議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成23年第8回臨時会 10月07日−01号




平成23年第8回臨時会 − 10月07日−01号







平成23年第8回臨時会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃              平成23年第8回宜野座村議会臨時会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 23 年 10 月 7 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 閉 の 日 時 │開 会│  平成23年10月7日 午前10時03分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │閉 会│  平成23年10月7日 午前10時44分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  石 川 幹 也  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  安 富   繁  │ ○ │ 10 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃出 席   12 名 │ 3 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 11 │  島 袋   榮  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃欠 席   0 名 │ 5 │  伊 芸 朝 健  │ ○ │ 12 │  仲 本   彰  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃  凡   例   │ 6 │  當 眞   淳  │ ○ │ 13 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │   │          │   ┃
┃×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │   │          │   ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 2 │   安 富   繁     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 3 │   當 眞 嗣 則     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事務局長代理 │  山 内 慶 一                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │課 長 補 佐│  島 田 忠 治                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │社会教育課長 │  照 屋 忠 利  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  新 里 民 夫  │       │          ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │総 務 課 長│  島 田 忠 博  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃により説明のため  │健康福祉課長 │  末 石 森 春  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃出席した者の職氏名 │事 務 局 長│          │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │産業振興課長 │  山 城   智  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │建 設 課 長│  仲 間 正 哲  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │上下水道課長 │  山 城 次 雄  │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃会 議 の 経 過 │別 紙 の と お り                          ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





        平成23年第8回宜野座村議会臨時会議事日程(第1号)

                                         平成23年10月7日
                                         開 会 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │        │会議録署名議員の指名(2番・3番)                ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │        │会期の決定                            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  3  │議案第44号   │松田地区処理場資源循環施設整備工事の請負契約について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  4  │決議第4号   │議員派遣について                         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (上程・採決)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) ただいまから平成23年第8回宜野座村議会臨時会を開会します。

                      (10時03分)

 本日の会議を開きます。



△日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定によって、2番 安富 繁議員及び3番 當眞嗣則議員を指名します。



△日程第2.会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日10月7日の1日間にしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって会期は、本日10月7日の1日間に決定しました。



△日程第3.議案第44号 松田地区処理場資源循環施設整備工事の請負契約についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。



◎村長(東肇) 議案第44号 松田地区処理場資源循環施設整備工事の請負契約について御説明申し上げます。

 本工事は、平成21年度より農林水産省の補助事業を導入して整備を進めております宜野座地区集落排水資源循環統合補助事業の平成23年度施工分の工事請負契約について、議会の議決を求める案件でございます。

 詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 議案第44号を御説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第44号                                         ┃
┃                                              ┃
┃           松田地区処理場資源循環施設整備工事の請負契約について         ┃
┃                                              ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第5号及び宜野座村議会の議決に付すべき契約及び┃
┃財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求める。            ┃
┃                                              ┃
┃                      記                       ┃
┃                                              ┃
┃  1 契約の目的 : 松田地区処理場資源循環施設整備工事                 ┃
┃  2 契約の方法 : 指名競争入札                            ┃
┃  3 契約金額  : 一金 84,525,000円                         ┃
┃     うち取引に係る消費税 一金 4,025,000円                      ┃
┃     及び地方消費税の額                                ┃
┃  4 契約の相手方                                    ┃
┃    受 注 者 住  所 : 与那原町字上与那原408番地の2               ┃
┃          名  称 : 有限会社 田端設備工業                  ┃
┃          氏  名 : 代表取締役 田端 智                   ┃
┃                                              ┃
┃ 平成23年10月7日提出                                   ┃
┃                                宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 2枚目のほうに請負契約書が添付されております。3番目の工期のほうを今あけておりまして、着手のほうは議会の議決した日となっておりまして、完了が平成24年3月23日を予定いたしております。下段は省略いたします。

 次のページをお願いいたします。位置図、設置場所が現在の松田地区のクリーンセンター敷地内でございます。

 次のページをお願いいたします。この施設は、現在のクリーンセンターの中には入りませんので、新たに増築するという形で2階建ての建築をしまして、約23坪の建坪でございます。これは別発注としております。

