議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成23年第2回定例会 03月29日−06号




平成23年第2回定例会 − 03月29日−06号







平成23年第2回定例会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃              平成23年第2回宜野座村議会定例会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 23 年 3 月 8 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 閉 の 日 時 │開 議│  平成23年3月29日 午前10時04分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │閉 会│  平成23年3月29日 午前10時57分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  石 川 幹 也  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  安 富   繁  │ ○ │ 10 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃出 席   12 名 │ 3 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 11 │  島 袋   榮  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃欠 席   0 名 │ 5 │  伊 芸 朝 健  │ ○ │ 12 │  仲 本   彰  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃  凡   例   │ 6 │  當 眞   淳  │ ○ │ 13 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │   │          │   ┃
┃×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │   │          │   ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 12 │   仲 本   彰     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 1 │   石 川 幹 也     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事 務 局 長│  知 名 定 美                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │係     長│  山 内 慶 一                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │産業振興課長 │  津嘉山 博 文  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │副  村  長│  仲宗根   勲  │建 設 課 長│  仲 間 正 哲  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │上下水道課長 │  山 城 次 雄  ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  新 里 民 夫  │学校教育課長 │  平 田 嗣 義  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃により説明のため  │総 務 課 長│  島 田 忠 博  │社会教育課長 │  照 屋 忠 利  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │企 画 課 長│  仲 程   正  │       │          ┃
┃出席した者の職氏名 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │村民生活課長 │  山 川 清 八  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │健康福祉課長 │  末 石 森 春  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃          │事 務 局 長│          │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃会 議 の 経 過 │別 紙 の と お り                          ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





        平成23年第2回宜野座村議会定例会議事日程(第6号)

                                         平成23年3月29日
                                         開 議 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │議案第27号   │平成22年度宜野座村一般会計補正予算(第6号)について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │議案第28号   │宜野座村営学習塾設置条例の一部を改正する条例について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  3  │議案第29号   │漢那ダム周辺環境整備工事(土木)の請負改定契約について      ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  4  │同意第1号   │宜野座村教育委員会委員の任命について               ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  5  │        │予算特別委員会の閉会中の継続審査について             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) おはようございます。

 これから本日の会議を開きます。(10時04分)



△日程第1.議案第27号 平成22年度宜野座村一般会計補正予算(第6号)についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第27号 平成22年度宜野座村一般会計補正予算(第6号)について御説明申し上げます。

 本案件は、歳入歳出予算の総額68億5,959万6,000円に歳入歳出それぞれ3,104万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ68億2,854万7,000円とする案件でございます。

 歳入につきましては、財産収入、軍用地料で1,826万2,000円の増額、農業集落排水事業補助金で1,907万9,000円、さらにクリーンセンター維持管理費負担金324万円の減額が主なものであります。

 歳出につきましては、さきに述べました歳入に関連する事業の補正のほか、宜野座中学校本体建設工事2,000万円の減額が主なものでございます。

 なお、繰り越し事業は17件あり、総額8億1,881万7,000円となっております。

 補正の内容と詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第27号を説明申し上げます。

 その前に今村長から提案理由がありましたが、若干数字の訂正をお願いしたいと思います。クリーンセンター維持管理負担金324万円ということでございましたが、3,240万円減額でございます。よろしくお願いいたします。

