議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 恩納村

平成28年  9月 定例会(第6回) 09月12日−01号




平成28年  9月 定例会(第6回) − 09月12日−01号









平成28年  9月 定例会(第6回)





平成28年第6回恩納村議会定例会 会議録


招集年月日
平成28年9月12日


招集の場所
恩納村議会議場


開会議・閉散会の宣告
開会
平成28年9月12日
10時50分
議長
仲田 豊


散会
平成28年9月12日
14時16分
議長
仲田 豊


議員の出欠(出席 ◯印・欠席 ×印)


番号
氏名
出席
番号
氏名
出席



當山達彦

10
宮崎 豊




大城 保

11
糸数 昭




佐渡山 明

12
又吉 貢




山田政幸

13
 
 



平良幸夫

15
吉山盛次郎




外間勝嘉

16
山城良一




又吉 薫

17
喜納正誠




大城堅三

18
仲田 豊



会議録署名議員
2番
大城 保
3番
佐渡山 明


職務のために出席した者の職・氏名
書記
瀬良垣 肇



事務局長
仲村泰弘

書記
新垣良子



地方自治法第121条により説明のため出席した者の職・氏名


村長
長浜善巳

農林水産課長
佐渡山安正



副村長
外間 毅

福祉健康課長
長浜保治



教育長
石川哲夫

税務課長
長浜健一



会計管理者
山田俊幸

村民課長
金城尚子



総務課長
新里勝弘

学校教育課長
石川 司



企画課長
山城雅人

社会教育課長
大城保篤



建設課長
大城 学

上下水道課長
金城徳夫



商工観光課長
宮平 覚

 
 
 





         平成28年第6回恩納村議会定例会(9月定例会)

               議事日程(第1号)

                            平成28年9月12日



日程
議案番号
件名
備考


第1
 
会議録署名議員の指名について
指名


第2
 
会期決定の件
決定


第3
 
諸般の報告
報告


第4
 
行政報告
報告・質疑


第5
議案第56号
恩納村附属機関設置条例の一部を改正する条例について
提案・質疑・付託


第6
議案第57号
恩納村職員の再任用に関する条例の制定について



第7
議案第58号
平成28年度恩納村一般会計補正予算(第2号)について



第8
議案第59号
平成28年度恩納村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について



第9
議案第60号
平成28年度恩納村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について



第10
議案第61号
平成28年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第2号)について



第11
議案第62号
平成28年度恩納村水道事業会計補正予算(第3号)について



第12
議案第63号
平成28年度恩納漁港整備工事請負契約について
提案・質疑
討論・採決


第13
議案第64号
谷茶前の浜駐車場及び石碑整備工事請負契約について



第14
議案第65号
恩納村立恩納幼稚園複合遊具等備品購入契約について



第15
議案第66号
恩納村マイクロバス車両購入契約について



第16
認定第1号
平成27年度恩納村一般会計歳入歳出決算の認定について
提案・質疑・付託


第17
認定第2号
平成27年度恩納村国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について



第18
認定第3号
平成27年度恩納村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について



第19
認定第4号
平成27年度恩納村下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について



第20
認定第5号
平成27年度恩納村水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定について



第21
報告第5号
平成27年度決算に基づく恩納村健全化判断比率及び資金不足比率の報告について
報告・質疑


第22
報告第6号
平成27年度沖縄県町村土地開発公社事業報告及び決算報告について



第23
 
議員派遣の件
決定





△開会 10時50分



○議長(仲田豊) 

 おはようございます。

 これより平成28年第6回恩納村議会定例会を開会いたします。

 ただちに本日の会議を開きます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第120条の規定により、本日の会議録署名議員は2番、大城保君、3番、佐渡山明君を指名いたします。

 日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から9月23日までの12日間にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、会期は12日間と決しました。

 日程第3、諸般の報告を行います。

 本日までに受理した陳情等は、別紙付託表のとおり所管の委員会に付託しましたので報告します。

 沖縄県介護保険広域連合及び金武地区消防衛生組合の議会の状況について、組合議会議員から別紙のとおり報告書が提出されておりますので配布いたします。

 地方自治法第235条の2第3項の規定による例月出納検査結果報告書は、お手元に配布したとおりであります。なお、朗読は省略いたします。

 また、平成28年6月1日から平成28年8月末日までの議長の会務については、別紙のとおり報告いたします。

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律第27条第1項の規定による恩納村教育委員会の所管する事務事業の点検及び評価報告書は、お手元に配布したとおりであります。

 なお、朗読は省略いたしますが、ご一読をお願いします。

 これで諸般の報告を終わります。

 日程第4、行政報告を行います。村長から行政報告の申し出がありました。これを許します。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 おはようございます。それでは行政報告を行います。

 まずはじめに、9月の10日、11日に第36回全国豊かな海づくり大会が山形県のほうで行われました。これまで恩納村漁協また全国のコープの皆様がモズク基金ということで、珊瑚礁の再生事業8年間近くやってきたところであります。それが認められまして環境大臣賞、天皇皇后両陛下をお招きして環境大臣賞をいただきました。ご報告いたします。

