議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成22年第10回臨時会 11月02日−01号




平成22年第10回臨時会 − 11月02日−01号







平成22年第10回臨時会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃              平成22年第10回宜野座村議会臨時会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 22 年 11 月 2 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 閉 の 日 時 │開 会│  平成22年11月2日 午前10時10分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │閉 会│  平成22年11月2日 午前11時39分  │議 長│  多嘉山 朝 安  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  石 川 幹 也  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  安 富   繁  │ ○ │ 10 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃出 席   12 名 │ 3 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 11 │  島 袋   榮  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃欠 席   0 名 │ 5 │  伊 芸 朝 健  │ ○ │ 12 │  仲 本   彰  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃  凡   例   │ 6 │  當 眞   淳  │ ○ │ 13 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │   │          │   ┃
┃×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃△(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │   │          │   ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 3 │   當 眞 嗣 則     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 5 │   伊 芸 朝 健     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事 務 局 長│  知 名 定 美                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │係     長│  山 内 慶 一                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │産業振興課長 │  津嘉山 博 文  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │副  村  長│  仲宗根   勲  │建 設 課 長│  仲 間 正 哲  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │上下水道課長 │  山 城 次 雄  ┃
┃地方自治法第121条  ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  新 里 民 夫  │学校教育課長 │  平 田 嗣 義  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃により説明のため  │総 務 課 長│  島 田 忠 博  │社会教育課長 │  照 屋 忠 利  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │企 画 課 長│  仲 程   正  │       │          ┃
┃出席した者の職氏名 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │村民生活課長 │  山 川 清 八  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │健康福祉課長 │  末 石 森 春  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃          │事 務 局 長│          │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃会 議 の 経 過 │別紙のとおり                               ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





        平成22年第10回宜野座村議会臨時会議事日程(第1号)

                                         平成22年11月2日
                                         開 会 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │        │会議録署名議員の指名(3番・5番)                ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │        │会期の決定                            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  3  │議案第42号   │宜野座村立宜野座中学校校舎改築工事(特別教室棟)(建築)の請負契約┃
┃    │        │について                             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  4  │意見書第6号  │垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ沖縄配備計画の撤回を求める意見書 ┃
┃    │        │(案)について                          ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  5  │要請決議第3号 │垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ沖縄配備計画の撤回を求める要請決議┃
┃    │        │(案)について                          ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (一括上程・説明・質疑・討論・採決)        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  6  │意見書第7号  │尖閣諸島海域での中国漁船領海侵犯事件に関する意見書(案)について ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  7  │意見書第8号  │さとうきび価格・政策確立に関する意見書(案)について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  8  │意見書第9号  │国道329号の地域実情に配慮した維持管理の適正化を求める意見書(案) ┃
┃    │        │について                             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  9  │意見書第10号  │県道の地域実情に配慮した維持管理の適正化を求める意見書(案)につい┃
┃    │        │て                                ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  10  │決議第7号   │観光振興に関する調査特別委員会設置に関する決議(案)について   ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  11  │決議第8号   │てんぷす振興公社調査特別委員会設置に関する決議(案)について   ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  12  │決議第9号   │災害等に関する調査特別委員会設置に関する決議(案)について    ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │諸般の報告                            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  13  │        │観光振興に関する調査特別委員会の議会閉会中の継続調査申出書について┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (上程・採決)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │てんぷす振興公社調査特別委員会の議会閉会中の継続調査申出書について┃
┃  14  │        │                                 ┃
┃    │        │             (上程・採決)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │災害等に関する調査特別委員会議会閉会中の継続調査申出書について  ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  15  │        │             (上程・採決)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(多嘉山朝安) ただいまから平成22年第10回宜野座村議会臨時会を開会します。

                      (10時10分)

 本日の会議を開きます。



△日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定によって、3番 當眞嗣則議員及び5番 伊芸朝健議員を指名します。



△日程第2.会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日11月2日の1日間にしたいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって会期は、本日11月2日の1日間に決定しました。



△日程第3.議案第42号 宜野座村立宜野座中学校校舎改築工事(特別教室棟)(建築)の請負契約についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 議案第42号 宜野座村立宜野座中学校校舎改築工事(特別教室棟)(建築)の請負契約について御説明申し上げます。

