議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成23年第7回定例会 09月14日−02号




平成23年第7回定例会 − 09月14日−02号







平成23年第7回定例会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃              平成23年第7回宜野座村議会定例会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 23 年 9 月 13 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 散 の 日 時 │開 議│  平成23年9月14日 午前10時34分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │散 会│  平成23年9月14日 午前11時11分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  石 川 幹 也  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  安 富   繁  │ ○ │ 10 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃出 席   10 名 │ 3 │  當 眞 嗣 則  │ △ │ 11 │  島 袋   榮  │ △ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃欠 席   2 名 │ 5 │  伊 芸 朝 健  │ ○ │ 12 │  仲 本   彰  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃  凡   例   │ 6 │  當 眞   淳  │ ○ │ 13 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │   │          │   ┃
┃×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │   │          │   ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 12 │   仲 本   彰     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 1 │   石 川 幹 也     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事務局長代理 │  山 内 慶 一                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │課 長 補 佐│  島 田 忠 治                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │産業振興課長 │  山 城   智  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │副  村  長│  仲宗根   勲  │建 設 課 長│  仲 間 正 哲  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │上下水道課長 │  山 城 次 雄  ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  新 里 民 夫  │学校教育課長 │  平 田 嗣 義  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃により説明のため  │総 務 課 長│  島 田 忠 博  │社会教育課長 │  照 屋 忠 利  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │企 画 課 長│  仲 程   正  │       │          ┃
┃出席した者の職氏名 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │村民生活課長 │  金 武   司  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │健康福祉課長 │  末 石 森 春  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃          │事 務 局 長│          │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃会 議 の 経 過 │別 紙 の と お り                          ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





        平成23年第7回宜野座村議会定例会議事日程(第2号)

                                         平成23年9月14日
                                         開 議 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │議案第37号   │平成23年度宜野座村国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につい┃
┃    │        │て                                ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │議案第38号   │平成23年度宜野座村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  3  │議案第39号   │宜野座村税条例等の一部を改正する条例について           ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  4  │議案第40号   │宜野座村暴力団排除条例の制定について               ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  5  │議案第41号   │宜野座村の公平委員会の事務の委託に関する規約を定める協議について ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  6  │議案第42号   │北部広域市町村圏事務組合規約の変更について            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  7  │議案第43号   │平成22年度漢那漁港改修工事(その2)の請負改定契約について    ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) これから本日の会議を開きます。(10時34分)



△日程第1.議案第37号 平成23年度宜野座村国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第37号 平成23年度宜野座村国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 本案件は、歳入歳出の総額7億8,268万1,000円に歳入歳出それぞれ7,231万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ8億5,499万2,000円とする案件でございます。

 補正の内容と詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) おはようございます。説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第37号                                          ┃
┃                                               ┃
┃         平成23年度宜野座村国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)        ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年度宜野座村の国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。 ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算の補正)                                   ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額782,681千円に、歳入歳出それぞれ72,311千円を追加し、歳入歳出予算の総 ┃
┃ 額を歳入歳出それぞれ854,992千円とする。                           ┃
┃2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、 ┃
┃ 「第1表 歳入歳出予算補正」による。                            ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃11 繰    越    金│             │      1│  72,311│   72,312┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 繰    越    金│      1│  72,311│   72,312┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃       歳   入   合   計       │   782,681│  72,311│   854,992┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃2 保 険 給 付 費  │             │   430,354│  72,302│   502,656┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 療  養  諸  費 │   361,598│  62,302│   423,900┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 高 額 療 養 費  │   58,050│  10,000│   68,050┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃8 保 健 事 業 費  │             │    8,651│     9│    8,660┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 特定健康診査等事業費 │    8,388│     9│    8,397┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃       歳   出   合   計       │   782,681│  72,311│   854,992┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


 3ページからお願いいたします。主に平成22年度の決算に伴う繰越金の使途についてでございます。歳入は、11款 繰越金、1項 繰越金、1目 繰越金としまして7,231万1,000円でございます。

 そして4ページの歳出のほうで2款 保険給付費、1項 療養諸費、1目 被保険者療養給付費6,230万2,000円を補正いたしまして19節 負担金、補助及び交付金の一般被保険者分として計上してございます。計上した理由としまして、去年の決算で約4億1,400万円になっております。そして平成23年度、今年度の見込額としましてこれをプラスして4億2,300万円ですので、見込みとして4億3,000万円を見込んでおりますので、まだまだ今後繰り入れが必要かと考えております。ふえた理由としまして、4大疾病等々、そして人工透析もふえてきておりますし、そして最近は目の手術がふえてきております。そういうことで、その辺の予防も含めて今後、力を入れていかなくてはいけないと考えております。続きまして、2項 高額療養費、1目 一般被保険者高額療養費、そのほうも同じことでございますが、今回1,000万円を計上して6,500万円ということになります。去年の決算が6,100万円でございますので、見込額が6,600万円ですから、このほうは何とか間に合っていくのではないかと考えております。

