議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成18年第10回定例会 12月20日−02号




平成18年第10回定例会 − 12月20日−02号







平成18年第10回定例会






┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                              ┃
┃              平成18年第10回宜野座村議会定例会会議録             ┃
┃                                              ┃
┠──────────┬───────────────────────────────────┨
┃招 集 年 月 日 │          平 成 18 年 12 月 19 日          ┃
┠──────────┼───────────────────────────────────┨
┃招  集  場  所│         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂         ┃
┠──────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┨
┃開 ・ 散 の 日 時│開 会│ 平成18年12月20日 午前10時03分 │議 長│ 小 渡 久 和 ┃
┃          ├───┼─────────────────┼───┼─────────┨
┃及  び  宣  言│散 会│ 平成18年12月20日 午後2時41分 │議 長│ 小 渡 久 和 ┃
┠──────────┼───┼──────────┬──┬───┼───┴──────┬──┨
┃応(不応)招議員  │議 席│  氏    名  │出席│議 席│  氏    名  │出席┃
┃          │番 号│          │の別│番 号│          │の別┃
┃並びに出・欠席議員 ├───┼──────────┼──┼───┼──────────┼──┨
┃          │ 1 │  稲 嶺 盛 昭  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼──┼───┼──────────┼──┨
┃出 席   14 名 │ 2 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 10 │  城 間 盛 春  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼──┼───┼──────────┼──┨
┃欠 席   0 名 │ 3 │  仲 本   彰  │ ○ │ 11 │  當 眞   進  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼──┼───┼──────────┼──┨
┃          │ 5 │  當 眞   淳  │ ○ │ 12 │  仲 田 清 孝  │ ○ ┃
┃  凡   例   ├───┼──────────┼──┼───┼──────────┼──┨
┃○    出  席 │ 6 │  島 袋   弘  │ ○ │ 13 │  島 袋   榮  │ ○ ┃
┃△    欠  席 ├───┼──────────┼──┼───┼──────────┼──┨
┃×    不 応 招 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │ 14 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃△(公) 公務欠席 ├───┼──────────┼──┼───┼──────────┼──┨
┃          │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │ 15 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┠──────────┼───┼──────────┴──┼───┼──────────┴──┨
┃会 議 録 署 名 議 員│ 6番 │  島 袋   弘    │   │             ┃
┃          ├───┼─────────────┼───┼─────────────┨
┃          │ 7番 │  平 田   悟    │   │             ┃
┠──────────┼───┴───┬─────────┴───┴─────────────┨
┃職務のために出席  │事 務 局 長│ 眞榮城 守 昭                   ┃
┃          ├───────┼───────────────────────────┨
┃した者の職氏名   │係     長│ 島 田 忠 治                   ┃
┠──────────┼───────┼─────────┬───────┬─────────┨
┃          │村     長│ 東     肇 │農 業 委 員 会│ 山 川 清 八 ┃
┃          │       │         │事 務 局 長│         ┃
┃          ├───────┼─────────┼───────┼─────────┨
┃          │助     役│ 志良堂   進 │農林水産課長 │ 照 屋 忠 利 ┃
┃          ├───────┼─────────┼───────┼─────────┨
┃          │助     役│ 仲宗根   勲 │農村整備課長 │ 仲 間 正 哲 ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼─────────┼───────┼─────────┨
┃          │教  育  長│ 當 眞 嗣 幸 │建 設 課 長 兼│ 島 田 忠 博 ┃
┃により説明のため  │       │         │水 道 課 長│         ┃
┃          ├───────┼─────────┼───────┼─────────┨
┃出席した者の職氏名 │総 務 課 長│ 岸 本 宏 和 │学校教育課長 │ 知 名 定 美 ┃
┃          ├───────┼─────────┼───────┼─────────┨
┃          │企 画 課 長│ 安 富   繁 │社会教育課長 │ 末 石 森 春 ┃
┃          ├───────┼─────────┼───────┼─────────┨
┃          │税 務 課 長│ 真 壁 朝 雄 │参     事│ 平 田 嗣 義 ┃
┃          ├───────┼─────────┼───────┼─────────┨
┃          │健康福祉課長 │ 新 里 民 夫 │       │         ┃
┃          ├───────┼─────────┼───────┼─────────┨
┃          │住民生活課長 │ 新 里   孝 │       │         ┃
┠──────────┼───────┴─────────┴───────┴─────────┨
┃会 議 の 経 過 │別紙のとおり                             ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





       平成18年第10回宜野座村議会定例会議事日程(第2号)


                                        平成18年12月20日
                                        開 議 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │ 議案第49号  │平成18年度宜野座村一般会計補正予算(第4号)について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │ 議案第50号  │宜野座村税条例の一部を改正する条例について            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  3  │ 議案第51号  │宜野座村営土地改良事業について                  ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採択)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  4  │ 議案第52号  │宜野座村営土地改良事業計画の変更について             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  5  │ 議案第53号  │沖縄県後期高齢者医療広域連合規約の制定について          ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  6  │ 議案第54号  │農作物被害防止施設設置工事の請負契約について           ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(小渡久和) おはようございます。これから本日の会議を開きます。(10時03分)



△日程第1.議案第49号 平成18年度宜野座村一般会計補正予算(第4号)についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第49号平成18年度宜野座村一般会計補正予算(第4号)は、歳入歳出予算総額53億3,268万7,000円に歳入歳出それぞれ2億1,470万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ55億4,739万5,000円とする案件でございます。

 歳入の補正は国庫補助金1億1,523万9,000円、県補助金1,209万8,000円、財政調整基金繰入金6,084万6,000円が主なものであります。

 一方、歳出の補正はIT産業等集積基盤整備事業(第2サーバーファーム)に伴います委託料5,884万1,000円、用地購入費7,918万5,000円と森林病害虫防除事業1,716万4,000円、旧宜野座団地解体・跡地駐車場工事1,000万円が主なものであります。各課における事業等の提案内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、よろしく御審議の上、議決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(小渡久和) 岸本総務課長。



◎総務課長(岸本宏和) 補正の内容等について説明をいたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第49号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             平成18年度宜野座村一般会計補正予算(第4号)            ┃
┃                                               ┃
┃ 平成18年度宜野座村の一般会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。         ┃
┃                                               ┃
┃ (歳入歳出予算の補正)                                   ┃
┃第1条 歳入歳出予算の総額5,332,687千円に歳入歳出それぞれ214,708千円を追加し、歳入歳出予算の総┃
┃ 額を歳入歳出それぞれ5,547,395千円とする。                          ┃
┃2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の金額は、「第1表 歳入歳┃
┃ 出予算補正」による。                                    ┃
┃                                               ┃
┃ 平成18年12月19日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




              第1表  歳 入 歳 出 補 正 予 算

 歳 入                                      (単位:千円)


┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃15 国  庫  支  出  金│             │   460,267│  121,817│   582,084┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 国  庫  負  担  金│   118,446│   6,363│   124,809┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 国  庫  補  助  金│   250,791│  115,354│   366,145┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │3 委    託    金│   91,030│    100│   91,130┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃16 県  支  出  金 │             │   547,950│  19,145│   567,095┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 県  負  担  金 │   64,347│   1,591│   65,938┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 県  補  助  金 │   476,546│  17,557│   494,103┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │3 委    託    金│    7,057│    △3│    7,054┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃19 繰    入    金│             │   160,483│  60,846│   221,329┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 基  金  繰  入  金│   160,482│  60,846│   221,328┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃21 諸    収    入│             │   161,432│    100│   161,532┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │4 雑         入│   159,344│    100│   159,444┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃22 村         債│             │   146,100│  12,800│   158,900┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 村         債│   146,100│  12,800│   158,900┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃      歳    入    合    計     │  5,332,687│  214,708│  5,547,395┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛

 歳 出                                      (単位:千円)
┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃1 議    会    費│             │   80,765│    129│   80,894┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 議    会    費│   80,765│    129│   80,894┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃2 総    務    費│             │  1,613,832│  151,920│  1,765,752┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 総  務  管  理  費│  1,500,489│  150,655│  1,651,144┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 徴    税    費│   69,202│   1,131│   70,333┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │4 選    挙    費│   12,501│    132│   12,633┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │5 統  計  調  査  費│     301│     2│     303┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃3 民    生    費│             │   692,939│  23,644│   716,583┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 社  会  福  祉  費│   360,292│   5,592│   365,884┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 児  童  福  祉  費│   332,645│  18,052│   350,697┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃4 衛    生    費│             │   305,979│   △605│   305,374┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 保  健  衛  生  費│   117,073│   2,639│   119,712┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 清    掃    費│   75,905│  △3,244│   72,661┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃6 農 林 水 産 業 費│             │  1,021,933│  22,656│  1,044,589┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 農    業    費│   979,433│   5,492│   984,925┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 林    業    費│   21,985│  17,164│   39,149┃
┗━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━┓
┃      款      │      項      │ 補正前の額 │補 正 額│   計   ┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃8 土    木    費│             │   279,759│  10,317│   290,076┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 土  木  管  理  費│   48,874│    317│   49,191┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │5 住    宅    費│    5,049│  10,000│   15,049┃
┠─────────────┼─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃10 教    育    費│             │   690,908│   6,647│   697,555┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │1 教  育  総  務  費│   98,367│   3,499│   101,866┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │2 小  学  校  費 │   116,367│    40│   116,407┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │3 中  学  校  費 │   48,554│    139│   48,693┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │4 幼  稚  園  費 │   38,696│    400│   39,096┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │5 社  会  教  育  費│   228,390│   2,351│   230,741┃
┃             ├─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃             │6 保  健  体  育  費│   160,534│    218│   160,752┃
┠─────────────┴─────────────┼──────┼─────┼──────┨
┃      歳    出    合    計     │  5,332,687│  214,708│  5,547,395┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛




 3ページから7ページまでにつきましては省略いたします。

 8ページ、9ページから説明をしてまいりたいと思います。

 歳入でございます。15款 国庫支出金、1目 民生費国庫負担金、補正額が636万3,000円1項 国庫負担金でございます。これにつきましては児童手当の法改正に伴いまして、これまで支給対象児が3年生から6年生まで引き上げされております。それに伴い国の6分の4の負担分でございます。2項 国庫補助金、1目 総務費国庫補助金、補正額が1億1,523万9,000円、2節 沖縄北部特別振興対策事業補助金でございます。これにつきましては、第2サーバーファームの建設をしてまいります。補助率が90%でございます。3目 衛生費国庫補助金、補正額11万5,000円、2節の老人保健法事務費補助金でございます。老人医療費適正化推進費の補助金でございます。3項 委託金、1目 総務費委託金補正額が10万円、1節の施設区取得等事務費交付金10万円、追加分でございます。

 めくりまして、10ページ、11ページ。16款 県支出金、1項 県負担金、1目 民生費県負担金、補正額が159万1,000円、児童手当県負担分6分の1の負担金でございます。2項 県補助金、1目 総務費県補助金、補正額が3万円、2節の土地利用規制等対策費補助金3万円、これにつきましては追加分でございます。2目の民生費県補助金、補正額が542万9,000円、1節の児童福祉補助金12万7,000円、これにつきましては病休代替傭人分の1カ月分の県からの補助金でございます。7節の社会福祉費補助金266万7,000円、地域福祉ネットワーク事業費補助金でございます。これは追加分でございますが、この事業につきましては社協の方で事業を展開しております。8節の沖縄振興特定事業補助金、これは新しい施設でございます。村立保育所、屋根上の防水工事を実施してまいります。その分の補助でございます。定額の補助でございます。4目の農林水産業費県補助金、補正額が1,209万8,000円、1節の農業費補助金109万8,000円の減となっております。農業生産・経営対策事業、これにつきましては15万7,000円でございます。パインアップル等の栽培の実証展示圃を設置してまいります。事業主体はJAということでございます。それから担い手農地情報活動事業14万3,000円の減となっております。ソフト事業関係の減ということでございます。それから農業後継者育成等施設研修支援事業補助金111万2,000円の減ということでございます。これまで農業後継者の2人分を見ておりましたが、今年から1人分しか見られないというようなことで1人分の減ということになっております。2節の林業費補助金、森林病害虫等防除事業補助金1,319万6,000円の追加分でございます。当初では1,229万1,000円でございましたが、追加いたしまして総事業費が補助額が2,548万7,000円ということになっております。16款 県支出金、3項 委託金、1目 総務費委託金、補正額が3,000円の減でございます。これは5節の統計調査費委託金、工業統計それから商業統計の委託金の減ということでございます。

 めくりまして19款 繰入金、2項 基金繰入金、1目の基金繰入金、補正額が6,084万6,000円、財政調整基金からの繰り入れでございます。21款 諸収入、4項 雑入、5目の雑入、補正額が10万円、バイオベース輸送料ということで購入者からの負担分でございます。22款 村債、1項 村債、1目 総務債、補正額が1,280万円でございます。サーバーファームの村の負担分ですね、10%の負担分を計上してございます。1,280万円でございます。

 続きまして14ページ、15ページ。14ページ、15ページからは歳出でございます。歳出につきましては、各款に計上されている人件費につきましては給与とか、人件費につきましては人事異動に伴うもの。それから共済費につきましては負担金の率の変更でございますので、説明を省略いたします。なお、歳出につきましては主なものを説明いたしますのでよろしくお願いしたいと思います。まずは2款の総務費、1項 総務管理費、2目の文書広報費、補正額が346万5,000円、需用費の方での補正でございます。これから村勢要覧を作成してまいります。その分の補正ということでございます。3,000部を予定しております。

 めくりまして16ページ、17ページ。15目の沖縄北部特別振興対策事業費、補正額が1億3,964万7,000円、賃金、旅費11節、12節、それぞれ補正額を計上してございます。13節の委託料5,884万1,000円、これにつきましては実施設計費等の分でございます。それから17節の公有財産購入費7,918万5,000円、第2サーバー建設に伴う用地の取得でございます。皆さんのお手元に資料等を配付していると思います。御参照してください。補助で見られる分が2万2,000平米、それから単独で購入するところもございます。単独分が3,168平米でございます。それから同じく2款の総務費、2項 徴税費、1目の税務総務費、補正額が78万1,000円、その中で委託料28万1,000円を計上してございます。不動産鑑定評価業務委託料でございますが、これにつきましては漢那明記原アムスホテル周辺、その辺には固定資産関係の基準値がないということで今回、新たな基準値を設定するために委託してまいりたいと思っております。

