議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 読谷村

平成24年第408回読谷村議会定例会会議録 06月19日−01号




平成24年第408回読谷村議会定例会会議録 − 06月19日−01号







平成24年第408回読谷村議会定例会会議録



第408回読谷村議会定例会会議録



第408回読谷村議会定例会は、平成24年6月19日読谷村議会議事堂に招集された。



応招議員は次のとおりである。

      1番 知 花 徳 栄 君         2番 比 嘉 郁 也 君

      3番 仲宗根 盛 良 君         4番 伊 波   篤 君

      5番 當 山 勝 吉 君         6番 大 城 行 治 君

      7番 當 間 良 史 君         8番 上 地 利枝子 さん

      9番 山 城 正 輝 君        10番 城 間   勇 君

     11番 嘉手苅 林 春 君        12番 津波古 菊 江 さん

     13番 山 内 政 徳 君        14番 長 浜 宗 則 君

     15番 照 屋 清 秀 君        16番 上 地   榮 君

     17番 伊 佐 眞 武 君        18番 國 吉 雅 和 君

     19番 新 垣 修 幸 君





不応招議員は次のとおりである。





出席議員は次のとおりである。

  出席議員は応招議員と同じである。





欠席議員は次のとおりである。

  欠席議員は不応招議員と同じである。





地方自治法第121条の規定により、説明のため本会議に出席した者は次のとおりである。

 村    長   石 嶺 傳 實 君      副  村  長   池 原 栄 順 君

 教  育  長   比 嘉 源 勇 君      総務企画部長   儀 間 敏 光 君

 建設経済部長   比 嘉 隆 雄 君      生活福祉部長   仲宗根 盛 和 君

 教 育 次 長    喜 瀬   栄 君      会計管理者    知 花   毅 君

 総 務 課 長    安 田 慶 知 君      会 計 課 長    山 内 勝 美 さん

 企画財政課長   與那覇   操 君      税 務 課 長    小橋川 清 弘 君

 農業推進課長   福 地 政 勝 君      跡地利用推進   大 城 友 誼 君

                         課    長

 土木建設課長   新 城 直 喜 君      都市計画課長   古 堅   守 君

 商工観光課長   浜 川 秀 樹 君      健康環境課長   真栄田 敏 光 君

 福 祉 課 長    大 城 真悠美 さん     健康保険課長   大 湾   勇 君

 住民年金課長   仲村渠 英 二 君      こども未来課長  新 里 紹 伝 君

 診療所事務長   與那覇   準 君      健 康 増 進    矢 貫 卓 博 君

                         センター長

 教育総務課長   山 内   猛 君      学校教育課長   知 花   優 君

 生涯学習課長   玉 城 秀 友 君      文化振興課長   仲宗根   求 君

 給食調理場所長  伊 波   靖 君      水 道 課 長    比 嘉 憲 友 君





職務のため本会議に出席した事務局職員は次のとおりである。

 事 務 局 長    知 花 俊 治 君      事務局次長    山 内 明 秀 君

 議会主事補    儀 間 和 麻 君





本日の会議に付した事件は次のとおりである。

 日程 1.会議録署名議員の指名

 日程 2.会期の決定

 日程 3.議長諸般の報告

 日程 4.議案第25号・平成24年度読谷村一般会計補正予算(第1号)

 日程 5.議案第26号・平成24年度読谷村診療所特別会計補正予算(第1号)

 日程 6.議案第27号・平成24年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

 日程 7.議案第28号・読谷村暴力団排除条例の一部を改正する条例

 日程 8.議案第29号・読谷村附属機関に関する条例の一部を改正する条例

 日程 9.議案第30号・読谷村職員の職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正

             する条例

 日程10.議案第31号・読谷村固定資産税の課税免除に関する条例

 日程11.議案第32号・読谷村印鑑条例の一部を改正する条例

 日程12.議案第33号・読谷村手数料徴収条例の一部を改正する条例

 日程13.承認第 1 号・専決処分の承認(読谷村税条例の一部を改正する条例)を求めるこ

             とについて

 日程14.承認第 2 号・専決処分の承認(読谷村国民健康保険税条例の一部を改正

             する条例)を求めることについて

 日程15.同意第 2 号・固定資産評価審査委員会委員の選任(新城正雄氏)について

 日程16.諮問第 2 号・人権擁護委員の推薦(前田剛氏)につき意見を求めることについて

 日程17.諮問第 3 号・人権擁護委員の推薦(川崎盛徳氏)につき意見を求めることについ

             て

 日程18.報告第 4 号・平成23年度読谷村繰越明許費繰越計算書について

 日程19.報告第 5 号・平成24年度沖縄県町村土地開発公社事業計画及び予算の報告につ

             いて











     午前11時03分 開会







○議長(新垣修幸君)

 おはようございます。ただいまから平成24年第408回読谷村議会定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。



△日程1.会議録署名議員の指名を行います。本定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により議席8番・上地利枝子議員と議席11番・嘉手苅林春議員を指名いたします。



△日程2.会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。本定例会の会期は本日6月19日から6月26日までの8日間にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって会期は、本日6月19日から6月26日までの8日間と決定しました。

 なお会期中の会議予定につきましては、お手元に配付しました会期日程表のとおり御了承願います。



△日程3.3月定例議会から本日までの議長諸般の報告を行います。議長の会務報告はお手元に配付してある会務報告のとおりであります。

 次に陳情書等の受理について、3月定例会以降に受理した陳情等は11件でございます。お手元に配付してあります陳情等受理一覧表のとおりであります。また、村長から公共工事等に関する行政報告として、平成24年3月1日から平成24年5月31日までの分を配付してあります。

 以上で議長諸般の報告を終わります。



△日程4.議案第25号・平成24年度読谷村一般会計補正予算(第1号)についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎村長(石嶺傳實君)

 皆さん、おはようございます。第408回読谷村議会定例会を招集いたしましたのは、議案第25号・平成24年度一般会計補正予算(第1号)ほか補正予算2件、議案第28号・読谷村暴力団排除条例の一部を改正する条例ほか条例改正5件と専決処分の承認2件、固定資産評価審査委員会委員の選任同意1件と人権擁護委員の推薦についての諮問2件、ほか報告2件の御審議をいただくためでございます。なお、提案説明については、担当部長をもって行います。よろしく御審議くださいますようお願いします。



◎総務企画部長(儀間敏光君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第25号                                    ┃
┃                                           ┃
┃     平成24年度読谷村一般会計補正予算(第1号)                ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年度読谷村の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。    ┃
┃                                           ┃
┃  (歳入歳出予算の補正)                              ┃
┃ 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ506,022千円を追加し、歳入歳出予 ┃
┃  算の総額を歳入歳出それぞれ12,120,181千円とする。            ┃
┃ 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算 ┃
┃  の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。                  ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┃                                           ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


第1表 歳入歳出予算補正
歳 入                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃16 国 庫 支 出 金  │             │   2,243,587│    36,884│   2,280,471┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 国 庫 負 担 金  │   1,199,684│    29,739│   1,229,423┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 国 庫 補 助 金  │   1,034,043│     7,145│   1,041,188┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃17 県  支  出  金 │             │   1,209,538│    282,808│   1,492,346┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 県  負  担  金 │    583,510│     7,008│    590,518┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 県  補  助  金 │    565,477│    273,895│    839,372┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │3 委    託    金│    60,551│     1,905│    62,456┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃19 寄    附    金│             │    72,914│      73│    72,987┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 寄    附    金│    72,914│      73│    72,987┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃20 繰    入    金│             │    333,000│    86,000│    419,000┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 基 金 繰 入 金  │    333,000│    86,000│    419,000┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃21 繰    越    金│             │    44,612│    92,962│    137,574┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 繰    越    金│    44,612│    92,962│    137,574┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃22 諸    収    入│             │    119,374│     7,295│    126,669┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │4 雑         入│    110,790│     7,295│    118,085┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  入  合  計         │  11,614,159│    506,022│  12,120,181┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


