議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成24年第5回定例会 06月22日−03号




平成24年第5回定例会 − 06月22日−03号







平成24年第5回定例会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃              平成24年第5回宜野座村議会定例会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 24 年 6 月 19 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 閉 の 日 時 │開 議│  平成24年6月22日 午前10時09分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │閉 会│  平成24年6月22日 午前10時59分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  石 川 幹 也  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  安 富   繁  │ ○ │ 10 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃出 席   12 名 │ 3 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 11 │  島 袋   榮  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃欠 席   0 名 │ 5 │  伊 芸 朝 健  │ ○ │ 12 │  仲 本   彰  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃  凡   例   │ 6 │  當 眞   淳  │ ○ │ 13 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │   │          │   ┃
┃×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │   │          │   ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 3 │   當 眞 嗣 則     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 5 │   伊 芸 朝 健     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事 務 局 長│  津嘉山 博 文                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │係     長│  山 内 慶 一                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │産業振興課長 │  山 城   智  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │副  村  長│  仲宗根   勲  │建 設 課 長│  仲 程   正  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │上下水道課長 │  山 城 次 雄  ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  照 屋 忠 利  │学校教育課長 │  平 田 嗣 義  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃により説明のため  │総 務 課 長│  新 里 隆 博  │社会教育課長 │  宮 里 久 美  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │企 画 課 長│  新 里 清 次  │       │          ┃
┃出席した者の職氏名 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │村民生活課長 │  金 武   司  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │健康福祉課長 │  照 屋 勝 治  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃          │事 務 局 長│          │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃会 議 の 経 過 │別 紙 の と お り                          ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







        平成24年第5回宜野座村議会定例会議事日程(第3号)

                                         平成24年6月22日
                                         開 議 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │議案第24号   │平成24年度宜野座村一般会計補正予算(第1号)について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (委員長報告・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │承認第1号   │宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について    ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  3  │承認第2号   │宜野座村固定資産税の課税免除に関する条例の全部を改正する条例の専決┃
┃    │        │処分の承認について                        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  4  │承認第3号   │宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認につ┃
┃    │        │いて                               ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  5  │報告第2号   │平成23年度宜野座村繰越明許費繰越計算書の報告について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (報告・質疑)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  6  │報告第3号   │平成23年度漢那漁港改修工事請負改定契約の専決処分の報告について  ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (報告・質疑)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  7  │選挙第1号   │宜野座村選挙管理委員会委員の選挙について             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  8  │選挙第2号   │宜野座村選挙管理委員会委員補充員の選挙について          ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  9  │抗議決議第1号 │垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍普天間飛行場への配備計画の即┃
┃    │        │時撤回を求める抗議決議(案)                   ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  10  │意見書第2号  │垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍普天間飛行場への配備計画の即┃
┃    │        │時撤回を求める意見書(案)                    ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (一括上程・説明・質疑・討論・採決)        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  11  │決議第2号   │議員派遣について                         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (上程・採決)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) これから本日の会議を開きます。(10時09分)



△日程第1.議案第24号 平成24年度宜野座村一般会計補正予算(第1号)についてを議題とします。

 本案について委員長の報告を求めます。

 伊芸朝健予算特別委員長。



◎予算特別委員長(伊芸朝健) 審査報告につきましては、お手元に配付しました報告書を読み上げ、委員長報告とさせていただきます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成24年6月22日┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山 朝 安 殿                                   ┃
┃                                               ┃
┃                                    予算特別委員会    ┃
┃                                    委員長 伊 芸 朝 健┃
┃                                               ┃
┃                   予算審査委員会審査報告書                ┃
┃                                               ┃
┃ 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第77条の規定により報┃
┃告します。                                          ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃  ┌──────┬─────────────────────────┬───────┐   ┃
┃  │ 事件番号 │         件     名         │ 審査の結果 │   ┃
┃  ├──────┼─────────────────────────┼───────┤   ┃
┃  │議案第24号 │平成24年度宜野座村一般会計補正予算(第1号)につい│原案可決すべき│   ┃
┃  │      │て                        │ものと決定  │   ┃
┃  └──────┴─────────────────────────┴───────┘   ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上をもちまして委員会の審査報告を終わります。



○議長(多嘉山朝安) 以上で委員長の報告を終わります。

 これから委員長報告に対する質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これから議案第24号 平成24年度宜野座村一般会計補正予算(第1号)について討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第24号を採決します。

 本案に対する委員長の報告は原案可決です。

 お諮りします。

 本案は、委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第24号は、委員長報告のとおり可決されました。



△日程第2.承認第1号 宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 承認第1号 宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について御説明申し上げます。