 それから18ページ、19ページお願いします。2款 総務費、4項 選挙費、5目の参議院議員選挙費、補正額が13万2,000円。これにつきましては、年明けて4月22日に執行予定の参議院の沖縄県の補欠選というふうなことで、まずは需用費とか委託料、12月の補正で計上しなくては事業できないというふうなことでございますので、よろしく御理解をお願いしたいと思います。

 それからめくりまして20ページ、21ページ。3款の民生費、1項 社会福祉費、1目の社会福祉総務費、補正額が426万3,000円。その中で委託料、400万円計上してございます。これにつきましては地域福祉ネットワーク事業委託料ということで、社協の方で事業を展開しております。県分の3分の2の補助でございます。それから4目の障害者福祉費、13節の委託料、これは新しい事業でございます。追加分でございますが61万8,000円、相談事業これは北部圏内8町村で障害者の審査会を立ち上げいたしまして、本村分の相談の委託料ということでございます。

 めくりまして22ページ、23ページ。2項の児童福祉費、2目の児童措置費、補正額が954万5,000円、20節の扶助費、児童手当分先ほど申し上げましたように3年生から6年生まで、児童手当支給対象児が引き上げられております。その分のものでございます。

 めくりまして24ページ、25ページ。4款 衛生費、2項 清掃費、2目の塵芥処理費、補正額が328万4,000円の減でございます。負担金の方でございますが、金武地区消防衛生組合負担金(衛生分)の870万円の減と、それから廃棄物処理施設建設計画負担金、設計変更に伴う追加分ということでございます。それから金武地区スットクヤード集積所の負担金320万円でございます。それから同じく6款農林水産業費の1項 農業費、1目の農業委員会費、補正額が31万5,000円、これにつきましては委託料を計上してございます。城原地区遊休農地解消事業、一部設計の変更というふうなことで計上してございます。

 めくりまして26ページ、27ページ。3目の農業振興費、補正額が267万7,000円。12節の役務費のところでございますが、26万4,000円先ほど歳入にもございました通信運搬費、バイオベースの離島・県外費に購入者に対しての輸送費ということでございます。

 めくりまして28ページ、29ページ。同じく6款の2項の林業費、1目 林業総務費、補正額が1,716万4,000円。委託料、松くい虫の防除事業でございます。保全区域等のこれからまた駆除、補助等を実施してまいりたいと思います。その分の1,716万4,000円でございます。それから8款 土木費、5項 住宅費、2目の公営住宅建設費、補正額が1,000万円でございます。これにつきましては工事請負費、旧宜野座団地解体工事。4棟分の解体工事、それからそこの跡地を駐車場に整備していきたいということで1,000万円計上してございます。なお駐車場につきまして55台分の駐車が可能というふうなことでございます。

 めくりまして30ページ、31ページ。10款 教育費、1項 教育総務費、2目の事務局費、補正額が349万9,000円。その中で11節の需用費72万5,000円を計上してございます。それぞれ車検あるいは宜野座中学校の体育館の防水、ネットワーク関係の修繕費、それぞれ計上してございます。

 めくりまして32ページ、33ページ。同じく10款の4項の幼稚園費、1目の幼稚園費、補正額が40万円。これにつきましては預かり保育用の電気カーペット、松田、宜野座、漢那それぞれ幼稚園の分を計上してございます。40万円でございます。同じく5項の社会教育費、1目の社会教育総務費でございます。補正額が231万8,000円。

 めくりまして34ページ、35ページの中の19節 負担金、補助及び交付金、これにつきましては県外派遣費等の補助金98万2,000円の追加分でございます。一般の奨励者に対しての分が15人分、それから宜野座中学校のロボットコンテスト、それから九州中学校体育大会の分を計上してございます。以上で一般会計補正予算の説明を終わりたいと思います。



○議長(小渡久和) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。

 島袋 榮議員。



◆13番(島袋榮) 2件ほどお伺いしたいと思います。ページを申し上げます。17ページの北部特別振興対策事業の公有財産の購入について。数字的なものは総務課長から説明ありましたけれども、予定地の参考資料として提出されておりますのでその図面の説明と、第2サーバーファームの補助の部分と単独部分の説明がありましたけれども、もしよければ土地の単価を教えていただきたいと。そしてこの事業がいつ始まって、いつ完了するのかそれをちょっと具体的に説明願いたいと思います。

 あと1件は、29ページ。歳出の方でありますけども県からの補正予算もありましたけども、合計で約3,000万円近くの恐らく松くい虫等の病害虫の対策だと思いますけれども、それの具体的にどのような形で松くい虫の防除をするのか。恐らく伐倒だと思いますけれども、この件も具体的に御説明願いたいと思います。



○議長(小渡久和) 安富企画課長。



◎企画課長(安富繁) 島袋 榮議員に御説明申し上げます。

 本事業は北部振興事業でありまして、全体的に補助率は90%でございます。それと土地の単価でございますが、単価も鑑定によりまして地目によって変わります。そういうことで安いのが2,920円、平米当たりですね。それから3,400円までございます。そういうことで補助事業に係る分が2万2,000平米購入しますので、そのトータル金額が6,930万円になります。先ほど説明ありましたように、今回の事業は駐車場500台分しか認められないということで、それでは駐車台数が利用の台数が不足するということで村負担でも用地買収を計画しております。その面積が先ほど説明ありました3,168平米、金額が988万4,160円となっております。工期の件でございますが、今財務省と調整中でございまして年明けて着工なると思いますが、多分今のところは繰り越しになろうかというふうに予想をしております。お手元に資料を配付してありますのでその御説明をしたいと思います。まず1枚目に色塗りの地籍図がございますが、この紫に塗ったところは昨年度購入したところでございます。今回はこの赤線で囲まれたところですね。左の方に表がございますが、赤枠と緑の枠が今回購入場所でございます。左の枠ですね、赤枠が補助事業で購入地番です。緑で着色されたところで村負担で購入予定のところでございます。それから次のページには配置図があります。3枚目には1階の平面図があります。1階にはオペレーションルーム1室、それと事務室4室があります。今、オペレーションルームには100名収容を考えております。事務室4室ありまして、25の4室ですので100名を予定しております。次のページですね、これは2階の平面図になりますが、2階の平面図にはオペレーションルームがあります。ちょっと見づらいんですが3室に分けられております。左の図面ですね。3室に分けられておりまして、これは1室100名当たりを予定しておりまして合計300名というふうに予定をしております。あとは御参照いただきたいと思います。締めて建築延べ床面積が3,800平米を予定しております。これから調整しますので多少動くかもわかりませんが一応はその辺をめどにして予定しております。今回は実施設計、用地購入、土質調査などでありまして、次期工を来年度にこういった本格的な工事は予定しております。以上でございます。



○議長(小渡久和) 照屋農林水産課長。



◎農林水産課長(照屋忠利) 島袋 榮議員にお答えいたします。

 29ページの委託料でございますけども、1,716万4,000円の補正でございますけども、それについては松田区が松くい虫の保全区域に指定されておりまして、その中で地区保全とその他松林、それから特別調整地域という3カ所があります。この地区保全については松田のヒーピィー海岸通り、サーバーファーム近辺の海岸通りでございます。それからその他松林地域については、それ以外の地域でございます。それと特別調整地域というのは軍用地周辺のものでございます。今回新たにやはりこれまで何年か伐倒してまいりましたけれども、一向に対策が進まないということもありまして次年度からはその他松林地域と、特別調整地域は廃止するということは決まっております。今回新たに樹幹注入ということで新たに入ってきています。やはり対策も必要ということになっておりますので、地区保全に限定してその地域を伐倒と樹幹注入、これはグリーンガードで保全していくということになって今回新たにふえている原因にもなっております。以上でございます。



○議長(小渡久和) 島袋 榮議員。



◆13番(島袋榮) サーバーファームの件で、第2サーバーファームの件でもうちょっと…。図面が先ほど説明ありましたけれども、この図面のほかにこの周辺は現在宜野座リゾート、あるいは東急不動産が中心になってそこを開発しようと、そういう動きが区の方では説明あるんですが、その周辺ですね、北側と南側、東側3点ありますけれども、その周辺をそういうリゾート地で囲まれた場合にこのサーバーファームとして機能が果たせるのかどうかですね。その関連、リゾートとの関連等があるのかどうか、その辺をちょっと御説明願いたいと思います。

 あと1点、繰越事業に入るということでありまして、そして事業期間は調整中と。2階部門で約300名の入居の予定ということですけれども、この入居企業が大体もう決まっているのかどうか。そういうまたあるいは申し入れがあるのか、その辺をちょっと御説明願いたいと思います。

 あと1点、次は松くい虫の件ですけれどもちょっとお聞きしたい点が、課長から説明ありました。これまで伐倒で中心にして松くい虫等の防除なされてきましたけれども、先ほど説明がありましたように効果がないんですね。ちょうど松くい虫と予算とイタチごっこで、毎年毎年こういう多額な予算かけておりますけれども、なかなかとまらないと。先ほど説明ありましたように注入式だとか、そういうのがあるようですけれども、せんだって松田区の方でも、その松くい虫等の対策については協議しております。専門の薬品会社ですかね、あるいは樹医の先生の意見も聞きながら、とりあえずは松田区としてはこの聖地ですかね、あしびなーの周辺とかどうしても残したいところの保安林等通称ヒーラクヮイというところ、公民館の東側の松並木になりますけれども、その辺のあたりをとりあえずは散布なりあるいは注入で防除しようと。これは区の単独予算ですけれども、先ほど課長の説明の中に保全区域等の要するに県道の周辺ですね。それからその他の軍用地を含む特別区域と、そう言われましたけれども、こういう聖地というところですね、例えば松田で言うメーヌーウタキとか、ウタキウタキのところ今言うあしびなーのところとかですね、あるいは旧布流石線ですね、松田小学校の裏通りから行くところの保安林等がありますけれども、そういうところは消毒できないのかどうかですね。その辺をもう少し具体的に説明願えればなと思っております。



○議長(小渡久和) 安富企画課長。



◎企画課長(安富繁) 続けてお答えいたします。

 リゾートとの絡みで機能を果たしているかということでございましたが、その動きのある各社とうまく調整をして今そういう調整の上でやっております。それと入居企業の予定でございますが、これは国から指導ですね。公募しなさいということで指示があります。そういうことで今予算で400万円でしたかね、企業誘致活動をやっている今委託業ありますがその人と調整をしながら誘致活動をやっております。その中で数社オファーが来ております。いずれにしても公募しないといけないと思いますが、そういった感じで今決定ということでなくて今後公募していくというふうな考え方になります。以上です。



○議長(小渡久和) 照屋農林水産課長。



◎農林水産課長(照屋忠利) 再度お答えいたします。

 今の樹幹注入の件ですけど、やはり榮議員がお答えしたとおり私たち今樹幹注入を残すべき松林ですね、それを今考えておりまして、今おっしゃったとおりあしびなーとか農村公園の周辺、クシヌウタキ、こういったものを樹幹注入してまいりたいと考えております。それと次年度についてはやはり伐倒だけじゃなくて、防除も視野に入れてやっていきたいなと考えております。以上でございます。



○議長(小渡久和) 島袋 榮議員。



◆13番(島袋榮) 第2サーバーファームは結構でございます。松くい虫の件について、課長からそういう今後に対するこういう説明ありましたけれども、ぜひともこの松くい虫、松田地区、宜野座、福地川以北は保全区域に指定されているとそういうことがありまして、平成17年度から伐倒していますけれども効果がないわけですね。さらにそういう松くい虫の被害がふえていると。これ現状でありますので、この県の予算の中でもその予算の中で、伐倒も必要かもしれませんが今ありますように散布ですね、散布による防除あるいは注入による防除、それを中心してもうとめることしかできなわけですね。今の状況でも、先ほど申し上げましたけども、イタチごっこでは全然効果がないと。県の予算で調整して、今回の予算でもこういう散布あるいは薬品による防除でとめる方法。この効果が結構3月から4月、5月にかけてということで説明受けているんですけれども、3月末ぐらいに第1回目して5月ぐらいに第2回目の防除をすればほぼとまるんじゃないかと、そういう説明も受けておりますのでこの予算でも防除を中心にしてできないのかどうか。できるならば県と調整してその方で進めて、伐倒はもう枯れてしまった場合しょうがないんですけども、やっぱり前向きに薬を投入してとめる方法。先ほど課長もおっしゃっていましたので、県とさらに調整してその方法でやると。そしてこの場所等について、保全の場所については区とよく調整をして、区の行政委員等もこれを中心にやっていますので、ぜひとも進めていただきたいと。これはもう要望でありますので答弁は結構でございます。終わります。



○議長(小渡久和) ほかに質疑はありませんか。當眞 淳議員。



◆5番(當眞淳) 3点質問させていただきたいと思います。

 17ページの第2サーバーファームの件ですが、駐車場の用地購入と予算ついておりますけれども、第1サーバーファームですね、今あるサーバーファームと第2サーバーファームを足して、今の説明からいくと大体1,000名規模の単位になってくるのかなと思っております。現在の状況でこの駐車場のスペースというのはこれで確保できたものと判断しているのか、その確認をひとつさせてください。それからあと、これだけの人数が集まるわけですから、それなりのサービスというのを提供していかないといけないんじゃないかなと思っております。前にも一般質問をしたと思いますけれども、例えばコンビニとかATMの話などもあったかと思います。実施設計に入るということでありますので、その辺どのように対応していくのかその点についてもよろしくお願いします。

 それから29ページの松くい虫関係で関連して一つ質問させていただきます。現在松田小学校、すばらしい松並木がありますけれども、どんどん松の方が枯れていっております。松並木の方も2本はもう伐倒しましてもう1本が枯れてきております。さらにテニスコートのある側も2本枯れましたし、またPTA作業でも枝落し等をやっている状況であります。聞くところによりますと松くい虫じゃないとかという話もあるものですから、その辺の事実関係と今後の対策、その辺についてよろしくお願いします。それから同じページになりますが、土木費の住宅費。旧宜野座団地の解体工事、駐車場工事ということなんですけれども、そこの裏側に近隣公園あります。小学校との連携を考えた場合に、そこから通路とか階段なりのアクセスというのがあってもいいんじゃないかなと。その方が公園の有効利用にもつながるんじゃないかなと私思っているんですけど、そういう点考慮されているのか、その3点よろしくお願いします。



