議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成24年第3回定例会 03月08日−03号




平成24年第3回定例会 − 03月08日−03号







平成24年第3回定例会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃              平成24年第3回宜野座村議会定例会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 24 年 3 月 6 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 散 の 日 時 │開 議│  平成24年3月8日 午前10時02分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │散 会│  平成24年3月8日 午後0時05分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  石 川 幹 也  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  安 富   繁  │ ○ │ 10 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃出 席   12 名 │ 3 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 11 │  島 袋   榮  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃欠 席   0 名 │ 5 │  伊 芸 朝 健  │ ○ │ 12 │  仲 本   彰  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃  凡   例   │ 6 │  當 眞   淳  │ ○ │ 13 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │   │          │   ┃
┃×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │   │          │   ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 11 │   島 袋   榮     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 12 │   仲 本   彰     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事 務 局 長│  津嘉山 博 文                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │係     長│  山 内 慶 一                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │産業振興課長 │  山 城   智  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │副  村  長│  仲宗根   勲  │建 設 課 長│  仲 間 正 哲  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │上下水道課長 │  山 城 次 雄  ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  新 里 民 夫  │学校教育課長 │  平 田 嗣 義  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃により説明のため  │総 務 課 長│  島 田 忠 博  │社会教育課長 │  照 屋 忠 利  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │企 画 課 長│  仲 程   正  │       │          ┃
┃出席した者の職氏名 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │村民生活課長 │  金 武   司  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │健康福祉課長 │  末 石 森 春  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃          │事 務 局 長│          │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃会 議 の 経 過 │別 紙 の と お り                          ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛







        平成24年第3回宜野座村議会定例会議事日程(第3号)

                                         平成24年3月8日
                                         開 議 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │議案第14号   │平成24年度宜野座村一般会計予算について              ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │議案第15号   │平成24年度宜野座村国民健康保険事業特別会計予算について      ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  3  │議案第16号   │平成24年度宜野座村後期高齢者医療特別会計予算について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  4  │議案第17号   │平成24年度宜野座村水道事業会計予算について            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │      (一括上程・説明・質疑・質疑後委員会付託)       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  5  │諮問第1号   │人権擁護委員候補者の推薦について                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  6  │諮問第2号   │人権擁護委員候補者の推薦について                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  7  │諮問第3号   │人権擁護委員候補者の推薦について                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (一括上程・説明・質疑・討論・採決)        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  8  │報告第1号   │平成24年度沖縄県町村土地開発公社事業計画書の報告について     ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (報告・質疑)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  9  │        │諸般の報告                            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) これから本日の会議を開きます。(10時02分)



△日程第1.議案第14号 平成24年度宜野座村一般会計予算について



△日程第2.議案第15号 平成24年度宜野座村国民健康保険事業特別会計予算について



△日程第3.議案第16号 平成24年度宜野座村後期高齢者医療特別会計予算について



△日程第4.議案第17号 平成24年度宜野座村水道事業会計予算について

 以上、4議案を一括議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) おはようございます。議案第14号 平成24年度宜野座村一般会計予算について御説明申し上げます。

 平成24年度一般会計歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ61億2,554万2,000円となり、対前年度比で2億5,845万8,000円の減額となっています。

 歳入については自主財源がおおよそ31億800万円で、予算構成比では50.7%、対前年度比では1,800万円の減となっています。依存財源はおおよそ30億1,700万円となっており、予算構成比49.3%、対前年度比では2億4,000万円の減であります。その主な要因として、村債2億3,852万6,000円、国庫支出金が1億2,000万円と大幅な減額となったことが挙げられます。なお、平成24年度から制度導入されます沖縄振興特別推進交付金、いわゆる一括交付金については、1億4,475万円を計上しております。

 一方、歳出において性質別で見ますと、人件費、扶助費、公債費からなる義務的経費の総額がおおよそ16億6,800万円となり、予算構成比では27.2%、対前年度比で4,900万円の増となっております。次に投資的経費を見ますと、普通建設事業の補助事業が11億6,400万円、単独事業が4,700万円となっており、全体予算構成比19.8%、対前年度比で4億円の減となっております。

 次に、議案第15号 平成24年度宜野座村国民健康保険事業特別会計予算について御説明申し上げます。

 本案件は、平成24年度宜野座村国民健康保険事業特別会計予算の総額を歳入歳出それぞれ8億895万7,000円とする案件でございます。

 次に、議案第16号 平成24年度宜野座村後期高齢者医療特別会計予算について御説明申し上げます。

 本案件は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,587万5,000円とする案件でございます。

 次に、議案第17号 平成24年度宜野座村水道事業会計予算について御説明申し上げます。

 本案件は、平成24年度宜野座村水道事業会計予算の収益的収入2億1,837万6,000円、収益的支出1億9,144万円、資本的収入6,000円、資本的支出を5,668万9,000円とする案件でございます。

 各予算の内容と詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは、議案第14号 平成24年度宜野座村一般会計予算につきまして御説明申し上げます。なお、歳入につきましては総務課長のほうで説明いたしまして、歳出につきましては各担当課長のほうで説明をさせていただきます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第14号                                          ┃
┃                                               ┃
┃                平成24年度宜野座村一般会計予算                ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年度宜野座村の一般会計の予算は、次に定めるところによる。               ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算)                                      ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ6,125,542千円と定める。             ┃
┃2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。    ┃
┃ (地方債)                                         ┃
┃第2条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債 ┃
┃ の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。                  ┃
┃ (一時借入金)                                       ┃
┃第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、500,000千円と定め┃
┃ る。                                            ┃
┃ (歳出予算の流用)                                     ┃
┃第4条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することが ┃
┃ できる場合は、次のとおりと定める。                             ┃
┃(1) 各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足┃
┃   を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。             ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年3月6日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                第1表  歳 入 歳 出 予 算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃1 村             税│                  │       505,230┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 村       民       税│       146,221┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 固   定   資   産   税 │       322,718┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 軽   自   動   車   税 │       14,037┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 村   た   ば   こ   税 │       22,252┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │5 特  別  土  地  保  有  税│          2┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃2 地   方   譲   与   税│                  │       33,146┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 地 方 揮 発 油 譲 与 税 │        9,608┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 自 動 車 重 量 譲 与 税 │       23,537┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 地  方  道  路  譲  与  税│          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃3 利  子  割  交  付  金  │                  │        1,136┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 利  子  割  交  付  金│        1,136┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃4 配  当  割  交  付  金  │                  │         428┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 配  当  割  交  付  金│         428┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃5 株式等譲渡所得割交付金    │                  │         79┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 株 式 等 譲 渡 所 得 割 交 付 金│         79┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃6 地 方 消 費 税 交 付 金│                  │       40,233┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 地 方 消 費 税 交 付 金 │       40,233┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃7 ゴ ル フ 場 利 用 税 交 付 金 │                  │       19,989┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 ゴ ル フ 場 利 用 税 交 付 金  │       19,989┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃8 自 動 車 取 得 税 交 付 金  │                  │        5,009┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 自 動 車 取 得 税 交 付 金   │        5,009┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃9 国 有 提 供 施 設 等 所 在  │                  │       99,686┃
┃  市 町 村 助 成 交 付 金├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 国 有 提 供 施 設 等 所 在   │       99,686┃
┃                 │  市 町 村 助 成 交 付 金 │          ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃10 地 方 特 例 交 付 金  │                  │        9,558┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 地 方 特 例 交 付 金   │        9,558┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃11 地  方  交  付  税  │                  │      1,200,000┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 地   方   交   付   税 │      1,200,000┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃12 交通安全対策特別交付金    │                  │        1,000┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 交 通 安 全 対 策 特 別 交 付 金│        1,000┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃13 分 担 金 及 び 負 担 金│                  │       47,115┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 分       担       金│        1,039┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 負       担       金│       46,076┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃14 使 用 料 及 び 手 数 料│                  │       288,879┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 使       用       料│       276,635┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 手       数       料│       12,244┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃15 国  庫  支  出  金  │                  │       608,338┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 国   庫   負   担   金 │       215,236┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 国   庫   補   助   金 │       307,872┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 委       託       金│       85,230┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃16 県   支   出   金  │                  │       898,676┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 県    負    担    金│       102,346┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 県    補    助    金│       784,629┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 委       託       金│       11,701┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃17 財    産    収    入 │                  │      1,854,130┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 財  産  運  用  収  入│      1,854,126┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 財  産  売  払  収  入│          4┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃18 寄      附      金│                  │          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 寄       附       金│          2┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃19 繰      入      金│                  │       268,668┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 特  別  会  計  繰  入  金│          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 基   金   繰   入   金 │       268,667┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃20 繰      越      金│                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 繰       越       金│          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃21 諸      収      入│                  │       144,239┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 延 滞 加 算 金 及 び 過 料   │          3┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 村   預   金   利   子 │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 水  源  基  金  助  成  金│          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 雑              入│       144,234┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃22 村             債│                  │       100,000┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 村              債│       100,000┃
┠─────────────────┴──────────────────┼──────────┨
┃          歳    入    合    計          │      6,125,542┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃1 議      会      費│                  │       87,478┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 議       会       費│       87,478┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃2 総      務      費│                  │      1,908,143┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 総   務   管   理   費 │      1,762,725┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 徴       税       費│       79,973┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 戸 籍 住 民 基 本 台 帳 費   │       50,356┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 選       挙       費│       12,749┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │5 統   計   調   査   費 │         189┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │6 監   査   委   員   費 │        2,151┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃3 民      生      費│                  │       925,919┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 社   会   福   祉   費 │       424,964┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 児   童   福   祉   費 │       500,954┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 生   活   保   護   費 │          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃4 衛      生      費│                  │       397,650┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 保   健   衛   生   費 │       200,897┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 清       掃       費│       98,737┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 水   道   事   業   費 │       98,016┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃5 労      働      費│                  │        2,900┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 労    働    諸    費│        2,900┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃6 農  林  水  産  業  費  │                  │      1,212,434┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 農       業       費│      1,082,850┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 林       業       費│        7,485┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 水    産    業    費│       122,099┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃7 商      工      費│                  │       19,881┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 商       工       費│       19,881┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃8 土      木      費│                  │       427,602┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 土   木   管   理   費 │       40,246┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 道 路 橋 り ょ う 費   │       370,452┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 河       川       費│        3,809┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 公       園       費│          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │5 住       宅       費│       13,093┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃9 消      防      費│                  │       135,476┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 消       防       費│       135,476┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃10 教      育      費│                  │       658,332┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 教   育   総   務   費 │       114,262┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 小    学    校    費│       117,686┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 中    学    校    費│       55,556┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 幼    稚    園    費│       45,747┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │5 社   会   教   育   費 │       178,951┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │6 保   健   体   育   費 │       146,130┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃11 災  害  復  旧  費  │                  │        7,000┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 農 林 水 産 施 設 災 害 復 旧 費│        7,000┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃12 公      債      費│                  │       282,184┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 公       債       費│       282,184┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃13 諸   支   出   金  │                  │       50,543┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 諸    支    出    金│          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 基       金       費│       50,541┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃14 予      備      費│                  │       10,000┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 予       備       費│       10,000┃
┠─────────────────┴──────────────────┼──────────┨
┃          歳    出    合    計          │      6,125,542┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛


                 第2表  地    方     債
                                         (単位 千円)
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┓
┃           │     │       │      │             ┃
┃   起債の目的   │ 限度額 │ 起債の方法 │ 利  率 │    償還の方法    ┃
┃           │     │       │      │             ┃
┠───────────┼─────┼───────┼──────┼─────────────┨
┃臨時財政対策債    │  100,000│ 証書借入又は │5%以内(た│政府資金については、その融┃
┃           │     │ 証 券 発 行 │だし、利率見│資条件により、銀行その他の┃
┃           │     │       │直し方式で借│場合にはその債権者と協定す┃
┃           │     │       │り入れる政府│るところによる。ただし、村┃
┃           │     │       │資金及び公営│財政の都合により据置期間及┃
┃           │     │       │企業金融公庫│び償還期限を短縮し、又は繰┃
┃           │     │       │資金につい │上償還もしくは低利債に借換┃
┃           │     │       │て、利率見直│することができる。    ┃
┃           │     │       │しを行った後│             ┃
┃           │     │       │においては当│             ┃
┃           │     │       │該見直し後の│             ┃
┃           │     │       │利率)   │             ┃
┠───────────┼─────┤       │      │             ┃
┃    合 計    │  100,000│       │      │             ┃
┃           │     │       │      │             ┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┛


 それでは12ページ、13ページのほうから、歳入でございます。款のほうで主に説明いたしまして、主なところだけ説明したいと思います。1款 村税、本年度が5億523万円、2,940万5,000円の減でございます。これにつきましては、1項 村民税、1目 個人、2目 法人、2項 固定資産税、おのおの前年度の95%を計上してございます。滞納繰越分につきましては20%計上でございます。なお、固定資産税のところは減額となっておりますが、不動産鑑定士によります3年に一度の評価がえの見直しによる減となっております。そのほか3項 軽自動車税が若干ふえておりますが、車両台数の増によるものでございます。

 次、2款 地方譲与税、本年度の予算が3,314万6,000円、235万5,000円の増となっております。1項 地方揮発油譲与税、それから2項 自動車重量譲与税、おのおの実績で計上してございます。

 3款 利子割交付金、4款 配当割交付金、5款 株式等譲渡所得割交付金、6款 地方消費税交付金につきましては、御参照ください。

 7款 ゴルフ場利用税交付金1,998万9,000円、329万2,000円の減がございます。これにつきましては、国の試算に伴う入場客数の実数に伴う減でございます。

 8款 自動車取得税交付金、これも前年度の実績で計上されております。

 16、17ページをお願いいたします。10款 地方特例交付金です。134万3,000円の減がございます。これにつきましては、児童手当等、制度の変更に伴う減でございます。

 それから11款 地方交付税12億円、1億円の増でございます。1項 地方交付税、1目 地方交付税、1節 地方交付税、1 普通交付税、1億円の増でございます。測定単位人口の増、それから税収入関係の減がございまして、その分の増がございます。

 13款 分担金及び負担金、4,711万5,000円の予算額に対して410万3,000円の増でございます。これにつきましては、1項 分担金、1目 分担金のところで潟原ダムの敷地使用料が入っておりましたが、この分が企業会計へ組み替えされておりまして、その分の減がございます。それから2項 負担金、1目 民生費負担金のところで保育料の増がございますが、これは児童数の増に伴う分でございます。

 18ページ、19ページお願いします。14款 使用料及び手数料2億8,887万9,000円、3,480万2,000円の増がございます。これにつきましては、1項 使用料、3目 教育使用料のところで2節 保育料が若干の増になっております。宜野座幼稚園の2クラスで児童数の増がございます。それから4節 保健体育施設使用料で若干の増がございます。阪神タイガースキャンプの延長に伴う増分でございます。それから4目 総務使用料、2,436万4,000円の増がございますが、第2サーバーファーム入居企業の増額分でございます。次のページをお願いいたします。20ページ、21ページです。2項 手数料、3目 衛生手数料、850万円の増がございます。これにつきましては、3節 一般廃棄物処理手数料のごみ有料化に伴う分でございます。

 それから15款 国庫支出金6億833万8,000円、1億2,010万6,000円の減がございます。1項 国庫負担金、1目 民生費国庫負担金、3節 子ども手当負担金、これにつきましては、制度の変更に伴う減がございます。次のページをお願いいたします。22、23ページです。同じく15款 国庫支出金、2項 国庫補助金、これにつきましては、1目 総務費国庫補助金から3目 衛生費国庫補助金まで実績でございますが、4目 農林水産業費のところで3,395万2,000円の増がございます。これは10分の8の補助でございまして、堆肥投入事業が計上されてございます。それから5目 土木費国庫補助金のほうで8,185万8,000円の減がございますが、これにつきましては、国土交通省分の中原線の工事の減がございまして、その分の減でございます。それから6目 特定防衛施設周辺整備調整交付金3,579万3,000円、これにつきましては、前年度より1,315万円4,000円の増がございました。実績でございます。次、24、25ページです。8目 教育費国庫補助金のところでございますが、1億1,017万3,000円の減がございます。これにつきましては、中学校の建設工事が終了いたしましたので、その分に伴う減でございます。それから3項 委託金のところでございますが、3,806万9,000円の増がございます。これにつきましては、3目 土木費委託金のところで高松進入路関係の防衛からの委託事業ということで、100%補助がついてございます。

 次のページをお願いいたします。26、27ページです。16款 県支出金、2,149万円の増がございます。これにつきましても1項 県負担金、1目 民生費県負担金、1節 子ども手当県負担金、それから3節 保育所負担金、この分につきましては減がございます。それから5節 障害者福祉費県負担金、その分は4分の1の補助でございまして、1,252万9,000円の金額でございます。次、2項 県補助金のところで2,554万7,000円の増がございますが、1項 総務費県補助金、7節 沖縄振興特別推進交付金、いわゆる一括交付金でございますが、1億4,475万円、これは37事業を今現在計上してございます。それから2目 民生費県補助金のところで352万円の増がございますが、1節 児童福祉費補助金、これは特定保育分、延長保育分の3分の2補助でございまして、実績で計上されております。若干ふえております。それから5節 障害者福祉費県補助金、その分も若干ふえております。2分の1の県補助でございます。次、30ページ、31ページ。3目 衛生費県補助金でございますが、168万円の減がございます。これにつきましては、1節 保健衛生費補助金の(1)子宮頸がん等予防ワクチン接種費助成補助金、人数等の実績の減に伴う分で減となっております。それから(3)乳幼児医療費助成補助金も実績に伴う減でございます。4目 農林水産業費県補助金のところで1億1,806万9,000円の減がございますが、これにつきましては次のページに出てくるんですが、漢那漁港に関連する事業が完了したということで、この分も減がございます。それから31ページのところを御参照願いたいと思うんですが、1節 農業費補助金の(8)沖縄県農業担い手育成基金、それから(10)新規就農総合支援事業(就農給付金)、これにつきましては新規の事業でございまして、100%の事業でございます。次のページをお願いいたします。先ほど申し上げましたように、漢那漁港の整備完了に伴う減がございます。次、3項 委託金のところをお願いしたいと思います。1目 総務費委託金、396万6,000円の増がございます。これにつきましては4節 選挙費委託金、今回選挙事務があるということで、400万円の増がございます。

 次、17款 財産収入でございます。2,044万2,000円の増がございます。これは1項 財産運用収入、1目 財産貸付収入、1節 土地貸付収入、1 軍用地料、これが1%アップということで増額となっております。2目 利子及び配当金、1節 利子及び配当金のところは、(1)自立経営農林漁業振興資金貸付基金利子と次のページの(22)琉球銀行株配当金、この2項目がふえております。

 次、39ページのところ、19款 繰入金、2項 基金繰入金がございます。1目 基金繰入金、1節 財政調整基金繰入金1億6,942万2,000円を繰り入れする予定でございます。次、41ページは飛ばします。それから42、43ページ。同じく16節 かんなタラソ沖縄施設維持基金600万円、これは前年度同額でございます。それから17節 宜野座村地域園芸農業活性化事業推進協議会基金繰入金360万円。それから18節 宜野座村再編交付金基金繰入金、これも8,963万1,000円の1項目から4項目の分を計上してございます。

 それから21款 諸収入でございますが、その中で4項 雑入、5目 雑入でございます。172万8,000円の増がございますが、これにつきましては、4節 雑入、(13)市町村振興宝くじ市町村配分金、それから(15)地域支援事業委託金、(19)漢那地区クリーンセンター維持管理費負担金、この分の増がございます。それから次のページをお願いいたします。(30)優良繁殖雌牛導入事業農家負担金、これが畜産農家14戸分の計上でございます。それから(32)農業体質強化基盤整備促進事業農家負担金、これは5,000万円の10%ということで計上されてございます。

 22款 村債でございます。1項 村債、1目 総務債、3,000万円の減。これは3節 臨時財政対策債、今回1億円でございます。

 以上で歳入は終わります。次、歳出につきましては総務課のほうから、総務費、議会費を含めて説明したいと思います。

 それでは歳出、議会のほうでございます。1款 議会費、今年度予算額8,747万8,000円、1,244万2,000円の減がございます。この減の項目につきましては、1項 議会費、1目 議会費、3節 職員手当、4節 共済費、9節 旅費、11節 需用費等の減がございます。特に旅費は、前年度に南米等への研修がございましたが、その分の減がございます。詳細につきましては、御参照ください。

