議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 読谷村

平成24年第415回読谷村議会定例会会議録 12月04日−01号




平成24年第415回読谷村議会定例会会議録 − 12月04日−01号







平成24年第415回読谷村議会定例会会議録



第415回読谷村議会定例会会議録



第415回読谷村議会定例会は、平成24年12月4日読谷村議会議事堂に招集された。



応招議員は次のとおりである。

      1番 知 花 徳 栄 君         2番 比 嘉 郁 也 君

      3番 仲宗根 盛 良 君         4番 伊 波   篤 君

      5番 當 山 勝 吉 君         6番 大 城 行 治 君

      8番 上 地 利枝子 さん        9番 山 城 正 輝 君

     10番 城 間   勇 君        11番 嘉手苅 林 春 君

     12番 津波古 菊 江 さん       15番 照 屋 清 秀 君

     16番 上 地   榮 君        17番 伊 佐 眞 武 君

     18番 國 吉 雅 和 君        19番 新 垣 修 幸 君





不応招議員は次のとおりである。

      7番 當 間 良 史 君        13番 山 内 政 徳 君

     14番 長 浜 宗 則 君





出席議員は次のとおりである。

  出席議員は応招議員と同じである。





欠席議員は次のとおりである。

  欠席議員は不応招議員と同じである。





地方自治法第121条の規定により、説明のため本会議に出席した者は次のとおりである。

 村    長   石 嶺 傳 實 君      副  村  長   池 原 栄 順 君

 教  育  長   松 田 平 次 君      総務企画部長   儀 間 敏 光 君

 建設経済部長   比 嘉 隆 雄 君      生活福祉部長   仲宗根 盛 和 君

 教 育 次 長    喜 瀬   栄 君      会計管理者    知 花   毅 君

 総 務 課 長    安 田 慶 知 君      会 計 課 長    山 内 勝 美 さん

 企画財政課長   與那覇   操 君      税 務 課 長    小橋川 清 弘 君

 農業推進課長   福 地 政 勝 君      跡地利用推進   大 城 友 誼 君

                         課    長

 土木建設課長   新 城 直 喜 君      都市計画課長   古 堅   守 君

 商工観光課長   浜 川 秀 樹 君      健康環境課長   真栄田 敏 光 君

 福 祉 課 長    大 城 真悠美 さん     健康保険課長   大 湾   勇 君

 住民年金課長   仲村渠 英 二 君      こども未来課長  新 里 紹 伝 君

 診療所事務長   與那覇   準 君      健 康 増 進    矢 貫 卓 博 君

                         センター長

 教育総務課長   山 内   猛 君      学校教育課長   知 花   優 君

 生涯学習課長   玉 城 秀 友 君      文化振興課長   仲宗根   求 君

 給食調理場所長  伊 波   靖 君      水 道 課 長    比 嘉 憲 友 君





職務のため本会議に出席した事務局職員は次のとおりである。

 事 務 局 長    知 花 俊 治 君      事務局次長    山 内 明 秀 君

 議会主事補    儀 間 和 麻 君





本日の会議に付した事件は次のとおりである。

 日程 1.会議録署名議員の指名

 日程 2.会期の決定

 日程 3.議長諸般の報告

 日程 4.議案第51号・平成24年度読谷村一般会計補正予算(第6号)

 日程 5.議案第52号・平成24年度読谷村診療所特別会計補正予算(第3号)

 日程 6.議案第53号・平成24年度読谷村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

 日程 7.議案第54号・平成24年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)

 日程 8.議案第55号・平成24年度読谷村下水道事業特別会計補正予算(第2号)

 日程 9.議案第56号・平成24年度読谷村水道事業会計補正予算(第1号)

 日程10.議案第57号・読谷村残波岬いこいの広場の設置及び管理に関する条例の一部を

             改正する条例

 日程11.議案第58号・読谷村水道事業布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準等

             に関する条例

 日程12.諮問第 5 号・人権擁護委員の推薦(宮里勝和氏)につき意見を求めることにつ

             いて













     午前10時00分 開会







○議長(新垣修幸君)

 ただいまから平成24年第415回読谷村議会定例会を開会します。

 議席7番・當間良史議員、議席13番・山内政徳議員、議席14番・長浜宗則議員が遅れる旨の届け出が出ております。

 これより本日の会議を開きます。



△日程1.会議録署名議員の指名を行います。本定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により議席6番・大城行治議員と議席11番・嘉手苅林春議員を指名します。



△日程2.会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。本定例会の会期は本日12月4日から12月11日までの8日間にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって本定例会の会期は本日12月4日から12月11日までの8日間と決定しました。

 なお、会期中の会議予定につきましては、お手元に配付しました会期日程表のとおり御了承願います。



△日程3.次に9月定例議会から本日までの議長諸般の報告を行います。議長の会務報告は、お手元に配付してある会務報告のとおりでございます。

 その他主な点について報告申し上げます。例月現金出納検査報告については、地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月現金出納検査の結果報告が提出されております。議会図書室に配置し閲覧できるようにしてあります。