 それでは説明したいと思います。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第27号                                          ┃
┃                                               ┃
┃            平成22年度宜野座村一般会計補正予算(第6号)             ┃
┃                                               ┃
┃ 平成22年度宜野座村の一般会計補正予算(第6号)は、次に定めるところによる。         ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算の補正)                                   ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額6,859,596千円に歳入歳出それぞれ31,049千円を減額し、歳入歳出予算の総 ┃
┃ 額を歳入歳出それぞれ6,828,547千円とする。                          ┃
┃2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の金額は、「第1表 歳入歳┃
┃ 出予算補正」による。                                    ┃
┃ (繰越明許費)                                       ┃
┃第2条 地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第 ┃
┃ 2表 繰越明許費」による。                                 ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月25日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                第1表  歳 入 歳 出 予 算 補 正
 歳 入                                     (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃1 村        税│             │   530,699│   5,275│   535,974┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │1 村    民    税│   152,151│   3,505│   155,656┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │2 固 定 資 産 税  │   343,587│   1,000│   344,587┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │3 軽 自 動 車 税  │   12,707│    770│   13,477┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃6 地方消費税交付金  │             │   39,042│   1,555│   40,597┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │1 地方消費税交付金   │   39,042│   1,555│   40,597┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃11 地 方 交 付 税 │             │  1,231,118│   6,929│  1,238,047┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │1 地 方 交 付 税  │  1,231,118│   6,929│  1,238,047┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃15 国 庫 支 出 金 │             │   832,468│  △3,203│   829,265┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │2 国 庫 補 助 金  │   600,671│  △3,203│   597,468┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃16 県  支  出  金│             │   969,940│ △20,764│   949,176┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │2 県  補  助  金 │   840,740│ △19,079│   821,661┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │3 委    託    金│   18,888│  △1,685│   17,203┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃17 財  産  収  入│             │  1,816,132│  19,925│  1,836,057┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │1 財 産 運 用 収 入│  1,816,068│  19,925│  1,835,993┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃18 寄    附    金│             │      2│    130│     132┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │1 寄    附    金│      2│    130│     132┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃19 繰    入    金│             │   298,103│  △3,182│   294,921┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │2 基 本 繰 入 金  │   298,102│  △3,182│   294,920┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃21 諸    収    入│             │   166,269│ △37,714│   128,555┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │4 雑         入│   164,248│ △37,714│   126,534┃
┠────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃        歳  入  合  計        │  6,859,596│ △31,049│  6,828,547┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


 歳 出                                     (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃2 総    務    費│             │  1,874,038│   3,116│  1,877,154┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │1 総 務 管 理 費  │  1,744,506│   6,885│  1,751,391┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │2 徴    税    費│   74,111│  △2,208│   71,903┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │4 選    挙    費│   15,847│  △1,561│   14,286┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃4 衛    生    費│             │   353,636│   △200│   353,436┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │1 保 健 衛 生 費  │   174,279│   △200│   174,079┃
┗━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃6 農 林 水 産 業 費  │             │  1,175,268│ △57,727│  1,117,541┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │1 農    業    費│   909,198│ △53,183│   856,015┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │3 水  産  業  費 │   245,274│  △4,544│   240,730┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃8 土    木    費│             │   511,323│  △7,966│   503,357┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │1 土 木 管 理 費  │   38,786│   △200│   38,586┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │2 道 路 橋 り ょ う 費 │   265,895│  △1,600│   264,295┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │3 河    川    費│    9,872│     4│    9,876┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │4 公    園    費│   34,736│  △6,170│   28,566┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │5 住    宅    費│   162,034│     0│   162,034┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃10 教    育    費│             │  1,189,787│ △17,375│  1,172,412┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │1 教 育 総 務 費  │   107,418│     0│   107,418┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │2 小  学  校  費 │   107,603│   △398│   107,205┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │3 中  学  校  費 │   579,483│ △16,977│   562,506┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │4 幼  稚  園  費 │   30,728│     0│   30,728┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │5 社 会 教 育 費  │   173,379│     0│   173,379┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │6 保 健 体 育 費  │   191,176│     0│   191,176┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃12 公    債    費│             │   271,803│    809│   272,612┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │1 公    債    費│   271,803│    809│   272,612┃
┠────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃13 諸  支  出  費│             │   183,503│  48,294│   231,797┃
┃            ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃            │2 基    金    費│   183,501│  48,294│   231,795┃
┠────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃        歳  出  合  計        │  6,859,596│ △31,049│  6,828,547┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛





                 第2表  繰  越  明  許  費
                                             (単位:千円)
┏━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┓
┃    款    │    項    │         事  業  名         │ 金 額 ┃
┠─────────┼─────────┼─────────────────────────┼─────┨
┃2 総  務  費│         │か ん な タ ラ ソ 沖 縄 改 修 事 業  │  29,000┃
┃         │         │  (キ ャ ン プ シ ュ ワ ブ 再 編 交 付 金)  │     ┃
┃         │1 総 務 管 理 費├─────────────────────────┼─────┨
┃         │         │か ん な タ ラ ソ 沖 縄 施 設 修 繕 費 補 助 金  │   8,500┃
┃         │         │( き  め  細  か  な  交  付  金 )│     ┃
┠─────────┼─────────┼─────────────────────────┼─────┨
┃3 民  生  費│1 社 会 福 祉 費│村社協補助(特殊車両購入及び障害者就労施設資金) │   6,000┃
┃         │         │(住民生活に光をそそぐ交付金)          │     ┃
┗━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┛