 次、54、55ページでございます。2款 総務費でございます。1項 総務管理費、1目 一般管理費です。今回比較、1億4,921万7,000円の増がございます。これにつきましては増えている項目が、2節 給料が若干ふえております。それから3節 職員手当等もふえてございます。4節 共済費がふえております。9節 旅費は290万円程度の減がございます。10節 交際費も25万円、これは南米関係の減がございます。それから12節 役務費も若干、47万6,000円程度ふえております。13節 委託料290万円の減がございます。14節 使用料及び賃借料につきましても、245万9,000円の減。19節 負担金、補助及び交付金のところが、今回1億4,598万6,000円程度ふえてございます。これはページを申し上げますと、62、63ページを御参照下さい。まず、市町村総合事務組合負担金(調整負担金)というのがございますが、4,008万6,000円、これにつきましては、平成24年度から平成26年度にかけて負担金が生じますということで組合のほうから来ております。それから負担金の率も若干ふえておりまして、その分の影響もございます。それから補助金のところで、福山区行政補助金が150万円の減額をしてございます。城原区行政補助金、58万円の減額でございます。それから交付金のところで軍用地等所在区交付金、松田区、宜野座区、惣慶区、漢那区、おのおの増額となっております。分収歩合につきましては5対5でございます。次、67ページをお願いしたいと思います。3目 財産管理費、165万8,000円の減がございます。これにつきましては、14節 使用料及び賃借料、システム使用料関係で103万円程度の減がございます。使用料関係で抑えられたということでございます。次のページをお願いします。5目 財産管理費でございます。694万4,000円の減がございます。これにつきましては、11節 需用費のところで、今回533万8,000円を減額してございます。消耗品関係、10%程度の減額がございます。それから14節 使用料及び賃借料も122万6,000円程度の増となっております。その説明は後ほどしたいと思います。17節 公有財産購入費は今回はございません。費目存置でございます。19節 負担金、補助及び交付金、これにつきましても246万1,000円程度の減がございます。備品購入費がございます。70、71ページを御参照願いたいと思います。地上デジタルテレビ2台を購入する予定でございます。この設置場所につきましては大会議室、それから議会事務局のほうにおのおの1台ずつ設置する予定でございます。次、進みます。76、77ページをお願いいたします。7目 交通安全対策費、ここにつきましては総額としては前年度並みでございますが、例年どおり、15節 工事請負費のところでカーブミラー設置工事費を120万円計上してございます。15万円の8基、新設ということで計上してございます。

 次、208、209ページです。9款 消防費でございます。1項 消防費、1目 常備消防費260万6,000円の増がございます。ここにつきましては、11節 需用費のところで災害に備えての防災服ですが、今回52万5,000円を計上してございます。これは管理職を含めて防災服をつくるということでございます。それから18節 備品購入費がございます。一番下のほう、防災行政無線屋内端末機購入費、家庭に配っている端末機でございます。100戸分を計上してございます。次のページをお願いいたします。2目 災害対策費、794万円の増がございます。13節 委託料で300万円程度ふえてございます。これにつきましては、地域防災計画、防災デジタルマップ整備委託料等が主な要因でございます。

 次、296、297ページをお願いします。12款 公債費でございます。公債費につきましては、今回1,012万3,000円の増となっております。これは12節 償還金、利子及び割引料、市町村共済組合負担金等、この分の元金、それから利子の分でございます。

 それから13款 諸支出金、このページは飛ばします。次のページをお願いいたします。2項 諸支出金、4目 ふるさと基金積立金、今回180万円の計上でございます。同じく6目 職員退職特別負担金積立金43万4,000円、それから8目 保健福祉推進地域基金積立金29万3,000円、10目 公用地等購入基金積立金72万円の計上でございます。それから12目 土地開発基金積立金27万5,000円、それから15目 サーバーファーム施設整備基金積立金、これにつきましても1,114万3,000円積み立てを予定しております。それから18目 かんなタラソ沖縄施設維持基金600万円、これも前年度並みでございます。それから19目 宜野座村再編交付金基金積立金2,975万4,000円、以上が主な基金でございます。

 次のページにつきましては、14款 予備費でございます。予備費は例年どおり1,000万円の計上でございます。

 なお、給与関係の資料を後ろのページにつけてございますので、御参照願いたいと思います。

 総務関係は以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) おはようございます。企画課関係予算の説明をいたします。

 64ページから行います。2款 総務費、1項 総務管理費、2目 文書広報費でございます。1,086万6,000円、前年度1,608万7,000円、522万1,000円の減でございます。主な減の理由としては、村政要覧の印刷が主な原因でございます。65ページの内訳ですが、南米事業は例年どおりでございます。広報事業の中で備品購入費、一眼レフカメラ一式購入費16万8,000円組んであります。次、70ページをお願いします。6目 企画費です。1億110万8,000円、556万3,000円の増でございます。最近の事業としては、地域資源魅力向上事業、これは昨年に引き続き439万8,000円、地域資源魅力向上事業団体補助金として計上してあります。次、73ページ、土地利用事業は例年どおりでございます。その次のへそのまち事業、県外旅費のございます。全国へそのまち幹事会は東京でございます。全国へそのまち総会、これは北海道富良野市で予定されています。その旅費でございます。次、企画事業です。宜野座村むらづくりアドバイザー20万円を計上してございます。次、75ページお願いします。ここについては、漢那ダム関係と景観等アドバイザー、宜野座村エネルギー推進委員会は例年どおりの予算を計上しております。引き続き漢那ダム水源地域ビジョン推進協議会関係を計上してございます。77ページで新規事業として委託料の中の宜野座村景観形成ガイドライン策定委託料279万3,000円、基本計画に基づくガイドラインを策定しようという計画でございます。その下段の工事請負費500万円、これについては、国道バイパス周辺の埋め土が始まった場合の対応費として排水施設等の工事を計画しております。補助金として漢那ビーチ管理運営補助金300万円、これは昨年度に引き続き計上してございます。今回、宜野座村まつり実行委員会補助金、10月に予定しておりますが、900万円を予定しております。引き続き漢那ダムまつりの実行委員会補助金を275万2,000円計上してございます。79ページ、10目 ダム対策費、ダム対策事業として1,270万円、これは嘱託職員の賃金、燃料費、その他維持に関する予算を計上してございます。15目 北部活性化特別振興事業費、これは15節 工事請負費、費目存置にしております。16目 サーバーファーム費2億2,281万円、2,628万2,000円の増でございます。これは第2サーバーファームの企業の使用料の増による予算の増でございます。81ページお願いします。13節 委託料7,750万4,000円を計上してございますが、その中の説明の委託料、企業誘致アドバイザー委託料410万円、通信回線保守管理業務委託料105万円、HP更新作業委託業務委託料220万9,000円を予定しております。施設管理委託料として7,014万5,000円を計上してございます。17目 公共施設整備費、これについては費目存置になっております。

 企画課の予算は以上です。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) おはようございます。村民生活課の予算を説明いたします。

 82ページをお願いいたします。2款 総務費、2項 徴税費、1目 税務総務費、本年度6,692万8,000円、前年度が6,126万7,000円で566万1,000円の増です。83ページの固定資産税事務傭人料が126万円、これは土地・家屋の現況調査費でございます。そして税務行政事務傭人料(産休代替)の126万円を計上してあります。85ページをお願いいたします。家屋評価業務委託料214万1,000円、これは家屋調査は、専門的要素があるということで計上しております。そしてASP(地方税電子申告支援サービス使用料)254万1,000円、これは法人税、償却資産税の電子申告の対象となるための改修費でございます。そして備品購入費の車両購入(軽自動車)、これは徴収車を購入する予定で127万3,000円を計上しております。86ページお願いいたします。2目 賦課徴収費が38万2,000円の減ですけれども、87ページの納期前納付報奨金(固定資産税)を20万円増しております。そして電算委託料が463万7,000円で、前年度より56万8,000円の減となっております。続きまして88ページお願いいたします。2款 総務費、3項 戸籍住民基本台帳費、1目 戸籍住民基本台帳費ですけれども、本年度5,035万6,000円、前年度3,600万8,000円、1,434万8,000円の増でございます。その要因は、住基ネットシステム作成委託料262万5,000円、これは法改正により外国人の住民票を発行することになりましたので、そのシステムの改良工事でございます。次の改制原附票データ作成委託料336万円を計上しております。次が、沖縄仮戸籍申告書データ作成及び管理委託料659万5,000円を計上しております。住基ネット附票通知情報システム委託料312万9,000円を計上しております。続きまして92ページの4項 選挙費、1目 選挙管理委員会費は例年どおりです。2目 村長・議会議員選挙費356万7,000円、これは12月16日予定の村長選の選挙費でございます。続きまして94ページをお願いいたします。3目 県知事・県議会議員選挙費が336万8,000円の増となっておりますが、これは6月10日に予定しております県議会議員の選挙費でございます。96ページ、7目 海区漁業調整委員会委員選挙費125万7,000円の増となっております。海区は任期満了が8月14日になっておりますので、7月の下旬に行う予定でございます。

 続いて136ページお願いいたします。4款 衛生費、1項 保健衛生費、5目 環境衛生費です。本年度2,245万2,000円、前年度1,985万9,000円、259万3,000円の増となっております。主なものは金武町火葬場負担金526万9,000円となっておりますけれども、これは251万円の増となっております。続きまして144ページお願いいたします。2項 清掃費、2目 塵芥処理費、本年度が9,809万2,000円、前年度が9,938万2,000円、129万円の減となっております。これは145ページの福山粗大ごみ及び不法投棄処理手数料120万円ですけれども、これは60万円から60万円の増をして120万円になっております。そして容器包装廃棄物分別収集委託料は302万4,000円になっておりますけれども、これは62万4,000円の増となっております。それは資源ごみ回収を社協のほうに委託しておりますけれども、デイケアの人たちを使ってやっていますけれども、運転手がいなくて担当一人でやっていて、この管理ができないということで、増は運転手代理の分です。福山粗大ごみ置き場地下水調査委託料163万8,000円、これは粗大ごみ置き場が廃止届けがまだ出されていないということで、その検査をしているところでございます。147ページお願いいたします。金武地区消防衛生組合負担金が7,599万2,000円、これが906万9,000円の減となっておりますけれども、その原因は、焼却灰処理委託料を前回取っておりましたけれども、その焼却灰処理委託が完了したということで、その分の減となっております。

