議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成23年第2回定例会 03月14日−04号




平成23年第2回定例会 − 03月14日−04号







平成23年第2回定例会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃              平成23年第2回宜野座村議会定例会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 23 年 3 月 8 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 散 の 日 時 │開 議│  平成23年3月14日 午前10時05分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │散 会│  平成23年3月14日 午後4時07分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  石 川 幹 也  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  安 富   繁  │ ○ │ 10 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃出 席   12 名 │ 3 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 11 │  島 袋   榮  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃欠 席   0 名 │ 5 │  伊 芸 朝 健  │ ○ │ 12 │  仲 本   彰  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃  凡   例   │ 6 │  當 眞   淳  │ ○ │ 13 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │   │          │   ┃
┃×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │   │          │   ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 12 │   仲 本   彰     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 1 │   石 川 幹 也     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事 務 局 長│  知 名 定 美                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │係     長│  山 内 慶 一                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │産業振興課長 │  津嘉山 博 文  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │副  村  長│  仲宗根   勲  │建 設 課 長│  仲 間 正 哲  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │上下水道課長 │  山 城 次 雄  ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  新 里 民 夫  │学校教育課長 │  平 田 嗣 義  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃により説明のため  │総 務 課 長│  島 田 忠 博  │社会教育課長 │  照 屋 忠 利  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │企 画 課 長│  仲 程   正  │       │          ┃
┃出席した者の職氏名 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │村民生活課長 │  山 川 清 八  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │健康福祉課長 │  末 石 森 春  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃          │事 務 局 長│          │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃会 議 の 経 過 │別 紙 の と お り                          ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





        平成23年第2回宜野座村議会定例会議事日程(第4号)

                                         平成23年3月14日
                                         開 議 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │        │一般質問(伊芸朝健・當眞 淳・石川幹也・當眞嗣則・平田 悟・   ┃
┃    │        │     仲本 彰)                       ┃
┃    │        │※一般質問中に施政方針質問追加(當眞 淳)            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) これから本日の会議を開きます。(10時05分)



△日程第1.一般質問を行います。

 一般質問は、会議規則及び申し合わせ事項により、答弁を含めないで30分以内とします。なお、1回目の質問及び答弁は登壇して行い、2回目以降の質問は質問席で、答弁は自席で行うこととします。

 通告順により順次発言を許します。

 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) おはようございます。5番の伊芸朝健です。ただいま議長のお許しを得ましたので、通告した4点について質問したいと思います。一般質問に入る前に、国内史上最大の地震、津波について申し述べさせていただきます。

 11日午後2時46分ごろ、国内観測史上最大のマグニチュード9、東北、関東、北海道から九州、沖縄にかけて津波が発生し、広範囲に被害をもたらした。孤立者や行方不明の救出、余震などによる二次災害が起こらないことを切望したい。被災者をお見舞いするとともに、犠牲者の御冥福をお祈りしたいと思います。では一般質問に入らせていただきます。

 1.農商工連携による地域おこしについて。1次産業である農林漁業と2次産業である加工・製造、3次産業である販売、流通業、観光業が連携し、地域経済の活性化に向けて地域が一体となった農商工連携を進めることによって地域の地産地消による特産品を活用した商品開発の技術協力も農、商、工、行、技の果たす役割が大きいことから本村の持続発展に向けての組織体制や仕組みづくりが重要であることから、村の基本的な考え方の真意をお伺いします。

 2.2次産業の推進について。生産者とそれぞれ個別に取引をしているケースが多い。生産者が農商工連携事業に積極的に加わるためにも、農業生産法人、あるいは任意の研究会といった形で組織を図ることが望ましい。この点については、生産者だけで進めていくことは難しいこともあり、事業推進に向けて行政の支援も必要と考えられるが、担当課や村の今後の取り組みをお伺いします。

 3.観光振興について。本村の地域特性を活かした観光振興のビジョンの目標を達成するには、官民が一体となった取り組みが必要であります。村観光推進協議会の設立により、推進する体制づくりがなされていると思いますが、現状と課題についてお伺いします。

 4.農作物と特産品づくりについて。農業は本村の基幹産業である。今後はさらに地産地消や有機栽培や低農薬栽培の循環型の有機農業の推進が求められます。また、主要な農作物の馬鈴薯やパパイヤ、カボチャ、パインアップル、マンゴー、畜産物等についても行政が事業を支援するばかりではなく、生産者と行政が総合的にかかわり地域産業と地域の振興活性化に目指そうとする考え方の農業経営の育成、特産品づくりについて行政はどのように検討されておられるのかお伺いします。以上、よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 答弁の前に一言申し上げます。このたびの東日本大震災で被害に遭われた方々に心から哀悼の意を表し、お見舞いを申し上げます。また、早期の復興を願うものであります。村としましても、義援金として予備費からとりあえず100万円を活用したいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 それでは伊芸朝健議員にお答えいたします。農商工連携による地域おこしについてでございます。農商工連携は、農林水産業者と商工業者がそれぞれの有する経営資源をお互いに持ち寄り、新商品、新サービスの開発等に取り組むことで、農林水産省と経済産業省が共同で支援することを目的として平成20年7月21日に農商工等連携促進法が施行されました。この法律は、農商工連携に取り組もうとする事業者の事業計画を国が認定して、認定された計画に基づいて事業を実施する事業者を各種支援、サポートするものであります。これまでの本村の取り組みについて申し上げますと、村民の多くが宜野座村にはこれといった特産品がない。馬鈴薯の規格外品で加工品がつくれないかなどの要望が多くあったことから、平成10年に宜野座村特産品加工直売センターを建設し、加工から販売まで手がける第三セクター株式会社未来ぎのざを設立して、じゃがめんなどの加工品を開発し、現在に至っているところでございます。また、乾燥もずくやほっとパインなど、地域の産物を利用し加工する民間業者も出てきていることから、今後とも、このような農林漁業者と商工業者が連携した取り組みに対し、商工会やJAおきなわとも連携を密にして、農商工連携による地域おこしに励んでまいりたいと思います。

 次に2次産業の推進についてでございます。

本村における第2次産業、加工・製造部門は、他市町村に比べると業者数が少なく、また推進するのも難しい課題だと思います。加工所の整備など、初期投資がかかる加工所の運営は、最初から運営のノウハウを身につけ、投資効果があらわれると確信しなければスタートできないものと思われます。現状、農家と個別に取引している村外業者にも経営が成り立たないと取引価格を下げてきたり、生産物を引き取らない業者もあり、生産者も苦しい状況にあります。村としても第2次産業を推進したいのはもちろんですが、業者の経営状況や運営方針についてしっかりと把握、見きわめつつ、慎重に対処しなければならないと思います。また、農業生産法人や研究会などの組織づくりについては、やる気のある生産者や業者の育成を図る観点からも積極的に推進したいと思います。

 次に観光振興についてでございます。観光振興についての現状と課題についての御質問ですが、まず現状について説明申し上げますと、平成20年度に村観光推進協議会が設立され、観光の推進体制が整備されました。設立に伴い同協議会と連携を図りながら、これまで村内の宿泊施設を初め、体験学習等の受け入れ態勢、自然・文化・芸能、各種施設、飲食店などの状況を掘り起こし、会員の意向等も踏まえ、本村にマッチした観光メニューの開発を現在検討しているところでございます。その間、観光シンポジウムの開催を初め、共催という形でのカンナリゾートマラソンの実施、各種イベントにおいて観光PR等を行っております。また昨年は、九州及び全国高校総体のカヌー競技が本村で実施されましたが、その際には選手などの宿泊を協議会で受け入れ、村内の宿泊施設にあっせんしております。その効果もあり、新たに本土大学、日本体育大学のカヌーの合宿受け入れも行っております。さらには、阪神タイガースのキャンプ期間中に観光案内所を設置し、来訪者に対し本村の魅力を発信したところ、宿泊施設や飲食店の紹介、長期滞在や来年の宿泊予約、あるいは体験の申し込み、かんなタラソ沖縄など、各施設の問い合わせなども多くあり、期待以上の効果があったと考えております。さらに今年度は、県内の旅行会社、学校関係者、一般を対象に各種体験を中心としたモニターツアーを実施する予定をしております。また昨年、第1回カンナリゾートマラソンが実施されましたが、今年は規模を拡大し、県内外からも多くのランナーを呼べるような魅力ある大会の実施に向け、現在各関係機関と調整を行っているところでございます。このように徐々にではありますが、観光の振興に向け動き出していると感じております。これからの課題としましては、自然・文化・漁業の体験を中心とした受け入れ態勢の充実を図るとともに、ホテルなどの宿泊施設やかんなタラソ沖縄と連携した観光プログラムを作成し実施していけるよう、観光推進協議会並びに会員の皆さんともより一層連携を強めてまいります。また、役場の推進体制を強化するため、機構改革も検討してまいります。また昨年は、スポーツ合宿で県外から延べ3,400人以上、高校総体を含めますと約6,100名以上が本村に宿泊しています。この実績をもとに、沖縄の恵まれた気候と本村の充実した体育施設を大いに活用し、県外からのスポーツ合宿誘致にも力を入れ、各種施策を検討していきたいと考えております。

 次に農作物と特産品づくりについてでございます。食の安心・安全を求める消費者、食品事業者からの信頼を獲得するためには、有機農業や減農薬・減化学肥料による栽培方法を確立し、生産工程の見直し、改善による生産性や品質の向上を目指すことが重要だと思います。そのような中、本村では地域特性に適合した宜野座型エコ農業の一層の積極的な展開を図るとともに、一般家庭や地域社会が一体となった環境保全活動を推進し、地域振興と環境保全の両立による村づくりを推進することを目的として、平成22年3月20日に有機の里宜野座村を宣言いたしました。基本構想としては、1 宜野座型エコ農業の積極的展開。2 食育・健康増進の推進。3 環境保全活動の推進。4 交流、歓交の促進。5 宜野座エコ農産物の販売促進を掲げ、本基本構想の実現に向け取り組んでいるところでございます。現在、沖縄県認証のエコファーマーが10名、特別栽培農産物7品目が認証され、直接大手スーパーと高値で取引している生産者もおります。今後ともこのような認証農家をふやし、有機の里宜野座村をPRすることにより、農家の所得向上に努めたいと思います。特産品づくりにつきましては、現在商工会が実施しています村おこし総合活性化事業の中の特産品開発事業や食と地域の交流促進対策交付金事業、農山漁村の6次産業化など、さまざまな事業の中で積極的に推進してまいりたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 農商工連携につきましては、村でも大分取り組んでいるようでございますけれども、現実の問題といたしまして、農商工連携は1次産業の農林水産業、それから2次産業の加工・製造、3次産業の飲食・販売・流通業・観光業に加え、さらには既存の商品の付加価値を加える意味で、これからは大学、研究機関などによって構成し、今の商品にさらなる付加価値を高めていかなくては、6次産業も開発できないのではないかと思っております。それぞれの経営資源を持ち寄って、これから取り組む夢や目標を語り合い、ビジョンを明らかにしていくということで相互の目的は一つだと思っております。そういうことからしまして、現在宜野座村にはいろんな部会がございますけれども、異業種もございます。その中で農業にしてもいろんな作付品目がございますし、果樹につきましてもいろいろございます。畜産につきましても牛や豚、鳥等もございます。そのような生産農家、ピラミッド型の組織が今構成されていないのではないか思います。やはりこういうピラミッド型組織を構成いたしまして、だれかが人材育成のもとに地域のそれぞれの未来を、ビジョンを語っていくそういう研究会をぜひ村当局でつくってもらいたいと思っております。その意味では、これから2、3、4に大きく関係するもので、やはり農商工連携のそういうことが地域おこしになりますので、基盤がしっかりしないと2次産業の推進、あるいは観光についても、農作物特産品についても、それは今後無理ではないかと思っておりますので、この農商工連携のことについて、今組織の仕組みづくりについて、村としてどういう考え方を持っているのか。その実態はどうであるのか、ひとつお伺いしたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 伊芸朝健議員にお答えいたします。

 今、朝健議員の質問の中で、村には生産部会、あるいは研究会をする組織がないのではないかということでございましたが、現在、村内にはJAおきなわを中心にしながら各生産部会の組織をつくっております。それを村も支援しながら今組織運営をさせているところでございまして、さらに、それを一つの協議会にまとめた組織がございます。今、加工につきましては、おっしゃるとおり部会は持っていません。JAおきなわの女性部の皆さんが一生懸命やっているところではございますが、生産部会としての加工の部分は持っておりません。さらに農商工連携としましては、昨年松田でやっいる東江さんのほっとパインづくりの中で村のパインを利用していただくということで、パインの加工といいますか、搾汁、汁を搾る施設を導入しましたので、やはり農家のパイン生産の意欲拡大とそれから宜野座村の特産品としてパインを利用した産物ができていくかと思って期待をしているところでございます。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 村としてもこれから大きな課題もあろうかと思いますけれども、前向きに農家の今後、また生産農家の皆さんのためにも頑張っていただきたいと思います。

 次に、2と4は内容が関連しますので、一括して質問をさせていただきたいと思っております。農業は本村の重要な基幹産業でありますけれども、主要農産物として、まず初めにサトウキビがあります。先ほど村長からもありましたように、産地指定は何々の農産物があるのか。それから野菜の拠点産地に認定されているものは先ほど7品目とございましたけれども、その品目を教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 産地指定につきましては、馬鈴薯がこれまで産地指定していましたが、大変厳しい状況があって、今生産量がない状況でございます。それと村内には他地域に比べてマンゴーの生産がたくさんありますので、マンゴーの産地化指定に向けて取り組んでいきたいということも考えて、それに対する事業の展開も考えているところでございます。