 本案件は、地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律(平成24年法律第17号)、地方税法施行令の一部を改正する政令(平成24年政令第109号)及び地方税法施行規則等の一部を改正する省令(平成24年総務省令第28号)が平成24年3月31日にそれぞれ公布され、同年4月1日から施行することに伴い、宜野座村税条例の一部を改正し、同日より施行する必要があるが、同条例の改正について議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分いたしました。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、承認くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 承認第1号、宜野座村税条例の一部改正の専決処分承認を求めることについて御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃承認第1号                                          ┃
┃                                               ┃
┃          宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について        ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定に基づき、別紙のとおり専決処分したので、 ┃
┃同条第3項の規定により、これを報告し、承認を求める。                     ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年6月19日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃                専  決  処  分  書                  ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、宜野座村税条例(昭和47年条例第30 ┃
┃号)の一部を改正する条例を別紙のとおり専決処分する。                     ┃
┃                                               ┃
┃理   由                                          ┃
┃ 本件は、地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律(平成24年法律第17号)、┃
┃地方税法施行令の一部を改正する政令(平成24年政令第109号)及び地方税法施行規則等の一部を改正す ┃
┃る省令(平成24年総務省令第28号)が平成24年3月31日にそれぞれ公布され、同年4月1日から施行され┃
┃ることになりました。                                     ┃
┃ これに伴い、宜野座村税条例の一部を改正し同年4月1日より施行する必要があるが、同条例の改正に┃
┃ついて議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分する。  ┃
┃                                               ┃
┃                                 平成24年3月30日      ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃               宜野座村税条例等の一部を改正する条例              ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村税条例(昭和47年条例第30号)の一部を次のように改正する。              ┃
┃                                               ┃
┃ 第36条の2第1項ただし書中「、寡婦(寡夫)控除額」を削る。                 ┃
┃ 附則第10条の2第7項中「附則第7条第9項各号」を「附則第7条第8項各号」に改め、同条第8項中┃
┃ 「附則第7条第10項各号」を「附則第7条第9項各号」に改める。                ┃
┃ 附則第11条の見出し中「平成18年度から平成20年度」を「平成24年度から平成26年度」に改め、同条第┃
┃3号中「住宅用地 法附則第17条第3項」を「削除」に改め、同条第6号中、「附則第18条第7項」を ┃
┃「附則第18条第6項」に改める。                                ┃
┃ 附則第11条の2の見出しを「(平成25年度又は平成26年度における土地の価格の特例)」に改め、同条┃
┃第1項中「平成22年度分又は平成23年度分」を「平成25年度分又は平成26年度分」に改め、同条第2項中┃
┃「平成22年度適用土地又は平成22年度類似適用土地」を「平成25年度適用土地又は平成25年度類似適用土┃
┃地」に、「平成23年度分」を「平成26年度分」に改める。                     ┃
┃ 附則第12条の見出し及び同条第1項中「平成21年度から平成23年度」を「平成24年度から平成26年度」┃
┃に改め、同条第2項中「住宅用地又は商業地等」を「商業地等」に、「平成21年度から平成23年度」を ┃
┃「平成24年度から平成26年度」に改め、「、住宅用地にあつては10分の8、商業地等にあつては」を削 ┃
┃り、同条第3項中「平成21年度から平成23年度」を「平成24年度から平成26年度」に改め、同条第4項を┃
┃削り、同条第5項中「平成21年度から平成23年度」を「平成24年度から平成26年度」に改め、同項を同条┃
┃第4項とし、同条第6項中「平成21年度から平成23年度」を「平成24年度から平成26年度」に改め、同項┃
┃を同条第5項とする。                                     ┃
┃ 附則第13条の見出し及び同条中「平成21年度から平成23年度」を「平成24年度から平成26年度」に改め┃
┃る。                                             ┃
┃ 附則第15条第1項中「第6項」を「第5項」に、「平成21年度から平成23年度」を「平成24年度から平┃
┃成26年度」に改め、同条第2項中「平成24年3月31日」を「平成27年3月31日」に改める。      ┃
┃附則第21条の次に次の1条を加える。                              ┃
┃ 第21条の2 法附則第41条第15項各号に掲げる固定資産について同項の規定の適用を受けようとする者┃
┃  は、次の各号に掲げる書類を村長に提出しなければならない。                 ┃
┃ (1)当該固定資産を事業の用に供する者が法附則第41条第15項に規定する特定移行一般社団法人等 ┃
┃  (以下この条において「特定移行一般社団法人等」という。)に該当することを明らかにする書類 ┃
┃ (2)次に掲げる事項を記載した書類                             ┃
┃  ア 法附則第41条第15項の適用を受けようとする土地の所在、地番、地目及び地籍並びにその用途 ┃
┃  イ 法附則第41条第15項の規定の適用を受けようとする家屋の所在、家屋番号、種類、構造及び床面┃
┃   積並びにその用途                                    ┃
┃  ウ 法附則第41条第15項の規定の適用を受けようとする償却資産の所在、種類及び数量並びにその用┃
┃   途                                           ┃
┃ (3)特定移行一般社団法人等が幼稚園、図書館又は博物館法第2条第1項の博物館(次号及び第5号┃
┃   において「博物館」という。)を設置した年月日を記載した書類               ┃
┃ (4)特定移行一般社団法人等が当該固定資産を直接保育、図書館又は博物館の用に供し始めた時期を┃
┃   記載した書類                                      ┃
┃ (5)当該固定資産が特定移行一般社団法人等で幼稚園、図書館又は博物館を設置するものの所有に属┃
┃   しないものである場合にあっては、第1号から前号までに掲げるもののほか、当該固定資産を当該┃
┃   特定移行一般社団法人等に無料で使用させていることを証する書類              ┃
┃ 附則第22条の次に次の1条を加える。                             ┃
┃  (東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地に係る譲渡期限の延長の特例)           ┃
┃ 第22条の2 その有していた家屋でその居住の用に供していたものが東日本大震災(平成23年3月11日┃
┃  に発生した東北地方太平洋沖地震及びこれに伴う原子力発電所の事故による災害をいう。)により滅┃
┃  失(東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律(平成23年法律第29号。以┃
┃  下この項及び次条において「震災特例法」という。)第11条の6第1項に規定する滅失をいう。以下┃
┃  この項において同じ。)をしたことによつてその居住の用に供することができなくなつた所得割の納┃
┃  税義務者が、当該滅失をした当該家屋の敷地の用に供されていた土地又は当該土地の上に存する権利┃
┃  の譲渡(震災特例法第11条の4第6項に規定する譲渡をいう。)をした場合には、附則第17条第1項┃
┃  中「第36条」とあるのは「第36条(東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する┃
┃  法律(平成23年法律第29号)第11条の6第1項の規定により適用される場合を含む。)」と、「同法┃