 本案件は、平成22年度施工の宜野座村立宜野座中学校校舎改築事業に伴う建築工事の請負契約について、議会の議決を求める案件でございます。詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、議決くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 議案第42号を説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃議案第42号                                          ┃
┃                                               ┃
┃     宜野座村立宜野座中学校校舎改築工事(特別教室棟)(建築)の請負契約について     ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第5号及び宜野座村議会の議決に付すべき契約及び財┃
┃産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求める。              ┃
┃                                               ┃
┃                      記                        ┃
┃                                               ┃
┃  1 契約の目的 : 宜野座村立宜野座中学校校舎改築工事(特別教室棟)(建築)       ┃
┃  2 契約の方法 : 指名競争入札                             ┃
┃  3 契約金額  : 一金 245,175,000円                          ┃
┃     うち取引に係る消費税 一金  11,675,000円                     ┃
┃     及び地方消費税の額                                 ┃
┃  4 契約の相手方                                     ┃
┃    受 注 者 仲程土建(株)・(株)東成建設建設工事共同企業体               ┃
┃    代 表 者 住  所 : 沖縄県宜野座村字惣慶1771番地の9              ┃
┃          名  称 : 仲程土建株式会社                      ┃
┃          氏  名 : 代表取締役 仲 程 俊 郎                 ┃
┃                                               ┃
┃    構 成 員 住  所 : 沖縄県宜野座村字惣慶1771番地の9              ┃
┃          名  称 : 仲程土建株式会社                      ┃
┃          氏  名 : 代表取締役 仲 程 俊 郎                 ┃
┃                                               ┃
┃    構 成 員 住  所 : 沖縄県宜野座村字惣慶1752番地                ┃
┃          名  称 : 株式会社 東成建設                     ┃
┃          氏  名 : 代表取締役 浜比嘉   太                 ┃
┃                                               ┃
┃ 平成22年11月2日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 次のページが契約書になります。そして3枚目が配置図になります。4枚目については1階部分です。5枚目が2階の部分ということであります。

 本工事は平成21年度から継続しています宜野座中学校校舎改築事業で、今年度は特別教室棟を施工していきます。工期は議決の日から平成23年3月31日までを予定しており、床面積は1,392.99平米です。業者指名につきましては、対象工事の特Aランク及びABランクをAグループとして村内8社、CDランクをBグループとして村内8社を指名して建設工事共同企業体を締結していただきました。入札状況ですが、1回目で落札しております。落札率97.91%です。工事の内容ですが、構造は鉄筋コンクリート造2階建て。1階に理科室部門、技術室部門及び会議室。2階に家庭科教室部門、そして音楽室部門及び生徒会活動室。そして1、2階にトイレが入ります。以上で説明を終わります。



○議長(多嘉山朝安) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑はございませんか。

 當眞 淳議員。



◆6番(當眞淳) 1点だけ。工事の内容等についてではなくて、少し財源の話でお聞かせください。

 今回、起債もいろいろやりましたけれども、再編交付金を使えないかというような話もいろいろありまして、その辺の見通し、そのあたりの状況について教えていただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 當眞 淳議員にお答えいたします。

 今回の工事の発注の財源につきましては、当初の予算で計上した起債で計上してございます。なお、再編交付金につきましては、今、国とも調整をしているところでございますが、1月ごろに内示を出していきたいということも聞いております。また使途につきましては、中学校の校舎周辺の外構工事とかそういう面に充てようかということも調整しているところでございます。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 新里文康議員。



◆9番(新里文康) 今のは建築だけの請負ですが、別に電気、機械があったらその辺まで説明してもらえませんか。



○議長(多嘉山朝安) 平田学校教育課長。



◎学校教育課長(平田嗣義) 9番 新里文康議員にお答したいと思います。

 電気設備につきましては村内業者9社で、落札率が97.15%、2回目で落札しております。請負業者が有限会社浦崎電気です。金額が1,800万円。

 そして機械設備につきましては村内業者9社で、落札率が94.35%で、請負業者が有限会社花城組、入札額が2,400万円。1回目での落札でございます。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 平田 悟議員。



◆7番(平田悟) 1件だけ。これまで例えば下請業者を使う場合に、幾つかの場合には他市町村から入っているときもあると思うんですけれども、村長、下請に回す場合にもできるだけ村の業者といいますか、それを優先的にできるのかお伺いします。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 平田議員にお答いたします。

 村としまして、常に村内優先という形で指名しているところでございまして、また下請につきましても村内の業者を使ってもらいたいという希望を常に業者の皆さんにも出しているところでございます。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) 先ほど淳議員からありました財源の件ですけれども、村長の説明では1月ぐらいに再編交付金が使えるかもしれない、内示が出るかもしれないという話でしたけれども、その内容について建物ではなくて外構という話で聞いたんですけれども、それでよろしいんでしょうか。



○議長(多嘉山朝安) 東村長。



◎村長(東肇) 當眞議員にお答いたします。

 この工事はもうすぐに発注していますので、当初は発注後に財源の内訳で変更できないかということもいろいろと調整をしてきたわけですが、やはり国の財務としては発注した工事に関しては好ましくないということで、これから発注するものに調整していきたいということを調整中でございます。



○議長(多嘉山朝安) ほかに質疑はございませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 議案第42号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第42号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから議案第42号 宜野座村立宜野座中学校校舎改築工事(特別教室棟)(建築)の請負契約についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議案第42号は、原案のとおり可決されました。



△日程第4.意見書第6号 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ沖縄配備計画の撤回を求める意見書(案)について



△日程第5.要請決議第3号 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ沖縄配備計画の撤回を求める要請決議(案)について