 それから認証品目につきましては、いろいろと野菜、7品目がございますので、これは担当課長のほうから説明させますので、よろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 津嘉山産業振興課長。



◎産業振興課長(津嘉山博文) 村長に続きまして、伊芸朝健議員にお答えいたしたいと思います。

 ただいまの作目の件でございますが、認証されているのは、てごろ菜、からし菜等を初めとする葉野菜類の7品目でございます。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 村は主要作物の生産振興を図ることから農業近代化施設、共同利用施設の整備を推進して、消費者のニーズに合った安全・安心で環境に配慮した農作物づくり、また先ほど、村長からありましたように、エコ農業等の推進には大変御努力なされているということでございました。この取り組みについては、私も地域の活性化に大きく寄与していると評価いたします。

 それと、北部地域園芸農業活性化事業は事業主体が村でありまして、当初、パパイヤ、インゲン、ヘチマ、ドラゴンフルーツが急増していたと私は把握しております。その中でいろいろな作物をつくっておりますけれども、規格外農産物の調査をされたことがあるのか。もし調査されているんでしたら、商品の何パーセントぐらいが規格外であるのかどうか。その規格外のものをどのように有効活用されているのか、その2点についてお伺いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 津嘉山産業振興課長。



◎産業振興課長(津嘉山博文) 伊芸朝健議員にお答えをいたします。

 ただいまの質問は、北部地域園芸活性化事業についての質問でございますが、事業計画の中で定められた作目以外で栽培されている作目は実際にあります。その割合についてですが、それについてはただいま数字を持ち合わせておりませんので、また後ほど説明したいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 私がなぜこの規格外農作物の有効活用、それを質問に出したかと言いますと、農家の皆さんを訪ねてみますと、いろいろ村のほうで事業推進をしたけれども、当初はこのハウス事業について大変よかったけれども、途中から生産・流通の形態が余りよくないということで、農家の皆さんから聞かれるもので質問しているわけでございますけれども、この商品開発については、規格外農産物の有効活用、それを先ほど申し上げた2次産業でどうにか農家の皆さんに還元できないかということを我々も真剣に考えなくてはいけないのではないかと思っております。そういう意味で、ぜひともいろんな事業を導入して、農家がどういう形態で栽培をして、それから流通されているのか。規格がどういうふうになっているのかというのを、行政は導入だけではなくて最後まで、調査までやっていただきたいと。そういうことで村民と行政との信頼感が出てくるのではないかと思われます。

 2番の2次産業と農作物の特産品づくりにつきましては、ぜひとも規格外商品でないと採算が合わないということもございまして、今後しっかりと調査し、農家のためにやってもらいたいと思っております。一つの例なんですけれども、ある関係団体で商品の開発事業について、いろいろ特産品の試作品を県の事業でやっております。その中で、先ほどもありましたように、これまでジャガイモを食材とする商品が何点かございます。それもはや10年も越しまして、商品のサイクルは大体10年だと言われています。その10年の中で横ばいや、あるいは減少ということであれば、その時期に検討しなくてはならないと。新しい商品開発をしなくてはいけないというのがあります。その中で、今年こういう商品を開発しているところであります。これは何かと言いますと、宜野座村では今、車エビが大変評判でありまして、その車エビを特産品にできないのかということで、ただ、今まで現物を売るものだけでしたけれども、これを6次産業としてエビのじゃがめん、エビとジャガイモをミックスして、もちみたいな感じで、こういう海苔を巻いてつくるんですけれども、これを現在開発中でございます。それと村のほうでカボチャも平成22年度からですか、いろいろ進めてまいりましたけれども、カボチャの食材につきましても売るだけではなくて商品開発ができないのかと。いろいろ試行錯誤しながら、今研究の段階ですけれども、そういう意味で、地元の人だけではなくて、いろんなそういう農商工連携にかかわる大学の先生やら、研究員の皆さんやら、それから今回の開発については、話によりますと一流のシェフも入れまして開発を進めております。バイヤーのほうからは評判が大変よくて、これがもっと商品について研究されればいい物がつくれるのではないかと思いますので、また行政の皆さんにもこういうことをひとつ頭に置いて、物をつくる前に出口がはっきりしないもので、やはりスタートと同時に出口のことも考えておかないと、農家は泣き寝入りするだけですので、農家に夢と生産向上を持たす意味で、ぜひ行政のほうで頑張っていただきたいと思いますけれども、ひとつ物づくりについての村の所見をお願いしたいと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) ただいま御指摘がありましたように、今回、商工会の皆さんが研究をされて特産品開発を実施されたことを大変うれしく思いますし、また来る19日、20日の村の産業まつりで発表して、その成果をみんなに公表していきたいということのようでございますので、大変うれしく思っております。また、以前のじゃがめんのときも商工会と連携をして商品開発をやった経緯がございますし、今後ともそういう皆さんと連携しながら、新しい特産品の開発に向けて取り組んでいきたい。さらに、農家の流通体系がしっかりしていないと農家もつくる意欲をなくなるということもございました。北部地域園芸農業活性化事業の中でパパイヤハウスもたくさん入れましたが、これもJAおきなわとの契約栽培という形でやった経緯がございますが、やはり生産過剰になりまして流通がうまく行かなくて、農家の生産したものを十分出荷することができなかったいう経緯もございます。その中で、やはり特産品の加工事業があればそれに向けることもできたのかということもございますが、やはり当初から加工品をつくるということではございませんが、青果として売れる物については青果で高値で売ってもらって、またそれから出る規格外につきましてはやはり加工をして付加価値を高めていく方向だと考えておりますので、また今後、いろいろと産官学の連携ということもありますので、大学や専門機関との連携をした開発研究もやっていきたいと考えておりますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 今、村長が申し述べたように、生産者の組織体制をしっかりやっていただきたいと思っております。2と4につきましては以上でございます。

 続きまして、村の観光振興につきましてお聞きしたいと思います。本村にはすばらしい資源がございまして、この地域資源がうまく活用されていないというのが現状でございます。それには先ほども村長からありましたように、今、観光推進協議会のほうでは体験学習、それから民泊とかいろんな事業を展開している中でございますけれども、観光事業につきましては大変難しい難題がございます。これはきょう話し合いをしたからすぐ明日からできるとものではなくて、教育と同じように二、三年、教育は100年と言いますけれども、観光は事業執行につきましては、せめて3年ぐらいかかると言われております。そういう地域の現状を踏まえて、観光協議会と担当課の産業振興課、観光協議会の今後の取り組みについて、どういう方向で連携をとりながら進めていこうかという内輪の話し合いもあるのかどうか。あるいは宜野座村の観光振興のいろんな施策等もありますけれども、これと照らし合わせながら進めているのか、その辺をお聞きしたいと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 観光推進の取り組みについてでございますが、一昨年になりますが観光推進協議会も設立をしまして、また昨年は産業振興課のほうで、観光とそれから地産地消を図る職員を配置いたしました。しかし、職員の体調不良もあって、十分その事業の展開はできませんでしたが、しかし、今観光推進協議会も産業振興課の中にありまして、やはり観光振興課と連携をしながら、さらには観光推進協議会の加入している各事業所の皆さんも協議会の役員になっていまして、いろいろと取り組みをしているところでございます。村も雇用対策を兼ねた事業の中で職員2人も配置しながらいろいろと観光宿泊施設のあっせんなり、事業の取り組みなり、今やっているところでございまして、今後ともなお、村内にある事業所との連携をとりながら、またイベントを計画して観光の誘致をして、地域の活性化につなげていきたいと考えているところでございます。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 村の基本計画の中で農業を生かした観光、交流の推進というのがございます。さらには宜野座村農村振興基本計画、これも大体内容は一緒でございますけれども、地域全体で支える農業の仕組みづくりとして直売所の充実、観光関連施設の協力、連携等による地産地消の取り組みを推進しますと。また、NPO等との連携のもとで、体験農業の受け入れ促進や村民農園、観光農園の整備、検討を進め、農業振興に資する農業を生かした観光、交流を推進しますというような文言がございます。これは平成19年に策定されたものだと思いますけれども、この推進状況につきまして村もいろいろやってきたと思うんですけれども、こういう文言が一つの実現化に向けてちゃんとされているのかどうか。現状をお聞きしたいと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 続けてお答えいたします。

 やはり農業体系の変わりといいますか、これまでサトウキビを中心とした農業を展開して、製糖工場への出荷、あるいはジャガイモにしても農協への出荷、あるいは野菜にしても農協へ行くということの大型出荷といいますか、そういう形がこれまでの農業の形態でしたが、しかし、今は地産地消という形で、地域でつくったものは地域で消費させていこうと。そして安心・安全なものを消費させていこうというねらいで、村もそういう事業を有機の里を宣言しながら地産地消の推進をしているところでございます。そういう中で今、農業体系が変わりつつあるというのは、やはり後継者育成センターの中で毎週土曜日にイチゴ狩りをやっている状況で、定着しつつあります。さらに昨年整備しました団地、その中でも1棟につきましては既に今年からイチゴ狩りをやっているところでございまして、今後は、この地産地消を大きく推進して、観光体験農業と結びつけながら、農家の所得向上を展開して、さらには観光の推進も図っていきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) これまで農商工連携、それから2次産業の推進、観光振興について、農作物と特産品づくりについて、4点、いろいろお伺いしましたけれども、やはり行政側も我々も生産者も目的は一緒ですので、ひとつそういうコミュニケーションの場をぜひ今後つくってもらって、末端の皆さんがどういうふうに考えているのかということも踏まえて検討していただきたいと思っております。

 以上で私の質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(多嘉山朝安) これで伊芸朝健議員の一般質問は終わりました。

 順次発言を許します。

 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) おはようございます。6番 當眞 淳です。議長の許可を得ましたので、通告に従いまして一般質問をさせていただきます。

 質問に先立ちまして、3月11日に発生した国内史上最大の地震、東日本大震災について、少しだけ申し上げたいと思います。

 東日本大震災による被害は日に日に増大しており、今後もさらにふえる見通しであります。また、津波による被害などは再三テレビを通じて報道されておりますが、想像を絶するものであり、改めて自然の恐ろしさを痛感させられるものとなりました。さらには家族と生き別れになった方々の絶望感、また、あふれる涙を見ていますと、胸が詰まる思いがします。亡くなられた方々の御冥福と今なお行方がわからない方々の早期発見、あわせて避難生活を余儀なくされている方々が通常の生活に一日でも早く戻れるように祈る次第であります。議会冒頭で議長、それから村長からもありましたが、義援金を含め、被災者への支援と被災地の早い復興のために協力できることはやっていきたいと考えております。また、本村においても避難勧告が出された地域もあり、各避難所に避難された方、また大変心配なされた方も多かったと思います。ぜひとも今回の大震災から得た教訓を踏まえ、我が村の防災体制について改めて確認を行う必要があるのではないかと感じたところであります。万が一のために、お互い協力していきましょう。それでは通告した質問に移りたいと思います。

 まず1点目に、沖縄県本島縦貫鉄道整備に対する考え方について伺います。この件については、昨年の6月定例会において質問した内容でありますが、村長が答弁されました調査研究や要請、また金武町などを含めた関係自治体との連携などの取り組みについて伺いたいと思います。



△次に2点目ですが、施政方針に対する質問として、松田小学校北校舎及び図書館棟の改築事業について質問させていただきます。この議場にいる方はすべて御存じだと思いますが、松田小学校の校舎の配置など、具体的な状況を把握していない方もいるかと思いますので、簡単に説明したいと思います。まずは松並木のある正門から進んで50メートル程度、左側に体育館があります。また、体育館の入り口から50メートルぐらい離れて、同じく左側に、今回改築が予定されている昭和54年に建築された北校舎、それから北校舎と向かうように35メートルから40メートル離れて、平成5年に建築されました南校舎、その両校舎の端っこというか、東側に外部の渡り廊下でつないでおりますが、その中間点ぐらいにあります昭和56年に建築された図書館、この図書館も今回改築の予定となっております。実は昨日、担当職員と話をする機会がありまして、ある程度の内容は伺いましたけれども、内容の再確認とお互いの共通認識を図るために、今年度、老朽化した松田小学校北校舎及び図書館棟の改築事業を、部分的な改築ではなく、南校舎を含めた全面改築ができないかどうか伺います。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 まずは、沖縄県本島縦貫鉄道整備に関する考え方についてでございます。昨年6月にマスコミで報道された県による本島縦貫鉄道の調査は、平成21年度、大規模駐留軍用地跡地等利用促進費を活用して、普天間基地返還跡地を含む中南部都市圏の持続可能な成長を支援する新たな公共交通システムの可能性を検討するために行われた調査でありました。その調査の中で南北延伸の可能性の検討として、名護市から恩納村、うるま市を経由し、沖縄市に至る北部ルートと糸満市から那覇空港までの南部ルートを調査し、それぞれの費用便益が0.1%で採算性が最も厳しい状況があることから、事業化は困難であると明らかにしております。その調査では、宜野座村、金武町の東ルートについては検討されてはおりません。一方、国では、平成22年度から平成23年度にかけて、沖縄における鉄軌道を初めとする新たな公共交通システム導入の可能性の検討に向けた基本基礎調査を行っております。平成22年度は、今後の前提となる将来人口、土地利用等の諸条件の設定や県民、観光客のニーズの把握など、需要予測モデルの構築を行い、平成23年度にはシステム、鉄軌道にするのか、LRTとの比較検討を行うこととしております。また、北部広域市町村圏事務組合においても、北部活性化特別振興事業費を活用し、北部地域交通体系基本計画策定調査が今年度から行われており、平成24年度には、北部地域交通基本計画が策定される運びとなります。このように国、県、北部広域の3団体により、交通体系に関する調査が行われることから、村としても宜野座村、金武町を通過する東海岸部の鉄軌道導入を要望していきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 城間教育長。



