議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 読谷村

平成24年第406回読谷村議会臨時会会議録 02月24日−01号




平成24年第406回読谷村議会臨時会会議録 − 02月24日−01号







平成24年第406回読谷村議会臨時会会議録



第406回読谷村議会臨時会会議録



第406回読谷村議会臨時会は、平成24年2月24日読谷村議会議事堂に招集された。



応招議員は次のとおりである。

      1番 知 花 徳 栄 君         3番 仲宗根 盛 良 君

      4番 伊 波   篤 君         6番 大 城 行 治 君

      7番 當 間 良 史 君         8番 上 地 利枝子 君

      9番 山 城 正 輝 君        10番 城 間   勇 君

     11番 嘉手苅 林 春 君        12番 津波古 菊 江 君

     13番 山 内 政 徳 君        14番 長 浜 宗 則 君

     15番 照 屋 清 秀 君        16番 上 地   栄 君

     17番 伊 佐 眞 武 君        18番 國 吉 雅 和 君

     19番 新 垣 修 幸 君





不応招議員は次のとおりである。

      2番 比 嘉 郁 也 君        5番 當 山 勝 吉 君





出席議員は次のとおりである。

  出席議員は応招議員と同じである。





欠席議員は次のとおりである。

  欠席議員は不応招議員と同じである。





地方自治法第121条の規定により、説明のため本会議に出席した者は次のとおりである。

 村    長   石 嶺 傳 實 君      副  村  長   池 原 栄 順 君

 教  育  長   比 嘉 源 勇 君      総務企画部長   儀 間 敏 光 君

 建設経済部長   比 嘉 隆 雄 君      生活福祉部長   仲宗根 盛 和 君

 教 育 次 長    與 儀   優 君      会計管理者    知 花   毅 君

 総 務 課 長    與那覇   準 君      企画財政課長   與那覇   操 君

 跡地利用推進

 課    長   大 城 友 誼 君      教育総務課長   喜 瀬   栄 君





職務のため本会議に出席した事務局職員は次のとおりである。

 事 務 局 長    松 田   修 君      事務局次長    山 内 明 秀 君

 議 会 主 任    當 山 克 伯 君





本日の会議に付した事件は次のとおりである。

 日程 1.会議録署名議員の指名

 日程 2.会期の決定

 日程 3.意見書第1号・嘉手納弾薬庫地区内における弾薬の爆破処理強行に対する意見書

 日程 4.決議第 1 号・嘉手納弾薬庫地区内における弾薬の爆破処理強行に対する抗議決

             議











     午前10時03分 開会







○議長(新垣修幸君)

 ただいまから平成24年第406回読谷村議会臨時会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。

 議席2番・比嘉郁也議員が所用のため欠席する旨の届け出が出ております。



△日程1.会議録署名議員の指名を行います。本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により議席6番・大城行治議員と議席13番・山内政徳議員を指名いたします。



△日程2.会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。本臨時会の会期は本日1日間にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、本臨時会の会期は本日1日間に決定しました。



△日程3.意見書第1号・嘉手納弾薬庫地区内における弾薬の爆破処理強行に対する意見書と日程4.決議第1号・嘉手納弾薬庫地区内における弾薬の爆破処理強行に対する抗議決議についてを一括して議題とします。提案者の提案理由を求めます。



◆16番(上地栄君)