歳 出                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃1 議    会    費│             │    158,148│     △716│    157,432┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 議    会    費│    158,148│     △716│    157,432┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃2 総    務    費│             │   1,241,731│    176,396│   1,418,127┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 総 務 管 理 費  │    949,311│    161,451│   1,110,762┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 徴    税    費│    185,758│      819│    186,577┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │3 戸籍住民基本台帳費  │    81,984│    13,801│    95,785┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │4 選    挙    費│    20,921│      57│    20,978┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │6 統 計 調 査 費  │     1,519│      268│     1,787┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃3 民    生    費│             │   4,286,398│    79,280│   4,365,678┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 社 会 福 祉 費  │   2,439,763│    15,456│   2,455,219┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 児 童 福 祉 費  │   1,846,429│    63,824│   1,910,253┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃4 衛    生    費│             │    943,871│     2,174│    946,045┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 保 健 衛 生 費  │    500,697│     1,996│    502,693┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 清    掃    費│    443,174│      178│    443,352┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃5 労    働    費│             │      621│    10,021│    10,642┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 失 業 対 策 費  │      621│    10,021│    10,642┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃6 農 林 水 産 業 費│             │    893,052│    136,306│   1,029,358┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 農    業    費│    863,003│    △3,238│    859,765┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │3 水  産  業  費 │    15,152│    139,544│    154,696┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃7 商    工    費│             │    53,912│    20,059│    73,971┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 商    工    費│    53,912│    20,059│    73,971┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃8 土    木    費│             │   1,480,520│    31,064│   1,511,584┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 土 木 管 理 費  │    67,335│      994│    68,329┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 道 路 橋 梁 費  │   1,006,999│      759│   1,007,758┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │3 都 市 計 画 費  │    292,495│    29,311│    321,806┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃10 教    育    費│             │   1,396,790│    16,901│   1,413,691┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 教 育 総 務 費  │    169,779│     1,869│    171,648┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │2 小  学  校  費 │    268,833│     5,704│    274,537┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │3 中  学  校  費 │    130,951│     2,480│    133,431┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │4 幼  稚  園  費 │    135,756│      272│    136,028┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │5 社 会 教 育 費  │    422,412│     7,520│    429,932┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │6 保 健 体 育 費  │    269,059│     △944│    268,115┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃12 公    債    費│             │    597,422│    34,537│    631,959┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 公    債    費│    597,422│    34,537│    631,959┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  出  合  計         │  11,614,159│    506,022│  12,120,181┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


 議案第25号・平成24年度読谷村一般会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。

 1ページをごらんください。第1条で、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5億602万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ121億2,018万1,000円とします。

 次に歳入の主なものについて説明を申し上げます。7ページをごらんください。16款1項2目民生費国庫負担金2,973万9,000円は、制度改正に伴い子ども手当国庫負担金5億4,518万7,000円を減額し、児童手当国庫負担金5億7,492万6,000円を増額するものであります。

 8ページをごらんください。16款2項4目の新大型定置網設置事業補助金955万5,000円は、防衛施設周辺民生安定施設整備事業補助金で、補助率は3分の2となっております。

 10ページをごらんください。17款2項1目の沖縄振興特別推進交付金2億6,493万9,000円は、読谷村が実施する18事業に対する交付金で、補助率は10分の8でございます。

 13ページをごらんください。20款2項1目財政調整基金繰入金5,200万円は、沖縄振興特別推進交付金事業の読谷村負担分でございます。

 次に主な歳出について説明申し上げます。1款から10款における職員給与事業は、職員の人事異動及び共済組合負担金の率の変更等に伴う補正であります。

 17ページをごらんください。2款1項1目の行政事務運営事業206万7,000円は、行政区改善を実施するに当たってシミュレーションを行うためのシステム開発委託料でございます。

 20ページをごらんください。2款1項17目の跡地利用推進事業1億735万2,000円は、読谷補助飛行場第2工区予備設計支援業務委託料ほか7事業の委託料が主でございます。財源は、沖縄振興特別推進交付金を活用したいと思います。

 29ページをごらんください。3款1項3目の地域高齢者支え合い体制づくり事業823万3,000円は、沖縄県の介護基盤緊急整備等臨時特例交付金を活用し、先進地研修旅費やソフトウェア購入費等に充当してまいります。

 39ページをごらんください。5款1項2目就労支援対策事業1,002万1,000円は、求職者及び事業者向けの総合支援窓口を設置するため、専門スタッフ、就労支援プログラム等の委託料528万3,000円であります。また、高齢者の就労支援のあり方について実態調査を行うための委託料469万4,000円でございます。

 42ページをごらんください。6款3項2目の漁業活性化推進事業の負担金、補助金及び交付金1億2,732万1,000円は、老朽化した大型定置網漁船購入補助金1億1,557万4,000円及びジンベイザメ生簀購入補助金1,101万2,000円であります。財源は、沖縄振興特別推進交付金を充当してまいります。

 43ページをごらんください。7款1項3目のスポーツコンベンション誘致促進事業1,951万9,000円は、サッカーJ1のサガン鳥栖及びプロ野球中日ドラゴンズの本拠地において読谷村をPRするイベント費用で、県外旅費1,044万3,000円、観光プロモーション映像制作委託料319万6,000円が主でございます。歳入は、沖縄振興特別推進交付金を活用したいと思います。

 50ページをごらんください。10款2項2目の小学校日本語教育支援員配置事業310万円は、外国籍児童に対する日本の教育を理解させるための嘱託員報酬であります。

 57ページをごらんください。12款1項1目の地方債元金償還事業3,453万7,000円は、村道中央残波線の国庫納付金に伴う起債分の繰上償還金でございます。財源は、減債基金繰入金を充当してまいります。

 以上で議案第25号の説明は終わります。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第25号に対する説明は終わりました。



△日程5.議案第26号・平成24年度読谷村診療所特別会計補正予算(第1号)についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎生活福祉部長(仲宗根盛和君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第26号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    平成24年度読谷村診療所特別会計補正予算(第1号)              ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年度読谷村の診療所特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 ┃
┃                                           ┃
┃  (歳入歳出予算の補正)                              ┃
┃ 第1条 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出 ┃
┃  予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。                ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


第1表 歳入歳出予算補正
歳 入                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  入  合  計         │    218,235│       0│    218,235┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


歳 出                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃1 総    務    費│             │    187,053│     1,162│    188,215┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 総 務 管 理 費  │    186,969│     1,162│    188,131┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃6 予    備    費│             │     5,000│    △1,162│     3,838┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 予    備    費│     5,000│    △1,162│     3,838┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  出  合  計         │    218,235│       0│    218,235┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


 議案第26号・平成24年度読谷村診療所特別会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。

 1ページをお願いします。今回の補正では、既定の歳入歳出予算の総額は変わりません。

 6ページをお願いします。1款1項1目一般管理費の職員給与116万2,000円の増につきましては、人事異動に伴う給料、職員手当等及び共済費の増でございます。財源は予備費から充てております。

 以上で議案第26号の説明といたします。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第26号に対する説明は終わりました。



△日程6.議案第27号・平成24年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎生活福祉部長(仲宗根盛和君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第27号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    平成24年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)          ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年度読谷村の後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところ ┃
┃ による。                                      ┃
┃                                           ┃
┃  (歳入歳出予算の補正)                              ┃
┃ 第1条 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,861千円を追加し、歳入歳出予算の ┃
┃  総額を歳入歳出それぞれ323,291千円とする。                 ┃
┃ 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算 ┃
┃  の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。                  ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


第1表 歳入歳出予算補正
歳 入                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃3 繰    入    金│             │    75,489│     4,861│    80,350┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 一 般 会 計 繰 入 金 │    75,789│     4,861│    80,350┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃4 繰    越    金│             │     1,000│     3,000│     4,000┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 繰    越    金│     1,000│     3,000│     4,000┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  入  合  計         │    315,430│     7,861│    323,291┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


歳 出                                           (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃1 総    務    費│             │    12,118│     4,861│    16,979┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 総 務 管 理 費  │     7,813│     4,861│    12,674┃
┠─────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃3 諸  支  出  金 │             │     1,301│     3,000│     4,301┃
┃             ├─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃             │1 償還金及び還付加算金 │     1,301│     3,000│     4,301┃
┠─────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┨
┃         歳  出  合  計         │    315,430│     7,861│    323,291┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┛


 議案第27号・平成24年度読谷村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について説明を申し上げます。

 1ページをお願いいたします。今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額3億1,543万円に歳入歳出それぞれ786万1,000円を増額し、歳入歳出それぞれ3億2,329万1,000円とするものでございます。

 次に主な歳入について説明いたします。6ページをお願いします。3款1項1目事務費繰入金486万1,000円の増は、一般会計からの繰り入れでございます。

 7ページをお願いします。4款1項1目繰越金300万円の増は、前年度からの繰り越しでございます。

 次に歳出について説明いたします。8ページをお願いします。1款1項1目一般管理費486万1,000円の増は、人事異動に伴う給料、職員手当等及び共済費の増でございます。

 9ページをお願いします。3款1項1目保険料還付金300万円の増は、過誤納保険料を還付するためでございます。

 以上で議案第27号の説明といたします。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第27号に対する説明は終わりました。



△日程7.議案第28号・読谷村暴力団排除条例の一部を改正する条例についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎総務企画部長(儀間敏光君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第28号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    読谷村暴力団排除条例の一部を改正する条例                   ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村暴力団排除条例(平成23年読谷村条例第9号)の一部を次のように改正する。  ┃
┃  第5条中「事業」の次に「(以下「公共工事等」という。)」を加え、「入札」を「公共 ┃
┃ 工事等」に、「講ずるものとする」を「講ずるものとし、村が発注する公共工事等の下請負 ┃
┃ についても同様の措置を講ずるものとする」に改め、同条に次の1項を加える。      ┃
┃ 2 村は、前項に規定する者が現に公共工事等に参加していることが明らかになった場合  ┃
┃  は、これを排除する等の必要な措置を講ずるものとする。               ┃
┃                                           ┃
┃  第11条を第12条とし、第6条から第10条までを1条ずつ繰り下げ、第5条の次に次 ┃
┃ の1条を加える。                                  ┃
┃  (事業者の契約時における措置)                          ┃
┃ 第6条 事業者は、その行う事業に係る契約が暴力団の活動を助長し又は暴力団の運営に資 ┃
┃  することとなる疑いがあると認める場合には、当該事業に係る契約の相手方、代理又は媒 ┃
┃  介する者その他の関係者が暴力団関係者でないことを確認するよう努めるものとする。  ┃
┃ 2 事業者は、その行う事業に係る契約を書面により締結する場合において、契約の相手方 ┃
┃  又は代理若しくは媒介する者が暴力団関係者と判明したときは当該契約を解除することが ┃
┃  できる旨の特約を契約書その他の書面により取り交わすよう努めるものとする。     ┃
┃                                           ┃
┃    附 則                                    ┃
┃  この条例は、公布の日から施行する。                        ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 議案第28号・読谷村暴力団排除条例の一部を改正する条例について提案理由の説明を申し上げます。

