議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成23年第4回定例会 06月22日−02号




平成23年第4回定例会 − 06月22日−02号







平成23年第4回定例会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃              平成23年第4回宜野座村議会定例会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 23 年 6 月 21 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 散 の 日 時 │開 議│  平成23年6月22日 午前10時06分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │散 会│  平成23年6月22日 午後3時03分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  石 川 幹 也  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  安 富   繁  │ ○ │ 10 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃出 席   12 名 │ 3 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 11 │  島 袋   榮  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃欠 席   0 名 │ 5 │  伊 芸 朝 健  │ ○ │ 12 │  仲 本   彰  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃  凡   例   │ 6 │  當 眞   淳  │ ○ │ 13 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │   │          │   ┃
┃×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │   │          │   ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 5 │   伊 芸 朝 健     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 6 │   當 眞   淳     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事 務 局 長│  津嘉山 博 文                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │係     長│  山 内 慶 一                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │産業振興課長 │  山 城   智  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │副  村  長│  仲宗根   勲  │建 設 課 長│  仲 間 正 哲  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │上下水道課長 │  山 城 次 雄  ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  新 里 民 夫  │学校教育課長 │  平 田 嗣 義  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃により説明のため  │総 務 課 長│  島 田 忠 博  │社会教育課長 │  照 屋 忠 利  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │企 画 課 長│  仲 程   正  │       │          ┃
┃出席した者の職氏名 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │村民生活課長 │  金 武   司  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │健康福祉課長 │  末 石 森 春  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃          │事 務 局 長│          │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃会 議 の 経 過 │別 紙 の と お り                          ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





        平成23年第4回宜野座村議会定例会議事日程(第2号)

                                        平成23年6月22日
                                        開 議 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │議案第31号   │平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第1号)について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │議案第32号   │宜野座村イチゴ等栽培施設の設置及び管理に関する条例の制定について ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  3  │承認第1号   │宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について    ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  4  │承認第2号   │宜野座村国民健康保険条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認につ┃
┃    │        │いて                               ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  5  │承認第3号   │宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認につ┃
┃    │        │いて                               ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) これから本日の会議を開きます。(10時06分)



△日程第1.議案第31号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第1号)についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第31号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。

 本案件は、歳入歳出予算の総額63億8,400万円に歳入歳出それぞれ8,384万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ64億6,784万8,000円とする案件でございます。

 歳入については、財政調整基金繰入金5,098万5,000円、再編交付金基金繰入金1,660万円、サーバーファーム使用料676万5,000円の増額が主なものであります。

 歳出につきましては、てんぷす宜野座振興公社出資金2,500万円、宜野座中学校公有財産購入費1,602万5,000円、地域資源魅力向上事業1,660万円、サーバーファーム施設整備基金繰入金676万5,000円の増額が主なものであります。

 補正の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第31号につきまして、御説明を申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第31号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第1号)            ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年度宜野座村の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。         ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算の補正)                                   ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額6,384,000千円に歳入歳出それぞれ82,498千円を追加し、歳入歳出予算の総 ┃
┃ 額を歳入歳出それぞれ6,466,498千円とする。                          ┃
┃2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の金額は、「第1表 歳入歳┃
┃ 出予算補正」による。                                    ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年6月21日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃14 使用料及び手数料   │             │   254,077│   9,900│   263,977┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 使    用    料│   250,500│   6,765│   257,265┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 手    数    料│    3,577│   3,135│    6,712┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃16 県  支  出  金 │             │   877,186│   3,060│   880,246┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 県  補  助  金 │   759,082│   3,060│   762,142┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃19 繰    入    金│             │   317,644│  66,235│   383,879┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 基 金 繰 入 金  │   317,643│  66,235│   383,878┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃21 諸    収    入│             │   143,266│   3,303│   146,569┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │4 雑         入│   142,506│   3,303│   145,809┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃       歳   入   合   計       │  6,384,000│  82,498│  6,466,498┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃2 総    務    費│             │  1,712,233│  49,240│  1,761,473┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 総 務 管 理 費  │  1,592,539│  48,923│  1,641,462┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │3 戸籍住民基本台帳費  │   36,008│    317│   36,325┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │5 統 計 調 査 費  │     343│     0│     343┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃4 衛    生    費│             │   403,394│   3,356│   406,750┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 清    掃    費│   100,027│   3,356│   103,383┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃6 農 林 水 産 業 費│             │  1,255,684│     0│  1,255,684┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 農    業    費│   961,833│     0│   961,833┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │3 水  産  業  費 │   285,183│     0│   285,183┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃7 商    工    費│             │   12,413│   2,661│   15,074┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 商    工    費│   12,413│   2,661│   15,074┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃8 土    木    費│             │   487,926│    107│   488,033┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 道路橋りょう費    │   417,603│    107│   417,710┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃9 消    防    費│             │   124,930│   2,317│   127,247┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 消    防    費│   124,930│   2,317│   127,247┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃10 教    育    費│             │   973,498│  18,052│   991,550┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 教 育 総 務 費  │   109,593│    139│   109,732┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 小  学  校  費 │   456,741│    438│   457,179┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │3 中  学  校  費 │   55,948│  16,325│   72,273┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │5 社 会 教 育 費  │   172,785│     0│   172,785┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │6 保 健 体 育 費  │   146,790│   1,150│   147,940┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃13 諸  支  出  金 │             │   51,585│   6,765│   58,350┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 基    金    費│   51,583│   6,765│   58,348┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃       歳   出   合   計       │  6,384,00│  82,498│  6,466,498┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


 6ページからお願いしたいと思います。6ページ、7ページでございます。歳入、14款 使用料及び手数料、1項 使用料、4目 総務使用料、補正額が676万5,000円でございます。これにつきましては、施設使用料としまして第2サーバーファームの分でございまして、オリックスコールセンター、これは10カ月分でございます。それからアイ・ソリューションズ、11カ月分、計676万5,000円の使用料でございます。なお、これは歳出のほうでも説明したいと思っております。2項 手数料、3目 衛生手数料でございます。補正額が313万5,000円。これにつきましては3節 一般廃棄物処理手数料、これはごみ袋でございまして、特大が60円、大が30円、中20円ということで、特大につきましては1,500枚、大が5万4,500枚、中が7万500枚、計12万6,500枚の分でございます。

 16款 県支出金、2項 県補助金、1目 総務費県補助金、補正額が306万円。これにつきましては、6節 北部地域産業振興事業補助金ということで、CEATEC JAPANという事業がありますが、それに絡む補助率75%の分でございます。