┃  第31条第1項」とあるのは「租税特別措置法第31条第1項」と、附則第17条の2第3項中「第37条の┃
┃  9の5まで」とあるのは「第37条の9の5まで(東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時┃
┃  特例に関する法律第11条の6第1項の規定により適用される場合を含む。)」と、附則第17条の3第┃
┃  1項中「租税特別措置法第31条の3第1項」とあるのは「東日本大震災の被災者等に係る国税関係法┃
┃  律の臨時特例に関する法律第11条の6第1項の規定により適用される租税特別措置法第31条の3第1┃
┃  項」と、附則第18条第1項中「第36条」とあるのは「第36条(東日本大震災の被災者等に係る国税関┃
┃  係法律の臨時特例に関する法律第11条の6第1項の規定により適用される場合を含む。)」と、「同┃
┃  法第32条第1項」とあるのは「租税特別措置法第32条第1項」として、附則第17条、附則第17条の ┃
┃  2、附則第17条の3又は附則第18条の規定を適用する。                    ┃
┃ 2 前項の規定は、同項の規定の適用を受けようとする年度分の第36条の2第1項の規定による申告書┃
┃  (その提出期限後において村民税の納税通知書が送達される時までに提出されたもの及びその時まで┃
┃  に提出された第36条の3第1項の確定申告書を含む。)に、前項の規定の適用を受けようとする旨の┃
┃  記載があるとき(これらの申告書にその記載がないことについてやむを得ない理由があると村長が認┃
┃  めるときを含む。)に限り、適用する。                           ┃
┃ 附則第23条の見出し中「適用期限」を「適用期間等」に改め、同条中「東日本大震災の被災者等に係る┃
┃国税関係法律の臨時特例に関する法律(平成23年法律第29号)」を「震災特例法」に、「附則第45条第2┃
┃項」を「附則第45条第3項」に改め、同条に次の1項を加える。                  ┃
┃ 2 所得割の納税義務者が前年分の所得税につき震災特例法第13条第3項若しくは第4項又は第13条の┃
┃  2第1項から第5項までの規定の適用を受けた場合における附則第7条の3及び第7条の3の2の規┃
┃  定の適用については、附則第7条の3第1項中「法附則第5条の4第6項」とあるのは「法附則第45┃
┃  条第4項の規定により読み替えて適用される法附則第5条の4第6項」と、附則第7条の3の2第1┃
┃  項中「法附則第5条の4の2第5項」とあるのは「法附則第45条第4項の規定により読み替えて適用┃
┃  される法附則第5条の4の2第5項」とする。                        ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ (施行期日)                                        ┃
┃第1条 この条例は、平成24年4月1日から施行する。ただし、第36条の2第1項ただし書の改正規定及┃
┃ び次条第1項の規定は平成26年1月1日から、附則第11条第3号の改正規定は平成26年4月1日から施┃
┃ 行する。                                          ┃
┃ (村民税に関する経過措置)                                 ┃
┃第2条 改正後の宜野座村税条例(以下「新条例」という。)第36条の2第1項の規定は、平成26年度以┃
┃ 後の年度分の個人の村民税について適用し、平成25年度分までの個人の村民税については、なお従前の┃
┃ 例による。                                         ┃
┃2 新条例附則第23条の規定は、平成24年度以後の年度分の個人の村民税について適用し、平成23年度分┃
┃ までの個人の村民税については、なお従前の例による。                     ┃
┃ (固定資産税に関する経過措置)                               ┃
┃第3条 別段の定めがあるものを除き、新条例の規定中固定資産税に関する部分は、平成24年度以後の年┃
┃ 度分の固定資産税について適用し、平成23年度分までの固定資産税については、なお従前の例による。┃
┃2 この条例による改正前の宜野座村税条例(以下この項において「旧条例」という。)附則第12条第2┃
┃ 項(住宅用地に係る部分に限る。)及び第4項の規定は、平成24年改正法附則第9条第1項の規定の適┃
┃ 用を受ける土地に対して課する平成24年度分及び平成25年度分の固定資産税については、なおその効力┃
┃ を有する。この場合において、次の表の左欄に掲げる規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表┃
┃ の右欄に掲げる字句とする。                                 ┃
┃  ┌───────┬───────┬──────────────────────┐     ┃
┃  │旧条例附則第12│前項     │附則第12条第1項              │     ┃
┃  │条第2項   ├───────┼──────────────────────┤     ┃
┃  │       │平成21年度から│平成24年度分及び平成25年度分        │     ┃
┃  │       │平成23年度まで│                      │     ┃
┃  │       │の各年度分  │                      │     ┃
┃  │       ├───────┼──────────────────────┤     ┃
┃  │       │10分の8   │10分の9                  │     ┃
┃  ├───────┼───────┼──────────────────────┤     ┃
┃  │旧条例附則第12│0.8      │0.9                     │     ┃
┃  │条第4項   ├───────┼──────────────────────┤     ┃
┃  │       │平成21年度から│平成24年度分及び平成25年度分        │     ┃
┃  │       │平成23年度まで│                      │     ┃
┃  │       │の各年度分  │                      │     ┃
┃  │       ├───────┼──────────────────────┤     ┃
┃  │       │第1項    │附則第12条第1項              │     ┃
┃  └───────┴───────┴──────────────────────┘     ┃
┃                                               ┃
┃4 平成24年改正法附則第9条第1項及び前項の場合における新条例の規定(固定資産税に関する部分に┃
┃ 限る。)の適用については、次の表の左欄に掲げる新条例の規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞ┃
┃ れ同表の右欄に掲げる字句とする。                              ┃
┃                                               ┃
┃  ┌───────┬───────┬──────────────────────┐     ┃
┃  │       │       │若しくは第13条の2又は宜野座村税条例の一部を│     ┃
┃  │       │       │改正する条例(平成24年宜野座村条例第  号。│     ┃
┃  │       │       │以下「平成24年改正条例」という。)     │     ┃
┃  │附則第14条  │又は第13条の2│附則第3条第2項の規定によりなおその効力を有│     ┃
┃  │       │       │するものとして読み替えて適用される平成24年改│     ┃
┃  │       │       │正条例による改正前の宜野座村税条例(以下「平│     ┃
┃  │       │       │成24年改正前の条例」という。)附則第12条第2│     ┃
┃  │       │       │項若しくは第4項              │     ┃
┃  ├───────┼───────┼──────────────────────┤     ┃
┃  │       │       │若しくは第13条又は平成24年改正条例附則第3条│     ┃
┃  │       │又は13条の規定│第2項の規定によりなおその効力を有するものと│     ┃
┃  │       │       │して読み替えて適用される平成24年改正前の条例│     ┃
┃  │       │       │附則第12条第2項若しくは第4項の規定    │     ┃
┃  ├───────┼───────┼──────────────────────┤     ┃
┃  │       │       │から第5項まで又は平成24年改正条例附則第3条│     ┃
┃  │附則第15条第1│から第5項まで│第2項の規定によりなおその効力を有するものと│     ┃
┃  │項      │       │して読み替えて適用される平成24年改正前の条例│     ┃
┃  │       │       │附則第12条第2項若しくは第4項       │     ┃
┃  └───────┴───────┴──────────────────────┘     ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 改正の主な内容は、村民税の申告で年金のみの所得者が寡婦控除を受けようとした場合、以前は改めて申告書の提出が必要でしたが、年金保険者厚生労働省に提出する扶養親族申告書に寡婦控除欄が追加されたことによって、適用の有無を把握することが可能となり、申告手続の簡素化を図るものでございます。

