議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成23年第2回定例会 03月10日−03号




平成23年第2回定例会 − 03月10日−03号







平成23年第2回定例会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃              平成23年第2回宜野座村議会定例会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 23 年 3 月 8 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 散 の 日 時 │開 議│  平成23年3月10日 午前10時07分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │散 会│  平成23年3月10日 午後3時54分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  石 川 幹 也  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  安 富   繁  │ ○ │ 10 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃出 席   12 名 │ 3 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 11 │  島 袋   榮  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃欠 席   0 名 │ 5 │  伊 芸 朝 健  │ ○ │ 12 │  仲 本   彰  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃  凡   例   │ 6 │  當 眞   淳  │ ○ │ 13 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │   │          │   ┃
┃×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │   │          │   ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 12 │   仲 本   彰     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 1 │   石 川 幹 也     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事 務 局 長│  知 名 定 美                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │係     長│  山 内 慶 一                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │産業振興課長 │  津嘉山 博 文  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │副  村  長│  仲宗根   勲  │建 設 課 長│  仲 間 正 哲  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │上下水道課長 │  山 城 次 雄  ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  新 里 民 夫  │学校教育課長 │  平 田 嗣 義  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃により説明のため  │総 務 課 長│  島 田 忠 博  │社会教育課長 │  照 屋 忠 利  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │企 画 課 長│  仲 程   正  │       │          ┃
┃出席した者の職氏名 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │村民生活課長 │  山 川 清 八  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │健康福祉課長 │  末 石 森 春  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃          │事 務 局 長│          │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃会 議 の 経 過 │別 紙 の と お り                          ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





        平成23年第2回宜野座村議会定例会議事日程(第3号)

                                         平成23年3月10日
                                         開 議 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │議案第19号   │平成23年度宜野座村一般会計予算について              ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │議案第20号   │平成23年度宜野座村国民健康保険事業特別会計予算について      ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  3  │議案第21号   │平成23年度宜野座村後期高齢者医療特別会計予算について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  4  │議案第22号   │平成23年度宜野座村水道事業会計予算について            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │      (一括上程・説明・質疑・質疑後委員会付託)      ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  5  │議案第23号   │宜野座村公の施設の指定管理者の指定について            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  6  │議案第24号   │宜野座村公の施設の指定管理者の指定について            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  7  │議案第25号   │北部広域市町村圏事務組合規約の変更について            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  8  │議案第26号   │宜野座村立宜野座中学校校舎改築工事(特別教室棟)(建築)の請負改定┃
┃    │        │契約について                           ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  9  │報告第1号   │平成23年度沖縄県町村土地開発公社事業計画書の報告について     ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (報告・質疑)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  10  │抗議決議第1号 │ケビン・メア米国務省日本部長の発言に対する抗議決議(案)について ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  11  │        │諸般の報告                            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) これから本日の会議を開きます。(10時07分)



△日程第1.議案第19号 平成23年度宜野座村一般会計予算について



△日程第2.議案第20号 平成23年度宜野座村国民健康保険事業特別会計予算について



△日程第3.議案第21号 平成23年度宜野座村後期高齢者医療特別会計予算について



△日程第4.議案第22号 平成22年度宜野座村水道事業会計予算について

 以上、4議案を一括議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) おはようございます。議案第19号 平成23年度宜野座村一般会計予算について御説明申し上げます。

 平成23年度一般会計歳入歳出総額は、歳入歳出それぞれ63億8,400万円となり、対前年度比で1億1,600万円の減となっています。

 歳入については自主財源がおおよそ31億2,600万円で、予算構成比では48.9%、対前年度比では8,700万円の増額となっています。依存財源はおおよそ32億5,700万円となっており、予算構成比51%、対前年度比では2億300万円の減であります。その主な要因としましては、村債3億3,600万円の減があります。また地方債につきましては、松田小学校校舎建築事業債として2億852万6,000円、臨時財政対策債として1億3,000万円を計上しております。

 一方、歳出においては、性質別で見ますと人件費、扶助費、公債費からなる義務的経費の総額がおおよそ18億8,900万円となり。予算構成比では29.6%となっております。次に投資的経費を見ますと、普通建設事業の補助事業が12億2,200万円、単独事業が1億8,900万円となっており、全体で予算構成比22.1%、対前年度比では1.3%の増となっております。

 次に議案第20号 平成23年度宜野座村国民健康保険事業特別会計予算について御説明申し上げます。

 本案件は、平成23年度宜野座村国民健康保険事業特別会計予算の総額を歳入歳出それぞれ7億8,268万1,000円とする案件でございます。

 次に議案第21号 平成23年度宜野座村後期高齢者医療特別会計予算について御説明申し上げます。

 本案件は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,700万1,000円とする案件でございます。

 次に議案第22号 平成23年度宜野座村水道事業会計予算について御説明申し上げます。

 本案件は、平成23年度宜野座村水道会計予算の収益的収入2億1,601万7,000円、収益的支出1億8,868万円、資本的収入6,000円、資本的支出を5,569万4,000円とする案件でございます。

 なお、予算の内容と詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第19号を御説明を申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第19号                                          ┃
┃                                               ┃
┃                平成23年度宜野座村一般会計予算                ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年度宜野座村の一般会計の予算は、次に定めるところによる。               ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算)                                      ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ6,384,000千円と定める。             ┃
┃2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。    ┃
┃ (地方債)                                         ┃
┃第2条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債 ┃
┃ の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。                  ┃
┃ (一時借入金)                                       ┃
┃第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、500,000千円と定め┃
┃ る。                                            ┃
┃ (歳出予算の流用)                                     ┃
┃第4条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することが ┃
┃ できる場合は、次のとおりと定める。                             ┃
┃(1)各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を┃
┃  生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。               ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                第1表  歳 入 歳 出 予 算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃1 村             税│                  │       534,635┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 村      民      税 │       166,243┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 固  定  資  産  税   │       332,660┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 軽  自  動  車  税   │       13,478┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 村  た  ば  こ  税   │       22,252┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │5 特 別 土 地 保 有 税   │          2┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃2 地  方  譲  与  税  │                  │       30,791┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 地 方 揮 発 油 譲 与 税 │        8,688┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 自 動 車 重 量 譲 与 税 │       22,102┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 地 方 道 路 譲 与 税   │          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃3 利 子 割 交 付 金    │                  │        1,101┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 利  子  割  交  付  金│        1,101┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃4 配 当 割 交 付 金    │                  │         134┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 配  当  割  交  付  金│         134┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃5 株式等譲渡所得割交付金    │                  │         211┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 株 式 等 譲 渡 所 得 割 交 付 金│         211┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃6 地 方 消 費 税 交 付 金│                  │       40,435┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 地 方 消 費 税 交 付 金 │       40,435┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃7 ゴ ル フ 場 利 用 税 交 付 金 │                  │       23,281┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 ゴ ル フ 場 利 用 税 交 付 金  │       23,281┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃8 自 動 車 取 得 税 交 付 金  │                  │        5,979┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 自 動 車 取 得 税 交 付 金   │        5,979┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃9 国 有 提 供 施 設 等 所 在  │                  │       99,686┃
┃  市 町 村 助 成 交 付 金├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 国 有 提 供 施 設 等 所 在   │       99,686┃
┃                 │  市 町 村 助 成 交 付 金 │          ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃10 地 方 特 例 交 付 金  │                  │       10,901┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 地 方 特 例 交 付 金   │       10,901┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃11 地  方  交  付  税  │                  │      1,100,000┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 地   方   交   付   税 │      1,100,000┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃12 交通安全対策特別交付金    │                  │        1,000┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 交 通 安 全 対 策 特 別 交 付 金│        1,000┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃13 分 担 金 及 び 負 担 金│                  │       43,012┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 分      担      金 │        2,224┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 負      担      金 │       40,788┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃14 使 用 料 及 び 手 数 料│                  │       254,077┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 使      用      料 │       250,500┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 手      数      料 │        3,577┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃15 国  庫  支  出  金  │                  │       728,444┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 国  庫  負  担  金   │       251,449┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 国  庫  補  助  金   │       429,834┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 委      託      金 │       47,161┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃16 県   支   出   金  │                  │       877,186┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 県    負    担    金│       110,368┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 県    補    助    金│       759,082┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 委      託      金 │       77,368┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃17 財   産   収   入  │                  │      1,833,688┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 財  産  運  用  収  入│      1,833,684┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 財  産  売  払  収  入│          4┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃18 寄      附      金│                  │          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 寄      附      金 │          2┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃19 繰      入      金│                  │       317,644┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 特 別 会 計 繰 入 金   │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 基  金  繰  入  金   │       317,643┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃20 繰      越      金│                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 繰      越      金 │          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃21 諸      収      入│                  │       143,266┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 延 滞 加 算 金 及 び 過 料   │          3┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 村  預  金  利  子   │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 水 源 基 金 助 成 金   │         756┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 雑              入│       142,506┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃22 村             債│                  │       338,526┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 村              債│       338,526┃
┠─────────────────┴──────────────────┼──────────┨
┃          歳    入    合    計          │      6,384,000┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃1 議      会      費│                  │       99,920┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 議      会      費 │       99,920┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃2 総      務      費│                  │      1,712,233┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 総  務  管  理  費   │      1,592,539┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 徴       税       費│       74,694┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 戸 籍 住 民 基 本 台 帳 費   │       36,008┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 選      挙      費 │        6,860┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │5 統  計  調  査  費   │         343┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │6 監  査  委  員  費   │        1,789┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃3 民      生      費│                  │       955,456┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 社  会  福  祉  費   │       417,036┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 児  童  福  祉  費   │       538,418┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 生  活  保  護  費   │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 災  害  救  助  費   │          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃4 衛      生      費│                  │       403,394┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 保  健  衛  生  費   │       208,366┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 清      掃      費 │       100,027┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 水  道  事  業  費   │       95,001┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃5 労      働      費│                  │       17,900┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 労    働    諸    費│       17,900┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃6 農 林 水 産 業 費    │                  │      1,255,684┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 農      業      費 │       961,833┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 林      業      費 │        8,668┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 水    産    業    費│       285,183┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃7 商      工      費│                  │       12,413┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 商      工      費 │       12,413┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃8 土      木      費│                  │       487,926┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 土  木  管  理  費   │       40,310┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 道 路 橋 り ょ う 費   │       417,603┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 河      川      費 │       12,724┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 公      園      費 │          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │5 住      宅      費 │       17,287┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃9 消      防      費│                  │       124,930┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 消      防      費 │       124,930┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款        │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃10 教      育      費│                  │       973,498┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 教  育  総  務  費   │       109,593┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 小    学    校    費│       456,741┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 中    学    校    費│       55,948┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 幼    稚    園    費│       31,641┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │5 社  会  教  育  費   │       172,785┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │6 保  健  体  育  費   │       146,790┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃11 災  害  復  旧  費  │                  │        7,000┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 農 林 水 産 施 設 災 害 復 旧 費│        7,000┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃12 公      債      費│                  │       272,061┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 公      債      費 │       272,061┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃13 諸   支   出   金  │                  │       51,585┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 諸    支    出    金│          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 基      金      費 │       51,583┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃14 予      備      費│                  │       10,000┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 予      備      費 │       10,000┃
┠─────────────────┴──────────────────┼──────────┨
┃          歳    出    合    計          │      6,384,000┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛







                 第2表  地    方     債
                                         (単位 千円)
┏━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┓
┃           │     │       │      │             ┃
┃   起債の目的   │ 限度額 │ 起債の方法 │ 利  率 │    償還の方法    ┃
┃           │     │       │      │             ┃
┠───────────┼─────┼───────┼──────┼─────────────┨
┃臨時財政対策債    │  130,000│ 証書借入又は │5%以内(た│政府資金については、その融┃
┃           │     │ 証 券 発 行 │だし、利率見│資条件により、銀行その他の┃
┠───────────┼─────┤       │直し方式で借│場合にはその債権者と協定す┃
┃松田小学校校舎改築事業│  208,526│       │り入れる政府│るところによる。ただし、村┃
┃債          │     │       │資金及び公営│財政の都合により据置期間及┃
┠───────────┼─────┤       │企業金融公庫│び償還期限を短縮し、又は繰┃
┃           │     │       │資金につい │上償還もしくは低利債に借換┃
┃           │     │       │て、利率見直│することができる。    ┃
┠───────────┼─────┤       │しを行った後│             ┃
┃           │     │       │においては当│             ┃
┃           │     │       │該見直し後の│             ┃
┠───────────┼─────┤       │利率)   │             ┃
┃           │     │       │      │             ┃
┃           │     │       │      │             ┃
┠───────────┼─────┤       │      │             ┃
┃    合 計    │  338,526│       │      │             ┃
┃           │     │       │      │             ┃
┗━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┛


 歳入のほうに移ってまいりたいと思います。9ページからお願いしたいと思います。歳入歳出につきまして主な項目、大きく変わった項目等につきまして説明していきたいと思っております。

 まず1款 村税、1項 村民税でございます。ここにつきましては、平成22年度の課税申告の95%を計上してございます。2項 固定資産税、この金額につきましては平成22年度の調定額実績の90%を計上でございます。それから2目 国有資産等所在市町村交付金が減額となっていますが、これは漢那ダムの償却資産の減が原因でございます。

 次の10ページをお願いしたいと思います。ここで6款 地方消費税交付金、1項 地方消費税交付金、1目 地方消費税交付金、予算額が4,043万5,000円、139万3,000円の増、これにつきましては実績がございまして、その分の増となっております。

 それから7款 ゴルフ場利用税交付金、1項 ゴルフ場利用税交付金、1目 ゴルフ場利用税交付金、これにつきましても減額になっておりますが、入場客数の減による国の試算に伴う減となっております。

 次の11ページをお願いしたいと思います。10款 地方特例交付金、1項 地方特例交付金、1目 地方特例交付金でございます。1,090万1,000円。これにつきましても274万5,000円の増になっております。