 それから19款 繰入金、2項 基金繰入金、1目 基金繰入金、補正額が6,758万5,000円。1節 財政調整期金繰入金が5,098万5,000円、それから18節 宜野座村再編交付金基金繰入金、キャンプ・シュワブ関連でございます。1,660万円でございます。これにつきましても歳出のほうで御説明したいと思います。

 21款 諸収入、4項 雑入、5目 雑入、補正額が330万3,000円。これにつきましては、平成22年度全国高等学校総合体育大会がありましたが、それの実行委員会の補助金の残の返納分ということでございます。

 次、歳出を説明したいと思います。8ページ、9ページでございます。1款 議会費、1項 議会費、1目 議会費、補正額が135万円。これにつきましては旅費ということで、特別旅費、南米3カ国県人会創立記念事業派遣事業の分でございます。ペルー県人会創立100周年、ブラジル県人会85周年、アルゼンチン県人会60周年ということで、この3カ国の記念式典に参加する経費でございます。

 2款 総務費、1項 総務管理費、1目 一般管理費、補正額が180万円。これにつきましては当局分、先ほど申し上げました当局分の旅費、それから交際費用ということで計上してございます。次、2目 文書広報費、補正額105万円の減でございますが、これにつきましては、当初一般財源で計上しておりましたが、補助金で対応できるということで、財源の変更ということで減額してございます。5目 財産管理費、補正額213万8,000円。これは用地購入費で、公有財産購入費でございまして、宜野座小学校のグラウンドですが、上地商店向かいの国道側、この分が未買収ということで残っておりました。地主が1名でございまして、78平米でございます。その分の用地購入費でございます。6目 企画費、補正額が4,603万5,000円。9節 旅費の68万8,000円でございますが、これは11ページのほうを御参照ください。北部地域産業振興事業、県外旅費ということで、先ほど歳入でも説明しましたが、CEATEC JAPAN出展企画への参加旅費ということでございます。それから元に戻りまして、13節 委託料でございます。1,466万5,000円。これにつきましては、1,127万3,000円の地域資源魅力向上事業委託料、村紹介ビデオ・パンフレット作成等の経費1,127万3,000円。それから11ページにございますが、同じく339万2,000円という委託料がございます。CEATEC JAPANブース出展企画・IDCセミナー企画の経費でございます。元に戻りまして9ページでございます。19節 負担金、補助及び交付金568万2,000円。これにつきましては、補助金532万7,000円と、次の11ページでございますが、35万5,000円、金武湾開発推進協議会負担金ということです。うるま市、金武町、宜野座村、人口割、均等割ということで、宜野座村の分でございます。次、10ページ、11ページをお願いしたいと思います。2款総務費、3項 戸籍住民基本台帳費、1目 国籍住民基本台帳費、補正額が31万7,000円。これにつきましては修繕費ということで、UPSバッテリー交換・バックアップテープ交換、これは非常用電源ということでございます。パソコン関係、電算関係のバックアップ等でございます。2款 総務費、5項 統計調査費、1目 統計調査総務費。この項目につきましては、節内の組み替えでございます。9節 旅費、11節 需用費、それから2目 指定統計費からの組み替えでございます。

 次のページをお願いしたいと思います。12、13ページでございます。4款 衛生費、2項 清掃費、2目 塵芥処理費です。補正額が335万6,000円。これにつきましては、先ほど歳入でも説明しましたが、11節 需用費のところで印刷製本費、ごみ袋製版代等でございまして、ごみ袋が173万925円。それから印刷製版代ということで34万6,500円、計207万8,000円計上してございます。それから手数料、これはバーコード登録手数料1万3,000円。それから13節 委託料、一般廃棄物処理手数料徴収事務委託料、先ほど12万6,500枚の金額がございましたが、これの10円分を計上してございます。

 それから6款 農林水産業費、1項 農業費、5目 農地費。これにつきましても11節、14節、15節の節内組み替えでございます。御参照ください。それから6款 農林水産業費、3項 水産業費、2目 水産業振興費。これにつきましても15節と18節の節内組み替えでございます。よろしくお願いいたします。

 次、14ページ、15ページをお願いいたします。7款 商工費、1項 商工費、2目 商工業振興費、補正額が266万1,000円。これにつきましては、商工業振興事業ということで地域力活用∞全国展開プロジェクト補助金ということで、村負担分の3分の1の分でございます。

 8款 土木費、2項 道路橋りょう費、3目 道路新設改良費、補正額が10万7,000円。これにつきましては、嘱託職員等の費用弁償、通勤手当等でございます。

 次、9款 消防費、1項 消防費、2目 災害対策費、補正額が231万7,000円。これにつきましては、当初予算で災害対策費を組んでおりましたが、地域災害対策の製本、あれの見直しを行うということで計上しておりましたが、委員報酬が抜けておりました。それから費用弁償ということで、それぞれ3回分を計上してございます。それから委託料ということで、今回新たに出ておりますが、海抜表示板設置委託料を今考えております。看板制作が60カ所分、それから地形測量は地形図からある程度わかってはいるんですが、漏れがあるということで、水準測量などを適時見ようということで計上してございます。それから使用料、不発弾調査用船使用料ということです。これは不発弾が宜野座近海、漁港近くにあるということがわかりまして、その分の漁船の案内使用料でございます。

 それから16ページ、17ページ、10款 教育費、1項 教育総務費、2目 事務局費、補正額が13万9,000円。これは村営塾の備品購入費でございまして、副塾長の分の机、いす、それから辞書、和英、英和、国語辞典の備えつけの辞書を買おうということでございます。10款 教育費、2項 小学校費、3目 学校建設費、補正額が43万8,000円。これは松田小学校の建設に伴う建設検討委員会の報償金、それから普通旅費、食糧費等でございます。次、18ページ、19ページをお願いいたします。10款 教育費、3項 中学校費、3目 学校建設費の補正額が1,632万5,000円。これにつきましては宜野座中学校用地購入費、これは2筆ございます。主が1名でございまして、一つの筆が951.47平米、それから281.22平米、計1,232.69平米ということでございます。1,602万5,000円の用地購入費でございます。上の移転登記は、この用地購入に伴う登記委託料でございます。なお、10款 教育費、5目 社会教育費、3目 文化財保護費につきましても、節内組み替えでございます。よろしくお願いいたします。20、21ページをお願いいたします。10款 教育費、6項 保健体育費、2目 体育施設費、補正額が115万円。これにつきましては、施設管理委託料ということで、総合体育館のラインが変わると。これは日本バスケットボール協会の競技規則の変更がありまして、新規ラインを引かなくてはいけないということで、今回計上してございます。