 次に陳情書等の受理について、9月定例会以降に受理した陳情及び要請は6件でございます。お手元に配付してあります陳情書等受理一覧表のとおり、所管の常任委員会への付託や意見書の提案または資料配付とさせていただきました。

 また公共工事等に関する行政報告として、契約金額500万円以上5,000万円未満の公共工事の発注状況について、平成24年9月1日から平成24年11月30日までの分の報告がありましたのでお手元に配付してあります。

 以上で議長諸般の報告を終わります。



△日程4.議案第51号・平成24年度読谷村一般会計補正予算(第6号)についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎村長(石嶺傳實君)

 おはようございます。第415回読谷村議会定例会を招集いたしましたのは、議案第51号、平成24年度一般会計補正予算(第6号)を含む補正予算6件と、議案第57号・読谷村残波岬いこいの広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例を含む条例2件、そして人権擁護委員の推薦についての諮問1件の御審議をいただくためでございます。なお、提案説明については、担当部長をもって行います。よろしく御審議のほどお願いいたします。



◎総務企画部長(儀間敏光君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第51号                                   ┃
┃                                          ┃
┃    平成24年度読谷村一般会計補正予算(第6号)                ┃
┃                                          ┃
┃  平成24年度読谷村の一般会計補正予算(第6号)は、次に定めるところによる。   ┃
┃                                          ┃
┃  (歳入歳出予算の補正)                             ┃
┃ 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ367,758千円を追加し、歳入歳出 ┃
┃  予算の総額を歳入歳出それぞれ13,420,844千円とする。          ┃
┃ 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予 ┃
┃  算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。                ┃
┃                                          ┃
┃  平成24年12月4日提出                            ┃
┃                             読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


第1表 歳入歳出予算補正
歳 入                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃9 国 有 提 供 施 設 等 │             │    64,056│     1,095│    65,151┃
┃  所在市町村助成交付金 │             │       │       │       ┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 国 有 提 供 施 設 等 │    64,056│     1,095│    65,151┃
┃             │  所在市町村助成交付金 │       │       │       ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃10 施設等所在市町村   │             │    222,805│    17,770│    240,575┃
┃  調 整 交 付 金    │             │       │       │       ┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 施設等所在市町村   │    222,805│    17,770│    240,575┃
┃             │  調 整 交 付 金    │       │       │       ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃14 分担金及び負担金   │             │    123,427│    17,642│    141,069┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 負    担    金│    123,427│    17,642│    141,069┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃16 国 庫 支 出 金  │             │   1,612,436│    173,062│   1,785,498┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 国 庫 負 担 金  │   1,234,550│    55,097│   1,289,647┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 国 庫 補 助 金  │    368,026│    117,965│    485,991┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃17 県  支  出  金 │             │   2,426,224│   △18,942│   2,407,282┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 県  負  担  金 │    593,081│    27,585│    620,666┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 県  補  助  金 │   1,760,544│   △47,373│   1,713,171┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │3 委    託    金│    72,599│      846│    73,445┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃18 財  産  収  入 │             │    616,792│     1,698│    618,490┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 財 産 運 用 収 入│    567,046│     △200│    566,846┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 財 産 売 払 収 入│    49,746│     1,898│    51,644┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃21 繰    越    金│             │    138,400│    161,982│    300,382┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 繰    越    金│    138,400│    161,982│    300,382┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃22 諸    収    入│             │    146,360│    13,451│    159,811┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │4 雑         入│    137,776│    13,451│    151,227┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  入  合  計         │  13,053,086│    367,758│  13,420,844┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