 それから11款 地方交付税、1項 地方交付税、1目 地方交付税11億円ちょうど。1,000万円の増でございます。この増の内訳は、普通交付税が3,000万円の増、それから特別交付税が約2,000万円の減ということで、相殺して1,000万円の増となっております。

 それから13款 分担金及び負担金、1項 分担金のところでございますが、1目 分担金で800万円ぐらいの減がありますが、これは強い農業づくり交付金事業が前年度はございましたが、この分の減が要因でございます。それから13款 分担金及び負担金、2項 負担金でございます。負担金につきましては、宜野座、松田、かんなの保育料の減が主な要因でございます。

 次のページをお願いしたいと思います。14款 使用料及び手数料、1項 使用料でございます。2目 土木使用料、1節 住宅使用料でございますが、68万5,000円の減。これも実績等を勘案してやってございます。3目 教育使用料66万3,000円、ここにつきましては屋内運動場使用料が若干の増でございます。それから中央公民館使用料も増、減っているのは文化センター施設使用料、それから総合体育館使用料、その分の減がございます。それから4目 総務使用料、サーバーファーム施設使用料600万円の減となっていますが、これも実績に伴う減となっております。5目 農林水産業使用料、リースハウス使用料の分でございますが、109万円の増でございます。

 次、13ページをお願いいたします。15款 国庫支出金、1項 国庫負担金でございます。1目 民生費国庫負担金、これにつきましては3,464万1,000円の増でございます。3節 子ども手当負担金、それから6節 保育所の負担金、松田、かんな保育園分、この両方で増となっております。子ども手当負担金につきましては、非被用者子ども手当、小学校就学前子ども手当、中学校就学前子ども手当等がございます。次の14ページをお願いしたいと思います。2項 国庫補助金、2目 民生費国庫補助金1億4,038万5,000円の減がございますが、これは5節 次世代育成支援対策施設整備交付金、この分の減に伴うものでございます。松田保育園の改築費の減に伴う分でございます。それから4目 農林水産業費国庫補助金3,004万8,000円の増でございます。これにつきましては、強い農業づくり交付金事業がその分入っております。これは新たな増額の分でございます。5目 土木費国庫補助金1,400万8,000円の増でございますが、これにつきましては長寿命化修繕計画策定300万円、村道中原線道路改良工事の増がございます。それから住宅家賃低廉化事業交付金、この部分につきましての増でございます。宜野座団地、福山団地、福山第三団地、城原第三団地の分でございます。それから6目 特定防衛施設周辺整備調整交付金1,248万8,000円の増でございますが、これにつきましては、2節 民生安定助成事業交付金、新たな補助事業でございまして、10分の8の補助でございます。その分の増でございます。次、8目 教育費国庫補助金1億1,006万2,000円の増がございます。これにつきましては説明の(5)安心・安全な学校づくり交付金、これが丸々増となっております。新規の事業で入ってきております。それから9目 再編交付金につきましては例年並みということで、一緒でございます。健康プロジェクト等に利用したいと思っております。それから次の3項 委託金でございます。ここは3目 土木費委託金がございますが、2,900万円の増でございます。これにつきましては、新たな防衛からの100%補助がございまして、高松進入路整備工事委託金ということで増となっております。

 次のページをお願いしたいと思います。16款 県支出金、1項 県負担金でございます。1目 民生費県負担金、これにつきましては、子ども手当負担金が300万円程度増になっております。それから松田、かんな保育園分、ここも1,400万円程度増となっております。この2件が増となっております。それから3目 国民健康保険保険基盤安定負担金59万円、これにつきましては、平成21年度実績等を勘案いたしまして、保険税軽減分、保険者支援分、それぞれ4分の3と4分の1の計上額でございます。4目 後期高齢者医療保険基盤安定負担金65万6,000円、これも実績の分で計上されております。次、2項 県補助金でございます。1目 総務費県補助金1,385万1,000円の減となっておりますが、これは前年度に沖縄県の農業寄附金事業がありましたが、この1,400万円程度の減が要因でございます。それから2項 民生費県補助金68万円の増でございます。これは特別保育事業補助金、特定保育分、それから延長保育分、それぞれ3分の2の補助ということでございます。次の17ページをお願いしたいと思います。17ページにつきましては3目 衛生費県補助金735万3,000円の増がございます。これにつきましては、1節 保健衛生費補助金、(1)子宮頸がん等予防ワクチン接種費助成補助金、新規分でございまして、小学校6年生から高校1年生までの分で756万5,000円の増でございます。次、4目 農林水産業費県補助金5,618万1,000円の増でございますが、これにつきましては、3節 農業委員会補助金が若干ふえております。(2)農地制度実施円滑化事業補助金、これが新たな分でございます。次、4節 農業施設費補助金、これにつきましては減額がございます。これまでありました農業経営構造対策事業が丸々1億6,700万円程度減となっております。そのほかで新たに出ているのが、4節 農地施設費補助金の(1)戦略作物生産拡大関連基盤緊急整備事業5,200万円が新規の分でございます。それから(8)沖縄県さとうきび安定生産確立対策事業1,001万6,000円、この部分も新たな分でございます。それから6節 水産業費補助金、これにつきましては、水産生産基盤整備事業補助金が7,900万円程度の増となっております。次、6目 労働費県補助金1,516万6,000円の減となっておりますが、これにつきましは、(2)緊急雇用創出事業補助金の分が減の主な要因でございます。次の19ページをお願いしたいと思います。16款 県支出金、3項 委託金、1目 総務費委託金1,000万円程度の減がございますが、4節 選挙費委託金、在外選挙人名簿のところでございますが、800万円程度の減がございます。それから5節 統計調査費委託金、これも国勢調査が終わりましたので、この分の減となっております。

 それから次、17款 財産収入、1項 財産運用収入でございます。1目 財産貸付収入1,614万8,000円の増でございます。これにつきましては軍用地料、分収歩合5.5対4.5の差額分1,600万円程度の増がございます。それから次のページをお願いしたいと思います。2目 利子及び配当金でございますが、ふえた項目を報告したいと思います。(2)基本財政積立基金預金利子、(4)土地開発基金預金利子、それから(6)沖縄銀行株配当金、(7)北部製糖株配当金、(11)ふるさと基金預金利子、(14)公用地等購入基金預金利子、(19)宜野座村職員退職特別負担金積立基金利子、(22)琉球銀行株配当金、(26)宜野座村園芸農業活性化事業基金利子、(29)琉球セメント株配当金、この琉球セメントについては新規、4万9,000円が今回新たに入っております。この項目の分につきましては増額となっております。次、21ページをお願いしたいと思います。17款 財産収入、2項 財産売払収入のところは変動がございません。

 19款 繰入金を説明したいと思います。2項 基金繰入金、1目 基金繰入金1億2,144万2,000円の増でございます。これにつきましては、1節 財政調整基金繰入金1億5,424万1,000円、それから2節 減債基金繰入金5,000万円、それから6節 職員退職特別負担金積立金繰入金2,000万円、それから12節 土地開発基金繰入金3,200万円。なお、この土地開発基金繰入金につきましては、新たに農地を購入するということで中山原のほうを予定しております。次の23ページをお願いします。16節 かんなタラソ沖縄施設維持基金600万円、かんなタラソ沖縄施設維持基金繰入金ということになっております。それから17節 宜野座村地域園芸農業活性化事業推進協議会基金繰入金360万円、これも基金繰入金でございます。それから18節 宜野座村再編交付金基金繰入金5,179万1,000円、これにつきましては健康づくり事業、村営学習塾事業へ充当したいと思っております。

 21款 諸収入でございますが、3項 水源基金助成金、1目 水源基金助成金につきましては126万1,000円の減額でございます。4項 雑入でございます。4目 防音維持助成金がちょっと減額ではありますが、三小学校の防音工事の分が減額となっております。中学校の分も若干減額でございます。三幼稚園の分も減額でございます。それから5目 雑入でございますが、この大きな原因は、これまでありました堆肥、バイオベースの売上金が1,950万円の減額が主な要因でございます。その他相殺して1,300万円の減となっております。

 それから次、22款 村債でございます。1項 村債、1目 総務債は先ほど申し上げましたように臨時財政対策債1億2,000万円が減になっていますが、前年度に比べて今回1億3,000万円の対策債を組んでおります。それから4目 教育債2億1,600万円の減となっておりますが、今回2億852万6,000円、松田小学校改築事業債として組んでございます。歳入につきましては以上でございます。

 それでは歳出について報告していきたいと思っております。なお、歳出につきましては、各課課長のほうで説明させていきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。私のほうからは総務課、それから会計管理室、議会、監査室等、消防費まで含めて説明したいと思っております。

 まず26ページからお願いしたいと思います。1款 議会費でございます。1項 議会費、1目 議会費、比較の額が1,801万円の増でございます。これにつきましては、4節 共済費、この分につきましては議員共済組合負担金という項目がございますが、その分の2,000万円程度の増がございます。それから9節 旅費536万4,000円の予算でございますが、一番下の県外旅費200万4,000円、それから議員県外研修(北海道13名)200万4,000円、この分の増が主な要因でございます。以上でございます。

 次、28ページをお願いしたいと思います。2款 総務費、1項 総務管理費でございます。1目 一般管理費、今年度の予算額が11億8,114万6,000円、6,123万3,000円の減となっております。この説明のほとんどが減額が大きいんですが、ちょっと変わったところは、特別職期末手当が下のほうにありますが、151万1,000円の減がございます。説明のほうは節と照合しながら説明していきたいと思います。19節 負担金、補助及び交付金がございます。これは33ページをごらんになってもらいたいと思うんですが、これにつきましては6,600万円程度の減がございます。これは交付金、軍用地等所在区交付金の分収歩合に伴う減が主な要因でございます。次のページの説明のところだけ若干説明していきたいと思います。29ページでございます。嘱託職員の社会保険料がございます。一番上から7行目ぐらいでしょうか。この分につきましては200万円程度の増がございます。それから特別旅費という項目がございます。南米ブラジル村人会創立30周年事業派遣事業2名分を組んでございます。それから消耗品が80万円程度増となっております。下のほうの消耗品、事務用品のところでございます。次の30ページをお願いしたいと思います。この中で通信運搬費というのがございます。電話料のところです。今現在300万円組まれておりますが、40万円の増額をしてございます。電話機等の増、その部分の関係でございます。それから下の委託料でございます。村ホームページ作成システム委託料264万8,000円を組んでございます。村ホームページのリフォーム、新たに構築するということでございます。次の31ページをお願いします。使用料のところでございます。そこには派遣職員借家料というのがあると思うんですが、前年度は200万円計上しておりましたが今回は76万2,000円ということで、今回、石川のほうに後期高齢者医療の職員を派遣するんですが、借家料は必要ないということでございます。それから同じ使用料の中の出退勤システム使用料がございます。213万2,000円を組んでございます。出退勤システムを構築しようということでございます。それから次、備品購入費がございます。液晶テレビ購入費がございますが、87万5,000円、これにつきましては8台の購入予定でございます。中央公民館、健康福祉課、社会教育課、文化センター、野球場、体育館等の8台でございます。次の32ページをお願いします。説明の中段ぐらいでございますが、市町村総合事務組合負担金(特別負担金)の項目がございます。2,200万円程度の増でございます。これは退職者等に伴う分でございます。それから下から3行目でございます。北部広域ネットワーク運営協議会負担金、これにつきましては企画課のほうで組んでございましたが、総務課のほうの予算項目を移動して新たに組んでございます。350万2,000円、これは項目変更でございます。次の33ページをお願いいたします。この中の福山区行政補助金150万円の増がございますが、これにつきましては、コミュニティー館の整備ということで、その分150万円増額してございます。また城原区行政補助金につきましては、前年度と比べますと90万5,000円の減額となっております。先ほど説明しました軍用地の交付金、合計で9,000万円程度の減となっております。次、34ページをお願いします。1項 総務管理費の3目 財政管理費でございます。その中で14節 使用料及び賃借料の部分が若干変動してございます。次の35ページをお願いしたいと思います。システム使用料ということで、財務会計システム電算使用料、それからウイルスバスター使用料、この分が新たな増加の分でございます。603万円の新規分でございます。4目 会計管理費でございますが、これにつきましては2節給料、それから3節職員手当、4節 共済費、11節 需用費等が減額の分でございます。60万9,000円の減となっております。次、5目 財産管理費、11節 需用費が若干ふえております。625万5,000円の増でございます。この需用費のところは、庁舎関係の光熱水費が約30万円の増、庁舎関係全般修繕費が590万円ほどの増でございます。それから17節 公有財産購入費、これにつきましても238万2,000円の増がございますが、これは37ページに出てきますので、説明していきたいと思います。それから19節 負担金、補助及び交付金218万7,000円の増がございます。まず委託料のところの説明をしておきたいと思っております。右側の説明のところの宜野座村公有財産台帳整備委託料業務が新たな増の分でございます。それから上のほうの役務費のところ、地上デジタル放送機器動産保険料35万円も新規の分でございます。今回整備する機器の保険料でございます。それから委託料に戻りますが、警備委託料がございます。793万2,000円、これにつきましては当初予算と比較して35万5,000円の増となっております。これにつきましては入札をやりますので、その分の残が生じてくると思います。それから同じ委託料のところで地上デジタル放送無線共聴設備維持管理委託料10万円がございます。これも新規の分でございます。次、37ページをお願いしたいと思います。負担金のところでございます。ここに地上デジタル共聴設備電力柱建替負担金というのがございます。これにつきましては約80本ぐらいの電力柱があるんですが、沖縄電力との調整の結果、どうしても8本程度は耐力が持たないということから電柱の建てかえが生じてきます。その辺で沖縄電力のほうに委託してやっていきたいと思っているところでございます。