 本議案は、平成23年9月、読谷村議会定例会において原案可決された条例でございますが、第5条では、読谷村が発注する公共工事等の下請業者についても同様な措置を講ずるための条文改正であります。

 第6条では、事業者の契約時における措置として、下請業者と契約する場合、暴力団関係者でないことの確認及び暴力団関係者と判明したときの契約解除の特約条項を書面で取り交わすよう努めるものとする項目の追加条文であります。

 以上で議案第28号についての説明は終わります。よろしく御審議くださいますようお願いいたします。



○議長(新垣修幸君)

 議案第28号に対する説明は終わりました。



△日程8.議案第29号・読谷村附属機関に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎総務企画部長(儀間敏光君)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第29号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    読谷村附属機関に関する条例の一部を改正する条例                ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村附属機関に関する条例(昭和48年読谷村条例第12号)の一部を次のように改正 ┃
┃ する。                                       ┃
┃                                           ┃
┃ 別表中                                       ┃
┃ 「                                         ┃
┃  ┌────────┬───────────┬─────────────┐     ┃
┃  │村長      │読谷村ユビキタス村づく│読谷村ユビキタス村づくり事│     ┃
┃  │        │り協議会       │業の企画及び実施並びに同事│     ┃
┃  │        │           │業への村民参画の促進に関す│     ┃
┃  │        │           │ること。         │     ┃
┃  └────────┴───────────┴─────────────┘     ┃
┃                                      」を   ┃
┃ 「                                         ┃
┃  ┌────────┬───────────┬─────────────┐     ┃
┃  │村長      │読谷村ユビキタス村づく│読谷村ユビキタス村づくり事│     ┃
┃  │        │り協議会       │業の企画及び実施並びに同事│     ┃
┃  │        │           │業への村民参画の促進に関す│     ┃
┃  │        │           │ること。         │     ┃
┃  ├────────┼───────────┼─────────────┤     ┃
┃  │村長      │読谷村ハザードマップ検│自然災害時の避難経路、避難│     ┃
┃  │        │討委員会       │場所等の選定に関すること。│     ┃
┃  └────────┴───────────┴─────────────┘     ┃
┃                                      」に   ┃
┃ 改める。                                      ┃
┃                                           ┃
┃   附 則                                     ┃
┃ この条例は、公布の日から施行する。                         ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 議案第29号・読谷村附属機関に関する条例の一部を改正する条例について提案理由の説明を申し上げます。

 本議案は、読谷村附属機関に関する条例の第2条の別表に、読谷村ハザードマップ検討委員会を追加するものであります。本検討委員会は、昨年3月に発生した未曾有の大震災を教訓とし、自然災害に備えた避難経路及び避難場所等の選定を行うため、専門家を含めた検討委員会を附属機関として設置するものであります。

 以上で議案第29号の説明を終わります。よろしく御審議くださいますようお願いいたします。



○議長(新垣修幸君)

 議案第29号に対する説明は終わりました。



△日程9.議案第30号・読谷村職員の職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎総務企画部長(儀間敏光君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第30号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    読谷村職員の職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正する条例     ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村職員の職務に専念する義務の特例に関する条例(昭和47年読谷村条例第19号) ┃
┃ の一部を次のように改正する。                            ┃
┃                                           ┃
┃  第2条第3号中「村長」を「任命権者」に改める。                  ┃
┃                                           ┃
┃    附 則                                    ┃
┃  この条例は、公布の日から施行する。                        ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┃                                           ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 議案第30号・読谷村職員の職務に専念する義務の特例に関する条例の一部を改正する条例について提案理由の説明を申し上げます。

 今回の改正は、職務に専念する義務の免除第2条本文中、任命権者の承認を得てと表記され、同条第3号が村長と表記していることから条文との整合性を図るため、「村長」を「任命権者」に改めるものであります。

 以上で議案第30号の説明は終わります。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第30号に対する説明は終わりました。



△日程10.議案第31号・読谷村固定資産税の課税免除に関する条例についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎総務企画部長(儀間敏光君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第31号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    読谷村固定資産税の課税免除に関する条例                    ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村固定資産税の課税免除に関する条例(昭和57年読谷村条例第9号)の全部を改正 ┃
┃ する。                                       ┃
┃                                           ┃
┃  (目的)                                     ┃
┃ 第1条 この条例は、地方税法(昭和25年法律第226号)第6条第1項の規定に基づ  ┃
┃  き、固定資産税の課税免除を行うことにより、本村産業の振興及び雇用の拡大に寄与する ┃
┃  ことを目的とする。                                ┃
┃  (用語の意義)                                  ┃
┃ 第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによ ┃
┃  る。                                       ┃
┃ (1)観光地形成促進地域 沖縄振興特別措置法(平成14年法律第14号。以下「沖振  ┃
┃   法」という。)第6条第2項第2号の規定により定められた地域をいう。       ┃
┃ (2)情報通信産業振興地域 沖振法第28条第1項の規定により指定された地域をいう。 ┃
┃ (3)産業高度化・事業革新促進地域 沖振法第35条第2項第2号の規定により定められ ┃
┃   た地域をいう。                                 ┃
┃                                           ┃
┃  (観光地形成促進地域における課税免除)                      ┃
┃ 第3条 村長は、観光地形成促進地域の区域内において、沖振法第6条第5項の規定による ┃
┃  観光地形成促進計画の提出の日(以下この条において「提出日」という。)から平成29 ┃
┃  年3月31日までの間に、沖縄振興特別措置法第9条等の地方税の課税免除又は不均一課 ┃
┃  税に伴う措置が適用される場合等を定める省令(平成14年総務省令第42号)第1条第 ┃
┃  2項に規定する対象施設(以下この条において「対象施設」という。)を新設し、又は増 ┃
┃  設した者について、当該対象施設である家屋及び償却資産並びに当該家屋の敷地である土 ┃
┃  地(提出日以後において取得したものに限り、かつ、土地については、その取得の日の翌 ┃
┃  日から起算して1年以内に当該土地を敷地とする当該家屋の建設の着手があった場合にお ┃
┃  ける当該土地に限る。)に対して課する固定資産税は、新たに課されることとなった年度 ┃
┃  以後5年度分について、課税を免除する。                      ┃
┃                                           ┃
┃  (情報通信産業振興地域における課税免除)                     ┃
┃ 第4条 村長は、情報通信産業振興地域内において、沖振法第28条第1項の規定による情 ┃
┃  報通信産業振興地域の指定の日(以下この条において「指定日」という。)から平成29 ┃
┃  年3月31日までの間に、沖振法第3条第6号に規定する情報通信産業又は同条第8号に ┃
┃  規定する情報通信技術利用事業の用に供する一の設備であって、これを構成する減価償却 ┃
┃  資産(所得税法施行令(昭和40年政令第96号)第6条第1号から第7号まで又は法人 ┃
┃  税法施行令(昭和40年政令第97号)第13条第1号から第7号までに掲げるものに限 ┃
┃  る。)の取得価額の合計額が1,000万円を超えるもの(以下この条において「対象設 ┃
┃  備」という。)を新設し、又は増設した者について、当該対象設備である家屋及び償却資 ┃
┃  産並びに当該家屋の敷地である土地(指定日以後において取得したものに限り、かつ、土 ┃
┃  地については、その取得の日の翌日から起算して1年以内に当該土地を敷地とする当該家 ┃
┃  屋の建設の着手があった場合における当該土地に限る。)に対して課する固定資産税は、 ┃
┃  新たに課されることとなった年度以後5年度分について、課税を免除する。       ┃
┃                                           ┃
┃  (産業高度化・事業革新促進地域における課税免除)                 ┃
┃ 第5条 村長は、産業高度化・事業革新促進地域の区域内において、沖振法第35条第4項 ┃
┃  の規定による産業高度化・事業革新促進計画の提出の日(以下この条において「提出日」 ┃
┃  という。)から平成29年3月31日までの間に、租税特別措置法(昭和32年法律第2 ┃
┃  6号)第12条第1項の表の第2号又は同法第45条第1項の表の第2号の規定の適用を ┃
┃  受ける設備であって、取得価額の合計額が1,000万円を超えるもの(機械及び装置並 ┃
┃  びに器具及び備品については、取得価額の合計額が500万円を超えるもの。以下この条 ┃
┃  において「特別償却設備」という。)を新設し、又は増設した者で、沖振法第35条の3 ┃
┃  第4項の規定による沖縄県知事の認定を受けた者について、当該特別償却設備(倉庫業の ┃
┃  用に供するものを除く。)である家屋及び償却資産並びに当該家屋の敷地である土地(提 ┃
┃  出日以後において取得したものに限り、かつ、土地については、その取得の日の翌日から ┃
┃  起算して1年以内に当該土地を敷地とする当該家屋の建設の着手があった場合における当 ┃
┃  該土地に限る。)に対して課する固定資産税は、新たに課されることとなった年度以後5 ┃
┃  年度分について、課税を免除する。                         ┃
┃                                           ┃
┃  (課税免除の申請)                                ┃
┃ 第6条 前3条の規定により固定資産税の課税免除を受けようとする者は、規則の定めると ┃
┃  ころにより、村長に対し課税免除の申請書を提出しなければならない。         ┃
┃ 2 村長は、前項の申請書を受理したときは、これを審査し、適当と認められるものについ ┃
┃  て課税を免除する。                                ┃
┃                                           ┃
┃  (申請事項の変更等による届出)                          ┃
┃ 第7条 前条の規定により、課税免除を受けている者が、次の各号のいずれかに該当したと ┃
┃  きは、当該事実が生じた日から10日以内にその旨を村長に届出なければならない。   ┃
┃ (1)前条第1項に定める申請書の記載事項に変更があったとき。            ┃
┃ (2)事業を休止し、又は廃止したとき。                       ┃
┃                                           ┃
┃  (課税免除の取消等)                               ┃
┃ 第8条 村長は、課税免除を受けた者が、次の各号のいずれかに該当するときは、これを取 ┃
┃  消し、若しくは停止し、又は既に免除した固定資産税を賦課徴収することができる。   ┃
┃ (1)第3条から第5条までの課税免除の適用要件を欠いたとき。            ┃
┃ (2)偽りその他不正行為により課税免除の適用を受けたとき。             ┃
┃                                           ┃
┃  (委任)                                     ┃
┃ 第9条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定め  ┃
┃  る。                                       ┃
┃                                           ┃
┃    附 則                                    ┃
┃  (施行期日)                                   ┃
┃ 1 この条例は、公布の日から施行し、平成24年4月1日から適用する。        ┃
┃  (経過措置)                                   ┃
┃ 2 平成24年3月31日以前に、改正前の読谷村固定資産税の課税免除に関する条例第2 ┃
┃  条から第4条までの規定により固定資産税の課税免除を受ける要件を具備していた者に係 ┃
┃  る固定資産税の課税免除については、なお従前の例による。              ┃
┃ 3 この条例の施行以前に行った平成24年度分の固定資産税の課税免除に係る申請、届出 ┃
┃  その他の行為は、この条例の相当規定により行われたものとみなす。          ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 議案第31号・読谷村固定資産税の課税免除に関する条例について提案理由の説明を申し上げます。

