議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 恩納村

平成28年  3月 定例会(第2回) 03月14日−03号




平成28年  3月 定例会(第2回) − 03月14日−03号









平成28年  3月 定例会(第2回)





平成28年第2回恩納村議会定例会 会議録


招集年月日
平成28年3月14日


招集の場所
恩納村議会議場


開会議・閉散会の宣告
開議
平成28年3月14日
10時00分
議長
仲田 豊


散会
平成28年3月14日日
16時00分
議長
仲田 豊


議員の出欠(出席 ◯印・欠席 ×印)


番号
氏名
出席
番号
氏名
出席



當山達彦

10
宮崎 豊




大城 保

11
糸数 昭




佐渡山 明

12
又吉 貢




山田政幸

13
 
 



平良幸夫

15
吉山盛次郎




外間勝嘉

16
山城良一




又吉 薫

17
喜納正誠




大城堅三

18
仲田 豊



会議録署名議員
9番
大城堅三
10番
宮崎 豊


職務のために出席した者の職・氏名
書記
山田俊幸



事務局長
大城保篤

書記
新垣良子



地方自治法第121条により説明のため出席した者の職・氏名


村長
長浜善巳

農林水産課長
佐渡山安正



副村長
外間 毅

福祉健康課長
新里勝弘



教育長
石川哲夫

税務課長
長浜健一



会計管理者
金城尚子

村民課長
外間和佳



総務課長
當山欽也

学校教育課長
石川 司



企画課長
山城雅人

社会教育課長
金城徳夫



建設課長
比嘉正彦

上下水道課長
大城 学



商工観光課長
長浜保治

 
 
 



      平成28年第2回恩納村議会定例会(3月定例会)

              議事日程(第3号)

                           平成28年3月14日



日程
議案番号
件名
備考


第1
 
会議録署名議員の指名について
指名


第2
 
一般質問
 ? 10番  宮崎 豊
 ?  8番  又吉 薫
 ?  3番  佐渡山 明
 ? 11番  糸数 昭
 ? 16番  山城良一
 ? 12番  又吉 貢
 ?  2番  大城 保
 ?  9番  大城堅三
 



       平成28年第2回定例会一般質問(3月14日)

議員名             タイトル                ページ

宮崎 豊   ?新年度計画の中で一番の思い入れは……………………………………●

       ?臨時職員の待遇改善………………………………………………………●

       ?「沖縄めんそーれフェスタ」でリゾートウェディングをPR………●

       ?子どもの貧困対策 恩納村の現状は……………………………………●

       ?「エコリゾート恩納」観光用EVの導入………………………………●

又吉 薫   ?大手資本によるショッピングモール(商業施設)進出情報に対する対応方針などを問う。………………………………………………………………………………●

       ?恩納村の就労・就職、雇用対策について問う。………………………●

佐渡山 明  ?恩納村ホームページの利用状況と管理状況を問う……………………●

糸数 昭    施政方針の中から

       ?文化振興の文化活動と文化財について…………………………………●

       ?水産業の振興について……………………………………………………●

       ?道路の整備及び維持管理の充実について………………………………●

       ?緑地・公園の整備について………………………………………………●

       ?行財政改革の充実について………………………………………………●

山城良一   ?自治会へ所得割の村民税の減免について………………………………●

       ?恩納村環境整備事業補助金交付規程……………………………………●

       ?爬竜船倉庫の管理について………………………………………………●

       ?再編交付金について………………………………………………………●

又吉 貢   ?人事評価制度………………………………………………………………●

       ?参事制度……………………………………………………………………●

大城 保   ?就学援助制度について……………………………………………………●

       ?奨学金制度について………………………………………………………●

大城堅三    施政方針より

       ?商工観光業の振興について………………………………………………●

       ?沖縄科学技術大学院大学の推進について………………………………●

       ?水産業の振興について……………………………………………………●



△開議 10時00分



○議長(仲田豊) 

 おはようございます。これより本日の会議を開きます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議規則第120条の規定により、本日の会議録署名議員は、9番、大城堅三君、10番、宮崎豊君を指名いたします。

 日程第2、一般質問を行います。一般質問の発言時間は答弁を含めないで20分以内といたします。順次発言を許します。



◆10番(宮崎豊) 

 議長、10番。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 皆さん、おはようございます。質問に入る前にですね、3月定例ということで、今定例会を最後に定年退職なされる當山課長、比嘉課長、そして外間課長、長年村民のために役場中で頑張ってこられました。心より感謝申し上げる次第でございます。退職後もぜひ村民のために、サブ、後ろからですね、協力よろしくお願いいたします。

 さて、それでは通告しました5件の質問に入らせていただきます。

 まずは長浜村長におかれましては、就任後1年がたちました。今回提案されている平成28年度予算、実質初めての長浜カラーが出たのではないかというふうに思います。その中でも村長として一番思い入れのある事業、事業計画をまず伺います。よろしくお願いします。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 おはようございます。私も就任して1年目を迎えることができました。これも村民の皆様、そして議員の皆様、職員に感謝したいと思っております。

 私もこの1年、各地域に赴き、村民の声をたくさん聞いてまいりました。その中で課題や要望事項は多くあり、行政の手腕が問われていることがとても実感したところでございます。

 この前の施政方針の中で、中学校統合に向けた取り組みが本格的に今回から始まってまいります。そして、去年行われました各区行政懇談会におきまして、少子化対策とか、また定住化対策などいろんな問題が出てまいりました。地方創生に向けた取り組みが今後重要だなということを感じております。

 その中のまち・ひと・しごと創生総合戦略を進める上で、観光業界の役割は非常に有効な手段だなと、今回思っているところであります。それと同時に、先ほど申しました少子化対策、定住化対策、この問題は、このPFI手法などによるですね定住化、若者の定住化も進めていきたいというふうに考えております。それと同時にDMOによる観光業界、恩納村のですね、将来の観光による未来像を、そこでまた考えていければと思っております。

 やはり今後はスピード感のある動きで推進してまいりたいと思っております。以上であります。



◆10番(宮崎豊) 

 10番、議長。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 中学校の統合のお話が出ていましたが、本当に長年の懸案であったこの統合問題、やっと見えてきたなという感じで、とても村民、皆さんが期待しているところであります。ぜひとも順調に進めていっていただいて、4年後でしたか、開校、予定どおりの開校に向けて頑張っていただきたいというふうに思います。もう1点、観光協会についてもありましたが、これは今回提案された議会の中の予算審議においてもですね、相当多くの意見が出されておりました。観光協会が動き出して軌道に乗るまでにはですね、ある程度時間はかかるというふうに思いますが、多くの村民がこれにかかわることができてですね、より開かれたというか、村民全体が恩恵を受けるような、そういったような協会になっていってほしいと思います。

 先月ですね、所属する経済建設民生委員会で本部町に政務調査ですか、視察してまいりました。そのときに本部町の観光協会の状況をお聞きすることができました。大変厳しい、非常に厳しい状況をお聞きしましてですね、さて、我が恩納村はこれから始まっていくんですけども、大丈夫かなというふうに、実は心配にもなりました。村長におかれましては、ぜひそのリーダーシップを取っていただいてですね、恩納村観光協会が発展し、恩納村全体もますます元気になっていくように願うわけであります。簡単ではありますが、これで1番は終わります。

 次2番に入っていきます。臨時職員の待遇改善ということで質問を提出してありますが、1番から3番まで順番に行きます。役場職員の人数をそれぞれまず伺います。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 おはようございます。宮崎議員の質問にお答えしたいと思います。ご質問は役場に勤務する正職員と臨時職員という数ですけれども、嘱託職員を含めて答えていきたいと思います。役場に勤務する正職員と臨時職員等の人数についてでございますけれども、3月1日現在、村の正職員は合計で131名でございます。それから臨時職員が39名、嘱託職員は140名となっております。以上です。



◆10番(宮崎豊) 

 議長、10番。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 合計すると臨時嘱託の人数のほうが大分上回っている状況が伺えました。

 続いて臨時職員の年俸、平均どのくらいになるか、これも教えてください。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 お答えいたします。臨時職員の平均年俸についてでございますけれども、臨時職員は日給制となっております。職種によって日給が違いますので、代表的な一般職と保育所についてお答えしたいと思います。一般事務職の場合、1カ月20日勤務の12月で計算しますと6,500掛ける240日で計算し、156万円となります。それから保育士の場合には7,200円の日給でございますので、年間では172万8,000円となります。それから嘱託職員でございますけれども、これは職種によって、たくさんありますので、大きく開きがございます。10万8,000円から、最高は28万8,000円までということで、最低は129万6,000円から、最高は345万6,000円となります。職種としては保健師、保育士、調理師、学校支援員、図書館司書、用務員等、かなり多くの職種がございます。以上です。



◆10番(宮崎豊) 

 議長、10番。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 3番は臨時職員の待遇改善はできないかということでありますけども、最近の新聞記事にですね、国が保育士の賃金を上げる検討をしているというようなことが出ておりました。直接これに関連するとは言えないんですけども、役場で今報告していただいたこの人数の方々ですね、正職員より、正職員が131、臨時、嘱託合わせると180名近く、こちらの方の人数のほうが多いということになります。そこでですね、その若い臨時職員の方も大勢いらっしゃいます。そんな中でですね、ぜひともこの役場の中での待遇を見直していただくことはできないか。今がいいとか悪いとかということよりもですね、さっき村長の話の中にも出ていた地方創生という面から見ても、若い方々が結婚して家庭を設けて子供を設けるというのが恩納村のゆくゆくは発展につながっていくと思いますので、その辺も含めて課長のほうから待遇という面のお話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 お答えいたします。臨時職員、嘱託職員の処遇改善としましては、平成26年4月1日から有給休暇に、これまでなかった忌引き休暇、それと台風発生時等の事故防止、あるいは選挙権行使の特別休暇を追加しております。また職務専念義務についても、村長が認めるときには付与しますということでの追加もございます。また嘱託職員には病気休暇、傷病の場合には10日とか、公務上の負傷休暇等の付与がございますけれども、今後は臨時職員にも同様の休暇の付与を検討してまいりたいと思います。そのほか最近新聞紙上をにぎわしておりますけれども、臨時職員の特別休暇、産前産後休暇等についても整備していきたいと考えております。

 それから宮崎議員もおっしゃっておりましたように賃金改正の件ですけれども、これについては近隣市町村と均衡を保ちながら、状況を見ながら対応していきたいと考えております。以上です。



◆10番(宮崎豊) 

 議長、10番。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 ぜひ若い皆さんがやる気を持ってばりばり仕事して、ばんばん子供をつくってもらって、恩納村の人口が増えるようになればいいなと思います。

 次に通告では「めんそーれフェスタ」となっておりますが、ちょっと流れ上、ひとつ順番を変えさせていただきます。課長のほうには事前にお願いしてありますので、よろしくお願いします。子供の貧困対策、恩納村の現状はということについてであります。琉球新報、沖縄タイムス両紙ですね、連日のように子供の貧困問題が、この記事が掲載されております。まずは恩納村の貧困率の現状を教えてください。



◎学校教育課長(石川司) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 宮崎議員の質問にお答えします。議員のおっしゃる今年の元旦の紙面からということで、教育委員会の中では沖縄タイムスの社会面の子供の貧困「ここにいるよ」という連載で、ことしの1月5日から県内の子供たちの貧困状況が掲載されておりました。教育委員会においても、この記事を読んで心痛めているところであります。

 学校教育ではその記事を、連載されているものを回覧し、また情報を共有しているところです。児童生徒の貧困状況に関心を持って周知をしている状況であります。記事の内容には水道、ガスがとめられ、朝食を取らずに登校し、1日の唯一の食事が給食のみという子供たちの現状も記載されておりました。

 教育委員会においてもその現状について、村内にスクールソーシャルワーカーや学校を通して情報収集を行っているところであります。今後においては、さらに細かい目配りを行い、給食時衣類、履物などの細かい観察を行い、子供たちの学校生活からの情報を早い段階で発見し、福祉健康課と連携を密にして、児童生徒の家庭支援へつなげていきたいと考えております。

 先ほどの貧困率ということで、恩納村の貧困率というのはまた実際出してはおりません。ただ、県内の相対的貧困率が29.9と、3名に1人でしたかね、そういう率になっております。以上です。



◎福祉健康課長(新里勝弘) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 福祉健康課長、新里勝弘君。



◎福祉健康課長(新里勝弘) 

 お答えいたします。貧困対策につきましては、所管のほうは福祉健康課ということになっておりますので、その関係でお答えいたします。先ほど教育課長から答弁がありましたように、子供の貧困が29.9%。これは子供のみなならず、沖縄県の貧困率は30%ということで、これは県全体の問題だと認識しております。この29.9%という数字につきましてはですね、県平均でありますが、恩納村、各市町村所得データ等を提出した市町村におきましては、個別のデータが出ていると聞いております。これは公表されておりません。県に確認したところ、やはり各市町村多少のばらつきは、格差はあるという話を聞いております。

 福祉健康課におきましてはですね、母子保健係、地域福祉係の相談員、保育所、学童の現場からの情報収集に努め、対策の方向性を早急に検討してまいりたいと考えております。



◆10番(宮崎豊) 

 議長、10番。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 学校と福祉と、両課長に答弁をいただきました。これも最近の新聞でありますけれども、名護市が貧困対策班というのを設置して、4月からこの貧困の実態を把握して、地域に合った活動、施策につなげていくというようなことが新聞に載っていましたけども、今、お二方の話を聞いて、この各課でそれぞれやってくださっているとは思うんですけども、さらに連携を深めてですね、こういった特別班みたいなものをつくって、これから恩納村としても動いていくというようなことは計画できないものでしょうか。



○議長(仲田豊) 

 福祉健康課長、新里勝弘君。



◎福祉健康課長(新里勝弘) 

 お答えします。名護市のように窓口を一本化ということは、今回すぐはできないと考えておりますが、教育委員会のスクールソーシャルワーカーやお互いの母子係、地域福祉の相談員、この地域要保護連絡協議会というのがございます。そういう中で個別会議ということで、連携を密にしているところでありますので、その場でですね、貧困に特化した議題を共有しながらですね、また対策に努めてまいりたいと考えております。



◆10番(宮崎豊) 

 議長、10番。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 私の手元にある資料、ほとんど新聞からでありまして、これも3月7日の琉球新報、先ほど1月4日ぐらいから連載されているという状況でありますけれども、3月4日の新報にですね、「貧困損失沖縄1位」という社説がありました。貧困家庭の子供を支援せずに格差を放置した場合、社会がこうむる損失が、沖縄県が490億円で全国で一番ということでありました。

 県内の貧困状況が全国的に見ても深刻であって、早く対策しないと、対策する必要があるということであります。貧困世帯の子供は医療、食事、学習、進学など、いろんな面で不利益な状況に置かれてしまいます。そして、その貧困の連鎖、世代を超えて将来にわたってしまうと連鎖を生むということであります。結果的に自治体の税収入であったり、そういうものが減って、逆に出ていく生活保護費というんですかね、そういうものが社会保障給付費、こういうものが増えていくと。結果的に社会にとって大きな負担になってくるということであります。

 この格差が改善できれば、進んでいけば、税の増収につながって財政負担も軽減できると。行政がしっかり把握して児童福祉費などの対策、こういうものが検討できないかと。ここは村長に答弁いただければと思いますが、いかがでしょうか。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えします。先日ですね、島尻沖縄担当大臣も交えて41市町村の首長などが出席して、子供の貧困についての拡大会議が行われました。その中ではですね、今の沖縄県の現状、また実態の報告などがありました。そういった問題をこの首長の皆さんで共有したところであります。

