議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 恩納村

平成26年 12月 定例会(第11回) 12月15日−01号




平成26年 12月 定例会(第11回) − 12月15日−01号









平成26年 12月 定例会(第11回)





平成26年第11回恩納村議会定例会 会議録


招集年月日
平成26年12月15日


招集の場所
恩納村議会議場


開会議・閉散会の宣告
開会
平成26年12月15日
10時39分
議長
仲田 豊


散会
平成25年12月10日
16時10分
議長
仲田 豊


議員の出欠(出席 ◯印・欠席 ×印)


番号
氏名
出席
番号
氏名
出席



當山達彦

10
宮崎 豊




大城 保

11
糸数 昭




佐渡山 明

12
又吉 貢
×



山田政幸

13
山内鈴子




平良幸夫

15
吉山盛次郎




外間勝嘉

16
山城良一




又吉 薫

17
喜納正誠




大城堅三

18
仲田 豊



会議録署名議員
6番
平良幸夫
7番
外間勝嘉


職務のために出席した者の職・氏名
書記
山田俊幸



事務局長
大城保篤

書記
新垣良子



地方自治法第121条により説明のため出席した者の職・氏名


村長
志喜屋文康

福祉健康課長
新里勝弘



副村長
 
 
税務課長
仲嶺真季



教育長
石川哲夫

村民課長
當山秀幸



会計管理者
金城尚子

学校教育課長
石川 司



総務課長
當山欽也

社会教育課長
金城徳夫



企画課長
山城雅人

上下水道課長
大城 学



建設課長
比嘉正彦

 
 
 


商工観光課長
長浜保治

 
 
 


農林水産課長
佐渡山安正

 
 
 



         平成26年第11回恩納村議会定例会(12月定例会)

               議事日程(第1号)

                           平成26年12月15日



日程
議案番号
件名
備考


第1
 
会議録署名議員の指名について
指名


第2
 
会期決定の件
決定


第3
 
諸般の報告
報告


第4
 
行政報告
報告・質疑


第5
議案第61号
平成26年度恩納村一般会計補正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることについて
提案・質疑
討論・採決


第6
議案第62号
恩納村現行の条例の用語等の整備に関する特別措置条例の制定について
提案・質疑・付託


第7
議案第63号
恩納村課設置条例の一部を改正する条例について



第8
議案第64号
特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について



第9
議案第65号
恩納村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について



第10
議案第66号
恩納村国民健康保険条例の一部を改正する条例について



第11
議案第67号
恩納村水道事業給水条例の一部を改正する条例について



第12
議案第68号
村税の特例に関する条例を廃止する条例について



第13
議案第69号
平成26年度恩納村一般会計補正予算(第5号)について



第14
議案第70号
平成26年度恩納村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について



第15
議案第71号
平成26年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第3号)について



第16
議案第72号
平成26年度恩納村水道事業会計補正予算(第3号)について



第17
報告第7号
恩納第1地区汚水処理施設建設工事専決処分の報告について
報告・質疑



         平成26年第11回恩納村議会定例会(12月定例会)

               追加議事日程(第1号)

                          平成26年12月15日



日程
議案番号
件名
備考


第1
議案第69号
平成26年度恩納村一般会計補正予算(第5号)について
委員長報告・質疑
討論・採決





△開会 10時39分



○議長(仲田豊) 

 おはようございます。

 これより平成26年第11回恩納村議会定例会を開会いたします。

 ただちに本日の会議を開きます。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第120条の規定により、本日の会議録署名議員は6番・平良幸夫君、7番・外間勝嘉君を指名いたします。

 日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から12月19日までの5日間にいたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認め、よって、会期は5日間と決しました。

 日程第3、諸般の報告を行います。

 本日までに受理した陳情等は、別紙付託表のとおりであります。

 中部北環境施設組合議会、金武地区消防衛生組合議会、沖縄県介護保険広域連合議会及び沖縄県後期高齢者医療広域連合議会の状況について、組合議会議員から別紙のとおり報告書が提出されておりますので配布いたします。