○議長(小渡久和) 安富企画課長。



◎企画課長(安富繁) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 1番目に駐車場の確保はオーケーかということでございました。第2サーバーファームの敷地、現在駐車場として使っていますが、それも差引きして大丈夫ということでお答えしたいと思います。現在、サーバーファームの勤務シフトが何交替かあってこの勤務時間が一律じゃないわけですね。それでピーク時間というのがありまして、3時から6時までがピーク時間なんですよ。それが大体420台ですかね。これがまず単純計算して2倍になるということですので、840台になるわけですけれども、現在計算では900台余りの確保ができるということでお客さんとか研修とか含めても大丈夫じゃないかなというふうに考えております。それとATM、コンビニの件もございましたけれども、これはやっぱり利用者の数によってしか設置できないという話がありましたので、その辺はまた調整して要請なりしていきたいと思います。以上です。



○議長(小渡久和) 照屋農林水産課長。



◎農林水産課長(照屋忠利) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 松田小学校校内については、3年に1遍グリーンガードを注入しておりまして、昨年すべてグリーンガードを注入しました。今年の1月から平成17年度の予算でやっております。その後何本か枯れまして、伐倒しておりますけれども一部伐倒した松がヤニがついているということで、これは松くい虫じゃないんじゃないのという話もありましたけれども、やはり原因はわかりませんけれどもやはり3年に1遍やっている関係上、やはりもっと期間を短くやった方がいいのかなということもあります。まだやったばかりでございます。以上でございます。



○議長(小渡久和) 島田建設課長。



◎建設課長(島田忠博) 當眞 淳議員に再度お答えいたします。

 村営住宅宜野座団地の跡利用の件でございますが、今現在、先ほど総務課長からも説明ありましたように、現建物を壊しましてその跡地に駐車場を整備しようということで今回提案してございます。現敷地は、現道路の方の高さから比べますと約50センチぐらい上がっております。現在の前の方に駐車場があるんですがその高さに近い程度にカットしようということで計画しております。そういうことで現在役場の南側というんでしょうか、通路がありますがそこの方からも近隣公園の方におりる道路がございます。階段でございますけど。今回駐車場の整備につきましても、その辺の連絡ができるように計画をしていきたいと思っております。



○議長(小渡久和) 當眞 淳議員。



◆5番(當眞淳) まず第2サーバーファームの件ですね。駐車場は大体確保できるんじゃないかということでありましたが、聞くところによりますと24時間というかそういうシフト制のところもあるというふうに聞いております。駐車場がこれだけ広い面積にあるわけですから、やはりまたその周辺を畑なり森林なりということで、夜行ってみますと結構暗いんですね。やはりこれだけのスペースで例えば夜間に帰られる方が入り口側の駐車場まで行くというのはかなり危険を伴うじゃないんですけど、防犯上あまりよくないんじゃないかというような気もしますのでその辺の照明なり、それからまたこれまで平面的に駐車場を整備しておりますけれども例えば景観にあまり絡まないところについては例えば立体駐車場、鉄骨でやるなりのスペースの確保も視野に入れた方がいいのかなと。用地購入費もどんどんかかっておりますのでその辺ですね、今後の検討課題としてやっていただきたいと思います。さらにコンビニ、ATMの話をしましたけれども、ほかの企業、沖縄市いろんなところでこういうコールセンター業務などふえておりますけれども、やはり田舎にあるものですから近くの金融機関というと農協と郵便局。その一方で雇用している人たちというのは中部、宜野座村ではまだ40名程度だったかなと私思っているんですけど、その雇用の多くは村外だということでやはり金融機関、銀行関係ですね、そういうところのATMなどの設置はぜひ必要だと思いますので、その辺ぜひ調整していただいて対応していただきたいなと思います。これは要望ですので、第2サーバーファームについては終わります。松田小学校の松の件ですけれども、今枯れている木ですね、私も見たんですけど。平成18年というふうに札が打たれていたと思います。これはグリーンガードをやったものなんだろうなと判断しておりますけど、それでいても枯れているわけですよね。その原因は何かというのを考えていかないと今後も枯れていく可能性は十分大だと。

 実際問題どんどん枯れていっているんですよ。その辺の原因を調査しようと、また調査したというような結果があるのかですね。またやる予定があるのか、その辺も確認させてください。やはりこの松並木というのはもう残されたところというのは少ないと思うんですよね、北部でも。ですから大事にしていかないといけないものだと思いますので、そのあたり再度確認します。それから宜野座団地の駐車場ですね、旧跡地の。役場の横の方から行く通路もあるにはあるんですけど、なかなか利用者というのはいないんじゃないかなと思うんですよね役場の職員以外は、実際問題ですね。小学校のグラウンドの横から直接階段なりあれば、もう少しこの近隣公園の有効利用というのをできるんじゃないかなというふうな気がします。今実際、駐車場が下にしかないのでそこから登っていって遊ぶというのもやっぱり無理があると思うんですよね。やはりあそこをもう少し切り下げるんであれば、階段なり設置して子供たちが遊べると。今の状態だと、前も児童公園の件で一般質問しましたけど、二日酔いの人が寝ているとか、現場作業員が昼休みに寝ているというような現状だと思いますので、その辺ぜひ子供たちをこっちに引き込むような取り組みというのも必要じゃないかなと。それは要望にします。松くい虫の件だけ答弁よろしくお願いします。



○議長(小渡久和) 末石社会教育課長。



◎社会教育課長(末石森春) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 この松田小学校の松林の111本は、文化財に指定しておりますのでその関係から、10日ほど前に北部林業試験場の技師2人を招聘しまして、これまでのいきさつと経緯、経過、そして今後の対策について現地で教育長も含めて調整しております。まず最初に質問がありました2本、3本、1本、2本ということで枯れてきております。最初の2本につきましては、松くい虫ではないという結果が出ております。この松については非常に小さい方でございまして大きな松のそばにありまして、その勢力関係で枯れたんじゃないかという結果が出ております。あと1本は、小学校の校舎のそばにありましたが、池のそばですね。あれも松くい虫ではないという報告を受けております。あと大きい、グラウンドの入り口の大きい松2つも今、技師の話では松くい虫ではないんじゃないかという現地での話でございます。それを持ち帰って今検査中でございます。あと文化財指定以外のテニスコートの周辺と幼稚園の周辺、そこにつきましてもかなり松が弱っていると。松くい虫の徴候は今のところ見られないんですけれども、埋め土とかそしてこれまでのテニスコートの整備とかいろんな形で弱っているのは間違いないということで、今後3月と5月に散布、防除も含めて栄養剤の防除をした方がいいと。その前提条件としまして、PTAの皆さんで枯れている枝を早急に落としてくださいということで学校側にお願いして、もう既に回ってみましたら枝が落とされております。そういうことで経緯を見ながら基本的には県としては3カ年間大丈夫な松は今後大丈夫だろうという見通しを立てているようです。その間、こういう松並木の保存に関して後継松を今、松くい虫に強い今残っている樹木の種をとりまして、どんどん選抜して約1,000本ほどポット上げしてあるようです。できるだけ早目にそれをそういうところに私どもにいただきたいということも要請してありますので、今後植栽も含めて、栄養剤、空中散布のですね。含めて林業事務所と調整しながらやっていきたいと思います。以上です。



○議長(小渡久和) ほかに質疑はありませんか。當眞嗣則議員。



◆2番(當眞嗣則) 17ページの先ほど、淳議員それから島袋議員からもありました駐車場用地の件ですけど、これについて特に関連の周辺に、リゾート計画があるという話で今進んでいますけど、そことの兼ね合いでの林帯というんですかね、要するに区域を緑化するための林帯等も含めて考えているのかどうかですね。常々こっち回るときに大変セキュリティーで問題のところなんだけど、そこら付近の配慮がちょっと欠けているんじゃないかと常々思っているものですから、そこも含めてこの用地というのは大体考えているのか、また配置も考えているのか。それをお伺いしたいと思います。

 それから松につきましては、先ほども何度も言われていますとおり県の教育課長の答弁でもありましたけど、樹医さん、この北部からということもありましたけどね。地域にもそういう人もいますし、うんと活用して考えてみたらどうかと思いますけど、この2点お伺いしたいと思います。



○議長(小渡久和) 安富企画課長。



◎企画課長(安富繁) 當眞嗣則議員にお答えいたします。

 今、林帯を考えているかということでございました。多分セキュリティー関係で必要だという話だと思うんですが。現在駐車場の面積の中に張り芝等の項目がございますが、今、林帯というふうなところはございません。よって今後、外郭はフェンスはセキュリティーのために今計画しているんですが、これとあわせてできるかどうか検討してまいりたいと思います。



○議長(小渡久和) 末石社会教育課長。



◎社会教育課長(末石森春) あわせて當眞議員にお答えいたします。

 樹木医の活用につきましては、本村としましてはグラウンドの移植した松、そして慰霊の塔、福山、松田小学校も含めて3年ほど前から常に樹木のマップをつくりながらチェックするようにということで、既にグラウンドも松田小学校も一部は終わっているわけですけれども、今後ともそういう樹木医連携をとりながらやっていきたいと考えております。以上です。



○議長(小渡久和) ほかに質疑はありませんか。

 島袋 弘議員。



◆6番(島袋弘) 1点だけお願いします。29ページのもう先ほどから質疑出ておりますけれども、宜野座団地の解体はよろしゅうございますけれども、駐車場ですね。その場所になぜ駐車場なのかと、何のためにここに駐車場をつくるのかなということでちょっと疑問なんですが。給食センター、これの耐用年数はどうなっているのか。いつまでで改築するときは場所はどこにやるのか。私は駐車場であれば、今の予定されている宜野座団地よりも向こうの方が駐車場としての機能は高いというような感じをしますけれども、将来に向けてもちろん建物はすべておのずと耐用年数あるわけですから、中央公民館まで含めたものの長期的な考え方を持つならばということを考えてみますと、いまだに団地の跡に駐車場が果たして機能的にいいのであるのか。あるいはそのほかの施設を移設するための地として確保しておくということも必要ではないかなというふうなことも考えますけれども、まずは給食センターの耐用年数と改築年度がいつか入っているのかどうか、予定があるのかどうか。そこからまずお聞きしたいなと思います。



○議長(小渡久和) 東村長。



◎村長(東肇) 島袋議員にお答えいたします。

 給食センターの耐用年数と改築予定はどうかということであります。耐用年数につきましては今のところ私はないと見ております。しかし老朽化していまして、やはり改築をしなきゃいかんということになっております。この改築に向けていろいろと国とも予算調整をしていまして、給食センターとしての今補助メニューがないということで文部科学省にすれば4,500万円で打ち切りだということで、到底これだけの補助では対応できない、建設できないということでいろいろと国の機関と調整をして何とか給食センターの機能が果たせる施設ができないかということで今調整をしていまして、村の食文化供給施設とかといういろいろな交流型の施設としてさらにはまた研修室、あるいはレストランとかを含めての施設で今調整をしているところでございまして、これの場所についても今どこにがいいかということでいろいろと検討しております。国道の改修計画もありまして、この改良ができれば国道沿いに持っていっていろいろとそこの商売、営業もできる方向の場所がいいかなということも検討しております。それから今駐車場ということで跡地を整備しますが、これも宜野座区からもこちらにコミュニティー的な施設の要請も上がっていまして、既にそこで事業を展開するということは今のところいろいろな面からまだ計画されていませんので、当面についてはこの建物を壊さなきゃいかんということになっていますので、壊した後はどうするかといったらやはり舗装して一時的にでも駐車場とも使える方向に整備していきたいという考えでやっています。



○議長(小渡久和) 島袋 弘議員。



◆6番(島袋弘) 永久的な駐車場という考え方はないというようなというふうに受け取っております。簡易な事業というのはいつ、先ほどから私申し上げました給食センターとか、そのほかにもまたどういう施設がその場所に必要なってくるかということも、いつそれが起こるかもわかりませんからそのときには対応ができるように、私はここはもうその場所は駐車場よりもほかのものがいいだという気がします。ですから駐車場として解体してそのまま放置するということはできないと思いますので、当面、駐車場ということはあまり金かけないような簡易の程度の駐車場をしていていいのではないかなと。即できるようにですね。また給食センターというのは学校給食センターにつきましては、これもそれ以外のものとの供用というのは不可能であろうと思うんですよ、衛生上の問題から宿泊施設ができるからそこもその給食センターも活用するというのは、これはもうできるようなことでは決してない、衛生上の問題からですね。全然別個のものになると思いますので、宿泊施設の計画があるように聞いております。ならば、それはそれの調理室をつくるべきであって、学校給食センターを活用するということはそれはやるべきものではないというふうなことであります。ですからあくまでも学校の給食センターにつきましては、独立の建物でなければならないというように考えますので、これは教育委員会として、もうこれそろそろなんですよ。そろそろだと思いますよ。教育長そういうもの教育委員会、その計画が今すぐお答えできないというのは私はちょっと不可解なんですけど、かなり耐力度調査かなり到達していると思いますよ。随分もう古いですから、ですから時間の問題であると思いますので、早急に場所の選定であるとか、急がないといけないだろうと。事故が起こってからでは遅過ぎますので、そういうことも視野に入れての駐車場の整備ということについては当たった方がいいのではないかなと思いますが、1,000万円予算計上されておりますけど、予算は予算でありますので。執行に当たっては私はこれは駐車場は簡易なものでよろしいかなと思いますけれども、その辺についての考え方をまずは再度お聞かせいただきたいなと思います。強固なアスファルトでやっていくのであるのか。コーラル程度のものでやっていくのか。将来変更されやすいようなというようなことも含めて再度お願いして終わります。



○議長(小渡久和) 島田建設課長。



◎建設課長(島田忠博) 島袋 弘議員にお答えいたします。

 今、駐車場の構造的なものはどうかという御質疑でございますが、確かに今議員がおっしゃるとおり大金をかけてやるべきではないと思っております。そういうことで担当としましては、簡易的な舗装、それから赤土が発生しますので赤土流出防止を兼ねた、簡易的な考え方で舗装厚も3センチ程度ちょっと赤土が流出しない程度、そういった方法で整備していきたいと考えております。それからこの1,000万円の予算の中には解体工事費が主なウエートを置いておりますので御理解お願いしたいと思います。以上でございます。