◎教育長(城間辰雄) 當眞 淳議員にお答えします。

 松田小学校北校舎及び図書館等の改築事業についての質問でございます。本事業は、長期学校施設整備計画の中で平成23年度文部科学省安全・安心な学校づくり交付金と防衛省防音工事事業の内示を受けて計画中であります。事業規模といたしましては、取り壊し校舎の面積が998平方メートルで、同規模の校舎改築を予定しております。北校舎の1年生、2年生、3年生の教室、理科室、視聴覚教室、放送室は、昭和54年2月完成で築32年です。北校舎の2階増築分は特別支援教室になっておりますが、昭和59年2月完成で築27年です。図書館等の図書室、給食配膳室は、昭和56年3月完成で築30年になっております。また北校舎の機械室、防音事業、空調設備は、平成7年2月完成です。これらの校舎は平成20年度に耐力度調査を行い、耐力度不足から健全な建物とは言えず、小中危険改築事業の対象となっております。事業申請のタイミングといたしまして、平成23年度をもって国の沖縄特別措置法の期限が切れ、本事業でも補助率75%、4分の3補助から、平成24年度からは全国一律の3分の1補助、33%へ戻されます。それにより平成24年度からは現在予定している交付金額が下がり、6,100万円の村単独の持ち出し分がふえる見込みであります。それゆえ、最終年度の平成23年度に松田小学校校舎改築事業が計画されていました全面改築の検討をいたしました。現在、校門から右側の南校舎は耐力度不足から改築され、平成5年3月、1,259平方メートルが新耐震基準で完成し、現在経過年数18年であります。また、耐力度調査の基準点数も平成21年度に5,000点から4,500点まで下がり、全面改築をしていくとなると、南校舎の基準の4,500点まで達するまでにあと22年かかる見込みであります。それまでに現北校舎のコンクリートの剥離等による危険及び補修費、維持管理費の増大も懸念されております。なお、北校舎は新基準になる前の昭和20年ですか、耐力度調査を終えています。以上の点を踏まえまして、平成23年度に事業計画を持ってきております。この東日本大震災の現状を見るとき、全面改築を待つより、一刻も早い北校舎の事業化が望まれると思います。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) まず本島縦貫鉄道、鉄軌道の整備について質問させていただきます。先ほど村長の答弁の中で、本村も金武町、宜野座村の東海岸線を通る整備について要望等を行っていきたいということがありましたけれども、平成23年度に具体的な行動をとる考えを持っておられるのか伺いたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 先ほども申し上げましたように、国も調査を平成22年度、そして平成23年度と2カ年かけてやるということを聞いております。沖縄総合事務局を訪ねてお聞きしましたら、これは本省でやっている。当初、総合事務局でやるのかと思っていましたら、総合事務局は担当もいないということで本省でやっているということになって、なかなかその内容が聞けないという状況になっていまして、これは平成23年度も継続していくということのようでございます。さらに北部全域の交通網をどうしようかということで、北部広域の中でも平成23年度にかけて調査していこうということをしていますので、我々としましてはやはり東側の開発のためには鉄軌道が非常に必要だということを申し上げて、要請なり、あるいは要望なりをしていきたいと思っております。おのおのの地域にもそういう要望があるかと思いますが、我々もその要望の時期につきましては、いろいろとタイミングをはかりながらやっていきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 要望の時期についてはタイミングを見たいということでありましたが、私はこの鉄軌道の質問を前回から1年もせず質問しておりますけれども、その理由は、現在沖縄県の置かれた状況というか、先ほど教育長の校舎建築の際にも少し話がありましたけれども、本県は1972年の本土復帰から第1次、第2次、第3次まで沖縄振興開発計画のもと、本土との格差是正のために開発を行ってまいりました。その後は、沖縄振興計画が策定されて、沖縄特別措置法も平成23年度に最終年度を迎えるという中で、県のほうも沖縄21世紀ビジョンを策定して、それの実現のために国と新たな沖縄振興に対する考え方の要望等、制度的な提言等を行っている最中なんです。そのことについては村長も把握されているかと思いますけれども、その国への提言の中で交通体系という分野がありまして、その中に沖縄は鉄道等の整備という項目が明記されておりますけれども、県議会の中でもちょっとこういった質問が出ていましたけれども、その中で県の総合交通体系基本計画の見直しも同様のタイミングで今行われようとしております。県がそういった検討を始める前に、本村の考え方というのをしっかり伝える必要がないのか。私は今がタイミングではないかという思いがありまして質問しております。ぜひそういった早い段階で本村の考え方というのを伝えていく必要があるのではないかと思っております。先ほど沖縄総合事務局、内閣府の話がありましたけれども、確かに予算の出どころは内閣府、沖縄総合事務局になろうかと思いますけれども、そういった具体的な計画については県のほうである程度整備が進んでいくのではないかと私は考えているんです。そういう中で、県に対して本村としてこういう考え方を持っていると、事前に伝えておくのは大切ではないかと思っておりますので、再度そのあたり、考えるのかどうか質問します。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 続けてお答えいたします。

 私もやはり鉄軌道があることによって、地域の活性化、地域の振興に大きく寄与するということは重々知っていますし、また、あるだろうとだれもが知っていると思います。そのためには宜野座村を通してもらいたいというのが自分の要望でもございます。先ほど時期を見てやりたいということも申し上げましたが、村独自として、いろいろと本村には将来、ホテルの建設、観光の面が出ますとか、あるいはサーバーファーム、1,000名近くの雇用の場がありますとか、いろいろな面で地域の今後、事業の導入とかのものを照らしながらやはり要望していかなければ説得力もなかろうかと思っておりますので、その辺も十分検討していきながらしていきたいし、さらには金武町も同じルートになることですから、金武町もどういう考えをしているのか。いろいろと話をしているんですが、本当に実現に向けて要請しようとかそういう話がなかなか出てこないものですから、今黙っているところでございまして、さらには辺野古、あるいは二見とか、旧久志村、東村も含めて東海岸のほうにいろいろと交通の利便性があればもっといい方向に行くかと思っておりますし、当然東村なりもそういう要望をするかと思っておりますが、いずれにしろ、私としまして東海岸を通していくことが本村に有利になるということを思っておりますので、その面を伝えていきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 金武町との連携というのはこの東海岸のルートを通すということになると、どうしても連携は必要だと思います。そのあたり、宜野座村のほうでリードしていただいて、ぜひ県のほうに早目の要請なり、考え方をきちんと伝える必要があるのではないかと思っておりますので、ぜひそのあたりについて頑張っていただきたいと思います。

 前回の私の質問の中で、先ほど村長が県が調査した軍用地跡地利用の関係で調査した内容のものですけれども、北部ルート案は東海岸でありまして、採算がとれないということでありました。ただ、西海岸の検討をされているということで、私は大変危機感を持っているんですけれども、先ほど話しました県の総合交通体系基本計画、これは平成14年に策定されて、見直しの時期なんです。これを見てみますと、恩納村のある西海岸は、その中ではリゾート型公共交通システムの導入という計画になっているんです。リゾート型公共交通システムというのは、イメージとしては海洋博の中を周回しているという、観光客を乗せて周りを見ながらという車がありますね。あれほどスピードが遅いとは思いませんけれども、そういった観光客が景色を見ながらという、時間をゆっくりと使えるような交通システムを県は当初計画しているんです。そういう県の考え方というのは、やはり観光地域でありますので、今整備しようとしている鉄軌道の考えとは基本的には反対のものだと思うんです。今、県がやろういとしているのは、中南部地域の渋滞緩和だとか、定住地域の拡大とかそういう意味での定時高速大量輸送という考え方での鉄軌道の導入でありますので、そういう意味では鉄軌道の整備というのは、県からしても計画の整合性からいくと、東海岸側が有利ではないかと思っております。そういったものも含めて、先ほどありましたように根拠づくりをぜひやっていただいて、ぜひとも早目の要請等を行っていただきたいと思っております。ちなみに、県が国のほうに制度提言しております鉄軌道の整備の目的の中に、北部圏域に至る公共交通システムの導入による沖縄本島内の均衡ある発展ということで、目的がそういうふうにうたわれております。北部圏域に至る公共交通システムとわざわざうたわれておりますので、そういう意味では、新聞報道とかでありました採算性というのを県のほうは、採算がとれないという結果を踏まえた上でそういった制度提言を行っているわけですので、そういう意味では県に遠慮なくこちらの考え方を要請できるのではないかと思っております。本村発展のためにぜひ積極的な行動をとっていただきたいと思います。

 また、前回も申し上げましたけれども、計画が一たん決まってしまえば、これを変えるというのは簡単にできるものではありませんので、ぜひとも積極的な行動をよろしくお願いしたいと思います。

 この件について最後に、県内では与那原町議会が新たな公共交通システム導入に関する要請決議を行っております。また本部町議会では、鉄軌道を求める要請を行っております。私は、本村議会でも議員各位の御理解のもと、こういったことができたらと思っておりますので、ぜひよろしくお願いしたいと思います。これについては、質問というか要望みたいになりましたけれども、これについては質問を終わりたいと思います。

 次に2点目の松田小学校の北校舎及び図書館等の改築の件について質問させていただきます。耐用年数とかそういったものもありますけれども、まず現状認識についてであります。松田小学校の校舎の配置の現状についてですけれども、村内には3小学校、1中学校がありますが、現在宜野座中学校が全面改築中でありまして、こういった部分的な改築というのを行うのは松田小学校だけなんです。校舎のデザインも違いますし、現在もばらばらな景観でありますし、それぞれが単独、単独で計画されているような状況であります。松田小学校の問題点として、まず北校舎と南校舎がそれぞれ分かれておりますけれども、基本的に北校舎が低学年、南校舎は高学年ということで、玄関もそれぞれ別々なんです。玄関が一つに統一されていません。そういう意味では、校舎に入る前に子供たちはそこから分かれていくわけです。既に二手に分かれて登校することになっています。また、職員室は南校舎にあるんですけれども、例えば北校舎に不審者が入った場合とか、そういった場合には大人がほとんどいないというような状況で、玄関もありますので普通に入れるんです。そういった場合に対応ができない。これについては防災訓練だとか、そういった中でも警察の方からそういったことは言われているようです。また、北校舎と南校舎をつないでいます渡り廊下がありますけれども、これは外部、基本的には外になっていて、そこにすのこみたいなのを敷いて、スリッパで歩けるような感じになっていますけれども、この外部の渡り廊下、これが40メートルぐらいあるんです。少しでも風が吹いて、雨が降っていたりすると吹き込むという状況ですし、また体育館までの距離を調べてみたんですけれども、北校舎から体育館まで大体55メートルあります。南校舎の玄関から体育館の玄関まで行くと70メートル離れているんです。雨天時に体育館というのは、外で体育ができないときに使いますけれども、体育館に行く段階で雨に打たれるという状況で、大雨の際にはかなり使い勝手が悪いという現状だと思います。私も距離を調べてびっくりしたんですけれども、自分が思っている以上に距離があるんだと感じたところですけれども、こういった状況について教育長はどのように考えているのか伺います。



○議長(多嘉山朝安) 城間教育長。



◎教育長(城間辰雄) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 まさにおっしゃるとおりだと思います。私も松田小学校に小学校2年までいたんですけれども、あの当時の建物がどうだったかはっきり覚えていないんですけれども、現在この小学校を訪れるたびに、玄関に入ってまたスリッパを履かされて、図書館の前を通って、それから北校舎に行く、そいう不便さですか。大人の足でも不便ですので、ましてや、まだ子供の足だと大変だと思います。幼稚園のほうも目立たない控え目なところにあって、確かに不審者の問題とか防犯上、何かあるときには問題ではないかと意識しています。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) こういった現状を踏まえて、今回北校舎、それから図書館棟を改築していくという計画なわけですけれども、こういった問題についてはどのように対処されるのか伺いたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 城間教育長。



◎教育長(城間辰雄) まだ事業化をこれから進める段階です。今、手をつけたばかりで、これから設計、配置とか、これはこれから検討していくことになります。だから今おっしゃられた課題に対処できるような校舎の配置とか設計とか、そういうもので対応できる部分は対応していけるのではないかと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 対応できる部分はということでありますが、子供たちの教育環境については、松田小学校が一番使い勝手の悪い学校だと思いますので、そういった意味で、もう少しいろんな案が出せないものか、そのために少し具体的な質問をしていきたいと思います。

 これは少し話を伺っておりますけれども、お互いの共通認識を図かる必要もありますので、質問したいと思います。耐用年数の件です。先ほど南校舎を改築するにもあと22年待たないといけないという話がありましたけれども、これは新耐震基準でつくっているということで、耐用年数が40年と設定されているということからそういう話なんでしょうか。



○議長(多嘉山朝安) 城間教育長。



◎教育長(城間辰雄) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 建物の耐用年数は学校用または体育館用、鉄骨鉄筋コンクリート造りまたは鉄筋コンクリート造り建物の耐用年数は47年とされています。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 参考までに確認ですけれども、宜野座中学校の校舎改築の際、北側の校舎がありました。昭和64年に建築されたものだと思います。私が学生時代でありましたので。これは築20年ぐらいで壊されて、今全面改築になっているんです。新しいのになぜかという話は周りでありましたけれども、これについては古い耐震基準でやられていたので取り壊しが可能であったのか。そのあたりについて質問させてください。



