議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成24年第3回定例会 03月21日−06号




平成24年第3回定例会 − 03月21日−06号







平成24年第3回定例会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃              平成24年第3回宜野座村議会定例会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 24 年 3 月 6 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 散 の 日 時 │開 議│  平成24年3月21日 午前10時04分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │散 会│  平成24年3月21日 午前11時37分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  石 川 幹 也  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  安 富   繁  │ ○ │ 10 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃出 席   12 名 │ 3 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 11 │  島 袋   榮  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃欠 席   0 名 │ 5 │  伊 芸 朝 健  │ ○ │ 12 │  仲 本   彰  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃  凡   例   │ 6 │  當 眞   淳  │ ○ │ 13 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │   │          │   ┃
┃×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │   │          │   ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 11 │   島 袋   榮     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 12 │   仲 本   彰     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事 務 局 長│  津嘉山 博 文                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │係     長│  山 内 慶 一                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │産業振興課長 │  山 城   智  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │副  村  長│  仲宗根   勲  │建 設 課 長│  仲 間 正 哲  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │上下水道課長 │  山 城 次 雄  ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  新 里 民 夫  │学校教育課長 │  平 田 嗣 義  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃により説明のため  │総 務 課 長│  島 田 忠 博  │社会教育課長 │  照 屋 忠 利  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │企 画 課 長│  仲 程   正  │       │          ┃
┃出席した者の職氏名 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │村民生活課長 │  金 武   司  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │健康福祉課長 │  末 石 森 春  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃          │事 務 局 長│          │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃会 議 の 経 過 │別 紙 の と お り                          ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







        平成24年第3回宜野座村議会定例会議事日程(第6号)

                                         平成24年3月21日
                                         開 議 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │議案第18号   │平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第6号)について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │議案第19号   │宜野座村職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  3  │議案第20号   │宜野座村職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例につ┃
┃    │        │いて                               ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  4  │議案第21号   │財産の取得について                        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  5  │議案第22号   │財産の取得について                        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) これから本日の会議を開きます。(10時04分)



△日程第1.議案第18号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第6号)についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第18号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第6号)について御説明申し上げます。

 本案件は、歳入歳出予算の総額71億7,461万4,000円から歳入歳出それぞれ2,142万3,000円を減額し、歳入歳出の総額をそれぞれ71億5,319万1,000円とする案件でございます。

 歳入については、財政調整基金繰入金9,821万3,000円及び教育費国庫補助金4,851万7,000円の増額、並びに地方交付税、各種特別交付税5,250万円及び松田小学校改築事業債7,312万6,000円の減額が主なものであります。

 歳出については、併行防音事業を含む松田小学校改築事業4,717万4,000円の増額のほか、各事業の執行残による減額が主なものであります。

 それから10件の繰越明許事業と1件の地方債の補正について計上してあります。

 補正の内容と詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第18号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第6号)について御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第18号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第6号)            ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年度宜野座村の一般会計補正予算(第6号)は、次に定めるところによる。         ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算の補正)                                   ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額7,174,614千円から歳入歳出それぞれ21,423千円を減額し、歳入歳出予算の ┃
┃ 総額を歳入歳出それぞれ7,153,191千円とする。                         ┃
┃2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の金額は、「第1表 歳入歳┃
┃ 出予算補正」による。                                    ┃
┃ (繰越明許費)                                       ┃
┃第2条 地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第 ┃
┃ 2表 繰越明許費」による。                                 ┃
┃ (地方債の補正)                                      ┃
┃第3条 地方債の変更は、「第3表 地方債補正」による。                    ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年3月19日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃11 地  方  交  付  税│             │  1,330,621│ △52,500│  1,278,121┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 地  方  交  付  税│  1,330,621│ △52,500│  1,278,121┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃15 国  庫  支  出  金│             │  1,298,313│  41,830│  1,340,143┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 国  庫  補  助  金│  1,005,262│  45,063│  1,050,325┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │3 委    託    金│   72,374│  △3,233│   69,141┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃16 県  支  出  金 │             │   585,184│  △3,037│   582,147┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 県  補  助  金 │   479,243│  △3,037│   476,206┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃17 財  産  収  入 │             │  1,856,374│   1,240│  1,857,614┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 財 産 運 用 収 入│  1,855,270│   1,240│  1,856,510┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃18 寄    附    金│             │     271│    100│     371┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 寄    附    金│     271│    100│     371┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃19 繰    入    金│             │   459,702│  90,394│   550,096┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 基  本  繰  入  金│   459,701│  90,394│   550,095┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃21 諸    収    入│             │   160,212│ △26,324│   133,888┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │4 雑         入│   159,452│ △26,324│   133,128┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃22 村         債│             │   355,009│ △73,126│   281,883┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 村         債│   355,009│ △73,126│   281,883┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃       歳   入   合   計       │  7,174,614│ △21,423│  7,153,191┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃2 総    務    費│             │  2,072,496│  △2,923│  2,069,573┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 総  務  管  理  費│  1,953,269│  △2,923│  1,950,346┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃3 民    生    費│             │   952,083│   △19│   952,064┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 児  童  福  祉  費│   520,005│   △19│   519,986┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃4 衛    生    費│             │   417,098│ △10,242│   406,856┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 保  健  衛  生  費│   211,655│ △10,242│   201,413┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃6 農 林 水 産 業 費│             │  1,109,290│ △29,928│  1,079,362┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 農    業    費│   814,771│ △28,528│   786,243┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │3 水  産  業  費 │   285,851│  △1,400│   284,451┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃8 土    木    費│             │   571,325│ △25,407│   545,918┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 土  木  管  理  費│   39,823│   △500│   39,323┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 道 路 橋 り ょ う 費 │   485,484│ △23,961│   461,523┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │5 住    宅    費│   33,292│   △946│   32,346┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃10 教    育    費│             │   978,479│  44,183│  1,022,662┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 教  育  総  務  費│   108,896│  △1,377│   107,519┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 小  学  校  費 │   457,061│  45,681│   502,742┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │5 社  会  教  育  費│   167,684│   △30│   167,654┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │6 保  健  体  育  費│   151,038│   △91│   150,947┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃13 諸  支  出  費 │             │   517,132│   2,913│   520,045┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 基    金    費│   517,130│   2,913│   520,043┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃       歳   出   合   計       │  7,174,614│ △21,423│  7,153,191┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


