議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 宜野座村

平成22年第4回定例会 06月17日−03号




平成22年第4回定例会 − 06月17日−03号







平成22年第4回定例会




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                                ┃
┃               平成22年第4回宜野座村議会定例会会議録               ┃
┃                                                ┃
┠──────────┬─────────────────────────────────────┨
┃ 招 集 年 月 日 │          平 成 22 年 6 月 15 日            ┃
┠──────────┼─────────────────────────────────────┨
┃  招 集 場 所  │         宜 野 座 村 議 会 議 事 堂           ┃
┠──────────┼───┬──────────────────┬───┬──────────┨
┃ 開 ・ 閉 の 日 時 │開 議│  平成22年6月17日 午前10時11分  │議 長│  小 渡 久 和  ┃
┃          ├───┼──────────────────┼───┼──────────┨
┃  及 び 宣 言  │閉 会│  平成22年6月17日 午後3時42分  │議 長│  小 渡 久 和  ┃
┠──────────┼───┼──────────┬───┬───┼───┴──────┬───┨
┃ 応(不応)招議員 │議 席│  氏    名  │出 席│議 席│  氏    名  │出 席┃
┃          │番 号│          │の 別│番 号│          │の 別┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 並びに出・欠席議員 │ 1 │  稲 嶺 盛 昭  │ ○ │ 9 │  新 里 文 康  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃          │ 2 │  當 眞 嗣 則  │ ○ │ 10 │  城 間 盛 春  │ ○ ┃
┃          ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 出 席   14 名 │ 3 │  仲 本   彰  │ ○ │ 11 │  當 眞   進  │ ○ ┃
┃           ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ 欠 席   0 名 │ 5 │  當 眞   淳  │ ○ │ 12 │  仲 田 清 孝  │ ○ ┃
┃           ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃   凡   例   │ 6 │  島 袋   弘  │ ○ │ 13 │  島 袋   榮  │ ○ ┃
┃ ○    出  席 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ △    欠  席 │ 7 │  平 田   悟  │ ○ │ 14 │  多嘉山 朝 安  │ ○ ┃
┃ ×    不 応 招 ├───┼──────────┼───┼───┼──────────┼───┨
┃ △(公) 公務欠席 │ 8 │  嘉手納 良 弘  │ ○ │ 15 │  小 渡 久 和  │ ○ ┃
┠──────────┼───┼──────────┴───┼───┼──────────┴───┨
┃          │ 8 │   嘉手納 良 弘     │   │              ┃
┃会 議 録 署 名 議 員├───┼──────────────┼───┼──────────────┨
┃          │ 9 │   新 里 文 康     │   │              ┃
┠──────────┼───┴───┬──────────┴───┴──────────────┨
┃ 職務のために出席 │事 務 局 長│  知 名 定 美                     ┃
┃          ├───────┼─────────────────────────────┨
┃ した者の職氏名  │係     長│  山 内 慶 一                     ┃
┠──────────┼───────┼──────────┬───────┬──────────┨
┃          │村     長│  東     肇  │産業振興課長 │  津嘉山 博 文  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │副  村  長│  仲宗根   勲  │建 設 課 長│  仲 間 正 哲  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │教  育  長│  城 間 辰 雄  │上下水道課長 │  山 城 次 雄  ┃
┃ 地方自治法第121条 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │会 計 管 理 者│  新 里 民 夫  │学校教育課長 │  平 田 嗣 義  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃ により説明のため  │総 務 課 長│  島 田 忠 博  │社会教育課長 │  照 屋 忠 利  ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │企 画 課 長│  仲 程   正  │       │          ┃
┃ 出席した者の職氏名 ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │住民生活課長 │  山 川 清 八  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │健康福祉課長 │  末 石 森 春  │       │          ┃
┃          ├───────┼──────────┼───────┼──────────┨
┃          │農 業 委 員 会│  岸 本 宏 和  │       │          ┃
┃          │事 務 局 長│          │       │          ┃
┠──────────┼───────┴──────────┴───────┴──────────┨
┃ 会 議 の 経 過 │別紙のとおり                               ┃
┗━━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



            平成22年第4回宜野座村議会定例会議事日程(第3号)

                                        平成22年6月17日
                                        開 議 午前10時
┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  1  │承認第1号   │宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について    ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  2  │承認第2号   │宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認につ┃
┃    │        │いて                               ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │         (上程・説明・質疑・討論・採決)         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  3  │報告第3号   │平成21年度宜野座村繰越明許費繰越計算書の報告について       ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (報告・質疑)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  4  │決議第2号   │議員派遣について                         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (上程・採決)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  5  │決議第3号   │宜野座村パインアップル加工施設に関する調査特別委員会設置に関する決┃
┃    │        │議(案)について                         ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (上程・採決)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │諸般の報告                            ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  6  │        │閉会中の継続調査申出書について                  ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │             (上程・採決)             ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  7  │抗議決議第1号 │米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する抗議決議(案)につ┃
┃    │        │いて                               ┃
┃    │        │                                 ┃
┃  8  │意見書第3号  │米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する意見書(案)につい┃
┃    │        │て                                ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━┯━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃日程番号│ 議 案 番 号 │          件           名          ┃
┠────┼────────┼─────────────────────────────────┨
┃  9  │要請決議第1号 │米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する要請決議(案)につ┃
┃    │        │いて                               ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │        (一括上程・説明・質疑・討論・採決)        ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┃    │        │                                 ┃
┗━━━━┷━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




○議長(小渡久和) おはようございます。

 これから本日の会議を開きます。(10時11分)



△日程第1.承認第1号 宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 承認第1号 宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について御説明申し上げます。

 本案件は、地方税法等の一部を改正する法律(平成22年法律第4号)地方税法施行令の一部を改正する政令(平成22年政令第45号)及び地方税法施行規則等の一部を改正する省令(平成22年総務省令27号)が平成22年3月31日に公布され、4月1日から施行されることになりました。

 これに伴い、宜野座村税条例の一部を改正し同年4月1日より施行する必要があるが、同条例の改正について議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしました。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、承認くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(小渡久和) 山川村民生活課長。



