考えていきたいと思っています。



◆17番(伊佐眞武君)

 聞いている質問と少しニュアンスが違うんですけれども、そういう具体的な今回の場所の事例ではなくて、あくまでも世界中といいますか、全国的でもいいですし、全県的でもいいですし、一般論として、自然災害で壊れたものを必ずしも復旧する必要があるのか、ない場合もあり得ると思うんです。こういうときはどういう事例があるのか、そのときの行政側としての事務手続、どういうことがとられているか。一般論としてお聞きをしたいんですけれども。



◎建設経済部長(比嘉隆雄君)

 ただいまの災害の場所については、先ほど都市計画課長のほうからお答えした内容でございますが、災害等でいわゆる土地そのものがかなりの被災を受けて、それが消失等々があった場合の、その場所以外、一般論としての質問ですけれども、基本的にはその復旧に莫大な費用が発生する場合においては、考えられるのはいわゆる土地の滅失になるのではないかと。この辺についてはきちっとした調査等々を踏まえてそういう判断をすることになると思うんですが、そのために本村としてはやはり専門家の意見等も調査入れて、それをしながらその判断をしていくことになるのかと。これは一つの例として、そういうことが考えられてくるのではないかと思っております。



◆17番(伊佐眞武君)

 今回の場合が滅失扱いなのかどうか、ちょっとわかりませんが、調査委託費が計上されているわけですから、いずれにしても調査結果を待ちたいと思いますが、やはり最低限、先ほど言った遺跡の調査とか、あと可能な限りの恒久的な安全対策は必要になってくると思いますので、その辺はひとつまた今後の課題だと思います。次、2点目の質問に入ります。

 2.国道58号、大湾交差点の下水道工事について質問します。この工事は大湾東土地区画整理事業などによって近い将来、人口増加が見込まれ、それに伴う下水道工事と聞いております。公共下水道は快適な生活環境をつくる上で欠かせない大切な水環境の整備であります。円滑な工事を進める上では地域住民の理解と協力は不可欠であります。その点で、今後予想される懸念がありますので質問します。?工事の概要を伺います。?県道16号線は、現在でも朝、夕の交通渋滞があります。工事が県道16号線にさしかかったとき、さらなる交通渋滞が予想されます。これからどのような対策が考えられますか、伺います。



◎都市計画課長(古堅守君)

 御質問2.の?についてお答えします。読谷村公共下水道(汚水)工事第6処理分区(24−1工区)の概要について説明申し上げます。本工事は、大湾東土地区画整理事業地内の汚水を処理するため、国道58号を横断、県道16号線の車道部に汚水管を埋設し、古堅地内にあります沖縄県中部流域下水道読谷幹線に接続する工事であります。工事延長約685メートルの区間で、工期は平成25年2月28日までとなっております。

 御質問2.の?についてお答えします。下水道工事については、本年度行われる工事箇所を広報よみたん及びFMよみたんなどでお知らせしております。広報よみたんにて、4月号、9月号にて広報を行っており、特に渋滞が懸念される県道16号線などは片側交互通行や一部交通規制のお知らせを記載し、村民の皆様へ周知を図っております。工事現場での渋滞対策といたしましては、工事による交通規制の告知板を設置し、周知を図っております。朝、夕の時間帯の作業時間を調整し、作業範囲を再分割して施工するなど、交通への影響を低減します。また片側交通規制を信号機によるものではなく、交通整理員を前後に配置し、状況に応じた交通処理を行います。1日の作業終了後は埋め戻し、仮舗装まで行い、交通を解放します。そのほか状況に応じた対策をとり、地域住民への影響を最小限にとどめるよう努めます。期間中は御迷惑をおかけしますが、御理解と御協力をお願いしたいと考えております。



◆17番(伊佐眞武君)

 再質問をしますが、この下水道工事については、先日、現場事務所でも実は聞き取り調査を行ってまいりました。聞くところによりますと、工事区間は国道58号大湾交差点から古堅駐在所あたりまでであります。そして工期は来年の2月末までとなっております。それで答弁にあるように、国道58号部分の工事は横断となっておりますけれども、そちらのほうを工事関係者から聞いたところ推進工法になっているそうであります。地下から、国道下から通っている推進ですから、交通にはまず大きな影響はないと思います。問題は県道16号線の工事にさしかかったときであります。答弁ではこれまで広報よみたんとかFMよみたん、かなり周知したらしいんですけれども、しかしこれだけで地域住民やドライバーに理解が得られるか、やはり疑問があるんですよ。人間は聞いて見たことがあっても、いざ現場に遭遇しないと、立ち会ってみないとなかなか実感がわかないものですから、何らかの手だてが必要ではないかと思って質問しているんですけれども、それで施工会社のほうで、工事を始める前に地域住民の家を1軒1軒回って文書も配りながら協力願いをしたり、工事の進め方についても、答弁にあるようにいろいろ工夫して、最大限の努力をやっているんです。それで質問のポイントはですね、今後、渋滞が予想されて、苦情や不満が出てくると思うんです。残念ながら、公共工事といってもそういう状況が生まれるという懸念が非常にあります。それで質問なんですけれども、そういう広報とかFMよみたんも非常にいい手段ではあるんですけれども、やはりじかに発注者側の読谷村から関係する地域住民に説明会が必要だと思うんですけれども、これまでに説明会を行ったことはあるんですか。



◎都市計画課長(古堅守君)

 この工事での説明会は行っておりませんが、ほかの工区での下水道工事に関しては、これまで何回か、大添公民館であるとか、そういったところの現場で工事する際には車庫の出入り口の時間帯であるとか、そういうことの説明も含めて工事の前に説明会を行ったことはあります。



◆17番(伊佐眞武君)

 まだ地域で説明会はやられていないということなんですけれども、そこはかなり交通渋滞が今でも発生するんですけれども、幹線道路であって、補助幹線道路なんですけれども、やっぱりここはぜひとも苦情や不満を軽減するためにも、今からでもいいですからぜひ必要だと思うんです。その際に、行政側から呼びかけてもいいですし、あるいは公民館のほうでいろんな行事、戸主会とか審議委員会とかがあるときに、その日程に合わせてやることも可能だと思うんです。工期は来年2月までいっぱいですから、できるだけ早目に。もし仮に説明会を行うのであれば、今、各家庭からの公共下水道への接続率の問題が今読谷村はあるんですけれども、その接続する工事の際に、今読谷村は上限が30万円までですか、60回払いで、これは限度額なんですけれども、場合によっては10万円でもできますし、15万円でできる工事もあるんですけれども、読谷村から無利子の融資制度がありますよね、この制度があることも含めて住民説明会をやれば、やはりいい周知機会になると思うんです。そういう意味ではぜひ今後、取り組む必要があると思いますけれども、再度、もう1回その件を伺います。



◎都市計画課長(古堅守君)

 その地域の下水道工事を始める際には、議員がおっしゃるように接続率向上に向けてもその説明を行っております。今年も、先ほど申し上げましたが、大添、牧原地区においては説明会と、その接続のお願い、それから今おっしゃった無利子の融資の制度もあるから活用してくださいという広報もしております。工事が終わった箇所について、接続可能となった地域においては戸別訪問もして、そういった接続のお願いをして融資の案内もしているところです。今後も公民館と相談して接続向上に向けて取り組んでいきたいと思います。



◆17番(伊佐眞武君)

 説明会については、今回の工事で一番関連するのは、渡具知、古堅、大湾ですから、そこでもぜひ行ってください。それとこの下水道の工事期間中にもう1つ考えてほしいことがあって、県道16号線の渋滞の軽減策として、1つ考えられるのは、以前にも一般質問でもやったことがあるんですけれども、今回、暫定的に県道16号線から大湾交差点前の旧国道がありますね。そこに接続することも一つの手だと思うんですけれども、これは現場を見ると、入り口のほうに大きな石が4個ほどあるんですけれども、これとその旧国道の付け根のところ、あそこの縁石をどかせばすぐ接続することができるんです。そういう意味では暫定的ですから、地域住民の理解も得られると思うんですけれども、それと考えるべきことは、交通渋滞が発生したときに救急車両、この件は非常に特別に考えなければいけないと思います。救急車両は現在、ほとんど沖縄市のほうに向かっているんです。そういう意味では北部あたりからは、国道58号から直接行くんですけれども、あの辺の南部あたりからはどうしても県道16号線が最短距離になるものですから、やはりこの点も一刻を争うわけですから、できる限りの、可能な軽減策を考えるべきだと思うんですが、このあたりは今検討していますか。



◎都市計画課長(古堅守君)

 先ほども申し上げましたけれども、1日の作業の範囲を細かく分割して、約20メートル程度を予定しております。この20メートルを毎日掘削から始めて、管埋設して、また埋め戻し、仮舗装までやるのが1日の作業になっています。工事の延長としては20、30メートル程度になりますので、そこに交通整理員を配置して、旗で交通処理をしてまいりますが、緊急車両とかそういったことには随時対応できると考えています。どうしても工事が始まると渋滞は避けられないのかなとも思いますが、方法としては大湾交差点側から始めるのではなくて、古堅側から始めて大湾交差点に向かって施工していきたいと。それをやることによって工事の進捗を利用者の方に周知してもらって、できれば個人の利用を、迂回路を選んでいただくとか、通る時間帯を調整、利用者の方で考えていただくとか、そういったことで渋滞の対策等を考えております。



◆17番(伊佐眞武君)

 今の答弁は、私もそれは現場事務所で聞いたんですけれども、最大限の努力ではあると思います。答弁にあるように工事区間も20メートルぐらいに限定して、その日のうちに掘って、配管して埋め戻して、夕方以降は通れるようにすると。確かにそれは最大限の工事方法だと思うんですけれども、県道16号線は今でも朝、夕渋滞して、幾らそういう工事の工夫をしたとしても、片側交互通行になるわけですから、どうしても今以上に渋滞は発生すると思うんです。そういう意味ではなかなか外にいるときは気がつかないんですけれども、いざ工事が始まったときにあそこにまず立ち会ってみて、渋滞の発生状況を確認して、可能な渋滞軽減策をこれから検討していかなくてはいけないのではないかと思いますけれども、今後そういう方向で構えといいますか、考えておいてもらいたいと思います。それでは次の質問に移ります。

 3.比謝橋碑文について伺います。この比謝橋碑文につきましては、これまで何回か質問しましたが、地元の根強い要望などもあって、今年度に碑文の移設整備工事が行われることをまず評価したいと思います。しかし残された問題もあることから再度質問します。?移設の際、碑文の文字まで修復する予定になっているのかどうか伺います。?碑文を移設した後、現在の碑文前の排水路は現状のままなのか、それともほかの計画があるのかどうか伺います。



◎文化振興課長(仲宗根求君)

 御質問の3.の?についてお答えいたします。比謝橋碑文については、今年度、比謝橋碑文保存整備工事を計画しており、碑文を現在地から国道58号沿いの吉屋チルー歌碑のある村有地へ移設いたしますが、今回の工事では碑文の文字の修復は予定しておりません。

 御質問3.の?についてお答えいたします。碑文の現在地は移設後には更地にする程度で、民有地である碑文前の排水路部分については、今のところ改修など、他の計画はございません。



◆17番(伊佐眞武君)

 2点伺いましたけれども、1点目の碑文の文字の修復については今回予定はないということなんですけれども、その修復予定がない理由、これはどういう理由なのか、予算の関係上なのか、それとも石碑ということで長年たっているわけですから、文化財としての価値の問題とか専門家の判断があったのか、予算の問題なのか、専門家の判断なのか、このあたりの理由をお伺いします。



◎文化振興課長(仲宗根求君)

 今回、文字の修復の予定がないという理由でございますけれども、この碑文は約300年前から伝わっているものでして、その300年前の碑文の文字の状態が確認できないというのが一番の理由になります。碑文等の修復について、検討はしたことはございませんけれども、過去の、300年前の碑文の状況に近づけるために調査あるいは専門家の指導を仰がなければ担当課のみでは修復については判断できない、ある意味専門家の高度な判断が必要な内容かと思っております。



◆17番(伊佐眞武君)