○議長(小渡久和) 當眞嗣則議員。



◆2番(當眞嗣則) 先ほどの説明を聞いてびっくりしているんですけど、駐車場の需要があってこれお願いしているのかなと。ただ草が生えるから一時的にやるというような感じにしか聞こえないものですから、そんな考え方であれば今緑化振興会に相当の売れない苗というのが相当あるわけですね。それを中間にちゃんと養成所にしてやっておけば、後々いろんな建物をつくったときでもこれをまた外に移すこともできるし、大変もったいない金の使い方じゃないかと思いますけど、再度そこら辺をお伺いします。



○議長(小渡久和) 東村長。



◎村長(東肇) 當眞議員にお答えいたします。

 非常に役場の周辺、グラウンドの周辺ですね、駐車場が不足しております。実際にキャンプとかの場合ですね。だから駐車場は私は幾らでも欲しい場所だと思っておりますので、当面この団地は撤去しなければならないということになっておりまして、せっかく撤去するんですからやはりそこは今の簡易的な舗装もして駐車場にしていた方がいいんじゃないかという考えでございます。



○議長(小渡久和) 當眞嗣則議員。



◆2番(當眞嗣則) 需要がこんなにあるんだったらそれでいいと思いますけど、答弁の状況を聞いて私びっくりして質疑しましたので了といたします。



○議長(小渡久和) ほかに質疑ございませんか。

 城間盛春議員。



◆10番(城間盛春) もうただいまの議題は一般会計補正予算ですが、いろんな面まで波及していっているようで。補正予算について質疑させていただきます。サーバーファームですね、そこの用地購入するということですが文化財はないんですか。



○議長(小渡久和) 末石社会教育課長。



◎社会教育課長(末石森春) 10番 城間議員にお答えいたします。

 私どもの文化財のマップ、新しいマップのこれは平成17年度にできたもので、担当職員、学芸員、関係者が踏査をしてどこどこに、また歴史的なものを踏まえながらつくったマップの中では、現在のサーバーファームのところの文化財はございません。



○議長(小渡久和) 城間盛春議員。



◆10番(城間盛春) 踏査したわけですね。踏査と調査とどんな違いがありますか。



○議長(小渡久和) 末石社会教育課長。



◎社会教育課長(末石森春) 踏査というのは事前に宜野座村全体を、ここにはこういうのがあるだろうという前提のもとに担当者が事前調査をします。それをマップに移していろんな業者から、関係者から文化財ありますかないですかということで依頼があるときにはこの辺にはないと思います。しかし慎重を期して、試掘はしたいなというときにはまた調査をしていくわけです。試掘、そして本調査といきます。今回の事前踏査ではないということになっております。



○議長(小渡久和) 城間盛春議員。



◆10番(城間盛春) 村が事業するものについては今まで文化財の調査というのは1回もないんですね。ところがいろんな企業が来るというときには、もう皆さん方しょっちゅう文化財、文化財ということで何年も待たされている企業もあるんですよ。この辺はよう考えていただきたいなと思います。宜野座村のいろんな産業の振興においても、マイナスにならないようなやり方をしていただきたいなと思います。今回ないということですからいいです。いいですが、そのほかにあと1点だけお願いします。先ほどから出ています駐車場の件ですね。村営団地の跡地利用、これも宜野座区から村おこしのために使いたいということで村の方に要望出されていると思うんですよ。いろんな計画をしてやりたいんだけれどということですが、そのことの話を宜野座区とやったことがあるのか、要望は出されておりますよ。ところが今見たら即駐車場ですよ。何の調整もなくして即駐車場でオーケーできますか。調整やったことあるんですか、どうぞ。



○議長(小渡久和) 東村長。



◎村長(東肇) 城間議員にお答えいたします。

 先ほども話しましたが、宜野座区からも要請が上がっているということをお話したところでございまして、そしてそのときも皆さんにその要請に来た皆さんに、当面はこちらは駐車場にしておきたいということを申し上げております。さらに今即そういう事業というのが今計画されているわけではありませんから、ということも申し上げていろいろ区の要請もありますし、いろいろな面からまた事業のメニューも探さないといけませんし、そしてまたこの公園も含めて役場の周辺全体を含めた計画の中で、この事業施設については考えていきましょうということで区の要請の皆さんにはお答えしたところでございます。



○議長(小渡久和) 城間盛春議員。



◆10番(城間盛春) 私は思うんですが、駐車場はだれのための駐車場かはわかりませんよ。その目的は一体だれがとめるんですか、お願いします。



○議長(小渡久和) 東村長。



◎村長(東肇) 駐車場の目的ですがやはり役場にいらっしゃるお客さんの皆さん、あるいはまた先ほども申し上げました阪神キャンプのときの駐車場がなくて今困っている、あっちこっち探している状況でございまして、やはり近くにこういう広場があれば駐車場にできる方向にしていた方が私は一番いいと思います。



○議長(小渡久和) 城間盛春議員。



◆10番(城間盛春) キャンプといっても2週間でしょう。2週間のためにここつくるんですか。何十台とまるかわかりませんが。それよりもどうぞお願いしたいですね。村は各区からもいろんな要望が出てくると思うんですよ。その辺はちゃんといろんな要請が、無謀な要請だったらそれは却下していいと思うんですが、それは聞く耳も少しは持っていただきたいなと思いますよ。聞く耳も持ってそれから初めて、ほかのこともやっていただきたいと思います。宜野座区からせっかく村おこしに利用させていただきたいということもして、行政委員会も経てちゃんと村に要請出ていると思いますよ。それもありながら区には何の話もなくして、ここでも補正ということです。別に答えなくていいですが、私は聞く耳も持ってほしいと思います。以上で終わります。



○議長(小渡久和) 東村長。



◎村長(東肇) 続けて、答えは必要ないと言いますが。私は聞く耳はたくさん持って聞いているつもりでございます。しかしいろいろと皆さんとの調整、財政の問題、事業の問題、すべての調整をして事業はできるものだと思っております。即事業はい、できますということは私はないと思いますし、さらに今その場所の駐車場というのは現在宜野座小学校のいろいろのPTAの皆さんとか、グラウンドを使う皆さんが今路上に駐車している状況でありまして、やはりその駐車場というのは非常に私は大事だと思っております。



○議長(小渡久和) ほかに質疑ございませんか。

 嘉手納良弘議員。



◆8番(嘉手納良弘) 25ページの6款 農林水産業費、そこの13節 委託料ですね。城原地区遊休農地解消事業、この件につきましては去った9月の決算特別委員会でもいろいろ説明受けましたけども、その後の経過についてちょっと説明をしていただきたいと思います。



○議長(小渡久和) 山川農業委員会事務局長。



◎農業委員会事務局長(山川清八) 嘉手納議員にお答えいたします。

 まず最初に、委託料の件の方から先に説明したいと思います。今回補正をお願いした31万5,000円については、平成17年度城原地区遊休農地解消事業の精算設計業務にかかる経費であります。職員の病休、休職によって精算設計書がまだ作成されていないという事情がありますので、今回補正をお願いしております。それについてはまずそういうことです。それとその後の経緯についてということでの御質疑でしたが、権利者等の話し合いも踏まえまして円満に解決できるように話し合いを進めているところであります。この土地の賃借については、6年というところまでの話し合いはそこまでは進んでおります。ということです。以上です。



○議長(小渡久和) 嘉手納良弘議員。



◆8番(嘉手納良弘) 9月の決算特別委員会のときに、土が地主の畑から別のところに移ったという経緯があります。その点の問題はどういうふうになったんですか、その後は。



○議長(小渡久和) 山川農業委員会事務局長。



◎農業委員会事務局長(山川清八) 再度お答えいたします。

 それにつきましては県との調整等もありまして、その中でこの事業費の中で客土費としてのとらえ方をしていこうと、今そういうことで進めております。それで権利者の皆さん、9名いますが相続権利者ですね、集まっていただきましてその中での話し合いをまず持っております。ですがその段階でまだそういった額の提示とかその辺まではまだいっておりません。以上です。



○議長(小渡久和) 嘉手納良弘議員。



◆8番(嘉手納良弘) その件について村長、助役、担当者、いろいろ話し合いを持たれたようなことがあります。その話し合いの中ではどういうふうな方向になったのかお聞かせください。



○議長(小渡久和) 東村長。



◎村長(東肇) 嘉手納議員に続けてお答えいたします。

 この遊休地の問題につきましてはもうほんとに皆さんにも大変御迷惑をかけているところでございます。ほんとに行政の中での事務手続の不手際から、ほんとに地主の皆さん、あるいはまた村民の皆さん、議会の皆さんにも大変迷惑をおかけしたことを心からおわびを申し上げます。私としましてはやはり地主の皆さんを大事にしながら、そしてそこの家族、家庭も大事にしながら円満に解決していきたいということで、誠心誠意今話し合いをしているところでございます。そういう中でこの家族の皆さんも一応村の事業に対して協力していこうということまで話は進んできておりまして、またあと一歩もう少し話を十分煮詰めていかなきゃいかんなということもありましてまだ時間がかかる予定をしております。地主の皆さんも村の事業に関して協力していくということになっておりますので、今後なお誠意を持って話をしていきたいと考えております。



○議長(小渡久和) 嘉手納良弘議員。



◆8番(嘉手納良弘) この件につきましては、私はもう少し議会としても調査とかをやる必要があるのではないかと思いますので、議長の方に城原地区遊休農地解消事業の件につきましては、特別委員会の設置を要望します。



○議長(小渡久和) ほかに質疑ございませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第49号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって、議案第49号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第49号 平成18年度宜野座村一般会計補正予算(第4号)についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって、議案第49号は原案のとおり可決されました。

 暫時休憩します。            (11時22分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                     (11時31分)



△日程第2.議案第50号 宜野座村税条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第50号 宜野座村税条例の一部を改正する条例について、御説明申し上げます。

 本案件は、地方税法等の一部改正及び地方税法施行令等の一部改正並びに地方税法施行規則等の一部改正に伴い、条例の整理修正のため、宜野座村税条例の一部を改正する案件でございます。

 条例の内容等詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、よろしく御審議の上、議決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(小渡久和) 真壁税務課長。