             第2表  繰   越   明   許   費
                                          (単位:千円)
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┓
┃    款    │    項    │       事  業  名       │  金 額  ┃
┠────────┼─────────┼─────────────────────┼──────┨
┃2 総  務  費│1 総 務 管 理 費│松田鍾乳洞周辺環境活用整備事業      │   276,030┃
┃        │         │(沖縄北部活性化特別振興事業)      │      ┃
┠────────┼─────────┼─────────────────────┼──────┨
┃        │         │農地保有合理化事業            │   32,295┃
┃        │1 農  業  費├─────────────────────┼──────┨
┃        │         │農業体質強化基盤整備促進事業       │   41,000┃
┃6 農林水産業費│         │(農業生産基盤保全管理等推進費補助金)  │      ┃
┃        ├─────────┼─────────────────────┼──────┨
┃        │3 水 産 業 費│漢那漁港水産生産基盤整備事業       │   197,575┃
┃        │         │(水産生産基盤整備事業)         │      ┃
┠────────┼─────────┼─────────────────────┼──────┨
┃        │         │特定防衛施設周辺整備調整交付金事業    │    3,523┃
┃        │         ├─────────────────────┼──────┨
┃        │         │高松進入路整備工事委託金事業       │   25,414┃
┃8 土  木  費│2 道路橋りょう費│(キャンプ・ハンセン道路改修等事業)   │      ┃
┃        │         ├─────────────────────┼──────┨
┃        │         │村道中原線道路改良事業          │   142,655┃
┃        │         │(社会資本整備総合交付金)        │      ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┓
┃    款    │    項    │       事  業  名       │  金 額  ┃
┠────────┼─────────┼─────────────────────┼──────┨
┃        │         │松田小学校校舎改築事業          │   321,081┃
┃        │         │(学校施設環境改善交付金)        │      ┃
┃        │2 小 学 校 費├─────────────────────┼──────┨
┃10 教  育  費│         │松田小学校校舎改築併行防音事業      │   34,577┃
┃        │         │(併行防音事業)             │      ┃
┃        ├─────────┼─────────────────────┼──────┨
┃        │3 中 学 校 費│宜野座中学校用地購入           │   16,325┃
┠────────┴─────────┴─────────────────────┼──────┨
┃                合      計                │  1,090,475┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┛


             第3表  地   方   債   補   正
1 変更                                               (単位:千円)
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃        │        補  正  前        │        補  正  後        ┃
┃  起債の目的  ├────┬─────┬─────┬──────┼────┬─────┬─────┬──────┨
┃        │ 限度額 │起債の方法│ 利 率 │ 償還の方法 │ 限度額 │起債の方法│ 利 率 │ 償還の方法 ┃
┠────────┼────┼─────┼─────┼──────┼────┼─────┼─────┼──────┨
┃松田小学校校舎改│ 208,526│ 証書借入 │5%以内 │政府資金につ│ 208,526│ 証書借入 │5%以内 │政府資金につ┃
┃築事業債    │    │ 又は証券 │(ただし、│いては、その│    │ 又は証券 │(ただし、│いては、その┃
┃        │    │ 発行   │利率見直し│融資条件によ│    │ 発行   │利率見直し│融資条件によ┃
┃        │    │     │方式で借り│り、銀行その│    │     │方式で借り│り、銀行その┃
┃        │    │     │入れる政府│他の場合には│    │     │入れる政府│他の場合には┃
┃        │    │     │資金及び公│その債権者と│    │     │資金及び公│その債権者と┃
┃        │    │     │営企業金融│協定するとこ│    │     │営企業金融│協定するとこ┃
┃        │    │     │公庫資金に│ろによる。た│    │     │公庫資金に│ろによる。た┃
┃        │    │     │ついて、利│だし、村財政│    │     │ついて、利│だし、村財政┃
┃        │    │     │率見直しを│の都合により│    │     │率見直しを│の都合により┃
┃        │    │     │行った後に│措置期間及び│    │     │行った後に│措置期間及び┃
┃        │    │     │おいては当│償還期限を短│    │     │おいては当│償還期限を短┃
┃        │    │     │該見直し後│縮し、又は繰│    │     │該見直し後│縮し、又は繰┃
┃        │    │     │の利率) │上償還もしく│    │     │の利率) │上償還もしく┃
┃        │    │     │     │は低利債に借│    │     │     │は低利債に借┃
┃        │    │     │     │換することが│    │     │     │換することが┃
┃        │    │     │     │できる。  │    │     │     │できる。  ┃
┠────────┼────┼─────┼─────┼──────┼────┼─────┼─────┼──────┨
┃   合計   │ 208,526│     │     │      │ 208,526│     │     │      ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┷━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


 4ページからお願したいと思います。第2表 繰越明許費でございます。2款 総務費、1項 総務管理費、事業名が松田鍾乳洞周辺環境活用整備事業、金額2億7,603万円。この事業の進捗につきましては、現在実施設計のみを発注しておりまして、土木設計が51.5%、建築設計が15%の進捗でございます。

 6款 農林水産業費、1項 農業費、農地保有合理化事業、金額が3,229万5,000円。今回、農地取得の議案を入れてございますが、現在2件分の契約は完了しております。移転登記のみが未完了ということでございます。農業体質強化基盤整備促進事業、金額が4,100万円ちょうど。進捗率がゼロ%でございます。3項 水産業費、漢那漁港水産生産基盤整備事業、金額が1億9,757万5,000円、進捗率にしまして21.2%でございます。

 8款 土木費、2項 道路橋りょう費、特定防衛施設周辺整備調整交付金事業、金額が352万3,000円。この進捗につきましては、現在ゼロ%でございます。次、高松進入路整備工事委託金事業、金額が2,541万4,000円、進捗率35%でございます。村道中原線道路改良事業、金額1億4,265万5,000円、進捗率58%でございます。

 10款 教育費、2項 小学校費、松田小学校校舎改築事業、金額3億2,108万1,000円。それから松田小学校校舎改築併行防音事業3,457万7,000円、いずれも進捗率はゼロ%でございます。3項 中学校費、宜野座中学校用地購入事業1,632万5,000円。これにつきましても進捗率ゼロ%でございます。

 合計10億9,047万5,000円の繰越明許でございます。

 次、5ページをお願いいたします。第3表 地方債補正。起債の目的が松田小学校校舎改築事業債。今回の補正後の金額でございますが、当初が2億852万6,000円に対しまして、今回1億3,540万円、7,312万6,000円の減額補正でございます。後ほど歳入のところでも御説明申し上げます。