歳 出                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃1 議    会    費│             │    157,643│    △1,085│    156,558┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 議    会    費│    157,643│    △1,085│    156,558┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃2 総    務    費│             │   1,433,509│    128,167│   1,561,676┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 総 務 管 理 費  │   1,116,225│    127,879│   1,244,104┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 徴    税    費│    186,108│     1,339│    187,447┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │3 戸籍住民基本台帳費  │    95,838│     △415│    95,423┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │4 選    挙    費│    31,313│     △636│    30,677┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃3 民    生    費│             │   4,594,599│    133,851│   4,728,450┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 社 会 福 祉 費  │   2,466,205│    133,328│   2,599,533┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 児 童 福 祉 費  │   2,128,188│      523│   2,128,711┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃4 衛    生    費│             │    954,019│    △7,702│    946,317┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 保 健 衛 生 費  │    510,667│     4,265│    514,932┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 清    掃    費│    443,352│   △11,967│    431,385┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃6 農 林 水 産 業 費│             │   1,031,908│   △62,854│    969,054┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 農    業    費│    862,315│   △62,854│    799,461┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃7 商    工    費│             │    343,659│     5,478│    349,137┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 商    工    費│    343,659│     5,478│    349,137┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃8 土    木    費│             │   1,300,882│    16,301│   1,317,183┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 土 木 管 理 費  │    68,329│      85│    68,414┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 道 路 橋 梁 費  │    784,710│    10,395│    795,105┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │3 都 市 計 画 費  │    335,338│     5,821│    341,159┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃9 消    防    費│             │    531,692│    14,994│    546,686┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 消    防    費│    531,692│    14,994│    546,686┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃10 教    育    費│             │   1,455,384│    △1,173│   1,454,211┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 教 育 総 務 費  │    172,741│     △275│    172,466┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 小  学  校  費 │    275,941│     △415│    275,526┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │3 中  学  校  費 │    137,278│     1,990│    139,268┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │4 幼  稚  園  費 │    136,294│     △285│    136,009┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │5 社 会 教 育 費  │    442,904│     △424│    442,480┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │6 保 健 体 育 費  │    290,226│    △1,764│    288,462┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃11 災 害 復 旧 費  │             │       1│    12,310│    12,311┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 農 林 水 産 業 施 設 │       0│     1,351│     1,351┃
┃             │  災 害 復 旧 費  │       │       │       ┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │3 厚 生 労 働 施 設│       0│      240│      240┃
┃             │  災  害  復  旧  費│       │       │       ┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │4 文教施設災害復旧費  │       0│     9,563│     9,563┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │5 その他公共施設・   │       0│     1,156│     1,156┃
┃             │  公用施設災害復旧費  │       │       │       ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃12 公    債    費│             │    631,959│    △4,773│    627,186┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 公    債    費│    631,959│    △4,773│    627,186┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃14 予    備    費│             │    607,188│    134,244│    741,432┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 予    備    費│    607,188│    134,244│    741,432┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  出  合  計         │  13,053,086│    367,758│  13,420,844┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


 議案第51号・平成24年度読谷村一般会計補正予算(第6号)について説明申し上げます。

 1ページをごらんください。第1条で歳入歳出予算の総額に3億6,775万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を134億2,084万4,000円とします。

 次に歳入の主なものについて説明申し上げます。11ページをごらんください。16款1項2目の障害者自立支援国庫負担金5,509万7,000円は、障害者自立支援法の改正等に伴うもので、補助率は2分の1で、歳出は30ページの障害者自立支援事業へ充当してまいります。

 12ページをごらんください。16款2項8目の特定防衛施設周辺整備調整交付金1億1,793万3,000円は、2次配分による交付額で、歳出は21ページの公共施設建設基金積立事業ほか8事業へ充当していきます。

 19ページをごらんください。22款4項5目の特別縁故者相続財産分与金997万2,000円は、ひとり暮らしの老人の死亡に伴うもので、読谷村が特別縁故者のため諸収入として受け入れ、歳出は29ページの地域福祉振興基金積立事業の積立金として取り扱ってまいります。

 次に主な歳出について説明申し上げます。21ページをごらんください。2款1項5目の庁舎維持管理事業8,348万1,000円は、生活福祉部における執務室が狭隘になったことから、庁舎増改築の費用として工事請負費8,101万1,000円、工事管理委託料247万円を計上してございます。

 30ページをごらんください。3款1項6目の障害者自立支援事業1億1,695万4,000円の主なものは、障害者自立支援法の改正に伴い、障害者福祉サービスの単価改正及び利用者の増加があり、介護給付費等の扶助費に1億1,594万4,000円を補正増とします。

 35ページをごらんください。4款1項3目の火葬場整備事業449万4,000円は、建設予定地である苗畑の井戸から絶滅危惧種のシマチスジノリが確認され、火葬場建設が種に与える影響を調査するための調査業務委託料でございます。

 次に43ページをごらんください。8款2項3目の村道中央残波線整備事業5,016万9,000円の増加は、村道波平〜都屋線整備事業の工事請負費及び村道楚辺座喜味線整備事業の公有財産購入費を減額し、本工事費等に組み替えるための補正でございます。

 以上で議案第51号の説明を終わります。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第51号に対する説明は終わりました。



△日程5.議案第52号・平成24年度読谷村診療所特別会計補正予算(第3号)についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎生活福祉部長(仲宗根盛和君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第52号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    平成24年度読谷村診療所特別会計補正予算(第3号)              ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年度読谷村の診療所特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。 ┃
┃                                           ┃
┃  (歳入歳出予算の補正)                              ┃
┃ 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ10,547千円を追加し、歳入歳出予算 ┃
┃  の総額を歳入歳出それぞれ229,862千円とする。                ┃
┃ 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算 ┃
┃  の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。                  ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年12月4日提出                             ┃
┃                               読谷村長 石 嶺 傳 實┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


第1表 歳入歳出予算補正
歳 入                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃1 診  療  収  入 │             │    190,552│      785│    191,337┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 医  業  収  入 │    190,552│      785│    191,337┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃9 繰    越    金│             │    17,676│     9,762│    27,438┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 繰    越    金│    17,676│     9,762│    27,438┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  入  合  計         │    219,315│    10,547│    229,862┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