┏━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━┓
┃    款    │    項    │         事  業  名         │ 金 額 ┃
┠─────────┼─────────┼─────────────────────────┼─────┨
┃         │         │鉄 骨 ハ ウ ス 改 修 整 備 事 業    │  14,700┃
┃         │         │(き  め  細  か  な  交  付  金) │     ┃
┃         │         ├─────────────────────────┼─────┨
┃         │         │宜野座村特産品加工直売センター設備・備品等購入  │   6,540┃
┃         │         │(き  め  細  か  な  交  付  金) │     ┃
┃         │1 農  業  費├─────────────────────────┼─────┨
┃6 農林水産業費 │         │村  づ  く  り  交  付  金  事  業│  21,786┃
┃         │         ├─────────────────────────┼─────┨
┃         │         │宜 野 座 地 区 農 業 集 落 排 水 事 業│  74,122┃
┃         │         ├─────────────────────────┼─────┨
┃         │         │惣 慶 地 区 農 業 集 落 排 水 事 業  │  19,016┃
┃         ├─────────┼─────────────────────────┼─────┨
┃         │3 水 産 業 費│地 域 水 産 物 供 給 基 盤 整 備 事 業│  120,268┃
┠─────────┼─────────┼─────────────────────────┼─────┨
┃         │2 道路橋りょう費│村  道  中  原  線  改  良  事  業│  28,829┃
┃8 土  木  費├─────────┼─────────────────────────┼─────┨
┃         │5 住  宅  費│城  原  第  3  団  地  整  備  事  業  │  151,588┃
┠─────────┼─────────┼─────────────────────────┼─────┨
┃         │1 小 学 校 費│図     書     購     入     費│   3,036┃
┃         │         │(住民生活に光をそそぐ交付金)          │     ┃
┃         ├─────────┼─────────────────────────┼─────┨
┃         │         │図     書     購     入     費│   1,009┃
┃         │         │(住民生活に光をそそぐ交付金)          │     ┃
┃         │         ├─────────────────────────┼─────┨
┃10 教  育  費│3 中 学 校 費│宜  野  座  中  学  校  改  築  事  業  │  198,042┃
┃         │         ├─────────────────────────┼─────┨
┃         │         │宜野座中学校改築事業(併行防音事業)       │  14,431┃
┃         │         ├─────────────────────────┼─────┨
┃         │         │宜野座中学校改築事業(外構整備事業)       │  96,950┃
┃         ├─────────┼─────────────────────────┼─────┨
┃         │6 保 健 体 育 費│野 球 場 防 球 ネ ッ ト 設 置 工 事  │  25,000┃
┃         │         │(き  め  細  か  な  交  付  金) │     ┃
┠─────────┴─────────┴─────────────────────────┼─────┨
┃                   合      計                   │  818,817┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━┛


 4ページからお願いしたいと思います。第2表 繰越明許費、2款 総務費、1項総務管理費、事業名がかんなタラソ沖縄改修事業(キャンプシュワブ再編交付金)です。それからかんなタラソ沖縄施設修繕費補助金(きめ細かな交付金)850万円。いずれもまだ未執行でございます。

 3款 民生費、1項 社会福祉費、村社協補助(特殊車両購入及び障害者就労施設資金)(住民生活に光をそそぐ交付金)600万円。

 6款 農林水産業費、1項 農業費、鉄骨ハウス改修整備事業(きめ細かな交付金)1,470万円。それから同じく宜野座村特産品加工直売センター施設・備品等購入(きめ細かな交付金)。村づくり交付金事業2,178万6,000円。宜野座地区農業集落排水事業7,412万2,000円。惣慶地区農業集落排水事業1,901万6,000円。3項 水産業費、地域水産物供給基盤整備事業1億2,026万8,000円。

