議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成23年第7回定例会 09月15日−03号




平成23年第7回定例会 − 09月15日−03号







平成23年第7回定例会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃              平成23年第7回宜野座村議会定例会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 23 年 9 月 13 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 散 の 日 時 │開 議│  平成23年9月15日 午前10時05分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │散 会│  平成23年9月15日 午後3時49分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  石 川 幹 也  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  安 富   繁  │ ○ │ 10 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃出 席   11 名 │ 3 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 11 │  島 袋   榮  │ △ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃欠 席   1 名 │ 5 │  伊 芸 朝 健  │ ○ │ 12 │  仲 本   彰  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃  凡   例   │ 6 │  當 眞   淳  │ ○ │ 13 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │   │          │   ┃
┃×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │   │          │   ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 12 │   仲 本   彰     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 1 │   石 川 幹 也     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事務局長代理 │  山 内 慶 一                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │課 長 補 佐│  島 田 忠 治                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │産業振興課長 │  山 城   智  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │副  村  長│  仲宗根   勲  │建 設 課 長│  仲 間 正 哲  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │上下水道課長 │  山 城 次 雄  ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  新 里 民 夫  │学校教育課長 │  平 田 嗣 義  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃により説明のため  │総 務 課 長│  島 田 忠 博  │社会教育課長 │  照 屋 忠 利  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │企 画 課 長│  仲 程   正  │       │          ┃
┃出席した者の職氏名 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │村民生活課長 │  金 武   司  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │健康福祉課長 │  末 石 森 春  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃          │事 務 局 長│          │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃会 議 の 経 過 │別 紙 の と お り                          ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





        平成23年第7回宜野座村議会定例会議事日程(第3号)

                                         平成23年9月15日
                                         開 議 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │議案第36号   │平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第2号)について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │同意第3号   │固定資産評価審査委員会委員の選任について             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  3  │同意第4号   │固定資産評価審査委員会委員の選任について             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  4  │同意第5号   │固定資産評価審査委員会委員の選任について             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  5  │報告第3号   │平成22年度沖縄県町村土地開発公社事業報告及び決算報告について   ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (報告・質疑)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  6  │報告第4号   │株式会社てんぷす宜野座振興公社の経営状況の報告について      ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (報告・質疑)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  7  │報告第5号   │平成22年度決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率の報告について ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (報告・質疑)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  8  │認定第1号   │平成22年度宜野座村一般会計歳入歳出決算認定について        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  9  │認定第2号   │平成22年度宜野座村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  10  │認定第3号   │平成22年度宜野座村老人保健特別会計歳入歳出決算認定について    ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  11  │認定第4号   │平成22年度宜野座村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  12  │認定第5号   │平成22年度宜野座村水道事業会計決算認定について          ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (一括上程・説明・質疑・委員会付託)        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  13  │        │諸般の報告                            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) これから本日の会議を開きます。(10時05分)



△日程第1.議案第36号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第2号)についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第36号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。

 本案件は、歳入歳出予算総額64億6,649万8,000円に歳入歳出それぞれ4億4,242万1,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ69億891万9,000円とする案件でございます。

 歳入の補正は、普通交付税2億3,000万円、戦略作物生産拡大関連基盤緊急整備事業で6,560万円、前年度繰越金7,541万4,000円をそれぞれ追加するものが主であります。

 一方、歳出の補正は、財政調整基金積立金1億5,781万2,000円、戦略作物生産拡大関連基盤緊急整備事業8,300万円の追加が主なものであります。

 なお、台風9号の被害による災害復旧費についても計上しております。

 補正の内容と詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第36号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第2号)につきまして御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第36号                                          ┃
┃                                               ┃
┃            平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第2号)             ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年度宜野座村の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。         ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算の補正)                                   ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額6,466,498千円に歳入歳出それぞれ442,421千円を追加し、歳入歳出予算の総┃
┃ 額を歳入歳出それぞれ6,908,919千円とする。                          ┃
┃2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の金額は、「第1表 歳入歳┃
┃ 出予算補正」による。                                    ┃
┃                                               ┃
┃ (地方債)                                         ┃
┃第2条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債 ┃
┃ の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債の補正」による。               ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃11 地 方 交 付 税  │             │  1,100,000│  230,000│  1,330,000┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 地 方 交 付 税  │  1,100,000│  230,000│  1,330,000┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃15 国 庫 支 出 金  │             │   728,444│  155,152│   883,596┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 国 庫 補 助 金  │   429,834│  127,552│   557,386┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │3 委    託    金│   47,161│  27,600│   74,761┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃16 県  支  出  金 │             │   880,246│ △34,405│   845,841┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 県  負  担  金 │   110,368│    128│   110,496┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 県  補  助  金 │   762,142│ △34,533│   727,609┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃20 繰    越    金│             │      1│  75,414│   75,415┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 繰    越    金│      1│  75,414│   75,415┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃21 諸    収    入│             │   146,569│    177│   146,746┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │4 雑         入│   145,809│    177│   145,986┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃22 村         債│             │   338,526│  16,083│   354,609┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 村         債│   338,526│  16,083│   354,609┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃       歳   入   合   計       │  6,466,498│  442,421│  6,908,919┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃2 総    務    費│             │  1,761,473│   5,726│  1,767,199┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 総 務 管 理 費  │  1,641,462│   5,726│  1,647,188┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃3 民    生    費│             │   955,456│   2,571│   958,027┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 社 会 福 祉 費  │   417,036│    365│   417,401┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 児 童 福 祉 費  │   538,418│   2,206│   540,624┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃4 衛    生    費│             │   406,750│   2,300│   409,050┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 清    掃    費│   103,383│   2,300│   105,683┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃6 農 林 水 産 業 費│             │  1,255,684│  104,475│  1,360,159┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 農    業    費│   961,833│  99,255│  1,061,088┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │3 水  産  業  費 │   285,183│   5,220│   290,403┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃8 土    木    費│             │   488,033│  49,900│   537,933┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 道 路 橋 り ょ う 費 │   417,710│  34,900│   452,610┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │5 住    宅    費│   17,287│  15,000│   32,287┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃9 消    防    費│             │   127,247│    719│   127,966┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 消    防    費│   127,247│    719│   127,966┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃10 教    育    費│             │   991,550│   8,908│  1,000,458┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 教 育 総 務 費  │   109,732│    825│   110,557┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 小  学  校  費 │   457,179│   1,049│   458,228┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │3 中  学  校  費 │   72,273│    271│   72,544┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │5 社 会 教 育 費  │   172,785│   3,989│   176,774┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │6 保 健 体 育 費  │   147,940│   2,774│   150,714┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃11 災 害 復 旧 費  │             │    7,000│  50,010│   57,010┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 農 林 水 産 施 設│    7,000│  50,010│   57,010┃
┃             │  災 害 復 旧 費  │      │     │      ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃13 諸  支  出  金 │             │   58,350│  217,812│   276,162┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 基    金    費│   58,348│  217,812│   276,160┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃       歳   出   合   計       │  6,466,498│  442,421│  6,908,919┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


                   第2表  地 方 債 の 補 正
1 変更                                              (単位:千円)
┏━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃       │         補 正 前         │         補 正 後         ┃
┃ 起債の目的 ├────┬─────┬─────┬──────┼────┬─────┬─────┬──────┨
┃       │ 限度額 │起債の方法│ 利 率 │ 償還の方法 │ 限度額 │起債の方法│ 利 率 │ 償還の方法 ┃
┠───────┼────┼─────┼─────┼──────┼────┼─────┼─────┼──────┨
┃臨時財政対策債│ 130,000│証書借入又│5%以内 │政府資金につ│ 146,083│証書借入又│5%以内 │政府資金につ┃
┃       │    │は証券発行│(ただし、│いては、その│    │は証券発行│(ただし、│いては、その┃
┃       │    │     │利率見直し│融資条件によ│    │     │利率見直し│融資条件によ┃
┃       │    │     │方式で借り│り、銀行その│    │     │方式で借り│り、銀行その┃
┃       │    │     │入れる政府│他の場合には│    │     │入れる政府│他の場合には┃
┃       │    │     │資金及び公│その債権者と│    │     │資金及び公│その債権者と┃
┃       │    │     │営企業金融│協定するとこ│    │     │営企業金融│協定するとこ┃
┃       │    │     │公庫資金に│ろによる。た│    │     │公庫資金に│ろによる。た┃
┃       │    │     │ついて、利│だし、村財政│    │     │ついて、利│だし、村財政┃
┃       │    │     │率見直しを│の都合により│    │     │率見直しを│の都合により┃
┃       │    │     │行った後に│措置期間及び│    │     │行った後に│措置期間及び┃
┃       │    │     │おいては当│償還期限を短│    │     │おいては当│償還期限を短┃
┃       │    │     │該見直し後│縮し、又は繰│    │     │該見直し後│縮し、又は繰┃
┃       │    │     │の利率) │上償還もしく│    │     │の利率) │上償還もしく┃
┃       │    │     │     │は低利債に借│    │     │     │は低利債に借┃
┃       │    │     │     │換することが│    │     │     │換することが┃
┃       │    │     │     │できる。  │    │     │     │できる。  ┃
┠───────┼────┼─────┼─────┼──────┼────┼─────┼─────┼──────┨
┃  合  計  │ 130,000│     │     │      │ 146,083│     │     │      ┃
┗━━━━━━━┷━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┷━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


 3ページ、4ページからお願いしたいと思います。第2表 地方債の補正でございます。当初、臨時財政対策債ということで補正前の額を1億3,000万円計上してございました。今回補正をいたしまして、1億4,608万3,000円、1,608万3,000円の増であります。なお、起債の方法、利率、償還の方法等について変更はございません。

 次、7ページ、8ページをお願いしたいと思います。歳入でございます。11款 地方交付税、1項 地方交付税、1目 地方交付税、補正額が2億3,000万円ちょうど。この額につきましては普通交付税の分でございまして、増の要因につきましては人口の増とか、法人税等の減の補てん、それに伴う増となっております。

 それから15款 国庫支出金、2項 国庫補助金、4目 農林水産費国庫補助金、補正額が1億2,755万2,000円、1節 農林水産業費補助金でございますが、(1)強い農業づくり交付金事業、これにつきましては減額となっておりますが、これはハーベスターの補助でございまして、農協の持ち分ということで、直接農協のほうに行くということで、減額してございます。それから(2)戦略作物生産拡大関連基盤緊急整備事業、それから(3)農林水産施設災害復旧費補助金、それぞれ10分の8の補助で計上してございます。それから3項 委託金、6目 農林水産業費委託金、補正額が2,760万円、これにつきましては緑の分権改革調査事業委託金ということで、10分の10の補助でございますが、歳出のほうで細かく説明したいと思っております。

 16款 県支出金、1項 県負担金、5目 県事務移譲交付金、これにつきましては県事務の移譲交付金がございまして、パスポートがございますが、これの移譲分でございます。それから2項 県補助金、2目 民生費県補助金10万8,000円、これにつきましては、安心子ども基金事業補助金の追加分でございます。4目 農林水産業費県補助金3,464万1,000円の補正減となっております。これにつきましては、1節 農業費補助金のところで(1)農地利用集積事業818万円の減がございますが、これは国の事業仕分け等によりまして廃止となったということで減となっております。(2)キク再生産緊急支援事業91万6,000円の金額でございますが、東日本大震災に伴う菊農家支援分ということでございます。4節 農業施設費補助金2,737万7,000円の減、これにつきましては、(1)戦略作物生産拡大関連基盤緊急整備事業につきましては減となっておりますが、これは国庫金へ歳入がえということで、県費のほうから国へ歳入がえということでございます。次、(2)農業集落排水事業(宜野座地区)補助金、追加分でございます。2,231万3,000円。それから(3)沖縄県さとうきび安定生産確立対策事業、これはハーベスターの県分の増ということでございます。

 次のページお願いいたします。20款 繰越金、1項 繰越金、1目 繰越金、補正額が7,541万4,000円、前年度分の繰越金でございます。

 21款 諸収入、4項 雑入、5目 雑入17万7,000円、先ほど歳入でございました安心子ども基金事業補助金の返還金、精算分でございます。

 それから22款 村債、1項 村債、1目 総務債、補正額が1,608万3,000円、これは臨時財政対策債で計上してございます。

 次は歳出でございます。11ページ、12ページです。2款 総務費、1項 総務管理費、1目 一般管理費、補正額が199万8,000円、ここにつきましては4節 共済費、それから14節 使用料及び賃借料。共済費につきましては、雇用保険の保険料の率が変更になりまして、その増の分でございます。1000分の7から1000分の9.5へ増額となっております。使用料のほうですが、これはシステム使用料ということで、現在住民税、固定資産税、国保、軽自動車税、それから保育料の収納システムをコンビニでもできるように、平成24年4月1日の運用に向けて構築したいということでございます。4目 会計管理費61万1,000円、これも一般共済組合負担金、人事異動に伴う増になっております。5目 財産管理費11万7,000円、これは有料ごみの袋代ということでございます。7目 交通安全対策費300万円、これは15節 工事請負費でございまして、カーブミラーの設置工事費でございます。今回、台風9号の関連がございまして、20カ所分の補修、取りかえ、修繕を見込んでおります。次のページお願いいたします。13ページ、14ページです。3項 戸籍住民基本台帳費、1目 戸籍住民基本台帳費、これにつきましては、財源内訳の変更のみでございます。

 次、3款 民生費、1項 社会福祉費、1目 社会福祉総務費20万円、20節 扶助費でございますが、災害見舞金給付費ということで4件分計上してございます。6目 介護保険費、補正額が16万5,000円、嘱託職員の分の旅費ということでございます。次の15ページ、16ページお願いいたします。同じく2項 児童福祉費、1目 児童福祉総務費、補正額が220万6,000円、これにつきましては11節 需用費の73万1,000円、それから15節 工事請負費68万5,000円、18節 備品購入費79万円。需用費につきましては、施設の修繕費、これも台風9号関連でございますが、壊れた遊具の撤去、それからフェンスの金具の修繕等がございます。天井の高窓等もございます。それから工事請負費でございますが、厨房の空調機、これにつきましても設置工事費が計上されております。備品購入費につきましては、ピアノ1台、これにつきましては老巧化に伴うピアノがあるということで、1台分を計上してございます。

 次、4款 衛生費、2項 清掃費、2目 塵芥処理費、補正額が230万円、12節 役務費、13節 委託料。役務費につきましては手数料なんですが、福山粗大ごみ処理場の手数料を見込んでおります。それから委託料につきましては、金武地区一般廃棄物処理施設建設敷地測量設計委託料、これは今回、候補地として宜野座地区に基本設計、基本測量をかけようということで180万円計上してございます。

 次のページお願いいたします。6款 農林水産業費、1項 農業費、2目 農業総務費、これにつきましては30万円の減でございますが、県の事業の廃止に伴った減ということでございます。3目 農業振興費950万7,000円の補正減がございます。これにつきましては8節 報償費183万円、これは18ページにもございます。農地利用集積事業、その分が60万円の減。それから20ページにも出てきます緑の分権改革推進調査事業、これにつきましては、8節 報償費として243万円、その差額分でございます。9節 旅費65万1,000円、これにつきましても18ページにございます有機の里宜野座確立推進事業の分と20ページにございます緑の分権改革推進調査事業の分が入っております。それから11節 需用費77万4,000円、これも18ページのほうの有機の里宜野座確立推進事業の分が減となっております。それから農地利用集積事業の分も減です。それから20ページのほうにも出てきます緑の分権改革推進調査事業の分。次、12節 役務費80万円でございます。これにつきましては、20ページの緑の分権改革推進調査事業のほうで80万円出てきます。次、13節 委託料でございます。これが2,241万4,000円ございます。これにつきましては、18ページの有機の里宜野座確立推進事業の分の減、それから20ページのところで緑の分権改革推進調査事業費ということで2,275万円、この内訳は、下のほうのCSA(地域支援型農業)関連Webサイト構築委託料、就農体験、公開講座参加者意識調査委託料、CSA(地域支援型農業)等の事業収益化に関する基礎調査委託料、そういった委託料が計上されております。先ほど歳入で説明した事業でございます。次、14節 使用料、これは20ページのほう、この25万円につきましても緑の分権改革推進調査事業に伴う一番下のほうの分でございます。農業機械リース、それから施設使用料、その分でございます。15節 工事請負費540万円、これは18ページのほうに出てきます農地利用集積事業の減に伴う分でございます。16節 原材料費140万円、これにつきましても、一番上のほうの農業振興事業140万円が出てきます。これは未来ぎのざのテナント前の軒の件がございまして、今回この資材分のみの計上ということでございます。材木と取りつけ器具等の資材分ということで計上してございます。それから19節 負担金、補助及び交付金3,222万6,000円、これにつきましては農業振興事業、その分でございます。次のページお願いいたします。次のページは今説明した内容でございますので割愛いたします。次、21、22ページをお願いいたします。同じく5目 農地費でございます。補正額が8,356万円。11節 需用費として4,906万円。これは農地事業、それから戦略作物生産拡大関連基盤緊急整備事業ということで4,906万円計上してございます。13節 委託料1,000万円、これは戦略作物生産拡大関連基盤緊急整備事業の分でございます。14節 使用料及び賃借料750万円、これにつきましても戦略作物生産拡大関連基盤緊急整備事業でございます。15節 工事請負費1,768万2,000円、これにつきましても戦略作物生産拡大関連基盤緊急整備事業でございます。16節 原材料費50万円、これにつきましては、組み替え等で対応してございます。それから17節 公有財産購入費、これにつきましても組み替えで行っております。次は22節 補償、補填及び賠償金でございますが、これにつきましては5万9,000円を減にしてございます。

 次、23、24ページお願いいたします。1項 農業費の6目 下水道費でございます。補正額が2,550万2,000円、これにつきましては、1節 報酬と7節 賃金につきましては組み替えでございます。それから13節 委託料350万円、農業集落排水資源循環統合補助事業(宜野座地区)の現場技術委託料、それから15節 工事請負費として、資源循環施設工事2,200万円計上してございます。おのおの宜野座地区でございます。次、6款 農林水産業費、3項 水産業費、1目 水産業総務費22万円、沖縄県漁港協会負担金の分でございます。それから2目 水産業振興費500万円、これは15節 工事請負費でございますが、500万円。ビーチコーラル等の運搬に伴う分でございます。