○議長(多嘉山朝安) 城間教育長。



◎教育長(城間辰雄) 當眞 淳議員にお答えします。

 ただいまの質問に対して、具体的、詳しい、はっきりしたことは申せませんが、一般的に耐力度調査、それに従って進められているのではないかと思います。建物の構造、耐力、経年による耐力低下、立地条件による影響の3つ項目を総合的に調査し、建物の老朽状況を評価するとなっております。ですから中学校の件に関しては、そういうもろもろの状況が勘案されて実現できたのではないかと思いますが、今、具体的なことは手元にありません。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) そう考えると、わずか5年でありますけれども、松田小学校はかなり損してしまったのかという気がしてなりません。ただ、先ほど耐用年数の件もありましたけれども、予算の面でも持ち出しが多いと。6,100万円の村単独の持ち出しが出てしまうということがありました。ただ、中学校の場合も再編交付金でやる予定があったのを、結局は基金として、これは子供たちの環境整備のために必要だということで、結局は村の起債の中でやっていくことになりましたし、そういう意味では、同じような発想から行けば、この6,100万円というのは重くはありますけれども、環境整備には十分必要な支払ってもいいような対価だと私は思っておりますので、その件は一応申し上げておきたいと思います。ただ、先ほどから校舎ができないということで、余り妥協はしたくないんですけれども、ただ、全面改築が難しいということになった場合、例えば設計自体は全面改築の設計をして、その設計に向けて順次整備していくと。設計自体は先に総合的な校舎配置、体育館等との連携などを含めた設計はしておいて、それに合わせて校舎を整備していくということは可能でしょうか。



○議長(多嘉山朝安) 城間教育長。



◎教育長(城間辰雄) 當眞 淳議員にお答えします。

 恐らく設計、将来設計まで踏まえて考えていくことになると思います。だから今おっしゃられたことは十分検討しながら進めていく形になると思います。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 通常、補助事業とかをやる場合には、それ以外の建物の設計料というのは多分出ないと思うんです。この改築する部分にしか設計料はでないのではないかと思っております。ただそうなると、私も建築を勉強してきましたので、友人にもたくさん設計士がいますけし、私も免許は持っていますけれども、やはりどうしてもこの設計をしていく上で、みんなそうですけれども、自分の個性を出したがるわけです。それぞれが単独、単独で設計していくと、どうしても建物自体がアンバランスになっていきます。これはもう仕方のないことだと思うんです。幾ら言ってもなかなかこれに制御かけられないと思いますので、そういう意味では先ほど提案した、まず設計は全体でやって、それに合わせて整備していくという形がとれれば、この松並木から太平洋もすぐ見えるところでもありますし、景観もすばらしいので、よりよい学校ができるのではないかと期待を持っているんですけれども、そういったことが実際に可能か。先ほど教育長は考えていきたいとおっしゃっておりましたけれども、現実的にどうでしょうか。事業されている課がそのあたりはよくわかると思うんですが、村長、もし考え方があれば、村長に伺いたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 議員のおっしゃることも非常に理解もします。しかし村としましては、どうしても財政的なものも見なければできません。そういう施設を整備するためには、やはり国の助成を得なければ村としても対応できない状況があってやっていることでございまして、さらには耐力度、耐用年数をもって国に申請しているところでございます。おっしゃるように、一部は何年か前につくって、そしてあとは継ぎ足しということになると、施設の利便性、あるいは景観的な面からもそこのところはあるかと思っております。しかし、この設計の中でいろいろと指摘された点を何とか考慮できるような方向でもって設計をして、子供たちの安心・安全のための校舎をつくっていきたいということで村は進めていきたいと考えておりますので、御理解をいただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 例えば公民館建設とかそういった場合、補助事業で得る分と、あと地域が出す分というものがありますね。設計の中でもそういったものというのが可能なのか。先ほど言ったように、将来予想される建物まで含めた計画でできるのかというのがちょっと、できればというような期待感があるんですけれども、そういったことは可能でしょうか。そのあたりについては教えていただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 私から申し上げますと、将来に向けて校舎の並びがどういう方向になっていくか、それについてはできるかもしれませんが、将来に向けて順次校舎をつくっていくという方向までの設計までは恐らくできないと思っております。これは御理解ください。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 厳しい答弁でありますけれども、制度的なものがいろいろ変わっていきますし、細かい調整の部分については大変難しい問題だとは思うんですけれども、こちらから、あとは希望としか言えませんけれども、よりよい環境整備ができるように、教育環境ができるように、松田の子供たちにこういったすばらしい施設を、使い勝手のいいものを視野に入れた設計を、ぜひみんなで知恵を出して、少しでもできるようにしていただきたいと思います。ただ、全面改築してほしいという希望はあるんですけれども、答弁内容からすると大変厳しいのかと思っております。どうにか発想を切りかえるなりして、新しい補助事業がないのかとか、そういったのももう一度ぜひ検討していただいて、頑張っていただきたいと要望して質問を終わりたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) これで當眞 淳議員の一般質問は終わりました。

 暫時休憩します。             (11時30分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (11時40分)

 順次発言を許します。

 石川幹也議員。



◆1番(石川幹也) おはようございます。1番 石川幹也です。議長の許可を得ましたので、質問をする前に一言申し上げます。

 東北関東大震災で被災されました皆様に心からお見舞いを申し上げます。この未曾有の大震災に対し、我が村も国民の一員として支援する必要があろうかと思います。議会、当局ともに支援策を検討し、取り組んでまいりたいと思います。

 また、私事ではありますが、去る平成22年9月の宜野座村議会議員の改選により当選させていただき、村民の皆様大変ありがとうございます。村民の声を村政へ、誠心誠意頑張る所存でありますので、どうぞよろしくお願いします。では質問に入ります。

 1.各小学校、中学校児童生徒が、登下校する通学路付近に危険箇所はないか?について。新1年生を迎えるにあたり、通学路付近に危険箇所がないか、早急に調査を行い対応をお願いしたい。

 2.漢那村内浜原線と漢那ダム1号線、車両等の往来について。道路拡張により車両等の利用がしやすくなった半面、スピードを出す車両もふえ、近隣住民の生命を脅かす現状である。どうにか早急に改善できないか伺いたい。よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 石川幹也議員にお答えいたします。

 まず各小学校、中学校児童生徒が、登下校する通学路付近に危険箇所はないかという質問でございます。本件について、各小中学校児童生徒の通学路について、特に注意すべき箇所がないか各小中学校に問い合わせし情報収集したところ、各学校とも校区内における安全マップを独自で作成しております。村としましても安全マップを参考に、関係する団体へ危険箇所のチェックをお願いし対応したいと思っております。調査箇所としましては、ため池、あるいは沈砂池、排水路等への落下防止、あるいは道路横断箇所、歩道等の安全確保、さらに登下校時の集団行動の指導等について、教育委員会また学校とも連携を行い対応してまいりたいと思っております。

 次に漢那村内浜原線と漢那ダム1号線の車両等の往来についてでございますが、本件については、村道整備により車両等の通行量が多くなり、またスピードも出しやすく、交通安全の面で大変心配をされているということでございます。その安全面の対策方法について、構造的な改善としましては、路面への段差を設けるのか、または路面へ注意を促すマーキング等が考えられます。現場状況を調査の上、対策方法について調査させたいと思っております。なお、スピード防止の看板設置については、早目に交通安全推進協議会のほうでも対応していきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 石川幹也議員。



◆1番(石川幹也) 私なりに一番の危険箇所につきましては、3小学校付近を散策したところ、松田小学校におきましては、ここが危ないのではないのかというところが幼稚園の裏側、村営アパートの付近から土地改良区に入るところに排水溝があるんです。幅1メートル、深さ1メートルぐらいですか、そこには蓋がなくてフェンスがない。これは写真を撮っておりますので、後で提供したいと思います。また、當眞和喜さん宅の後ろに6メートルぐらいの擁壁があるんですが、そこにも進入できないようなフェンスがないということです。また、宜野座小学校につきましては国道が危ないかと思います。漢那小学校につきましては、幼稚園に入る入り口のほうにカーブミラーがなくて、曲がり角で子供の横断が確認できないということがありました。グラウンドの進入路の3差路にカーブミラーがあるんですけれども、それが台風等々で曲がってしまって、児童が渡るところが見えなかったと。危うく大惨事を招いたということがあります。また、漢那ダム1号線と中山原線ですか、漢那小学校と村営アパートの前付近に交差するところがあるんですけれども、そこに横断歩道があるんですけれども、漢那ダム1号線のほうから猛スピードでやって来て、相手側はとまっているけれども、こっちはとまらなかったというのがありました。もう一つは、漢那ダム1号線沿いに排水溝がありまして、5年前に児童がここで大雨の中、流されて母親が助けたという、危うく大惨事になったという実例があります。その件に関しましては、担当課の職員に通告して、いい回答をもらっております。これについてお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 続けてお答えいたします。

 石川議員の調査、そして指摘、大変ありがとうございます。早速、現場を調査して対応していきたいと考えます。



○議長(多嘉山朝安) 石川幹也議員。



◆1番(石川幹也) 1年生は、親から離れて初めての巣立ちというんですか、そういうことがあって、冒険というんですか、1年生になると親から離れていろんなところに行くと思います。こういった危険箇所を防ぐことによって危険防止できるのかと思いまして質問しました。

 次に2番目、漢那村内浜原線と漢那ダム1号線、車両等の往来についてなんですが、この浜原線におきましては宜野座村漁港があり、また児童公園、老人クラブのゲートボール場、また水産物直売所があるということで、かなり車の往来があるだろうということです。平成14年、15年、16年、19年度の事業で約600メートルの拡張工事をしていると思いますが、道路がよくなった成果は、漁港の裏口というんですか、仲本康雄宅から上原 均宅の直線、ここで猛スピードが出ているということがあります。そこの近隣住民が朝の掃除等々で危うくひかれそうになったということがありました。要は車を減速させる方法、村長からもありましたように、例えば減速ライン等々で対応できないかと思います。これについてよろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 続けてお答えいたします。

 道路を整備して道がよくなった関係で、スピードがまた出されていくというのは非常にまずいことでありまして、これは交通マナーの問題ですので、それを十分注意させながら、さらには必要箇所についてはマーキングなり、あるいはそこは住宅地域でもありますし、スピード減するような看板等を設置して対応していきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 石川幹也議員。



◆1番(石川幹也) これは私も何度か見ております。本当にスピードを出して、また地域住民も怖がっておりますので、早急な対応をお願いして、初めての一般質問を終わりたいと思います。ありがとうございます。



○議長(多嘉山朝安) これで石川幹也議員の一般質問は終わりました。

 暫時休憩します。             (11時53分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (14時05分)

 順次発言を許します。

 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 質問に入る前に、このたびの東北から関東にかけての沿岸に起きました東北関東大震災で亡くなられた多くの方々に哀悼の意を表するとともに、残された人々が心身両面から一日も早い快復を祈念申し上げます。このような災害は予告なしに起きて、甚大な参事を引き起こし、人々の心に大きな傷跡を残してしまうものです。議会の冒頭、村長が被災者の義援金として予備費から100万円を捻出したいという意向でございましたけれども、心から賛同申し上げます。では通告した3点につきまして、私のほうから質問させていただきたいと思います。

 まず最初に、1.行・財政計画について。平成22年12月現在の国債及び借入金並びに政府保証債務現在高は919兆1,511億円に上り平成23年2月1日現在の日本国の人口1億2,737万人で割れば実に1人当たり721万6,386円の借金になる。国は後世の負担を軽くし行政経費の削減を図るため、平成の大合併を推し進め、平成11年以来、市町村数3,232から1,727(平成22年3月31日現在)まで減少させた。基礎自治体を1万人以上としてさまざまな行政改革を推進しようとしています。そこで1万人未満の本村は今後どのようなことが問題になるのかお伺いするとともに下記のことについてあわせてお伺いします。

 ?公の施設の委託管理について。

 ?ふるさと納税制度の取り組みについて。

 ?村職員はもとより各種団体の村政運営への参加意欲の喚起について。

 ?県内の市町村と姉妹市町村の締結について。

 2.カタバルの護岸工事について。松田区の地域活性化構想で計画した護岸計画とはまったく異なる形で発注され実施中だが現在設置されているテトラポッドを活用して突堤をつくればそこに囲まれた護岸の前に砂がたままると土木の専門家は言っているが県と話し合ってそのような設置ができないかお伺いします。

 3.小・中校生の学力向上対策について。本村はこれまで学力向上対策について学校はもとより教育委員会、各公民館、PTA等が取り組んできたが、なかなか成果が上がらないとのことだったが本年度の状況とこれからの対策及び見通しについてお伺いします。よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 まずは基礎自治体の課題についてでございます。平成22年3月31日現在、平成の大合併による市町村数が1,727、全国の1万人以下の市町村数は459となっている。本村もその数の一員であります。1万人未満の本村で今後どのようなことが問題になるかとの質問ですが、合併特例法の期限が平成22年3月31日で一区切りされていることから、国としては引き続き財政基盤強化のため、自主的に合併を選択する市町村を支援するとなっていますが、本村としては当分の間、合併はしないとのことで、現状で村政運営を行っているところでございます。基礎自治体である市町村は、住民に最も身近な地方公共団体であり、これまで進められてきた市町村合併の評価や検証を踏まえ、行財政基盤の充実強化を図っていく必要があります。また、本格的な地方分権時代を迎え、市町村への権限委譲が進展するに当たり、地方自治体はみずからの責任と判断でその任務を遂行し、多種多様化する住民のニーズに対応しなければなりません。そのため今後の基礎自治体には、十分な組織と専門職員の配置など、事務処理体制の整備や財政基盤の強化、さらには監査機能の充実強化や議会の役割の強化など、これまで以上に自立性の高い行政主体となることが必要であり、課題となっています。