 今の答弁、私、非常におかしいなと思ったんですけれども、この碑文の原文、刻まれた文字なんですけれども、現場に行ってよく見ても、確かに前半部分はよく見えるんですが、後半部分はどうも当時の子どもたちが、ラクダの形をしているものですからそこに乗って、遊び場になっていて、後半部分は大分すり減っているんです。これは確かに認めるんですけれども、しかし、これは文献にはちゃんとしたもの、はっきりした一文字、一文字、すべて漢文なんですけれども、文献にははっきり資料として残っているんです。それで答弁どうもおかしいなと思ったんですけれども、いずれにしても、ちょっと理由がはっきりしないんですけれども、経費もかかるんですけれども、答弁にあったように、これは比謝橋碑文については300年ほど前に、当時の木の橋から、当時は画期的な石の橋につくりかえた記念碑なんです。それは今現存する非常に貴重な文化財、これは当時の社会とか自然を、本当にここで書き込んだ貴重な文化財ということで私は考えているんですけれども、いずれにしても文字の修復が困難だったら、移設した場合に、その原文を訳した説明板の設置、このあたりは予定していますか。



◎文化振興課長(仲宗根求君)

 説明板の設置は計画しております。内容については、石碑全体の文字を記しますスペース等は限られていますので、石碑の刻まれた概要を示す程度の説明板になろうかと思います。石碑全体の文字を知る手だてとしては、読谷村史のほうで、これは本のほうになりますけれども、石碑の読める範囲の文字を起こしておりますので、その辺を利用していただくかと思っております。



◆17番(伊佐眞武君)

 次、石碑と別にして、もう1つ実は関連する問題があって、その石碑を移設した後に残された問題があるんです。これも何回か質問したんですけれども、現在の比謝橋碑文の前の排水路の問題です。これはこれまで取り上げた経過もあるんですけれども、現状は、土地所有者はこの排水路についてどういう対応をとっているか、このあたりの説明を求めます。



◎土木建設課長(新城直喜君)

 先週もこの地主のほうに、関係者のほうに連絡を入れております。今年、仲宗根課長の所管する事業のほうでそこに整地が入るものですから、そこの業者とも少し連絡をしております。何らかの対応ができないかとかですね。それはもちろん所有者がやらないといけないものですから、所有者に連絡くれないかということを今やっているんですけれども、ちょっと今連絡がとれない状態がありまして、今後、また再度その所有者と連絡をとって排水路についてどのような対応ができるのか少し相談してみたいなと思っております。今ちょっと連絡待ちの状況です。



◆17番(伊佐眞武君)

 以前確認したときには、所有者は今排水路の泥をさらって、流れをよくするということを言っていたんですが、これも土地所有者であるんですが、ある面では被害者でもあると思うんです。自分たちは使っていないわけですからね、土地所有者は。しかしそうは言っても泥をさらうぐらいでは抜本的な解決にはならないと思うんです。やっぱりここは以前にも言ったんですけれども、文化的に非常に由緒あるところで、国道から通ると余り気がつかないんですけれども、この排水路の手前に行くと本当に幻滅するんです。文化村読谷として、村としてこのまま放置していいのかということはだれが見ても思うはずです。悪臭とか蚊も発生して、これは本当に大問題だなと思っているんです。それで繰り返すようなんですけれども、あの一体は本当に風光明媚なところであって、今、吉屋チルーの歌碑と比謝矼友竹亭顕彰碑があって、現在、村文化協会の主催で古典音楽の演奏とか琉球舞踊を行う場所なんです。そういう意味では、今回またさらに石碑も移設されるわけですから、なお一層の整備をしないといけない場所だと思うんです。そのために今ネックになっているのが、その排水路がゴルフ場側の民有地になっていて、それで読谷村から予算を投入できないという問題があると思うんですけれども、これはやはり読谷村のほうから、あそこは現場を見たらわかると思うんですけれども、面積もさほど大きな面積ではないし、土地所有者側にとってもああいう形状の土地は大して利用価値がないというんですか、そんなに重要な土地ではないと思うんです。そういう意味では村のほうから先方と交渉して、譲渡なり、あるいは本当に安い廉価で譲れないかということで村有地にできる方法を検討することも必要だと思うんです。そうすれば公共的な施設といいますか、村有地として、配管して埋めて植栽とかすれば整備できてくると思うんですけれども、本当にここは文化協会を初め、住民に大きな思いが強いところでありますので、先ほども言いましたように、文化村読谷としてこのような状態は本当にまずいと思います。今後、そういう意味では関係する土木課、もちろん土木課も関係すると思いますし、文化振興課も関係すると思うんです。さらにはその排水路に流れているかどうかわからないんですけれども、健康環境課ですね、排水の状況、いろんな課にはまたがるところで非常に複雑なんですけれども、そういう意味では課長はもちろんのこと、関係する部長も含めて現場を見ていただいて、どういう整備方針が、対策方針があるのか、このあたりをぜひ考えていただきたいと思いまして今問題提起しているんです。場合によってはここ非常に大事な問題ということで進捗状況によっては、次の3月議会にも考えたいと思いますのでぜひよろしくお願いしたいと思います。次に進みます。

 4.家庭用ごみ袋について伺います。?村内で年間の売り上げ枚数は幾らか。?ごみ袋の機能改良の余地はないか伺います。



◎健康環境課長(真栄田敏光君)

 御質問4.の?にお答えいたします。平成23年度の読谷村指定袋の報告をいたします。特大25万4,500枚、大150万8,500枚、中44万9,500枚、小6万枚、合計227万2,500枚となっております。

 続きまして?にお答えいたします。現在の指定袋はサイズが4種類で、ほとんどの市町村同様半透明としております。他市町村では燃やさないごみに関し、透明の指定袋を使用し、分別等の確認を行っております。本村では未導入であり、スーパーからのレジ袋等で代用可能としておりますので、現在のところ機能改良が透明袋ということでありますならば、調査研究をしてまいります。



◆17番(伊佐眞武君)

 時間が迫っておりますのでまとめて再質問します。そのごみ袋の年間の売上金額をお聞きします。それと現在、両端をしばる状態なんですけれども、取っ手をつけたほうがいいのではないかということですね。もう1つは企業広告について、広告料を安くしてほかの企業にも広告機会を与えるべきではないかということを最後に答弁を求めて質問を終わります。



◎健康環境課長(真栄田敏光君)

 まず年間の売り上げでございますが、先ほどのトータルの売り上げ枚数、いわゆる本村ではごみ処理手数料としての収入でございますが、7,053万5,000円が手数料として入っております。あと取っ手つきの改良ということのお話でございますので、本村では指定袋としての取っ手の袋はございませんが、ただ海岸線のボランティアでの清掃時に取っ手つきのごみ袋を使用しておりますので、そのほうを含めまして使い勝手、あるいは費用等も含めまして、取っ手につきましては研究させていただきたいと思います。それから企業広告でございますが、ただいま平成20年10月から指定ごみ袋の徹底に入りまして、そのときから企業広告をいただいております。1社につき18万円を年間いただきまして、ただいま4社の企業広告でもって年間合計72万円、毎年繰り返しているところでございますので、新たな企業主がまたいらっしゃいましたら、そのときに考えていきたいと思っております。



○議長(新垣修幸君)

 伊佐眞武議員の質問は終わりました。

 以上で一般質問は終了いたします。

 しばらく休憩いたします。

     午後0時04分 休憩

     午後1時30分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



△日程2.議案第51号・平成24年度読谷村一般会計補正予算(第6号)についてを議題とします。

 これより質疑を行います。



◆16番(上地榮君)

 忙しい時節柄でございますので、1点に絞って質疑をさせてもらいたいと思っております。

 30ページ、障害者福祉費関係なんですが、補正額が1億2,690万8,000円ということでかなり多額になっているわけです。その中で質疑したいのは、障害者自立支援事業でございます。これだけの補正増が出た理由としましては、全員協議会の中で担当課長は単価の改正、利用者の増、サービスメニュー、就労支援というのがありました。それで質疑したいのは、利用者がどのぐらい増えたのかという数ですね、それが1点。それから就労支援というわけだが、健常者であってもなかなか仕事が探しにくい状態の中で、そういう障がいを持った方々の就労支援、どういった支援の内容を言っているのか。それからもう1つは、きのうの當山勝吉議員の御質疑の中で2,089名の方々が障がいを持っているわけですが、身体が1,410人、知的が279人、精神が400人ということでございましたが、その方々の就労状況、この3点についてお伺いします。



◎福祉課長(大城真悠美さん)

 御質疑にお答えします。今回、補正予算で1億円余り増額しておりますけれども、それは先ほどお話がありましたように、報酬単価の改正と、それとサービス内容の増等、いろいろあります。そして非課税世帯はすべてサービス料は無料という制度の改正に基づくものでございます。実際、どのぐらい増員したかという具体的な数字は、すみません、今ちょっと手元に持ち合わせていなくて御提示することができません。就労訓練の状況なんですけれども、就労訓練といいますと、一応、就労訓練事業というのがございまして、知的、精神、それから障がいの方々が就職をするに当たっての訓練を2カ年間かけてやるのを就労支援訓練というんですけれども、それと以前の作業所的な要素を含んだものを就労継続Bという事業になっております。これはすみません、人数的なものを今持ち合わせていないんですけれども、年々、特に精神障がい者の方々が、以前は精神障がい者のサービスとは、ある意味、法律ができる以前はほとんどなかったんです。それでこの障害者自立支援法ができたことによって、3障害を一元化したものですから、精神の方々が仕事をしたいというお気持ちの方々がたくさんいらっしゃいまして、それで就労訓練事業というのがかなり利用されるようになっております。具体的な数字に関しては、すみません、手元に持っていませんので今御提示することはできません。就労状況も具体的な数というのもお示しすることができないんですけれども、実際的にこの就労訓練事業所というのがかなり増えてまいりました。読谷村内だけじゃなくて、沖縄県下全体的に増えております。その中で、やはり就労訓練をなさる、主に精神、また知的の方々、正規雇用、非常勤という形でかなり就労に結びついたというお話は伺っております。すみません、今、資料が手元にございませんので、具体的な数字は提示することはできません。



◆16番(上地榮君)

 報告できないというのは、これはちょっと答弁にはならないのではないですか。あるいはまた、今できなければ後で報告するとか、非常に不親切な答弁だと思っているんですが、いかがですか。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午後1時36分 休憩

     午後1時37分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◎福祉課長(大城真悠美さん)

 就労状況に関しては、後で具体的な数字をお示しするということで、補正予算の根拠なんですけれども、これは実は、対象経費支出予定額というのがありまして、当初の予算額というのをすごいたくさんの事業がございまして、たくさんの項目がございまして、一つ一つ、当初予算額というのがございます。それで3月に向けてどのぐらい今後補正が必要なのかということで計算しておりまして、人数掛ける何名という形の予算根拠ではないんです。例えばホームヘルパーを派遣する際に、当初3,400万円余りの予算を組んでいるんですけれども、やっぱり人数が増えてきているのと、時間数が多くなっているとか、そういったもろもろの条件で477万円予算が足りなくなると、それを補正しますという形で積算をしていきました。それがすごい項目がございまして、これを説明するのにかなりの時間がかかるものなんですが、すみません…。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午後1時38分 休憩

     午後1時40分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◎福祉課長(大城真悠美さん)

 就労支援の訓練内容についてお答えしたいと思います。就労支援というのは、例えば会社というか、そういったところに勤めたいと。そういった場合、まずは履歴書の書き方とか、それから面接の受け方とか、そういったものから先に入っていきます。そして実習という形で実際に現場に行きます。そこで就労支援者という方がいるんですけれども、定期的にどういう状況なのかということで支援をしていきます。そういうものを就労支援事業と言っております。これは村内にもあるんですけれども、ほかに市町村にもそういった事業所は多くなっております。それが就労支援の主な内容です。よろしいでしょうか。



◆16番(上地榮君)

 3回目です。履歴書の書き方とか職場研修とかということは、新たに、いわゆる今回の支援法の改正で出てきたものなのか。これは就労支援ができたからこれだけの補正増が出るという全協での説明だったが、新たな就労支援の方法が見出したのかということで質疑しているわけです。その辺についてお答えください。

 そして先ほどの利用者増につきましては、まだ回答していないんですが、これは後で資料でもいいですからいただけるんでしょうか。



◎福祉課長(大城真悠美さん)