 以上、2議案を一括議題とします。

 この意見書(案)、要請決議(案)につきましては、仲本 彰議員外1人から提出されております。提案者から提案理由の説明を求めます。

 仲本 彰議員。



◆12番(仲本彰) それでは読み上げて、提案理由にかえさせていただきます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成22年11月2日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山朝安 殿                                     ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 仲 本   彰 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 伊 芸 朝 健 ┃
┃                                               ┃
┃           垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ沖縄配備計画の撤回を          ┃
┃           求める意見書(案)について                       ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃意見書第6号                                         ┃
┃                                               ┃
┃      垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ沖縄配備計画の撤回を求める意見書(案)      ┃
┃                                               ┃
┃ 2010年9月9日、米国国防総省のモレル報道官は、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイを日本の米軍基┃
┃地で運用する旨を日本政府に伝達していると語り、また、参議院外交防衛委員会にて、岡田克也外務大臣┃
┃(当時)は、MV22オスプレイの沖縄配備に基づく飛行経路を沖縄県民に説明すべきだと述べ、MV22オ┃
┃スプレイの在沖縄海兵隊基地への配備が現実味を帯びてきた。                   ┃
┃ MV22オスプレイは、研究開発段階において、数々の墜落死亡事故等のトラブルを引き起こし、欠陥機┃
┃だとされている機種である。                                  ┃
┃ 数多くのヘリパッドが存在する本村キャンプ・ハンセン演習場内では、昼夜を問わず海兵隊ヘリの離発┃
┃着訓練が行われ、村民は、ヘリ訓練による騒音被害にほぼ日常的に悩まされている。過去においては、平┃
┃成14年8月と平成22年6月に米軍ヘリ不時着事故があり、MV22オスプレイが沖縄へ配備されれば、宜野┃
┃座村民間地上空を飛行するのは明らかであり、それによって生ずる騒音被害、墜落事故への恐怖は計り知┃
┃れないものがある。また、この事態は、日米間で合意された沖縄の基地負担軽減にも明らかに反すること┃
┃である。                                           ┃
┃ よって、本村議会は、村民の生命と財産を守る立場から、MV22オスプレイの沖縄配備計画に断固反対┃
┃し、その撤回を強く求めるものである。                             ┃
┃                                               ┃
┃ 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。                    ┃
┃                                               ┃
┃                                     平成22年11月2日  ┃
┃                                     沖縄県宜野座村議会 ┃
┃                                               ┃
┃送付先                                            ┃
┃ 内閣総理大臣・外務大臣・防衛大臣・沖縄及び北方対策担当大臣                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成22年11月2日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山朝安 殿                                     ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 仲 本   彰 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 伊 芸 朝 健 ┃
┃                                               ┃
┃           垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ沖縄配備計画の撤回を          ┃
┃           求める要請決議(案)について                      ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃要請決議第3号                                        ┃
┃                                               ┃
┃      垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ沖縄配備計画の撤回を求める要請決議(案)     ┃
┃                                               ┃
┃ 2010年9月9日、米国国防総省のモレル報道官は、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイを日本の米軍基┃
┃地で運用する旨を日本政府に伝達していると語り、また、参議院外交防衛委員会にて、岡田克也外務大臣┃
┃(当時)は、MV22オスプレイの沖縄配備に基づく飛行経路を沖縄県民に説明すべきだと述べ、MV22オ┃
┃スプレイの在沖縄海兵隊基地への配備が現実味を帯びてきた。                   ┃
┃ MV22オスプレイは、研究開発段階において、数々の墜落死亡事故等のトラブルを引き起こし、欠陥機┃
┃だとされている機種である。                                  ┃
┃ 数多くのヘリパッドが存在する本村キャンプ・ハンセン演習場内では、昼夜を問わず海兵隊ヘリの離発┃
┃着訓練が行われ、村民は、ヘリ訓練による騒音被害にほぼ日常的に悩まされている。過去においては、平┃
┃成14年8月と平成22年6月に米軍ヘリ不時着事故があり、MV22オスプレイが沖縄へ配備されれば、宜野┃
┃座村民間地上空を飛行するのは明らかであり、それによって生ずる騒音被害、墜落事故への恐怖は計り知┃
┃れないものがある。また、この事態は、日米間で合意された沖縄の基地負担軽減にも明らかに反すること┃
┃である。                                           ┃
┃ よって、本村議会は、村民の生命と財産を守る立場から、MV22オスプレイの沖縄配備計画に断固反対┃
┃し、その撤回を強く求めるものであり、関係機関へ働きかけて下さいますよう、強く要請します。   ┃
┃                                               ┃
┃                                     平成22年11月2日  ┃
┃                                     沖縄県宜野座村議会 ┃
┃                                               ┃
┃送付先                                            ┃
┃ 沖縄県知事・沖縄県議会議長                                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 以上のことから、意見書(案)を採択していただきますよう議員各位の御賛同をお願い申し上げ、説明といたします。よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) ただいま仲本 彰議員より提案理由の説明がありましたが、意見書(案)、要請決議(案)は、お手元に配付したとおりであります。文案の朗読を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって文案の朗読を省略します。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 意見書第6号、要請決議第3号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって意見書第6号、要請決議第3号は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから意見書第6号 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ沖縄配備計画の撤回を求める意見書(案)について、要請決議第3号 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ沖縄配備計画の撤回を求める要請決議(案)について、以上2案件を一括して採決します。

 お諮りします。

 2案件は、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって2案件は、原案のとおり可決することに決定しました。

 お諮りします。

 ただいま可決された意見書、要請決議については、関係機関へ送付したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 だたいま可決された意見書、要請決議については送付することに決定しました。