 13款 諸支出金、2項 基金費、15目 サーバーファーム施設整備基金積立金。先ほど歳入でも説明しましたが、積立金ということで676万5,000円。使用料の分を積み立てするということでございます。

 以上、説明を終わりたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 何点か確認させてください。

 南米3カ国の派遣のものについては後からいろいろとあると思うので、それについては質問を省いて、それ以外の確認したいのだけ教えてください。

 8、9ページをお願いします。2款 総務費、1項 総務管理費、5目 財産管理費、宜野座小学校未買収土地購入なんですけれども、中学校の用地購入費は中学校費のほうで購入されているんです。その予算計上がされておりますけれども、小学校のものは総務のほうでということで、本来、小学校費のほうで計上すべきではないのかという、予算の組み方の問題ですけれども、そこは問題ないのかお願いします。

 それから15ページの消防費です。9款 消防費、1項 消防費、2目 災害対策費、13節 委託料、海抜表示板設置委託料。これについては、どういった形で委託をしていくのか、その予定を教えていただきたいと思います。

 それから18、19ページですけれども、10款 教育費、3項 中学校費、3目 学校建設費の中の17節 公有財産購入費。中学校の場所的なものがわかりませんので、その内容をお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 當眞 淳議員にお答えします。

 まず8ページ、9ページの用地購入費の件でございますが、これにつきましては国道用地等の関係もございまして、国道との隣接というものでもあったものですから、財産的には総務費の財産購入費で入れて購入しようということでございます。基本的には財産購入という名目で総務のほうの財産に入れてあるんですが、村の普通財産ということでございます。今回は総務のほうに入れてありますが、別に分けた理由というのはございません。とにかく国道との絡みがあったということで総務のほうに入れたということでございます。

 続けて15ページの海抜表示板の件について説明をしたいと思います。これにつきましては、いろいろやり方があるんですが、電柱等にプラスチック表示板になると思うんですが、それに張りつけしようということで、その制作費を見ております。それからそれの設置にかかる費用ということでございます。それからそれに伴う水準測量、一式ということで。要するに看板をつくる費用と、それから設置する費用ということでございます。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 6番 當眞 淳議員にお答えいたします。

 19ページの公有財産購入費の宜野座中学校公有財産購入費の場所ということですが、場所につきましては、今普通教室ができ上がりまして、その西側になります。現場事務所があった部分の一部の場所ということであります。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 予算計上については、結果的には普通財産ということで、どちらも一緒かもしれませんけれども、計上としては教育費のほうだったのではないかという気がしております。そのあたり、結果は一緒ですけれども、国道とどうこうというのはどうなのかなという気がしております。これについては了とします。

 それから海抜表示については、このレベル、水準の高さ、それの確認等もあるということで、一部の業者からも地元業者、建設業とかでできるのではないかと。コンサルタントとかで高さを測るのではなくて、ある程度の高さというのは工事測量の中でできる範囲だと思いますので、そういった地元に還元するような形でやってほしいということ、これは要望であります。

 中学校の件に関しては、図面的なものもわからないので何とも言えないんですけれども、ちなみに単価は幾らになっていますか。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 再度お答えいたします。

 単価につきましては、平米単価1万3,000円の鑑定評価を入れましての結果でございます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 今の中学校の用地購入費、どういう使用用途になるのか。外壁、きちんと境界を積むのかどうか、それだけ教えていただけますか。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 3番 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 用途としまして、現在、学校の塀が校舎の後ろ側、新しい普通教室の後ろ側に進入路があります。裏の門がありまして、ブロックがある程度されてはいるんですけれども、そのところの道路を村としてもいずれは拡張の計画のことがあって、学校用地として中に少し入れようということで、その部分からすると、裏手の駐車場が少し狭くなってくるというようなことも含めて、そしてこの道路を利用しまして、入り口を今の惣慶中央線の道路側からではなくして、もっと中のほうに入って、給食の配膳のところがあるんですけれども、向こうのほうに乗り入れできるようにして、そして下のグラウンド、体育館のほうにつなごうというような格好で、駐車場の部分と、そして学校の農園、ちょっとした体験ができるような農園、そして進入路も含めて、そこの土地取得をするという方向であります。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 今の時点でこの話を聞くよりも、図面はないのかな。これがあるんだったら、今の質問をあんなに細かくしなくてもいいんですけれども、よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (10時30分)

 再開します。               (10時31分)

 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) 議会費のことなんですけれども、去る15日に議会運営委員会を開会いたしまして、そのときに補正予算はまだ委員会に出されていなくて、審議できなかったんですけれども、そのときに総務課長が南米3カ国県人会創立記念式典があるので、当局一人と議会一人の予算を組みますということの話があったんです。私は、議会運営委員会としては議会は組むなと、組んでくれるなとお願いしたんですけれども、こういうふうに3カ国県人会創立記念事業派遣旅費が議会費の中に一人分入っていますけれども、どうしてなのかお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 小渡久和議員にお答えいたします。

 確かに議会運営委員会の中では、議会の分につきましては計上してもらいたくないというお話がございました。ただ、公式的な文書が議会議長あて、それから当局の長あてに文書が来ております。そういうことから、やはりそういった文書を重く感じまして計上してございます。議長会から直接文書で来ておりますので、そういうことで計上してございます。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) この前、まだブラジル村人会創立50周年記念式典から帰って時期なんです。これはそのときにこれと一緒に、南米の、ブラジルの村人会も何でそれに合わせてできなかったのか。無駄な経費を使っているような気がしてならないんですよ。それも事前にわかっていたのかどうか、その点をお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 再度、小渡久和議員にお答えいたします。

 県人会創立記念につきましては事前に把握はしておりませんでした。これまで県民移住100周年とか、村人会創立30周年とか、その部分につきましてはつかんでいたんですが、県人会については3カ国同時にやるという話はつかんでおりませんでしたので、今回急に出たということでございます。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) わかりました。

 あとは休憩中にまた、議会の皆さんと少し話し合いをしたいと思いますので、休憩をお願いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (10時35分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (14時16分)

 訂正がありますので、発言を許します。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第31号の訂正がありますので、再度説明をいたします。