 次、25、26ページです。8款 土木費、2項道路橋りょう費、2目 道路維持費540万円の補正でございます。これは村道維持工事費でございますが、台風9号に伴う災害復旧工事、路線が5路線ございまして、この5路線分でございます。3目 道路新設改良費2,950万円の補正、これにつきましては村道中原線道路改良事業の委託料と潟原道進入路・橋梁長寿命化事業、この分については組み替えでございます。それから15節 工事請負費1,500万円。それから惣慶待口4号線道路新設改良事業の設計委託料250万円。それから漢那ダム下流線道路新設改良事業ですが、これは漢那ダム下流の右岸側、上から見て右岸ということになります。1,200万円の測量設計委託料でございます。次、8款 土木費、5項 住宅費、1目 住宅管理費、補正額1,500万円、これは11節 需用費に1,000万円、15節 工事請負費に500万円、おのおの台風9号関連でございますが、その中でも公営住宅の退去の方がおりまして、そういった退去時に伴う修繕費等も入っております。その修繕費1,000万円の中に入っております。

 それから9款 消防費、1項 消防費、1目 常備消防費71万9,000円の補正、これにつきましては、金武地区消防衛生組合の負担分でございまして、金武町、恩納村、宜野座村、おのおのの負担分ということで計上してございます。

 次、29、30ページでございます。10款 教育費、1項 教育総務費、2目 事務局費82万5,000円の補正、これにつきましてはごみの有料化の分の59万1,000円。それから18節 備品購入費がございます。これは松田小学校の旧校舎なんですが、クーラーが壊れているということも関連しまして、大型扇風機10台の分でございます。それから下の村営学習塾の分でございますが、AEDが入っていないということで、この分の使用料7カ月分を見込んでおります。それから備品購入費としてCDラジカセ、それから液晶テレビ、ラジカセは5台、テレビは1台ということで計上してございます。次、2項 小学校費、1目 学校管理費、補正額100万円、これも台風2号、9号等の関連もございますが、三小学校工事請負費として計上してございます。三小学校分でございます。それから2目 教育振興費4万9,000円の補正。これにつきましては嘱託職員の旅費の分でございます。次、31、32ページでございます。3項 中学校費、2目 教育振興費、補正額27万1,000円、これにつきましても嘱託職員の旅費の分でございます。次、5項 社会教育費、1目 社会教育総務費235万2,000円の補正。有料ごみ袋の分と、それから県外派遣補助金がございます。219万円の19節 負担金、補助及び交付金でございます。これにつきましては、中体連宮古島大会等がございました。それに伴う、約7種目ございますが、その増額の分でございます。3目 文化財保護費、これにつきましては組み替えでございます。5目 国際交流費7万1,000円、これにつきましては国際交流センターがございますが、そこに係がおりまして、チェンソーがないということで、チェンソーを購入して整備したいということでございます。6目 宜野座村文化センター費156万6,000円、これにつきましては文化センターの台風被害の分でございます。例えば文化センターのクーラーの冷却塔の取りかえ、図書館棟の室外機の修繕、同じく図書館棟R階、屋上の門扉の修繕、それから外壁パイプ等の取りかえということで計上してございます。次のページお願いします。33、34ページでございます。6項 保健体育費、2目 体育施設費177万3,000円の補正でございます。これは総合体育館になると思いますが、照明機器の取りかえが一式、それから体育館のほうの搬入口がございますが、アルミ一式の大きい扉があるんですが、そこも台風でやられまして、その分の修繕費でございます。それから宜野座ドームのシャッターの修繕も計上してございます。ピッチング練習場の近くのシャッターだと聞いております。次、3目 学校給食費、補正額100万1,000円、これは給食センター内の厨房用品関係の消耗品でございます。それから修繕費として車検整備がございますが、これは給食配膳車でございます。それから給食センター内の保管庫等の備品の修繕費でございます。

 次、最後の35、36ページでございます。11款 災害復旧費、1項 農林水産施設災害復旧費でございますが、補正額5,001万円、これにつきましては台風9号関連でございまして、農地災害等復旧事業設計委託料、それから工事請負費負担金、おのおの計上してございます。この内容につきましては、農用地ののり面崩壊がございまして、これは7カ所分ございます。その分の費用でございます。確定につきましては災害査定がございますので、その後決定いたします。

 13款 諸支出金、2項 基金費、1目 財政調整基金積立金、今回1億5,781万2,000円を積み立ていたします。それから2目 減債基金積立金6,000万円を積み立てする予定でございます。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 石川幹也議員。



◆1番(石川幹也) おはようございます。3点ほどお聞きしたい点があります。まず一つに、26ページの15節 工事請負費でしょうか、漢那浜原中毛1号線道路新設改良事業、その場所と漢那ダム下流線道路新設改良事業、委託料とありますが、その場所と、もう一つ、去る6月に漢那区の行政委員会の中で区長が、漢那タラソ沖縄周辺活性化事業で立ち退きされる方の移設先を区画整理するということで、9月補正でやるということがありましたけれども、その予算というのはどちらから出るのかお教えください。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 石川幹也議員にお答えいたします。

 漢那浜原中毛1号線道路新設改良工事の場所と漢那ダム下流線道路新設改良事業の委託業務の場所でしたね。その場所については、先ほど議員からもお話があったように、漢那タラソ沖縄周辺活性化事業、漢那区から要請があった箇所です。そのものについて設計等がみんな漢那区で完了したということで、村と漢那区の推進事業をやっている関係上、工事については村のほうでやりましょうということで、新設改良工事の1,500万円というのがそのための道路工事になります。

 それと次、漢那ダム下流線道路新設改良工事ですが、これは長年漢那区から要請があって、漢那ダムの右岸側、漢那の方であればすぐわかると思うんですが、その右岸側の道路について漢那区から要請がありました。そのものについては、測量設計して完成した場合にそのつぶれ地を漢那区が買うと。買って、それを道路に提供するということで漢那区長が見えていました。ではその測量については村のほうでやりましょうということで、今回設計委託業務として1,200万円の予算を組んであるということです。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 石川幹也議員。



◆1番(石川幹也) よくわかりました。ありがとうございました。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 説明ではわからないところを質疑したいと思います。

 17、18ページの6款 農林水産業費、1項 農業費、3目 農業振興費の中の有機の里宜野座確立推進事業の中の特別旅費、台湾のほうに旅費が組まれておりますけれども、どういった方が行くのか。それとあと、内容について教えていただきたいと思います。

 それから19、20ページについて、緑の分権改革推進調査事業とありますけれども、これについてはどういうことをやるのか。自分なりにいろいろネットで調べたりしたんですけれども、本村としてどういう形でやっていくのかというところが見えませんので、これの内容の説明をお願いします。

 それから23、24ページの6款 農林水産業費、1項 農業費、6目 下水道費の中の15節 工事請負費がありますが、それの資源循環施設工事の内容、2,200万円、これをお願いします。

 それからその下になりますけれども、3項 水産業費、2目 水産業振興費の中の15節 工事請負費でビーチコーラルの運搬ということでお話がありましたけれども、どういった内容の工事なのか聞き逃しましたのでお願いします。

 以上の点、よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 まず1点目でございますが、有機の里宜野座村確立推進事業の中の特別旅費、台湾研修なんですが、現在のところ有機の里委員の4名とJAおきなわから1人を予定しております。目的といたしましては、熱帯果樹の研究調査ということでございます。

 続いて20ページの緑の分権改革推進調査事業についてなんですけれども、このほうは総務省が管轄する委託調査事業でございまして、補助率が100%。目的といたしましては、地域にある自然環境、再生エネルギーなど、地域資源を活用して村民やNPO法人と共同でつくり上げまして、地域活性化、絆の再生を図ることにより、地域からの人材、そして資金が流出する中央集権型の社会構造を分散、そして自立、地産地消、低炭素型に転換し、地域の持久力と創造力を高める地域主権型の社会を構築しようというものでございます。そして一方では、今村では有機の里宣言をしておりますので、その有機の里の事業をバックアップするためにも、その一環としてその事業を進めていきたいと考えております。内容といたしましては大きなものとして5つございまして、宜野座エコヴィレッジ構想協議会の開催、そしてクラインガルテン、これは滞在型市民農園ということなんですけれども、その開設、そして体験型交流、情報通信技術を活用した地域支援の農業の導入、そして新規戦略作物の栽培、加工、販売方法の開発、5番目に食と農に関する公開講座の開催などを内容としております。

 続きまして24ページの工事請負費のビーチコーラルの件でございますけれども、主な事業費としては、現在漢那漁港のほうで工事を行っていますけれども、そこに埋め土材として安田漁港から今運んでいるんですが、ビーチコーラルです。そのほうなんですが、安田漁港のほうに県の事業でストックしてありますビーチコーラルを村が単独で運ぶ、ストックするというものです。このビーチコーラルは良質なものでありまして、いろいろ村で事業をしております中で路盤材とかそういったものに使えるいい材料ということですので、これをこの機会に今運んでいる台船を利用して格安でできるということで今回計上してあります。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) それでは當眞 淳議員にお答えいたします。

 23、24ページです。下水道費の中の農業集落排水資源循環統合補助事業(宜野座地区)でございますけれども、これは今、クリーンセンターが各4地区ありまして、これを全部合わせて宜野座地区となっておりまして、今回、松田地区のほうにコンポスト、それと建築の増築分を今現在発注しておりまして、今回この2,200万円というのは太陽光のものを追加して発注するという工事の2,200万円でございます。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 17、18ページの有機の里宜野座確立推進事業の件については、台湾のほうの研修、熱帯果樹ということなんですけれども、教えていただきたいんですけれども、やはり台湾のほうでもそういった有機的な熱帯果樹の栽培とかということが進んでいて、それを研修しに行こうという目的ということで理解してよろしいんでしょうか。有機の里の事業の研修ですので、そういうことと理解していいのかどうか、確認をお願いします。

 それから19、20ページの緑の分権改革推進調査事業ですけれども、内容を聞いてみますと、これができたらすばらしいというようなネットのものもありますし、その他いろいろありましたけれども、かなり多岐にわたっているような感じがするんですけれども、簡単に1年でこれが定着するかというと、そういうことはないと思うんです。そういう意味で、これは単年度の事業なのか。継続して何年か、複数年にわたって補助を受けられるような内容なのか、そのあたりについて教えていただきたいと思います。

 それから下水道の件についてはわかりました。

 23、24ページの件ですが、安田漁港のほうから県がストックしているビーチコーラルを運ぶということですが、補助事業に関するものの資材を運ぶということではなくて、良質なものだから、今

台船があるのでそれをうまく活用して、また別でいろいろ使えるので運んでおこうというような考え方と理解してよろしいですか。その点、確認させてください。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 続けて當眞 淳議員にお答えいたします。

 まず1点目の有機の里宜野座確立推進事業の研修の件なんですが、有機栽培の果樹の研修を目的としております。それと種類、こちらで導入する栽培可能な果樹の選定等を含めまして研修したいということでございます。

 そして緑の分権改革推進調査事業のことですけれども、もちろん今回に関しましては主に調査設計とか、モデル事業を展開するものでございまして、当然この年度で終わるというものでもなくて、これに関連いたしまして、例えば滞在型市民農園の開設、運営等は今年モデル的に開催するんですが、これをまた別のメニューにかえて、実践していく場合は別にメニューを探して事業に乗っかっていこうというものでございます。その他の事業に関しても次年度以降、それぞれの事業メニューとかを継続して進めていこうと考えております。

 ビーチコーラルの件ですけれども、良質ということで単費で計上してあります。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 大体わかりました。有機の里宜野座確立推進事業の件については理解しましたので、了とします。

 19、20ページの緑の分権改革推進調査事業のものを見てみると、次年度とか、また別のメニューでやっていくというような内容でしたけれども、この調査事業のほとんどが委託料で計上されているものですから、計画倒れにならないように慎重にやっていただきたいと思います。これからいろいろ展開していくとは思うんですけれども、身につくような事業となっていくように努力していただきたいと思います。以上で終わります。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 當眞 淳議員、それから石川議員から質疑がありましたので、残りの件と、それから補足して、その考え方をお聞きしたいと思います。

 まず一つは18ページ、農業振興事業の農家支援事業800万円、それからキク再生産緊急対策支援事業補助金183万2,000円というのが出ているんですけれども、その算出の根拠と、どういうものに補助するのかということをまずお聞きしたいと思います。

 それから20ページの緑の分権改革推進調査事業の中で、市民農園とかそういうものについて取り組んでいきたいということですけれども、これは具体的にその戦略としてどのようなことを考えておられるのか。村では今、補助事業で入れた施設が競売にかかったり、また土地も含めてそういうものがあるんですけれども、村は意識的にそういう土地、施設を買い取って将来やる気があるのか。将来ではなくて次年度以降、実施の段階で。その辺をどう考えているのか、この2点についてお伺いしたいと思います。お願いします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 まず1点目に、18ページのキク再生産緊急対策支援事業補助金ということなんですが、このほうは去る東日本大震災の影響を受けまして、沖縄県の菊農家が彼岸とかち合って、そのときに全体の30%を出荷する時期にほとんど風評被害等がありまして、そして価格の暴落等もありまして、膨大な損失をこうむったということで、沖縄県農業災害対策特別事業ということで菊農家に支援しようという事業でございまして、2分の1を県が持って、村が2分の1の支援をしようというものでございます。これは歳入のほうにもありましたけれども、2分の1の支援でございます。

 続きまして農家支援事業、これは台風2号、台風9号の被害に関するものですけれども、今回の台風2号、9号に関しては、近年にはない大きな被害をこうむったということで、村といたしましても何らかの支援ができないかということで、今回こちらに計上してありますのは農家の農薬、堆肥、そして被覆資材等の資材購入費を補助しようというものでございます。

 次に緑の分権改革推進調査事業の中の市民農園に関するものなんですが、これは今回モデル事業でやっていこうということなんですが、今現在、私たちが考えているのは遊休地等、そして村有地等、可能な農地をそういう市民農園の中にまずはモデル的に設定いたしまして、将来その遊休地等を活用できるようにしていきたいということでございます。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 先ほどのキク再生産緊急支援事業とか農家支援事業の補助金の算出根拠というんですか、例えばキク再生産緊急支援事業補助金については、どれぐらいの額の被害に対して何パーセントという格好で出しているのか。この算出根拠をまず教えてほしいということ。

 それから次の台風被害なんですけれども、ここに何で堆肥とか農薬とかが入ってくるのかと私は大変疑問に思うんですけれども、それよりも台風被害で一番ポイントになっているのは施設の崩壊だと思うんです。そういうもの等も含めて検討するのが筋だと思うんですけれども、被覆資材だけが対象になっていると。一番基礎になる骨組みについて、今回、相当荒れているんだけれども、そこら辺は全然対象にならないのかどうか、それをお願いしたいと思います。

 それとあと一つ、先ほどもお話したように、遊休地とか何とかもさることながら、今競売にかかろうとしているものがいっぱいあるわけです。そういうもの等は、考えようによってはすごく立地性に富んだところなので、できるだけそういうところを利用してやっていけないものなのかと思うものですから言っていますので、再度答弁をお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 続きまして、當眞嗣則議員にお答えいたします。

 まず最初に、キク再生産緊急支援事業の根拠なんですけれども、このほうは昨年の11月、12月出荷、そして今年の3月出荷の村内のキク農家の面積を基礎としております。1アール当たり7,700円の単価を掛けて積算したものに、それぞれ県が2分の1、村が2分の1ということで計算してあります。

 次に農家支援事業の件なんですけれども、このほうは私たちとしてもどういう方法があるのか、いろいろ検討してまいりました。確かに施設の被害等も大きいんですけれども、それぞれ個々の農家の被害状況が多岐にわたって、まとめるのに積算根拠づくりにすごく時間がかかるというのと、把握するのに予算の問題もありますけれども、手っ取り早くというんですか、早い時期に支援できるというのはこの方法が一番妥当かなということで、元々昨年の末あたりから収穫のために土づくりからいろんな資材を投入してやってきて、5月に被害、収穫ができなかった。そしてまた追い打ちをかけるように台風9号でさらに被害をこうむったということで、農家全体に早い時期に支援できるのはこの被覆資材等に一律1%を掛けてやったという経緯でございます。

 遊休地の件なんですが、私たちといたしましても競売にかかるようなものがあれば、極力、村で買い取りして、そういったところを活用できればいいかなと思っております。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 先ほどの農家支援事業の800万円のものについていつも思うんですけれども、震災とあわせて今回の台風というのは、一農家で800万円ぐらい損をしている人もいるんですよ。台風2号で屋根をやられてそのままの状態で、また台風9号で、落ちた物が洗って出そうとしたら全部腐ったという話があって、マンゴー農家の被害というのは大変甚大なものがあると私は思っているんです。考え方によっては菊以上の被害ではないかなと。この800万円はさとうきび等も全部対象になっているのか。特に聞きたいことは、さとうきびの共済との兼ね合いもあって、共済でとれる範囲ではあれば、なるべくさとうきび関係というのは共済で処理してほしい。だけどその前に共済の加入率が低いというのがまた問題らしいですね。そこら辺の配慮も含めて、本当はこの使い道というのを再度いろんな角度から検討していただけないかなと思いますけれども、再度お聞きします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 元々その災害につきましては、私たちも日ごろから農業共済に加入するよう推進、あっせんしているところでございまして、村からも一般財源で支援をしているところでございまして、そういったことに備えて農家には共済に加入してほしいということで日ごろから言っておりますので、その辺も含めまして、さとうきび農家には今回は共済の対応が幾らかあると思います。そのあたり、さとうきび農家の支援に対しましてはまた検討してまいりたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) お聞きいたします。

 まず18ページです。先ほどもありましたけれども、キク再生産緊急支援事業補助金、それと農家支援事業(台風2号、9号被害)に関するものですが、これにつきましては、すぐ被害調査を受けて予算計上していただきまして、ありがとうございます。農家の皆さん、大変困っております。そういう悲痛な声が出ております。こういった感じで緊急に対策をしていただきまして、ありがとうございます。

 それから一つ要望があるんですが、これまでも何回かあったと思うんですが、電照菊とかの電照資材、それの盗難があるわけです。そういったものの防止策を考えていただきたいと思います。農家からも要望があります。例えば経費がかかるかもわかりませんけれども、監視カメラとか、いろいろ方策があると思いますが、よろしくお願いしたいと思います。農家も自身でパトロールをやっているんですが、そのすきをねらってやられているということもありますので、ひとつ研究方をお願いしたいと思います。

 次に26ページです。先ほど石川議員からもありましたけれども、漢那浜原中毛1号線道路新設改良工事、これの延長と幅員は幾らあるのか。それと場所は先ほどありましたけれども、具体的には答えておりませんので、それをお願いいたします。

