議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 恩納村

平成27年  6月 定例会(第5回) 06月15日−04号




平成27年  6月 定例会(第5回) − 06月15日−04号









平成27年  6月 定例会(第5回)





平成27年第5回恩納村議会定例会 会議録


招集年月日
平成27年6月15日


招集の場所
恩納村議会議場


開会議・閉散会の宣告
開議
平成27年6月15日
10時40分
議長
仲田 豊


閉会
平成27年 6月15日
11時09分
議長
仲田 豊


議員の出欠(出席 ◯印・欠席 ×印)


番号
氏名
出席
番号
氏名
出席



當山達彦

10
宮崎 豊




大城 保

11
糸数 昭




佐渡山 明

12
又吉 貢




山田政幸

13
山内鈴子




平良幸夫

15
吉山盛次郎




外間勝嘉

16
山城良一




又吉 薫

17
喜納正誠




大城堅三

18
仲田 豊



会議録署名議員
6番
平良幸夫
7番
外間勝嘉


職務のために出席した者の職・氏名
書記
山田俊幸



事務局長
大城保篤

書記
新垣良子



地方自治法第121条により説明のため出席した者の職・氏名


村長
長浜善巳

農林水産課長
佐渡山安正



副村長
外間 毅

福祉健康課長
新里勝弘



教育長
石川哲夫

税務課長
長浜健一



会計管理者
金城尚子

村民課長
外間和佳



総務課長
當山欽也

学校教育課長
石川 司



企画課長
山城雅人

社会教育課長
金城徳夫



建設課長
比嘉正彦

上下水道課長
大城 学



商工観光課長
長浜保治

 
 
 



         平成27年第5回恩納村議会定例会(6月定例会)

               議事日程(第4号)

                              平成27年6月15日



日程
議案番号
件名
備考


第1
 
会議録署名議員の指名について
指名


第2
議案第40号
平成27年度恩納村一般会計補正予算(第1号)について
委員長報告
質疑・討論・採決


第3
議案第41号
平成27年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第1号)について



第4
議案第42号
平成27年度恩納村水道事業会計補正予算(第1号)について



第5
陳情第7号
手話言語法制定を求める意見書の提出を求める陳情について
提案・質疑
討論・採決


第6
委発第1号
「手話言語法」制定を求める意見書について



第7
議発第2号
恩納村議会会議規則の一部を改正する規則について



第8
 
委員会の閉会中の継続審査及び調査申出の件
決定





△開議 10時40分



○議長(仲田豊) 

 おはようございます。

 これより本日の会議を開きます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第120条の規定により、本日の会議録署名議員は、6番・平良幸夫君、7番・外間勝嘉君を指名いたします。

 日程第2、議案第40号・平成27年度恩納村一般会計補正予算(第1号)について議題といたします。

 本案に対する委員長の報告を求めます。

 総務財政文教委員会委員長・又吉薫君。



◆総務財政文教委員会委員長(又吉薫) 

 それでは報告いたします。

 恩議第834号、平成27年6月15日、恩納村議会議長・仲田豊殿。

 総務財政文教委員会委員長・又吉薫。

 委員会審査報告書、本委員会に平成27年6月9日に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定されましたので、会議規則第77条の規定により報告します。

 議案第40号、平成27年度恩納村一般会計補正予算(第1号)について審査の結果は可決となっております。

 それでは中身について報告いたします。タイトルから読上げて進めていきます。

 平成27年度恩納村一般会計補正予算(第1号)について。

 本委員会は、平成27年6月9日の本会議において付託された議案についてを、同日全委員出席のもとに審査を行い、説明員として総務課長及び企画課長に出席を求め審査を行いました。その経緯と結果をご報告します。

 本案は、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ5166万7千円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ77億2430万8千円とするものであります。

 歳入増の主なものは、13款・分担金及び負担金2783万4千円、17款・財産収入2381万1千円。

 歳出増の主なものは、2款・総務費2237万7千円、8款・土木費2946万円であります。

 歳入に関する質疑。

 13款・分担金及び負担金、名嘉真区交流施設整備事業分担金については、設計費2700万円、建築確認申請25万円余りの業務との説明がありました。

 委員より「今年の作業及び竣工日はいつか。」との質疑に対し、「今年は、造成及び設計で建築は来年以降、竣工日は平成29年3月末予定。」との説明でした。

 17款・財産収入、土地売払収入については、国道58号線恩納南バイパス工事に伴うもので赤間土地改良区内(10筆)664平方メートル、恩納7441番地の一部1660平方メートル、合計2324平方メートルとの説明がありました。