 また附則第11条から第15条は、3年に一度の評価替えに伴う年度の変更で、「平成21年度から平成23年度まで」を「平成24年度から平成26年度まで」とする改正でございます。附則第21条の2は、図書館、博物館及び幼稚園を設置する一般社団財団法人に係る非課税措置の追加でございます。附則第22条の2は、東日本大震災に係る被災居住用財産に係る譲渡期限の延長の特例で3年を7年に延長した改正でございます。また、附則第23条は、東日本大震災に係る住宅借入金等特別税額控除の適用期限の特例の追加でございます。

 また新旧対照表も添付してありますので、御参照ください。以上で説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 承認第1号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第1号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから承認第1号 宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第1号は、原案のとおり承認されました。



△日程第3.承認第2号 宜野座村固定資産税の課税免除に関する条例の全部を改正する条例の専決処分の承認についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 承認第2号 宜野座村固定資産税の課税免除に関する条例の全部を改正する条例の専決処分の承認について御説明申し上げます。

 本案件は、沖縄振興特別措置法の一部を改正する法律(平成24年法律第13号)が平成24年3月31日に公布されたことに伴い、宜野座村固定資産税の課税免除に関する条例等の全部を改正しましたが、同条例の改正について議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分いたしました。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、承認くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 承認第2号、宜野座村固定資産税の課税免除に関する条例の専決処分の承認について御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃承認第2号                                          ┃
┃                                               ┃
┃        宜野座村固定資産税の課税免除に関する条例の全部を改正する条例         ┃
┃        の専決処分の承認について                           ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定に基づき、別紙のとおり専決処分したので、 ┃
┃同条第3項の規定により、これを報告し、承認を求める。                     ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年6月19日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃                 専  決  処  分  書                 ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、宜野座村固定資産税の課税免除に関 ┃
┃する条例(平成14年条例第28号)の全部を改正する条例を別紙のとおり専決処分する。        ┃
┃                                               ┃
┃理   由                                          ┃
┃ 本件は、沖縄振興特別措置法の一部を改正する法律(平成24年法律第13号)、が平成24年3月31日に公┃
┃布され、平成24年4月1日から施行されることになりました。                   ┃
┃ これに伴い、宜野座村固定資産税の課税免除に関する条例の全部を改正し同年4月1日より施行する必┃
┃要があるが、同条例の改正について議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の ┃
┃規定により専決処分する。                                   ┃
┃                                               ┃
┃                                 平成24年3月30日      ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃             宜野座村固定資産税の課税免除に関する条例              ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村固定資産税の課税免除に関する条例(平成14年条例第28号)の全部を改正する。      ┃
┃                                               ┃
┃ (目的)                                          ┃
┃第1条 この条例は、地方自治法(昭和25年法律第226号。以下「法」という。)第6条の規定に基づき ┃
┃ 固定資産税の課税免除を行うことにより、本村産業の振興及び雇用の拡大に寄与することを目的とす ┃
┃ る。                                            ┃
┃ (用語の意義)                                       ┃
┃ 第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。   ┃
┃ (1)観光地形成促進地域 沖縄振興特別措置法(平成14年法律第14号。以下「沖振法」という。) ┃
┃  第6条第2項第2号の規定により定められた地域をいう。                   ┃
┃ (2)情報通信産業振興地域 沖振法第28条第1項の規定により指定された地域をいう。      ┃
┃ (3)産業高度化・事業革新促進地域 沖振法第35条第2項第2号の規定により定められた地域をい ┃
┃  う。                                           ┃
┃ (観光地形成促進地域における課税免除)                           ┃
┃第3条 村長は、観光地形成促進地域の区域内において、沖振法第6条第5項の規定による観光地形成促┃
┃ 進計画の提出の日(以下この条において「提出日」という。)から平成29年3月31日までの間に、沖縄┃
┃ 振興特別措置法第9条等の地方税の課税免除又は不均一課税に伴う措置が適用される場合等を定める省┃
┃ 令(平成14年総務省令第42号)第1条第2項に規定する対象施設(以下この条において「対象施設」と┃
┃ いう。)を新設し、又は増設した者について、当該対象施設である家屋及び償却資産並びに当該家屋の┃
┃ 敷地である土地(提出日以後において取得したものに限り、かつ、土地については、その取得の日の翌┃
┃ 日から起算して1年以内に当該土地を敷地とする当該家屋の建設の着手があった場合における当該土地┃
┃ に限る。)に対して課する固定資産税は、新たに課されることとなった年度以後5年度分について、課┃
┃ 税を免除する。                                       ┃
┃ (情報通信産業振興地域における課税免除)                          ┃
┃第4条 村長は、情報通信産業振興地域内において、沖振法第28条第1項の規定による情報通信産業振興┃
┃ 地域の指定の日(以下この条において「指定日」という。)から平成29年3月31日までの間に、沖振法┃
┃ 第3条第6号に規定する情報通信産業又は同条第8号に規定する情報通信技術利用事業の用に供する一┃
┃ の設備であって、これを構成する減価償却資産(所得税法施行令(昭和40年政令第96号))第6条第1┃
┃ 号から第7号まで又は法人税法施行令(昭和40年政令第97号)第13条第1号から第7号までに掲げるも┃
┃ のに限る。)の取得価額の合計額が1,000万円を超えるもの(以下この条において「対象設備」とい  ┃
┃ う。)を新設し、又は増設した者について、当該対象設備である家屋及び償却資産並びに当該家屋の敷┃
┃ 地である土地(指定日以後において取得したものに限り、かつ、土地については、その取得の日の翌日┃
┃ から起算して1年以内に当該土地を敷地とする当該家屋の建設の着手があった場合における当該土地に┃
┃ 限る。)に対して課する固定資産税は、新たに課されることとなった年度以後5年度分について、課税┃
┃ を免除する。                                        ┃
┃ (産業高度化・事業革新促進地域における課税免除)                      ┃
┃第5条 村長は産業高度化地・事業革新促進地域の区域内において、沖振法第35条第4項の規定による産┃
┃ 業高度化・事業革新促進計画の提出の日(以下この条において「提出日」という。)から平成29年3月┃
┃ 31日までの間に、租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第12条第1項の表の第2号若しくは第45条第┃
┃ 1項の第2号の規定の適用を受ける設備であって、取得価額の合計額が1,000万円を超えるもの(機械 ┃
┃ 及び装置並びに器具及び備品については、取得価額の合計額が500万円を超えるもの。以下この条にお ┃
┃ いて「特別償却設備」という。)を新設し、又は増設した者で、沖振法第35条の3第4項の規定による┃
┃ 沖縄県知事の認定を受けた者について、当該特別償却設備(倉庫業の用に供するものを除く。)である┃
┃ 家屋及び償却資産並びに当該家屋の敷地である土地(提出日以後において取得したものに限り、かつ、┃
┃ 土地については、その取得の日の翌日から起算して1年以内に当該土地を敷地とする当該家屋の建設の┃
┃ 着手があった場合における当該土地に限る。)に対して課する固定資産税は、新たに課されることと ┃
┃ なった年度以後5年度分について、課税を免除する。                      ┃
┃ (課税免除の申請)                                     ┃
┃第6条 前3条から前条までの規定により固定資産税の課税免除を受けようとする者は、規則の定めると┃
┃ ころにより、村長に対し課税免除の申請をしなければならない。                 ┃
┃ (課税免除の取り消し)                                   ┃
┃第7条 村長は、固定資産税の課税免除を受けた者が、次の各号のいずれかに該当するときは、これを取┃
┃ り消すことができる。                                    ┃
┃ (1)第3条から第5条の課税免除要件に該当しなくなったとき。                ┃
┃ (2)偽りの申請その他の不正行為があったとき。                       ┃
┃ (委任)                                          ┃
┃第8条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。     ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ (施行期日)                                        ┃
┃1 この条例は、公布の日から施行し、改正後の宜野座村固定資産税の課税免除に関する条例の規定は、┃
┃ 平成24年4月1日から適用する。                               ┃
┃ (経過措置)                                        ┃
┃2 平成24年3月31日以前に、改正前の宜野座村固定資産税の課税免除に関する条例第2条、第3条の規┃
┃ 定により固定資産税の課税免除を受ける要件を具備していた者に係る固定資産税の課税免除について ┃
┃ は、なお従前の例による。                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 沖縄振興特別措置法の改正に伴って、情報通信産業振興地域制度の拡充と、現行の産業高度化地域を廃止し、産業高度化・事業革新促進地域の新設及び新たに観光地形成促進地域の新設を追加し、全部改正したものであります。