 数字に関しては、後ほど提示したいと思います。

 新規の事業は、就労訓練が増えたということでの新規の事業ではありません。新規で増えたのは、児童福祉法の改正によりまして、障害児通所給付費とか新たに障害児相談支援給付とか、そういったもろもろの事業が増えたということで今回の補正に至っています。就労支援ではございません。就労支援とは以前からある事業ではありますけれども、若干利用者が増えたという話になります。



◆14番(長浜宗則君)

 2点ほどお聞きしたいと思います。まず10款教育費の中の社会教育費、52ページです。村子ども会交流事業52万円の予算が計上されています。これは全協での説明では、今年から新たに交流先として白川村との交流が始まるということを聞いておりまして、その中に、今回まだスタートですので、民泊の宿泊ができなくて合宿という形でとらえています。子ども会の交流事業は平成8年からスタートしまして、鳥取県淀江町、その後、米子市ということで、16回の事業が施行されて、多くの子たちが参加して大変成果が出る事業でございます。また今回、米子市との発展解消で、質疑のとおりとっても懸念していますけれども、今回予算に計上されて、いよいよスタートするんだなということで安心している次第ですけれども、今回もこの人数的には、前回より20名の子たちと5名の引率ですね。日程的には今までずっと文化の日の休みをまたがってやっていたんですけれども、その日程の確認をお願いします。

 次の災害復旧費用が今回、各項目で出ています。農林水産業施設災害復旧費135万1,000円、厚生労働施設災害復旧費24万円、文教施設災害復旧費、公立学校施設災害復旧費が834万5,000円、社会教育施設災害復旧費が121万8,000円、その他公共施設・公共施設災害復旧として115万6,000円で、トータル1,231万円の計上がされていますけれども、このうちで建物共済で補てんされた金額はすべて金額として入っているのか。それと別個に、そのほかの被害もそこの1,231万円のほうにプールされているのか。それと当時に、公園のトイレとかいろいろな施設、看板等、各公民館とか、そこも建物共済は役場で入られているのかどうか。その辺のほうもひとつ答弁お願いします。



◎生涯学習課長(玉城秀友君)

 年明けに、2月に行われますけれども、日程としては2月15日金曜日に出発しまして、16日、17日、18日に帰ってくる日程となっております。土日を挟む格好に予定しております。



◎農業推進課長(福地政勝君)

 55ページの農業用施設災害復旧費135万1,000円になりますが、これについては沈砂池、農道等から流れて来る水等の沈砂池の部分でございます。沈砂池が4件、それからヤーガーという貯水池のほうが1件でございます。このほうで110万2,500円の事業費でございます。それから宇座の農村公園フェンスの修繕、こちらが24万7,800円、合計135万1,000円の金額でございます。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午後1時48分 休憩

     午後1時49分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◎農業推進課長(福地政勝君)

 こちらのほうは、保険は対象外になっております。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午後1時50分 休憩

     午後1時51分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◎こども未来課長(新里紹伝君)

 56ページ、民生施設災害復旧事業、このほうは南保育所のほうで台風によります園庭の砂場の日よけネットです。それの破損があったための修繕費ですので、これは施設ではございません。保険対象外でございます。



◎教育総務課長(山内猛君)

 お答えいたします。57ページ、災害復旧工事費の件ですけれども、これは渡慶次小学校の空調の損壊と古堅中学校の空調機の損壊の件でございますけれども、このほうは全国自治協会、建物共済で対応を予定しています。2分の1ということではございますけれども、これは今から申請いたしますので、保険の対応になるかならないかは、後でとなります。申請するということですね、今の段階では。



◎生涯学習課長(玉城秀友君)

 社会教育施設災害復旧事業ですが、台風17号の被害として4項目ありまして、そのうちの文化センターの屋根瓦の修繕につきましては、建物共済の保険適用が可能だと思っております。



◎商工観光課長(浜川秀樹君)

 58ページの庁舎等施設災害復旧費でございますが、こちらのほうは伝統工芸センターの屋根瓦の修繕、それからチビチリガマの公衆トイレの屋根瓦の修繕費用となっておりますが、伝統工芸センターにつきましては、建物災害共済の対象となっておりますので、保険での対応が可能かと考えております。



◆14番(長浜宗則君)

 子ども交流事業に関して再質疑していきます。人数は前回と一緒だということで質疑したんですが、これは間違いないですか。人数は25名と。この事業で17年間子どもたちを見てきましたけれども、昨今、本当にこの交流で体験した子たちが、今度、読谷高校の国際交流について意見を発表しました知花友理阿さんですね、これは全国大会でもグランプリをとりまして、国際連合のほうに近々派遣されると聞いています。そういった子たちがいっぱいいますので、ぜひこの事業、ずっと継続可能な限り予算投資してひとつ継続してほしいなということでありますので、今回、こうしてしっかりと予算化されていくことについての賛同でございます。ぜひこれは多くの方たちが参加可能な限り、子どもたちにチャンスを広げて、いい体験をさせてください。

 次、災害の件についてですけれども、今見ると、建物共済がほとんど入っていまして、これはほんと、学校もしかりですけれども、先ほど國吉議員も言われていますけれども、保険はあくまでも、万が一のためのということがあります。そう大きな保険料ではないと思うんですけれども、今、チビチリガマのトイレとか公園のトイレですね、また各公民館の保険も全部建物共済で補てんしているかどうか、もう一度お願いします。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午後1時54分 休憩

     午後1時55分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◎企画財政課長(與那覇操君)

 今、公民館の件もございましたが、基本的には今ありました保険については、いわゆる公の施設ということで、基本的な件がございますが、それ以外の部分についてどのあたりまで該当していくかというのは、ちょっと今、資料を持ち得ませんので、後ほど報告したいと思います。



◆14番(長浜宗則君)

 実は、仕事がら台風17号で、私の所轄の民家で1,000万円ぐらいの被害が今回出ていまして、それを補てんしたんだけれども、そういう形で公園も被害に遭う可能性もありますので、そういう対象のものは、ぜひ安い保険料とか払っておいて次の対策に備えてほしいという質疑なんですけれども、どうぞ調べて、入っていなければ早急に対処していただきたいと思います。



◆9番(山城正輝君)

 一般会計補正予算、今回3億7,000万円近くを補正して134億円余りの予算にするという村長の提案に対して、質疑をいたします。大体9点ぐらいになりますので、よろしくお願いします。

 まず15ページでサトウキビの優良苗を確保するための事業の委託金がございますが、これが104万円余り減額になります。330万円予定だったのが225万円になる。これは台風によって苗畑が被害を受けて、その面積が半分以下になるんだという説明がされています。そうするとこの委託金がそのままこれは返還されるということになるのかと思うと、大変もったいないような気がして、どうにか手は打てなかったのかなと思うんです。しかも今年、苗が半分以下になるということは、来年のサトウキビの植えつけがどうなっていくのか大変心配なところがありますので、そういうところとの関係でお聞きいたします。

 それから2番目は、19ページに特別縁故者相続財産分与金ということで、990万円余りが収入に見込まれています。すなわちひとり住まいのお年寄りが亡くなったので、その方に相続人がいなくて、村が相続できるようになったということのようであります。その経過についてお聞きしたいと思います。まず1つは、この分与金というのはなかなか聞かないし、いろいろ調べてみると全国的には余りないんだそうです。これがどういう経過で読谷村の収入になったのか聞きたいし、それからその縁故関係、このお年寄りを世話してあげたから読谷村にもこれは来るんだという説明でありました。読谷村がどのようなお世話をなさったのか、そういう関係を聞きたいと思います。そして残りは国に返っていくということですが、国と村との分与の割合といいましょうか、これがどうなっていますか。そしてその分与の内容、990万円余りは預金だという説明でした。そのほかに土地が4筆あるということで、約400坪があるという説明でした。その土地も読谷村に分与されるということになるのか、そのあたりについて具体的にお尋ねいたします。

 次、3つ目、20ページで村議会の議員のことについてであります。政務調査費が72万円減額されるということです。説明によると、この政務調査費は今年度4月から導入されていて、議員1人当たり月1万5,000円の調査費が支給されるというものですが、4名分が今度減額になって、72万円が減額されると。つまり4名の方がこれは受け取らないということになっています。その4名の中の1人は私ですけれども、そのほかの予算の執行状況といいましょうか、これは調査をしていく過程でその都度出していくということであるのか。まとめて年度初めに申請すれば、1人幾らと、1人18万円ぐらいになるんでしょうか、これをそういうふうにして支給しているということなのか、その過程と執行状況についてお尋ねします。

 それから32ページでお伺いします。ここの下のほうで北保育所運営事業、賃金、臨時職員の賃金が133万円計上されています。これは説明によると、長期病休の方がおられて、それに充てるんだということです。それがほかにも長期療養の方がおられると、あと2件、33ページと35ページにありますね。これで職員が長期病休されるということは、私は本当に残念だし、由々しいことだなということで、これは社会的にも、今、公務員の皆さんが疲れているんだということを言われるわけです。人間はだれも好きこのんで病気になっているわけではないので、何かがあるから病気になってしまうということがあるので、そういう意味で職員の健康管理というのが一体どうなっているのか。これは決算の中でもほかにありましたよね。決算の中でも保育所担当の方が長期休養されて、認可外保育所ですか、そこの子どもたちの歯の検査ができなかったというのがありましたけれども、職員の健康状態が大変心配であります。職員には元気で、そして村民のために働いてもらうということが原則ですけれども、やはり読谷村のほうも健康状態が悪化したのかということが気になっています。そのことについてお伺いします。

 次、35ページの環境衛生費の火葬場整備事業の中で調査業務託料が449万円計上されています。説明によると、これは今の苗畑のほうで、親志の砂良の苗畑のほうでシマチスジノリという絶滅危惧種の植物が発見されたということで、これは私は大変注目しているし、あの建設経済委員会で行ったときにあの池も見ました。確かにそういう、本当に清水と言いましょうか、きれいな水が湧いてきて、それをためていて、それを向こうの植物にかん水しているということで説明を受けて感動したのを覚えているんですけれども、あの中に実はこの絶滅危惧種のノリがいたんだということなので、この絶滅危惧種がどういうきっかけで出てきたのか、そういうのがあるらしいということで調査したのか、あるいはたまたま何かでやったのかという意味で、ひとつはこのきっかけですね。そしてあの一帯を今度調査するということのようでありますので、あの一帯は結構自然豊かな地域ですからいろいろあるだろうということは予測されますけれども、今度の調査というのがそういう水生植物や陸生の植物を含めてどういう調査になるのか、これについて御説明を求めたいと思います。

 次、41ページで残波岬いこいの広場維持管理事業で、今度残波岬いこいの広場をリニューアルするということで、施設の修繕をするようであります。526万円計上されています。そこでいろいろメニューを聞いていますけれども、その中で私が聞きたいのは、サイクル列車というのがありまして、これは既になくなっていますが、その跡を撤去したいということで、私も週1回ぐらいは孫たちと一緒に行って、残波岬が好きなものだから、特にヤギが好きでニンジンを100円で買ってあげて、2人行きますから200円で買ってあげて、サービスして行っているんですけれども、確かに一角ですね、今のコンクリートの山でしょうか、それがサイクル列車の跡のようですけれども、そういうのを撤去していくということで、そうするとその後に何が予定されるかなということでは私は注目しているんだが、残波岬のいこいの広場にはそういう幼児向きの遊び道具が少ないのではないかということが結構言われてきているということで、そのあとにもし計画があるんでしたらどういうのを予定しているのかお聞きしたいと思います。このサイクル列車の撤去の規模、それもあわせてお聞きします。

 それから43ページに村道楚辺座喜味線整備事業というのがあります。トリイステーションから上がってきて、あの坂を上ってきて、上地のファミリーマートまでの直線の道をつくるということですけれども、それが一部開始されていますが、今度1,121万円をかけて設計見直しと、実施設計の委託料が計上されている。その中身については、今までの設計を見直すということで、特に構造的なこと、あるいは交差点付近だということで説明を受けていますが、これは座喜味地域、上地、波平地域としては本当に待望な事業であるし、村としても最優先的な路線として今頑張っているということなんですが、これが見直しされるということでどういう形になっていくのか御説明をいただきたいと思います。

