議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成23年第9回定例会 12月15日−03号




平成23年第9回定例会 − 12月15日−03号







平成23年第9回定例会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃              平成23年第9回宜野座村議会定例会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 23 年 12 月 13 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 閉 の 日 時 │開 会│  平成23年12月13日 午前11時47分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │閉 会│  平成23年12月13日 午後0時32分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  石 川 幹 也  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  安 富   繁  │ ○ │ 10 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃出 席   11 名 │ 3 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 11 │  島 袋   榮  │ △ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃欠 席   1 名 │ 5 │  伊 芸 朝 健  │ ○ │ 12 │  仲 本   彰  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃  凡   例   │ 6 │  當 眞   淳  │ ○ │ 13 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │   │          │   ┃
┃×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │   │          │   ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 5 │   伊 芸 朝 健     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 6 │   當 眞   淳     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事 務 局 長│  津嘉山 博 文                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │係     長│  山 内 慶 一                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │産業振興課長 │  山 城   智  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │副  村  長│  仲宗根   勲  │建 設 課 長│  仲 間 正 哲  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │上下水道課長 │  山 城 次 雄  ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  新 里 民 夫  │学校教育課長 │  平 田 嗣 義  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃により説明のため  │総 務 課 長│  島 田 忠 博  │社会教育課長 │  照 屋 忠 利  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │企 画 課 長│  仲 程   正  │       │          ┃
┃出席した者の職氏名 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │村民生活課長 │  金 武   司  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │健康福祉課長 │  末 石 森 春  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃          │事 務 局 長│          │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃会 議 の 経 過 │別 紙 の と お り                          ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





        平成23年第9回宜野座村議会定例会議事日程(第3号)

                                         平成23年12月15日
                                       開 議 午前11時30分
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │議案第45号   │平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第3号)について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │抗議決議第4号 │田中聡前沖縄防衛局長の発言に抗議し、環境影響評価書の提出の断念を求┃
┃    │        │める抗議決議(案)                        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) おはようございます。これから本日の会議を開きます。(11時47分)



△日程第1.議案第45号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第3号)についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第45号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第3号)について御説明申し上げます。

 本案件は、歳入歳出予算の総額69億891万9,000円に歳入歳出それぞれ1億1,403万3,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ70億2,295万2,000円とする案件でございます。

 歳入の補正は、沖縄北部活性化特別振興対策事業国庫補助金2億2,069万2,000円、さらには財政調整基金繰入金6,760万2,000円の追加及び農業施設費県補助金2億5,075万円の減額が主であります。

 一方、歳出の補正は、松田鍾乳洞周辺環境活用整備事業2億7,603万円、株式会社てんぷす宜野座振興公社出資金2,000万円の追加及び農業集落資源循環統合補助事業(惣慶地区)の2億2,115万2,000円の減が主なものであります。

 補正の内容と詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第45号を御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第45号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第3号)            ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年度宜野座村の一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。         ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算の補正)                                   ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額6,908,919千円に歳入歳出それぞれ114,033千円を追加し、歳入歳出予算の総┃
┃ 額を歳入歳出それぞれ7,022,952千円とする。                          ┃
┃2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の金額は、「第1表 歳入歳┃
┃ 出予算補正」による。                                    ┃
┃ (債務負担行為の補正)                                   ┃
┃第2条 債務負担行為の追加は、「第2表 債務負担行為補正」による。              ┃
┃ (地方債の補正)                                      ┃
┃第3条 地方債の追加は、「第3表 地方債の補正」による。                   ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年12月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