 次に公の施設の委託管理についてでございます。これまで公の施設の管理運営につきましては、平成15年9月の地方自治法の改正により創設されました指定管理者制度を活用し、平成23年3月1日現在で50の施設について、指定管理者を指定をしております。指定管理者制度の導入については、第4次宜野座村行政改革大綱に掲げており、今後も村民サービスの向上と運営の効率化を図るため、積極的に推進してまいります。

 次にふるさと納税制度の取り組みについてでございます。本村の取り組みについては、平成20年6月26日に宜野座村ふるさと応援基金条例を制定しております。条例の内容としては、ふるさと宜野座村への思いを持つ人々や本村の進めるまちづくりに共感する村内外の人々からの寄附金を財源に住民参加型のまちづくりを推進し、特色あるふるさとづくりを推進する内容となっております。これまで本村への寄附金として平成21年に法人2名、60万円、平成22年度に個人2名から13万円、合計73万円の実績となっております。本村としては、今後とも村のホームページなどを活用し、広く県内、県外の方々への周知を図っていきたいと考えております。

 次に村職員はもとより各種団体への村政運営への参加意欲の喚起についてでございます。これからの行政運営は地域の課題やニーズに対応していくため、住民や住民参加団体などが公共的サービスの提供を行うとする取り組みを積極的に推進する必要があると思っております。村内では各地域において多種多様な行事等が行われ、青年会、婦人会、老人会などの参加が必要不可欠であります。村職員並びに委託職員についても積極的に参加できるよう、職専免等でも対応しているところでございます。また、村主催で行われる各種イベント、講演会等への参加についても、村職員も村民の先頭に立って積極的に参加すべきものと思っておりますし、今後とも職員並びに村民の意識改革と資質の向上に向けて積極的に取り組んでまいりたいと思っております。

 次に県内市町村との姉妹市町村の締結についてでございます。県内市町村の現状を見ていますと、県内41市町村の中で、国外並びに県外との姉妹市町村並びに友好都市締結は21市町村となっています。また、どことも締結していない無締結の市町村は20市町村となっています。また、県内市町村同士の締結はございません。本件については、村としましても今のところ考えていません。

 次にカタバル護岸についてでございます。現在進められている松田潟原護岸の工事については、沖縄県が事業主体となって進めています。これまでに沖縄防衛局、在沖米軍海兵隊基地キャンプ・バトラー施設技術部、財産管理部と協議を重ねキャンプ・シュワブの訓練水域に触らないラインを調整し、海岸老朽化対策緊急事業が許可されて、今進めていると聞いております。また区民への事業説明の中で、当初、消波ブロックはそのまま残すということでしたが、区民から浜の景観が損なわれるというため消波ブロックの撤去の強い要望があり、設計変更を行い消波ブロックの撤去を行うことになっています。北部土木事務所に確認しましたところ、消波ブロックを砕いて裏込材として再利用するとのことでした。當眞議員の質問は、消波ブロックを利用して突堤をつくれないかということですが、訓練水域への構造物は今認められていないという見解がありますので、今後、海浜を利用するためには砂場が必要かということも考えられますので、北部土木事務所とも調整しながら要望していきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 城間教育長。



◎教育長(城間辰雄) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 今年度の状況について説明いたします。平成22年度の全国学力学習状況調査については、小学校の1校のみが算数A、県より10点、全国より5点、算数Bが県より9.8点、全国より5点、県平均、全国平均の正答率を上回っております。また、同時に平成22年度沖縄県学力到達度調査については、村内小学校における全体の平均正答率が、国語A、B、算数A、Bの全教科において地区平均、県平均を上回る結果となっております。結果内容を簡単に申しますと、国語Aが地区より7点、県より2点、国語Bが地区より10点、県より6点、算数Aが地区より12点、県より9点、算数Bが地区より14点、県より9点となっております。これらの成果が上がった理由として、一つにはこれまで3年間、県教育委員会指定基礎学力向上対策推進地域として取り組んできたことにあると思っております。村内小中校4校において、統一した朝の基礎基本の時間を設け、百ます計算や音読、漢字の書き取りなどを反復学習で強化いたしました。また平成21年度から22年度は、県から小学校算数の教科コーディネーターの配置を受け、算数の授業改善に真摯に取り組むとともに、3小学校の合同授業を実施するなどした成果も大きいと考えています。なお、今年度、平成23年度も要請しております。さらに、村から各学校への学習支援員、特別支援サポーターの配置により、学習におくれが見られる児童生徒や学習障害などの特別な支援を必要とする幼児、児童生徒に対して個別の支援も行ってまいりました。しかし、中学2年生の結果は十分というわけではありません。県や地区よりポイントが下回っております。基礎計算や漢字、語彙力、読解力をつけるという面で課題が残っています。小学校の段階の課題も残しているものと思われます。平成23年度は、学校における授業改善の具体的な取り組み、朝の基礎基本の時間の充実、家庭、地域と連動した家庭学習月間の強化、ノーテレビデー、ノーテレビタイムの設定、学習支援員、特別支援サポーターの効果的活用を図るなど、継続した取り組みを一層推進していくことが大切であると考えております。2月4日に村内の青少年スポーツ指導者にお集まりいただいて、教育委員会と情報交換会を催しました。各指導者とも、子供たちに勉強とスポーツを両立させることに苦心しておりました。学校との連携、地元の区との調整、村営塾21世紀みらいとの関連など、子供たちの学習時間の確保について、これからも話し合いを進めていくことになりました。また、今年度の校長研修会、教頭研修会などでPTAの学力に対する関心が高まっているという報告を受けています。本村には、他の市町村にはない村営塾21世紀みらいができました。この取り組みについては県の教育委員長やまた新しくなられた教育長も関心を示され評価されています。宜野座村の子供たちが将来の夢へ挑戦できる環境が整いつつあります。すべての村民の皆さんが子供たちの教育に関心を寄せ、学習の内容及び進路に気を配り叱咤激励してくださるようお願いしていきたいと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) まず基礎自治体の件からです。先ほど村長が答弁なさった中で、一番の課題は何といっても専門職員の体制の確立、それから監査機能の充実、ほかにもいろいろあろうかと思いますけれども、今まで財政が大変よかったけれどもおかしくなったという本土で起きているこの例を見たら、大変いい時期の財政運営がそのまま続くのではないかという思い込みがあってこのような状態になっていると思うんですけれども、こういうものを打破するためには何といっても自治体の職員自体がきちんとした監視ができる。それからいろんな事業の仕組みができる。それから本村は大きな会社に例えていうと、村民の就職の場、それからお互いの生活の安定のためのいろんな住民サービスが充実することだろうと私はそのように思っています。そこで、今後の専門職員並びに監査の職員の体制を充実するために村長はどのようなことを考えておられるのか。それをまずお伺いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 當眞議員にお答えいたします。

 御指摘のとおり、やはり地方分権、あるいは地方自治体のあり方につきましては、小さな市町村がゆえに、地方の創造と責任を持ってやるべきことだとなっておりまして、小さい自治体の中ではこの専門職というのが大きな課題になっております。そういう中で、職員もこれだけ勉強をされてきて、採用されているわけですから、なお勉強をさせながら、そしていろいろな研修等も受講させながら、村民のニーズにこたえられるような職員を育成していきたいと考えております。なお、小さな村がゆえに職員の業務も多種多様になっておりますので、そういう面からもまた職員同士の支え合い、そして地域住民とも連携をしながら、そしてみんなでつくる協働の社会づくりをしていきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 村長の今の考え方に私も賛同します。

 その中でただ一つだけ思うことなんですけれども、どのような計画も一つの方法ですべてできるということではないと思うんです。実はこの合併促進法が切れた途端、今国はどのようなことを考えているかというと、定住自立圏構想というのを推進しようと。これは何かといったら、しなくてはならない仕事というのがたくさんあるんだけれども、このしなくてはならない仕事の中には小さな自治体ではなかなかできないものがあって、大きな市町村と一体となってやるような方法というのがあって、地方課では定住自立圏構想について今後どう進めるかという話を盛んにやっておりました。その辺も含めて、いろいろな角度から検討してほしい。前の合併促進協議会の中でも委員会の中でも、本村は今合併するよりはそのままやったほうがいいというちゃんとした意見も出ているわけですから、ただ、これで終わりではなくて、何といっても業務は地方分権との兼ね合いでぼんぼん委譲されてくるから、それに対応できる態勢づくりというのが大変大事だと思うんです。そういうことでいろんな角度から検討すべきではないかと思うんですが、村長、この定住自立圏構想ということについて、今まで勉強されたことがあるのかどうか。研修会とかそういうところで触れたことがあるのか、まずそれをお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 今おっしゃる定住自立圏構想の研修会、講習会というのはまだ受講しておりません。しかし先ほどもありましたように、小さな自治体ではできないものについては広域的な行政の中でやっていくべきものもあるかと思っておりますし、今一部やっている北部市町村圏事務組合もそうだと思いますので、今後そういう広域的な行政運営も考えるのではないかと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) これは村長にぜひ考えていただきまして。

 私は常々、自治体の職員が力をつけるためには何といっても研修したい、私はこれを一生懸命したいと。させられるのでななくて、私はこの分野についてはだれにも負けないぐらい頑張ってみたいという職員の掘り起こしがどうにかできないかと思っているわけです。そのために、この研修制度を以前は幹部職員が行くとか、一般の職員が行く、県の初任者研修から始まって幹部クラスの研修がいろいろありましたけれども、これからの世の中というのは、何といっても自治体管理となったら、意欲ある職員をどう育てていくかということが大事だと思うんですけれども、その辺について、村長はこの研修をどのような格好でやりたいのか、やろうとしているのかということをお伺いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 職員の研修につきましては、一番大事なことだと私も思って推進しているところでございます。まず職員の県外の先進地研修も毎年させておりますし、その中で課題をつくりながら研修を実施している状況でございます。またその後、ちゃんとした報告書を提出させて、あるいは幹部職員を集めて報告会もしながらやっていますし、さらには県の主催する研修会、あるいは国の主催する研修会にも職員の実務的、あるいは行政的研修に派遣していまして、県の研修の受講者数から見ましても、本村は案外多くの皆さんが受講されている状況でございます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 今のお話を聞いて一生懸命頑張っておられるということで、他の自治体に比べたらという話なんですけれども、やはりこの小さな自治体ほど少数精鋭というんですか、徹底してやらないといけないと思いますので、そのためには、私は何度も言っていますけれども、叱咤激励。先日の南米の研修生の報告を見ても、一昨年あたりからすごく行っておりますけれども、そういう研修に行ったときの報告会みたいなものを村として考えたことがあるのかどうか。私は前にもこの件について質問したと思いますけれども、再度お伺いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 先ほども申し上げましたように、やはり研修して後の報告は、決裁等を通してやっておりますが、たまには幹部を集めてその報告会をしたらどうかということも検討しているところでございます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 私が今言っているのは、役場内はもちろんのこと、できたらこういうもの、きょうITの研修会がありますね。そういう感じで報告会を持つことができないかということでございますので、ぜひこれは検討していただきたいと思います。時間がもったいないですので次に行きます。

 公の施設の委託管理について。今まで50の施設ぐらいについて公の施設の委託管理をしていますということですけれども、漁業組合と東江さんのもの以外については、ほとんど公民館が主体ではないかと思っています。私が今言っている話は、この公の施設の中でこの宜野座村では規模が大き過ぎるというのがあって、本当は最高なんですけれども、だけどこれを活用することによって、もっと地域の活性化ができるようなことを仕組めないかと。それは行政の皆さんだけで考えるのではなくて、幅広く公募してみる必要もあるのではないかということと、何といっても現状よりも安く効率的なことができるというのが前提ですけれども、それをあわせて、公の施設の管理については村外業者ではなくて、今は村外でも、公の施設を受けようしたら、どうしても本店所在地を宜野座村に置くというようなことも含めて考えないと、本当の意味での振興にならないと私は思っているんですけれども、村長の見解をお伺いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 公の施設の管理につきましては、やはり公の施設としての機能を維持しながら、そして管理運営が効率的、そして財政上安くできる方向にしていくべきだと思っておりますし、そういう目的、趣旨を達成できる村内で管理する民活があれば、大いに協議しながら進めていくべきだと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) ぜひそのような感じで図っていただきたいし、そういうことをすることによって村民が行政に対して関心を持ち、自分たちの意見を言うようにもなるし、また参加もしてくるのではないかと思っておりますので、ぜひお願いします。

 それから2番目のふるさと納税制度についてですけれども、本村でも平成20年、21年に業者並びに村民の方から計4回、79万円の寄附があったということですけれども、これ自体が財政上の補てんになるということではなくて、むしろ準村民をつくる方法としてはこれは最高ではないかと。我が宜野座村では今まで大きな事業の中で、まず漢那ダムがありますね。それから今回再編交付金はもちろん、北部振興策からSACOの話からいろいろ入れてやった事業がありますけれども、そこに関係した国の職員並びに県の職員も相当いると思うんです。そういう人たちからしてみたら、自分たちがつくった事業がどうなっているのかということを大変気にしているのではないか思うんです。そういう意味で、こういう人たちにも呼びかけをしてぜひ見てもらう。それと一つの事業というのは、その時期では最高だったけれども、今はここを少し手直しをしたほうがいいのではないかとかいろいろあると思うんです。その辺の意見も聞きながらやれるのにぜひ堂々と参加してもらう。その参加してもらう一つの方法として、寄附してもらうことによって発言権も出るし、それを条例の整備をしてそういう人たちに年に一度ぐらいでも呼びかけをしてはぜひ集まってもらって、宜野座村の地域づくりについての意見とかそういうものがいただけないかと思って出していますけれども、村長の見解をお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 大変すばらしい御意見だと思っております。いかにして、どういう形でこういう皆さんを集めて、また意見を聞くかも一つの課題かと思っておりますし、いろいろと地域の中でも、あるいは村外の皆さんも非常に宜野座村に関して関心を持っていまして、宜野座村に住みたいとか、宜野座村のファンだとかいろいろそう言ってくれる多くの皆さんがいらっしゃいますので、そういう皆さんの声も聞きながら、将来の村の活性化に向けていろいろと力をかりていきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) ではぜひそのようにやっていただきたいと思います。