 では行政報告の中身に入っていきます。6月8日、ユッカヌヒー恒例の前兼久ハーリーが行われました。今回一括交付金を活用しまして新艇3隻のお披露目会も行ったところでございます。

 6月20日、軍用地転用促進基地問題協議会緊急要請ということで、女性死体遺棄事件に関する要請行動でありました。今回内閣府、外務省、防衛省などへ緊急要請を行ったところであります。

 空けまして7月の5日、北部国道事務所との行政懇談会、こちらのほうはコミセンほうで行われました。要請行動の中身としましては、国道の雑草対策、国道工事から発生する土砂受入、そして恩納南バイパス村道付け替え部分の歩道設置についての要請また懇談をしてまいりました。

 7月13日、沖縄科学技術大学院大学臨海実験施設開所式、瀬良垣漁港内で行われました。今後OIST、恩納村、恩納村漁協が連携した取り組みが期待できるものであります。

 8月2日、名嘉真区交流施設地鎮祭、この施設は2月の後半に完成する予定であります。

 8月22日、北部市町村会総会、県農林水産部と北部市町村長との行政懇談会がありました。今回恩納村からは県民の森が開設から30年以上迎えておりますので、老朽化に伴う新たな施設の整備を要請したところであります。

 8月30日、三連協、金武、宜野座、恩納村、防衛省、外務省を表敬しました。これは何度か皆様方に報告しております再編交付金の要請活動を行ってまいりました。今回事務方などとの要請の中で再編交付金の要請を行ってきたところであります。以上であります。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。



◆15番(吉山盛次郎) 

 議長、15番。



○議長(仲田豊) 

 15番、吉山盛次郎君。



◆15番(吉山盛次郎) 

 お先に失礼します。それでは7月26日、センチュリーランそして8月ですね、8日に美ら島センチュリーランという、これはよく我々耳にするんですが、この大会、事業ですね恩納村がどういう役割を担っているのか、そしてその成果、課題ですねそういうのが、こういう実行委員会の中で話し合われたと思うんですが、身近に我々が感じることができるような、そういう意見とかあるいは提案もあったのか、その辺お聞かせください。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 はい、お答えします。センチュリーランの件でございますが、これまで恩納村また沖縄県が一緒になって取り組んだ事業でありました。今回から第8回の大会になってまいります。これまで会長のほうが、これまで副知事をしておりました方が今回勇退しまして、今年度から新たな組織を改編していこうということで、会長を恩納村の観光協会の会長にしていただきました。

 それと同時に副会長をうるま市の観光協会、それとまた近隣の読谷、嘉手納、金武、宜野座、名護、今帰仁ですね、皆さん観光協会を今回、観光協会が中心になってこの事業を展開していこうということで考えております。それに付随して村のほうも人員とか、そういったとろこまたバックアップしていこうとで今回のセンチュリーラン取り組んでいくことになっております。以上です。



◆15番(吉山盛次郎) 

 議長、15番。



○議長(仲田豊) 

 15番、吉山盛次郎君。



◆15番(吉山盛次郎) 

 組織が新たに動き出すということで理解しているんですが、これは予算面とかそういうことに関しては、どのように、組織が変わるということは、観光協会ということでいろんな試みがなされるんですが、まだそこまでは踏み込んでない訳ですか。まず予算のことから聞かせてください。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 はいお答えします。予算は前年どおりになっております。以上でよろしいですか。

 観光協会今後ですね、観光協会におきまして、各観光協会がありますのでそこら辺が連携して物販、物の販売ですね、特産品の販売そういったのも強化していこうと、また観光PRですね、その中で行っていこうということで今検討しているということです。以上です。



◆3番(佐渡山明) 

 議長、3番。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 おはようございます。それでは行政報告で6月28日、ベルジャヤ社との事務調整、、京都とございますが、ベルジャヤ社恐らく恩納通信所跡地利用の件だと承知しておりますが、南恩納区では昨年総意といたしまして、ナカンジュ勢高排水路から今の体験学習センターのほうへの間のフェンスがあったとこまでですね、そこまでを南恩納区の総意としては集落用域、そのフェンスから海側をリゾート用域ってことで村の方へ意見書として提出しておりますが、村長におかれましては、この28日どのような事務調整を行われたのでしょうか、それとですね、あと今回の業務報告にはございませんが私広報おんなを読むのが非常に好きでありました。それで8月の広報おんなですけど、この中で6月24日ある企業から100万の寄附をいただいたはずねんですけど、村の広報誌では50万でございます。今月の恩納村の広報誌で訂正があるのかということを、ちょっとまた村の広報誌が自宅へ届いた時に読ませていただきました。それでも訂正がございませんでした。村長のほうが笑顔でこの寄付金を受け取っている写真も当時掲載されているんですけど、その辺は如何か伺います。

