議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 恩納村

平成27年  6月 定例会(第5回) 06月09日−01号




平成27年  6月 定例会(第5回) − 06月09日−01号









平成27年  6月 定例会(第5回)





平成27年第5回恩納村議会定例会 会議録


招集年月日
平成27年6月9日


招集の場所
恩納村議会議場


開会議・解散会の宣告
開会
平成27年6月9日
11時00分
議長
仲田 豊


散会
平成27年6月9日
11時52分
議長
仲田 豊


議員の出欠(出席 ◯印・欠席 ×印)


番号
氏名
出席
番号
氏名
出席



當山達彦

10
宮崎 豊




大城 保

11
糸数 昭




佐渡山 明

12
又吉 貢




山田政幸

13
山内鈴子




平良幸夫

15
吉山盛次郎




外間勝嘉

16
山城良一




又吉 薫

17
喜納正誠




大城堅三

18
仲田 豊



会議録署名議員
16番
山城良一
17番
喜納正誠


職務のために出席した者の職・氏名
書記
山田俊幸



事務局長
大城保篤

書記
新垣良子



地方自治法第121条により説明のため出席した者の職・氏名


村長
長浜善巳

農林水産課長
佐渡山安正



副村長
外間 毅

福祉健康課長
新里勝弘



教育長
石川哲夫

税務課長
長浜健一



会計管理者
金城尚子

村民課長
外間和佳



総務課長
當山欽也

学校教育課長
石川 司



企画課長
山城雅人

社会教育課長
金城徳夫



建設課長
比嘉正彦

上下水道課長
大城 学



商工観光課長
長浜保治

 
 
 



         平成27年第5回恩納村議会定例会(6月定例会)

               議事日程(第1号)

                               平成27年6月9日



日程
議案番号
件名
備考


第1
 
会議録署名議員の指名について
指名


第2
 
会期決定の件
決定


第3
 
諸般の報告
報告


第4
 
行政報告
報告・質疑


第5
議案第40号
平成27年度恩納村一般会計補正予算(第1号)について
提案・質疑・付託


第6
議案第41号
平成27年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第1号)について



第7
議案第42号
平成27年度恩納村水道事業会計補正予算(第1号)について



第8
議案第43号
恩納村固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて
提案・質疑
討論・採決


第9
議案第44号
仲泊校ICT教育機器物品購入契約について



第10
報告第2号
平成26年度恩納村一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について
報告・質疑


第11
報告第3号
平成26年度恩納村下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について



第12
 
議員派遣の件
決定





△開会 11時05分



○議長(仲田豊) 

 おはようございます。

 これより平成27年第5回恩納村議会定例会を開会いたします。

 ただちに、本日の会議を開きます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第120条の規定により、本日の会議録署名議員は16番・山城良一君、17番・喜納正誠君を指名いたします。

 日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から6月15日までの7日間にしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、会期は7日間と決しました。

 日程第3、諸般の報告を行います。

 本日までに受理した陳情等は、別紙文書表のとおり陳情第7号は経済建設民生委員会へ、それ以外を資料配布と致しましたので報告します。

 地方自治法第235条の2第3項の規定による例月出納検査の結果報告書は、お手元に配布したとおりであります。

 沖縄県後期高齢者医療広域連合から別紙のとおり組合議会議員選出に係る通知がありました。

 なお、お手元に配布したとおりであります。朗読は省略いたします。

 また、平成27年3月1日から平成27年6月2日までの議長の会務については、別紙のとおり報告いたします。

 これで諸般の報告を終わります。

 日程第4、行政報告を行います。村長から行政報告の申し出がありました。

 これを許します。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 おはようございます。それでは行政報告を行います。3月1日から5月末までの報告したいと思います。

 まず初めに3月8日、クメノサクラの森づくり記念碑除幕式・育樹作業という事で県民の森でありました。これはですね、イオン琉球さんのご好意により3年間かけて数百本のですね、サクラ、クメノサクラという特殊なサクラをですね、植樹していました。