 意見書第1号、読み上げて提案にかえたいと思います。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 意見書第1号                                    ┃
┃                                           ┃
┃     嘉手納弾薬庫地区内における弾薬の爆破処理強行に対する意見書         ┃
┃                                           ┃
┃  上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。        ┃
┃                                           ┃
┃                            平成24年2月24日提出   ┃
┃                                           ┃
┃                      提出者                  ┃
┃                        読谷村議会議員 上 地   栄 印  ┃
┃                      賛成者                  ┃
┃                        読谷村議会議員 仲宗根 盛 良 印  ┃
┃                        同       伊 波   篤 印  ┃
┃                        同       大 城 行 治 印  ┃
┃                        同       當 間 良 史 印  ┃
┃                        同       城 間   勇 印  ┃
┃                        同       長 浜 宗 則 印  ┃
┃                        同       伊 佐 眞 武 印  ┃
┃                        同       國 吉 雅 和 印  ┃
┃                                           ┃
┃ 読 谷 村 議 会                                 ┃
┃  議長 新 垣 修 幸 殿                             ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 意見書第1号                                    ┃
┃                                           ┃
┃     嘉手納弾薬庫地区内における弾薬の爆破処理強行に対する意見書         ┃
┃                                           ┃
┃  去る1月29日において、米空軍は嘉手納弾薬庫地区内で弾薬爆破の処理を読谷村の度重 ┃
┃ なる中止要請にもかかわらず強行した。                        ┃
┃  当日は弾薬庫に近い喜名小学校をはじめ村内4小学校においても子どもたちが学習の成果 ┃
┃ を発表する年に一度の大事な学芸会であったにもかかわらず、弾薬の爆破処理を強行したこ ┃
┃ とは誠に遺憾であり、許せるものではない。                      ┃
┃  また、大きな爆発音と黒煙が上がった処分地点は喜名小学校や住民の住宅地域にも近く、 ┃
┃ 目撃者によると、ドンと地響きがするような大きな爆発音に思わず身をすくめるぐらい恐怖 ┃
┃ を与える程の音であったと話している。                        ┃
┃  このように周辺住民に不安と恐怖を与えるような弾薬の爆破処理を周辺自治体の中止要請 ┃
┃ にも耳を貸さず強行した米軍当局の行為は、周辺住民の命と暮らしを全く無視したものであ ┃
┃ り、怒りを覚えるものである。                            ┃
┃  また、常日頃から嘉手納基地からの爆音によって静かな環境が脅かされている本村にとっ ┃
┃ て決して看過できるものではない。                          ┃
┃  よって、読谷村議会は、村民の生命、財産、安全を守る立場から今回の弾薬の爆破処理に ┃
┃ 強く抗議するとともに二度とこのような教育環境を悪化させ、周辺住民を恐怖と不安に陥れ ┃
┃ ることのないよう下記事項について強く要請する。                   ┃
┃                                           ┃
┃                     記                     ┃
┃                                           ┃
┃ 1.今回の爆破処理による大きな爆発音と黒煙について早急に原因を究明し公表することを ┃
┃   米軍に要求すること。                              ┃
┃ 2.地域住民に影響を及ぼす爆破処理については即時中止することを米軍に対し要求するこ ┃
┃   と。                                      ┃
┃                                           ┃
┃  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。              ┃
┃                                           ┃
┃                                平成24年2月24日 ┃
┃                                沖縄県読谷村議会   ┃
┃                                           ┃
┃ あて先                                       ┃
┃  外務大臣、防衛大臣、沖縄防衛局長、外務省特命全権大使(沖縄担当)         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 続きまして決議第1号を読み上げて提案にかえます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 決議第1号                                     ┃
┃                                           ┃
┃    嘉手納弾薬庫地区内における弾薬の爆破処理強行に対する抗議決議         ┃
┃                                           ┃
┃  上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。        ┃
┃                                           ┃
┃                            平成24年2月24日提出   ┃
┃                                           ┃
┃                     提出者                   ┃
┃                       読谷村議会議員 上 地   栄 印   ┃
┃                     賛成者                   ┃
┃                       読谷村議会議員 仲宗根 盛 良 印   ┃
┃                       同       伊 波   篤 印   ┃
┃                       同       大 城 行 治 印   ┃
┃                       同       當 間 良 史 印   ┃
┃                       同       城 間   勇 印   ┃
┃                       同       長 浜 宗 則 印   ┃
┃                       同       伊 佐 眞 武 印   ┃
┃                       同       國 吉 雅 和 印   ┃
┃                                           ┃
┃ 読 谷 村 議 会                                 ┃
┃  議長 新 垣 修 幸 殿                             ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 決議第1号                                     ┃
┃                                           ┃
┃    嘉手納弾薬庫地区内における弾薬の爆破処理強行に対する抗議決議         ┃
┃                                           ┃
┃  去る1月29日において、米空軍は嘉手納弾薬庫地区内で弾薬爆破の処理を読谷村の度重 ┃
┃ なる中止要請にもかかわらず強行した。                        ┃
┃  当日は弾薬庫に近い喜名小学校をはじめ村内4小学校においても子どもたちが学習の成果 ┃
┃ を発表する年に一度の大事な学芸会であったにもかかわらず、弾薬の爆破処理を強行したこ ┃
┃ とは誠に遺憾であり、許せるものではない。                      ┃
┃  また、大きな爆発音と黒煙が上がった処分地点は喜名小学校や住民の住宅地域にも近く、 ┃
┃ 目撃者によると、ドンと地響きがするような大きな爆発音に思わず身をすくめるぐらい恐怖 ┃
┃ を与える程の音であったと話している。                        ┃
┃  このように周辺住民に不安と恐怖を与えるような弾薬の爆破処理を周辺自治体の中止要請 ┃
┃ にも耳を貸さず強行した米軍当局の行為は、周辺住民の命と暮らしを全く無視したものであ ┃
┃ り、怒りを覚えるものである。                            ┃
┃  また、常日頃から嘉手納基地からの爆音によって静かな環境が脅かされている本村にとっ ┃
┃ て決して看過できるものではない。                          ┃
┃  よって、読谷村議会は、村民の生命、財産、安全を守る立場から今回の弾薬の爆破処理に ┃
┃ 強く抗議するとともに二度とこのような教育環境を悪化させ、周辺住民を恐怖と不安に陥れ ┃
┃ ることのないよう下記事項について強く要求する。                   ┃
┃                                           ┃
┃                     記                     ┃
┃                                           ┃
┃ 1.今回の爆破処理による大きな爆発音と黒煙について早急に原因を究明し公表すること。 ┃
┃ 2.地域住民に影響を及ぼす爆破処理については即時中止すること。           ┃
┃                                           ┃
┃  以上、決議する。                                 ┃
┃                                           ┃
┃                                平成24年2月24日 ┃
┃                                沖縄県読谷村議会   ┃
┃                                           ┃
┃ あて先                                       ┃
┃  在日米軍司令官、在日米軍沖縄地域調整官、在沖米国総領事、             ┃
┃  嘉手納基地第18航空団司令官                           ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上、提案申し上げます。