 村民生活課は以上です。



○議長(多嘉山朝安) 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) おはようございます。104ページ、105ページをお願いいたします。

 3款 民生費でございます。1項 社会福祉費、1目 社会福祉総務費が86万9,000円の減になっております。これは実績に伴う減でございます。そして107ページをあけていただいて、減にはなっておりますが、備品購入費のほうで車両購入費がございます。171万2,000円、このほうは、障害者、お年寄りも乗れるように引き戸式のドアをつけている1,200ccの車でございます。次、108ページ、109ページをお願いいたします。2目 老人福祉費、58万1,000円の減。これは例年どおりでございます。110ページ、111ページをお願いいたします。3目 国民年金事務費、42万円の減でございます。このほうも例年どおりでございます。112ページをお願いいたします。4目 障害者福祉費です。これは296万4,000円の減になっておりますが、今年度、障害者計画策定が委託をして完了いたしますので、その分の減でございます。次、114ページをお願いいたします。5目 国民健康保険費、377万1,000円の減でございます。このほうは、115ページの説明の欄の下段から2行目、財政安定化支援事業繰出金ということで、例年は8,000万円計上しておりました。今年度は1,300万円の計上でございます。そのかわり、その下のその他繰出金、これは例年は1,000円の費目で置いておりましたが、6,000万円を計上してございます。この理由としまして、県よりの事務指導監査の中で、本村も国保の繰出金の中に法定外分があるということで、このように6,000万円は法定外分ですということで、計上しなさいということで、今年からそのように計上してあります。次、116ページ、117ページをお願いします。6目 介護保険費、1,653万3,000円の増でございます。このほうは、117ページの下段から2行目、負担金の中の沖縄県介護保険広域連合負担金の増分でございます。次、118ページ、2項 児童福祉費、1目 児童福祉総務費、617万3,000円の減になっております。このほうは、123ページをお願いいたします。備品購入費として去年は359万1,000円を計上しておりましたが、今年は93万1,000円の備品になります。その下段のほうにファミリーサポートセンター負担金ということで、新事業でございます。36万6,000円、これは北部8町村を統合しながら病後児や、そのお父さん、お母さんの保育を助けていく新規事業でございます。あと補助金の中の中段にありますが、松田保育園分とかんな保育園の増と減に伴ってのものでございます。松田保育園が1億2,131万1,000円、約1,000万円の増。かんな保育園が約1,000万円の減になっております。これは子供の数によるものでございます。次、126ページお願いします。2目 児童措置費でございます。3,129万1,000円の減、これは子ども手当の減分でございます。

 128ページの4款 衛生費、1項 保健衛生費、1目 保健衛生総務費でございますが、56万円の増。これは実績に伴う増でございます。次、130ページ、2目 予防費でございます。334万9,000円の減でございます。このほうも子宮頸がんワクチン予防接種事業の実績に伴う受診率の減を予想しての減でございます。そして133ページ、上段から5行目に予防事業の健康づくり指導員、これは新事業でございます。平成20年度から始まりました健康プロジェクト事業が今年度で終了しますので、それを受けて、各区の健康づくりや指導員との調整をしながら、今、培ってきたその事業を住民とともに継続していくための指導員を置くのが240万円の事業でございます。135ページをお願いいたします。4目 母子保健費、607万8,000円の増でございます。これは135ページの4行目にこども医療費助成費がございます。例年より600万円増の1,800万円を計上してございます。次、142ページ、143ページをお願いいたします。9目 再編交付金事業、1,334万円の減でございます。費用弁償、健康づくり推進員、これまで16名を計上しておりましたが、30名に増員して健康づくり指導員とタイアップしながら、村民の健康づくりに活用していくということで108万円計上してございます。それと再編交付金関連事業委託料、例年は2,684万4,000円を計上しておりましたが、今年は事業が終了しましたので、予防費関係の1,180万円を計上しております。あと、健康づくり事業支援補助金、各区への助成金300万円と、海洋療法健康増進費助成金、かんなタラソ沖縄の600万円を計上してございます。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 岸本農業委員会事務局長。



◎農業委員会事務局長(岸本宏和) 農業委員会でございます。

 150ページ、6款 農林水産業費、1項 農業費、1目 農業委員会費でございます。ほぼ前年度並みということでございます。その中で19節 負担金、補助及び交付金が約111万9,000円の増となっております。次の153ページの下段なんですが、耕作放棄地対策協議会補助金が100万円の増ということになっております。今年は再生作業が5ヘクタール、土壌改良700ヘクタールを予定しております。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 産業振興課関係の御説明をいたします。新規事業を中心に主な関連事業予算について御説明いたします。

 初めに148ページをお願いいたします。5款 労働費、1項 労働諸費、5目 雇用対策費、こちらは290万円の計上となっておりますけれども、これは、これまで農業振興費にございましたものを項目がえして雇用対策費として労働費に計上してございます。

 次、154ページお願いします。6款 農林水産業費、1項 農業費、2目 農業総務費なんですが、576万4,000円の増となっております。主な理由といたしましては、右の155ページにありますとおり、中段から下のほう、緑化振興会の育苗施設修繕費200万円、そして下段、緑化振興会の2tダンプ購入費、417万1,000円の増があります。次、お願いします。158ページ、3目 農業振興費、7,352万2,000円の減となっておりますけれども、主な理由といたしましては、予算項目にあらわれていないんですが、さとうきび安定生産確率対策事業、これはハーベスターの補助金でございます。5,200万円の減。そして農地保有合理化事業の3,200万円の減。そして先ほど項目がえがありました人材サポートセンター補助金、290万円の減がありまして、そして増もございまして、163ページをお開きいただきたいと思います。中段より下のほうなんですが、新規就農総合支援事業給付金助成金600万円。これは新規でございます。そして下段、新規就農チャレンジ農場補助金100万円。これが新しく導入されたものです。続きまして165ページをお願いいたします。下段、エコ農産物販売促進事業委託料1,058万5,000円、下段、新規戦略作物推進事業委託料679万2,000円が主な理由でございます。次、166ページをお願いいたします。4目 畜産業費につきましては、ほぼ前年と同じでございます。続きまして168ページをお願いいたします。5目 農地費、1,824万5,000円の増でございます。主な理由といたしましては、169ページ、右のほうです。上段のほうで農業体質強化基盤整備促進事業、これは従来の旧戦略作物対策事業ということで、堆肥投入事業でございます。このほうが1,600万円の増であります。そして173ページをお願いいたします。一番上、農用地保全整備事業(松田東地区)、これは防風林事業でございますが、このほうが1,300万円の増でございます。続きまして184ページ、2項 林業費、1目 林業総務費が118万2,000円の減となっておりますが、これは森林情報緊急整備事業という補助事業がございまして、154万円の増に伴うものでございます。次に186ページをお願いします。3項 水産業費、1目 水産業総務費、1億6,308万4,000円の減がございますが、この理由といたしましては、191ページ、工事請負費が6,200万円となっておりますけれども、これは漢那漁港整備工事が前年比1億6,600万円の減ということで、全体的に減額となっております。

 192ページをお願いいたします。7款 商工費、1項 商工費、746万8,000円の増となっておりますが、2目 商工業振興費の中で、右様は193ページにございますけれども、重点分野雇用創造事業委託料、335万6,000円の増、そして下段のほう、全国展開販路開拓支援・泡盛試作事業補助金、これが200万円の増となっております。そして上のほう、地産地消村内購買促進事業補助金、このほうも商品券のものですが、69万円の増となっております。

 以上、産業振興課の説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (10時55分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (11時12分)

 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 上下水道課、御説明いたします。

 174ページ、6款 農林水産費、1項 農業費、6目 下水道費でございます。本年度が5億4,662万4,000円、9,603万2,000円の増となっております。これは惣慶地区クリーンセンター機能強化事業の全面改築工事の増でございます。175ページの11節 需用費4,087万6,000円。179ページから181ページ、主に各クリーンセンターの修繕費となっております。あと、175ページの13節 委託料2,133万5,000円、179ページの、今回新しく導入します下水道料金システム保守委託料、これが24万円。それと施設管理委託料が759万3,000円、それと先ほど言いました惣慶地区クリーンセンター機能強化事業の改築工事の現場技術委託料1,300万1,000円となっております。175ページお願いします。15節 工事請負費4億4,420万円。177ページ、宜野座地区の資源循環施設工事9,600万円と。179ページの工事請負費、処理施設工事、機能強化事業、3億4,320万円の工事でございます。以上、終わります。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) それでは8款 土木費を説明いたします。194ページ、195ページです。土木費の比較が6,032万4,000円の減となっております。その主なものを説明させていただきます。198ページ、199ページをお開き願いたいと思います。2項 道路橋りょう費、2目 道路維持費、そのものについては、村道維持工事費が減になったのが主なものです。これは具志川前山線の800万円が減になったものです。それと3目 道路新設改良工事費ですが、村道中原線の工事費が減になったものでございます。続きまして202ページ、203ページ、4目 橋りょう維持費については、800万円の増になっております。平成23年度に長寿命化修繕点検業務が完了にしたのに比べ、今年は維持計画及び台帳作業業務が増になったのが要因になっております。長寿命化橋の改修工事に伴い、台帳もつくり、進めていくという物件でございます。続きまして204ページ、205ページ、3項 河川費が891万5,000円の減となっております。これは河川敷の宜野座福地川ですけれども、モクマオウの伐倒が終わったということで減になっております。それと206ページ、207ページをよろしくお願いします。5項 住宅費は419万4,000円の減になっております。このものについては、シロアリ駆除対策工事が完了した分、減となっております。建設課は以上です。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) こんにちは。教育委員会学校教育課関係を説明していきたいと思います。