 そして3月20日、沖縄防衛局に私が赴きまして山火事・部品落下の件で局長へ再発防止の口頭の要請を行ってまいりました。

 3月25日、沖縄国際映画祭オープニングセレモニーという事で宜野湾市のトロピカルビーチにおきまして、レッドカーペットにおいてマスコットのナビーちゃんと一緒にですね、恩納村お紹介をしてまいりました。

 続きまして4月に入ります。4月の18日、金秀シニア沖縄オープン2015ゴルフトーナメント表彰式という事で、表彰式の方に行ってまいりました。2017年にですね、こちらの金秀のゴルフ場におきまして日本オープンゴルフが開催されるという事が決定したという事であります。

 4月23日、村文化情報センター開館セレモニー、ご案内のとおり議員の皆様もご参加いただきまして、盛大にセレモニーを開催する事ができました。今後はですね、利用者の増加、また企画を充実させた館内を、情報センターの運営にあたっていきたいと思っております。

 そして4月の27日、三連協、内閣府・防衛省表敬という事で、金武町長、宜野座村長と一緒にですね、再編交付金、28年度までになっておりますので、継続とまた拡充について要請を行ってまいりました。

 そして5月16日、図書館総合展2015フォーラムin恩納という事で、文化情報センターの開館のセレモニーの一環としてOISTの方でですね、全国から200名余の方々がお越しになりましてフォーラムを開催したところであります。

 5月の26日、プレミアム商品券のピーアールという事で、これは商工会の方と一緒になって行いました。沖縄県でですね、いち早くピーアールしようという事で、報道機関を呼びましてピーアール活動を行ったところであります。こちらが皆様も見た事があると思いますけどチラシの方になっております。それと同時にですね、恩納村福祉健康課におきましても、多子世帯にこのプレミアム商品券を交付する事になっております。

 5月の28日、おきなわめんそーれフェスタが池袋のサンシャインシティーの方で行われました。第7回という事で今回も盛大に行われ、商工会の女性部、また村の漁協ですね、株式会社ONNA他事業所の皆様とですね、恩納村の物産とまた観光をアピールしてきたところであります。以上が主な内容であります。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。



◆16番(山城良一) 

 議長、16番。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 村長、大変お疲れさんでした。

 一つだけお聞きしたいんですが、4月の27日、防衛省に表敬しているんですが、多分再編交付金の件でだったと思うんです。まあ新聞にも金額載っていたんですが、ちょっと忘れたんですが、この時に27年度の、ああ28年度の予算の増がいくらあったのか。それと今後10年間また再度、予算貰えるのか、どうかですよ。そこをお聞きしたいんですよ。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 ただ今の質問ですね、金額の話は無くてですね、今後もですね、防衛省としましても拡充していきたいと、また継続していきたいという前向きな返答を頂きました。



◆16番(山城良一) 

 議長、16番。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 じゃあ継続するという事は、年数は謳わないという事ですか。それとも先程金額の事は分からないと言っていたんですが、多分、私の考えは新聞に掲載されていたと思うんですが、記憶ではよ、2000辺りが上積みになって3000万ぐらいという情報を持っているんですが、そちらに確信は無いですか。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 その点の話はですね、ありませんでした。これまた今後ですね、話し合いで進めていくだろうというふうに考えております。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑ありませんか。



◆15番(吉山盛次郎) 

 議長、16番。



○議長(仲田豊) 

 15番、吉山盛次郎君。



◆15番(吉山盛次郎) 

 3月24日に名桜大学と北部12市町村との意見交換ですね、よろしいですか。その中で北部12市町村との色々関わりを持ってる訳です。恩納村、それぞれの市町村からのいわゆる地域枠での入学に関しての現状が報告されたのか。前はそういう事はちょっと厳しいようなこと言っていたんで、現状としてはどうなっているのかを伺います。