               第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃9 国有提供施設等所在 │             │   99,686│    9,204│   108,890┃
┃  市町村助成交付金  │             │      │      │      ┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │1 国有提供施設等所在  │   99,686│    9,204│   108,890┃
┃            │  市町村助成交付金   │      │      │      ┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃10 地 方 特 例 交 付 金│             │   10,901│   △1,343│    9,558┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │1 地 方 特 例 交 付 金 │   10,901│   △1,343│    9,558┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃13 分担金及び負担金  │             │   43,012│     300│   43,312┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │1 分    担    金│    2,224│     300│    2,524┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃15 国 庫 支 出 金 │             │   883,596│   258,162│  1,141,758┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │1 国  庫  負  担  金│   251,449│    2,020│   253,469┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │2 国  庫  補  助  金│   557,386│   257,675│   815,061┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │3 委    託    金│   74,761│   △1,533│   73,228┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃16 県  支  出  金│             │   845,841│  △245,648│   600,193┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │1 県  負  担  金 │   110,496│    1,010│   111,506┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │2 県  補  助  金 │   727,609│  △246,579│   481,030┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │3 委    託    金│    7,736│    △79│    7,657┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃19 繰    入    金│             │   383,879│   80,925│   464,804┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │2 基  金  繰  入  金│   383,878│   80,925│   464,803┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃21 諸    収    入│             │   146,746│   11,433│   158,179┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │4 雑         入│   145,986│   11,433│   157,419┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃22 村        債│             │   354,609│    1,000│   355,609┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │1 村         債│   354,609│    1,000│   355,609┃
┠────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃        歳  入  合  計        │  6,908,919│   114,033│  7,022,952┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃2 総    務    費│             │  1,767,199│   320,677│  2,087,876┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │1 総  務  管  理  費│  1,647,188│   320,238│  1,967,426┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │2 徴    税    費│   74,694│     518│   75,212┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │5 統  計  調  査  費│     343│    △79│     264┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃3 民    生    費│             │   958,027│   15,831│   973,858┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │1 社  会  福  祉  費│   417,401│   15,781│   433,182┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │2 児  童  福  祉  費│   540,624│     50│   540,674┃
┗━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │ 補 正 額 │   計   ┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃4 衛    生    費│             │   409,050│    9,527│   418,577┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │1 保  健  衛  生  費│   208,366│    3,000│   211,366┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │2 清    掃    費│   105,683│    6,527│   112,210┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃6 農 林 水 産 業 費  │             │  1,360,159│  △273,977│  1,086,182┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │1 農    業    費│  1,061,088│  △273,977│   787,111┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃8 土    木    費│             │   537,933│   37,354│   575,287┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │2 道 路 橋 り ょ う 費 │   452,610│   36,254│   488,864┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │5 住    宅    費│   32,287│    1,100│   33,387┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃10 教    育    費│             │  1,000,458│    4,621│  1,005,079┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │1 教  育  総  務  費│   110,557│     60│   110,617┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │2 小  学  校  費 │   458,228│    3,958│   462,186┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │3 中  学  校  費 │   72,544│    △810│   71,734┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │4 幼  稚  園  費 │   31,641│     297│   31,938┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │5 社  会  教  育  費│   176,774│   △3,091│   173,683┃
┃            ├─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃            │6 保  健  体  育  費│   150,714│    4,207│   154,921┃
┠────────────┴─────────────┼──────┼──────┼──────┨
┃        歳  出  合  計        │  6,908,919│   114,033│  7,022,952┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛ 


              第2表  債 務 負 担 行 為 補 正
1 追加
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┓
┃          事 項          │    期 間    │    限 度 額    ┃
┠──────────────────────┼───────────┼────────────┨
┃                      │           │          千円┃
┃地域包括支援センターシステム        │平成24年度〜平成28年度│          5,447┃
┠──────────────────────┼───────────┼────────────┨
┃震災被害農家経営支援資金          │平成24年度〜平成28年度│ 利子補給に相当する額 ┃
┠──────────────────────┼───────────┼────────────┨
┃農林漁業セーフティーネット資金       │平成24年度〜平成28年度│ 利子補給に相当する額 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┛


                第3表  地  方  債  補  正
1 追加
┏━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃   起債の目的   │ 限度額  │   起債の方法   │  利 率  │   償還の方法   ┃
┠──────────┼─────┼──────────┼───────┼───────────┨
┃          │   千円│          │      %│           ┃
┃災害復旧事業債   │   1,000│証書借入又は証券発行│5%以内(ただ│政府資金については、そ┃
┃          │     │          │し、利率見直し│の融資条件により、銀行┃
┃          │     │          │方式で借り入れ│その他の場合にはその債┃
┃          │     │          │る政府資金及び│権者と協定するところに┃
┃          │     │          │公営企業金融公│よる。ただし、村財政の┃
┃          │     │          │庫資金につい │都合により措置期間及び┃
┃          │     │          │て、利率見直し│償還期限を短縮し、又は┃
┃          │     │          │を行った後にお│繰上償還もしくは低利債┃
┃          │     │          │いては当該見直│に借換することができ ┃
┃          │     │          │し後の利率) │る。         ┃
┠──────────┼─────┼──────────┼───────┼───────────┨
┃  合    計  │   1,000│          │       │           ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛


 3ページからお願いいたします。第2表 債務負担行為の補正でございます。追加でございます。事項が地域包括支援センターシステム、期間が平成24年から平成28年度の5年間。限度額が544万7,000円でございます。これにつきましては、平成18年度に沖縄県介護保険広域連合に加盟しておりました市町村を取りまとめ、市町村に設置された地域包括支援センターシステムのリース期限が平成23年度で切れるために、平成24年度からは村で地域包括支援センターシステムを導入する必要があるいうことから、負担行為を起こしております。

 次、震災被害農家経営支援資金、それから農林漁業セーフティーネット資金、これにつきましても期間が平成24年度から平成28年度。これは限度額が利子補給に相当する額ということになっております。この2件につきましては、東日本大震災により影響を受けた菊農家並びに災害被害農家へ災害支援資金の利息を県2分の1、村2分の1の助成の平成24年度から平成28年までの5年間の分でございます。

 次、歳入のほうを説明したいと思います。8ページ、9ページをお願いいたします。歳入9款 国有提供施設等所在市町村助成交付金、1項 国有提供施設等所在市町村助成交付金、1目 国有提供施設等所在市町村助成交付金、補正額が920万4,000円。これにつきましては、1 施設等所在市町村調整交付金333万4,000円の減。それから2 国有提供施設等所在市町村助成交付金1,253万8,000円の増の分でございます。

 10款 地方特例交付金、1項 地方特例交付金、1目 地方特例交付金134万3,000円減。これは地方特例交付金確定分でございます。

 13款 分担金及び負担金、1項 分担金、1目 分担金、1節 分担金、真平原かんがい施設敷地使用分担金・松田区の分です。これにつきましては、当初予算の計上漏れということで、今回補正でございます。

 次、15款 国庫支出金、1項 国庫負担金。1目 民生費国庫負担金、障害者医療費国庫負担金でございます。これは50%の補助分でございます。次、2項 国庫補助金、1目 総務費国庫補助金、補正額が2億2,069万2,000円。これは沖縄北部特別振興対策事業補助金ということで、松田鍾乳洞周辺環境活用整備事業2億2,069万2,000円の分でございまして、10分の8の補助でございます。それから2目 民生費国庫補助金、これにつきましては、地域生活支援事業補助金の2件分ということで、50%の補助でございます。それから5目 土木費国庫補助金2,240万円の補正。これにつきましては、村道中原線道路改良工事ということで、国土交通省の補助分でございまして、10分の8の補助でございます。それから6目 特定防衛施設周辺整備調整交付金1,315万4,000円の補正。これにつきましては、調整交付金事業の2次分の追加分でございます。8目 教育費国庫補助金133万3,000円、小中学校補助金ということで併行防音事業、防衛局の補助でございまして、100%の補助でございます。次、10ページ、11ページをお願いいたします。同じく3項 委託金、2目 民生費委託金183万6,000円、子ども手当事務費委託金、上半期と下半期に分けまして、増額となっております。それから5目 文化財調査委託金336万9,000円の減でございますが、これにつきましては、一般国道宜野座改良区(2工区)の事業の分でございまして、北部国道事務所よりの委託金でございますが、事業調整の結果、次年度実施のため減ということでございます。

 16款 県支出金、1項 県負担金、1目 民生費県負担金、補正額が101万円。障害者医療費県負担金の分でございまして、4分の1の補助、25%、101万円の補正でございます。次、2項 県補助金、2目 民生費県補助金317万1,000円の補正。これにつきましては、4節 沖縄県介護基盤緊急整備等特別対策事業のスプリンクラー整備特別対策事業というのがございますが、これはでいご園の小規模多機能型居宅介護事業の分でございまして、これにつきましても100%の補助の分でございます。次、3目 衛生費県補助金100万円、これにつきましては、乳幼児医療費助成補助金、2分の1補助でございますが、これは現在、不足分ということで補助がございます。2分の1の補助でございます。4目 農林水産業費県補助金、補正額が2億5,075万円の減でございます。これにつきましては、農業施設費補助金でございますが、事業費の見直しということがございまして、今回、県との調整の結果、減額ということでございます。