 それから36ページ、農林水産施設災害普及事業、台風でのり面崩壊が結構あったと思うんですが、先ほどの説明では今回7カ所を予定しているということでありました。それが村内の総数なのか、あるいは村内の総数でのり面崩壊が何カ所あったか。そのうちの7カ所なのか、その辺の確認をしたいと思います。

 それから査定されるんですが、査定の時期はいつなのか。それと査定された後、事業着手はいつになるか、その辺をお願いいたします。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 安富 繁議員にお答えします。

 漢那浜原中毛1号線道路については、宜野座冷凍の後ろ側ですよね。これは漢那の行政区から要請があった場所だと私は思いますけれども、道路の幅員としては2.5メートルから3メートルということで考えています。距離については、後で報告させていただきます。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 続きまして、安富 繁議員にお答えいたします。

 農地災害の件なんですけれども、今回調査した結果、村有地内に12カ所ございまして、そのうち7カ所を災害申請しているところでございます。

 査定はいつかということなんですけれども、今回、県内で多くの災害がございまして、予算の関係もありまして、しばらく時間がかかりそうということであります。査定がいつか、事業の開始がいつかということは、今のところまだ把握をしておりません。

 全体では19カ所ののり面崩壊がございました。ただ、この1カ所というのは150メートル以内を1カ所としておりますので、細かい地すべり、崩壊というのはまた数がふえるということになります。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) まず最初に26ページの漢那浜原中毛1号線道路新設改良事業の件ですが、これは2.5メートルから3メートルという幅員になるという話ですが、村道認定はされているんでしょうか。

 それとあと一つ、先ほど29カ所とおっしゃっていましたが、残り7カ所以外、それの片づけというんですか、そういったものは村費でやるというお考えなのか、その辺をお聞かせください。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 安富 繁議員にお答えいたします。

 この道路については村道認定もできません。ですから村道認定をする予定はありません。その物件については先ほども述べたんですが、漢那タラソ沖縄周辺活性化事業の移転ということで要請があり、村もそれを推進する立場から、その進入道路については村のほうで工事しましょうという案件です。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 安富議員にお答えいたします。

 今回、災害申請してありますのは村有地内が適用ということでありますので、村有地内を申請してありますが、その他の民有地につきましては個人有地でございまして、直接支障を来す場所とか、それとまた地主の対応もいろいろございますので、この件に関しましては、どういう対応ができるか検討してまいりたいと思います。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) 確認いたします。

 先ほどの道路の件ですが、これは財源を見ますと補助事業には該当しないわけですね。それを確認したいと思いますが、村単費ということになりますね。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 再度、安富 繁議員にお答えします。

 単費の工事になります。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 1点だけお聞きします。

 14ページの扶助費で、総務課長のお話では災害見舞金4件を支給したということでした。その4件についてお聞きしたいと思います。末石課長、ひとつお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) 仲本 彰議員にお答えいたします。

 台風9号につきましては、被害に遭われた方から被災証明ないし見舞金の請求がまいっておりませんけれども、今後も含めて台風等も考えられますので、発生したときだけに補正するといけませんので、今回、私たちの見舞金の要項の中の2万円から5万円のものを適用して、ある程度の大枠を組んであるということでございます。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 16ページをお願いします。

 こちらの4款 衛生費、2項 清掃費、2目 塵芥処理費、13節 委託料180万円とありますけれども、金武地区一般廃棄物処理施設敷地測量設計委託料が入っておりますけれども、これと関連して城原区の同意を得ているのか。もし設計を今年やるんでしたら、処理施設の建築はいつごろになるのかお聞きしたいと思います。

 それと30ページの10款 教育費、2項 小学校費、2目 教育振興費、15節 工事請負費、その中に100万円ありますけれども、この小学校管理事業費、この工事請負費の内容説明をお願いしたいと思います。

 以上2点、お願いします。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 伊芸朝健議員にお答えいたします。

 これは昨日、城原区から各区に出している依頼文書の回答がまいりまして、この結果が、予定する考えはないということで、大気汚染等の配慮からもう25年間もそういうことをしているのでという回答が来ておりました。それでこの委託料は、村としましても、そういう25年間の城原区の今までの苦労を考えて、区民説明会もやって、その内容が、もう城原区にはつくらないでくれということがありましたので、村としましても何カ所か予定地を挙げて今やっているところなんです。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 5番 伊芸朝健議員にお答えしたいと思います。

 20ページの10款 教育費、2項 小学校費、1目 学校管理費の三小学校工事請負費100万円というにつきましてなんですが、さきの一般質問の中で仲本議員からもございましたけれども、台風2号、台風9号の中で、三小学校、中学校を含めまして倒木があって、その方向で工事費を当初予算で100万円計上してあるんですが、もう使い切ってしまうということで、あと半年、3月までの間、またどういう工事が学校から出てくるのかどうかということも含めて、ぜひそれだけは補正しておきたいということで、今100万円について、何々の工事に使いますよということではなくして、予算として持っておきたいということでございます。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 今、金武課長のほうから、城原区のこれまでの区民説明会においては、ほかの5区に意向を聞いてくれということを新聞紙上でもいろいろ拝見しております。関係区にもきちんと説明されての発言なのか、お願いしたいと思います。

 それと学校教育課長のほうからありました。私がお聞きしたいのは、台風9号の被害を議会としても学校、保育園、公共施設を調査いたしました。その中で宜野座小学校の大変歴史のある貴重な鐘が屋上にありますね。このくさりが大変危険な状況にあります。そこを調査したのかどうかお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 続いて伊芸朝健議員にお答えいたします。

 これは今村が予定している地区が5地区あるわけです。どこに決定するわけでもなく、この地区にお願いして回っていますので、もし決定したときにこの委託料を適用したいということで計上しております。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 5番 伊芸朝健議員にお答えしたいと思います。

 この件については、具体的な調査ということではなくして、去る台風9号のときに屋上に上って、その物は見てはおります。ただ、今は具体的な調査という段階ではなくして、鐘がぶら下がっている状態は確認はしているんですが、屋上に上って、屋上の中でもまた別の箇所がありましたので、その辺の対応をしたところでございます。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) それとこの既存の施設は、城原区から真っ向から反対すると。ほかの区もどこもこれは受け入れしないという場合に、村の一つの考え方としてどういう考え方を持っているのか。この処分場については、最終的にタイムリミットがあるのか。今の施設のごみを燃やした場合のダイオキシンはどの程度なのか。人体に被害を及ぼすぐらいのダイオキシンなのかというのをお聞きしたいと思います。

 それと先ほど学校教育課長からありましたように、いろいろ情報からすると今年は台風の当たり年だと言われております。今15号が発生していますけれども、あと8号から9号ぐらい発生するのではないかという予測なんですけれども、これからすると、先ほどから申し上げている宜野座小学校の鐘、もう100年も越す鐘なので、ぜひともこれを大事にする意味から、早目にくさりの取りかえとかこういう整備を図っていただきたいと思います。なぜそういう心配事を言うかといいますと、惣慶の鐘楼があるんですけれども、やはりくさりが切れて落ちているんです。いつ何が起こるかわからないので、今よく話がある想定外のものがよくあるもので、ぜひ早急に対策を練っていただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 伊芸朝健議員にお答えいたします。

 御案内のとおり新聞にも出ていまして、平成12年に場所については城原地区が適地だということを決定されて、その後、城原区にはずっと説明をしてきた状況でございます。しかし、昨今の情勢の中で、区長からもそれから区民からも反対ということが明らかにされまして、新聞にも載ったような状況でございます。そういう中で一番城原区民が懸念しているのは、やはりこういう施設についてはもっと村民、あるいは金武町も含めますけれども、まずは村民の皆さん全員がもっと真剣に検討する必要があるのではないかと、そういうことも強く区民からも言われた状況がございまして、それでほかの区にはそういう適地はないか、あるいはまた受け入れる体制はないかということをまずお伺いしようということで、今聞いているところでございます。さらに村においても、やはり適地はないかということで、村独自でも場所を五、六カ所調査しているところでございまして、さらにこの費用につきましては、その場所が同意も得られる状況でしたら、どれくらいの造成費がかかっていくのかという概算的なものを調査するために必要だと見ています。もし場所が決定されれば、この事業の中で調査、設計、造成等の費用は補助対象で見れるわけですから、それの試算をするための概算も必要ということで予算をお願いしているところでございます。なお、関係区については今説明をしている状況でございまして、まだ決定はされていませんが、一応継続審議ということになっておりますので、またいろいろな面から説明をして、さらにはこの施設の必要性ということも村民みんなの理解を得て、そして公害のない、また周囲に還元できるような施設にしていきたいということも考えております。ダイオキシンとかそういう公害問題につきましては、これはきちんと基準でそれの調査も毎年やることになっておりますので、そういう面についてはすべてクリアした施設でございますので、なお、近代的な施設として整備していきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 再びお答えしたいと思います。

 ただいまの宜野座小学校の屋上の鐘につきましては、早速どういう状態であるのか調査をして対応していきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はありますか。

 新里文康議員。



◆9番(新里文康) 確認のためにお聞きしたいと思います。

 18ページのキク再生産緊急支援事業補助金と農家支援事業について確認したいと思います。現在、被覆資材の10%補助があるはずですが、それから肥料もそういう補助金があります。それにさらに10%補助を上乗せするのか、その辺を伺いたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 新里文康議員にお答えいたします。

 今、私たちが考えていますのは、これまで平成22年9月から今年の8月までに購入した肥料、被覆資材等の金額に10%を掛けるというものでございます。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 新里文康議員。



◆9番(新里文康) これから菊などを栽培する費用についての補助金ではなくして、災害をこうむった作物の補償をさらに10%を補助したいということでいいですか。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) そういうことでございます。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) 18ページ、6月に一般質問しました未来ぎのざのテナントの軒の件でありますけれども、早速予算計上していただきまして本当にありがとうございます。テナントの皆さんも喜んでいると思います。そこで1点聞きたいと思います。原材料費ということで140万円計上してありますけれども、これは工事はやらないのかどうか。材料だけ買って置いておくのかどうか、そこのところ、どういうふうにやるのかお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 小渡久和議員にお答えいたします。

 この件に関しましては、工事はどういうふうにするんですかということなんですが、資材を提供してもらえると、商工会を通じて建設業者の皆さんでボランティアの皆さんでこのテナントをつくってもらえるというお話がありまして、私たちは材料提供をするということで、16節の原材料費で計上してあります。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) 工事は宜野座村の業者の皆さんがボランティアでやるということで理解してよろしいですね。材料は村が持って、工事をするのは宜野座村の業者がやってくれるということで理解してよろしいですか。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) そのように理解してよろしいです。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第36号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第36号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第36号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第2号)についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 議案第36号は、原案のとおり可決されました。

 暫時休憩します。             (11時25分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (11時37分)

 先ほど2番 安富 繁議員の質疑に対して答弁漏れがありましたので、答弁させます。

 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 先ほどは大変すみませんでした。安富 繁議員にお答えします。

 漢那浜原中毛1号線については延長45メートルです。以上です。



△日程第2.同意第3号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 同意第3号から同意第5号 宜野座村固定資産評価審査委員会委員の選任について御説明申し上げます。

 本案件は、現固定資産評価審査委員の任期満了による選任案件でございます。

 詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上同意くださいますよう、よろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃同意第3号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             固定資産評価審査委員会委員の選任について              ┃
┃                                               ┃
┃ 下記の者を宜野座村固定資産評価審査委員会委員に選任したいので地方税法(昭和25年法律第226号) ┃
┃第423条第3項の規定により、議会の同意を求める。                        ┃
┃                                               ┃
┃                      記                        ┃
┃                                               ┃
┃            住  所  宜野座村字漢那1413番地の1                ┃
┃            氏  名  崎 原   勲                      ┃
┃            生年月日  昭和32年7月2日生                    ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┃提案理由                                           ┃
┃ 現固定資産評価審査委員が平成23年9月30日付で任期満了のため                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 任期につきましては、平成23年10月1日より平成26年9月30日まで、3年でございます。

 以上で終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 崎原さんが今出ているんですけれども、選んだ理由、法律的な根拠があるのかどうなのか。実は農協出身の方がずっと入っているんだけれども、この固定資産税評価審査委員会の中に農協の職員を入れなくてはいけないという規定があるのかどうなのか、そこをお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 地方税法の第423条第3項に、固定資産評価審査委員会委員は、評価について学識経験を有するもののうちから、当該市町村の議会の同意を得て市町村長が選任するとあります。その中で県が委員の指導をしているのは15項目ありまして、その中には不動産鑑定士、弁護士、税理士、公認会計士、建築士、宅地建物取引主任者、土地家屋調査士、元市町村職員、そして市町村職員以外の元公務員、そして地方議会議員、金融機関の職員、自営業、そして不動産業、会社員、農協役員または職員、農林漁業大学教員とその他というのがありまして、その中に農協役員とありますので、その中から選任いたしております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 私がなぜこのような質疑をしたかといいますと、農協でも技術畑の人と経営のほう、支店長ではあるんですけれども、元々の専門からしてみたらどうなのかと。いろいろ話しを聞く中でいろいろな競売の話が出てきていますけれども、ほとんど本店に任せたような感じになっているものですからこの質疑をしているんです。そうしたらこの15項目以外にも地域性も考えるんだったら、果たしてこれは妥当なのかと。これは総務課長から前もって説明があったときにも

聞いているんですけれども、そういうことで聞いております。そこら辺は全然見当たらなかったのか。ただ、慣例に沿って農協の人をそのまま入れたのかどうか、そこをお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 前任の松田 保さんからも推薦がありまして、そういう選任をいたしました。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 同意第3号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって同意第3号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから同意第3号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決します。

 この採決は起立によって行います。

 原案のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。

    (起立多数)



○議長(多嘉山朝安) 「起立多数」です。

 したがって同意第3号は、原案のとおり同意することに決定しました。



△日程第3.同意第4号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃同意第4号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             固定資産評価審査委員会委員の選任について              ┃
┃                                               ┃
┃ 下記の者を宜野座村固定資産評価審査委員会委員に選任したいので地方税法(昭和25年法律第226号) ┃
┃第423条第3項の規定により、議会の同意を求める。                        ┃
┃                                               ┃
┃                      記                        ┃
┃                                               ┃
┃            住  所  宜野座村字惣慶1209番地                  ┃
┃            氏  名  伊 芸 朝 市                      ┃
┃            生年月日  昭和22年3月14日生                    ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┃提案理由                                           ┃
┃ 現固定資産評価審査委員が平成23年9月30日付で任期満了のため                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上で終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 同意第4号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって同意第4号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから同意第4号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決します。

 この採決は起立によって行います。

 原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

    (起立全員)



○議長(多嘉山朝安) 「起立全員」です。

 したがって同意第4号は、原案のとおり同意することに決定しました。



△日程第4.同意第5号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃同意第5号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             固定資産評価審査委員会委員の選任について              ┃
┃                                               ┃
┃ 下記の者を宜野座村固定資産評価審査委員会委員に選任したいので地方税法(昭和25年法律第226号) ┃
┃第423条第3項の規定により、議会の同意を求める。                        ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃            住  所  宜野座村字宜野座771番地                  ┃
┃            氏  名  屋 良 宣 廣                      ┃
┃            生年月日  昭和21年8月16日生                    ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┃提案理由                                           ┃
┃ 現固定資産評価審査委員が平成23年9月30日付で任期満了のため                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 提案理由、任期につきましては同意第3号、第4号と同じでございますので、以上で終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 同意第5号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって同意第5号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから同意第5号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決します。

 この採決は起立によって行います。

 原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

    (起立全員)



○議長(多嘉山朝安) 「起立全員」です。

 したがって同意第5号は、原案のとおり同意することに決定しました。



△日程第5.報告第3号 平成22年度沖縄県町村土地開発公社事業報告及び決算報告について、当局の報告を求めます。

 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃報告第3号                                          ┃
┃                                               ┃
┃         平成22年度沖縄県町村土地開発公社事業報告及び決算報告について        ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第2項の規定により、別紙のとおり報告する。    ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 なお、この報告については、沖縄県町村土地開発公社の事業で本村では行っておりません。参考に、村長が理事となり、支社の監事として多嘉山朝安議員と仲本 彰議員が任命されております。内容については、提出されている事業報告及び決算報告書を御参照のほどよろしくお願いいたします。以上です。



○議長(多嘉山朝安) これで報告を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 以上で報告第3号の報告を終わります。

 暫時休憩します。             (11時50分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (14時04分)



△日程第6.報告第4号 株式会社てんぷす宜野座振興公社の経営状況の報告について、当局の報告を求めます。

 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) では報告第4号 株式会社てんぷす宜野座振興公社の経営状況の報告について説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃報告第4号                                          ┃
┃                                               ┃
┃          株式会社てんぷす宜野座振興公社の経営状況の報告について          ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第2項の規定により、株式会社てんぷす宜野座振興公 ┃
┃社の経営状況を次のとおり報告する。                              ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 1ページ目をお願いします。本件は、第9期 株式会社てんぷす宜野座振興公社決算状況でございます。期間は平成22年4月1日から平成23年3月31日までです。まずは事業実績です。事業内容から報告いたします。

 平成22年度の当社の年間売上は、前年度より1,506万円減少して1億5,025万円となり、利用人数も前年度12万5,000人から約1万人減少し、11万5,000人となりました。

 景気の低迷する中、経営改善計画を策定し、週1回の休館日の設定や利用者の少ない冬場の営業時間の削減、トランスヒートコンテナの導入、送迎バスの削減を行っているところでありますが、利用人数の減少による収入の減少に加え、燃料費の高騰が続く中で経営状況は厳しく、マイナス5,610万円の経常損益となっております。

 今後は、尚一層の経費削減に努め、今年運用開始したICTを広く村民に普及させ、タラソの実績アップと村民の健康づくりに努力すると共に近隣リゾートとの連携強化を図り業績の向上を図ってまいります。

 次、事業量でございます。事項、計画量を説明いたします。年間利用者数11万5,236人、うち一般利用者2万4,144名、会員利用者8万8,770名、エステ利用者2,322名となっております。年間売上高1億5,025万2,000円、うち利用収入2,843万7,000円、会員収入4,786万7,000円、リネン収入1万1,731万3,000円、ショップ収入1,766万9,000円、レストラン収入1,867万4,000円、レンタル収入102万7,000円、エステ収入1,815万円、その他収入111万5,000円となっております。登録会員数が8,753名でございます。会社が発行する株式の総数3,800株、発効済株式の総数3,800株、株主数が48名でございます。従業員数が39人、うち社員20人、パート、アルバイト19人となっております。