○議長(新垣修幸君)

 意見書第1号及び決議第1号に対する説明は終わりました。

 これより質疑を行います。



◆9番(山城正輝君)

 嘉手納弾薬庫地区内における弾薬の爆破処理強行に対する意見書、抗議決議について3点ほどお聞きいたします。1点は、1月29日のこの爆破の処理をめぐることでありますが、これはその以前からたびたび行われているようで、周辺村民のほうではあれは何の音なのかということをたびたび私どもも聞かされています。以前からこれは続いてきているし、回数が多くなってくるとか、あるいは日にちが縮まってきているとかというようなこともあるように思われるということであります。それでこの実態について、もちろん弾薬庫のこの処理の実態、それから村民の被害まではいかなくても、受けている影響などについての実態調査がどのように行われているのかということで、これは村にも、議会としてもお聞きしたいと思うし、今後、これが常態化していくという可能性をはらんでいるように私は思うので、ここは少し強化して、科学的なデータをつなげていくという必要があるだろうと思うんです。29日、その日は私も喜名小学校の屋内にいまして、実際、体験したんですけれども、地震関係でいわば震度4から5ぐらいのガラスの揺れだったなと私は思うんです。そこら辺をどのぐらいの力なのか、爆発音なのかを調査してほしいなというようなことで、それについてどう考えていますか。

 それからあと1点は、肝心なのは、この基地内の処理状況、この場所がどうなっているのかということであります。だからこれはけさの沖縄タイムスなどでも、県議会のほうでは基地立ち入りを含めた基本条例をつくろうという動きにもなっているようですので、私は基地の中に立ち入りして、その場所を確認するとかということの必要性が出てきたなと思うんです。だからこの基地の立ち入り調査について、基地関係調査特別委員会あたりでどう考えているのか、2点お伺いします。

 それからあと1点は、学校への対応ですけれども、あれだけの揺れでしたら、これは子供たち大変だなと私は思います。ちょうどその日は学習発表会、あるいは通常の授業ですから、父母もいらっしゃるし、関係者もいろいろいらっしゃいましたので、そういう騒然とした状態はないけれども、ふだんだったらこれは騒然とするなというような感じを受けているし、実際、去年の9月か10月ごろの処理のときには低学年生のほうでは外に出るというような実態もあったようです。私はこれを聞いて、この感覚は正常だなと思ったんです。これが鈍ってしまって、慣れっこになってしまったらやばいなと思うので、そこら辺は教育現場でどう指導するか、私は個人的にすれば爆音があったら外へ出ようとか、避難しようとかいうぐらいのことは日常的にやっておく必要もあるんじゃないかということも思ったりするので、教育現場でこれをどう指導していくのか少し考えてみないといかんなと思うんです。基地被害についてはあっちこっちあるわけですけれども、ただ29日の件については、私のほうにはまだ因果関係はっきりしないからそのときに割れたガラスだということの確証はないんだけれども、少なくともあの日、朝仕事に出かけるときはガラスは割れていなかったと、帰ってきたらガラスが割れていたということで届けられたこともあるんですよ、これは喜名と伊良皆の境界あたり、給油所の近くですけれども。その因果関係がはっきりすればもっと明確に公表できるんだけれども、そういう可能性を含んだ被害も実際には起きているということもあるので、その辺を綿密に調査、基地に立ち入り調査ですね、現場の対応というものを少し考えていかないといけないと思うので3点お伺いします。