 続きまして8款 保健事業費、1項 特定健康診査等事業費、1目 特定健康診査事業費を9,000円ほど補正しております。これは人数の追加分でございまして、195円掛ける43人分ということで8,385円、9,000円計上してございます。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第37号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第37号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第37号 平成23年度宜野座村国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第37号は、原案のとおり可決されました。



△日程第2.議案第38号 平成23年度宜野座村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第38号 平成23年度宜野座村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 本案件は、歳入歳出予算の総額3,700万1,000円に、歳入歳出それぞれ28万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,728万1,000円とする案件でございます。

 補正の内容と詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) では議案第38号 平成23年度宜野座村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を御説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第38号                                          ┃
┃                                               ┃
┃         平成23年度宜野座村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)         ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年度宜野座村の後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。  ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算の補正)                                   ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額37,001千円に、歳入歳出それぞれ280千円を追加し、歳入歳出予算の総額を ┃
┃ 歳入歳出それぞれ37,281千円とする。                             ┃
┃2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、 ┃
┃ 「第1表 歳入歳出予算補正」による。                            ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃5 繰    越    金│             │      1│    280│     281┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 繰    越    金│      1│    280│     281┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃       歳   入   合   計       │   37,001│    280│   37,281┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃1 後期高齢者医療広域  │             │   36,989│    264│   37,253┃
┃  連 合 納 付 金  │             │      │     │      ┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 後期高齢者医療広域  │   36,989│    264│   37,253┃
┃             │  連 合 納 付 金  │      │     │      ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃2 諸  支  出  金 │             │      3│    16│     19┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 償還金及び還付加算金 │      2│    16│     18┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃       歳   出   合   計       │   37,001│    280│   37,281┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


 こちらのほうも平成22年度の決算に伴う繰り越し分でございます。

 3ページをお開きください。歳入で5款 繰越金、1項 繰越金、1目 繰越金でございます。28万円。

 歳出のほうです。1款 後期高齢者医療広域連合納付金、1項 後期高齢者医療広域連合納付金、1目 後期高齢者医療広域連合納付金でございます。これは普通徴収保険料(滞納繰越分)でございまして、26万4,000円。

 そして2款 諸支出金、1項 償還金及び還付加算金の中で1目 保険料還付金が発生しております。1万6,000円。これは途中で亡くなられた方や他市町村へ移動なさった方に対して還付が発生しております。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第38号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第38号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第38号 平成23年度宜野座村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第38号は、原案のとおり可決されました。



△日程第3.議案第39号 宜野座村税条例等の一部を改正する条例についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第39号 宜野座村税条例等の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 本案件は、地方税法等の一部を改正する法律が平成23年6月30日に公布されたことに伴い、宜野座村税条例等の一部を改正する案件でございます。