 地方自治法第235条の2第3項の規定による例月出納検査の結果報告書は、お手元に配布したとおりであります。なお、朗読は省略いたします。

 また、平成26年9月1日から平成26年11月末日までの議長の会務については、別紙のとおり報告いたします。

 これで諸般の報告を終わります。

 日程第4、行政報告を行います。村長から行政報告の申し出がありました。これを許します。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 おはようございます。

 新しい顔ぶれの議員の方々、是非またこれからともどもに恩納村の発展の為に、お力をかして頂ければ幸いであります。よろしくお願いしたいというふうに思います。

 それでは私の9月から11月の行政報告を行いたいというふうに思います。

 まず9月の8日でありますが、新しい議会議員の選挙がありまして、その当選証書の付与式を行っております。当選された議員各位におかれましては、これからまた本当に厳しい状況の中ではあると思いますが、お互い力を合わせてより良い恩納村づくりの為に、お互い力を合わせながら頑張っていただければ幸いであります。

 それから10月の22日であります。これは内閣府と私ども・企画とのヒヤリングというふうな事になっております。これにつきましてはこれまで私どもが行ってきた一括交付金を使った事業の総括と、そして次年度からの新しい一括交付金の活用についての話し合いでありました。それによって今回、私どもとしては、新たにまだ公民館整備されて無い地区の公民館建設に取り組んでいきたいというふうな事を、この内閣府の方々にご理解をいただいたというふうなところであります。

 それから25日、男子プロゴルフトーナメントの誘致記者会見という事で、これはプロゴルフ協会の海老沢会長、それからプロゴルファーの青木プロ、それからその大会を開催する企業の代表の方々と一緒になって、沖縄国際ゴルフ場で大会を開催するという事を決定をし、2年後からこの大会がいよいよ開かれるというふうな事であります。

 それから27日に喜瀬武原区での評議委員会との懇談会という事がありますが、これは私どもが懸案事項であった喜瀬武原地区の用地のところにおいて、県立農業大学校を誘致したいというふうな事で村としては地域の方々のご理解を得たいというふうな事で評議委員の方々に説明をし、この誘致にあたっては安富祖地区、3地区の皆様方のご理解をいただきたいというふうな事で、ご当地である喜瀬武原の方に伺って、その申し入れをしたというふうな事であります。

 それから11月の11日でありますが、それを受けて高良副知事へ農業大学校誘致の要請というふうな形になりました。これは喜瀬武原区の区長、安富祖区の区長、名嘉真区の区長の方々のご同伴を頂いて直接副知事へ要請を行ったというふうなものであります。

 それから14日でありますが、村農振協との行政懇談会という事で次年度に向けて農業振興に係る要請をした、受けたところであります。これによっていくつか、我々としてはやっていきたいというふうな事を考えているところであります。

 それから28日、村老人会主催の、これはちょっと「語やびら」というふうな字になるべきなんですが、どうもそこが間違っているようでありますからご訂正を頂いて、「語やびら島くとぅば大会」というのが初めて開かれました。村内各字区の会長さんが参加をして字区独特の訛りの話が出てきたという事で、大変ユニークな大会であると同時にやはり地域において「島くとぅば」というものを大事にするという、今私どもの流れがありますので、大変ありがたくまたこれから継続して頂ければありがたいというふうに思っております。

 それから30日の村健康福祉まつりであります。これは村民の健康を考えるという目的の中で村民の多くの参加を、私どもとしては集めていきたいというふうな事で考えております。まあそのような中で今年も名嘉真区の切葉組合の方々が多くの切葉を無料で提供していただいて、参加者の方々にそれを配布をしておりました。大変ありがたく、我々としてはこの方々のまた思いに応えるためにも恩納村の健康づくりをしっかりやっていかなくちゃいけないというふうに考えたところであります。

 それから後ろの方に9月から11月までの工事概要及び指名業者の資料を添付してあります。これはお目通しを頂いて議員各位のご理解をお願いいたしまして私の業務報告とさせて頂きます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。



◆10番(宮崎豊) 