△日程第6.意見書第7号 尖閣諸島海域での中国漁船領海侵犯事件に関する意見書(案)についてを議題といたします。

 本件については、伊芸朝健議員外1人から提出されております。提出者から提案理由の説明を求めます。

 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 提案理由説明、読み上げて、提案理由にかえさせていただきます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成22年11月2日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山朝安 殿                                     ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 伊 芸 朝 健 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 當 眞 嗣 則 ┃
┃                                               ┃
┃             尖閣諸島海域での中国漁船領海侵犯事件に関する            ┃
┃             意見書(案)について                        ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃意見書第7号                                         ┃
┃                                               ┃
┃         尖閣諸島海域での中国漁船領海侵犯事件に関する意見書(案)          ┃
┃                                               ┃
┃ 去る9月7日午前、尖閣諸島の久場島沖の日本国領海内において、違法操業中の中国漁船が、退去命令┃
┃を出した第11管区海上保安本部の巡視船に接触した上、逃走を図り、さらに停船命令にも応じずに接触を┃
┃繰り返す事件が発生したが、9月24日、那覇地方検察庁は、公務執行妨害罪の容疑で逮捕・送検していた┃
┃同漁船の船長を処分保留で釈放した。                              ┃
┃ 尖閣諸島は、石垣市に属する我が国固有の領土及び本県の行政区域であることは疑問の余地がないとこ┃
┃ろである。今後、中国が尖閣諸島及び周辺海域の領有権を強硬に主張し、中国漁船が尖閣諸島周辺海域で┃
┃操業することが予想されるが、そうなった場合、本県及び我が国漁船と中国漁船との間で操業をめぐって┃
┃のトラブルが発生したり、衝突事件が再発するなど、安全な航行が阻害されることが懸念され、県民は不┃
┃安を感じている。                                       ┃
┃ よって、本村議会は、村民及び県民・国民の生命、安全及び領土・領海を守る立場から、今回の政府の┃
┃措置に抗議するとともに、下記の事項が速やかに実現されるよう強く要望する。           ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃1 尖閣諸島及び周辺海域が我が国固有の領土及び領海であるという毅然たる態度を堅持し、中国政府を┃
┃ 初め諸外国に示すこと。                                   ┃
┃2 尖閣諸島周辺海域において、本県及び我が国の漁業者が自由かつ安全に操業・航行できるよう適切な┃
┃ 措置を講じること。                                     ┃
┃3 中国政府に対し、今回の事件に関して厳重に抗議するとともに、日中両政府は、冷静な外交を通し再┃
┃ 発防止策を講じること。                                   ┃
┃                                               ┃
┃ 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。                   ┃
┃                                               ┃
┃                                     平成22年11月2日  ┃
┃                                     沖縄県宜野座村議会 ┃
┃                                               ┃
┃あて先                                            ┃
┃ 内閣総理大臣・外務大臣・国土交通大臣・農林水産大臣                     ┃
┃ 沖縄及び北方対策担当大臣                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛






○議長(多嘉山朝安) ただいま伊芸朝健議員より提案理由の説明がありました意見書(案)は、お手元に配付したとおりであります。文案の朗読を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって文案の朗読を省略します。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 意見書第7号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって意見書第7号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから意見書第7号 尖閣諸島海域での中国漁船領海侵犯事件に関する意見書(案)についてを採決します。

 お諮りします。

 意見書第7号は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって意見書第7号は、原案のとおり可決されました。

 お諮りします。

 ただいま可決された意見書については、関係機関へ送付したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 だたいま可決された意見書については送付することに決定しました。