 それともう1点なんですが、今回入札案件が多数恩納村でございました。その中で入札日時が7月28日、平成28年度恩納地区農業集落排水施設処理機能調整工事において、入札指名業者1社のみの入札になっておりました。私が知り得る限りでは1社入札は入札不成立ってことで、全県的に不調になって再度指名を行うというふうな流れになっていくものだと私は個人的には理解しておりますので、その辺の3点をお聞きいたします。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えいたします。はじめにですね6月28日のベルジャヤ社との事務調整ということで、今回京都のほうにベルジャヤ社が新たにホテル、内覧会がありましたので企画課長また高嶺アドバイザー、私3名ですね一緒に行ってまいりました。

 そこでの主な内容は、今後またその事業が終わりますと恩納村のほうに入って来るという、事業を注ぎたいということでありました。私達からの要望としましては、地元との調整は十分やっていただくようにという要請を行っところであります。

 それと広報誌は今後訂正するということであります。ご了解いただきたいと思います。

 入札に関しましては、後ほど担当から報告させたいと思います。以上です。



◎上下水道課長(金城徳夫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 上下水道課長、金城徳夫君。



◎上下水道課長(金城徳夫) 

 お答えします。今回の工事に関しては、機能調整工事のために1社のための入札やってます。これも県と調整してそういうふうにやってます。各市町村もそういうふうに行われています。よろしいでしょうか。



◆3番(佐渡山明) 

 はい議長。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 村長のほうでまずベルジャヤ社ほう、地元ときちんと協議をしていくようにと、いうことの事務調整であったというふうに理解、今の言葉から理解いたします。

 それと入札の件ですけど、1社入札が何故まずいのかというと、そもそもの発端は平成17年に各都道府県で知事を含め各市町村の談合が一斉摘発された時に全国の知事会で、1社入札指名競争においてですよ、指名競争入札におきましては1社入札は不調にするという流れが恐らく沖縄県でもその流れで今進んでいると思われます。ですから今課長が県のほうと調整されたとおっしゃったのが、ちょっと今気になりまして全国知事会でも平成17年からは、例えば5社指名されますとその内の4社が辞退をされて1社だけで入札をするってことは、業者間では全ての入札された方々の企業名が既に指名段階で、指名競争入札ときは分かっております。これが一般競争入札ですと不特定多数、多くの参加条件を満たした業者が入札参加いたしますので、その場合は県のほうでもいま成立という形をとられているはずです。この辺、いま課長がおっしゃった恩納村の場合は恐らく指名競争入札です。これはいわゆる一般競争入札と混合された答えではないかと私ちょっと今一瞬思いまして再度伺います。



◎上下水道課長(金城徳夫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 上下水道課長、金城徳夫君。



◎上下水道課長(金城徳夫) 

 今回の入札に関しては、随契でやってます。そして今回の契約に関してはですね随契でやってます。1社の、そして施設の機能調整工事ということで施行した業者が請け負わないといけないんですよ。



◆17番(喜納正誠) 

 議長、17番。



○議長(仲田豊) 

 17番、喜納正誠君。



◆17番(喜納正誠) 

 では村長の行政報告の中から、3件ほどお聞かせ願いたいのは、まず7月1日台湾研修、台湾観光協会表敬3日までとなってますけど、どういう研修目的でメンバーどういう方々でというところですね。

 そして、7月5日の北部国道事務所と懇談をされたということですので、先程村長はちょっと中身に触れられて、草ぼうぼうその件の状況についても話されたということですけど、そこのところですね、例えば国道事務所としては予算の関係で綺麗にしたいんだけど、限られた予算でこうしかできないとかという話も出たかと思うんですが、積極的に例えば村が幾らかでも予算を組んで共同で国道を草ぼうぼう綺麗にするということも次の段階で提案をしながら、この事業が進められたら恩納村の国道は特に綺麗にやれるんじゃないかなあということを期待するんでありますが、その辺のところはどうなんでしょう、再度村長のお考えを聞かしてもらえればありがたい。

 8月の22日、農林水産部との意見調整で県民の森の話しありました。これも30年も経ってかなり老朽化している話も聞くんですが、この際ですね村にこの県民の森を返す、村が管理するこういう考え方はないんですか村長、この3点について村長の考え方をお聞かせください。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えします。まず7月1日のですね台湾研修ですね、こちらのほうはですね恩納村の観光協会また商工会と私と含めて台湾の観光協会のほうに行ってまいりました。そこでのいろんな意見交換の中で、今後は恩納村の観光協会、また台湾の観光協会の相互交流、また恩納村にあります体験学習ですね、そういったのを商品化、相互に商品化していこうという話を行ったところであります。

 それと7月5日の北部国道事務所の行政懇談会ですね、国道の雑草対策の件なんですが、このほうですね、これまで国道のほうでは年2回除草が行われていたということでした。今回からは年3回ですね除草作業をやっていくということであります。それと同時に恩納村におきましては現在むら興し協議会の中で、村内の雑草対策協議会をいま開催しているところであります。その中にも国道事務所の方も入っていただくように、その部分も要請したところであります。喜納議員がおっしゃっております予算措置のほうですね、そのむら興し協議会で協議会やっておりますので、その中から意見書、答申書みたいなのが出てくるだろうと思っております。