 総務のほうは以上でございますが、次に監査委員会委員費を説明していきたいと思います。

 52ページをお願いしたいと思います。2款 総務費、6項 監査委員費でございます。1目 監査委員費、1節 報酬19万8,000円の減となっております。これにつきましては報酬の見直しをした分ということでお願いしたいと思っております。それから9節 旅費も35万5,000円の減がございます。前回県外研修がございましたが、この減に伴う分でございます。以上でございます。

 それから次に消防費を説明したいと思います。

 107ページをお願いしたいと思います。9款 消防費、1項 消防費の中の1目 常備消防費917万9,000円の増がございます。金武地区消防衛生組合負担金、これにつきましては人件費の増がちょっとあります。この分の増でございます。917万9,000円の増がございます。それから2目 災害対策費400万円の増でございます。これにつきましては13節 委託料300万円、この委託料のところを説明したいと思いますが、18節 備品購入費も100万円の予算が計上されておりますが、委託料と備品購入費の説明をしたいと思います。まず委託料のほうは、地域防災計画を今回つくる予定でございます。つくってから大分たっておりまして、今回新たに見直しをするということでございます。300万円でございます。それから備品購入費でございます。防災行政無線屋内端末機購入費、70機を購入予定でございます。前回の補正で30機認めてもらいましたが、若干不足気味でござますので70機予算化するということでございます。総務関連につきましては以上でございますが、全課が終わった後に、また最終の予算書の説明をしたいと思っております。総務課は以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) おはようございます。企画課関係の平成23年度予算の歳出の説明をいたしたいと思います。

 33ページをお願いします。2款 総務費、1項 総務管理費、2目 文書広報費でございます。1,608万7,000円でございます。説明のところで、例年どおり南米三ヵ国青年派遣事業を行っていきます。次、34ページをお願いします。説明のところで、今回新しく村勢要覧の印刷製本費336万円を組んでおります。これは平成18年度村勢要覧ですが、人員、それぞれ状況が変わってきたということで印刷のし直しをいたします。それに伴ってリーフレットの印刷製本を行います。説明の委託料ですが、村プロモーションビデオ制作委託料、これは現在、村紹介のビデオがないということで、新しくつくろうということで105万円計上しております。次、37ページをお願いします。2款 総務費、1項 総務管理費、6目 企画費9,554万5,000円の予算でございます。4,881万5,000円の減でございます。説明のところです。今回、新しく世界のギノザンチュ大会事業を計上しております。75万円。あと補助金でございます。かんなタラソ沖縄施設修繕費補助金300万円、(株)てんぷす宜野座振興公社助成金300万円を計上しております。次、38ページをお願いします。今回、へそのまち事業ということで県外旅費を計上しております。全国へそのまち幹事会と全国へそのまち総会の1人分と2人分計上しております。企画事業でございますが、新しく宜野座村むらづくりアドバイザー50万円を計上しております。これについてはいろいろ人材を活用しながら、村のそれぞれの課題に対するアドバイスをもらいたいと考えている事業でございます。39ページをお願いします。説明のところですが、委託料です。総合計画の後期基本計画委託料を325万5,000円計上しております。これは今年度、前期基本計画が完了ということから後期基本計画を策定いたします。負担金、大きいものですが、北部広域市町村圏事務組合 広域振興負担金817万円を計上しております。続きまして補助金です。漢那ビーチ管理運営補助金300万円、漢那ダムまつり実行委員会275万2,000円、今年も漢那ダムまつりを開催したいと思っております。次、40ページをお願いします。10目 ダム対策費です。1,317万1,000円、前年度は1,469万4,000円でございましたが、152万3,000円の減でございます。これは国の委託料が減の方向にあるということで、80%の計上をいたしております。説明のところでは、嘱託職員等報酬5名、臨時職員傭人料を計上しております。次、41ページをお願いします。2款 総務費、1項 総務管理費、15目 北部活性化特別振興事業費、これは現在、費目存置にしております。16目 サーバーファーム費、説明のところですが、嘱託職員等報酬886万4,000円、これは例年どおり4名の管理嘱託職員を配置しております。委託料です。企業誘致アドバイザー委託料410万円、例年どおり4名の管理嘱託職員企業誘致に向けて委託していこうと思っております。施設管理委託料、これはかなりの増ですが、これは今回から第2サーバーファームの管理も対象になるということで、5,987万4,000円の委託費を計上しております。42ページ、17目 公共施設整備費については費目存置でございます。企画課は以上です。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (10時52分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (11時11分)

 山川村民生活課長。



◎村民生活課長(山川清八) 村民生活課関係の予算を説明させていただきます。

 43ページをお開きください。2款 総務費、2項 徴税費、1目 税務総務費です。前年度比較で408万2,000円の減となっています。こちらは13節 委託料、ここで339万3,000円の減となっています。その内容は、44ページの中段あたりにあります家屋評価業務委託料とか、不動産鑑定評価業務委託料、その辺は減になっておりますが、航空写真撮影委託業務というのが新規事業として入っております。172万2,000円計上されております。45ページをお願いいたします。2目 賦課徴収費につきましては、前年度とほぼ同じでございます。46ページをお願いいたします。3項 戸籍住民基本台帳費、1目 戸籍住民基本台帳費です。こちらは前年度比較で94万円の増となっています。こちらのほうでは13節 委託料248万3,000円の増となりますが、新規で住民情報システム作成委託料567万円が計上されております。これは住民基本台帳法の改正に伴うシステム改修ということでございます。47ページをお願いいたします。負担金のところです。そちらは4万円となっております。この項目で名護人権擁護委員協議会負担金2万7,000円、それと沖縄人権協会負担金2,000円、この2つの項目が漏れております。おわびいたしまして訂正させてください。今、負担金のところに4万円とありますが、沖縄連合戸籍住民基本台帳事務協議会負担金のほうが6,000円、外国人登録協議会負担金5,000円で1万1,000円です。こちらは先ほど説明しましたが、名護人権擁護委員協会負担金2万7,000円、それと沖縄人権協議会負担金2,000円という項目が抜けております。申しわけございません。48ページお願いします。4項 選挙費、1目 選挙管理委員会費、前年度比較で33万4,000円の増となっております。9節 旅費のほうで72万9,000円の増となります。こちらは新規で選挙管理委員の皆様の先進地研修を計画しております。その費用が72万9,000円となります。そして2目 村長・議会議員選挙費、3目 県知事・県議会議員選挙費、4目 衆議院議員選挙費と5目 参議院議員選挙費、こちらについては費目存置となっております。6目 農業委員会委員選挙費につきましては、9月に農業委員の選挙が予定されていますので229万6,000円を計上しております。50ページをお願いいたします。7目 海区漁業調整委員会委員選挙費、8目 土地改良区総代選挙費につきましては費目存置です。

 次、70ページをお願いいたします。4款 衛生費、1項 保健衛生費、5目 環境衛生費、前年度比較で74万7,000円の減です。こちらの変わったところといいますと、13節 委託料、71ページにあります畜犬管理システムを新規で12万6,000円計上しております。75ページをお願いいたします。4款 衛生費、2項 清掃費、1目 清掃総務費です。前年度比較で14万9,000円の増となっています。こちらにつきましては、11節 需用費のほうで18万1,000円の増、ゴミ分別啓発印刷代で20万円増にしてあります。2目 塵芥処理費、前年度比較で2,123万6,000円の増です。こちらにつきましては、19節 負担金、補助及び交付金で2,019万4,000円の増です。これは金武地区消防衛生組合負担金のほうが2,121万8,000円ふえたことによります。76ページをお願いいたします。3目 し尿処理費、こちらは218万9,000円の減となります。19節 負担金、補助及び交付金のところで今年度は合併処理浄化槽補助金というのを計上しておりません。77ページをお願いいたします。3項 水道事業費、1目 上水道費500万円の減になっています。こちらにつきましては、上下水道課より予算計上資料が来ますので、それに基づき計上した金額となります。以上で説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) 3款 民生費と4款 衛生費を説明していきます。

 まず53ページをお願いいたします。3款 民生費、1項 社会福祉費、1目 社会福祉総務費が780万円の増になっておりますが、この要因としまして14節 使用料及び賃借料、そして18節 備品購入費の増が主でございます。54ページの説明をいたします。この使用料につきましては、3款の各目のシステム使用料を単価が下がるように一括してまとめました。その関係でございます。それと備品購入費は、地域包括、介護保険関係の軽乗用車が廃車の時期に来ておりますので、軽乗用車を購入いたします。次、55ページをお願いいたします。2目 老人福祉費でございます。300万円の増になります。主なものは13節 委託料でございます。今回、高齢者福祉計画を策定いたします。その分の208万円余りの増と委員報酬等々が主な要因でございます。次、56ページをお願いいたします。3目 国民年金事業費は35万6,000円の増ということで、ほぼ例年どおりでございます。次、57ページをお願いいたします。4目 障害者福祉費でございます。こちらも5万3,000円の増ということで、ほぼ例年並みではございますが、こちらも障害者福祉計画を策定いたしますので、委託料として840万5,000円を計上しておりますけれども、その障害者福祉計画の委託料として、下段から4行目、372万8,000円を計上しております。こちらについてはアンケート調査も入りますので、その分100万円ほど増額になっております。14節 使用料及び賃借料が費目存置になっておりますが、総務のほうにまとめましたので、300万円ほどの減ということになりまして、例年どおりの金額になっております。次、58ページをお願いいたします。5目 国民健康保険費は88万1,000円の減でございます。こちらは例年どおりの繰出金ということで、保険税の軽減分で1,744万5,000円、保険者支援分ということで391万1,000円が主でございます。次、59ページをお願いいたします。6目 介護保険費でございます。113万円の減になっております。このほうは19節 負担金、補助及び交付金4,657万6,000円を計上しておりますが、その中でも生きがい活動支援事業、説明のところの6行目にあります。305万4,000円、前年度は513万6,000円ということで計上しておりますが、これは社協の実績に伴うものでの減でございます。次60ページをお願いいたします。2項 児童福祉費、1目 児童福祉総務費でございます。1億1,393万8,000円の減でございます。このほうは松田保育園の子ども基金の整備事業が終わりましたので、この減が主でございます。それと保育所の職員の定年に伴いまして2人減になりましたので、その分、説明のところの6行目の嘱託職員(保育士)、これまで嘱託職員を7名置いておりましたが、2人分を嘱託職員で補いますので、9人分の計上でございます。それと18節 備品購入費359万1,000円を計上しておりますが、これまでいろんな予算の関係上待たせておりました外での子供たちのコンビネーション遊具を今回、この場所に合った規模で設置したいと考えています。62ページをお願いいたします。中段に次世代育成支援対策事業というのがございます。その中の嘱託職員報酬で保育士2名を計上してございます。384万円、このほうは一時預かり、ないしゼロ歳児の預かり保育がふえておりますので、それに対応するものでございます。63ページをお願いします。2目 児童措置費1,077万6,000円の増でございます。増の主なものは、64ページの20節 扶助費でございます。子ども手当、中学生までのものも含めて、平成22年度は4月分と5月分については児童手当で措置しておりました。それが平成23年度は4月分、5月分も子ども手当1万3,000円が計上されますので、この増の分でございます。

 次、67ページをお願いいたします。4款 衛生費の説明をいたします。1項 保健衛生費、1目 保健衛生総務費でございますが、245万円の増になります。増の主なものは7節 賃金で、295万1,000円を計上しておりますが、新しく予防接種の項目がふえまして、中段にございます臨時職員傭人料、乳幼児医療費予防接種業務傭人料ということで、1人、10カ月分を計上してございます。1名は従来どおりの傭人がおりますけれども、1名の10カ月分をプラスしたということでございます。68ページをお願いいたします。2目 予防費でございます。1,935万1,000円の増でございます。こちらは13節 委託料の1,000万円の増でございます。これは子宮頸がんワクチン予防接種事業、そしてヒブワクチン予防接種事業、そして小児用肺炎球菌ワクチン予防接種事業の増に伴うものと69ページの委託料の中で、中段に日本脳炎予防接種委託料、これが329万円計上してありますけれども、去年の途中から積極的な勧奨に変わりましたので、当初から計上してございます。この分の増でございます。4目 母子保健費でございます。75万1,000円の増でございます。主なものとしまして70ページの説明の一番下段、扶助費でございます。今年から不妊治療費助成を45万円、15万円掛ける3人ということで、県の要綱に照らし合わせながら計上してございます。次、72ページをお願いいたします。6目 保健相談センター管理費ですが、21万5,000円の減ということで例年並みでございます。7目 健康増進事業費109万7,000円の増でございますが、主なものとして13節 委託料694万2,000円、73ページの説明の一番上段、がん検診等委託料の増に伴うものでございます。次、8目 老人医療事業費でございますが、319万2,000円の増でございます。こちらは19節 負担金、補助及び交付金の増でございます。療養給付費負担金を4,500万円余りで去年は計上しておりましたが、4,843万8,000円ということで300万円の増になっております。次9目 再編交付金事業ですが、3万4,000円、例年並みではございますけれども、74ページの説明を少し加えます。19節 負担金、補助及び交付金ですけれども、従来健康づくり事業は300万円を計上しておりました。これは4字60万円、2字は30万円ということで、各区で自主的に取り組めるようにということで計上しておりましたが、なかなか取り組みが厳しい状態で、去年の実績に伴って300万から180万円に減額しております。そして下の20節 扶助費の海洋療法健康増進費助成金は100万円増で計上してございます。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 岸本農業委員会事務局長。



◎農業委員会事務局長(岸本宏和) 農業委員会でございます。

 79ページでございます。6款 農林水産業費、1項 農業費、1目 農業委員会費、155万4,000円の減となっております。その主な要因としましては、農業委員の先進地研修の減が主なものでございます。その中で19節 負担金、補助及び交付金が約130万円ほど増となっております。81ページに耕作放棄地対策協議会費200万円を計上しております。このほうは100万円の増となっております。引き続き遊休地解消に向けて取り組んでまいります。今年度の耕作放棄地、遊休地解消事業については、再生作業が39アール、それから土壌改良が96アールを予定しております。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 津嘉山産業振興課長。



