議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成23年第2回定例会 03月09日−02号




平成23年第2回定例会 − 03月09日−02号







平成23年第2回定例会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃              平成23年第2回宜野座村議会定例会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 23 年 3 月 8 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 散 の 日 時 │開 議│  平成23年3月9日 午前10時08分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │散 会│  平成23年3月9日 午前11時19分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  石 川 幹 也  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  安 富   繁  │ ○ │ 10 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃出 席   12 名 │ 3 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 11 │  島 袋   榮  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃欠 席   0 名 │ 5 │  伊 芸 朝 健  │ ○ │ 12 │  仲 本   彰  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃  凡   例   │ 6 │  當 眞   淳  │ ○ │ 13 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │   │          │   ┃
┃×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │   │          │   ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 12 │   仲 本   彰     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 1 │   石 川 幹 也     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事 務 局 長│  知 名 定 美                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │係     長│  山 内 慶 一                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │産業振興課長 │  津嘉山 博 文  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │副  村  長│  仲宗根   勲  │建 設 課 長│  仲 間 正 哲  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │上下水道課長 │  山 城 次 雄  ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  新 里 民 夫  │学校教育課長 │  平 田 嗣 義  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃により説明のため  │総 務 課 長│  島 田 忠 博  │社会教育課長 │  照 屋 忠 利  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │企 画 課 長│  仲 程   正  │       │          ┃
┃出席した者の職氏名 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │村民生活課長 │  山 川 清 八  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │健康福祉課長 │  末 石 森 春  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃          │事 務 局 長│          │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃会 議 の 経 過 │別 紙 の と お り                          ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





        平成23年第2回宜野座村議会定例会議事日程(第2号)

                                         平成23年3月9日
                                         開 議 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │議案第12号   │宜野座村立公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例につい┃
┃    │        │て                                ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │議案第13号   │宜野座村老人レクリエーションセンターの設置及び管理に関する条例の一┃
┃    │        │部を改正する条例について                     ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  3  │議案第14号   │宜野座村カヌー艇庫等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例┃
┃    │        │について                             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  4  │議案第15号   │宜野座村パインアップル基金の設置、管理及び処分に関する条例の制定に┃
┃    │        │ついて                              ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │       (上程・説明・質疑・質疑後委員会付託)       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  5  │議案第16号   │宜野座村景観むらづくり条例の制定について             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │       (上程・説明・質疑・質疑後委員会付託)       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  6  │議案第17号   │宜野座村廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関する条例の制定について┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │       (上程・説明・質疑・質疑後委員会付託)       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │宜野座村地上デジタル放送送受信施設の設置及び管理に関する条例の制定┃
┃  7  │議案第18号   │について                             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │       (上程・説明・質疑・質疑後委員会付託)       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) これから本日の会議を開きます。(10時08分)



△日程第1.議案第12号 宜野座村立公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第12号 宜野座村立公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 本案件は、防衛施設周辺民生安定施設整備事業により、平成23年2月に完成しました宜野座村立古島公園を追加する案件でございます。

 条例の改正内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第12号を説明したいと思います。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第12号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             宜野座村立公園の設置及び管理に関する条例の一部を          ┃
┃             改正する条例について                        ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村立公園の設置及び管理に関する条例の一部を次のように改正したいので議会の議決を求める。┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┃        宜野座村立公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例         ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村立公園の設置及び管理に関する条例(昭和61年条例第13号)の一部を次のように改正する。 ┃
┃                                               ┃
┃ 別表中                                           ┃
┃ 「                                             ┃
┃  ┌───────────────┬────────────────┬─────┐     ┃
┃  │宜野座村立漢那農村公園    │宜野座村字漢那848-1       │漢那区  │     ┃
┃  └───────────────┴────────────────┴─────┘     ┃
┃                                          」を   ┃
┃                                               ┃
┃ 「                                             ┃
┃  ┌───────────────┬────────────────┬─────┐     ┃
┃  │宜野座村立漢那農村公園    │宜野座村字漢那848-1       │漢那区  │     ┃
┃  ├───────────────┼────────────────┼─────┤     ┃
┃  │宜野座村立古島公園      │宜野座村字宜野座13       │宜野座区 │     ┃
┃  └───────────────┴────────────────┴─────┘     ┃
┃                                          」に   ┃
┃改める。                                           ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この条例は、公布の日から施行する。                             ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 今回、事業で整備いたしました宜野座村立の古島公園を追加する条例でございます。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第12号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第12号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第12号 宜野座村立公園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第12号は、原案のとおり可決されました。



△日程第2.議案第13号 宜野座村老人レクリエーションセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第13号 宜野座村老人レクリエーションセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 本案件は、平成22年度特定防衛施設周辺整備調整交付金事業により整備しました福山老人福祉施設(福山コミュニティー館)を追加する改正案件でございます。

 条例の改正内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第13号を御説明申し上げます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第13号                                          ┃
┃                                               ┃
┃            宜野座村老人レクリエーションセンターの設置及び管理に         ┃
┃            関する条例の一部を改正する条例について                ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村老人レクリエーションセンターの設置及び管理に関する条例の一部を次のように改正したいの┃
┃で議会の議決を求める。                                    ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┃            宜野座村老人レクリエーションセンターの設置及び管理に         ┃
┃            関する条例の一部を改正する条例                    ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村立老人レクリエーションセンターの設置及び管理に関する条例(平成4年条例第7号)の一部┃
┃次のように改正する。                                     ┃
┃                                               ┃
┃ 別表中                                           ┃
┃ 「                                             ┃
┃  ┌───────────────┬────────────────┬─────┐     ┃
┃  │城原区ゲートボール場     │宜野座村字漢那2276番地の3   │城原区  │     ┃
┃  └───────────────┴────────────────┴─────┘     ┃
┃                                          」を   ┃
┃                                               ┃
┃ 「                                             ┃
┃  ┌───────────────┬────────────────┬─────┐     ┃
┃  │城原区ゲートボール場     │宜野座村字漢那2276番地の3   │城原区  │     ┃
┃  ├───────────────┼────────────────┼─────┤     ┃
┃  │福山コミュニティー館     │宜野座村字惣慶2046番地の262   │福山区  │     ┃
┃  └───────────────┴────────────────┴─────┘     ┃
┃                                          」に   ┃
┃改める。                                           ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この条例は、平成23年4月1日から施行する。                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 今回の条例の追加につきましては、福山コミュニティー館の追加をする条例でございます。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 今、この福山コミュニティー館はまだ工事中だと思うんですけれども、こういった条例の場合に工事途中の段階でのこういった提案というのは可能なのか、そのあたりをちょっと教えていただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 當眞 淳議員にお答えします。

 この工事については、福祉施設建設工事ということで発注しておりますが、3月25日完成の予定であります。施行を4月1日ということにしています。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 施行が4月1日からなのでいいのかなという気がしないでもないんですけれども、工期内の完成をよろしくお願いしたいと思います。以上です。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第13号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第13号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第13号 宜野座村老人レクリエーションセンターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第13号は、原案のとおり可決されました。



△日程第3.議案第14号 宜野座村カヌー艇庫等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第14号 宜野座村カヌー艇庫等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例について御説明申し上げます。

