議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 恩納村

平成28年  5月 臨時会(第3回) 05月23日−01号




平成28年  5月 臨時会(第3回) − 05月23日−01号









平成28年  5月 臨時会(第3回)





平成28年第3回恩納村議会臨時会 会議録


招集年月日
平成28年5月23日


招集の場所
恩納村議会議場


開会議・閉散会の宣告
開会
平成28年5月23日
11時48分
議長
仲田 豊


閉会
平成28年5月23日日
12時00分
議長
仲田 豊


議員の出欠(出席 ◯印・欠席 ×印)


番号
氏名
出席
番号
氏名
出席



當山達彦

10
宮崎 豊




大城 保

11
糸数 昭




佐渡山 明

12
又吉 貢




山田政幸

13
 
 



平良幸夫

15
吉山盛次郎




外間勝嘉

16
山城良一




又吉 薫

17
喜納正誠




大城堅三

18
仲田 豊



会議録署名議員
17番
喜納正誠
1番
當山達彦


職務のために出席した者の職・氏名
書記
瀬良垣 肇



事務局長
仲村泰弘

書記
新垣良子



地方自治法第121条により説明のため出席した者の職・氏名


村長
長浜善巳

農林水産課長
佐渡山安正



副村長
外間 毅

福祉健康課長
長浜保治



教育長
石川哲夫

税務課長
長浜健一



会計管理者
山田俊幸

村民課長
金城尚子



総務課長
新里勝弘

学校教育課長
石川 司



企画課長
山城雅人

社会教育課長
大城保篤



建設課長
大城 学

上下水道課長
金城徳夫



商工観光課長
宮平 覚

 
 
 



         平成28年第3回恩納村議会臨時会

               議事日程

                         平成28年5月23日



日程
議案番号
件名
備考


第1
 
会議録署名議員の指名について
指名


第2
 
会期決定の件
決定


第3
委発第1号
米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する意見書について
提案・質疑
討論・採決


第4
委発第2号
米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する抗議決議について



第5
 
議員派遣の件
決定





△開会 11時48分



○議長(仲田豊) 

 おはようございます。これより平成28年第3回恩納村議会臨時会を開会します。

 ただちに本日の会議を開きます。

 日程に入る前に、皆様方にご協力をお願い申し上げます。去る4月28日から行方不明となっていたうるま市の会社員の女性が、5月19日、村内の雑木林で遺体となって発見されました。

 20歳という若さで、これからという時期に未来のある前途を絶たれ、お亡くなりなりました。

 ここに謹んで哀悼の意を表し、衷心よりご冥福を願いまして、黙とうを捧げたいと思います。

 皆様、ご起立願います。

 黙とう。

     (黙とう)



○議長(仲田豊) 

 黙とうを終わります。ご協力ありがとうございました。

 ご着席ください。

 それでは、本日の日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第120条の規定により、本日の会議録署名議員は17番、喜納正誠君、1番、當山達彦君を指名いたします。

 日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日限りの1日間としたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

     (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本臨時会の会期は、本日限りの1日間と決しました。

 日程第3、委発第1号、米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する意見書についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 基地問題対策委員会、委員長、大城堅三君。



◆基地問題対策委員会委員長(大城堅三) 

 委発第1号、平成28年5月23日。

 恩納村議会、議長、仲田豊殿。

 提出者、基地問題対策委員会、委員長、大城堅三。

 米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する意見書について。

 上記の議案を、別紙のとおり恩納村議会会議規則第14条第3項の規定により提出します。

 米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する意見書(案)。

 平成28年4月28日から行方不明となっていた県内女性会社員20歳が、5月19日恩納村内の県道104号線沿いの雑木林で遺体となって発見された。

 報道によると沖縄県警は嘉手納基地で軍属として働く男を逮捕した。

 また、同年3月13日、米軍キャンプ・シュワブ所属の海軍一等水兵が、那覇市内のビジネスホテルで観光に訪れていた女性に対する準強姦の容疑で逮捕されるという事件も冷めやまない時期でもあった。

 米軍属による今回の死体遺棄事件は、再び沖縄県民に大きな衝撃と不安を与えている。前途ある若者の未来を断ち切り、親族や友人、関係者、沖縄県民を深い悲しみと怒りに陥れた。

 これまで、米軍人・軍属等による事件・事故が発生するたびに綱紀粛正、再発防止の強化、教育の徹底、外出禁止令等、沖縄防衛局や在日米国総領事等関係機関へ再三抗議要請しているにもかかわらず、事件が繰り返されることに激しい憤りを禁じ得ない。