 まずは212、213ページ、10款 教育費、1項 教育総務費になりますけれども、本年度6億5,833万2,000円、比較で3億1,516万6,000円の減になります。これは小学校の建設費の減が主なものでございます。あとは説明の中で具体的に説明していきたいと思います。213ページの1目 教育委員会費の中で、普通旅費の中で研修費、今回は宮古研修ということで、新規でございます。あけまして、219ページの備品購入費の軽トラック購入費につきましては、宜野座小学校、松田小学校に車がないということで、非常に不便を囲っているという格好で、両方で具体的に使ってもらうという格好で、軽トラックの購入費を予算計上してございます。221ページの報償金のところで、村営学習塾講師謝礼金のところなんですが、今年度から高校3年生につきまして5日間、高校総体が終わった後、6月以降になると思うんですが、5日間ずっと授業をしていくということで、2日間分追加ということでございます。備品購入費の冷水機購入費と冷蔵庫購入費につきましては、塾のほうで不便を囲っているということで、今回設置するということでございます。次、231ページお願いします。2項 小学校費、2目 教育振興費の中で嘱託職員(三小学校学習支援員)、今回は7名の予算計上をしてございます。そして(三小学校特別支援サポーター)につきましては、5名を配置していきたいということでございます。あけまして、243ページをお願いします。3項 中学校費、1目 学校管理費になりますけれども、備品購入費で学校管理費備品購入費ということで200万円。今回、宜野座中学校の体育館の音響設備が非常に雑音が出て、かえたいということがございますので、音響設備の買いかえをしていきたいということでございます。そして下のほうの2目 教育振興費の嘱託職員につきましては、学習支援員を4人、そして特別支援サポーター1人と不登校支援サポーター1人の計2人を配置していきたいということでございます。245ページをお願いします。今回、中学校におきまして新学習指導要領が変わります。そして教科書が改訂されるということで、平成24年度教師用教科書改訂に伴って予算を計上してございます。74万7,000円。あけまして、247ページお願いします。4項 幼稚園費でございます。幼稚園費の中の嘱託職員についてなんですが、今回、宜野座幼稚園が40人の定員になりますので、2クラスの設置ということで嘱託1人と、幼稚園の先生が長期研修、6カ月の研修に入るということと、1人の先生が産休に入るということで、3人の嘱託職員(幼稚園教諭)をお願いするということでございます。特別支援サーポーターについては、松田幼稚園と漢那幼稚園に、松田幼稚園については1人、漢那幼稚園については2人を配置していきたいということでございます。291ページをお願いいたします。6項 保健体育費、3目 学校給食費のところなんですが、消耗品費の中で食器・食缶購入費として175万1,000円。今回、耐用年数も過ぎている、あるいは色がさめているという格好で、小学校の分の食器を買いかえていきたいということでの予算計上でございます。以上で終わります。



○議長(多嘉山朝安) 照屋社会教育課長。



◎社会教育課長(照屋忠利) 社会教育のほう、256ページでございます。10款 教育費、5項 社会教育費、本年度1億7,895万1,000円。比較、616万6,000円でございます。1目 社会教育総務費、本年度6,282万6,000円、比較で21万円です。257ページの19節 負担金、補助及び交付金のほうが若干変わります。259ページの補助金、宜野座村青年団協議会補助金、前年度は72万円でございましたけれども、今回は20万円でございます。この理由は、過去2カ年の繰り越しが大分あるものですから、下げてございます。今後、実績により、また戻す気持ちはございます。それから県外派遣費補助金210万円、これも前年度より大分ふえております。それから宜野座村文化協会運営補助金、前年度80万円でございましたけれども、20万円増額して合わせて100万円ということでございます。それから内子町親善交流補助金、昨年はゼロでございましたけれども、2年に一遍でございますので、160万円、今年は入れてあります。次の260ページ、2目 公民館費2,417万7,000円、比較で549万1,000円。15節 工事請負費でございます。675万6,000円。この内訳は、263ページをお願いします。工事請負費、中央公民館空調機器入替工事でございます。クーラーでございます。それから中央公民館ホール音響一式取替工事でございます。これが主な要因です。次、めくりまして264ページ、3目 文化財保護費1,431万7,000円、比較で23万7,000円の減となっております。13節 委託料の441万9,000円、265ページの上のほうですけれども、松田鍾乳洞周辺環境活用整備事業に伴うメーガー遺跡調査委託料が311万9,000円です。めくりまして266ページ、4目 博物館費1,401万5,000円、比較で218万1,000円の減でございます。主に、今回は工事費がないというのが要因でございます。めくりまして270ページ、5目 国際交流費771万4,000円、比較で19万円でございます。特に変わったものは、15節 工事請負費87万7,000円です。これについては、ホールのガラスブロックからの雨漏りの工事でございます。それから272ページ、6目 宜野座村文化センター費、本年度5,590万2,000円、比較で269万3,000円の増でございます。273ページの15節 工事請負費203万6,000円と18節 備品購入費334万5,000円、これについての内訳は275ページの工事請負費。これは文化センター図書館棟改修工事122万4,000円。これは図書館棟南側のアルミの取りつけ工事でございます。それと277ページ、これについては備品購入費でございますけれども、コインロッカー購入費13万5,000円、紙芝居棚購入費21万円でございます。図書購入費はそのまま、前年並みでございます。それと279ページの工事請負費81万2,000円、これは文化センター屋外看板取りつけ工事です。夜間照明つき、夜間でも見えるような工事でございます。それから280ページ、6項 保健体育費、1目 保健体育総務費1,172万7,000円、58万円の減でございます。これについて変わったものは、281ページの県外旅費。これについては、5名の体育指導員の県外旅費でございます。それから補助金の天皇賜杯第67回全日本軟式野球大会補助金として10万円であります。次の282ページ、2目 体育施設費5,778万7,000円、比較14万3,000円、それについては15節 工事請負費328万4,000円。それが野球場のラバーフェンスの改修工事でございます。それから備品購入費104万円、これについては287ページの備品購入費。これはグラウンド、運動場の屋外の時計、それが47万4,000円でございます。

 以上、社会教育課、終わります。



○議長(多嘉山朝安) 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) こんにちは。特別会計が2件ございます。続けて説明いたします。

 まずはピンクの冊子、議案第15号 平成24年度宜野座村国民健康保険事業特別会計予算を説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
┃議案第15号                                          ┃
┃                                               ┃
┃            平成24年度宜野座村国民健康保険事業特別会計予算            ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年度宜野座村の国民健康保険事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。       ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算)                                      ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ808,957千円と定める。              ┃
┃2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。    ┃
┃ (一時借入金)                                       ┃
┃第2条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、50,000千円と定め ┃
┃ る。                                            ┃
┃ (歳出予算の流用)                                     ┃
┃第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することが ┃
┃ できる場合は、次のとおりと定める。                             ┃
┃(1) 各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流┃
┃   用。                                          ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年3月6日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                第1表  歳 入 歳 出 予 算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃1 国 民 健 康 保 険 税  │                  │       109,411┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 国  民  健  康  保  険  税│       109,411┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃2 一   部   負   担   金│                  │          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 一   部   負   担   金 │          2┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃3 使 用 料 及 び 手 数 料│                  │         210┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 手       数       料│         210┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃4 国   庫   支   出   金│                  │       299,806┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 国   庫   負   担   金 │       182,795┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 国   庫   補   助   金 │       117,011┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃5 療 養 給 付 費 交 付 金│                  │       17,776┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 療 養 給 付 費 交 付 金 │       17,776┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃6 前 期 高 齢 者 負 担 金│                  │       66,545┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 前 期 高 齢 者 交 付 金 │       66,545┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃7 県    支    出    金 │                  │       31,562┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 県    負    担    金│        6,561┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 県    補    助    金│       25,001┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃8 連  合  会  支  出  金  │                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 連  合  会  補  助  金│          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃9 共 同 事 業 交 付 金  │                  │       144,000┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 共  同  事  業  交  付  金│       144,000┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃10 繰      入      金│                  │       139,630┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 他  会  計  繰  入  金│       139,630┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 基   金   繰   入  金│          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃11 繰      越      金│                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 繰       越       金│          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃12 諸      収      入│                  │         13┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 延  滞  金  及  び  過  料│          3┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 預    金    利    子│          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 受  託  事  業  収  入│          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 雑              入│          8┃
┠─────────────────┴──────────────────┼──────────┨
┃          歳    入    合    計          │       808,957┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃1 総      務      費│                  │       30,769┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 総   務   管   理   費 │       26,432┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 徴       税       費│        4,183┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 運  営  協  議  会  費│         153┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 趣   旨   普   及   費 │          1┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃2 保   険   給   付   費│                  │       443,194┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 療    養    諸    費│       374,668┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 高   額   療   養   費 │       57,820┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 出  産  育  児  諸  費│       10,506┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │5 葬    祭    諸    費│         200┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃3 後 期 高 齢 者 支 援 金 等  │                  │       111,183┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 後 期 高 齢 者 支 援 金 等   │       111,183┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃4 前 期 高 齢 者 納 付 金 等  │                  │         139┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 前 期 高 齢 者 納 付 金 等   │         139┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃5 老 人 保 健 拠 出 金  │                  │          6┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 老  人  保  健  拠  出  金│          6┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃6 介   護   納   付   金│                  │       47,785┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 介   護   納   付   金 │       47,785┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃7 共 同 事 業 拠 出 金  │                  │       161,274┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 共  同  事  業  拠  出  金│       161,274┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃8 保   健   事   業   費│                  │        9,283┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 特 定 健 康 診 査 等 事 業 費  │        9,014┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 保   健   事   業   費 │         269┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃9 基   金   積   立   金│                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 基   金   積   立   金 │          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃10 公      債      費│                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 公       債       費│          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃11 諸    支    出    金 │                  │         322┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金  │         321┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 繰       出       金│          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃12 予      備      費│                  │        5,000┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 予       備       費│        5,000┃
┠─────────────────┴──────────────────┼──────────┨
┃          歳    出    合    計          │       808,957┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛


 6ページ、7ページをお開きください。歳入です。1月末の被保険者の数で2,145人いらっしゃいます。プラス9人の増。しかし、1款 国民健康保険税、1項 国民健康保険税、1目 一般被保険者国民健康保険税で340万円の減になっております。それの一般被保険者分が93%を見込んでおります。そして一般被保険者滞納繰越分が25%ということで、340万円の減でございます。それと下のほうの2目 退職被保険者等国民健康保険税ですが、84万円の増でございます。このほうは75人、19人ふえております。このほうも退職被保険者分が95%、そして退職被保険者滞納繰越分が25%の徴収率を見込んでおります。