◎産業振興課長(津嘉山博文) それでは産業振興課関係の説明をさせていただきたいと思います。

 78ページをお願いします。5款 労働費でございます。1項 労働諸費1,790万円でございますが、今年度新たに追加した事業としては、地元水産物販売促進事業を実施していきたいと思っております。

 続きまして81ページの農業費のほうをお願いしたいと思います。6款 農林水産業費、1項 農業費、2目 農業総務費、本年度、7,711万3,000円でございます。比較しまして393万円の減となっておりますが、この内訳としては2節 給料の減ということでございます。続きまして3目 農業振興費でございます。1億7,326万1,000円、約2億8,000万円の減でございます。この要因につきましては、経営構造対策事業の減によるものでございます。その中で今年度の新たな事業を説明したいと思います。83ページをお願いしたいと思います。中段でございます。19節 負担金、補助及び交付金の横になりますが、パイン育苗事業133万7,000円がございます。これは平成22年度に整備いたしましたパイン育苗施設を実際に稼働いたします。その中で母系用苗の購入、それから備品、消耗品関係をそろえまして、優良種苗の生産に入る体制でございます。それから続きまして中段から下のほう、宜野座村農業振興地域整備計画現況調査委託料310万円でございます。これについては、平成24年度農業振興整備計画の県との調整作業に本格的に入りまして、平成25年度から施行されます。それを前提といたしまして、平成23年度に現況調査を行うということで、委託料の計上となっております。続きまして84ページでございます。中段の下、さとうきび安定生産確立対策事業5,258万4,000円でございます。これにつきましては、本年度、平成22年度に事業が採択されなかったハーベスター2台について、今年度に計上したいということでございます。それからその下でございます。堆肥センター運営補助金691万6,000円を計上してございますが、これにつきましては、これまで堆肥センターの経費については一般会計のそれぞれの項目に計上して執行しておりましたが、平成23年度からは一括して補助金として交付して、将来に向けて堆肥センターの自立化というんですか、段階的に検討していきたいということで補助金に計上してございます。それから一番下、有機の里宜野座確立推進事業ということで、これは特に村の単独事業として本年度から位置づけて、有機の里の推進の活動を行っていきたいということでございます。続きまして85ページをお願いします。中段、農地利用集積事業、これにつきましても農地の流動化事業ということで、強力に推進していきたいということでございます。それから一番下、用地購入費でございます。農地保有合理化事業、これについては3,229万5,000円計上してございます。農地の村外流出を防ぐという目的から、今年度2件の用地購入を予定しているところでございます。続きまして4目 畜産業費1,043万6,000円の計上でございます。特に変わったところはございません。次、86ページをお願いします。5目 農地費でございます。2億843万円の計上。3,348万円の増でございます。その主な事業の内容を説明したいと思いますが、88ページの上段のほうから事業別に主なものを説明します。農用地保全整備事業(松田東地区)、これは防風林の整備事業でございますが、1,019万8,000円。これは継続事業でございます。それから村づくり交付金事業(松田地区)、工事請負費(農道・集落道整備工事)として3,470万円の計上でございます。これは新たに行う工事でございます。それから次の次ですが、農地保全整備事業(松田西1期地区)でございます。3,043万4,000円、これについては平成23年度から工事を開始するということで、新規の計上でございます。これは志利川原を中心に行ってまいります。それから一番下でございます。戦略作物生産拡大関連基盤緊急整備事業6,500万円。この事業の内容といたしましては、堆肥の投入、さとうきび約50ヘクタール、暗渠排水10ヘクタールの整備ということでございます。新年度6,500万円の計上でございますが、この後補正でさらに追加してやる予定でございます。以上が農地費でございます。続きまして93ページをお願いいたします。6款 農林水産業費、2項 林業費でございます。平成23年度予算は866万8,000円、約1,212万8,000円の減でございます。この要因としましては、保安林用地購入費が平成23年度は計上していないということでございます。続きまして94ページをお願いします。3項 水産業費でございます。水産業費は今年度計上額が2億8,518万3,000円、約1億5,978万4,000円の増でございます。主な内容を説明いたします。95ページをお願いします。2目 水産業振興費の中の下段でございます。15節 工事請負費、これは漢那漁港の整備事業として2億2,800万円を計上してございます。それから次の96ページをお願いいたします。上段の工事請負費(漁業無線設置)500万円を計上してございます。以上が水産業でございます。

 それから97ページをお願いします。7款 商工費、1項 商工費でございます。商工費については1,241万3,000円でございます。その中で新規の事業としましては、2目 商工業振興費、下段から2行目、地産地消村内購買促進事業補助金として85万円計上しております。

 それから最後に151ページをお願いいたします。11款 災害復旧費でございます。1項 農林水産施設災害復旧費、1目 農林水産施設災害復旧費については700万円、前年度並みの計上となっております。以上で産業振興課関係の説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) それでは下水道費を説明いたします。

 89ページをお願いいたします。6款 農林水産費、1項 農業費、6目 下水道費、前年度比較9,205万8,000円となっております。これは今回、惣慶地区クリーンセンター機能強化事業ということで、増額分でございます。あと11節 需用費、91ページ、92ページのほうに各クリーンセンターの事業費がございます。大まかに修繕費と汚泥処理費となっております。これが4,305万円。13節 委託料2,370万5,000円、これは惣慶地区クリーンセンター機能強化現場委託費でございます。それと施設管理費の委託費、それと今回新しく平成24年度から集落排水を一括管理するということで、91ページの電算委託料、下水道料金システム導入委託業務400万円を予算措置しております。あと89ページの15節 工事請負費3億4,270万円、89ページの下段の工事請負費500万円、これは新築、改築に伴う下水道管から公共ますまでの接続工事費でございます。それと90ページ、宜野座地区の工事請負費、これは今回、惣慶クリーンセンターの中にコンポスト事業を導入するということで、1億550万円の予算措置をしております。それと惣慶地区、先ほど言いました91ページの中段、工事請負費、管路施設工事でございますが、管路施設工事は平成22年度で全部終了しまして、中継ポンプ設置の3,760万円でございます。それと処理施設工事、先ほど言いましたクリーンセンター内の機械の改築、それと太陽光の設置、一部施設の増築という内容でございます。以上、上下水道課、終わります。



○議長(多嘉山朝安) 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) それでは8款 土木費を説明したいと思います。98ページをお願いします。主な内容について説明します。1項 土木管理費、1目 土木総務費の18節 備品購入費109万3,000円、この備品については、現在使用しているステーションワゴン、サーフという車なんですが、16年になるために廃車にします。そして燃費の少ない軽車両ワゴン車を購入して現場対応したいということです。次、100ページをお願いします。2項 道路橋りょう費、2目 道路維持費の中の15節 工事請負費1,800万円、このものについては、村道の維持工事費分であります。それと18節 備品購入費なんですが、この中の機械購入費については、チェーンソー及び道路の草刈りをした場合の清掃用としてブロワーの購入を予定しております。それとまた車両購入費なんですが、村道維持管理のための高木の枝切り、また雑草の処理のためにリフトピックダンプ、軽トラなんですけれども、上がる車を購入したいと思っております。3目 道路新設改良費、15節 工事請負費2億1,169万5,000円、そのものについては、村道中原線改良工事費、調整交付金事業での道路改良工事費、高松進入路整備工事が入っております。それと17節 公有財産購入費2,500万2,000円については、村道中原線改良工事に伴う用地購入費になっております。17名の方で29件の物件が発生しております。それと22節 補償、補填及び賠償金5,800万2,000円ですが、その中についても村道中原線改良工事に伴うもので、7名の方が該当してきます。8件、それは住宅とかビニールハウスとか、作物補償等になります。今回その中で説明の中に民生安定施設整備事業(福山進入路)があります。これは80%補助で、歩道の設計委託を進めてまいります。その下段のほうに高松進入路整備工事委託金事業というのがありますが、これは委託事業ということで100%車道のみの工事が入ってきます。次、102ページをお願いします。4目 橋りょう維持費の中の13節 委託料700万円、このものについては、橋りょうの長寿命化点検業務とその台帳作成等が入ってきます。それをやって、今持っている橋の点検を行いながら工事を進めていく計画になります。次、あけまして104ページをお願いいたします。3項 河川費、1目 河川総務費ですが、その中の13節 委託料188万8,000円、これは福地川沿いのモクマオウとかそういった雑木の伐開等が主なものです。それと14節 使用料及び賃借料961万5,000円、これについては潟原ダム、宜野座ダムの敷地使用料となっております。それと下のほうに海岸海浜地域浄化業務事業の委託料があります。これは松田、惣慶、漢那の海岸の清掃業務ということであります。次、106ページをお願いします。5項 住宅費の中の1目 住宅管理費ですが、15節 工事請負費1,100万円、これについては、現在村営住宅のシロアリ駆除及びハブ等の対策ということで環境整備を行っていきたいと思っております。17節 公有財産購入費100万円なんですが、これは福山第2団地で平成5年に建設されているんですが、福山団地に個人用地が存在するということで地主のほうから相談があり、測量した結果、77.86平米が他人の名義であるということが判明しましたので、この面積を購入したいということです。以上、8款の説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (11時53分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (14時05分)



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 学校教育関係を説明したいと思います。

 109ページからお願いします。10款 教育費につきましては、本年度9億7,349万8,000円、1項 教育総務費1億959万3,000円、1目 教育委員会費276万1,000円になります。47万8,000円の減につきましては、委員の先進地研修が今回はございませんので、その分が主であります。2目 事務局費1億683万2,000円につきましては、1節 報酬、112ページの村営学習塾事業の中で委員報酬、村営学習塾塾長の報酬が現在5万5,000円なんですが、条例改正を提案していますので、月10万円の120万円ということでございます。めくりまして114ページ、2項 小学校費4億5,674万1,000円、1目 学校管理費5,596万3,000円ですが、その中の主に変わったものだけ。14節 使用料及び賃借料の中で116ページの中間にありますポスタープリンター使用料、これは松田小学校管理事業なんですが、もう使えないということでリースをしていきたいということです。宜野座小学校管理事業につきましは、117ページの真ん中のほうでデジタル印刷機、これにつきましてもリースで入れたいということでございます。そして15節 工事請負費なんですが、118ページの漢那小学校管理事業の工事請負費の中で、省電力照明器具工事なんですが、漢那小学校につきましては蛍光灯、CO2削減と電気料金の削減を兼ねて、蛍光灯をかえていきたいということでの工事費でございます。ほかの宜野座中学校、宜野座小学校、松田小学校などの新しいほうについては建築の段階でかえられているということで、今回漢那小学校のものを工事請負費でやっていきたいということです。2目 教育振興費で1節 報酬の件なんですが、従来、学習支援員、特別支援員サポーターにつきましては、賃金でやっていましたけれども、今回嘱託に任用がえしていくということで、報酬と賃金が大幅に変わったということであります。実質的に嘱託員につきましては、小学校の用務員3名、小学校の学習支援員、3校で7名、特別支援員サポーターで4名ということでございます。そして11節 需用費なんですけれども、松田小学校関係なんですが、今年は小学校の教科書改訂ということで、119ページの下のほうの教材費で、平成23年度教師用教科書・指導書購入費として114万8,000円と、120ページの宜野座小学校教育振興事業の中で同じく173万4,000円と、漢那小学校教育振興事業の114万8,000円というのが主なものでございます。次、あけまして3目 学校建設費3億4,149万5,000円、これにつきましては松田小学校改築工事ということでございます。面積にして1,000平米、部屋にして図書館棟、そして配膳室、普通教室3室、そして特別支援教室1室と理科教室という状況でございます。あけまして124ページ、3項 中学校費5,594万8,000円、1目 学校管理費2,387万1,000円につきましては、13節 委託料ですけれども、125ページの中間、エレベーター保守点検委託料29万円ということで、平成22年度は補正でやりましたので、当初予算で新しくということになります。あけまして126ページ、2目 教育振興費3,207万7,000円につきましては、ここも8節 報酬のところで学習支援員、特別支援サポーターが嘱託職員にかわるということでございます。上から順にいきますと、用務員1人、学習支援員3名、特別支援サポーターが2人、不登校支援サポーターで1人ということでございます。あけまして127ページの19節 負担金、補助及び交付金なんですが、128ページの真ん中のほう、道徳教育総合支援事業補助金、これにつきましては、文部科学省の指定で道徳教育を実施するということで2カ年指定でございます。そして3目 学校建設費につきましては、宜野座中学校の校舎が今年度、平成22年度完成ということでございます。あけまして129ページ、4項 幼稚園費3,164万1,000円、1目 幼稚園費3,164万1,000円につきましては、130ページの報酬のところなんですが、松田幼稚園に特別支援サポーターを配置するということで、嘱託職員1人ということで、平成22年度は宜野座幼稚園でしたけれども、今回は松田幼稚園に1人の園児が入園するということでのものでございます。あけまして148ページ、10款 教育費の6項 保健体育費の3目 学校給食費7,683万9,000円ですが、その中で149ページの7節 賃金ですが、現在4名の賃金職員ということで、これを1人増員ということです。そして18節 備品購入費65万1,000円なんですが、これについては給食センターの冷蔵庫、150ページに備品購入費で冷蔵庫(2台)分の計上でございます。これにつきましては保健所のほうから指導を受けまして、野菜などの保管などもしなければいけないということで、保健所からの指導のもと、2台の購入ということでございます。学校教育課、以上です。