 それと国と県のほうでは、予算として国のほうでは10億円、県のほうでは30億円措置されるということを聞いております。恩納村としましても、先ほど教育委員会からありましたスクールソーシャルワーカーなどの力もかりながら、実情を、恩納村の実情を精査して、この子供の貧困、今年度も積極的に進めていこうと思っております。以上です。



◆10番(宮崎豊) 

 議長、10番。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 それでは次に参ります。順番が変わりましたけれども、沖縄めんそーれフェスタでリゾートウエディングをPRできないかということであります。毎年東京池袋で開催されている沖縄めんそーれフェスタでありますが、恩納村はこれまでにどのようなPR活動を行ってきたか、まずこれから伺います。よろしくお願いします。



○議長(仲田豊) 

 商工観光課長、長浜保治君。



◎商工観光課長(長浜保治) 

 お答えいたします。沖縄めんそーれフェスタにおきましてはですね、恩納村の特産品あるいはまた観光資源のPRというところで実施をしてまいりました。その中におきましては、エイサー隊の派遣であったり、琉球舞踊の派遣なども行っております。特にエイサーについては、恩納村というのぼりをかなり大きく掲示をしまして、その中で今まで知らなかった恩納村のPRに一役買っているんじゃないかと考えております。以上です。



◆10番(宮崎豊) 

 議長、10番。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 2015年の恩納村リゾートウエディングは1万4,000組余りで、過去最高を記録したとのことです。これに関連して訪れる来県者数は22万人で、経済効果は200億円以上に上るとありました。

 中でも恩納村、読谷村と合わせてでありますが、これが全体の45%以上に上っているということであります。このような中で、まだまだこれが伸びていくというふうなことが感じられるわけでありますけれども、先ほど説明いただいたこの池袋めんそーれフェスタですね、この中でぜひともこの、もちろん各リゾートホテルの皆さんの協力は必要だと思うんですけれども、この皆さんに協力していただいてですね、この中で恩納村のリゾートウエディングというものを大々的にアピールすることは、PRすることはできないか、これを伺います。



○議長(仲田豊) 

 商工観光課長、長浜保治君。



◎商工観光課長(長浜保治) 

 お答えいたします。リゾートウエディング、リーガルウエディングにつきましては、昨今、非常に増加傾向にございます。その中で役場内、庁舎内におきましては、実際に訪れた対象者の皆さんに対して、フォトスポットという形で記念撮影ができる場所も提供しております。

 今後、読谷村、名護市、恩納村の3市村の連携による特産品、こちらは特に土産品の開発になりますけれども、そういった部分も進めていく予定であります。先ほど議員おっしゃいましためんそーれフェスタについては、やはり関係機関ですね。沖縄県リゾートウエディング協会、恩納村観光協会のご協力を得まして実施できないか検討してまいります。以上でございます。



◆10番(宮崎豊) 

 議長、10番。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 最後になります。「エコリゾート恩納」観光用EVの導入ということで質問を出してありますけども、本部町と今帰仁村において、「ちゅらまーい」と銘打って小型の電気自動車を使った本部半島をめぐる新しい観光の形、実証実験が動き出しております。これも経済建設民生委員会で先日調査してきましたが、これまでにない観光ということで、地元の新たな魅力が発見できそうな、そんな気がいたしました。本部町と恩納村ではこの交通量が大分違いますし、いろんな条件がすぐ何といいますかね、条件の違いがあるので、すぐ導入というのは難しいところもあるかというふうに思いますが、例えばその部落の中にある、この辺ですとナビーの碑であったりですね、あんまりレンタカーとかでは入っていけないようなところも非常に小型、1人乗りの狭い細い小さい車ですので、どこでも入って行けると。背丈も低いんですね。おばあちゃん歩いてても、腰が曲がったオジー、オバーが歩いていても、ちょうど顔の高さくらいなんです。そんな状況の車で、気軽に声もかけやすいという中で、地元の住民の皆さんとも触れ合えて、またこれまでにない違った観光材料になるんじゃないかなあと強く感じた次第であります。ぜひこれが恩納村でも動き出して、今回、観光協会がスタートするということで、ぜひともこの観光協会と協議していただいて、何とか導入することはできないかということでありますが、これについて担当課長あるいは村長の答弁をお願いいたします。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。当事業につきましては、本部半島を訪れる観光客を対象に、トヨタ自動車が実証実験として地元の観光協会、またJTBと連携して、ことしの1月から12月までの約1年間にわたって実施していく事業だとお聞きしております。このEV自動車につきましては軽自動車より一回り小さい、超小型自動車ということ、使用することから、議員からも先ほどありましたが、普通自動車では入りにくい狭い道など、近距離移動における有効な手段かと考えております。本村内における導入につきましては、本事業の実証実験の結果などを参考に、本村の道路、交通形態を勘案しながら導入について検討してまいります。以上です。



◆10番(宮崎豊) 

 10番。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 最後になりますけども、例えば今、万座毛が動き出していますけども、駐車場の整備、あるいは建物も計画されて、立派な何というか、青写真というか、そういうものを見せていただきましたけど。渋滞がすごいんですね。あそこから見る夕日がきれいで、観光客の皆さん、競って万座毛にレンタカーで入っていくと。渋滞がすごくて、あれを見たときに、これをあそこに入らせずに手前で、例えばコミセン、今ある、あそこの駐車場に車を置かせて、あそこから排気ガスの出ないエコカーを使って万座毛まで行かせて、歩いてこさせると。あるいはさっき言ったように部落の中に入ってもらって、歴史、恩納村の歴史等を見てもらうというようなとてもすばらしい、これできたら最高だろうなと思ったわけであります。最後に村長の前向きな答弁をいただいて、私の質問は終わります。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 私もこの前、本部町に行きまして、その乗り物に乗ってまいりました。確かに本当に小回りがきいてですね、スージ道なんかもすいすいと動けて、本当に地域の皆さんとも触れ合う乗り物であったんじゃないかなと思っております。今後また議員からありました観光協会の件もありますが、またそこら辺とも調整とか、また課長からあります実証実験の結果を踏まえて、また恩納村の実態に合っているかどうかも勘案しながら今後進めていければと思っております。以上です。



◆8番(又吉薫) 

 議長、8番。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 おはようございます。先ほど宮崎議員から今度の3月でもって卒業される課長、その他5名ほどと聞いておりますけど、本当にご苦労さまでした。私からは、卒業後は健康にご自愛されて、組織から解き放たれた開放感を味わってもらいたいなと、このように思っております。

 それでは通告書に沿って質問をして行きます。まず1番目、大手資本によるショッピングモール(商業施設)進出情報に対する対応方針などを問うということで質問をします。これについてはタイミング的にまだどうかなとも思いましたけど、いろいろ考えてみますと、今がタイミングかなと思っての質問であります。

 それでは読み上げて質問をしていきます。まず1番目、商業施設の進出の可能性についての情報をどの程度把握しているか。日程、規模、場所、その他可能な限りの範囲でお聴きしたいと思います。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。本村への商業施設計画につきましては、事業所からの説明では南恩納区地内にスーパーなどの商業施設を計画していきたいとのお話はございました。しかしながら、地権者との合意形成等、これからということで、計画の実施時期、また具体的なお話などはございませんでした。以上です。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 今、課長から答弁がありましたけど、私が知り得た情報では、これショッピングモールと言いますか、これが進出した場合には地域にかなりの影響を与える事業だなということで思っております。

 そこで2番目に、商業施設の進出によって村内及びその地域に与える影響について、村当局としてどう考えているかお聞きします。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。計画される商業施設の規模にもよりますが、議員からありましたとおり、大きな施設だと計画されます。周辺地域の小売店や飲食店への影響は避けられないと考えますので、対策は必要かと考えます。以上です。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 知り得た範囲での情報によりますと、日用雑貨を扱う部門が来る、それからレストラン部門が来る、それからファッションが来る、その外食産業が来る、給油所も計画しているというように聞いております。この辺をそのとおりの事業が進められると、地域にかなりの大きな影響があるのではないかなと思いますので、村当局としてもその辺についての、先ほど課長からありましたように、これから何らかの対策というものを進めていく必要があるのではないかなということで思っております。商工会等の連携もしながら、そういう対策を希望いたします。

 それでは4番目に、平成27年度施政方針によりますと、恩納村において5年ごとの土地利用計画の見直し時期となっているとされています。もう商業施設の進出に合わせた見直しや規制の解除も考えられているのか、これに対する恩納村の対応、方針をお聴きします。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。先ほどからありますとおり、具体的な実施時期が示されておりませんので、今回の見直し時期と重なるかどうかはわからない状況であります。しかし、平成28年度に具体的な計画など用域の変更、申請があった場合は、通常の事務処理による恩納村土地開発審議会に諮り、地域の意見をお聴ききするなどをして判断した処理になるかと考えております。以上です。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 私は3番飛ばして質問したようですが、4番とも関連するんですが、改めてお聞きします。現時点で想定されるその地域、どういう規制があるのか。その辺のところをお聞きします。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。先ほどからありますとおり、具体的な地域というのが確定しておりません。しかしながら、本村には多くの法規制がございまして、まず考えられますのが上位法から森林法、農振法、農地法、自然公園法、文化財保護法などの法律でいうと5法の法律の規制がございます。あと条例からいたしますと村環境保全条例、あと村環境村づくり条例の規制が対象になるかと考えております。以上です。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 いろいろ規制があって、その事業をするにはいろんな規制の解除も必要だと思います。私の個人的な希望としては、簡単な規制解除はやらないでもらいたいなという個人的な希望であります。

 それではちょっと視点を変えて質問を進めていきたいと思います。恩納村のまち・ひと・しごと創生総合戦略の中でも小さな拠点づくりが重要とされ、地域の共同売店や個人商店がその役割機能を担っているとされております。また、私から見ても、その役割も期待されておりますし、その役割を担っていると思います。

 そこで次の質問をします。地域の共同売店や個人商店が地域住民の日常生活の中でどのような役割を果たしていると、村当局としては認識しているのかお聞きします。



◎企画課長(山城雅人) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。共同売店や個人商店につきましては、単に地域住民の日常生活を支えていくわけではなくして、地域住民の交流や情報交換などの場として、地域コミュニティーの機能を兼ね備えた重要な拠点になる場所、施設だと考えております。以上です。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 共同売店の発祥といわれる奥共同売店がことしで110周年を迎えます。私どもの恩納共同売店は、ほぼ90年を迎えていると思います。地域がまだ貧しかった時代に、相互扶助の精神で地域の生活の向上のためにということで、ずっとずっと守られてきたのが共同売店であるし、地域の商店であります。そういうことで、ぜひ村当局におかれましても地域の共同売店、地域にある個人商店が住民の、村民の生活の中でどういう役割を担っているかというのを改めて掘り下げて、それに対する支援、助言があればというふうに思っております。

 それでは6番目、商業施設の進出によって存続の危機にさらされると考えています。共同売店として、今後どのように対応していくか。売店独自でも対策を検討しているところであります。地域の飲食店を含む既存の商業者も大きく影響を受けることが予想され、その対策も必要と考えるが、村当局としてどのような指導助言ができるのか。この辺の考え方をお聞きします。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。今回策定しました恩納村まち・ひと・しごと創生総合戦略の具体的な施策として、今後、購買機能だけではなく、高齢者の買い物支援や観光資源としての活用、また村内に点在する各共同売店等などの連携づくりなどを通して、小さな拠点づくりとして大きな商業施設にない部分で機能拡充を図るなどの可能性などを、今後、村商工会やまた関係機関などと一緒に、役場も一緒ですが、検討していければいいのかなと考えているところです。以上です。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 今、答弁がありましたとおり、ぜひその辺のところを村の政策の中にですね、入れてもらって、その対策をやってもらえたら助かるなと思っております。ちなみに、私ども共同売店では、日常の生活必需品の販売はもとより、地域の農村資産加工物を売ってあげているという機能もあります。それから23名の雇用があります。その中には学業を稼ぐ子供たちのアルバイトもやってもらっております。そういう意味で、いろんな形で売店が持っている機能というのは、商業ベースの商業施設とは違ったような機能を持っております。ぜひ改めて共同売店、あるいは地域の商店が地域にある存在意義というものをぜひ考えて、今後の恩納村の政策の中にも取り入れてもらえたらと思っております。これで1番目の質問は終わります。

 続きまして2番目、恩納村の就労・就職、雇用政策について問うということで質問いたします。先ほど来、子供の貧困率の問題があったりします。そういうことも含めて、別の視点からの質問をいたします。読み上げて質問を進めていきます。恩納村の完全失業率は11.09%で、県内でも14位ということで、失業率としては高い位置にあるとされております。貧困化や未婚化、晩婚化などが社会的にも問題視されている。これは家庭や青壮年層等の就労環境が厳しく、経済的な基盤が弱いことに起因すると考えられます。しかしながら、今度の施政方針の中で雇用や就労等の施策が、私はずっと細かく読んだんですが見られない。就労とか雇用とかという言葉が出てこない。そういう意味では少しがっかりしているところでありますが、そういう観点から質問をしていきたいと思います。

 1番目、就労、就活支援など雇用政策への取り組みを強化する必要性があり、関係機関の意見を聞き検討するとの12月定例会での答弁がありましたが、その後、検討されたか。その進捗状況をお聞きしたいと思います。



◎商工観光課長(長浜保治) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 商工観光課長、長浜保治君。



◎商工観光課長(長浜保治) 

 お答えいたします。関係機関とは村の商工会及びハローワーク沖縄を指すものでございますが、商工会につきましては先日、恩納村が県内で10番目の国から創業支援の認定を受けたこともあり、創業者数を増やすことにより雇用対策につなげていければと考えております。またハローワーク沖縄についてはですね、今後、連携事業のほかに推進できる事業がないか調整をしていきたいと考えております。以上でございます。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 この雇用の面について、創業支援という立場からだけでは弱いと私は思うんです。ですから、直接その仕事のあっせんをしたり、紹介をしたりという、そういう職業紹介が必要ではないかなという思いでやっております。これまでもいろんな産業育成ということをやってきました。これはいわゆる創業支援、創業を助けるということですよね。それでありながら、恩納村でまだ11.09%、県内でも高い14位の失業率があるということなんです。もう少し観点を変えて考えてみたらいかがでしょうかと思います。

 それでは2番目、ハローワークの雇用対策連携事業により雇用対策の推進を図っているとのことですが、事業内容はどういうものか、恩納村でどのような方法で推進しているか、その効果はどうか、お聞きします。



◎商工観光課長(長浜保治) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 商工観光課長、長浜保治君。



◎商工観光課長(長浜保治) 

 お答えいたします。雇用対策につきましては、管内4町村、金武町、宜野座村、恩納村、読谷村とハローワーク沖縄における雇用対策連携事業を行っております。具体的に申し上げますと、ハローワークの所在する沖縄市から距離が相当程度ある市町村にハローワークの受理した求人票のうち、当該市町村を就業場所とする求人票を随時町村庁舎内に掲示する事業でございます。現在、役場に来られた方が求人票を閲覧する姿がございますので、効果はあるものと考えております。今後とも引き続きハローワーク沖縄と連携を図りながら、1人でも多くの就業につなげていきたいと考えております。以上でございます。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 雇用対策はハローワークの仕事じゃなくて、法律でも地公体で無料の就職あっせん事業ができるようになっておりますので。これは国からも事細かく地公体を窓口として就労関係、そういうものに励んでもらいたいということでの法律制定ではないかなと思っておりますので、ぜひまだまだ私からすると、今、課長がいろいろ述べておりますけど、これは表面的にしか見えません。本当の意味で村民に仕事のあっせん、そういうことを情報提供したりやっているかということになると、少々疑問を感じます。