 8月22日の農林水産部との行政懇談会、この中で県民の森もう30年以上なる訳ですけど、今回ですね本年度の県の予算で見直しの計画が出ております。これに予算100万円が付いたということで、今年度はどういった方向でやっていくかということを、また地元の意見も入れて欲しいということを言いました。それとまた北部の安富祖、名嘉真、喜瀬武原そういったところの意見も聞いてくださいよということを言ったところであります。以上です。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑ありませんか。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 いま質問があった北部国道事務所との行政懇談会についてなんですけど、別の点で赤橋交差点近くに前回の一般質問で商業施設が来るということで質問したんですが、いまこの国道事務所の造り方、分離帯とかの造り方を見ると商業施設が来た場合に、出入りやるとそこは非常に危険が伴うような交通渋滞になるような造り、部落内、集落はあるんですけど、そういうことで村長からの要請をしたか、あるいはその件についてこの事業者から間口をどうするこうするとかという相談があったか、この辺の話しはありましたでしょうか。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えします。そういった話しはなかったです。以上です。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 その交差点出入り口非常に交通的にもかなり厳しいような感じがするんですが、もしそこで商業施設等云々があった場合に村から何か申し入れる用意があるでしょうか。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 はいお答えします。その事業がまだ確定したかどうかもはっきりしておりませんので、私たちからは何も言うことはございません。以上です。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 その事業というは、商業施設の事業のことですか。この件についてついで話が出ているんですけど、わたくし電話でその会社に確認をしたら、全くいまのところ出店するしないについて考えていないということでした。ですからあの状況から見たら出店しないのかなあと、いろんな諸環境私勝手に推察したらと思うんですが、役場にもその後の、役場から呼ばれて説明を受けて、その時には今にも商業施設は進出したいというような意向だったということがあったんですが、その後は役場にその話はありますでしょうか。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えします。それ以後ですね業者からのお話はありません。以上です。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑ございませんか。



◆7番(外間勝嘉) 

 議長、7番。



○議長(仲田豊) 

 7番、外間勝嘉君。



◆7番(外間勝嘉) 

 先程の8月22日の北部市町村長会との懇親会で、喜納議員のほうからもはなしありました県民の森の件ですね、ひとつだけはまだ答えてないんですけど、将来的には村が取ったほうがいいんじゃないかというような考え方が村長にありますかと喜納議員が質問しましたけど、それについてはお答えはなくて、これのほうもちょっとどうなのかなあということですね、一つ。

 あと一つは、いま左側の施設が閉館ということなっているんですよね、残念ながら、県民の森の中の、僕も何回か行って何か再利用できないかなあということで行っているんだけど、森林教室ですかね左側はもう閉館ということで、残念ながらあれだけの凄い施設があるのに閉館しているという状況がありますので、先程の村長の報告の中で新たな施設を要望したというようなことも話されていましたけど、今の状況をこの県民の森の状況がどういう形になっているのかお答え願えればありがたいと思います。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えします。県民の森に関しましては県との契約ですね、あと5年残っておりますので、そこはまだ今後話し合っていきたいと思っております。

 それと外間議員からありました施設の件ですね、施設かなり老朽化が激しくなっております。先程おっしゃいました建物ですね、それと滑り台そういったところとても危ない状況になっている所もありますので、先程も言いましたとおり、新たな県民の森の計画を私達も一緒に入ってですね、今後議員の皆様方からの意見も聴取しながら進めていきたいと思っております。以上です。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑ございませんか。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 これで行政報告を終わります。

 日程第5、議案第56号、恩納村附属機関設置条例の一部を改正する条例について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第56号、恩納村附属機関設置条例の一部を改正する条例について。

 恩納村附属機関設置条例の一部を次のように改正したいので議会の議決を求める。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 恩納村附属機関設置条例の一部を改正する条例。

 恩納村附属機関設置条例(昭和53年恩納村条例第7号)の一部を次のように改正する。

 別表(第2条関係)中、教育委員会、恩納村心身障害児適正就学指導委員会、特殊教育を要する心身障害児の判定等に関すること。を教育委員会、恩納村教育支援委員会、教育上、特別の支援を必要とする児童生徒の判定及び教育的措置に関すること。に改める。

 附則、(施行期日)、第1条、この条例は、公布の日から施行する。

 (経過措置)、第2条、この条例の施行の際現に改正前の恩納村心身障害児適正就学指導委員会委員(以下「旧委員会」という。)は、改正後の恩納村教育支援委員会に委嘱されたものとみなす。この場合において、当該委員の任期は、旧委員としての残任期間と同一とする。

 提案理由、生涯のある児童生徒等に対する早期からの一貫した支援について、文部科学省より通知があるため、恩納村附属機関設置条例の一部を改正する必要がある。

 これが、この議案を提出する理由である。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、総務財政文教委員会に付託いたします。

 日程第6、議案第57号、恩納村職員の再任用に関する条例の制定について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第57号、恩納村職員の再任用に関する条例の制定について。