◎村民生活課長(山川清八) ただいま提案されております承認第1号について説明させていただきます。

 先ほど村長から提案理由の説明がありましたように、地方税法の一部が改正され、平成22年3月31日付で公布されたことに伴い、宜野座村税条例の一部を改正するものでございます。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃承認第1号                                          ┃
┃                                               ┃
┃            宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の            ┃
┃            承認について                             ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定に基づき、別紙のとおり専決処分したので、 ┃
┃同条第3項の規定により、これを報告し、承認を求める。                     ┃
┃                                               ┃
┃ 平成22年6月15日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                 専  決  処  分  書                 ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、宜野座村税条例(昭和47年条例第30 ┃
┃号)の一部を改正する条例を別紙のとおり専決処分する。                     ┃
┃                                               ┃
┃理   由                                          ┃
┃ 本件は、地方税法等の一部を改正する法律(平成22年法律第4号)、地方税法施行令の一部を改正する┃
┃政令(平成22年政令第45号)及び地方税法施行規則等の一部を改正する省令(平成22年総務省令27号)が┃
┃平成22年3月31日に公布され、4月1日から施行されることになりました。             ┃
┃ これに伴い、宜野座村税条例の一部を改正し同年4月1日より施行する必要があるが、同条例の改正に┃
┃ついて議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分する。  ┃
┃                                               ┃
┃                                 平成22年3月31日      ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃               宜野座村税条例の一部を改正する条例               ┃
┃                                               ┃
┃                                      平成22年3月31日 ┃
┃                                      条 例 第 10 号  ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村税条例(昭和47年条例第30号)の一部を次のように改正する。              ┃
┃ 第19条各号列記以外の部分中「第321条の8第27項及び第28項」を「第321条の8第22項及び第23項」に┃
┃改め、同条第2号中「、第5項又は第24項」を「又は第19項」に改め、同条第3号中「第321条の8第27 ┃
┃項及び第28項」を「第321条の8第22項及び第23項」に改める。                   ┃
┃ 第31条第3項中「同項第1号の2」を「同項第2号」に、「同項第1号の3」を「同項第3号」に、 ┃
┃「同項第2号の均等割額の算定期間又は同項第3号」を「同項第4号の均等割額」に改める。     ┃
┃ 第36条の3の次に次の2条を加える。                             ┃
┃ (個人の村民税に係る給与所得者の扶養親族申告書)                      ┃
┃第36条の3の2 所得税法第194条第1項の規定により同項に規定する申告書を提出しなければならない ┃
┃ 者(以下この条において「給与所得者」という。)で村内に住所を有するものは、当該申告書の提出の┃
┃ 際に経由すべき同項の給与等の支払者(以下この条において「給与支払者」という。)から毎年最初に┃
┃ 給与の支払を受ける日の前日までに、施行規則で定めるところにより、次に掲げる事項を記載した申告┃
┃ 書を、当該給与支払者を経由して、村長に提出しなければならない。               ┃
┃ (1)当該給与支払者の氏名又は名称                             ┃
┃ (2)扶養親族の氏名                                    ┃
┃ (3)その他施行規則で定める事項                              ┃
┃2 前項又は法第317条の3の2第1項の規定による申告書を提出した給与所得者で村内に住所を有する ┃
┃ ものは、その年の中途において当該申告書に記載した事項について異動を生じた場合には、前項又は法┃
┃ 第317条の3の2第1項の給与支払者からその異動を生じた日後最初に給与の支払を受ける日の前日ま ┃
┃ でに、施行規則で定めるところにより、その異動の内容その他施行規則で定める事項を記載した申告書┃
┃ を、当該給与支払者を経由して、村長に提出しなければならない。                ┃
┃3 前2項の場合において、これらの規定による申告書がその提出の際に経由すべき給与支払者に受理さ┃
┃ れたときは、その申告書は、その受理された日に村長に提出されたものとみなす。         ┃
┃4 給与所得者は、第1項及び第2項の規定による申告書の提出の際に経由すべき給与支払者が所得税法┃
┃ 第198条第2項に規定する納税地の所轄税務署長の承認を受けている場合には、施行規則で定めるとこ ┃
┃ ろにより、当該申告書の提出に代えて、当該給与支払者に対し、当該申告書に記載すべき事項を電磁的┃
┃ 方法(電子情報処理組織を使用する方法その他の情報通信の技術を利用する方法であって施行規則で定┃
┃ めるものをいう。次条第4項において同じ。)により提供することができる。           ┃
┃5 前項の規定の適用がある場合における第3項の規定の適用については、同項中「申告書が」とあるの┃
┃ は「申告書に記載すべき事項を」と、「給与支払者に受理されたとき」とあるのは「給与支払者が提供┃
┃ を受けたとき」と、「受理された日」とあるのは「提供を受けた日」とする。           ┃
┃ (個人の村民税に係る公的年金等受給者の扶養親族申告書)                   ┃
┃第36条の3の3 所得税法第203条の5第1項の規定により同項に規定する申告書を提出しなければなら ┃
┃ ない者(以下この条において「公的年金等受給者」という。)で村内に住所を有するものは、当該申告┃
┃ 書の提出の際に経由すべき同項の公的年金等の支払者(以下この条において「公的年金等支払者」とい┃
┃ う。)から毎年最初に同項に規定する公的年金等の支払を受ける目の前日までに、施行規則で定めると┃
┃ ころにより、次に掲げる事項を記載した申告書を、当該公的年金等支払者を経由して、村長に提出しな┃
┃ ければならない。                                      ┃
┃ (1)当該公的年金等支払者の名称                              ┃
┃ (2)扶養親族の氏名                                    ┃
┃ (3)その他施行規則で定める事項                              ┃
┃2 前項又は法第317条の3の3第1項の規定による申告書を公的年金等支払者を経由して提出する場合 ┃
┃ において、当該申告書に記載すべき事項がその年の前年において当該公的年金等支払者を経由して提出┃
┃ した前項又は法第317条の3の3第1項の規定による申告書に記載した事項と異動がないときは、公的 ┃
┃ 年金等受給者は、当該公的年金等支払者が所得税法第203条の5第2項に規定する国税庁長官の承認を ┃
┃ 受けている場合に限り、施行規則で定めるところにより、前項又は法第317条の3の3第1項の規定に ┃