 それでは3番目、村内ホテルとの開発協定の中で、村民の優先的採用をお願いしているとありますが、協定を締結した後も継続的な連携を図っているのか。図っているのであれば、どのように行われているか。その効果はどうか。質問します。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。開発協定につきましては、ホテルなどの大規模な開発に伴い懸念される事項につきまして、沖縄県の開発協定を参考に締結しているところです。協定締結後の内容につきましては、昨年の6月定例会でもご説明申し上げましたが、締結後の再度の確認は実施しておりません。しかしながら、村内の地域団体等の提起がございます場合には、申し入れを行っていきたいと考えたところです。また、雇用効果につきましては各ホテルに多くの村民が就労していることからいたしましても、雇用創出にはつながっているかと考えております。以上です。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 ホテル進出をした場合によく聞かれる話ですが、進出当初、今、協定の話がありましたけど、その場合に、いわゆる村内優先でその雇用を図るとか、あるいは村内の農産物を優先的に採用するとか、その話がよく出ると。だけど、それがその言葉どおりになっていないという話がよく聞かれます。そういう意味では、これだけのホテルを抱えて、ホテル一つをとってもこれだけのホテルを抱えて、その就業の場というのはあると思いますが、ホテルさんに聞いても、決して恩納村民のそのホテルに占める就職率、就職割合というのは決して高くはないということも聞いております。この辺のところをですね、ぜひその村民の就職のあっせん、そういうものに事細かい施策でもって対応していけたらなと、このように思っているところであります。よく貧困の問題とか、出生率の問題とか、いろいろ言われますけれども、これはこの結婚したくても結婚に踏み込めない、経済基盤が安定していない、就労形態が安定していないと、そういうことからその辺も起こってきているんじゃないかなと思います。いろいろこれに関するその統計資料を見ても、恩納村は合計特殊出生率1.6%、これは県内で最低だと言われております。子供を産むその環境が悪いのかもしれないです。ある統計によると、生涯の男性の独身率が36.8%もあるとされております。恩納村の村民平均1人当たり所得が241万8,000、5,000円程度だと。これは県内で24位です。失業率は高いけど、平均所得は半分から下だということです。決して、恩納村はよく財政的に豊かだと他市町村から言われたりしますけど、村民個人の場面になると決してそうでもないんじゃないのかなと思いますので、村の行政施策の中でですね、改めてその辺も考えた施策を、何が優先か、今の時点で何が優先かということを考えた施策を展開してもらえたらなと、このように思うところであります。

 それでは4番目、これはこういうことをやってもらいたいと。今、これまでの質疑、答弁の中でああいうことをやります、こういうことをやりますということがありましたけども、本当に村民個人に充ててですね、具体的に村民個々に寄り添った形の事業ができないかという観点からの質問であります。それでは4番目、就労・就活支援センターの開設、あるいは専門職員、それから専属の職員等を配置してですね、次のような就労事業ができないかということで質問をしていきます。イからホまであります。全て続けて読み上げますので、該当する課長の方は答弁願います。

 それではイ、学校教育の中で若いうちから就業意識を高め、自分に合った職業を見つけるためのキャリア教育を充実させる。ロ、資格取得のための求職者向けの各種セミナー。ハ、企業事業者向けの各種セミナー。ニ、就労のための資格取得支援。ホ、これは人口対策にもなる定住、移住促進策としての村内のホテルや事業者と村民との就業あっせんや移住希望者など、村外に向けての事業所や職業を紹介する、そういう事業、そういうことを、そのほかにもいろいろときめ細かい、やることはいろいろあろうかと思いますが、その辺について、それぞれ自分が担当だなと思われる課長の答弁をよろしくお願いします。

 まず1番目は学校教育とありますので、学校教育課長、これは中学校統合に向けても、現在もキャリア教育を一生懸命やっていることだとは思いますが、それに合わせて今後どのようなことを考えているか、まず学校教育課長、よろしくお願いします。



◎学校教育課長(石川司) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 ただいまの又吉議員の質問にお答えします。就労・就活支援センターの開設、あるいは就労・就活支援の専門員の職員を配置して、学校教育の中で若いうちから就労意識を高められないかということでですね。今現状の話を少しさせていただくと、教育委員会の学校教育の中では、キャリア教育は村内の中学生、中学2年生ですね。生徒を対象に、毎年6月に実施している職場体験学習があります。中学生の時期から正しい職業観、勤労観を身につけることを狙いとして、同事業を実施しております。職場体験の参加者数は昨年が102名、今年度が92名となっており、受け入れ事業者数は今年度は32事業所で、村内及び近隣の市町村での職場体験となっております。この職場体験は実施するのみではなく、この体験に基づいて、通して学んだことを将来の夢や今後の目標及び行動に結びつけるために、学力向上推進委員の事業であります夢作文、この夢作文はこの職場体験の内容を記載して提出していただいております。

 夢に向かって自分のやるべきことや、必要な資質や能力、努力を明確にイメージさせる事後指導も実施しており、今後においても若いうちからの議員のおっしゃった就労意識を高め、なりたい自分、なれる自分を、姿を考察できるようなキャリア教育の充実を図っていけたらと思います。以上です。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 学生のころから、仕事にはどうしてもつくんだというような意識を高める。今、課長が言ったような職業に対する意識を高めるという教育を、ぜひよろしくお願いします。

 それから次々、担当課長、自分が担当だと思われる課長、答弁よろしくお願いします。



○議長(仲田豊) 

 商工観光課長、長浜保治君。



◎商工観光課長(長浜保治) 

 お答えいたします。資格取得のための求職者向け各種セミナー、企業・事業者向けの各種セミナーですね。就職のための資格取得支援、こちらについて就業・就活支援センターの開設、あるいは専門職の職員を配置することについては、今後検討していければと考えております。以上です。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 この課設置条例を見ますと、商工観光課は雇用対策について担当課だと書かれております。これまでその細かい面でのその雇用対策についてはうたわれてないんじゃないかな。商工観光、先ほどから言っている創業支援だとか、事業支援だということには大きく力を注いでいるけど、その辺の面に足りない部分があるんじゃないかなと思います。ついでに言いますと、今の商工観光課の人員体制でこれが本当に可能なのかどうか、検討して、役場全体で検討されたらいかがでしょうかと、日ごろから思っているところであります。

 次、担当課長だと思われる方の答弁、よろしくお願いします。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 ご質問ホについてお答えします。本村では近年、死亡者数が出生者数を逆転している、自然減の傾向が強い半面、おおむね転入者が転出者を上回る社会増で推移しております。今回策定しました恩納村まち・ひと・しごと創生総合戦略の中でもお示ししてありますとおり、若者の支援が重要かと考えておりまして、大きな目標といたしまして、特殊出生率2.1%まで上昇していけたらという具体的な目標は大きな施策の考えとしております。それでして移住促進の積極的な取り組みは、今のところ考えてはおりません。そのため具体的な施策も示していない状況であります。以上です。



◆8番(又吉薫) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 8番、又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 先ほども子供の貧困の話がありました。これから質問をされる中にも貧困の問題が取り上げられております。この子供の貧困というのは、本当は子供だけが貧困であるはずはないと思います。家庭の貧困を子供の貧困だと言っていると思います。この家庭の貧困というのは、やはり経済的基盤が安定していないということだと思います。そこに就業の形態の問題とか、いろんなことが絡んでくるんではないかなと思います。貧困の問題は、今、福祉あたりでいろんなことをやっているんですけど、これは対処療法であって、根本的な改善というのは、またどこにあるかというものも、視点を変えて考えてもらいたいと希望します。恩納村の政策の中にそういったものを反映する恩納村であってほしいと思います。これをもって質問を終わります。



○議長(仲田豊) 

 暫時休憩いたします。



△休憩 11時05分



△再開 11時15分



○議長(仲田豊) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。



◆3番(佐渡山明) 

 議長、3番。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 時間がございませんので、私は早速質問をさせていただきます。かなり焦っておりますので、早口になるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

 それでは恩納村のホームページ、利用状況と管理状況について伺ってまいります。

 私は今回の質問を行うに当たり、資料収集を行っておりましたら、平成19年6月定例会におかれまして、村長が議員時代にホームページの利用状況について一般質問をされ、答弁は石川総務課長、現在の教育長が行っていた会議録を、かなり検索しづらい本村ホームページより見つけることができました。平成19年といいますと約9年前になります。勝手ながら9年越しの関連質問になるのかなと思っておりますが、村長には当時を思い出していただきたいと思っております。私はとちらないように頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

 今回の一般質問は、恩納村のホームページに対しまして、村民と観光客、両方の視点から質問を行う予定でしたが、持ち時間の都合上、観光客の利便性についての質問は行いませんが、若干触れさせていただきます。資料といたしまして、本村と金武町のトップページを配付いたしましたのでご覧ください。比較されて見られるとよろしいかと思います。

 本村ホームページでは、恩納村の自然環境や文化、農水産業、特産品、またホテルやゴルフ場、お土産品店、各種レジャー施設、グルメスポットなど、よく観光客が検索する紹介欄が寂しく、端的に申し上げますとつまらない、ぱっとしない、PR不足を感じております。

 一例を申し上げますと、「恩納村を楽しむ」の欄で、観光の目玉「ビーチ」について触れています。海浜公園やムーンビーチなど7つのビーチを紹介しておりますが、全てのビーチ紹介記事はたったの2行で、写真すらありません。検索された観光客にまぶしい白浜、美しい海、レジャーの楽しさを伝えることはできておりません。商工会に伺いましたら、本村には年間230万人の観光客が宿泊施設に滞在されているそうです。その滞在者が今よりもあと1,000円消費いたしますと、年間23億円、500円でも11億5,000万円のお金が恩納村で使われることで、多大な経済効果が生まれます。

 また多くの観光客は、前もって訪れる市町村のホームページにアクセスし情報収集を行います。ふるさと納税の内訳でも、沖縄県半数以上の市町村が多くの地元特産品を写真つきで紹介しております。総務省が平成27年度上半期、9月までに行ったふるさと納税に関する調査結果を公表しております。全国で一番多くふるさと納税を受けたのは宮崎県都城市が半年間で13億3,300万円、20番目でも半年間で3億8,800万円のふるさと納税がありました。

 都城市では100万円以上の納税者に対し、地元の焼酎1年分などを提供し、地元振興の貢献にも一役買っております。また全国の自治体にふるさと納税を募集する際に工夫している取り組みを聞いたところ、インターネットの活用など、広報の充実を答えております。沖縄県では平成27年12月時点で、一番多い名護市が2億5,993万円、名護市を省く県平均で1,261万円6,000円でした。本村では3月現在53件で416万4,000円、県平均の3分の1で、返礼品もたったの2種類でございます。

 沖縄タイムスが去年、「今帰仁村のふるさと納税が急増なわけ」と題し、記事を書かれておりますので、紹介いたします。今帰仁村が10月にサイトを開設したところ、2週間で950万円を集めた。1日で100件を超える応募の日もありました。村長は「金額の増加もうれしいが、村の特産品を全国に発信できるのが何よりだ。お礼品には今帰仁スイカ、泡盛など特産品を中心に75品目だが、今後は村内の観光アイテムを追加する予定だ」。また、商品を発送する商工会会長は「今帰仁の品々を見てもらえるのはうれしい。安心安全な商品を届けられるよう努めたい」と話しておりました。私は今帰仁村、大変すばらしい取り組みだと感じました。話題性もあるかと思いますが、今帰仁村の100万円以上の返礼品は食の世界遺産アグー丸ごと1頭や、リゾートホテル2泊3日ディナー、エステ付宿泊チケットなどであります。どうでしょう。230万人以上が宿泊し、他の市町村がうらやむ恩納村観光協会を立ち上げることも重要ですが、足元のすぐにできることをできていないのではないかと私は感じております。本村も観光客に対しまして、ふるさと納税の紹介欄を充実させ、恩納村の特産品を全国に紹介されてはいかがでしょうか。時間がございませんので、観光客に対しまして感じたことはこれぐらいにしておきます。

 それでは村民がアクセスしたときの不便性の質問を進めてまいります。村長が平成19年に質問なされたホームページへのアクセス件数について、総務課長の答弁は、多い月で3万件のアクセスがあり、1年間で29万件のアクセスがあった。特に観光情報に関するアクセスが多く、これからも徐々に増加していくと答えておりました。質問をいたします。平成27年アクセス数の多い月と、年間アクセス数、またアクセスが多いページ、もしくは検索が多い情報源を伺います。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 お答えいたします。現在の恩納村のホームページには、アクセス数などを確認できるシステムがございません。それで細かいデータはございませんけれども、平成21年に現在のホームページにリニューアルがされております。それ以降の閲覧件数としましては271万9,000件余りのデータが残っております。今後、ホームページのリニューアルを予定しておりますので、細かいデータが取れるように改善はしていきたいと思っております。以上です。



◆3番(佐渡山明) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 参考までに、東村が年間9万5,000件、宜野座村は160万4,856件ですが、庁舎内での例規集などへのアクセスがあり、その数もカウントされているようです。

 続きまして平成19年の質問で、このような受け答えがありました。要約しますと、「本村が使用されているホームページもいいものですが、リニューアルしていただきたい」と村長が議員時代に行った質問に対しまして、総務課長は「来年に向け、10月以降からリニューアルの作業を進めたい。関係する業者と調整にも入っている。新たなホームページを立ち上げ、村民あるいは全国から気軽にアクセスできるよう考えたい」と答弁されています。質問いたします。当時とは平成20年に当たります。予定どおりリニューアルされたのでしょうか。伺います。また現在使用されているホームページは、先ほど平成21年とおっしゃっておりましたが、具体的にどのような形でリニューアルされたのでしょうか。お聞かせください。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 お答えいたします。平成19年10月に予定どおりリニューアル作業は行われております。内容としましてレイアウト構成、それからトップページの構築、サブトップページの構築を行っております。それからその後、平成21年に再度リニューアルされておりまして、現在に至っております。そのときには多言語翻訳機能等を追加しているようでございます。以上です。



◆3番(佐渡山明) 

 議長、3番。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 村長に伺います。村長は議員時代、本村ホームページに対しましてどのように感じられ、あるいはどのような思いで一般質問をなされたのでしょうか。伺います。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 当時、私は恩納村のホームページの新たなリニューアルをしていただきたいということで提言したところであります。



◆3番(佐渡山明) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 もうちょっと具体的に答えてほしいんですけど、ちょっと残念に思います。電子機器や情報技術の発展は目覚ましく、全国全ての市町村が公式サイトを公開していると思われます。では、なぜ自治体はホームページを運営するのでしょうか。質問いたします。本村はどのような考えでホームページを作成し、公開されたのでしょうか。ホームページの開設の主たる目的を伺います。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 主たる目的についてということでお答えいたします。目的は、情報提供による住民サービスの向上、それから広報活動としての活用、それから村外、県外の方に対しての恩納村の魅力、特産品、観光等の情報発信が主たる目的と思っております。以上です。



◆3番(佐渡山明) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 ところで、本村のホームページには当然開設の原資は税金でございます。ですから、私が考えますホームページの使用目的も、今、課長が述べられたこととほぼ同じですが、読み上げてみたいと思います。村民の生活利便性を図るため、情報提供による住民サービスの向上と、恩納村の望ましいイメージ、施策や事業内容、また広報活動をタイムリーに掲載する場所の活用ツールではないかと私は考えております。

 それでは恩納村ホームページの管理について伺います。ホームページの管理マニュアルはございますか。記事掲載手順及び記事の削除の手順を伺います。また定期的な更新日を設けているのか、答弁を求めます。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 お答えいたします。現在、ホームページの管理マニュアルというものはございません。記事の掲載ページについてですけれども、各課において課長の決裁を受けまして、総務課のシステム担当職員がホームページに掲載する手順となっております。削除の手順につきましても、掲載依頼担当課から削除の依頼がございましたら削除するという手順になっております。それから定期的な更新日は設けておりません。以上です。