△日程第7.意見書第8号 さとうきび価格・政策確立に関する意見書(案)についてを議題といたします。

 本件については、當眞嗣則議員外1人から提出されております。提出者から提案理由の説明を求めます。

 當眞嗣則議員。



◆3番(當眞嗣則) それでは文を読み上げて、提案理由にかえさせていただきます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成22年11月2日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山朝安 殿                                     ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 當 眞 嗣 則 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 伊 芸 朝 健 ┃
┃                                               ┃
┃           さとうきび価格・政策確立に関する意見書(案)について          ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃意見書第8号                                         ┃
┃                                               ┃
┃            さとうきび価格・政策確立に関する意見書(案)             ┃
┃                                               ┃
┃ 本県では、島嶼県としての小規模・零細な生産基盤で、台風・干ばつの常襲地帯という地理的特性のも┃
┃と、永年、さとうきび生産と製糖業が営まれており、地域社会において極めて重要な役割と地位を占めて┃
┃いる。                                            ┃
┃ 近年は、気象条件にも恵まれ、生産者努力が報われるかたちで量・質ともに良好な生産状況が続いてい┃
┃るが、生産者の高齢化の進行に加え、機械化や土地基盤整備が遅れており、生産性向上が進展していない┃
┃状況にある。                                         ┃
┃ また、離島地域を基盤とする含みつ糖企業においては、黒糖の販売不振が深刻化しており、経営悪化に┃
┃陥っている。                                         ┃
┃ このようなことから、平成23年度のさとうきび価格・政策の確立については、本県におけるさとうきび┃
┃生産の将来展望を確立するために、再生産に向けた生産者所得の確保と、製糖企業の経営安定が図られる┃
┃よう、下記事項の実現について要請する。                            ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃1.現行糖価調整制度の堅持と財源確保について                         ┃
┃  永続的なさとうきび生産の振興を図り、、甘しゃ糖企業の経営安定を確保する観点から、現行の糖価┃
┃ 調整制度の枠組みを堅持し、制度運営に必要な予算額を確保すること。              ┃
┃2.さとうきび経営安定対策における交付金水準について                     ┃
┃  甘味資源作物交付金については、産地の実態を考慮し、生産者の実質所得の確保と再生産に向けた生┃
┃ 産意欲の向上を促進するために、現行の交付金水準を維持すること。               ┃
┃3.甘しゃ糖企業の経営安定対策等について                           ┃
┃  甘しゃ糖企業の地域経済における重要な役割を考慮し、安定操業を行う上で不可欠な沖縄糖業振興対┃
┃ 策費の予算枠を充実強化すること。                              ┃
┃  特に、小規模離島のさとうきび生産を支える含みつ糖企業については、老朽化の著しい製造施設の整┃
┃ 備や販路拡大に向けた支援策を講ずること。                          ┃
┃4.さとうきび生産振興対策について                              ┃
┃  さとうきびの生産性向上を図るため、農業用水源の確保やかんがい排水施設や圃場の整備に向けた施┃
┃ 策の充実と予算枠を確保するとともに、ハーベスタ等高性能機械の導入による機械化一貫体系の確立 ┃
┃ や、生産対策に必要な新たな財源を確保すること。                       ┃
┃  また、優良品種の育成や病害虫防除技術の確立等試験研究を充実すること。           ┃
┃5.さとうきび畑作物共済の充実・強化について                         ┃
┃  さとうきび生産者の経営安定と再生産を確保するため、畑作物共済の加入率向上対策として農家掛金┃
┃ 負担の軽減措置を講ずること。                                ┃
┃6.WTO・EPA交渉への万全な対応と国内対策について                    ┃
┃  WTO・EPA交渉においては、我が国提案の実現と「砂糖」の重要品目の位置づけを確保するとと┃
┃ もに、関税引き下げによる影響を抑制するため、万全な国内対策を講ずること。          ┃
┃                                               ┃
┃  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。                   ┃
┃                                               ┃
┃                                     平成22年11月2日  ┃
┃                                     沖縄県宜野座村議会 ┃
┃                                               ┃
┃あて先                                            ┃
┃ 内閣総理大臣・財務大臣・外務大臣・農林水産大臣・沖縄及び北方対策担当大臣・内閣官房長官   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上のことから、意見書(案)を採択していただきますよう議員御賛同をお願い申し上げ、説明といたします。よろしくお願いします。



○議長(多嘉山朝安) ただいま當眞嗣則議員より提案理由の説明がありました意見書(案)は、お手元に配付したとおりであります。文案の朗読を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって文案の朗読を省略します。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 意見書第8号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって意見書第8号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから意見書第8号 さとうきび価格・政策確立に関する意見書(案)についてを採決します。

 お諮りします。

 意見書第8号は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって意見書第8号は、原案のとおり可決されました。

 お諮りします。

 ただいま可決された意見書については、関係機関へ送付したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 だたいま可決された意見書については送付することに決定しました。



△日程第8.意見書第9号 国道329号の地域実情に配慮した維持管理の適正化を求める意見書(案)についてを議題といたします。

 本件については、伊芸朝健議員外1人から提出されております。提出者から提案理由の説明を求めます。

 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 読み上げて、提案理由にかえさせていただきます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成22年11月2日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山朝安 殿                                     ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 伊 芸 朝 健 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 當 眞 嗣 則 ┃
┃                                               ┃
┃          国道329号の地域実情に配慮した維持管理の適正化を求める           ┃
┃          意見書(案)について                           ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃意見書第9号                                         ┃
┃                                               ┃
┃       国道329号の地域実情に配慮した維持管理の適正化を求める意見書(案)        ┃
┃                                               ┃
┃ 道路は、村民生活や社会・経済活動を支える最も重要な社会基盤であります。           ┃
┃ 中でも国直轄管理の国道は、主要幹線道路として、地域経済の活性化をはかることはもとより、村民の┃
┃命に関わる救急搬送や災害対応といった、安全で安心な村民生活を確保する上で重要な役割を担っていま┃
┃す。                                             ┃
┃ しかしながら、政府の事業仕分けの指摘を受けた、国の本年度予算においては、国道の維持管理のため┃
┃の予算が大幅に削減されたことにより、国道329号沿いの道路環境は、雑草・雑木が生い茂る非常に危険 ┃
┃な状況となっています。                                    ┃
┃ そのため、国道329号は地域に密着した生活道路でありながら、視界を遮ったり、歩行に支障を来す箇 ┃
┃所が数多く発生し、村民の安全・安心な通行の確保及び歩道が健康づくりの場として利用されているなど┃
┃生活環境の確保に多大な支障を来しています。                          ┃
┃ また、本村は、「水と緑と太陽の里」を村づくり構想のキャッチフレーズに、「自然と産業との調和あ┃
┃る村づくり」を村政の主要施策としているが、村の観光振興に対する影響も非常に危惧されるところであ┃
┃ります。                                           ┃
┃ さらに、本県は亜熱帯地域であることから、年中雑草・雑木等が生育しており、かつ成長が非常に早い┃
┃地域であります。全国一律の基準で国道維持管理回数を定めることは、非現実的であり、地域の特性に ┃
┃あった適正な維持管理回数を実施することが重要であり、これ以上悪化させないよう特段の配慮が必要で┃
┃ある。                                            ┃
┃ よって、国においては、本県の気候的特性に配慮し、道路の維持管理等の重要性を再確認され、次の事┃
┃項が早急に実施・改善されるよう強く要望します。                        ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃1.村民の安全・安心な道路通行確保を図るため、国道の維持管理に必要な予算を確実に確保すること。┃
┃2.村民の快適な生活環境の確保を図るため、年間を通じた計画的、効果的な維持管理を着実に実施する┃
┃ こと。                                           ┃
┃3.全国一律の基準による維持管理ではなく、各地域の気候特性に応じた適正・的確な維持管理基準・体┃
┃ 制に改善すること。                                     ┃
┃                                               ┃
┃ 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。                   ┃
┃                                               ┃
┃                                     平成22年11月2日  ┃
┃                                     沖縄県宜野座村議会 ┃
┃                                               ┃
┃送付先                                            ┃
┃ 国土交通大臣、沖縄及び北方対策担当大臣、内閣府沖縄総合事務局長、              ┃
┃ 内閣府沖縄総合事務局北部国道事務所長                            ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上のことから、意見書(案)を採択していただきますよう議員各位の御賛同をお願い申し上げ、説明といたします。