 それでは9ページからお願いいたします。歳入でございます。11款 地方交付税、1項 地方交付税、1目 地方交付税、補正額が5,250万円。今回、特別交付税の減額補正がございます。実は12月に3分の1の交付がございましたが、3月時点での交付額がまだ未定でございます。県及び国からの提示がまだ来ておりません。そういうことで暫定的な金額ということで3分の2の計上でございます。合計額5,250万円の減ということで計上してございます。

 15款 国庫支出金、2項 国庫補助金、5目 土木費国庫補助金、住宅家賃低廉化事業交付金243万3,000円の減。これは実績分でございます。6目 特定防衛施設周辺整備調整交付金の分につきましても102万1,000円、これも実績の分でございます。8目 教育費国庫補助金4,851万7,000円の増。これにつきましては、(3)理科振興備品購入費補助金(小・中)、これは追加分でございます。それから(4)併行防音事業3,457万5,000円。(5)安心・安全な学校づくり交付金1,380万1,000円、これにつきましては繰り越し事業ということになります。次、3項 委託金、3目 土木費委託金20万6,000円、高松進入路整備工事委託金の実績に伴う減でございます。6目 農林水産業費委託金302万7,000円、緑の分権改革調査事業委託金。これは確定分ということで減額確定でございます。

 16款 県支出金、2項 県補助金につきましても確定でございます。303万7,000円の事業実績分でございます。次、2項 県補助金、2目 民生費県補助金、それから3目 衛生費県補助金、それから4目 農林水産業費県補助金、7目 土木費県補助金、いずれも事業実績確定分ということで計上してございます。

 17款 財産収入、1項 財産運用収入、1目 財産貸付収入22万5,000円の増がございます。これは宜野座リゾートの用地の中に村有地がございまして、そこの部分の交換をしてシティクルーズという会社と賃貸契約をしている、この分の貸付収入でございます。2項 利子及び配当金101万5,000円。ここにつきましては(2)、それから(5)、(6)、(7)、(8)、(10)それぞれ基金利子の配当分でございます。増額分でございます。

 それから18款 寄附金、1項 寄附金、1目 一般寄附金10万円の増。これはふるさと納税寄附金ということで、個人の方から1名分の寄附がございました。

 19款 繰入金、2項 基金繰入金、1目 基金繰入金、補正額が9,039万4,000円。これは財政調整基金からの繰り入れでございます。次、13、14ページをお願いいたします。16節 かんなタラソ沖縄施設維持基金50万円、それから18節 宜野座村再編交付金基金繰入金731万9,000円の減、それぞれ実績に伴っての減額でございます。

 21款 諸収入、4項 雑入、2目 弁償金126万5,000円の増がございます。これにつきましては、福山進入路の入り口のほうで、米軍によるリュウキュウマツ、それから保安灯の物損事故がございました。それに伴う防衛局からの弁償金が入っております。4目 防音維持助成金199万8,000円の減。これにつきましては、三幼稚園分の4万円の増がありますが、残りにつきましては、おのおの実績に伴う減額でございます。5目 雑入2,559万1,000円の減。ここにつきましては、一番下の(8)農業体質強化基盤整備促進事業土壌改良農家負担金400万円の増がございます。これにつきましては、総事業4,000万円の10%ということで計上してございます。それ以外につきましては減額でございます。

 22款 村債、1項 村債、4目 教育債7,312万6,000円の減。これは先ほど説明しましたが、松田小学校改築事業債の減でございます。実はこの中に当初、仮設校舎建設事業費も含んでおりまして、それで申請していたんですが、査定の結果、仮設校舎につきましては起債対象外ということで、その分の減となっております。

 次、歳出を説明いたします。歳出につきましては、ほとんど実績に伴う執行残でございますので、主なものを説明していきたいと思います。2款 総務費、1項 総務管理費、1目 一般管理費、嘱託職員社会保険料110万円の減。これは当初、率を変更することを見込んでおりましたが、率の変更がなかったということで減額でございます。次、16目 サーバーファーム費132万3,000円の減がございますが、これは消耗品費、事務用品、光熱水費、修繕費、それぞれ実績分でございます。

 次、17、18ページ、3款 民生費、1項 社会福祉費、1目 社会福祉総務費でございます。これは財源変更の分でございます。それから2項 児童福祉費、1目 児童福祉総務費のところで28万1,000円の増がございますが、これは償還金ということで、平成22年度の過年度分ということになっております。2目 児童措置費につきましては実績でございます。

 19、20ページをお願いいたします。4款 衛生費、1項 保健衛生費、1目 保健衛生総務費、それから2目 予防費につきましては、それぞれ実績に伴う減でございます。4目 母子保健費279万4,000円。これにつきましても7節から20節まで、それから次のページにつきましても実績確定分でございます。21,22ページをお願いいたします。9目 再編交付金事業でございます。609万6,000円の減。この中で13節 委託料350万円の減、それから19節 負担金、補助及び交付金140万円の減。20節 扶助費40万円、これはかんなタラソ沖縄の助成分でございます。それぞれ実績確定分でございます。

 23、24ページをお願いいたします。6款 農林水産業費、1項 農業費の中の3目 農業振興費、補正額305万3,000円、ここにつきましては8節 報償費が124万7,000円の減がございます。それぞれ実績に伴う確定分の減でございます。次、25、26ページをお願いいたします。6目 下水道費でございます。補正額2,537万5,000円の減。11節 需用費につきましては、4地区のクリーンセンター、その4地区分の合計額でございます。2,288万8,000円の実績分、それから12節 役務費、これは3地区分の手数料の合計額でございます。110万2,000円の減。13節 委託料126万5,000円の減がございますが、これは下水道料金システム導入委託業務の執行残でございます。次のページをお願いいたします。次、3項 水産業費、2目 水産業振興費140万円の減。これにつきましては、15節 工事請負費が、村単独分がございましたが、村単独分の予算執行の残分でございます。