┃ より記載すべき事項に代えて当該異動がない旨を記載した前項又は法第317条の3の3第1項の規定に ┃
┃ よる申告書を提出することができる。                             ┃
┃3 第1項の場合において、同項の規定による申告書がその提出の際に経由すべき公的年金等支払者に受┃
┃ 理されたときは、その申告書は、その受理された日に村長に提出されたものとみなす。       ┃
┃4 公的年金等受給者は、第1項の規定による申告書の提出の際に経由すべき公的年金等支払者が所得税┃
┃ 法第203条の5第4項に規定する納税地の所轄税務署長の承認を受けている場合には、施行規則で定め ┃
┃ るところにより、当該申告書の提出に代えて、当該公的年金等支払者に対し、当該申告書に記載すべき┃
┃ 事項を電磁的方法により提供することができる。                        ┃
┃5 前項の規定の適用がある場合における第3項の規定の適用については、同項中「申告書が」とあるの┃
┃ は「申告書に記載すべき事項を」と、「公的年金等支払者に受理されたとき」とあるのは「公的年金等┃
┃ 支払者が提供を受けたとき」と、「受理された日」とあるのは「提供を受けた日」とする。     ┃
┃ 第44条第2項中「前項の規定」を「同項の規定」に改め、同条第5項を第6項とし、第4項を第5項と┃
┃ し、第3項の次に次の1項を加える。                             ┃
┃4 第1項の給与所得者が前年中において公的年金等の支払を受けた者であり、かつ、当該年度の初日に┃
┃ おいて第47条の2第1項に規定する老齢等年金給付の支払を受けている年齢65歳以上の者である場合に┃
┃ おいて前2項の規定を適用する。                               ┃
┃ 第45条第1項中「前条第4項」を「前条第5項」に改める。                   ┃
┃ 第48条第1項中「第5項、第24項、第27項及び第28項」を「第19項、第22項及び第23項」に、「第5 ┃
┃項、第24項及び第28項」を「第19項及び第23項」に、「同条第27項」を「同条第22項」に改め、同条第2┃
┃項中「第321条の8第29項」を「第321条の8第24項」に改め、同条第3項中「第321条の8第27項」を  ┃
┃「第321条の8第22項」に、「同条第26項」を「同条第21項」に、「、第5項又は第24項」を「又は第19 ┃
┃項」に、「同条第28項」を「同条第23項」に改め、同条第4項中「、第5項又は第24項」を「又は第19 ┃
┃項」に、「同条第27項」を「同条第22項」に、「第321条の8第28項」を「第321条の8第23項」に改め、┃
┃同条第6項中「第2条第12号の7の3」を「第2条第12号の7の7」に改める。           ┃
┃ 第50条第2項中「、第5項又は第24項」を「又は第19項」に、「同条第28項」を「同条第23項」に、 ┃
┃「、第4項又は第5項」を「又は第4項」に改め、同条第3項中「、第5項又は第24項」を「又は第19 ┃
┃項」に改める。                                        ┃
┃ 第54条第6項中「、地方開発事業団」を削る。                         ┃
┃ 第95条中「3,298円」を「4,618円」に改める。                         ┃
┃ 附表第10条の3を削る。                                   ┃
┃ 附則第15条を削り、附則第15条の2を附則第15条とする。                    ┃
┃ 附則第16条の2第1項中「1,564円」を「2,190円」に改める。                  ┃
┃ 附則第19条の3を次のように改める。                             ┃
┃ (非課税口座内上場株式等の譲渡に係る村民税の所得計算の特例)                ┃
┃第19条の3 村民税の所得割の納税義務者が、前年中に租税特別措置法第37条の14第5項第2号に規定す┃
┃ る非課税上場株式等管理契約(次項において「非課税上場株式等管理契約」という。)に基づき同条第┃
┃ 1項に規定する非課税口座内上場株式等(その者が二以上の同条第5項第1号に規定する非課税口座 ┃
┃ (以下この条において「非課税口座」という。)を有する場合には、それぞれの非課税口座に係る非課┃
┃ 税口座内上場株式等。以下この条において同じ。)の譲渡をした場合には、令附則第18条の6の2第3┃
┃ 項で定めるところにより、当該非課税口座内上場株式等の譲渡による事業所得の金額、譲渡所得の金額┃
┃ 又は雑所得の金額と当該非課税口座内上場株式等以外の同法第37条の10第2項に規定する株式等の譲渡┃
┃ による事業所得の金額、譲渡所得の金額又は雑所得の金額とを区分して、これらの金額を計算するもの┃
┃ とする。                                          ┃
┃2 租税特別措置法第37条の14第4項各号に掲げる事由により、非課税口座からの非課税口座内上場株式┃
┃ 等の一部又は全部の払出し(振替によるものを含む。以下この項において同じ。)があった場合には、┃
┃ 当該払出しがあった非課税口座内上場株式等については、その事由が生じた時に、令附則第18条の6の┃
┃ 2第2項で定める金額(以下この項において「払出し時の金額」という。)により非課税上場株式等管┃
┃ 理契約に基づく譲渡があったものと、同法第37条の14第4項第1号に掲げる移管、返還又は廃止による┃
┃ 非課税口座内上場株式等の払出しがあった非課税口座を開設し、又は開設していた村民税の所得割の納┃
┃ 税義務者については、当該移管、返還又は廃止による払出しがあった時に、その払出し時の金額をもっ┃
┃ て当該移管、返還又は廃止による払出しがあった非課税口座内上場株式等の数に相当する数の当該非課┃
┃ 税口座内上場株式等と同一銘柄の同法第37条の11の3第2項に規定する上場株式等の取得をしたものと┃
┃ それぞれみなして、前項及び附則第19条の規定その他のこの条例の規定を適用する。        ┃
┃ 附則第20条の4第1項中「租税条約の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法┃
┃律」を「租税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」に、「租税条┃
┃約実施特例法」を「租税条約等実施特例法」に改め、同条第2項第3号、同条第3項及び同条第5項第3┃
┃号中「租税条約実施特例法」を「租税条約等実施特例法」に改め、同条第6項中「租税条約実施特例法」┃
┃を「租税条約等実施特例法」に、「租税条約の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関┃
┃する法律」を「租税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」に改め┃
┃る。                                             ┃
┃ 附則第20条の5第1項中「租税条約実施特例法」を「租税条約等実施特例法」に改める。      ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ (施行期日)                                        ┃
┃第1条 この条例は、平成22年4月1日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号に定┃
┃ める日から施行する。                                    ┃
┃ (1)附則第20条の4及び第20条の5第1項の改正規定 平成22年6月1日            ┃
┃ (2)第19条各号列記以外の部分、第2号及び第3号、第31条第3項、第48条第1項から第4項まで、┃
┃   第50条第2項及び第3項並びに第95条の改正規定並びに附則第16条の2第1項の改正規定並びに次┃
┃   条第8項及び附則第4条の規定 平成22年10月1日                     ┃
┃ (3)第36条の3の次に2条を加える改正規定及び次条第2項から第4項までの規定 平成23年1月1┃
┃   日                                           ┃
┃ (4)附則第19条の3の改正規定及び次条第6項の規定 平成25年1月1日            ┃
┃ (5)第54条第6項の改正規定 地方自治法の一部を改正する法律(平成22年法律第  号)の施行の┃
┃   日                                           ┃
┃ (村民税に関する経過措置)                                 ┃