 それからもう一つ、5月の27日ですね、ふれあいネットのこれは総会が行われていますが、前回予算、3月の定例の予算の審議の中で、良いですか、総会の中でいわゆる200万の、商工会からの補助があったんです。その事に関して総会の中でどのような収支決算及びこれからのふれあいネット、いわゆる体験学習センターの運営に関してどういいう報告があったか。そしてこれからどういうふうにやっていくかという、そのような質疑応答及び報告があったのかを聞かせて下さい。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 お答えします。まず初めに3月の24日のですね、名桜大学と北部12市町村との意見交換会、主な内容がですね、推薦枠の件でありました。で、現在、北部枠という事で推薦枠があるという事だったんですけど、これをもう今後はもう撤廃したいという事で名桜大学側からですね、お話がありまして、でもこれはまだそこでは決着がつかないで今後のまた継続審査という事になっております。

 5月27日のふれあいネットONNAの総会で前回の議会の中でありました200万の増ですね、の件なんですが、この件に関してこの総会の中では議論とかは出てきませんでした。で、私もそこの総会の挨拶の中でですね、今回議会の中でもしっかりとこの200万の増に関しましては、運営の方ですね、しっかりやっていって貰いたいというふうに、私も要望を出したところであります。



◆15番(吉山盛次郎) 

 議長、16番。



○議長(仲田豊) 

 15番、吉山盛次郎君。



◆15番(吉山盛次郎) 

 まあ地域枠という事で、これは何故推薦の地域枠というのを名桜大学の方から撤廃したいという、その理由などもあったんですか。そしてまあ各12市町村の首長あたりからこれを継続したいという事に関しての、まあ反対意見が多かったと理解するんですが、その辺議論が結構あったと思うんで、その辺のちょっとできる限り話して貰えますか。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 この名桜大学、公立になる時に多分こちらにいる議員の皆さんも説明会、聞いたと思います。この施設は12市町村の運営でなっている大学でありますので、こういった12市町村の姿勢を、この推薦枠も設けてくれという事はその時にありました。で、その件に関しましてもこの12市町村の皆様もですね、覚えておりましたので、この5年前、5年前に要望した事は全く無くなるのかという事でですね、いろんなこういった議論もありました。で、大学側として何故この推薦枠を外すかというと、やはり公平にしたいという事で説明がありました。以上です。



◆17番(喜納正誠) 

 議長、16番。



○議長(仲田豊) 

 17番、喜納正誠君。



◆17番(喜納正誠) 

 5月19日、台湾交流児童生徒歓迎夕食会という、これ今回が初めてなのか、これからも継続するのか、この趣旨・目的、今後もあり得るのか。その辺のところ、お聞かせ願えますか。

 あと同じく5月25日、美ら島観光施設協会設立記念祝賀会となっていますけれども、これは今のコンベンションビューローが観光に特化する事業を行っているところとの整合性、全く別なのか、組織が。どういう趣旨の協会の設立だったのか。中身について、説明願えませんか。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 ただ今の質問ですね、5月19日の台湾交流児童生徒歓迎夕食の会という事ですが、こちらの方はですね、初めての企画であります。これはですね、現在、教育委員会で交流事業を行っています、派遣事業を行っています台湾のですね、たい何でしたっけ、台南市の中学校、の方からですね、今回恩納村の方に来まして、その子供達、小学生、中学生、また校長先生達と一緒にですね、交流会をしたという事であります。

 それと5月の25日のですね、美ら島観光施設協会設立記念祝賀会、これはですね、沖縄県に観光施設としてあります南都ワールド、また東南植物楽園、また琉球村ですね、こういった施設がですね、一つになって観光協会を設立して連携を深めていこうという設立総会でありました。以上です。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑ありませんか。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 これで質疑を終わります。

 これで行政報告を終わります。

 日程第5、議案第40号・平成27年度恩納村一般会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第40号・平成27年度恩納村一般会計補正予算(第1号)。