 あと44ページ、排水路新設改良工事です。これは防衛庁の交付金が減額されると、これが説明によると財源が変更されるということで、箇所は座喜味の入原というところの、私たちは小川と言っているんですけれども、村のほうでは排水路と言っているようですが、そこの設計が財源変更になるということで御説明いただいています。この地域については、これは地元の皆さんからその川の水が個人の土地を浸食しているということで問題視されて、そして村も鋭意努力されて、今年度予算に設計を入れるということになって、地元で大変喜ばれている事業であります。ただしそれが8月、9月になっても始まらないものだから、地元ではなぜかということで、私も何度か役場に聞いたことがあるんですけれども、それがこういう財源関係で時間がかかったのかということで、今、そうだったのかと思ったりしていますけれども、これが防衛の交付金から一般財源にかわるということで、事業そのものには変更ないのではないかと思っているんですけれども、その事業内容について、もし変更があるんだったらお聞かせください。そして3月までにはこの設計はできるだろうと私は見積もっているんですけれども、いかがでしょうか。

 最後9番目、53ページ、渡慶次給食調理場の運営事業で車両購入費が205万円減額になっています。説明によると、これは給食調理場の車両を買った残りだということであります。総額が511万3,000円ということであります。511万円の車を買って、200万円は余っているということになると、この入札がどういう状況で行われたのか、ちょっと残額が大きいのではないかと私は思うんです。それで入札落札率がわかりましたら教えてください。そして今回205万円残ったというのはどういうことだったのかということでお尋ねします。以上、9点御答弁を求めます。



◎農業推進課長(福地政勝君)

 さとうきび優良種苗確保安定対策事業で、県のほうとの委託契約の中で面積が減になってございます。じゃあその後、減になった対策はどうするのかということになりますので、村のさとうきび生産協議会、それからJA、農協のほうと今後対策についての対応と、それから各生産農家への苗の独自の加工等の呼びかけ等も含めて協議を進めていきたいと思っております。



◎福祉課長(大城真悠美さん)

 特別縁故者相続財産分与金の件ですけれども、経過なんですが、この事例は享年93歳でお亡くなりになられた身寄りのない方なんですけれども、平成6年1月ごろ、自分で身の回りのことができなくなりまして、村の専属の家庭奉仕員がその当時はついております。そこで信頼関係の構築を図っております。その年の8月ごろ、要介護状態となりまして、当時の村長が身元引受人となりまして、特別養護老人ホームへ措置入所という形になりました。心身の状況が急変した場合の緊急連絡先として福祉課の職員を登録しまして、以降、福祉課職員が介護サービス計画などの書類の確認及び同意を行ったり、ケース会議に参加したりするとともに、医師の診察の立ち会いとか、手術した場合の入院の際は見舞いに訪れたり、親族同様に身の回りの世話をしたと伺っております。平成20年には読谷村職員労働組合のボランティアの皆さんが自宅の周辺の清掃を行われたということも記述されております。米寿のお祝いのときに、身寄りのない彼女のために当時の担当者数名がホームのお祝いに参加しております。この事例は、平成22年5月14日に亡くなられております。老人ホームでの葬儀の際は副村長を初め、担当者4名、そしてかつての担当者3名が参列しております。また職員が死亡の際の諸手続をすべて行っております。今年4月に特別縁故者への相続財産の分与の申し立てを家庭裁判所に行っておりまして、読谷村は単に行政として課すべき役割を超えた親身な対応を行っており、この方は読谷村の担当者に対して特別な、心理的なつながりを有していたということが裁判所で認められまして、それで今年8月に読谷村を特別縁故者と認めるという審判がおりました。それでこの方の預貯金996万579円と現金で1万2,000円がありましたので、合計997万2,579円を村のほうへ歳入として入れております。あと不動産関係もありまして、土地が4筆、墓地とか山林とかでして、ちょっと評価額は墓地に関してはゼロ円、山林の評価額は1万120円とうたわれております。ほかに山林の軍用地がございまして、それは86万7,300円ということで聞いております。この方の一軒家がありますけれども、この建物の評価額は4万3,489円となっておりますけれども、築何十年も経過している建物ですので、それは解体する方向になっております。国へはというお話でしたけれども、この件に関しては、国へそういった財産が行くということはありません。みんな読谷村へ入ってきます。土地は読谷村の土地ということで手続も終わっております。



◎総務課長(安田慶知君)

 職員の病休に対するケアということで、メンタルチェックというアンケート調査を行って、それを診断しております。診断内容については本人へ通知するとともに、その中で精神的な安定が得られていないという場合には健康相談を受けさせるということと、産業医による面談を行いながらケアをしていくというやり方をしております。これで長期の病休に入りますと、本人への面談、家族との面談、本人同席で医者への面談というものを行っていきます。それでしばらく様子を見て安定してくると、復帰に向けてリハビリ出勤の調整に入っていきます。リハビリ出勤というのは、最初2時間とか、これを4時間、そして5時間というふうに延ばしていきながら、状況を見ていきながら復帰ができるかということを判断していきます。これには毎日出る場合もあれば、一日越しに出たりと、これは本人の健康状態も勘案しながら、徐々に、少しずつ復帰に向けてのプログラムを組んで、最終的には復帰していただくような内容になっております。



◎健康環境課長(真栄田敏光君)

 35ページの火葬場整備事業の調査業務委託料の件について説明を申し上げます。まずきっかけでございますが、苗畑の管理人から都市計画課へ連絡があったようです。今年の夏、関連する、連携する課の会議におきまして、どうも絶滅危惧種ではなかろうかというような新聞記事と写真をいただきました。その新聞記事は北部のほうでそういうものが見つかって絶滅危惧種であるということを確認したところでありますが、それでは我々も設計等をするに当たりまして、確かにそうなのかという確認が必要になってまいりました。それで専門家をお招きいたしまして確認をいたしましたところ、絶滅危惧種?類のシマチスジノリ、それから絶滅危惧種?類のオオイシソウの2つを確認いたしております。そのことをもちまして、苗畑一帯5.1ヘクタールございますが、その池の中でまず陸の動物、ほ乳類、鳥類、は虫類、両生類、魚類、昆虫類、底生動物、それから陸域の植物、植物相、植生、それから付着藻類等を調査して、ほかにもないかどうかを確認していくための委託料でございます。



◎商工観光課長(浜川秀樹君)

 残波岬いこいの広場維持管理事業の中の施設修繕費でございますが、その中にサイクル列車の基礎撤去費用36万7,500円を含んでおります。これはサイクル列車の基礎、コンクリートの基礎がおよそ30個余り残波岬いこいの広場にまだ残されておりましたので、これを撤去いたします。撤去した後につきましては、整地、フラットな形にいたしまして、そこで公園として使用していただくと考えております。なお、現地には老朽化した木製の遊具がございますが、そちらのほうも今後撤去する方針でございます。今後、周辺は残波岬公園の一部とすると計画しておりますので、現在、具体的な計画はございませんが、今後、公園整備の中で遊具等の設置につきましても検討していくことになると思います。



◎土木建設課長(新城直喜君)

 43ページの村道楚辺座喜味線整備事業の委託料の内容なんですけれども、まず3点ほどございます。1つ目が設計指針などの変更によって設計の見直しのために745万5,000円を増額補正いたします。あと1点が事業認定図書を作成するために407万4,000円を増額補正いたします。そして3番目にかんがい排水用のスプリンクラーの施設費に係る設計の実施に伴って、予定した額より94万5,000円ほど安くなったものですから、その3つの合計で差額が、差し引き補正額が1,121万4,000円ということです。そして設計指針などの変更の主な理由として、一番大きいのが土木工事の設計要領というのがありまして、それで変更になったんですけれども、そういうことになります。

 そして次、44ページの特定防衛施設周辺整備調整交付金についてなんですけれども、それに係る事業が座喜味入原地内排水路事業でありまして、それについての内容の変更はありません。また今期も、設計期間も3月末には実施設計が完了する予定です。事業の内容については変更ありません。たしか約70メートルだったと思うんですけれども、その分の排水路の実施設計であります。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午後2時32分 休憩

     午後2時33分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◎給食調理場所長(伊波靖君)

 渡慶次調理場の給食配送車の件ですけれども、当初予算化するに当たり、2社より見積もりをとりまして、その一番低いほうの額でもって金額をはじき出しております。入札の際に4社で入札をした結果、511万3,500円で落札しております。落札率は71%ということになっております。



◆9番(山城正輝君)

 2回目の質疑をします。まず15ページのサトウキビの苗畑についてですが、台風というのは避けられないことですけれども、これによって農家の皆さんが被害を受けているということはあるんですが、こと苗についてですので、これはぜひ確保していただきたいと思うし、これから対策も、関係者や独自での呼びかけもするということですけれども、この委託料を返済しないで済むような策というのが難しかったのでしょうか、これはあと1点お聞きします。

 2番目、特別縁故者相続財産分与金ですね、これは今聞いて、村長初め、職員の努力というものはまさに家族同様なことをなされたんだなということで理解をいたします。それでこれは結局土地も、預金も村にいただくということで、積立金にしていくということですが、若干歳出のほうで賃貸料というのがあるんですが、賃借料ですか、あれは屋敷のかと思ったりするんですけれども、今後それは続きはしないか、この1点をお聞きしたいと思います。

 次は職員の健康問題、アンケートをとって実施されたということで、いろいろ努力されていることがわかります。それで私もいろいろ、ほかのところなどはどうしているのかということで調べてみると、やっぱりアンケートをとるということは基本のようですね。そうしたら私の調べたところでは、まず1人当たりの仕事量が増えたというふうに職員が感じているのが94%ぐらいいるという調査があります。それから個人で仕事をする機会が増えていると、これが71%ぐらい。それから職場のコミュニケーションの機会が減っていると感じているのが52%、職場の助け合いが少なくなっているというのが48%ぐらいいるということで、この率が高いか低いかについては私は定かではないんですけれども、そういうことで職員の間にいろいろストレスがたまるような状況ができてきているんだということで、これはよそですよ。読谷村ではないので、その問題ははっきりしないんですけれども。そこで村もアンケート実施をしたということでありますから、村の結果はどうであったのか、もし公開できる部分があったらお聞かせください。そしてその後、いろいろ面談したり、手を打っています。ぜひそれをやってほしいと思うんですけれども、復帰のためのプログラムをつくって復帰させるようにしているということですよね。それで今、この復帰プログラムをつくって、いろいろ対応している職員が何名おられるのかお聞きします。

 次は35ページ、絶滅危惧種ですね、大変よくわかりました。確かに管理人の喜友名さんがよく知っておられて、私たちが行ったときもいろいろ説明をされておられましたが、これは私は自分たちの村土、村の自然にしっかり目を向けてやっているなということで、なかなか行政がそこまで行き届かないところが多いだろうと思うんですけれども、そういう細かいところまで目を配っているという意味でかなり評価できる仕事だと思っているんですが、このシマチスジノリ、これは識名園にもあるんだそうです。であるけれども、オオイシソウというのはちょっと見つからなかったんですけれども、その植物について幾らか何かコメントされたことがあったら教えてください。

 次、41ページ、いこいの広場については将来、具体的計画までも見据えた答弁でしたので飛ばします。

 次、43ページも結局は仕事の内容はそのままということなので、安心をしています。ちょうどおとといですか、現場に業者が来られて、地元の方々もお会いして私におととい、早速業者が来ていたということで言っていましたので、ひとつそういうふうに地元の方とコンセンサスを得ながら進めていただきたいと思います。以上、2回目の質疑をします。



◎農業推進課長(福地政勝君)

 委託料の減についてでございますが、県との委託契約書を交わしてございますので、どうしても変更ということで金額の変更が出てまいります。そのまま利用できないかということでございますけれども、これは全県的なものでございますので、今回、委託料の面積が減ということでの内容でございます。



◎福祉課長(大城真悠美さん)

 土地の賃借料が今後また継続してないかどうかという御質疑でしたけれども、この土地は那覇市在住の方の土地ですので、地主に戻りますので、賃借料は今後発生いたしません。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午後2時41分 休憩

     午後2時43分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◎健康環境課長(真栄田敏光君)

 絶滅危惧種のオオイシソウにつきましては、今回の調査結果を踏まえまして詳しく公開をしていきたいと考えております。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午後2時44分 休憩

     午後2時45分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◆3番(仲宗根盛良君)