○議長(多嘉山朝安) 照屋社会教育課長。



◎社会教育課長(照屋忠利) 133ページでございます。10款 教育費、5項 社会教育費1億7,278万5,000円、比較で73万3,000円の減でございます。1目 社会教育総務費6,261万6,000円、前年度と比較して257万9,000円の増でございます。これについては2節 給料247万1,000円の増、それから3節 職員手当等166万7,000円の増でございます。それから19節 負担金、補助及び交付金、これについては134ページの負担金、内子町親善交流費(受入・派遣)ですけれども、前年はありましたけれども今年は2年に一遍ですので費目存置でございます。135ページ、2目 公民館費、本年度1,868万6,000円、比較で73万4,000円の減でございます。8節 報償費、謝礼金でございますけれども、これについては9講座ありますけれども、そのうち3講座が新しく入ってまいります。それから9節 旅費71万4,000円、それについては県外旅費、全国公民館研究大会、今回は佐賀県でございますので、区長6名、事務局2人、計8名が参加する予定でございます。それから19節 負担金、補助及び交付金291万7,000円。137ページの上のほうの補助金、海外語学研修派遣補助金、昨年より52万円の減でございます。派遣人員は6名を予定しております。それから3目 文化財保護費、本年度1,455万4,000円、比較して113万1,000円の増でございます。それについては、7節 賃金113万円の増でございます。それから15節 工事請負費77万6,000円、これについては工事請負費の施設整備工事費、文化財の説明板の設置でございます。宜野座区のナートゥヤーの説明板とほか1件でございます。138ページ、4目 博物館費1,619万6,000円、比較で175万9,000円の減でございます。それについては、前年度に15節 工事請負費の屋根防水工事がありましたけれども、今回は工事請負費がございませんので、その分が減ったということでございます。あとは前年どおりでございます。139ページ、5目 国際交流費752万4,000円、比較116万7,000円の減でございます。11節 需用費、141ページの光熱水費、これについては40万円の減でございます。それから施設修繕費、前年度と比べてこれも40万円の減です。それから備品購入費についてはエンジンブロワーを6万8,000円予定しております。6目 宜野座村文化センター費5,320万9,000円、78万3,000円の減でございます。これについては、141ページの18節 備品購入費72万5,000円の減が主でございます。ほかは例年どおりでございます。それから143ページの備品購入費で紙芝居舞台スタンダード1万6,000円を購入いたします。144ページ、6項 保健体育費1億4,679万円、比較1,829万6,000円の減でございます。1目 保健体育総務費1,230万7,000円、2,430万2,000円の減でございます。これについては、19節 負担金、補助及び交付金、前年度は全国高校総体宜野座村実行委員会に補助金として2,391万8,000円がありましたけれども、今回はありませんので、それが大きな要因でございます。8節 報償費45万6,000円、これは謝礼金の中で新しく体力づくり教室、これはウエートの指導者でございますが、月1回で12回やる予定でございます。それから9節 旅費45万6,000円、沖縄県体育指導委員研究大会が石垣市のほうでございますので、2日間、6名、体育指導委員の半分でございます。それから19節 負担金、補助及び交付金、145ページの上のほう、青雲館補修工事補助金、これについては区と折半という形で入れております。それから2目 体育施設費5,764万4,000円、比較363万8,000円の増となっております。11節 需用費、146ページの修繕費、これは総合体育館舞台幕修繕費92万4,000円、それから施設管理委託料、リコーティング業務委託料、これは体育館のフロアのニスでございます。60万円。145ページに戻りまして13節 委託料648万円のうち、リコーティングが委託料でございます。15節 工事請負費、148ページ、これについては工事請負費、ドーム手摺設置工事でございます。ドーム周辺のステンレスの手すりでございます。今、3分の1はやられておりますけれども、残りをやっていきたいと思っております。それから砂置き場設置工事、これは2カ所でございます。総合グラウンド、野球場に黒土、白砂を保管する場所を設置したいと思います。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 漏れがございましたので、私のほうで説明したいと思います。

 152ページをお願いしたいと思います。12款 公債費でございます。1項 公債費、1目 元金でございます。元金が今回2億1,256万円計上してございます。財政融資資金から地方公務員共済組合までの分でございます。それから2目 利子でございます。利子として5,950万1,000円、財政融資資金、それから一時借入金利子まで5,950万1,000円でございます。

 155ページをお願いしたいと思います。13款 諸支出金、2項 基金費でございます。14目 宜野座村水源地域振興基金積立金75万6,000円、それから15目 サーバーファーム施設整備基金積立金1,506万1,000円、それから18目 かんなタラソ沖縄施維持基金積立金600万円、それから19目 宜野座村再編交付金積立金2,975万4,000円ということでございます。

 なお、次のページは14款 予備費でございます。予備費は今回1,000万円の予算を計上してございます。前年度より204万9,000円の増でございます。それから次の157ページから162ページまでは給与明細書等の資料をつけてございます。それぞれ御参照ください。

 それから一番最後の163ページにつきましては地方債の見込み調書でございます。

 以上で一般会計の説明は終わりたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) それでは別冊がございます。初めに宜野座村国民健康保険事業特別会計予算でございます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第20号                                          ┃
┃                                               ┃
┃            平成23年度宜野座村国民健康保険事業特別会計予算            ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年度宜野座村の国民健康保険事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。       ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算)                                      ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ782,681千円と定める。              ┃
┃2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。    ┃
┃ (一時借入金)                                       ┃
┃第2条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、50,000千円と定め ┃
┃ る。                                            ┃
┃ (歳出予算の流用)                                     ┃
┃第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することが ┃
┃ できる場合は、次のとおりと定める。                             ┃
┃(1)各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流 ┃
┃ 用。                                            ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                第1表  歳 入 歳 出 予 算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃1 国 民 健 康 保 険 税  │                  │       111,971┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 国 民 健 康 保 険 税   │       111,971┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃2 一  部  負  担  金  │                  │          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 一  部  負  担  金   │          2┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃3 使 用 料 及 び 手 数 料│                  │         210┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 手      数      料 │         210┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃4 国  庫  支  出  金  │                  │       276,765┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 国  庫  負  担  金   │       171,213┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 国  庫  補  助  金   │       105,552┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃5 療 養 給 付 費 交 付 金│                  │       17,776┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 療 養 給 付 費 交 付 金 │       17,776┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃6 前 期 高 齢 者 負 担 金│                  │       54,358┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 前 期 高 齢 者 交 付 金 │       54,358┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃7 県   支   出   金  │                  │       31,185┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 県   負   担   金   │        6,184┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 県   補   助   金   │       25,001┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃8 連 合 会 支 出 金    │                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 連  合  会  補  助  金│          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃9 共 同 事 業 交 付 金  │                  │       147,000┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 共 同 事 業 交 付 金   │       147,000┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃10 繰      入      金│                  │       143,399┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 他  会  計  繰  入  金│       143,398┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 基   金   繰   入  金│          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃11 繰      越      金│                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 繰      越      金 │          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃12 諸      収      入│                  │         13┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 延 滞 金 及 び 過 料   │          3┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 預    金    利    子│          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 受  託  事  業  収  入│          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 雑              入│          8┃
┠─────────────────┴──────────────────┼──────────┨
┃          歳    入    合    計          │       782,681┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃1 総      務      費│                  │       28,163┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 総  務  管  理  費   │       23,810┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 徴      税      費 │        4,200┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 運  営  協  議  会  費│         152┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 趣  旨  普  及  費   │          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃2 保  険  給  付  費  │                  │       430,354┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 療   養   諸   費   │       361,598┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 高  額  療  養  費   │       58,050┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 出  産  育  児  諸  費│       10,506┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │5 葬   祭   諸   費   │         200┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃3 後 期 高 齢 者 支 援 金 等  │                  │       98,651┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 後 期 高 齢 者 支 援 金 等   │       98,651┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃4 前 期 高 齢 者 納 付 金 等  │                  │         287┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 前 期 高 齢 者 納 付 金 等   │         287┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃5 老 人 保 健 拠 出 金  │                  │          7┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 老 人 保 健 拠 出 金   │          7┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃6 介  護  納  付  金  │                  │       44,881┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 介  護  納  付  金   │       44,881┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃7 共 同 事 業 拠 出 金  │                  │       166,363┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 共 同 事 業 拠 出 金   │       166,363┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃8 保  健  事  業  費  │                  │        8,651┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 特 定 健 康 診 査 等 事 業 費  │        8,388┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 保  健  事  業  費   │         263┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃9 基  金  積  立  金  │                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 基  金  積  立  金   │          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃10 公      債      費│                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 公      債      費 │          1┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃11 諸   支   出   金  │                  │         322┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金  │         321┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 繰      出      金 │          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃12 予      備      費│                  │        5,000┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 予      備      費 │        5,000┃
┠─────────────────┴──────────────────┼──────────┨
┃          歳    出    合    計          │       782,681┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛


 6ページからお願いいたします。上のほうにページが打たれております。歳入、金額を申し上げる前に1月末現在の国保の世帯数が1,071世帯で、7世帯の増になっております。そして1月末の被保険者数が2,136人で30人の減でございます。それによりまして1款 国民健康保険税、1項 国民健康保険税、1目 一般被保険者国民健康保険税のほうは、本年度1億570万円で171万円の増になっております。1節 医療給付費現年度分と2節 後期高齢者支援金現年度分と3節 介護給付金現年度分は93%で計算してございます。そして4節 医療給付費滞納繰越分と5節 後期高齢者支援金滞納繰越分と6節 介護給付費滞納繰越分につきましては25%で計上してございます。2目 退職被保険者等国民健康保険税、1月末で56人、11人の減でございます。このほうは平成26年度で完全終了の予定でございます。627万1,000円で28万9,000円の減になっております。1節から3節までは95%で計上してございます。そして4節、5節、6節につきましては25%で計上してございます。

 7ページのほうの4款 国庫支出金、1項 国庫負担金、1目 療養給付費等負担金、このほうは、1億6,502万9,000円、85万2,000円の減でございます。これは現年度分でございまして、国からの国庫支出金負担金でございます。2目 高額医療費共同事業負担金につきましても実績を勘案しての20万円の増でございます。3目 特定健康診査等負担金につきましては例年並みでございます。2項 国庫補助金、1目 財政調整交付金が1億540万1,000円ということで990万円の増になっております。1節 普通調整交付金、そして2節 特別調整交付金、前年度実績による計上でございます。3目 出産育児一時金補助金15万円の減でございます。このほうは、補助率が1件につき2万円から1万円に減額されたためでございます。

 5款 療養給付費交付金、1項 療養給付費交付金、1目 療養給付費交付金1,777万6,000円、45万円の減でございます。

 次、あけていただきまして8ページでございます。6款 前期高齢者交付金、1項 前期高齢者交付金、1目 前期高齢者交付金5,435万8,000円で1,441万9,000円の増でございます。このほうは社会保険診療報酬支払基金からの査定でございます。

 7款 県支出金、1項 県負担金、1目 高額医療費共同事業負担金560万円で20万円の増でございます。実績勘案されております。2目 特定健康診査等負担金も58万4,000円で、ほぼ前年並みでございます。2項 県補助金、2目 財政調整交付金2,500万円、500万円の増でございます。このほうも実績を勘案しての増でございます。

 続きまして9款 共同事業交付金、1項 共同事業負担金、1目 高額医療費共同事業交付金1,800万円、300万円の増でございます。このほうは、80万円以上のレセプトの適用でございます。それと2目 保険財政共同安定化事業交付金1億2,900万円、400万円の増でございまして、このほうは30万円以上のレセプトでございます。これは平成18年10月からの施行でございます。

 10款 繰入金、1項 他会計繰入金、1目 一般会計繰入金1億4,339万8,000円、88万3,000円の減でございますが、これは保険税の軽減分、2割、5割、7割ということで、県が4分の3、村が4分の1のものでございますが、1,744万4,000円、そして保険者支援分としまして国が2分の1、県が4分の3、村が4分の1ということで、低所得者を多く抱える市町村に入ってきます。そして特に9ページの上段にあります4節 出産育児一時金繰入金700万円、このほうは42万円掛ける25名の3分の2ということで計上してございます。

 続きまして11ページ、歳出のほうを説明申し上げます。1款 総務費、1項 総務管理費、1目 一般管理費でございますが、2,288万9,000円で295万1,000円の減でございます。このほうは、ほぼ前年並みでございます。12ページの2目 連合会負担金92万1,000円、89万8,000円の減になっております。これは右の説明にありますとおり連合会負担金(一般負担金)、連合会負担金(広報共同事業負担金)などの減によるものでございます。続きまして2項 徴税費、1目 賦課徴収費でございますが、419万8,000円、46万9,000円の増でございます。ほぼ前年並みでございます。

 続きまして15ページをお願いいたします。2款 保険給付費、1項 療養諸費、1目 一般被保険者療養給付費でございます。3億3,944万8,000円、730万円の増を計上しております。平成21年度決算で約4億1,200万円の決算がされておりますので、平成22年度の実績も踏まえての計上でございます。2目 退職被保険者等療養給付費1,700万円、これは前年並みでございます。続きまして下段のほうの2項 高額療養費、1目 一般被保険者高額療養費5,500万円、これも例年並みに計上してございます。16ページでございますが、2款 保険給付費、3項 出産育児諸費、1目 出産育児一時金1,050万円を計上してございます。このほうも42万円掛ける25名で計上してございます。

 17ページをお願いいたします。3款 後期高齢者支援金等、1項 後期高齢者支援金等、1目 後期高齢者支援金9,864万1,000円、1,193万6,000円の増でございます。このほうは社会保険診療報酬支払基金への支援金でございます。

 あと18ページ、5款 老人保健拠出金、1項 老人保健拠出金、1目 老人保健医療費拠出金、今回は費目で計上しております。このほうは、平成23年度からは廃止になりましたので、費目で計上してございます。

 そしてその下の6款 介護納付金、1項 介護納付金、1目 介護納付金でございますが4,488万1,000円、411万9,000円の増になっております。このほうも実績を勘案してのものでございます。