 条例の改正内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) ただいま提案されています議案第39号について御説明させていただきます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第39号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             宜野座村税条例等の一部を改正する条例について            ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村税条例等の一部を別紙のように改正したいので議会の議決を求める。           ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃              宜野座村税条例等の一部を改正する条例               ┃
┃                                               ┃
┃ (宜野座村税条例の一部改正)                                ┃
┃第1条 宜野座村税条例(昭和47年条例第30号)の一部を次のように改正する。           ┃
┃  第26条第1項中「3万円」を「10万円」に改める。                      ┃
┃  第34条の7を次のように改める。                              ┃
┃ (寄附金税額控除)                                     ┃
┃第34条の7 所得割の納税義務者が、前年中に法第314条の7第1項第1号及び第2号に掲げる寄附金又 ┃
┃ は次に掲げる寄附金を支出した場合においては、法第314条の7第1項に規定するところにより控除す ┃
┃ べき額(当該納税義務者が前年中に同項第1号に掲げる寄附金を支出した場合にあつては、当該控除す┃
┃ べき金額に特例控除額を加算した金額。以下この項において「控除額」という。)をその者の第34条の┃
┃ 3及び前条の規定を適用した場合の所得割の額から控除するものとする。この場合において、当該控除┃
┃ 額が当該所得割の額を超えるときは、当該控除額は、当該所得割の額に相当する金額とする。    ┃
┃ (1)所得税法施行令第217条第5号に規定する社会福祉法人に対する寄附金(村内に事務所又は事業 ┃
┃   所を有する法人で、かつ、当該法人の主たる目的である業務に関連するものに限る。)     ┃
┃2 前項の特例控除額は、法第314条の7第2項に定めるところにより計算した金額とする。      ┃
┃  第36条の3第2項中「各号に掲げる」を「に規定する」に改める。               ┃
┃  第36条の4第1項中「納税義務者のうち」を「納税義務者が」に、「3万円」を「10万円」に改め ┃
┃ る。                                            ┃
┃  第53条の10第1項中「3万円」を「10万円」に改める。                    ┃
┃  第61条第9項及び第10項中「第349条の3第11項」を「第349条の3第12項」に改める。      ┃
┃  第65条第1項、第75条第1項及び第88条第1項中「3万円」を「10万円」に改める。       ┃
┃  第100条の次に次の1条を加える。                              ┃
┃ (たばこ税に係る不申告に関する過料)                            ┃
┃第100条の2 たばこ税の申告納税者が正当な事由がなくて第98条第1項又は第2項の規定による申告書 ┃
┃ を当該各項に規定する申告書の提出期限までに提出しなかつた場合においては、その者に対し、10万円┃
┃ 以下の過料を科する。                                    ┃
┃ 2 前項の過料の額は、情状により、村長が定める。                      ┃
┃ 3 第1項の過料を徴収する場合において発する納入通知書に指定すべき納期限は、その発付の日から┃
┃ 10日以内とする。                                      ┃
┃ 第105条の次に次の1条を加える。                               ┃
┃ (鉱産税に係る不申告に関する過料)                             ┃
┃第105条の2 鉱産税の納税者が正当な事由がなくて前条の規定による申告書を同条に規定する申告書の ┃
┃ 提出期限までに提出しなかつた場合においては、その者に対し、10万円以下の過料を科する。    ┃
┃2 前項の過料の額は、情状により、村長が定める。                       ┃
┃3 第1項の過料を徴収する場合において発する納入通知書に指定すべき納期限は、その発付の日から ┃
┃ 10日以内とする。                                      ┃
┃ 第107条第1項及び第133条第1項中「3万円」を「10万円」に改める。              ┃
┃ 第139条の2を第139条の3とし、第139条の次に次の1条を加える。                ┃
┃ (特別土地保有税に係る不申告に関する過料)                         ┃
┃第139条の2 特別土地保有税の納税義務者が正当な事由がなくて前条第1項の規定による申告書を同項 ┃
┃ に規定する申告書の提出期限までに提出しなかつた場合においては、その者に対し、10万円以下の過料┃
┃ を科する。                                         ┃
┃2 前項の過料の額は、情状により、村長が定める。                       ┃
┃3 第1項の過料を徴収する場合において発する納入通知書に指定すべき納期限は、その発付の日から10┃
┃ 日以内とする。                                       ┃
┃  附則第7条の4を次のように改める。                            ┃
┃ (寄附金税額控除における特例控除額の特例)                         ┃