 2点だけお願いしたいと思います。21ページ、2款1項5目15節工事請負費の関係であります。ここに庁舎維持管理事業に004庁舎増改築工事費が8,101万1,000円計上されております。もう12月でございます。すなわち年度末になっております。これから業者選定、入札、竣工ということになっているんですが、今後の具体的なスケジュールを説明いただきたいというのと、本来、こういう予算は読谷村自主財源でやる事業でございまして、なぜ年度末になるまで引っ張ってきたのか説明をいただきたいということです。

 それからあと1点、24ページ、2款2項1目13節委託料、ここに固定資産税賦課事務運営事業の009評価替え業務委託料で、これは当初予算756万円計上されておりました。ところが説明によれば、192万1,000円が結果的に残額となっております。従来こういう業務のやり方、評価替えは3年に一度あったと思いますけれども、これだけの金額、すなわち25%ぐらいが残額になっているのは、私は余り見たことがないんです。したがってこの理由はどういうことなのか、この2点についてお願いしたいと思います。



◎総務課長(安田慶知君)

 庁舎の改築についての今年度のスケジュールですけれども、6月11日に設計業務業者の選定をしております。6月18日に入札をして、6月20日契約をしております。契約期間が11月30日までということになりまして、その間、各課ヒアリング、個別調整、基本方針の決定、設計調整等をやって、11月末をもって設計を完了しております。この12月に工事費の補正予算を計上する運びとなりました。これから年内で指名通知、現場説明、入札等を行って、年明けには契約の予定をしております。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午後2時48分 休憩

     午後2時49分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◎総務課長(安田慶知君)

 契約については年度末を予定しておりますけれども、内容によって繰り越す場合もあるかと思います。



◎税務課長(小橋川清弘君)

 2番目の御質疑にお答えを申し上げます。これまでずっと評価替えについては随契でそれぞれの年度ごとにやってまいりましたけれども、今回初めてプロポーザル方式による業者の選定ということをとらせていただきました。毎年3年に1回評価替えというのが行われるんですけれども、その中で今後、読谷村の適正な固定資産税の課税、説明責任を果たす、そういう視点から業者の皆さん方に自分たちはこういうプランでやりたい、できるという形でのプロポーザルをしていただいて、それで経費についてもこれぐらいで抑えてできますよという形での提案をいただきましたので、そのプロポーザルに基づく入札残を今回補正減させていただいたということでございます。



◆3番(仲宗根盛良君)

 まず庁舎関係からお願いしたいと思います。6月に設計が始まったということなんですけれども、少なくとも、今さっき竣工の予定が、事業を繰り越しということは4月、5月ぐらいまでいくのかなということを考えたときに、もっとスピードをアップして、せめて4月の最初ぐらいから各課の配置の変更とか、そういう形ぐらいは皆さん業務スケジュールとしてできなかったのか。これはつまり、国、県との関係もなくて、自分たちの仕事で8,000万円を使うわけです。そういう意味では年度の、少なくともスタート時点で、新しい気分で仕事、やむを得ない場合についてはわかりますけれども、どうも皆さんの仕事の進め方というのは余りよくないのではないかと私思うんです。もっと真剣に、せめて業務は4月1日ぐらいから、関係課のこの前の説明にありましたけれども、こういう形でどこどこにどこが入るということがあるわけですから、今のままでは竣工の予定は大体、めどとして後で答弁をお願いしたいと思います。

 それから2つ目の192万1,000円が残額なんだと。説明によればプロポーザル方式ということですけれども、当初からこの予算計上の場合に、こういう予定の考え方はなかったんでしょうか。もちろんこれは予算がその随契よりも今のプロポーザル方式という形で25%も残るということは大変いいことでございます。その同じ金額で、25%も残してこの評価替えができるということは、皆さん努力したことは評価しなければなりません。問題は当初の段階でそういうふうな方式を頭に入れていたかということなんです。いわゆる予算を見積もっていく段階で、そのことについて御答弁を求めたいと思います。



◎総務企画部長(儀間敏光君)

 これは工事の発注がおくれたことに関しましては、素直に認めたいと思うんですが、この設計を、いわゆる4月のほうで設計を早めればというお話だと思うんですが、確かにおっしゃるとおりだと思います。なんですが、今回、新たに機構改革で安全、安心な村づくりの係ができました。そこのほうに今集中してやりました、そこのほうが今年は台風の襲来がすごかったですよね、台風関係がありましたよね。何度となく、四、五回やってきました。それと御承知のように、この読谷飛行場の一角でずっとユンボが四、五十台入りまして、不発弾の探査に入りまして、不発弾が相当見つかったんです。それの対策に追われまして、そういうのがなければというのは理由にならないかもしれませんが、そういうふうにやろうとしたら、次々、次々、そういうことが起こってくるものですから、この庁舎の設計についても計画的にやればできたでしょうということになるかもしれませんが、そういった等々の対応に追われて、実はそれがおくれていったということは否めない事実でございますので、ひとつ御理解をお願いしたいと思います。したがいまして今回、本工事費について提案していますことにつきましては、3月いっぱいでは現実論として厳しいこともございますので、その諸手続を経まして、早目の完了にこぎ着けたいということでございます。来年度の前半までには完了させたいということで今考えております。



◎税務課長(小橋川清弘君)

 お答えをいたします。当初から見越していたのかということですけれども、そのとおりです。プロポーザルによる随意契約を結ぶときに、プロポーザルのための要項とか審査方法とか、いろいろ定めていって、そしてプロポーザルを受けて、その審査をした上で業者選定をして、随契をしていくという形になりますので、当初から見越してやっていたわけですけれども、企業側のそれぞれの努力等もあって、先ほど言いましたような形での金額192万1,000円の減額になったということですので、その辺は御理解いただきたいと思っております。



◆3番(仲宗根盛良君)

 ちょっと今の答弁では理解しにくい。まず庁舎の関係、いろいろ別の事業、とりわけ不発弾等があってということで、理由はそうなっていますよね。でも総体的に言うと、この下に増改築していく予定だそうですけれども、理由はそうなっていますけれども、余りこういう理由にすると、全体的な事業の執行とか、役場全体の仕切り直しとかという形からすると好ましいことではないわけです。いずれにしましてもそういう流れになってしまったと。今後、そういうことはぜひ努力事項として、よく役場の事業執行の場合になぜおくれたのかなといったら、いろいろ国、県との調整があるとかという形で、そういうことはありましたけれども、これは単独事業になりますので、そういう意味では横の連携をつなぎながら、やはりスケジュールをしっかりやるということは、これからもぜひお願いをしたいと思います。

 それから今の答弁、税務課長、どうも当初の予算計上の段階でプロポーザル方式があったと、そうすると私が今問題にしているのは、何で192万円、つまり今までの随契方式だったら大体そういう形であろうと。しかしながらプロポーザル方式になると、ある意味では役場が業務するときには、委託契約するときにも、その前提で予算計上の見積もりをとるじゃないですか。そうすると、そこまでは余らないのではないかという感じを持つわけです。今までの随契の概念だったらわかりますよ。答弁が最初からプロポーザルを前提として予算要求をしたということになるものだから、理解の仕方としては努力をして、私は評価したかったんだけれども、今のところ評価にはならないので、今後は予算計上の場合はそういう前提で、しっかり企画財政ですか、しっかりチェックをしながら、余りそういうものが余らないようにお願いをして終わりたいんですが、よろしいでしょうか。言っているのは理解できていますか。反論があったら答弁求めますよ。



◎税務課長(小橋川清弘君)

 プロポーザルでということでお話をしているんですけれども、今回の平成27年度に向けての評価替えですので、3年分の業務をやっていくわけです。そういうことで随契ですから、入札でのそういう契約ではございませんので、3年間、その企業がこういう、今年度はこういうことをやります、次年度はこういうことをやります、その次の年はこういうことをやりますという形での、そういう業務計画をちゃんと出して、それに見合う金額として自分たちはこういう形でできますということでのものでしたので、もちろん単年度で予算は計上して、今年度の分これだけ、次年度これだけ、3年目これだけというふうに予算はそれぞれの年度で計上してまいりますが、今回はプロポーザルという形での随契、要するに価格競争というよりも、中身でもってどうするかという、その中身に合った見積もり金額であるかと。そういったことも含めてプロポーザルを受けて、審査委員会で判断をした結果、先ほど来、申し上げておりますように、我々が当初予定していた額よりも192万1,000円も見積額として落ちてきたものですから、今回補正減をさせていただいているわけです。繰り返しますけれども、そういう内容ですので、御理解いただけていると思っているんですが、どうなんでしょうか。私としてはそれ以上の説明がちょっと思い浮かばないんですけれども、よろしく御理解のほどをお願いしたいと思います。



◆3番(仲宗根盛良君)

 ありがとうございます。つまり当初予算の計上が本当に皆さんの立場上、正しかったのかなと、正しいということであれば評価をしたいんですけれども、もしその説明があれば私も納得したいんですが、今のところ理解できていないのでその辺の…。休憩でさせてください、もう終わりですから。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午後3時02分 休憩

     午後3時04分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◆7番(當間良史君)

 1点だけ確認したいことがあります。35ページ、健康増進センター管理事業、報酬、健康増進センター嘱託職員報酬71万5,000円の減について。全員協議会のほうでは健康上の理由で職員が退職されたとありますが、その詳しい内容の説明をお願いいたします。



◎健康増進センター長(矢貫卓博君)

 お答えします。病気の内容につきましては、個人情報に関係するのでお話できないんですが、非常にやる気のある職員で、業務と並行して改善を試みたんですが、生活のリズムが仕事をしながらでは難しいということで今回は早く生活のリズムを取り戻していただくために退職という運びになりました。



◆7番(當間良史君)

 今、この方が辞められて、欠員状態で、かわりの職員とかは今どうなっておりますか。



◎健康増進センター長(矢貫卓博君)

 今現在、1名欠員の状態で仕事を回している状態でございます。冬場になりまして、利用者数というのが夏場に比べて減ってきておりますので、ある程度は今の現状で回るのですが、1月から臨時職員を補てんする形を予定しております。



○議長(新垣修幸君)

 ほかに質疑ございませんか。



○議長(新垣修幸君)

 これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第51号・平成24年度読谷村一般会計補正予算(第6号)については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第51号については委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。まず本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



◆9番(山城正輝君)

 平成24年度読谷村一般会計補正予算(第6号)について、5分間の賛成討論を行います。今回3億6,700万円余りの追加をして、134億円余りの予算にするということの提案について、賛成の討論を行います。

 今回のこの補正予算の評価、そして村民として期待することを3点挙げたいと思います。1つは、特別縁故者相続財産分与金を990万円余り、これを計上されていることであります。これは質疑の中で役場の村長を初め、職員が親身になってお年寄りの介護、そして面倒を見ていただいたということの見返りとして分与金が村に歳入されたということであります。これは私は、やはり地方自治体のあるべき姿を示しているんじゃないかという意味で、本当に弱い者、あるいはお年寄りのために役立つ役場であるべきだということから見るならば、大変高く評価されるものであると思っています。

 2つ目は、今回は台風被害が結構ございました。これに対して早急に対応されていること。これは評価されることだと思います。沈砂池でのフェンス、学校の空調、あるいは渡具知浜の崖崩れ等々、早急に、迅速に対応されているものと評価します。

 3つ目は、シマチスジノリとオオイシソウの絶滅危惧種を苗畑で発見したということ。これは役場の職員が本当にきめ細かく、読谷の自然をよく見つめていることのあかしだと思うし、読谷村の役場の仕事というのはそういうふうに村民のかゆいところに手が届くような、そういうきめ細やかな仕事をしていただきたいという意味では、この件も高く評価したいと思います。

 それから次は問題点と希望することであります。1つは、サトウキビの苗畑が今度半分ぐらい縮められたということでありますが、農家にとっては大変心配であります。ぜひこれに対する対策を御答弁がありましたように頑張っていただきたいと思います。

 それから私ども議員の政務調査費の問題でありますが、質疑するのにもけんけんがくがくいろいろございますが、まさに村民に公開できるような政務調査でないといかんと私は思います。私はこの政務調査費を拒否して、4名の中の1人で72万円節約したと考えています。だからといって、議員の政務調査、研究調査、これを怠ってはいけないという立場であります。政務調査費をもらわなくて、月々24万3,000円いただいている報酬があるんです。生活費は別で議員は稼げるわけですから、この政務調査費をもらわなくてもやれるんだということで、私は今後ともこの問題は村民に公開して議論をすべきだと思います。