 委員より「国道58号線恩納南恩納バイパスの完成日はいつ頃になるのか。」との質疑に対し、「平成30年3月末完成予定。」との説明でした。

 次に歳出に関する質疑。

 2款・総務費、北部広域市町村圏事務組合広域振興負担金については、北部振興策の一次分に伴うもので、北部地域における救命、救急を担っているメッシュサポートの支援を行い、本地域の救命、救急を強化すると共に、平成26年度に策定された安心、安全な定住条件に向けた基本計画を推進する為の実証実験で、事業名が北部地域の安全、安心な定住条件整備事業、事業費が2億2705万4千円で、事業内容としては、多目的ヘリ支援の実施と定住条件整備プロジェクトの実施、事業費の内訳としましては、委託費が2700万円、補助金、多目的ヘリの補助金が平成27年度には、9300万円が計上されております。以前にあったメッシュサポートの事業以外にヘリの活用としましては、救急搬送活動以外に災害時の救援活動や、地域医療支援の活動、観光イベント支援の活動をやっている事業で平成26年度から実施している継続事業との説明でした。

 委員より、「毎年このような予算が支出されるのか。」との質疑に対し、「この事業は北部振興策事業として、内閣府に提出されているが、平成25年から27年までの実証実験で、今回で終わる予定。」との説明でした。また、「この2箇年間で実績として村から補助金を出しているが、支出しているが、プラス面はあったのか、なかったのか。」との質疑に対し、「医師の確保ができたのかは確認がとれていない。」「ヘリの事業については、確実に実績は残している。」との説明でした。

 「ドクターヘリへの支援は、恩納村も以前から負担金を出しているのか。」との質疑に対し、「ドクターヘリへの直接な支援ではなく、北部振興策で採択された事業の一つとして負担しているもので、ドクターヘリへの直接的は負担金を出した経緯はない。」との説明でした。

 採決の結果、全委員の賛成でもって可決と決しました。

 以上、会議規則第77条の規定により報告いたします。



○議長(仲田豊) 

 これより、委員長報告に対する質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 これより議案第40号・平成27年度恩納村一般会計補正予算(第1号)について採決致します。本案は、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 異議なしと認めます。

 よって議案第40号・平成27年度恩納村一般会計補正予算(第1号)については、委員長の報告のとおり可決されました。

 日程第3、議案第41号・平成27年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 本案に対する委員長の報告を求めます。

 経済建設民生委員会委員長・宮崎豊君。



◆経済建設民生委員会委員長(宮崎豊) 

 それでは委員長報告いたします。

 恩納村議会第835号、平成27年6月15日、恩納村議会議長、仲田豊殿。

 経済建設民生委員会委員長、宮崎豊。委員会審査報告書。

 本委員会に平成27年6月9日付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定しましたので、会議規則第77条の規定により報告いたします。

 議案第41号、平成27年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、審査の結果、可決であります。

 本委員会は、平成27年6月9日の本会議において、付託された議案について同日、全委員出席の下に委員会を開催し、説明員として上下水道課長に出席を求め審査を行いました。その経緯と結果をご報告致します。

 本案は、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ532万6千円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7億2215万5千円とするものであります。

 増額の主な理由として「農業集落排水施設最適整備構想策定業務・500万円と人事異動に伴う人件費・32万6千円である。」との説明がありました。

 委員から「農業集落排水施設最適整備構想策定の場所はどこか。」という質疑があり、「喜瀬武原地区である。」との説明がありました。

 また、「維持管理等も含めたものか。」という質疑に対して、「それも含め、施設等の機能診断を行い、総合的な策定となる。」との説明がありました。

 「策定に何年かかるのか。」という質疑に「今年度いっぱいで策定予定」と説明がありました。

 採決の結果は、全委員の賛成をもって原案可決と決しました。

 以上、会議規則第77条の規定により報告いたします。



○議長(仲田豊) 

 これより、委員長報告に対する質疑を許します。



◆15番(吉山盛次郎) 

 議長、15番。



○議長(仲田豊) 

 15番、吉山盛次郎君。



◆15番(吉山盛次郎) 