┃第7条の4 第34条の7の規定の適用を受ける村民税の所得割の納税義務者が、法第314条の7第2項第 ┃
┃ 2号若しくは第3号に掲げる場合に該当する場合又は第34条の3第2項に規定する課税総所得金額、課┃
┃ 税退職所得金額及び課税山林所得金額を有しない場合であつて、当該納税義務者の前年中の所得につい┃
┃ て、附則第16条の3第1項、附則第16条の4第1項、附則第17条第1項、附則第18条第1項、附則第19┃
┃ 条第1項又は附則第20条の2第1項の規定の適用を受けるときは、第34条の7第2項に規定する特例控┃
┃ 除額は、同項の規定にかかわらず、法附則第5条の5第2項に定めるところにより計算した金額とす ┃
┃ る。                                            ┃
┃  附則第8条第1項中「平成24年度」を「平成27年度」に、「所得割の納税義務者が前年中に租税特別┃
┃ 措置法第25条第1項各号に掲げる売却の方法により当該各号に定める肉用牛を売却し、かつ、その売却┃
┃ した肉用牛がすべて同項に規定する免税対象飼育牛(次項において「免税対象飼育牛」という。)であ┃
┃ る場合(その売却した肉用牛の頭数の合計が2,000頭以内である場合に限る。)」を「法附則第6条第 ┃
┃ 4項に規定する場合」に、「送達されるとき」を「送達される時」に、「その肉用牛」を「肉用牛」 ┃
┃ に、「同法」を「租税特別措置法」に改め、「(前年の第33条第1項に規定する総所得金額に係る村民┃
┃ 税の所得割の額から、当該事業所得がないものとして計算した場合における同項の総所得金額に係る村┃
┃ 民税の所得割の額を控除した額とする。)」を削り、同条第2項中「所得割の納税義務者が前年中に租┃
┃ 税特別措置法第25条第1項各号に掲げる売却の方法により当該各号に定める肉用牛を売却し、かつ、そ┃
┃ の売却した肉用牛のうちに免税対象飼育牛に該当しないもの又は免税対象飼育牛に該当する肉用牛の頭┃
┃ 数の合計が2,000頭を超える場合の当該超える部分の免税対象飼育牛が含まれている場合(その売却し ┃
┃ た肉用牛がすべて免税対象飼育牛に該当しないものである場合を含む。)」を「法附則第6条第5項に┃
┃ 規定する場合」に、「その肉用牛」を「肉用牛」に、「同法」を「租税特別措置法」に、「次に掲げる┃
┃ 金額」を「法附則第6条第5項各号に掲げる金額」に改め、同項各号を削る。           ┃
┃  附則第10条の2第4項中「第31条の規定による認定」を「第7条第1項の登録」に改める。    ┃
┃  附則第16条の3第3項第2号中「、附則第7条の3の2第1項及び附則第7条の4」を「及び附則第┃
┃ 7条の3の2第1項」に、「、第34条の7第1項中「山林所得金額」とあるのは「山林所得金額並びに┃
┃ 附則第16条の3第1項に規定する上場株式等に係る配当所得の金額」と、同項前段」を「、第34条の7┃
┃ 第1項前段」に改め、「、同条第2項及び附則第7条の4中「所得割の額」とあるのは「所得割の額並┃
┃ びに附則第16条の4第1項の規定による村民税の所得割の額の合計額」と」を削る。        ┃
┃  附則第16条の4第3項第2号中「、附則第7条の3の2第1項及び附則第7条の4」を「及び附則第┃
┃ 7条の3の2第1項」に、「、第34条の7第1項中「山林所得金額」とあるのは「山林所得金額並びに┃
┃ 附則第16条の4第1項に規定する土地等に係る事業所得等の金額」と、同項前段」を「、第34条の7第┃
┃ 1項前段」に改め、「、同条第2項及び附則第7条の4中「所得割の額」とあるのは「所得割の額並び┃
┃ に附則第16条の4第1項の規定による村民税の所得割の額の合計額」と」を削る。         ┃
┃  附則第17条第3項第2号中「、附則第7条の3の2第1項及び附則第7条の4」を「及び附則第7条┃
┃ の3の2第1項」に、「、第34条の7第1項中「山林所得金額」とあるのは「山林所得金額並びに附則┃
┃ 第17条第1項に規定する長期譲渡所得の金額」と、同項前段」を「、第34条の7第1項前段」に改め、┃
┃ 「、同条第2項及び附則第7条の4中「所得割の額」とあるのは「所得割の額並びに附則第17条第1項┃
┃ の規定による村民税の所得割の額の合計額」と」を削る。                    ┃
┃  附則第18条第5項第2号中「、附則第7条の3の2第1項及び附則第7条の4」を「及び附則第7条┃
┃ の3の2第1項」に、「、第34条の7第1項中「山林所得金額」とあるのは「山林所得金額並びに附則┃
┃ 第18条第1項に規定する短期譲渡所得の金額」と、同項前段」を「、第34条の7第1項前段」に改め、┃
┃ 「、同条第2項及び附則第7条の4中「所得割の額」とあるのは「所得割の額並びに附則第18条第1項┃
┃ の規定による村民税の所得割の額の合計額」」を削る。                     ┃
┃  附則第19条第2項第2号中「、附則第7条の3の2第1項及び附則第7条の4」を「及び附則第7条┃
┃ の3の2第1項」に、「、第34条の7第1項中「山林所得金額」とあるのは「山林所得金額並びに附則┃
┃ 第19条第1項に規定する株式等に係る譲渡所得等の金額」と、同項前段」を「、第34条の7第1項前 ┃
┃ 段」に改め、「、同条第2項及び附則第7条の4中「所得割の額」とあるのは「所得割の額並びに附則┃
┃ 第19条第1項の規定による村民税の所得割の額の合計額」と」を削る。              ┃
┃  附則第20条の2第2項第2号中「、附則第7条の3の2第1項及び附則第7条の4」を「及び附則第┃
┃ 7条の3の2第1項」に、「、第34条の7第1項中「山林所得金額」とあるのは「山林所得金額並びに┃
┃ 附則第20条の2第1項に規定する先物取引に係る雑所得等の金額」と、同項前段」を「、第34条の7第┃
┃ 1項前段」に改め、「、同条第2項及び附則第7条の4中「所得割の額」とあるのは「所得割の額並び┃
┃ に附則第20条の2第1項の規定による村民税の所得割の額の合計額」と」を削る。         ┃
┃  附則第20条の4第2項第2号中「、附則第7条の3の2第1項及び附則第7条の4」を「及び附則第┃
┃ 7条の3の2第1項」に、「、第34条の7第1項中「山林所得金額」とあるのは「山林所得金額並びに┃
┃ 附則第20条の4第1項に規定する条約適用利子等の額」と、同項前段」を「、第34条の7第1項前段」┃
┃ に改め、「、同条第2項及び附則第7条の4中「所得割の額」とあるのは「所得割の額並びに附則第20┃