 それから3つ目は、職員の健康問題、このことについては本当に職員に採用されて、村民のために働きたいというのは、それは職員みんなの所信だと思うんです。その中で健康を害するほど働かされてきているという側面があるんじゃないだろうかと私は思うんです。それは新自由主義に象徴されるように、リストラ、リストラがついてきました。そういう中で本当に肩に背負いきれないぐらいの仕事が増えてきているのではないかということで大変心配しています。そういう意味では職員の健康管理を第一に考えて、気持ちよく、元気いっぱい働けるようなそういう役場を幹部はつくっていただきたいと思います。

 それから村道楚辺座喜味線、これは早急に予定どおり完成させていただきたい。それから入原の河川工事についても地元の皆さんが待望している事業ですので、ぜひとも予定どおり、答弁にあったとおり進めていただきたいということを申し上げ、賛成討論にしたいと思います。



○議長(新垣修幸君)

 これで討論を終わります。

 これから議案第51号・平成24年度読谷村一般会計補正予算(第6号)についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第51号については原案のとおり可決されました。



△日程3.議案第52号・平成24年度読谷村診療所特別会計補正予算(第3号)についてを議題とします。

 これより質疑を行います。



○議長(新垣修幸君)

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第52号・平成24年度読谷村診療所特別会計補正予算(第3号)については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第52号については委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。まず本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから議案第52号・平成24年度読谷村診療所特別会計補正予算(第3号)についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第52号は原案のとおり可決されました。



△日程4.議案第53号・平成24年度読谷村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてを議題とします。

 これより質疑を行います。



○議長(新垣修幸君)

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第53号・平成24年度読谷村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第53号については委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。まず本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから議案第53号・平成24年度読谷村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第53号は原案のとおり可決されました。



△日程5.議案第54号・平成24年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてを議題とします。

 これより質疑を行います。



○議長(新垣修幸君)

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第54号・平成24年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第54号については委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。まず本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから議案第54号・平成24年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第54号は原案のとおり可決されました。



△日程6.議案第55号・平成24年度読谷村下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてを議題とします。

 これより質疑を行います。



○議長(新垣修幸君)

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第55号・平成24年度読谷村下水道事業特別会計補正予算(第2号)については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第55号については委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。まず本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから議案第55号・平成24年度読谷村下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第55号は原案のとおり可決されました。



△日程7.議案第56号・平成24年度読谷村水道事業会計補正予算(第1号)についてを議題とします。

 これより質疑を行います。



○議長(新垣修幸君)

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第56号・平成24年度読谷村水道事業会計補正予算(第1号)については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第56号については委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。まず本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから議案第56号・平成24年度読谷村水道事業会計補正予算(第1号)についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第56号は原案のとおり可決されました。



△日程8.議案第57号・読谷村残波岬いこいの広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。



◆9番(山城正輝君)

 議案第57号・読谷村残波岬いこいの広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、二、三点質疑をいたします。今回、残波岬いこいの広場、それを民間の皆さんに委託管理するために、委託管理する面積を狭めようということのようであります。この施設については、約30年前、村直営でセンターハウスや東屋を経営してきましたけれども、その中で経営が芳しくなくて、民間に委託管理してもらおうということになって、もう数年前でしょうか、最近まで個人の方が、村民が経営をしてきたわけであります。契約は10年ということでしたけれども、10年までもたなかったということで、私どもから見るとやっぱり収支の経営が大変なんだろうと思うんです。それでこの残波岬のあれだけの広場、そしてあの施設、これをどう生かすのかというのは、私はある意味では読谷村の大きな課題だろうと常日ごろから思っています。あれだけの面積で土日になると多くの村民が憩いの場を求めてそこに来られます。そこの経営がどうしてうまくいかないのかということを常々思うわけですけれども、それで一度、民間に委託管理したわけですけれども、その皆さんが10年の契約期間を待たないで引き上げられたということは、なぜそうなったのかということの反省、総括ですよね、これはしっかりしないといかんだろうと思うんです。その反省の一つとして、委託管理をした面積が広過ぎたのではないだろうかと、指定管理したその面積が広過ぎたのではないだろうかということで費用が結構かさんだだろうということは容易に想像できます。それで今度は面積を狭めて、センターハウスや東屋、屋外ステージ、進貢船、駐車場、この部分に狭めようということだと思うんです。これでうまくいくかということで私は半信半疑で見ているんですけれども、村が直営でやっていたときにはセンターハウス、向こうの経営がなかなか大変だったということもあるので、この施設の管理運営について今ここで、この数年間の経営の結果を踏まえて、どういうふうに総括されるのかそれを聞きたいと思います。

 次には、私はある意味ではそれでも厳しいのではないかと思うんです。その中でセンターハウスを1業者に、あるいは東屋は別の業者にとか、ビーチ側の東屋はまた別とかということで分割することも手ではないかと思ったりするんですけれども、その提案は考えられないでしょうか。

 それからもう1点は、残波の冬はやっぱり厳しいと思います。その冬場に向こうをどう活性化するのかということで、これまでもいろんなイベントを打って、村民が参加できるようにということもやってきましたけれども、やはり冬場の、あれは四、五カ月になるんじゃないでしょうか、11月から3月ぐらいまでは大変厳しいと。ここをどう乗り切るのかということが一つは問題だろうと思うので、その冬場対策というものをみんなで知恵を出してみる必要があるのではないかと思うのです。3点についてお聞きいたします。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午後3時46分 休憩

     午後3時47分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◆9番(山城正輝君)

 今、経営されている方は法人ということですので、法人に訂正して続けたいと思います。



◎商工観光課長(浜川秀樹君)

 まず総括という部分でございますが、残波岬いこいの広場を指定管理した当初は、大体売り上げ的には初年度が93%ぐらいあったようです。それから徐々に低下してきていたようですが、主な原因は社会状況の変化、以前はバーベキューを皆さんで集まって楽しまれているということがあったようなんですけれども、そういう場所ではなくて、家庭でだとか、それから自分たちで場所を探してやるとか、そういう施設を使ったバーベキューというものが社会状況的に余り行われなくなかったということと、それから同様な施設があちこちにできたということがあったかなと思います。御指摘のあった面積等も含めまして、施設の管理に係る費用がかなり大きかったということ、それから売り上げが減少してきたということ。社会情勢に対応したサービスが提供できなかったのではないかということがございますので、今回そういうものも含めまして管理エリアを便益施設に限る。その他の公園については読谷村が直接管理をしていくということを考えております。その上で募集をこれからかけるわけなんですけれども、応募していただく方々にはいかに効率的に現状にマッチした形で施設を活用していただくかということを提案していただきたいと考えております。

 それから施設を分割して指定管理ができないかということでございますが、今のところ分割して管理していただくことは考えておりません。また冬場の活性化、冬場の対策についてもいろいろこれから考えていかないといけないと考えておりますが、運動広場、グラウンド部分をこのたびサッカー競技場として整備していくこともあわせまして、特にサッカー等の球技、冬場の大会等も盛んですので、できれば小学生の大会だとか、中学生の大会だとか、週末に合わせてそういう大会を誘致するだとか、それからもちろんプロサッカーチームの誘致も含めてなんですけれども、そういうサッカーのイベントを誘致するだとか。それから先日も行われましたが、きとね市というようなフリーマーケットというか、いろんな誘客のイベントをそこでできないか、そういうものも含めて新たな指定管理者と協議を進めていきたいと考えております。



◆9番(山城正輝君)

 今の答弁を聞くと、これまでの延長かという感じを持っているんですけれども、問題はその指定管理を受ける皆さんがどういうアイデアで、どういう形で進めていくのかということが第一だろうと思うので、そこに期待をしたいと思うんですけれども、以前の方が手を引いてから何カ月かたつだろうと思うんですけれども、今、その指定管理を受けようという動きが何件かあるか。もしあるんでしたら何件なのか、最後にお聞きしたいと思います。



◎商工観光課長(浜川秀樹君)

 募集を1月号の広報に掲載する予定であります。指定管理者の募集を1月号に掲載する予定でございます。それから今の予定ですと1月10日ごろに応募の説明会を開催する予定でございます。その中で具体的な内容を説明することになると思いますが、現在の段階ではこちらの具体的な条件等も提示しておりませんので、具体的なお話というのはございませんが、問い合わせは数件まいっております。村内外の方から問い合わせ自体は数件いただいております。



○議長(新垣修幸君)

 ほかに質疑ございませんか。



○議長(新垣修幸君)

 これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第57号・読谷村残波岬いこいの広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第57号については委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。なお、討論は1人5分以内といたします。まず本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



◆18番(國吉雅和君)

 議案第57号・読谷村残波岬いこいの広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について、賛成の立場で討論を行います。

 残波岬公園全体面積45ヘクタールのうち、7.9ヘクタールを指定管理者に委託管理し、民活を生かした運営にこれまで託したわけですが、継続管理が困難を来し撤退したことを踏まえ、管理施設を縮小し、2.8ヘクタールの施設のみ管理委託をし、活性化を図るための条例改正であり、あわせて運動広場をサッカー場として整備することにより集客が見込め、読谷の奥座敷と言われる残波岬公園45ヘクタールに村内外から大勢の人々が集うことを希望申し上げ、賛成討論といたします。



○議長(新垣修幸君)

 これで討論を終わります。

 これから議案第57号・読谷村残波岬いこいの広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第57号は原案のとおり可決されました。



△日程9.議案第58号・読谷村水道事業布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準等に関する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。



○議長(新垣修幸君)

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております議案第58号・読谷村水道事業布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準等に関する条例については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第58号については委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。討論は1人5分以内とします。まず本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから議案第58号・読谷村水道事業布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準等に関する条例についてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、議案第58号は、原案のとおり可決されました。



△日程10.諮問第5号・人権擁護委員の推薦(宮里勝和氏)につき意見を求めることについてを議題とします。

 これより質疑を行います。



○議長(新垣修幸君)

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております諮問第5号・人権擁護委員の推薦(宮里勝和氏)につき意見を求めることについては、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、諮問第5号・人権擁護委員の推薦(宮里勝和氏)につき意見を求めることについては、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。なお討論は1人5分以内とします。まず本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



◆9番(山城正輝君)

 諮問第5号・人権擁護委員の推薦(宮里勝和氏)につき意見を求めることについて、賛成の討論をいたします。宮里さんはこれまで2期6年間、村の人権擁護委員として働いてまいりました。宮里さんは平成12年まで31年間、少年鑑別所や刑務所等で少年たちの相談や指導にかかわってきたということであります。その後、村の人権擁護委員として頑張ってまいりました。また宮里さんは、字伊良皆区のゆいまーるの会長として地域のお年寄りの皆さんとも一緒になって頑張っています。さらに御家族には中学校の英語ボランティアなどをされているという家族もおられて、家族ぐるみで子どもたちの教育やそういう福祉などについて極めて理解が高く、そして実践の深い方であります。ですから私は宮里勝和さんが3期目の人権擁護委員として当たられることに関して賛成の意見を申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 これで討論を終わります。

 これから諮問第5号・人権擁護委員の推薦(宮里勝和氏)につき意見を求めることについてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり適任とすることに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、諮問第5号は、原案のとおり適任とすることに決定しました。



△日程11.陳情第4号・読谷村返還跡地への国際先端総合病院の誘致に関する陳情書についてを議題とします。文教厚生常任委員長の報告を求めます。



◎文教厚生常任委員長(長浜宗則君)

 陳情第4号・読谷村返還跡地への国際先端総合病院の誘致に関する陳情書についての委員長報告であります。

 読谷村議会議長 新垣修幸殿。文教厚生常任委員会委員長長浜宗則。

 本件は、読谷村返還跡地<沖縄医療の国際化>促進期成会会長 松田武夫氏より陳情書が提出され、2012年6月26日第408回定例会において本委員会に付託されました。その審査の経緯と結果を報告します。

 陳情者は、「読谷村返還跡地(西地区)に国際先端医療総合病院を誘致する件につき、読谷村当局の御理解をいただき、あわせて沖縄県仲井眞知事に読谷村での当該施設の導入に関し、支援・協力をいただくよう要請すること。」であります。