◆3番(佐渡山明) 

 議長、3番。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 では、具体的に本村ホームページにはどのような記事があるのでしょうか。北部町村と比較してみました。ちょっと耳の痛い話に、細かい話になるかと思いますが、村民への行政サービス、利便性の向上を思って質問いたしますので、よろしくお願いいたします。まず恩納村を省く北部10町村にはお知らせと新着記事案内には掲載日の日付があり、最新情報であるのかひと目でわかる仕組みになっています。一方、恩納村のトピックス欄にありますお知らせ記事には日付がないため、最新版なのか判断しづらく不便性を感じました。また、恩納村を知る施政方針を開きますと、出てきたのは4年前の志喜屋文康前村長の施政方針です。多くの村民が長浜村長が思いを述べられた昨年の施政方針をホームページ上から探し出して読むことができないと思われます。村長に伺います。本村ホームページの施政方針はいまだに4年前の施政方針でございます。村長はどのように感じられますか。答弁を求めます。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 ちょっと村長の施政方針についてだけは私のほうで答えたいと思います。確かにホームページ、トップページにある施政方針の中では平成24年になっておりますけれども、村の広報紙は毎月掲載しておりますので、その中で施政方針は掲載されております。以上です。



◆3番(佐渡山明) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 確かに課長が述べられたとおり、広報おんなに載っております。ですが、この広報おんなを探し当てることは、ほとんどの村民はできないと思います。ホームページにアクセスし、最短でも6回ぐらいの操作を繰り返さないとその場に行きつくことはできません。もしよろしければ、村長はどのように感じられますか。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 そういった部分は、やはり私も早目に訂正して直していきたいなと考えております。



◆3番(佐渡山明) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 そのほかにも「目的で探す」の欄にあります「恩納村のあゆみ」です。この欄は恩納村の歴史を年表で紹介されております。私、好きな記事でして、よく読ませていただいております。1673年、金武間切から4村、読谷山間切から8村を分け恩納間切ができ上がり、現在に至るまで細かく紹介されております。他市町村にはなかなかない取り組みで、うれしく思っております。ですが、平成17年9月2日を最後に書き込みが更新されておりません。また、各課の一覧では、昨年4月23日に開館された情報文化センターの情報と電話番号はいまだに記載されておりません。そのほかにも間違った情報もあります。「恩納村を楽しむ」の欄では次のように紹介しております。イベントとしてビーチバレー、ビーチサッカー、白く長い砂浜を利用し、国内でも最大規模のビーチサッカーin沖縄などが開催され、また12月になると恩納村の産業まつりがコミュニティー広場を会場に開かれます。と紹介しています。ビーチバレー、国内でも最大規模のビーチサッカー大会は、平成17年から開催されていないと思います。12月になると産業まつり、コミュニティー広場を会場にとありますが、去った産業まつりは昨年もふれあい体験学習センターが会場でした。ことしは12月ではなく2月の開催でした。また細かく言いますと、防災マップにも若干間違いがございます。あえて申し上げますと、このようなお知らせは情報ではなく、誤報になるのではないでしょうか。

 先ほどもご答弁いただきましたホームページの開設の主要目的、課長が答弁されました。どの項目にも合致しないと私は感じました。質問いたします。平成19年6月定例会で、当時の総務課長は新たなホームページをどのように立ち上げていくか、真剣に、また村民、全国から気軽にアクセスできるようなホームページの立ち上げにはどうすればいいのかも考えていきたいと答弁されておりますが、現在のホームページは当時答弁なされた内容に対しまして、改善されていないのではないかと私は考えておりますが、いかがお考えでしょうか。伺います。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 お答えいたします。平成19年のリニューアルの更新時における使い勝手をよくするためにレイアウトの改善を行ったと思っております。現在はともかくとして、当時は合致していたのではないかと考えております。ご指摘のありました更新されていない行事等については、早急に対応してまいりたいと思います。以上です。



◆3番(佐渡山明) 

 はい、議長。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 それでは日常生活で村民がホームページに求めることを掘り下げて考えてみます。多くの行政サービスは手続を必要とするため、村民は各種の申請書を各課窓口に提出いたします。そこで調べてみましたら、申請書様式をホームページから受け取ることができないのは北部9市町村の中で恩納村だけでした。役場1階窓口の戸籍や年金、生活環境に関すること、税に関すること全般の手続、福祉・健康に関することなどなど思いつくものだけでもかなりの数に上ります。これらの手続情報はホームページにアクセスされた村民、それぞれが必要としていますので、全ての情報を掲載することが重要で、確実にその情報を取得できるようにしなければならないと私は考えております。そのことは庁舎内全ての課におかれましても同様であります。

 質問いたします。村民が申請書様式をホームページから受け取ることが可能な行政サービス、先ほど改装されると言っていましたが、ぜひ早目に進めるべきではないかと思っておりますが、いかがお考えでしょうか。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 お答えいたします。議員ご指摘のとおり、現在の恩納村のホームページからは税務課の一部の様式のみでございます。取れるのは。これにつきましても平成28年に大幅にリニューアルを予定しておりますので、その際に対応していきたいと考えております。以上です。



◆3番(佐渡山明) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 細かいことを続けます。続きまして例規集について伺います。自治体における条例や規則等をまとめたものを例規集といいますが、近年はデータベース化してウエブページ上でほとんどの自治体が公開しております。そのことについても北部9市町村の状況を調べてみました。すると、例規集が公開されていない自治体は本村と東村だけでございます。東村に問い合わせましたら、なるべく早目にホームページで公開したいと話されておりました。さて、本村におかれましては例規集の公開もいつごろに行う予定でしょうか。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 お答えいたします。本村の例規集のホームページへの公開についてですけれども、以前から早期に公開する方向で作業を進めておりますけれども、近年ですね、マイナンバー法の改正、それから子育て関連法、それから行政不服審査法等の改正がございまして、それに伴って村の条例も多数の改正がございました。この条例が終わってから、この条例が終わってからということで、公開できないで今まで来ております。どの辺で区切りをつけるかということを今考えておりますけれども、年度早々には、新年度早々には公開する予定で進めております。以上です。



◆3番(佐渡山明) 

 議長、3番。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 お隣、宜野座村のホームページでアクセス数が多いお知らせを調べてみました。1番目は宜野座村の最新お知らせ記事で、2番目に例規集と各種窓口申請書でした。3番目に議会と納税関係、2番目は例規集も入っております。どの項目も村民の日常に直結することでして、当然予想される結果でございます。私、本日の一般質問、恩納村のホームページのあり方に対しまして、細かいことをいろいろ申し上げ、伺ってまいりました。私が感じたことですが、本村のホームページはかなり古い仕様のシステムを使い続けており、管理する上でも扱いづらく、機能的にも更新しづらい状況と推測いたします。本村のホームページの問題点、取り扱う人の問題ではなく、システムや機能、または管理手順に問題があるのではと私は思っております。ぜひホームページを一新することで管理がたやすくなり、多忙な職員の業務負担を軽減することができ、また村民に対しまして伝わりやすいホームページができ上がるのではないかと考えております。IT技術の進歩は目覚ましく、高機能で便利なシステムに組みかえることと、アイデア次第ではすばらしいホームページができ上がり、よりよい行政サービスが提供できるのではないかと考えております。

 早口でしゃべりましたので、ちょっと時間的に余裕があります。私、本日、一般質問の冒頭、議員時代に長浜村長が質問なされたことの関連質問と申し上げましたが、村長に対しましてご迷惑でしたら訂正し、おわび申し上げます。

 村長に伺います。私は住民サービスの向上のため、多忙な職員の業務負担を軽減するため、訪れる観光客にも恩納村の魅力が発信でき、地元産業にも貢献する活力ある村づくりの一端を担う本村のホームページを求めます。よって、全てをゼロベースから、一からつくり上げていただくことを提案いたします。村長はどのようにお考えでしょうか。ご答弁を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えします。私も就任当時から、当初からリニューアルの必要性を強く感じておりました。やっぱりいつもホームページというのは、いつでも更新できて、発信できることがいいところでありますので、そのようなことができないかということでいつも考えておりました。それで平成28年度、一括交付金を活用しまして、本年度、新たなホームページを作成してまいります。それによって議員からご指摘のあります、ご指摘または御提案を参考にしながら、また、先ほど言いましたふるさと納税のPR、また恩納村の特産品、また観光地の紹介なども含めて、新たなホームページづくりを策定していこうと考えております。以上です。



◆3番(佐渡山明) 

 議長、3番。



○議長(仲田豊) 

 3番、佐渡山明君。



◆3番(佐渡山明) 

 行政のホームページですが、この地域では明らかに断トツのアクセス件数が全ての市町村でございます。ですから、ホームページは地域産業の牽引にも大きく影響し、多大な効果を発揮いたします。執行部の皆様、ぜひ一日も早く本村のすばらしい、本村のホームページを一新し、村民サービスに努められ、観光客にも恩納村のすばらしさを発信していただきたいと思います。そうなることで、本村のふるさと納税におかれましても全国ランキング20位、年間7億7,600万円を目指していきたいなと私は本気で考えております。観光客が年間230万人、1日当たり6,000人が宿泊される本村には、ふるさと納税ランキング全国20位を超えるよう目指せる可能性、そのようなよその地域がうらやむ環境がございます。目標を高く掲げることで、返礼品として扱う本村特産品も1億円産業になることも夢ではございません。そうなることで自主財源も増えることから、村民福祉や生活困窮者対策、子育て支援等にも活用できると私は考えております。ぜひ新年度には観光立村にふさわしいホームページができ上がることをご期待いたしまして、私の質問を終わる前に冒頭で時間がございませんのでと言いましたが、まだまだ若干ございますので、ちょっと続けます。

 この3月で退職なされます3名の課長、2名の参事におかれましては、今後のご健康と笑顔が絶えない、退職後のすばらしい生活、またすばらしい余暇を過ごしていただきたいと考えております。また今回、私は一般質問5回目でしょうか。その中で特に墓地問題、あと総務課長、それと建設課長には大変質問を集中いたしまして、それなりに答弁をいただきまして、大変参考になりました。大変ありがとうございました。以上で終わります。



◆11番(糸数昭) 

 議長、11番。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 大変お疲れでありますけど、午前中の質問をやりたいと思います。まず質問に入る前に総務課長、そして建設課長、村民課長、大変ご苦労さまでした。

 それでは早速通告のとおり、施政方針の中から質問をしていきたいと思います。まず初めに、国指定の山田グスク城跡の取り組みについてを一応質問したいと思います。山田グスクは平成20年度に国指定の史跡になりました。その後、平成21年度から文化庁の国庫補助事業として、保存管理計画書も作成され、平成24年度からグスクの基本構想及び基本計画策定に取り組み中ということでした。それで指定区域の買い上げや賃貸契約はどうなっているかと以前質問をしました。そうしたら、その中でまだ指定区域の90%の土地買収がされてなく、また地権者との話し合いもされていない状態ということでありますが、その後、どのような取り組み状況なのか伺います。また土地の折衝係も置くと聞きましたが、今後、担当者を置くのかどうか。伺います。



○議長(仲田豊) 

 社会教育課長、金城徳夫君。



◎社会教育課長(金城徳夫) 

 お答えします。山田グスクについては、文化庁と沖縄県と調整しながら事業を実施していますが、公有化交渉には進んでいないのが現状です。公有化しないと整備基本計画も策定できず、また調査整備にも影響が出ることから、平成28年度から職員上げて取り組んでいきたいと思います。交渉係を置くことも考えていますが、まずは現体制でできることから取り組んでいきたいと思います。



◆11番(糸数昭) 

 議長、11番。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 課長は今、これからやっていくということでありますけど、もうその地権者もほとんど年寄りとかそういうのになって、なかなかどこにいるかという方もおりますので、ぜひその辺を早目に用地買収とか、そういうのをやってもらいたいと思います。また今後、山田城跡の保存、管理、これに関しては村民協働による管理体制が不可欠と思います。ぜひ村民、また山田区の皆さん等々ですね、報告、連絡、そして相談をしながら、ぜひ進めていってもらいたいと思っております。

 それでは2番目の地域の文化財の村指定や伝統芸能等の継承、それと村文化協会の活動の支援などにより、村民の文化活動の推進並びに文化財への理解と保護思想の普及を図っていきますとありますが、地域の文化財、伝統芸能を掘り起こし、継承、そして活動等はどのように行っているか。また、村文化協会とはどのような協議体制をとっているのか伺います。



◎社会教育課長(金城徳夫) 

 はい、議長。



○議長(仲田豊) 

 社会教育課長、金城徳夫君。



◎社会教育課長(金城徳夫) 

 文化財につきましては、登録有形文化財に旧國場家住宅母屋を平成27年8月4日付で登録し、9月30日に琉球村にてプレートの伝達式を行いました。そして現在、地域の文化財より字恩納の神アサギ、恩納村の印部石(しるべいし)、恩納の間切りの古い地図、南恩納のガンの4件を村指定文化財候補として、現在、恩納村文化審議協会へ諮問しています。そして審議を重ねて、平成28年度には多分登録可能だと思います。それと伝統芸能については一般財団法人地域創造の助成により、名嘉真区の豊年祭について映像、DVDによる記録保存を平成27年度にやっています。それと豊年祭に関する行事の記録については、仲泊、冨着、谷茶、恩納、名嘉真において継承されているウシデークについて記録、保存しています。恩納村文化協会については、現在14部会、会員数179名の皆さんが文化祭、文化展、琉歌大賞、しまくとぅば語やびら大会、村行事の新年祝賀会、それとイベント等の参加で芸術文化の創造、普及発展と伝統芸能の継承発展に努めています。それと平成28年4月より事務局を社会教育課に置き、文化係で博物館に賃金職員を配置し、文化係とともに支援を行ってまいります。以上です。



◆11番(糸数昭) 

 はい、議長。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 今、課長が言われたことは、ぜひ頑張ってもらいたいと思います。そして今度の4月からNPO法人ですか、そこから事務局が社会教育課に変わるということですので、ぜひその辺も皆さんだけでは多分難しいと思いますので、ぜひ文化協会と共同で進めていければなと思っていますので、ぜひ頑張ってもらいたいと思います。

 それでは次です。2番目の水産振興についてお伺いします。施政方針の中から里海づくりの推進協議会の意見をもとに海域の利用に関するルールづくりや海域の環境保全に努めるとありますが、海域の利用はどのようなルールづくりを考えているのか伺います。また、海洋レジャールールも必要と思いますが、それはどういうふうな考えをなされているのか、ちょっとお聞きします。



○議長(仲田豊) 

 農林水産課長、佐渡山安正君。



◎農林水産課長(佐渡山安正) 

 お答えいたします。まず基本的には、今月末に報告されます里海づくり推進協議会のご報告をもって海域に関するルールづくりは進めてまいりたいと思っております。あと平成17年度に策定されております恩納村沿岸域の利用保全ルールというものがございまして、これらをもとにさらに拡充整備するとともに、里海づくり推進協議会の報告に基づいて新たなルールを策定して、海域の環境保全に努めてまいりたいと思っております。

 あともう1点、海洋レジャーのルールも必要と思いますかというご質問だったと思うんですけども、やはりこれにつきましては恩納村の海域というのは漁業も営まれておりますし、それに加えて観光漁業であったり、ダイビングやシーカヤック、いろんな海洋レジャーが混在している状況がございますので、やはりそこら辺は海洋レジャーを楽しむ、要するに安全に楽しむことのできるような形でルールづくりについては進めてまいりたいなと考えているところです。以上です。