┃ 条の4第1項の規定による村民税の所得割の額の合計額」と」を削り、同条第5項第2号中「、附則第┃
┃ 7条の3の2第1項及び附則第7条の4」を「及び附則第7条の3の2第1項」に、「、第34条の7第┃
┃ 1項中「山林所得金額」とあるのは「山林所得金額並びに附則第20条の4第3項に規定する条約適用配┃
┃ 当等の額」と、同項前段」を「、第34条の7第1項前段」に改め、「、同条第2項及び附則第7条の4┃
┃ 中「所得割の額」とあるのは「所得割の額並びに附則第20条の4第3項の規定による村民税の所得割の┃
┃ 額の合計額」と」を削る。                                  ┃
┃ (宜野座村税条例の一部を改正する条例の一部改正)                      ┃
┃第2条 宜野座村税条例の一部を改正する条例(平成20年条例第14号)の一部を次のように改正する。 ┃
┃  附則第2条第5項中「新条例第34条の7」を「宜野座村税条例の一部を改正する条例(平成23年条例┃
┃ 第  号)による改正後の条例第34条の7」に改め、同条第9項、第16項及び第21項中「平成23年12月┃
┃ 31日」を「平成25年12月31日」に改める。                           ┃
┃第3条 宜野座村税条例の一部を改正する条例(平成22年条例第10号)の一部を次のように改正する。 ┃
┃  附則第1条第4号中「平成25年1月1日」を「平成27年1月1日」に改める。          ┃
┃  附則第2条第6項中「平成25年度」を「平成27年度」に改める。                ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ (施行期日)                                        ┃
┃第1条 この条例は、公布の日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定める日か┃
┃ ら施行する。                                        ┃
┃ (1)第1条中宜野座村税条例第26条第1項の改正規定、同条例第36条の4第1項の改正規定(「3万┃
┃   円」を「10万円」に改める部分に限る。)、同条例第53条の10第1項、第65条第1項、第75条第1┃
┃   項及び第88条第1項の改正規定、同条例第100条の次に1条を加える改正規定、同条例第105条の次┃
┃   に1条を加える改正規定、同条例第107条第1項及び第133条第1項の改正規定、同条例第139条の ┃
┃   2を第139条の3とし、第139条の次に1条を加える改正規定並びに附則第5条の規定 公布の日か┃
┃   ら起算して2月を経過した日                               ┃
┃ (2)第1条中宜野座村税条例附則第8条の改正規定及び次条第5項の規定 平成25年1月1日   ┃
┃ (3)第1条中宜野座村税条例附則10条の2第4項の改正規定 高齢者の居住の安定確保に関する法律┃
┃   等の一部を改正する法律(平成23年法律第32号)の施行の日                 ┃
┃ (村民税に関する経過措置)                                 ┃
┃第2条 第1条の規定による改正後の宜野座村税条例(以下「新条例」という。)第34条の7の規定は、┃
┃ 村民税の所得割の納税義務者が平成23年1月1日以後に支出する地方税法(昭和25年法律第226号)第 ┃
┃ 314条の7第1項第1号及び第2号に掲げる寄附金並びに新条例第34条の7第1項各号に掲げる寄附金 ┃
┃ 又は金銭について適用する。                                 ┃
┃2 新条例附則第8条の規定は、平成25年度以後の年度分の個人の村民税について適用し、第1条の規定┃
┃ による改正前の宜野座村税条例(以下「旧条例」という。)附則第8条第1項に規定する免税対象飼育┃
┃ 牛に係る所得に係る平成24年度分までの個人の村民税については、なお従前の例による。      ┃
┃ (固定資産税に関する経過措置)                               ┃
┃第3条 別段の定めがあるものを除き、新条例の規定中固定資産税に関する部分は、平成23年度以後の年┃
┃ 度分の固定資産税について適用し、平成22年度分までの固定資産税については、なお従前の例による。┃
┃2 新条例附則第10条の2第4項の規定は、附則第1条第3号に定める日以後に新築される同項に規定す┃
┃ る貸家住宅に対して課すべき平成23年度以後の年度分の固定資産税について適用し、高齢者の居住の安┃
┃ 定確保に関する法律(平成13年法律第26号)の施行の日から同号に定める日の前日までの間に新築され┃
┃ た同号に掲げる規定による改正前の地方税法附則第15条の8第4項に規定する高齢者向け優良賃貸住宅┃
┃ である貸家住宅については、なお従前の例による。                       ┃
┃ (宜野座村税条例の一部を改正する条例の一部改正に伴う経過措置)               ┃
┃第4条 施行日から平成23年12月31日までの間における改正後の宜野座村税条例の一部を改正する条例 ┃
┃ (平成20年条例第14号)附則第2条第5項中「宜野座村税条例の一部を改正する条例(平成23年条例第┃
┃   号)による改正後の条例第34条の7」とあるのは「新条例第34条の7」とする。        ┃
┃ (罰則に関する経過措置)                                  ┃
┃第5条 この条例(附則第1条各号に掲げる規定にあっては、当該規定。以下この条において同じ。)の┃
┃ 施行前にした行為並びにこの附則の規定によりなお従前の例によることとされる村税及びこの附則の規┃
┃ 定によりなお効力を有することとされる旧条例の規定に係る村税に係るこの条例の施行後にした行為に┃
┃ 対する罰則の適用については、なお従前の例による。                      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 本案件は、地方税法の一部を改正する法律が平成23年6月30日に公布されたことに伴い、宜野座村税条例等の一部改正の主な改正について御説明申し上げます。