 歳入歳出予算の総額63億8,400万円に歳入歳出それぞれ8,249万8,000円を追加し、歳入歳出の総額をそれぞれ64億6,649万8,000円とする案件でございます。

 歳入については、財政調整基金繰入金で4,963万5,000円となりました。ほかは一緒でございますので、訂正をさせていただきます。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第31号の予算書の内容について、若干補足説明をしたいと思います。

 6ページ、7ページをお願いしたいと思います。先ほど説明したとおり、財政調整基金繰入金の金額が変更されております。4,963万5,000円に変更をお願いしたいと思っております。

 それから9ページでございますが、これは当初、議会費を計上しておりましたが、今回議会費を削除するということで、提案でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 11ページ、てんぷす宜野座振興公社への出資金2,500万円、去る議会から、この出資がなければ動かない、要するにタラソ沖縄が運営できないということで、基本的にはこの出資金については賛成するものでございますけれども、この出資をするに当たって、今までの状況というんですか、金の出入りがはっきりわからないものですから、その辺を確認する意味で、監査をもう一度きちんとやることができないのかどうか、その辺を村長はどう考えているのかお聞きしたいと思います。

 この2カ年間、タラソ沖縄の金の動きというのがはっきり見えないわけです。そこで今までのこの2カ年間、タラソ沖縄の金の動きについて、決算書は届いているけれども、中身が全然わからないということで、本来だとこの中身を本当はきちんと明確にすべきではないかと思っているわけですけれども、村長はその辺をどう考えるかお尋ねいたします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 當眞議員にお答えいたします。

 資金の流れと、それから決算書につきましては、やはり監査委員もいますし、あるいはまた税理士もいますし、そういう中できちんと法に基づく処理をされているということしか我々も確認していないところでございます。もし、當眞議員が疑問点とかがありましたらその分とか、資料等、あるいは必要でしたらまた説明を求めていけば、それに対してきちんと会社は説明できるかと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) ぜひそのようにしていただきたいと思います。私はこの件につきましては前から話しておりますとおり、金の動きが今の決算書と説明だけではまだ中身が見えていないということで、本当は調査特別委員会あたりででも再度それを調査して、きちんと金の動きを見て金が使われることを大変望んでいる次第でございます。今まで注いだお金が本当に身になるようにやっていただきたいと。それとあと一つは、何か新しくタラソ沖縄にも動きがあるようで、そういう動きも含めて総合的に検討していく中で、タラソ沖縄の立て直しを図っていただきたいと思うものですからその話をしているわけで、ひとつよろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) お聞きします。

 14ページ、15ページでございます。9款 消防費でございますが、14節 使用料及び賃借料、不発弾調査用船使用料11万6,000円があります。これは不発弾ということでございますが、場所はどの辺にあるのか。それと目測でもいいんですが、何発、どういった弾があるのか、その辺お聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 安富 繁議員にお答えいたします。

 15ページの使用料及び賃借料の不発弾調査用船使用料の件でございますが、これは実は漁民が発見しまして、これを海上保安庁、それから海上自衛隊に連絡するわけですが、その案内をする船、漁船なんですが、漁民を先頭にこの現場に連れて行くわけです。場所としては、漢那漁港沖合ということだけ聞いているんですが、まだはっきりした位置とか、この場所は今、私のほうではまだつかんでおりません。海上自衛隊のほうでその辺は確認しておりますので、近々処理の方法について、村のほうにまた確認するようになっております。そういうことで今現在、私のほうではその位置がどの場所というのは、はっきり今のところ言えない状況でございます。とにかく不発弾があるということは確認しておりまして、弾の種類とか、これもまだ未確認でございます。わかり次第、また後ほど報告したいと思っております。今わかっている状況はそのぐらいです。ただ、あるということで、確認を今させている状況です。



○議長(多嘉山朝安) 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) 再度確認しますが、場所も今わからない、個数、どういった弾かもわからないということなんですね。これから調査するということですね。わかりました。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 先ほどもやりましたけれども、確認のためにもう1点だけお願いします。

 南米3カ国県人会創立記念事業派遣なんですけれども、もう議会のほうはなくなりましたが、村当局はどなたが行かれる予定でしょうか。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 南米3カ国県人会創立記念式典の当局の派遣のメンバーでございますが、今、当局案では教育長を推薦して決定しております。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 石川幹也議員。



◆1番(石川幹也) 教えてもらいたいんですが、21ページの13節 委託料、体育館運営事業の中のバスケットボール新規格ライン引きが115万円組まれておりますが、これは妥当な金額なのか教えてもらいたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 照屋社会教育課長。



◎社会教育課長(照屋忠利) 石川幹也議員にお答えいたします。

 これについては3カ所から見積りをとっておりまして、それの一番低いものでやっております。



○議長(多嘉山朝安) 石川幹也議員。



◆1番(石川幹也) これは3コート分ということでしょうか。



○議長(多嘉山朝安) 照屋社会教育課長。



◎社会教育課長(照屋忠利) 再度お答えいたします。

 3コート分でございます。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第31号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第31号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第31号 平成23年度宜野座村一般会計補正予算(第1号)についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第31号は、原案のとおり可決されました。



△日程第2.議案第32号 宜野座村イチゴ等栽培施設の設置及び管理に関する条例の制定についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第32号 宜野座村イチゴ等栽培施設の設置及び管理に関する条例の制定について御説明申し上げます。