 本案件は、カヌー備品倉庫の完成により、当該施設を条例に追加する案件でございます。

 条例の改正内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) では議案第14号について説明させていただきます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第14号                                          ┃
┃                                               ┃
┃          宜野座村カヌー艇庫等の設置及び管理に関する条例の一部を          ┃
┃          改正する条例について                           ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村カヌー艇庫等の設置及び管理に関する条例の一部を次のように改正したいので議会の議決を求┃
┃める。                                            ┃
┃                                               ┃
┃平成23年3月8日提出                                     ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┃        宜野座村カヌー艇庫等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例      ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村カヌー艇庫等の設置及び管理に関する条例(平成22年条例第15号)の一部を次のように改正す┃
┃る。                                             ┃
┃                                               ┃
┃ 第3条中                                          ┃
┃ 「                                             ┃
┃  ┌────────────┬───────────────────┐           ┃
┃  │     名称     │         位置         │           ┃
┃  ├────────────┼───────────────────┤           ┃
┃  │宜野座村カヌー艇庫   │宜野座村字漢那2478番地の32      │           ┃
┃  ├────────────┼───────────────────┤           ┃
┃  │展望台         │       〃           │           ┃
┃  └────────────┴───────────────────┘           ┃
┃                                    」を         ┃
┃                                               ┃
┃ 「                                             ┃
┃  ┌────────────┬───────────────────┐           ┃
┃  │     名称     │         位置         │           ┃
┃  ├────────────┼───────────────────┤           ┃
┃  │宜野座村カヌー艇庫   │宜野座村字漢那2478番地の32      │           ┃
┃  ├────────────┼───────────────────┤           ┃
┃  │展望台         │       〃           │           ┃
┃  ├────────────┼───────────────────┤           ┃
┃  │カヌー備品倉庫     │       〃           │           ┃
┃  └────────────┴───────────────────┘           ┃
┃                                    」に         ┃
┃改める。                                           ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この条例は、平成23年4月1日から施行する。                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 条例の内容については特に異論はないんですけれども、ちょっと確認だけです。このカヌーの管理状況、また利用状況、今後の見通しとか、関連ですけれども、そのあたりを教えていただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 管理状況といいますと、今カヌー艇庫に保管しているわけですが、利用状況については、日韓の合同合宿とか大学生の合宿等に使われております。これは今の状況であります。管理については、企画課のほうで現在管理中であります。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 日韓のものとか大学の話は今年度話を伺っておりますけれども、次年度以降の予定も入っているのか、そのあたりまで教えていただければ幸いです。お願いします。



○議長(多嘉山朝安) 照屋社会教育課長。



◎社会教育課長(照屋忠利) 當眞 淳議員にお答えします。

 今年、日本体育大の合宿をやっておりますけれども、また次年度もお願いしますということはありました。それと平成24年度に九州地区の国体予選でここを利用したいということで、今、文書で来ております。



○議長(多嘉山朝安) 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) 確認だけしたいと思います。

 私はいつもウォーキングでここを通るんですけれども、カヌー艇庫の看板は出ておりますけれども、カヌー備品倉庫というのは外づけではないですよね、中につくっているんですよね。その辺を確認したいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 仲本 彰議員にお答えします。

 カヌー備品倉庫というのはカヌー艇庫の右隣に現在設置しております。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 2点ほどお伺いします。

 この条例の6条に、施設の維持管理に要する経費は指定管理の負担とあるんですけれども、将来指定管理の考え方もあるのか、どういう方々に指定管理をするのかということをお伺いしたいと思います。

 それと先ほどもありましたように、韓国のナショナルチームや日本インターナショナルチームが合宿をこれまで3年か4年ほど行われていると思うんですけれども、村として、今回は高校総体もあった関係で、ひとつピーアールの意味でこういう方々が合宿される場合にはセレモニーとか、あるいは横断幕とか、そういう歓迎の何かがあるのかお伺いしたいと思っています。これは受け入れる側ではなくて、宜野座村との交流の意味合いでこれをぜひやっていただきたいと思っておりますが、この2点についてお伺いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) 伊芸朝健議員にお答えします。

 指定管理については、この本条例を設置するときに指定管理を検討しておりますという返答をしておりますが、現在、まだ組織的にどこに指定管理をするのか、またどういう方法でやるのかはまだ検討中であります。以上です。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 伊芸朝健議員にお答えいたします。

 これまで日韓の合同合宿についてはやっておりますが、特別に歓迎のセレモニーとか看板設置とかはやっておりません。ただ、そこの皆さんの歓迎を表して、そこでの交流会といいますか、それは副村長、あるいは役場の関係者あたり、あるいはまた観光振興協議会の皆さんが行って交流をやっております。今後将来に向けては、村の機構改革をしながら観光とそういうスポーツの交流、あるいは体協も含めた形でひとついろいろと事業がスムーズにいけるような体制を考えていきたいと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 村長も前向きに考えているようですので、高校総体で宜野座はカヌーが大分メディアを通して宣伝されております。高校総体を継続の意味で全県に今注目を浴びているカヌーのメッカとして宜野座村もこの中に入っております。我々の聞く範囲で大変立地条件がいいと、大変評判もいいので、この辺を行政として今後取り組んでいただきたい。よろしくお願いしたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第14号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第14号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第14号 宜野座村カヌー艇庫等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第14号は、原案のとおり可決されました。



△日程第4.議案第15号 宜野座村パインアップル基金の設置、管理及び処分に関する条例の制定についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第15号 宜野座村パインアップル基金の設置、管理及び処分に関する条例の制定について御説明申し上げます。

 本案件は、平成20年度地域活性化生活対策交付金事業により進めてまいりました宜野座村パインアップル加工施設の設置に伴い、生産農家の経営安定とパインアップルの振興等を図るため基金条例を制定する案件でございます。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 津嘉山産業振興課長。



◎産業振興課長(津嘉山博文) それでは議案第15号について御説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第15号                                          ┃
┃                                               ┃
┃           宜野座村パインアップル基金の設置、管理及び処分に関する         ┃
┃           条例の制定について                           ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村パインアップル基金の設置、管理及び処分に関する条例を別紙のように制定したいので議会議┃
┃決を求める。                                         ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃         宜野座村パインアップル基金の設置、管理及び処分に関する条例          ┃
┃                                               ┃
┃ (設置)                                          ┃
┃第1条 この条例は、宜野座村パインアップル加工施設の設置に伴い、生産農家の経営安定並びに生産振┃
┃ 興等に必要な基金を積み立てるため、宜野座村パインアップル基金(以下「基金」という。)を設置す┃
┃ る。                                            ┃
┃ (積立)                                          ┃
┃第2条 基金として積み立てる額は、毎会計年度一般会計歳入歳出予算(以下「予算」という。)で定め┃
┃ る額とする。                                        ┃
┃ (管理)                                          ┃
┃第3条 基金に属する現金は、金融機関への預金その他最も確実かつ有利な方法により保管しなければな┃
┃ らない。                                          ┃
┃ (運用益の処理)                                      ┃
┃第4条 基金の運用から生ずる収益は予算に計上してこの基金に編入するものとする。        ┃
┃ (繰替運用)                                        ┃
┃第5条 村長は、財政上必要があると認めるときは、確実な繰り戻しの方法、期間及び利率を定めて基金┃
┃ に属する現金を歳計現金に繰り替えて運用することができる。                  ┃
┃ (処分)                                          ┃
┃第6条 この基金は、宜野座村パインアップル加工施設運営協議会が行う営農指導並びに村のパインアッ┃
┃ プル振興等の財源に充てる場合に限り、予算の定めるところにより、基金の一部又は全部を処分するこ┃
┃ とができる。                                        ┃
┃ (委任)                                          ┃
┃第7条 この条例に定めるもののほか、基金の管理に関し必要な事項は、村長が別に定める。     ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この条例は、公布の日から施行する。                             ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 私の見解でありますけれども、2条に、定める額とありますけれども、これは基金として積み立てる額、目標額、これは設定しないのか。

 4条で、これは予算とあるんですけれども、もし決算があるなら、この条例の文面では収益金は予算とありますけれども、これはもし一般会計に歳入歳出でするのであれば、収益金は一般会計歳入歳出予算に計上するという文面が好ましいんじゃないかなと思います。