┃第2条 別段の定めがあるものを除き、改正後の宜野座村税条例(以下「新条例」という。)の規定中個┃
┃ 人の村民税に関する部分は、平成22年度以後の年度分の個人の村民税について適用し、平成21年度分ま┃
┃ での個人の村民税については、なお従前の例による。                      ┃
┃2 新条例第36条の3の2の規定は、平成23年1月1日以後に提出する同条第1項及び第2項に規定する┃
┃ 申告書について適用する。                                  ┃
┃3 新条例第36条の3の3の規定は、平成23年1月1日以後に提出する同条第1項に規定する申告書につ┃
┃ いて適用する。                                       ┃
┃4 平成23年中に新条例第36条の3の3第1項の規定による申告書を提出する場合においては、同条第2┃
┃ 項中「前項又は法第317条の3の3第1項の規定による申告書に記載した事項」とあるのは、「所得税 ┃
┃ 法等の一部を改正する法律(平成22年法律第6号)第1条の規定による改正前の所得税法第203条の5 ┃
┃ 第1項の規定による申告書(同条第2項の規定により提出した同条第1項の規定による申告書を含  ┃
┃ む。)に記載した事項のうち前項各号又は法第317条の3の3第1項各号に掲げる事項に相当するも  ┃
┃ の」として同項の規定を適用する。                              ┃
┃5 平成22年度分の個人の村民税についての新条例第44条第2項(同条第4項の規定により読み替えて適┃
┃ 用する場合を除く。)の規定の適用については、同条第2項中「給与所得以外の所得に係る所得割額を┃
┃ 普通徴収の方法によって徴収されたい旨の記載があるとき」とあるのは、「給与所得及び公的年金等に┃
┃ 係る所得以外の所得に係る所得割額を普通徴収の方法によって徴収されたい旨の記載があるとき、又は┃
┃ 当該給与所得者の前年中の所得に公的年金等に係る所得がある場合において平成22年4月30日までに給┃
┃ 与所得以外の所得に係る所得割額を普通徴収の方法によって徴収されたい旨の申出があるとき」とす ┃
┃ る。                                            ┃
┃6 新条例附則第19条の3の規定は、平成25年度以後の年度分の個人の村民税について適用する。   ┃
┃7 別段の定めがあるものを除き、新条例の規定中法人の村民税に関する部分は、平成22年4月1日以後┃
┃ に開始する事業年度分の法人の村民税及び同日以後に開始する連結事業年度分の法人の村民税について┃
┃ 適用し、同日前に開始した事業年度分の法人の村民税及び同日前に開始した連結事業年度分の法人の村┃
┃ 民税については、なお従前の例による。                            ┃
┃8 新条例第19条、第31条、第48条(同条第6項を除く。)及び第50条の規定は、平成22年10月1日以後┃
┃ に解散(合併による解散を除く。)が行われた場合における各事業年度分の法人の村民税及び各連結事┃
┃ 業年度分の法人の村民税について適用し、同日前に解散(合併による解散を除く。)が行われた場合に┃
┃ おける各事業年度分の法人の村民税及び各連結事業年度分の法人の村民税については、なお従前の例に┃
┃ よる。                                           ┃
┃ (固定資産税に関する経過措置)                               ┃
┃第3条 別段の定めがあるものを除き、新条例の規定中固定資産税に関する部分は、平成22年度以後の年┃
┃ 度分の固定資産税について適用し、平成21年度分までの固定資産税については、なお従前の例による。┃
┃ (村たばこ税に関する経過措置)                               ┃
┃第4条 平成22年10月1日(次項及び第3項において「指定日」という。)前に課した、又は課すべきで┃
┃ あった村たばこ税については、なお従前の例による。                      ┃
┃2 指定日前に地方税法(昭和25年法律第226号)第465条第1項の売渡し又は同条第2項の売渡し若しく┃
┃ は消費等(同法第469条第1項第1号及び第2号に規定する売渡しを除く。)が行われた製造たばこを ┃
┃ 指定日に販売のため所持する卸売販売業者等(新条例第92条第1項に規定する卸売販売業者等をいう。┃
┃ 以下この項及び第6項において同じ。)又は小売販売業者がある場合において、これらの者が所得税法┃
┃ 等の一部を改正する法律(平成22年法律第6号)附則第39条第1項の規定により製造たばこの製造者と┃
┃ して当該製造たばこを指定日にこれらの者の製造たばこの製造場から移出したものとみなして同項の規┃
┃ 定によりたばこ税を課されることとなるときは、これらの者が卸売販売業者等として当該製造たばこ ┃
┃ (これらの者が卸売販売業者等である場合には村の区域内に所在する貯蔵場所、これらの者が小売販売┃
┃ 業者である場合には村の区域内に所在する当該製造たばこを直接管理する営業所において所持されるも┃
┃ のに限る。)を指定日に村の区域内に営業所の所在する小売販売業者に売り渡したものとみなして、こ┃
┃ れらの者に村たばこ税を課する。この場合における村たばこ税の課税標準は、当該売り渡したものとみ┃
┃ なされる製造たばこの本数とし、次の各号に掲げる製造たばこの区分に応じ当該各号に定める税率によ┃
┃ り村たばこ税を課する。                                   ┃
┃ (1)製造たばこ(次号に掲げる製造たばこを除く。)1,000本につき1,320円           ┃
┃ (2)新条例附則第11条の3第1項に規定する紙巻たばこ 1,000本につき  626円        ┃
┃3 前項に規定する者は、同項に規定する貯蔵場所又は営業所ごとに、地方税法施行規則の一部を改正す┃
┃ る省令(平成22年総務省令第27号)別記第2号様式による申告書を指定日から起算して1月以内に村長┃
┃ に提出しなければならない。                                 ┃
┃4 前項の規定による申告書を提出した者は、平成23年3月31日までに、その申告に係る税金を地方税法┃
┃ 施行規則(昭和29年総理府令第23号。第6項において「施行規則」という。)第34号の2の5様式によ┃
┃ る納付書によって納付しなければならない。                          ┃
┃5 第2項の規定により村たばこ税を課する場合には、同項から前項までに規定するもののほか、新条例┃
┃ 第19条、第94条第2項、第98条第4項及び第5項並びに第101条の規定を適用する。この場合におい  ┃
┃ て、新条例第19条中「第98条第1項若しくは第2項、」とあるのは「宜野座村税条例の一部を改正する┃
┃ 条例(平成22年宜野座村条例第10号。以下この条及び第2章第4節において「平成22年改正条例」とい┃
┃ う。)附則第4条第4項、」と、同条第2号及び第3号中「第98条第1項若しくは第2項」とあるのは┃
┃ 「平成22年改正条例附則第4条第3項」と、新条例第94条第2項中「前項」とあるのは「平成22年改正┃
┃ 条例附則第4条第2項」と、新条例第98条第4項中「施行規則第34号の2様式又は第34号の2の2様 ┃
┃ 式」とあるのは「地方税法施行規則の一部を改正する省令(平成22年総務省令第27号)別記第2号様 ┃
┃ 式」と、同条第5項中「第1項又は第2項」とあるのは「平成22年改正条例附則第4条第4項」と、新┃
┃ 条例第101条第2項中「第98条第1項又は第2項」とあるのは「平成22年改正条例附則第4条第4項」 ┃
┃ と読み替えるものとする。                                  ┃
┃6 卸売販売業者等が、販売契約の解除その他やむを得ない理由により、町の区域内に営業所の所在する┃
┃ 小売販売業者に売り渡した製造たばこのうち、第2項の規定により村たばこ税を課された、又は課され┃
┃ るべきものの返還を受けた場合には、当該村たばこ税に相当する金額を、新条例第99条の規定に準じ ┃
┃ て、同条の規定より当該製造たばこにつき納付された、又は納付されるべき村たばこ税額に相当する金┃
┃ 額に係る控除又は還付に併せて、当該卸売販売業者等に係る村たばこ税額から控除し、又は当該卸売販┃
┃ 売業者等に還付する。この場合において、当該卸売販売業者等が新条例第98条第1項から第3項までの┃
┃ 規定により村長に提出すべき申告書には、当該返還に係る製造たばこの品目ごとの数量についての明細┃
┃ を記載した施行規則第16号の5様式による書類を添付しなければならない。            ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 今回の主な改正は、子ども手当の創設に伴う扶養控除の改正とたばこ税の税率改正でございます。