◆11番(糸数昭) 

 議長、11番。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 課長、海洋レジャーのルールも必要と思います。まずそれを提案したかと言いますと、現在恩納村の漁業組合の組合員がサンゴを植え、元の美しい海にしたいと活動をしている中、ダイビング業者はですね海が荒れて遊泳禁止が発令されているのに、それを無視し、波の緩やかなイノーに連れて行きシュノーケリングをさせているという状態です。それによりイノーのサンゴが今破壊されている状態なんです。そこで遊泳禁止が発令されたら海に入れないルールや対策等、もうこれは必要だと思いますので、ぜひその辺も今度のルールづくりの中に入れてもらえるようお願いしたいんですが、どうですか、課長。



○議長(仲田豊) 

 農林水産課長、佐渡山安正君。



◎農林水産課長(佐渡山安正) 

 お答えいたします。糸数議員からのご指摘の部分なんですけども、これについては協議会の中でも話し合いが行われてまいりました。ということで、やはりこれからはホテル関係者や恩納村ダイビング協会、その他関係団体との意見も参考にしながら、新たなルールをつくる必要があると認識しているところでございますので、今のご提言も踏まえて、ここら辺は新しいルールにできるような形で取り組んでまいりたいと思います。以上です。



◆11番(糸数昭) 

 11番。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 課長、ぜひよろしくお願いします。

 それではですね…。



○議長(仲田豊) 

 暫時休憩いたします。



△休憩 11時55分



△再開 14時00分



○議長(仲田豊) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 順次発言を許します。



◆11番(糸数昭) 

 議長、11番。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 午前中に引き続き質問します。それでは3番から行きます。3番の道路の整備及び維持管理の充実についてであります。施政方針の中、安全で快適な交通環境にするため、村道を万全な対策で維持管理に努めてまいりますとありますが、現在、山田の寺原線は安全で快適な環境になっているか。また万全な対策で維持されているのか伺います。



◎建設課長(比嘉正彦) 

 はい、議長。



○議長(仲田豊) 

 建設課長、比嘉正彦君。



◎建設課長(比嘉正彦) 

 お答えします。村道寺原線は山田公民館付近を起点にして、国道58号を交差しましてから採石場付近までの約1.2キロメートルが村道寺原線の全長になっております。集落側については、昭和54年に認定をされておりまして、それから国道58号から山手側は昭和57年に農道から村道に認定されております。山側の村道については、農道のときからトラックの往来があり、現在に至っております。それで山側の村道の使用に関しては、定期的に沖縄総合事務局のほうから特殊車両運搬許可協議については、常に条件を添えてから回答を行っております。以上です。



◆11番(糸数昭) 

 議長、11番。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 課長も一応わかっていると思うんですけど、この村道は採石場がありまして、その営業運転開始から毎日トラックやシャボ等の大型機器が頻繁に往来し、道は本当にでこぼこです。そして砂煙、ほこり、トラックの騒音、また住民が畑に行くのにもトラックの通行に注意しながら行かなきゃいけない状態にあります。そして住民は、そういうことで大変困っているわけであります。そこで皆さん、さっき課長のほうは総合事務局と言いましたけど、恩納村とまた字、業者と覚書もやっておりますので、そのほうも見直して、ぜひこちらですね、皆さん、この方針にうたっているとおりやってもらいたいと思うんですが、どうですか、課長。



○議長(仲田豊) 

 建設課長、比嘉正彦君。



◎建設課長(比嘉正彦) 

 山側の村道については、安全策としましては砕石場さんもですね、トラック運転手にチラシを配って、徐行運転を呼びかけている状況であります。それと村からの指導としましては、毎年度草刈り、あと清掃など、村道の補修、修繕を年度末に報告するように義務づけております。以上です。



◆11番(糸数昭) 

 はい、11番。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 今、課長が言われた、お願いをしていると思うんですけど、まだまだこれでは不十分だと思いますので、ぜひですね、パトロールの強化とか、そういうのもやっていただき、これを実現してもらいたいと思います。

 それでは4番に移って行きたいと思います。緑地・公園の整備についてでありますけど、施政方針の中では、村内の各区は運動広場の整備はされているが、児童生徒が気軽に利用できる遊具等の整備が十分でない。また今後は地域に合わせた整備を検討していきますと、どのような遊具を考えているのかお伺いしたいと思います。課長、お願いします。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。児童生徒が気軽に利用できる遊具の整備につきましては、各字、各集落の運動場の広場や区有地など、地域によって設置できる面積などが異なり、各区との調整が必要になってくるかと考えます。整備をするに当たりましては、補助メニューとして、今のところ沖縄振興特別推進交付金、いわゆる一括交付金を活用して事業化ができればと考えているところですので、庁内関係課と議論、検討していければと考えております。以上です。



◆11番(糸数昭) 

 議長、11番。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 課長、その遊具のほうはぜひやるんであれば、各区の区長さん、住民と相談しながら、住民の必要な、ニーズに合った遊具を選んで設置してもらえればありがたいなと思っております。

 2番目に、山田はパンダ公園はあるんですけど、小さくて老人会がゲートボールをやると、子供が遊ぶところがなくて大変困っています。そこで去年の行政懇談会でも地域のほうからそういう多目的広場をつくってくれとありました。それもお願いもされております。それで今ですね、字のほうでは基本構想で多目的広場をつくろうと計画していますが、どうしても行政の支援や力添えがなければ多目的広場はできませんので、ご協力をお願いしたいと思いますが、村としてどのような支援が可能か、ちょっとお伺いしたいと思います。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。今回の事業を進めていく上で、事業予定地権者の合意形成が重要なことだと思います。それからしますと、また区の協力も頑張っていただきながら、地権者の合意形成後、村といたしましては国道、また村事業等からの発生残土の活用をして、関係機関と随時調整していければと考えているところです。以上です。



◆11番(糸数昭) 

 議長、11番。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 山田のほうも早目に多目的広場の作成委員を区長にお願いしまして、早目にその対応をやっていきたいと思いますので、行政のほうもご協力お願いします。

 それでは5番目の行財政改革の充実について質問をしたいと思います。地方創生を初めとするさまざまな地方分権の取り組みがされ、それに伴い高度化、多様化する村民のニーズに対応するため、自治体職員の村行政運営に当たる職員の資質向上及び公務能率のアップと自己啓発が求められ、職員研修を充実し、人材育成に取り組みますとありますが、職員研修は自治体が行う研修が主なのか、また民間の研修も考えているのか。職員の交流、県外・県内または管理職の研修の計画はあるのか。お伺いします。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 お答えいたします。職員の研修への派遣についてでございますけれども、自治研修所の実施する地方分権時代を担う人材育成研修、これには階層別研修と特別研修がございますけれども、それに職員を派遣することにしております。それから他団体への職員の相互交流についてですけれども、友好都市である北海道の石狩市、そこと派遣交流事業を平成29年度以降を考えております。それから平成26年、27年に2年続けて県に職員を派遣しておりましたけれども、ことしは中学校統合でちょっと職員の増員がございました関係で、平成28年度は断念しておりますけれども、平成29年以降、また再度派遣を検討していきたいと考えております。それから管理職の資質向上についてですけれども、村の行政サービスをより充実したものにするためには、特に重要なものだと認識はしております。ことし4月から本村においても人事評価制度が実施されますので、職員の個々のやる気、あるいは能力を伸ばし、組織をより一層活性化していくためにも必要だと考えております。9月には上半期の人事評価も終わります。その中で課題も見えてくると考えておりますので、その際に必要であれば民間の研修についても予算化して実施していきたいと考えております。以上です。



◆11番(糸数昭) 

 議長、11番。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 今、課長のほうからありましたけど、やはりこれからの村民のニーズに合った、いろんな職員の資質向上が必要だと思いますので、ぜひですね、この辺は一時集団とかそういうのじゃなくて、継続的に職員の研修もやって、管理職もやって、資質向上を図ってもらいたいと思います。それでさっき民間の研修なんかも一応やる、考えていくということですけど、それではちょっと一つだけですけど、民間には製品の品質を一定のものに安定させる、かつ向上させるためのさまざまな品質管理を行うQC仕様というのがあります。また工業、農業産品の規格、標準化を目指す目的とする国際基準のISO等があります。そのようなものも取り入れて、職員の資質向上を図ってほしいと思いますが、副村長のほうはその辺も入れていく考えはあるか、お聞きしたいと思います。



◎副村長(外間毅) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 副村長、外間毅君。



◎副村長(外間毅) 

 糸数議員の質問にお答えいたします。急にでありますので。職員の研修については、私どもとしても大変重要な研修ができればということで、職員の資質の向上や能率アップ、それと同時に自己啓発を求める中、職員の研修については沖縄県の自治研修所、並びにまた先ほどおっしゃったような形で民間活力を利用した教育振興会等も含めて活用して、一層のそういう職員の意識改革を取り組んでいきたいということで考えております。以上です。



◆11番(糸数昭) 

 議長、11番。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 副村長、突飛な答弁をお願いしまして大変ありがとうございます。今言われたように、この自治研修所もいいんですけど、民間のやつも結構いろいろ、いいのがいっぱいありますので、ぜひこれを取り入れて資質向上を図ってもらいたいと思います。

 最後に村長にお伺いします。これまで施政方針の中からいろいろと質問をしてきましたが、これに対してどのように今後取り組んでいくかどうか。村長のほうにお伺いします。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 今年度から人事評価も導入されてまいります。その中で私も、やはり職員のおのおののやる気、また能力を伸ばしていければと思っております。9月ごろにはこの人事評価制度の課題とかも見えてくるだろうと思いますので、場合によってはまた民間の知識、また経験も取り入れながら、また研修を実施していければと考えております。以上です。



◆11番(糸数昭) 

 11番。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 村長、どうもありがとうございます。村長、これは今この行政改革についての答弁でありますけど、僕がもう一つ聞きたいのは、この1から5までやっておりましたけど、村長がこれからその施政方針の中でやっていくとうたっているんですけど、それに対する今後は村長の考えでどのように取り組んでいくのかを、もう一度お答えください。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 朝の冒頭で述べましたとおり、今後、地方創生、まち・ひと・しごとが特に重要な部分になってくるだろうと思っております。今回、糸数議員が1から5番まで質問をしましたが、これも本当にこの地方創生に合致した事柄だろうと思っておりますので、そういったところを含めて地方創生を強力に推進してまいりたいと思っております。以上です。



◆11番(糸数昭) 

 議長、11番。



○議長(仲田豊) 

 11番、糸数昭君。



◆11番(糸数昭) 

 村長、今の施政方針もありますので、ぜひ職員の先頭に立って報告、連絡、相談を行いながら、PDCAのサイクルを回して頑張っていってほしいと思います。これで私の質問を終わりたいと思います。



◆16番(山城良一) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 それでは4点質問したいと思います。まず1点目です。自治会への所得割の村民税の減免について伺います。

 平成27年12月定例会において、議案第61号、税条例の一部が改正されました。第51条(6)が特定非営利活動促進法(平成10年法律第7号第2項)に規定する法人で、収益事業を行わない特定非営利活動法人に対する法人村民税の均等割、(7)前各号に定めるもののほか、村長において特別な事由があると認めたものと改正され、可決されました。そこで15字の均等割の減免については納得しましたが、前兼久自治会においては、既に皆さん、この資料を見ていると思うんですが、過去5年間の法人税の支払額が国税、県税、遅延税、加算税を含め1,942万100円、村民税152万300円が昨年の12月に支払われております。

 課税の主な対象となったのが、収入は国際ゴルフの貸地料、村からの事務委託料が収益事業として全額課税対象となりました。国際ゴルフの土地については、私の調査したところ、区にはメー組、クシ組というのがありまして、クシ組が所有していた土地を区に寄贈し、ゴルフ場として開発された。過去に総会においても、貸地料を区民で分けたらという意見もありましたが、先代が築き上げた財産を分け合うということはできないということで積み立てをし、村民の福祉向上、子供たちの育成と住民の理解や協力があったからこそ、現在建設中であります交流施設の負担金約1億円など、これからも交流施設を活用した地域の特性を生かした事業が期待されるところであります。

 そこで前兼久だけではなくて、参考に瀬良垣財産区でも国税が463万2,500円、県税が184万9,200円、村税が64万8,400円、合計で713万100円が納付されております。安富祖区が国税93万700円、県税43万2,800円、村税39万6,800円、合計176万300円が納付され、住民の窓口である自治会であります、それを支える地方自治体でありますので、課長、村長のご配慮とご理解を求め、質問をしたいと思います。まず税務課長にお伺いします。各自治会はどういった法人に該当するのか伺います。



◎税務課長(長浜健一) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 税務課長、長浜健一君。



◎税務課長(長浜健一) 

 山城議員の質問にお答えします。各自治会はどういった法人かということなんですが、法人は民法の規定で成立されますので、各自治会は法人格を持たない権利能力なき社団と呼びます。税法上では、この権利能力なき社団に相当する用語として、人格のない社団と呼びます。よって、自治会は人格のない社団とみなします。以上です。



◆16番(山城良一) 

 議長、16番。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 ただいま課長のほうが、国税の調査によりこれはみなし法人、営利を目的とする法人ということで課税されました。

 それでは2番目に村長に伺います。これまで納付した村民税の還付はできないか。またできないとするなら、その理由は何か伺います。



◎税務課長(長浜健一) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 税務課長、長浜健一君。



◎税務課長(長浜健一) 

 お答えします。村民税の還付につきましては、過誤納金が発生した場合に条例において還付いたしております。以上です。



◆16番(山城良一) 

 議長、16番。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 税法上はそうであるんですが、先ほども申し上げました。これまで自治会というのは各課によって、課長の取り方によっては、非営利法人だということも伺っているんですが、それで村長のほうにお聞きしているんです。なぜかといえば、税の徴収は税務課の義務とは思うんですが、そこでこの村民税の還付は村長の先ほど申し上げました、(7)の村長において特別事由があると認めるときは認めるほかと改正されたと申し上げたんですが、その件で村長に伺ってるわけなんですが、どうですか、村長。できないならできないでよろしいです。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えします。平成22年7月1日以降開始した事業年度分の均等割として支払われた金額については還付していきたいと考えております。以上です。



◆16番(山城良一) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 私は均等割は聞いておりません。均等割は先ほども申し上げました。均等割については15字5万円を免除するということで、それで去年の12月の定例会にそれが上程され、可決されたことを先ほど申し上げました。なぜこのようなことをお伺いするかと言えば、一地域でもちろん資産があってのことだと思うんですが、皆さんは自治会を支える自治体でありながら、横の連携、縦の連携、本当のこの件が出たときに親身になって取り上げたのかどうか、私は再度、これは聞きたくもないんですが、そういうことであれば今後もこのような事案が発生したら減免とかそういう措置はできないのか、再度村長に伺います。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 市町村の村民税の減免については、天災、その他特別の事情がある場合において市町村民税の減免を必要とすると認める者。貧困に陥り、生活のため公私の扶助を受ける者となっております。以上です。



◆16番(山城良一) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 私がお願いしているのはそこじゃないんですね。じゃあ、いいです。飛ばしておきます。