 7条に、別に定めるとありますけれども、これは明文化されているのか、別に定められた文書があるのかどうか。この3点についてお伺いします。



○議長(多嘉山朝安) 津嘉山産業振興課長。



◎産業振興課長(津嘉山博文) 伊芸朝健議員の3点についてお答えをいたします。

 基金として積み立てる額でございますが、当然、毎会計年度、会計の歳入歳出予算の中で積み立てる予定でございます。額については現在試算をしておりまして、新年度の補正でもって計上していきたいと考えております。

 第4条の収益は当然、毎年度の予算に計上してこの基金に編入するということで、この表現で特に問題はないと考えております。

 それからこの条例のほかに取り決めの文面があるかということにつきましてですが、内容につきましては、当然指定管理者と、それから村の間で取り決めている細かい事項がありまして、その中に価格とか、いろんな約束事を明記しております。宜野座村パインアップル加工施設等に関する覚書を指定管理者と締結している文面がございます。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 委員会付託されると思いますので、ちょっと確認だけです。

 6条の中で、村のパインアップル加工施設運営協議会という名称が出てきます。これについては今年度の予算、6月に行われました1号補正で補正されたましたけれども、また5号補正で全額減額ということになっていますが、この組織の中身というか、この条例からいくと営農指導を行うような内容になっておりますけれども、その協議会の中で営農指導とかを行えるような体制づくりがされているのか、次年度の予算に上がってくるとは思いますけれども、その文言がちょっと気になるものですから、ちょっとそのあたりを教えていただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 津嘉山産業振興課長。



◎産業振興課長(津嘉山博文) 第6条についてでございます。その前に補正で計上して結局はカットしましたけれども、そのいきさつというのを指定管理をいたしまして、その後、機械の不具合が生じまして、その整備に時間がかかりまして、協議会をスタートさせるに至らなかったということで予算を執行することができませんでした。その第6条の営農指導ができるかということですけれども、これは農家に対する営農指導という意味合いのものではなくて、もっと大きな、指定管理者も含めた範囲での営農指導ということで明記している次第でございます。十分な表現かということを言われれば、はっきり大丈夫だということには言えないかもしれません。でも大丈夫ではないか、これで何とか広い意味で解釈すれば通用するのではないかと思っております。



○議長(多嘉山朝安) 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) この議案については、委員会付託される予定になっておりますので、もしその文言、表現等が、私はちょっとおかしいんじゃないかと思っております。それについてもし修正とかがあるようでしたらお願いしたいと、今の表現ではちょっと不適切じゃないかと思っております。また委員会の中で質疑していきたいと思いますのでよろしくお願いします。以上です。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第15号については、予算特別委員会に付託して審査することにしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第15号については、予算特別委員会に付託し審査することに決定しました。



△日程第5.議案第16号 宜野座村景観むらづくり条例の制定についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第16号 宜野座村景観むらづくり条例の制定について御説明申し上げます。

 本案件は、宜野座村景観むらづくり計画に伴い、条例を制定する案件でございます。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 仲程企画課長。