 次、19款 繰入金、2項 基金繰入金、1目 基金繰入金8,092万5,000円の増。これは財政調整基金から6,760万2,000円。次のページをお願いいたします。それから15節 サーバーファーム施設整備基金繰入金、これにつきましては、第2サーバファームへの企業入居に伴いまして、電気料金等、光熱水費等の増がありまして、その分の補正でございます。

 21款 諸収入、4項 雑入、5目 雑入1,143万3,000円、雑入です。これにつきましては、(1)管路延長工事及び公共桝設置工事負担金、漢那区からの分でございます。225万円。それから(2)松田鍾乳洞周辺環境活用整備事業負担金、これは松田区から418万3,000円の雑入でございます。それから(3)戦略作物事業土壌改良農家負担金500万円。以上でございます。

 次、22款 村債、1項村債、5目 村債につきましては、災害復旧事業債ということで、100万円、今回組み替えしてございます。歳出のほうでも出てきます。

 次、歳出をお願いたします。14ページ、15ページでございます。主なものだけ説明したいと思います。2款 総務費、1項 総務管理費、6目 企画費2,087万8,000円。これは、かんなタラソ沖縄事業補助金でございまして、かんなタラソ沖縄施設修繕費補助金300万円、てんぷす宜野座振興公社助成金がございましたが、それを組み替えでございます。補助金に組み替えということでございます。それから24節 投資及び出資金2,000万円。てんぷす宜野座振興公社出資金ということで2,000万円の補正でございます。次、16ページ、17ページをお願いいたします。企画事業の中で負担金というのが出ます。北部広域市町村圏事務組合広域振興負担金ということで87万3,000円、北部地域交通体系基本計画策定業務事業の分でございます。次、15目 北部活性化特別振興事業費2億7,603万円の補正。これにつきましては、松田鍾乳洞周辺環境活用整備事業、主に委託料が1,993万3,000円、それから工事請負費2億5,364万3,000円。それから備品購入費193万6,000円の計上でございます。次、16目 サーバーファーム費でございます。補正額が1,332万3,000円の増。これにつきましては、先ほど収入でも説明いたしましたが、第2サーバーファームの入居企業の増に伴う電気料、発電機等の燃料代等の補正でございます。

 次のページをお願いいたします。18、19ページです。これにつきましては、このページを御参照願いたいと思います。

 次、20ページ、21ページでございます。3款 民生費、1項 社会福祉費、2項 老人福祉費でございます。老人福祉事業の負担金、補助及び交付金でございますが。スプリンクラー整備特別対策事業、先ほど収入でも説明しましたとおり、でいご園、小規模多機能型居宅介護事業分でございます。それから4目 障害者福祉費423万2,000円、これにつきましては移動支援事業委託料、これは利用者の増に伴う分でございます。それから扶助費、更生医療給付費、生活保護受給者の受給決定に伴う増分でございます。404万円。次、6目 介護保険費842万6,000円、これにつきましては、沖縄県介護保険広域連合負担金、平成22年度精算分でございます。

 次のページをお願いいたします。22、23ページ、4款 衛生費のほうを説明いたします。4款 衛生費、1項 保健衛生費、4目 母子保健費300万円。これにつきましては、こども医療費助成事業ということで、こども医療費助成300万円。これにつきましても利用者の増に伴う分でございます。それから2項 清掃費、2目 塵芥処理費652万7,000円、これにつきましては委託料、宜野座村粗大ゴミ置き場地下水の調査委託料、これにつきましては、福山区にございます粗大ごみ置き場でございますが、メタンガス等の調査を行います。それから19節 負担金、補助及び交付金、金武地区消防衛生組合負担金ということで、追加分ということで537万2,000円の補正でございます。