歳 出                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃1 総    務    費│             │    188,617│      49│    188,666┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 総 務 管 理 費  │    188,533│      49│    188,582┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃2 医    業    費│             │    26,857│     6,385│    33,242┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 医    業    費│    26,857│     6,385│    33,242┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃6 予    備    費│             │     3,838│     4,113│     7,951┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 予    備    費│     3,838│     4,113│     7,951┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  出  合  計         │    219,315│    10,547│    229,862┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


 議案第52号・平成24年度読谷村診療所特別会計補正予算(第3号)について説明申し上げます。1ページをお願いします。今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額2億1,931万5,000円に歳入歳出それぞれ1,054万7,000円を追加し、歳入歳出それぞれ2億2,986万2,000円とするものでございます。

 6ページをお願いします。歳入の1款1項1目の診療収入78万5,000円は在宅酸素治療費に係る診療手数料の増加見込みによるものでございます。

 7ページをお願いします。9款1項1目繰越金は、前年度決算によるものでございます。

 次に歳出について説明いたします。9ページをお願いします。2款1項1目、診療所特会医業事業の11節需用費560万円の増は、医薬材料費が当初見込みより伸びたことによるものでございます。14節使用料及び賃借料78万5,000円の増は、在宅による酸素治療等の患者が当初見込みより増えたことによるものでございます。

 以上で議案第52号の説明を終わります。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第52号に対する説明は終わりました。



△日程6.議案第53号・平成24年度読谷村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎生活福祉部長(仲宗根盛和君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第53号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    平成24年度読谷村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)           ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年度読谷村の国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところに ┃
┃ よる。                                       ┃
┃                                           ┃
┃  (歳入歳出予算の補正)                              ┃
┃ 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ174,176千円を追加し、歳入歳出予 ┃
┃  算の総額を歳入歳出それぞれ5,410,312千円とする。             ┃
┃ 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算 ┃
┃  の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。                  ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年12月4日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


第1表 歳入歳出予算補正
歳 入                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃3 国 庫 支 出 金  │             │   1,940,696│      82│   1,940,778┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 国 庫 負 担 金  │   1,180,919│      82│   1,181,001┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃6 県  支  出  金 │             │    503,263│      82│    503,345┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 県  負  担  金 │    53,643│      82│    53,725┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃9 繰    入    金│             │    848,106│     △237│    847,869┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 他 会 計 繰 入 金│    761,101│     △237│    760,864┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃10 繰    越    金│             │      100│    174,249│    174,349┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 繰    越    金│      100│    174,249│    174,349┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  入  合  計         │   5,236,136│    174,176│   5,410,312┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


歳 出                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃1 総    務    費│             │    103,271│    △1,917│    101,354┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 総 務 管 理 費  │    84,242│    △2,101│    82,141┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 徴    税    費│    18,486│      184│    18,670┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃2 保 険 給 付 費  │             │   2,982,254│    22,868│   3,005,122┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 高 額 療 養 費  │    344,150│    20,348│    364,498┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │3 助  産  諸  費 │    60,511│     2,520│    63,031┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃8 保 健 施 設 費  │             │    51,381│      189│    51,570┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 特定健康診査等事業費 │    37,281│      189│    37,470┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃9 基 金 積 立 金  │             │       1│    87,174│    87,175┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 基 金 積 立 金  │       1│    87,174│    87,175┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃11 諸  支  出  金 │             │     4,053│    69,453│    73,506┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 償還金及び還付加算金 │     4,053│    69,453│    73,506┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃12 予    備    費│             │    30,000│    △3,591│    26,409┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 予    備    費│    30,000│    △3,591│    26,409┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  出  合  計         │   5,236,136│    174,176│   5,410,312┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


 議案第53号・平成24年度読谷村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。

 1ページをお願いします。今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額52億3,613万6,000円に歳入歳出それぞれ1億7,417万6,000円を追加し、歳入歳出それぞれ54億1,031万2,000円とするものでございます。

 主な歳入について説明いたします。8ページをお願いいたします。9款1項他会計繰入金23万7,000円の減は、4月の人事異動等による人件費等の減に伴う流動財源191万7,000円の減と、出産育児一時金の財源168万円の増でございます。

 9ページをお願いします。10款1項繰越金1億7,424万9,000円は、前年度の決算剰余金について計上してあります。

 次に主な歳出について説明いたします。12ページをお願いします。2款2項高額療養費2,034万8,000円の増は、一般分と退職分の高額療養費の増額見込みによるものでございます。

 13ページをお願いします。2款3項助産諸費252万円の増は、出産育児一時金の増額見込みによるものでございます。

 15ページをお願いします。9款1項基金積立金8,717万4,000円は、読谷村国民健康保険基金条例及び地方財政法第7条に基づく積み立てでございます。

 16ページをお願いします。11款1項1目一般被保険者保険税還付金100万円の増は、現段階における不足額の補正でございます。3目償還金6,845万3,000円の増は、前年度交付を受けた療養給付費等国庫負担金の補正予算に伴う返還金でございます。