 それでは総務課長のほうにお伺いします。この申請の関係で国税の申告で税理士を雇うはめになりました。これは各字15集落、税理士を雇うことの手数料も大であります。ちなみに前兼久は年間15万円であります。私の調査によると今から税理士を頼むんだと。ある自治会長は税務署に行ったら断られたと、税理士にそういった手続をさせないと受け付けしませんというお話も聞いたんですが、そこは今後どのような対処をするのか知りませんが、こういった税理士への手数料も、手続も考え、行政としてこういった指導はできないのか、総務課長に伺います。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 詳細はわかりませんので、ちょっと詳細を把握してから答えようと思っていたんですけれども、これについて各自治会で税理士を雇う必要があるのかどうか、ちょっとこちらのほうでわかりませんので、各字のほうでどの程度の字が税理士を雇っているのか、それともどの程度の収益事業の収入があるのか、それとどの程度の納税があるのか、その辺を調査した上で検討していきたいと考えております。こちらの判断としては、区長事務委託料だけで税理士を雇う必要があるのかどうかはちょっと疑問に思っております。以上です。



◆16番(山城良一) 

 はい。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 総務課長、既に区長事務委託料も答弁なさったのかどうか知りませんが、まずここのほうに試算表があるんですが、税金の。自治会への事務委託料が全額、これは課税対象になっています。皆さんは今から区長会等を検討するかどうか知りませんが、節税の観点からもこの事務委託料の要綱を変更して支払うような形はできませんか。再度、総務課長に伺います。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 お答えいたします。この件については、平成26年5月に区長常会のほうに名護税務署から職員がまいりまして、区長事務委託料については収益事業に当たりますということで、法人税の課税対象になりますので申告してくださいということの説明がございました。それに基づいて各字では申告をしていると思います。そのときにいろいろ、その他にも収益があるということで、わかっている、税務署のほうが把握したと思っていますけれども、私もその後にすぐ税務署まで出向きまして、今おっしゃっていたように項目変更で何とかならないかということで税務署にも相談しましたけれども、その事務委託の内容、それについては変化がございませんので、解決策にはなりませんという回答をいただきました。以上です。



◆16番(山城良一) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 ものの考えの違いでしょうね。皆さんが事務委託料を各自治会へ交付しながら、わざわざ税金のかかるようなことで交付して、自分たちで交付していながら税金を徴収する。全自治会がそれに該当する、しないが問題じゃない。私は項目を変更すれば税対象外になる可能性もあると言っているんです。それを検討する余地もないのか、再度、総務課長に聞きます。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 先ほども申し上げましたけれども、項目の変更については税務署のほうには確認はしてございます。それを覆すほどの材料を村として持ち合わせておりませんので、村としてはそれ以上の対応はできないと思っております。以上です。



◆16番(山城良一) 

 議長、16番。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 それはものの考えが違うかもしれませんが、私は重要だと思いますね。皆さんは分収金をいただいているのは税金の対象外なんですが、こうして自治会に交付する自治会の事務委託金、私は税務署に相談するよりは、ある程度顧問弁護士でもよろしいですから相談しながらやったほうがいいんじゃないかなということを申し上げたい旨の質問であります。

 それでは2件目に移ります。恩納村環境整備事業補助金交付規程について伺います。環境整備事業を行う団体(ただし、法人は営利を目的とする団体は除く)の事業に要する経費に対し、工事の10分の7以内で補助金を交付することがある。負担率が高いということで、工事費の規模が、工事費の負担が工面できない自治会もあります。近年、各字でのり面の崩落等が発生し、放置状態になっている。財政的に力がある集落は単独でも工事はできます。脆弱な自治会を手助けする観点から、次の点について伺います。まず建設課長に、村の事業費の負担増はできないか伺います。



○議長(仲田豊) 

 建設課長、比嘉正彦君。



◎建設課長(比嘉正彦) 

 お答えします。今の件は環境整備事業補助金の負担割合のことだと承知しています。これはですね、先ほど議員がおっしゃったとおり、現在、各字共通に70%以内ということで、今交付させてもらっています。それで今年は新年度事業として、今年度に比べて今回300万円の増で計上していまして、増額の要因としては、昨年実施した地域行政懇談会において要望事項があったものですから、その辺が要因じゃないかということで思っております。それで今の村の分を負担増できないかという話ですけど、これはまた今後、区長会とも相談しながら検討していきたいと思っております。以上です。



◆16番(山城良一) 

 議長、16番。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 それでは担当課長に伺います。先ほど税務課長はみなし法人で営利法人だと申し上げたんですが、建設課長はこの営利を目的とする団体に属すると先ほど答弁があったんですが、補助金規程に抵触するのではないか、答弁できますか。ここに交付規程の要項があるんですが、先ほども申し上げました。法人または営利を目的とする団体は除くとうたってあるのに、ここではそれは該当しませんというのはどういう意味ですか。答えられますか。



◎建設課長(比嘉正彦) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 建設課長、比嘉正彦君。



◎建設課長(比嘉正彦) 

 お答えします。今の議員からの質問は、補助金規程のあの1条の文言だと承知していますけど、これについて今、税法上の見解と若干ずれがありますので、これはまた内部で調整して、今後検討していきたいと思っています。以上です。



◆16番(山城良一) 

 議長、16番。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 決していじめていませんよ。周囲から聞こえるんですが。先ほど申し上げました横の連携、縦の連携がなぜとれないんですかと。私は議員しているからチェックをするほうなんだ。今定例会中、予算審議も行われている最中ではあるんですが、皆さん、先ほどの整合性がないというのは、税金を取るときはこれはみなし法人、営利団体ですよと言いながら、交付する規程によれば、一部を取ってここを直していないという整合性が認められないものですから、この2件は継続というか、つながりがあるということで私は質問をしているんです。ということで理解してもらいたいなと。区長会から要請がある、いろんなものもあると思うんですが、議会というのはチェックの機能を活かさんといけないものですから申し上げているわけであります。

 それではあと2つは簡単に行きます。爬竜船倉庫の管理について、教育委員会のほうに伺います。前兼久に設置されている爬竜船倉庫の修繕費は、どこが負担するのか伺います。



○議長(仲田豊) 

 社会教育課長、金城徳夫君。



◎社会教育課長(金城徳夫) 

 お答えします。爬竜船倉庫については、平成8年に倉庫の設置及び管理に関する条例を設置して倉庫は完成しました。そのときは指定管理の指定は行っていません。倉庫ができて20年がたちますが、過去にもシャッターとか中のワイヤーの修理においては、地元のほうで負担して直しています。今回の場合、設置条例により修繕費をどこが負担すべきかにつきましては、村負担になります。今後、前兼久とも協議をして検討したいと思います。また平成28年、ことし4月に完成する前兼久交流施設公民館と爬竜船倉庫については、指定管理の協定を結びたいと思っております。以上です。



◆16番(山城良一) 

 議長、16番。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 次のことまで考えていたのですが、答弁をもらいましたので質問はいたしません。

 それでは4点目に再編交付金について伺います。平成28年度で交付金の期限が終了いたします。昨年の3月にも一般質問したんですが、村長は昨年6月の定例会の行政報告での質疑に対し、防衛省としても拡充して、継続して前向きな返答をいただきましたとの答弁がありましたが、今後の要請行動はいつごろなされるのか、また再編交付金は確実に更新されるのかお伺いします。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。再編交付金につきましては、前回のご質問でもありましたが、昨年の4月に金武町、宜野座村、本村の3町村連絡協議会の3町村長により防衛省へ恒久制度の改正の要請行動を実施したところです。本年度で期限を迎えることですから、先月の3日に金武町役場におきまして、3町村及び担当課長を交えた会合を開催し、今月の末に3町村長、3町村議会議長による二度目の要請行動を実施していく予定としているところです。以上です。



◆16番(山城良一) 

 はい。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 もう既に3日に集まって、今月末、二度目の要請に行くんですが、私がなぜ課長と指名しなかったというと、村長は6月のこの交渉の要請のときに拡充して継続してというお話があったものですから、村長に答弁を求めたわけであります。私はこの再編交付金、10年間継続できるか、更新できるか、それが村の財政にも大分響いてきますので、確実にできるかどうか。答えられなければ答えないでよろしいです。村長に伺います。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えします。私たちも先ほど答弁したとおり、3町村、また3町村議会議長も一緒になって、今度は要請行動に行くところであります。その中でですね、これまでの私たちの実情も訴えながら、3町村も訴えながら、恒久制度に向けて改正できないかということも含めて要請行動を私たちは実施していきたいと考えております。以上です。



◆16番(山城良一) 

 はい、議長。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 新しく3町村の議長も加わるということでございます。なぜそんなにしつこく聞くかと言うと、本当に差し迫っております。これはいろんな財政にも関連してきます。これからいろいろと公民館の修理、施設なんかの新設も予定されております。そういう中でのことでありますので、ぜひとも村長には村のリーダーシップを発揮して、3町村手を組んで恒久的にこれが契約できるのかどうか頑張ってもらうことを期待して、質問を終わります。どうもありがとうございます。



◆12番(又吉貢) 

 はい、12番。



○議長(仲田豊) 

 12番、又吉貢君。



◆12番(又吉貢) 

 通告に従いまして質問をしていきたいと思います。まず初めに人事評価制度ですけれども、予算が平成28年度から平成29年度に繰り越されました。それで先ほど糸数議員の質問に対して、村長は「4月1日より施行していく」という話がありましたので、そんなに聞くことはありませんけれども、1点だけですね、1日から施行はすると思いますが、運用に関してはいつごろになるのか、それをお聞きしたいと思います。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 運用というのは、結果をどういうふうに反映させるかということの質問の回答でよろしいでしょうか。



◆12番(又吉貢) 

 はい。



◎総務課長(當山欽也) 

 これについては4月から人事評価制度がスタートしていきますけれども、その間に半年かけて評価、あるいはまた残りの10月から3月まで評価しますけれども、その後でこれらについて勤勉手当とか、それに反映されるのは平成29年度以降になると思います。以上です。



◆12番(又吉貢) 

 議長、12番。



○議長(仲田豊) 

 12番、又吉貢君。



◆12番(又吉貢) 

 人事評価制度、一般企業でも行われて大きい会社がありますけれども、課長以下ですね、管理職の業務が大分増えてくると思います。それにめげずに、ぜひ来年度からはしっかりとやっていってもらいたいと思います。次の質問に移りたいと思います。

 人事評価は終わりまして、参事制度の件ですけれども、6月の定例会のほうで参事制度のことを質問しましたが、そのときは庁舎内、話し合いをしながらどういうふうにするか検討していくという回答をもらっております。その後どういうことになったのか、説明をお願いします。



◎副村長(外間毅) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 副村長、外間毅君。



◎副村長(外間毅) 

 又吉議員の質問にお答えいたします。6月の一般質問の内容としましては、当初、参事職の配置については、常時、その課の参事職を配置するということではなく、ただ、業務の内容及びプロジェクトの事業等を考慮し、参事職の配置が適正にされるかどうかということを検討しながら進めていくということで答弁いたしました。そのことに踏まえまして、今年、新年度になりますけれども、平成28年度の人事の内示におきましては、参事職の配置については今回行っておりません。今後、恩納の村立中学校統合問題に向けた取り組みが本格的に始まることや、国指定の山田グスクのそういう大規模の整備事業が今後推進されるということであります。そういうことで、今後人事のこの参事職を含めて人事の配置については、今後も精査をしながら適正に、継続的に、そういう人事配置については検討をしていきたいなということで考えております。以上です。



◆12番(又吉貢) 

 議長、12番。



○議長(仲田豊) 

 12番、又吉貢君。



◆12番(又吉貢) 

 そのとおりですね。前回、内容等を質問したんですけれども、一向に中身が返ってきませんでした。参事制度をやるなとは言っておりません。何らかの理由があって、例えば先ほど副村長が言ったように、学校統合問題で恐らく職員も今のメンバーでは恐らく足りないと思います。それと健康福祉課、あそこも人数が多いですので、人事評価が入ってくると、どうしても課長1人ではできないと思いますので、その辺を完備してですね、はっきりとした理由があった上で参事制度をぜひ行っていってもらいたいと思います。以上です。



○議長(仲田豊) 

 暫時休憩いたします。



△休憩 14時50分



△再開 15時00分



○議長(仲田豊) 

 休憩前に引き続き会議を開きます。

 順次発言を許します。



◆2番(大城保) 

 議長、2番。



○議長(仲田豊) 

 2番、大城保君。



◆2番(大城保) 

 就学支援制度について質問していきたいと思います。これは新聞報道からですけど、厚生省の平成24年度の調査で、全国の子供貧困率16.3%、また県が1月29日に公表した子供の貧困実態調査から、経済的理由で必要な食料を買えなかったことがあった子育て世帯は、ひとり親世帯で43%、両親がいる世帯で25%など、また貧困率については全国平均16.3%を大きく上回る29%、沖縄県の貧困の深刻さが浮き彫りになったと、連日新聞などで連載されております。そこで先ほど宮崎議員も触れましたけど、名護市が貧困対策班を設け、実態調査に乗り出したとか、また宮古島市も政策参与を外部起用とか、支援強化に乗り出すなど、各自治体貧困対策に取り組んでいく方針を打ち出しております。また、県も市町村も後押しすると新年度方針で述べております。対策には教育支援、生活支援、労働支援、経済的な支援などありますが、恩納村においても県と連携をとりながら作業を進めていくものだと思っております。今回は、自分は教育支援の就学支援制度について質問をしていきたいと思っております。

 先ほど申し上げましたとおり、全国的に経済的に厳しい家庭が増え、自治体が学校用品、その他費用等を援助する就学援助制度の利用が右肩上がり、増えていると言われております。そこで恩納村の状況を伺います。恩納村の就学支援制度の対象というんですか、どのようなものがありますか。伺います。



◎学校教育課長(石川司) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 ただいまの大城議員の質問にお答えします。恩納村での就学支援制度の対象品目は要保護世帯、いわゆる生活保護世帯は修学旅行費、医療費、眼鏡購入費となっております。この眼鏡購入費については、恩納村独自の支援の助成であります。これは限度額2万円となっております。その他の費用については生活保護費で対応しているところであります。また準要保護世帯、この準要保護世帯というのは非課税世帯などの生活に困窮している世帯を対象としております。その準要保護世帯については新入学児童の学用品費、通学用品費、校外活動費、学用品費、修学旅行費、給食費、医療費となっております。これも合わせて眼鏡購入費も対象となっております。以上です。



◆2番(大城保) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 2番、大城保君。



◆2番(大城保) 

 ただいま対象というんですか、品目がありましたけど、眼鏡は恩納村独自ということで、これは以前に議員の方が一般質問で取り上げて、その援助対象となったというふうに認識しておりますけど、先ほど言われたとおり恩納村が先駆けというか、それを見習った各自治体、取り上げている自治体が増えたと認識しております。そこでほかの自治体では卒業アルバムに対してもその援助対象に上げているんですけど、その点について今後取り入れる予定はあるのか、伺います。



◎学校教育課長(石川司) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 ただいまの質問にお答えします。ほかの自治体で卒業アルバム等々の、その援助に含まれているということでありますが、今現在、正直申し上げて卒業アルバム等々の援助というのはまだ検討されておりませんが、これから精査をして、必要なものであれば考えていきたいと思います。以上です。



◆2番(大城保) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 2番、大城保君。



◆2番(大城保) 

 眼鏡は先駆けですので、ほかの自治体はアルバムも援助対象にしていることでありますので、恩納村のほうもそのように取り組んでいってもらいたいなと思っています。

 次に平成25年度、全国で要保護、準要保護の数は151万4000人以上と言われております。恩納村の要保護、準要保護生徒の該当者は何名おりますか。それとまた通告の5番にありますけど、その制度の利用者というんですか、は何名になっているか伺います。



◎学校教育課長(石川司) 

 はい、議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 ただいまの質問にお答えします。要保護、準要保護児童世帯の該当者数と生徒の利用者数ということでありますが、同内容というか、中身については割合と件数でちょっとお答えしたいと思います。要保護の該当者数は認定世帯が6世帯、児童生徒数にすると13名、準要保護の該当者数は認定世帯が81世帯で、認定児童生徒数が154名となっております。制度の利用者数ということでありますが、平成27年9月1日現在で、小中949名のうち要保護及び準要保護の認定者数は145名となっております。これは率にすると16.23%です。全国の平均より1%弱ですかね、高くなっております。以上です。