 恩納村職員の再任用に関する条例を制定したいので議会の議決を求める。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 恩納村職員の再任用に関する条例。

 (趣旨)、第1条、この条例は地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)第28条の4第1項、同条第2項及び第3項(法律第28条の5第2項及び第28条の6第3項において準用する場合を含む。)並びに地方公務員法等の一部を改正する法律(平成11年法律第107号)附則第5条及び第6条の規定に基づき、職員の再任用(法第28条の4第1項、第28条の5第1項又は第28条の6第1項若しくは第2項の規定により採用することをいう。以下同じ。)に関し必要な事項を定めるものとする。

 (定年退職者に準ずるもの)、第2条、法第28条の4第1項に規定する定年退職日以前に退職した者のうち勤続期間等を考慮して法第28条の2第1項の規定により退職した者又は法第28条の3の規定により勤務した後退職した者に準じて再任用を行うことができるものは、次の各号に掲げる者とする。

 (1)25年以上勤務して退職した者であって当該退職の日の翌日から起算して5年を経過するまでの間にあるもの。

 (2)前号に該当する者として再任用をされたことがある者(前号に掲げる者を除く。)

 (任期の更新)、第3条、再任用の任期の更新は、職員の当該更新直前の任期における勤務成績が良好である場合に行うことができるものとする。

 第2項、任命権者は、再任用の任期の更新を行う場合には、あらかじめ職員の同意を得なければならない。

 (任期の末日)、第4条、再任用を行う場合及び再任用の任期の更新を行う場合の任期の末日は、その者が年齢65年に達する日以降における最初の3月31日以前でなければならない。

 附則、この条例は公布の日から施行する。

 提案理由、定年退職者等の再任用について地方公務員法(昭和25年法律第261号)等の規定により、恩納村職員の再任用に関する条例を制定する必要がある。

 これが、この議案を提出する理由である。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 この件については、委員会に付託される案件なんですが、再任用の任命権者としての村長にお聞きしたくて質疑しているところであります。

 全国的にも労働人口が減少しているという中で、定年延長制が述べられていると、そういう意味では時流にのった条例の制定かなあと思っております。一方でまた新卒採用が厳しいというのもまた社会環境のなかである訳です。そこで、これまで恩納村は再任用という実績はないということをお聞きしておりますけど、ここにきてこの条例を制定する意図は何なのか、条例を制定するということは今後積極的に再任用ということを行うことなのか、その辺について村長にお聞きします。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えします。今回の議案はですね、県のほうから指導がございまして提案しているところであります。

 私としましては今後は、再任用は今考えておりません。若い人達から採用しようというふうに今考えているところであります。以上です。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 県からの指導というのは、あんた達条例がないよ、制定すべきよということでのあれなのか、それともこれを積極的にどうしなさい、こうしなさい、そういう指導なのか県から何の指導があったのかお聞きします。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、新里勝弘君。



◎総務課長(新里勝弘) 

 お答えいたします。この条例の再任用に関しては、地方公務員法のほうで再任用ができるという項目があって、それに関しては条例に定めるところによるという文言があります。恩納村に関しては再任用ということが実績ございませんので、条例の不備というかそういう認識がなかったのかなあということでありまして、県からの指導としては、これは積極的に再任用を行いなさいというふうな指導ではなく、事務的に条例が定められてないということでの今回の制定でございます。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑はございませんか。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、総務財政文教委員会に付託いたします。

 日程第7、議案第58号、平成28年度恩納村一般会計補正予算(第2号)について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第58号、平成28年度恩納村一般会計補正予算(第2号)。

 平成28年度恩納村の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億9,122万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ87億8,318万2,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表、歳入歳出予算補正」による。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、総務財政文教委員会に付託いたします。

 日程第8、議案第59号、平成28年度恩納村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第59号、平成28年度恩納村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)。

 平成28年度恩納村の国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)、第1条、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,405万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ19億1,928万4,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表、歳入歳出予算補正」による。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、経済建設民生委員会に付託いたします。日程第9、議案第60号、平成28年度恩納村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第60号、平成28年度恩納村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)。

 平成28年度恩納村の後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ22万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ8,896万5,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表、歳入歳出予算補正」による。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、経済建設民生委員会に付託いたします。

 日程第10、議案第61号、平成28年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第2号)について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第61号、平成28年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第2号)。

 平成28年度恩納村の下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。

 (歳入歳出予算の補正)、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,850万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7億1,864万1,000円とする。

 第2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表、歳入歳出予算補正」による。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。質疑ありませんか。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、経済建設民生委員会に付託いたします。

 日程第11、議案第62号、平成28年度恩納村水道事業会計補正予算(第3号)について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第62号、平成28年度恩納村水道事業会計補正予算(第3号)。

 (総則)、第1条、平成28年度恩納村の水道事業会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 (収益的支出)、第2条、収益的支出の予定額の補正の款項の区分及び当該区分ごとの予定額並びに補正後の収益的支出の予定額は、「補正予算実施計画」による。