 本案件は、平成22年度特定地域経営支援整備事業により進めてまいりました宜野座村イチゴ等栽培施設が完成したことにより、条例を制定する案件でございます。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) それでは議案第32号について御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第32号                                          ┃
┃                                               ┃
┃        宜野座村イチゴ等栽培施設の設置及び管理に関する条例の制定について       ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村イチゴ等栽培施設の設置及び管理に関する条例を次のように制定したいので議会の議決を求め┃
┃る。                                             ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年6月21日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┃           宜野座村イチゴ等栽培施設の設置及び管理に関する条例           ┃
┃                                               ┃
┃ (目的及び設置)                                      ┃
┃第1条 農業の担い手の育成及び新規就農者を推進するため、宜野座村イチゴ等栽培施設(以下「リース┃
┃ ハウス」という。)を設置する。                               ┃
┃ (名称及び位置)                                      ┃
┃第2条 リースハウスの名称及び位置は、次のとおりとする。                   ┃
┃ ┌──────────────────┬────────────────────────┐ ┃
┃ │        名 称        │           位 置           │ ┃
┃ ├──────────────────┼────────────────────────┤ ┃
┃ │宜野座村イチゴ等栽培施設      │宜野座村字宜野座長門原1641番地の2、      │ ┃
┃ │(リースハウス)          │1642番地の1、1642番地の2、1643番地の1    │ ┃
┃ └──────────────────┴────────────────────────┘ ┃
┃ (使用許可)                                        ┃
┃第3条 リースハウスを使用する者(以下「使用者」という。)は、あらかじめ村長の許可を受けなけれ┃
┃ ばならない。                                        ┃
┃2 村長は、施設の管理上必要があると認めるときは、前項の使用許可に条件を付すことができる。  ┃
┃3 リースハウスの使用期間は、5年間とする。ただし、新規希望者の応募の状況及び使用実態等により┃
┃ 村長が必要があると認める場合は、その期間を延長することができる。              ┃
┃4 村長は、次の各号に該当するときは、第1項の許可を取り消すことができる。          ┃
┃ (1)施設の損傷又は毀損するおそれがあるとき。                       ┃
┃ (2)農作物が栽培されず遊休化する恐れがあるとき。                     ┃
┃ (3)使用料の支払いを怠ったとき。                             ┃
┃ (4)その他適正な管理がなされないおそれがあると村長が認めたとき。             ┃
┃5 前項の規定によって使用者が被った損失については、村はその責任を負わない。         ┃
┃ (使用料金)                                        ┃
┃第4条 リースハウスの使用料金は、別表のとおりとし、毎年3月末日までに1年度分の使用料金を納付┃
┃ しなければならない。ただし、特別な理由があるときは、この限りではない。           ┃
┃ (使用料金の免除)                                     ┃
┃第5条 村長は、特別な理由があると認めるときは、使用料金を減額又は免除することができる。   ┃
┃ (使用料金の還付)                                     ┃
┃第6条 既に納入された使用料金は還付しない。ただし、特別な理由があるときは、その全部又は一部を┃
┃ 還付することができる。                                   ┃
┃ (権利譲渡等の禁止)                                    ┃
┃第7条 使用者は、リー哀ハウスを使用する権利を譲渡又は転貸してはならない。          ┃
┃ (原状回復)                                        ┃
┃第8条 使用者は、リースハウスの使用期間が終了したときは、原状回復して返さなければならない。 ┃
┃ (損害賠償)                                        ┃
┃第9条 使用者は、故意又は重大な過失によりリースハウスを毀損、滅失したときは村長の定めるところ┃
┃ によりその損害を賠償しなければならない。                          ┃
┃ (委任)                                          ┃
┃第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、村長が別に定める。                 ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この条例は、公布の日から施行し、平成23年4月1日から適用する。               ┃
┃                                               ┃
┃別表(第4条関係)                                      ┃
┃   リースハウス使用料金                                  ┃
┃ ┌────────┬────────┬─────────┐                 ┃
┃ │ 年間基本料金 │   4,050?  │   627,000円  │                 ┃
┃ └────────┴────────┴─────────┘                 ┃
┃ 備考 その年の使用期限が1年未満の場合は、日割り計算とする。                ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 平米単価は154円であります。以上です。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 第4条の使用料金、その中で特別な理由があるときはという語がありますけれども、特別というのはどういうものなのか。それから第5条、使用料金の免除、使用料金を減額又は免除とございます。それと第6条の還付金、特別な理由があるときは、その全部又は一部還付するということがありますけれども、その3点について御説明をお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 伊芸朝健議員にお答えいたします。

 第4条、これは第5条、第6条も関連すると思いますので、その特別な理由なんですが、自然災害でやむを得ず出荷できない場合、そして全国的、また広域的に病気が発生し、収穫できないなど、そしていろいろ遺伝子組替等の障害、被害が出た場合とかが考えられます。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 今、産業振興課長のほうから自然災害とか遺伝子とかいろいろありましたけれども、これと関連いたしまして、きのうも質問の中で新規就農者のことで質問いたしましたけれども、最近の県のデータからしますと、新規就農者の減少があると。村の政策の中でも農業とうたわれております。その中で最近、離農者が大分ふえていると。あとは農村地域で跡継ぎがいないという状況もございまして、このイチゴの施設と関連しまして、現在、イチゴ農家が3名いらっしゃると聞いています。これは後継者育成センターの修了生で、大変農業に熱意を持って頑張っている青年なんです。この青年などは、自分でイチゴをつくったのを加工して、それから商品をつくっているんです。これは現在、未来ぎのざでも売っているんですけれども、大変評判がよいです。こういうふうに自分でつくった地産地消の商品を自分で加工して売るという工程は、余り村内で見えないんです。そういうことからしまして、この青年などは、いろいろ資料を見ていますと、私の資料の中で、収穫するまで収入がないものですから、それは自治体のほうで何年か、農業者育成のために支援しているというのがあります。今、本村で就農支援事業を余り聞いたことがないんですけれども、その就農支援事業を今後考えているのか、ひとつ村長のほうからお聞きしたいと思っています。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 伊芸朝健議員にお答えいたします。

 後継者育成のための政策を、本村は他市町村に比べていち早くやってこられたということを自負しているところでございます。そういう事例といたしましては、やはり後継者育成センターを設立しまして、さらに後継者の研修制度を設けてきたと。さらには研修終了後の就農の場合に、非常に資金もかかるということから、そのためのリースハウスの設置、さらには今回のイチゴ団地の設置もそういうことでございまして、新規就農者、あるいは後継者育成センターの卒業生を優先的にそのリースハウスを活用させたいということも一つの新規就農に対する支援という形でしております。さらに県の補助を得て、新規就農者がそこでの備品的施設の整備をする場合にも、昨年その事業も導入して、村も負担金を出して支援した経緯がございますし、また今後そういう形で何かと支援できるものがありましたら、さらにはまた就農者の要望等も聞きながら、できるだけ支援していきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) ひとつ農業者育成のためにぜひ頑張っていただきたいと思っております。

 最後に、別表第4条関係でリースハウスの使用料金とございまして、4,050平米、62万7,000円、平米当たり155円、坪当たり512円となっていますけれども、この使用料金の算定はどのようにされたかお聞きしたいと思います。

 それとこの新規就農者には、先ほども申し上げたように、しばらくは収入がありませんので、この辺を第4条、第5条のほうで、どうにか面倒を見ていただく方法もないのか。その2点についてお伺いします。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 伊芸朝健議員にお答えいたします。