 議長、10番。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 おはようございます。

 1点だけ村長にお尋ねします。10月の17日、副村長退職辞令交付式とあります。まあ現在も空席になっている訳ではありますけども、その点のこのまあ経緯というか、村長の方から説明いただいて、もう1点ですね、空席ではありますので村行政にとって支障が無いのか、その辺を確認いたします。よろしくお願いします。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 ご本人から10月1日に退職辞令を是非、私としては出したいと、退職したいという旨の申し出がありました。それを受けて私どもとしてはこれは、実は2度目の本人の申し出でありましたので、それはもう受けざるを得ないだろうというふうな事で、1日に受けて17日にお辞めになったんですが、基本的には20日付の退職であります。我々としてはやはり今支障が無いかというと、これはやっぱり若干あると言った方がいいだろうというふうに思います。ただ、そのような中で私としては総務課長を主体にして、代理の、副村長の代理という形で決裁を行っていると、そのような中で各課長においてはしっかりと各々の立ち位置でやらざるを得ないよというふうな事で、決してこれまで同様に村長であり、副村長がやってた部分は自分たちの課に係る部分については、担当課でやるというふうな事を申し入れしてありますので、それほど大きな混乱は無いというふうに理解をしております。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑ありませんか。

          (ありません)の声あり



○議長(仲田豊) 

 これで、質疑終わります。

 これで行政報告を終わります。

 日程第5、議案第61号・平成26年度恩納村一般会計補正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることについて議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 議案第61号・平成26年度恩納村一般会計補正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることについて。

 平成26年度恩納村一般会計補正予算(第4号)について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求める。

 平成26年12月15日提出、恩納村長・志喜屋文康。

 提案理由、地方自治法第179条第3項の規定により、この議案を提出するものであります。

 恩納村告示第82号、専決処分について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、平成26年度恩納村一般会計補正予算(第4号)について、別紙のとおり専決処分したので告示する。

 平成26年11月25日。

 専決処分書、地方自治法(昭和22年法律第67号)第179条第1項の規定により、平成26年度恩納村一般会計補正予算(第4号)について、別紙のとおり専決処分する。

 平成26年11月25日、恩納村長・志喜屋文康。

 提案理由、議会を招集する暇がないという事であります。

 後ろの方に今回の補正の額、493万円という形であります。中身につきましては県支出金で493万円、これが、これはまああくまでも今回は議員各位もご理解のとおり先般の選挙に伴うというものであります。

 皆様方のご理解、よろしくお願いいたします。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。ただ今議題となっております議案については、会議規則第39条第3項の規定により委員会への付託を省略いたしたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。よって、委員会への付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 これより議案第61号・平成26年度恩納村一般会計補正予算(第4号)の専決処分につき承認を求めることを採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり可決されました。

 日程第6、議案第62号・恩納村現行の条例の用語等の整備に関する特別措置条例の制定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 議案第62号・恩納村現行の条例の用語等の整備に関する特別措置条例の制定について。

 恩納村現行の条例の用語等の整備に関する特別措置条例を制定したいので、議会の議決を求める。

 平成26年12月15日提出、恩納村長・志喜屋文康。

 恩納村現行の条例の用語等の整備に関する特別措置条例という事で、中身については趣旨、整備の基準、それから、という形で色々あります。そのような中で、今回につきましては我々としては是非この条例を制定しておきたいというふうな事であります。

 附則としてこの条例は公布の日から施行する。

 提案理由、恩納村現行の条例の用語等を整備するため、条例の制定が必要である。これがこの議案を提出する理由であります。

 是非、これにつきましては、担当職員をしてまた後ほど説明させますので、議員各位のご理解をお願いしまして、提案理由の説明といたします。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、総務財政文教委員会に付託いたします。

 日程第7、議案第63号・恩納村課設置条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 議案第63号・恩納村課設置条例の一部を改正する条例について。