 今回の改正は、国において沖縄振興特別措置法の一部を改正する法律及び沖縄振興特別措置法第9条等の地方税の課税免除または不均一課税に伴う措置が適用される場合等を定める省令が改正されたことに伴い、読谷村固定資産税の課税免除に関する条例の改正が必要となりました。改正沖振法により本村は観光地形成促進地域、情報通信産業振興地域、産業高度化・事業革新促進地域に指定されることとなり、固定資産税の課税免除期間が延長され、かつ一部が拡充されることになったことに伴う全部改正であります。また、附則において、条例の規定を平成24年4月1日から遡及適用することを定めています。

 以上で議案第31号の説明を終わります。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第31号に対する説明は終わりました。



△日程11.議案第32号・読谷村印鑑条例の一部を改正する条例についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎生活福祉部長(仲宗根盛和君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第32号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    読谷村印鑑条例の一部を改正する条例                      ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村印鑑条例(昭和50年読谷村条例第11号)の一部を次のように改正する。    ┃
┃                                           ┃
┃  第2条第1項中「次の各号のいずれかに該当する者は、」を削り、「できる。」を「でき ┃
┃ る者は、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき、本村の住民基本台帳に記録 ┃
┃ されている者とする。」に改め、同項各号を削る。                   ┃
┃                                           ┃
┃  第4条第3項第1号中「若しくは」を「又は」に改め、「又は外国人登録証明書」を削  ┃
┃ り、同項第2号中「すでに」を「既に」に改める。                   ┃
┃                                           ┃
┃  第5条第2項第4号中「氏名」の次に「(外国人住民に係る住民票に通称が記録されてい ┃
┃ る場合にあつては、氏名及び通称)」を加え、同項中第8号を第9号とし、第7号の次に次 ┃
┃ の1号を加える。                                  ┃
┃ (8)外国人住民のうち非漢字圏の外国人住民が住民票の備考欄に記録されている氏名のカ ┃
┃   タカナ表記又はその一部を組合わせたもので表されている印鑑により登録を受ける場合 ┃
┃   にあつては、当該氏名のカタカナ表記                       ┃
┃  第5条第3項中「前項第1号から第8号まで」を「前項各号」に改める。        ┃
┃                                           ┃
┃  第6条第2項第1号中「又は外国人登録原票」及び「又は登録」を削り、「氏名、氏」の ┃
┃ 次に「、名」を加え、「名又は氏名」を「通称又は氏名若しくは通称」に、「あらわして」 ┃
┃ を「表して」に改め、同項第2号中「氏名」の次に「又は通称」を加え、「あらわして」を ┃
┃ 「表して」に改め、同項第5号中「あらわし」を「表し」に改め、同条に次の1項を加え  ┃
┃ る。                                        ┃
┃ 3 村長は、前項第1号及び第2号の規定にかかわらず、外国人住民のうち非漢字圏の外国 ┃
┃  人住民が住民票の備考欄に記録されている氏名のカタカナ表記又はその一部を組合わせた ┃
┃  もので表されている印鑑により登録を受けようとする場合には、当該印鑑を登録すること ┃
┃  ができる。                                    ┃
┃                                           ┃
┃  第12条第1項中第4号を削り、第5号を第4号とし、同項第6号中「若しくは名」の次 ┃
┃ に「(外国人住民にあつては、通称又は氏名のカタカナ表記を含む。)」を加え、同号を同 ┃
┃ 項第5号とし、同項第7号を同項第6号とし、同条第2項中「第5号」を「第4号」に、  ┃
┃ 「第7号」を「第6号」に改める。                          ┃
┃                                           ┃
┃  第13条第3項中「第7号」を「第8号」に改める。                 ┃
┃                                           ┃
┃    附 則                                    ┃
┃  (施行期日)                                   ┃
┃ 1 この条例は、平成24年7月9日から施行する。                  ┃
┃  (外国人登録法(昭和27年法律第125号)に基づき本村の外国人登録原票に登録され ┃
┃  ている者が受けた印鑑の登録の取扱い)                       ┃
┃ 2 この条例施行日の前日において、改正前の読谷村印鑑条例第2条第1項第2号の規定に ┃
┃  より、印鑑の登録を受けている外国人であつて、施行日において印鑑の登録を受けること ┃
┃  ができない者に係る印鑑の登録については、施行日において職権で抹消するものとする。 ┃
┃ 3 この条例施行日の前日において、印鑑の登録を受けている外国人であつて、施行日にお ┃
┃  いてもなお印鑑の登録を認めることができる者に係る氏名等の登録事項について住民票へ ┃
┃  の移行に伴う変更が生じた場合は、施行日において職権で当該事項について印鑑登録原票 ┃
┃  を修正するものとする。                              ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 議案第32号・読谷村印鑑条例の一部を改正する条例について提案理由の説明を申し上げます。

 平成21年7月15日に、外国人住民を住民基本台帳の適用対象とする住民基本台帳法の一部を改正する法律が公布され、本年7月9日から施行されることになっておりますが、同時に、外国人登録法が廃止されることから、これらの法改正等に対応するために、本村の印鑑条例を改正するものでございます。

 主な改正内容について説明いたします。条例第2条では、印鑑の登録資格について定めておりますが、対象を外国人、日本人問わず、本村の住民基本台帳に記録されている者としております。

 第4条では、印鑑登録の際の当事者の確認の方法について定めておりますが、外国人に対する確認手法としての外国人登録証の提示を撤廃したものでございます。

 第5条では、登録の内容について定めておりますが、第2項第4号と第8号において、外国人に対応する表記を定めております。

 第6条は、登録印鑑について定めておりますが、ここでは新たに第3項を設け、外国人住民の登録する印鑑の内容について定めております。

 第12条は、印鑑登録原票の抹消について定めておりますが、このことについても、外国人が登録した印鑑への対応を定めております。

 以上、今回の主な条例改正の内容を説明し、議案第32号の説明といたします。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第32号に対する説明は終わりました。