○議長(多嘉山朝安) ただいま伊芸朝健議員より提案理由の説明がありました意見書(案)は、お手元に配付したとおりであります。文案の朗読を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって文案の朗読を省略します。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 意見書第9号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって意見書第9号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから意見書第9号 国道329号の地域実情に配慮した維持管理の適正化を求める意見書(案)についてを採決します。

 お諮りします。

 意見書第9号は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって意見書第9号は、原案のとおり可決されました。

 お諮りします。

 ただいま可決された意見書については、関係機関へ送付したいと思います。御異議ありませんか。

 小渡久和議員。



◆10番(小渡久和) せっかくすばらしい提案でありますので、近くの沖縄県の関係する機関には手交したほうが私は最も効果的だと思います。これを協議していただきたいと思います。



○議長(多嘉山朝安) 

 暫時休憩します。             (10時53分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (11時22分)

 ただいま小渡議員より送付に対して異議がありました。県内について手交すべきとの意見がありましたので、手交に賛成の方は起立願います。

    (起立多数)



○議長(多嘉山朝安) 「起立多数」でございます。

 ただいま可決された意見書について、県内については手交、その他については送付することに決定しました。



△日程第9.意見書第10号 県道の地域実情に配慮した推持管理の適正化を求める意見書(案)についてを議題といたします。

 本件については、伊芸朝健議員外1人から提出されております。提出者から提案理由の説明を求めます。

 伊芸朝健議員。



◆5番(伊芸朝健) 提案理由説明、読み上げて、提案理由にかえさせていただきます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成22年11月2日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山朝安 殿                                     ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 伊 芸 朝 健 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 當 眞 嗣 則 ┃
┃                                               ┃
┃            県道の地域実情に配慮した推持管理の適正化を求める           ┃
┃            意見書(案)について                         ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃意見書第10号                                         ┃
┃                                               ┃
┃        県道の地域実情に配慮した推持管理の適正化を求める意見書(案)         ┃
┃                                               ┃
┃ 道路は、村民生活や社会・経済活動を支える最も重要な社会基盤であります。           ┃
┃県道71号線、県道234号線は、主要幹線道路として、地域経済の活性化をはかることはもとより、村民の ┃
┃命に関わる救急搬送や災害対応といった、安全で安心な村民生活を確保する上で重要な役割を担っていま┃
┃す。                                             ┃
┃ しかしながら、県道沿いの道路環境は、雑草・雑木が生い茂り、視界を遮ったり、歩行に支障を来す箇┃
┃所が数多く発生し、村民の安全・安心な通行の確保及び歩道が健康づくりの場として利用されているなど┃
┃生活環境の確保に多大な支障を来しているだけではなく、本村の観光振興に対する影響も非常に危惧され┃
┃るところであります。                                     ┃
┃ よって、県においては、本県の気候的特性に配慮し、道路の推持管理等の重要性を再確認され、次の事┃
┃項が早急に実施されるよう強く要望します。                           ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃1.村民の安全・安心な道路通行確保を図るため、県道の維持管理に必要な予算を確実に確保すること。┃
┃2.村民の快適な生活環境の確保を図るため、年間を通じた計画的、効果的な維持管理を着実に実施する┃
┃ こと。                                           ┃
┃                                               ┃
┃                                     平成22年11月2日  ┃
┃                                     沖縄県宜野座村議会 ┃
┃                                               ┃
┃送付先                                            ┃
┃ 沖縄県知事、沖縄県土木建築部北部土木事務所長                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上のことから、意見書(案)を採択していただきますよう議員各位の御賛同をお願い申し上げ、説明といたします。