 以上で議案第53号の説明を終わります。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第53号に対する説明は終わりました。



△日程7.議案第54号・平成24年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎生活福祉部長(仲宗根盛和君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第54号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    平成24年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)          ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年度読谷村の後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところ ┃
┃ による。                                      ┃
┃                                           ┃
┃  (歳入歳出予算の補正)                              ┃
┃ 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,826千円を追加し、歳入歳出予算の ┃
┃  総額を歳入歳出それぞれ328,117千円とする。                 ┃
┃ 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算 ┃
┃  の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。                  ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年12月4日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


第1表 歳入歳出予算補正
歳 入                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃3 繰    入    金│             │    80,350│      184│    80,534┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 一 般 会 計 繰 入 金 │    80,350│      184│    80,534┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃4 繰    越    金│             │     4,000│      842│     4,842┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 繰    越    金│     4,000│      842│     4,842┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃5 諸    収    入│             │     1,304│     3,800│     5,104┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 償還金及び還付加算金 │     1,301│     3,800│     5,101┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  入  合  計         │    323,291│     4,826│    328,117┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


歳 出                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃1 総    務    費│             │    16,979│      184│    17,163┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 徴    収    費│     4,305│      184│     4,489┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃3 諸  支  出  金 │             │     4,301│     1,300│     5,601┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 償還金及び還付加算金 │     4,301│     1,300│     5,601┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃4 予    備    費│             │      500│     3,342│     3,842┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 予    備    費│      500│     3,342│     3,842┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  出  合  計         │    323,291│     4,826│    328,117┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


 議案第54号・平成24年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)について説明申し上げます。

 1ページをお願いいたします。今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額3億2,329万1,000円に歳入歳出それぞれ482万6,000円を追加し、歳入歳出それぞれ3億2,811万7,000円とするものでございます。

 次に主な歳入について説明いたします。7ページをお願いします。4款1項1目繰越金84万2,000円の増は、前年度決算によるものでございます。

 8ページをお願いします。5款2項1目保険料還付金380万円の増は、後期高齢者医療保険広域連合からの還付額を計上してございます。

 次に歳出について説明いたします。10ページをお願いいたします。3款1項1目保険料還付金130万円の増は、現時点の過誤納保険料を還付するためのものでございます。

 11ページの予備費に334万2,000円を追加して計上してございます。

 以上で議案第54号の説明を終わります。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第54号に対する説明は終わりました。



△日程8.議案第55号・平成24年度読谷村下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎建設経済部長(比嘉隆雄君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第55号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    平成24年度読谷村下水道事業特別会計補正予算(第2号)            ┃
┃                                           ┃
┃ 平成24年度読谷村の下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによ  ┃
┃ る。                                        ┃
┃                                           ┃
┃  (歳入歳出予算の補正)                              ┃
┃ 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ24,664千円を追加し、歳入歳出予算 ┃
┃  の総額を歳入歳出それぞれ653,456千円とする。                ┃
┃ 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算 ┃
┃  の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。                  ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年12月4日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


第1表 歳入歳出予算補正
歳 入                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃2 国 庫 支 出 金  │             │    57,000│    △3,000│    54,000┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 国 庫 補 助 金  │    57,000│    △3,000│    54,000┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃6 繰    越    金│             │    13,999│    20,664│    34,663┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 繰    越    金│    13,999│    20,664│    34,663┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃7 諸    収    入│             │    88,013│     4,000│    92,013┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │3 雑         入│    88,013│     4,000│    92,013┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃9 県  支  出  金 │             │    150,000│     3,000│    153,000┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 県  補  助  金 │    150,000│     3,000│    153,000┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  入  合  計         │    628,792│    24,664│    653,456┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


歳 出                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃1 総    務    費│             │    51,661│     1,069│    52,730┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 総 務 管 理 費  │    51,661│     1,069│    52,730┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃2 施    設    費│             │    482,715│     4,200│    486,915┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 施    設    費│    482,715│     4,200│    486,915┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃4 予    備    費│             │    10,000│    19,395│    29,395┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 予    備    費│    10,000│    19,395│    29,395┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  出  合  計         │    628,792│    24,664│    653,456┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


 議案第55号・平成24年度読谷村下水道事業特別会計補正予算(第2号)について説明申し上げます。

 1ページをお開きください。今回の補正は、既定の予算に歳入歳出それぞれ2,466万4,000円を追加し6億5,345万6,000円とするものであります。

 歳入について説明申し上げます。6ページをお願いします。2款1項1目下水道事業国庫補助金300万円の減額は、入札執行に伴う減額でございます。

 7ページをお願いします。6款1項1目繰越金2,066万4,000円の増額は、前年度決算による繰越額でございます。

 8ページをお願いします。7款3項2目雑入400万円の増額は、下水道接続工事負担金追加工事による増額でございます。

 9ページをお願いします。9款2項1目下水道事業県補助金300万円の増額は、下水道工事追加変更による増額でございます。

 次に歳出について説明申し上げます。11ページお願いします。2款1項1目建設改良費420万円の増額につきましては、主に下水道接続工事負担金追加工事による400万円の増額が主な理由でございます。