 次、29、30ページをお願いします。8款 土木費、1項 土木管理費、1目 土木総務費、これにつきましても、ほぼ実績確定に伴う減額補正でございます。それから2項 道路橋りょう費、3目 道路新設改良費、これにつきましては、財源内訳の変更が主でございます。村単独分から国庫補助金に移行したり、国庫支出金が若干減額になっておりまして、それぞれ組み替えに伴う減額が主でございます。次、31、32ページお願いいたします。先ほども申しましたように、特定防衛施設周辺整備調整交付金事業、これにつきましても交付金事業から村道中原線道路改良事業への組み替え、用地購入費、補償金につきましては、それぞれ実績に伴う減でございます。漢那浜原線中毛1号線、それから惣慶待口4号線、漢那ダム下流線、それぞれ執行残でございます。6目 諸工事施設費200万円の減、これにつきましても村単独分の実績の減でございます。5項 住宅費、1目 住宅管理費94万6,000円の減。用地購入費の分が減額、確定分でございます。

 次、33、34ページでございます。10款 教育費、1項 教育総務費、2目 事務局費、補正額が137万7,000円。1節 報酬、それから3目 報償費、11節 需用費、14節 使用料及び賃借料、それぞれ実績に伴う減額確定の分でございます。次、2項 小学校費、1目 学校管理費149万3,000円の減。漢那小学校管理費業の分でございますが、省電力照明器具工事の執行残でございます。次、35、36ページをお願いいたします。3項 学校建設費、3目 学校建設費、補正額4,717万4,000円の増。これは先ほども説明しましたように、12節 役務費20万円、それから13節 委託料319万8,000円、15節 工事請負費4,415万9,000円、それぞれ平成24年度事業への繰り越し分ということで増額でございます。下段については御参照ください。財源内訳の変更のみでございます。37、38ページ、5項 社会教育費、1項 社会教育総務費のところで35万円の補正増がございますが、これは県外派遣費補助金が、人数が若干ふえたということで35万円の増がございます。3目 文化財保護費につきましては実績の分でございます。

 次、最後のページお願いします。39、40ページ、13款 諸支出金、2項 基金費、これにつきましては、8目 保健福祉推進地域基金積立金、それから10目 公用地等購入基金積立金、14目 宜野座村水源地域振興基金積立金、20目 宜野座村ふるさと応援基金積立金、21目 宜野座村地域園芸農業活性化事業基金積立金、22目 土地開発基金積立金、それぞれ基金の預金利子でございます。15目 サーバーファーム施設整備基金積立金、これにつきましては実績の分ということで132万3,000円。それから18目 かんなタラソ沖縄施設維持基金130万円の減、これも実績に伴う減額となっております。

 以上、宜野座村一般会計補正予算(第6号)の説明でございました。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) それでは3点ほど質疑します。聞かせてください。

 農地保有合理化事業の件ですけれども、議案第21号、議案第22号にも関連しているかと思いますが、その中で少し関連で質疑させてください。現在、この保有している土地について、どの程度売却とかが進んでいるのか。あと、個人で借りようとしている人たちがいた場合に、そういった人たちに貸すことができるのか、そのあたりを確認させてください。

 それと松田小学校の校舎改築については、校舎の解体が始まる時期とか、工事着手の予定時期、そういう工程的なものの説明を少しお願いします。

 それから中学校費については、場所と目的がわからないので、その用地購入についての内容説明をお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 農地保有合理化事業の進捗状況ということなんですが、後ほど出てまいりますけれども、現在、契約を進めている段階でございます。そしてその土地について、農家が借りたいという方がいらっしゃれば、こちらも一時保有という形をとっておりますので、そういう方がいらっしゃれば売り渡したいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 6番 當眞 淳議員にお答えいたします。

 最初に、松田小学校の改築事業の工期、あるいは事業着手ということでございますけれども、現在、委員会としましては、4月の段階で説明をして、できたら解体工事を4月、5月に入っていきたいと思います。その解体が終わると同時に建築に入るという段取りで、できたら11月ごろの完成をめどにやっていきたいと考えております。

 そして宜野座中学校の用地取得の件につきましては、去る6月の補正だったと思いますけれども、そのときに補正しました用地、現在の図書館の下のところの用地ということでございます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 農地保有合理化事業のものは、この議案に上がっているものに対してどうこうということではなくて、これまで村が保有している農地がありますね。それを新たに使いたいという方が出た場合に、それを売るのではなくて貸したりとか、そういう利用の仕方とかもされているのか。運用の仕方をどのようにしているのかというのを確認をさせていただきたい。再度、答弁をお願いします。

 小学校については、夏休みなども利用して、ぜひ授業に支障のないようによろしくお願いします。

 それから以前ありました仮設の場合のクーラー関係、夏場は大変ですので、そのあたりもぜひ考慮していただきたいと思います。

 中学校の用地の件は、新たな土地なのか。費用的にも少しかかるからということなのか、そのあたり再度、答弁をお願いしていいですか。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 村が保有しています農地につきましては、有効利用、そして中間保有、再分配機能を目的としておりますので、農業をやりたいという農家がいらっしゃれば賃貸、そして売り渡しなど、経営規模の拡大、そして農地の集団化、効率的利用を図る観点から、そういう貸し借りも進めていきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 再度、當眞 淳議員にお答えいたします。

 中学校の用地につきましては、当初、計画したとおりの用地でございまして、実質的に面積が1,232平米で、単価は鑑定を入れてございましたので、平米単価1万3,000円ということで、当初の計画どおりほぼ完成しておりますので、分筆をして登記をするという段取りです。当初の計画のとおりでございます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 農地保有合理化事業の件については、以前、知り合いが賃貸でやりたいということを申し出たら、できなかったというような話もあったものですから、そのあたりどうなのかということで確認したところであります。農家もなかなか購入するとかというのは経営的に厳しいようですので、そのあたりも柔軟に対応していただきたいという、これは要望です。

 中学校の件については、まだ余り理解できないんですけれども、これは後で確認します。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はありませんか。

 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 最初の財政調整基金からの取り崩しについては、仮設のものは起債できないから減にしたということですね。それはそれでいいです。

 24ページ、6款 農林水産業費、1項 農業費、3目 農業振興費、8節 報償費、クラインガルテン(市民農園)農業指導者謝礼金とありますけれども、実際に今まで払った額は幾らなのかということを教えてください。