 委員長からの報告に中に、農業集落配水施設最適整備構想策定の報告がありましたが、その根拠、原因ですね、まあこれは県の補助金からの支出になってはいるんですが、何故、このような事を行うのかを委員会で報告があったのか。あるいは質疑があったのかですね。そしてその目的ですね、併せて。それから既設の山田校区の地区に対しても、このような診断が行われるのかという質疑があったのかどうか伺います。



◆経済建設民生委員会委員長(宮崎豊) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 経済建設民生委員会委員長、宮崎豊君。



◆経済建設民生委員会委員長(宮崎豊) 

 今、吉山議員、おっしゃるとおりありました。で、まあこの事業につきましてはですね、まあご存じのとおり喜瀬武原が一番古いという事で、その後山田ができ、今南恩納という事で、一番古い喜瀬武原から、これから何て言いますか、かかるであろうそういう事件が少なくとも確実に対処できるようにという事で、この事業策定となった訳であります。そのように報告を受けております。以上です。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑ありませんか。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 これで、質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 これより議案第41号・平成27年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第1号)について採決致します。

 本案は、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご議なしと認めます。

 よって議案第41号・平成27年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第1号)については、委員長の報告のとおり可決されました。

 日程第4、議案第42号・平成27年度恩納村水道事業会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 本案に対する委員長の報告を求めます。

 経済建設民生委員会委員長・宮崎豊君。



◆経済建設民生委員会委員長(宮崎豊) 

 恩納村議会第835号、平成27年6月15日、恩納村議会議長、仲田豊殿。

 経済建設民生委員会委員長、宮崎豊。委員会審査報告書。

 本委員会に平成27年6月9日に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定しましたので、会議規則第77条の規定により報告いたします。

 議案第42号・平成27年度恩納村水道事業会計補正予算(第1号)について、審査の結果、可決であります。

 本委員会は、平成27年6月9日の本会議において、付託された議案について同日、全委員出席の下に委員会を開催し、説明員として上下水道課長に出席を求め審査を行いました。その経緯と結果をご報告致します。

 本案は、人事異動に伴うもので、水道事業費用の予備費から26万1千を減額し、営業費用を増額するものであります。

 その内、議会の議決を経なければ流用することのできない経費、職員給与額8万2千円の増額補正するものであります。

 採決の結果は、全委員の賛成でもって原案可決と決しました。

 以上、会議規則第77条の規定により報告いたします。



○議長(仲田豊) 

 これより、委員長報告に対する質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 本案に対する委員長の報告は可決であります

 これより議案第42号・平成27年度恩納村水道事業会計補正予算(第1号)について採決致します。

 本案は、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 異議なしと認めます。

 よって議案第42号・平成27年度恩納村水道事業会計補正予算(第1号)については、委員長の報告のとおり可決されました。

 日程第5、陳情第7号・手話言語法制定を求める意見書の提出を求める陳情について議題といたします。

 本案に対する委員長の報告を求めます。

 経済建設民生委員会委員長・宮崎豊君。



◆経済建設民生委員会委員長(宮崎豊) 

 陳情第7号、経済建設民生委員会委員長報告、委員長・宮崎豊。

 手話言語法制定を求める意見書の提出を求める陳情について。

 本委員会は、平成27年6月9日の本会議において、付託された陳情について、同日、全委員出席の下に委員会を開催し、審査を行いました。その経緯と結果をご報告致します。

 本陳情は、手話が音声言語と対等な言語であることを広く国民に広め、きこえない子どもが手話を身につけ、手話で学べ、自由に手話が使え、更には手話を言語として普及、研究することのできる環境整備を目的とした「手話言語法(仮称)」を制定することを政府と国会に求める意見書採択のお願いであります。

 委員から、採択をして意見書を提出すべきとの意見があり、出席した全委員が賛同しました。

 採決の結果は、全委員でもって採択すべきと決しました。

 以上、会議規則第77条の規定により報告いたします。



○議長(仲田豊) 

 これより、委員長報告に対する質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 本案に対する委員長の報告は採択であります

 これより陳情第7号・手話言語法制定を求める意見書の提出を求める陳情について採決致します。

 本案は、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 異議なしと認めます。

 よって陳情第7号・手話言語法制定を求める意見書の提出を求める陳情については、委員長の報告のとおり採択されました。

 日程第6、委発第1号・「手話言語法」制定を求める意見書について議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 経済建設民生委員会委員長・宮崎豊君。



◆経済建設民生委員会委員長(宮崎豊) 