 添付資料の新旧対照表で説明したいと思います。

 新旧対照表の2ページをお開きください。新旧対照表、下段のほうに第36条の3の2、個人の村民税に係る給与所得者の扶養親族申告書、これは対照表の2ページから4ページにまたがります。

 そして次に第36条の3の3、これは対照表4から5ページです。4ページをお開きください。個人の村民税に係る公的年金等受給者の扶養親族申告書、条文のこの2つは今回追加された条文でございます。内容につきましては、年少扶養親族に係る扶養控除の廃止、ゼロ歳から15歳まで。その廃止に伴う扶養親族申告書の提出でございます。

 次に、特定扶養親族のうち、16歳以上19歳未満の者に係る扶養控除の上乗せ部分、これは12万円の廃止に伴う扶養親族申告書の提出ということになります。なお、これにつきましては平成24年度からの適用となります。

 次に、対照表の11から12ページをお願いします。11ページにたばこ税の税率ということであります。その次、12ページをお願いします。この第95条は、市町村たばこ税の税率の改正でございます。市町村たばこ税の税率が1,000本につき3,298円から4,618円、1,320円増に改正されております。これは1,000本当たりのものです。村が1,320円、県が430円、国が1,750円、合計で3,500円というふうになります。1本当たり3.5円の増というふうになります。こちらは適用は平成22年10月1日となっております。

 以上で説明を終わります。



○議長(小渡久和) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 承認第1号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第1号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから承認第1号 宜野座村税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第1号は、原案のとおり承認されました。



△日程第2.承認第2号 宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 東村長。



◎村長(東肇) 承認第2号 宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について御説明申し上げます。

 本案件は、地方税法等の一部を改正する法律(平成22年法律第4号)が、平成22年3月31日に公布され、4月1日から施行されることになりました。

 これに伴い、宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正し同年4月1日より施行する必要があるが、同条例の改正について議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしました。

 条例の内容と詳細につきましては、担当課長から説明いたしますので、御審議の上、承認くださいますようよろしくお願いいたします。



○議長(小渡久和) 末石健康福祉課長。



◎健康福祉課長(末石森春) では承認第2号について説明いたします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃承認第2号                                          ┃
┃                                               ┃
┃         宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の         ┃
┃         承認について                                ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定に基づき、別紙のとおり専決処分したので、 ┃
┃同条第3項の規定により、これを報告し、承認を求める。                     ┃
┃                                               ┃
┃ 平成22年6月15日提出                                    ┃
┃                                  宜野座村長 東     肇┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                 専  決  処  分  書                 ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、宜野座村国民健康保険税条例(昭和 ┃
┃48年条例第17号)の一部を改正する条例を別紙のとおり専決処分する。               ┃
┃                                               ┃
┃理   由                                          ┃
┃ 地方税法の一部を改正する法律(平成22年法律第4号)が、平成22年3月31日に公布され、4月1日か┃
┃ら施行されることになりました。                                ┃
┃ これに伴い、宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正し同年4月1日から施行する必要があるが、同┃
┃条例の改正について議会を招集する時間的余裕がないため、地方自治法第179条第1項の規定により専決 ┃
┃処分する。                                          ┃
┃                                               ┃
┃                                 平成22年3月31日      ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃            宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例            ┃
┃                                               ┃
┃                                      平成22年3月31日 ┃
┃                                      条 例 第 11 号  ┃
┃                                               ┃
┃ 宜野座村国民健康保険税条例(昭和48年条例第17号)の一部を次のように改正する。        ┃
┃ 第2条第2項中「47万円」を「50万円」に、同条第3項中「12万円」を「13万円」に改める。    ┃
┃ 第23条第1項中「47万円」を「50万円」に、「12万円」を「13万円」に改め、同項第1号から第3号ま┃
┃での規定中「第703条の5第1項」を「第703条の5」に、「法第314条の2第2項に規定する金額」を  ┃
┃「33万円」に改め、同条の次に次の1条を加える。                        ┃
┃ (特例対象被保険者等に係る国民健康保険税の課税の特例)                   ┃
┃第23条の2 国民健康保険税の納税義務者である世帯主又はその世帯に属する国民健康保険の被保険者若┃
┃ しくは特定同一世帯所属者が特例対象被保険者等(法第703条の5の2第2項に規定する特例対象被保 ┃
┃ 険者等をいう。第24条の2において同じ。)である場合における第3条及び前条の規定の適用について┃
┃ は、第3条中「規定する総所得金額」とあるのは「規定する総所得金額(第23条の2に規定する特例対┃
┃ 象被保険者等の総所得金額に給与所得が含まれている場合においては、当該給与所得については、所得┃
┃ 税法第28条第2項の規定によって計算した金額の100分の30に相当する金額によるものとする。次項に ┃
┃ おいて同じ。)」と、「同条第2項」とあるのは「法第314条の2第2項」と、前条第1号中「総所得 ┃
┃ 金額」とあるのは「総所得金額(次条に規定する特例対象被保険者等の総所得金額に給与所得が含まれ┃
┃ ている場合においては、当該給与所得については、所得税法第28条第2項の規定によって計算した金額┃
┃ の100分の30に相当する金額によるものとする。次号((及び第3号))において同じ。)」とする。 ┃
┃ 第24条の次に次の1条を加える。                               ┃
┃ (特例対象被保険者等に係る申告)                              ┃
┃第24条の2 国民健康保険税の納税義務者である世帯主又はその世帯に属する国民健康保険の被保険者若┃
┃ しくは特定同一世帯所属者が特例対象被保険者等である場合には、当該納税義務者は、離職理由その他┃
┃ の事項で村長が必要と認める事項を記載した申告書を村長に提出しなければならない。       ┃
┃ 前項の申告書を提出する場合には、当該納税義務者は、雇用保険受給資格者証(雇用保険法施行規則 ┃
┃ (昭和50年労働省令第3号)第17条の2第1項第1号に規定するものをいう。)その他の特例対象被保┃
┃ 険者等であることの事実を証明する書頼を提示しなければならない。               ┃
┃ 附則第2項中「第703条の5第1項」を「第703条の5」に改める。                ┃
┃ 附則第11項中「租税条約の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」を「租┃
┃税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」に、「租税条約案施特 ┃
┃例」を「租税条約等実施特例法」に改める。                           ┃
┃ 附則第12項中「租税条約実施特例法」を「租税条約等実施特例法」に、「租税鮒の実施に伴う所得税 ┃
┃法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律」を「租税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び┃
┃地方税法の特例等に関する法律」に改める。                           ┃
┃                                               ┃
┃   附 則                                         ┃
┃ (施行期日)                                        ┃
┃1 この条例は、平成22年4月1日から施行する。ただし、附則第11項及び附則第12項の改正規定につい┃
┃ ては、平成22年6月1日から施行する。                            ┃
┃ (適用区分)                                        ┃
┃2 改正後の宜野座村国民健康保険税条例の規定は、平成22年度以後の年度分の国民健康保険税について┃
┃ 適用し、平成21年度分までの国民健康保険税については、なお従前の例による。          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