 7款 共同事業拠出金、1項 共同事業拠出金、1目 高額医療費共同事業医療費拠出金3,399万5,000円で1,065万6,000円の増でございます。このほうも国保連合会医療費負担金でございます。実績に伴うものでございます。2目 保険財政共同安定化事業拠出金も1億3,234万8,000円で744万8,000円の増でございます。こちらも保険財政共同安定化事業拠出金でございます。

 次、19ページ、8款 保健事業費でございますが、1項 特定健康診査等事業費、1目 特定健康診査等事業費838万8,000円でございまして、44万5,000円の減でございます。このほうは、ほぼ前年並みでございます。

 あけていただきまして、20ページの説明の委託料のところで特定健康診査等委託料、基本健診、詳細な検診もすべて村のほうで負担してまいります。二次検診委託料も1万1,800円掛ける15名を計上してございます。

 議案第20号につきましては以上でございます。

 続きまして、議案第21号 平成23年度宜野座村後期高齢者医療特別会計予算について御説明申し上げます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第21号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             平成23年度宜野座村後期高齢者医療特別会計予算            ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年度宜野座村の後期高齢者医療特別会計予算は、次に定めるところによる。         ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算)                                      ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ37,001千円と定める。              ┃
┃2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。    ┃
┃ (歳出予算の流用)                                     ┃
┃第2条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することが ┃
┃ できる場合は、次のとおりと定める。                             ┃
┃(1)各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流 ┃
┃ 用。                                            ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                第1表  歳 入 歳 出 予 算
 歳 入                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃1 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 │                  │       21,855┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料  │       21,855┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃2 使 用 料 及 び 手 数 料│                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 手      数      料 │          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃3 寄      附      金│                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 寄      附      金 │          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃4 繰      入      金│                  │       15,134┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 一 般 会 計 繰 入 金   │       15,134┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃5 繰      越      金│                  │          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 繰      越      金 │          1┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃6 諸      収      入│                  │          9┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 延 滞 金 、加 算 金 及 び 過 料 │          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金  │          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │3 預    金    利    子│          1┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │4 雑              入│          4┃
┠─────────────────┴──────────────────┼──────────┨
┃          歳    入    合    計          │       37,001┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛


 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━┓
┃        款         │        項         │   金  額   ┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃1 後期高齢者医療広域連合納付金 │                  │       36,989┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 後期高齢者医療広域連合納付金  │       36,989┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃2 諸   支   出   金  │                  │          3┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 償 還 金 及 び 還 付 加 算 金  │          2┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │2 繰      出      金 │          1┃
┠─────────────────┼──────────────────┼──────────┨
┃3 予      備      費│                  │          9┃
┃                 ├──────────────────┼──────────┨
┃                 │1 予      備      費 │          9┃
┠─────────────────┴──────────────────┼──────────┨
┃          歳    出    合    計          │       37,001┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━┛


 6ページをお願いいたします。歳入、1款 後期高齢者医療保険料、1項 後期高齢者医療保険料、1目 特別徴収保険料1,339万3,000円で20万2,000円の減でございます。これは現年度分でございます。そして2目 普通徴収保険料が846万2,000円で273万9,000円の増でございます。これも1節 現年度分が714万2,000円と2節 滞納繰越分が132万円でございます。

 4款 繰入金、1項 一般会計繰入金、1目 保険基盤安定繰入金ですが、1,513万4,000円で87万5,000円の増になっております。これは後期高齢者医療保険基盤安定繰入金ということで計上してございます。

 続きまして7ページの歳出でございます。1款 後期高齢者医療広域連合納付金、1項 後期高齢者医療広域連合納付金、1目 後期高齢者医療広域連合納付金3,698万9,000円で341万2,000円の増になっております。このほうも保険基盤安定負担金が1,513万4,000円で、保険料として特別徴収保険料分が2,185万5,000円、普通徴収保険料(現年度分)が714万2,000円、そして普通徴収保険料(滞納繰越分)が132万円ということで、主なものでございます。

 以上で説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) 山城上下水道課長。



◎上下水道課長(山城次雄) 
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第22号                                          ┃
┃                                               ┃
┃                平成23年度宜野座村水道事業会計予算              ┃
┃                                               ┃
┃ (総  則)                                        ┃
┃第1条 平成23年度宜野座村水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。           ┃
┃ (業務の予定量)                                      ┃
┃第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。                          ┃
┃(1)給水戸数                      2,433 件              ┃
┃(2)年間総給水量                   820,000 m3              ┃
┃(3)一日平均給水量                   2,240 m3              ┃
┃(4)主な建設改良工事             配水管布設工事                ┃
┃ (収益的収入及び支出)                                   ┃
┃第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。                  ┃
┃                   収      入                    ┃
┃第1款 水道事業収益                 216,017 千円              ┃
┃ 第1項 営業収益                  120,913 千円              ┃
┃ 第2項 営業外収益                  95,101 千円              ┃
┃ 第3項 特別利益                     3 千円              ┃
┃                   支      出                    ┃
┃第1款 水道事業費用                 188,680 千円              ┃
┃ 第1項 営業費用                  158,278 千円              ┃
┃ 第2項 営業外費用                  28,900 千円              ┃
┃ 第3項 特別損失                     2 千円              ┃
┃ 第4項 予備費                    1,500 千円              ┃
┃ (資本的収入及び支出)                                   ┃
┃第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。(資本的収入額が資本的支出額に対し不┃
┃ 足する額55,688千円は、減債積立金30,000千円、過年度分損益勘定留保資金25,688千円で補てんするも┃
┃ のとする。)                                        ┃
┃                   収      入                    ┃
┃第1款 資本的収入                     6 千円              ┃
┃ 第1項 企業債                      1 千円              ┃
┃ 第2項 補助金                      1 千円              ┃
┃ 第3項 その他資本収入                  4 千円              ┃
┃                   支      出                    ┃
┃第1款 資本的支出                   55,694 千円              ┃
┃ 第1項 建設改良費                  7,011 千円              ┃
┃ 第2項 企業債償還金                 47,683 千円              ┃
┃ 第3項 予備費                    1,000 千円              ┃
┃ (一時借入金)                                       ┃
┃第5条 一時借入金の限度額は20,000千円と定める。                       ┃
┃ (議会の議決を経なければ流用できない経費)                         ┃
┃第6条 次に掲げる経費については、その経費の金額をそれ以外の経費の金額に流用し、又はそれ以外の┃
┃ 経費をその経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。           ┃
┃(1)職員給与費                    18,748 千円              ┃
┃ (他会計からの補助金)                                   ┃
┃第7条 一般会計からこの会計へ補助を受ける金額は、95,000千円と定め、職員給与費、減価償却費及び┃
┃ 支払利息に充てるものとする。                                ┃
┃ (利益剰余金の処分)                                    ┃
┃第8条 利益剰余金のうち30,000千円は、次のとおり処分するものと定める。            ┃
┃(1)減債積立金                                       ┃
┃ (たな卸し資産購入限度額)                                 ┃
┃第9条 たな卸し資産の購入限度額は、5,000千円と定める。                    ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






               平成23年度 宜野座村水道事業会計予算実施計画

                     収益的収入および支出

                        収  入


┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    款    │    項    │     目     │ 予定額 │    備    考    ┃
┠────────┼─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃1 水道事業収益│         │           │  (千円)│              ┃
┃        │         │           │  216,017│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │1 営 業 収 益│           │  120,913│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 給 水 収 益  │  120,086│水道料金          ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │3 その他の営業収益 │    827│上記以外の営業収益     ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │2 営 業 外 収 益│           │  95,101│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 受取利息及び配当金│    100│預金利息等         ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │2 他 会 計 補 助 金 │  95,000│一般会計よりの補助金    ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │3 雑   収   益│     1│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │3 特 別 利 益│           │     3│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 固定資産売却益  │     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │2 過年度損益修正益 │     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │3 消費税及び地方  │     1│消費税還付金        ┃
┃        │         │  消 費 税 還 付 金 │     │              ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛


                        支  出
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    款    │    項    │     目     │ 予定額 │    備    考    ┃
┠────────┼─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃1 水道事業費用│         │           │  (千円)│              ┃
┃        │         │           │  188,680│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │1 営 業 費 用│           │  158,278│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 原水及び浄水費  │  71,198│原水取り入れに係る設備及びろ┃
┃        │         │           │     │過滅菌する設備の維持管理に要┃
┃        │         │           │     │する費用          ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │2 配水及び給水費  │   4,201│配水及び給水に関する費用  ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │4 総   係   費│  29,377│水道運営に関する費用    ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │5 減 価 償 却 費│  53,482│有形固定資産減価償却費   ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │6 資 産 減 耗 費│    20│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │2 営 業 外 費 用│           │  28,900│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 支 払 利 息 及 び │  26,399│企業債利息償還       ┃
┃        │         │  企業債取扱諸費  │     │              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │3 雑   支   出│     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │4 消 費 税 及 び│   2,500│消費税           ┃
┃        │         │  地 方 消 費 税│     │              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │3 特 別 損 失│           │     2│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 固定資産売却損  │     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │3 過年度損益修正損 │     1│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │4 予  備  費│           │   1,500│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 予   備   費│   1,500│              ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛


                     資本的収入及び支出
                        収  入
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    款    │    項    │     目     │ 予定額 │    備    考    ┃
┠────────┼─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃1 資本的収入 │         │           │  (千円)│              ┃
┃        │         │           │     6│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │1 企  業  債│           │     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 企   業   債│     1│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │2 補  助  金│           │     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 補   助   金│     1│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │3 その他資本収入│           │     4│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 出   資   金│     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │2 工 事 負 担 金│     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │3 固定資産売却代金 │     1│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │4 寄附金その他収入 │     1│              ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛


                        支  出
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    款    │    項    │     目     │ 予定額 │    備    考    ┃
┠────────┼─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃1 資本的支出 │         │           │  (千円)│              ┃
┃        │         │           │  55,694│              ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │1 建 設 改 良 費│           │   7,011│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 配 水 設 備 費│   5,007│配水管布設工事       ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │2 営 業 設 備 費│   2,004│量水器購入         ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │2 企業債償還金 │           │  47,683│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 企 業 債 償 還 金 │  47,683│企業債元金償還       ┃
┃        ├─────────┼───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │4 予  備  費│           │   1,000│              ┃
┃        │         ├───────────┼─────┼──────────────┨
┃        │         │1 予   備   費│   1,000│              ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━┛