 今回の改正は過料の上限を3万円から10万円に改正したことと、寄附金税額控除の適用下減額を5,000円から2,000円に引き下げたことです。

 附則の改正に関しましては、寄附金税額控除における地方税法の改正による条文の整理とそれぞれの項目について施行日を定める条文であります。

 次に、附則第2条から第5条に関しましては、村民税、固定資産税、村税条例の一部を改正する条例の一部改正及び罰則に関する経過措置を規定しているものであります。以上です。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第39号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第39号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第39号 宜野座村税条例等の一部を改正する条例についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第39号は、原案のとおり可決されました。



△日程第4.議案第40号 宜野座村暴力団排除条例の制定についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第40号 宜野座村暴力団排除条例の制定について御説明申し上げます。

 本案件は、沖縄県において暴力団員による不当な行為が県民生活に不当な影響を及ぼしている現状にかんがみ、社会が一丸となって暴力排除活動を推進し、村民の安全かつ平穏な生活の確保を図るため条例を制定する案件でございます。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第40号 宜野座村暴力団排除条例の制定について御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第40号                                          ┃
┃                                               ┃
┃              宜野座村暴力団排除条例の制定について               ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村暴力団排除条例を別紙のように制定したいので議会の議決を求める。           ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃                  宜野座村暴力団排除条例                  ┃
┃                                               ┃
┃ (目的)                                          ┃
┃第1条 この条例は、沖縄県内において暴力団員による不当な行為が県民生活に不当な影響を及ぼしてい┃
┃ る現状に鑑み、暴力排除活動に関し、基本理念を定め、宜野座村(以下「村」という。)及び村民等の┃
┃ 責務を明らかにするとともに、暴力排除活動に関する施策等を定めることにより、村民の安全かつ平穏┃
┃ な生活の確保を図ることを目的とする。                            ┃
┃ (定義)                                          ┃
┃第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。┃
┃ (1)暴力団 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下「法」と┃
┃   いう。)第2条第2号に規定する暴力団をいう。                      ┃
┃ (2)暴力団員 法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。                  ┃
┃ (3)暴力排除活動 暴力団員による不当な行為を防止し、及びこれにより村民生活又は事業活動に生┃
┃   じた不当な影響を排除するための活動をいう。                       ┃
┃ (4)村民等 村民及び事業者をいう。                            ┃
┃ (基本理念)                                        ┃
┃第3条 暴力団の排除は、村及び村民等が、暴力団が社会に対し悪影響を与える存在であることを認識 ┃
┃ し、「暴力団を利用しない」、「暴力団に金を出さない」、「暴力団を恐れない」という基本事項を遵┃
┃ 守した上で、村及び村民等が互いに密接な連携を図りながら協力して推進されなければならない。  ┃
┃ (村の責務)                                        ┃
┃第4条 村は、村民等の協力を得るとともに、沖縄県、他の市町村その他暴力団員による不当な行為の防┃
┃ 止を目的とする団体と連携を図りながら、暴力排除活動に関する施策を総合的に推進するものとする。┃
┃ (村民等の責務)                                      ┃
┃第5条 村民は、村が推進する暴力排除活動に関する施策に協力するよう努めるものとする。     ┃
┃2 事業者は、その行う事業に関し、暴力団員による不当な行為の防止及びこれによる不当な影響の排除┃
┃ に取り組むとともに、村が実施する暴力排除活動に関する施策に協力するよう努めるものとする。  ┃
┃3 村民等は、暴力団員による不当な行為に関する情報を得たときは、当該情報を村又は警察その他の関┃
┃ 係機関に提供するよう努めるものとする。                           ┃
┃ (村の事務及び事業における措置)                              ┃
┃第6条 村は、公共工事その他の村の事務又は事業が、暴力団員による不当な行為を助長することとなら┃
┃ ないように、暴力団員及び暴力団員と密接な関係を有する者を村が実施する入札に参加させない等の必┃
┃ 要な措置を講ずるものとする。                                ┃
┃ (公の施設における措置)                                  ┃
┃第7条 村長若しくは教育委員会又は指定管理者(地方自治法(昭和22年法律第67条)第244条の2第3 ┃
┃ 項に規定する指定管理者をいう。)は、同法第244条第1項に規定する公の施設の利用が暴力団の利益 ┃
┃ となると認めるときは、当該公の施設の管理について定める他の条例の規定にかかわらず、当該公の施┃
┃ 設の利用の許可若しくは承認をせず、又は既にした当該利用の許可若しくは承認を取り消す等の利用の┃
┃ 制限に関する処分を行うことができる。                            ┃
┃ (村民等に対する支援)                                   ┃
┃第8条 村は、村民等が安心して暴力排除活動に取り組むことができるように、村民等に対し、情報の提┃
┃ 供、助言、指導その他の必要な支援を行うものとする。                     ┃
┃ (広報及び啓発)                                      ┃
┃第9条 村は、暴力排除活動に関し、村民等への知識の普及及び意識の高揚を図るため、必要な広報活動┃
┃ 及び啓発活動を行うものとする。                               ┃
┃ (青少年に対する教育)                                   ┃
┃第10条 村は、青少年に対し、暴力団員による不当な行為を受けないようにするための教育、指導その他┃
┃ の必要な支援を行うものとする。                               ┃
┃ (利益の供与の禁止)                                    ┃
┃第11条 村民は、暴力団の威力を利用することにより暴力団員又は暴力団員が指定した者に対して、金品┃
┃ その他の財産上の利益の供与をしてはならない。                        ┃
┃ (委任)                                          ┃
┃第12条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、村長が別に定める。   ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この条例は、平成23年10月1日から施行する。                         ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 この条例につきましては、1条から12条までございます。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第40号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第40号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第40号 宜野座村暴力団排除条例の制定についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第40号は、原案のとおり可決されました。