 中身の概要について説明いたします。次のページのほうがわかりやすいと思いますので、次の断面図をよろしくお願いいたします。2階のほうに汚泥乾燥発酵装置を設置いたします。現在、松田クリーンセンターの中には脱水機がありませんので、脱水機を含めた汚泥乾燥発酵装置を2階のほうに設置します。それと1階のほうには、乾燥させたものを入れる貯留タンク、それと発酵装置からアルカリとか酸とかのにおいが出ますので、これの脱臭装置を2基、1階のほうに設置します。そういう機械の工事でございます。

 あと、入札執行状況でございますが、今回は管工事のAランクをもとに、Bランクを含めて14業者を指名いたしました。その中で6社のほうが辞退しまして、8社で入札しております。入札は1回で落札しまして、落札率が96%でございました。

 以上、説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 質問させていただきます。

 管工事の工事については、例規集を確認しますと、規定に中に1,000万円以上はA級という基準があります。今回14社ということなんですけれども、そのランク、既定の中には2階級アップまではできるとうたわれておりますけれども、Dランクとかは入っていないのか。A、B、Cまでということなのか、そのあたりを確認させてほしいということと、1,000万円以上の工事については5社以上の指名でいいと管工事についてはうたわれていると思います。そういう中で14社指名をしております。また村外の業者も指名しているということで、その経緯、そのあたりについてお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 管工事のAランクで、現在村の指名参加の中にいますのが2社でございまして、そのあとの12業者が全Bランクでございます。それで今、村外と言いましたけれども、今回落札しました田端設備工業は、ずっと前から管工事のための参加願いをずっと出しておりまして、これも前々から話がありましたけれども、今回、村の指名参加中の管のAランクとして指定されております。そういうことです。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 今の説明からいうと、受注者については村内業者という位置づけで村は判断して、今後も指名していくという考え方なんでしょうか。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 再度お答えします。

 田端設備工業については、支店が宜野座村にありまして、それなりの法人税とかも納めておりまして、また、その中で村内でもいろいろ協力してもらっているということで指名しております。



◆6番(當眞淳) 今後もずっと指名するのかというところを教えてください。



◎上下水道課長(山城次雄) うちは、指名願いを出したら指名委員会の中で検討してやっていく予定でございます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 本店の機能がなくても別に構わないという考え方ということですか。もう一度確認します。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 今の件については、指名委員会の中で村に協力しているということと、支店の法人税を納めていること等を確認をして、そういう協力的に行っているところについては、村出身者に限り指名していこうではないかということで、委員会の中では確認しました。その中で、今みたいに毎回指名するのかということではなくて、これは去る建設業の意見交換会の前に会長ともお会いしまして、その旨をお伝えしました。会長からも毎回ではなくて、年に四、五回、そういう物件があればいいですという返事があったものですから、今回指名が入ったと。この管についても初めての指名でしたので、田端設備工業を委員会では同意をしたということです。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 田端設備工業については、村のいろいろなものに協力しているという経緯は知っておりますけれども、村内、今工事もかなり少なくなっていて、村内の企業というのは苦しい状況にあるのが現状だと思うんです。そういう中で、形としては支店はあるかもしれませんけれども、形としては村外業者でありますから、そこの会社というのは向こうでも受注機会はあるわけです。もし宜野座村でとりたければ、宜野座村に本店を移してきても別に構わないのではないかと私は思うんですけれども、結局両方でこういう受注機会がふえているということで、私は少しどうかなと思っています。これ以外にも、ほかの業者にまた広がっていきそうな気がするんです。村内出身で、金武町に会社があるから、支店を建てていろいろやれば指名に入るのかと。逆を言えば、ほかの市町村はそういう受入れというのは多分余裕がないと思うんです。そういう状況でいいのかというのが気になるんです。業者会の会長のほうがオーケーを出したという話が今建設課長からありましたけれども、個人的な見解ではないかと。これはみんなで諮って、そういうことでオーケーが出ているのか。議会で答弁していますから、そうなのか。そこはどうですか。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 再度お答えいたします。