 次に8ページ、9ページをお開きください。中段にございます。4款 国庫支出金、1項 国庫負担金でございます。1目 療養給付費等負担金で1,120万5,000円の増を、前年度の実績に基づいて増額にしております。それと下段のほうの2項 国庫補助金、1目 財政調整交付金1,160万円、このほうも前年度の実績を踏まえて増にしてございます。

 次、10ページ、11ページお願いいたします。中段、6款 前期高齢者交付金でございます。1,218万7,000円の増でございます。実績を踏まえております。

 あと、下段の9款 共同事業交付金、300万円の減でございます。このほうも12ページ、13ページをお開きいただいて、1項 共同事業負担金、1目 高額医療費共同事業交付金、2目 保険財政共同安定化事業交付金の100万円、200万円の実績に基づく減でございます。

 10款 繰入金、1項 他会計繰入金、1目 一般会計繰入金でございます。376万9,000円の減でございます。一般会計でも申し上げましたが、中段に3節 財政安定化支援事業、1 財政安定化支援事業繰入金1,300万円、そして5節 その他繰入金、1 その他繰入金6,000万円、これは法定外の県の指導に基づいての計上でございます。

 次、歳出にいきます。16ページ、17ページ、1款 総務費、1項 総務管理費、1目 一般管理費、262万7,000円の増になっております。18ページ、19ページをお開きくだいさい。その理由が13節 委託料、被保険者証カード化システム改修委託料、このほうは北部の研究会、県の研究会の中で、そろそろカード化を進めるべきだということが決まりましたので、今年度はシステムの改修に112万3,000円を計上します。平成25年度、カード化を実施していきたいと考えております。次に18節 備品購入費140万円、このほうは軽乗用車、今大きい車がありますけれども、大きすぎるということで、それと12年経過しておりますので、軽乗用車とパソコンを予定しております。

 あと24ページ、25ページをお開きください。2款 保険給付費でございます。1項 療養諸費、1目 一般被保険者療養給付費でございます。1,347万円の増を見ております。これも前年度の実績を踏まえて入れてございます。

 次、30ページ、31ページをお願いいたします。3款 後期高齢者支援金等でございます。1項 後期高齢者支援金等、1目 後期高齢者支援金、1,253万3,000円の増。これも実績を踏まえて計上してございます。

 あと32、33ページをお願いいたします。6款 介護納付金でございます。1項 介護納付金、1目 介護納付金4,778万5,000円を計上してございます。これも実績を踏まえての計上でございます。

 国保の一般会計につきましては44ページ、12款 予備費でございますが、500万円を例年どおり計上してございます。

 あと、給料明細については46ページから御参照ください。

 続きまして、議案第16号 平成24年度宜野座村後期高齢者医療特別会計予算でございます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第16号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             平成24年度宜野座村後期高齢者医療特別会計予算            ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年度宜野座村の後期高齢者医療特別会計予算は、次に定めるところによる。         ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算)                                      ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ35,875千円と定める。              ┃
┃2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。    ┃
┃ (歳出予算の流用)                                     ┃
┃第2条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することが ┃
┃ できる場合は、次のとおりと定める。                             ┃
┃(1) 各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流┃
┃   用。                                          ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年3月6日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                第1表  歳 入 歳 出 予 算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃1 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 │                  │       20,867┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料  │       20,867┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃2 使 用 料 及 び 手 数 料│                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 手       数       料│          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃3 寄      附      金│                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 寄       附       金│          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃4 繰      入      金│                  │       14,996┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 一  般  会  計  繰  入  金│       14,996┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃5 繰      越      金│                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 繰       越       金│          1┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃6 諸      収      入│                  │          9┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 延 滞 金 、加 算 金 及 び 過 料 │          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金  │          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 預    金    利    子│          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 雑              入│          4┃
┠─────────────────┴──────────────────┼──────────┨
┃          歳    入    合    計          │       35,875┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃1 後期高齢者医療広域連合納付金 │                  │       35,863┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 後期高齢者医療広域連合納付金  │       35,863┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃2 諸   支   出   金  │                  │          3┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金  │          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 繰       出       金│          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃3 予      備      費│                  │          9┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 予       備       費│          9┃
┠─────────────────┴──────────────────┼──────────┨
┃          歳    出    合    計          │       35,875┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛


 8ページ、9ページをお願いいたします。歳入でございます。1款 後期高齢者医療保険料、1項 後期高齢者医療保険料、2目 普通徴収保険料、191万6,000円の減でございます。

 それと4款 繰入金、1項 一般会計繰入金、1目 保険基盤安定繰入金、13万8,000円の減が歳入の主な減でございます。

 続きまして10ページ、11ページをお願いいたします。歳出でございます。このほうは、1款 後期高齢者医療広域連合納付金、1項 後期高齢者医療広域連合納付金、1目 後期高齢者医療広域連合納付金でございます。歳入の減に基づいて112万6,000円の減でございます。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 議案第17号を説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第17号                                          ┃
┃                                               ┃
┃                平成24年度宜野座村水道事業会計予算              ┃
┃                                               ┃
┃ (総  則)                                        ┃
┃第1条 平成24年度宜野座村水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。           ┃
┃ (業務の予定量)                                      ┃
┃第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。                          ┃
┃ (1)給 水 戸 数                  2,457 件              ┃
┃ (2)年間総給水量                  884,000 m3              ┃
┃ (3)一日平均給水量                  2,421 m3              ┃
┃ (4)主な建設改良工事              配水管布設工事              ┃
┃  (収益的収入及び支出)                                  ┃
┃第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。                  ┃
┃                   収      入                    ┃
┃第1款 水道事業収益                 218,376 千円              ┃
┃ 第1項 営業収益                  118,773 千円              ┃
┃ 第2項 営業外収益                  99,600 千円              ┃
┃ 第3項 特別利益                     3 千円              ┃
┃                   支      出                    ┃
┃第1款 水道事業費用                 191,440 千円              ┃
┃ 第1項 営業費用                  162,324 千円              ┃
┃ 第2項 営業外費用                  27,614 千円              ┃
┃ 第3項 特別損失                     2 千円              ┃
┃ 第4項 予 備 費                  1,500 千円              ┃
┃ (資本的収入及び支出)                                   ┃
┃第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。(資本的収入額が資本的支出額に対し不┃
┃ 足する額56,683千円は、減債積立金25,000千円、過年度分損益勘定留保資金31,688千円で補てんするも┃
┃ のとする。)                                        ┃
┃                   収      入                    ┃
┃第1款 資本的収入                     6 千円              ┃
┃ 第1項 企  業  債                  1 千円              ┃
┃ 第2項 補  助  金                  1 千円              ┃
┃ 第3項 その他資本収入                  4 千円              ┃
┃                   支      出                    ┃
┃第1款 資本的支出                   56,689 千円              ┃
┃ 第1項 建設改良費                  6,420 千円              ┃
┃ 第2項 企業債償還金                 49,269 千円              ┃
┃ 第3項 予 備 費                  1,000 千円              ┃
┃ (一時借入金)                                       ┃
┃第5条 一時借入金の限度額は20,000千円と定める。                       ┃
┃ (議会の議決を経なければ流用できない経費)                         ┃
┃第6条 次に掲げる経費については、その経費の金額をそれ以外の経費の金額に流用し、又はそれ以外の┃
┃ 経費をその経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。           ┃
┃ (1)職員給与費                   15,842 千円              ┃
┃ (他会計からの補助金)                                   ┃
┃第7条 一般会計からこの会計へ補助を受ける金額は、98,015千円と定め、職員給与費、減価償却費及び┃
┃ 支払利息に充てるものとする。                                ┃
┃ (利益剰余金の処分)                                    ┃
┃第8条 利益剰余金のうち30,000千円は、次のとおり処分するものと定める。            ┃
┃ (1)減債積立金                                      ┃
┃ (たな卸し資産購入限度額)                                 ┃
┃第9条 たな卸し資産の購入限度額は、5,000千円と定める。                    ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年3月6日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






               平成24年度 宜野座村水道事業会計予算実施計画

                     収益的収入および支出

                        収  入


┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    款    │    項    │     目     │ 予定額 │    備    考    ┃
┠────────┼─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃1 水道事業収益│         │           │  (千円)│              ┃
┃        │         │           │  218,376│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │1 営 業 収 益│           │  118,773│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 給  水  収  益 │  117,894│水道料金          ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │3 その他の営業収益 │    879│上記以外の営業収益 手数料他┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │2 営 業 外 収 益│           │  99,600│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 受取利息及び配当金│    100│預金利息等         ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │2 他 会 計 補 助 金 │  98,015│一般会計よりの補助金    ┃
┃        │         │           │     │提供施設土地使用料     ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │3 雑   収   益│   1,485│潟原ダム敷地等使用分担金  ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │3 特 別 利 益│           │     3│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 固定資産売却益  │     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │2 過年度損益修正益 │     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │3 消費税及び地方  │     1│消費税還付金        ┃
┃        │         │  消 費 税 還 付 金 │     │              ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛


                        支  出
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    款    │    項    │     目     │ 予定額 │    備    考    ┃
┠────────┼─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃1 水道事業費用│         │           │  (千円)│              ┃
┃        │         │           │  191,440│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │1 営 業 費 用│           │  162,324│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │           │     │原水取り入れに係る設備及び ┃
┃        │         │1 原水及び浄水費  │  80,206│ろ過滅菌設備の維持管理に要す┃
┃        │         │           │     │る費用           ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │2 配水及び給水費  │   5,701│配水及び給水に関する費用  ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    款    │    項    │     目     │ 予定額 │    備    考    ┃
┠────────┼─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │4 総   係   費│  25,255│水道運営に関する費用    ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │5 減 価 償 却 費│  51,142│有形固定資産減価償却費   ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │6 資 産 減 耗 費│    20│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │2 営 業 外 費 用│           │  27,614│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 支 払 利 息 及 び │  24,813│企業債利息償還金      ┃
┃        │         │  企業債取扱諸費  │     │              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │3 雑   支   出│     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │4 消 費 税 及 び│   2,800│消費税           ┃
┃        │         │  地 方 消 費 税│     │              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │3 特 別 損 失│           │     2│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 固定資産売却損  │     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │3 過年度損益修正損 │     1│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │4 予  備  費│           │   1,500│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 予   備   費│   1,500│              ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛


                     資本的収入及び支出
                       収  入
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    款    │    項    │     目     │ 予定額 │    備    考    ┃
┠────────┼─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃1 資本的収入 │         │           │  (千円)│              ┃
┃        │         │           │     6│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │1 企  業  債│           │     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 企   業   債│     1│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │2 補  助  金│           │     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 補   助   金│     1│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │3 その他資本収入│           │     4│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 出   資   金│     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │2 工 事 負 担 金│     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │3 固定資産売却代金 │     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │4 寄附金その他収入 │     1│              ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛


                       支  出
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    款    │    項    │     目     │ 予定額 │    備    考    ┃
┠────────┼─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃1 資本的支出 │         │           │  (千円)│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │1 建 設 改 良 費│           │   6,420│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 配 水 設 備 費│   5,916│配水管布設工事       ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │2 営 業 設 備 費│    504│量水器購入         ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │2 企業債償還金 │           │  49,269│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 企 業 債 償 還 金 │  49,269│企業債元金償還       ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │4 予  備  費│           │   1,000│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 予   備   費│   1,000│              ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃               平成24年度 当初予算予定貸借対照表                ┃
┃                  (平成25年3月31日)                   ┃
┃                                         (単位 円)┃
┃                                               ┃
┃                    資 産 の 部                     ┃
┃1 固 定 資 産                                      ┃
┃(1)有形固定資産                                      ┃
┃ イ 土     地      7,863,053                           ┃
┃ ロ 立 木 建 物     225,708,095                           ┃
┃   減価償却累計額     43,642,111   182,065,984                   ┃
┃ ハ 構  築  物    2,602,751,519                           ┃
┃   減価償却累計額     533,996,687  2,068,754,832                   ┃
┃ ニ 機械及び装置     1,500,042,369                           ┃
┃   減価償却累計額     582,263,517   917,778,852                   ┃
┃ ホ 車両運搬具        6,289,384                           ┃
┃   減価償却累計額      6,172,435     116,949                   ┃
┃ ヘ 工具器具及び備品     1,063,000                           ┃
┃   減価償却累計額       743,850     319,150                   ┃
┃ ト 建設仮勘定        9,542,912                           ┃
┃   有形固定資産合計                     3,186,441,732         ┃
┃(2)無形固定資産                                      ┃
┃ イ 電 話 加 入 権          0                           ┃
┃ ロ 庁 舎 利 用 権          0                           ┃
┃   無形固定資産合計                           0         ┃
┃   固定資産合計                                3,186,441,732┃
┃2 流 動 資 産                                      ┃
┃(1)現 金 預 金                       250,599,765         ┃
┃(2)未  収  金                                     ┃
┃ イ 営 業 未 収 金                        5,439,787         ┃
┃ ロ 営業外未収金                             0         ┃
┃ ハ その他未収金                             0         ┃
┃(3)貯  蔵  品                                     ┃
┃ イ 貯 蔵 量 水 器                       13,274,409         ┃
┃ ロ 材     料                            0         ┃
┃(4)その他流動資産                                     ┃
┃   流動資産合計                                 269,313,961┃
┃   資 産 合 計                               3,455,755,693┃
┃                    負 債 の 部                     ┃
┃3 流 動 負 債                                      ┃
┃(1)未  払  金                        1,577,900         ┃
┃(2)未 払 費 用                            0         ┃
┃(3)前  受  金                            0         ┃
┃(4)その他流動負債                            0         ┃
┃   流動負債合計                                  1,577,000┃
┃   負 債 合 計                                 1,577,000┃
┃                    資 本 の 部                     ┃
┃4 資  本  金                                      ┃
┃(1)自 己 資 本 金                                     ┃
┃ イ 固 有 資 本 金              49,220,068                   ┃
┃ ロ 繰 入 資 本 金              16,950,000     66,170,068         ┃
┃(2)借 入 資 本 金                                     ┃
┃ イ 企  業  債             760,726,023    760,726,023         ┃
┃   資 本 金 合 計                               1,022,756,091┃
┃5 剰  余  金                                      ┃
┃(1)資 本 剰 余 金                                     ┃
┃ イ 受贈財産評価額                  0                   ┃
┃ ロ 工 事 負 担 金                1,000                   ┃
┃ ハ その他資本剰余金           2,156,453,851                   ┃
┃   資本剰余金合計                      2,271,473,615         ┃
┃(2)利 益 剰 余 金                                     ┃
┃ イ 建設改良積立金                  0                   ┃
┃ ロ 減 債 積 立 金              10,387,600                   ┃
┃ ハ 利 益 積 立 金                  0                   ┃
┃ ニ 当年度未処分利益剰余金         149,561,387                   ┃
┃   利益剰余金合計                       159,948,987         ┃
┃   剰 余 金 合 計                               2,431,422,602┃
┃   資 本 合 計                               3,454,178,693┃
┃   負債資本合計                                3,455,755,693┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃             平成23年度 当初予定損益計算書(前年度)              ┃
┃            (平成23年4月1日から平成24年3月31日まで)             ┃
┃                                         (単位 円)┃
┃                                               ┃
┃1 営 業 収 益                                      ┃
┃(1)給 水 収 益             112,280,054                   ┃
┃(2)受託工事収益                   0                   ┃
┃(3)その他営業収益              1,016,828    113,296,882          ┃
┃2 営 業 費 用                                      ┃
┃(1)原水及び浄水費              61,952,700                   ┃
┃(2)配水及び給水費              4,642,858                   ┃
┃(3)受 託 工 事 費                  0                   ┃
┃(4)総  係  費              28,019,275                   ┃
┃(5)減 価 償 却 費              53,482,000                   ┃
┃(6)資 産 減 耗 費                  0                   ┃
┃(7)その他営業費用                  12    148,096,821          ┃
┃  営 業 損 失                                 34,799,939┃
┃3 営業外収益                                        ┃
┃(1)受取利息及び配当金              87,000                   ┃
┃(2)他 会 計 補 助 金            950,000,000                   ┃
┃(3)雑   収   益                0    95,087,000          ┃
┃4 営業外費用                                        ┃
┃(1)支払利息及び企業債取扱諸費        26,299,000                   ┃
┃(2)繰延勘定償却                   0                   ┃
┃(3)雑  支  出                  0    26,299,000     68,788,000┃
┃  経 常 利 益                                 33,988,061┃
┃5 特 別 利 益                                      ┃
┃(1)固定資産売却益                  0                   ┃
┃(2)過年度損益修正益                 0                   ┃
┃(3)消費税及地方消費税還付金                                ┃
┃6 特 別 損 失                                      ┃
┃(1)固定資産売却損                  0                   ┃
┃(2)過年度損益修正損                 0                   ┃
┃                                               ┃
┃  当年度純利益                                  32,845,203┃
┃ 前年度繰越利益剰余金                               89,024,157┃
┃  当年度未処分利益剰余金                             121,869,360┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃             平成23年度 当初予定貸借対照表(前年度)              ┃
┃                  (平成24年3月31日)                   ┃
┃                                         (単位 円)┃
┃                                               ┃
┃                    資 産 の 部                     ┃
┃1 固定資産                                         ┃
┃(1)有形固定資産                                      ┃
┃ イ 土     地      7,864,053                           ┃
┃ ロ 立 木 建 物     225,708,095                           ┃
┃   減価償却累計額     42,107,851   183,600,244                   ┃
┃ ハ 構  築  物    2,602,761,419                           ┃
┃   減価償却累計額     507,914,267  2,094,847,152                   ┃
┃ ニ 機械及び装置     1,500,042,469                           ┃
┃   減価償却累計額     559,249,617   940,792,852                   ┃
┃ ホ 車 両 運 搬 具      6,289,384                           ┃
┃   減価償却累計額      5,661,015     628,369                   ┃
┃ ヘ 工具器具及び備品     1,063,000                           ┃
┃   減価償却累計額       743,850     319,150                   ┃
┃ ト 建 設 仮 勘 定      2,952,381                           ┃
┃   有形固定資産合計                     3,231,004,201         ┃
┃(2)無形固定資産                                      ┃
┃ イ 電 話 加 入 権          0                           ┃
┃ ロ 庁 舎 利 用 権          0                           ┃
┃   無形固定資産合計                           0         ┃
┃   固定資産合計                                3,231,004,201┃
┃2 流 動 資 産                                      ┃
┃(1)現 金 預 金                       233,742,645         ┃
┃(2)未  収  金                                     ┃
┃ イ 営 業 未 収 金                        3,081,907         ┃
┃ ロ 営業外未収金                             0         ┃
┃ ハ その他未収金                             0         ┃
┃(3)貯  蔵  品                                     ┃
┃ イ 貯 蔵 量 水 器                        8,046,313         ┃
┃ ロ 材     料                            0         ┃
┃(4)その他流動資産                                     ┃
┃                                               ┃
┃   流動資産合計                                 244,870,865┃
┃   資 産 合 計                               3,475,875,066┃
┃                   負 債 の 部                     ┃
┃                                               ┃
┃3 流 動 負 債                                      ┃
┃(1)未  払  金               124,400                   ┃
┃(2)未 払 費 用                  0                   ┃
┃(3)前  受  金                  0                   ┃
┃(4)その他流動負債                  0                   ┃
┃   流動負債合計                          124,400         ┃
┃   負 債 合 計                                  124,400┃
┃                    資 本 の 部                    ┃
┃                                               ┃
┃4 資  本  金                                      ┃
┃(1)自 己 資 本 金              49,220,068                   ┃
┃ イ 固 有 資 本 金              16,950,000     66,170,068         ┃
┃ ロ 繰 入 資 本 金                                     ┃
┃(2)借 入 資 本 金                                     ┃
┃ イ 企  業  債             809,994,023    809,994,023         ┃
┃   資 本 金 合 計                               1,072,024,091┃
┃5 剰  余  金                                      ┃
┃(1)資 本 剰 余 金                                     ┃
┃ イ 受贈財産評価額                  0                   ┃
┃ ロ 工 事 負 担 金                  0                   ┃
┃ ハ その他資本剰余金           2,156,451,851                   ┃
┃   資本剰余金合計                      2,271,469,615         ┃
┃(2)利 益 剰 余 金                                     ┃
┃ イ 建設改良積立金                  0                   ┃
┃ ロ 減 債 積 立 金              10,387,600                   ┃
┃ ハ 利 益 積 立 金                  0                   ┃
┃ ニ 当年度未処分利益剰余金         121,869,360                   ┃
┃   利益剰余金合計                       132,256,960         ┃
┃   剰 余 金 合 計                               2,403,726,575┃
┃   資 本 合 計                               3,475,750,666┃
┃   負債資本合計                                3,475,875,066┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 10ページには平成24年度宜野座村水道事業会計資金計画書、それと11ページから15ページまでは給与明細書、それと16ページから19ページには平成24年度当初予算予定貸借対照表、それと20ページから21ページには平成23年度当初予定損益計算書、あと22ページから25ページには平成23年度当初予定貸借対照表、26ページ以降については予算に関する参考資料でございますので、御参照のほどよろしくお願いいたします。以上、終わります。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 大変失礼いたしました。産業振興課、大切な説明が漏れておりましたので、改めて御説明いたします。