 12ページをお願いします。4款1項1目予備費1,939万5,000円の増額は、平成23年度読谷村下水道事業特別会計決算確定に伴う予備費の計上となっております。

 以上で議案第55号の説明を終わります。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第55号に対する説明は終わりました。



△日程9.議案第56号・平成24年度読谷村水道事業会計補正予算(第1号)についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎水道課長(比嘉憲友君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第56号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    平成24年度読谷村水道事業会計補正予算(第1号)               ┃
┃                                           ┃
┃ 第1条 平成24年度読谷村水道事業会計の補正予算(第1号)は、次に定めるところによ ┃
┃  る。                                       ┃
┃ 第2条 平成24年度読谷村水道事業会計予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額 ┃
┃  を次の通り補正する。                               ┃
┃                                           ┃
┃   (科 目)     (既決予定額)   (補正予定額)    (計)      ┃
┃                    支   出                  ┃
┃ 第1款 水道事業費用   867,686千円     3,576千円    871,262千円     ┃
┃  第1項 営業費用    841,538千円     3,576千円    845,114千円     ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年12月4日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 議案第56号・平成24年度読谷村水道事業会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。1ページをお願いします。

 今回の補正は既決の収益的収入及び支出の予定額を補正するもので、支出における水道事業費用の既決予定額8億6,768万6,000円に補正予定額357万6,000円を増額し、8億7,126万2,000円とするものでございます。

 2ページをお願いします。収益的支出について説明いたします。1款1項3目総係費における委託料357万6,000円の増額は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律により、地方公営企業会計制度が見直されたことに伴うものであります。新会計基準は、平成26年度の予算から適用されることになっており、基準の見直しに対応するため、公営企業会計制度移行業務委託料を計上し、補正するものであります。

 3ページは資金計画の変更でございます。

 以上、議案第56号の説明を終わります。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第56号に対する説明は終わりました。



△日程10.議案第57号・読谷村残波岬いこいの広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎建設経済部長(比嘉隆雄君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第57号                                   ┃
┃                                          ┃
┃    読谷村残波岬いこいの広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例   ┃
┃                                          ┃
┃  読谷村残波岬いこいの広場の設置及び管理に関する条例(平成17年読谷村条例第17 ┃
┃ 号)の一部を次のように改正する。                         ┃
┃                                          ┃
┃  第7条中「次のとおり」を「午前10時から午後10時まで」に改め、同条各号を削  ┃
┃  る。                                      ┃
┃                                          ┃
┃  第9条第1項中「次に掲げる」を「いこいの広場の」に改め、同項各号を削る。    ┃
┃                                          ┃
┃  第15条第1号中「伝染病」を「感染症」に改める。                ┃
┃                                          ┃
┃  別表第1及び別表第2を次のように改める。                    ┃
┃                                          ┃
┃ 別表第1(第3条関係)                              ┃
┃  ┌──────────────────────────────┐        ┃
┃  │              名称              │        ┃
┃  ├──────────────────────────────┤        ┃
┃  │センターハウス                       │        ┃
┃  ├──────────────────────────────┤        ┃
┃  │便益施設(小東屋・中東屋・大東屋)             │        ┃
┃  ├──────────────────────────────┤        ┃
┃  │屋外ステージ                        │        ┃
┃  ├──────────────────────────────┤        ┃
┃  │屋外ステージ前芝生広場                   │        ┃
┃  ├──────────────────────────────┤        ┃
┃  │進貢船型休憩所                       │        ┃
┃  ├──────────────────────────────┤        ┃
┃  │駐車場                           │        ┃
┃  └──────────────────────────────┘        ┃
┃                                          ┃
┃ 別表第2(第17条関係)                             ┃
┃  ┌──────────────┬───────────────┐        ┃
┃  │      施設名      │      利用料      │        ┃
┃  ├────────┬─────┼───────┬───────┤        ┃
┃  │センターハウス │大広間  │10:00〜17:00│17:00〜22:00│        ┃
┃  │        │     │1時間につき │1時間につき │        ┃
┃  │        │     │1,000円    │1,500円    │        ┃
┃  │        ├─────┼───────┴───────┤        ┃
┃  │        │シャワー室│1人につき100円        │        ┃
┃  └────────┴─────┴───────────────┘        ┃
┃                                          ┃
┃   附 則                                    ┃
┃ この条例は、平成25年4月1日から施行する。                   ┃
┃                                          ┃
┃ 平成24年12月4日提出                             ┃
┃                             読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 議案第57号・読谷村残波岬いこいの広場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について説明申し上げます。