 そのときには、要請に来たのが会長と副会長と事務局の3名です。その中でそういうことを問いかけて、年四、五回だったらいいのではないかということで了解を得たというのが事実です。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 現実からいくと、業者会にいろいろ諮られたというか、多分、総意ではないのではないかと思っております。今そのようにいくと、例えば宜野座出身で金武町に会社があって、そういう会社も普通に指名入りますという環境が生まれてくると、どんどん宜野座村の業者は苦しくなるわけです。結局、固定資産税とかいろいろなものも含めて総合的に見れば、現実的な話、税収から言ったら、法人税から言えば差はないかもしれません。ただ、それ以外の固定資産税とかそういうものも含めて総合的に判断した場合、やはり本店機能というのは大切だと思うんです。ですからその点は十分注意していただかないと、村内でやっているからといって、両方から工事が受注できるような環境ができれば、それは会社にとって越したことはないので、そう願うかもしれませんけれども、地元の企業から言えば、では本店をこちらに移せばいいではないかという話になるわけです。そのあたりは十分に、慎重にしていただきたいと思います。

 あと1点だけ。8,400万円という金額は村ではかなり大きい工事になってくるんですけれども、これはJVとかそういう話はなかったのか。また、このJVの金額、どの金額からJVになるのか。今、1,000万円とかそういった工事が多い中で、1社で8,400万円ですから、また村外の会社ですし、そういう現状をどう思いますか。JVの基準は幾らからかというのを教えてください。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 再度お答えいたします。

 村では、土木建築におきまして、1億5,000万円以上に関してはJVでやっております。管とか電気については、基準は定められておりません。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 1億5,000万円以上というのはAクラス以上でしたか、対象の工事とうたわれているのが1億5,000万円、それがJVの対象ですということですね。今の横並びで考えた場合には、管工事は1,000万円以上がJVという話になるわけですね。横並びで考えれば、Aクラス対象はJVですということであれば。ですからそのあたりのルールがないのであれば、もう少し広く受注環境をふやしていただきたいと。これが今後の要望になりますけれども、ぜひお願いしたいと思います。疑問はかなりありますけれども、質疑を終わります。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はありませんか。

 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) こういうときに指名委員長にひとつお聞きしたかったんですけれども、指名委員長がいないというこの請負契約のときはおかしいという気はするんですけれども、いないからいいですが、できれば指名委員長もいて、正式な話を聞きたかったんですけれども、副委員長もいると思いますので、その点をお聞きしたいと思います。

 設備に関しましては、宜野座地区とほぼ変わらないと。ただ、脱水機が入るというだけの話であって、機械設備に関しましては9月の決算に現場調査をしておりますので、その点は了といたします。この指名についてでありますけれども、当期、この受注をしました会社は宜野座村に支店があるということでありますけれども、どちらのほうにあるのか、その番地等。正確に教えてもらいたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 小渡久和議員にお答えします。

 住所は今、資料がございませんけれども、自宅のほうを支店としてやっております。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) 自宅に看板も添えてあるのかどうかわかりませんが、これは確認しましたか。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 看板等は確認していませんけれども、申請願いの中にそういう住所はございます。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) そうしたら、その支店とか何とかではなくて、自分の自宅がそのものですよということだと認識します。そこで電気、土木建築に関しましては、たしか営業所があっても、村内の方でなければ今入れておりませんね。だから機械に関して何で特別なのか。機械に対しては村外業者を入れていいのか。そしてその業者は宜野座村の業者会に入っているのかどうか。その2点をお聞きします。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 再度お答えいたします。

 当該の会社は、村の業者会の中には入っておりません。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 小渡久和議員にお答えいたします。

 管だけかということなんですけれども、田端設備工業については管がA、土木がBの県の認定を得ております。ただ、土木では今指名しておりません。管についてはAが少ないという形から、指名委員会の中で協議をして、いいのではないかということの認定をしたと思います。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) 私が言いたいのはそうではないんです。この受注された会社のことではなくて、機械はその会社を指名しているのに、建築・土木にもほかにこういう支店を持っている方々がいますけれども、こういう例があったら、その方々もこちらに入れますかということです。そこのところ、どうして機械だけ村外の皆さんを入れますかというこの理由を聞きたいんです。指名委員長、副委員長はいますか。総務課長、その点を私は本当は指名委員長から聞きたかったんです。これを答弁してください。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 小渡久和議員にお答えいたします。