◆16番(上地栄君)

 1点目の抗議に関して以前から行われているかにつきましては、私が議員になってからは今回が初めてですが、全協でもお話がありましたように以前からそれはあるということでございます。

 それから実態につきましては、やはりそこに住んでいる方々というのは非常にすさまじい音で驚いていたと、そしてまたガラスにひびが入ってどうするんだという問題、声としては、そこに住んでいる方ですが、震度1ぐらいはあったということ、これは具体的な機械による調査ではありませんので何とも言えませんが、かなり揺れがあったということは考えられると思います。

 それから場所については、喜名小学校から大体2キロメートル地点というのはインターネットの写真から把握はできるわけでございます。基地関係調査特別委員会でも、あるいはまた総務委員会でも、これは総務委員会ですと財産調査という立場から入ったほうがいいんじゃないかという意見もございます。基地関係調査特別委員会の立場からはこの件については真剣に入る入らないの議論はしていないんですけれども、私個人的は入ってですね、本当にこの弾薬庫内で弾薬を処理するわけですから、非常に危ないのではないかという感じを持っておりまして、そういう形でいずれ調査が必要だなと考えを持っております。

 学校側の対応につきましては、喜名小学校の校長にきのう電話を入れましたら、やはり当日は大変だったと。午前中は少し音は小さかったようであったけれども、しかし11時ごろからかなり激しい音がなって、授業が中断する、あるいは集中力が低下するという状況があったと聞いておりまして、やはりこれは学力低下にもつながるし、そういう意味では、また恐怖心も与える状況がございますので、ぜひともこれはやめてもらいたいと強い訴えを校長から受けたところでございます。



○議長(新垣修幸君)

 ほかにございませんか。

 休憩いたします。

     午前10時19分 休憩

     午前10時32分 再開



○議長(新垣修幸君)

 再開いたします。

 ほかに質疑ございませんか。



○議長(新垣修幸君)

 これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただいま議題となっております意見書第1号・嘉手納弾薬庫地区内における弾薬の爆破処理強行に対する意見書と決議第1号・嘉手納弾薬庫地区内における弾薬の爆破処理強行に対する抗議決議については、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、意見書第1号及び決議第1号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。まず意見書第1号に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから意見書第1号・嘉手納弾薬庫地区内における弾薬の爆破処理強行に対する意見書についてを採決します。

 本案は起立によって採決します。意見書第1号に対し、賛成の方は起立願います。

    「起立」全員



○議長(新垣修幸君)

 起立全員であります。したがって、意見書第1号は原案のとおり採択されました。

 次に決議第1号について討論を行います。本案に対する反対者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 次に賛成者の発言を許します。



○議長(新垣修幸君)

 討論なしと認め、これで討論を終わります。

 これから決議第1号・嘉手納弾薬庫地区内における弾薬の爆破処理強行に対する抗議決議についてを採決します。

 本案は起立によって採決します。決議第1号に対し、賛成の方は起立願います。

    「起立」全員



○議長(新垣修幸君)

 起立全員であります。したがって、決議第1号は原案のとおり採択されました。

 議決事件の議事整理についてお諮りします。会議規則第45条の規定により、第406回読谷村議会臨時会において議決した事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に一任することに御異議ありませんか。

    多数「異議なし」を唱うる。



○議長(新垣修幸君)

 異議なしと認めます。したがって、本臨時会において議決した事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に一任することに決しました。

 本日の議事日程はすべて終了しました。

 これにて閉会いたします。



     午前10時35分 閉会





 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





          読谷村議会議長



           新 垣 修 幸



                         印



          読谷村議会議員



           大 城 行 治



                         印



          読谷村議会議員



           山 内 政 徳



                         印