◎税務課長(真壁朝雄) 議案第50号 宜野座村条例の一部を改正する条例について、御説明を申し上げます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第50号                                          ┃
┃                                               ┃
┃             宜野座村税条例の一部を改正する条例について             ┃
┃                                               ┃
┃ 平成18年12月19日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┃                                               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                               ┃
┃              宜野座村税条例の一部を改正する条例                ┃
┃                                               ┃
┃                                     平成  年 月 日 ┃
┃                                     条 例 第   号 ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村税条例(昭和47年条例第30号)の一部を次のように改正する。              ┃
┃ 目次及び本則を次のように改める。                              ┃
┃目次                                             ┃
┃ 第1章 総則                                        ┃
┃  第1節 通則(第1条〜第6条)                              ┃
┃  第2節 賦課徴収(第7条〜第22条)                            ┃
┃ 第2章 普通税                                       ┃
┃  第1節 村民税(第23条〜第53条の12)                           ┃
┃  第2節 固定資産税(第54条〜第79条)                           ┃
┃  第3節 軽自動車税(第80条〜第91条)                           ┃
┃  第4節 村たばこ税(第92条〜第102条)                           ┃
┃  第5節 鉱産税(第103条〜第130条)                            ┃
┃  第6節 特別土地保有税(第131条〜第140条の7)                      ┃
┃ 附則                                            ┃
┃  第1章 総則                                       ┃
┃   第1節 通則                                      ┃
┃  (課税の根拠)                                      ┃
┃第1条 村税の税目、課税客体、課税標準、税率その他賦課徴収については、法令その他別に定があるも┃
┃ ののほか、この条例の定めるところによる。                          ┃
┃ (用語)                                          ┃
┃第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。    ┃
┃ (1)徴税吏員 村長又はその委任を受けた村吏員をいう。                   ┃
┃ (2)徴収金 村税並びにその督促手数料、延滞金、過少申告加算金、不申告加算金、重加算金及び滞┃
┃   納処分費をいう。                                    ┃
┃ (3)納付書 納税者が徴収金を納付するために用いる文書で、村が作成するものに納税者の住所及び┃
┃   氏名又は名称並びにその納付すべき徴収金額その他納付について必要な事項を記載するものをい ┃
┃   う。                                          ┃
┃ (4)納入書 特別徴収義務者が徴収金を納入するために用いる文書で、村が作成するものに、特別徴┃
┃   収義務者の住所及び氏名又は名称並びにその納入すべき徴収金額その他納入について必要な事項を┃
┃   記載するものをいう。                                  ┃
┃ (税目)                                          ┃
┃第3条 村税として課する普通税は、次に掲げるものとする。                   ┃
┃ (1)村民税                                        ┃
┃ (2)固定資産税                                      ┃
┃ (3)軽自動車税                                      ┃
┃ (4)村たばこ税                                      ┃
┃ (5)鉱産税                                        ┃
┃ (6)特別土地保有税                                    ┃
┃ (宜野座村行政手続条例の適用除外)                             ┃
┃第4条 宜野座村行政手続条例(平成10年条例第14号)第3条又は第4条に定めるもののほか、村税に関┃
┃ する条例、規則等の規定による処分その他公権力の行使に当たる行為については、同条例第2章及び第┃
┃ 3章の規定は、適用しない。                                 ┃
┃2 宜野座村行政手続条例第3条、第4条及び第33条第3項に定めるもののほか、徴収金を納付し、又は┃
┃ 納入する義務の適正な実現を図るために行われる行政指導(同条例第2条第6号に規定する行政指導を┃
┃ いう。)については、同条例第33条第2項及び第34条の規定は、適用しない。           ┃
┃第5条 削除                                         ┃
┃ (条例施行の細目)                                     ┃
┃第6条 この条例実施のための手続その他その施行について必要な事項は、この条例で定めるもののほ ┃
┃ か、規則で定める。                                     ┃
┃   第2節 賦課徴収                                    ┃
┃ (課税洩れ等に係る村税の取扱)                               ┃
┃第7条 課税洩れに係る村税又は詐偽その他不正の行為により免かれた村税があることを発見した場合に┃
┃ おいては、課税すべき年度(法人税割にあっては、その課税標準の算定期間の末日現在)の税率によっ┃
┃ てその全額を直ちに徴収する。                                ┃
┃第8条から第17条まで 削除                                  ┃
┃ (公示送達)                                        ┃
┃第18条 地方税法(昭和25年法律第226号。以下「法」という。)第20条の2の規定による公示送達は、 ┃
┃ 宜野座村公告式条例(昭和47年条例第3号)第2条第2項に規定する掲示場に掲示して行うものとす ┃
┃ る。                                            ┃
┃ (災害等による期限の延長)                                 ┃
┃第18条の2 村長は、広範囲にわたる災害その他やむを得ない理由により、法又はこの条例に定める申 ┃
┃ 告、申請、請求その他書類の提出(不服申立てに関するものを除く。)又は納付若しくは納入(以下こ┃
┃ の条中「申告等」という。)に関する期限までにこれらの行為をすることができないと認める場合に ┃
┃ は、地域、期日その他必要な事項を指定して当該期限を延長するものとする。           ┃
┃2 前項の指定は、村長が公示によって行うものとする。                     ┃
┃3 村長は、災害その他やむを得ない理由により、申告等に関する期限までにこれらの行為をすることが┃
┃ できないと認める場合には、第1項の規定の適用がある場合を除き、当該行為をすべき者の申請によ ┃
┃ り、その理由のやんだ日から納税者については2月以内、特別徴収義務者については30日以内におい ┃
┃ て、当該期限を延長するものとする。                             ┃
┃4 前項の申請は、同項に規定する理由がやんだ後速やかに、その理由を記載した書面でしなければなら┃
┃ ない。                                           ┃
┃5 村長は、第3項に規定する期限を延長したときは、期日その他必要な事項を納税者又は特別徴収義務┃
┃ 者に通知しなければならない。当該期限の延長を認めないときも、また同様とする。        ┃
┃ (納税証明事項)                                      ┃
┃第18条の3 地方税法施行規則(昭和29年総理府令第23号。以下「施行規則」という。)第1条の9第2┃
┃ 号に規定する事項は、道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第59条第1項に規定する検査対象軽自 ┃
┃ 動車又は2輪の小型自動車について天災その他やむを得ない事由により軽自動車税を滞納している場合┃
┃ においてその旨とする。                                   ┃
┃ (納税証明書の交付手数料)                                 ┃
┃第18条の4 法第20条の10の納税証明書の交付手数料は、証明書1枚ごとに100円とする。ただし、道路運┃
┃ 送車両法第97条の2に規定する証明書については手数料を徴しない。               ┃
┃2 前項の納税証明書の枚数の計算については、年度、税目、証明事項等を基準として規則で定める。 ┃
┃ (納期限後に納付し、又は納入する税金又は納入金に係る延滞金)                ┃
┃第19条 納税者又は特別徴収義務者は、第40条、第46条、第46条の2若しくは第46条の5(第53条の7の┃
┃ 2において準用する場合を含む。以下この条において同じ。)、第48条第1項(法第321条の8第27項 ┃
┃ 及び第28項の申告書に係る部分を除く。)、第53条の7、第67条、第83条第2項、第98条第1項若しく┃
┃ は第2項、第102条第2項、第105条又は第139条第1項に規定する納期限後にその税金を納付し、又は ┃
┃ 納入金を納入する場合においては、当該税額又は納入金額にその納期限(納期限の延長があったとき ┃
┃ は、その延長された納期限とする。以下第1号及び第2号において同じ。)の翌日から納付又は納入の┃
┃ 日までの期間の日数に応じ、年14.6パーセント(次の各号に掲げる税額の区分に応じ、当該各号に掲げ┃
┃ る期間については、年7.3パーセント)の割合を乗じて計算した金額に相当する延滞金額を加算して納 ┃
┃ 付書によって納付し、又は納入書によって納入しなければならない。               ┃
┃ (1)第40条、第46条、第46条の2若しくは第46条の5、第53条の7、第67条、第83条第2項、第102 ┃
┃   条第2項又は第105条の納期限後に納付し、又は納入する税額 当該納期限の翌日から1月を経過 ┃
┃   する日までの期間                                    ┃
┃ (2)第48条第1項の申告書(法第321条の8第1項、第2項、第4項、第5項又は第24項の規定によ ┃
┃   る申告書に限る。)、第98条第1項若しくは第2項の申告書又は第139条第1項の申告書に係る税 ┃
┃   額(第4号に掲げる税額を除く。)当該税額に係る納期限の翌日から1月を経過する日までの期間┃
┃ (3)第48条第1項の申告書(法第321条の8第27項及び第28項の申告書を除く。)、第98条第1項若 ┃
┃   しくは第2項の申告書又は第139条第1項の申告書でその提出期限後に提出したものに係る税額  ┃
┃   当該提出した日までの期間又はその日の翌日から1月を経過する日までの期間         ┃
┃ (4)法第601条第3項若しくは第4項(これらの規定を法第602条第2項及び第603条の2の2第2項 ┃
┃   において準用する場合を含む。)、第603条第3項又は第603条の2第5項の規定によって徴収を猶┃
┃   予した税額 当該猶予した期間又は当該猶予した期間の末日の翌日から1月を経過する日までの期┃
┃   間                                           ┃
┃ (年当たりの割合の基礎となる日数)                             ┃
┃第20条 前条、第43条第2項、第48条第3項、第50条第2項、第52条、第53条の12第2項、第72条第2 ┃
┃ 項、第98条第5項、第101条第2項、第139条第2項及び第140条第2項の規定に定める延滞金の額の計 ┃
┃ 算につきこれらの規定に定める年当たりの割合は、閏年の日を含む期間についても、365日当たりの割 ┃
┃ 合とする。                                         ┃
┃ (督促手数料)                                       ┃
┃第21条 徴税吏員は、督促状を発した場合においては、督促状1通について、100円の督促手数料を徴収 ┃
┃ しなければならない。ただし、やむを得ない理由があると認める場合においては、これを徴収しない。┃
┃第22条 削除                                         ┃
┃  第2章 普通税                                      ┃
┃   第1節 村民税                                     ┃
┃ (村民税の納税義務者等)                                  ┃
┃第23条 村民税は、第1号の者に対しては均等割額及び所得割額の合算額によって、第3号の者に対して┃
┃ は均等割額及び法人税割額の合算額によって、第2号及び第4号の者に対しては均等割額によって課す┃
┃ る。                                            ┃
┃ (1)村内に住所を有する個人                                ┃
┃ (2)村内に事務所、事業所又は家屋敷を有する個人で、村内に住所を有しないもの        ┃
┃ (3)村内に事務所又は事業所を有する法人                          ┃
┃ (4)村内に寮、宿泊所、クラブその他これらに類する施設(以下「寮等」という。)を有する法人で┃
┃   当該村内に事務所又は事業所を有しないもの及び村内に事務所、事業所又は寮等を有する法人でな┃
┃   い社団又は財団で代表者又は管理人の定めのあるもの(第3項に規定するものを除く。第31条第2┃
┃   項及び第45条第1項において同じ。)                           ┃
┃2 外国法人に対するこの節の規定の適用については、その事業が行われる場所で地方税法施行令(昭和┃
┃ 25年政令第245号。以下「令」という。)第46条の4に規定する場所をもってその事務所又は事業所と ┃
┃ する。                                           ┃
┃3 法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めがあり、かつ、令第47条に規定する収益事業を行┃
┃ うもの(当該社団又は財団で収益事業を廃止したものを含む。)は、法人とみなして、この節中法人に┃
┃ 関する規定をこれに適用する。                                ┃
┃ (個人の村民税の非課税の範囲)                               ┃
┃第24条 次の各号のいずれかに該当する者に対しては、村民税(第2号に該当する者にあっては、第53条┃
┃ の2の規定によって課する所得割(以下「分離課税に係る所得割」という。)を除く。)を課さない。┃
┃ ただし、法の施行地に住所を有しない者については、この限りでない。              ┃
┃ (1)生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による生活扶助を受けている者          ┃
┃ (2)障害者、未成年者、寡婦又は寡夫(これらの者の前年の合計所得金額が1,250,000円を超える場 ┃
┃   合を除く。)                                      ┃
┃2 法の施行地に住所を有する者で均等割のみを課すべきもののうち、前年の合計所得金額が28万円にそ┃
┃ の者の控除対象配偶者及び扶養親族の数に1を加えた数を乗じて得た金額(その者が控除対象配偶者又┃
┃ は扶養親族を有する場合には、当該金額に168,000円を加算した金額)以下である者に対しては、均等 ┃
┃ 割を課さない。                                       ┃
┃ (村民税の納税管理人)                                   ┃
┃第25条 村民税の納税義務者は、村内に住所、居所、事務所、事業所又は寮等を有しない場合において ┃
┃ は、村内に住所、居所、事務所若しくは事業所を有する者(個人にあっては、独立の生計を営むものに┃
┃ 限る。)のうちから納税管理人を定め、これを定める必要が生じた日から10日以内に納税管理人申告書┃
┃ を村長に提出し、又は村外に住所、居所、事務所若しくは事業所を有する者(個人にあっては、独立の┃
┃ 生計を営むものに限る。)のうち納税に関する一切の事項の処理につき便宜を有するものを納税管理人┃