 それから30ページ、8款 土木費、2項 道路橋りょう費、3目 道路新設改良費、嘱託職員等報酬311万6,000円、これは組み替えということで説明を聞いていますけれども、どういう職員が用地交渉をして311万6,000円になるのか。その2点を聞かせてください。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 クラインガルテンの農業指導者謝礼金なんですが、当初180万円組まれておりますけれども、実績としては89万5,000円を支払っております。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 嘱託職員の業務、どのような方かということなんですが、福山の進入路の歩道設置部門について、いろいろ地主が多すぎて、そのために用地交渉人が必要だということで、今まで持っていた単費の分を組み替えて、繰り越しをし、執行していくということで思っています。その職員としては、惣慶区の、今まで登記事務所というか、あれは金武町にある事務所なんですが、そこにいた方で惣慶区の方がいらっしゃるんですけれども、その方に話をして、できないかということで今進めているところです。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 最初のクラインガルテンの謝礼金なんですけれども、具体的にどのような格好のシステムかと思うんです。市民講座に参加しましたけれども、1人当たりの報償金というのがその指導費の中に入っているのか。できたら、業者ごとに幾らぐらい払って、あのような講演会ができるのかお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 クラインガルテンの農業指導者謝礼金につきましては、当初、見積りは一般的な大学の教授なり、また先生方なりの予算計上、見積りでありましたけれども、今回、村といたしましては、村の報酬規定によりまして算定したために、これだけの減額となっております。公開講座につきましては、これまで国際交流センターで講演会をやりましたけれども、そこでも当初、村外、県外の講師を予定しておりましたけれども、村内からもパネラーとして出席させたり、県内の農家の皆さんも出席させたために、大分謝礼金が浮いたということでございます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 余り意味がわからない。私の質疑に答えていないものだから、再度聞きますけれども、具体的にこの大学の教授、業者とかいろいろ入っていましたね。そこにどういう感じでどれぐらいのお金を払っているのかということをお聞きしているんです。

 それと市民講座について、パネラー、村内から入っているのは2人だね。しかも、もともと村出身ではないよね。こういう人たちには幾ら払っているのか、そこも含めて説明をお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 先ほど申し上げましたとおり、村の報酬規定によりまして支払いしておりますけれども、手元に細かい数字を今、持ち合わせておりませんので、後ほど提出したいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 私がこの質疑をしている一番のポイントはどういうことかと言いますと、村内から参加した人は全体の中の20%足らず、実質的には15%にも足りないような状態なんです。私は数値を全部持っていますのではっきり言いますけれども、最初9名、10名、その後は9名しか入っていないから。8名から9名。しかも役場の職員がその中に何名か、皆さんがよくわかると思います。そういう状態でやっていますけれども、これは何のためにやっているのかということを感じたわけです。このクラインガルテンは地元の住民がする事業なのか、業者を連れてきて、この業者の宣伝のためにする事業なのかということを私は大変疑問に思って聞いているんです。いろいろな資料、実際、緑の分権に関係あると思いますけれども、2,700万円の委託料で、この中身については、実際の話、私もほとんどわからないんです。だからそこも含めて今後の対応、うんと検討してほしいと思って聞いていますので、資料を後でお願いします。

 それから先ほどの用地の件ですけれども、ここでいう用地の委託費というのは、司法書士とかそういうもの等になっているんですか。要するにこの金額自体が高いという話と、一事業に対して、用地費にこんなにお金をかけるのかというのがあるものですから聞いているんですけれども、その辺、再度説明をお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 再度、當眞嗣則議員にお答えいたします。

 その件については、村の嘱託業務の単価をもって充てているんですが、ただ、その用地交渉だけではなくて、そこの事務も含めてやってもらおうということで考えて、調整しているところです。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) この用地交渉につきましては、今までの慣例も含めて、あるいはまた、うまくいくためには、何と言っても人によって交渉人を変えないといけないというのが、実際、今までのやり方ですね。ただし、事務手続についてはプロでないといけない。だからこの委託料の話が出たときに、事務手続をするためにこんなにたくさんのお金を使うのかと、私はそう思っているから聞いているんです。再度お願いします。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 再度お答えいたします。

 事務手続をするための用地交渉人ではないんです。ただ、今からいろいろな事業が出てくるんですが、お互いが持っている福山進入路の中の物件が、今から高松も出てきます。いろいろなところが出てきますので、そのためにいろいろな事務手続、防衛とのやりとりも出てくるんです。その中で1人、その嘱託職員が今回やめられたので、その分も含めて今度は用地の専門、司法書士事務所にいた方を、用地を含めて嘱託として雇おうということで、今、案件として上げてあるということです。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 私が聞いているのは、このお金の使い方です。最近になって、嘱託に丸投げみたいな感じに聞こえるものだから、じゃあ役場の職員は何をするのと。防衛との交渉については、当然、役場の職員がするのが当たり前、法的な手続というのが司法書士がするのが当たり前というのが当たり前、ただし、これを売ったり買ったりする、内諾をするための交渉というのは、地元の人が中心になって今までやってきている慣例があるんだけれども、それを否定するものなのかどうなのか。そこも再度お答え願います。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 再度、當眞嗣則議員にお答えいたします。

 そのものについては、そういったことではありません。ただ、福山については、福山区長、また行政委員を含めて用地の交渉に当たっていかなくてはいけないと思っています。松田の高松進入路についても、区長、また行政委員、そういった方々とともに、その設置ができるように努力していかなくてはいけないだろうと思っています。ただ、そこに今言っている嘱託というのは、今、建設課の職員というのは、私を含め正職員が4名しかいません。その中で工事がたくさんあって、特定防衛施設周辺整備調整交付金とか、今言う民生安定施設整備事業、そういったものが今あって、嘱託職員にさせているんです。その中で用地までやると、またこの人たちがパニックを起こす状況になっているものですから、今まで設計を見ながら、手伝いをしながら、専門的な方々なので、できるんですが、その用地のものについても何とかできないですかという話があって、今のように1人の方がやめられたので、その繰り越しとして事業を動かそうということで今組んでいます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 最後の確認をします。

 この用地については、この事業の中の事務経費の補助の対象になっているのか。それとも村の単費でやっているのか。そこだけお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 再度お答えいたします。

 普通、防衛では、嘱託職員とかそういったものについては事務費では見れませんので、この報酬については単費でございます。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第18号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第18号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第18号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第6号)についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第18号は、原案のとおり可決されました。



△日程第2.議案第19号 宜野座村職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第19号 宜野座村職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 本案件は、育児休業法、介護休業等、育児又は家族介護を伴う労働者の福祉に関する法律及び地方公務員の育児休業等に関する法律の一部改正に伴い、同条例の一部を改正する案件でございます。