 (資本的収入及び支出)、第3条、平成28年度恩納村水道事業会計予算第4条本文括弧書中「資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億7,476万5,000円を2億26万5,000円に、過年度分損益勘定留保資金1億7,476万5,000円を2億26万5,000円」に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。

 収入、科目、第31款、資本的収入、既決予定額、9,200万3,000円、補正予定額、1,750万円、合計、1億950万3,000円。

 科目、第2項、水道拡張費、既決予定額、4,600万円、補正予定額1,750万円、合計、6,350万円。

 支出、科目、第41款、資本的支出、既決予定額、2億6,676万8,000円、補正予定額、4,300万円、合計、3億976万8,000円。

 科目、第1項、建設改良費、既決予定額、7,980万2,000円、補正予定額、300万円、合計、8,280万2,000円。

 科目、第2項、水道拡張費、既決予定額、1億3,259万5,000円、、補正予定額、4,000万円、合計、1億7,259万5,000円。

 (議会の議決を経なければ流用することのできない経費)、第4条、既決予算の議会の議決を経なければ流用することのできない経費の金額を次のように改める。

 科目、職員給与費、既決予定額、4,673万1,000円、補正予定額、35万3,000円、合計、4,708万4,000円。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、経済建設民生委員会に付託いたします。

 日程第12、議案第63号、平成28年度恩納漁港整備工事請負契約について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第63号、平成28年度恩納漁港整備工事請負契約について。

 平成28年度恩納漁港整備工事請負契約について、次のように工事請負契約を締結したいので、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第5号の規定により議会の議決を求める。

 記、1、契約の目的、平成28年度恩納漁港整備工事。

 2、契約の方法、指名競争入札。

 3、契約金額、1億4,364万円。

 4、契約の相手方、座波建設株式会社、有限会社田仲建設、建設工事共同企業体。

 請負者、住所、浦添市城間3019番地、代表者、名称、座波建設株式会社、氏名、代表取締役、座波博史。構成員、住所、浦添市城間3019番地、名称、座波建設株式会社、氏名、代表取締役、座波博史。構成員、住所、沖縄県国頭郡恩納村字安富祖1606番地の4、名称、有限会社田仲建設、氏名、代表取締役、田仲康仁。

 5、契約保証金、1,436万4,000円。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 提案理由、平成28年度恩納漁港整備工事請負契約の締結については、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を必要とする。

 これが、この議案を提出する理由である。

 ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案については、会議規則第39条第3項の規定により委員会への付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。



◆10番(宮崎豊) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 全協の中で説明いただいてですね、工事内容把握してますけども、なんせ今海ぶどう養殖が盛んに行なわれている場所で、そこの取水する場所がその工事になると、今後業者にとっても大変いいことでありますけど、現在行っている海ぶどう養殖あるいはモズクの種付けとかそういう漁業者の皆さんに是非とも支障が来さないように最善の考慮をしていただいて工事をしていただきたいと思います。以上であります。

 暫時休憩します。



△休憩 11時45分



△再開 11時46分



○議長(仲田豊) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 先に言うべきでしたが賛成討論であります。



○議長(仲田豊) 

 原案に反対の討論ありますか。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め討論を終わります。

 これより議案第63号、平成28年度恩納漁港整備工事請負契約について採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり可決されました。

 日程第13、議案第64号、谷茶前の浜駐車場及び石碑整備工事請負契約について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第64号、谷茶前の浜駐車場及び石碑整備工事請負契約について。

 谷茶前の浜駐車場及び石碑整備工事請負契約について、次のように工事請負契約を締結したいので、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第5号の規定により議会の議決を求める。

 記、1、契約の目的、谷茶前の浜駐車場及び石碑整備工事。

 2、契約の方法、指名競争入札。

 3、契約金額、5,054万4,000円。

 4、契約の相手方、住所、沖縄県国頭郡恩納村字恩納2531番地の1、名称、有限会社新里建設、氏名、代表取締役、新里彰。

 5、契約保証金、505万4,400円。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 提案理由、谷茶前の浜駐車場及び石碑整備工事請負契約の締結については、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を必要とする。

 これが、この議案を提出する理由である。

 ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑に入ります。



◆17番(喜納正誠) 

 議長、17番。



○議長(仲田豊) 

 17番、喜納正誠君。



◆17番(喜納正誠) 

 全協の中では、課長から、事業そのものは賛成です。そこで村長に政策的なものちょっとお聞きしたいんですが、この事業は駐車場含めて碑のできる場所は確保され、とてもいいものできるなあということを実感しますが、折角目と鼻の先への駐車場からの道、スロープがないんですよ、これは谷茶前の浜と有名でもあるし、そのスロープから客を下すことによって、村長が言う観光を目玉にする事業であれば、ウトゥイムチの気持ちがあればそこに触れさせる、浜に触れさせる、海水に触れさせるそういうことも大きなPRになるんじゃないかなあ、下りて行ってあの浜を見たときに、惹かれるものがいっぱいあります。私もちょっと下りてみたんですが、是非それをですね、今の事業は事業でいいんですよ、あと区と漁業組合と調整して、あと一汗かいていただけないかという意見を求めての質疑ですけどお答え願えます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 喜納議員の質問にお答えします。この谷茶前の浜ですね、ほんとに村内、県内でも有名な浜でございます。今回は漁業組合との調整ができませんでしたが、今後は地元また漁協と協議をしながら、どうにか浜も利用できる形で進めたいなあと思っております。以上です。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑ありませんか。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案については、会議規則第39条第3項の規定により委員会への付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 これより議案第第64号、谷茶前の浜駐車場及び石碑整備工事請負契約について採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり可決されました。