◎企画課長(仲程正) では議案第16号について説明させていただきます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第16号                                          ┃
┃                                               ┃
┃              宜野座村景観むらづくり条例の制定について             ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村景観むらづくり条例を別紙のように制定したいので議会の議決を求める。         ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃                 宜野座村景観むらづくり条例                 ┃
┃                                               ┃
┃目 次                                            ┃
┃ 第1章 総則(第1条〜第6条)                               ┃
┃ 第2章 景観むらづくり計画及びこれに基づく措置(第7条〜第12条)              ┃
┃ 第3章 景観計画区域内における行為の届出等(第13条〜第20条)                ┃
┃ 第4章 景観まちづくり活動及び支援(第21条〜第26条)                    ┃
┃ 第5章 景観協議会等(第27条〜第30条)                           ┃
┃ 附 則                                           ┃
┃                                               ┃
┃   第1章 総則                                      ┃
┃ (目的)                                          ┃
┃第1条 この条例は、本村の良好な景観の形成に関する基本的な事項及び景観法(平成16年法律第110  ┃
┃ 号。以下「法」という。)の施行に関し必要な事項を定めることにより、本村の自然、歴史、文化等 ┃
┃ 活かし、心豊かな地域の美しい風景を守り・育て・創造する総合的なむらづくり(以下「景観むらづ ┃
┃ り」という。)の推進を図ることを目的とする。                        ┃
┃ (定義)                                          ┃
┃第2条 この条例における用語の意義は、法及び景観法施行令(平成16年政令第398号)の例によるほ  ┃
┃ か、次に定めるところによる。                                ┃
┃(1) 建築物 建築基準法(昭和25年法律第201号)第2条第1号に規定する建築物をいう。     ┃
┃(2) 工作物 土地又は建築物に定着し、又は継続して設置されるもののうち前号に掲げる以外のもの┃
┃   で規則に定めるものをいう。                               ┃
┃(3) 広告物 屋外広告物法(昭和24年法律第189号)第2条第1項に規定する屋外広告物をいう。  ┃
┃(4) 村民 村内に住所を有する者及び村内の土地又は建築物等に関して所有権、賃借権等の権利を有┃
┃   する者及び村内に通勤し、又は通学する者をいう。                     ┃
┃(5) 事業者 第1号に掲げるものの新築、増築、改築その他これらに類する行為を行う者及び土地の┃
┃   形質の変更を行う者並びにこれらの行為に係る設計を行う者をいう。             ┃
┃ (基本理念)                                        ┃
┃第3条 村民、事業者及び村は、本村の自然環境を基調とした美しい景観を村民共通のかけがえのない資┃
┃ 産として未来に引き継ぐため、地域に対する愛着心を育み、地域固有の資源は地域の活性化に資するこ┃
┃ とを認識するとともに、景観むらづくりの担い手となる村民一人ひとりが主役となって地域の価値を高┃
┃ め、村民、事業者及び村等との連携による協働のむらづくりを推進しなければならない。      ┃
┃ (村の債務)                                        ┃
┃第4条 村は、景観むらづくりに関する基本的かつ総合的な施策を策定し、これを実施しなければならな┃
┃ い。                                            ┃
┃2 村は、前項の施策の策定及び実施にあたっては、村民及び事業者等の意見が十分に反映されるよう努┃
┃ めなければならない。                                    ┃
┃3 村は、村民、事業者等の景観むらづくりに関する意識を高めるとともに、景観むらづくりに関する情┃
┃ 報の提供、その他支援に努めなければならない。                        ┃
┃ (村民の責務)                                       ┃
┃第5条 村民は、自らが景観むらづくりの主たる担い手であることを認識し、主体的に地域の景観むらづ┃
┃ くりに努めなければならない。                                ┃
┃2 村民は、この条例の目的を達成するため、事業者及び村との協働による景観むらづくりに努めなけれ┃
┃ ばならない。                                        ┃
┃ (事業者の責務)                                      ┃
┃第6条 事業者は、自らの業務が景観むらづくりに影響を与えるものであることを認識し、事業活動の実┃
┃ 施にあたっては、積極的に景観むらづくりに努めなければならない。               ┃
┃2 事業者等は、この条例の目的を達成するため、村民及び村との協働による景観むらづくりの施策に協┃
┃ 力しなければならない。                                   ┃
┃                                               ┃
┃  第2章 景観むらづくり計画及びこれに基づく措置                      ┃
┃ (計画の策定)                                       ┃
┃第7条 村長は、法第8条第1項の規定に基づき、景観むらづくりを総合的かつ計画的に推進するため、┃
┃ 宜野座村景観むらづくり計画(以下「景観むらづくり計画」という。)を定めることができる。   ┃
┃ (計画検討にあたっての村民参画)                              ┃
┃第8条 村長は、景観むらづくり計画を検討するにあたっては、幅広い村民の参画を得るよう配慮するも┃
┃ のとする。                                         ┃
┃ (計画策定の手続)                                     ┃
┃第9条 村長は、景観むらづくり計画を定めようとするときは、法第9条に定める手続によるほか、宜野┃
┃ 座村総合開発審議会条例(昭和50年条例第20号)に規定する審議会の意見を聴かなければならない。 ┃
┃2 前項の規定は、景観むらづくり計画の変更について準用する。ただし、軽微な変更については、適用┃
┃ しない。                                          ┃
┃ (村民等による計画の提案)                                 ┃
┃第10条 法第11条第1項の規定により、法第8条第1項に規定する土地の区域のうち、一体として良好な┃
┃ 景観を形成すべき土地の区域としてふさわしい一団の土地の区域であって、0.5ヘクタール以上のもの ┃
┃ について、当該土地の所有権又は建物の所有を目的とする対抗要件を備えた地上権若しくは賃借権(臨┃
┃ 時設備その他一時使用のために設定されたことが明らかなものを除く。)を有する者(以下「提案者 ┃
┃ 等」という。)は1人で、又は数人が共同して、村長に対し、景観計画の策定又は変更を提案できるも┃
┃ のとする。この場合において、提案する団体等は当該区域の景観計画提案にかかる素案を添えなければ┃
┃ ならない。                                         ┃
┃2 法第11条第2項の規定により、景観むらづくりの推進を図る活動を行うことを目的とする特定非営利┃
┃ 活動促進法(平成10年法律第7号)第2条第2項の特定非営利活動法人及び一般社団法人若しくは一般┃
┃ 財団法人は、村長に対し、景観計画の策定又は変更を提案できるものとする。           ┃
┃3 前2項の規定による提案(以下「計画提案」という。)は、法第11条第3項の規定に定めるところに┃
┃ より行うものとする。                                    ┃
┃ (準景観地区の指定)                                    ┃
┃第11条 村長は、景観むらづくり計画が定められている区域のうち、特に重要な区域について、その景観┃
┃ の保全を図るため、法第74条の準景観地区を指定することができる。               ┃
┃2 村長は、法第74条の規定により準景観地区の指定をしようとするときは、宜野座村総合開発審議会の┃
┃ 意見を聴かなければならない。                                ┃
┃ (国等に対する協力の要請)                                 ┃
┃第12条 村長は、国、県等が実施する公共事業又は公共施設の建設について、村と共通の理念と目標を ┃
┃ 持って景観むらづくりを進めていくよう協力を要請することができる。              ┃
┃                                               ┃
┃  第3章 景観計画区域内における行為の届出等                        ┃
┃ (景観むらづくり計画への適合)                               ┃
┃第13条 景観計画区域内において、法第16条第1項第1号から第3号に掲げる行為を行おうとする者は、┃
┃ 周辺の環境に十分配慮するとともに、当該行為を景観むらづくり計画に適合させるよう努めなければな┃
┃ らない。ただし、村長が公益上必要なもので、用途上又は構造上やむを得ないと認めるものについて ┃
┃ は、この限りではない。                                   ┃
┃ (届出を要する行為)                                    ┃
┃第14条 法第16条第1項各号の行為をしようとする者は、規則で定めるところにより村長に届け出なけれ┃
┃ ばならない。                                        ┃
┃2 法第16条第1項第4号の条例で定める行為は、次に掲げるとおりとする。            ┃
┃(1) 土地の開墾、土石の採取、鉱物の掘採その他の土地の形質の変更で、当該行為にかかる土地の面┃
┃   積が、500平方メートル以上の場合                             ┃
┃(2) 屋外における物件の集積又は貯蔵で、その集積又は貯蔵の高さが5メートルを超えるもの、又は┃
┃   その用に供される土地の面積が500平方メートル以上の場合                  ┃
┃ (届出を要しない場合)                                   ┃
┃第15条 法第16条第7項第11号の条例で定める行為は、次のとおりとする。             ┃
┃(1) 法第16条第1項第1号から第3号の届出を要する行為で、別表第1で定めるもの       ┃
┃(2) 仮設の建築物の新築、増築、改築、移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色┃
┃   彩の変更                                        ┃
┃(3) 別表第1に掲げる行為のほか、景観計画区域における良好な景観の形成に支障を及ぼすおそれが┃
┃   ないと村長が認めるもの                                 ┃
┃ (特定届出対象行為)                                    ┃
┃第16条 法第17条第1項に規定する条例で定める行為は、法第16条第1項第1号又は同項第2号の届出を┃
┃ 要する行為とする。                                     ┃
┃ (事前協議)                                        ┃
┃第17条 景観計画区域内において、法第16条第1項第1号から第3号に掲げる行為をしようとする者は、┃
┃ 規則で定めるところにより、当該行為の計画について、村長と協議しなければならない。      ┃
┃ (助言及び指導)                                      ┃
┃第18条 村長は、法第16条第1項又は第2項の規定による届出があった場合において、その届出に係る行┃
┃ 為が景観計画に定められた当該行為についての制限に適合しないと認めるときは、その届出をした者に┃
┃ 対し、その届出に係る行為に関し必要な措置を講ずるよう助言又は指導することができる。     ┃
┃ (勧告、命令の手続き)                                   ┃
┃第19条 村長は、前条に規定する助言又は指導に従わない届出をした者に対し、法第16条第3項又は法第┃
┃ 17条第1項若しくは第5項の規定に基づき、勧告又は命令をすることができる。          ┃
┃3 村長は、助言、指導、勧告又は命令を行おうとするときは、景観むらづくりアドバイザー又は総合開┃