 以上です。

 なお、新旧対照表が添付されておりますので、御参照のほどよろしくお願いいたします。



○議長(小渡久和) これで提案理由の説明を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 承認第2号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第2号について、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから承認第2号 宜野座村国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてを採決します。

 お諮りします。

 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって承認第2号は、原案のとおり承認されました。



△日程第3.報告第3号 平成21年度宜野座村繰越明許費繰越計算書の報告について、当局の報告を求めます。

 島田総務課長。



◎総務課長(島田忠博) 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃報告第3号                                          ┃
┃                                               ┃
┃           平成21年度宜野座村繰越明許費繰越計算書の報告について          ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法施行令第146条第2項の規定により別紙のとおり報告する。               ┃
┃                                               ┃
┃ 平成22年6月15日提出                                    ┃
┃                                 宜野座村長 東     肇 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                              平成21年度 宜野座村繰越明許費繰越計算書
                                                                              (単位:円)
┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃        │         │                    │      │     │         左 の 財 源 内 訳         ┃
┃        │         │                    │      │翌 年 度├────┬─────────────────┬──────┨
┃    款    │    項    │       事  業  名       │ 金  額 │     │既 収 入│     未収入特定財源     │      ┃
┃        │         │                    │      │繰 越 額│    ├─────┬─────┬─────┤ 一般財源 ┃
┃        │         │                    │      │     │特定財源│国県支出金│ 地方債 │ その他 │      ┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃2 総 務 費 │1 総務管理費  │村例規集追録代             │    3,000│   3,000│    │     │     │     │    3,000┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃2 総 務 費 │1 総務管理費  │北部地域地上デジタル放送受信設備整備事業│   51,102│  51,102│    │  45,991│   5,000│     │     111┃
┃        │         │(沖縄北部特別振興対策事業)      │      │     │    │     │     │     │      ┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃2 総 務 費 │1 総務管理費  │漢那ダム周辺環境整備事業        │   170,109│  155,061│    │  136,507│  14,800│     │    3,754┃
┃        │         │(沖縄北部特別振興対策事業)      │      │     │    │     │     │     │      ┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃2 総 務 費 │1 総務管理費  │農村公園改修事業            │   29,539│  29,539│    │  27,539│     │     │    2,000┃
┃        │         │(地域活性化・きめ細やかな臨時交付金) │      │     │    │     │     │     │      ┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃3 民 生 費 │2 児童福祉費  │子ども手当システム経費         │    2,798│    337│    │    335│     │     │      2┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃4 衛 生 費 │1 保健衛生費  │平成21年度新型インフルエンザワクチン接種│    5,400│   5,400│  1,284│     │     │     │    4,116┃
┃        │         │助成費臨時補助金交付事業        │      │     │    │     │     │     │      ┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃6 農林水産業費│1 農  業  費│特産品加工直売センター改修事業     │   60,000│  60,000│    │  40,000│     │     │   20,000┃
┃        │         │(地域活性化・きめ細やかな臨時交付金) │      │     │    │     │     │     │      ┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃6 農林水産業費│1 農  業  費│流量計設置工事             │    3,000│   3,000│  2,000│     │     │     │    1,000┃
┃        │         │(地域活性化・経済危機対策臨時交付金) │      │     │    │     │     │     │      ┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃6 農林水産業費│3 水 産 業 費│漢那漁港地域水産物供給基盤整備事業   │   326,256│  47,988│    │  43,215│     │     │    4,773┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃6 農林水産業費│3 水 産 業 費│宜野座村漁村漁民活性化施設整備事業   │   152,768│  96,570│    │  96,375│     │     │     195┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃8 土 木 費 │2 道路橋りょう費│村道中原線道路改良事業         │   115,759│  106,109│    │  84,363│     │     │   21,746┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃8 土 木 費 │2 道路橋りょう費│漢那橋改修事業             │   19,670│  19,670│    │  18,670│     │     │    1,000┃
┃        │         │(地域活性化・きめ細やかな臨時交付金) │      │     │    │     │     │     │      ┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃8 土 木 費 │5 住  宅  費│福山第3団地整備事業          │   175,926│  21,053│  2,100│  16,529│     │     │    2,424┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃9 消 防 費 │1 消  防  費│全国瞬時警報システム(J−ALERT)購│    6,846│   6,846│    │   6,846│     │     │      ┃
┃        │         │入費                  │      │     │    │     │     │     │      ┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃9 消 防 費 │1 消  防  費│消火栓標識設置工事           │    3,108│   3,108│    │   3,108│     │     │      ┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃10 教 育 費 │1 教育総務費  │村営学習塾備品購入           │    6,000│   6,000│    │   5,687│     │     │     313┃
┃        │         │(地域活性化・経済危機対策臨時交付金) │      │     │    │     │     │     │      ┃
┗━━━━━━━━┷━━━━━━━━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛

┏━━━━━━━━┯━━━━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃        │         │                    │      │     │         左 の 財 源 内 訳         ┃
┃        │         │                    │      │翌 年 度├────┬─────────────────┬──────┨
┃    款    │    項    │       事  業  名       │ 金  額 │     │既 収 入│     未収入特定財源     │      ┃
┃        │         │                    │      │繰 越 額│    ├─────┬─────┬─────┤ 一般財源 ┃
┃        │         │                    │      │     │特定財源│国県支出金│ 地方債 │ その他 │      ┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃10 教 育 費 │3 中 学 校 費│宜野座中学校校舎改築工事        │   353,431│  353,431│    │  147,452│  125,400│     │   80,579┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃10 教 育 費 │3 中 学 校 費│宜野座中学校防音事業          │   51,282│  51,282│    │  51,282│     │     │      ┃
┠────────┼─────────┼────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃10 教 育 費 │6 保健体育費  │備品購入費(カヌー)          │   26,000│  26,000│    │  26,000│     │     │      ┃
┃        │         │(地域活性化・経済危機対策臨時交付金) │      │     │    │     │     │     │      ┃
┠────────┴─────────┴────────────────────┼──────┼─────┼────┼─────┼─────┼─────┼──────┨
┃             合           計             │  1,561,994│ 1,045,496│  5,384│  749,899│  145,200│     │   145,013┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷━━━━━━┷━━━━━┷━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━┷━━━━━━┛