 平成27年度恩納村の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5166万7千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ77億2430万8千円とする。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 債務負担行為の補正、第2条、債務負担行為の追加は、「第2表債務負担行為補正」による。

 平成27年6月9日提出、恩納村長・長浜善巳。

 平成27年度一般会計補正予算の主な内容、概要ですが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5166万7千円を追加し、総額で77億2430万8千円とするものであります。補正予算の内容についてご説明申し上げますと、歳入増額の主な内訳は、分担金および負担金・2783万4千円、財産収入・2381万1千円であります。名嘉真区交流施設建築に伴う分担金、恩納南バイパス工事に伴う土地売払収入となっております。

 歳出増額の主な内容につきましては、総務費・2237万7千円、土木費・2946万円で、土地売払収入に伴う積立金、名嘉真区交流施設建築に伴う設計委託料であります。

 以上が平成27年度一般会計補正予算(第1号)の概要となっております。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑に入ります。



◆16番(山城良一) 

 議長、16番。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 歳出についてちょっとお聞きしたいんですが、今回の予算そんなに目立ったこと無いんですが、先程バイパスの収入等があるんですが、歳出の方ですね、議会費から学校給食費までのもので、勤務手当が、私の計算ですよ、増えたのが197万4千円、で、減の方が124万4千円、72万トータルで8千円の増があるんですが、この勤務手当の説明とですね、この増になった要因、また異動もあったと思うんですが、その説明をして貰えますか。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 勤勉手当についてご説明申し上げます。勤勉手当はですね、在職者の給料と、基準額というのがございまして給料と扶養手当を合算したのに期間率あるいは成績率で反映して計算をしてまいります。で、今回当初予算の方にこの基礎額の時に、給料プラス扶養手当とすべきものを給料だけが入ってしまって、その後扶養手当の分が今回増えたという事です。あと増額については、各課で動いていると思うんですけど、これについては人事異動に伴いまして給料が色々動いてますので、これの増減になります。以上です。



◆16番(山城良一) 

 議長、16番。



○議長(仲田豊) 

 16番、山城良一君。



◆16番(山城良一) 

 余り聞き取れなったんですが、私の調べではですね、先程、給料と扶養手当を合算してやるんだと、勤務手当ってどんなもんですかって調べたんですが、そこには勤務成績に応じてということ、人事ですか、謳われているんですが、特に今回目立ったのが、異動かどうか知らないんですが、博物館の方で50万5千円の増があって、社会教育総務費の方で58万7千円の減があるんですよ。特に目立ちますね。まあ異動なんですが、今回の、おんな広報に載っていたんですが、参事が三名採用されたと、そういうのも踏まえての事なのか、再度、総務課長、お聞きします。



◎総務課長(當山欽也) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 総務課長、當山欽也君。



◎総務課長(當山欽也) 

 教育委員会の方の異動につきましては、社会教育から博物館の方に一人異動になっておりますので、給料の組み換えで大きく動いております。博物館の方で一人増になっておりますので、それから、あ、失礼しました。参事制度の事なんですけれども、係長の場合に給料に5パーセントプラスがございます。これが参事になりますと10パーセントになりますので、5パーセント増の要因にはなっております。以上です。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑はございませんか。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 これで質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、総務財政文教委員会へ付託いたします。

 日程第6、議案第41号・平成27年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第41号・平成27年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第1号)。

 平成27年度恩納村の下水道事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正、第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ532万6千円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7億2215万5千円とする。

 2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表歳入歳出予算補正」による。

 平成27年6月9日提出、恩納村長・長浜善巳。

 補正予算の主な内容としましては、農業集落排水施設最適構想策定委託業務と人事異動に伴う人件費の補正が主なものであります。

 詳しくは担当職員に説明させますので、審議のうえ可決くださいますようよろしくお願いします。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑に入ります。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、経済建設民生委員会へ付託いたします。

 日程第7、議案第42号・平成27年度恩納村水道事業会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第42号・平成27年度恩納村水道事業会計補正予算(第1号)。