┃ 発審議会の意見を聴くことができる。                             ┃
┃ (景観重要建造物等の指定及び解除)                             ┃
┃第20条 村長は、法第19条第1項の規定による景観重要建造物、法第28条第1項の規定による景観重要樹┃
┃ 木となるものを指定することができる。                            ┃
┃2 村長は、景観重要建造物及び景観重要樹木を指定しようとするときは、景観むらづくりアドバイザー┃
┃ 又は総合開発審議会の意見を聴かなければならない。                      ┃
┃3 前項の規定は、法第27条第2項の規定による景観重要建造物の指定の解除又は法第35条第2項の規定┃
┃ による景観重要樹木の指定の解除について準用する。                      ┃
┃                                               ┃
┃  第4章 景観まちづくり活動及び支援                            ┃
┃ (景観協定の締結)                                     ┃
┃第21条 景観計画区域内の一団の土地(公共施設の用に供する土地その他の政令定める土地を除く。)の┃
┃ 所有者及び借地権を有する者は、当該区域の景観むらづくりを推進するための景観協定(法第81条に規┃
┃ 定する景観協定をいう。)を締結することができる。                      ┃
┃ (景観協定の認可等)                                    ┃
┃第22条 前条の規定により景観協定を締結した者は、規則で定める事項を記載した景観協定書を作成し、┃
┃ 規則で定めるところにより、これを村長に提出し、認可を求めることができる。          ┃
┃2 村長は、前項に規定する景観協定書の提出があったときは、その内容を審査し、当該協定の内容が景┃
┃ 観形成に寄与し、かつ、規則で定める要件に該当するものであると認めるときは、法第83条第1項の規┃
┃ 定により、これを認可しなければならない。                          ┃
┃3 村長は、前項の規定により景観協定を認可したときは、法第83条第3項の規定により、公告し、縦覧┃
┃ に供さなければならない。                                  ┃
┃4 景観協定を締結した者は、当該景観協定において定めた事項を変更しようとするとき又は当該景観協┃
┃ 定を廃止しようとするときは、その旨を村長に届け出て、認可を受けなければならない。      ┃
┃5 村長は、前項の規定による廃止の届出を認可したときは、法第88条第2項の規定により、その旨を公┃
┃ 告しなければならない。                                   ┃
┃6 村長は、景観協定の認可、認可の変更、廃止する場合において、必要があると認めるときは、景観む┃
┃ らづくりアドバイザー又は総合開発審議会の意見を聴くことができる。              ┃
┃ (景観協定への配慮の要請)                                 ┃
┃第23条 村長及び第22条第2項の規定により景観協定を締結した土地所有者等は、当該協定の対象となる┃
┃ 区域内において、当該協定に定める協定事項に係る基準に適合しない行為を行おうとする土地所有者等┃
┃ に対し、当該協定に定める協定事項に係る基準に配慮するよう要請することができる。       ┃
┃ (景観むらづくり活動団体の認定等)                             ┃
┃第24条 村長は、一定の区域における固有の良好な景観の形成を推進することを目的として組織された村┃
┃ 民等による活動団体で、規則で定める設立目的及び要件を満たすものを、景観むらづくり活動団体とし┃
┃ て認定することができる。                                  ┃
┃2 前項の規定による認定を受けようとする活動団体は、規則で定めるところにより、村長に申請しなけ┃
┃ ればならない。                                       ┃
┃3 村長は、第1項の規定により認定した景観むらづくり活動団体が、規則で定めるところに該当しなく┃
┃ なったと認めるとき又は景観むらづくり活動団体として適当でなくなったと認めるときは、その認定を┃
┃ 取り消すものとする。                                    ┃
┃4 村長は、第1項の規定により認定したとき又は前項の規定により認定を取り消したときは、その旨を┃
┃ 公告するものとする。                                    ┃
┃ (景観むらづくり活動団体に対する支援)                           ┃
┃第25条 村長は、景観むらづくり活動団体が行う活動を支援するため、情報の提供その他の必要な措置を┃
┃ 講ずるものとする。                                     ┃
┃ (表彰及び支援)                                      ┃
┃第26条 村長は、良好な景観の形成に寄与すると認められる建築物等その他のものについて、その所有 ┃
┃ 者、事業者等を表彰することができる。                            ┃
┃2 村長は、前項の規定による表彰をした場合は、その旨を公表し、広く周知を図るよう努めるものとす┃
┃ る。                                            ┃
┃3 村長は、積極的に景観形成に努めようとする個人、団体又は地域に対し、規則で定めるところにより┃
┃ 必要な技術的支援を行い、又は予算の範囲内において当該活動に要する経費の一部を助成することがで┃
┃ きる。                                           ┃
┃                                               ┃
┃  第5章 景観協議会等                                   ┃
┃ (宜野座村景観むらづくり村民会議の設置)                          ┃
┃第27条 村長は、景観むらづくりに関する幅広い意見を聴くため、村民、事業者、その他関係する団体の┃
┃ 代表者等による宜野座村景観むらづくり村民会議を置くことができる。              ┃
┃ (景観むらづくりアドバイザーの認定)                            ┃
┃第28条 村長は、景観むらづくりに関する調整事項について、技術的指導、助言等を行う者として、景観┃
┃ むらづくりアドバイザーを置くことができる。                         ┃
┃ (景観協議会の設置)                                    ┃
┃第29条 村長は、良好な景観形成に必要と認めるときは、法第15条第1項の規定により、景観協議会を置┃
┃ くことができる。                                      ┃
┃ (規則への委任)                                      ┃
┃第30条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。     ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この条例は、平成23年10月1日から施行する。                         ┃
┃                                               ┃
┃別表第1(第15条関係)                                    ┃
┃  ┌─────────────────────┬──────────────────┐   ┃
┃  │         行 為         │        規 模        │   ┃
┃  ├─────────────────────┼──────────────────┤   ┃
┃  │建築物の新築、増築、改築若しくは移転   │高さ(増築にあっては、増築後の高さ)│   ┃
┃  │(法第16条第1項第1号関係)       │が8メートル以下のもの又は建築面積 │   ┃
┃  │                     │(増築にあっては、増築後の建築面積)│   ┃
┃  │                     │が500平方メートル以下のもの     │   ┃
┃  ├─────────────────────┼──────────────────┤   ┃
┃  │建築物の外観を変更することとなる修繕若しく│高さ(増築にあっては、増築後の高さ)│   ┃
┃  │は模様替又は色彩の変更          │が5メートル以下のもの又は建築面積 │   ┃
┃  │(法第16条第1項第1号関係)       │(増築にあっては、増築後の建築面積)│   ┃
┃  │                     │が200平方メートル以下のもの及びこれ │   ┃
┃  │                     │らの行為による当該建築物の外観の変更│   ┃
┃  │                     │の範囲が10平方メートル以下であるもの│   ┃
┃  ├───────┬─────────────┼──────────────────┤   ┃
┃  │工作物の新設、│擁壁、垣(生け垣を除く)、│高さが3メートル以下のもの     │   ┃
┃  │増築、改築若し│柵、塀その他これらに類する│                  │   ┃
┃  │くは移転、外観│もの           │                  │   ┃
┃  │を変更すること├─────────────┼──────────────────┤   ┃
┃  │となる修繕若し│彫像、記念碑、煙突、排気 │高さが10メートル以下のもの     │   ┃
┃  │くは模様替又は│塔、鉄筋コンクリート造の │(当該工作物が建築物と一体となって設│   ┃
┃  │色彩の変更(法│柱、金属製の柱、電波塔、物│置される場合にあっては、当該工作物の│   ┃
┃  │(第16条第1項│見等、装飾塔、記念塔、広告│高さ5メートル以下、かつ、地盤面から│   ┃
┃  │第2号関係) │塔、高架水槽、冷却塔、観覧│当該工作物の上端までの高さ10メートル│   ┃
┃  │       │車、飛行塔、コースター、 │以下)               │   ┃
┃  │       │ウォーターシュート、メリー│                  │   ┃
┃  │       │ゴーランド、コンクリートプ│                  │   ┃
┃  │       │ラント、アスファルトプラン│                  │   ┃
┃  │       │ト、クラッシャープラント、│                  │   ┃
┃  │       │自動車車庫の用に供する立体│                  │   ┃
┃  │       │的な施設、石油、ガス、液化│                  │   ┃
┃  │       │石油ガス、穀物、飼料等を貯│                  │   ┃
┃  │       │蔵又は処理する施設、汚水処│                  │   ┃
┃  │       │理施設、汚物処理施設、ごみ│                  │   ┃
┃  │       │処理施設、墳墓その他これら│                  │   ┃
┃  │       │に類するもの       │                  │   ┃
┃  │       ├─────────────┼──────────────────┤   ┃
┃  │       │電気供給又は有線電気通信の│高さが20メートル以下        │   ┃
┃  │       │ための電線路、空中線(その│(電線路又は空中線の支持物が建築物と│   ┃
┃  │       │支持物を含む。)その他これ│一体となって設置される場合にあって │   ┃
┃  │       │らに類するもの      │は、当該支持物の高さ15メートル、か │   ┃
┃  │       │             │つ、地盤面から当該支持物の上端までの│   ┃
┃  │       │             │高さ20メートル)          │   ┃
┃  ├───────┴─────────────┼──────────────────┤   ┃
┃  │開発行為                 │土地の面積が500平方メートル以下のも │   ┃
┃  │(法第16条第1項第3号関係)       │の                 │   ┃
┃  │土地の形質の変更             │                  │   ┃
┃  │木竹の植栽又は伐採            │                  │   ┃
┃  ├─────────────────────┼──────────────────┤   ┃
┃  │屋外における物件の堆積          │堆積の高さが5メートル以下のもの又は│   ┃
┃  │                     │その用途に供される土地の面積が500平 │   ┃
┃  │                     │方メートル以下のもの        │   ┃
┃  └─────────────────────┴──────────────────┘   ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (10時44分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (11時03分)