 2012年7月12日、まず委員会で審査の日程と陳情内容を協議しました。その後、7月25日、読谷村返還跡地<沖縄医療の国際化>促進期成会会長 松田武夫、読谷村飛行場西地区返還跡利用地主会理事長 知花亀次郎、大木地区土地区画整理事業推進地主会会長 比嘉 資、大場事務長の出席のもと意見聴取を行いました。8月7日には儀間総務企画部長、与那覇企画財政課長より意見聴取を行い、11月13日、池原副村長、儀間総務企画部長、与那覇企画財政課長の出席を求め意見聴取を行いました。11月29日には委員会において審査を行いました。12月4日、読谷村返還跡地<沖縄医療の国際化>促進期成会 松田武夫会長から陳情項目の(1)の「本件に対する読谷村役場の担当課と担当者を指定すること。」の項目を陳情から削除が提出され、12月7日の本会議で採択された。

 本件の趣旨は、我が国には世界に誇れる国民皆保険制度があり、これが日本人の平均寿命を伸ばしてきた要因でもある。

 一方、世界の医療技術や製薬産業は日々進歩しているが、我が国では医療に関する法律や規制が厳しく、自由な技術開発や治療におくれをとっていることについて、医療の専門家から指摘されている。

 今日、いまだ治療不可能な難病は多く、また寿命の延長のためにも医療に関する自由な技術が必要である。医療は確かに人命にかかわることであり、皆保険制度は国民の生命と健康を維持するためにも必要不可欠である。国内外の医者の医療技術者が集い、国際的レベルで自由に研究開発し、臨床的な実証実験を展開できる機関を構築したいとして、我が国の医療産業の振興に貢献する<先端医療技術開発・治験をコアとした医療施設>を沖縄県読谷村飛行場西地区返還跡地に導入・設置を県、国に働きかけていくための陳情であります。

 読谷飛行場西地区返還跡地は民活での開発に希望を託し、努力している状況から一日でも早く返還跡地利用を推進していく上で期待が持てる。将来に向けて実現するものであれば、村内の雇用創出、読谷村の活性化に大いに貢献できると判断するものであります。

 以上のような審査を踏まえ、2012年12月7日に全委員出席のもと表決を行い、その結果、全会一致で採択することに決しました。



○議長(新垣修幸君)

 委員長報告は終わりました。

 委員長報告に対する質疑を行います。



◆6番(大城行治君)

 二、三質疑をいたしたいと思います。まず文教厚生委員会で6回の審査を行っています。大変御苦労さんでございます。今、委員長の報告の中で少し気になったことがあります。まず誘致場所が西地区ということが報告にあります。そちらの地権者の合意形成はできているのか、そこら辺あたりの聴取の結果と。

 それから2点目が、これは沖縄県等々もかかわっておりますし、その県レベルでの、進捗状況の説明なども陳情者からあったでしょうかということが2点目です。

 それから3点目が、執行部側も2回ほど審査を行っていますが、行政側にもこの件に関しては要請書が行っていると聞いておりますが、そこら辺あたりで行政側から説明等もあったかどうか、この3点をお伺いいたします。



◎文教厚生常任委員長(長浜宗則君)

 お答えします。西地区の地主会との合意形成がなされているかとの質疑ですけれども、これは今年の5月13日、西地区理事会が開催されていまして、その西地区、国際先端総合病院の誘致を決議されております。地主会理事会は総会において理事会にそういった業務の一任を全会一致でされていますので、合意形成があると判断しております。

 2番目に、県のレベルですけれども、県のほうでも地主会のメンバー、この期成会メンバーが何回か県に出向いて、平成22年から仲井眞知事へ説明とか、上原副知事への説明とか取り組んでおります。この件について具体的に今後どうするのかというのは、株式会社を設立しまして、これから企画書を提案して県との申請に入るということを聞いております。村の動向としても2回ほど意見聴取しています。その時点において県に二度ほど行かれたようですけれども、まだ医務課としてはその内容を聞いていないということで、大変不透明があるということですけれども、まだその段階ではなくて、これから企画書を持っていて、県に上げて、それから県で採択していくかと思います。



◆6番(大城行治君)

 今、委員長の答弁を聞きますと、要するにこの陳情は、この事業の受け皿づくりをしてほしいということで理解してよろしいでしょうか。



◎文教厚生常任委員長(長浜宗則君)

 はい、全くそのとおりでございます。これから民間活用して、この地区に誘致したいと。ですから議決をいただき、また村の協力を得て、これから国、県への申請の助言をしてほしいと、指導をしてほしいとの要請であると判断しております。



○議長(新垣修幸君)

 ほかにございますか。



◆17番(伊佐眞武君)

 合意形成について質疑するつもりでしたが、今聞きましたので、1点だけ質疑させてください。まず陳情者は返還跡地利用について、日々努力していることについては本当に敬意を表しておきます。しかし、それと陳情内容は別ということで1点だけ確認したいんですが、土地に一たん建物が建つと、やはりこれは国内法ではあるんですけれども、借家法のもとで地上権が発生するんです。そういうときに今後将来いろんな地主の方々、相当多くいますので、後になっては多分、後の祭りということもありますし、そういう意味では一たんその地上権が発生した場合に、外国の企業からも参入してくるわけですから、特にアメリカなどは民事訴訟が非常に盛んなんです。そういう場合に危惧されるのが、いざというときに訴訟も起こる可能性も否定できないところもあると思うんです。このあたりの議論、関係者からの意見聴取だとか、委員会の中の審議、このあたりの議論はなされておりますか。



◎文教厚生常任委員長(長浜宗則君)

 この誘致に関してはまだ決定ではございません。地主会としても決定した時点において、さらに地主会との総会等を入れて細かい判断がされると思いますので、特段この賃貸料とか国債の借用とかについては委員会では一切話が上ってきませんでした。



◆5番(當山勝吉君)

 私から質疑すれば、大城議員の質疑はなかったのかなと思うところがあるんですが、1点だけ。7月25日に期成会の役員方と聴取をしたと。8月7日に役場の総務部長と企画財政課長と意見聴取をしたと。11月13日に副村長と総務部長と与那覇企画財政課長に意見聴取をしたとあるんですが、その11月13日前に、9月25日に県庁の副知事事務所で上原良幸沖縄県副知事と読谷村の池原栄順副村長、それから弁護士の宮崎さん含めて、期成会会長の松田さんとの懇談会がなされているわけですよね。その懇談内容の中で5項目ぐらいあるんですが、要するに地元の活用の詳細の説明、西地区地主会の理事会の決議事項の問題、それからあと別にも3項目、先ほどあった読谷村の要請及び陳情書の問題、そういう懇談会をされているわけです。その後で、委員会ではそれを踏まえて決議をされていると思うんですが、1点だけ確認をしたいのは、今陳情書の中に、読谷村返還跡地(西地区)に国際先端医療総合病院を誘致する件につき、読谷村当局の御理解をいただきとありますね、そしてあわせて沖縄県仲井眞知事に読谷村での当該施設の導入に関し、支援・協力をいただくよう要請することの陳情なんですね。その中で、先ほど申し上げましたように、読谷村当局の御理解をいただきとあるんですが、委員会では全会一致で採択されているとの報告になっていますから、この村当局の御理解をいただいたという解釈でよろしいでしょうか。



◎文教厚生常任委員長(長浜宗則君)

 お答えします。この件は、文教厚生常任委員会が付託を受けて審査している最中でありますので、村当局がその件に関して、明確にそれをともにしようというお話は聞いていなくて、今後、そういう形で事業が現実化したときに、読谷村としてもいろんな環境が上がってきますので、そういったインフラ整備等は協力をお願いしたいということはありましたので、それは大いに協力はしたいと。まだ県レベルでの判断がなされていないものですから、どうも事務的配慮としてはそういう詰めが今のところできていないということでありまして、返事についてはいただいていません。



◆5番(當山勝吉君)

 今のこの陳情を委員会で採択されたということは、この文書を、委員長は当局の理解を届いていないということになっているんですが、これは届けなくして委員会で採択したこととなったら、私らは理解しにくいんですけれども、要するに私もこの期成会のメンバーの一人なんですが、この問題は、この特区は、この陳情は、読谷村が申請するものではなくて、沖縄県知事が主体になって国に対してやるものですから、どうしても県からそれを進める場合に、読谷村はどうなっているのと、協力体制はできているのというのが大きなポイントになってくると思うんですね。それでその陳情文になっていると思うので、私はだから委員会として全会一致で採択したと出ているものですから、確認の意味という形で読谷村当局の御理解をいただているのかなという話であって、今、委員長の報告ではいただいていないという結論なんですか。



◎文教厚生常任委員長(長浜宗則君)

 この件、副村長とも上原副知事との意見交換会等がありまして、その後、陳情者からも三役、村長、副村長、総務企画部長と面談しております。そのときでも陳情者のそういった内容の説明等をいただいたということで、あとはこの中でやはりちゃんとした企画書が出ていかないと、県も動けないということでありましたので、早速期成会としてはその企画の準備に、株式会社の設立に動いていまして、それを上げて、具体的に出たときに村としても協力して、案件を検証していきたいということのお話がございます。特段、私は石嶺村長と対面してその動向は聞いていません。副村長もその中で、まだそのレベルじゃなくて、しっかりとしたシステムの中で講じていけば自分たちも協力できる分については協力したいという返事をもらっております。



◆11番(嘉手苅林春君)

 今、質疑しようとしたことを全部言われましたが、1点だけお聞きしたいと思います。我が国には国民皆保険制度がありますが、この国際先端医療総合病院もその適用を受ける、適用される病院なのかどうか、この1点だけ聞かせてください。



◎文教厚生常任委員長(長浜宗則君)

 この要請は、沖縄にこういう医療特区をつくってほしいという依頼なんです。医療特区として、読谷村に特区ですね、それを踏まえてですから、それから法整備とかいろんな健康保険法とか、いろいろなものが絡んできますので、とりあえず誘致して可能な分について、それを県に上げて、県から国に上げてそういう制度に持っていくことの要請なんです。今、特段その機関の問題については、そこまで議論はしていません。



◆11番(嘉手苅林春君)

 要するに今、現在の段階では、国との折衝は全くやられていないということですね。以前、これまでも説明を聞いたことがありますけれども、国民皆保険制度があって、これはその中に組み込まれているわけですけれども、特区ができたらそれは排除されるということですか。



◎文教厚生常任委員長(長浜宗則君)

 聞いた範囲内では、自由診療ということを聞いておりまして、もしそこに特区がくる場合に健康保険が適用できませんよという診断ですからということで、国際的な医療としての特区をつくってそこへ行こうという話でした。



○議長(新垣修幸君)

 休憩いたします。

     午後4時25分 休憩

     午後4時27分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。



◆18番(國吉雅和君)

 私も同じ委員で審査した立場でございますので、先ほど11番議員から保険の診療の件でありましたけれども、今、我が国は混合診療をやっているわけですけれども、この陳情の場合は自由診療の該当になります。こういうふうにして我々は陳情者からは確認をとっております。

 それから先ほど5番議員からの村当局の理解を得ているかというお話がありましたけれども、この件については、今まだ企画書も出ていないし、あくまでもそういった読谷村返還跡地への国際先端医療総合病院の誘致をしたいということでの、まだ大枠と言っていいんですか、そういう状況であるものですから。それとこの事業に関しては読谷村が県、国に申請して補助事業を受けるものでもありませんので、あくまでもその西地区において、民活で事業を進めたいという陳情の内容でございますので、直接的な、今、読谷村とのかかわりは、まだ企画書も出ていない時点では何も判断が、我々委員会としても求められる要素はないとして審査はしております。



○議長(新垣修幸君)

 ほかに質疑はございませんか。



○議長(新垣修幸君)

 これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。なお討論は1人5分以内となります。まず本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



◆6番(大城行治君)