△日程第5.議案第41号 宜野座村の公平委員会の事務の委託に関する規約を定める協議についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第41号 宜野座村の公平委員会の事務の委託に関する規約を定める協議について御説明申し上げます。

 本案件は、宜野座村の公平委員会の事務の委託を行うことについて沖縄県と協議をするため、地方自治法第252条の14第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により議会の議決を求める案件でございます。

 規約の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第41号を御説明申し上げます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第41号                                          ┃
┃                                               ┃
┃              宜野座村の公平委員会の事務の委託に関する             ┃
┃              規約を定める協議について                     ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村の公平委員会の事務の委託に関する別紙の規約を定める協議をすることについて、地方自治法┃
┃(昭和22年法律第67号)第252条の14第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により議会の┃
┃議決を求める。                                        ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃            宜野座村と沖縄県との間の公平委員会の事務の委託            ┃
┃            に関する規約                             ┃
┃                                               ┃
┃ (公平委員会の事務の委託)                                 ┃
┃第1条 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第7条第4項の規定に基づき、宜野座村(以下「甲」と ┃
┃ いう。)は、同法第8条第2項に規定する公平委員会の事務を沖縄県(以下「乙」という。)に委託す┃
┃ る。                                            ┃
┃ (管理及び執行の方法)                                   ┃
┃第2条 乙が前条の規定により委託を受けた事務(以下「委託事務」という。)の管理及び執行について┃
┃ は、乙の条例、規則及び人事委員会規則その他の規定の定めるところによる。           ┃
┃ (経費)                                          ┃
┃第3条 委託事務を処理する場合において要する経費は、乙が支弁する。ただし、その費用は、甲が負担┃
┃ するものとする。                                      ┃
┃ (その他必要な事項)                                    ┃
┃第4条 この規約に定めるもののほか、委託事務の処理に関し必要な事項は、甲と乙とが協議して定め ┃
┃ る。                                            ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この規約は、平成24年4月1日から施行する。                         ┃
┃                                               ┃
┃提案理由                                           ┃
┃ 宜野座村の公平委員会の事務の委託を行うことについて、沖縄県と協議するには、地方自治法第252条 ┃
┃の14第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により議会の議決を必要とするため。    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 確認したいことがあるのでよろしくお願いします。

 この公平委員会については、地方公務員の労働基本権が制限されていることに対しての代償措置の一つとして設けられたものということで、地方公務員法第7条においてその設置が義務づけられているとありますけれども、これまで本村においては、委員会自体はどのような形でやられていたのか。そのあたり教えていただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 まず公平委員会の内容について御説明したいと思います。これまで県内市町村におきましては、公平委員会の権限に属する事務というのがございますが、これまで沖縄の復帰に伴う地方税関係以外の自治省関係の法令の適用につきましては、特別措置に関する政令がございまして、これが切れるということがございました。その間は県の人事委員会において処理されてきております。復帰後、相当期間が経過している関係がございまして、平成24年5月15日に特例措置が廃止されることになっております。今後、この地方公務員法の主旨を踏まえまして、公平委員会の措置に関する対応としましては、単独の設置、共同の設置、一部事務組合の方式、県人事委員会への委託と、この4つの方法がございまして、今回、村のほうとしては県人事委員会へ事務委託をするということが決定されました。これまで村においては、そういった事例というのはございませんでした。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) わかりました。県のほうでこれまでやられていたということでありますね。ただ、その費用は甲が負担するものとありますけれども、これについては何か問題があったときに費用負担するものなのか。経常的に出ていく費用があるのか、その辺の確認をして終わりたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 再度、當眞 淳議員に御説明いたします。