 次のページをお願いいたします。24、25ページです。6款 農林水産業費、1目 農業費、2目 農業総務費、これにつきましては18万9,000円の補正でございます。3目 農業振興費184万1,000円、これにつきましては委託料ということで、さとうきび優良種苗安定確保事業委託料184万1,000円の補正でございます。5目 農地費でございます。5,985万5,000円の減でございますが、先ほど歳入でも説明しましたとおり、事業計画を県との調整の結果、今年の分は減額しようということになっております。次年度行うということでございます。次のページをお願いいたします。26、27ページです。説明のところの農地保全整備事業(松田西1期地区)でございます。これにつきましては、工事請負費と用地購入費の組み替えでございます。それから6目 下水道費、補正額2億1,615万2,000円の減、これにつきましては、委託料975万2,000円の減、それから工事請負費2億670万円の減、これにつきましては、先ほど言ったように、事業計画の見直しの分も入っております。それから公有財産購入費30万円がございます。これにつきましては、一番下の用地購入費のところがございますが、惣慶の桑江宅付近の中継ポンプ場がございますが、そこの用地購入費に伴う分でございます。

 次のページをお願いいたします。28、29ページです。8款 土木費、2項 道路橋りょう費、3目 道路新設改良費3,625万4,000円。委託料1,425万円の減がございます。それから15節 工事請負費5,050万4,000円、これにつきましては、村道中原線改良事業がございますが、国土交通省分、追加分でございます。事業につきましては、繰り越しをする予定で今進めております。2,800万円。それから特定防衛施設周辺整備調整交付金事業、委託料で1,425万円の減、工事請負費で2,250万4,000円の増でございます。工事箇所につきましては、村道道路工事分3カ所を見ております。惣慶の旧県道線、松田高松中央線、漢那中山線、この3路線分でございます。それから5項 住宅費、1目 住宅管理費110万円の補正、これにつきましては、住宅管理事業の用地購入費でございます。城原第3団地の分でございます。1名分の追加でございます。

 次のページでございます。10款 教育費、1項 教育総務費、2目 事務局費6万円、これにつきましては、学校の大工車借上料でございます。それから次の2項 小学校費、1目 学校管理費82万5,000円、これにつきましては、三小学校施設修繕費、それから原材料費、それから使用料等でございます。次、3目 学校建設費でございますが、313万3,000円の補正。委託料でございます。松田小学校の実施設計となっておりますが、これはボーリング4カ所分の計上でございます。それから委託料(併行防音工事実施設計)が133万3,000円、これは防衛補助の100%分でございます。次は3項 中学校費、1目 学校管理費がございますが、これにつきましては81万円の減額でございます。それから4項 幼稚園費、1目 幼稚園費でございます。29万7,000円の増がございますが、松田幼稚園、それから宜野座幼稚園、漢那幼稚園、おのおの平成24年度教育計画書の策定をその前年度で行うということで計上してございます。次のページをお願いいたします。5項 社会教育費、2目 公民館費でございます。82万円の減、この減の主なものは、海外語学研修派遣補助金でございますが、ホームステイでございます。当初6名分を計上しておりましたが、実績は4名ということで、2名分の減でございます。それから3目 文化財保護費336万9,000円の減。これにつきましては、主なものは一般国道宜野座改良に伴う2工区の文化財調査事業の減額の分でございます。それは歳入で説明したとおりでございます。5目 国際交流費68万円、国際交流センターがございますが、そこの光熱水費68万円の補正をしてございます。映画の撮影等がありまして、その辺の電気料、水道料が増になったということでございます。6目 宜野座村文化センター費41万8,000円の増。これにつきましては施設修繕、消防設備、ホワイエの照明、クーラー冷却塔の修繕でございます。次、6項 保健体育費、2目 体育施設費、補正額409万円。これにつきましては、体育施設事業、それから野球場運営事業、阪神タイガース春季キャンプ受入事業がございますが、主な大きなものは、阪神タイガースのキャンプ期間が約1カ月になりましたので、その増の分が主なものでございます。