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃               平成23年度 当初予算予定貸借対照表                ┃
┃                  (平成24年3月31日)                   ┃
┃                                         (単位 円)┃
┃                                               ┃
┃                    資 産 の 部                     ┃
┃1 固 定 資 産                                      ┃
┃(1)有形固定資産                                      ┃
┃ イ 土     地      7,863,053                           ┃
┃ ロ 立 木 建 物     225,708,095                           ┃
┃   減価償却累計額     41,350,133   184,357,962                   ┃
┃ ハ 構  築  物    2,609,448,613                           ┃
┃   減価償却累計額     502,390,008  2,107,058,605                   ┃
┃ ニ 機械及び装置     1,500,319,685                           ┃
┃   減価償却累計額     567,161,320   933,158,365                   ┃
┃ ホ 車両運搬具        6,290,337                           ┃
┃   減価償却累計額      6,059,867     230,470                   ┃
┃ ヘ 工具器具及び備品     1,063,000                           ┃
┃   減価償却累計額       743,850     319,150                   ┃
┃ ト 建設仮勘定        2,005,765                           ┃
┃   有形固定資産合計                     3,234,993,370         ┃
┃(2)無形固定資産                                      ┃
┃ イ 電 話 加 入 権          0                           ┃
┃ ロ 庁 舎 利 用 権          0                           ┃
┃   無形固定資産合計                           0         ┃
┃   固定資産合計                                3,234,993,370┃
┃2 流 動 資 産                                      ┃
┃(1)現 金 預 金                       215,841,041         ┃
┃(2)未  収  金                                     ┃
┃ イ 営 業 未 収 金                        4,050,521         ┃
┃ ロ 営業外未収金                             0         ┃
┃ ハ その他未収金                             0         ┃
┃(3)貯  蔵  品                                     ┃
┃ イ 貯 蔵 量 水 器                       14,885,110         ┃
┃ ロ 材     料                            0         ┃
┃(4)その他流動資産                                     ┃
┃   流動資産合計                                 234,776,672┃
┃   資 産 合 計                               3,469,770,042┃
┃                    負 債 の 部                     ┃
┃3 流 動 負 債                                      ┃
┃(1)未  払  金                        2,989,900         ┃
┃(2)未 払 費 用                            0         ┃
┃(3)前  受  金                            0         ┃
┃(4)その他流動負債                            0         ┃
┃   流動負債合計                                  2,989,900┃
┃   負 債 合 計                                 2,989,900┃
┃                    資 本 の 部                     ┃
┃4 資  本  金                                      ┃
┃(1)自 己 資 本 金                                     ┃
┃ イ 固 有 資 本 金              49,220,068                   ┃
┃ ロ 繰 入 資 本 金              16,950,000     66,170,068         ┃
┃(2)借 入 資 本 金                                     ┃
┃ イ 企  業  債             809,995,023    809,995,023         ┃
┃   資 本 金 合 計                               1,042,025,091┃
┃5 剰  余  金                                      ┃
┃(1)資 本 剰 余 金                                     ┃
┃ イ 受贈財産評価額                  0                   ┃
┃ ロ 工 事 負 担 金                  0                   ┃
┃ ハ その他資本剰余金           2,156,456,851                   ┃
┃   資本剰余金合計                      2,271,474,615         ┃
┃(2)利 益 剰 余 金                                     ┃
┃ イ 建設改良積立金                  0                   ┃
┃ ロ 減 債 積 立 金              10,387,600                   ┃
┃ ハ 利 益 積 立 金                  0                   ┃
┃ ニ 当年度未処分利益剰余金         142,892,836                   ┃
┃   利益剰余金合計                       153,280,436         ┃
┃   剰 余 金 合 計                               2,424,755,051┃
┃   資 本 合 計                               3,466,780,142┃
┃   負債資本合計                                3,469,770,042┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃             平成22年度 当初予定損益計算書(前年度)              ┃
┃            (平成22年4月1日から平成23年3月31日まで)             ┃
┃                                         (単位 円)┃
┃                                               ┃
┃1 営 業 収 益                                      ┃
┃(1)給 水 収 益             111,143,632                   ┃
┃(2)受託工事収益                   0                   ┃
┃(3)その他営業収益              1,080,963    112,224,595          ┃
┃2 営 業 費 用                                      ┃
┃(1)原水及び浄水費              52,610,635                   ┃
┃(2)配水及び給水費              4,419,049                   ┃
┃(3)受 託 工 事 費                  0                   ┃
┃(4)総  係  費              22,662,231                   ┃
┃(5)減 価 償 却 費              54,346,000                   ┃
┃(6)資 産 減 耗 費                20,000                   ┃
┃(7)その他営業費用                  9    134,057,906          ┃
┃  営 業 損 失               21,833,311                   ┃
┃3 営業外収益                                        ┃
┃(1)受取利息及び配当金              87,000                   ┃
┃(2)他 会 計 補 助 金            100,000,000                   ┃
┃(3)雑   収   益                0    100,087,000          ┃
┃4 営業外費用                                        ┃
┃(1)支払利息及び企業債取扱諸費        27,779,687                   ┃
┃(2)繰延勘定償却                   0                   ┃
┃(3)雑  支  出                  0    27,779,687     72,307,313┃
┃  経 常 利 益                                 50,474,002┃
┃5 特 別 利 益                                      ┃
┃(1)固定資産売却益                  0                   ┃
┃(2)過年度損益修正益                 0                   ┃
┃(3)消費税及地方消費税還付金                                ┃
┃6 特 別 損 失                                      ┃
┃(1)固定資産売却損                  0                   ┃
┃(2)過年度損益修正損                          0          ┃
┃                                               ┃
┃  当年度純利益                                  50,474,002┃
┃ 前年度繰越利益剰余金                               63,302,279┃
┃  当年度未処分利益剰余金                             113,776,281┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃             平成22年度 当初予定貸借対照表(前年度)              ┃
┃                  (平成23年3月31日)                   ┃
┃                                         (単位 円)┃
┃                                               ┃
┃                    資 産 の 部                     ┃
┃1 固定資産                                         ┃
┃(1)有形固定資産                                      ┃
┃ イ 土     地      7,864,053                           ┃
┃ ロ 立 木 建 物     225,708,095                           ┃
┃   減価償却累計額     39,745,673   185,962,422                   ┃
┃ ハ 構  築  物    2,602,320,943                           ┃
┃   減価償却累計額     475,114,188  2,127,206,755                   ┃
┃ ニ 機械及び装置     1,500,319,685                           ┃
┃   減価償却累計額     543,094,420   957,225,265                   ┃
┃ ホ 車 両 運 搬 具      6,289,384                           ┃
┃   減価償却累計額      5,525,047     764,337                   ┃
┃ ヘ 工具器具及び備品     1,063,000                           ┃
┃   減価償却累計額       743,850     319,150                   ┃
┃ ト 建 設 仮 勘 定      2,000,000                           ┃
┃   有形固定資産合計                     3,281,341,982         ┃
┃(2)無形固定資産                                      ┃
┃ イ 電 話 加 入 権          0                           ┃
┃ ロ 庁 舎 利 用 権          0                           ┃
┃   無形固定資産合計                           0         ┃
┃   固定資産合計                                3,281,341,982┃
┃2 流 動 資 産                                      ┃
┃(1)現 金 預 金                       195,590,761         ┃
┃(2)未  収  金                                     ┃
┃ イ 営 業 未 収 金                        1,648,801         ┃
┃ ロ 営業外未収金                             0         ┃
┃ ハ その他未収金                             0         ┃
┃(3)貯  蔵  品                                     ┃
┃ イ 貯 蔵 量 水 器                        8,218,443         ┃
┃ ロ 材     料                            0         ┃
┃(4)その他流動資産                                     ┃
┃                                               ┃
┃   流動資産合計                                 205,458,005┃
┃   資 産 合 計                               3,486,799,987┃
┃                   負 債 の 部                     ┃
┃                                               ┃
┃3 流 動 負 債                                      ┃
┃(1)未  払  金              1,459,400                   ┃
┃(2)未 払 費 用                  0                   ┃
┃(3)前  受  金                  0                   ┃
┃(4)その他流動負債                  0                   ┃
┃   流動負債合計                         1,459,400         ┃
┃   負 債 合 計                                 1,459,400┃
┃                    資 本 の 部                    ┃
┃                                               ┃
┃4 資  本  金                                      ┃
┃(1)自 己 資 本 金              49,220,068                   ┃
┃ イ 固 有 資 本 金              16,950,000     66,170,068         ┃
┃ ロ 繰 入 資 本 金                                     ┃
┃(2)借 入 資 本 金                                     ┃
┃ イ 企  業  債             857,677,023    857,677,023         ┃
┃   資 本 金 合 計                               1,089,707,091┃
┃5 剰  余  金                                      ┃
┃(1)資 本 剰 余 金                                     ┃
┃ イ 受贈財産評価額                  0                   ┃
┃ ロ 工 事 負 担 金                  0                   ┃
┃ ハ その他資本剰余金           2,156,451,851                   ┃
┃   資本剰余金合計                      2,271,469,615         ┃
┃(2)利 益 剰 余 金                                     ┃
┃ イ 建設改良積立金                  0                   ┃
┃ ロ 減 債 積 立 金              10,387,600                   ┃
┃ ハ 利 益 積 立 金                  0                   ┃
┃ ニ 当年度未処分利益剰余金         113,776,281                   ┃
┃   利益剰余金合計                       124,163,881         ┃
┃   剰 余 金 合 計                               2,395,633,496┃
┃   資 本 合 計                               3,485,340,587┃
┃   負債資本合計                                3,486,799,987┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 10ページにおいては平成23年度宜野座村水道事業会計資金計画、それと11ページから15ページにおいては給与明細書、それと16ページから23ページにおいては、平成23年度当初予算予定貸借対照表並びに平成22年度当初予定損益計算書、それと24ページにおいては予算に係る参考資料を添付しておりますので、御参照のほどよろしくお願いいたします。以上、終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから一括質疑を行います。

 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 質疑に入る前に本年度予算、村長が示す予算編成上の重点事項の内容、その政策目標を実現するために平成23年度に行う事業、事務の内容、その実施のために各課長等が編成され、今予算化の方法及び各課長より先ほど説明がございましたけれども、二、三、疑問点がございますので質疑させていただきます。

 議案第19号の予算書15ページの15款 国庫支出金、2項 国庫補助金、9目 再編交付金の事業への活用と事業内容を説明してください。

 次に17ページの3目 衛生費県補助金、2節 合併処理浄化槽設置整備事業補助金と76ページにもございますけれども、予算化されていない理由を再度説明してください。

 次に39ページの下段から3行目、漢那ビーチ管理運営補助金とございますけれども、補助金の団体名、その運用について説明をお願いしたいと思っています。

 それと46ページの上段のほうに戸籍住民基本台帳とありますけれども、今カード式になっていると思うんですけれども、カード式が平成17年度から稼働していると思いますけれども、その稼働率は現在どうなっているのか説明してください。

 それから最後に47ページ、先ほど山川村民生活課長から説明がありましたけれども、説明で名護市、県の漏れがございました。こういうミスの場合は、事前に修正、訂正を報告していただきたいと思います。先ほど口頭で報告がありましたけれども、私としては修正をして差しかえをやってもらいたいと思いますけれども、この点についてお伺いしたい。

 以上、説明をお願いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) 伊芸朝健議員にお答えいたします。

 15ページの9目 再編交付金2,975万4,000円、これはキャンプハンセンの分で、平成20年度から基金として村に入ってきまして、その中から毎年健康プロジェクト事業に活用しているものでございます。この活用している状況が74ページにございますので、お開きください。73ページから9目が始まっておりますけれども、今年は3,700万円余りの事業予算を組んでおります。13節 委託料2,684万4,000円が主でございますけれども、健康プロジェクト事業が中心になりまして、その中身がまず広報紙の作成、そして住民会議の開催、そして講演会、調理実習、村民健康フェスティバル等々に使われていきます。これは3年間の契約でございまして、本年度、平成23年度が最終年次でございます。このほうも1年間の実績に基づいて支払っていくという形になっております。月々の実績と1年間の実績に基づいております。そして次に19節 負担金、補助及び交付金の健康づくり事業支援補助金180万円、6字ございますので4字、大きい字と小字に分けて、去年に比べて約120万円の減になっておりますけれども、このほうは各区の利用の実績に基づいて今回は組んでおります。そして20節 扶助費600万円、このほうは、かんなタラソ沖縄の海洋療法の月会員の一般1,000円の補助と60歳以上の2,000円の補助、そしてビジター500円の補助を3点セットで今回、去年に比べて100万円増でやっております。このプロジェクトの2,684万4,000円の中身が、任意予防接種等の委託料が400万円、そして我が村健康プロジェクト事業が2,254万3,500円、そして各保育園でやっております歯科保健事業、歯の衛生事業ですが、講師手当として30万円の予算を計上しております。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 山川村民生活課長。



◎村民生活課長(山川清八) 伊芸朝健議員にお答えいたします。

 17ページの3目 衛生費県補助金、2節 廃棄物処理施設整備費補助金、この合併処理浄化槽設置整備事業補助金のほうが計上されていないということなんですが、こちらにつきましては議案第5号で減額補正しました。今年度は実績がなかったということがあります。そして今年度から県補助金のほうも廃止されるというのが出たものですから、国の補助金が2分の1、県2分の1、村2分の1ということなんですが、この事業を続けていく場合、県分まで持たなければいけないというのがまず出てきます。こちらで計上していないということは実績がなかった。また該当しそうな箇所というのが少しあるということで聞いてはいますが、本人のほうがそういった事業を導入することに反対しているという、そういった報告も受けております。そういった事情を踏まえて計上しておりません。

 次に46ページ、住基カードの利用率の件ですが、大変申しわけございません。これにつきまして、今手元に資料を持っておりませんので、後ほど答えさせてください。

 そして47ページの負担金のところなんですが、この件につきましては、財政のほうとも調整して修正対応したいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) ただいま質疑のありました39ページの漢那ビーチ管理運営補助金300万円について、事業内容を説明いたします。

 これについては、平成21年度、平成22年度、漢那ビーチを何とか再生しようということで開設されてきております。期間については7月から9月いっぱいぐらいまでやっておりまして、平成21年度については、かんなタラソ沖縄に管理運営してもらい、その補助金として使用しております。平成22年度は村の漁業組合に管理をお願いして、この300万円を使用して漢那ビーチの開設、監視員等の費用に使っております。平成21年度、平成22年度、2年続きで開設しております。平成23年度もその予定でおります。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 山川村民生活課長。



◎村民生活課長(山川清八) 伊芸朝健議員への答弁に訂正があります。

 先ほどの補助率、国2分の1、県も2分の1、村も2分の1と答えてしまいました。大変申しわけございません。国2分の1、県が4分の1、村も4分の1ということになります。訂正をお願いいたします。失礼します。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 私の質疑については以上でございます。議案第19号から20号、21号、22号までについては委員会へ付託されると思いますので、私からの質疑はこれで終わります。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑ありませんか。

 石川幹也議員。



◆1番(石川幹也) 議員になりまして初めての質疑というか、教えていただきたい点があります。まずは85ページの6款 農林水産業費、1項 農業費、3目 農業振興費、24節 投資及び出資金の中の農地保有合理化事業の用地購入費3,200万円なんですが、先ほど総務課長のほうから、歳入のほうで土地開発基金繰入金3,200万円、漢那中山原でしたか、農地購入ということでありましたが、それと一緒なのかどうか。



○議長(多嘉山朝安) 津嘉山産業振興課長。



◎産業振興課長(津嘉山博文) 石川幹也議員にお答えいたします。

 85ページの用地購入費の3,229万5,000円、先ほど総務課長からありました歳入の説明と一緒なんですが、一つ加えて、中山原と松田のほうに1件加えて、2件で合わせて3,229万5,000円の用地取得ということになります。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 石川幹也議員。



◆1番(石川幹也) 中山原につきましては、場所と購入する坪数か平米数と、購入に当たりどういった経緯で購入するのか。例えば競売物件なのか、売却での購入なのかお聞きしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 津嘉山産業振興課長。



◎産業振興課長(津嘉山博文) 中山原のほうは漢那小学校の北側、ちょうど村のリースハウスがございます。その村のリースハウスの道路を隔てて向かい側の用地でございます。面積が2万2,354平米でございます。もう一つ、松田のほうが8,141平米ということでございますが、これは競売物件ではございません。競売になる前の情報を仕入れまして、その前の調整している段階で、単価等を調整してございます。そういうことでございます。



○議長(多嘉山朝安) 石川幹也議員。



◆1番(石川幹也) どうもありがとうございました。

 今、各金融機関等々、競売等々が出ております。村の農地等を競売に付されますと、他市町村に購入された場合、村は道路工事等々でいろいろ投資しております。本当にこう言ったら言葉は悪いですけれどもばからしいことになりますので、私たちも村で公有にできるところは公有にできたらと思いましてお聞きしました。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (15時10分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (15時26分)

 先ほど山川村民生活課長から朝健議員に答弁漏れがありましたので説明させます。

 山川村民生活課長。



◎村民生活課長(山川清八) 伊芸議員にお答えいたします。

 先ほど住基カードの利用率の件で質疑がございましたが、今年の4月1日からきょう現在で28件の発行があります。以上で終わります。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第19号、議案第20号、議案第21号、議案第22号の4議案については、予算特別委員会に付託し審査することにしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第19号、議案第20号、議案第21号、議案第22号の4議案については、予算特別委員会に付託し審査することに決定しました。