 8款 土木費でございます。2項 道路橋りょう費、村道中原線改良事業2,882万9,000円。5項 住宅費、城原第3団地整備事業1億5,158万8,000円。

 10款 教育費でございます。2項 小学校費、図書購入費(住民生活に光をそそぐ交付金)303万6,000円。

 3項 中学校費でございます。同じく図書購入費でございます。100万9,000円。宜野座中学校改築事業1億9,804万2,000円。宜野座中学校改築事業(併行防音事業)1,443万1,000円。宜野座中学校改築事業(外構整備事業)9,695万円。6項 保健体育費、野球場防球ネット設置工事(きめ細かな交付金)2,500万円。

 合計額で8億1,881万7,000円の繰越明許費でございます。

 次、7ページ、8ページからお願いしたいと思います。歳入でございます。

 1款 村税、1項 村民税、1目 個人160万円の増額補正でございます。これは実績分でございます。それから2目 法人190万5,000円、法人均等割額、法人税割額、その分の実績分でございます。1款 村税、2項 固定資産税、1目 固定資産税、補正額が100万円。滞納繰越分の確定分ということでございます。1款 村税、3項 軽自動車税、1目 軽自動車税、補正額77万円。現年度課税分、それから滞納繰越分等でございます。

 次のページをお願いいたします。6款 地方消費税交付金、1項 地方消費税交付金、1目 地方消費税交付金、補正額が155万5,000円。地方消費税交付金の確定分でございます。

 それから11款 地方交付税、1項 地方交付税、1目 地方交付税、補正額が692万9,000円。これにつきましては、今回は特別交付税の増額の分でございました。合計額を申し上げますと、確定分の内訳でございます。普通交付税の総額が11億1,111万8,000円でございます。特別交付税が1億2,692万9,000円。合計額12億3,804万7,000円という内訳でございます。

 15款 国庫支出金、2項 国庫補助金、5目 土木費国庫補助金、補正額が197万6,000円の減。これにつきましては、住宅補助金の確定分161万3,000円の増がございますが、5節 公園施設費補助金の分358万9,000円の減額、実績分でございます。それから6目 特定防衛施設周辺整備調整交付金、補正額が685万7,000円。調整交付金の実績分ということでございます。8目 教育費国庫補助金、補正額が808万4,000円。これにつきましては、1節 小中学校補助金、それから3節 保健体育補助金、それぞれ実績に伴う数字でございます。

 次、お願いします。11ページ、12ページでございます。16款 県支出金、2項 県補助金、4目 農林水産業費県補助金、補正額が1,907万9,000円。これにつきましては、4節 農業施設費補助金が若干大きな数字でございます。農業集落排水事業補助金(宜野座地区)、農業集落排水事業補助金(惣慶地区)、1,751万1,000円の合計額で減となっております。実績でございます。それから16款 県支出金、3項 委託金、1目 総務費委託金、補正額168万5,000円の減。これは4節 選挙費委託金ということで確定分、実績に伴う減額でございます。

 17款 財産収入、1項 財産運用収入、1目 財産貸付収入、補正額が1,826万2,000円。これは軍用地料の分でございまして、アップ率が1%ということで1,826万2,000円の増でございます。それから2目 利子及び配当金、補正額166万3,000円。この項目の中で2番と18番がそれぞれ減額になっておりますが、それ以外につきましては増額の補正となっております。

 次のページをお願いしたいと思います。13ページ、14ページでございます。18款 寄附金、1項 寄附金、これにつきましては1目 一般寄附金でございまして、個人2名のほうからそれぞれ13万円の寄附がございました。

 それから19款 繰入金、2項 基金繰入金、1目 基金繰入金、補正額が318万2,000円。18節 宜野座村再編交付金基金繰入金でございます。その分の減額となっております。

 21款 諸収入、4項 雑入、4目 防音維持助成金、補正額が367万5,000円の減。これは三小学校、中学校、幼稚園、事務費等の合計額の分でございます。減額補正となっております。5目 雑入、補正額が3,403万9,000円。これにつきましては、管路延長工事、それから調整交付金用地買収分担金、松田、宜野座、惣慶、漢那のクリーンセンター維持管理負担金の実績分でございます。