 1番目の単価の積算根拠でございますが、このハウスの設置費にかかりました事業費の村費負担分をそのハウスの耐用年数で割って出したものでございます。耐用年数も温室の本体とかベンチ、また作業等それぞれ違うんですが、その耐用年数で割って出しております。

 次、2番目の使用料の免除等の支援のことなんですが、これに関しましては、その事情、特別な理由を認める場合ですので、それをこちらで十分に審議して、考えていきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) このハウスは完成しているのかどうかお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 小渡議員にお答えいたします。

 既に完成しております。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) 今、利用しているのか、これもお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 小渡議員にお答えいたします。

 11月あたりから苗の育成を始めて、現在も作付をして栽培をしております。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) 11月から入って、貸し付けしてやっているということでありますので。借地している方々、だれが借りているのか。個人なのか、それとも団体なのか、それを聞かせていただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 小渡議員にお答えいたします。

 今、3名の農家の方が組合、ストロベリーファームという組合をつくりまして営農しております。その3名のうちの2人が、後継者育成センターの卒業生でございます。あと1名につきましては、当初予定しておりました1名が都合により参加できなくなりましたので、育成センターでイチゴ栽培講習を受けた青年を選んでおります。

 3名のお名前です。菅野里志、名城政人、石川貴章、以上の3名です。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) 2人は地元の方、1人は村外の方と受けとめてよろしいんですか。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) 菅野さんは出身は本土なんですが、後継者育成センターの卒業生ということであります。住所は漢那にございます。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) この3名とも宜野座村に居住しているということでよろしいですか。



○議長(多嘉山朝安) 山城産業振興課長。



◎産業振興課長(山城智) そうでございます。



○議長(多嘉山朝安) 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) そうであれば結構です。できればこうったものを早目にして、それで整ってから本当は貸していただきたかったんですけれども、事情が事業ですので、了とします。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第32号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第32号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第32号 宜野座村イチゴ等栽培施設の設置及び管理に関する条例の制定についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第32号は、原案のとおり可決されました。



△日程第3.承認第1号 宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 承認第1号 宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について御説明申し上げます。

 本案件は、地方税法等の一部を改正する法律(平成23年法律第30号)、地方税法施行令の一部を改正する政令(平成23年政令第113号)及び地方税法施行規則等の一部を改正する省令(平成23年総務省令第44号)が平成23年4月27日に公布され、同日から施行することに伴い、宜野座村税条例の一部を改正する必要があるが、議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分いたしました。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、承認くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 金武村民生活課長。