 2ページをお願いします。貸借対照表でございます。平成23年3月31日現在でございます。試算の部からいきます。流動資産684万3,984円。その内訳については現金及び貯金、売掛金、商品、原材料、貯蔵品、未収入金となっております。次、固定資産です。8,207万8,941円。有形固定資産が2,275万4,975円。その内訳は建物附属設備、構築物、車両運搬具、工具器具備品となっております。次、無形固定資産5,926万1,906円、これはソフトウェアでございます。投資その他の資産で6万2,060円となっております。差入保証金です。繰延資産で666万6,700円、これは開業費でございます。資産の部の合計が9,558万9,625円です。

 次、負債の部まいります。科目、金額でいきます。流動負債5,322万4,023円、売掛金469万8,138円、短期借入金1,000万503円、未払金2,301万4,937円、未払費用496万2,045円、未払法人税等32万500円、未払消費税等99万6,600円、預り金6万8,100円、前払収益840万円、預り保証金76万3,200円。固定負債です。1,212万885円、長期未払金1,212万885円。負債の部合計です。6,534万4,908円。

 次、純資産の部まいります。株主資本3,024万4,717円、資本金1億9,000万円、利益余剰金マイナス1億5,975万5,283円、その他利益余剰金マイナス1億5,975万5,283円、繰越利益余剰金マイナス1億5,975万5,283円。

 純資産の部合計です。3,024万4,717円。

 負債・純資産の部合計です。9,598万9,625円となっております。

 次、3ページお願いします。損益計算書です。経常損益の部、営業損益の部、売上高、利用収入が2,843万6,673円、会員収入4,786万6,645円、リネン収入1,731万2,882円、ショップ収入1,766万8,889円、レストラン収入1,867万4,061円、レンタル収入102万6,829円、エステ収入1,785万3,763円、整体収入29万7,322円、その他収入111万5,280円。合計が1億5,025万2,344円でございます。

 売上原価です。期首商品棚卸高27万7,138円、リネン仕入837万1,696円、ショップ仕入1,300万7,672円、レストラン仕入1,180万9,078円、プール維持費298万8,210円、フロント消耗品費26万5,154円、レストラン消耗品費65万4,940円、水道光熱費4,138万9,881円、施設管理委託費1,600万7,008円、エステ消耗品費120万7,814円、整体消耗品費690円、整体仕入3万1,810円、WATSU仕入36万5,678円。合計が9,637万6,769円。期末商品棚卸高10万6,341円。合計が9,627万428円となっております。

 次、販売費及び一般管理費です。販売及び一般管理費1億2,255万1,236円、営業損失が6,856万9,320円。

 次、営業外収益いきます。受取利息2,080円、交付金収入895万8,550円、雑収入354万5,629円。

 営業外費用、雑損失4万3,382円となっております。営業損失が5,610万6,443円。

 特別損益、税引前当期純損失5,610万6,443円、法人税、住民税及び事業税29万416円、当期純損失5,639万6,859円。

 次、4ページお願いします。販売費及び一般管理費でございます。上から順に読み上げていきます。役員報酬291万円、給料手当5,770万9,312円、通勤手当47万7,147円、給与負担金200万円、法定福利費717万1,041円、福利厚生費6万5,219円、研修費3万9,620円、広告宣伝費209万6,643円、交際費2万4,732円、会議費7万7,340円、旅費交通費212万5,396円、通信費61万2,075円、販売手数料27万5,114円、販売促進費232万4,938円、消耗品費67万7,131円、事務用品費75万1,622円、修繕費1,048万2,979円、新聞図書費8万3,186円、諸会費23万3,203円、支払手数料573万7,603円、車両費62万2,968円、リース料423万9,840円、保険料85万3,060円、減価償却費1,094万4,773円、地代家賃79万6,000円、租税公課110万1,100円、美化費85万7,387円、雑費107万6,469円、レンタル費80万8,480円、施設負担金537万6,858円。販売費及び一般管理費合計です。1億2,255万1,236円となっております。

 次、5ページお願いします。第10期株式会社てんぷす宜野座振興公社事業計画でございます。まずは事業内容を読み上げて説明いたします。

 国内情勢は、異常気象や東日本大震災とそれに伴う原発事故の発生により、国民に広く長く動揺が続いており、景気の低迷に更に大きく影響しているところであります。

 このような中、タラソ沖縄は、観光と健康と美の三本柱を軸に事業を展開しておりますが、特に健康づくりについて力を傾注いたします。

 また、運動指導士による健康指導や平成23年1月に稼働したICTシステムは、第1次の利用者から好評を得ており、今後も第2次の募集に取り組み、タラソを活用した健康づくりを推進してまいります。

 更に、タラソ沖縄の利用拡大は、まずは村民からを合言葉に順次近隣市町村、県内、観光客などのビジターの確保に努めます。

 一方、設備については、築9年が経過し、老朽化が進行していることから、改修については、補助事業による整備を優先して参ります。

 また、タラソ沖縄の運営に多大な影響力のあるホテル建設については、村とも連携し早期誘致に向け推進して参ります。

 事業量です。事項、計画量の順に説明いたします。まず年間利用者数12万5,000人、年間売上高1億6,263万6,000円、うち利用収入、会員収入、リネン収入、ショップ収入、レストラン収入、レンタル収入、エステ収入、その他収入の内訳でございます。登録会員目標数を9,000名としております。会社が発行する株式の総数5,800株。発行済み株式の総数4,300株。株主数が48名です。従業員数37人、うち社員21人、パートアルバイト16人。

 以上が株式会社てんぷす宜野座振興公社の経営状況の報告です。



○議長(多嘉山朝安) これで報告を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 株式会社てんぷす振興公社の件については特別委員会もありますので、その中で細かく聞けるかとは思うんですけれども、2点確認させてください。

 3ページの損益計算書を見てみますと、エステ収入のほうが前年度と比較して400万円、金額的にはアップしております。一方で整体の収入については380万円ぐらい減ということで、そのあたりの理由を把握されていたら教えていただきたいということと、先ほど事業内容の中でも出てきましたが、ICTというネットワークのものだと思いますが、その利用者がどの程度いるのか、その2点だけ確認して質疑を終わります。



○議長(多嘉山朝安) 仲宗根副村長。



◎副村長(仲宗根勲) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 細かく分析はしていないですが、基本的に整体の職員が1人いらっしゃるんです。その中で整体の部分については、エステの部分と一緒になっているという話も聞いております。そして、その方が今WATSU、水中運動ですね。水中の中でうまく人間の癒しをしながらやっているところにかかわってきているのではないかと判断はされますが、細かくは分析されておりません。

 ICTの件については、これについては皆さんも御承知のとおり、総務省の事業を入れまして、今、健康財団といろいろとやりとりをしているんですけれども、そんなにたくさんはいないという話を聞いています。というのは、お年寄りの皆さんがなかなか機械に携わるといいますか、パソコンを使って入力をさせて、健康財団と健康のやりとりをしているんです。ただ、行っている方々の話を聞きますと、かなり自分の健康を病院の先生の診療、そういったものを得ながら使われているということで、そんなにたくさんの方々は活用されていないようですが、そこの職員と一体となって、何名かの方々は健康財団のほうで健康診断を受けながら、自分の健康についてこの機械を使ってやっているようです。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 5,600万円の赤字ということで、相変わらず厳しい経営状況なんですけれども、7,000万円の総務省からのものも入れてありますので、余り有効活用されていないような話も伺っておりますので、そのあたりもぜひ健康面でプラスになるような形にできるように活用していただきたいと思います。

 整体等、収入が単純に比較して減ったりしておりますので、厳しい状況ですけれどもぜひ頑張っていただきたいと思います。

 私からは以上です。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 特別委員会でも今からやることではありますけれども、ただ、今の時点からぜひみんなで考えていきたいということで、二、三質疑させていただきます。

 まず短期借入金、どこから借りているか。借り入れた料金はどうなっているか。

 それから今のICT、鳴り物入りで約7,000万円の補助でやっていますけれども、9期目、8期目ではわずか2人しかいないと。この事業については、考えようによってはすばらしい事業なんだけれども、何でやらないのか。私がこの中でいつも思うことは、取締役の経営責任というんですか、経営意識というのがどのようなものなのかといつも思うんです。そういうことで、取締役の皆さんがこれをまず自分たちで受けたことがあるのかどうか。このICTについてはこれですね。

 それから私は2期目の議員になった当初からずっと言っていますけれども、3階の利用については、2階とは分けて経営したほうがいいよと。そして、そのために2階と3階の費用の実態、経営の実態というのをきちんと整理してくれという話をしたら、なかなか分けられないと聞きました。だけど、実際私たちが調査特別委員会で現地を見たときに、一般の客は休みですよということで休んでいた火曜日に、3階が二、三名のために動いているんです。考えてみたら、この費用が莫大なお金になっているのではないかと。スタッフもたくさんいるし、電気も3階はずっと回っていると。ただし2階についてはそのときはとまっていますので、操作によって、実際のところこの2階と3階の費用は十分電気料も水道も全部分けられるものだと私は思っています。電力からのメーターは一つにしても費用を分担して、要するに公の施設の委託管理を、3階については特別にできないかという話を前からやっていますけれども、子メーターをつければ十分可能ではないかと思ったわけです。そういうことで、ぜひそこら辺をどう考えておられるのか。

 それから3階のアフュージョンというんですか、シャワーみたいなのがありますけれども、相当高い機械を全部取りかえしてありますけれども、この取りかえられた機械を見たら、まださびもしていない新品なんです。これは取締役会で決定のもとにこれをかえたのかどうか、以上、お伺いします。よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 當眞嗣則議員の質疑にお答えします。

 まず短期借入金の借入先ですが、琉球温熱療法院株式会社。あと1件ございます。株式会社琉球温熱ライフテクノロジー、合わせて1,000万503円となっております。これは株主総会の資料からでございますが、今回、タラソ沖縄の経営についてどう思うかということは関知しておりませんので、よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 続けてお答えいたします。

 短期借り入れにつきましては、先ほどありましたように琉球温熱療法院のほうからでございます。琉球温熱療法院も当初、2階のほうに事務所を構えて温熱療法をやっていましたので、そういう関係から借り入れという形にしていますが、お互いに提携していこうということで、前社長のときに協力という形で借り入れしたものが現在残っているという状況でございます。

 さらに、3階を分離して委託したほうがいいのではないかと當眞議員はよくおっしゃっておりますが、それにつきましても十分検討して、本当にリースできれば任せたほうがいいのではないかということもあるわけですが、当初はリースという形で年間1,000万円の収入があったわけですが、それが引き上げてからタラソ沖縄の管理に移ってきて、経営も非常に圧迫している状況でございます。3階だけ借りる方がいましたら、その内容を調整して、できたら貸したほうがいいかなと思っております。

 さらに3階の機械につきましては、当初5台ありまして、それをリースしようということで前社長のときに計画されたようですが、最後の3台についてはリースができないということで、経営状況がこういう状態でリースできないということで断られたということから、その移設の費用負担となった状況でございます。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (14時34分)

 再開します。               (14時37分)

 ほかに質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 以上で報告第4号の報告を終わります。



△日程第7.報告第5号 平成22年度決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率の報告について、当局の報告を求めます。

 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは報告第5号を報告したいと思います。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃報告第5号                                          ┃
┃                                               ┃
┃       平成22年度決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率の報告について        ┃
┃                                               ┃
┃ 平成22年度決算に基づき算定した地方公共団体の財政の健全化に関する法律(平成19年度法律第94条)┃
┃第3条第1項の健全化判断比率及び同法第22条2項の資金不足比率について、同法第3条第1項及び第22┃
┃条第1項の規定により、別紙のとおり報告する。                         ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 なお、説明については監査委員からの意見書等もつけてございますので、それを見ながら説明したいと思います。

 まず健全化判断比率でございますが、地方公共団体の財政の健全化に関する法律(平成19年法律第94号)第3条第1項の規定に基づく健全化判断比率でございます。まず実質赤字比率につきましては黒字決算ということで、問題はないということでございます。それから連結実質赤字比率、これにつきましても黒字決算ということで出ております。それから実質公債費比率、これは健全化基準が25%でありますが、その以内に入っているということで、良好だということでございます。それから将来負担比率、これも25.5%、基準が350%、それ以内に入っているということでございます。

 次、下の資金不足比率でございます。これにつきましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律(平成19年法律第94号)第22条第2項の規定に基づく資金不足比率の件でございます。これにつきましては、会計区分が宜野座村水道事業会計でございます。会計につきましても資金不足比率は発生しておりません。良好な状態だということであります。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで報告を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 以上で報告第5号の報告を終わります。



△日程第8.認定第1号 平成22年度宜野座村一般会計歳入歳出決算認定について



△日程第9.認定第2号 平成22年度宜野座村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について



△日程第10.認定第3号 平成22年度宜野座村老人保健特別会計歳入歳出決算認定について



△日程第11.認定第4号 平成22年度宜野座村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について



△日程第12.認定第5号 平成22年度宜野座村水道事業会計決算認定について

 以上、5議案を一括議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 認定第1号から第4号について御説明申し上げます。

 本案件は、平成22年度宜野座村一般会計歳入歳出決算、平成22年度宜野座村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算、平成22年度宜野座村老人保健特別会計歳入歳出決算及び平成22年度宜野座村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算について、地方自治法第233条第3項の規定により、議会の認定を求める案件でございます。

 認定第5号 平成22年度宜野座村水道事業会計決算認定について御説明申し上げます。

 本案件は、地方公営企業法第30条第4項及び第5項の規定により、議会の認定を求める案件でございます。

 詳細につきましては、担当課長及び会計管理者から説明いたしますので、御審議の上認定くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 新里会計管理者。



◎会計管理者(新里民夫) 認定第1号について御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃認定第1号                                          ┃
┃                                               ┃
┃            平成22年度宜野座村一般会計歳入歳出決算認定について          ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法第233条第3項の規定により、平成22年度宜野座村一般会計の歳入歳出決算を監査委員の意 ┃
┃見をつけて議会の認定に付する。                                ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃          平成22年度宜野座村一般会計歳入歳出決算書                 ┃
┃                                               ┃
┃               歳 入 総 額          7,319,720,938円        ┃
┃               歳 出 総 額          6,995,403,556円        ┃
┃               歳入歳出差引残           324,317,382円        ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                         平成22年度宜野座村一般会計歳入歳出決算書
 歳 入                                                                (単位:円)
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │  予算現額  │ 調 定 額 │  収入済額  │ 不納欠損額 │ 収入未済額 │予算現額と収入 ┃
┃           │            │       │       │       │      │       │済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃1 村       税│            │  535,974,000│  589,012,192│  543,189,355│  1,958,285│  43,864,552│    7,215,355┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 村   民   税 │  155,656,000│  169,186,641│  157,250,602│   501,885│  11,434,154│    1,594,602┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 固 定 資 産 税 │  344,587,000│  380,649,910│  348,208,512│  1,286,800│  31,154,598│    3,621,512┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │3 軽 自 動 車 税 │  13,477,000│  15,098,400│  13,653,000│   169,600│   1,275,800│     176,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │4 村 た ば こ 税 │  22,252,000│  24,077,241│  24,077,241│      0│       0│    1,825,241┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │5 特別土地保有税   │     2,000│       0│       0│      0│       0│     △2,000┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃2 地 方 譲 与 税│            │  31,183,000│  32,518,022│  32,518,022│      0│       0│    1,335,022┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 地方揮発油譲与税  │   8,545,000│   9,570,000│   9,570,000│      0│       0│    1,025,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 自動車重量譲与税  │  22,637,000│  22,948,000│  22,948,000│      0│       0│     311,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │3 地方道路譲与税   │     1,000│      22│      22│      0│       0│      △978┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃3 利子割交付金   │            │    900,000│   1,078,000│   1,078,000│      0│       0│     178,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 利子割交付金    │    900,000│   1,078,000│   1,078,000│      0│       0│     178,000┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃4 配当割交付金   │            │    205,000│    213,000│    213,000│      0│       0│      8,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 配当割交付金    │    205,000│    213,000│    213,000│      0│       0│      8,000┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃5 株式等譲渡所得割 │            │    135,000│    84,000│    84,000│      0│       0│    △51,000┃
┃  交   付   金 │            │       │       │       │      │       │        ┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 株式等譲渡所得割  │    135,000│    84,000│    84,000│      0│       0│    △51,000┃
┃           │  交   付   金  │       │       │       │      │       │        ┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃6 地方消費税交付金 │            │  40,597,000│  40,597,000│  40,597,000│      0│       0│        0┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 地方消費税交付金  │  40,597,000│  40,597,000│  40,597,000│      0│       0│        0┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃7 ゴルフ場利用税  │            │  26,609,000│  25,719,120│  25,719,120│      0│       0│    △889,880┃
┃  交  付  金  │            │       │       │       │      │       │        ┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 ゴルフ場利用税交付金│  26,609,000│  25,719,120│  25,719,120│      0│       0│    △889,880┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃8 自動車取得税交付金│            │   6,815,000│   5,856,000│   5,856,000│      0│       0│    △959,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 自動車取得税交付金 │   6,815,000│   5,856,000│   5,856,000│      0│       0│    △959,000┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │  予算現額  │ 調 定 額 │  収入済額  │ 不納欠損額 │ 収入未済額 │予算現額と収入 ┃
┃           │            │       │       │       │      │       │済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃9 国有提供施設等所在│            │  99,686,000│  99,686,000│  99,686,000│      0│       0│        0┃
┃  市町村助成交付金 │            │       │       │       │      │       │        ┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 国有提供施設等所在 │  99,686,000│  99,686,000│  99,686,000│      0│       0│        0┃
┃           │  市町村助成交付金  │       │       │       │      │       │        ┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃10 地方特例交付金  │            │  10,901,000│  10,901,000│  10,901,000│      0│       0│        0┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 地方特例交付金   │  10,901,000│  10,901,000│  10,901,000│      0│       0│        0┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃11 地 方 交 付 税│            │ 1,238,047,000│ 1,238,047,000│ 1,238,047,000│      0│       0│        0┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 地 方 交 付 税 │ 1,238,047,000│ 1,238,047,000│ 1,238,047,000│      0│       0│        0┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃12 交通安全対策特別 │            │   1,000,000│   1,035,000│   1,035,000│      0│       0│     35,000┃
┃  交   付   金 │            │       │       │       │      │       │        ┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 交通安全対策特別  │   1,000,000│   1,035,000│   1,035,000│      0│       0│     35,000┃
┃           │  交   付   金  │       │       │       │      │       │        ┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃13 分担金及び負担金 │            │  42,922,000│  42,358,818│  42,232,318│      0│    126,500│    △689,682┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 分   担   金 │   2,679,000│   2,051,788│   2,051,788│      0│       0│    △627,212┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 負   担   金 │  40,243,000│  40,307,030│  40,180,530│      0│    126,500│    △62,470┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃14 使用料及び手数料 │            │  254,214,000│  260,001,880│  247,965,785│      0│  12,036,095│   △6,248,215┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 使   用   料 │  250,681,000│  256,056,950│  244,020,855│      0│  12,036,095│   △6,660,145┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 手   数   料 │   3,533,000│   3,944,930│   3,944,930│      0│       0│     411,930┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃15 国 庫 支 出 金│            │ 1,529,103,000│ 1,546,952,837│ 1,245,269,637│      0│  301,683,200│  △283,833,363┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 国 庫 負 担 金 │  213,139,000│  212,847,299│  212,847,299│      0│       0│    △291,701┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 国 庫 補 助 金 │ 1,296,971,000│ 1,314,433,100│ 1,012,749,900│      0│  301,683,200│  △284,221,100┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │3 委   託   金 │  18,993,000│  19,672,438│  19,672,438│      0│       0│     679,438┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃16 県 支 出 金  │            │  999,237,000│  984,365,685│  781,286,685│      0│  203,079,000│  △217,950,315┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 県  負  担  金│  110,312,000│  101,656,198│  101,656,198│      0│       0│   △8,655,802┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 県  補  助  金│  871,722,000│  865,578,653│  662,499,653│      0│  203,079,000│  △209,222,347┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │3 委   託   金 │  17,203,000│  17,130,834│  17,130,834│      0│       0│    △72,166┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │  予算現額  │ 調 定 額 │  収入済額  │ 不納欠損額 │ 収入未済額 │予算現額と収入 ┃
┃           │            │       │       │       │      │       │済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃17 財 産 収 入  │            │ 1,836,057,000│ 1,836,266,868│ 1,836,241,608│      0│    25,260│     184,608┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 財産運用収入    │ 1,835,993,000│ 1,835,735,312│ 1,835,710,052│      0│    25,260│    △282,948┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 財産売払収入    │    64,000│    531,556│    531,556│      0│       0│     467,556┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃18 寄   附   金│            │    132,000│   1,220,000│   1,220,000│      0│       0│    1,088,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 寄   附   金 │    132,000│   1,220,000│   1,220,000│      0│       0│    1,088,000┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃19 繰   入   金│            │  294,921,000│  294,164,499│  294,164,499│      0│       0│    △756,501┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 特別会計繰入金   │     1,000│     1,519│     1,519│      0│       0│       519┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 基 金 繰 入 金 │  294,920,000│  294,162,980│  294,162,980│      0│       0│    △757,020┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃20 繰   越   金│            │  204,140,000│  204,140,966│  204,140,966│      0│       0│       966┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 繰   越   金 │  204,140,000│  204,140,966│  204,140,966│      0│       0│       966┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃21 諸   収   入│            │  128,555,000│  135,410,010│  121,665,943│      0│  13,744,067│   △6,889,057┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 延滞加算金及び過料 │     3,000│       0│       0│      0│       0│     △3,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 村 預 金 利 子 │     1,000│      275│      275│      0│       0│      △725┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │3 水源基金助成金   │   2,017,000│   2,017,000│   2,017,000│      0│       0│        0┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │4 雑        入│  126,534,000│  133,392,735│  119,648,668│      0│  13,744,067│   △6,885,332┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃22 村       債│            │  592,710,000│  546,610,000│  546,610,000│      0│       0│  △46,100,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 村        債│  592,710,000│  546,610,000│  546,610,000│      0│       0│  △46,100,000┃
┠───────────┴────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃      歳   入   合   計      │ 7,874,043,000│ 7,896,237,897│ 7,319,720,938│  1,958,285│  574,558,674│  △554,322,062┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━┛