 一番下のほうです。11款 災害復旧費、1項 農林水産施設災害復旧費、1目 農林水産施設災害復旧費がございますが、これにつきましては財源内訳の変更でございます。

 補正予算の説明は以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 今回の補正については、一番大きいのはかんなタラソ沖縄の出資の件と、あとは松田鍾乳洞のものかと思っておりますけれども、かんなタラソ沖縄の件については、先ほど特別委員会がありまして、その中でもいろいろ審議してまいりましたので、質疑は省きたいと思っております。少し確認したいところがありますので、何点か確認させてください。12、13ページの基金繰入金関係でサーバーファーム施設整備基金繰入金があります。第2サーバーファームのほうに企業が入居したということでありますけれども、どの程度の規模、人数的なもの。それと現在、第1、第2合わせてどのぐらいの人がこちらで雇用されているのかというのも参考までに教えていただきたいと思います。

 それから気になった点ですけれども、32、33ページの幼稚園費をよろしくお願いします。教育計画が三幼稚園、約10万円ずつ計上されております。昨日、資料をもらいに行ったんですけれども、平成15年度のものがこれですね。平成21年度のがこれ、平成23年度がこれということで、毎年このように計画書が出されています。以前に、余りにも立派すぎるのではないかという質疑をした覚えがあるんですけれども、この表紙をきれいにしすぎではないかと。もう少し経費を抑えてもいいのではないかという話をしたんですけれども、平成15年度のときのページ数を見ると81ページなんです。平成21年度を見ると、いろいろなものがこちらにどんどんついていて、条例とかいろいろなものがついていて、159ページ。今度の平成23年度の資料を見ると212ページ。どんどんかさんでいっているんです。その中を見れば、先ほど言いました条例とか、村の計画とか、そういうものがどんどん上乗せされてきている気がします。そういうものはまた別枠で本来整理されているので、あえてこれに載せる必要はないのではないかと。細かいことですけれども、こういうものをやはり必要なものだけやれば、経費というのは抑えられると思うので、何年に1回というときは仕方がないんですけれども、毎年、毎年つくられるものですから、それをもう少しコンパクトにしたほうがいいのではないかと。これは提案です。この1点、お願いします。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 當眞 淳議員の質疑にお答えします。

 今、第2サーバーファームが7月から稼働して、入居企業も入ってきたわけですが、正確な人数とか、そういう従業員人数とかは把握していませんが、現在4企業が入っております。空きがあと3部屋残っております。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 6番 當眞 淳議員にお答えいたします。

 ただいまの御指摘、大変ありがとうございます。実は教育計画につきましては、できるだけより具体的にという格好でつくられていると思います。それで、今の件については、ページ数がふえれば立派なものかというパターンで、学校のほうとも具体的に詰めて、今後カット、これから省いてもいいものは、できるだけ話し合いの中でやっていきたいと思います。御指摘、大変ありがとうございました。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) サーバーファームの件につきましては、また担当課のほうに伺いまして、そのあたり、予算とは別枠での質疑ですので、それは後で確認したいと思います。

 教育計画については、必要な分はやはり載せなければいけないと思いますので、そのあたり、調整した上でまたよろしくお願いしたいと思います。以上で終わります。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 先ほどはてんぷす振興公社調査特別委員会を持ちました。その中で、どうして急にこのような2,000万円も出資金として出さなくてはいけないかという論議についていろいろやったわけですけれども、このかんなタラソの件につきましては、宜野座の財政上、一番大きな問題だと思っておりますので、役場も一体となって取り組みをしないといけないと、私はそのように思っております。この中から特に健康とのかかわりがありますICTの件が出まして、大変鳴り物入りですごいお金を入れているんですけれども、現状はまだまだうまく活用されていないのではないかと思いますので、その辺、今後どのような体制で臨まれるのか、ぜひ村長の考え方をお聞きしたいと思います。必要性、助成につきましては、先ほど十分聞いておりますので、今後の取り組みをどのように考えておられるのかお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 當眞議員にお答えいたします。