 182ページでございます。6款 農林水産業費、1項 農業費、7目 産業振興事業費、これは新たに設けた目でございまして、本年度予算額7,390万円。前年度はゼロでございます。説明といたしまして183ページ、右様なんですが、この目は再編交付金事業と沖縄振興特別推進交付金事業、2つの事業を1カ所に掲示しております。まず再編交付金事業につきましては4,390万円、手数料といたしまして和牛購入手数料130万円、委託料といたしまして調査業務委託料、これは漁場再生で漁場づくりの事業でございます。1,310万円。そして優良繁殖雌牛更新促進事業委託料300万円。備品購入費といたしまして和牛購入費(優良繁殖雌牛更新促進事業)で1,950万円、そして特産品加工直売センター備品購入費700万円。次に沖縄振興特別推進交付金事業、これは一括交付金事業でございますけれども、備品購入費、堆肥センター備品購入費、これはバキュームカー10トン車の購入を予定しております。

 以上です。大変申しわけございませんでした。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから一括質疑を行います。

 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 12ページ、固定資産税の減額、説明によりますと鑑定の見直しによる減ということですけれども、主にどのようなところが減になったのか、そこの説明をまずお願いします。

 それから2番目は71ページ、企画費の地域資源魅力向上事業団体補助金というのがありますけれども、どのようなことを計画しているのか。今年度できちんと報告書もつくってあるんだけれども、どのようなことをするのか教えてください。

 それから133ページ、健康づくり指導員、どういう人たちをもって充てるのか。その3点についてお伺いしたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 固定資産税の減の要因は、評価がえによる減と言いましたけれども、それは家屋の減でございます。家屋の評価、これが減価償却による減、それが主な原因でございまして、土地は今、負担水準が国の水準で80%から90%に水準を置くようにしていますけれども、それを毎年それに見合うように5%ずつふやしております。今現在、宜野座村の負担水準は大体60%に来ていますので、あと20%のところを5%ずつふやしていく予定でございます。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 當眞嗣則議員の御質疑にお答えします。

 まず、地域資源魅力向上事業はどういうことをするのかという質疑でした。この地域資源魅力向上というのは再編交付金事業を基金として、平成22年から平成30年の計画であります。内容については、地域資源をPR、調査研究するということであります。その予算書の補助については、今のところPR、広告、宣伝、観光の振興に使う、特に観光推進協議会、商工会が地域の観光推進のために使う事業に補助金を充てるという内容でございます。



○議長(多嘉山朝安) 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 新規事業の健康づくり指導員の人選についてだと理解しております。基本的には各区、4区については6名の健康推進員を予定しております。そして2区については3名、合わせて30名の方と連携をとりながら、各地域でウォーキング教室とか、いろいろ区長ともタイアップしながら、そして地域では健康住民会議等々も立ち上げておりますので、その人たちと連携をとりながら、そして予防接種や特定健診の推進をできる方。特に国でいうインストラクターの資格とかを持っている方の採用等は考えておりません。広く村民の意見を聞きながら、しっかりと入っていける方を採用していきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 詳しいことにつきましては、また委員会で聞こうと思いますので、ひとつよろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 13ページをお願いします。村税なんですけれども、滞納繰越額については、総計予算主義からすると、歳入で全額計上すべきだと私は思います。その辺、明確な数字がわかりましたら教えてください。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 伊芸朝健議員にお答えいたします。

 滞納繰越額を100%計上すべきではないかという御質疑ですけれども、100%した場合、予算として歳入欠陥とかそういうもろもろが出た場合、予算の立て方がすごく難しくなると思います。例年15%を組んでおりましたけれども、今回は20%、5%増額しております。それは県税の指導のもと、ただいま差し押さえ等とかそういうものを実施しておりますので、その成果があらわれたものだと思っております。徐々に滞納額の徴収ができるように職員ともども日々頑張っていきますので、この率をだんだん上げるように努めていきます。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 今、説明がありましたけれども、私が解釈しますと、滞納額が多い場合、徴収能率が低下する。もう1点は、職員の徴収の怠慢というふうにも受けるわけです。そのような観点から、やはり予算計上額はごく少なく見込んである例もこれまでありますけれども、今後はこういう増減状況をはっきりさせる意味から、いろいろ指導はあろうかと思いますけれども、資料だけでもぜひ明示していただきたい。資料提出をお願いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 続いてお答えいたします。

 資料は提示できるように準備しますので、それでよろしいでしょうか。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑ございませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第14号、議案第15号、議案第16号、議案第17号の4議案については予算特別委員会に付託し、審査することにしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第14号、議案第15号、議案第16号、議案第17号の4議案については予算特別委員会に付託し、審査することに決定しました。



△日程第5.諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について



△日程第6.諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について



△日程第7.諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について

 以上、3議案を一括議題とします。

 提案理由の説明の前に当事者がおりますので、当事者の退席をお願いいたします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 諮問第1号から諮問第3号について御説明申し上げます。

 本案件は現委員の任期満了に伴う人権擁護委員候補者の推薦について、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求める案件でございます。

 詳細につきましては担当課長より説明いたしますので、御審議の上、答申くださいますようお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは諮問第1号から第3号につきまして御説明申し上げます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃諮問第1号                                         ┃
┃                                              ┃
┃               人権擁護委員候補者の推薦について               ┃
┃                                              ┃
┃ 下記の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいので、議会の意見を求める。         ┃
┃                                              ┃
┃                       記                      ┃
┃                                              ┃
┃            住  所  宜野座村字宜野座153番地の2               ┃
┃            氏  名  幸 喜 房 子                     ┃
┃            生年月日  昭和17年4月30日生                   ┃
┃                                              ┃
┃ 平成24年3月6日提出                                   ┃
┃                                宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                              ┃
┃提案理由                                          ┃
┃  現人権擁護委員が平成24年6月30日付任期満了のため                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃諮問第2号                                         ┃
┃                                              ┃
┃               人権擁護委員候補者の推薦について               ┃
┃                                              ┃
┃ 下記の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいので、議会の意見を求める。         ┃
┃                                              ┃
┃                       記                      ┃
┃                                              ┃
┃            住  所  宜野座村字松田2204番地2                ┃
┃            氏  名  末 石 森 春                     ┃
┃            生年月日  昭和27年1月15日生                   ┃
┃                                              ┃
┃ 平成24年3月6日提出                                   ┃
┃                                宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                              ┃
┃提案理由                                          ┃
┃  現人権擁護委員が平成24年6月30日付任期満了のため                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃諮問第3号                                         ┃
┃                                              ┃
┃               人権擁護委員候補者の推薦について               ┃
┃                                              ┃
┃ 下記の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいので、議会の意見を求める。         ┃
┃                                              ┃
┃                       記                      ┃
┃                                              ┃
┃            住  所  宜野座村字漢那2071番地の2               ┃
┃            氏  名  屋比久 初 枝                     ┃
┃            生年月日  昭和24年8月7日生                   ┃
┃                                              ┃
┃平成24年3月26日提出                                    ┃
┃                                宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                              ┃
┃提案理由                                          ┃
┃  現人権擁護委員が平成24年6月30日付任期満了のため                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 諮問第1号から諮問第3号については、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって諮問第1号から諮問第3号については、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから諮問第1号から諮問第3号まで、諮問ごとに採決します。

 それでは、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦についてを採決します。

 この採決は起立によって行います。

 お諮りします。

 原案のとおり答申することに賛成の方は起立を願います。

    (起立全員)



○議長(多嘉山朝安) 「起立全員」です。

 したがって諮問第1号は、原案のとおり答申することに決定されました。

 次に、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦についてを採決します。

 この採決は起立によって行います。

 お諮りします。

 原案のとおり答申することに賛成の方は起立を願います。

    (起立全員)



○議長(多嘉山朝安) 「起立全員」です。

 したがって諮問第2号は、原案のとおり答申することに決定されました。

 次に、諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦についてを採決します。

 この採決は起立によって行います。

 お諮りします。

 原案のとおり答申することに賛成の方は起立を願います。

    (起立全員)



○議長(多嘉山朝安) 「起立全員」です。

 したがって諮問第3号は、原案のとおり答申することに決定されました。

 暫時休憩します。             (12時03分)

    (当事者入場)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (12時03分)



△日程第8.報告第1号 平成24年度沖縄県町村土地開発公社事業計画書の報告について、当局の報告を求めます。

 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) それでは報告第1号について御説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃報告第1号                                          ┃
┃                                               ┃
┃         平成24年度沖縄県町村土地開発公社事業計画書の報告について          ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第2項の規定により、別紙のとおり報告する。    ┃
┃                                               ┃
┃ 平成24年3月6日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 なお、この事業計画については本村では行っておりません。以上、報告を終わります。



○議長(多嘉山朝安) これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 以上で報告第1号の報告を終わります。

 暫時休憩します。             (12時04分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (12時05分)



△日程第9.諸般の報告を行います。

 休憩中に予算特別委員会が開催され、同特別委員会において委員長及び副委員長の互選が行われ、その結果の報告が議長にありましたので報告します。

 委員長に伊芸朝健議員、副委員長に當眞嗣則議員が互選された旨の報告がありました。

 これで諸般の報告を終わります。

 本日の日程は、全部終了しました。

 これで散会いたします。(12時05分)