 委発第1号、平成27年6月15日、恩納村議会議長・仲田豊殿。

 提出者、経済建設民生委員会委員長・宮崎豊。

 「手話言語法」制定を求める意見書について。

 上記の議案を、別紙のとおり恩納村議会会議規則第14条第3項の規定により提出いたします。意見書を読み上げます。

 「手話言語法」制定を求める意見書。

 手話とは、日本語を音声ではなく手や指、体などの動きや顔の表情を使う独自の語彙や文法体系をもつ言語である。手話を使うろう者にとって、聞こえる人たちの音声言語と同様に、大切な情報獲得とコミュニケーションの手段として大切に守られてきた。

 しかしながら、ろう学校では手話は禁止され、社会では手話を使うことで差別されてきた長い歴史があった。

 2006年12月に採択された国連の障害者権利条約には、「手話は言語」であることが明記されている。

 障害者権利条約の批准に向けて日本政府は国内法の整備を進め、2011年8月に成立した「改正障害者基本法」では「全て障害者は、可能な限り、言語(手話を含む。)その他の意思疎通のための手段についての選択の機会が確保される」と定められた。

 また、同法第22条では国・地方公共団体に対して情報保障施策を義務づけており、手話が音声言語と対等な言語であることを広く国民に広め、きこえない子どもが手話を身につけ、手話で学べ、自由に手話が使え、更には手話を言語として普及、研究することのできる環境整備に向けた法整備を国として実現することが必要であると考える。

 よって、恩納村議会は、政府と国会が下記事項を構ずるよう強く求めるものである。

 記。

 手話が音声言語と対等な言語であることを広く国民に広め、きこえない子どもが手話を身につけ、手話で学べ、自由に手話が使え、更には手話を言語として普及、研究することのできる環境整備を目的とした「手話言語法(仮称)」を制定すること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成27年6月15日、恩納村議会。

 あて先、内閣総理大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣、衆議院議長、参議院議長。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑に入ります。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 これより委発第1号・「手話言語法」制定を求める意見書について採決致します。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり可決されました。

 日程第7、議発第2号・恩納村議会会議規則の一部を改正する規則についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 8番・又吉薫君。



◆8番(又吉薫) 

 それでは、議発第2号、恩納村議会会議規則の一部を改正する規則について。

 上記の議案を次のとおり、地方自治法第112条及び会議規則第14条の規定により提出します。

 平成27年6月15日、恩納村議会議長・仲田豊殿。

 提出議員・又吉薫、賛成議員・喜納正誠、同じく賛成議員・宮崎豊。

 恩納村議会会議規則の一部を改正する規則。

 恩納村議会会議規則(昭和47年恩納村議会規則第1号)の一部を次のように改正する。

 第2条に次の一項を加える。

 2項、議員が出産のため出席できないときは、日数を定めて、あらかじめ議長に欠席届を提出することができる。

 附則、この規則は、公布の日から施行する。

 提案理由。

 議会における欠席の届け出の取り扱いに関して、社会情勢などを勘案し、出産の場合の欠席の届け出について新たに規定するものである。

 これが、この議案を提出する理由である。以上です。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑に入ります。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。ただ今議題となっております議発第2号・恩納村議会会議規則の一部を改正する規則については、会議規則第39条第3項の規定により委員会への付託を省略致したいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって議発第2号・恩納村議会会議規則の一部を改正する規則については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 これより議発第2号・恩納村議会会議規則の一部を改正する規則について採決致します。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり可決されました。

 日程第8、委員会の閉会中の継続調査申出の件を議題といたします。

 経済建設民生委員会委員長から、別紙のとおり会議規則第75条に規定により、お手元に配りました申出書のとおり、閉会中の継続審査及び調査の申出があります。

 お諮りします。

 本件は、委員長からの申出書のとおり閉会中の継続審査及び調査とすることにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 異議なしと認めます。

 よって閉会中の継続調査の件については、委員長の申し出のとおり可決されました。

 お諮りいたします。

 本日、議決されました議案等の字句、その他整理を要するものについては、会議規則第45条の規定に基づき、議長に委任されたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本日議決されました議案等の字句、その他整理を要するものについては、議長に委任することに決しました。

 以上をもって、本定例会に付議されました議案等の審議は全部終了しました。

 これで、平成27年第5回恩納村議会定例会を閉会いたします。

 ご苦労様でした。



△閉会 11時09分

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

     議長       仲田 豊

     会議録署名議員  平良幸夫

     会議録署名議員  外間勝嘉