 質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第16号については、予算特別委員会に付託して審査することにしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第16号については、予算特別委員会に付託し審査することに決定しました。



△日程第6.議案第17号 宜野座村廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関する条例の制定についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第17号 宜野座村廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関する条例の制定について御説明申し上げます。

 本案件は、宜野座村廃棄物の排出を抑制し、再生品の使用推進と適正処理を促進するための条例を制定する案件でございます。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 山川村民生活課長。



◎村民生活課長(山川清八) 議案第17号 宜野座村廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関する条例の制定についての内容について御説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第17号                                          ┃
┃                                               ┃
┃           宜野座村廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関する条例          ┃
┃           の制定について                             ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関する条例を別紙のように制定したいので議会の議決を┃
┃求める。                                           ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃          宜野座村廃棄物の減量化の推進及び適正処理に関する条例           ┃
┃                                               ┃
┃ (目的)                                          ┃
┃第1条 この条例は、廃棄物の排出を抑制するとともに、廃棄物の分別、保管、収集、運搬、再生、処分┃
┃ 等の処理並びに地域の環境美化を推進することにより、生活環境の保全及び公衆衛生の向上を図ること┃
┃ を目的とする。                                       ┃
┃ (定義)                                          ┃
┃第2条 この条例における用語の意義は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。 ┃
┃ 以下「法」という。)の例による。                              ┃
┃ (村の責務)                                        ┃
┃第3条 村は、一般廃棄物の回収、分別収集、再生品の使用の推進その他の施策を通じて一般廃棄物の減┃
┃ 量を推進するとともに、廃棄物の適正な処理を図らなければならない。              ┃
┃2 村は、廃棄物の処理に関する事業の実施に当たっては、収集作業法等の改善を図り、その効率的な運┃
┃ 営に努めなければならない。                                 ┃
┃3 村は、一般廃棄物の減量及び適正な処理に関する村民及び事業者の啓発を図るとともに、一般廃棄物┃
┃ の減量等に関する村民及び事業者の自主的な活動を促進するよう努めなければならない。      ┃
┃ (村民の責務)                                       ┃
┃第4条 村民は、廃棄物の排出を抑制し、再生品の使用や不用品の活用等により廃棄物の再生利用に努 ┃
┃ め、その生じた廃棄物を分別排出し、これらを自ら適正に処分すること等により、廃棄物の減量その他┃
┃ 適正処理に関し、村の施策に協力しなければならない。                     ┃
┃ (事業者の責務)                                      ┃
┃第5条 事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物を自らの責任において適正に処理しなければなら┃
┃ ない。                                           ┃
┃2 事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物の再生利用等を行うことによりその減量に努めるとと┃
┃ もに、物の製造、加工、販売等に際して、その製品、容器等が廃棄物となった場合における処理の困難┃
┃ 性についてあらかじめ自ら評価し、その製品容器等に係る廃棄物の適正な処理が困難にならないような┃
┃ 製品、容器等の開発を行うこと、その製品、容器等に係る廃棄物の適正な処理の方法についての情報を┃
┃ 提供すること等により、その製品、容器等が廃棄物となった場合においてその適正な処理が困難になる┃
┃ ことのないようにしなければならない。                            ┃
┃3 事業者は、前2項に定めるもののほか、廃棄物の減量及び適正処理の確保等に関し、村の施策に協力┃
┃ しなければならない。                                    ┃
┃ (清潔の保持)                                       ┃
┃第6条 土地又は建物の占有者(占有者がいない場合には、管理者とする。以下同じ。)は、その占有 ┃
┃ し、又は管理する土地又は建物の清潔を保つように努めなければならない。            ┃
┃2 何人も、公園、広場、道路、河川、海浜その他の公共の場所を汚さないようにしなければならない。┃
┃3 前項に規定する場所の管理者は、当該管理する場所の清潔を保つように努めなければならない。  ┃
┃ (土地の管理)                                       ┃
┃第7条 土地の占有者は、その占有する土地に廃棄物が捨てられることのないよう、その周囲に囲いを設┃
┃ ける等適正な管理に努めなければならない。                          ┃
┃2 土地の占有者は、当該占有する土地に廃棄物が捨てられたときは、その廃棄物を自らの責任で処理す┃
┃ るよう努めなければならない。                                ┃
┃3 村長は、前2項の規定において必要があると認めるときは、その土地の占有者に対し改善その他の措┃
┃ 置を講ずるよう指示することができる。                            ┃
┃ (一般廃棄物減量等推進審議会)                               ┃
┃第8条 一般廃棄物の減量及び適正処理等に関する事項を審議するため、宜野座村一般廃棄物減量等推進┃
┃ 審議会(以下「審議会」という。)を置くことができる。                    ┃
┃ (クリーン指導員)                                     ┃
┃第9条 法第5条の8第1項の規定による廃棄物減量等推進員として宜野座村環境クリーン指導員を置く┃
┃ ことができる。                                       ┃
┃ (一般廃棄物処理計画)                                   ┃
┃第10条 村長は、法第6条の規定に基づき、中長期的な視点に立った一般廃棄物の減量及び処理に関する┃
┃ 計画(以下「一般廃棄物処理計画」という。)を定めるものとする。               ┃
┃2 一般廃棄物処理計画は、基本的事項について定める基本計画及び基本計画の実施のため必要な各年度┃
┃ の事業について定める実施計画に分けて定めるものとする。                   ┃
┃3 村長は、一般廃棄物処理計画を定めたとき、又は、変更したときは、これを告示する。      ┃
┃ (村による一般廃棄物の減量及び処理)                            ┃
┃第11条 村は、一般廃棄物処理計画に従い、一般廃棄物の収集、運搬及び処分(再生することを含む。以┃
┃ 下同じ。)を行わなければならない。                             ┃
┃2 一般廃棄物の収集、運搬及び処分の基準並びに一般廃棄物の収集、運搬及び処分を委託する場合の基┃
┃ 準は、法第6条の2第2項の規定によるものとする。                      ┃
┃3 村は、一般廃棄物処理計画に基づき分別して収集するものとした一般廃棄物の分別排出を村民及び事┃
┃ 業者に普及させるため、広報、啓発、指導その他必要な措置を講ずるものとする。         ┃
┃4 村は、一般廃棄物の排出の抑制を図るため、一般廃棄物処理計画に基づき資源回収の促進、包装の簡┃
┃ 素化、再生可能な容器の利用その他廃棄物排出の抑制の啓発に努めるものとする。         ┃
┃ (事業者等による一般廃棄物の減量及び処理)                         ┃
┃第12条 村民及び事業者並びに土地又は建物の占有者(以下「事業者等」という。)は、一般廃棄物処理┃
┃ 計画に定めるところにより、その排出した一般廃棄物のうち再生利用可能なものはなるべく再生利用を┃
┃ 図るなど、その減量に努めなければならない。                         ┃
┃2 事業者等は、一般廃棄物処理計画に定めるところにより、その土地又は建物にある一般廃棄物のう ┃
┃ ち、生活環境の保全上支障のない方法で容易に処分できる一般廃棄物については、自ら処分するように┃
┃ 努めなければならない。                                   ┃
┃3 事業者等は、その排出した一般廃棄物(一般廃棄物処理計画において村(村に委託されたものを含 ┃
┃ む。次項において同じ。)以外の者が収集、運搬及び処分するものとして定めた一般廃棄物に限る。)┃
┃ を適正に処理し、又は法第7条の規定に基づく許可を受けた者(法第7条ただし書の規定により許可を┃
┃ 要しないとされたものを含む。次項において「一般廃棄物処理業者」という。)にその処理を委託しな┃
┃ ければならない。                                      ┃
┃4 村長は、その排出する一般廃棄物の処理を適正に行っていない者及び一般廃棄物処理業者以外の者に┃
┃ 処理を委託している者に対し改善のための必要な指示を行うことができる。            ┃
┃ (適正包装の推進等)                                    ┃
┃第13条 事業者は、製品、容器等の製造、加工、販売等に際して、自ら包装、容器等に係る基準を設定す┃
┃ ること等により、その包装、容器等の適正化を図り、廃棄物の排出の抑制に努めなければならない。 ┃
┃2 事業者は、製品、容器等の製造、加工、販売等に際して、再び使用することが可能な包装、容器等の┃
┃ 使用に努め、使用後の包装、容器等の回収策を講ずること等により、その包装、容器等の再利用の促進┃
┃ に努めなければならない。                                  ┃
┃3 事業者は、商品、製品等の購入者がその商品、製品等の購入に際して、その商品、製品等の適正な包┃
┃ 装、容器等の選択ができるよう努めるとともに、その商品、製品等の購入者が包装、容器等を不要と ┃
┃ し、返却しようとする場合には、その回収に努めなければならない。               ┃
┃ (多量排出者)                                       ┃