 歳 出                                                                (単位:円)
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │   予算現額   │   支出済額   │ 翌年度繰越額 │  不 用 額  │ 予算現額と支出 ┃
┃           │            │         │         │        │         │ 済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃1 議   会   費│            │    78,159,000│    77,418,904│        0│      740,096│     740,096┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 議   会   費 │    78,159,000│    77,418,904│        0│      740,096│     740,096┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃2 総   務   費│            │   2,118,134,000│   2,046,393,717│   37,500,000│    34,240,283│   71,740,283┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 総 務 管 理 費 │   1,992,371,000│   1,923,647,043│   37,500,000│    31,223,957│   68,723,957┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │2 徴   税   費 │    71,903,000│    70,220,695│        0│     1,682,305│    1,682,305┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │3 戸籍住民基本台帳費 │    35,294,000│    34,767,253│        0│      526,747│     526,747┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │4 選   挙   費 │    14,286,000│    13,751,139│        0│      534,861│     534,861┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │5 統 計 調 査 費 │     2,231,000│     2,045,681│        0│      185,319│     185,319┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │6 監 査 委 員 費 │     2,049,000│     1,961,906│        0│      87,094│     87,094┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃3 民   生   費│            │   1,074,031,000│   1,061,170,945│    6,000,000│     6,860,055│   12,860,055┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 社 会 福 祉 費 │    416,231,000│    406,855,617│    6,000,000│     3,375,383│    9,375,383┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │2 児 童 福 祉 費 │    657,798,000│    654,315,328│        0│     3,482,672│    3,482,672┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │3 生 活 保 護 費 │       1,000│         0│        0│       1,000│      1,000┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │4 災 害 救 助 費 │       1,000│         0│        0│       1,000│      1,000┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃4 衛   生   費│            │    358,836,000│    354,448,757│        0│     4,387,243│    4,387,243┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 保 健 衛 生 費 │    179,479,000│    175,280,912│        0│     4,198,088│    4,198,088┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │2 清   掃   費 │    79,356,000│    79,167,845│        0│      188,155│     188,155┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │3 水 道 事 業 費 │    100,001,000│    100,000,000│        0│       1,000│      1,000┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃5 労   働   費│            │    13,776,000│    13,249,575│        0│      526,425│     526,425┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 労  働  諸  費│    13,776,000│    13,249,575│        0│      526,425│     526,425┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │   予算現額   │   支出済額   │ 翌年度繰越額 │  不 用 額  │ 予算現額と支出 ┃
┃           │            │         │         │        │         │ 済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃6 農林水産業費   │            │   1,325,399,000│   1,061,214,559│   256,431,000│     7,753,441│   264,184,441┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 農   業   費 │    919,315,000│    776,905,764│   136,164,000│     6,245,236│   142,409,236┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │2 林   業   費 │    20,796,000│    20,767,311│        0│      28,689│     28,689┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │3 水  産  業  費│    385,288,000│    263,541,484│   120,267,000│     1,479,516│   121,746,516┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃7 商   工   費│            │    12,836,000│    12,755,445│        0│      80,555│     80,555┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 商   工   費 │    12,836,000│    12,755,445│        0│      80,555│     80,555┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃8 土   木   費│            │    651,589,000│    461,780,907│   179,194,000│    10,614,093│   189,808,093┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 土 木 管 理 費 │    38,586,000│    38,007,053│        0│      578,947│     578,947┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │2 道路橋りょう費   │    391,474,000│    362,803,585│   27,606,000│     1,064,415│   28,670,415┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │3 河   川   費 │     9,876,000│     9,873,900│        0│       2,100│      2,100┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │4 公   園   費 │    28,566,000│    28,527,864│        0│      38,136│     38,136┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │5 住   宅   費 │    183,087,000│    22,568,505│   151,588,000│     8,930,495│   160,518,495┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃9 消   防   費│            │    123,776,000│    123,409,053│        0│      366,947│     366,947┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 消   防   費 │    123,776,000│    123,409,053│        0│      366,947│     366,947┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃10 教   育   費│            │   1,609,353,000│   1,279,168,448│   321,554,000│     8,630,552│   330,184,552┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 教 育 総 務 費 │    113,418,000│    111,788,276│        0│     1,629,724│    1,629,724┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │2 小  学  校  費│    107,205,000│    103,030,306│    3,036,000│     1,138,694│    4,174,694┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │3 中  学  校  費│    967,219,000│    672,444,387│   293,518,000│     1,256,613│   294,774,613┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │4 幼  稚  園  費│    30,728,000│    29,974,309│        0│      753,691│     753,691┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │5 社 会 教 育 費 │    173,607,000│    171,328,200│        0│     2,278,800│    2,278,800┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │6 保 健 体 育 費 │    217,176,000│    190,602,970│   25,000,000│     1,573,030│   26,573,030┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃11 災 害 復 旧 費│            │         0│         0│        0│         0│        0┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 農林水産施設災害  │         0│         0│        0│         0│        0┃
┃           │  復   旧   費  │         │         │        │         │        ┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │   予算現額   │   支出済額   │ 翌年度繰越額 │  不 用 額  │ 予算現額と支出 ┃
┃           │            │         │         │        │         │ 済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃12 公   債   費│            │    272,612,000│    272,601,918│        0│      10,082│     10,082┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 公   債   費 │    272,612,000│    272,601,918│        0│      10,082│     10,082┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃13 諸 支 出 金  │            │    231,797,000│    231,791,328│        0│       5,672│      5,672┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 諸  支  出  金│       2,000│         0│        0│       2,000│      2,000┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │2 基   金   費 │    231,795,000│    231,791,328│        0│       3,672│      3,672┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃14 予   備   費│            │     3,745,000│         0│        0│     3,745,000│    3,745,000┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 予   備   費 │     3,745,000│         0│        0│     3,745,000│    3,745,000┃
┠───────────┴────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃      歳   出   合   計      │   7,874,043,000│   6,995,403,556│   800,679,000│    77,960,444│   878,639,444┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┛


 次に、事項別明細書のほうで御説明申し上げますので、14ページお開きください。歳入、平成22年度宜野座村一般会計歳入歳出決算事項別明細書。1款 村税、収入済額が5億4,318万9,355円です。

 2款 地方譲与税3,251万8,022円。

 次のページをお願いいたします。3款 利子割交付金、収入済額が107万8,000円。

 4款 配当割交付金21万3,000円。

 5款 株式等譲渡所得割交付金、収入済額が8万4,000円。

 6款 地方消費税交付金4,059万7,000円。

 7款 ゴルフ場利用税交付金2,571万9,120円。

 8款 自動車取得税交付金585万6,000円。

 9款 国有提供施設等所在市町村助成交付金9,968万6,000円。

 次のページをお開きください。10款 地方特例交付金、収入済額が1,090万1,000円。

 11款 地方交付税12億3,804万7,000円。

 それから12款 交通安全対策特別交付金103万5,000円。

 13款 分担金及び負担金、収入済額は4,223万2,318円となっております。

 次のページをお開きください。14款 使用料及び手数料2億4,796万5,785円。

 それから下のほうで、15款 国庫支出金12億4,526万9,637円。

 次に24ページお開きください。16款 県支出金7億8,128万6,685円となっております。

 次に28ページをお開きください。17款 財産収入18億3,624万1,608円。

 次のページお願いいたします。18款 寄附金122万円となっております。

 19款 繰入金2億9,416万4,499円。

 次のページをお開きください。20款 繰越金2億414万960円。

 21款 諸収入1億2,166万5,943円。

 次のページをお願いいたします。22款 村債5億4,661万円となっております。

 歳入合計で当初予算が65億円、補正額が3億2,854万7,000円、繰越事業費が10億4,549万8,000円。予算現額が78億7,404万3,000円。収入済額が73億1,972万938円ということで、予算現額に対する執行率が93%と監査委員の意見書の中にも明記されております。執行率が93%となっております。意見書の24ページです。

 次に歳出のほうを御説明申し上げます。歳出のほうでは、特に平成21年度からの繰越事業と、それから平成23年度への翌年度繰越額のほうを重点的に御説明申し上げます。

 2款 総務費のほうに平成21年度より2億3,870万2,000円の繰り越しがありました。それから37ページのほうには、平成23年度繰り越しとして3,750万円の繰り越しがあります。1目 一般管理費の中に300万円、この一部が入っていますが、この300万円は村条例集の追録代でございます。

 次のページをお願いいたします。平成23年度の3,750万円の繰り越しの理由は、9目 企画費の中にございます。次のページのほうで説明いたします。15節 工事請負費のほうに2,900万円、これは漢那タラソ沖縄の改修事業でございます。それから19節 負担金、補助及び交付金のほうに850万円、これも漢那タラソ沖縄の施設修繕費の補助金でございます。それから下のほう、15目 北部活性化特別振興事業費、これも平成21年度から2億616万3,000円の繰り越しがございますが、この主なものは、地上デジタル施設送受信施設整備事業、それから漢那ダム周辺環境整備事業の2件でございました。次のページをお願いいたします。42ページをお開きください。17目 公共施設整備費、これも繰り越しということで2,953万9,000円、この内容は農村公園改修事業でございました。

 次に52ページをお開きください。3款 民生費、平成23年度繰り越しの600万円の御説明を申し上げます。これは19節 負担金、補助及び交付金、これは村社協への600万円の補助金でございます。内容は、特殊車両購入、それから障害者施設の資金でございます。次、56ページをお開きください。2項 児童福祉費33万7,000円の繰り越しの内容は、2目 児童措置費の中の子ども手当システムの経費でございました。

 次に58ページをお開きください。4款 衛生費540万円の平成21年度からの繰り越し、これは2目 予防費の新型インフルエンザワクチン接種交付事業でございました。

 次に66ページをお開きください。6款 農林水産業費、平成21年度からの繰り越しが2億755万8,000円、そのうち1項 農業費のほうに6,300万円でございます。これは下のほう、3目 農業振興費6,000万円の説明ですが、これは特産品加工直売センター改修事業でございます。それから67ページの繰越事業2,124万円の説明を次のページで御説明申し上げます。69ページのほうにございますが、16節 原材料費で1,470万円、これは鉄骨ハウス改修事業、それから18節 備品購入費で654万円、特産品加工直売センター設備の備品購入等でございます。それから5目 農地費300万円の繰越事業は流量計設置工事でございました。それから5目 農地費の平成23年度への繰り越しということで、村づくり交付金事業の繰り越しをやっております。次のページをお願いいたします。6目 下水道費9,313万8,000円の平成23年度への繰り越しでございます。これは宜野座地区農業集落排水事業と、惣慶地区農業集落排水事業への資金でございます。9節 旅費、それから13節 委託料、15節 工事請負費の金額の内訳がございます。

 次の72、73ページをお開きください。3項 水産業費、平成21年度より1億4,455万8,000円の繰越事業がございました。この内容は、2目 水産業振興費の中にございます。1番目に漢那漁港地域水産物供給基盤整備事業と、もう一つは漁民活性化施設整備事業の2件でございました。それから1億2,026万7,000円の平成23年度への繰り越しは、同じように漢那漁港地域水産物供給基盤整備事業への繰り越しでございます。

 次の74、75ページをお開きください。8款 土木費で1億4,683万2,000円の繰り越しがございました。この説明は、2目 道路橋りょう費1億2,577万9,000円。この事業の内容は、村道中原線道路改良工事事業、それから漢那橋改修工事の2件でございます。同じく道路橋りょう費の平成23年度繰越金が2,760万6,000円ございますが、これは村道中原線改良工事の繰越事業でございます。次に78ページをお開きください。5項 住宅費2,005万3,000円の繰り越し。この説明は、2目 公営住宅建設費がございます。これは福山第三団地整備事業に係るものでございました。それから住宅費の中で平成23年度繰り越しの1億5,155万8,000円は、城原第三団地整備事業で繰り越しをするものでございます。

 9款 消防費、平成21年度からの繰り越しが995万4,000円ございますが、次のページで御説明申し上げます。80、81ページ。1目 常備消防費、消火栓標識設置工事が310万8,000円、それから2目 災害対策費の中の684万6,000円は、全国瞬時警報システム購入費でございました。

 10款 教育費、平成21年度よりの繰り越しが4億3,671万3,000円。教育費の中の2目 事務局費の中に600万円がございますが、これは村営学習塾の備品購入でございました。10款 教育費の平成23年度の繰り越しとして3億2,155万4,000円ございます。次のページお願いいたします。82、83ページ。2項 小学校費、平成23年度への繰り越しということで303万6,000円、これは図書費購入の繰り越しでございます。次に84ページ、85ページをお開きください。3項 中学校費4億471万3,000円の平成21年度からの繰り越しがございました。それから同じように平成23年度へは2億9,351万8,000円の繰り越しがございます。2目 教育振興費、平成23年度への繰り越しということで100万9,000円、これも同じく中学校費の中の図書購入費でございます。次のページをお願いいたします。3目 学校建設費4億471万3,000円の内訳でございますが、宜野座中学校校舎改築工事とそれから防音事業の工事、この2件の合算でございます。それから翌年度繰越事業、平成23年度2億9,250万9,000円の内訳として、この事業の内容は13節 委託料と15節 工事請負費、18節 備品購入にございますが、工事の主な内容は、宜野座中学校校舎改築工事と防音工事、それから外構整備事業、この3件でございます。92ページをお開きください。6目 保健体育費、平成21年度より2,600万円の繰り越しがございます。それから平成23年度へは2,500万円の繰り越しがありますが、これは野球場防球ネット設置工事でございます。次の94、95ページをお開きください。2目 体育施設費の中の先ほどの平成21年度繰越事業2,600万円は、カヌー購入費のための繰り越しでございました。

 100ページをお開きください。歳出合計が当初予算額65億円、補正予算が3億2,854万7,000円、繰越事業費が10億4,549万6,000円、予算現額78億7,404万3,000円、支出済額が69億9,540万3,556円、予算現額に対する比率は88.8%となっております。執行率は88.8%でございます。

 次の102ページをお開きください。実質収支に関する調書、5番目でございますが、実質収支額が7,541万5,382円となっております。

 次に103ページから107ページまでは、行政財産・普通財産増減資料が入っております。

 108ページをお開きください。物品、それから出資金及び出損金一覧表、それから有価証券(一覧表)、それから基金の一覧表をつけてございます。

 それから最後に110ページ、宜野座村自立経営農林漁業振興事業貸付基金の基金運用状況調書をつけてございます。

 以上で平成22年度の一般会計歳入歳出決算の説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (15時05分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (15時20分)