○議長(多嘉山朝安) ただいま伊芸朝健議員より提案理由の説明がありました意見書(案)は、お手元に配付したとおりであります。文案の朗読を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって文案の朗読を省略します。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 意見書第10号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって意見書第10号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから意見書第10号 県道の地域実情に配慮した推持管理の適正化を求める意見書(案)についてを採決します。

 お諮りします。

 意見書第10号は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって意見書第10号は、原案のとおり可決されました。

 お諮りします。

 ただいま可決された意見書については、関係機関へ手交したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 ただいま可決された意見書については手交することに決定しました。

 意見書第9号、第10号に対する村当局の取り組み状況を伺います。

 東村長。



◎村長(東肇) ただいま意見書第9号、第10号、国道と県道の管理につきまして意見書を採択していただきまして、大変ありがとうございます。

 村としましても、国道事務所にもやはり地域の安全上、今、非常に不便をこうむって、また事件、事故が起こらないうちに対策をしてもらいたいということを強く国道事務所にも要望しているところでございます。去る金曜日に国道事務所所長もお見えになって、いろいろと今の現状の報告がございました。特に国の仕分けの中で予算が減になったということから、今の沖縄の状況を国もよく御承知になったということから、予算については幾らか取り戻してついてくるかなと思っております。しかし、また経費を節減した維持管理をしなくてはいけないということから、この植樹帯の構造のあり方なり、あるいは植樹の種類の問題等、さらにはまた、どうしてもこういう植樹帯が必要のない箇所については植樹帯の廃止とか、そういうことでいろいろと調査研究をしているという報告がありました。今後も沖縄県は観光立県としているという沖縄県の立場からもやはり道路の維持管理、きれいさということが一番観光客の皆さん、あるいはそこに住む住民の皆さんのいやしの場としての文化的発展というのは、こういう道路の整備、維持管理というのが一番大事かと思っておりますので、今後とも県、国にも十分お願いしながら、さらに我々としても村道、農道の管理は村ですので、それもあわせて整備していく方向で努力してまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。



○議長(多嘉山朝安)



△日程第10.決議第7号 観光振興に関する調査特別委員会設置に関する決議(案)についてを議題とします。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                      平成22年11月2日 ┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山朝安 殿                                     ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 當 眞 嗣 則 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 伊 芸 朝 健 ┃
┃                                               ┃
┃              観光振興に関する調査特別委員会設置に関する            ┃
┃              決議(案)について                        ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃決議第7号                                          ┃
┃                                               ┃
┃            観光振興に関する調査特別委員会設置に関する決議            ┃
┃                                               ┃
┃ 次のとおり、観光振興に関する調査特別委員会を設置するものとする。              ┃
┃                                               ┃
┃                      記                        ┃
┃                                               ┃
┃1 名   称  観光振興に関する調査特別委員会                       ┃
┃2 設置の根拠  地方自治法第110条及び委員会条例第3条                    ┃
┃3 目   的  観光振興に関する調査                            ┃
┃4 委員の定数  議長を含む全議員                              ┃
┃5 調査期限   調査終了まで閉会中もなお調査を行うことができる。              ┃
┃                                               ┃
┃(提案理由)                                         ┃
┃ 観光振興に関し「観光振興に関する調査特別委員会」を設置する。                ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 當眞嗣則議員外1人から提出されました観光振興に関する調査特別委員会設置に関する決議(案)について、決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって観光振興に関する調査特別委員会設置に関する決議(案)ついては、可決されました。

 お諮りします。

 ただいま設置されました観光振興に関する調査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定によって、議長を含む全議員を指名したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議長を含む全議員を選任することに決定しました。



△日程第11.決議第8号 てんぷす振興公社調査特別委員会設置に関する決議(案)についてを議題とします。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                      平成22年11月2日 ┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山朝安 殿                                     ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 伊 芸 朝 健 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 當 眞 嗣 則 ┃
┃                                               ┃
┃             てんぷす振興公社調査特別委員会設置に関する             ┃
┃             決議(案)について                         ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃決議第8号                                          ┃
┃                                               ┃
┃            てんぷす振興公社調査特別委員会設置に関する決議            ┃
┃                                               ┃
┃ 次のとおり、てんぷす振興公社調査特別委員会を設置するものとする。              ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃1 名   称  てんぷす振興公社調査特別委員会                       ┃
┃2 設置の根拠  地方自治法第110条及び委員会条例第3条                    ┃
┃3 目   的  てんぷす振興公社に関する調査                        ┃
┃4 委員の定数  議長を含む全議員                              ┃
┃5 調査期限   調査終了まで閉会中もなお調査を行うことができる。              ┃
┃                                               ┃
┃(提案理由)                                         ┃
┃ てんぷす振興公社の管理運営に関し「てんぷす振興公社調査特別委員会」を設置する。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 伊芸朝健議員外1人から提出されましたてんぷす振興公社調査特別委員会設置に関する決議(案)について、決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって、てんぷす振興公社調査特別委員会設置に関する決議(案)ついては、可決されました。

 お諮りします。

 ただいま設置されましたてんぷす振興公社調査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定によって、議長を含む全議員を指名したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議長を含む全議員を選任することに決定しました。