 主な内容は、情報通信産業振興地域制度は、所得控除率を35%から40%へ拡充、新たにうるま市を対象地域を追加して、業種もバックアップセンター、セキュリティーセンターを追加したことです。また産業高度化・事業革新促進地域は、事業認定権限が知事に移譲され、主務大臣の同意が不要となり、機械及び装置等の最低取得価額が1,000万円以上から500万円以上に引き下げられたことです。観光地形成促進地域は、地域指定軽減の知事への移譲と対象施設である休養施設に海外観光客等を対象とした健康管理増進を図る施設を追加したことです。

 これで説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 観光地形成促進地域というのは、これは宜野座村ではどこどこにありますか。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 宜野座カントリークラブと漢那ヴィラホテルがこの地域に指定を受けております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) これからしますと、宜野座リゾートとか、そういうところは対象外ということですか。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 宜野座村一帯が観光地域指定制度に入っているということです。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) この条例を見てみますと、5年間は新たに課税されないと、要するに今までは雑種地に置かれたものが、その他の宅地として見なされますよね。そうしたときに相当の課税額が変わってくるんだけれども、5年間は、これは関係ないという理解でよろしいですか。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) そういうことではございません。雑種地は雑種地として評価は変わりませんけれども、この評価の仕方ですね、一部、今まで全体を雑種地としてホテル地域を課税していたものが、この建物の、部分的に要するに課税するということで、要するに見直ししてありますので、そういう負担がかかるような課税ではございません。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) それはわかりました。

 じゃあ建物が建ったところについては、その他の宅地として課されますよね。それとあわせて、5年間これは免税措置とりますということですけれども、具体的にどういうことなのか説明をお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) これはいろいろな条件のクリアがございまして、一応、申請の中に県の市町村課を通して申請します。その中で課税免除の条件に入った固定資産税でしたら固定資産の、要するに償却資産なら償却資産、その分野が免除の対象になるということです。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) じゃあ土地については、その対象外ということなんですか。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 固定資産ですので、土地、家屋、償却、その分野が要するに免除対象となるということです。



○議長(多嘉山朝安) 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) 確認でございます。

 この観光地形成促進地域、それと先ほどの情報通信産業、これはこれまでの地域指定が廃止になるということだったんですが、改めて県知事が指定したということなんでしょうか。確認したいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 2番 安富議員にお答えいたします。

 新たに情報通信産業特別地域制度にはうるま市が対象地域に入ったということです。宜野座村はそのままです。対象地域を追加した…、対象地域は名護市、宜野座村、那覇市、浦添市、うるま市が情報通信産業特別地域制度の中の地域に指定されているということです。観光地域は、今まで対象になった地域は今までどおりですけれども、今まで地域指定するのは、主務大臣の同意が必要でしたけれども、それは知事の権限でできるということです。知事が新たに地域指定している地域の報告はございません。今言っているのは、資料がちょっとございませんけれども、今、実際観光地域指定にされているのは何カ所かあるんですけれども、新たに知事がこの制度を改正したために追加した地域というのは、まだ新たに来ていないということです。



○議長(多嘉山朝安) 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) 私がお聞きしたいのは、新たに創設したわけですよね。従前のものは廃止するとあるものですから、この地域も新設することによって新しく県知事が指定したかということを確認したいわけです。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 再度、安富 繁議員にお答えいたします。

 前回のあれは要するに廃止したとしていますけれども、新たに知事への移譲ということだけしか把握していませんので、この地域が指定されたかどうかというのはまた改めて調べてから報告したいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) ぜひ確認をお願いしたいと思います。これによって減免とかいろいろ出てくると思いますので、この辺大切だと思います。ぜひ確認をお願いしたいと思います。以上です。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 承認第2号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第2号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから承認第2号 宜野座村固定資産税の課税免除に関する条例の全部を改正する条例の専決処分の承認についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第2号は、原案のとおり承認されました。



△日程第4.承認第3号 宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 承認第3号 宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について御説明申し上げます。

 本案件は、地方税法及び国有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律(平成24年法律第17号)、地方税法施行令の一部を改正する政令(平成24年政令第109号)及び地方税法施行規則等の一部を改正する省令(平成24年総務省令第28号)が平成24年3月31日に公布され、平成24年4月1日から施行するとされたことに伴い、宜野座村国民健康保険税条例等の一部を改正し、同日4月1日から施行する必要がありましたが、同条例の改正について議会を招集する時間的余裕がないた、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分いたしました。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、承認くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 照屋健康福祉課長。