◆2番(大城保) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 2番、大城保君。



◆2番(大城保) 

 ありがとうございます。

 次にですけど、要保護は生活保護法で規定されておりますけど、準要保護については各教育委員会が認定し、また援助は自治体に任されている。そのため各自治体で基準が異なると伺っています。そこでこの認定基準、恩納村の認定基準ですけど、いろいろ収入金額とか、所得金額とか、金額以外の要件とありますけど、どのような要件でこの認定をしているのか伺います。



◎学校教育課長(石川司) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 質問にお答えします。今現在の準要保護の認定要件の回答をいたします。まず前年度、または当該年度において児童生徒の保護者が次のいずれかの措置を受けた者ということで、ア、イ、ウありまして、アは生活保護法に基づく保護の停止、または廃止。これは生活保護を廃止、停止になった場合には準要保護に移行するという意味になります。あとイのほうは、地方税法の第295条の第1項に基づく、市町村民税の非課税世帯ですね。一番このイの非課税世帯に該当する世帯が一番多いです、認定については。あと児童扶養手当法の第4条に基づく児童扶養手当の支給。これは全部支給のみを対象としております。またそれ以外に保護者の職業が不安定で生活状態が悪いと認められる者。またその他教育長が就学援助を行う必要があると認められる者。あと保護者が不慮の事故に遭い、援助が必要と認められる者となっております。以上。



◆2番(大城保) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 2番、大城保君。



◆2番(大城保) 

 恩納村については認定基準が緩やかというか、寛大な措置をとっているというふうに認識しています。

 次にですね、受給者の申請の手続方法なんですけど、どのように行っているのか伺います。



◎学校教育課長(石川司) 

 はい、議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 質問にお答えします。受給希望者の申請手続の方法は、受給希望者は学級担任及び学校事務室より申請書類を受け取り、所要事項を記入し、各種証明書を添付して学校へ提出する手続方法となっております。また、この手続を終えた後に学校において先生方が気になる世帯は、再度声かけをして申請を促しております。ちなみにタイミングは、2月の下旬に保護者全員へ配布をして、保護者から学校へは3月下旬提出。学校から教育委員会には3月の末の提出となっております。以上です。



◆2番(大城保) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 2番、大城保君。



◆2番(大城保) 

 次にですけど、受給者の中には役場での申請を望む方もいると思います。ある自治体では学校、教育委員会双方に窓口を設けているところがあると伺っています。またひとり親世帯、特に母子家庭については仕事を掛け持ちしている方がおられると思います。平日に仕事を休んで申請に行く方もいると伺います。他府県では土曜日も申請を受け付けている自治体があると伺っておりますが、その点についてはどのように思いますか。伺います。



◎学校教育課長(石川司) 

 はい、議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 質問にお答えします。ただいまの申請の提出の方法でありますが、今、議員のおっしゃられたように、出すタイミングがなかなか合わないということだろうと思うんですが、これはまた今後ですね、子供を経由すると、書類関係などでちょっと紛失等もあると思うので、そこら辺はまた学校の先生方と調整をしながら、保護者が出しやすい時間とか、そこら辺も検討していきたいなと思います。役場での受け付けというより、学校からの経由になりますので、学校での受け付けを考えていきたいと思います。以上です。



◆2番(大城保) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 2番、大城保君。



◆2番(大城保) 

 先ほど認定者と利用者のほうが大体100%ですか、認定、ということは、その申請については問題ないのかなと思っていますけど、次に周知の方法について質問をしようと思ったんですけど、先ほど認定者と利用者のほうがほとんど数字が一緒ということで、周知については、恩納村については十分になされているのかなということで支援制度についての質問は終わりますけど、次にですね、先ほど宮崎議員の質問の答弁で、福祉課長のほうが貧困対策について各課連携を密にして対策に努めたいという答弁がありましたけど、自分もちょっとネットで検索していたら、ちょっとその辺の取り組みのところがありましたので、時間もありますのでちょっと読み上げたいと思います。早期発見、具体的には子供が生まれる前から貧困につながるリスクを見つけ出そうと、妊婦が母子手帳を受け取る際に提出する妊娠届出書で情報を集めて、そのアンケートを開始して、関係、生活費など困っているか記入する枠を設けて、パートナーとの関係とか、悪いと答えた人がいればひとり親世帯になるリスクがあると考えて、そうなって孤立しないように必要な支援を考える。さらに小学校1年生の全世帯に協力を求めて貧困の実態調査を行い、保護者の所得や公共料金の支払い状況、虫歯の有無など、子供の健康状態や食生活などを調べて、明らかになった課題に重点的に取り組むと。

 子供の貧困は虐待や不登校、非行などさまざまな問題につながるおそれがあり、子供の将来に大きな影響を与えるから深刻化する前に支援の手を差し伸べると。個人のプライバシーに踏み込んでいる情報も集めるということで、個人情報の取り扱いには細かな注意を払わなければいけないが、ということで、そのような貧困、早期発見をするようなシステムをとっている自治体もあるということの、これは参考までにですね、福祉課長、参考にしていただけたらなということの報告です。

 続きまして奨学金制度について質問に入ります。これも県の報告からですけど、子供の教育に関する調査で、1人目の子供の将来に関して、教育資金に不安があると回答した親が79.4%もいた。また、小学1年の子供を持つ貧困層の保護者の3割が、学びの入り口である大学進学を経済的な理由で困難だと回答しています。大学の学費が高くなる一方、親の収入は減ってきていることから、大学生の2人に1人以上が奨学金を利用していると言われています。その大半は国の予算などで運営されている日本学生支援機構の奨学金制度であります。県内の学生も2014年度で1万190人がその奨学金を利用していると言われています。また県外の大学ともなれば、そのほかの奨学金、2つの制度を利用している方がいると言われています。そこで恩納村の奨学金の利用状況を伺いたいと思います。よろしくお願いします。



◎学校教育課長(石川司) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 質問にお答えします。恩納村の奨学金制度の利用状況は、平成26年度奨学金の貸し付け数は、県内・県外募集枠35名に対し30名の貸し付けです。今年度、平成21年度の奨学金の貸し付け数は、県内・県外募集枠35名に対し24名の貸し付けとなっております。近年は申し込み者数は募集枠内となっており、申し込み者全てに貸し付けが実施されている状況です。以上です。



◆2番(大城保) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 2番、大城保君。



◆2番(大城保) 

 今の報告からすると、全国的には奨学金の利用者が増えているけど、村内においては減少傾向であると。最近は各金融機関も低金利で、また手軽く手続も済むような教育ローンとかがあり、そっちを利用している方が多いのかなと個人的に思いますけど、でも、どうしても公的な資金でなければいけないという利用者もいます。また先ほど触れましたが、2つの奨学金を利用されている方もいらっしゃいます。そこでですね、先ほど状況を伺ったときに申し込み者が募集枠より減っているということでありますが、そこで2番目の質問に入ります。申し込み者が減っていく状況にある中であれば、奨学金の貸付金額の増額と、その他制度上の充実を図れないか。その辺を伺います。



◎学校教育課長(石川司) 

 はい、議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 質問にお答えします。まず先ほどの答弁の補足で募集枠内とあるんですが、これ過去はですね、募集枠が少し30名未満で枠を取っていたんですが、それからちょっと募集枠から外れる方がおられたので、募集枠を少し3年、4年前ですかね、広げたのも一つの現状であります。それから制度の充実を図れないかということで、現在、教育委員会内においても年々申し込み者数が減っている状況なので、要綱改正も含め、貸付金額の改正及び返還開始時期等を継続して検討していきたいと考えております。さらに奨学金の基金においても、今年度末で約4千3百万円の積立額となるため、有効な基金活用も合わせて検討してまいりたいと考えております。以上です。



◆2番(大城保) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 2番、大城保君。



◆2番(大城保) 

 前向きな答弁をいただきましたので、ぜひ奨学金の充実、実現していただきますようお願い申し上げます。

 次に3番目ですけど、奨学金について貸与型の奨学金であり、また卒業したら返済しなければいけません。現在は利子のついた有利子の奨学金が拡大され、今では無利子の2倍の人数に達しているような報告もあります。貧困の連鎖から抜け出すために高等教育、大学を受験する必要がある方が多額の奨学金を借り、卒業時には多額の借金を背負い、返済が困難になる若者が増えて問題化しているというも報道もあります。返済のリスクを考えて大学を断念する方もいると聞きます。貧困対策に力を入れるのであれば、奨学金の充実を図る上からも、今は県も取り組んでいると思いますけど、返済する必要のない給付型の奨学金の導入を村も検討すべきじゃないかなと思いますけど、そのことについてどう思いますか。



◎学校教育課長(石川司) 

 はい、議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 ただいまの質問にお答えします。給付型制度の創設はできないかという質問であろうと思いますが、給付型制度の創設については、今ちょうど教育委員会内でも精査をしているところであります。一部給付型を検討している中で、今回のまち・ひと・しごと創生総合戦略素案の中においても、我々教育委員会においては平成31年度目標値に一部給付金、給付型奨学金の創設及び高校等への交通費、この交通費については村内に高校がありませんので、ちょっと距離もあると。そこら辺も平成28年度内に協議していこうという内容となっています。また、その保護者への経済的支援施策として掲げながら、高校、大学等への就学支援も準備してまいりたいと思います。以上です。



◆2番(大城保) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 2番、大城保君。



◆2番(大城保) 

 給付型についても前向きに検討しているということで、ぜひ実現するようお願いします。先ほど述べたように、県のほうも前向きに取り組むということでありますので。

 次、村長にですけど、村長も奨学金の充実を公約の一つに挙げていたと思います。自分もこの奨学金の充実について、応援演説を行いました。村長の言う充実というのは、それは貸与型の金額の増額なのか、自分が思う給付型の創設なのか。私は給付型の創設を思い、応援演説したつもりであります。今、村長の思うこの充実とは何を指して公約に挙げたのか、村長、一言でもしあれば。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えします。奨学金に関しましては貸与型と、また給付型とありますが、これはまだ今後どうしていこうかというところで今議論をしているところであります。今帰仁村でしたかね、今帰仁村におきましてはこのふるさと応援基金を使いまして、そういった奨学金に充てたりしているところもありますので、そういったところも含めて、今後、教育委員会とどのような方向性がいいか、子供の貧困対策にはどうやっていけば解決できるかというのも含めて考えていきたいと思っております。以上です。



◆2番(大城保) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 2番、大城保君。



◆2番(大城保) 

 ぜひですね、財政的にも限られてくると思いますけど、給付型もぜひ検討していただきたいと思います。

 最後に一言。将来を担う子供たちは、村長もよく言ってますけど、村の宝であります。貧困は子供たちの生活や成長にさまざまな影響を及ぼすと言われています。その責任は子供たちにはない。子供たちの将来が、その生まれ育った環境で左右されることのないよう、また貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、必要な環境整備と教育の機会均等、全ての子供が夢と希望を持って成長していける社会の実現を目指して、子供の貧困対策を総合的に推進していただきたい。要望を申し上げ、質問を終わります。



◆9番(大城堅三) 

 議長、9番。



○議長(仲田豊) 

 9番、大城堅三君。



◆9番(大城堅三) 

 最後となりました。今回、総務課長、建設課長、村民課長が退職ということで、大変長期にわたりご苦労さまでありました。村民課長においては、今回、斎場の件で一般質問を入れようと思ったんですが、もう退職してから自宅に質問に伺いたいと思います。それでは、また今後とも健康に留意されて頑張っていただきたいと思います。

 それでは通告に従いまして質問を進めてまいります。まず第一の施政方針より、商工観光業の振興について質問をします。?商工会、むら興し協議会、そして今回新しく設立されます観光協会、商工観光課としてこの3つの組織による地域活性事業、現在、どのような形で取り組まれているのか。そして今後、どのような事業展開を望まれるのか、考えているのか、その辺を課長にお伺いします。



◎商工観光課長(長浜保治) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 商工観光課長、長浜保治君。



◎商工観光課長(長浜保治) 

 お答えいたします。恩納村の地域経済の活性化を図るには、多くの海外、県外の観光客に来ていただき、村内で宿泊、消費してもらうことが最も効果的だと考えております。そのためには、いつ来ても美しい恩納村、そちらを目指して、それと同時に魅力的な観光メニューの開発や商品、特産品の開発を三者連携のもと進めてまいりたいと考えています。以上です。



◆9番(大城堅三) 

 議長、9番。



○議長(仲田豊) 

 9番、大城堅三君。



◆9番(大城堅三) 

 所管するところで、いろいろとこの観光協会が今年設立されて、いろんな場面で活躍されるところがあると思いますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。

 続きまして、今回、観光協会が動くということで、この準備委員会で副村長が入っておりました。委員会で。そこで、先ほど糸数議員がすぐ振ったので、私は副村長にちょっとお聞きしたいと思いますので、よろしくお願いします。この商工会を初め、むら興し協議会、今回また観光協会の各委員や役員等の構成メンバーを見ますと、かなり重複した、重複したメンバーが見受けられる感じです。そうなると、またこの協議会の中身や運営活動の範囲が、この立案などがこう似通ったものになるんじゃないかなという思いがいたします。村として、どのような主導でまたこういう形を引っ張っていくのか。その辺をお聞きします。



◎副村長(外間毅) 

 はい、議長。



○議長(仲田豊) 

 副村長、外間毅君。



◎副村長(外間毅) 

 大城議員の質問にお答えいたします。観光振興の件についてですね、これまでもいろいろとそういう中で商工会、あるいは観光協会の準備室とむら興し協議会という役員の方々と、これまでも数10回にわたって協議会を立ち上げて進めてまいりました。その商工会、観光協会並びにまたむら興し協議会というような形でありますけれども、その中で、いろいろとそういう業務の中でだぶつくんじゃないかなということも懸念されるところが、指摘のとおりございます。そこら辺については今後、この観光協会を立ち上げする中において、商工会は商工会のそういう役割分担、事業内容という組織の中で多く含む面が出てきます。観光協会は観光協会の趣旨に基づいて、16項目のその事業内容がございますので、そこら辺をすみ分けをしながらこれから進めていきたいということで、協議会の中では話し合いをされております。それと同時に、むら興し協議会もその中に一存として入っておりますけれども、そこら辺もこれからと、その内容等について十分話し合いをしながらすみ分けをして、今後進めていきたいということで考えております。



◆9番(大城堅三) 

 議長、9番。



○議長(仲田豊) 

 9番、大城堅三君。



◆9番(大城堅三) 

 今、副村長が言われたようにこのすみ分けですね。商工会長もそのようなことをおっしゃっておりました。ぜひこういった分けた分野で、ぜひまたこの観光協会を盛り上げていただければなと思います。

 続きまして村長にお伺いします。恩納村はこれまで歴代の村長を初め、この多くの関係者で恵まれた海浜環境の維持や海浜リゾートの発展を築き上げ、村の財源にも大きく寄与し、村民にも広く還元されたと思います。そういった意味でも、特に今回設立される観光協会は、県の商工連合会の支援事業としても認定され、沖縄県を初め、村外の観光関係者が期待されているところだと思います。この運営活動が大きく重要視されると思います。村長の公約でもありますこの観光協会、魅力の発信をどのようにトップセールスで牽引されていくのか。村長にお伺いします。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えします。議員の言葉から出ておりました恩納村のこの風光明媚な自然ですね。これは、私は、恩納村ではとってもこれが一番重要ではないかなと思っておりますこれはもうつくることもできません。やはり昔からこれ代々受け継がれた自然であります。これを私たちの財産として、宝として全国に、世界に発信していきたいなと思っているところであります。