△日程第12.決議第9号 災害等に関する調査特別委員会設置に関する決議(案)についてを議題とします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                      平成22年11月2日 ┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山朝安 殿                                     ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 當 眞 嗣 則 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 伊 芸 朝 健 ┃
┃                                               ┃
┃              災害等に関する調査特別委員会設置に関する             ┃
┃              決議(案)について                        ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃決議第9号                                          ┃
┃                                               ┃
┃            災害等に関する調査特別委員会設置に関する決議             ┃
┃                                               ┃
┃ 次のとおり、災害等に関する調査特別委員会を設置するものとする。               ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃1 名   称  災害等に関する調査特別委員会                        ┃
┃2 設置の根拠  地方自治法第110条及び委員会条例第3条                    ┃
┃3 目   的  災害等の対策と被害に関する調査                       ┃
┃4 委員の定数  議長を含む全議員                              ┃
┃5 調査期限   調査終了まで閉会中もなお調査を行うことができる。              ┃
┃                                               ┃
┃(提案理由)                                         ┃
┃ 災害等の対策と被害に関し、「災害等に関する調査特別委員会」を設置する。           ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 當眞嗣則議員外1人から提出されました災害等に関する調査特別委員会設置に関する決議(案)について、決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって、災害等に関する調査特別委員会設置に関する決議(案)ついては、可決されました。

 お諮りします。

 ただいま設置されました災害等に関する調査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定によって、議長を含む全議員を指名したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって議長を含む全議員を選任することに決定しました。

 暫時休憩します。             (11時34分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (11時34分)

 これから諸般の報告を行います。

 休憩中の観光振興に関する調査特別委員会において、委員長及び副委員長の互選が行われ、委員長に當眞嗣則議員、副委員長に伊芸朝健議員が互選された旨の報告がありました。

 2番に、休憩中のてんぷす振興公社調査特別委員会において、委員長及び副委員長の互選が行われ、委員長に伊芸朝健議員、副委員長に當眞嗣則議員が互選された旨の報告がありました。

 3番に、休憩中の災害等に関する調査特別委員会において、委員長及び副委員長の互選が行われ、委員長に當眞嗣則議員、副委員長に伊芸朝健議員が互選された旨の報告がありました。

 これで諸般の報告を終わります。



△日程第13.観光振興に関する調査特別委員会の議会閉会中の継続調査申出書についてを議題とします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成22年11月2日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山 朝安 殿                                    ┃
┃                                               ┃
┃                               観光振興に関する調査特別委員会 ┃
┃                               委員長   當 眞 嗣 則   ┃
┃                                               ┃
┃                  閉会中の継続調査申出書                  ┃
┃                                               ┃
┃ 本委員会は、下記の事件について、閉会中もなお継続調査を要するものと決定したので、会議規則第75┃
┃条の規定により申し出ます。                                  ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃1.事 件  観光振興に関する調査について                          ┃
┃2.期 限  調査終了まで                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 當眞嗣則調査特別委員長から会議規則第75条の規定によってお手元に配りました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りします。

 委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。



△日程第14.てんぷす振興公社調査特別委員会の議会閉会中の継続調査申出書についてを議題とします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成22年11月2日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山 朝安 殿                                    ┃
┃                                               ┃
┃                               てんぷす振興公社調査特別委員会 ┃
┃                               委員長   伊 芸 朝 健   ┃
┃                                               ┃
┃                  閉会中の継続調査申出書                  ┃
┃                                               ┃
┃ 本委員会は、下記の事件について、閉会中もなお継続調査を要するものと決定したので、会議規則第75┃
┃条の規定により申し出ます。                                  ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃1.事 件  てんぷす振興公社に関する調査について                      ┃
┃2.期 限  調査終了まで                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 伊芸朝健調査特別委員長から会議規則第75条の規定によってお手元に配りました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りします。

 委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。



△日程第15.災害等に関する調査特別委員会の議会閉会中の継続調査申出書についてを議題とします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成22年11月2日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 多嘉山 朝安 殿                                    ┃
┃                                               ┃
┃                                災害等に関する調査特別委員会 ┃
┃                                委員長   當 眞 嗣 則  ┃
┃                                               ┃
┃                                               ┃
┃                 閉会中の継続調査申出書                   ┃
┃                                               ┃
┃ 本委員会は、下記の事件について、閉会中もなお継続調査を要するものと決定したので、会議規則第75┃
┃条の規定により申し出ます。                                  ┃
┃                                               ┃
┃                      記                        ┃
┃                                               ┃
┃1.事 件  災害等の対策と被害に関する調査について                     ┃
┃2.期 限  調査終了まで                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 當眞嗣則調査特別委員長から会議規則第75条の規定によってお手元に配りました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りします。

 委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

 お諮りします。

 会議規則第45条の規定により、平成22年第10回宜野座村議会臨時会において、議決された事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(多嘉山朝安) 「異議なし」と認めます。

 したがって条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに決定しました。

 これで本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成22年第10回宜野座村議会臨時会を閉会します。(11時39分)

 以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。



       宜野座村議会



       議  長  多嘉山 朝 安



       署名議員  當 眞 嗣 則



       署名議員  伊 芸 朝 健