 日程第14、議案第65号、恩納村立恩納幼稚園複合遊具等備品購入契約について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第65号、恩納村立恩納幼稚園複合遊具等備品購入契約について。

 恩納村立恩納幼稚園複合遊具等備品購入契約について、次のように物品売買契約を締結したいので、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第8号の規定により議会の議決を求める。

 記、1、契約の目的、恩納村立恩納幼稚園複合遊具等備品購入。

 2、契約の方法、指名競争入札。

 3、契約金額、826万2,000円。

 4、契約の相手方、住所、沖縄県浦添市経塚633番地、名称、株式会社沖縄工設、氏名、代表取締役、大嶺健一郎。

 5、契約保証金、免除。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 提案理由、恩納村立恩納幼稚園複合遊具等備品購入契約締結については、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を必要とする。

 これが、この議案を提出する理由である。

 ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案については、会議規則第39条第3項の規定により委員会への付託を省略したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 これより議案第第65号、恩納村立恩納幼稚園複合遊具等備品購入契約について採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり可決されました。

 日程第15、議案第66号、恩納村マイクロバス車両購入契約について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第66号、恩納村マイクロバス車両購入契約について。

 恩納村マイクロバス車両購入契約について、次のように物品売買契約を締結したいので、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第8号の規定により議会の議決を求める。

 記、1、契約の目的、恩納村マイクロバス車両購入。

 2、契約の方法、指名競争入札。

 3、契約金額、654万5,437円。

 4、契約の相手方、住所、沖縄県浦添市港川495番地5、名称、沖縄ふそう自動車株式会社、氏名、代表取締役、與那覇明。

 5、契約保証金、免除。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 提案理由、恩納村マイクロバス車両購入契約締結については、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を必要とする。

 これが、この議案を提出する理由である。

 ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑入ります。



◆10番(宮崎豊) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 ごめんなさい、全協の中で確認忘れてましたので1点だけですね、予定価格798万650円とあります。よて価格というのは一般に出ている例えば車のカタログだとか、そういう金額から持ってきてこの予定価格に出してあるんですか。それだけ確認させてください。



◎総務課長(新里勝弘) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、新里勝弘君。



◎総務課長(新里勝弘) 

 お答えいたします。3者から見積もりを取りまして、最低価格の見積額を予定価格としております。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑ありませんか。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案については、会議規則第39条第3項の規定により委員会への付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 これより議案第第66号、恩納村マイクロバス車両購入契約について採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり可決されました。

 暫時休憩いたします。



△休憩 11時58分



△再開 14時00分



○議長(仲田豊) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 日程第16、認定第1号、平成27年度恩納村一般会計歳入歳出決算の認定について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 認定第1号、平成27年度恩納村一般会計歳入歳出決算の認定について。

 平成27年度恩納村一般会計歳入歳出決算を、地方自治法第233条第3項の規定に基づいて議会に提出し認定を求める。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 1枚目をめくってください。1ページ目。

 平成27年度恩納村一般会計歳入歳出決算書。

 歳入決算額、88億5,000万1,926円。

 歳出決算額、85億2,219万5,823円。

 歳入歳出差引額、3億2,780万6,103円。

 翌年度へ繰越すべき財源、3,185万5,000円。

 (明許繰越)、3,185万5,000円。

 (事故繰越)、0円。

 翌年度繰越額、2億9,595万1,103円。

 (実質収支)、2億9,595万1,103円。

 であります。詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑に入りますが、まず歳入について質疑を許します。

 ページ、款項目節を明示して質疑をしてください。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、歳入に関する質疑を終わります。

 次に歳出について質疑に入ります。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、歳出に関する質疑を終わります。

 お諮りします。ただ今議題となっております認定第1号については、議長及び議会選出監査委員を除く13人の委員で構成する決算特別委員会を設置し、これに付託したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。よって認定第1号については、議長及び議会選出監査委員を除く13人の委員で構成する決算特別委員会を設置し、これに付託することに決しました。

 これから決算特別委員会の委員長及び副委員長の互選の為、決算特別委員会を全員協議会室に招集します。

 暫時休憩します。



△休憩 14時05分



△再開 14時06分



○議長(仲田豊) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これから諸般の報告を行います。

 休憩中の決算特別委員会において、委員長及び副委員長の互選が行われ、その結果の報告が議長の手元にまいりましたので、ご報告いたします。

 委員長に、宮崎豊君。

 副委員長に、又吉薫君。

 以上のとおり互選された旨の報告がありました。

 これで諸般の報告を終わります。

 日程第17、認定第2号、平成27年度恩納村国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 認定第2号、平成27年度恩納村国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について。