 それから職員及び各種団体の村政への参加ということで出しましたけれども、宜野座村の「水と緑と太陽の里」をつくろうというこのキャッチフレーズの大きな柱として、地域づくりは村民参加の自治からというのがあるんです。これは私が昭和56年、もし私が村長だったらということで小学校4年生から中学3年生まで作文を書かせたことがあるんです。そうしたら大人では気がつかないぐらいすごく遠大な構想と夢を持っているわけです。その夢の実現を少しでもさせるような体制がもしできたとしたら、子供たちが小さいときから、私は将来こんな人になってみたい、こんなことをやってみたいという話が出てくるのではないかと。そういうものを喚起していけばきっとすばらしいものになるのではないかということで出しているんですけれども、それとあわせて今提案されています景観条例、この景観条例につきましても、村民が参加することによって息の長い地域づくりができるのではないかと思っていますので、その辺の体制づくりのために村長、今言っている話に反論とか、またつけ加えるものとかがありましたらひとつよろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) やはり小さな村にとって一番大事なことは、みんながいろいろな面で村の行政の中身、財政、すべてのあり方をみんなが共有して、そしてみんなが協働して助けていくのが一番大事かと思っております。そういうところが小さな自治体のよさだと私は思っております。そういう中で限られた職員でやっていますし、職員も大きな自治体の職員に比べますと、一人三役、四役も業務を持っている状況でございまして、万一、一人が休むと、その負担が隣の職員に大いにかかっていくということで、非常にこういうものを心配しながら今やっているところでございまして、それで職員同士の横の連携、励まし合い、それをしなければいけないということを強く職員に訴えながら、さらには地域住民の行事への参加、地域住民とのいろいろな協力体制をつくっていかなければできませんということと、私がいつも職員に申しているのは、やはり職員が100名いますと、一人が常に50名は頭に入れてくれと。そうすれば村民約5,000人の人口をおのおのの職員が分担して負担しているということになるんだということで、常にそういう気持ちで職員にやってもらいたいということを申し上げているところでございまして、ぜひ皆さんの御協力、御指導もよろしくお願いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) おもしろい例がありますので、財界の話をやってみたいと思います。

 トヨタの内部から、職員から出される提案というのは1人当たり大体年間200と言われているわけです。その200を90%以上実施していると。これはなぜかといったら、内部で仕事をしている人たちがいろんな提案をして、その提案したものについて論議をしてやってみる。それをすることによってすごく効率化できたんだと。それからいろんなアイデアが出たんだということがありますので、できましたら職員の意識喚起の中で一番大事なことは事務の改善、行政の改善について、職員の意見をどう聞くか、また発表させるかということが大変重要だと思いますので、その辺をぜひ取り組んでいただきたいと思います。時間がございませんのであと一つ、この職員の問題はさておきにしまして。

 これは村づくりの提案です。一般の住民の中に相当の識者が最近、宜野座村に入ってきています。そういう人たちからいつも言われる話は、私たちが発言する場所があったらという話があって、その方法の中で一番手っ取り早くできるのがシンポジウムなんですけれども、いろんなシンポジウムを、どこの課がやるかはわかりませんけれども、いろんな課題を出してシンポジウムなどをする気があるのかどうかということをお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 続けてお答えいたします。

 村においてもいろいろな面の事業、講演会とかシンポジウムとかを実際にやっているんです。しかしそれの情報提供の弱さかどうかわかりませんが、なかなか村民の集まりが弱いというのが非常に悩みの種でございます。特にその中で、私は職員の横の連携をとりなさいということを強く訴えながらやっていますし、さらに村民の中にはいろいろとすばらしい知識を持っている方がいるということもわかっていますし、その皆さんの意見をいかにして聞いて村政に反映できるかということも考えているところでございまして、今回、条例の改正にあります村づくりアドバイザーという形で条例改正していますが、これまで観光アドバイザーとか、リゾートとか国際交流員とかいう形で個々のアドバイザー制度の条例でありましたが、それを一括して村の地域づくりアドバイザーとして委嘱をして、おのおの専門の意見を聞いていこうということで、幅広く対応できる体制にしていこうということで条例の改正も考えておりますので、その提案の中でまたひとつよろしくお願いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) ぜひそのように頑張ってください。

 次に県内の市町村との姉妹市町村の締結をする気はないかということについて、村長は沖縄県にそのような実例はないという話だったんですけれども、ぜひ視点を変えて考えていただきたいと思うのは、私は昔ダムの担当者をしているときに、例の大分県の大山町が北九州市と姉妹市町村を結んでいたわけです。そのときのキャッチフレーズが農村は都市の恋人ということでやっていたんです。それと北部振興策の一番の基礎になった話は、北部は中南部に比べて公共施設が少ないと。県が主体となってつくるとしたらなかなか人口の問題があるとか、何の問題があるということでできなかったけども、今回の振興策で国頭村にも公認の陸上競技場ができるぐらいです。そういうものをより使いやすくするために、地域からしてみたら費用の負担をしてもらうためにいろんな策を考えられないかと。我が村では例えばかんなタラソ沖縄の話とか、あるいはドームの話というのが大きな課題になると思うんですけれども、それをすることによってたくさんの人が来て、逆にそこで商売ができて、また交流の輪が広がって、よくなっていくというんですか。逆に都市の敷地を使わせてもらうというようなこともできれば、宜野座村で今一番問題になっています物がなかなか売り切れないという話も含めてできはしないかということで、できたら大きな那覇市とか浦添市とか、ちょっと離れたところのほうがいいと思いますけれども、その辺の市町村と提携する気はないのか、再度お伺いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) ただいまの御意見、やはり都市と農村との交流というのは非常に大事なことだと私は思っておりますし、さらにダムまつり等も通しながら、ダム、水源地域と受益地域との交流を図ろうということで漢那ダムまつりもやっている状況であります。だからそういう都市と農村、あるいは経済交流も図っていける体制というのが非常に大事かと思っております。それが果たして姉妹市町村を結んでやるべきものなのかということはまだまだ検討する余地があるかと思っておりますので、この交流については非常に大事だと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 村長の答弁を一応了とします。村長がそう考えるんだったら、そのように考えて結構ですけれども、ただ、この公共施設、宜野座村だけで使おうとしたら相当無理があろうかと思いますので、ぜひその辺を真剣に取り組んでいただきたいと思います。

 それからカタバルの護岸の件についてでございますけれども、ずっと前の話でありますけれども、惣慶の船揚場がテトラポッドを省いたために何度か災害に遭ったことがあるんです。このときに県道漢那松田線ができたわけです。そのときに前原の海岸にあったテトラポッドをどうするんだと言ったら、県はちょっと首を振っていたんですね。壊して材料に使おうかという話があったんですけれども、どれぐらいの費用がかかるんですかと聞いたんです。これをするよりも、すみませんけれども惣慶の船揚場のそばまで持っていってくれませんか、私たちがこれを利用しますからと言ってやったんです。それでテトラポッドの数をふやしたら、ついでに大川のところにあるテトラポッド、トンネルから抜けてすぐ下のほう、そこは階段式きになっているから、階段式ではこのテトラポッドが必要ないから、これももらっていただけませんかということで惣慶に運んだ経緯があるんです。考えてみたら、費用からしてみれば壊すよりは運搬したほうがはるかに安いのではないかと。しかもカタバルの場合にはすぐ近くにあるから十分できるのではないかと私はそう思って質問をしているわけですけれども、米軍もかたくなに利用上おかしいとかという話をしているらしいんですけれども、そんなことが本当にあるのかとそう思うので、再度その辺、交渉する余地は全然ないのかどうか、村長の考え方をお伺いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) テトラポッドにつきましては、當眞議員がおっしゃるとおり、そのとき私も担当課長だったと思いますので、テトラポッドをうまく利用して惣慶の船たまり場の補強に使った経緯はございます。そういうことも考えられないかということも少しは頭にありましたが、そこまでの内容が県との調整の中で十分なかったものですから、県はもう既にそれを使うということのようでしたので、また、景観上から見てもテトラポッドをそこに並べるということもちょっと景観が悪いのかということもありまして、まず一番のものは、今の水陸演習等の敷地、海面になっているということからそこに構造物はつくれないということが一つのネックかなと私は思っています。この前も北部土木事務所長ともいろいろと意見交換しましたが、今回はどうしても平成19年の台風のときのような越波災害の防止だと。それが専決なので、早期にまず護岸の整備をして、その後にというか、とにかく整備後に景観を損なわないような海浜の整備について再度検討したほうがいいのではないかということで北部土木事務所長はおっしゃっていましたので、私もぜひまた調整して、それをできるように調整していただきたいということをお願いいたしたところでございます。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 村長の答弁を私は理解できないわけではないです。ただ、やりようによっては、これはすごい資源ですという話と、この景観も余り崩さなくてできるし、それと場所の選定さえ間違わなければ相当いいものになるのではないかと秘かにそう思っています。その辺、きょうは答弁を得られませんけれども、ぜひ再度検討していただきたいと、そのように希望申し上げて、この件については終わりたいと思います。

 それから小中校の学力向上対策についてでございますけれども、平成20年から22年度までの沖縄県教育委員会指定の基礎学力推進地域の発表会が松田小学校でありました。私はそれに参加して、もう涙が出るほど感動したんです。子供たちの授業に対する姿勢というんですか、先生に一点集中してやっているこの姿を見て、この子供たちは相当できるようになっているのではないか、そう思って見ていましたら、案の定、算数については、県のいろいろな支援もありまして全国平均を上回っているという話も出て、これだったら最高だと。こういう状況が本村全体につながってやっていければ最高ではないかと。先ほど教育長から今後とも続けていきたいということであったんですけれども、それとあわせて21世紀みらいとの兼ね合いで、昨年起きたありがたい話だけれどもなかなか実現できなかったことがあるんです。中学生が高校に受かるためにこちらに来たいんだという話でたくさん集まったわけです。その子供たちを一緒に勉強させたら、国公立に受かるような子供たちと分けてやらないといけないけれども、教室が幅が狭いということがあって全然取り組めないということだったんです。今回の要項の中では内申3.5以上とか何とかということもいろいろ出しているみたいなんですけれども、私が言いたいのは、この子供たちがやりたいときが最高のタイミングではないかと。そのタイミングを利用してやらない手はないのではないかと思うんです。それを学校だけでやったら学校でのレッテルがそのままになって、なかなかいかないんですけれも、公民館とか教育委員会と連動してやっていけば、相当おもしろい成果が出るのではないかと思うんですけれども、その辺はどうお考えかお伺いします。



○議長(多嘉山朝安) 城間教育長。



◎教育長(城間辰雄) 當眞嗣則議員にお答えします。

 まさに議員のおっしゃるとおりだと思います。村内の中学の卒業式の後、いろいろ髪を染めたり、軍服をまとったりやっている様子もあるようです。ですからもっときちんと前向きに、学習に対する引け目を感じないで堂々と行けるような学力を何とつける方法はないか。せめて運転免許とかいろんな試験等、そこに挑戦する学力をつけるにはどうしていくべきかというのを日々悩んでおります。幸い本村は、学習支援員と、それから公民館等、学習を支援する体制が各区あるようです。だからこれらを有機的に結合して、前向きにできないか。村営塾21世紀みらいを核にして、そういう子供たちまで学習というか、自分自身を磨くために参加させる場所を提供できないかというのは常々考えています。これからもいろいろ皆さんと相談して少し前に進めたらいいかと考えています。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) ぜひお願いしたいと思います。

 おもしろい例、大東島が以前、沖縄でも学力がずっと下の時期があったらしいんです。そこでこれではいけないということで、うちの後輩だったんですけど農協の参事をいていて、彼らが一人5万円ずつ出し合って、「ディッカ、ディキランヌー塾つくってみよう」という話で提案したらしいんです。これはどういうことかといったら、ワーストファイブしか入れないような塾に最初したらしんです。それでそこでの入塾の条件はわかるところまで戻るという。それを積み上げていけばきっとできるんだという発想でやったら1年で上とひっくり返ったという話があって、逆にこの塾は成功してたくさんの人が集まるようになったんだよと。一部のエリート、座っていることも大変大事ですけれども、それとあわせて、ぜひ子供たちが勉強しようというときに、できるようなチャンスをつくってあげるというのは行政にも大きな課題としてあるのではないかと思っていますけれども、その辺、公民館と連携してどうにかできないか。それと今のサポーター、本当に学校にあったほうが最高なのかと、私は常々そう思うんです。何でそういうことを申し上げますかといいますと、本来の目的以外のところで使われているような気がするものですから、もう少しこういう人たちにスポットライトが当たるような場を提供してあげてくれないかと。その両方をやっていけば、きっと子供たちもよくなるのではないかと期待しているものですから、再度教育長の意見をお伺いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 城間教育長。