△日程12.議案第33号・読谷村手数料徴収条例の一部を改正する条例についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎生活福祉部長(仲宗根盛和君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 議案第33号                                    ┃
┃                                           ┃
┃    読谷村手数料徴収条例の一部を改正する条例                   ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村手数料徴収条例(平成12年読谷村条例第13号)の一部を次のように改正する。 ┃
┃                                           ┃
┃ 別表中                                       ┃
┃ 「                                         ┃
┃  ┌─────────────────┬──────────┬───────┐   ┃
┃  │身分証明手数料          │1件につき     │   200円│   ┃
┃  ├─────────────────┼──────────┼───────┤   ┃
┃  │外国人登録原票記載事項証明手数料 │1件につき     │   200円│   ┃
┃  └─────────────────┴──────────┴───────┘   ┃
┃                                        」を ┃
┃ 「                                         ┃
┃  ┌─────────────────┬──────────┬───────┐   ┃
┃  │身分証明手数料          │1件につき     │   200円│   ┃
┃  └─────────────────┴──────────┴───────┘   ┃
┃                                        」に ┃
┃ 改める。                                      ┃
┃                                           ┃
┃    附 則                                    ┃
┃  この条例は、平成24年7月9日から施行する。                   ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 議案第33号・読谷村手数料徴収条例の一部を改正する条例について説明申し上げます。

 平成21年7月15日に、外国人住民を住民基本台帳の適用対象とする住民基本台帳法の一部を改正する法律が公布され、本年7月9日から施行されますが、同時に、外国人登録法が廃止されることから、外国人登録原票に基づく記載事項の発行ができなくなるため、別表中の外国人登録原票記載事項証明手数料に関する事項を削除するものでございます。

 以上で議案第33号の説明を終わります。よろしく御審議くださるようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 議案第33号に対する説明は終わりました。