 事例として、今回の管以外の事例がもし出た場合はどうするかということでございますが、今回、管に出ている業者につきましては、今、村に税を納めております。それ以外の業者を調べてはいるんですが、今まで村に税を納めている業者はおりません。そういうこともありまして、その辺を税のほうから勘案したということでございます。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) 税金を払っているからということでありますけれども、私はそうであれば、業者会にも入って、村内にいろいろな形で貢献していただきたいと思うんです。と言いますのは、お互い商工会でも決めてある、地元の業者を使って地元の活性化を図ろうという一つの目的があるわけです。でも我々は何でそのようなことを言うかというと、やはり地元にお金を落として、地元の活性化を図るために、職員雇用、従業員雇用のために肉を買ったり、いろいろな店でいろいろなものを買っても、このローテーションがあるからこそ、私たちは地元優先に発注しなさいということを言っているわけです。だからそこのところをよく考えてもらわないといけないわけです。代表者は違いますけれども、本当はこの代表者はギノザンチュじゃやないんです。元の代表者が宜野座の方であって、この方は宜野座の人ではないです。この前、前の関係ある方が私にこう言いました。私がおめでとうございますと言いました。受注落札しましておめでとうございますと言いました。そうしたら、とるつもりではなかったけれども、とってしまったと。仕方がないものと言わんばかりの話でした。私は怒りました。何言っているんですかと。大きな仕事をとったらありがとうございます。また次、よろしくお願いしますというのが人間でしょう。こんな言い方ってありますかと私は怒ったんですけれども、だからこういうふうに質疑しているんですよ、私は。役場村長以下、課長、職員の皆さんが一生懸命ヒアリングもして、国、県からとってきた事業をありがたく受けるのが業者であって、それを変な言いがかりな話をすると、はっきり言って、こういった方は次から指名しなくていいですよ。私はそう思います。ですから、指名委員長いればもっと話が合ったんですけれども、課長の皆さんは指名委員の中には1人でありますので、この感謝の気持ちを、受注者が、村内業者が感謝の気持ちを忘れずにいることが望ましい。私はいつも懇親会のときは言っております。業者の皆さんに、村の仕事があるからあなた方も生活をできるのであって、村の方をどうのこうの、変な言いがかりはするなと。必ず感謝、感謝の気持ちでやりなさいということをよく言っています。ですから、村に対していろいろ暴言とかあったら、それはペナルティーか勧告してやるぐらいの気持ちを指名委員会の皆さんはもっていただきたいと思います。誇りを持っていただきたいと、そういうことでありますので、今後十分に注意しながら、この発注のやり方も、指名のやり方も考えていただきたいと思います。ですから、私は地元の業者を優先にして指名していただきたいと。それが課長の皆さんの仕事であり、委員長の仕事でもあると思いますので、それをお願いしまして、終わりたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はありませんか。

 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 視点は少し違うんですけれども、この今の新たな敷地というのは、あの山を崩してやるのかという話が一つと、それから循環型の、みんな脱水してやるという話になっているんですけれども、常々、私が今までずっと言ってきたことは、重金属がどうしても乾燥させて固形にした場合には入るんだけれども、その処理をどのように考えているのか。宜野座区でも同じようなことがあるんですけれども、前から話していますとおり、綾町などの場合には、逆に底の部分については産廃に出して、上のほうは液肥化させてきちんと畑に還元しているんです。今後ともこの方針をずっと貫くのかどうかということまで含めてお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 當眞嗣則議員にお答えします。

 これを設置する場所なんですけれども、今現在のクリーンセンターの西南側ですか、あいているところに設置するつもりでございます。山を崩してとかそういうところではなくて、空き地のところに建てる予定でございます。

 それと、前から當眞議員が言われていますけれども、現在4地区のクリーンセンターがございまして、平成22年度に宜野座クリーンセンターにこの施設を設置しました。予定としましては、4地区に設置する予定でございまして、その設計が平成21年度に全部終わっておりまして、全部コンポスト化ということで設計も全部終わっております。それで、これのコンポストの堆肥ですけれども、分析しないとどのぐらいの重金属が入っているかということはまだわかりませんけれども、今回、これを分析しまして、肥料も登録しまして、できればこれを、宜野座村は有機の里を推進している中で、野菜とかそういうものには使えないと思いますけれども、プランターとか花園関係の中に使用できればと思っております。