┃第14条 村長は、多量に一般廃棄物を排出する村民等に対し、当該一般廃棄物の減量に関する計画の作 ┃
┃ 成、当該一般廃棄物を運搬又は処分すべき場所及び運搬又は処分の方法その他必要な事項を指示するこ┃
┃ とができる。                                        ┃
┃2 村民等は、多量の一般廃棄物を排出する場合には、自らの責任で当該廃棄物を運搬、処理し、当該廃┃
┃ 棄物が飛散、流出しないような方法で運搬しなければならない。                 ┃
┃3 村民等は、前項の一般廃棄物を村が指定する一般廃棄物処理施設へ搬入しようとするときは、村に届┃
┃ け出なければならない。                                   ┃
┃ (共同住宅の建築時の事前協議)                               ┃
┃第15条 共同住宅を建築しようとする者は、あらかじめ、一般廃棄物の排出方法等について、村長と協議┃
┃ しなければならない。                                    ┃
┃2 村長は、前項の規定による協議において必要があると認めるときは、共同住宅を建築しようとする者┃
┃ に対し、一般廃棄物の排出方法等について必要な措置を講ずるよう指示することができる。     ┃
┃ (適正処理困難物の指定等)                                 ┃
┃第16条 村長は、村がその処理を委託している一般廃棄物のうちから、村の委託する施設の一般廃棄物の┃
┃ 処理に関する設備及び技術に照らし、その適正な処理が困難となっているもの(法第6条の3の規定に┃
┃ より指定されたものを除く。以下「適正処理困難物」という。)を指定することができる。     ┃
┃2 村長は、前項の規定による指定を行ったときはこれを告示するものとする。           ┃
┃3 村長は、適正処理困難物になる前の製品、容器等の製造、加工、販売等を行う事業者に対し、その適┃
┃ 正処理困難物の処理を適正に行うために必要な協力を求めることができる。            ┃
┃ (排出禁止物)                                       ┃
┃第17条 村民等は、村が行う一般廃棄物の収集に際して、次に掲げる一般廃棄物を排出してはならない。┃
┃(1) 有害性のある物                                    ┃
┃(2) 危険性のある物                                    ┃
┃(3) 引火性のある物                                    ┃
┃(4) 著しく異臭、悪臭のある物                               ┃
┃(5) 特別管理一般廃棄物                                  ┃
┃(6) 前各号に掲げるもののほか、収集、運搬又は処分に支障が生ずる物             ┃
┃2 村民等は、前項各号に掲げる一般廃棄物を処分しようとするときは、村長の指示に従わなければなら┃
┃ ない。                                           ┃
┃ (廃棄物再生事業者の協力)                                 ┃
┃第18条 村長は、一般廃棄物の減量を図るため、法第20条の2の規定に基づく登録廃棄物再生事業者に対┃
┃ し、一般廃棄物の再生に関して必要な協力を求めることができる。                ┃
┃ (改善勧告等)                                       ┃
┃第19条 村長は、第7条第3項、第12条第4項、第14条第1項、第15条第2項及び第17条第2項に規定す┃
┃ る指示に従わない村民に対し、期限を定めて指示の内容を履行するよう勧告することができる。   ┃
┃2 村長は、前項に規定する勧告を受けたものが、その勧告に従わなかったときは、その旨を公表するこ┃
┃ とができる。                                        ┃
┃3 村長は、前項の規定による公表をしようとするときは、あらかじめ、当該事業者にその理由を通知 ┃
┃ し、弁明及び有利な証拠の提出の機会を与えなければならない。                 ┃
┃ (犬、猫等の死体の処理)                                  ┃
┃第20条 土地又は建物の占有者又は管理者は、その土地又は建物にある犬、猫等の死体を自ら処理できな┃
┃ い場合は、村長に届け出て、その指示に従わなければならない。                 ┃
┃ (一般廃棄物処理手数料等)                                 ┃
┃第21条 村長は、一般廃棄物の排出者から別表第1に定める手数料を徴収する。           ┃
┃2 前項に規定する手数料の徴収方法については、規則で定める。                 ┃
┃3 村長は、天災その他特別の事情があると認められるときは、規則に定めるところにより第1項に規定┃
┃ する手数料を減免することができる。                             ┃
┃ (許可証の交付)                                      ┃
┃第22条 村長は、法第7条第1項及び第6項の許可、法第7条第2項及び第7項の許可の更新、法第7条┃
┃ の2第1項の変更の許可、浄化槽法(昭和58年法律第43号)第35条第1項の許可、同条第2項の更及び┃
┃ 第37条の変更を行ったときは、許可証を交付する。                       ┃
┃ (許可手数料)                                       ┃
┃第23条 前条の規定により許可を受けようとする者は、許可証の交付を受ける際、別表第2に掲げる手数┃
┃ 料を納付しなければならない。                                ┃
┃2 既に納付した手数料は還付しない。                             ┃
┃ (報告の徴収)                                       ┃
┃第24条 村長は、法第19条第1項に規定するもののほか、この条例の施行に必要な限度において、一般廃┃
┃ 棄物を排出する事業者又は一般廃棄物の収集運搬若しくは処分を業とする者に対し、必要な報告を求め┃
┃ ることができる。                                      ┃
┃ (立入検査)                                        ┃
┃第25条 村長は、法第19条第1項に規定するもののほか、この条例の施行に必要な限度において、その職┃
┃ 員に、一般廃棄物を排出する村民、事業者又は一般廃棄物の収集運搬若しくは処分を業とする者の事務┃
┃ 所若しくは事業場に立ち入り、一般廃棄物の減量及び処理に関し、必要な帳簿書類その他の物件を検査┃
┃ させることができる。                                    ┃
┃2 前項の規定により立入検査をする職員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係人に提示しなければ┃
┃ ならない。                                         ┃
┃3 第1項の規定による立ち入り検査の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならな ┃
┃ い。                                            ┃
┃ (委任)                                          ┃
┃第26条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。     ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ (施行期日)                                        ┃
┃1 この条例は、平成23年10月1日から施行する。                        ┃
┃ (宜野座村廃棄物の処理及び清掃に関する条例の廃止)                     ┃
┃2 宜野座村廃棄物の処理及び清掃に関する条例(平成21年条例第32号)は、廃止する。       ┃
┃ (経過措置)                                        ┃
┃3 この条例の施行の際、現に旧条例の規定によってした処分、手続きその他の行為は、この条例の相当┃
┃ 規定によってなされたものとみなす。                             ┃
┃                                               ┃
┃別表第1(第21条関係)                                    ┃
┃   ┌───────────────┬────────────┬──────────┐   ┃
┃   │     種   別     │   区    別   │   手 数 料   │   ┃
┃   ├───────────────┼────────────┼──────────┤   ┃
┃   │ 村が指定するごみ袋で収集、運│燃やせるごみ袋     │1枚につき     │   ┃
┃   │搬し、金武地区消防衛生組合清掃│ 特大         │        60円│   ┃
┃   │センターで処分する家庭用一般廃│ 大          │        30円│   ┃
┃   │棄物及び事業用一般廃棄物   │ 中          │        20円│   ┃
┃   └───────────────┴────────────┴──────────┘   ┃
┃                                               ┃
┃別表第2(第23条関係)                                    ┃
┃   ┌─────────────────────────────┬─────────┐   ┃
┃   │一般廃棄物の収集運搬業及び処理業の許可手数料       │      3,000円│   ┃
┃   ├─────────────────────────────┼─────────┤   ┃
┃   │一般廃棄物の収集運搬業及び処理業の変更許可手数料     │      3,000円│   ┃
┃   ├─────────────────────────────┼─────────┤   ┃
┃   │一般廃棄物の収集運搬業及び処理業の変更許可手数料     │      2,000円│   ┃
┃   ├─────────────────────────────┼─────────┤   ┃
┃   │浄化槽清掃業の許可手数料                 │      3,000円│   ┃
┃   ├─────────────────────────────┼─────────┤   ┃
┃   │浄化槽清掃業の変更許可手数料               │      3,000円│   ┃
┃   ├─────────────────────────────┼─────────┤   ┃
┃   │浄化槽清掃業の更新許可手数料               │      2,000円│   ┃
┃   ├─────────────────────────────┼─────────┤   ┃
┃   │許可証の再交付手数料                   │      1,000円│   ┃
┃   └─────────────────────────────┴─────────┘   ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上で説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 6ページの別表第1、この袋の単価、これはどういう根拠で決めたのか、参考にしたものがありましたらお教えいただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 山川村民生活課長。