△日程13.承認第1号・専決処分の承認(読谷村税条例の一部を改正する条例)を求めることについてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎総務企画部長(儀間敏光君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 承認第1号                                     ┃
┃                                           ┃
┃    専決処分の承認(読谷村税条例の一部を改正する条例)を求めることについて    ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村税条例(昭和47年読谷村条例第35号)の一部を改正する条例について、地方自 ┃
┃ 治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分し ┃
┃ たので同条第3項の規定により報告し、議会の承認を求めます。             ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 読谷村告示第37号                                 ┃
┃                                           ┃
┃                  専 決 処 分                  ┃
┃                                           ┃
┃                              平成24年3月31日   ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┃                                           ┃
┃  地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、議会を招集する ┃
┃ いとまがないと認め、別紙のとおり改正するため専決処分する。             ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  読谷村税条例の一部を改正する条例を改正する条例をここに公布する。         ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年3月31日                               ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┃                                           ┃
┃ 読谷村条例第8号                                  ┃
┃                                           ┃
┃    読谷村税条例の一部を改正する条例                       ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村税条例(昭和47年読谷村条例第35号)の一部を次のように改正する。     ┃
┃                                           ┃
┃  第36条の2第1項ただし書中「、寡婦(寡夫)控除額」を削り、同条第2項中「又は前 ┃
┃ 項」を削り、同条第4項中「第3項」を「第2項」に改める。              ┃
┃                                           ┃
┃  第36条の3第1項中「又は第3項」を削り、「第5項」を「第4項」に改める。    ┃
┃                                           ┃
┃  第54条第7項中「第10条の2の11」を「第10条の2の10」に改める。     ┃
┃                                           ┃
┃  附則第2条の2中「いう。)が」の次に「年」を加える。               ┃
┃                                           ┃
┃  附則第2条の2の2第1項中「第31条の24」を「第81条の24」に改め、「以後に ┃
┃ 到来する」の次に「こととなる村民税に係る申告基準日が特例期間内に到来する」を加え  ┃
┃ る。                                        ┃
┃                                           ┃
┃  附則第2条の4第5項第1号中「第5項」を「第4項」に改める。           ┃
┃                                           ┃
┃  附則第6条の2第7項中「附則第7条第9項各号」を「附則第7条第8項各号」に改め、 ┃
┃ 同条第8項中「附則第7条第10項各号」を「附則第7条第9項各号」に改め、同条を附則 ┃
┃ 第6条の3とし、附則第6条の次に次の1条を加える。                 ┃
┃                                           ┃
┃  (法附則第15条第2項第6号の条例で定める割合)                 ┃
┃ 第6条の2 法附則第15条第2項第6号に規定する市町村の条例で定める割合は4分の3 ┃
┃  とする。                                     ┃
┃                                           ┃
┃  附則第7条の見出し中「平成21年度から平成23年度まで」を「平成24年度から平成 ┃
┃ 26年度まで」に改め、同条第6号中「附則第18条第7項」を「附則第18条第6項」に ┃
┃ 改める。                                      ┃
┃                                           ┃
┃  附則第7条の2の見出し中「平成22年度又は平成23年度における土地の価格の特例」 ┃
┃ を「平成25年度又は平成26年度における土地の価格の特例」に改め、同条第1項中「平 ┃
┃ 成22年度分」を「平成25年度分」に、「平成23年度分」を「平成26年度分」に改  ┃
┃ め、同条第2項中「平成22年度適用土地」を「平成25年度適用土地」に、「平成23年 ┃
┃ 度類似適用土地」を「平成25年度類似適用土地」に、「平成23年度分」を「平成26年 ┃
┃ 度分」に改める。                                  ┃
┃                                           ┃
┃  附則第8条の見出し及び同条第1項中「平成21年度から平成23年度まで」を「平成2 ┃
┃ 4年度から平成26年度まで」に改め、同条第2項中「住宅用地又は商業地等」を「商業地 ┃
┃ 等」に、「平成21年度から平成23年度まで」を「平成24年度から平成26年度まで」 ┃
┃ に改め、「、住宅用地にあつては10分の8、商業地等にあつては」を削り、同条第3項中 ┃
┃ 「平成21年度から平成23年度まで」を「平成24年度から平成26年度まで」に改め、 ┃
┃ 同条第4項を削り、同条第5項中「平成21年度から平成23年度まで」を「平成24年度 ┃
┃ から平成26年度まで」に改め、同項を同条第4項とし、同条第6項中「平成21年度から ┃
┃ 平成23年度まで」を「平成24年度から平成26年度まで」に改め、同項を同条第5項と ┃
┃ する。                                       ┃
┃                                           ┃
┃  附則第9条(見出しを含む。)中「平成21年度から平成23年度まで」を「平成24年 ┃
┃ 度から平成26年度まで」に改める。                         ┃
┃                                           ┃
┃  附則第11条の2第1項中「から第6項まで」を「から第5項まで」に、「平成21年度 ┃
┃ から平成23年度まで」を「平成24年度から平成26年度まで」に、「価額」を「価格」 ┃
┃ に改め、同条第2項中「平成24年3月31日」を「平成27年3月31日」に改める。  ┃
┃                                           ┃
┃  附則第14条の4の次に次の1条を加える。                     ┃
┃ 第14条の5 法附則第41条第15項各号に掲げる固定資産について同項の規定の適用を ┃
┃  受けようとする者は、次の各号に掲げる書類を村長に提出しなければならない。     ┃
┃ (1)当該固定資産を事業の用に供する者が法附則第41条第15項に規定する特定移行一 ┃
┃   般社団法人等(以下この条において「特定移行一般社団法人等」という。)に該当する ┃
┃   ことを明らかにする書類                             ┃
┃ (2)次に掲げる事項を記載した書類                         ┃
┃   イ 法附則第41条第15項の規定の適用を受けようとする土地の所在、地番、地目及 ┃
┃    び地積並びにその用途                             ┃
┃   口 法附則第41条第15項の規定の適用を受けようとする家屋の所在、家屋番号、種 ┃
┃    類、構造及び床面積並びにその用途                       ┃
┃   ハ 法附則第41条第15項の規定の適用を受けようとする償却資産の所在、種類及び ┃
┃    数量並びにその用途                              ┃
┃ (3)特定移行一般社団法人等が幼稚園、図書館又は博物館法第2条第1項の博物館(次号 ┃
┃   及び第5号において「博物館」という。)を設置した年月日を記載した書類      ┃
┃ (4)特定移行一般社団法人等が当該固定資産を直接保育、図書館又は博物館の用に供し始 ┃
┃   めた時期を記載した書類                             ┃
┃ (5)当該固定資産が特定移行一般社団法人等で幼稚園、図書館又は博物館を設置するもの ┃
┃   の所有に属しないものである場合にあつては、第1号から前号までに掲げるもののほ  ┃
┃   か、当該固定資産を当該特定移行一般社団法人等に無料で使用させていることを証する ┃
┃   書類                                      ┃
┃  附則第15条の次に次の1条を加える。                       ┃
┃                                           ┃
┃  (東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地に係る譲渡期限の延長の特例)       ┃
┃ 第15条の2 その有していた家屋でその居住の用に供していたものが東日本大震災(平成 ┃
┃  23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震及びこれに伴う原子力発電所の事故に ┃
┃  よる災害をいう。)により滅失(東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例 ┃
┃  に関する法律(平成23年法律第29号。以下この項及び次条において「震災特例法」と ┃
┃  いう。)第11条の6第1項に規定する滅失をいう。以下この項において同じ。)をした ┃
┃  ことによつてその居住の用に供することができなくなつた所得割の納税義務者が、当該滅 ┃
┃  失をした当該家屋の敷地の用に供されていた土地又は当該土地の上に存する権利の譲渡  ┃
┃  (震災特例法第11条の4第6項に規定する譲渡をいう。)をした場合には、附則第13 ┃
┃  条第1項中「第36条」とあるのは「第36条(東日本大震災の被災者等に係る国税関係 ┃
┃  法律の臨時特例に関する法律(平成23年法律第29号)第11条の6第1項の規定によ ┃
┃  り適用される場合を含む。)」と、「同法第31条第1項」とあるのは「租税特別措置法 ┃
┃  第31条第1項」と、附則第13条の2第3項中「第37条の9の5まで」とあるのは  ┃
┃  「第37条の9の5まで(東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関す ┃
┃  る法律第11条の6第1項の規定により適用される場合を含む。)」と、附則第13条の ┃
┃  3第1項中「租税特別措置法第31条の3第1項」とあるのは「東日本大震災の被災者等 ┃
┃  に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律第11条の6第1項の規定により適用される ┃
┃  租税特別措置法第31条の3第1項」と、附則第14条第1項中「第36条」とあるのは ┃
┃  「第36条(東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律第11 ┃
┃  条の6第1項の規定により適用される場合を含む。)」と、「同法第32条第1項」とあ ┃
┃  るのは「租税特別措置法第32条第1項」として、附則第13条、附則第13条の2、附 ┃
┃  則第13条の3又は附則第14条の規定を適用する。                 ┃
┃ 2 前項の規定は、同項の規定の適用を受けようとする年度分の第36条の2第1項の規定 ┃
┃  による申告書(その提出期限後において村民税の納税通知書が送達される時までに提出さ ┃
┃  れたもの及びその時までに提出された第36条の3第1項の確定申告書を含む。)に、前 ┃
┃  項の規定の適用を受けようとする旨の記載があるとき(これらの申告書にその記載がない ┃
┃  ことについてやむを得ない理由があると村長が認めるときを含む。)に限り、適用する。 ┃
┃                                           ┃
┃  附則第16条の見出し中「適用期限」を「適用期間等」に改め、同条中「につき東日本大 ┃
┃ 震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律(平成23年法律第29号)」 ┃
┃ を「につき震災特例法」に、「附則第45条第2項」を「附則第45条第3項」に改め、同 ┃
┃ 条に次の1項を加える。                               ┃
┃ 2 所得割の納税義務者が前年分の所得税につき震災特例法第13条第3項若しくは第4項 ┃
┃  又は第13条の2第1項から第5項までの規定の適用を受けた場合における附則第3条の ┃
┃  3及び第3条の3の2の規定の適用については、附則第3条の3第1項中「法附則第5条 ┃
┃  の4第6項」とあるのは「法附則第45条第4項の規定により読み替えて適用される法附 ┃
┃  則第5条の4第6項」と、附則第3条の3の2第1項中「法附則第5条の4の2第5項」 ┃
┃  とあるのは「法附則第45条第4項の規定により読み替えて適用される法附則第5条の4 ┃
┃  の2第5項」とする。                               ┃
┃                                           ┃
┃    附 則                                    ┃
┃  (施行期日)                                   ┃
┃ 第1条 この条例は、平成24年4月1日から施行する。ただし、第36条の2第1項ただ ┃
┃  し書の改正規定及び次条第1項の規定は、平成26年1月1日から施行する。      ┃
┃                                           ┃
┃  (村民税に関する経過措置)                            ┃
┃ 第2条 改正後の読谷村税条例(以下「新条例」という。)第36条の2第1項の規定は、 ┃
┃  平成26年度以後の年度分の個人の村民税について適用し、平成25年度分までの個人の ┃
┃  村民税については、なお従前の例による。                      ┃
┃                                           ┃
┃ 2 新条例附則第16条の規定は、平成24年度以後の年度分の個人の村民税について適用 ┃
┃  し、平成23年度分までの個人の村民税については、なお従前の例による。       ┃
┃                                           ┃
┃  (固定資産税に関する経過措置)                          ┃
┃ 第3条 別段の定めがあるものを除き、新条例の規定中固定資産税に関する部分は、平成2 ┃
┃  4年度以後の年度分の固定資産税について適用し、平成23年度分までの固定資産税につ ┃
┃  いては、なお従前の例による。                           ┃
┃ 2 新条例附則第6条の2第1項の規定は、平成24年4月1日以後に取得された地方税法 ┃
┃  及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律(平成24年法律第17号。次 ┃
┃  項及び第4項において「平成24年改正法」という。)第1条の規定による改正後の地方 ┃
┃  税法附則第15条第2項第6号に規定する除害施設に対して課すべき平成25年度以後の ┃
┃  年度分の固定資産税について適用する。                       ┃
┃ 3 この条例による改正前の読谷村税条例(以下この項において「旧条例」という。)附則 ┃
┃  第8条第2項(住宅用地に係る部分に限る。)及び第4項の規定は、平成24年改正法附 ┃
┃  則第9条第1項の規定の適用を受ける土地に対して課する平成24年度分及び平成25年 ┃
┃  度分の固定資産税については、なおその効力を有する。この場合において、次の表の左欄 ┃
┃  に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の右欄に掲げる字句とする。  ┃
┃                                           ┃
┃ ┌────────┬────────┬─────────────────────┐ ┃
┃ │旧条例附則第8条│前項      │附則第8条第1項             │ ┃
┃ │第2項     ├────────┼─────────────────────┤ ┃
┃ │        │平成21年度から│平成24年度分及び平成25年度分     │ ┃
┃ │        │平成23年度まで│                     │ ┃
┃ │        │の各年度分   │                     │ ┃
┃ │        ├────────┼─────────────────────┤ ┃
┃ │        │10分の8   │10分の9                │ ┃
┃ └────────┴────────┴─────────────────────┘ ┃
┃                                           ┃
┃ ┌────────┬────────┬─────────────────────┐ ┃
┃ │旧条例附則第8条│0.8     │0.9                  │ ┃
┃ │第4項     ├────────┼─────────────────────┤ ┃
┃ │        │平成21年度から│平成24年度分及び平成25年度分     │ ┃
┃ │        │平成23年度まで│                     │ ┃
┃ │        │の各年度分   │                     │ ┃
┃ │        ├────────┼─────────────────────┤ ┃
┃ │        │第1項     │附則第8条第1項             │ ┃
┃ └────────┴────────┴─────────────────────┘ ┃
┃                                           ┃
┃ 4 平成24年改正法附則第9条第1項及び前項の場合における新条例の規定(固定資産税 ┃
┃  に関する部分に限る。)の適用については、次の表の左欄に掲げる新条例の規定中同表の ┃
┃  中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の右欄に掲げる字句とする。            ┃
┃                                           ┃
┃ ┌────────┬────────┬─────────────────────┐ ┃
┃ │附則第10条  │又は第9条の2 │若しくは第9条の2又は読谷村税条例の一部を│ ┃
┃ │        │        │改正する条例(平成24年読谷村条例第8号。│ ┃
┃ │        │        │以下「平成24年改正条例」という。)附則第│ ┃
┃ │        │        │3条第3項の規定によりなおその効力を有する│ ┃
┃ │        │        │ものとして読み替えて適用される平成24年改│ ┃
┃ │        │        │正条例による改正前の読谷村税条例(以下「平│ ┃
┃ │        │        │成24年改正前の条例」という。)附則第8条│ ┃
┃ │        │        │第2項若しくは第4項           │ ┃
┃ ├────────┼────────┼─────────────────────┤ ┃
┃ │        │又は第9条の規定│若しくは第9条又は平成24年改正条例附則第│ ┃
┃ │        │        │3条第3項の規定によりなおその効力を有する│ ┃
┃ │        │        │ものとして読み替えて適用される平成24年改│ ┃
┃ │        │        │正前の条例附則第8条第2項若しくは第4項 │ ┃
┃ ├────────┼────────┼─────────────────────┤ ┃
┃ │附則第11条の2│から第5項まで │から第5項まで又は平成24年改正条例附則第│ ┃
┃ │第1項     │        │3条第3項の規定によりなおその効力を有する│ ┃
┃ │        │        │ものとして読み替えて適用される平成24年改│ ┃
┃ │        │        │正前の条例附則第8条第2項若しくは第4項 │ ┃
┃ └────────┴────────┴─────────────────────┘ ┃
┃                                           ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 承認第1号・専決処分の承認(読谷村税条例の一部を改正する条例)を求めることについて提案理由の説明を申し上げます。

 今回の改正は、地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律が平成24年3月31日に公布され、同年4月1日から施行されることに伴い、地方自治法第179条第1項の規定により、平成24年3月31日付で専決処分しましたので、同条第3項の規定より報告し、承認を求めるものであります。

 読谷村税条例の一部改正の主な項目は、固定資産税、土地の負担調整措置の3年延長及び住宅用地負担水準据え置き特例であります。また、東日本大震災に係る個人住民税の特例措置の延長もあわせて行います。

 以上で承認第1号の報告といたします。御審議の上、御承認くださるようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 承認第1号に対する説明は終わりました。

 これより質疑を行います。質疑ございませんか。



○議長(新垣修幸君)