 次は17、18ページをお開き願いたいと思います。歳出のほうでございます。歳出、2款 総務費、1項 総務管理費、1目 一般管理費、補正額が712万8,000円。14節 使用料及び賃借料のところで、システム使用料200万4,000円の実績に伴う減をしております。それから19節 負担金、補助及び交付金913万2,000円の増。これは先ほど収入で申し上げましたが、軍用地料の分収歩合に伴う5対5の配分額でございます。

 主なものだけ説明したいと思います。2款 総務費のところで2項 徴税費、1目 税務総務費のほうでございますが、補正額220万8,000円、13節 委託料、23節 償還金、利子及び割引料、それぞれ実績に伴う減額補正ということでございます。次のページは選挙費用、先ほど説明したようにほとんど実績の分でございますので、御参照願いたいと思います。

 21、22ページをお願いしたいと思います。6款 農林水産業費でございます。1項 農業費、その中でも3目 農業振興費、補正額338万2,000円。これにつきましては、19節 負担金、補助及び交付金の農産物県外輸送費補助金、農業共済普及事業助成金というところで、それぞれ減額補助となっております。それから6目 下水道費でございます。補正額4,875万1,000円。これにつきましては、各クリーンセンター、4カ所のクリーンセンターでございますが、消耗品、それから燃料費、修繕費等、それぞれ実績に伴う減額補正をしております。それから12節 役務費も一緒でございます。役務費も各クリーンセンターの実績に伴う分でございます。それから13節 委託料、これにつきましても安く抑えられたということで400万円の減となっております。15節 工事請負費、惣慶地区でございますが、1,550万円の減額補正となっております。次、25、26ページをお願いいたします。6款 農林水産業費、3項 水産業費、1目 水産業総務費、補正額345万6,000円。ここの中で19節 負担金、補助及び交付金、漁船、エンジン、海ぶどう施設資材等購入費、モズク、サシ網、モズク種苗用ハウス購入補助等がございますが、各部門の実績に伴う減額でございます。2目 水産業振興費、補正額が108万8,000円の減。これは離島漁業再生支援金事業の交付金の確定分ということでございます。

 8款 土木費、1項 土木管理費につきましては割愛いたします。

 27、28ページをお願いいたします。8款 土木費、2項 道路橋りょう費、3目 道路新設改良費、補正額79万円の減でございますが、これは17節 公有財産購入費、調整交付金事業の分でございます。それから村道中原線、その分の実績に伴う減となっております。15節 工事請負費につきましても実績に伴う減額補正ということでございます。次のページをお願いしたいと思います。29、30ページ、同じく土木費で4項 公園費、1目 公園費、補正額が617万円の減。この中の15節 工事請負費、これにつきましても宜野座区街区公園、それから同じく街区公園整備工事、この分の減額がございます。実績でございます。以下は財源変更のみでございますので、御参照ください。

 31、32ページをお願いいたします。10款 教育費、3項 中学校費でございますが、3目 学校建設費1,685万円の減がございます。これにつきましては、本体建設工事分、それから仮設プレハブ校舎建設追加工事分、これは追加でございますが、その総額を差し引きしたのが1,685万円の減ということでございます。次のページをお願いいたします。33、34ページでございます。ここにつきましては、おのおの財源内訳変更のみでございますので、御参照願いたいと思います。

 次、35、36ページでございます。12款 公債費、1項 公債費、2目 利子、補正額が80万9,000円。これは償還金、利子及び割引料、簡保資金ということで、これの分は増額補正となっております。

 それから13款 諸支出金、2項 基金費でございます。これはこれまで計上しておりませんでしたものも含めて最終的に調整しております。1目 財政調整基金積立金が2,601万2,000円の増額補正。それから2目 減債基金積立金2,000万円の増額補正。それから3目 基本財政積立金1,000万円、それも増額補正でございます。4目 ふるさと基金積立金180万円の補正。6目 職員退職特別負担金積立金44万円、これは実績に伴う分でございます。8目 保健福祉推進地域基金積立金30万円。それから10目 公用地等購入基金積立金72万円。それから次のページをお願いしたいと思います。12目 土地開発基金積立金28万円、それから14目 宜野座村水源地域振興基金積立金28万円。それから15目 サーバーファーム施設整備基金積立金でございますが、これは1,178万7,000円の減額でございます。それから20目 宜野座村ふるさと応援基金積立金12万9,000円の増額補正でございます。22目 宜野座村園芸農業活性化事業基金12万円。補正額の合計が4,829万4,000円でございます。