◎健康福祉課長(照屋勝治) 承認第3号 宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認を求めることについて御説明いたします。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃承認第3号                                          ┃
┃                                               ┃
┃          宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例              ┃
┃          の専決処分の承認について                         ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定に基づき、別紙のとおり専決処分したので、 ┃
┃同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。                      ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年6月19日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃                 専  決  処  分  書                 ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、宜野座村国民健康保険税条例(昭和 ┃
┃48年条例第16号)の一部を改正する条例を別紙のとおり専決処分する。               ┃
┃                                               ┃
┃理   由                                          ┃
┃ 地方税法及び固有資産等所在市町村交付金法の一部を改正する法律(平成24年法律第17号)、地方税法┃
┃施行令の一部を改正する政令(平成24年政令第109号)、地方税法施行規則の一部を改正する省令(平成 ┃
┃24年総務省令第28号)が平成24年3月31日に公布され、平成24年4月1日から施行するとされたことに伴┃
┃い、宜野座村国民健康保険税条例等の一部を改正し、同日付で交付並びに施行する必要があるが、同条例┃
┃の改正について議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分 ┃
┃する。                                            ┃
┃                                               ┃
┃                                 平成24年3月30日      ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃           宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例について         ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村国民健康保険税条例(昭和48年条例第17号)の一部を次のように改正する。        ┃
┃                                               ┃
┃ 附則に次の1項を加える。                                  ┃
┃ (東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地に係る譲渡期限の延長と特例)            ┃
┃ 13 世帯主又はその世帯に属する国民健康保険の被保険者若しくは特定同一世帯所属者が法附則第44条┃
┃  の2第3項の規定の受ける場合における附則第3項(附則第4項において準用する場合を含む。)の┃
┃  規定の適用については、附則第3項中「第36条」とあるのは「第36条(東日本大震災の被災者等に係┃
┃  る国税関係法律の臨時特例に関する法律(平成23年法律第29号)第11条の6第1項の規定により適用┃
┃  される場合を含む。)」と、「同法」とあるのは「租税特別措置法」とする。          ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この条例は、平成24年4月1日から施行する。                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 改正の主な内容は、東日本大震災に係る被災居住用財産の敷地に係る譲渡期限の延長と特例で、これまでは家屋が災害により減失した場合、家屋があった住宅用地は災害から3年の間に譲渡があった場合、長期譲渡所得の控除がありますが、今回の改正により、これが東日本大震災により減失した場合、東日本大震災があった日から7年の間に譲渡されるものに限り、長期譲渡所得の控除が受けられるというものでございます。

 新旧対照表も添付しておりますので、御参照ください。以上で説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 承認第3号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第3号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから承認第3号 宜野座村国民健康保険税条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第3号は、原案のとおり承認されました。



△日程第5.報告第2号 平成23年度宜野座村繰越明許費繰越計算書の報告について、当局の報告を求めます。

 新里総務課長。



◎総務課長(新里隆博) 報告第2号について御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃報告第2号                                          ┃
┃                                               ┃
┃            平成23年度宜野座村繰越明許費繰越計算書の報告について         ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法施行令第146条第2項の規定により別紙のとおり報告する。               ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年6月19日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                              平成23年度 宜野座村繰越明許費繰越計算書

                                                                                        (単位:円)
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃        │         │         │                    │      │     │         左 の 財 源 内 訳         ┃
┃        │         │         │                    │      │翌 年 度├────┬─────────────────┬──────┨
┃    款    │    項    │    目    │       事  業  名       │ 金  額 │     │既 収 入│     未収入特定財源     │      ┃
┃        │         │         │                    │      │繰 越 額│    ├─────┬─────┬─────┤ 一般財源 ┃
┃        │         │         │                    │      │     │特定財源│国県支出金│ 地方債 │ その他 │      ┃
┠────────┼─────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃2 総  務  費│1 総 務 管 理 費│15 北部活性化特別│松田鍾乳洞周辺環境活用整備事業     │   276,030│  276,030│  4,183│  220,692│     │     │   51,155┃
┃        │         │  振 興 事 業 費│(沖縄北部活性化特別振興事業)     │      │     │    │     │     │     │      ┃
┠────────┼─────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃        │         │3 農 業 振 興 費│農地保有合理化事業           │   32,295│  32,295│ 32,000│     │     │     │     295┃
┃        │         │         │(農地保有合理化事業)         │      │     │    │     │     │     │      ┃
┃6 農林水産業費│1 農  業  費├─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃        │         │5 農  地  費│農業体質強化基盤整備促進事業      │   41,000│  41,000│    │  32,000│     │   4,000│    5,000┃
┃        │         │         │(農業生産基盤保全管理等推進費補助金) │      │     │    │     │     │     │      ┃
┃        ├─────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃        │3 水 産 業 費│2 水産業振興費 │漢那漁港水産生産基盤整備事業      │   264,002│  197,575│    │  177,318│     │     │   20,257┃
┃        │         │         │(水産生産基盤整備事業)        │      │     │    │     │     │     │      ┃
┠────────┼─────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃        │         │         │特定防衛施設周辺整備調整交付金事業   │   155,673│   3,523│    │     │     │     │    3,523┃
┃        │         │         │(特定防衛施設周辺整備調整交付金)   │      │     │    │     │     │     │      ┃
┃        │         │         ├────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃8 土  木  費│2 道路橋りょう費│3 道路新設改良費│高松進入路整備工事委託金事業      │   39,804│  25,414│    │  18,630│     │     │    6,784┃
┃        │         │         │(キャンプ・ハンセン道路改修等事業)  │      │     │    │     │     │     │      ┃
┃        │         │         ├────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃        │         │         │村道中原線道路改良事業         │   185,231│  142,655│    │  102,458│     │     │   40,197┃
┃        │         │         │(社会資本整備総合交付金)       │      │     │    │     │     │     │      ┃
┠────────┼─────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃        │         │         │松田小学校校舎改築事業         │   356,240│  321,081│    │  123,601│  135,400│     │   62,080┃
┃        │         │         │(学校施設環境改善交付金)       │      │     │    │     │     │     │      ┃
┃10 教  育  費│2 小 学 校 費│3 教 育 振 興 費├────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃        │         │         │松田小学校校舎改築併行防音事業     │   35,910│  34,577│    │  34,575│     │     │      2┃
┃        │         │         │(併行防音事業)            │      │     │    │     │     │     │      ┃
┃        ├─────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃        │3 中 学 校 費│3 学 校 建 設 費│宜野座中学校建設事業          │   16,325│  16,325│    │     │     │     │   16,325┃
┃        │         │         │(単独事業)              │      │     │    │     │     │     │      ┃
┠────────┴─────────┴─────────┴────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃             合           計                       │  1,402,510│ 1,090,475│ 36,183│  709,274│  135,400│   4,000│   205,618┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


 以上、報告終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで報告を終わります。

 これから質疑を行います。

 新里文康議員。



◆9番(新里文康) 中学校費の、今説明があった用地費ですが、この用地費は去年の6月に議会で補正したと思うんです。ですから3月のときに明許繰越するということでありまして、まだ地主に支払いされていないと。その辺は去年の6月から、どうしてそういうふうになったか説明してもらえませんか。私は仕事の怠慢じゃないかなと思いますが、その辺を聞きたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 9番 新里議員にお答えいたします。