┃ として定めることについて納税管理人承認申請書を村長に同日から10日以内に提出してその承認を受け┃
┃ なければならない。納税管理人を変更し、又は変更しようとする場合その他納税管理人申告書又は納税┃
┃ 管理人承認申請書に記載した事項に異動を生じた場合においても、また、同様とし、その提出の期限 ┃
┃ は、その異動を生じた日から10日を経過した目とする。                     ┃
┃2 前項の規定にかかわらず、当該納税義務者は、当該納税義務者に係る村民税の徴収の確保に支障がな┃
┃ いことについて村長に申請書を提出してその認定を受けたときは、納税管理人を定めることを要しな ┃
┃ い。この場合において、当該申請書に記載した事項に異動を生じたときは、その異動を生じた日から10┃
┃ 日以内にその旨を村長に届け出なければならない。                       ┃
┃ (村民税の納税管理人に係る不申告に関する過料)                       ┃
┃第26条 前条第2項の認定を受けていない村民税の納税義務者で同条第1項の承認を受けていないものが┃
┃ 同項の規定によって申告すべき納税管理人について正当な事由がなくて申告しなかった場合において ┃
┃ は、その者に対し、3万円以下の過料を科する。                         ┃
┃2 前項の過料の額は、情状により、村長が定める。                       ┃
┃3 第1項の過料を徴収する場合において発する納入通知書に指定すべき納期限は、その発付の日から10┃
┃ 日以内とする。                                       ┃
┃第27条から第30条まで 削除                                  ┃
┃ (均等割の税率)                                      ┃
┃第31条 第23条第1項第1号又は第2号の者に対して課する均等割の税率は、年額3,000円とする。   ┃
┃2 第23条第1項第3号又は第4号の者に対して課する均等割の税率は、次の表の左欄に定める法人等 ┃
┃ (法人及び法人でない社団又は財団で代表者又は管理人の定めのあるものをいう。以下この節において┃
┃ 同じ。)の区分に応じ、それぞれ当該右欄に定める額とする。                  ┃
┃ ┌───────────────────────────────┬───────────┐ ┃
┃ │            法人等の区分             │    税率     │ ┃
┃ ├───────────────────────────────┼───────────┤ ┃
┃ │1 資本金等の額(法人税法(昭和40年法律第34号)第2条第16号に│  年額  3,000,000円│ ┃
┃ │ 規定する資本金等の額又は同条第17号の2に規定する連結個別資本│           │ ┃
┃ │ 金等の額(保険業法(平成7年法律第105号)に規定する相互会社 │           │ ┃
┃ │ にあっては、令第45条の3の2に定めるところにより算定した純資│           │ ┃
┃ │ 産額)をいう。次号から第8号までにおいて同じ。)が50億円を超│           │ ┃
┃ │ える法人(保険業法に規定する相互会社以外の法人で資本金の額又│           │ ┃
┃ │ は出資金の額を有しないもの並びに法人税法第2条第5号の公共法│           │ ┃
┃ │ 人及び同条第6号の公益法人等(防災街区整備事業組合、管理組合│           │ ┃
┃ │ 法人及び団地管理組合法人、マンション建替組合、地方自治法(昭│           │ ┃
┃ │ 和22年法律第67号)第260条の2第1項の認可を受けた地縁による │           │ ┃
┃ │ 団体並びに特定非営利活動促進法(平成10年法律第7号)第2条第│           │ ┃
┃ │ 2項に規定する法人を含む。)で均等割のみを課されるものを除 │           │ ┃
┃ │ く。次号から第8号までにおいて同じ。)で村内に有する事務所、│           │ ┃
┃ │ 事業所又は寮等の従業者(俸給、給料若しくは賞与又はこれらの性│           │ ┃
┃ │ 質を有する給与の支給を受けることとされる役員を含む。)の数の│           │ ┃
┃ │ 合計数(次号から第8号までにおいて「従業者数の合計数」とい │           │ ┃
┃ │ う。)が50人を超えるもの                  │           │ ┃
┃ ├───────────────────────────────┼───────────┤ ┃
┃ │2 資本金等の額が10億円を超え50億円以下である法人で従業者数の│  年額  1,750,000円│ ┃
┃ │ 合計数が50人を超えるもの                  │           │ ┃
┃ ├───────────────────────────────┼───────────┤ ┃
┃ │3 資本金等の額が10億円を超える法人で従業者数の合計数が50人以│  年額   410,000円│ ┃
┃ │ 下であるもの                        │           │ ┃
┃ ├───────────────────────────────┼───────────┤ ┃
┃ │4 資本金等の額が1億円を超え10億円以下である法人で従業者数の│  年額   400,000円│ ┃
┃ │ 合計数が50人を超えるもの                  │           │ ┃
┃ ├───────────────────────────────┼───────────┤ ┃
┃ │5 資本金等の額が1億円を超え10億円以下である法人で従業者数の│  年額   160,000円│ ┃
┃ │ 合計数が50人以下であるもの                 │           │ ┃
┃ ├───────────────────────────────┼───────────┤ ┃
┃ │6 資本金等の額が千万円を超え1億円以下である法人で従業者数の│  年額   150,000円│ ┃
┃ │ 合計数が50人を超えるもの                  │           │ ┃
┃ ├───────────────────────────────┼───────────┤ ┃
┃ │7 資本金等の額が千万円を超え1億円以下である法人で従業者数の│  年額   130,000円│ ┃
┃ │ 合計数が50人以下であるもの                 │           │ ┃
┃ ├───────────────────────────────┼───────────┤ ┃
┃ │8 資本金等の額が千万円以下である法人で従業者数の合計数が50人│  年額   120,000円│ ┃
┃ │ を超えるもの                        │           │ ┃
┃ ├───────────────────────────────┼───────────┤ ┃
┃ │9 前各号に掲げる法人以外の法人等              │  年額   50,000円│ ┃
┃ └───────────────────────────────┴───────────┘ ┃
┃ (均等割の税率)                                      ┃
┃3 前項に定める均等割の額は、当該均等割の額に、法第312条第3項第1号の法人税額の課税標準の算 ┃
┃ 定期間、同項第1号の2の連結事業年度開始の日から6月の期間若しくは同項第1号の3の連結法人税┃
┃ 額の課税標準の算定期間、同項第2号の均等割額の算定期間又は同項第3号若しくは第4号の期間中に┃
┃ おいて事務所、事業所又は寮等を有していた月数を乗じて得た額を12で除して算定するものとする。こ┃
┃ の場合における月額は、暦に従って計算し、1月に満たないときは1月とし、1月に満たない端数を生┃
┃ じたときは切り捨てる。                                   ┃
┃第32条 削除                                         ┃
┃ (所得割の課税標準)                                    ┃
┃第33条 所得割の課税標準は、前年の所得について算定した総所得金額、退職所得金額及び山林所得金額┃
┃ とする。                                          ┃
┃2 前項の総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額は、法又はこれに基づく政令で特別の定めをする┃
┃ 場合を除くほか、それぞれ所得税法(昭和40年法律第33号)その他の所得税に関する法令の規定による┃
┃ 所得税法第22条第2項又は第3項の総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額の計算の例によって算┃
┃ 定する。                                          ┃
┃3 法第23条第1項第15号に規定する特定配当等(以下この項及び次項並びに第34条の8において「特定┃
┃ 配当等」という。)に係る所得を有する者に係る総所得金額は、当該特定配当等に係る所得の金額を除┃
┃ 外して算定する。                                      ┃
┃4 前項の規定は、特定配当等に係る所得が生じた年の翌年の4月1日の属する年度分の第36条の2第1┃
┃ 項の規定による申告書(その提出期限後において村民税の納税通知書が送達される時までに提出された┃
┃ もの及びその時までに提出された第36条の3第1項の確定申告書を含む。)に特定配当等に係る所得の┃
┃ 明細に関する事項その他施行規則に定める事項の記載があるとき(これらの申告書にその記載がないこ┃
┃ とについてやむを得ない理由があると村長が認めるときを含む。)は、当該特定配当等に係る所得の金┃
┃ 額については、適用しない。                                 ┃
┃5 法第23条第1項第16号に規定する特定株式等譲渡所得金額(以下この項及び次項並びに第34条の8に┃
┃ おいて「特定株式等譲渡所得金額」という。)に係る所得を有する者に係る総所得金額は、当該特定株┃
┃ 式等譲渡所得金額に係る所得の金額を除外して算定する。                    ┃
┃6 前項の規定は、特定株式等譲渡所得金額に係る所得が生じた年の翌年の4月1日の属する年度分の第┃
┃ 36条の2第1項の規定による申告書(その提出期限後において村民税の納税通知書が送達される時まで┃
┃ に提出されたもの及びその時までに提出された第36条の3第1項の確定申告書を含む。)に特定株式等┃
┃ 譲渡所得金額に係る所得の明細に関する事項その他施行規則に定める事項の記載があるとき(これらの┃
┃ 申告書にその記載がないことについてやむを得ない理由があると村長が認めるときを含む。)は、当該┃
┃ 特定株式等譲渡所得金額に係る所得の金額については、適用しない。               ┃
┃第34条 削除                                         ┃
┃ (所得控除)                                        ┃
┃第34条の2 所得割の納税義務者が法第314条の2第1項各号のいずれかに掲げる者に該当する場合に  ┃
┃ は、同条第1項及び第3項から第12項までの規定により雑損控除額、医療費控除額、社会保険料控除 ┃
┃ 額、小規模企業共済等掛金控除額、生命保険料控除額、損害保険料控除額、寄附金控除額、障害者控除┃
┃ 額、寡婦(寡夫)控除額、勤労学生控除額、配偶者控除額、配偶者特別控除額又は扶養控除額を、所得┃
┃ 割の納税義務者については、同条第2項、第7項及び第12項の規定により基礎控除額をそれぞれその者┃
┃ の前年の所得について算定した総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額から控除する。     ┃
┃  (所得割の税率)                                     ┃
┃第34条の3 所得割は、次の表の左欄に掲げる金額の区分により課税総所得金額又は課税退職所得金額を┃
┃ 区分し、当該区分に応ずる同表の右欄に掲げる率を順次適用して計算した金額の合計額と、同表の左欄┃
┃ に掲げる金額の区分により課税山林所得金額の5分の1の金額を区分し、当該区分に応ずる当該率を順┃
┃ 次適用して計算した金額の合計額に5を乗じて得た金額との合計額によって課する。        ┃
┃ ┌─────────────┬─────────┐                     ┃
┃ │200万円以下の金額     │     100分の3│                     ┃
┃ ├─────────────┼─────────┤                     ┃
┃ │200万円を超える金額    │     100分の8│                     ┃
┃ ├─────────────┼─────────┤                     ┃
┃ │700万円を超える金額    │     100分の12│                     ┃
┃ └─────────────┴─────────┘                     ┃
┃2 前項の「課税総所得金額」、「課税退職薪得金額」又は「課税山林所得金額」とは、それぞれ前条の┃
┃ 規定による控除後の前年の総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額をいう。          ┃
┃ (変動所得又は臨時所得がある場合の税額の計算)                       ┃
┃第34条の4 前年において、法第314条の4に規定する変動所得(以下この条において「変動所得」とい ┃
┃ う。)の金額(前年前2年内に生じた変動所得の金額があるときは、前年の変動所得の金額が、前年前┃
┃ 2年内に生じた変動所得の金額の合計額の2分の1を超える場合の変動所得の金額に限る。)及び同条┃
┃ に規定する臨時所得の金額の合計額が総所得金額の100分の20以上である場合において、第36条の2第 ┃
┃ 1項の規定による申告書(その提出期限後において村民税の納税通知書が送達される時までに提出され┃
┃ たものを含む。)に法第317条の2第1項第6号に掲げる事項の記載があるとき(当該申告書の提出が ┃
┃ なかった場合又は当該申告書に当該事項の記載がなかった場合において、その提出がなかったこと又は┃
┃ その記載がなかったことについてやむを得ない事情があると村長が認めるときを含む。)は、当該総所┃
┃ 得金額に対する所得割の額は、前条の規定によって計算した金額によらず、所得税法第90条の規定の例┃
┃ によって計算した金額による。                                ┃
┃第34条の5 削除                                       ┃
┃ (法人税割の税率)                                     ┃
┃第34条の6 法人税割の税率は、100分の12.3とする。                       ┃
┃ (外国税額控除)                                      ┃
┃第34条の7 所得割の納税義務者が、外国の所得税等を課された場合においては、法第314条の7及び令 ┃
┃ 第48条の9の2に規定するところにより控除すべき額を、第34条の3及び第34条の4の規定を適用した┃
┃ 場合の所得割額から控除する。                                ┃
┃ (配当割額又は株式等譲渡所得割額の控除)                          ┃
┃第34条の8 所得割の納税義務者が、第33条第4項の申告書に記載した特定配当等に係る所得の金額の計┃
┃ 算の基礎となった特定配当等の額について法第2章第1節第5款の規定により配当割額を課された場合┃
┃ 又は同条第6項の申告書に記載した特定株式等譲渡所得金額に係る所得の金額の計算の基礎となった特┃
┃ 定株式等譲渡所得金額について法第2章第1節第6款の規定により株式等譲渡所得割額を課された場合┃
┃ には、当該配当割額又は当該株式等譲渡所得割額に100分の68を乗じて得た金額(法第37条の3の規定 ┃
┃ により控除されるべき額で同条の所得割の額から控除しきれなかった金額があるときは、当該配当割額┃
┃ 又は当該株式等譲渡所得割額に100分の68を乗じて得た金額に当該控除しきれなかった金額を加えた金 ┃
┃ 額)を、第34条の3、第34条の4及び前条の規定を適用した場合の所得割の額から控除する。    ┃
┃2 前項の規定により控除されるべき額で同項の所得割の額から控除しきれなかった金額があるときは、┃
┃ 当該控除しきれなかった金額は、令第48条の9の3から第48条の9の6までに定めるところにより、前┃
┃ 項の納税義務者に対しその控除しきれなかった金額を還付し、又は当該者の未納に係る徴収金に充当す┃
┃ る。                                            ┃
┃ (所得の計算)                                       ┃
┃第35条 第23条第1項第1号の者に対して所得割を課する場合においては、次に定めるところによって、┃
┃ その者の第33条第1項の総所得金額、退職所得金額又は山林所得金額を算定する。         ┃
┃ (1)その者が所得税に係る申告書を提出し、又は政府が総所得金額、退職所得金額若しくは山林所得┃
┃   金額を更正し、若しくは決定した場合においては、当該申告書に記載され、又は当該更正し、若し┃
┃   くは決定した金額を基準として算定する。ただし、当該申告書に記載され、又は当該更正し、若し┃
┃   くは決定した金額が過少であると認められる場合においては、自ら調査し、その調査に基づいて算┃
┃   定する。                                        ┃
┃ (2)その者が前号の申告書を提出せず、かつ、政府が同号の決定をしない場合においては、自ら調査┃
┃   し、その調査に基づいて算定する。                            ┃
┃第36条 村民税の納税義務者に係る所得税の基礎となった所得の計算が一般に著しく適正を欠くと認めら┃
┃ れる場合においては、各納税義務者について、法又はこれに基づく政令で特別の定めをする場合を除く┃
┃ ほか、所得税法その他の所得税に関する法令に規定する所得の計算の方法に従ってその所得を計算し、┃