 以上でございます。



○議長(小渡久和) これで報告を終わります。

 これから質疑を行います。質疑ありませんか。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 以上で報告第3号の報告を終わります。



△日程第4.決議第2号 議員派遣についてを議題とします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃決議第2号                                          ┃
┃                                               ┃
┃                議 員 派 遣 に つ い て                ┃
┃                                               ┃
┃ 地方自治法第100条第12項及び宜野座村議会会議規則第121条の規定に基づいて、下記のとおり決定す ┃
┃る。                                             ┃
┃                                               ┃
┃                              平成22年6月17日         ┃
┃                              宜野座村議会議長 小 渡 久 和 ┃
┃                                               ┃
┃ 次のとおり議員を派遣する。                                 ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃1、北部市町村議会議長会主催の議員研修会                           ┃
┃ (1)目  的  議員の活性化に資するため                         ┃
┃ (2)派遣場所  金武町                                  ┃
┃ (3)期  日  平成22年7月1日                             ┃
┃ (4)派遣議員  議長を含む全議員(14人)                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 お諮りします。

 本件については、お配りした決議のとおり派遣することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって決議第2号 議員派遣については、原案のとおり可決されました。



△日程第5.決議第3号 宜野座村パインアップル加工施設に関する調査特別委員会設置に関する決議(案)についてを議題とします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                      平成22年6月17日 ┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 小 渡 久 和 殿                                   ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 嘉手納 良 弘 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 當 眞   淳 ┃
┃                                               ┃
┃              宜野座村パインアップル加工施設に関する              ┃
┃              調査特別委員会設置に関する決議                  ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃決議第3号                                          ┃
┃                                               ┃
┃           宜野座村パインアップル加工施設に関する調査特別委員会           ┃
┃           設置に関する決議(案)について                      ┃
┃                                               ┃
┃ 次のとおり、宜野座村パインアップル加工施設に関する調査特別委員会を設置するものとする。   ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃1 名   称  宜野座村パインアップル加工施設に関する調査特別委員会            ┃
┃2 設置の根拠  地方自治法第110条及び委員会条例第3条                    ┃
┃3 目   的  宜野座村パインアップル加工施設に関する調査                 ┃
┃4 委員の定数  議長を含む全議員                              ┃
┃5 調査期限   調査終了まで閉会中もなお調査を行うことができる。              ┃
┃                                               ┃
┃(提案理由)                                         ┃
┃ 宜野座村パインアップル加工施設に関し「宜野座村パインアップル加工施設に関する調査特別委員会」┃
┃を設置する。                                         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 嘉手納良弘議員外1人から提出されました宜野座村パインアップル加工施設に関する調査特別委員会設置に関する決議(案)について、決定することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって宜野座村パインアップル加工施設に関する調査特別委員会設置に関する決議(案)ついては、可決されました。

 お諮りします。

 ただいま設置されました宜野座村パインアップル加工施設に関する調査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定によって、議長を含む全議員を指名したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって議長を含む全議員を選任することに決定しました。

 暫時休憩いたします。           (10時30分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (10時30分)

 これから諸般の報告を行います。

 休憩中の宜野座村パインアップル加工施設に関する調査特別委員会において、委員長及び副委員長の互選が行われ、その結果の報告が議長にありましたので報告します。

 本特別委員会の委員長に嘉手納良弘議員、副委員長に當眞 淳議員が互選された旨の報告がありました。

 これで諸般の報告を終わります。

 暫時休憩いたします。           (10時31分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (10時31分)



△日程第6.閉会中の継続調査申出書についてを議題とします。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成22年6月17日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 小 渡 久 和 殿                                   ┃
┃                                               ┃
┃                                宜野座村パインアップル加工施設┃
┃                                に関する調査特別委員会    ┃
┃                                委員長 嘉手納 良 弘    ┃
┃                                               ┃
┃                  閉会中の継続調査申出書                  ┃
┃                                               ┃
┃ 本委員会は、下記の事件について、閉会中もなお継続調査を要するものと決定したので、会議規則第75┃
┃条の規定により申し出ます。                                  ┃
┃                                               ┃
┃                       記                       ┃
┃                                               ┃
┃1、事 件  宜野座村パインアップル加工施設に関する調査について               ┃
┃2、期 限  調査終了まで                                  ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 嘉手納良弘調査特別委員長から会議規則第75条の規定によってお手元に配りました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りします。

 委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

 暫時休憩いたします。           (10時32分)

 休憩前に引き続き会議を開きます。

                      (15時37分)



△日程第7.抗議決議第1号 米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する抗議決議(案)について



△日程第8.意見書第3号 米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する意見書(案)について



△日程第9.要請決議第1号 米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する要請決議(案)について