 以上で一般会計の説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 18ページ、2款 総務費、1項 総務管理費、1目 一般管理費の財務会計システム使用料が204万円の減になっていますけれども、入札残なのか何なのか、説明をお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは當眞嗣則議員にお答えいたします。

 18ページの財務会計システム使用料でございますが、これにつきましては、今回システムを変更するということで議員の方々にも説明しました。このシステムにつきましては、前回の株式会社国際システムの分でございました。そういうことでサーバーがいっぱいということも御説明しましたが、パンク寸前という状況に陥っていたものですから、その分を見込んでおりました。今回、新しいシステムに変えたものですから、その分を減額補正したということです。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) この件は、この契約満了に伴うものということで理解していいんですか。今の状態で減額になるというのはちょっと考えられないわけだけれども、新しいシステムに変えたからということは、前のシステムを使っているときにちゃんとした契約があって、この額を払うということになっていたかと思うんですけれども、その辺の中身がわからないものですから、再度答弁をお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 再度、當眞嗣則議員にお答えいたします。

 業者とちゃんと詰めをしておりまして、契約の見積もりでやっておりましたので、その分は除いて契約したということでございます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 意味がわかりにくいんだけれども、もう少し明解な答弁をお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 再度お答えいたします。

 誠に申しわけないです。これは基本的には入札残ということでやっております。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第27号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第27号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第27号 平成22年度宜野座村一般会計補正予算(第6号)についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第27号は、原案のとおり可決されました。



△日程第2.議案第28号 宜野座村営学習塾設置条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。



◎村長(東肇) 議案第28号 宜野座村営学習塾設置条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 本案件は、宜野座村営学習塾塾長を補佐する副塾長を配置するため、同条例の一部を改正する案件でございます。

 条例の改正内容と詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第28号を御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第28号                                          ┃
┃                                               ┃
┃           宜野座村営学習塾設置条例の一部を改正する条例について          ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村営学習塾設置条例の一部を次のように改正したいので議会の議決を求める。        ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月25日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村営学習塾設置条例(平成21年条例第21号)の一部を次のように改正する。         ┃
┃                                               ┃
┃第4条第1項を次のように改める。                               ┃
┃ 学習塾に塾長及び副塾長をおくことができる。                         ┃
┃第4条に次の1項を加える。                                  ┃
┃3 副塾長は、塾長を補佐する。                                ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この条例は、平成23年4月1日から施行する。                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第28号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第28号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第28号 宜野座村営学習塾設置条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第28号は、原案のとおり可決されました。



△日程第3.議案第29号 漢那ダム周辺環境整備工事(土木)の請負改定契約についてを議題といたします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第29号 漢那ダム周辺環境整備工事(土木)の請負改定契約について御説明申し上げます。

 本案件は、平成21年度沖縄北部特別振興対策事業漢那ダム周辺環境整備工事(土木)の請負改定契約について議会の議決を求める案件でございます。

 詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 議案第29号について説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第29号                                          ┃
┃                                               ┃
┃          漢那ダム周辺環境整備工事(土木)の請負改定契約について          ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第5号及び宜野座村議会の議決に付すべき契約及び財┃
┃産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求める。              ┃
┃                                               ┃
┃                      記                        ┃
┃                                               ┃
┃  1 契約の目的 : 漢那ダム周辺環境整備工事(土木)                   ┃
┃  2 契約金額  : (1)変更前契約金額   一金 90,594,000円             ┃
┃            うち取引に係る消費税    一金 4,314,000円             ┃
┃            及び地方消費税の額                          ┃
┃            (2)変更後契約金額   一金 74,224,500円             ┃
┃            うち取引に係る消費税    一金 3,534,500円             ┃
┃            及び地方消費税の額                          ┃
┃  3 契約の相手方                                     ┃
┃    受 注 者 住  所 : 沖縄県宜野座村字惣慶1696番地の1              ┃
┃          名  称 : 有限会社 玉城電気設備                   ┃
┃          氏  名 : 代表取締役 玉 城 精 進                 ┃
┃                                               ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月25日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 次、2ページ目をよろしくお願いします。改定契約書ですが、減額が1,636万9,500円となっております。この工事の内容ですが、3枚目をお願いします。工事の場所は漢那ダムの周辺、下のほうにありますカヌー艇揚場の工事の黄色の部分でございます。その内容につきましては4枚目をお願いいたします。これはカヌー艇揚場の進入路の図面ですが、黒塗りが現在施工済みの場所でございます。赤の細目模様の部分が施工不能となった部分の減額でございます。これについては、平成21年度からの繰り越しですが、平成22年度にほぼ漢那ダムが満水状態となっていまして、その赤い部分が施工不能となっているものでございます。