┃ その計算したところに基づいて村民税を課する。                        ┃
┃ (村民税の申告)                                      ┃
┃第36条の2 第23条第1項第1号の者は、3月15日までに、施行規則第5号の4様式(別表)による申告┃
┃ 書を村長に提出しなければならない。ただし、法第317条の6第1項又は第4項の規定によって給与支 ┃
┃ 払報告書又は公的年金等支払報告書を提出する義務がある者から1月1日現在において給与又は公的年┃
┃ 金等の支払を受けている者で前年中において給与所得以外の所得又は公的年金等に係る所得以外の所得┃
┃ を有しなかったもの(公的年金等に係る所得以外の所得を有しなかった者で社会保険料控除額(令第48┃
┃ 条の9の7に規定するものを除く。)、小規模企業共済等掛金控除額、生命保険料控除額、損害保険料┃
┃ 控除額、寡婦(寡夫)控除額、勤労学生控除額、配偶者特別控除額若しくは法第314条の2第5項に規 ┃
┃ 定する扶養控除額の控除又はこれらと併せて雑損控除額、医療費控除額若しくは寄附金控除額の控除、┃
┃ 法第313条第8項に規定する純損失の金額の控除若しくは同条第9項に規定する純損失若しくはくは雑 ┃
┃ 損失の金額の控除を受けようとするものを除く。以下この条において「給与所得等以外の所得を有しな┃
┃ かった者」という。)及び第24条第2項に規定する者(施行規則第2条の2第1項の表の上欄の(2)┃
┃ に掲げる者を除く。)については、この限りでない。                      ┃
┃2 前項の規定によって申告書を村長に提出すべき者のうち、前年の合計所得金額が基礎控除額、配偶者┃
┃ 控除額及び扶養控除額の合計額以下である者(施行規則第2条の2第1項の表の上欄に掲げる者を除 ┃
┃ く。)が提出すべき申告書の様式は、施行規則第2条第2項ただし書の規定により、村長の定める様式┃
┃ による。                                          ┃
┃3 村長は、法第317条の6第1項の給与支払報告書又は同条第4項の公的年金等支払報告書が1月31日 ┃
┃ までに提出されなかった場合において、村民税の賦課徴収について必要があると認めるときは、給与所┃
┃ 得等以外の所得を有しなかった者を指定し、その者に第1項又は前項の申告書を村長の指定する期限ま┃
┃ でに提出させることができる。                                ┃
┃4 給与所得等以外の所得を有しなかった者(第1項又は前項の規定によって第1項の申告書を提出する┃
┃ 義務を有する者を除く。)は、雑損控除額、医療費控除額若しくは寄附金控除額の控除、法第313条第 ┃
┃ 8項に規定する純損失の金額の控除又は同条第9項に規定する純損失若しくは雑損失の金額の控除を受┃
┃ けようとする場合においては、3月15日までに、施行規則第5号の5様式又は第5号の6様式による申┃
┃ 告書を村長に提出しなければならない。                            ┃
┃5 第1項ただし書に規定する者(第3項の規定によって第1項の申告書を提出する義務を有する者を除┃
┃ く。)は、前年中において純損失又は雑損失の金額がある場合においては、3月15日までに、第1項の┃
┃ 申告書を村長に提出することができる。                            ┃
┃6 村長は、村民税の賦課徴収について必要があると認める場合においては、第23条第1項第1号の者の┃
┃ うち所得税法第226条第1項又は第3項の規定により前年の給与所得又は公的年金等に係る所得に係る ┃
┃ 源泉徴収票を交付されるものに、当該源泉徴収票又はその写しを提出させることができる。     ┃
┃7 村長は、村民税の賦課徴収について必要があると認める場合においては、第23条第1項第2号の者 ┃
┃ に、3月15日までに、賦課期日現在において、村内に有する事務所、事業所又は家屋敷の所在その他必┃
┃ 要な事項を申告させることかできる。                             ┃
┃8 村長は、村民税の賦課徴収について必要があると認める場合においては、新たに第23条第1項第3号┃
┃ 又は第4号の者に該当することとなった者に、当該該当することとなった日から30日以内に、その名 ┃
┃ 称、代表者又は管理人の氏名、主たる事務所又は事業所の所在、当該村内に有する事務所、事業所又は┃
┃ 寮等の所在、当該該当することとなった日その他必要な事項を申告させることができる。      ┃
┃第36条の3 第23条第1項第1号の者が前年分の所得税につき所得税法第2条第1項第37号の確定申告書┃
┃ (以下この条において「確定申告書」という。)を提出した場合には、この節の規定の適用について ┃
┃ は、当該確定申告書が提出された日に前条第1項又は第3項から第5項までの規定による申告書が提出┃
┃ されたものとみなす。ただし、同日前に当該申告書が提出された場合は、この限りでない。     ┃
┃2 前項本文の場合には、当該確定申告書に記載された事項(施行規則第2条の3第1項各号に掲げる事┃
┃ 項を除く。)のうち法第317条の2第1項各号又は第3項に規定する事項に相当するもの及び次項の規 ┃
┃ 定により付記された事項は、前条第1項又は第3項から第5項までの規定による申告書に記載されたも┃
┃ のとみなす。                                        ┃
┃3 第1項本文の場合には、確定申告書を提出する者は、当該確定申告書に、施行規則第2条の3第2項┃
┃ 各号に掲げる事項を付記しなければならない。                         ┃
┃ (村民税に係る不申告に関する過料)                             ┃
┃第36条の4 村民税の納税義務者のうち第36条の2第1項、第2項若しくは第3項の規定によって提出す┃
┃ べき申告書を正当な理由がなくて提出しなかった場合又は同条第7項若しくは第8項の規定によって申┃
┃ 告すべき事項について正当な理由がなくて申告をしなかった場合においては、その者に対し、3万円以┃
┃ 下の過料を科する。                                     ┃
┃2 前項の過料の額は、情状により、村長が定める。                       ┃
┃3 第1項の過料を徴収する場合において発する納入通知書に指定すべき納期限は、その発付の日から10┃
┃ 日以内とする。                                       ┃
┃ (個人の村民税の賦課期日)                                 ┃
┃第37条 個人の村民税の賦課期日は、当該年度の初日の属する年の1月1日とする。         ┃
┃ (個人の村民税の徴収の方法)                                ┃
┃第38条 個人の村民税は、第44条又は第53条の5の規定によって特別徴収の方法による場合を除くほか、┃
┃ 普通徴収の方法によって徴収する。                              ┃
┃2 個人の村民税は、当該個人の村民税を賦課し、及び徴収する場合に併せて賦課し、及び徴収する。 ┃
┃第39条 削除                                         ┃
┃ (個人の村民税の納期)                                   ┃
┃第40条 普通徴収の方法によって徴収する個人の村民税の納期は、次のとおりである。        ┃
┃ 第1期 6月1日から同月30日まで                              ┃
┃ 第2期 8月1日から同月31日まで                              ┃
┃ 第3期 10月1日から同月31日まで                              ┃
┃ 第4期 翌年1月1日から同月31日まで                            ┃
┃2 村長は、特別の事情がある場合において前項の納期により難いと認められるときは、同項の規定にか┃
┃ かわらず、同項に規定する期間内において別に納期を定めることができる。            ┃
┃ (個人の村民税の納税通知書)                                ┃
┃第41条 個人の村民税の納税通知書に記載すべき各納期の納付額は、当該年度分の個人の村民税額及び県┃
┃ 民税額の合算額(第47条第1項の規定によって徴収する場合にあっては特別徴収の方法によって徴収さ ┃
┃ れないこととなった金額に相当する税額)を前条第1項の納期(第47条第1項の規定によって徴収する┃
┃ 場合にあっては特別徴収の方法によって徴収されないこととなった日以後に到来する納期)の数で除し┃
┃ て得た額とする。                                      ┃
┃ (個人の村民税の納期前の納付)                               ┃
┃第42条 個人の村民税の納税者は、納税通知書に記載された納付額のうち到来した納期に係る納付額に相┃
┃ 当する金額の税金を納付しようとする場合においては、当該納期の後の納期に係る納付額に相当する金┃
┃ 額の税金を併せて納付することができる。                           ┃
┃2 前項の規定によって個人の村民税の納税者が当該納期の後の納期に係る納付額に相当する金額の税金┃
┃ を納付した場合に率いては、同項の規定によって納期前に納付した税額の100分の1に、納期限に係る ┃
┃ 月数(1月未満の端数がある場合においては14日以下は切り捨て、15日以上は1月とする。)を乗じて┃
┃ 得た額の報奨金を交付する。ただし、その額が20万円未満である場合及び当該納税者の未納に係る徴収┃
┃ 金がある場合においては、これを交付しない。                         ┃
┃ (普通徴収に係る個人の村民税の賦課額の変更又は決定及びこれらに係る延滞金の徴収)      ┃
┃第43条 普通徴収の方法によって徴収する個人の村民税について所得税の納税義務者が提出した修正申告┃
┃ 書又は国の税務官署がした所得税の更正若しくは決定に関する書類を法第325条の規定によって閲覧  ┃
┃ し、その賦課した税額を変更し、若しくは賦課する必要を認めた場合においては、既に第35条第1号た┃
┃ だし書若しくは第2号又は第36条の規定を適用して個人の村民税を賦課していた場合を除くほか、直ち┃
┃ に変更による不足税額又は賦課されるべきであった税額のうちその決定があった日までの納期に係る分┃
┃ (以下次項において「不足税額」と総称する。)を追徴する。                  ┃
┃2 前項の場合においては、不足税額をその決定があった日までの納期の数で除して得た額に第40条の各┃
┃ 納期限(納期限の延長があったときは、その延長された納期限とする。次項において同じ。)の翌日か┃
┃ ら納付の日までの期間の日数に応じ、年14.6パーセント(当該不足税額に係る納税通知書において納付┃
┃ すべきこととされる日までの期間又はその日の翌日から1月を経過する日までの期間については、年 ┃
┃ 7.3パーセント)の割合を乗じて計算した金額に相当する延滞金額を加算して徴収する。       ┃
┃3 所得税の納税義務者が修正申告書(偽りその他不正の行為により所得税を免れ、又は所得税の還付を┃
┃ 受けた所得税の納税義務者が、当該所得税についての調査があったことにより当該所得税について更正┃
┃ があるべきことを予知して提出した当該申告書及び所得税の納税義務者が所得税の決定を受けた後に提┃
┃ 出した当該申告書を除く。)を提出し、又は国の税務官署が所得税の更正(偽りその他不正の行為によ┃
┃ り所得税を免れ、又は所得税の還付を受けた所得税の納税義務者についてされた当該所得税に係る更正┃
┃ 及び所得税の決定があった後にされた当該所得税に係る更正を除く。)をしたことに基因して、第40条┃
┃ の各納期限から1年を経過する日後に第1項の規定によりその賦課した税額を変更し、又は賦課した場┃
┃ 合には、当該1年を経過する日の翌日から第1項に規定する不足税額に係る納税通知書が発せられた日┃
┃ までの期間は、前項に規定する期間から控除する。                       ┃
┃ (個人の村民税の特別徴収)                                 ┃
┃第44条 個人の村民税の納税義務者が当該年度の初日の属する年の前年中において給与の支払を受けた者┃
┃ であり、かつ、同日において給与の支払を受けている者(次に掲げる者のうち特別徴収の方法によって┃
┃ 徴収することが著しく困難であると認められる者を除く。以下この条において「給与所得者」とい  ┃
┃ う。)である場合においては、当該納税義務者の前年中の給与所得に係る所得割額及び均等割額の合算┃
┃ 額を特別徴収の方法によって徴収する。                            ┃
┃ (1) 支給期間が1月を超える期間により定められている給与のみの支払を受ける者       ┃
┃ (2) 外国航路を航行する船舶に乗り組む船員で不定期に給与の支払を受ける者         ┃
┃2 前項の納税義務者について、当該納税義務者の前年中の所得に給与所得以外の所得がある場合におい┃
┃ ては、当該給与所得以外の所得に係る所得割額を前項の規定によって特別徴収の方法によって徴収すべ┃
┃ き給与所得に係る所得割額及び均等剖額の合算額に加算して特別徴収の方法によって徴収する。ただ ┃
┃ し、第36条の2第1項の申告書に給与所得以外の所得に係る所得割額を普通徴収の方法によって徴収さ┃
┃ れたい旨の記載があるときは、この限りでない。                        ┃
┃3 前項本文の規定によって給与所得者の給与所得以外の所得に係る所得割額を特別徴収の方法によって┃
┃ 徴収することとなった後において、当該給与所得者について給与所得以外の所得に係る所得割額の全部┃
┃ 又は一部を特別徴収の方法によって徴収することが適当でないと認められる特別の事情が生じたため当┃
┃ 該給与所得者から給与所得以外の所得に係る所得割額の全部又は一部を普通徴収の方法により徴収する┃
┃ こととされたい旨の申出があった場合でその事情がやむを得ないと認められるときは、村長は、当該特┃
┃ 別徴収の方法によって徴収すべき給与所得以外の所得に係る所得割額でまだ特別徴収により徴収してい┃
┃ ない額の全部又は一部を普通徴収の方法により徴収するものとする。               ┃
┃4 納税義務者である給与所得者に対し給与の支払をする者に当該年度の初日の翌日から翌年の4月30日┃
┃ までの間において異動を生じた場合において、当該給与所得者が当該給与所得者に対して新たに給与の┃
┃ 支払をする者となった者(所得税法第183条の規定によって給与の支払をする際所得税を徴収して納付 ┃
┃ する義務がある者に限る。以下この項において同じ。)を通じて、当該異動によって従前の給与の支払┃
┃ をする者から給与の支払を受けなくなった日の属する月の翌月の10日(その支払を受けなくなった日が┃
┃ 翌年の4月中である場合には、同月30日)までに、第1項の規定により特別徴収の方法によって徴収さ┃
┃ れるべき前年中の給与所得に係る所得割額及び均等割額の合算額(既に特別徴収の方法によって徴収さ┃
┃ れた金額があるときは、当該金額を控除した金額)を特別徴収の方法によって徴収されたい旨の申出を┃
┃ したときは、当該合算額を特別徴収の方法によって徴収するものとする。ただし、当該申出が翌年の4┃
┃ 月中にあった場合において、特別徴収の方法によって徴収することが困難であると村長が認めるとき ┃
┃ は、この限りでない。                                    ┃
┃5 特別徴収の方法によって個人の村民税を徴収される納税義務者が当該年度の初日の属する年の6月1┃
┃ 日から12月31日までの間において給与の支払を受けないこととなり、かつ、その事由が発生した日の属┃
┃ する月の翌月以降の月割額を特別徴収の方法によって徴収されたい旨の当該納税義務者からの申出が ┃
┃ あった場合及び当該納税義務者が翌年の1月1日から4月30日までの間において給与の支払を受けない┃
┃ こととなった場合には、その者に対してその年の5月31日までの間に支払われるべき給与又は退職手当┃
┃ 等で当該月割額の全額に相当する金額を超えるものがあるときに限り、当該月割額の全額(同日までに┃
┃ 当該給与又は退職手当等の全部又は一部の支払がされないこととなったときにあっては、同日までに支┃
┃ 払われた当該給与又は退職手当等の額から徴収することができる額)を特別徴収の方法によって徴収す┃
┃ る。                                            ┃
┃ (特別徴収義務者の指定等)                                 ┃
┃第45条 前条第1項から第3項までの規定による特別徴収に係る村民税の特別徴収義務者は、当該年度の┃
┃ 初日において同条第1項の納税義務者に対して給与の支払をする者(法人でない社団又は財団で代表者┃
┃ 又は管理人の定めのあるものを含む。以下同じ。)(他の市町村内において給与の支払をする者を含 ┃
┃ む。以下同じ。)で所得税法第183条の規定によって給与の支払をする際所得税を徴収して納付する義 ┃
┃ 務があるものとし、前条第4項の規定による特別徴収に係る村民税の特別徴収義務者は、同項の当該給 ┃
┃ 与所得者に対して新たに給与の支払をする者となった者とする。                 ┃
┃2 同一の納税義務者について前項の特別徴収義務者が2以上ある場合において各特別徴収義務者に徴収┃
┃ させる特別徴収税額の額は、村長が定めるところによる。                    ┃
┃ (特別徴収税額の納入の義務等)                               ┃
┃第46条 前条の特別徴収義務者は、月割額を徴収した月の翌月10日までに、その徴収した月割額を施行規┃
┃ 則第5号の15様式による納入書によって納入しなければならない。                ┃
┃ (特別徴収税額の納期の特例)                                ┃
┃第46条の2 第45条第1項の特別徴収義務者は、その事務所、事業所その他これらに準ずるもので給与の┃
┃ 支払事務を取り扱うもの(給与の支払を受ける者が常時10人未満であるものに限る。以下この条、次条┃
┃ 及び第46条の4において「事務所等」という。)につき、村長の承認を受けた場合には、6月から11月┃
┃ まで及び12月から翌年5月までの各期間(当該各期間のうちその承認を受けた日の属する期間について┃
┃ は、その日の属する月から当該期間の最終月までの期間)に当該事務所等において支払った給与につい┃
┃ て徴収した特別徴収税額を、前条の規定にかかわらず、当該各期間に属する最終月の翌月10日までに納┃