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております承認第1号・専決処分の承認(読谷村税条例の一部を改正する条例)を求めることについては、会議規則第39条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱する。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、承認第1号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。まず本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に、賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから承認第1号・専決処分の承認(読谷村税条例の一部を改正する条例)を求めることについてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱する。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、承認第1号は原案のとおり承認することに決定しました。



△日程14.承認第2号・専決処分の承認(読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を求めることについてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎生活福祉部長(仲宗根盛和君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 承認第2号                                     ┃
┃                                           ┃
┃    専決処分の承認(読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を求めることに ┃
┃    ついて                                    ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村国民健康保険税条例(昭和47年読谷村条例第59号)の一部を改正する条例につ ┃
┃ いて、地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとお ┃
┃ り専決処分したので同条第3項の規定により報告し、議会の承認を求めます。       ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 読谷村告示第38号                                 ┃
┃                                           ┃
┃                   専 決 処 分                 ┃
┃                                           ┃
┃                              平成24年3月31日   ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┃                                           ┃
┃  地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、議会を招集する ┃
┃ いとまがないと認め、別紙のとおり改正するため専決処分する。             ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例をここに公布する。          ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年3月31日                               ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┃                                           ┃
┃ 読谷村条例第9号                                  ┃
┃                                           ┃
┃    読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例                 ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村国民健康保険税条例(昭和47年読谷村条例第59号)の一部を次のように改正す ┃
┃ る。                                        ┃
┃                                           ┃
┃  附則に次の1項を加える。                             ┃
┃  (東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地に係る譲渡期限の延長の特例)       ┃
┃ 15 世帯主又はその世帯に属する国民健康保険の被保険者若しくは特定同一世帯所属者が ┃
┃  法附則第44条の2第3項の規定の適用を受ける場合における附則第4項(附則第5項に ┃
┃  おいて準用する場合を含む。)の規定の適用については、附則第4項中「第36条」とあ ┃
┃  るのは「第36条(東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律 ┃
┃  (平成23年法律第29号)第11条の6第1項の規定により適用される場合を含    ┃
┃  む。)」と、「同法」とあるのは「租税特別措置法」とする。             ┃
┃                                           ┃
┃   附 則                                     ┃
┃ この条例は、平成24年4月1日から施行する。                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 承認第2号・専決処分の承認(読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を求めることについて提案理由の説明を申し上げます。

 読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、地方自治法第179条第1項の規定に基づき、平成24年3月31日付で専決処分をしましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものであります。

 本条例の改正につきましては、地方税法の一部を改正する法律等が平成24年3月31日に公布され、同年4月1日から施行されることに伴い、条例の一部を改正したものであります。改正の内容につきましては、附則第14項の次に第15項として、東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地に係る譲渡期限の延長の特例を加えております。

 以上で承認第2号の説明を終わります。御審議の上、御承認くださるようお願い申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 承認第2号に対する説明は終わりました。

 これより質疑を行います。



○議長(新垣修幸君)

 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております承認第2号・専決処分の承認(読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を求めることについては、会議規則第39条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱する。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、承認第2号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。まず本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に、賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから承認第2号・専決処分の承認(読谷村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を求めることについてを採決します。

 お諮りします。本案は原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱する。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、承認第2号は原案のとおり承認することに決定しました。



△日程15.同意第2号・固定資産評価審査委員会委員の選任(新城正雄氏)についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎村長(石嶺傳實君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 同意第2号                                     ┃
┃                                           ┃
┃    固定資産評価審査委員会委員の選任(新城正雄氏)について            ┃
┃                                           ┃
┃  読谷村の固定資産評価審査委員会委員に下記の者を専任したので、地方税法第423条第 ┃
┃ 5項に基づき、議会の同意を求めます。                        ┃
┃                                           ┃
┃                    記                      ┃
┃                                           ┃
┃   住  所  沖縄県中頭郡読谷村                         ┃
┃   氏  名  新 城 正 雄                           ┃
┃   年  齢  66歳                               ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 同意第2号・固定資産評価審査委員会委員の選任(新城正雄氏)について。読谷村固定資産評価審査委員会委員に下記の者を選任したいので地方税法第423条第5項に基づき、議会の同意を求めます。住所 沖縄県中頭郡読谷村、氏名 新城正雄、年齢 66歳。

 提案理由 同意第2号・固定資産評価審査委員会委員の選任について、地方税法第423条第5項の規定に基づき、議会の同意をいただきたく提案申し上げます。

 今回の提案は、固定資産評価審査委員会委員3名のうち島袋 強氏の任期途中の退任による補欠の委員の選任でございます。島袋氏のこれまでの2期5年間の御尽力に対し、深く感謝申し上げます。

 その後任として提案申し上げます新城正雄氏は、履歴書にもありますように昭和45年9月に読谷村役場経済課に採用され、企画課長、経済振興課長、総務課長、土木建設課長、総務企画部長を歴任され、行政経験が非常に豊富な方であり、委員として最適任者であると判断いたしましたので提案申し上げます。どうぞ、御審議のほどよろしくお願いいたします。

 別紙履歴書をつけてございます。よろしくお願いします。



○議長(新垣修幸君)

 同意第2号に対する説明は終わりました。



△日程16.諮問第2号・人権擁護委員の推薦(前田剛氏)につき意見を求めることについてと、日程17.諮問第3号・人権擁護委員の推薦(川崎盛徳氏)につき意見を求めることについての2件を一括して議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。



◎村長(石嶺傳實君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 諮問第2号                                     ┃
┃                                           ┃
┃    人権擁護委員の推薦(前田剛氏)につき意見を求めることについて         ┃
┃                                           ┃
┃  下記の者を人権擁護委員候補者として、法務大臣に対し推薦したいので、人権擁護委員法 ┃
┃ (昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定に基づき議会の意見を求めます。    ┃
┃                                           ┃
┃                    記                      ┃
┃                                           ┃
┃   住  所  沖縄県中頭郡読谷村                         ┃
┃   氏  名  前 田   剛                           ┃
┃   年  齢  53歳                               ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 諮問第2号・人権擁護委員の推薦(前田剛氏)につき意見を求めることについて。下記の者を人権擁護委員候補者として、法務大臣に対し推薦したいので、人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定に基づき議会の意見を求めます。住所 沖縄県中頭郡読谷村、氏名 前田 剛、年齢 53歳。

 提案理由 諮問第2号・人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて説明申し上げます。

 今回の提案は、大湾朝謙氏の任期満了による退任があり、その補充のための推薦であります。大湾氏につきましては、平成14年4月より人権擁護委員として御尽力いただきました。これまでの御苦労に対し衷心より敬意を表します。

 一方、推薦する方は、読谷村在住の前田 剛氏で、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めます。前田氏は、履歴書にもありますように、那覇地方法務局勤務を経て、平成9年には沖縄県司法書士会に入会し、これまで長きにわたり法務業務に携わった方で、昨今の法務事情や複雑化した社会状況に広く精通した人材であります。したがいまして、人権擁護委員として広い見地から御尽力いただける最適任者と確信し、推薦申し上げる次第でございます。

 以上を申し上げ、御審議のほどよろしくお願いいたします。別添履歴書も御参照ください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 諮問第3号                                     ┃
┃                                           ┃
┃    人権擁護委員の推薦(川崎盛徳氏)につき意見を求めることについて        ┃
┃                                           ┃
┃  下記の者を人権擁護委員候補者として、法務大臣に対し推薦したいので、人権擁護委員法 ┃
┃ (昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定に基づき議会の意見を求めます。    ┃
┃                                           ┃
┃                    記                      ┃
┃                                           ┃
┃   住  所  沖縄県中頭郡読谷村                         ┃
┃   氏  名  川 崎 盛 徳                           ┃
┃   年  齢  62歳                               ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 続きまして、諮問第3号・人権擁護委員の推薦(川崎盛徳氏)につき意見を求めることについて。下記の者を人権擁護委員候補者として、法務大臣に対し推薦したいので、人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定に基づき議会の意見を求めます。住所 沖縄県中頭郡読谷村、氏名 川崎盛徳、年齢 62歳。

 提案理由 諮問第3号・人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて説明申し上げます。

 今回の提案は、大城正憲氏の任期満了による退任予定があり、その補充のための推薦であります。退任予定の大城氏につきましては、平成21年10月より人権擁護委員として御尽力いただきました。これまでの御苦労に対し衷心より敬意を表します。

 一方、推薦する方は、読谷村在住の川崎盛徳氏で、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めます。

 川崎氏は、履歴書にもありますように、平成22年3月に読谷中学校の校長職を退職されるまで、長きにわたり教育者としてその職責を全うしてこられました。同氏は地域の方々からの信望も厚く、人格者であり、識見も広く地域社会にも精通しておられます。したがいまして、人権擁護委員としての広い見地から御尽力いただける最適任者と確信し、推薦申し上げる次第でございます。

 以上、説明申し上げ、御審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(新垣修幸君)

 諮問第2号及び諮問第3号に対する説明は終わりました。



△日程18.報告第4号・平成23年度読谷村繰越明許費繰越計算書についてを議題とします。提案者の報告を求めます。



◎総務企画部長(儀間敏光君)