 以上がこの工事の減額の内容です。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 先ほど企画課長から説明のあった部分については、漢那ダムの中央にある山がありますね。そのところを説明しているんですか。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 伊芸朝健議員にお答えします。

 この漢那ダムの中央にある山の部分ではなくて、3枚目にカラーの位置図がありますが、漢那ダムを上流から見て左岸側といいますが、図面としては下のほうにある湖畔公園のそばのカヌー艇庫とか広場を造成した場所でございます。そこは旧道を利用してカヌー艇揚場を設置したんですが、現在この未施工の部分が水中にあります。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 減額が1,600万円ということでありますけれども、減額が余りにも大きいもので、これは適正な試算の価格なのか、説明してもらいたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 価格についてはちゃんと防衛局とも調整しまして、現在、この状況では施工中止もやむを得ないという話になっております。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) やむを得ないというそのことについて、ちょっと理解できないんですけれども、明確な答弁をお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) この施工中止の原因については、平成21年度繰り越しで平成22年度に発注したんですが、そのときには水位が44%ほどでした。そして設計の段階で水位50%付近まで使えるようにしようということで、防衛局とも調整して、高校総体の前後に完成させようということで工程が進んできます。ところがその途中でどんどん水位が上がってきて、ほぼ100%近くで現在やってきているんです。今回この事業については、平成21年度繰り越し、平成22年度から平成23年度には繰り越しはできないということとになっていまして、工期も12月終了を防衛局と調整しまして、3月までは様子を見ようということにしていたんですが、下がる様子もなく、現在この状態で工事を完了させるということにしております。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (10時37分)

 再開します。               (10時43分)

 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 先ほど休憩の中でいろいろありましたけれども、私には納得がいかないんですけれども、今後そういう受注のあり方については、内部で十分検討されて、業者にも納得いくような発注方法、契約の内容についても十分検討してもらいたいと思います。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 設計額と実際の距離が違った場合に精算設計はしないんですか。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 當眞嗣則議員にお答えします。

 大幅に違えば精算せざるを得ないんでしょうけれども、それは請負業者と相談しながら、そんなに距離の違いがない場合はそのまま現行で行うこととするようにしております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 私がこの質疑をしたのは、遠い遠い昔の話になりますけれども、距離が余りにも違って、本来だと精算でちゃんとやるべきところをしていなくて、金を返せと会計検査員に言われたことがあるんです。こういうものは許容範囲できるのかどうか。捨て場というのがきちんと決まって本当は設計をしますね。10キロメートルというのと2キロメートルというのは全然違うんだから、今言ったようなこういう話が業者のほうから出るというのは私は本当はおかしいと思っている。精算設計をきちんとやっていれば、こういう話は一切出てこないのではないかと思うんですが、そこはどうでしょうか。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 當眞嗣則議員にお答えします。

 残土距離運搬2キロメートルというのは標準的な距離であります。当初から城原のほうを予定しておりました。それで発注したんですが向こうが入らなくなったと。どこにあるかというと、この残土をまた再利用したかったものですから、とりあえず宜野座のテニスコートに仮置きしようと。やはりそのぐらいでも2キロメートルぐらいですと。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (10時46分)

 再開します。               (10時47分)

 ほかに質疑はありませんか。

 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) お聞きいたします。

 この図面からいいますと約100メートル近くのカットになっていると思うんですが、これを設計したときはそのぐらい必要だということでやったと思います。100メートルをカットして支障はありませんか。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 安富 繁議員にお答えします。

 このカットの部分については先ほど言いましたように、当初水位が40%でありまして、仕様が50%の水位になっても使えるようにしようと。100メートルカットというのは、総延長で105.3メートル、カットの部分が53メートルになると思うんですけれども、将来的にこの水位が下がってきた場合は浮き桟橋とかそういうので対応しようと思っております。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 安富 繁議員。