 条例の改正内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第19号につきまして御説明を申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第19号                                          ┃
┃                                               ┃
┃              宜野座村職員の育児休業等に関する条例の              ┃
┃              一部を改正する条例について                    ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村職員の育児休業に関する条例の一部を次のように改正したいので議会の議決を求める。   ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年3月19日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃              宜野座村職員の育児休業等に関する条例の              ┃
┃              一部を改正する条例                        ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村職員の育児休業等に関する条例(平成22年条例第6号)の一部を次のように改正する。   ┃
┃                                               ┃
┃ 第2条中第1号及び第2号を削り、第3号を第1号とし、第4号を第2号とし、第5号及び第6号を削┃
┃  る。                                           ┃
┃ 第2条の次に次の1条を加える。                               ┃
┃ (育児休業法第2条第1項ただし書の条例で定める期間)                    ┃
┃第2条の2 育児休業法第2条第1項のただし書の条例で定める期間は、57日間とする。       ┃
┃第3条の見出しを「(育児休業法第2条第1項のただし書の条例で定める特別の事情)」に改め、同条第┃
┃1号中「第5条第2号に掲げる」を「第5条に規定する」に、「同号」を「同条」に改め、同上第4号中┃
┃「当該育児休業をした職員の配偶者(当該子の親であるものに限る。)が3月以上の期間にわたり当該子┃
┃を育児休業その他の規則で定める方法により養育したこと(当該職員」を「3月以上の期間を経過したこ┃
┃と(当該育児休業をした職員」に、「請求の際両親が当該方法」を「承認の請求の際育児休業」に改め、┃
┃同条第5号中「再度の」を削る。                                ┃
┃ 第5条中「次に掲げる事由」を「育児休業をしている職員について当該育児休業に係る子以外の子に係┃
┃る育児休業を承認しようとするとき」に改め、同条各号を削る。                  ┃
┃ 第10条第1号及び第2号を削り、第3号を第1号とし、第4号を第2号とし、第5号及び第6号を削 ┃
┃る。                                             ┃
┃ 第11条第1号中「第2号」を「第1号」に改め、同条第4号中「第3号」を「第2号」に改め、同条第┃
┃5号中「当該育児短時間勤務をした職員の配偶者(当該子の親であるものに限る。)が3月以上の期間に┃
┃わたり当該子を育児休業その他の規則で定める方法により養育したこと(当該職員」を「3月以上の期間┃
┃を経過したこと(当該育児短時間勤務をした職員」に、「請求の際両親が当該方法」を「承認の請求の際┃
┃育児短時間勤務」に改める。                                  ┃
┃ 第14条中第1号を削り、第2号を第1号とし、第3号を第2号とする。              ┃
┃ 第18条中「次に掲げる」を「育児短時間勤務又は育児休業法第17条の規定による短時間勤務をしてい ┃
┃る」に改め、同条各号を削る。                                 ┃
┃ 第19条第1項中「部分休業」の次に「(育児休業法第19条第1項に規定する部分休業をいう。以下同 ┃
┃じ。)」を加える。                                      ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この条例は、平成24年4月1日から施行する。                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 後ろのほうに新旧対照表もつけてございますので、これもごらんになりながら御説明をしていきたいと思います。

 まず、今回改正する条文、第2条でございますが、2条につきましては、育児休業をすることができない職員ということで、職員の配偶者の就業の有無や育児休業の取得の有無等の状況にかかわりなく、職員は育児休業をすることができることとする改正、並びに非常勤職員及び臨時的に任用される職員に関する規定の整理でございます。

 第2条の2は、育児休業法第2条第1項ただし書きの人事院規則で定める期間を基準として条例で定める期間を57日間とすることを規定、これは新設でございます。

 第3条、育児休業法第2条第1項ただし書きの条例で定める特別の事情ということで、第5条の改正に伴いまして規定の整理を第1号でやっております。

 それから最初の育児休業をした後、3カ月以上経過した場合に、再度の育児休業をすることができることとする改正、これは第4号でございます。

 第5号は、子の出生の日から一定期間内、57日間以内に最初の育児休業をした職員は、特別の事情がない場合であっても再度の育児休業をすることができるよう育児休業法が改正されたことに伴う字句の整理でございます。

 第5条、育児休業の承認の取消事由でございます。職員以外の子が、親が状態としてその子の養育をすることができることとなった場合でも、育児休業の取消事由には当たらないこととする改正でございます。

 第10条、育児短時間勤務をすることができない職員ということで、職員の配偶者の就業の有無や育児休業の取得の有無等の状況にかかわりなく、職員は育児短時間勤務をすることができることとする改正並びに非常勤職員及臨時的に任用される職員に関する規定の整理でございます。

 第11条、育児短時間勤務の終了の日の翌日から起算して1年を経過しない場合には、育児短時間勤務をすることが特例の事情ということでうたっております。要するに第14条の改正に伴う規定の整理、これは第1号及び第4号でございます。

 それから最初の育児短時間勤務をした後、3カ月以上経過した場合に、前回の育児短時間勤務の終了から1年以内であっても育児短時間勤務をすることができることとする改正、第5号でございます。

 次、第14条でございますが、育児短時間勤務の承認の取消事由、職員以外の子の親がその子を養育することができることとなった場合でも育児短時間勤務の取消事由には当たらないこととする改正でございます。

 第18条、これは部分休業することができない職員ということで、職員の配偶者の就業の有無や育児休業の有無の状況にかかわりなく、職員は部分休業をすることができることとする改正及び非常勤職員に関する規定の整理でございます。

 第19条につきましては部分休業でございまして、育児休業法が改正されたことに伴う字句の整理、括弧書きの追加をされております。

 附則 この条例は、平成24年4月1日から施行する。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) もう少しかみ砕いて説明していただきたかったんですけれども、確認ですが、非常勤職員、また臨時職員、そういう方々も育児休業ができるようになるということでしょうか。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 新旧対照表のほうにあるんですが、第2条のところで(1)非常勤職員、それから(2)臨時的に任用される職員と現行がありまして、要するに、改正では育児休業することができない職員ということで削除されておりますので、基本的には非常勤職員もできるということになると思います。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 村の役場に勤務している非常勤職員、また嘱託職員は育児休業を認めるという内容の改正として理解してよろしいでしょうか。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (10時52分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (10時53分)