 今の件につきましては、去る3月の議会でも新里議員から御指摘を受けて、事業を進めるという方向できました。そして校舎改築を完全に終わってから測量入るという格好が確定してということでありましたけれども、その中で国税との調整、免除申請の手続を入れて、それが許可おりまして、その後、支払い手続に入るとしましたけれども、ちょっと不幸がありまして、相続の関係が出てきたということで、地主の長男とも話し合いをして、相続の手続を早く済ましていきましょうという格好でやってきたんです。今現在、相続の手続をやっている最中です。近々にその手続が終了して早目に支払いしていきたいということで、延びていることに対しても私ら委員会としても非常にまずいなと反省しているところです。近々、地主とも話をして早目に支払いできる体制を今やっているところです。以上です。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 以上で報告第2号の報告を終わります。



△日程第6.報告第3号 平成23年度漢那漁港改修工事請負改正契約の専決処分の報告について、当局の報告を求めます。

 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 報告第3号について御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃報告第3号                                          ┃
┃                                               ┃
┃        平成23年度漢那漁港改修工事請負改定契約の専決処分の報告について        ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定に基づき、別紙のとおり専決処分をしたの  ┃
┃で、同条第2項の規定によりこれを報告する。                          ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年6月22日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃                  専  決  処  分  書                ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定より、次のとおり専決処分をする。     ┃
┃                                               ┃
┃           平成23年度漢那漁港改修工事の請負改定契約について            ┃
┃                                               ┃
┃  ┌─────────────┬─────────────┬─────────────┐  ┃
┃  │    当 初 額    │    変 更 額    │    増 ・ 減    │  ┃
┃  ├─────────────┼─────────────┼─────────────┤  ┃
┃  │    98,595,000円    │    100,361,420円   │    1,766,420円    │  ┃
┃  └─────────────┴─────────────┴─────────────┘  ┃
┃                                               ┃
┃理 由                                            ┃
┃ 地方自治法第96条第1項第5号及び宜野座村議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関┃
┃する条例第2条の規定により議会の議決を求めた議会の議決を経た工事請負契約について契約金額の200 ┃
┃万円以内の変更                                        ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年5月14日                                      ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 3ページに改定契約書が添付してございますので、御参照ください。以上です。



○議長(多嘉山朝安) これで報告を終わります。

 これから質疑を行います。

 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 額の改定は載っていますけれども、改定の内容について御説明お願いします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 當眞議員にお答えいたします。

 これは今年1月17日に契約しました工事契約に対して、入札残がございましたので、その入札差金で防護さく関連に附随する追加工事であります。以上です。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 以上で報告第3号の報告を終わります。



△日程第7.選挙第1号 宜野座村選挙管理委員会委員の選挙を行います。

 お諮りします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって選挙の方法は、指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。

 指名方法については、議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議長が指名することに決定しました。

 選挙管理委員会委員に1番、宜野座村字松田472番地の9、米須義秀。2番、宜野座村字宜野座140番地の2、幸喜 惺。3番、宜野座村字惣慶1602番地の1、翁長 勇。4番、宜野座村字漢那1235番地、安富 晃。以上の方を指名します。

 お諮りします。

 ただいま議長が指名した方を選挙管理委員会委員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがってただいま指名した米須義秀君、幸喜 惺君、翁長 勇君、安富 晃君、以上の方が選挙管理委員会委員に当選されました。



△日程第8.選挙第2号 宜野座村選挙管理委員会委員補充員の選挙を行います。

 お諮りします。

 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって選挙の方法は、指名推選で行うことに決定しました。

 お諮りします。

 指名方法については、議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議長が指名することに決定しました。

 選挙管理委員会委員補充員に1番、宜野座村字漢那2070番地、山川清八。2番、宜野座村字惣慶1966番地の2、知念政保。3番、宜野座村字惣慶1705番地、松田 悟。4番、宜野座村字漢那50番地、仲間 勇。以上の方を指名します。

 お諮りします。

 ただいま議長が指名した方を選挙管理委員会委員補充員の当選人と定めることに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがってただいま指名した山川清八君、知念政保君、松田 悟君、仲間 勇君、以上の方が選挙管理委員会委員補充員に当選されました。

 次に補充の順序について、お諮りします。

 補充の順序は、ただいま議長が指名した順序にしたいと思いますが、御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって補充の順序は、ただいま議長が指名した順序に決定しました。



△日程第9.抗議決議第1号 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍普天間飛行場への配備計画の即時撤回を求める抗議決議(案)



△日程第10.意見書第2号 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍普天間飛行場への配備計画の即時撤回を求める意見書(案)