 度重なる、米軍人・軍属等による事件・事故は、県民に不安と恐怖を与えており、これまで再発防止策を講ずるよう要請してきたが効果を上げておらず、より抜本的な対策が強く求められている。

 よって、本村議会は、事件の全容解明を求めるととともに、県民の人権、生命、財産を守る立場から、今後いかなる事件・事故も起こさぬよう厳重に抗議するとともに、下記の事項が速やかに措置されるよう強く要求する。

 記、1.事件の徹底究明と捜査へ全面協力すること。

 2.米軍人・軍属等の綱紀粛正を徹底し、実効性のある再発防止策を速やかに公表すること。

 3.遺族に対する謝罪と完全な補償を早急に行うこと。

 4.日米地位協定を抜本的に改定すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成28年5月23日、沖縄県恩納村議会。

 あて先、内閣総理大臣、防衛大臣、外務大臣、内閣官房長官、沖縄及び北方対策担当大臣、沖縄防衛局長、外務省沖縄特命全権大使。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑に入ります。

     (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

     (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 これより委発第1号、米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する意見書についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり可決されました。

 日程第4、委発第2号、米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する抗議決議についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 基地問題対策委員会、委員長、大城堅三君。



◆基地問題対策委員会委員長(大城堅三) 

 委発第2号、平成28年5月23日。

 恩納村議会、議長、仲田豊殿。

 提出者、基地問題対策委員会、委員長、大城堅三。

 米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する抗議決議について。

 上記の議案を、別紙のとおり恩納村議会会議規則第14条第3項の規定により提出します。

 米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する抗議決議(案)。

 平成28年4月28日から行方不明となっていた県内女性会社員20歳が、5月19日恩納村内の県道104号線沿いの雑木林で遺体となって発見された。

 報道によると沖縄県警は嘉手納基地で軍属として働く男を逮捕した。

 また、同年3月13日、米軍キャンプ・シュワブ所属の海軍一等水兵が、那覇市内のビジネスホテルで観光に訪れていた女性に対する準強姦の容疑で逮捕されるという事件も冷めやまない時期でもあった。

 米軍属による今回の死体遺棄事件は、再び沖縄県民に大きな衝撃と不安を与えている。前途ある若者の未来を断ち切り、親族や友人、関係者、沖縄県民を深い悲しみと怒りに陥れた。

 これまで、米軍人・軍属等による事件・事故が発生するたびに綱紀粛正、再発防止の強化、教育の徹底、外出禁止令等、沖縄防衛局や在日米国総領事等関係機関へ再三抗議要請しているにもかかわらず、事件が繰り返されることに激しい憤りを禁じ得ない。

 度重なる、米軍人・軍属等による事件・事故は、県民に不安と恐怖を与えており、これまで再発防止策を講ずるよう要請してきたが効果を上げておらず、より抜本的な対策が強く求められている。

 よって、本村議会は、事件の全容解明を求めるととともに、県民の人権、生命、財産を守る立場から、今後いかなる事件・事故も起こさぬよう厳重に抗議するとともに、下記の事項が速やかに措置されるよう強く要求する。

 記、1.事件の徹底究明と捜査へ全面協力すること。

 2.米軍人・軍属等の綱紀粛正を徹底し、実効性のある再発防止策を速やかに公表すること。

 3.遺族に対する謝罪と完全な補償を早急に行うこと。

 4.日米地位協定を抜本的に改定すること。

 以上、決議する。

 平成28年5月23日、沖縄県恩納村議会。

 あて先、米国大統領、米国国務長官、米国国防長官、駐日米国大使、沖縄米国総領事、在日米軍沖縄地域調整官。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑に入ります。

     (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

     (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 これより委発第2号、米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する抗議決議についてを採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

     (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり可決されました。

 日程第5、議員派遣の件を議題といたします。

 お諮りいたします。議員派遣の件については、別紙のとおり決定することにご異議ありませんか。

     (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって議員派遣の件については、別紙のとおり決定しました。

 お諮りいたします。

 本日、議決されました意見書等の字句、その他整理を要するものについては、会議規則第45条の規定に基づき、議長に委任したいと思います。これにご異議ありませんか。

     (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本日議決されました意見書等の字句、その他整理を要するものについては、議長に委任することに決しました。

 以上をもって、本臨時会に付議されました事件の審議は全部終了いたしまた。

 これで平成28年第3回恩納村議会臨時会を閉会します。

 ご苦労様でした。



△閉会 12時00分

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

     議長        仲田 豊

     議員        喜納正誠

     議員        當山達彦