 平成27年度恩納村国民健康保険特別会計歳入歳出決算を、地方自治法第233条第3項の規定に基づいて議会に提出し認定を求める。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 裏面をご覧ください。

 平成27年度恩納村国民健康保険特別会計歳入歳出決算書。

 歳入決算額、19億9,587万9,747円。

 歳出決算額、18億6,267万5,399円。

 歳入歳出差引額、1億3,320万4,348円。

 翌年度へ繰越すべき財源、0円。

 (明許繰越)、0円。

 (事故繰越)、0円。

 翌年度繰越額、1億3,320万4,348円。

 (実質収支)、1億3,320万4,348円。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

 ページ、款項目節を明示して質疑をしてください。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め質疑を終わります。

 ただ今議題となっております認定第2号については、先ほど設置しました決算特別委員会に付託したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。よって認定第2号については、決算特別委員会に付託することに決しました。

 日程第18、認定第3号、平成27年度恩納村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 認定第3号、平成27年度恩納村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について。

 平成27年度恩納村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算を、地方自治法第233条第3項の規定に基づいて議会に提出し認定を求める。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 平成27年度恩納村後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算書。

 歳入決算額、8,779万2,324円。

 歳出決算額、8,774万8,182円。

 歳入歳出差引額、4万4,142円。

 翌年度へ繰越すべき財源、0円。

 (明許繰越)、0円。

 翌年度繰越額、4万4,142円。

 (実質収支)、4万4,142円。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

 ページ、款項目節を明示して質疑をしてください。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております認定第3号については、決算特別委員会に付託したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。よって認定第3号については、決算特別委員会に付託することに決しました。

 日程第19、認定第4号、平成27年度恩納村下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 認定第4号、平成27年度恩納村下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について。

 平成27年度恩納村下水道事業特別会計歳入歳出決算を、地方自治法第233条第3項の規定に基づいて議会に提出し認定を求める。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 平成27年度恩納村下水道事業特別会計歳入歳出決算書。

 歳入決算額、8億4,921万2,254円。

 歳出決算額、8億2,265万3,084円。

 歳入歳出差引額、2,655万9,170円。

 翌年度へ繰越すべき財源、805万円。

 (明許繰越)、805万円。

 翌年度繰越額、1,850万9,170円。

 (実質収支)、1,850万9,170円。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

 ページ、款項目節を明示して質疑をしてください。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております認定第4号については、先ほど設置しました決算特別委員会に付託したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。よって認定第4号については、決算特別委員会に付託することに決しました。

 日程第20、認定第5号、平成27年度恩納村水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 認定第5号、平成27年度恩納村水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定について。

 地方公営企業法第32条第2項の規定により、平成27年度恩納村水道事業会計決算に伴う剰余金を剰余金処分計算書(案)のとおり処分し、併せて地方公営企業法第30条第4項の規定により、平成27年度恩納村水道事業会計決算を別紙監査委員の意見をつけて議会の認定を求める。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

 ページを明示して質疑をしてください。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております認定第5号については、先ほど設置しました決算特別委員会に付託したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。よって認定第5号については、決算特別委員会に付託することに決しました。

 日程第21、報告第5号、平成27年度決算に基づく恩納村健全化判断比率及び資金不足比率の報告について議題といたします。

 村長の報告を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 報告第5号、平成27年度決算に基づく恩納村健全化判断比率及び資金不足比率の報告について。

 地方公共団体の財政の健全化に関する法律(平成19年法律第94号)第3条第1項及び第22条第1項の規定により、別紙のとおり報告する。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 報告第5号、平成27年度決算に基づく恩納村健全化判断比率及び資金不足比率の報告については、以上のとおり報告されました。

 日程第22、報告第6号、平成27年度沖縄県町村土地開発公社事業報告及び決算報告について議題といたします。

 村長の報告を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 報告第6号、平成27年度沖縄県町村土地開発公社事業報告及び決算報告について。

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第2項の規定により、平成27年度事業及び決算について、別添のとおり報告する。

 平成28年9月12日提出、恩納村長、長浜善巳。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 報告第6号、平成27年度沖縄県町村土地開発公社事業報告及び決算報告については以上のとおり報告されました。

 日程第23、議員派遣の件を議題といたします。

 お諮りいたします。議員派遣の件については、別紙のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって議員派遣の件については、別紙のとおり決定しました。

 お諮りいたします。

 本日、議決されました議案等の字句、その他整理を要するものについては、会議規則第45条の規定に基づき、議長に委任していただきたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって字句、その他整理を要するものについては、議長に委任することに決しました。

 以上をもって本日の議事日程は全部終了いたしました。

 本日はこれで散会いたします。

 ご苦労様でした。



△散会 14時49分

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

     議長       仲田 豊

     会議録署名議員  大城 保

     会議録署名議員  佐渡山 明