 総則、第1条、平成27年度恩納村の水道事業会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。

 収益的支出、第2条、収益的支出の予定額の補正の款項の区分及び当該区分ごとの予定額並びに補正後の収益的支出の予定額は、「補正予算実施計画」による。

 (議会の議決を経なければ流用することのできない経費)、第3条、既決予算の議会の議決を経なければ流用することのできない経費の金額を次のように改める。

 科目・職員給与額、既決予定額・4952万2千円、補正予定額・8万2千円、合計・4960万4千円。

 平成27年6月9日提出、恩納村長・長浜善巳。

 補正予算の内容としましては、人事異動に伴う人件費、26万1千円が主なものとなっております。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑に入ります。

          (質疑なし)の声あり

 質疑なしと認め、質疑を終わります。



○議長(仲田豊) 

 お諮りします。ただ今議題となっております議案については、経済建設民生委員会へ付託いたします。

 日程第8、議案第43号・恩納村固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてを議題と致します。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第43号・恩納村固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて。

 下記の者を恩納村固定資産評価審査委員会委員に選任したいから、地方税法(昭和25年法律第226号)第423条第3項の規定により議会の同意を求める。

 記、住所・恩納村字山田117番地1、氏名・比嘉茂、生年月日・昭和38年2月15日。

 平成27年6月9日提出、恩納村長・長浜善巳。

 提案理由、任期満了のため。これが、この議案を提出する理由であります。

 ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑に入ります。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第43号、恩納村固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについては、会議規則第39条第3項の規定により委員会への付託を省略致したいと思います。

  これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって議案第43号、恩納村固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについては、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 これより議案第43号・恩納村固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてを採決致します。

 この採決は、無記名投票をもって行います。

 議場の出入り口を閉めます。

          <書記が、議場の出入り口を閉鎖する>



○議長(仲田豊) 

 ただ今の出席議員は15人です。次に立会人を指名いたします。会議規則第32条第2項の規定により、立会人に1番・當山達彦君、2番・大城保君を指名致します。

 投票用紙を配ります。

 念のため申し添えます。本案を可とする諸君は賛成と、否とする諸君は反対と記載の上、投票をお願い致します。

 なお、重ねて申し上げます。投票中、賛否を表明しない投票及び賛否の明らかでない投票は、会議規則第84条の規定により、否とみなします。

          <書記が投票用紙を配布する。>



○議長(仲田豊) 

 投票用紙の配布もれはありませんか。

          (ありません)の声あり



○議長(仲田豊) 

 配布もれなしと認めます。投票箱を点検させます。

          <書記が投票箱の点検をさせる。>



○議長(仲田豊) 

 異状なしと認めます。ただ今から投票を行います。1番から順次投票願います。

          <議員が、順次投票する。>



○議長(仲田豊) 

 投票もれはありませんか。

          (ありません)の声あり



○議長(仲田豊) 

 投票もれなしと認め、投票を終わります。

 これより開票を行います。

 立会人の1番・當山達彦君、2番・大城保君は、開票の立ち会いをお願い致します。

      <書記、立会人で開票を実施し、開票結果を議長に報告。>



○議長(仲田豊) 

 開票の結果を報告します。

 投票総数15票、うち有効投票15票です。

 有効投票のうち、賛成15票、反対0票、無効0票。

 以上、賛成、全員であります。

 よって議案第43号・恩納村固定資産評価委員会委員の選任につき同意を求めることについては、原案のとおり可決されました。

 議場の出入り口を開きます。

          <書記が議場の出入り口を開く。>



○議長(仲田豊) 

 日程第10、報告第2号、平成26年度恩納村一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題と致します。

         <議案第44号が欠落しているとの指摘あり。>



○議長(仲田豊) 

 訂正します。失礼しました。

 日程第9、議案第44号・仲泊校ICT教育機器物品購入契約についてを議題と致します。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 議案第44号・仲泊校ICT教育機器物品購入契約について。