 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは、當眞 淳議員に再度お答えいたします。

 先ほど非常勤職員、それから臨時的に任用される職員、両方が対象になるという話でありましたが、実は確認しましたところ、非常勤職員というのは嘱託職員のみ、対象であるということでございまして、要するに賃金職員につきましては対象外ということであります。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 再度、確認します。

 新旧対照表の第2条の(1)非常勤職員というものが削除されたということについては、嘱託職員と。臨時的に任用される職員というのもあるんですけれども、今の賃金の職員はこれと一緒ではないということで理解してよろしいでしょうか。

 それと、先ほど聞きましたが、嘱託職員については、村も育児休業を認めるということで理解してよろしいでしょうか。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 當眞 淳議員に再度お答えいたします。

 嘱託職員につきましては、育児休業はとれますということで理解して結構です。

 それから先ほど言ったように、臨時的に任用される職員、これにつきましては賃金職員ということを言っておりますので、賃金職員につきましては、できないということになっております。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第19号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第19号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第19号 宜野座村職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第19号は、原案のとおり可決されました。



△日程第3.議案第20号 宜野座村職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第20号 宜野座村職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 本案件は、宜野座村職員の育児休業等に関する条例の一部改正に伴い、同条例の一部を改正する案件でございます。

 条例の改正内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第20号につきまして御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第20号                                          ┃
┃                                               ┃
┃           宜野座村職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を           ┃
┃           改正する条例について                          ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を次のように改正したいので、議会の議決を求め┃
┃る。                                             ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年3月19日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃        宜野座村職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例        ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成7年条例第20号)の一部を次のように改正する。┃
┃                                               ┃
┃ 第8条の3第1項中「(職員の配偶者でその子の親である者が、常態としてその子を養育できるものと┃
┃して規則で定める者に該当する場合における当該職員を除く。次条第2項において同じ。)」を削り、同┃
┃条第2項中「(職員の配偶者でその子の親であるものが、常態としてその子を養育することが出来るもの┃
┃として規則で定める者に該当する場合における当該職員を除く。次条第2項において同じ。)」を削る。┃
┃ 第8条の4第4項中「前3項」を「前4項」に改め、同項を同条第5項とし、同条第3項前段中「前 ┃
┃項」を「第1項及び前項」に改め、同項を同条第4項とし、同条第2項中「(災害その他避けることので┃
┃きない理由に基づく臨時の勤務を除く。)」を削り、同項を同条第3項とし、同条第1項の次に次の1項┃
┃を加える。                                          ┃
┃2 任命権者は、3歳に満たない子のある職員が、規則で定めるところにより、その子を養育するために┃
┃ 請求した場合には、当該請求をした職員の業務を処理するための措置を講ずることが著しく困難である┃
┃ 場合を除き、第8条に規定する勤務(災害その他避けることのできない事由に基づく臨時の勤務を除 ┃
┃ く。)をさせてはならない。                                 ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この条例は、平成24年4月1日から施行する。                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 2枚目からお願いしたいと思います。宜野座村職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成7年条例第20号)の一部を次のように改正する。

 改正の内容等につきまして若干、御説明をしていきたいと思います。この中で第8条の3がございますが、これは育児又は介護を行う職員の早出遅出勤務の内容でございます。職員の配偶者の就業等の状況にかかわりなく、職員は育児のための早出、遅出勤務及び時間外勤務の制限の請求をすることができることとする改正でございます。第1項の改正に伴いまして、読みかえ規定の整理、第2項ということになっております。

 次、第8条の4でございますが、育児又は介護を行う職員の深夜勤務及び時間外勤務の制限ということの条文でございます。3歳に満たない子のある職員が、当該の子を養育するために請求した場合には、当該職員の業務を処理するための措置を講ずることが著しく困難である場合を除き、時間外勤務をさせてはならないことを規定、これは第2項でございます。第2項の新設に伴いまして、項番号及び引用規定等の整理が第3項から第5項までということになっております。

 附則 この条例は、平成24年1月1日から施行する。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第20号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第20号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第20号 宜野座村職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第20号は、原案のとおり可決されました。

 暫時休憩します。             (11時01分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (11時18分)



△日程第4.議案第21号 財産の取得についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第21号 財産の取得についてでございます。

 本案件は、宜野座村農地利用集積円滑化事業により、土地を取得する案件でございます。

 詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 議案第21号について御説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第21号                                          ┃
┃                                               ┃
┃                   財産の取得について                   ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村農地利用集積円滑化事業に係る用地として、下記のとおり土地を取得することについて、地方┃
┃自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第8号及び宜野座村議会の議決に付すべき契約及び財産の取┃
┃得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の決議を求める。                 ┃
┃                                               ┃
┃1.土地の表示                                        ┃
┃ ┌────┬────┬────┬───┬─────────┬─────┬──────┐   ┃
┃ │    │    │    │   │  地積(?)  │     │      │   ┃
┃ │ 大字 │ 小字 │ 地番 │ 地目 ├────┬────┤単価(円)│ 金額(円) │   ┃
┃ │    │    │    │   │ 台帳 │ 潰地 │     │      │   ┃
┃ ├────┼────┼────┼───┼────┼────┼─────┼──────┤   ┃
┃ │ 字漢那 │ 中山原 │1966番1│ 畑 │ 12,918│ 12,918│   1,059│ 13,680,162│   ┃
┃ ├────┼────┼────┼───┼────┼────┼─────┼──────┤   ┃
┃ │ 字漢那 │ 中山原 │1974番1│ 畑 │  8,355│  8,355│   1,059│  8,847,945│   ┃
┃ ├────┼────┼────┼───┼────┼────┼─────┼──────┤   ┃
┃ │ 字漢那 │ 中山原 │1974番2│ 畑 │   627│   627│   1,059│   663,993│   ┃
┃ ├────┼────┼────┼───┼────┼────┼─────┼──────┤   ┃
┃ │ 字漢那 │ 中山原 │1974番3│ 畑 │   454│   454│   1,059│   480,786│   ┃
┃ ├────┴────┴────┴───┼────┼────┼─────┼──────┤   ┃
┃ │        計         │ 22,354│ 22,354│     │ 23,672,886│   ┃
┃ └──────────────────┴────┴────┴─────┴──────┘   ┃
┃                                               ┃
┃2.取得予定価格:一金23,672,886円                              ┃
┃                                               ┃
┃3.契約の相手方                                       ┃
┃    住 所 : 国頭郡宜野座村字惣慶1912番地の6                     ┃
┃    名 称 : 有限会社 ぎのざ観葉                           ┃
┃    氏 名 : 清算人 伊 藝 幸 雄                          ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年3月19日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 次ページ以降に契約書、予定場所を添付してありますので、御参照をお願いしたいと思います。以上です。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) この場所は農地なのか、施設が建っているのかどうか、この1点。