◎教育長(城間辰雄) 當眞議員にお答えします。

 先日この支援員、特別サポーターの研修会がございました。その中で今當眞議員が述べているようなことを言いました。皆さんは村で採用して各学校に配置していますけれども、村の財政事情によっては村では雇えない時代が来るかもしれない。そうするとサポーターが必要であれば、どうしても区にお願いして区に採用してもらわないと対応できないということは話してあります。ですからサポーター自身も各学校において自分たちのやるべき仕事というのをしっかり認識して、区民や子供たちから評価されるような活動をしてほしいと申し述べてあります。まだ各区の連携とか学習の状況とか、十分把握しておりません。いろいろ各区を訪問したりはしているんですけれども、まだ話し合いに持っていくところまでは来ておりません。今回は先ほど述べましたようにスポーツ指導者の方々との話し合いを持ちました。今度は各区の学習支援間の、先生方とか区長とかを含めた話し合いとかいろいろやっていきたいと思います。そして各区で小さな子、ちょっと勉強から離れている子供たちもうまくすれば。自分たちの各区では勉強しにくい面もあると思いますので、21世紀みらいの教室をある形で活用するとか、何とか子供たちも納得する、父兄も納得するような体制づくりを目指したいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 最後に希望だけ申し上げて終わりますけれども、子供たちが目立とうとするのはすごい自己顕示欲というのがあるわけです。だからそれをくすぐってやれるような方法はないものか。そのためには何といっても子供とマンツーマンでつき合ってみるような、心のカウンセリングができるようなことが必要ではないかと。先生方の中にはそういう先生方がいっぱいいらっしゃると思いますので、特に宜野座村の場合には学校教育主事が2人もいるわけですから、そういう専門の方を今後スカウトしてきて、こういう子供たちとマンツーマンでつき合って、やはり勉強だけが一番ではないですから、自分の人生を生きたいことができるためには、何といっても基礎学力がないといけないわけですから、その辺も含めて長いスパンで子供と話し合えるような教育環境も大変重要ではないか思うんですけれども、その辺をぜひ念頭に置いて頑張っていただきたいという希望を申し上げて、私の一般質問を終わります。どうもありがとうございました。



○議長(多嘉山朝安) これで當眞嗣則議員の一般質問は終わりました。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (14時59分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (15時17分)

 順次発言を許します。

 平田 悟議員。



◆7番(平田悟) 一般質問をする前に東日本大震災に関しまして、お亡くなりになられました方々の御冥福をお祈り申し上げます。

 第1番目に、村多目的運動場タータン整備について。平成19年第7回定例会で一般質問をしました。村長より返事をいただいたところであります。村内の学童クラブの陸上練習、新報児童オリンピックの団体、個人の活躍など成果があらわれております。村長、再度タータン整備について早い時期での整備は急務と考えますが、村長の決意をお聞かせください。

 ?進捗状況と課題について。

 ?今後の取り組みについて。

 第2番目に、真実の口を329号側の移動整備ついて。以前に一般質問したところであります。未来ぎのざの整備については、今年度も新しい建物ができました。さぞ生産農家もお喜びのことでありましょう。イタリアのピサ市から贈られた真実の口の設置場所が国道329号からは見えにくく、海沿いの国道沿いに移動したらと思いますが、村長のお考えをお伺いいたします。

 ?観光スポットとしての村の活性化について。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 平田 悟議員にお答えいたします。

 まず1番目の多目的運動場のタータン整備についてでございます。この件につきましては、先ほどありましたように、平成19年第7回定例会において議員より一般質問があり、答えております。グラウンドが多目的グラウンドとなっており、野球の試合等に係る部分があり、一方だけやって一方は路地では困るのではと。まずは練習用として外周のほうだけ整備してはどうかということも検討しないとと答えています。全面タータンと外周1コースの費用が幾らかかるのかということで見積りを取って検討いたしました。行政会議においても見積りを参考に検討しましたが、全面ですと費用負担が莫大にかかると。約3億3,000万円余りかかると。さらに外周1コースにしても2,000万円から3,000万円以上かかるということもあって、なかなか単独事業としては事業もできないのではないかということで、何か事業を検討しなくてはいけないということを考えております。また将来に向けて考えますと、村としましてはいろいろなスポーツ交流、プロのキャンプ地、あるいは学生、大学等のキャンプ地、そこからいろいろ考えますと、村としてはあと一つの野球場、練習場が必要ではないかということも考えておりますし、将来に向けていろいろな整備がございますので、もし野球場があと一つ近いほうでできれば、阪神タイガースのキャンプ、あるいは一軍、二軍を含めたキャンプができるかと思っていますし、それが整備されれば、また今の総合グラウンドは全面タータンにするなり、陸上専用にしていけるのではないかということも考えられることですから、やはり村の中長期的な整備計画を踏まえながら整備しなければいけないのではないかということを考えております。

 次に観光スポットとしての真実の口の活用でございます。真実の口は2000年7月に開催されました九州・沖縄サミットにおいて、本村はイタリア共和国のジュリアーノ・アマート首相を招聘しました。その友好、交流のあかしとして設置されたのが真実の口であります。真実の口を国道329号側へ移動整備して、観光スポットにしてはどうかということでございます。御指摘のとおり、今現在この真実の口は、未来ぎのざの現在、平成22年度で店舗部分とテナント部分の改修工事を行っておりまして、今の真実の口は非常に目立たないといいますか、また周辺のいろいろな利用からも場所としてよくないのではないかということも考えられております。この施設をそのまま移動できるのかどうか等も検討しなければいけませんが、やはりこの場所ではちょっと将来的にまずいかと思っておりますので、いい場所に移動して、それをどういう形で生かしていくのかということも含めて、村の観光振興協議会なり、関係者と調整をしていきたいと考えております。



○議長(多嘉山朝安) 平田 悟議員。



◆7番(平田悟) まず1点目のタータン整備についてでありますけれども、二度目の質問でありまして、余りいい返事はいただいておりませんけれども、本当に村長もスポーツマンでありますし、私の考えは、何もフィールドは整備する必要はないと思うんです。私はあくまでもタータン整備、トラックの整備をしてくれないかという要望でありまして、もちろん内野では野球をできますし、ソフトボール場もありますし、それは触らないでという希望なんです。せっかくつくった2つの野球場とソフトボール場があるんですから、それは触る必要はないと思うんです。あくまでも私はタータン整備をしてほしいと。と申しますのは先月の新聞、2月8日、金武町の陸上競技場舗装に4億8,400万円を充て、耐久性向上や雨天でも可能なタータンができると新聞に載っております。それは北部振興策での事業なんですけれども、なぜ私は3年前に質問したのに金武町が早く取ったといいますか、事業を行っていると。そのことについて村長の意見を聞かせてください。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 御案内のとおり、金武町は北部振興策の中で全天候型グラウンドに整備するということになっています。これにつきましては、やはり金武町としてもずっと以前から計画はあったというものではないかということを私は考えるところでございまして、これは金武町の事業の計画でございますので、私がどうのこうのは申し上げられません。



○議長(多嘉山朝安) 平田 悟議員。



◆7番(平田悟) 村長、やはり新報児童オリンピックなどの子供たち、いろいろ活躍しているんです。ぜひ将来ある子供たちのために、私はできるだけ早くそういう北部振興策なり、国の事業をいただいて前向きに検討してほしいと思うんです。スポーツは下半身の鍛えから始まって、それからいろんなスポーツでもまずは下半身強化から始まると思いますので、ぜひタータン整備を早目にお願いしたいと思います。

 続きまして2点目、真実の口の移動整備についてでありますけれども、やはり村長が述べたように未来ぎのざの建物がずっと国道から奥のほうに建てられているという関係で、どうしてもそこを通る車の往来、見逃して素通りしているのが現状ではないでしょうか。そういう意味においても、もっと真実の口を国道側に設置すれば、そこを通る車も自然にそこに目が行って、出入りして、また未来ぎのざの農産物も買っていただいて帰られるのではないかと思うんですけれども、再度村長の御意見をよろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 続けてお答えいたします。

 御指摘のとおり、今真実の口は奥にあってなかなか目立たない状況でございます。これを表に出して観光スポットにしたらどうかということでございます。これにつきましては先ほど答弁しましたように、いろいろ関係者と調整しながら、また今の施設がそのまま移動もできるのかどうかも含めて検討して、とにかく移動しなければ、まず今の場所では将来的に余りよくないということは実感しておりますので、それは検討していきたいと。さらに国道寄りの土地につきましては、無地番で約4,000平米、これは国の土地になっておりまして、そこに建物をつくる場合はまたいろいろと国との調整も必要かと思っていますので、これも行政の長年の懸案事項でありまして、私もずっとこれは何とかしなくてはいけないと思っておりまして、先日も総合事務局、あるいは北部土木事務所とも、それを何とか処理できる方法はないかということで、今いろいろと国、県との調整も、意見を聞いているところでございますので、もしかしたらそれを活用してそういう観光スポットというか、人が集まる、子供の集まり場所等いろいろ考えているわけですが、そういう形で村の整備計画がまとまれば、その土地の活用もできるかと思っているところでございまして、いろいろな面から検討させていただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 平田 悟議員。



◆7番(平田悟) いい返事をいただきました。村長、ありがとうございます。

 何しろこの真実の口という建物は沖縄県に1カ所しかないです。これを生かさないわけにはいかないんです。沖縄県に1カ所しかないです。これは宜野座村の宝なんです。そういう意味でもぜひ移動してもらって、また県とも話し合いをしてもらいながら、もう一つ、それだけではなくて、以前にも質問したことがあるんですけれども、それプラス、その隣に噴水といいますか、5メートルか10メートルぐらいのを上げてインパクトのある、真実の口と噴水をセットにして、沖縄県に宜野座村ありというぐらいのインパクトを与えて、この生産農家が意欲も持つでしょうし、また励みにもなると思うんです。最後に後一押し、村長のすばらしい意見を聞いて、私の一般質問を終わりますので、よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) すばらしい発想の御意見でありまして、非常に参考にしたいと思っております。ただ、一番懸念するところはやはり事業の予算面でございますので、その点につきましても、村としても一生懸命予算の確保をしながら、あるいは国の補助事業も行政にお願いしながらやっていきますので、即その整備ができるということはちょっと無理な点もございますので、その点につきましては御理解をいただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 平田 悟議員。



◆7番(平田悟) 本当に前向きな御意見を村長、ありがとうございました。これで私の一般質問を終わりたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) これで平田 悟議員の一般質問は終わりました。

 順次発言を許します。

 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 本日、既に5名の議員の方々から、このたびの東北関東大震災の被害者に対して、心からのお見舞いと早期の復興を願う旨の言及がありました。私も全く同じ思いであります。それでは地デジ放送開始に伴う本村の取り組みについてということで質問を出しております。通告しております件につきましてお伺いする前に、一言御礼を申し上げます。

 さきの12月定例会一般質問で取り上げましたかんなタラソ沖縄出入口付近約30メートルに設置されているガードレールの原状回復につきましては、早速、関係機関におきまして、12月20日に現状回復されました。これは当局の真摯な取り組み、そして琉球新報社に掲載されたことと、世論の後押しがこの修復を早めたものと思います。今後ともよろしくお願いをいたします。どうもありがとうございました。

 さて、前置きが長くなりました。通告してあります件につきましてお伺いをいたします。いよいよテレビの放送は、これまでのアナログ放送から地上デジタル放送へと7月24日に完全移行されます。地デジ対応のテレビでないと映らなくなるとして、政府が音頭をとりPRに努めてまいりました。その結果、各家庭や各職場において既に準備を整えたところもあれば、まだ準備がなされていないところもあります。地上デジタル放送の特徴は、高画質、高音質、高齢者や障害がある方にも優しいサービス、例えば字幕放送や解説放送など、また最新のニュースや天気予報、交通情報、暮らしに役立つ便利な情報が見られるなどの機能満載の放送システムであります。しかし、本村には難視聴地区があります。完全移行に伴ってテレビが受信できないことがあるとして、平成22年2月臨時議会補正予算第5号、北部地域地上デジタル放送送受信設備整備事業が予算計上され、可決されました。1年経過しましたが、その進捗状況はどのようになっておりますか。

 また経済的な理由等で地上デジタル放送への移行経費が負担できず、これまでテレビから得られていた生活に必要な情報を得られなくなるおそれの世帯に対して、受信機購入やアンテナ等の無償給付支援がありますけれども、その実績はどのようになっておりますか。これからの予定はどのようになっておられますか、お聞きいたします。

 最後に、これらのテレビが見られなくなることを語って、社会的弱者をねらった悪徳商法や詐欺事件等の発生が危惧されております。被害を出さないための村民向けの広報活動も重要だと思いますが、どのようにお考えになっているかをお伺いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 仲本 彰議員にお答えいたします。

 まず地デジ放送開始に伴う本村の取り組みについてでございます。御案内のとおり、平成22年2月臨時議会補正予算第5号で可決しました地上中継局の進捗状況について、現在設置工事はほぼ完了しており、3月10日に試験電波を発信し、3月31日には開局を予定しております。新たな難視聴地域内の世帯については、アンテナの方向及び角度の調整をしていただくことにより、地上デジタル放送が視聴できるようになります。また、受信機等の支援についてでございますが、総務省が実施しております簡易チューナーの無償給付がございます。支援の対象としましては、NHK受信料が全額免除となっている世帯で、かつ生活保護等の公的扶助を受けている世帯などといった幾つかの制限がございます。しかし、この支援に該当しない世帯でも、世帯全員が村民税非課税措置を受けている世帯であれば、沖縄県が地デジ機器購入費用として最大1万2,000円の補助をしております。また地デジ詐欺等の対策についてですが、村は広報紙等により注意を促しています。また地デジ放送関係での問い合わせ等がある場合は、役場総務課及び総務省のデジサポにて対応しております。