 仲泊校ICT教育機器物品購入契約について、次のように物品売買契約を締結したいので、地方自治法(昭和22年法律第67号)96条第1項第8号の規定により議会の議決を求める。

 記。1・契約の目的、仲泊校ICT教育機器物品購入。2・契約の方法、指名競争入札。3・契約金額、4123万4400円。4・契約の相手方、住所・うるま市州崎7番地7、名称・株式会社・コンピュータ沖縄、氏名・代表取締役・名護宏雄、5・契約保証金・免除。

 平成27年6月9日提出、恩納村長・長浜善巳。

 提案理由、仲泊校ICT教育機器整備物品購入契約については、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例(昭和47年恩納村条例第21号)第3条の規定により議会の議決を必要とする。

 これがこの議案を提出する理由であります。

 詳しくは担当職員に説明させますので、ご審議のうえ可決くださいますようお願い申し上げます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑に入ります。



◆17番(喜納正誠) 

 議長、17番。



○議長(仲田豊) 

 17番、喜納正誠君。



◆17番(喜納正誠) 

 ICT教育機材、機器物品購入ですか。契約書の、物品売買契約書の第5条、まあ瑕疵担保保証の件なんですが、これ、まあ1年となってますけど、普通民間においては、こういう買い替える場合、リースで買うんですね。だからリースの期限が3年とか、5年とかなっていますが、その間はメーカーさんがその保証をしていく訳でありますけれども、本来、この場合は一括支払いで1年で、何か壊れたところに、また後はもう保障ないですよという事で負担入れると、制度として何でしょうかね。民間が今やっている方法も市町村の策じゃあないかなあというふうに思うんですが、今回はこれ1年でもう契約どおりという事で考えていいのか。それともプラス、この2年になるとかという事の交渉は無かったのですか。契約はもうペーパーどおりの契約でそのままやったという事で理解していいのか。その辺、ちょっとお聞かせ願います。



◎学校教育課長(石川司) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 ただ今の質問にお答えします。各メーカー、物品売買に関しては1年の、1年間の保証期間という事で、今回は一括交付金の、1年間の保証としております。前段のリースについては議員のおっしゃったとおり5年間のリースであれば5年間、保証されております。以上です。



◆17番(喜納正誠) 

 議長、17番。



○議長(仲田豊) 

 17番、喜納正誠君。



◆17番(喜納正誠) 

 今回のこの議案とですね、議案にもちょっと、まあお金があるからすぐ払っていいという事ではなくて、やはり限られた予算で効率的に、こういった機種を長く大事に使うという事であれば、民間が活用している制度もどうなんですかと、検討する余地あるんですか、否かですけど、その答えを聞きたかったんです。要するに今後、今後ですよ、今回はまあこれでいいと思うんです。今後、こういう物品売買契約があるときに民間が活用している有効的な、例えば1年じゃあなくて、瑕疵担保、リース期間が5年なら5年間、メーカーが保証しますので、これは1年で消えるんですよ。この4年間保証されるのと、1年保証されるのと、どこが得策かと言うたら5年間リースした方が、お互い得じゃあないですか。そういった事も検討する余地があるんじゃあないかという事も考える担当課として、検討余地、考えあるか、否かを聞いているんです。



◎学校教育課長(石川司) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 ただ今の質問にお答えします。実は今回仲泊校のICTの整備については、一括交付金を活用しておりますので、一括購入としてあります。但し、過去、4校整備した際には、議員のおっしゃったように、民間活用で5年のリースで実施しております。今後も恐らく大きな費用がかかる場合には、後年度負担も考えてリースという事で考えております。以上です。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑ありませんか。



◆17番(喜納正誠) 

 議長、17番。



○議長(仲田豊) 

 17番、喜納正誠君。



◆17番(喜納正誠) 

 今の説明では、今回の場合は一括交付金をこの予算に充てるために一括払いでなけりゃあいけないという、その支払のそういう制約があったなら、これは理解しなきゃいけないと思いますが、今後そういった場で備品購入されるには、是非その他の係る予算も、是非ここで検討されて、検討されて、検討されてくださいという事を申し上げて、質問を終わります。