 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) よろしくお願いします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃認定第2号                                          ┃
┃                                               ┃
┃       平成22年度宜野座村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について       ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法第233条第3項の規定により、平成22年度宜野座村国民健康保険事業特別会計の歳入歳出決 ┃
┃算を監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。                        ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃          平成22年度宜野座村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算書         ┃
┃                                               ┃
┃               歳 入 総 額            914,989,990円       ┃
┃               歳 出 総 額            842,677,936円       ┃
┃               歳入歳出差引残            72,312,054円       ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                         平成22年度宜野座村国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算書
 歳 入                                                                (単位:円)
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │  予算現額  │ 調 定 額 │  収入済額  │ 不納欠損額 │ 収入未済額 │予算現額と収入 ┃
┃           │            │       │       │       │      │       │済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃1 国民健康保険税  │            │  110,550,000│  141,523,268│  112,777,500│  4,521,200│  24,224,568│    2,227,500┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 国民健康保険税   │  110,550,000│  141,523,268│  112,777,500│  4,521,200│  24,224,568│    2,227,500┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃2 一 部 負 担 金│            │     2,000│       0│       0│      0│       0│     △2,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 一 部 負 担 金 │     2,000│       0│       0│      0│       0│     △2,000┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃3 使用料及び手数料 │            │    210,000│    244,190│    244,190│      0│       0│     34,190┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 手   数   料 │    210,000│    244,190│    244,190│      0│       0│     34,190┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃4 国 庫 支 出 金│            │  301,614,000│  333,723,701│  333,723,701│      0│       0│   32,109,701┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 国 庫 負 担 金 │  182,213,000│  198,290,125│  198,290,125│      0│       0│   16,077,125┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 国 庫 補 助 金 │  119,401,000│  135,433,576│  135,433,576│      0│       0│   16,032,576┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃5 療養給付費交付金 │            │  17,595,000│  16,264,655│  16,264,655│      0│       0│   △1,330,345┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 療養給付費交付金  │  17,595,000│  16,264,655│  16,264,655│      0│       0│   △1,330,345┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃6 前期高齢者交付金 │            │  40,094,000│  40,093,524│  40,093,524│      0│       0│      △476┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 前期高齢者交付金  │  40,094,000│  40,093,524│  40,093,524│      0│       0│      △476┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃7 県 支 出 金  │            │  26,362,000│  45,179,432│  45,179,432│      0│       0│   18,817,432┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 県  負  担  金│   6,361,000│   6,361,432│   6,361,432│      0│       0│       432┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 県  補  助  金│  20,001,000│  38,818,000│  38,818,000│      0│       0│   18,817,000┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃8 連合会支出金   │            │     1,000│       0│       0│      0│       0│     △1,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 連合会補助金    │     1,000│       0│       0│      0│       0│     △1,000┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃9 共同事業交付金  │            │  136,446,000│  136,446,206│  136,446,206│      0│       0│       206┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 共同事業負担金   │  136,446,000│  136,446,206│  136,446,206│      0│       0│       206┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │  予算現額  │ 調 定 額 │  収入済額  │ 不納欠損額 │ 収入未済額 │予算現額と収入 ┃
┃           │            │       │       │       │      │       │済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃10 繰   入   金│            │  146,084,000│  146,082,512│  146,082,512│      0│       0│     △1,488┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 他会計繰入金    │  146,083,000│  146,082,512│  146,082,512│      0│       0│      △488┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 基 金 繰 入 金 │     1,000│       0│       0│      0│       0│     △1,000┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃11 繰   越   金│            │  82,103,000│  82,103,920│  82,103,920│      0│       0│       920┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 繰   越   金 │  82,103,000│  82,103,920│  82,103,920│      0│       0│       920┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃12 諸   収   入│            │   2,054,000│   2,074,350│   2,074,350│      0│       0│     20,350┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 延滞金及び過料   │     3,000│       0│       0│      0│       0│     △3,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 預  金  利  子│     1,000│       0│       0│      0│       0│     △1,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │3 受託事業収入    │     1,000│       0│       0│      0│       0│     △1,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │4 雑        入│   2,049,000│   2,074,350│   2,074,350│      0│       0│     25,350┃
┠───────────┴────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃      歳   出   合   計      │  863,115,000│  943,735,758│  914,989,990│  4,521,200│  24,224,568│   51,874,990┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━┛


 歳 出                                                                (単位:円)
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │   予算現額   │   支出済額   │ 翌年度繰越額 │  不 用 額  │ 予算現額と支出 ┃
┃           │            │         │         │        │         │ 済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃1 総   務   費│            │    27,987,000│    27,655,019│        0│      331,981│     331,981┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 総 務 管 理 費 │    24,142,000│    23,979,596│        0│      162,404│     162,404┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │2 徴   税   費 │     3,731,000│     3,580,923│        0│      150,077│     150,077┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │3 運営協議会費    │      113,000│      94,500│        0│      18,500│     18,500┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │4 趣 旨 普 及 費 │       1,000│         0│        0│       1,000│      1,000┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃2 保 険 給 付 費│            │    522,026,000│    507,060,427│        0│    14,965,573│   14,965,573┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 療  養  諸  費│    446,720,000│    433,170,429│        0│    13,549,571│   13,549,571┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │2 高 額 療 養 費 │    64,600,000│    63,374,748│        0│     1,225,252│    1,225,252┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │3 出産育児諸費    │    10,506,000│    10,435,250│        0│      70,750│     70,750┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │4 葬  祭  諸  費│      200,000│      80,000│        0│      120,000│     120,000┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │   予算現額   │   支出済額   │ 翌年度繰越額 │  不 用 額  │ 予算現額と支出 ┃
┃           │            │         │         │        │         │ 済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃3 後期高齢者支援金等│            │    86,875,000│    86,873,611│        0│       1,389│      1,389┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 後期高齢者支援金等 │    86,875,000│    86,873,611│        0│       1,389│      1,389┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃4 前期高齢者納付金等│            │      160,000│      150,413│        0│       9,587│      9,587┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 前期高齢者納付金等 │      160,000│      150,413│        0│       9,587│      9,587┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃5 老人保健拠出金  │            │     1,719,000│     1,718,253│        0│        747│       747┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 老人保健拠出金   │     1,719,000│     1,718,253│        0│        747│       747┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃6 介 護 納 付 金│            │    40,630,000│    40,629,879│        0│        121│       121┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 介 護 納 付 金 │    40,630,000│    40,629,879│        0│        121│       121┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃7 共同事業拠出金  │            │    135,009,000│    135,006,685│        0│       2,315│      2,315┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 共同事業拠出金   │    135,009,000│    135,006,685│        0│       2,315│      2,315┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃8 保 健 事 業 費│            │     9,117,000│     8,900,675│        0│      216,325│     216,325┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 特定健康診査等事業費│     8,833,000│     8,631,743│        0│      201,257│     201,257┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │2 保 健 事 業 費 │      284,000│      268,932│        0│      15,068│     15,068┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃9 基 金 積 立 金│            │    30,001,000│    30,000,000│        0│       1,000│      1,000┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 基 金 積 立 金 │    30,001,000│    30,000,000│        0│       1,000│      1,000┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃10 公   債   費│            │       1,000│         0│        0│       1,000│      1,000┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 公   債   費 │       1,000│         0│        0│       1,000│      1,000┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃11 諸 支 出 金  │            │     4,750,000│     4,682,974│        0│      67,026│     67,026┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 償還金及び還付加算金│     4,749,000│     4,682,974│        0│      66,026│     66,026┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │2 繰   出   金 │       1,000│         0│        0│       1,000│      1,000┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃12 予   備   費│            │     4,840,000│         0│        0│     4,840,000│    4,840,000┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 予   備   費 │     4,840,000│         0│        0│     4,840,000│    4,840,000┃
┠───────────┴────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃      歳   出   合   計      │    863,115,000│    842,677,936│        0│    20,437,064│   20,437,064┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┛


 事項別明細書で御説明いたしますので、124ページ、125ページをお開きください。歳入、1款 国民健康保険税、1項 国民健康保険税、1目 一般被保険者国民健康保険税でございます。こちらのほうは、収入済額が1億582万16円、不納欠損額が407万7,800円、収入未済額が2,373万1,368円。この中には1節から6節までございます。平均しまして、徴収率は95.22%、去年より2%ほどアップされております。続きまして、2目 退職被保険者等国民健康保険税でございます。こちらも収入済額が695万7,484円、不納欠損額が44万3,400円、49万3,200円の収入未済額でございます。

 続きまして歳出のほうを説明いたします。134ページ、135ページをお開きください。10万円以上の不用額を説明申し上げます。1款 総務費の中の2項 徴税費、1目 賦課徴収税費でございますが、10万円の不用額が出ております。このほうは徴収に対して3月末までに93%に満たない場合は後期の10万円はカットになりますから、今回、3月末時点では90.38%でしたので、このほうの10万円の不用額が出ております。

 続きまして、136ページ、137ページをお開きください。こちらは2款 保険給付費でございます。1項 療養諸費のところで19節 負担金、補助及び交付金1,080万9,143円の不用額が出ております。このほうは医療費の把握の困難のためでございます。続きまして、2目 退職被保険者等療養給付費でございます。こちらも201万7,912円の不用額が出ております。把握が困難なためでございます。続きまして、3目 一般被保険者療養費でございます。こちらも72万967円の不用額でございます。続きまして、2項 高額療養費でございます。2目 退職被保険者等高額療養費でございます。こちらは61万7,056円の不用額でございます。3目 一般被保険者高額介護合算療養費でございます。こちらが50万円の不用額、そのまま不用額でございます。人数の把握が困難なためでございます。続きまして、4目 退職被保険者高額介護合算療養費でございます。こちらも10万円、そのまま不用額でございます。こちらも人数把握が困難なためでございます。続きまして、138ページ、139ページをお願いいたします。この中の4項 葬祭諸費でございます。1目 葬祭費、こちらも19節 負担金、補助及び交付金でございますが、12万円の不用額が出ております。こちらも人数把握が困難なためでございます。

 144ページ、145ページには実質収支に関する調書と基金運用状況調書がありますので、ごらんになってください。

 続きまして、平成22年度宜野座村老人保健特別会計歳入歳出決算書でございます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃認定第3号                                          ┃
┃                                               ┃
┃         平成22年度宜野座村老人保健特別会計歳入歳出決算認定について         ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法第233条第3項の規定により、平成22年度宜野座村老人保健特別会計の歳入歳出決算を監査 ┃
┃委員の意見をつけて議会の認定に付する。                            ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃          平成22年度宜野座村老人保健特別会計歳入歳出決算書             ┃
┃                                               ┃
┃               歳 入 総 額            1,519円          ┃
┃               歳 出 総 額            1,519円          ┃
┃               歳入歳出差引残              0円          ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                         平成22年度宜野座村老人保健特別会計歳入歳出決算書
 歳 入                                                                (単位:円)
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │  予算現額  │ 調 定 額 │  収入済額  │ 不納欠損額 │ 収入未済額 │予算現額と収入 ┃
┃           │            │       │       │       │      │       │済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃1 支払基金交付金  │            │     4,000│       0│       0│      0│       0│     △4,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 支払基金交付金   │     4,000│       0│       0│      0│       0│     △4,000┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃2 国 庫 支 出 金│            │     2,000│       0│       0│      0│       0│     △2,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 国 庫 負 担 金 │     2,000│       0│       0│      0│       0│     △2,000┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃3 県 支 出 金  │            │     2,000│       0│       0│      0│       0│     △2,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 県  負  担  金│     2,000│       0│       0│      0│       0│     △2,000┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃4 繰   入   金│            │     1,000│       0│       0│      0│       0│     △1,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 一般会計繰入金   │     1,000│       0│       0│      0│       0│     △1,000┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃5 繰   越   金│            │     1,000│     1,519│     1,519│      0│       0│       519┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 繰   越   金 │     1,000│     1,519│     1,519│      0│       0│       519┃
┠───────────┼────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃6 諸   収   入│            │     7,000│       0│       0│      0│       0│     △7,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │1 延滞金及び加算金  │     2,000│       0│       0│      0│       0│     △2,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │2 預  金  利  子│     1,000│       0│       0│      0│       0│     △1,000┃
┃           ├────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃           │3 雑        入│     4,000│       0│       0│      0│       0│     △4,000┃
┠───────────┴────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃      歳   入   合   計      │    17,000│     1,519│     1,519│      0│       0│    △15,481┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━┛


 歳 出                                                                (単位:円)
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │   予算現額   │   支出済額   │ 翌年度繰越額 │  不 用 額  │ 予算現額と支出 ┃
┃           │            │         │         │        │         │ 済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃1 医 療 諸 費  │            │       3,000│         0│        0│       3,000│      3,000┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 医  療  諸  費│       3,000│         0│        0│       3,000│      3,000┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │   予算現額   │   支出済額   │ 翌年度繰越額 │  不 用 額  │ 予算現額と支出 ┃
┃           │            │         │         │        │         │ 済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃2 諸 支 出 金  │            │       5,000│       1,519│        0│       3,481│      3,481┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 償   還   金 │       3,000│         0│        0│       3,000│      3,000┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │2 繰   出   金 │       2,000│       1,519│        0│        481│       481┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃3 予   備   費│            │       9,000│         0│        0│       9,000│      9,000┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃           │1 予   備   費 │       9,000│         0│        0│       9,000│      9,000┃
┠───────────┴────────────┼─────────┼─────────┼────────┼─────────┼────────┨
┃      歳   出   合   計      │      17,000│       1,519│        0│      15,481│     15,481┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┛


 149ページ、こちらはもう平成22年度で終了でございますので、残務整理でございます。歳入歳出1,519円でございます。

 中身の説明は省かせていただきます。

 続きまして163ページをお願いいたします。平成22年度宜野座村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書でございます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃認定第4号                                          ┃
┃                                               ┃
┃       平成22年度宜野座村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について        ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法第233条第3項の規定により、平成22年度宜野座村後期高齢者医療特別会計の歳入歳出決算 ┃
┃を監査委員の意見をつけて議会の認定に付する。                         ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃          平成22年度宜野座村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書          ┃
┃                                               ┃
┃               歳 入 総 額           33,673,921円        ┃
┃               歳 出 総 額           33,392,138円        ┃
┃               歳入歳出差引残             281,783円        ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                         平成22年度宜野座村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書
 歳 入                                                                  (単位:円)
┏━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━┓
┃      款      │      項      │  予算現額  │ 調 定 額 │  収入済額  │ 不納欠損額 │ 収入未済額 │予算現額と収入 ┃
┃            │             │       │       │       │      │       │済額との比較  ┃
┠────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃1 後期高齢者医療保険料│             │  19,318,000│  20,391,423│  19,019,019│      0│   1,372,404│    △298,981┃
┃            ├─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃            │1 後期高齢者医療保険料 │  19,318,000│  20,391,423│  19,019,019│      0│   1,372,404│    △298,981┃
┠────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃2 使用料及び手数料  │             │     1,000│    17,100│    17,100│      0│       0│     16,100┃
┃            ├─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃            │1 手    数    料│     1,000│    17,100│    17,100│      0│       0│     16,100┃
┠────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃3 寄   附   金 │             │     1,000│       0│       0│      0│       0│     △1,000┃
┃            ├─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃            │1 寄    附    金│     1,000│       0│       0│      0│       0│     △1,000┃
┠────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃4 繰   入   金 │             │  14,608,000│  14,608,000│  14,608,000│      0│       0│        0┃
┃            ├─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃            │1 一般会計繰入金    │  14,608,000│  14,608,000│  14,608,000│      0│       0│        0┃
┠────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃5 繰   越   金 │             │    29,000│    29,802│    29,802│      0│       0│       802┃
┃            ├─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃            │1 繰    越    金│    29,000│    29,802│    29,802│      0│       0│       802┃
┠────────────┼─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃6 諸   収   入 │             │     9,000│       0│       0│      0│       0│     △9,000┃
┃            ├─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃            │1 延滞金、加算金及び過料│     2,000│       0│       0│      0│       0│     △2,000┃
┃            ├─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃            │2 償還金及び還付加算金 │     2,000│       0│       0│      0│       0│     △2,000┃
┃            ├─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃            │3 預  金  利  子 │     1,000│       0│       0│      0│       0│     △1,000┃
┃            ├─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃            │4 雑         入│     4,000│       0│       0│      0│       0│     △4,000┃
┠────────────┴─────────────┼───────┼───────┼───────┼──────┼───────┼────────┨
┃       歳   出   合   計       │  33,966,000│  35,046,325│  33,673,921│      0│   1,372,404│    △292,079┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━┛


歳 出                                                                   (単位:円)
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │   予算現額   │   支出済額   │  翌年度繰越額  │  不 用 額  │ 予算現額と支出 ┃
┃           │            │         │         │         │         │ 済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┨
┃1 後期高齢者医療広域│            │    33,926,000│    33,391,532│         0│      534,468│      534,468┃
┃  連 合 納 付 金│            │         │         │         │         │         ┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┨
┃           │1 後期高齢者医療広域 │    33,926,000│    33,391,532│         0│      534,468│      534,468┃
┃           │  連 合 納 付 金 │         │         │         │         │         ┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃     款     │      項      │   予算現額   │   支出済額   │  翌年度繰越額  │  不 用 額  │ 予算現額と支出 ┃
┃           │            │         │         │         │         │ 済額との比較  ┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┨
┃2 諸 支 出 金  │            │       3,000│        606│         0│       2,394│       2,394┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┨
┃           │1 償還金及び還付加算金│       2,000│        606│         0│       1,394│       1,394┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┨
┃           │2 繰   出   金 │       1,000│         0│         0│       1,000│       1,000┃
┠───────────┼────────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┨
┃3 予   備   費│            │      37,000│         0│         0│      37,000│      37,000┃
┃           ├────────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┨
┃           │1 予   備   費 │      37,000│         0│         0│      37,000│      37,000┃
┠───────────┴────────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┼─────────┨
┃      歳   出   合   計      │    33,966,000│    33,392,138│         0│      573,862│      573,862┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛


 こちらも事項別明細書のほうで説明いたします。

 168ページ、169ページをお開きください。歳入、1款 後期高齢者医療保険料、1項 後期高齢者医療保険料、2目 普通徴収保険料でございます。こちらは、1節 現年度分が収入未済額に94万2,567円、そして2節 滞納繰越分につきまして、44万6,100円でございます。こちらにつきましては、現年度分が86.53%、そして滞納繰越分の徴収率が46.94%でございます。

 続きまして、172、173ページをお開きください。歳出のほうです。1款 後期高齢者医療広域連合納付金、1項 後期高齢者医療広域連合納付金でございます。1目 後期高齢者医療広域連合納付金、19節 負担金、補助及び交付金、こちらが53万4,468円の不用額でございます。