◎村民生活課長(金武司) ただいま提案されています承認第1号について御説明させていただきます。

 先ほど村長から提案理由の説明がありましたように、平成23年4月27日付で公布されております平成23年度地方税法等の改正に伴い、宜野座村税条例の一部改正の主な改正について御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃承認第1号                                          ┃
┃                                               ┃
┃            宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の            ┃
┃            承認について                             ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定に基づき、別紙のとおり専決処分したので、 ┃
┃同条第3項の規定により、これを報告し、承認を求める。                     ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年6月21日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                 専  決  処  分  書                 ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、宜野座村税条例(昭和47年条例第30 ┃
┃号)の一部を改正する条例を別紙のとおり専決処分する。                     ┃
┃                                               ┃
┃理   由                                          ┃
┃ 本件は、地方税法等の一部を改正する法律(平成23年法律第30号)、地方税法施行令の一部を改正する┃
┃政令(平成23年政令第113号)及び地方税法施行規則等の一部を改正する省令(平成23年総務省令第44  ┃
┃号)が平成23年4月27日に公布され、同日から施行されることになりました。            ┃
┃ これに伴い、宜野座村税条例の一部を改正し同年4月27日より施行する必要があるが、同条例の改正に┃
┃ついて議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分する。  ┃
┃                                               ┃
┃                                 平成23年4月27日      ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃               宜野座村税条例の一部を改正する条例               ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村税条例(昭和47年宜野座村条例第30号)の一部を次のように改正する。          ┃
┃ 附則に次の3条を加える。                                  ┃
┃ (東日本大震災に係る雑損控除額等の特例)                          ┃
┃第22条 所得割の納税義務者の選択により、法附則第42条第3項に規定する特例損失金額(以下この条に┃
┃ おいて「特例損失金額」という。)については、平成22年において生じた法第314条の2第1項第1号 ┃
┃ 規定する損失の金額として、この条例の規定を適用することができる。この場合において、第34条の2┃
┃ にの規定により控除された金額に係る当該特例損失金額は、その者の平成24年度以後の年度分の村民税┃
┃ に係るこの条例の規定の適用については、平成23年において生じなかつたものとみなす。      ┃
┃2 前項の規定の適用を受けた所得割の納税義務者の同項の規定により適用される第34条の2の規定によ┃
┃ り控除された金額に係る特例損失金額が平成24年以後の各年において生じたものである場合における前┃
┃ 項の規定の適用については、同項中「平成23年」とあるのは、「当該特例損失金額が生じた年」とす ┃
┃ る。                                            ┃
┃3 第1項前段の場合において、第34条の2の規定により控除された金額に係る特例損失金額のうちに、┃
┃ 同項の規定の適用を受けた者と生計を一にする令第48条の6第1項に規定する親族の有する法附則第42┃
┃ 条第3項に規定する資産について受けた損失の金額(以下この条において「親族資産損失額」とい  ┃
┃ う。)があるときは、当該親族資産損失額は、当該親族の平成24年度以後の年度分の村民税に係るこの┃
┃ 条例の規定の適用については、平成23年において生じなかつたものとみなす。           ┃
┃4 第1項の規定の適用を受けた所得割の納税義務者の同項の規定により適用される第34条の2の規定に┃
┃ より控除された金額に係る親族資産損失額が平成24年以後の各年において生じたものである場合におけ┃
┃ る前項の規定の適用については、同項中「平成23年」とあるのは、「当該親族資産損失額が生じた年」┃
┃ とする。                                          ┃
┃5 第1項の規定は、平成23年度分の第36条の2第1項又は第4項の規定による申告書(その提出期限後┃
┃ において村民税の納税通知書が送達される時までに提出されたもの及びその時までに提出された第36条┃
┃ の3第1項の確定申告書を含む。)に第1項の規定の適用を受けようとする旨の記載がある場合(これ┃
┃ らの申告書にその記載がないことについてやむを得ない理由があると村長が認める場合を含む。)に限┃
┃ り、適用する。                                       ┃
┃ (東日本大震災に係る住宅借入金等特別税額控除の適用期限の特例)               ┃
┃第23条 所得割の納税義務者が前年分の所得税につき東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時┃
┃ 特例に関する法律(平成23年法律第29号)第13条第1項の規定の適用を受けた場合における附則第7条┃
┃ の3及び附則第7条の3の2の規定の適用については、附則第7条の3第1項中「租税特別措置法第41┃
┃ 条又は第41条の2の2」とあるのは「東日本大震災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する┃
┃ 法律(平成23年法律第29号)第13条第1項の規定により読み替えて適用される租税特別措置法第41条又┃
┃ は同項の規定により適用される租税特別措置法第41条の2の2」と、「法附則第4条の4第6項」とあ┃
┃ るのは「法附則第45条第2項の規定により読み替えて適用される法附則第5条の4第6項」と、附則第┃
┃ 7条の3の2第1項中「租税特別措置法第41条又は第41条の2の2」とあるのは「東日本大震災の被災┃
┃ 者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律第13条第1項の規定により読み替えて適用される租税┃
┃ 特別措置法第41条又は同項の規定により適用される租税特別措置法第41条の2の2」と、「法附則第5┃
┃ 条の4の2第5項」とあるのは「法附則第45条第2項の規定により読み替えて適用される法附則第5条┃
┃ の4の2第5項」と、同条第2項第2号中「租税特別措置法第41条の2の2」とあるのは「東日本大震┃
┃ 災の被災者等に係る国税関係法律の臨時特例に関する法律第13条第1項の規定により適用される租税特┃
┃ 別措置法第41条の2の2」とする。                              ┃
┃ (東日本大震災に係る固定資産税の特例の適用を受けようとする者がすべき申告等)        ┃
┃第24条 法附則第56条第1項(同条第2項において準用する場合を含む。)の規定の適用を受けようとす┃
┃ る者は、当該年度の初日の属する年の1月31日(第54条第5項の規定により同項に規定する仮換地等に┃
┃ 係る同条第1項の所有者とみなされた者が当該仮換地等について法附則第56条第6項(同条第7項にお┃
┃ いて準用する場合を含む。)の規定により読み替えて適用される同条第1項の規定の適用を受けようと┃
┃ する場合にあっては、1月31日)までに次に掲げる事項を記載した申告書を村長に提出しなければなら┃
┃ ない。                                           ┃
┃ (1)納税義務者の住所及び氏名又は名称並びに当該納税義務者が令附則第33条第1項第3号から第5┃
┃   号まで又は第3項第3号から第5号までに掲げる者である場合にあつては、同条第1項第1号若し┃
┃   くは第2号又は第3項第1号若しくは第2号に掲げる者との関係               ┃
┃ (2)法附則第56条第1項に規定する被災住宅用地の上に平成23年度に係る賦課期日において存した家┃
┃   屋の所有者及び家屋番号                                 ┃
┃ (3)当該年度に係る賦課期日において法附則第56条第1項(同条第2項において準用する場合及び同┃
┃   条第6項(同条第7項において準用する場合を含む。)の規定により読み替えて適用される場合を┃
┃   含む。)の規定の適用を受けようとする土地を法第349条の3の2第1項に規定する家屋の敷地の ┃
┃   用に供する土地として使用することができない理由                     ┃
┃ (4)その他村長が固定資産税の賦課徴収に関し必要と認める事項                ┃
┃2 法附則第56条第1項(同条第2項において準用する場合を含む。)の規定の適用を受ける土地に係る┃
┃ 平成24年度から平成33年度までの各年度分の固定資産税については、第74条の規定は適用しない。  ┃
┃3 法附則第56条第4項に規定する特定被災共用土地(以下この項において「特定被災共用土地」とい ┃
┃ う。)に係る固定資産税額の按分の申出は、同項に規定する特定被災共用土地納税義務者(以下この ┃
┃ 項において「特定被災共用土地納税義務者」という。)の代表者が毎年1月31日までに次の各号に掲 ┃
┃ げる事項を記載した申出書を村長に提出して行わなければならない。               ┃
┃ (1)代表者の住所及び氏名                                 ┃
┃ (2)特定被災共用土地の所在、地番、地目及び地積並びにその用途               ┃
┃ (3)特定被災共用土地に係る法附則第56条第3項に規定する被災区分所有家屋の所在、家屋番号、種┃
┃   類、構造及び床面積並びにその用途                            ┃
┃ (4)各特定被災共用土地納税義務者の住所及び氏名並びに当該各特定被災共用土地納税義務者の当該┃
┃   特定被災共用土地に係る持分の割合                            ┃
┃ (5)法附則第56条第3項の規定により按分する場合に用いられる割合に準じて定めた割合及び当該割┃
┃   合の算定方法                                      ┃
┃4 法附則第56条第9項の規定により特定被災共用土地とみなされた仮換地等(以下この項において「仮┃
┃ 換地等」という。)に係る固定資産税額の按分の申出については、前項中「特定被災共用土地納税義務┃
┃ 者」とあるのは「仮換地等納税義務者」と、「特定被災共用土地の」とあるのは「仮換地等の」と、 ┃
┃ 「特定被災共用土地に」とあるのは「仮換地等に対応する従前の土地である特定被災共用土地に」とす┃
┃ る。                                            ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この条例は、公布の日から施行する。ただし、附則に3条を加える改正規定(附則第23条に係る部分に┃
┃限る。)は、平成24年1月1日から施行する。                          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 今回の主な改正は、附則第21条の次に次の3条を加える改正で、内容については、東日本大震災により住宅や家財等の損失について次の特例措置を講じることとしたことです。

 第22条は村民税関係で、その損失額を平成22年度分の総所得金額等から雑損控除として控除できることとしたことで、通常の雑損控除は損失の金額から保険等で補てんした額を差し引いて、さらに総所得の5%を差し引いた額と災害関係支出の金額から保険で補てんした額を差し引いて、さらに5万円を差し引いた金額のどちらか多い金額を雑損控除としています。また、雑損控除を適用して、前年度の総所得金額から控除しきれない損失額についての繰越期間を3年から5年に延ばしたことです。

 第23条は、住宅借入金等特別税額控除の適用を受けていた住宅が東日本大震災により居住の用に供することができなくなった場合においても、控除対象期間の残りの期間について、引き続き税額控除を適用できることとしています。

 第24条は固定資産税についてで、東日本大震災により滅失、損壊した家屋、土地等の所在市町村に係る特例で、平成23年度分の固定資産税を課さないものとする特例措置を講じることとしたことです。