 以上、3案件を一括議題とします。

 この抗議決議(案)意見書(案)、要請決議(案)につきましては、當眞 淳議員外1人から提出されております。提案者から提案理由の説明を求めます。

 當眞 淳議員。



◆5番(當眞淳) 提案理由、抗議決議第1号 米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する抗議決議(案)について御説明申し上げます。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                      平成22年6月17日 ┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 小 渡 久 和 殿                                   ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 當 眞   淳 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 嘉手納 良 弘 ┃
┃                                               ┃
┃            米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する            ┃
┃            抗議決議(案)について                         ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃抗議決議第1号                                        ┃
┃                                               ┃
┃        米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する抗議決議(案)        ┃
┃                                               ┃
┃ 去る6月15日午後5時45分頃、在沖米海兵隊所属のCH46中型ヘリコプター1機が訓練飛行中、天候不┃
┃良によるパイロットの安全を確保するとの理由で、宜野座村松田布流石原海岸に不時着する事故が発生し┃
┃た。                                             ┃
┃ 不時着地の近隣には約450人が就業している村サーバーファームや本村の国際交流の拠点である国際交 ┃
┃流村があり、一歩間違えば大惨事となった可能性もある。また今回の事故は長年にわたりホテル誘致に取┃
┃り組んでいる地域で発生しており、観光振興の観点からも本村に対して甚大な損害を与えるもので本村議┃
┃会として断じて看過できるものではない。                            ┃
┃ 本村議会は、これまでも度重なる米軍基地に起因する事件・事故に関し、抗議や要請を行ってきたが、┃
┃事故当日には県民の総意を無視する県内移設の日米合意の撤回を求める意見書を全会一致で採択したばか┃
┃りであり、今回の事故は、名護市辺野古への普天間基地移設に不安を抱く村民に対し、更なる恐怖をあお┃
┃るもので強い憤りを禁じ得ない。                                ┃
┃ よって本村議会は村民の生命、財産を守る立場から米軍ヘリコプターの不時着事故に対し厳重に抗議す┃
┃るとともに、原因究明と再発防止を強く要求する。                        ┃
┃ 以上決議する。                                       ┃
┃                                               ┃
┃                                      平成22年6月17日 ┃
┃                                     沖縄県宜野座村議会 ┃
┃                                               ┃
┃宛先                                             ┃
┃ 駐日米大使・在沖米国総領事・在日米軍司令官・在日米軍沖縄地域調整官             ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成22年6月17日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 小 渡 久 和 殿                                   ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 當 眞   淳 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 嘉手納 良 弘 ┃
┃                                               ┃
┃            米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する            ┃
┃            意見書(案)について                          ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       │
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃意見書第3号                                         ┃
┃                                               ┃
┃         米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する意見書(案)         ┃
┃                                               ┃
┃ 去る6月15日午後5時45分頃、在沖米海兵隊所属のCH46中型ヘリコプター1機が訓練飛行中、天候不┃
┃良によるパイロットの安全を確保するとの理由で、宜野座村松田布流石原海岸に不時着する事故が発生し┃
┃た。                                             ┃
┃ 不時着地の近隣には約450人が就業している村サーバーファームや本村の国際交流の拠点である国際交 ┃
┃流村があり、一歩間違えば大惨事となった可能性もある。また今回の事故は長年にわたりホテル誘致に取┃
┃り組んでいる地域で発生しており、観光振興の観点からも本村に対して甚大な損害を与えるもので本村議┃
┃会として断じて看過できるものではない。                            ┃
┃ 本村議会は、これまでも度重なる米軍基地に起因する事件・事故に関し、抗議や要請を行ってきたが、┃
┃事故当日には県民の総意を無視する県内移設の日米合意の撤回を求める意見書を全会一致で採択したばか┃
┃りであり、今回の事故は、名護市辺野古への普天間基地移設に不安を抱く村民に対し、更なる恐怖をあお┃
┃るもので強い憤りを禁じ得ない。                                ┃
┃ よって本村議会は村民の生命、財産を守る立場から米軍ヘリコプターの不時着事故に対し厳重に抗議す┃
┃るとともに、原因究明と再発防止を強く要求する。                        ┃
┃                                               ┃
┃ 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。                    ┃
┃                                               ┃
┃                                     平成22年6月17日  ┃
┃                                     沖縄県宜野座村議会 ┃
┃                                               ┃
┃送付先                                            ┃
┃ 内閣総理大臣・外務大臣・防衛大臣・内閣官房長官・沖縄及び北方対策担当大臣          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                       平成22年6月17日┃
┃                                               ┃
┃宜野座村議会                                         ┃
┃議長 小 渡 久 和 殿                                   ┃
┃                                               ┃
┃                          提出者 宜野座村議会議員 當 眞   淳 ┃
┃                          賛成者 宜野座村議会議員 嘉手納 良 弘 ┃
┃                                               ┃
┃            米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する            ┃
┃            要請決議(案)について                         ┃
┃                                               ┃
┃ 上記の議案を別紙のとおり、宜野座村議会会議規則第14条の規定によって提出します。       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃要請決議第1号                                        ┃
┃                                               ┃
┃        米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する要請決議(案)        ┃
┃                                               ┃
┃ 去る6月15日午後5時45分頃、在沖米海兵隊所属のCH46中型ヘリコプター1機が訓練飛行中、天候不┃
┃良によるパイロットの安全を確保するとの理由で、宜野座村松田布流石原海岸に不時着する事故が発生し┃
┃た。                                             ┃
┃ 不時着地の近隣には約450人が就業している村サーバーファームや本村の国際交流の拠点である国際交 ┃
┃流村があり、一歩間違えば大惨事となった可能性もある。また今回の事故は長年にわたりホテル誘致に取┃
┃り組んでいる地域で発生しており、観光振興の観点からも本村に対して甚大な損害を与えるもので本村議┃
┃会として断じて看過できるものではない。                            ┃
┃ 本村議会は、これまでも度重なる米軍基地に起因する事件・事故に関し、抗議や要請を行ってきたが、┃
┃事故当日には県民の総意を無視する県内移設の日米合意の撤回を求める意見書を全会一致で採択したばか┃
┃りであり、今回の事故は、名護市辺野古への普天間基地移設に不安を抱く村民に対し、更なる恐怖をあお┃
┃るもので強い憤りを禁じ得ない。                                ┃
┃ よって本村議会は村民の生命、財産を守る立場から米軍ヘリコプターの不時着事故に対し厳重に抗議す┃
┃るとともに、原因究明と再発防止を強く要求する。                        ┃
┃                                               ┃
┃                                     平成22年6月17日  ┃
┃                                     沖縄県宜野座村議会 ┃
┃                                               ┃
┃送付先                                            ┃
┃ 沖縄県知事・沖縄県議会議長                                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 以上のことから、別紙抗議決議(案)を採択していただきますよう議員各位の御賛同をお願い申し上げ、説明といたします。



○議長(小渡久和) ただいま當眞 淳議員より提案理由の説明がありましたが、抗議決議(案)、意見書(案)、要請決議(案)は、お手元に配付したとおりであります。文案の朗読を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって文案の朗読を省略します。

 これから質疑を行います。

 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 お諮りします。

 抗議決議第1号、意見書第3号、要請決議第1号は、会議規則第39条第2項の規定によって、委員会付託を省略したいと思います。御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって抗議決議第1号、意見書第3号、要請決議第1号は、委員会の付託を省略することに決定しました。

 これから討論を行います。

 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これから抗議決議第1号 米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する抗議決議(案)について、意見書第3号 米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する意見書(案)について、要請決議第1号 米軍ヘリコプターの松田布流石原海岸不時着に関する要請決議(案)について、以上、3案件を一括して採決します。

 お諮りします。

 3案件は、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって3案件は、原案のとおり可決することに決定しました。

 お諮りします。

 会議規則第45条の規定により、平成22年第4回宜野座村議会定例会において、議決された事件の条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに御異議ありませんか。

    (「異議なし」と言う者あり)



○議長(小渡久和) 「異議なし」と認めます。

 したがって条項、字句、数字、その他の整理を議長に委任することに決定しました。

 これで本日の日程は、全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成22年第4回宜野座村議会定例会を閉会といたします。(15時42分)



 以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。



       宜野座村議会



       議  長  小 渡 久 和 



       署名議員  嘉手納 良 弘 



       署名議員  新 里 文 康