 それと、當眞議員から前からあります液肥ということで、綾町とかのところを見たほうがいいのではないかということで、パソコン等でいろいろ調べました。どうしてもこの中にそういうのが出てこないものですから、直接電話しました。そうしたらやはり當眞議員が言うように、上のほうは液肥として使っていまして、下のものについては堆肥に使っているということで、電話でそう言っていました。そういうことで、できればそういうのも私たちも視察しに行ったほうがいいのではないかということで思っているところでございます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 前段のほうは了として、今堆肥に使っているというんだけれども、畑に使っているんですか、お答え願います。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 再度お答えします。

 その使い道、それまでは聞かなかったんですけれども、とにかく堆肥センターという施設がありまして、そこで堆肥をつくっているということで聞いております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 実はこの重金属というのは、一度の散布量ではそんなに問題にならないけれども、ずっとずっと蓄積されるとおかしくなっていくんです。今、村長が掲げております有機の里というのは、この流れとは全く逆行するような状態だから、私はこれを聞いているんです。私の聞いた範囲では、そこについては産廃に出していますと言っていました。私はこの担当の責任者に聞いたつもりでいますけれども、そういう話をしていたんです。そこで、これを出す場合に、畑にも大いに還元ですよという話は、村がやっていいのかといつも思うんです。むしろそれをやるんだったら、ずっと村としては散布した場所の継続的な、綾町がやっているような土壌の調査というのをやらないといけないんですけれども、その辺の体制は十分できているんですか。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 再度お答えいたします。

 先ほど言いましたけれども、これはやはり調査して登録しないといけないものですから、その辺、もし畑とかに使われた場合は、その土壌調査等が出てくると思いますので、その辺をまた検討していきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) この件は、将来にわたって相当大きな問題になると私はそう思っているから聞いていますので、そこを一応念頭に置いて、今後の対策を十分検討していただきたいと思います。

 以上を申し上げて終わります。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (10時36分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (10時40分)

 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 再度お答えいたします。

 支店の住所なんですけれども、宜野座村字宜野座709番地となっております。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はありませんか。

 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) 議案と関連しましてですが、建屋もつくるという説明を受けましたが、すみません、先ほど報告がありましたが、面積と請負業者とこの請負金額を教えていただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 安富議員にお答えいたします。

 面積がRC造の2階建ての76.48平方メートル、坪にしまして約23坪でございます。入札は10社指名しまして、1回で落札しておりまして、金額が1,270万円、これは消費税抜きでございます。有限会社丸安建設でございます。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第44号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第44号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第44号 松田地区処理場資源循環施設整備工事の請負契約についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第44号は、原案のとおり可決されました。



△日程第4.決議第4号 議員派遣についてを議題とします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃決議第4号                                         ┃
┃                                              ┃
┃                   議員派遣について                   ┃
┃                                              ┃
┃ 地方自治法第100条第12項及び宜野座村議会会議規則第121条の規定に基づいて、下記のとおり決定す┃
┃る。                                            ┃
┃                                              ┃
┃                             平成23年10月7日         ┃
┃                             宜野座村議会議長 多嘉山 朝 安 ┃
┃                                              ┃
┃ 次の通り議員を派遣する。                                 ┃
┃                                              ┃
┃                       記                      ┃
┃                                              ┃
┃1、議会活性化に関する調査研修                               ┃
┃(1)目  的  議会の活性化への取り組みに関する調査研修を行う              ┃
┃(2)派遣場所  宮城県蔵王町、山形県庄内町                        ┃
┃(3)期  日  平成23年10月26日〜29日                          ┃
┃(4)派遣議員  議長を含む全議員(12人)                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 お諮りします。

 本件については、お配りした決議のとおり派遣することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって決議第4号 議員派遣については、原案のとおり可決されました。

 会議規則第45条の規定により、平成23年第8回宜野座村議会臨時会において議決された事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに決定しました。

 これで本日の日程は、全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成23年第8回宜野座村議会臨時会を閉会します。(10時44分)



 以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。



       宜野座村議会



        議  長  多嘉山 朝 安



        署名議員  安 富   繁



        署名議員  當 眞 嗣 則