◎村民生活課長(山川清八) 當眞議員にお答えいたします。

 この単価設定につきましては、恩納村、うるま市、沖縄市、名護市を参考にしております。それで60円という単価を設定しております。この60円はこの1枚当たりの売買価格になりまして、それは金武町、宜野座村お互いのほうで指定ごみ袋をつくるわけですから、それの印刷費、委託料とかが出るんですが、まずは売り渡し価格が60円で、実際の役場収入、また販売のほうについてもあるんですが、それは委託販売という形をとろうという形を考えているところです。以上で説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第17号については、予算特別委員会に付託して審査することにしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第17号については、予算特別委員会に付託し審査することに決定しました。



△日程第7.議案第18号 宜野座村地上デジタル放送送受信施設の設置及び管理に関する条例の制定についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第18号 宜野座村地上デジタル放送送受信の設置及び管理に関する条例の制定について御説明申し上げます。

 本案件は、平成21年度沖縄北部特別振興対策事業により進めてまいりました宜野座村地上デジタル放送送受信施設が完成することにより条例を制定する案件でございます。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) それでは議案第18号を説明したいと思います。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第18号                                          ┃
┃                                               ┃
┃        宜野座村地上デジタル放送送受信施設の設置及び管理に関する条例の        ┃
┃        制定について                                 ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村地上デジタル放送送受信施設の設置及び管理に関する条例を別紙のように制定したいので議会┃
┃の議決を求める。                                       ┃
┃                                               ┃
┃ 平成23年3月8日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃         宜野座村地上デジタル放送送受信施設の設置及び管理に関する条例        ┃
┃                                               ┃
┃ (趣旨)                                          ┃
┃第1条 地上アナログ放送の終了による地上デジタル放送の新たな難視を解消するため、宜野座村地上デ┃
┃ ジタル放送送受信施設(以下「施設」という。)を設置する。                  ┃
┃ (送受信所)                                        ┃
┃第2条 地上デジタル放送の送受信所は次のとおりとする。                    ┃
┃  ┌─────────────┬───────────────────────────┐  ┃
┃  │   名     称   │         位    置            │  ┃
┃  ├─────────────┼───────────────────────────┤  ┃
┃  │潟原受信所        │宜野座村字松田2982番地の5              │  ┃
┃  ├─────────────┼───────────────────────────┤  ┃
┃  │潟原北送信所       │宜野座村字松田2915番地の3              │  ┃
┃  └─────────────┴───────────────────────────┘  ┃
│                                               │
└───────────────────────────────────────────────┘

┌───────────────────────────────────────────────┐
┃                                               ┃
┃  ┌─────────────┬───────────────────────────┐  ┃
┃  │   名     称   │         位    置            │  ┃
┃  ├─────────────┼───────────────────────────┤  ┃
┃  │潟原送信所        │宜野座村字松田2834番地                │  ┃
┃  ├─────────────┼───────────────────────────┤  ┃
┃  │松田受信所        │宜野座村字松田2182番地の1              │  ┃
┃  ├─────────────┼───────────────────────────┤  ┃
┃  │松田送信所        │宜野座村字松田1番地                 │  ┃
┃  ├─────────────┼───────────────────────────┤  ┃
┃  │宜野座受信所       │宜野座村字宜野座427番地                │  ┃
┃  ├─────────────┼───────────────────────────┤  ┃
┃  │宜野座送信所       │宜野座村字宜野座996番地の2地先〜995番地先(無地番) │  ┃
┃  ├─────────────┼───────────────────────────┤  ┃
┃  │漢那受信所        │宜野座村字漢那1987番地の5              │  ┃
┃  ├─────────────┼───────────────────────────┤  ┃
┃  │漢那送信所        │宜野座村字漢那1987番地の5              │  ┃
┃  └─────────────┴───────────────────────────┘  ┃
┃                                               ┃
┃ (管理運営)                                        ┃
┃第3条 施設は、村長が管理するものとする。                          ┃
┃2 村長は、施設を正常に運用するため、施設の管理の全部又は一部を委託することができる。    ┃
┃3 村長は、施設に障害が生じたとき又は破損したときは、速やかに調査し、必要な措置を講じなければ┃
┃ ならない。                                         ┃
┃ (送信区域)                                        ┃
┃第4条 地上デジタル放送を行う区域は、次のとおりとする。ただし、一部区域を含むものとする。  ┃
┃(1) 宜野座村字松田真平原                                 ┃
┃(2) 宜野座村字松田港原                                  ┃
┃(3) 宜野座村字松田松田原                                 ┃
┃(4) 宜野座村字松田サー原                                 ┃
┃(5) 宜野座村字松田前原                                  ┃
┃(6) 宜野座村字宜野座港原                                 ┃
┃(7) 宜野座村字漢那垣之外原                                ┃
┃(8) 宜野座村字漢那城原                                  ┃
┃ (放送の種類)                                       ┃
┃第5条 村が施設で提供する電波は、地上デジタル放送(デジタル信号によるテレビジョン放送(人工衛┃
┃ 生局により行われるものを除く。)のうち、静止し、又は移動する事物の瞬間的映像及びこれに伴う音┃
┃ 声その他音響を送る放送をいう。)の送信とする。                       ┃
┃ (免責事項)                                        ┃
┃第6条 村長は、天災地変その他不測の事態により、放送の停止があってもこのことにより生じる損害に┃
┃ ついては、賠償しないものとする。                              ┃
┃ (委任)                                          ┃
┃第7条 この条例に定めるほか、管理及び運用等に関し必要な事項は、村長が別に定める。      ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ この条例は、平成23年4月1日から施行する。                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) この件につきましては、私は一般質問に出しておりますので詳しいことは一般質問で行いますけれども、1点だけ確認します。

 この送受信所の完成日がはっきりしているのであればそれだけをお聞きして、あとは一般質問で聞きたいと思います。お願いします。



○議長(多嘉山朝安) 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 仲本 彰議員にお答えいたします。

 送受信所の施設の完成ができたかという御質疑ですが、前にも若干御説明したかと思いますが、電波の試験放送を来る3月10日、試験電波の放送を明日やる予定でございます。それから施設の完成を今月いっぱいの予定でございますので、その試験電波期間中にその調査を、電波が届くかどうかの確認をしていくという予定でございます。以上でございます。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第18号については、予算特別委員会に付託して審査することにしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第18号については、予算特別委員会に付託し審査することに決定しました。

 本日の日程は、全部終了しました。

 本日は、これで散会します。(11時19分)