 今回提案する条例の一部改正は、残波岬いこいの広場の管理区域の見直しが主な改正点となっております。具体的には条例第3条に定める別表1のうち、多目的運動広場、テニスコートなどを除き、センターハウスと便益施設を中心とした、いわゆるまんたハウスとその周辺部分を管理区域としてするものであります。残波岬いこいの広場は、本年9月まで指定管理により運営を行っておりましたが、現在、一時的に直営で運営を行っております。読谷村といたしましては、新たな指定管理者を募集するに当たり、運動施設及び公園機能の部分を従来の管理区域から切り離し、指定管理者の負担を軽減することにより、より健全な管理運営が行われることを期待し、今回の一部改正を提案するものであります。

 以上で議案第57号の説明を終わります。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第57号に対する説明は終わりました。



△日程11.議案第58号・読谷村水道事業布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準等に関する条例についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎水道課長(比嘉憲友君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第58号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    読谷村水道事業布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準等に関する条例    ┃
┃                                           ┃
┃  (目的)                                     ┃
┃ 第1条 この条例は、水道法(昭和32年法律第177号。以下「法」という。)第12条 ┃
┃  及び第19条第3項の規定に基づき、技術上の監督業務を行わせなければならない水道の ┃
┃  布設工事の基準及び当該工事の施工に関する技術上の監督業務を行う者(以下「布設工事 ┃
┃  監督者」という。)に必要な資格基準並びに水道技術管理者に必要な資格基準について定 ┃
┃  めることを目的とする。                              ┃
┃                                           ┃
┃  (布設工事監督者を配置する工事)                         ┃
┃ 第2条 法第12条第1項に規定する条例で定める布設工事監督者が監督業務を行うべき水 ┃
┃  道の布設工事は、法第3条第8項に規定する水道施設の新設又は次の各号に掲げる増設若 ┃
┃  しくは改造の工事とする。                             ┃
┃  (1) 1日最大給水量、水源の種別、取水地点又は浄水方法の変更に係る工事     ┃
┃  (2) 沈でん池、ろ過池、浄水池、消毒設備若しくは配水池の新設、増設又は大規模の ┃
┃     改造に係る工事                               ┃
┃                                           ┃
┃  (布設工事監督者の資格)                             ┃
┃ 第3条 法第12条第2項に規定する条例で定める布設工事監督者が有すべき資格は、次の ┃
┃  各号のいずれかに該当するものとする。                       ┃
┃  (1) 学校教育法(昭和22年法律第26号)による大学(短期大学を除く。以下同  ┃
┃     じ。)の土木工学科又はこれに相当する課程において衛生工学若しくは水道工学に ┃
┃     関する学科目を修めて卒業した後、2年以上水道に関する技術上の実務に従事した ┃
┃     経験を有する者                               ┃
┃  (2) 学校教育法による大学の土木工学科又はこれに相当する課程において衛生工学及 ┃
┃     び水道工学に関する学科目以外の学科目を修めて卒業した後、3年以上水道に関す ┃
┃     る技術上の実務に従事した経験を有する者                   ┃
┃  (3) 学校教育法による短期大学又は高等専門学校において土木科若しくはこれに相当 ┃
┃     する課程を修めて卒業した後、5年以上水道に関する技術上の実務に従事した経験 ┃
┃     を有する者                                 ┃
┃  (4) 学校教育法による高等学校又は中等教育学校において土木科若しくはこれに相当 ┃
┃     する課程を修めて卒業した後、7年以上水道に関する技術上の実務に従事した経験 ┃
┃     を有する者                                 ┃
┃  (5) 10年以上水道の工事に関する技術上の実務に従事した経験を有する者     ┃
┃  (6) 第1号又は第2号の卒業者であって、学校教育法による大学院研究科において1 ┃
┃     年以上衛生工学若しくは水道工学に関する課程を専攻した後、又は大学の専攻科に ┃
┃     おいて衛生工学若しくは水道工学に関する専攻を終了した後、第1号の卒業者に  ┃
┃     あっては1年以上、第2号の卒業者にあっては2年以上水道に関する技術上の実務 ┃
┃     に従事した経験を有する者                          ┃
┃  (7) 外国の学校において、第1号若しくは第2号に規定する課程及び学科目又は第3 ┃
┃     号若しくは第4号に規定する課程に相当する課程若しくは学科目をそれぞれ当該各 ┃
┃     号に規定する学校において修得する程度と同等以上に修得した後、それぞれ当該各 ┃
┃     号に規定する最低経験年数以上水道に関する技術上の実務に従事した経験を有する ┃
┃     者                                     ┃
┃  (8) 技術士法(昭和58年法律第25号)第4条第1項の規定による第2次試験のう ┃
┃     ち上下水道部門に合格した者(選択科目として上水道及び工業用水道又は水道環境 ┃
┃     を選択したものに限る。)であって、1年以上水道に関する技術上の実務に従事し ┃
┃     た経験を有する者                              ┃
┃                                           ┃
┃  (水道技術管理者の資格)                             ┃
┃ 第4条 法第19条第3項に規定する条例で定める水道技術管理者が有すべき資格は、次の ┃
┃  各号のいずれかに該当するものとする。                       ┃
┃  (1) 前条の規定により布設工事監督者の資格を有する者              ┃
┃  (2) 前条第1号、第3号及び第4号に規定する学校において土木工学以外の工学、理 ┃
┃     学、農学、医学若しくは薬学に関する学科目又はこれらに相当する学科目を修めて ┃
┃     卒業した後、第1号に規定する学校を卒業した者については4年以上、第3号に規 ┃
┃     定する学校を卒業した者については6年以上、第4号に規定する学校を卒業した者 ┃
┃     については8年以上水道に関する技術上の実務に従事した経験を有する者     ┃
┃  (3) 10年以上水道に関する技術上の実務に従事した経験を有する者        ┃
┃  (4) 前条第1号、第3号及び第4号に規定する学校において、工学、理学、農学、医 ┃
┃     学及び薬学に関する学科目並びにこれらに相当する学科目以外の学科目を修めて卒 ┃
┃     業した後、第1号に規定する学校の卒業者については5年以上、第3号に規定する ┃
┃     学校の卒業者については7年以上、第4号に規定する学校の卒業者については9年 ┃
┃     以上水道に関する技術上の実務に従事した経験を有する者            ┃
┃  (5) 外国の学校において、第2号に規定する学科目又は前号に規定する学科目に相当 ┃
┃     する学科目をそれぞれ当該各号に規定する学校において修得する程度と同等以上に ┃
┃     修得した後、それぞれ当該各号の卒業者ごとに規定する最低経験年数以上水道に関 ┃
┃     する技術上の実務に従事した経験を有する者                  ┃
┃  (6) 厚生労働大臣の登録を受けた者が行う水道の管理に関する講習の課程を修了した ┃
┃     者                                     ┃
┃                                           ┃
┃    附 則                                    ┃
┃  この条例は、平成25年4月1日から施行する。                   ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年12月4日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 議案第58号・読谷村水道事業布設工事監督者及び水道技術管理者の資格基準等に関する条例について提案理由の説明を申し上げます。