 以上、2案件を一括議題とします。

 この抗議決議(案)、意見書(案)につきましては、仲本 彰議員外1人から提出されております。

 提案者から提案理由の説明を求めます。

 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                      平成24年6月22日 ┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山 朝安 殿                                    ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 仲 本   彰 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 伊 芸 朝 健 ┃
┃                                               ┃
┃           垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍普天間飛行場への         ┃
┃           配備計画の即時撤回を求める抗議決議(案)について            ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃抗議決議第1号                                        ┃
┃                                               ┃
┃          垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍普天間飛行場への          ┃
┃          配備計画の即時撤回を求める抗議決議(案)                 ┃
┃                                               ┃
┃ 去る6月14日、オスプレイがまた墜落したとの米軍発表があった。米国フロリダ州において訓練中に墜┃
┃落し、乗員5人が負傷したとのことである。                           ┃
┃ 同日は、ちょうど沖縄防衛局より村当局へ「オスプレイの普天間基地配備と日本での運用に関する環境┃
┃調査米海兵隊報告書」の説明があり、主にその安全性が強調されている最中であった。安全性の説明がな┃
┃されている最中に墜落事故が発生したということは、オスプレイが最も危険な欠陥機であることが証明さ┃
┃れたことにほかならない。これまでもオスプレイの危険性は各方面から指摘され、普天間飛行場への配備┃
┃計画が米国防総省より発表されてからも、世界各地で墜落死亡事故が相次いでいる。         ┃
┃ 数多くのヘリパッドが存在する本村キャンプ・ハンセン演習場内では、昼夜を問わず海兵隊ヘリの離発┃
┃着訓練が行われており、オスプレイの配備は、本村での訓練増が懸念され、爆音被害と自然環境への被害┃
┃が増大、村民の生命が脅かされることは明らかである。                      ┃
┃ 過去、本村議会は、一昨年11月、昨年8月と2度も「オスプレイ配備計画への反対の意見書」を可決し┃
┃た。県内各自治体においても幾度となく配備計画への反対の訴えがなされたにもかかわらず、沖縄県民の┃
┃生命の安全を無視してきた日米両国政府の対応には、心の底から怒りを禁じえない。         ┃
┃ よって、本村議会は、今回宜野座村民と県民の生命と財産を守る立場から、村民・県民の総意を無視す┃
┃る日米両国政府に激しい怒りを込めて改めて抗議するとともに、危険きわまりないオスプレイの米軍普天┃
┃間飛行場への配備計画の即時撤回を強く求める。                         ┃
┃ 以上、決議する。                                      ┃
┃                                               ┃
┃                                     平成24年6月22日  ┃
┃                                     沖縄県宜野座村議会 ┃
┃                                               ┃
┃あて先                                            ┃
┃ 米国大統領、米国国防長官、米国国務長官、駐日米国大使、                   ┃
┃ 米海兵隊総司令官、在日米海兵隊基地司令官、在沖米海兵隊司令官                ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                      平成24年6月22日 ┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山 朝安 殿                                    ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 仲 本   彰 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 伊 芸 朝 健 ┃
┃                                               ┃
┃           垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍普天間飛行場への         ┃
┃           配備計画の即時撤回を求める意見書(案)について             ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃意見書第2号                                         ┃
┃                                               ┃
┃          垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍普天間飛行場への          ┃
┃          配備計画の即時撤回を求める意見書(案)                  ┃
┃                                               ┃
┃ 去る6月14日、オスプレイがまた墜落したとの米軍発表があった。米国フロリダ州において訓練中に墜┃
┃落し、乗員5人が負傷したとのことである。                           ┃
┃ 同日は、ちょうど沖縄防衛局より村当局へ「オスプレイの普天間基地配備と日本での運用に関する環境┃
┃調査米海兵隊報告書」の説明があり、主にその安全性が強調されている最中であった。安全性の説明がな┃
┃されている最中に墜落事故が発生したということは、オスプレイが最も危険な欠陥機であることが証明さ┃
┃れたことにほかならない。これまでもオスプレイの危険性は各方面から指摘され、普天間飛行場への配備┃
┃計画が米国防総省より発表されてからも、世界各地で墜落死亡事故が相次いでいる。         ┃
┃ 数多くのヘリパッドが存在する本村キャンプ・ハンセン演習場内では、昼夜を問わず海兵隊ヘリの離発┃
┃着訓練が行われており、オスプレイの配備は、本村での訓練増が懸念され、爆音被害と自然環境への被害┃
┃が増大、村民の生命が脅かされることは明らかである。                      ┃
┃ 過去、本村議会は、一昨年11月、昨年8月と2度も「オスプレイ配備計画への反対の意見書」を可決し┃
┃た。県内各自治体においても幾度となく配備計画への反対の訴えがなされたにもかかわらず、沖縄県民の┃
┃生命の安全を無視してきた日米両国政府の対応には、心の底から怒りを禁じえない。         ┃
┃ よって、本村議会は、今回宜野座村民と県民の生命と財産を守る立場から、村民・県民の総意を無視す┃
┃る日米両国政府に激しい怒りを込めて改めて抗議するとともに、危険きわまりないオスプレイの米軍普天┃
┃間飛行場への配備計画の即時撤回を強く求める。                         ┃
┃                                               ┃
┃ 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。                    ┃
┃                                               ┃
┃                                     平成24年6月22日  ┃
┃                                     沖縄県宜野座村議会 ┃
┃                                               ┃
┃あて先                                            ┃
┃ 内閣総理大臣、外務大臣、防衛大臣、沖縄及び北方対策担当大臣                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 議員各位の御賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) ただいま仲本 彰議員より提案理由の説明がありましたが、抗議決議(案)、意見書(案)は、お手元に配付したとおりであります。文案の朗読を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって文案の朗読を省略します。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 抗議決議第1号、意見書第2号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって抗議決議第1号、意見書第2号は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから抗議決議第1号 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍普天間飛行場への配備計画の即時撤回を求める抗議決議(案)、意見書第2号 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍普天間飛行場への配備計画の即時撤回を求める意見書(案)、以上、2案件を一括して採決します。

 この採決は起立によって行います。

 お諮りします。

 2案件は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

(起立全員)



○議長(多嘉山朝安) 「起立全員」です。

 したがって2案件は、原案のとおり可決することに決定しました。

 お諮りします。

 ただいま可決された抗議決議、意見書については、関係機関へ送付したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがってただいま可決された抗議決議、意見書については、送付することに決定しました。



△日程第11.決議第2号 議員派遣についてを議題とします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃決議第2号                                          ┃
┃                                               ┃
┃                     議員派遣について                  ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法第100条第12項及び宜野座村議会会議規則第121条の規定に基づいて、下記のとおり決定す ┃
┃る。                                             ┃
┃                                平成24年6月22日       ┃
┃                                宜野座村議会議長 多嘉山朝安 ┃
┃                                               ┃
┃1 次のとおり議員を派遣する。                                ┃
┃                                               ┃
┃                      記                        ┃
┃                                               ┃
┃1.北部市町村議会議長会主催の議員研修会                           ┃
┃(1)目  的 議員の活性化に資するため                           ┃
┃(2)派遣場所 伊是名村                                   ┃
┃(3)期  日 平成24年7月12日、13日                            ┃
┃(4)派遣議員 議長を含む全議員(12人)                           ┃
┃                                               ┃
┃2.全国町村議会議長会主催の議会広報研修会                          ┃
┃(1)目  的 議会広報の発展に資するため                          ┃
┃(2)派遣場所 東京都                                    ┃
┃(3)期  日 平成24年7月30日、31日、8月1日                       ┃
┃(4)派遣議員 議会広報調査特別委員(4人)                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 お諮りします。

 本件については、お配りした決議のとおり派遣することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって決議第2号 議員派遣については、原案のとおり可決されました。

 お諮りします。

 会議規則第45条の規定により、平成24年第5回宜野座村議会定例会において議決された事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに決定しました。

 これで本日の日程は、全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成24年第5回宜野座村議会定例会を閉会します。(10時59分)



 以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。



       宜野座村議会



       議  長  多嘉山 朝 安



       署名議員  當 眞 嗣 則



       署名議員  伊 芸 朝 健