報告第4号

                     平成23年度読谷村繰越明許費繰越計算書について



 地方自治法施行令第146条第2項の規定により、繰越明許費繰越計算書を調製しましたので報告します。



                     平成23年度読谷村繰越明許費繰越計算書(一般会計)


                                                                          (単位:円)
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃        │        │             │      │      │           左 の 財 源 内 訳           ┃
┃        │        │             │      │  翌年度  ├─────┬───────────────────┬──────┨
┃    款    │    項    │    事 業 名    │  金 額  │  繰越額  │ 既 収 入 │      未収入特定財源      │      ┃
┃        │        │             │      │      │ 特定財源 ├──────┬──────┬─────┤ 一般財源 ┃
┃        │        │             │      │      │     │ 国県支出金 │  地方債  │ その他 │      ┃
┠────────┼────────┼─────────────┼──────┼──────┼─────┼──────┼──────┼─────┼──────┨
┃2 総務費   │1 総務管理費 │跡地利用推進事業     │ 10,500,000│ 10,500,000│     0│      0│      0│     0│ 10,500,000┃
┠────────┼────────┼─────────────┼──────┼──────┼─────┼──────┼──────┼─────┼──────┨
┃4 衛生費   │1 保健衛生費 │墓地土地利用対策事業   │  1,817,000│  1,733,000│     0│      0│      0│     0│  1,733,000┃
┠────────┼────────┼─────────────┼──────┼──────┼─────┼──────┼──────┼─────┼──────┨
┃4 衛生費   │1 保健衛生費 │火葬場整備事業      │ 12,369,000│ 11,550,000│     0│      0│      0│     0│ 11,550,000┃
┠────────┼────────┼─────────────┼──────┼──────┼─────┼──────┼──────┼─────┼──────┨
┃6 農林水産業費│1 農業費   │県営関係事業       │  2,487,000│  2,487,000│     0│      0│      0│     0│  2,487,000┃
┠────────┼────────┼─────────────┼──────┼──────┼─────┼──────┼──────┼─────┼──────┨
┃6 農林水産業費│1 農業費   │地域農業経営支援整備事業 │ 466,312,000│ 465,094,000│     0│ 465,094,000│      0│     0│      0┃
┠────────┼────────┼─────────────┼──────┼──────┼─────┼──────┼──────┼─────┼──────┨
┃8 土木費   │2 道路橋梁費 │村道楚辺座喜味線整備事業 │ 17,325,000│ 17,325,000│     0│      0│      0│     0│ 17,325,000┃
┠────────┼────────┼─────────────┼──────┼──────┼─────┼──────┼──────┼─────┼──────┨
┃8 土木費   │2 道路橋梁費 │楚辺通信所周辺復帰先地公共│ 37,380,000│ 26,292,000│     0│ 21,773,000│      0│     0│  4,519,000┃
┃        │        │施設整備事業       │      │      │     │      │      │     │      ┃
┠────────┼────────┼─────────────┼──────┼──────┼─────┼──────┼──────┼─────┼──────┨
┃8 土木費   │2 道路橋梁費 │長浜地内排水路整備事業  │ 21,525,000│ 16,275,000│     0│ 13,125,000│      0│     0│  3,150,000┃
┠────────┼────────┼─────────────┼──────┼──────┼─────┼──────┼──────┼─────┼──────┨
┃8 土木費   │3 都市計画費 │都市公園安全安心整備事業 │  5,781,000│  5,403,000│     0│  2,140,000│      0│     0│  3,263,000┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃        │        │             │      │      │           左 の 財 源 内 訳           ┃
┃        │        │             │      │  翌年度  ├─────┬───────────────────┬──────┨
┃    款    │    項    │    事 業 名    │  金 額  │  繰越額  │ 既 収 入 │      未収入特定財源      │      ┃
┃        │        │             │      │      │ 特定財源 ├──────┬──────┬─────┤ 一般財源 ┃
┃        │        │             │      │      │     │ 国県支出金 │  地方債  │ その他 │      ┃
┠────────┼────────┼─────────────┼──────┼──────┼─────┼──────┼──────┼─────┼──────┨
┃10 教育費   │3 中学校費  │読谷中学校運動場整備事業 │ 12,100,000│      0│     0│      0│      0│     0│      0┃
┠────────┴────────┴─────────────┼──────┼──────┼─────┼──────┼──────┼─────┼──────┨
┃              合  計              │ 587,596,000│ 556,659,000│     0│ 502,132,000│      0│     0│ 54,527,000┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛

  平成24年6月19日提出
                                                                   読谷村長 石 嶺 傳 實


 報告第4号・平成23年度読谷村繰越明許費に係る繰越計算書を調製しましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき、報告申し上げます。

 繰越明許の手続は10事業ありましたが、読谷中学校運動場整備事業については、3月31日までに事業が完了しましたので、残り9事業について款ごとに合計額を申し上げます。

 2款総務費、跡地利用推進事業で1,050万円、4款衛生費、墓地土地利用対策事業外1件で1,328万3,000円、6款農林水産業費、県営関係事業外1件で4億6,758万1,000円、8款土木費、村道楚辺座喜味線整備事業外3件で6,529万5,000円となっており、9事業で5億5,665万9,000円でございます。

 次に翌年度繰越額の財源内訳を申し上げます。未収入特定財源の国県支出金は5億213万2,000円、一般財源は5,452万7,000円となっております。

 以上で平成23年度読谷村繰越明許費繰越計算書の報告といたします。



○議長(新垣修幸君)

 報告第4号に対する報告は終わりました。

 これより質疑を行います。質疑ございませんか。



○議長(新垣修幸君)

 質疑なしと認め、報告第4号に対する報告を終わります。



△日程19.報告第5号・平成24年度沖縄県町村土地開発公社事業計画及び予算の報告についてを議題とします。提案者の報告を求めます。



◎建設経済部長(比嘉隆雄君)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 報告第5号                                     ┃
┃                                           ┃
┃    平成24年度沖縄県町村土地開発公社事業計画及び予算の報告について       ┃
┃                                           ┃
┃  地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第2項の規定により、平成24年 ┃
┃ 度沖縄県町村土地開発公社事業計画及び予算を別紙のとおり報告します。         ┃
┃                                           ┃
┃  平成24年6月19日提出                             ┃
┃                              読谷村長 石 嶺 傳 實 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 報告第5号・平成24年度沖縄県町村土地開発公社事業計画及び予算の報告について説明申し上げます。

 初めに事業計画の説明を申し上げます。2ページ、3ページをお願いします。本年度の取得造成計画としましては、道路、公園、教育施設等、公有地取得事業として920平米の7億709万円、土地造成事業としまして8,560万2,000円、本年度の公有地取得造成計画の合計は920平米で7億9,269万2,000円でございます。

 次に予算について説明申し上げます。9ページをお願いします。収益的収入といたしまして、1款事業収益から3款特別利益までの合計金額は7億5,101万2,000円となっております。

 次に10ページをお願いします。収益的支出についてでありますが、1款事業原価から6款予備費までの合計金額は6億2,585万9,000円を予定しております。

 次に11ページをお願いします。第3条資本的収入は27億9,532万9,000円となっております。資本的支出は30億5,291万5,000円となっておりまして、不足する額2億5,758万6,000円は、損益勘定留保資金等で補てんをしてまいります。

 次に読谷支社関係事業の説明を申し上げます。平成24年度は、読谷支社関係の事業はございません。

 20ページ以降に資金計画等の資料が添付されておりますので御参照いただきたいと思います。

 なお、平成24年度当初計画においては、読谷支社関係の事業はありませんが、村道中央残波線、楚辺座喜味線、波平〜都屋線事業用地については、読谷中部地区県営畑地帯総合整備事業などとの関連及び各路線の早期整備を図るため、沖縄県町村土地開発公社と事業計画の変更を今年度中に行う旨の協議を行っているところであります。

 以上、説明を申し上げ、地方自治法第243条の3第2項の規定により、平成24年度沖縄県町村土地開発公社事業計画及び予算の報告といたします。



○議長(新垣修幸君)

 報告第5号に対する報告は終わりました。

 これより質疑を行います。質疑ございませんか。



◆18番(國吉雅和君)

 今、報告第5号について担当部長から報告いただきましたけれども、最後の説明のくだりのところで、読谷補助飛行場の3道路の用地取得について国の予算確保を待っていては、物事の進捗が遅滞するおそれがあると、そういうことで公社の資金を活用して、平成24年度の資金計画にはその件は載っていないわけでございますけれども、部長の説明にもありましたように、ぜひともこの事業を資金計画に、この3道路の用地買収の費用を調整してもらって、道路工事を速やかに進めることを当局に要請したいのですけれども、そこら辺の感触はどうですか。



◎土木建設課長(新城直喜君)

 お答えいたします。今現在、土木建設課では、町村土地開発公社の課長補佐などと調整しております。それで感触といたしましては、いい感触を受けておりまして、私たちが思うような事業が進められるような配慮をいただけるものと思っております。



○議長(新垣修幸君)

 ほかに質疑はございませんか。



○議長(新垣修幸君)

 これで質疑を終わります。報告第5号に対する報告を終わります。

 本日の議事日程はすべて終了しました。

 これにて散会いたします。



     午前11時53分 散会