 御案内のとおり、かんなタラソの運営につきましては、大変厳しい運営をしていまして、また、この施設につきましては、やはり利用者の皆さんからはすばらしい施設だという評価を得ている施設でございます。そういうことから、大変厳しい中でもありますが、いろいろと経営改善の努力、また別の企業等の参入も視野に入れながら経営をうまくできるようにしていきたいと。さらには、村民の健康増進にもつなげていくようにしていきたいと思っております。このICTの活用につきましても、役場、健康福祉課も連携をしながら、村民の健康管理という面からも活用していきたいと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 先ほどはてんぷす振興公社の経営陣についても、相当いろいろな条件、改善策をやってくれということを言いましたので、あとは大株主であります村長、副村長が常に目を光らせて、その中身のチェックをすると同時に、何か変わったことがあったらいつでも議会に通していただきたいと。より透明性を出していって、全部で考えていけば、きっといいものになるのではないかと。社長の話によりますと、新しい企業がすぐ来たら、今後は出資しなくてもいいと。村長の見解とは少し違っていたような気がしますけれども、すばらしい決意だと思っておりますので、そのようになるようにぜひ支援して頑張っていただきたいと、以上申し上げます。よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) 17ページでございます。松田鍾乳洞周辺環境活用整備事業についてお聞きします。これにつきましては、私も職員時代にかかわりました。長年にわたってやったんですが、このたび、このように実現できて大変よかったと思います。敬意を表します。それについて二、三点お伺いします。当時から少し問題になっていたんですが、管理運営をどのようにやるのか、これをお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 安富 繁委員の御質疑にお答えします。

 松田鍾乳洞環境活用整備事業を平成23年度実施するわけですが、今のところ、この管理運営については、当初の計画では松田区という計画を進めておりました。そして今現在、この施設の管理運営をだれがするか。観光推進協議会とか松田区とか、いろいろ案がありまして、今現在、調整中ということになっております。



○議長(多嘉山朝安) 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) 質疑いたします。これは早目に国から管理運営の体制を決着するようにと求められてはいませんか。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 国に対しては、松田区、地元で管理運営するという計画書で進めております。その中でこの管理運営について、その後、松田区民とかの協力を得ながら運営することになると思います。



○議長(多嘉山朝安) 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) これに関して、進めていくということですが、松田区の反応はいかがですか。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 松田区からは、村で観光推進協議会なりに管理運営させてほしいと。この活用については、松田区民も応援するという意見が出ております。



○議長(多嘉山朝安) 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) 早目に調整をしないと、これは大変なことに結びつくかと思いますから、どうぞ早目に調整して、結論を出していただきたいと思います。

 それと、これにもありますように、洞窟・鍾乳洞とありますから、当然鍾乳洞を活用するということになると思いますが、この鍾乳洞の使用の許可とか、そういったものはどうなっていますか。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) その鍾乳洞の使用についてですが、現在私有地がたくさんありまして、その土地の所有者と今交渉中、使用の許可のお願いをしているところであります。



○議長(多嘉山朝安) 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) 事業は進んでいます。交渉中、これが反対されると大変なことですね。地主がこれはできないと言ったら大変なことですから、これは強力に取り組まないといけないと思います。そういうことで、最大の努力をして事業の進行に結びつけていただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 新里文康議員。



◆9番(新里文康) 26ページ、27ページ。下水道費ですが、この減額した理由の説明を詳しくお願いできませんか。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 新里文康議員にお答えいたします。

 今回の減については、今回予定しました惣慶処理場の機能強化対策工事の請負金額と、それにかかわる現場管理の委託費、それと惣慶周辺の管路工事が今年で終了したということの減額でございます。理由としましては、今回の機能強化対策工事は、当初計画していました対象処理人口が、現在、当該地区の人口増によりまして、対象処理人口の計画変更が入っていまして、それに伴い、処理方式の変更も出まして、既設の機械の容量では処理能力が足りないことや、機能強化をするためには新たに設置する機械・電気設備の工事もふえたことにより事業変更の対象となって、現在、県と協議中であります。また、当該の機能強化対策工事は、工種が今回土木工事、建築工事、それと機械設備工事がありまして、またそれに伴って、既設の処理機能を工事期間中も確保するための仮設処理施設ユニットの設置もしなければならないので、各工種に対しては密接に関連する工事ということで同時に発注して、各工事を調整しながら並行で進めないとできない工事だと思いますので、事業費の財源を確保した後に事業をすることが適切と判断しまして、今年度の予算を減額していまして、次年度に事業を執行していきたいという理由でございます。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第45号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第45号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第45号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第3号)についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第45号は、原案のとおり可決されました。