 附則、この条例は公布の日から施行する。ただし、附則に3条を加える改正規定(附則第23条に係る部分に限る。)は、平成24年1月1日から施行する。以上です。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 承認第1号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第1号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから承認第1号 宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第1号は、原案のとおり承認されました。



△日程第4.承認第2号 宜野座村国民健康保険条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 承認第2号 宜野座村国民健康保険条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認について御説明申し上げます。

 本案件は、平成21年10月から平成23年3月までの間、暫定的に引き上げた出産育児一時金の支給額について、平成23年4月から恒久化されることに伴い、宜野座村国民健康保険条例の一部を改正し、同年4月1日から施行する必要があります。同条例の改正について議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしました。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長より説明いたしますので、御審議の上、承認くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) それでは承認第2号について御説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃承認第2号                                          ┃
┃                                               ┃
┃         宜野座村国民健康保険条例等の一部を改正する条例の専決処分の         ┃
┃         承認について                                ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定に基づき、別紙のとおり専決処分したので、 ┃
┃同条第3項の規定により、これを報告し、承認を求める。                     ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年6月21日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                 専  決  処  分  書                 ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、宜野座村国民健康保険条例(昭和48 ┃
┃年条例第16号)及び宜野座村国民健康保険条例の一部を改正する条例(平成21年条例第24号)の一部を改┃
┃正する条例を別紙のとおり専決処分する。                            ┃
┃                                               ┃
┃理   由                                          ┃
┃ 平成21年10月から平成23年3月までの間、暫定的に引き上げられた出産育児一時金の支給額について、┃
┃平成23年4月から恒久化されることになりました。                        ┃
┃ これに伴い、宜野座村国民健康保険条例等の一部を改正し同年4月1日から施行する必要があるが、同┃
┃条例の改正について議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決 ┃
┃処分する。                                          ┃
┃                                               ┃
┃                                 平成23年3月30日      ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃            宜野座村国民健康保険条例等の一部を改正する条例            ┃
┃                                               ┃
┃ (宜野座村国民健康保険条例の一部改正)                           ┃
┃第1条 宜野座村国民健康保険条例(昭和48年条例第16号)の一部を次のように改正する。      ┃
┃ 第6条第1項中「350,000円」を「390,000円」に改める。                    ┃
┃ (宜野座村国民健康保険条例の一部を改正する条例の一部改正)                 ┃
┃第2条 宜野座村国民健康保険条例の一部を改正する条例(平成21年条例第24号)の一部を次のように ┃
┃ 改正する。                                         ┃
┃  附則第3項を削る。                                    ┃
┃   附 則                                         ┃
┃1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。                        ┃
┃2 施行日前に出産した被保険者に係る宜野座村国民健康保険条例第6条の規定による出産育児一時金 ┃
┃ の額については、なお従前の例による。                            ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 3枚目のほうをお開きください。この改正につきましては、厚労省の健康保険法施行令等の一部を改正する政令の施行に伴うものでございます。

 まず第1条の中段に、第6条第1項中「350,000円」を「390,000円」に改めるということと、そして第2条の附則第3項を削る。附則、この条例は、平成23年4月1日から施行すると。2号で、施行日前に出産した被保険者に係る宜野座村国民健康保険条例第6条の規定による出産育児一時金の額については、なお従前の例によるということでございます。

 4枚目に新旧対照表をつけてございますので、お目通しください。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 承認第2号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第2号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから承認第2号 宜野座村国民健康保険条例等の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第2号は、原案のとおり承認されました。



△日程第5.承認第3号 宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 承認第3号 宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について御説明申し上げます。

 本案件は、地方税法施行令の一部を改正する政令(平成23年政令第44号)が平成23年3月30日に公布され、原則として同年4月1日から施行されるたことに伴い、宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正し同年4月1日より施行する必要があります。同条例の改正について議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分いたしました。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長より説明いたしますので、御審議の上、承認くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) それでは承認第3号について御説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃承認第3号                                          ┃
┃                                               ┃
┃         宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の         ┃
┃         承認について                                ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定に基づき、別紙のとおり専決処分したので、 ┃
┃同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。                      ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年6月21日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                 専  決  処  分  書                 ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、宜野座村国民健康保険税条例(昭和 ┃
┃48年条例第17号)の一部を改正する条例を別紙のとおり専決処分する。               ┃
┃                                               ┃
┃理   由                                          ┃
┃ 地方税法施行令の一部を改正する政令(平成23年政令第44号)は、平成23年3月30日に公布され、原則┃
┃として同年4月1日から施行されることになりました。                      ┃
┃ これに伴い、宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正し同年4月1日から施行する必要があるが、同┃
┃条例の改正について議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決 ┃
┃処分する。                                          ┃
┃                                               ┃
┃                                 平成23年3月30日      ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃            宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例            ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村国民健康保険税条例(昭和48年条例第17号)の一部を次のように改正する。        ┃
┃第2条第2項中「50万円」を「51万円」に改め、同条第3項中「13万円」を「14万円」に改め、同条第 ┃
┃4項中「10万円」を「12万円」に改める。                            ┃
┃ 第23条第1項中「50万円」を「51万円」に、「13万円」を「14万円」に、「10万円」を「12万円」に改┃
┃める。                                            ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ (施行期日)                                        ┃
┃1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。                        ┃
┃2 この条例による改正後の宜野座村国民健康保険税条例の規定は、平成23年度以後の年度分の国民健康┃
┃ 保険税について適用し、平成22年度分までの国民健康保険税については、、なお従前の例による。  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 3枚目をよろしくお願いします。この改正につきましては、地方税法施行令の一部を改正する政令の施行に伴う改正でございます。

 3行目に条例第2条第2項中「50万円」を「51万円」に改め、同条第3項中「13万円」を「14万円」に改め、同条第4項中「10万円」を「12万円」に改めると。そして第23条中にも同様の数字の変更がございます。

 国民健康保険税につきましては3種目の課税がございます。まず51万円に改めたのが基礎課税額に係る課税限度額でございます。そして14万円に改めたのが後期高齢者支援金等の課税額でございます。そして次に12万円に改めたのが介護納付金課税額の限度額でございます。主に所得が年間1,200万円以上の方が対象になります。そして土地の売買等々、本村では対象になる方が3名ないし4名で推移しているものと考えております。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 承認第3号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第3号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから承認第3号 宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第3号は、原案のとおり承認されました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれで散会します。(15時03分)