◆15番(吉山盛次郎) 

 議長、17番。



○議長(仲田豊) 

 15番、吉山盛次郎君。



◆15番(吉山盛次郎) 

 先進校である山田校からですね、いわゆる後続の学校にそういう機器が整備されているんですけれども、その形態を聞いたら今リースから買い取りと言うか、購入という事になっているんですが、その機器はみんな一緒なんですか。互換性もあるのかという事なんですが。いわゆる今回購入する仲泊校に関してどのような機器でどういうふうに、まあ先生がですね、あちこち移った場合、そういう操作に関しては統一されているのか。



◎学校教育課長(石川司) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 学校教育課長、石川司君。



◎学校教育課長(石川司) 

 ただ今の質問、2点ですね。整備の内容と先生方の活用の、各学校でのという事であると思いますので、整備の内容について各学校、教育の平等の観点からして同等の機器を整備しております。各学校の活用、先生方の活用については山田校の方にICTに長けた先生がおられますので、まあ勿論校内のスキルアップ率、村内5校のスキルアップ率を階層化されて、今執り行っているところであります。先だって4箇所の学校訪問を終えたところでありますが、各学校の先生方、うまく活用しているところを訪問の際に見ておりますので、学校での不具合等々は無いと理解しております。以上です。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑ありませんか。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 これで質疑を終わります。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案第44号・仲泊校ICT教育機器物品購入契約については、会議規則第39条第3項の規定により委員会への付託を省略致したいと思います。

  これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって議案第44号・仲泊校ICT教育機器物品購入契約については、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 これより議案第44号・仲泊校ICT教育機器物品購入契約についてを採決致します。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり可決されました。

 日程第10・報告第2号・平成26年度恩納村一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 報告第2号・平成26年度恩納村一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について。

 地方自治法施行令第146条第2項の規定により、平成26年度恩納村一般会計繰越明許費繰越計算書を別紙のとおり調整したので、これを報告する。

 平成27年6月9日提出、恩納村長・長浜善巳。

 平成26年度一般会計予算において、繰越明許費に設定した繰越明許費について繰越計算書を調整したので、報告するものであります。

 万座周辺整備計画他14件であります。以上、報告します。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑に移ります。入ります。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 報告第2号・平成26年度恩納村一般会計予算繰越明許費繰越計算書の報告については、以上のとおり報告されました。

 日程第11、報告第3号・平成26年度恩納村下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(長浜善巳) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長、長浜善巳君。



◎村長(長浜善巳) 

 報告第3号・平成26年度恩納村下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告について。

 地方自治法施行令第146条第2項の規定により、平成26年度恩納村下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書を別紙のとおり調整したので、これを報告する。

 平成27年6月9日提出、恩納村長・長浜善巳。

 平成26年度下水道特別会計予算において、繰越明許費に設定した繰越明許費について、繰越計算書を調整したので報告するものであります。

 農業集落排水事業・恩納第1地区、1件となっております。以上、報告します。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑に入ります。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 報告第3号・平成26年度恩納村下水道事業特別会計予算繰越明許費繰越計算書の報告については、以上のとおり報告されました。

 日程第12、議員派遣の件を議題といたします。

 お諮りいたします。議員派遣の件については、別紙のとおり決定することにご異議ありませんか。

          (異議なし)声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって議員派遣の件については、別紙のとおり決定しました。

 本日、議決されました議案等の字句、その他整理を要するものについては、会議規則第45条の規定に基づき、議長に委任されたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって、本日議決されました議案等の字句、その他整理を要するものについては、議長に委任することに決しました。

 以上をもって、本日の議事日程は全部終了しました。

 本日の会議はこれで散会いたします。



△散会 11時40分

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

     議長       仲田 豊

     会議録署名議員  山城良一

     会議録署名議員  喜納正誠