 この負担につきましては、やはり事例が発生した時点でその都度対応していきたいということでございます。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第41号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第41号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第41号 宜野座村の公平委員会の事務の委託に関する規約を定める協議についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第41号は、原案のとおり可決されました。



△日程第6.議案第42号 北部広域市町村圏事務組合規約の変更についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第42号 北部広域市町村圏事務組合規約の変更について御説明申し上げます。

 本案件は、名護市宇茂佐地区の住所表示変更の実施に伴い、北部市町村圏事務組合の事務所の位置に関する規定を変更する必要があるため、同組合規約の一部を変更する案件でございます。

 詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) では議案第42号 北部広域市町村圏事務組合規約の変更について説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第42号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             北部広域市町村圏事務組合規約の変更について             ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第286条の規定により、北部広域市町村圏事務組合規約を次のとお ┃
┃り変更する。                                         ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┃           北部広域市町村圏事務組合規約の一部を変更する規約            ┃
┃                                               ┃
┃ 北部広域市町村圏事務組合規約(平成4年県指令総第731号)の一部を次のように変更する。     ┃
┃                                               ┃
┃ 第4条中「名護市字宇茂佐」を「名護市宇茂佐の森」に改める。                 ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この規約は、組合を組織する市町村の協議の整った日から施行する。               ┃
┃                                               ┃
┃提案理由                                           ┃
┃ 名護市宇茂佐地区の住所表示変更の実施に伴い、北部広域市町村圏事務組合規約第4条の事務所の位置┃
┃について変更する必要があり、同組合規約第4条について変更をするため、地方自治法第290条の規定に ┃
┃基づき提案する。                                       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第42号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第42号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第42号 北部広域市町村圏事務組合規約の変更についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第42号は、原案のとおり可決されました。



△日程第7.議案第43号 平成22年度漢那漁港改修工事(その2)の請負改定契約についてを議題といたします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第43号 平成22年度漢那漁港改修工事(その2)の請負改定契約について御説明申し上げます。

 本工事は、平成22年度から農林水産省の補助事業により整備を進めております漢那漁港地域水産物供給基盤整備事業の平成22年度繰り越し分の工事請負改定契約について、議会の議決を求める案件でございます。

 詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第43号                                          ┃
┃                                               ┃
┃         平成22年度漢那漁港改修工事(その2)の請負改定契約について         ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第5号及び宜野座村議会の議決に付すべき契約及び財┃
┃産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求める。              ┃
┃                                               ┃
┃                      記                        ┃
┃                                               ┃
┃1 契約の目的 : 平成22年度漢那漁港改修工事(その2)                   ┃
┃2 契約金額  : (1)変更前契約金額    一金  89,260,500円             ┃
┃           うち取引にかかる消費税   一金 4,250,500円              ┃
┃           及び地方消費税の額                           ┃
┃          (2)変更後契約金額    一金 112,072,500円              ┃
┃           うち取引にかかる消費税   一金 5,336,785円              ┃
┃           及び地方消費税の額                           ┃
┃                                               ┃
┃4 契約の相手方                                       ┃
┃  受 注 者 住  所 : 沖縄県宜野座村字惣慶1696番地の1                ┃
┃        名  称 : 有限会社玉城電気設備                      ┃
┃        氏  名 : 代表取締役 玉 城 精 進                   ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年9月13日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 続きまして、内容を御説明いたします。

 次のページに請負改定契約書の写しを添付してございます。主なものを御説明いたします。

 工事場所、宜野座村字漢那地内。変更後契約金額につきましては先ほど説明したとおりでございます。ほかは省略いたします。

 それから次のページに平面図及び縦断図、そして標準断面図を添付してございます。それに基づいて大まかな工事の概要を説明いたします。

 平面図の青い色は元請負契約の部分でございます。赤色の部分が改定契約の箇所でございます。内容といたしましては、南側の突堤Aの延長20メートル。元請延長が10メートル。その右側の短い部分が突堤Bでございます。延長15メートル。それから物揚げ場の車止め及び係船柱、そういう工事内容になっております。

 断面図は参考までにごらんいただきたいと思います。以上で説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 新里文康議員。



◆9番(新里文康) この件については入札差金で工事するんですか。その点お願いします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 新里議員にお答えいたします。

 そのとおりでございます。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第43号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第43号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第43号 平成22年度漢那漁港改修工事(その2)の請負改定契約についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第43号は、原案のとおり可決されました。

 暫時休憩します。            (11時10分)

 再開します。              (11時11分)

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれで散会します。(11時11分)