△日程第2.抗議決議第4号 田中聡前沖縄防衛局長の発言に抗議し、環境影響評価書の提出の断念を求める抗議決議(案)を議題とします。

 この抗議決議(案)につきましては、仲本 彰議員外1人から提出されております。提出者から提出理由の説明を求めます。

 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 提案理由を申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                      平成23年12月15日 ┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山 朝安 殿                                    ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 仲 本   彰 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 伊 芸 朝 健 ┃
┃                                               ┃
┃          田中聡前沖縄防衛局長の発言に抗議し、環境影響評価書の           ┃
┃          提出の断念を求める抗議決議(案)について                 ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃抗議決議第4号                                        ┃
┃                                               ┃
┃          田中聡前沖縄防衛局長の発言に抗議し、環境影響評価書の           ┃
┃          提出の断念を求める抗議決議(案)                     ┃
┃                                               ┃
┃                                               ┃
┃ 去る11月28日、沖縄防衛局の田中聡前局長は、報道陣との懇談会の席で、普天間飛行場代替施設事業に┃
┃係る環境影響評価書の提出時期を明言しない理由を問われたことに対し、「これから犯す前に犯しますよ┃
┃と言いますか」と性的暴行に例えた発言をしたことが報道で明らかになった。            ┃
┃ 非公式の席とはいえ、沖縄における防衛省のトップである沖縄防衛局長が、このような暴言とも言える┃
┃人権感覚を欠いた発言をしたことは、県民と女性を侮辱し愚弄するもので、誠に許しがたい言動である。┃
┃ 沖縄は、国土の面積でわずか0.6%に過ぎないのに、全国の在日米軍専用施設区域の74%が集中させら ┃
┃れている。そして県民は、米軍基地があるがゆえに、米兵による少女暴行事件や県民の尊い生命が奪われ┃
┃た事件・事故など、筆舌に尽くしがたい苦しみと痛み、そして人権蹂躙を戦後66年間も強いられている。┃
┃ 同前局長は既に更迭されたとはいえ、今回の発言は、県民感情を逆なでするだけでなく女性の人権を無┃
┃視し、人間の尊厳を踏みにじるものであり、到底看過できるものではない。             ┃
┃ さらに、政府は、謝罪し更迭した直後にもかかわらず環境影響評価書を提出すると明言しており、今後┃
┃も沖縄に基地を押しつける政府・官僚の本音が見え、沖縄蔑視と差別意識を露呈しており、到底許される┃
┃ものではない。                                        ┃
┃ よって、本村議会は、怒りを込めて田中聡前沖縄防衛局長の発言に強く抗議し、防衛大臣の責任を明確┃
┃にするとともに、環境影響評価書の提出を断念することを強く要求する。              ┃
┃ 以上、決議する。                                      ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年12月15日                                      ┃
┃                                      沖縄県宜野座村議会┃
┃                                               ┃
┃あて先                                            ┃
┃ 内閣総理大臣                                        ┃
┃ 防衛大臣                                          ┃
┃ 内閣官房長官                                        ┃
┃ 沖縄及び北方対策担当大臣                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 議員各位の御賛同をお願い申し上げて終わります。よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) ただいま仲本 彰議員より提出理由の説明がありましたが、抗議決議(案)は、お手元に配付したとおりであります。文案の朗読を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって文案の朗読を省略します。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 抗議決議第4号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって抗議決議第4号は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから抗議決議第4号 田中聡前沖縄防衛局長の発言に抗議し、環境影響評価書の提出の断念を求める抗議決議(案)を採決します。

 この採決は起立によって行います。

 お諮りします。

 原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

    (起立全員)



○議長(多嘉山朝安) 「起立全員」です。

 したがって抗議決議第4号は、原案のとおり可決することに決定しました。

 お諮りします。

 ただいま可決された抗議決議は、関係機関へ送付したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 ただいま可決された抗議決議については、関係機関へ送付することに決定いたしました。

 お諮りします。

 会議規則第45条の規定により、平成23年第9回宜野座村議会定例会において議決された事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに決定しました。

 これで本日の日程は全部終了しました。

 これで会議を閉じます。

 平成23年第9回宜野座村議会定例会を閉会します。(12時32分)



 以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。



       宜野座村議会



        議  長  多嘉山 朝 安



        署名議員  伊 芸 朝 健



        署名議員  當 眞   淳