 観光協会の中にはリゾートホテル、また各恩納村の事業所、また村民がいます。そういった方々がやっぱり今後は恩納村で、恩納村は観光でやっていくんだよということも一緒になって推進していかなければいけないんじゃないかなと思っております。村民もやっぱり理解していくからこそ、この観光も伸びていくだろうと思っております。現在、地域、県の予算をいただきまして、地域ビジネス力強化事業、また名護市、読谷村、恩納村におきましてふるさと名物応援宣言、これはリゾートウエディングを強化していこう、また特産品を開発して売り込んでいこうということで、今動いているところであります。そういったところも、やはりそういったことをやることによって、この恩納村の地域の活性化にもつながるんじゃないかなと思っております。一次産業から三次産業まで私はつながるように、また活性化できるように観光協会を通して、村民と一緒になって取り組んでまいりたいと思っております。以上です。



◆9番(大城堅三) 

 議長、9番。



○議長(仲田豊) 

 9番、大城堅三君。



◆9番(大城堅三) 

 村長は先ほどのどなたかの答弁で、DMOを活用したいとおっしゃっておりました。やはりこの観光、地域全体のこの観光ビジネスの一本化、やはりこれが一番大事だと思うんですよね。ホテル業界のこの一本化も、ものすごく重要視されると思います。その辺を本当にリーダーシップをとって、引っ張っていってほしいという希望で私も期待しておりますので、ぜひ頑張っていただきたいと思います。

 続きまして、むら興し協議会について村長にお伺いします。村長の言葉で、今後はこの協議会を地方創生戦略に編成していきたいということを述べられておりました。どのような構想、どのような方向性で持っていかれるのか、その辺をお聞きします。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えします。村のむら興し協議会、先ほど副村長からも答弁がありましたとおり、今後はすみ分けも必要になってくるだろうと思っております。その中で、今後の私が思っていることなんですが、むら興し協議会にですね。いつも言っていますとおり、地方創生、まち・ひと・しごとをつくる上では、やはりそういった意見を広く私は聞きたいなと思っております。やっぱり今後の恩納村ある上では少子化対策、また定住化対策がありますよね。また先ほど議員が言いましたDMOとか、またPFIの話とかもいろいろ出てきます。こういったのはやはり村民を広げて、議員の皆様にも広げて私は議論をしていきたいわけです。またむら興し協議会の中においては、先ほど言いました観光協会のこの、恩納村は観光でやっていくんだという村民に対するこの意識づけを、この観光協会にいる皆さん、その人たちは村を網羅した代表者の皆さんでございますので、そういった人たちを通して私は浸透させていければと考えているところであります。ですので、むら興し協議会も今後ともこの村民会議みたいな協議会として、いろんな意見をその中に私も投げかけて、そこで意見聴収できればと考えております。以上です。



◆9番(大城堅三) 

 議長、9番。



○議長(仲田豊) 

 9番、大城堅三君。



◆9番(大城堅三) 

 ぜひ頑張っていただきたいと思います。こういった、関連しまして、今回、予算委員会の中で観光協会関連の予算案に多くの質疑が集中しました。今後はこの予算編成の協議会、また所管のヒアリング等は担当課として、また事業内容の精査や検証をしていただき、費用対効果を徹底し、新しい事業への予算活用を強化していただきたいと思います。ぜひ頑張っていただきたいと思います。

 この村の海浜環境の維持のところで、ぜひ私、一言ちょっと述べておきたいのがありまして、余談ですけど、私も以前、ある企業のほうで役員からお聞きしたことなんですけど、復帰前のことで、キャンプ・ハンセンの工事でこの沖縄県全体が、砂浜が、砂が足りないということで工事がちょっとおくれている状況を、当時のこの会社の役員であった、社長であったのかな、その方が恩納村の村長にこの砂をちょっと採取したいということで打診したらしいんですよ。その村長が当時やはり、今回退職なさるのでそれを申し上げるんですけど、當山総務課長のお父さんで、當山幸徳村長が当時その役員の方に言ったのが、恩納村はこれからこの海浜を生かした観光につなげるリゾートを目指しているということで丁寧にお断りして、そういう今の現状があると思いますので、その辺はまた村長、総務課長、それ聞いたことありますか。多分、その辺は聞いてないと思います。きょうはまた仏壇に報告してください。村長はその辺ももう加味しながら、ぜひ村の観光協会、セールスをまた頑張っていただきたいと思います。ちょっと余談になりましたけど。

 続きまして、2番目の大学院大学の推進についてお伺いします。瀬良垣漁港内での臨海実験施設の進捗状況と今後の事業展開を伺います。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。臨海実験施設の竣工につきましては、ことしの3月末を予定しておりました。しかしながら、施工工事などが若干遅れているようですが、OISTによりますと、内閣府との正式な繰り越し手続の事務が終了していないということで、正式な完成日時は今申し上げることができないというお話を伺っております。しかしながら、これは私が現場を確認した状況からしますと、完成は6月か7月にずれ込むかと考えているところです。以上です。



◆9番(大城堅三) 

 議長、9番。



○議長(仲田豊) 

 9番、大城堅三君。



◆9番(大城堅三) 

 連帯事業等に関しては、また水産振興の中でちょっとお聞きしたいと思います。

 続きまして門前町周辺整備についてお聞きします。この構想は以前にも地元の當山議員を初め、喜納議員も何回か質問をされております。もう一向に見えてこない整備事業で、近年、またこの周辺のほうに民間住宅等が建設されて、この整備区域が限られるんじゃないか、また構想に支障を来すんじゃないかということが懸念されます。そういう状況を鑑みて、この周辺整備の早期実現に向けた取り組み、村、地元の谷茶、あるいはまた各行政区も交えたこの要請を強化していただきたい。村長の見解をお伺いします。課長でもいいですよ。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。門前町周辺整備計画につきましては議員からもございましたが、これまで沖縄県科学技術振興課や本村、地元谷茶区などの関係機関により、整備計画の推進を図ってきたところではあります。しかし、整備をしていくための条件、地権者との合意形成などの要因で実現できていない状況ではあります。この件につきましては、昨年の行政懇談会の谷茶区でも大きな議題となりまして、現在、門前町周辺の環境も以前と比較すると、国道バイパスの事業やOISTのメインキャンパス整備などの進捗が大きく変化しているところと捉えているところでありまして、今後、地元谷茶区や地権者の合意形成について、改めて調整を行うこととして、今現在、沖縄県の科学技術振興課と事務協議をしているところであります。以上です。



◆9番(大城堅三) 

 議長、9番。



○議長(仲田豊) 

 9番、大城堅三君。



◆9番(大城堅三) 

 ぜひその辺の停滞が続くと瀬良垣も心配になってきますので、ぜひ頑張っていただきたいと思います。

 続きまして産業クラスターの形成と民間企業の参画についてお伺いします。大学院大学の研究機関による研究成果や事業展望などがテレビや新聞などでよく報道が見られます。この産業クラスターによる民間企業との連携事業、あるいはまた産業の活性化が期待されます。この産官学の取り組みによる地域経済への波及効果を多くの人が注目し、望まれていることだと思います。先ほどから申し上げている地方創生、まち・ひと・しごとのこの戦略に巻き込んで、そういう推進や施策の中で展開ができないか、その辺をちょっとお聞きしたいと思います。



○議長(仲田豊) 

 企画課長、山城雅人君。



◎企画課長(山城雅人) 

 お答えします。OISTを設立した大きな目的として、知的・産業クラスターの形成、知的・産業クラスターの形成によって恩納村に大きく貢献していくというところが一番重要でありますが、知的・産業クラスターの形成につきましてはOISTによります世界トップレベルの教育、研究及び産業が沖縄振興の基盤になることが重要だと考えております。知的・産業クラスターの成功には、やはり長期的、戦略的な企画とプログラムを効果的に実施することが必要であり、現在、OISTのほうでは県内多くの企業と連携を図っているほか、村内におきましても先ほどからあります臨海施設実験での村漁業協同組合との連携や、また農業部門で沖縄高機能米としての研究開発に参画する予定という話を聞いているところです。以上です。



◆9番(大城堅三) 

 議長、9番。



○議長(仲田豊) 

 9番、大城堅三君。



◆9番(大城堅三) 

 この地方創生事業に絡めて、村長も先ほど申しておりましたPFI、そういったのを生かしながら、ぜひ早い企業参入を望みたいと思います。

 それでは3番目の水産業の振興についてお伺いします。まず?の養殖業、資源管理型漁業、漁船漁業、観光漁業との共存と海域環境保全の推進についてお聞きいたします。村漁業は主にモズク、海ブドウ、アーサなどの養殖業、またはこの観光漁業としてダイビングやサンゴ再生プロジェクト等が企業やホテルなどとも業務提携事業などが行われております。こうした漁業運営による安全漁業やホテル、または飲食施設利用者の多くの観光客への商品と、また安全かつ安全供給が求められていると思います。同時にまた海域資源の環境保全の対策も講じなければ、この長期にわたって漁民も共存できないという危機感もあります。こうした安定したこの地域環境の維持とか、商品の提供、そういった部分で今後の推進策をお伺いします。



○議長(仲田豊) 

 農林水産課長、佐渡山安正君。



◎農林水産課長(佐渡山安正) 

 お答えします。まず今、大城議員ご質問のとおり、やはり恩納村の水産業をこれから、要するに安定的かつ生産物を生産していくためにも、やはり恩納村の海域の環境、これをしっかり保っていくということが一番重要かなと思っております。特にその中でも近年においては、要するに観光漁業、いわゆるダイビングですね。それに加えましてまた海洋レジャー、シーカヤックとかシュノーケリングとかが増えてきている状況でございます。そういったことから、海自体は要するに漁業活動と、そういったまた海洋レジャーとも競合しているわけですけれども、やはりこれから恩納村の一次産業の発展のためにも、やはり海域のルールをきちっと決めて、漁業者も安全に生産活動ができる。海洋レジャーをする観光客においても、そういった安全性を確保するという意味からしても、そういった環境、海域のルールをしっかり決めて取り組んでいくことが一番重要かなと思っているところです。ですから、そこら辺をまた平成28年度、里海づくり推進協議会の中でもしっかり議論をして、新しいルールの策定に向けて取り組んでまいりたいと思っております。以上です。



◆9番(大城堅三) 

 議長、9番。



○議長(仲田豊) 

 9番、大城堅三君。



◆9番(大城堅三) 

 ぜひ安全構築をしていただいて、安定供給に乗った漁民の活躍を期待したいと思います。

 続きまして、先ほども少し触れられましたが、瀬良垣漁港内での大学院大学の臨海実験との連携、取り組みについてお伺いいたします。先ほど企画課長からは6月、7月の完成予定ということであります。これからまた周辺整備に入っていくと思います。この海洋水の取水事業が始まっていくと思います。そうしたこの海洋水を使った養殖の施設の件と、また新しいブランドづくりへの取り組みが期待されます。先日、この新聞で宮古の伊良部漁協の養殖事業の報道がありました。私も何年か前に伊良部のほうに研修に行って、向こうはこのアギヤーシンカという追い込み漁が大変有名なんですね。そういった高齢者の方々と意見交換するところがあって、この担い手がもう不足して、やはり安定型の養殖業をちょっと模索していきたいとおっしゃっておりました。この伊良部大橋の建設がちょっと進んでいる時期だったので、その辺の流通ルートをまた生かしたそういう事業も進めてきたいと言っておりました。ぜひまた恩納村でもこの海洋水を使った養殖事業、新しいブランドづくりに向けて、ひとつまた担当課としてもぜひ企画をしていただきたいと思いますが、その辺の取り組みについてお伺いします。



○議長(仲田豊) 

 農林水産課長、佐渡山安正君。



◎農林水産課長(佐渡山安正) 

 お答えいたします。まず今、臨海実験との実験場等の取り組みと申しますが、今現在、OISTの部分で漁協さんが取り組んでいる部分について、若干連携している部分もございますけれども、主にOISTのほうで進めている研究についてちょっとご説明いたしますけれども、要するに今、モズクが養殖業で恩納村は盛んなんですけども、これは県全体でもそうなんですけども、このモズクについては4株ほど種類がございまして、現在、その恩納モズクの恩納株というものを、そのゲノムを解析しているということでございます。やはりそうすることによって恩納村、恩納株という形のモズクが特定できれば、そういった恩納村のブランドとしてやはり商品を確立していくことも十分可能性があると思っております。

 あと、またサンゴにおいても今研究が進んでいるんですけども、従来、本島のサンゴは慶良間諸島から流れ着いた幼生が海底に着底して、それがサンゴの何と言いますかね、サンゴが増えてきたという定説がございましたけども、これについてもOISTが、やはり沖縄県の155検体ですかね、そこのコユビミドリイシという、多分サンゴだったと思うんですけども、そのゲノムを解析したところ、やはり恩納村は恩納村、多分特有のそのサンゴではないかというふうに定説が今報告されております。というのは要するに、いわゆる慶良間からの補給源ではないということが最近言われつつありますので、やはり恩納村のサンゴのゲノムを解析することによって、やはり恩納村特有のサンゴであるということにおいて、現在、いろんな形でサンゴの森づくり計画が進められておりますけども、さらにやはりそういった形で恩納村特有のサンゴであるというブランド化に向けても事業がまた活性化するのではないかなと思っております。いずれにしましても、サンゴの研究については、多分沖縄県においても恩納村が特にまたその臨海実験、OISTと連携することによって、世界でも一番、一大拠点になるぐらいはないかなという期待もしているところです。

 先ほど申し上げました海水の利用についてなんですけども、今回、臨海実験場から海水の余浄水が出てきます。それを使って海ブドウの養殖施設の整備ということで、今後考えられるのが貝類ですね。恩納村は特に貝類が豊富でございますので、そこら辺の養殖についても漁協さんとまた話し合い、連携をしながら進めてまいりたいと考えているところです。以上です。



◆9番(大城堅三) 

 議長、9番。



○議長(仲田豊) 

 9番、大城堅三君。



◆9番(大城堅三) 

 ぜひこの恩納モズクの先ほど話も出ました。このゲノムの研究ということで、この恩納モズク、村に認定されてから期間があと何年かは残っているんですけど、その辺もまた大学院との連携で、ぜひブランド化に向けて頑張っていただきたいと思います。

 続きまして里海づくり推進協議会についてお聞きします。いろいろと先ほど糸数議員のほうでも説明がありました。この漁民の利用者に反映されると大変期待しております。新年度からそういったルールに向けてまた協議が始まるということです。ぜひこの海洋レジャーの安全な利用状況をつくれるように頑張っていただきたいと思います。また環境保全のためにも、密漁などへの対策、そして村の条例等の告知、そして周知の看板設置、そういったのも検証して強化していただきたいと思います。ぜひ担当課として頑張っていただきたいと思います。

 最後になりますが、村長にお伺いします。村長も海産物と飲食施設には深いかかわりがあると思います。そして思い入れも大きいと思います。この水産業の振興、今後の村長の考えをお伺いしまして、私の質問を終わります。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 これから里海づくり推進協議会から報告書が上がってくると思います。いろんな課題とかが出てくるだろうと思いますので、その報告書をもとに今年度基本計画を作成してまいりたいと思っております。以上です。



○議長(仲田豊) 

 以上で、本日通告された一般質問は全部終了しました。

 これで本日の議会日程は全部終了しました。

 本日の会議はこれで散会といたします。

 ご苦労様でした。



△散会 16時00分

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

     議長        仲田 豊

     議員        大城堅三

     議員        宮崎 豊