 今回提案します条例は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法令の整備に関する法律の施行に伴う水道法の改正により条例を制定するものであります。改正された水道法では、地方公共団体の水道事業者は水道布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準について水道法施行令で定める要件を参酌して条例で定めることになっております。

 第1条の目的では、水道法の第12条及び第19条第3項の規定に基づき、技術上の監督業務を行わせなければならない水道の布設工事の基準及び当該工事の施工に関する技術上の監督業務を行う者に必要な資格基準並びに水道技術管理者に必要な資格基準について定めております。

 第2条は、布設工事監督者を配置する工事について。

 第3条は、布設工事監督者の資格。

 第4条には、水道技術管理者の資格について、それぞれ定めております。

 以上で議案第58号の説明を終わります。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第58号に対する説明は終わりました。



△日程12.諮問第5号・人権擁護委員の推薦(宮里勝和氏)につき意見を求めることについてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎村長(石嶺傳實君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 諮問第5号                                     ┃
┃                                           ┃
┃    人権擁護委員の推薦(宮里勝和氏)につき意見を求めることについて        ┃
┃                                           ┃
┃  下記の者を人権擁護委員候補者として、法務大臣に対し推薦したいので、人権擁護委員法 ┃
┃ (昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定に基づき議会の意見を求めます。    ┃
┃                                           ┃
┃                      記                    ┃
┃                                           ┃
┃   住  所  沖縄県中頭郡読谷村                         ┃
┃   氏  名  宮 里 勝 和                           ┃
┃   年  齢  72歳                               ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年12月4日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 提案理由。諮問第5号、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて説明申し上げます。

 今回の提案は、宮里勝和氏の任期満了に伴う再任の推薦であります。宮里氏は、平成19年4月に人権擁護委員の委嘱を受け、2期6年間、住民の基本的人権を擁護し、常に自由人権思想の普及高揚に努めてまいりました。宮里氏は、平成12年3月の退職まで31年間にわたり、少年鑑別所、刑務所等において、非行に走った少年たちの相談、指導に携わるとともに、その更生に尽力した方であります。同氏の青少年問題にかかわった長年の経歴、経験を生かして深刻化する少年非行の問題を初め、特に子どもの人権等について取り組んでいただける方であると確信することから推薦申し上げる次第であります。

 以上、説明申し上げ、御審議のほどよろしくお願いします。なお、次ページに履歴書を添付してあります。



○議長(新垣修幸君)

 諮問第5号に対する説明は終わりました。

 本日の議事日程は、すべて終了しました。これにて散会します。



     午前10時31分 散会