 陳情第4号・読谷村返還跡地への国際先端総合病院の誘致に関する陳情書について、賛成の立場から討論いたします。

 委員長報告にもありますように、医療技術や製薬産業は日々進歩しております。国内外の医者や医療技術者が集い、国際的レベルで自由に研究開発できる場所が読谷村に実現できるとすればすばらしいことであります。しかし一方では、医師法、薬事法と規制が厳しく、この事業は一自治体、一県だけで推進できるのではなく、国も大きくかかわるものであります。しかし現在、沖縄は一括交付金を初め、さまざまな国の施策が行われており、ある意味では誘致を表明するのはいい時期ではないかと私は思っております。また今回の陳情は読谷村返還跡地の5つの地主会で構成されている期成会であります。今後の跡地利用にも大きな進展をもたらす可能性があると考えます。村当局の積極的な支援をお願い申し上げ、賛成討論といたします。



○議長(新垣修幸君)

 これから陳情第4号・読谷村返還跡地への国際先端総合病院の誘致に関する陳情書についてを採決します。

 お諮りします。本案に対する委員長の報告は採択であります。本案は起立によって採決を行います。本案に対し賛成の方の起立を求めます。

    「起立」多数



○議長(新垣修幸君)

 起立多数であります。したがって、陳情第4号は原案のとおり採択することに決定しました。



△日程12.陳情第6号・平成25年度幼稚園就園奨励費補助金に関する陳情書についてを議題とします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                  陳 情 文 書 表                ┃
┃                                           ┃
┃ 受理番号    第451号                             ┃
┃                                           ┃
┃ 受理年月日   平成24年10月18日                       ┃
┃                                           ┃
┃ 件   名   陳情第6号 平成25年度幼稚園就園奨励費補助金に関する陳情書    ┃
┃ 要 請 者   中頭郡読谷村長浜1677                      ┃
┃         園   名  読谷村こばと幼稚園                  ┃
┃         園   長  金城  誠                      ┃
┃         保護者代表  亀川 正広                      ┃
┃                                           ┃
┃         中頭郡嘉手納町屋良964−1                    ┃
┃         園   名  栄光幼稚園                      ┃
┃         園   長  池原 基生                      ┃
┃         保護者代表  木之下 名保子                    ┃
┃                                           ┃
┃         沖縄県私立幼稚園PTA連合会                    ┃
┃         会   長  石嶺 邦雄                      ┃
┃                                           ┃
┃         沖縄県私立幼稚園連合会                       ┃
┃         理 事 長  渡真利 彦文                     ┃
┃                                           ┃
┃ 会 議 別   第415回読谷村議会定例会                     ┃
┃                                           ┃
┃ 趣 旨                                       ┃
┃  文部科学省は幼稚園教育振興策の一環として、幼稚園に就園する3歳児、4歳児、5歳児 ┃
┃ の保護者の経済的負担の軽減を図るとともに、公・私立幼稚園の保護者負担の格差是正を図 ┃
┃ るため、昭和55年以来毎年「幼稚園就園奨励費補助金」を交付しております。      ┃
┃  読谷村におかれましては、この就園奨励費補助制度の趣旨に深い理解を示され、平成12 ┃
┃ 年度に「読谷村幼稚園就園奨励費補助金交付要綱」を制定され、その後継続的に実施してお ┃
┃ られることを対し、読谷村在住の保護者と共に喜び感謝しているところであります。    ┃
┃  私ども私立幼稚園は、読谷村の幼児教育に長年専念し、これまでに数多くの子どもたちを ┃
┃ 読谷村内の小学校へと送り出しました。そして、これからも人格形成の最も重要な時期にあ ┃
┃ る幼児教育の一端を担い、且つ読谷村の教育行政に貢献できることを大きな喜びとし、なお ┃
┃ 一層幼児教育の場の発展のために努力する所存であります。申すまでもなく、幼稚園教育の ┃
┃ 場の選択権は保護者にあります。このことから、我が子の幼児期の教育は、特色のある建学 ┃
┃ の精神を掲げた私立幼稚園で多くの保護者たちがその教育理念を慕って集まってまいりま  ┃
┃ す。                                        ┃
┃  文部科学省は3歳児から5歳児までの幼児期の教育の重大さに鑑み、幼稚園に対してその ┃
┃ 教育の実施を奨励しております。そして毎年「幼稚園就園奨励費補助金交付要綱」を改定  ┃
┃ し、当該市町村に在住する保護者の経済的負担の軽減を図っております。         ┃
┃  しかし現状は、国が示す補助額に達しておらず、補助対象年齢が市町村によってまちまち ┃
┃ であります。この幼稚園就園奨励費補助金は、幼稚園に対する補助ではなく、市町村民であ ┃
┃ る保護者への補助であると共に、そのことが市町村内の子ども達の人材育成に大きな役割を ┃
┃ 果たすものと考えております。                            ┃
┃  読谷村においても、3歳児・4歳児の幼稚園就園奨励費補助金交付を適用実施され、国の ┃
┃ 基準(区分・補助限度額)を満たして頂きますよう要望いたします。           ┃
┃  平成12年度(制定された年)から今年度までの実施状況より、補助対象年齢は3歳児・ ┃
┃ 4歳児が依然として対象外となっております。区分は第一階層・第二階層の世帯のみが対象 ┃
┃ で特に私立幼稚園保護者の多い第三階層・第四階層の世帯が対象外となっており、補助限度 ┃
┃ 額も国が示している額には達しておらず、ほとんどの世帯の園児が補助を受けられない状況 ┃
┃ になっております。村民税所得割課税額211,200円以下の世帯の園児も対象となるよ ┃
┃ う、補助限度額についても他市町村同様の措置をお願いいたします。           ┃
┃  また、文部科学省は今年度より年少扶養控除廃止に伴い、680万円以下の世帯におい  ┃
┃ て、これまでの階層区分からの変更が生じないようにとの通知も出されています。     ┃
┃  つきましては、より多くの保護者がこの制度の恩恵を受けられるよう現行の交付要綱を改 ┃
┃ 正していただき、平成25年度から文部科学省が示す「幼稚園就園奨励費補助金交付要綱」 ┃
┃ のとおり完全実施してくださるよう陳情いたします。                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 お諮りします。陳情第6号は、文教厚生常任委員会に付託し、閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、陳情第6号・平成25年度幼稚園就園奨励費補助金に関する陳情書については、文教厚生常任委員会に付託し、閉会中の継続審査とすることに決定しました。



△日程13.閉会中の継続審査申出についてを議題とします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                               平成24年12月11日 ┃
┃ 読谷村議会議長                                   ┃
┃  新 垣 修 幸  殿                               ┃
┃                                           ┃
┃                               総務常任委員会     ┃
┃                               委員長 伊 波   篤 ┃
┃                                           ┃
┃                                           ┃
┃                 閉会中の継続審査申出書               ┃
┃                                           ┃
┃  本委員会は、審査中の事件について、次のとおり閉会中もなお継続審査を要するものと決 ┃
┃ 定したので、会議規則第75条の規定により申し出ます。                ┃
┃                                           ┃
┃                    記                      ┃
┃                                           ┃
┃ 1 事件 陳情第3号 「屋良朝苗顕彰事業」について                 ┃
┃                                           ┃
┃ 2 理由 本件については、6月より閉会中の継続審査として行ってきたが、更なる審査が ┃
┃      必要であるため。                             ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                               平成24年12月11日 ┃
┃ 読谷村議会                                     ┃
┃ 議長 新 垣 修 幸  殿                             ┃
┃                                           ┃
┃                               建設経済常任委員会   ┃
┃                               委員長 大 城 行 治 ┃
┃                閉会中の継続審査申出書                ┃
┃                                           ┃
┃  本委員会は、審査中の事件について、次のとおり閉会中もなお継続審査を要するものと決 ┃
┃ 定したので、会議規則第75条の規定により申し出ます。                ┃
┃                                           ┃
┃                     記                     ┃
┃                                           ┃
┃ 1.事 件  陳情第5号 公共工事発注に際しての事業用自動車(緑ナンバー)使用に関 ┃
┃        する陳情                               ┃
┃                                           ┃
┃ 2.理 由  業者会等の各種団体からの意見聴取や、公共工事発注に際しての本村の対応 ┃
┃        を把握し、より慎重に審査する必要がある為。              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 総務常任委員長から陳情第3号 「屋良朝苗顕彰事業」についてと建設経済常任委員長から陳情第5号 公共工事発注に際しての事業用自動車(緑ナンバー)使用に関する陳情についての継続審査の申し出があります。

 お諮りします。総務常任委員長と建設経済常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、総務常任委員長と建設経済常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定しました。



△日程14.閉会中の継続調査申出についてを議題とします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                               平成24年12月11日 ┃
┃ 読谷村議会議長                                   ┃
┃  新 垣 修 幸  殿                               ┃
┃                                           ┃
┃                               建設経済常任委員会   ┃
┃                               委員長 大 城 行 治 ┃
┃                                           ┃
┃                閉会中の継続調査申出書                ┃
┃                                           ┃
┃  本委員会は、所管事務のうち次の事件について、閉会中の継続調査を要するものと決定し ┃
┃ たので、会議規則第75条の規定により申し出ます。                  ┃
┃                                           ┃
┃                     記                     ┃
┃                                           ┃
┃ 1 事 件 本村の農業振興地域について                       ┃
┃   理 由 本村の農振農用地のあり方と除外問題の実態調査の為。           ┃
┃ 2 事 件 シルバー人材センターの意義の調査                    ┃
┃   理 由 現在、当局も調査を行っている。当委員会としても雇用創出の面から調査する ┃
┃       必要がある。                              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 建設経済常任委員長から?本村の農業振興地域についてと?シルバー人材センターの意義の調査についての継続調査の申し出があります。

 お諮りします。建設経済常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、建設経済常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

 議決事件の議事整理についてお諮りします。会議規則第45条の規定により、第415回読谷村議会定例会において議決した事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に一任することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、本定例会において議決した事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に一任することに決定しました。

 閉会するに当たり、一言ごあいさつを申し上げます。8日間にわたる定例会、大変御苦労さまでありました。今年は近年まれに見る大型台風の相次ぐ襲来による家屋や農作物に大きな被害に見舞われ、また米軍基地があるがゆえの事件、事故が多発した年でもありました。

 8月に那覇市内で米海軍兵による女性暴行致傷事件が発生し、県民に強い衝撃と大きな不安を与え、人間としての尊厳を蹂躙する極めて悪質な犯罪でありました。また10月に発生した集団女性暴行致傷事件に対し、満身の怒りを込めてオスプレイ配備反対読谷村民大会で緊急抗議決議を行った、その直後の11月2日には読谷村古堅で深夜、酒に酔ったアメリカ兵による住居不法侵入傷害器物損壊事件が発生し、3階に眠っていた男子中学生の顔を殴り傷害を負わせ、器物を損壊する蛮行が行われました。いきなり住居に不法侵入し、就寝中の生徒に暴力をふるい、不安と恐怖のどん底に陥れた蛮行は戦後67年が経過した今日でも、本県がいまだに米軍占領意識が根底にあり、日米地位協定が機能していないことが改めて表明されました。

 今回の事件に対し、藤村官房長官の起訴前の身柄引き渡しを要求する必要はないとの発言は、主権国家の警察権行使への不当介入であり、全く県民の心情を理解せず、米国追随の姿勢でしかなく、断じて許せるものではありません。

 読谷村及び本村議会と県議会を初め、県内41市町村議会のすべてにおいて、オスプレイ配備に抗議する決議が行われ、去る9月9日には10万3,000人余がオスプレイ配備に反対する沖縄県民大会に参加し、配備計画の即時撤回と米軍普天間飛行場の閉鎖、撤回を訴えてきました。しかしながら日米両政府は10月1日、村民、県民の反対を押し切って米軍普天間飛行場にMVオスプレイの強行配備を行いました。このような村民、県民の声を無視した日米両政府の姿勢を許さない粘り強い運動が求められています。

 なお、村当局におかれましては、平成25年度予算編成の最中にはあると思いますが、全職員が一丸となって村民福祉、村民サービスの向上にさらなる邁進をしていただきますようお願い申し上げます。

 終わりに、村民の皆様、議会議員並びに村当局各位におかれましても健康にはくれぐれも留意なされ、輝かしい新年を迎えられますよう祈念申し上げます。

 以上で本日の議事日程はすべて終了しました。会議を閉じます。

 平成24年第415回読谷村議会定例会を閉会します。



     午後4時40分 閉会



 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





          読谷村議会議長



            新 垣 修 幸



                         印



          読谷村議会議員



            大 城 行 治



                         印



          読谷村議会議員



            嘉手苅 林 春



                         印