◆2番(安富繁) 再度お聞きします。

 距離は正確に言えないんですが、カットするということにして、カットした部分についてはこれからもつくらないということ、工事しないということですね。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 再度お答えします。

 現在こういう対策を考えるわけですが、いずれ

新たな事業が出てきた場合はそのときに検討したいとも思っておりまして、それに間に合わない場合は、今言うように浮き桟橋で対応していこうと。全く中止というふうには考えておりません。以上です。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はありませんか。

 平田 悟議員。



◆7番(平田悟) この中止になった距離、機材を発注する前に話し合いでストップして、係る機材といいますか、それを発注しなかったということでよろしいんですか。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 平田 悟議員にお答えします。

 今現在完了している部分を終わらせて、工事中止を行っております。これは請負業者のほうに工事の中止についてという文書で正式に行っておりまして、主にコンクリートですが、資材は発注しておりません。路盤材については施工済みだったんですが、その分については精算の金額の中に含んでおりまして、ちゃんと支払いは終わっております。以上です。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第29号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第29号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第29号 漢那ダム周辺環境整備工事(土木)の請負改定契約についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第29号は、原案のとおり可決されました。



△日程第4.同意第1号 宜野座村教育委員会委員の任命についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは同意第1号について御説明を申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃同意第1号                                          ┃
┃                                               ┃
┃               宜野座村教育委員会委員の任命について              ┃
┃                                               ┃
┃ 下記の者を教育委員会の委員に任命したいから、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年┃
┃法律第162号)第4条第1項の規定により、議会の同意を求める。                  ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃ 住  所  宜野座村字惣慶2番地                              ┃
┃ 氏  名  仲 田 善 光                                 ┃
┃ 生年月日  昭和17年7月6日生                               ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月25日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┃提案理由                                           ┃
┃ 現教育委員会委員が平成23年3月31日付任期満了のため                     ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 ちょっと御紹介をしたいと思います。善光氏の履歴を御紹介したいと思います。

 仲田善光氏につきましては、昭和17年7月6日生まれで68歳でございます。昭和42年3月に沖縄国際大学を卒業なされ、源河中学校教諭を皮切りに、久志、北国中学校、辺土名、名護、名護商業、那覇商業、宜野座の各高等学校に勤務し、平成15年に退職なされております。退職後は雇用能力開発機構の雇用相談員として5カ年間勤務し、地域においては子供たちの教育に尽力されております。氏は人望も厚く勤勉で高い見識を持ち、教育全般に精通しており教育委員として適任者と思いますので、御審議の上、同意してくださるようよろしくお願いいたします。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 同意第1号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって同意第1号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから同意第1号 宜野座村教育委員会委員の任命についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって同意第1号 宜野座村教育委員会委員の任命については、原案のとおり同意することに決定されました。



△日程第5.予算特別委員会の閉会中の継続審査についてを議題とします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成23年3月29日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山 朝 安 殿                                   ┃
┃                                               ┃
┃                                予算特別委員会        ┃
┃                                委員長 伊 芸 朝 健    ┃
┃                                               ┃
┃                  閉会中の継続審査申出書                  ┃
┃                                               ┃
┃ 本委員会は、下記の事件について、閉会中もなお継続審査を要するものと決定したので、会議規則第75┃
┃条の規定により申し出ます。                                  ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃1.事 件  ・議案第16号 宜野座村景観むらづくり条例の制定について             ┃
┃       ・議案第17号 宜野座村廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関する条例の制定について┃
┃2.理 由  更に慎重な審査を必要とするため                         ┃
┃3.期 限  審査終了まで                                  ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 伊芸朝健予算特別委員長から委員会において審査中の事件について、会議規則第75条の規定によってお手元に配りました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りします。

 委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定しました。

 お諮りします。

 会議規則第45条の規定により、平成23年第2回宜野座村議会定例会において議決された事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに決定しました。

 これで本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成23年第2回宜野座村議会定例会を閉会します。(10時57分)

 以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。



       宜野座村議会



        議  長  多嘉山 朝 安



        署名議員  仲 本   彰



        署名議員  石 川 幹 也