 174ページには実質収支に関する調書がありますので、ごらんになってください。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 認定第5号 平成22年度宜野座村水道事業会計決算認定について御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃認定第5号                                          ┃
┃                                               ┃
┃            平成22年度宜野座村水道事業会計決算認定について            ┃
┃                                               ┃
┃ 地方公営企業法第30条第4項及び第5項の規定にもとづき、平成22年度宜野座村水道事業会計決算を別┃
┃紙監査委員の意見書をつけて議会の認定に付する。                        ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃              [1]平成22年度宜野座村水道事業報告書              ┃
┃1 概況                                           ┃
┃(1)総括事項                                        ┃
┃ 今年度は、給水の安定供給を図る観点から、配水管が整備されていない需要水量に著しく支障をきたし┃
┃ている一部の地域及び家屋・アパート等の建設が予測される宅地へ、単独事業による配水管の布設工事を┃
┃行いました。                                         ┃
┃ 次に事務状況につきましては、行政区域内人口は全普及となっております。また総配水量については、┃
┃894,425m3(対前年度比7.32%増)、有収水量は750,412m3(対前年度比3.07%減)となりました。  ┃
┃ 財政状況の収益的収支につきましては、総事業収入213,347,416円に対し総事業費用157,625,538円で収┃
┃支差引55,721,878円の純利益となっております。                         ┃
┃ また、資本的収支につきましては、企業債に係る償還等に伴い、資本的支出額45,608,665円に対し、資┃
┃本的収入額0円で差引45,608,665円の財源不足を生じていましたが、減債積立金30,000,000円と過年度分┃
┃損益勘定留保資金15,608,665円で補填しました。                         ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


(2)議会議決事項
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃  議案番号  │          件      名          │  議決年月日  ┃
┠────────┼────────────────────────────┼─────────┨
┃  認定第5号  │平成21年度宜野座村水道事業会計決算           │平成22年9月17日 ┃
┠────────┼────────────────────────────┼─────────┨
┃  議案第51号  │平成22年度宜野座村水道事業会計補正予算         │平成22年12月15日 ┃
┠────────┼────────────────────────────┼─────────┨
┃  議案第22号  │平成23年度宜野座村水道事業会計予算           │平成23年3月28日 ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛

(3)行政官庁許認可事項
┏━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃  申請年月日  │ 申請先 │         申請内容         │  許認可年月日  ┃
┠────────┼─────┼──────────────────────┼─────────┨
┃        │     │なし                    │         ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛

(4)職員に関する事項
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃   年 度   │   課 長   │   業務係   │   工務係   │    計    ┃
┠────────┼────────┼─────────┼─────────┼─────────┨
┃  平成21年度  │ 1人(兼務) │    1人    │    1人    │ 3人(兼務1) ┃
┠────────┼────────┼─────────┼─────────┼─────────┨
┃  平成22年度  │ 1人(兼務) │    1人    │    1人    │ 3人(兼務1) ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛

2 工 事
(1)建設工事の概況                                 (単位:円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃       工 事 名        │      工事内容      │  工事金額   ┃
┠────────────────────┼────────────────┼─────────┨
┃                    │配管工事:HIVPφ50? L= │         ┃
┃配水管布設工事             │191.67m 管土工:L=191.67m │     1,280,000┃
┃(惣慶地内 有限会社 浦崎電気)    │仕切弁設置工:ソフトシール仕切弁│         ┃
┃                    │φ50?×2基          │         ┃
┠────────────────────┼────────────────┼─────────┨
┃                    │配管工事:HIVPφ40? L= │         ┃
┃配水管布設工事             │83.90m 管土工:L=85.30m  │      661,500┃
┃(漢那地内 株式会社 大伸重機建設)  │仕切弁設置工:ソフトシール仕切弁│         ┃
┃                    │φ50?×1基          │         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛


3 業 務
(1)業務量
┏━━━━━━━━━━━┯━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┓
┃           │   │       │       │    比   較    ┃
┃   項   目   │ 単位 │ 平成22年度 │ 平成21年度 ├──────┬──────┨
┃           │   │       │       │ 増  減 │ 比  率 ┃
┠───────────┼───┼───────┼───────┼──────┼──────┨
┃ 年度末給水人口   │ 人 │     5,674│     5,613│     61│  101.09%┃
┠───────────┼───┼───────┼───────┼──────┼──────┨
┃ 区域内給水人口   │ 人 │     5,674│     5,613│     61│  101.09%┃
┠───────────┼───┼───────┼───────┼──────┼──────┨
┃ 普   及   率 │ % │      100│      100│      0│  100.00%┃
┠───────────┼───┼───────┼───────┼──────┼──────┨
┃ 年度末給水栓数   │ 栓 │     2,426│     2,388│     38│  101.59%┃
┠─────┬─────┼───┼───────┼───────┼──────┼──────┨
┃     │年   間│ m3 │    894,425│    833,400│   61,025│  107.32%┃
┃     ├─────┼───┼───────┼───────┼──────┼──────┨
┃     │1ヶ月平均│ m3 │    74,535│    69,450│    5,085│  107.32%┃
┃ 配 水 量 ├─────┼───┼───────┼───────┼──────┼──────┨
┃     │1日平均 │ m3 │     2,450│     2,283│     167│  107.31%┃
┃     ├─────┼───┼───────┼───────┼──────┼──────┨
┃     │1日最大 │ m3 │     3,663│     3,661│      2│  100.05%┃
┗━━━━━┷━━━━━┷━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━┯━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┓
┃           │   │       │       │    比   較    ┃
┃   項   目   │ 単位 │ 平成21年度 │ 平成20年度 ├──────┬──────┨
┃           │   │       │       │ 増  減 │ 比  率 ┃
┠─────┬─────┼───┼───────┼───────┼──────┼──────┨
┃     │年   間│ m3 │    750,412│    774,188│  △23,776│   96.93%┃
┃     ├─────┼───┼───────┼───────┼──────┼──────┨
┃ 有収水量 │1ヶ月平均│ m3 │    62,534│    64,516│   △1,982│   96.93%┃
┃     ├─────┼───┼───────┼───────┼──────┼──────┨
┃     │1日平均 │ m3 │     2,056│     2,121│    △65│   96.94%┃
┠─────┴─────┼───┼───────┼───────┼──────┼──────┨
┃ 有   収   率 │ % │     83.90│     92.90│   △9.00│   90.31%┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┛

4 会 計
(1)重要契約の要旨
ア 工事契約                                     (単位:円)
┏━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃ 契約方法 │  契約年月日  │   契 約 内 容   │  契約額  │    契約先    ┃
┠──────┼────────┼─────────────┼──────┼──────────┨
┃随 意 契 約 │平成23年3月1日│配水管布設工事      │  1,280,000│有限会社 浦崎電気 ┃
┃      │        │             │      │代表取締役 浦崎康久┃
┠──────┼────────┼─────────────┼──────┼──────────┨
┃      │        │             │      │株式会社 大伸重機建┃
┃随 意 契 約 │平成23年3月3日│配水管布設工事      │   661,500│設         ┃
┃      │        │             │      │代表取締役 名嘉真章┃
┠──────┼────────┼─────────────┼──────┼──────────┨
┃      │        │             │      │ヤマナミエンジニア ┃
┃随 意 契 約 │平成23年3月22日│送水ポンプ取替工事    │   861,000│リング       ┃
┃      │        │             │      │代表取締役 城間 勉┃
┗━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛

(2)企業債の概況                                  (単位:円)
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃  区  分  │  前年度残高  │ 本年度借入高 │  本年度償還金  │  本年度末残高  ┃
┠────────┼─────────┼────────┼─────────┼─────────┨
┃ 水道事業資金 │    899,268,758│        0│    41,591,735│    857,677,023┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛

(3)事業収入に関する事項                              (単位:円)
┏━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃           年 度│         平成22年度         │  平成21年度  ┃
┃              ├────────────┬─────────┼─────────┨
┃科 目           │    金  額    │  構 成 比  │  構 成 比  ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃水 道 事 業 収 益   │      213,347,416 │    100.00% │    100.00% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃(1)  営  業  収  益 │      112,983,663 │     52.96% │     49.74% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ ア  給  水  収  益 │      111,756,892 │     52.38% │     49.41% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ イ  その他営業収益    │       1,226,771 │     0.58% │     0.33% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃              │            │         │         ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃(2) 営 業 外 収 益   │      100,363,753 │     47.04% │     50.26% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ ア  受  取  利  息 │        87,753 │     0.04% │     0.06% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ イ  補   助   金  │      100,000,000 │     46.87% │     50.20% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ ウ  雑   収   益  │        276,000 │     0.13% │     0.00% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃              │            │         │         ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃(3) 特  別  利  益  │           0 │     0.00% │     0.00% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ ア  固定資産売却益    │           0 │     0.00% │     0.00% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ イ  過年度損益修正益   │           0 │     0.00% │     0.00% ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛


(4)事業費に関する事項                               (単位:円)
┏━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┓
┃           年 度│         平成22年度         │  平成21年度  ┃
┃              ├────────────┬─────────┼─────────┨
┃科 目           │    金  額    │  構 成 比  │  構 成 比  ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃水 道 事 業 費 用   │      157,625,538 │    100.00% │    100.00% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃(1) 営  業  費  用  │      129,845,851 │     82.38% │     79.80% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ ア  原水及び浄水費    │      49,501,867 │     31.40% │     30.66% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ イ  配水及び給水費    │       3,374,612 │     2.14% │     4.21% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ ウ  総   係   費  │      22,398,134 │     14.21% │     12.66% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ エ  減 価 償 却 費  │      54,279,387 │     34.44% │     32.27% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ オ  資 産 減 耗 費  │        291,851 │     0.19% │     0.00% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃(2) 営 業 外 費 用   │      27,779,687 │     17.62% │     20.03% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ ア  支  払  利  息 │      27,779,687 │     17.62% │     20.03% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ イ  雑   支   出  │           0 │     0.00% │     0.00% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃(3) 特  別  損  失  │           0 │     0.00% │     0.00% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ ア  固定資産売却損    │           0 │     0.00% │     0.00% ┃
┠──────────────┼────────────┼─────────┼─────────┨
┃ イ  過年度損益修正損   │           0 │     0.00% │     0.00% ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┛


                           平成22年度宜野座村水道事業会計決算報告書
(1)収益的収入及び支出
  収 入
┏━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃            │            予       算       額           │         │          │                   ┃
┃            ├─────────┬─────────┬──────────┬────────┤         │          │                   ┃
┃   区    分   │         │         │ 地方公営企業法第 │        │  決 算 額  │  予算額に比べ  │      備    考       ┃
┃            │  当初予算額  │  補正予算額  │ 24条第3項の規定 │  合  計  │         │  決算額の増減  │                   ┃
┃            │         │         │ による支出額に  │        │         │          │                   ┃
┃            │         │         │ 係る財源充当額  │        │         │          │                   ┃
┠────────────┼─────────┼─────────┼──────────┼────────┼─────────┼──────────┼───────────────────┨
┃            │        円│        円│         円│       円│        円│         円│                   ┃
┃第1款 水道事業収益  │    219,725,000│         0│          0│   219,725,000│    219,010,263│      △714,737│                   ┃
┃ 第1項 営業収益   │    119,621,000│         0│          0│   119,621,000│    118,632,710│      △988,290│  (うち、仮受消費税及び地方消費税 ┃
┃            │         │         │          │        │         │          │             5,649,050円)┃
┃ 第2項 営業外収益  │    100,101,000│         0│          0│   100,101,000│    100,377,553│       276,553│  (うち、仮受消費税及び地方消費税 ┃
┃            │         │         │          │        │         │          │              13,800円)┃
┃ 第3項 特別利益   │       3,000│         0│          0│      3,000│         0│       △3,000│                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

  支 出
┏━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃          │        予                算                 額     │      │    │     │              ┃
┃          ├──────┬─────┬──────┬─────┬────┬──────┬────┬──────┤      │    │     │              ┃
┃          │      │     │      │     │地方公営│      │地方公営│      │      │地方公営│     │              ┃
┃  区    分  │      │     │      │     │企業法第│      │企業法第│      │ 決 算 額 │企業法規│ 不用額 │  備        考  ┃
┃          │ 当初予算額 │補正予算額│ 予 備 費 │流用増減額│24条第3│ 小  計 │26条第2│ 合  計 │      │定による│     │              ┃
┃          │      │     │ 支 出 額 │     │項の規定│      │項の規定│      │      │繰越額 │     │              ┃
┃          │      │     │      │     │による支│      │による繰│      │      │    │     │              ┃
┃          │      │     │      │     │出額  │      │越額  │      │      │    │     │              ┃
┠──────────┼──────┼─────┼──────┼─────┼────┼──────┼────┼──────┼──────┼────┼─────┼──────────────┨
┃          │     円│    円│     円│    円│   円│     円│   円│     円│     円│   円│    円│              ┃
┃第1款 水道事業費用│ 177,505,000│ △163,000│      0│     0│    0│ 177,342,000│    0│ 177,342,000│ 163,001,938│    0│14,340,062│              ┃
┃ 第1項 営業費用 │ 146,122,000│ △163,000│   282,000│     0│    0│ 146,241,000│    0│ 146,241,000│ 132,127,751│    0│14,113,249│(うち、仮払消費税及び地方 ┃
┃          │      │     │      │     │    │      │    │      │      │    │     │  消費税   2,281,900円)┃
┃ 第2項 営業外費用│ 29,881,000│     0│  1,095,000│     0│    0│ 30,976,000│    0│ 30,976,000│ 30,874,187│    0│  101,813│              ┃
┃ 第3項 特別損失 │    2,000│     0│      0│     0│    0│    2,000│    0│    2,000│      0│    0│   2,000│              ┃
┃ 第4項 予備費  │  1,500,000│     0│ △1,377,000│     0│    0│   123,000│    0│   123,000│      0│    0│  123,000│              ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━━━━┷━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛


(2)資本的収入及び支出
  収 入
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┓
┃             │              予         算         額              │       │       │             ┃
┃             ├───────┬──────┬────────┬─────────┬───────┬───────┤       │       │             ┃
┃   区     分   │       │      │        │ 地方公営企業  │ 継続費逓次  │       │ 決 算 額 │ 予算額に比べ │   備     考   ┃
┃             │ 当初予算額 │ 補正予算額 │ 小    計 │ 法第26条の規定 │ 繰越額に係る │  合  計  │       │ 決算額の増減 │             ┃
┃             │       │      │        │ による繰越額に │ 財源充当額  │       │       │       │             ┃
┃             │       │      │        │ 係る財源充当額 │       │       │       │       │             ┃
┠─────────────┼───────┼──────┼────────┼─────────┼───────┼───────┼───────┼───────┼─────────────┨
┃             │      円│     円│       円│        円│      円│      円│      円│      円│             ┃
┃第1款 資本的収入    │     6,000│      0│      6,000│         0│       0│     6,000│       0│    △6,000│             ┃
┃ 第1項 企  業  債 │     1,000│      0│      1,000│         0│       0│     1,000│       0│    △1,000│             ┃
┃ 第2項 補  助  金 │     1,000│      0│      1,000│         0│       0│     1,000│       0│    △1,000│             ┃
┃ 第5項 その他資本収入 │     4,000│      0│      4,000│         0│       0│     4,000│       0│    △4,000│             ┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┛