△日程第5.議案第23号 宜野座村公の施設の指定管理者の指定についてを議題といたします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第23号 宜野座村公の施設の指定管理者の指定について御説明申し上げます。

 本案件は、宜野座村立古島公園について指定管理者を指定する案件でございます。

 詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第23号を説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第23号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             宜野座村公の施設の指定管理者の指定について              ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村公の施設の指定管理者を次のとおり指定したいので、地方自治法(昭和22年法律67号)第244 ┃
┃条の2第6項の規定により議会の議決を求める。                         ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┃             宜野座村公の施設の指定管理者の指定について             ┃
┃                                               ┃
┃ 指定管理者を次のとおり指定する。                              ┃
┃  ┌────────────────┬────────────────────────┐  ┃
┃  │管理を行わせる施設の      │名 称:宜野座村立古島公園           │  ┃
┃  │名称及び場所          │場 所:宜野座村字宜野座13           │  ┃
┃  ├────────────────┼────────────────────────┤  ┃
┃  │指定管理者           │住 所:宜野座村字宜野座427番地         │  ┃
┃  │                │団体名:宜野座村字宜野座区           │  ┃
┃  ├────────────────┼────────────────────────┤  ┃
┃  │指定期間            │平成23年4月1日から              │  ┃
┃  │                │平成27年3月31日まで              │  ┃
┃  └────────────────┴────────────────────────┘  ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第23号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第23号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第23号 宜野座村公の施設の指定管理者の指定についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第23号は、原案のとおり可決されました。





△日程第6.議案第24号 宜野座村公の施設の指定管理者の指定についてを議題といたします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第24号 宜野座村公の施設の指定管理者の指定について御説明申し上げます。

 本案件は、平成22年度に整備しました福山老人福祉施設、福山コミュニティー館について指定管理者を指定する案件でございます。

 詳細につきましては担当課長より説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第24号を御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第24号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             宜野座村公の施設の指定管理者の指定について             ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村公の施設の指定管理者を次のとおり指定したいので、地方自治法(昭和22年法律第67号)第 ┃
┃244条の2第6項の規定により議会の議決を求める。                        ┃
┃                                               ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┃             宜野座村公の施設の指定管理者の指定について             ┃
┃                                               ┃
┃ 指定管理者を次のとおり指定する。                              ┃
┃  ┌────────────────┬────────────────────────┐  ┃
┃  │管理を行わせる施設の      │名 称:福山コミュニティー館          │  ┃
┃  │名称及び場所          │場 所:宜野座村字惣慶2046番地の262       │  ┃
┃  ├────────────────┼────────────────────────┤  ┃
┃  │指定管理者           │住 所:宜野座村字惣慶2046番地の46       │  ┃
┃  │                │団体名:宜野座村福山区             │  ┃
┃  ├────────────────┼────────────────────────┤  ┃
┃  │指定期間            │平成23年4月1日から              │  ┃
┃  │                │平成27年3月31日まで              │  ┃
┃  └────────────────┴────────────────────────┘  ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 島袋 榮議員。



◆11番(島袋榮) 1件だけ確認の意味で質疑させてください。

 これまでに指定管理された箇所が公民館を初め公園等、数件上がっているんですが、そういう指定を受けた場所の維持、修理、天災にしろ、人災にしろ修理費等が出た場合の維持費といいますか、これは村が持つのか、この管理者が持つのか、その辺だけ確認の意味でまず説明してください。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 島袋 榮議員にお答えいたします。

 指定管理しているわけですので、管理者のほうで維持管理をする予定となっております。



○議長(多嘉山朝安) 島袋 榮議員。



◆11番(島袋榮) 確認の意味で質疑いたしましたので。これは、これまでに指定したすべての施設ということでよろしいですか。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 再度、島袋 榮議員にお答えいたします。

 すべて管理者がするかという話でしたが、例えばいろんな災害等が発生した場合がございます。そういった場合にはその管理者に負担がかかりますので、村の予算のほうでやった例もございます。そういうことで基本的にその内容によりまして、その辺は検討していきたいと思っております。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第24号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第24号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第24号 宜野座村公の施設の指定管理者の指定についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第24号は、原案のとおり可決されました。



△日程第7.議案第25号 北部広域市町村圏事務組合規約の変更についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第25号 北部広域市町村圏事務組合規約の変更について御説明申し上げます。

 本案件は、北部市町村圏事務組合の負担金に関する規約の一部を変更する案件でございます。

 規約の変更内容と詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 議案第25号 北部広域市町村圏事務組合規約の変更について説明させていただきます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第25号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             北部広域市町村圏事務組合規約の変更について             ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第286条の規定により、北部広域市町村圏事務組合規約を別紙のと ┃
┃おり変更する。                                        ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┃提案理由                                           ┃
┃ 北部地域循環器系医療支援施設に係る起債額償還の為、北部広域市町村圏事務組合規約第12条の負担金┃
┃に関する規定を整備する必要があるので、規定整備し同規約の変更をする。             ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃            北部広域市町村圏事務組合規約の一部を変更する規約           ┃
┃                                               ┃
┃ 北部広域市町村圏事務組合規約(平成4年県指令総第731号)の一部を次のように変更する。     ┃
┃第12条に次の1項を加える。                                  ┃
┃                                               ┃
┃4 前2項の規定にかかわらず北部地域循環器系医療支援施設に係る起債償還相当額の負担金の負担割合┃
┃ は、次の表のとおりとし、人口割に用いる人口は最新の国勢調査人口とし、国保患者割、急患割に用い┃
┃ る国保患者数、急患数はそれぞれの最近の国勢調査の属する年度の国保患者数、急患数とする。ただ ┃
┃ し、患者は沖縄県保健医療計画(平成20年改定)に定める二次保健医療圏の北部医療圏内医療機関(以┃
┃ 下「圏内医療機関」という。)において受診した関係市町村を保険者とする国保加入者の循環器系疾患┃
┃ 患者とし、急患は圏内医療機関に救急搬送された循環器系疾患患者とする。            ┃
┃                                               ┃
┃  ┌─────────────┬─────────────┬─────────────┐  ┃
┃  │    人口割34%    │   国保患者割33%   │  救急患者搬送割33%  │  ┃
┃  ├──────┬──────┼──────┬──────┼──────┬──────┤  ┃
┃  │  人口割  │  均等割  │ 国保患者割 │  均等割  │  急患割  │  均等割  │  ┃
┃  ├──────┼──────┼──────┼──────┼──────┼──────┤  ┃
┃  │  70%  │   30% │    70%│    30%│    70%│    30%│  ┃
┃  └──────┴──────┴──────┴──────┴──────┴──────┘  ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この規約は、平成23年4月1日から施行する。                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上です。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) 1点だけ確認したいと思います。

 これは北部広域市町村圏でありますけれども、宜野座村は中部の医療機関も利用しております。本来ならば中部に属していると思います。それで中部広域市町村圏事務組合からの要望もこういうふうに来るのかどうか。ひとつ確認したいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 小渡議員にお答えいたします。

 この施設につきましては、北部広域市町村圏で事業が実施された関係上、補助金の残については起債した経緯がありますので、それに対する負担金ということでありますので、中部のほうでのそういう事業はございません。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第25号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第25号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第25号 北部広域市町村圏事務組合規約の変更についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第25号は、原案のとおり可決されました。



△日程第8.議案第26号 宜野座村立宜野座中学校校舎改築工事(特別教室棟)(建築)の請負改定契約についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第26号 宜野座村立宜野座中学校校舎改築工事(特別教室棟)(建築)の請負改定契約について御説明申し上げます。

 本案件は、宜野座中学校校舎改築事業に伴う建築工事の請負改定契約について議会の議決を求める案件でございます。

 詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 議案第26号について説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第26号                                          ┃
┃                                               ┃
┃    宜野座村立宜野座中学校校舎改築工事(特別教室棟)(建築)の請負改定契約について    ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第5号及び宜野座村議会の議決に付すべき契約及び財┃
┃産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求める。              ┃
┃                                               ┃
┃                       記                        ┃
┃                                               ┃
┃  1 契約の目的 : 宜野座村立宜野座中学校校舎改築工事(特別教室棟)(建築)       ┃
┃  2 契約金額  : (1)変更前契約金額   一金 245,175,000円             ┃
┃            うち取引に係る消費税   一金  11,675,000円             ┃
┃            及び地方消費税の額                          ┃
┃            (2)変更後契約金額   一金 250,516,350円             ┃
┃            うち取引に係る消費税   一金  11,929,350円             ┃
┃            及び地方消費税の額                          ┃
┃                                               ┃
┃  3 契約の相手方                                     ┃
┃    受 注 者 仲程土建(株)・(株)東成建設 建設工事共同企業体            ┃
┃    代 表 者 住  所 : 沖縄県宜野座村字惣慶1771番地の9              ┃
┃          名  称 : 仲程土建株式会社                      ┃
┃          氏  名 : 代表取締役 仲 程 俊 郎                 ┃
┃    構 成 員 住  所 : 沖縄県宜野座村字惣慶1771番地の9              ┃
┃          名  称 : 仲程土建株式会社                      ┃
┃          氏  名 : 代表取締役 仲 程 俊 郎                 ┃
┃    構 成 員 住  所 : 沖縄県宜野座村字惣慶1752番地                ┃
┃          名  称 : 株式会社 東成建設                     ┃
┃          氏  名 : 代表取締役 浜比嘉   太                 ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月9日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 この工事につきましては、平成22年11月2日付で議決いただきました宜野座中学校校舎改築工事でございます。今回、設計変更として体育館の渡り廊下取りつけ部分の変更、そして杭支持層の深さに対する杭長の変更、そして各教室掲示板の増設及び棚の増、そして併行防音工事、除湿、換気設備に伴う室外機設置箇所の形状変更が変更箇所でございます。細かい数量につきましては、別表の変更箇所対象表をつけてございますので、よろしくお願いいたしたいと思います。以上です。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第26号は、会議規則第39条第2項の規定によって委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第26号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第26号 宜野座村立宜野座中学校校舎改築工事(特別教室棟)(建築)の請負改定契約についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第26号は、原案のとおり可決されました。



△日程第9.報告第1号 平成23年度沖縄県町村土地開発公社事業計画書の報告について、当局の報告を求めます。

 仲間建設課長。



◎建設課長(仲間正哲) 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃報告第1号                                          ┃
┃                                               ┃
┃          平成23年度沖縄県町村土地開発公社事業計画書の報告について         ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第2項の規定により、別紙のとおり報告する。    ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 なお、この報告についての事業計画については本村では行っておりません。以上、報告とします。



○議長(多嘉山朝安) これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 以上で報告第1号の報告を終わります。



△日程第10.抗議決議第1号 ケビン・メア米国務省日本部長の発言に対する抗議決議(案)についてを議題とします。

 この抗議決議(案)につきましては、仲本 彰議員外1人から提出されております。提案者から提案理由の説明を求めます。

 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成23年3月10日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山 朝安 殿                                    ┃
┃                                               ┃
┃                           提出者 宜野座村議会議員 仲 本   彰┃
┃                           賛成者 宜野座村議会議員 伊 芸 朝 健┃
┃                                               ┃
┃          ケビン・メア米国務省日本部長の発言に対する抗議決議(案)         ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃抗議決議第1号                                        ┃
┃                                               ┃
┃         ケビン・メア米国務省日本部長の発言に対する抗議決議(案)          ┃
┃                                               ┃
┃ 本村議会は、ケビン・メア米国務省日本部長の発言「沖縄県民は、ゆすりとごまかしの名人で怠惰」ま┃
┃た、普天間飛行場は「特別に危険ではない」とする発言に対し憤りを禁じ得ない。2010年4月25日、普天┃
┃間飛行場の県外移設を求め開催された県民大会の民意への許しがたい挑戦でもある。占領意識丸出しの発┃
┃言は、戦後65年間、基地の重圧にさらされ、今なお過重な基地負担を強いられている沖縄県民を愚弄し、┃
┃侮辱するものであり容認、看過できない。                            ┃
┃ よって、本村議会は、メア米国務省日本部長の差別的な発言に対して抗議し、撤回及び謝罪、そして辞┃
┃任を強く要求する。                                      ┃
┃ 以上、決議する。                                      ┃
┃                                               ┃
┃                                      2011年3月10日  ┃
┃                                      沖縄県宜野座村議会┃
┃                                               ┃
┃あて先                                            ┃
┃ 米国務長官・駐日米国大使・米国務省日本部長・在沖米国総領事                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 議員各位の御賛同をお願いいたします。以上であります。よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) ただいま仲本 彰議員より提案理由の説明がありましたが、抗議決議(案)はお手元に配付したとおりであります。文案の朗読を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって文案の朗読を省略します。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 抗議決議第1号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって抗議決議第1号は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから抗議決議第1号 ケビン・メア米国務省日本部長の発言に対する抗議決議(案)について採決に入ります。

 この採決は起立によって行います。

 本案に賛成の方は起立願います。

    (起立全員)



○議長(多嘉山朝安) 「全員起立」であります。

 したがって本案は、原案のとおり可決することに決定しました。

 お諮りします。

 ただいま可決された抗議決議書については、関係機関へ送付したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 ただいま可決された抗議決議書については、送付することに決定しました。



△日程第11.諸般の報告を行います。

 休憩中に予算特別委員会が開催され、同特別委員会において委員長及び副委員長の互選が行われ、その結果の報告が議長にありましたので報告します。

 委員長に伊芸朝健議員、副委員長に當眞嗣則議員が互選された旨の報告がありました。

 これで諸般の報告を終わります。

 本日の日程は全部終了しました。

 これで散会いたします。(15時54分)