 そして使途、ここが購入した場合にどういったものに使うのか。その2点をお伺いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 小渡久和議員にお答えします。

 この予定地には現在、振興ハウスで建設いたしました3,200平米の振興ハウスがございます。

 そして今後の活用ということなんですが、一部、大分荒れている土地がありまして、今後はそれを考えて、今後農地集積、規模拡大等の農家がいらっしゃれば、そこにあっせんし、賃貸なり、売り渡しなりをしようと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) ハウスで今後、イチゴの担い手の皆さんに貸すということでありますけれども、これを売買するとした場合に、購入価格を計算したら3,500円になるんですけれども、その3,500円で買う人は宜野座村で検討がつきますか。村内の業者は3,500円では買えないと思うんですけれども、得るとしたらやはり同じ金額で売らないといけないと思いますので、そういっためどをつけながらの購入であるのかどうか。そして今後、賃貸させて、ずっとその担い手、要するにやりたいという方々を募集してやるのか。今まで農地は、大体決まった特定農家に貸しておりますけれども、農業をやりたくても農地がなくてやれない方が大分宜野座村にはいるわけです。どうしても農業をやりたい、でも土地がないと。そういう方々を募って貸すのか、その点をお伺いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 小渡久和議員にお答えいたします。

 売るときも同単価で売り渡したいと考えております。

 そして募集という事なんですが、事業を開始したい、就農したいという農家がいらっしゃれば、農業委員会などを通じて、こちらは調整しながらあっせんしていきたいと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 先ほど産業振興課長の答弁で、ここに振興ハウスが建っているということなんですけれども、この振興ハウスについては村のものですね。そこをまずお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 村のものでございます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) この場合の条件、単価は幾らになるのか。

 貸付期間というか、この土地にあるからこの地主にずっと貸すのかどうか。そこの確認をお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 続いて當眞嗣則議員にお答えいたします。

 ハウスにつきましては、まだ耐用年数もございますし、現在のところ5年間、賃貸を予定しております。そして金額なんですが、土地、ハウスがございますので、現在、このハウスを含めた金額はまだはっきりしておりませんので、後ほど決めていきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 平田 悟議員。



◆7番(平田悟) これから先も農家がそういう施設、ハウスを売りたいということがあれば、次からも買う予定でありますか。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 平田 悟議員にお答えいたします。

 村といたしましては、最大の目的は村の優良農地が村外に流出するのを防止することもあるし、そして新規就農者への支援ということもございますので、売りたいという農家があれば、そしてまた買いたいという農家を含めまして、うまく活用を図ればいいと思いますので、そのあたりは予算も絡みますので、それを勘案しながら進めていきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第21号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第21号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第21号 財産の取得についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第21号は、原案のとおり可決されました。



△日程第5.議案第22号 財産の取得についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第22号 財産の取得について御説明申し上げます。

 本案件は、宜野座村農地利用集積円滑化事業により、土地を取得する案件でございます。

 詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 議案第22号について御説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第22号                                          ┃
┃                                               ┃
┃                   財産の取得について                   ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村農地利用集積円滑化事業に係る用地として、下記のとおり土地を取得することについて、地方┃
┃自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第8号及び宜野座村議会の議決に付すべき契約及び財産の取┃
┃得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求める。                 ┃
┃                                               ┃
┃1.土地の表示                                        ┃
┃ ┌────┬────┬────┬───┬─────────┬─────┬──────┐   ┃
┃ │    │    │    │   │  地積(?)  │     │      │   ┃
┃ │ 大字 │ 小字 │ 地番 │ 地目 ├────┬────┤単価(円)│ 金額(円) │   ┃
┃ │    │    │    │   │ 台帳 │ 潰地 │     │      │   ┃
┃ ├────┼────┼────┼───┼────┼────┼─────┼──────┤   ┃
┃ │ 字惣慶 │ 下袋原 │ 1003番 │ 畑 │  6,900│  6,900│   1,059│  7,307,100│   ┃
┃ ├────┼────┼────┼───┼────┼────┼─────┼──────┤   ┃
┃ │    │    │    │   │    │    │     │      │   ┃
┃ ├────┼────┼────┼───┼────┼────┼─────┼──────┤   ┃
┃ │    │    │    │   │    │    │     │      │   ┃
┃ ├────┼────┼────┼───┼────┼────┼─────┼──────┤   ┃
┃ │    │    │    │   │    │    │     │      │   ┃
┃ ├────┴────┴────┴───┼────┼────┼─────┼──────┤   ┃
┃ │        計         │  6,900│  6,900│     │  7,307,100│   ┃
┃ └──────────────────┴────┴────┴─────┴──────┘   ┃
┃                                               ┃
┃2.取得予定価格:一金7,307,100円                               ┃
┃                                               ┃
┃3.契約の相手方                                       ┃
┃    住 所 : 国頭郡宜野座村字惣慶1489番地の10                     ┃
┃    氏 名 : 上 地 安 治                              ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年3月19日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 次ページ以降に契約書と位置図がございますので、御参照をよろしくお願いします。以上です。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ございませんか。

 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) この物件は全体で2,000坪あるんですけれども、もし仮に、農家が分けて買いたいと言った場合、役場としては、担当課としてはオーケーするのか。その点を聞きたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (11時34分)

 再開します。               (11時34分)

 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 小渡久和議員にお答えします。

 農家がそういう意向であれば、分筆して受け渡すことも考えたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) そうであれば、ひとつ農業委員会を通して、そういったものを買えるような段取りをしていただきたいと思います。問題は農業委員会だと思いますので、土地を買いたいと言っても、農業委員会がだめだと言えば買えませんので、局長にそこのところをお願い申し上げ、終わります。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第22号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第22号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第22号 財産の取得についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第22号は、原案のとおり可決されました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれで散会します。(11時37分)