  支 出
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━┓
┃           │            予        算       額            │      │    翌年度繰越額    │     │           ┃
┃           ├──────┬─────┬─────┬──────┬────┬───┬──────┤      ├────┬───┬─────┤     │           ┃
┃  区     分  │      │     │     │      │地方公営│   │      │      │地方公営│   │     │     │           ┃
┃           │      │     │     │      │企業法第│継続費│      │ 決 算 額 │企業法第│継続費│     │ 不 用 額 │  備     考  ┃
┃           │ 当初予算額 │補正予算額│流用増減額│ 小   計 │26条の規│逓 次│ 合   計 │      │26条の規│逓 次│ 合  計 │     │           ┃
┃           │      │     │     │      │定による│繰越額│      │      │定による│繰越額│     │     │           ┃
┃           │      │     │     │      │繰越額 │   │      │      │繰越額 │   │     │     │           ┃
┠───────────┼──────┼─────┼─────┼──────┼────┼───┼──────┼──────┼────┼───┼─────┼─────┼───────────┨
┃           │     円│    円│    円│     円│   円│  円│     円│     円│   円│  円│    円│    円│           ┃
┃第1款 資本的支出  │ 59,603,000│     0│     0│ 59,603,000│    0│   0│ 59,603,000│ 45,608,665│    0│   0│     0│13,994,335│           ┃
┃ 第1項 建設改良費 │ 17,011,000│     0│     0│ 17,011,000│    0│   0│ 17,011,000│  4,016,930│    0│   0│     0│12,994,070│(うち仮払消費税及び地┃
┃           │      │     │     │      │    │   │      │      │    │   │     │     │ 方消費税 191,282円)┃
┃ 第2項 企業債償還金│ 41,592,000│     0│     0│ 41,592,000│    0│   0│ 41,592,000│ 41,591,735│    0│   0│     0│    265│           ┃
┃ 第4項 予備費   │  1,000,000│     0│     0│  1,000,000│    0│   0│  1,000,000│      0│    0│   0│     0│ 1,000,000│           ┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┷━━━━┷━━━┷━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━┷━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━┛
  ※ 資本的収入額が資本的支出額に不足する額45,608,665円は減債積立金30,000,000円と過年度分損益勘定留保資金15,608,665円で補填した。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                  平成22年度 損益計算書                   ┃
┃            (平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)             ┃
┃                                               ┃
┃                                         (単位 円)┃
┃                                               ┃
┃                                               ┃
┃1  営 業 収 益                                     ┃
┃                                               ┃
┃ (1) 給  水  収  益         117,756,892                    ┃
┃                                               ┃
┃ (2) 受 託 工 事 収 益             0                    ┃
┃                                               ┃
┃ (3) その他営業収益             1,226,771     112,983,663         ┃
┃                                               ┃
┃2  営業費用                                        ┃
┃                                               ┃
┃ (1) 原 水 及 び 浄 水 費         49,501,867                    ┃
┃                                               ┃
┃ (2) 配 水 及 び 給 水 費          3,374,612                    ┃
┃                                               ┃
┃ (3) 受 託 工 事 費               0                    ┃
┃                                               ┃
┃ (4) 総   係   費          22,398,134                    ┃
┃                                               ┃
┃ (5) 減 価 償 却 費          54,279,387                    ┃
┃                                               ┃
┃ (6) 資 産 減 耗 費            291,851                    ┃
┃                                               ┃
┃ (7) その他営業費用                 0     129,845,851         ┃
┃                                               ┃
┃    営 業 損 失                                16,862,188┃
┃                                               ┃
┃3  営 業 外 収 益                                     ┃
┃                                               ┃
┃ (1) 受取利息及び配当金            87,753                    ┃
┃                                               ┃
┃ (2) 他 会 計 補 助 金          100,000,000                    ┃
┃                                               ┃
┃ (1) 雑   収   益            276,000     100,363,753         ┃
┃                                               ┃
┃4  営業外費用                                       ┃
┃                                               ┃
┃ (1) 支払利息及び             27,779,687                    ┃
┃         企業債取扱諸費                                ┃
┃ (2) 繰 延 勘 定 償 却               0                    ┃
┃                                               ┃
┃ (3) 雑   支   出               0      27,779,687    72,584,066┃
┃                                               ┃
┃    経 常 利 益                                55,721,878┃
┃                                               ┃
┃5  特 別 利 益                                     ┃
┃                                               ┃
┃ (1) 固定資産売却益                 0                    ┃
┃                                               ┃
┃ (2) 過年度損益修正益                0                    ┃
┃                                               ┃
┃6  特 別 損 失                                     ┃
┃                                               ┃
┃ (1) 固定資産売却損                 0                    ┃
┃                                               ┃
┃ (2) 過年度損益修正損                0                    ┃
┃                                               ┃
┃                                               ┃
┃                                               ┃
┃    当 年 度 純 利 益                           55,721,878┃
┃                                               ┃
┃   前年度繰越利益剰余金                             33,302,279┃
┃                                               ┃
┃    当年度未処分利益剰余金                           89,024,157┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃             平成22年度 宜野座村水道事業剰余金計算書              ┃
┃            (平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)             ┃
┃                                         (単位 円)┃
┃                                               ┃
┃                   利益剰余金の部                     ┃
┃?  減債積立金                                       ┃
┃ 1 前 年 度 末 残 高     10,387,600                       ┃
┃ 2 前 年 度 繰 入 額     30,000,000                       ┃
┃ 3 前 年 度 処 分 額          0                       ┃
┃ 4 当 年 度 処 分 額     30,000,000                       ┃
┃ 5 当 年 度 末 残 高                10,387,600            ┃
┃?  利益積立金                                       ┃
┃ 1 前 年 度 末 残 高          0                       ┃
┃ 2 前 年 度 繰 入 額          0                       ┃
┃ 3 前 年 度 処 分 額          0                       ┃
┃ 4 当 年 度 処 分 額          0                       ┃
┃ 5 当 年 度 末 残 高                     0            ┃
┃?  建設改良積立金                                     ┃
┃ 1 前 年 度 末 残 高          0                       ┃
┃ 2 前 年 度 繰 入 額          0                       ┃
┃ 3 前 年 度 処 分 額          0                       ┃
┃ 4 当 年 度 処 分 額          0                       ┃
┃ 5 当 年 度 末 残 高                     0            ┃
┃   積  立  金  合  計                            10,387,600┃
┃?  未処分利益剰余金                                    ┃
┃ (1) 前年度未処分利益剰余金                            63,302,279┃
┃ (2) 前年度利益剰余金処分額                                 ┃
┃ 1 減 債 積 立 金                  30,000,000            ┃
┃ 2 利 益 積 立 金                       0            ┃
┃ 3 建設改良積立金                         0       30,000,000┃
┃   繰越利益剰余金年度末残高                           33,302,279┃
┃ (3) 当年度純利益                                 55,721,878┃
┃    当年度未処分利益剰余金                            89,024,157┃
┃                                               ┃
┃                   資本剰余金の部                     ┃
┃                                               ┃
┃?  再評価積立金                                      ┃
┃                                               ┃
┃ 1 前 年 度 末 残 高                     0            ┃
┃                                               ┃
┃ 2 前 年 度 処 分 額                     0            ┃
┃                                               ┃
┃ 3 当 年 度 発 生 残 高                   0            ┃
┃                                               ┃
┃ 4 当 年 度 処 分 額                     0            ┃
┃                                               ┃
┃ 5 当 年 度 末 残 高                                 0┃
┃                                               ┃
┃?  受贈財産評価額                                     ┃
┃                                               ┃
┃ 1 前 年 度 末 残 高                     0            ┃
┃                                               ┃
┃ 2 前 年 度 処 分 額                     0            ┃
┃                                               ┃
┃ 3 当 年 度 発 生 高                     0            ┃
┃                                               ┃
┃ 4 当 年 度 処 分 額                     0            ┃
┃                                               ┃
┃ 5 当 年 度 末 残 高                                 0┃
┃                                               ┃
┃?  寄付金                                         ┃
┃                                               ┃
┃ 1 前 年 度 末 残 高                     0            ┃
┃                                               ┃
┃ 2 前 年 度 処 分 額                     0            ┃
┃                                               ┃
┃ 3 当 年 度 発 生 高                     0            ┃
┃                                               ┃
┃ 4 当 年 度 処 分 額                     0            ┃
┃                                               ┃
┃ 5 当 年 度 末 残 高                                 0┃
┃                                               ┃
┃   翌年度繰越資本剰余金                                  0┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃           平成22年度宜野座村水道事業剰余金処分計算書(案)            ┃
┃                                         (単位:円)┃
┃1. 当年度未処分利益剰余金                            89,024,157┃
┃2. 利益剰余金処分額                                    ┃
┃  (1) 減 債 積 立 金                 30,000,000            ┃
┃  (2) 利 益 積 立 金                     0            ┃
┃  (3) 建設改良積立金                       0            ┃
┃                                          30,000,000┃
┃                                               ┃
┃3. 翌年度繰越利益剰余金                             59,024,157┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                 平成22年度  貸借対照表                  ┃
┃                                               ┃
┃                  (平成23年3月31日)                   ┃
┃                                               ┃
┃                                         (単位 円)┃
┃                                               ┃
┃                                               ┃
┃                                               ┃
┃                    資 産 の 部                    ┃
┃                                               ┃
┃1  固 定 資 産                                     ┃
┃                                               ┃
┃ (1) 有形固定資産                                      ┃
┃                                               ┃
┃ イ 土     地         7,864,053                        ┃
┃                                               ┃
┃ ロ 立 木 建 物        225,708,095                        ┃
┃                                               ┃
┃   減価償却累計額        40,078,851   185,629,244                ┃
┃                                               ┃
┃ ハ 構  築  物       2,597,999,514                        ┃
┃                                               ┃
┃   減価償却累計額        477,470,267  2,120,529,247                ┃
┃                                               ┃
┃ ニ 機械及び装置        1,500,042,469                        ┃
┃                                               ┃
┃   減価償却累計額        538,580,617   961,461,852                ┃
┃                                               ┃
┃ ホ 車 両 運 搬 具       6,289,384                        ┃
┃                                               ┃
┃   減価償却累計額         5,321,015     968,369                ┃
┃                                               ┃
┃ ヘ 工具器具及び備品        1,063,000                        ┃
┃                                               ┃
┃   減価償却累計額          743,850     319,150                ┃
┃                                               ┃
┃ ト 建 設 仮 勘 定       2,000,000                        ┃
┃                                               ┃
┃   有形固定資産合計                     3,278,771,915         ┃
┃                                               ┃
┃ (2) 無形固定資産                                      ┃
┃                                               ┃
┃ イ 電 話 加 入 権           0                        ┃
┃                                               ┃
┃ ロ 庁 舎 利 用 権           0                        ┃
┃                                               ┃
┃   無形固定資産合計                           0         ┃
┃                                               ┃
┃   固 定 資 産 合 計                             3,278,771,915┃
┃                                               ┃
┃2  流 動 資 産                                     ┃
┃                                               ┃
┃ (1) 現 金 預 金                       207,445,906         ┃
┃                                               ┃
┃ (2) 未  収  金                                     ┃
┃                                               ┃
┃ イ 営 業 未 収 金                      2,068,135         ┃
┃                                               ┃
┃ ロ 営 業 外 未 収 金                           0         ┃
┃                                               ┃
┃ ハ そ の 他 未 収 金                           0         ┃
┃                                               ┃
┃ (3) 貯   蔵   品                                   ┃
┃                                               ┃
┃ イ 貯 蔵 量 水 器                      4,236,789         ┃
┃                                               ┃
┃ ロ 材       料                          0         ┃
┃                                               ┃
┃ (4) そ の 他 流 動 資 産                                  ┃
┃                                               ┃
┃    流 動 資 産 合 計                              213,750,830┃
┃                                               ┃
┃    資  産  合  計                           3,492,522,745┃
┃                                               ┃
┃                                               ┃
┃                                               ┃
┃                    負 債 の 部                    ┃
┃                                               ┃
┃3 流 動 負 債                                      ┃
┃                                               ┃
┃ (1) 未  払  金                        1,926,300         ┃
┃                                               ┃
┃ (2) 未 払 費 用                          7,982         ┃
┃                                               ┃
┃ (3) 前  受  金                            0         ┃
┃                                               ┃
┃ (4) その他流動負債                            0         ┃
┃                                               ┃
┃    流動負債合計                                 1,934,282┃
┃                                               ┃
┃    負 債 合 計                                1,934,282┃
┃                                               ┃
┃                                               ┃
┃                                               ┃
┃                    資 本 の 部                    ┃
┃                                               ┃
┃4  資 本 金                                       ┃
┃                                               ┃
┃ (1) 自 己 資 本 金                                   ┃
┃                                               ┃
┃ イ 固 有 資 本 金              49,220,068                ┃
┃                                               ┃
┃ ロ 繰 入 資 本 金              16,950,000                ┃
┃                                               ┃
┃ ハ 組 入 資 本 金              195,860,000  262,030,068         ┃
┃                                               ┃
┃ (2) 借 入 資 本 金                                   ┃
┃                                               ┃
┃ イ 企   業   債              857,677,023  857,677,023         ┃
┃                                               ┃
┃   資 本 金 合 計                             1,119,707,091┃
┃                                               ┃
┃5  剰  余  金                                     ┃
┃                                               ┃
┃ (1) 資 本 剰 余 金                                   ┃
┃                                               ┃
┃ イ 受贈財産評価額                     0                ┃
┃                                               ┃
┃ ロ 工 事 負 担 金                   0                ┃
┃                                               ┃
┃ ハ 国 庫 補 助 金              115,017,764                ┃
┃                                               ┃
┃ ニ その他資本剰余金              2,156,451,851                ┃
┃                                               ┃
┃   資本剰余金合計                      2,271,469,615         ┃
┃                                               ┃
┃ (2) 利 益 剰 余 金                                   ┃
┃                                               ┃
┃ イ 建設改良積立金                     0                ┃
┃                                               ┃
┃ ロ 減 債 積 立 金              10,387,600                ┃
┃                                               ┃
┃ ハ 利 益 積 立 金                   0                ┃
┃                                               ┃
┃ ニ 当年度未処分利益剰余金            89,024,157                ┃
┃                                               ┃
┃   利益剰余金合計                       99,411,757         ┃
┃                                               ┃
┃   剰 余 金 合 計                             2,370,881,372┃
┃                                               ┃
┃   資  本  合  計                            3,490,588,463┃
┃                                               ┃
┃   負 債 資 本 合 計                           3,492,522,745┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 続きまして2ページから7ページにつきましては、平成22年度の参考資料をつけておりますので、御参照のほどお願いいたします。

 8ページをお願いいたします。平成22年度宜野座村水道事業会計決算報告書、(1)収益的収入及び支出。収入、第1款 水道事業収益、当初予算額が2億1,972万5,000円に対して、決算額2億1,901万263円、71万4,737円の減となっております。第1項 営業収益1億1,962万1,000円に対して、決算額1億1,863万2,710円、98万8,290円の減となっております。第2項 営業外収益1億10万1,000円、決算額1億37万7,553円、27万6,553円の増となっております。第3項 特別利益3,000円、決算額ゼロ、3,000円の減となっております。

 支出、第1款 水道事業費用、当初予算額1億7,750万5,000円に対して、合計が1億7,734万2,000円、決算額1億6,300万1,938円、1,434万62円の不用額となっております。第1項 営業費用1億4,612万2,000円、合計が1億4,624万1,000円、決算額1億3,212万7,751円、1,411万3,249円の不用額となっております。第2項 営業外費用2,988万1,000円、合計が3,097万6,000円、決算額が3,087万4,187円、10万1,813円の不用額となっております。第3項 特別損失2,000円、合計2,000円、決算額ゼロ、2,000円の不用額。第4項 予備費150万円、合計12万3,000円、決算額がゼロで、12万3,000円の不用額となっております。

 9ページお願いいたします。(2)資本的収入及び支出。収入、平成22年度は補助事業の工事がございませんでしたので、第1款 資本的収入の第1項 企業債、第2項 補助金、第5項 その他資本収入が費目存置になって、ゼロでございます。

 支出、第1款 資本的支出、当初予算額5,960万3,000円、合計は一緒でございまして、決算額4,560万8,665円、1,399万4,335円の不用額となっております。第1項 建設改良費1,701万1,000円、合計も一緒でございます。決算額が401万6,930円、1,299万4,070円が不用額となっております。第2項 企業債償還金4,159万2,000円、合計も一緒でございまして、決算額4,159万1,735円、265円の不用額となっております。第4項 予備費100万円、合計100万円、決算額はゼロ、100万円の不用額となっております。

 10ページから30ページにつきましては決算資料をつけてございますので、それぞれ御参照のほどお願いしたいと思います。以上、説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから一括質疑を行います。

 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) まず15ページ、固定資産税のところです。固定資産税の不納欠損額、それから収入未済額の内容、今後の徴収の対策と見通しについてお伺いしたいと思います。

 それから21ページの土木使用料のところ、住宅使用料、収入未済額が1,020万6,300円ございますけれども、これも内容と徴税の対策、見通しについてお伺いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 15ページの収入未済額3,115万4,598円の内容、これは575件で、滞納額2,030万5,478円は386件あります。そして現年度1,084万9,120円が189件となっております。これからの対策ですけれども、今は預金、給与、そして財産差し押さえを実施しておりまして、職員5名で担当を決めて、松田地区、宜野座地区、惣慶地区、福山地区、城原地区、漢那地区という地区の担当を決めて差し押さえを実施しております。今回の徴収率は92.5%で、去年より0.7%落ちてはいますけれども、今後、平成23年度は県からも指導を受けておりますので、徴収率を上げるために頑張っていきたいと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) それでは當眞嗣則議員にお答えしたいと思います。

 2目 土木使用料、1節 住宅使用料の1,020万6,300円の収入未済額の内訳とその内容、徴収対策についてということですが、まず、その中身については、現在の住んでいる方々、それと退去者の方々がいらっしゃいます。現年度分につきましては、平成23年5月31日に監査の時期を押さえて5月31日現在なんですが、収入未済額が286万7,000円となっています。その中で16世帯の未納者がいるということになります。その最高額が38万2,500円ということです。その方々への徴収の方法等なんですが、この方々については、滞納が3カ月以上の場合に、これはお互い公契約を結ばれていますので、自宅への訪問、電話での確認、文書、ハガキ、また、それに対しての督促等も踏まえて、徴収として職員が動いているということになります。また、完納された場合には、こういうふうに払うと次が楽になりますよという文書も添えて、こういう滞納をしないようにひとつ頑張ってくださいということも踏まえて文書は出しております。

 次に滞納分、退去者の方々なんですが、収入未済額が733万9,300円あります。その中で8世帯が退去者で、最高額が122万2,500円の方がいらっしゃるということです。その方々についての徴収方法ということで、一生懸命頑張ってはいるんですが、その名簿のうち一人については、現在村内に住んでいる方でしたので、完納してもらいました。平成23年9月12日現在、退去者数は7名、1名が先ほど言ったように完納ということになっているんですが、その住民票の結果を踏まえて、村内に住所、在住の方が3名、1名はまだ村営住宅に残したまま退去している方がいらっしゃいます。それは潟原の今被災者が住んでおられるところなんですが、住所は宜野座村にあるわけです。しかしもう退去されてどこにいるか探せない方がいらっしゃいます。そういう方もいるんですが、村外へ出ておられる方が4名、その退去者について、本籍地または現住所地への督促送付の準備をして、今指示をしています。そういうことで、戻ってこられた場合には、監査の中でも話が出たんですが、もう不納欠損にしたらどうかとか、いろんな話が出ました。できたら徴収をしなくてはいけないというのがあるものですから、去年も不納欠損にしようではないかという話が出ましたけれども、住宅使用料についてはちょっと待ちましょうということで待っている状況です。今あったように、督促の送付を準備して、その督促が戻ってきたり、住所も探せないということであれば、また先生方の協力を得てやりたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 今のお話を聞いて、一生懸命頑張っているというのが伝わってくるわけですけれども、それでも税の公平面から見て、ぜひもう少し一工夫してほしいと。特に住宅につきましては、恐らく最初の入居の条件として連帯保証人がついているはずなんです。だからそこを含めてきちんとした文書が送られているのか。また呼び出して相談しているのか。そこもあわせて聞きたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 再度、當眞嗣則議員にお答えします。

 連帯保証人についても督促を出しております。先ほど言った潟原の、退去して、まだ宜野座村に住所がある方については、父親にも会いに行きました。この連帯保証人も病弱で、もうこういうことができないんだということで、息子なんですが、探せないという話で嘆いているんですが、私たちは立場上こうなんですよと。でも保証人として連絡がとれませんかということを言っても、どこにいるかわからないとしか返事が返ってこなくて、困っているという状況です。また、先ほど言ったように、退去者の連帯保証人にも文書を出して、どうなるのかそれはわかりませんが、まず対処していきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 認定第1号、認定第2号、認定第3号、認定第4号、認定第5号の5議案については、議長を除く全議員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託して審査することにしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって認定第1号、認定第2号、認定第3号、認定第4号、認定第5号の5議案については、議長を除く全議員で構成する決算審査特別委員会を設置し、審査することに決定しました。

 暫時休憩いたします。           (15時47分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (15時48分)



△これから日程第13.諸般の報告を行います。

 休憩中に決算審査特別委員会において、委員長及び副委員長の互選が行われ、その結果の報告が議長にありましたので報告します。

 本特別委員会の委員長に伊芸朝健議員、副委員長に當眞嗣則議員、以上のとおり互選されました旨の報告がありました。

 これで諸般の報告を終わります。

 本日の日程は全部終了しました。

 これで散会とします。(15時49分)