○議長(多嘉山朝安) 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) それでは順序よくお聞きしていきたいと思います。村長答弁でなくても結構です。担当課のほうで答えられるものは答えていただきたいと思います。

 まず確認ですけれども、3月10日にこの場で総務課長のほうから、10日から試験電波を発信するという説明がありました。この電波の発信は現在も継続中でありますか。まずこの確認をしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 仲本 彰議員にお答えをいたします。

 せんだっての現状報告をいたしましたが、3月10日に試験電波を行いまして、現在も電波は発信されているようでございます。最終的には3月31日に正式に開局をする予定でございますが、ただいまアンテナの向き等が正常に向かっていないところもあると思いますので、その辺を調整されれば映る可能性はあると思います。



○議長(多嘉山朝安) 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 現在も電波が発信されているということでありますけれども、発信されたことによりまして、去年の2月にこの場で説明がありましたけれども、村内で81の対象世帯があるということでございましたけれども、これは現在も変わっていないということですか。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 再度お答えいたします。

 予算のときにも説明いたしましたが、まず地区ごとの世帯数を確認したいと思います。まず松田のほうでございますか、松田の真平原50世帯、それから松田原、売店の向かいの下のほうでございますが、20世帯。それから宜野座、松田、サー原地帯といいまして12世帯、松田前原9世帯、それから漢那の垣之外原5世帯。それから漢那城原5世帯。

これにつきましては、再度調査いたしまして101世帯になっております。



○議長(多嘉山朝安) 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 去年から20世帯がふえたということで、この間、10日に試験電波が発信されておりますけれども、担当課としてこれまで難視聴だった現場に行かれて、視聴できるか確認をされたかどうか。していなければしていないで結構です。お聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 再度、仲本 彰議員にお答えいたします。

 先ほども10日に試験電波を発信したと言っておりますが、これにつきましては業者に委託しておりまして、役場職員としてはまだ立ち会っておりませんが、業者からの声としては電波は順調に来ているという確認はしております。



○議長(多嘉山朝安) 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 順調に来ているという報告を受けているようでありますけれども、漢那地区、私の場合に限って申し上げますと、確かに全く9日までこの地デジのチャンネル、NHKは従来、90%ぐらいはきれいに映っておりました。そしてRBC、それからOTV、QABも全く映らなかったんです。しかし、10日にこの場で説明を受けまして、まずはと思ってRBCをつけてみました。そうしたらこの晩、映っていました。総務課長は話しされたのは本当だと。うれしくなってしばらくずっと見ておりました。しかし、翌日は全く映らないと。朝になっても全く映らないと。晩も映らないと。それで先ほど、本当に試験電波は発信されているのかということを聞いたわけであります。漢那の場合は、屋根を見てみると、アンテナの向きを那覇方面に向けている人とやんばる方面に向けている人がいるんです。御案内のとおり地デジはUHFのアンテナで見るということになっているようであります。私はたまたま那覇方面に向けているんですけれども、全く映らなかったと。漢那小学校の屋上にアンテナが立つということで、これはひょっとしたら映るかなということで今まで期待してずっと待っていたんです。ほかの方も同じだと思うんですけれども、今は全然映らない状態ということで、一歩前進二歩後退みたいな感じになっております。その辺、もっと強い電波を発するような要請ができないものか。あるいはあと1局、松田には5カ所ぐらい送受信所があるみたいですけれども、漢那地区にあと1カ所、2カ所の要請ができないかお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 仲本 彰議員にお答えいたしますが、先ほどの答弁は私が舌足らずでちょっと説明不足でございましたが、再度その辺を含めて答弁したいと思います。

 先ほど3月10日の件がありましたが、その試験電波の方法につきましては、各地区ごとに移動をしまして、業者が時間帯に沿ってやったという話を聞いております。そういうことで先ほどその電波が常時出ているという話をやりましたが、場所によってはその時間帯は切られてやった可能性もございます。そういうことで実際の開局は3月31日でございますので、それまでには電波の向きとか、その辺は確実に向けてもらえば映るということを私は聞いておりますので、その辺を確認してから電波の設置等につきましては対応していきたいと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 個人的な意見も入っておりますけれども、私が知り合いの方に去年の2月の補正予算が可決された後に、こうこうで漢那にもアンテナが立ちますという話をしておりました。2月にこれは予算が可決されましたので、ちょっと前後しますけれども、この入札した日はいつだったんですか。お願いしたいと思います。入札日、この件5,100万円ぐらいの予算でしたね。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 仲本 彰議員にお答えいたします。

 この事業は繰り越し事業ということでございまして、今資料が手元にないんですが、たしか繰り越しをするということで去年ですか、申しわけないんですけれども、契約書を今持っておりませんので。実際は繰り越しをするということで年末ぐらいに発注したのではないかと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 2月に予算が可決して、それから半年ぐらいしてから多分、入札に付したのではないかと思うんです。というのは、私もこの地上デジタル放送の内容といいますか、家電量販店とか、あるいは人の家を見て、これはすばらしいものだと見ておりました。私もテレビをそろそろこの地デジ対応にかえようということで、実は11月中にエコポイントが半分になるということで、11月中に最新型を入れました。NHKは入れかえた当初から90%きれいに映ったんです。しかし、今私が言うように民放については全くだめだったと。それで2月に補正予算が可決したので、期待して入れたんですけれども、よくなかったということで今聞いているわけですけれども、ようやく漢那小学校のところに立っているのを確認しました。本当にこれでようやく映るかと期待して、3月10日の晩につけたらつきました。でも今はもうだめだということで、その辺はもう何か電波難民になったのかということでちょっとがっかりもしてはいるんです。私以外の方もそういう方がたくさんおります。ブースターというんですか、ブースターを2つ入れても映らないということなんです。ダムに行くところに四、五カ所ありますけれども、アンテナもすごく高くしているんですけれども映らないということがあります。それで先ほどの繰り返しになりますけれども、もっと強い電波と、あるいは方向と、あるいはあと1局中継局を要請できないかということを聞いたわけでありますけれども、もしそれが可能であれば、こういうことも要請してみるという返事をもしいただければいただきたいんですけれども、要請する予定はないでしょうか。それを村長に聞いてみたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) この事業は北部の活性化事業、国の補助を受けて整備した施設でありまして、それ以前に難視聴地域ということで十分調整して、そしてそこにはこういう施設を整備すれば可能だという設計の中でやっていますので、3月31日が開局ということですので、それを確認しなければ私としてもどうのこうの言えませんので、まずは事業の完了を見てからの話だと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 繰り返しますけれども、先ほどから試験電波も出ているということでありますので、私のほうも再度屋上に上がって、アンテナの向きを調整して、だめだったらもう1回聞いてみたいという気もしますので、アンテナの関係についてはこれで終わりたいと思います。

 相談を受けている方につきましても、一応漢那小学校のほうから電波が発信されているので、そのアンテナの角度を調整してみてはどうですかと話をしてみたいと思います。その件について、一応トライしてみたいと思います。

 それでは先ほどの支援策について、生活保護などの公的補助を受けている世帯や障害者がいる世帯かつ世帯全員が市町村民税非課税の世帯に対する支援ということで、チューナーの設置とか、あるいはアンテナの無償給付とかがあるようでありますけれども、本村の対象者は何世帯になりますでしょうか。それから先ほど村長から1万2,000円の補助が県のほうからという話がありました。これまで申請があったのか、なかったのか。あるいはこれは申請主義、要するに私たちはそうですということで申請しないとサービスが受けられないのか。その辺について答えられる方、お願いします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 仲本 彰議員にお答えします。

 先ほど説明しました簡易チューナーというんでしょうか。そういったものの補助ができるかという話でございますが、現在宜野座村では申請主義でございまして、県のほうに11件申請されているようでございます。それには先ほど言ったいろいろ該当する制限がございますので、その辺を考慮して1万2,000円の補助ができると聞いております。



○議長(多嘉山朝安) 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 今、総務課長の説明のほうで、申請主義で県のほうに11件申請されているということでありますけれども、その前に本村の対象者は何世帯ですか。これは返事できますか。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 再度、仲本 彰議員にお答えいたします。

 支援対象世帯見込み数という調査がございまして、これは見込み数でございます。384世帯ということでございます。



○議長(多嘉山朝安) 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 384世帯が見込み対象世帯ということでありますけれども、この件について、村の行政サービスとして、こういう見込み世帯に対してどのようにされたかお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 再度お答えしますが、この辺につきましては、デジサポといって県から役場の窓口でいろいろ情報を教える機会がございました。その辺を含めて多分やっていると思いますが、今現在、そういった相談につきましては役場のほうで、また県とも協議しながら説明しているところでございます。



○議長(多嘉山朝安) 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) テレビというツールはやはり情報を発信している機器ですね。それによっていろんな情報を得て、あるいは趣味や娯楽やそういうものをテレビを通してそのサービスを享受しているわけです。やはり中にはこういうシステムがあると知らない方もいっぱいいると思うんです。7月24日からは今まで見れたテレビは見れなくなる。コマーシャルでもやっておりますね。トー、イチデージということで、盛んに言ってもやはりわからない方はいっぱいいるんです。特にお年寄りについては。だからそういうサービスがありますということで、役場から積極的にそういう方々に対してはこういうサービスがありますからぜひ早目に申請してもらえませんかと。私たちが窓口になって申請してあげますというぐらいのサービスが必要ではないか思うんですけれども、そういう考えはないのかどうかお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 再度、仲本 彰議員にお答えいたします。

 やはりそういったサービスというのは大変重要でございますので、広報等、それからこれからまた防災無線もございますので、その辺を利用してアピールしていきたいと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) では健康福祉課から仲本議員にお答えいたします。

 私どもの課では生活保護世帯、老人の世帯、そして災害時に強い情報も共有しております。その共有の仕方は民生委員、児童委員、区長方、消防、警察とも共有しております。そしてもちろん社協とも。そういう中に名簿がちゃんとございます。1年前から民生委員の中では定例会が毎月ありますので、その中で確認して、できるだけ申請していただくようにということで、私どもの課としてはやって、毎月毎月チェックをしている状況でございます。



○議長(多嘉山朝安) 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) そういう取り組みもしているようでありますので、いよいよ7月24日からということでありますから、ぜひ引き続き強力に進めていただきたいと思います。

 これは一番最後に申し上げますけれども、これは憲法第25条にもありますけれども、すべての国民は健康で文化的な最低限の生活を営む権利を有するということがありますね。やはり情報とか、あるいはこういう文化的なものは国民が等しく持っている権利なんです。これが地デジ、7月24日から見られなくなるということは、文化的な最低限の生活ができなくなるのと同じではないかと私は思います。そういうことがないように、万全の措置をとっていただきたいと思います。それに関しまして、2月22日の沖縄タイムスをコピーしてきました。地デジ整備促進国頭議会が決議とあります。難視聴地域が東側は大分あるみたいです。そこでやはり情報格差が生じることは住民生活に大きな不利益を与えることになると指摘、地デジ放送が遅れることなく視聴できるよう、早期の条件整備を求めたという議決がされております。そのくらい文化、情報の格差は非常に村民に不利益を与えるということでありますので、私も先ほど一番最初に申し上げましたけれども、まずは自分でやってみて、調整してみますけれども、それでもどうしても難視聴であるということであれば、また村長にもお願いして、国に対してぜひ電波を強くするとか、あるいは局をふやすという要請もやっていきたいと考えておりますので、ぜひ今回設置したもので十分難視聴が解消できたということを望みながら今回の一般質問を出しました。この件につきまして、楽しみにしながら地デジの放送を待ちたいと思います。一応、自分でも取り組んでみると。向きを変えてみて、あるいはアンテナを高くしてみたりという措置をとってみたいと思います。ぜひ村におかれましても、非課税世帯とかそういうところに対しましては積極的な呼びかけをお願いしたいと思います。

 最後に、この7月24日に乗じていろんな詐欺事件とか、あるいは悪徳商法とかが予想されております。例えば役場をかたって、老人世帯に上がり込んで「オバー、このテレビ映らなくなるよ。ナーチャから映らないよ。これ5,000円出したら私が映るようにするから」ということでお金を巻き上げるようなこと、あるいはテレビ局をかたってこういうふうなことが予想されているんです。ぜひそういう方々に対する広報、先ほども話がありましたけれども、いろんな場面といいますか、ものを通じて広報するということが必要だと思います。特に社協のデイサービスに通っておられるお年寄り、独居老人等がかなりおります。やはり社協でも通じて、指導員の方とかからもぜひ口酸っぱくなるぐらい話をしていただきたいと思います。言っても言っても明日は忘れるんです。繰り返してでもいいですので、ぜひ広報については強力に話をしていただきたいと。被害者を出さないために広報しますという言葉をいただいて終わりたいと思いますが、これは総務課長、広報についてお願いします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 再度、仲本 彰議員にお答えします。

 先ほどのお話につきましては健康福祉課長からもございましたが、社協とそういった教室等も利用しまして大いに広報してやっていきたいと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (16時04分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (16時06分)

 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 仲本 彰議員にお答えしますが、先ほど試験電波の電波が常時出ているかという御質問もございましたが、この辺につきましてはまだ確認できておりませんので、正確に毎日電波が出ているかということを確認しまして、また皆さん、仲本 彰議員のほうにも報告していきたいと思いますので、とりあえず先ほどの答弁は訂正して、調整していきたいと思っております。



○議長(多嘉山朝安) これで仲本 彰議員の一般質問は終わりました。

 これで一般質問を終わります。

 本日の日程は全部終了しました。

 これで散会します。明日は休会とします。

                      (16時07分)