┃ 入することができる。                                    ┃
┃ (納期の特例に関する承認の申請)                              ┃
┃第46条の3 前条の承認の申請をする者は、その承認を受けようとする事務所等の所在地、当該事務所等┃
┃ において給与の支払を受ける者の数その他必要な事項を記載した申請書を村長に提出しなければならな┃
┃ い。                                            ┃
┃ (納期の特例の要件を欠いた場合の届出)                           ┃
┃第46条の4 第46条の2の承認を受けた者は、その承認に係る事務所等において給与の支払を受ける者が┃
┃ 常時10人未満でなくなった場合には、遅滞なく、その旨その他必要な事項を記載した届出書を村長に提┃
┃ 出しなければならない。この場合において、その届出書の提出があったときは、その届出の日の属する┃
┃ 同条に規定する期間以後の期間については、その承認は、その効力を失うものとする。       ┃
┃ (承認の取消し等があった場合の納期の特例)                         ┃
┃第46条の5 第46条の2の承認の取消し又は前条の届出書の提出があった場合には、その取消し又は提出┃
┃ の日の属する第46条の2に規定する期間に係る第46条に規定する月割額のうち同日の属する月以前の各┃
┃ 月に徴収すべきものについては、同日の属する月の翌月10日をその納期限とする。         ┃
┃ (普通徴収税額への繰入)                                  ┃
┃第47条 個人の村民税の納税者が給与の支払を受けなくなったこと等により個人の村民税の特別徴収の方┃
┃ 法によって徴収されないこととなった場合においては、特別徴収の方法によって徴収されないことと ┃
┃ なった金額に相当する税額は、特別徴収の方法によって徴収されないこととなった日以後において到来┃
┃ する第40条第1項の納期がある場合においてはそれぞれの納期において、その日以後に到来する同条の┃
┃ 納期がない場合においては直ちに、普通徴収の方法によって徴収するものとする。         ┃
┃2 法第321条の6第1項の通知によって変更された特別徴収税額に係る個人の村民税の納税者につい  ┃
┃ て、既に特別徴収義務者から村に納入された特別徴収税額が当該納税者から徴収すべき特別徴収税額を┃
┃ 超える場合(徴収すべき特別徴収税額がない場合を含む。)において当該納税者の未納に係る徴収金が┃
┃ あるときは、当該過納又は誤納に係る税額は、法第17条の2の規定によって当該納税者の未納に係る徴┃
┃ 収金に充当する。                                      ┃
┃ (法人等の村民税の申告納付)                                ┃
┃第48条 村民税を申告納付する義務がある法人等は、法第321条の8第1項、第2項、第4項、第5項、 ┃
┃ 第24項、第27項及び第28項の規定による申告書を、同条第1項、第2項、第4項、第5項、第24項及び┃
┃ 第28項の申告納付にあってはそれぞれこれらの規定による納期限までに、同条第27項の申告納付にあっ┃
┃ ては遅滞なく村長に提出し、及びその申告に係る税金又は同条第1項後段及び第3項の規定によって提┃
┃ 出があったものとみなされる申告書に係る税金を施行規則第22号の4様式による納付書によって納付し ┃
┃ なければならない。                                     ┃
┃2 法の施行地に主たる事務所若しくは事業所を有する法人又は外国法人が、法の施行地外にその源泉が┃
┃ ある所得について、外国の法人税等を課された場合においては、法第321条の8第29項及び令第48条の ┃
┃ 13に規定するところにより、控除すべき額を前項の規定により申告納付すべき法人税割額から控除す ┃
┃ る。                                            ┃
┃3 法第321条の8第27項の申告書(同条第26項の規定による申告書を含む。以下この項において同   ┃
┃ じ。)に係る税金を納付する場合においては、当該税金に係る同条第1項、第2項、第4項、第5項又┃
┃ は第24項の納期限(納期限の延長があったときは、その延長された納期限とする。)の翌日から納付の┃
┃ 日までの期間の日数に応じ、当該税額に年14.6パーセント(申告書を提出した日(同条第28項の規定の┃
┃ 適用がある場合で当該申告書がその提出期限前に提出されたときは、当該提出期限)までの期間又はそ┃
┃ の期間の末日の翌日から1月を経過する日までの期間については、年7.3パーセント)の割合を乗じて ┃
┃ 計算した金額に相当する延滞金を加算して施行規則第22号の4様式による納付書によって納付しなけれ┃
┃ ばならない。                                        ┃
┃4 前項の場合において、法人等が法第321条の8第1項、第2項、第4項、第5項又は第24項の申告書 ┃
┃ を提出した日(当該申告書がその提出期限前に提出された場合には、当該申告書の提出期限)の翌日か┃
┃ ら1年を経過する日後に同条第27項の申告書を提出したときは、詐偽その他不正の行為により村民税を┃
┃ 免れた法人等が法第321条の11第1項又は第3項の規定による更正があるべきことを予知して当該申告 ┃
┃ 書を提出した場合を除き、当該1年を経過する日の翌日から当該申告書を提出した日(法第321条の8 ┃
┃ 第28項の規定の適用がある場合で当該申告書がその提出期限前に提出されたときは、当該申告書の提出┃
┃ 期限)までの期間は、延滞金の計算の基礎となる期間から控除する。               ┃
┃5 法人税法第74条第1項の規定によって法人税に係る申告書を提出する義務がある法人で同法第75条の┃
┃ 2第1項(同法第145条において準用する場合を含む。以下この項及び第52条第1項において同じ。) ┃
┃ の規定の適用を受けているものについて、同法第75条の2第7項(同法第145条において準用する場合 ┃
┃ を含む。以下この項において同じ。)の規定の適用がある場合には、同法第75条の2第7項の規定の適┃
┃ 用に係る当該申告書に係る法人税額の課税標準の算定期間に限り、当該法人税額を課税標準として算定┃
┃ した法人税割額及びこれと併せて納付すべき均等割額については、当該法人税額について同条第1項の┃
┃ 規定の適用がないものとみなして、第18条の2の規定を適用することができる。          ┃
┃6 法人税法第81条の22第1項の規定によって法人税に係る申告書を提出する義務がある法人で同法第81┃
┃ 条の24第1項の規定の適用を受けているものが、同条第4項の規定の適用を受ける場合には、当該法人┃
┃ 及び当該法人との間に連結完全支配関係(同法第2条第12号の7の5に規定する連結完全支配関係をい┃
┃ う。第50条第3項及び第52条第2項において同じ。)がある連結子法人(同法第2条第12号の7の3に┃
┃ 規定する連結子法人をいう。第50条第3項及び第52条第2項において同じ。)(連結申告法人(同法第┃
┃ 2条第16号に規定する連結申告法人をいう。第52条第2項において同じ。)に限る。)については、同┃
┃ 法第81条の24第4項の規定の適用に係る当該申告書に係る連結法人税額(法第321条の8第4項に規定 ┃
┃ する連結法人税額をいう。以下この項及び第52条第2項において同じ。)の課税標準の算定期間(当該┃
┃ 法人の連結事業年度に該当する期間に限る。第52条第2項において同じ。)に限り、当該連結法人税額┃
┃ に係る個別帰属法人税額を課税標準として算定した法人税割額及びこれと併せて納付すべき均等割額に┃
┃ ついては、当該連結法人税額について法人税法第81条の24第1項の規定の適用がないものとみなして、┃
┃ 第18条の2の規定を適用することができる。                          ┃
┃第49条 削除                                         ┃
┃ (法人等の村民税に係る不足税額の納付の手続)                        ┃
┃第50条 法人等の村民税の納税者は、法第321条の12の規定に基づく納付の告知を受けた場合において  ┃
┃ は、当該不足税額を当該通知書の指定する期限までに、施行規則第22号の4様式による納付書によって┃
┃ 納付しなければならない。                                  ┃
┃2 前項の場合においては、その不足税額に法第321条の8第1項、第2項、第4項、第5項又は第24項 ┃
┃ の納期限(同条第28項の申告納付に係る法人税割に係る不足税額についても同条第1項、第2項、第4┃
┃ 項又は第5項の納期限によるものとする。なお、納期限の延長があったときは、その延長された納期限┃
┃ とする。)の翌日から納付の日までの期間の日数に応じ、年14.6パーセント(前項の納期限までの期間┃
┃ 又は当該納期限の翌日から1月を経過する日までの期間については、年7.3パーセント)の割合を乗じ ┃
┃ て計算した金額に相当する延滞金額を加算して納付しなければならない。             ┃
┃3 前項の場合において、法第321条の11第1項又は第3項の規定による更正の通知をした日が、法第321┃
┃ 条の8第1項、第2項、第4項、第5項又は第24項の申告書を提出した日(当該申告書がその提出期限┃
┃ 前に提出された場合には、当該申告書の提出期限)の翌日から1年を経過する日後であるときは、詐偽┃
┃ その他不正の行為により村民税を免れた場合を除き、当該1年を経過する日の翌日から当該通知をした┃
┃ 日(法人税に係る修正申告書を提出し、又は法人税に係る更正若しくは決定がされたこと(同条第2項┃
┃ 又は第4項の申告書を提出すべき法人が連結子法人の場合にあっては、当該連結子法人との間に連結完┃
┃ 全支配関係がある連結親法人(法人税法第2条第12号の7の2に規定する連結親法人をいう。以下この┃
┃ 項において同じ。)若しくは連結完全支配関係があった連結親法人が法人税に係る修正申告書を提出 ┃
┃ し、又は法人税に係る更正若しくは決定を受けたこと)による更正に係るものにあっては、当該修正申┃
┃ 告書を提出した日又は国の税務官署が更正若しくは決定の通知をした日)までの期間は、延滞金の計算┃
┃ の基礎となる期間から控除する。                               ┃
┃ (村民税の減免)                                      ┃
┃第51条 村長は、次の各号のいずれかに該当する者のうち村長において必要があると認めるものに対し、┃
┃ 村民税を減免する。                                     ┃
┃ (1)生活保護法の規定による保護を受ける者                         ┃
┃ (2)当該年において所得が皆無となったため生活が著しく困難となった者又はこれに準ずると認めら┃
┃   れる者                                         ┃
┃ (3)学生及び生徒                                     ┃
┃ (4)民法(明治29年法律第89号)第34条の公益法人                      ┃
┃2 前項の規定によって村民税の減免を受けようとする者は、納期限前7日までに次に掲げる事項を記載┃
┃ した申請書に減免を受けようとする事由を証明する書類を添付して村長に提出しなければならない。 ┃
┃ (1)法人税額の課税標準の算定期間又は均等割額の算定期間、納期限及び税額          ┃
┃ (2)減免を受けようとする事由                               ┃
┃3 第1項の規定によって村民税の減免を受けた者は、その事由が消滅した場合においては、直ちにその┃
┃ 旨を村長に申告しなければならない。                             ┃
┃ (法人の村民税に係る納期限の延長の場合の延滞金)                      ┃
┃第52条 法人税法第74条第1項の規定によって法人税に係る申告書を提出する義務がある法人で同法第75┃
┃ 条の2第1項の規定の適用を受けているものは、当該申告書に係る法人税額の課税標準の算定期間でそ┃
┃ の適用に係るものの所得に対する法人税額を課税標準として算定した法人税割額及びこれと併せて納付┃
┃ すべき均等割額を納付する場合には、当該税額に、当該法人税額の課税標準の算定期間の末日の翌日以┃
┃ 後2月を経過した日から同項の規定により延長された当該申告書の提出期限までの期間の日数に応じ、┃
┃ 年7.3パーセントの割合を乗じて計算した金額に相当する延滞金額を加算して納付しなければならな  ┃
┃ い。                                            ┃
┃2 法人税法第81条の22第1項の規定によって法人税に係る申告書を提出する義務がある法人で同法第81┃
┃ 条の24第1項の規定の適用を受けているもの及び当該法人との間に連結完全支配関係がある連結子法人┃
┃ (連結申告法人に限る。)は、当該申告書に係る連結法人税額の課税標準の算定期間でその適用に係る┃
┃ ものの連結所得(同法第2条第18号の4に規定する連結所得をいう。)に対する連結法人税額に係る個 ┃
┃ 別帰属法人税額を課税標準として算定した法人税割額及びこれと併せて納付すべき均等割額を納付する┃
┃ 場合には、当該税額に、当該連結法人税額の課税標準の算定期間の末日の翌日以後2月を経過した日か┃
┃ ら同項の規定により延長された当該申告書の提出期限までの期間の日数に応じ、年7.3パーセントの割 ┃
┃ 合を乗じて計算した金額に相当する延滞金額を加算して納付しなければならない。         ┃
┃第53条 削除                                         ┃
┃ (退職所得の課税の特例)                                  ┃
┃第53条の2 退職手当等(所得税法第199条の規定により、その所得税を徴収して納付すべきものに限  ┃
┃ る。以下同じ。)の支払を受けるべき日の属する年の1月1日現在において村内に住所を有する者が当┃
┃ 該退職手当等の支払を受ける場合には、当該退職手当等に係る所得割は、第33条、第34条の3及び第37┃
┃ 条の規定にかかわらず、当該退職手当等に係る所得を他の所得と区分し、次条から第53条の12までに規┃
┃ 定するところによって課する。                                ┃
┃ (分離課税に係る所得割の課税標準)                             ┃
┃第53条の3 分離課税に係る所得割の課税標準は、その年中の退職所得の金額とする。        ┃
┃2 前項の退職所得の金額は、所得税法第30条第2項に規定する退職所得の金額の計算の例によって算定┃
┃ する。                                           ┃
┃ (分離課税に係る所得割の税率)                               ┃
┃第53条の4 分離課税に係る所得割の額は、前条第1項の退職所得の金額を次の表の左欄に掲げる金額の┃
┃ 区分によって区分し、当該区分に応ずる同表の右欄に掲げる率を順次適用して計算した金額の合計額と┃
┃ する。                                           ┃
┃ ┌─────────────┬─────────┐                     ┃
┃ │200万円以下の金額     │     100分の3│                     ┃
┃ ├─────────────┼─────────┤                     ┃
┃ │200万円を超える金額    │     100分の8│                     ┃
┃ ├─────────────┼─────────┤                     ┃
┃ │700万円を超える金額    │     100分の12│                     ┃
┃ └─────────────┴─────────┘                     ┃
┃ (分離課税に係る所得割の徴収)                               ┃
┃第53条の5 分離課税に係る所得割は、特別徴収の方法によって徴収する。             ┃
┃ (特別徴収義務者の指定)                                  ┃
┃第53条の6 分離課税に係る所得割の特別徴収義務者は、当該分離課税に係る所得割の納税義務者に対し┃
┃ て退職手当等の支払をする者(他の市町村内において退職手当等の支払をする者を含む。以下同じ。)┃
┃ とする。                                          ┃
┃ (特別徴収税額の納入義務等)                                ┃
┃第53条の7 前条の特別徴収義務者は、退職手当等の支払をする際、その退職手当等について分離課税に┃
┃ 係る所得割を徴収し、その徴収の日の属する月の翌月の10日までに、施行規則第5号の8様式による納┃
┃ 入申告書を村長に提出し、及びその納入金を村に納入しなければならない。            ┃
┃ (特別徴収税額の納期の特例)                                ┃
┃第53条の7の2 第46条の2から第46条の5までの規定は、前条の規定により同条の納入金を納入する場┃
┃ 合について準用する。この場合において、第46条の2中「第45条第1項」とあるのは「第53条の6」 ┃
┃ と、「支払った給与」とあるのは「支払った退職手当等」と、「納入」とあるのは「申告納入」と読み┃
┃ 替え、第46条の4中「第46条の2」とあるのは「第53条の7の2において準用する第46条の2」と読み┃
┃ 替え、第46条の5中「第46条の2」とあるのは「第53条の7の2において準用する第46条の2」と、 ┃
┃ 「第46条に規定する月割額」とあるのは「第53条の7の規定により徴収した特別徴収税額」と読み替え┃
┃ るものとする。                                       ┃
┃ (特別徴収税額)                                      ┃
┃第53条の8 第53条の7の規定により徴収すべき分離課税に係る所得割の額は、次の各号に掲げる場合の┃
┃ 区分に応じ、当該各号に掲げる税額とする。                          ┃
┃ (1)退職手当等の支払を受ける者が提出した次条第1項の規定による申告書(以下この条、次条第2┃
┃   項及び第5