 恩納村課設置条例の一部を次のように改正したいので、議会の議決を求める。

 平成26年12月15日提出、恩納村長・志喜屋文康。

 恩納村課設置条例の一部を改正する条例。

 恩納村課設置条例(平成元年恩納村条例第8号)の一部を次のように改正する。

 第2条第9号中アからエまでを削り、オをアとし、カをイとし、同号キ中「上下水道」を「下水道」に改め、同号キを同号ウとする。

 附則、この条例は、交付の日から施行する。

 提案理由、執行機関の分掌事務を整理するため、恩納村課設置条例の一部を改正する必要がある。これがこの議案を提出する理由であります。

 後ろの方に現行と改正案を提示してあります。是非、議員各位のご理解をお願いいたしまして、提案理由の説明といたします。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、総務財政文教委員会に付託いたします。

 日程第8、議案第64号・特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 議案第64号・特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例について。

 特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を次のように改正したいので、議会の議決を求める。

 平成26年12月15日提出、恩納村長・志喜屋文康。

 特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例。

 特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例(昭和47年恩納村条例第11号)の一部を次のように改正する。

 第4条第2項中「100分の155」を「100分の170」に改める。

 附則、この条例は公布の日から施行し、平成26年12月1日から適用する。

 提案理由、特別職の職員で常勤のものの期末手当の適正化を図るため、特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する必要がある。

 これがこの議案を提出する理由であります。

 後ろの方に現行と改正案が添付されております。議員各位のご理解をお願いいたしまして、手南理由の説明といたします。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、総務財政文教委員会に付託いたします。

 日程第9、議案第65号・恩納村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 議案第65号・恩納村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について。

 恩納村職員の給与に関する条例の一部を次のように改正したいので、議会の議決を求める。平成26年12月15日提出、恩納村長・志喜屋文康。

 恩納村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例。

 恩納村職員の給与に関する条例(昭和62年恩納村条例第11号)の一部を次のように改正する。

 第21条第2項及び附則第3項中「100分の70」を「100分の85」に改める。

 別表第2を次のように改めるという事で、今回人勧に伴うものであります。

 是非、議員各位のご理解をお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、総務財政文教委員会に付託いたします。

 日程第10、議案第66号・恩納村国民健康保険条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 議案第66号・恩納村国民健康保険条例の一部を改正する条例について。

 恩納村国民健康保険条例の一部を次のように改正したいので議会の議決を求める。

 平成26年12月15日提出、恩納村長・志喜屋文康。

 恩納村国民健康保険条例の一部を改正する条例。

 恩納村国民健康保険条例(昭和48年恩納村条例第7号)の一部を次のように改正する。

 第6条第1項中「39万円」を「40万4千円」に改め、「を支給する。」の次に「ただし、村長が健康保険法施行令(大正15年勅令第243号)第36条の規定を勘案し、必要があると認めるときは、規則で定めるところにより、これに3万円を上限として加算するものとする。」を加える。

 附則、施行期日、1、この条例は平成27年1月1日から施行する。

 経過措置、2、施行日前に出産した被保険者に係る国民健康保険条例第6条の規定による出産育児一時金の額については、なお従前の例による。

 提案理由、健康保険法施行令等の一部を改正する政令(平成26年政令第365号)が平成26年11月19日に公布されたことに伴い、恩納村国民健康保険条例の一部を改正する必要がある。

 これが、この議案を提出する理由であります。

 後ろの方に現行の条例と改正案が添付されております。議員各位のご理解を頂きまして是非可決頂きますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。



◆15番(吉山盛次郎) 

 議長、15番。



○議長(仲田豊) 

 15番、吉山盛次郎君。



◆15番(吉山盛次郎) 

 ただ今の条例の改正についてですが、ただし、カギ括弧のただしですね、そこについて現状の6条においてはですね、そういうただし書きが無いんですね。そしてその法令、施行令ですね、健康保険法の36条とありますが、その辺のところをもう少し詳しく説明して頂けますか。



◎福祉健康課長(新里勝弘) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 福祉健康課長、新里勝弘君。



◎福祉健康課長(新里勝弘) 

 今、ただし書きが無いという事はどういう事かという事ですか。はい、これはですね、平成20年に出産育児一時金が42万、39万、で3万円プラスする。で、42万の法律は変更になった際にですね、そのただし書きで改正する必要があったんですけれども、今回、この改正の部分が漏れていたという事で、これは追加になります。よろしいでしょうか。よろしいですか。



◆15番(吉山盛次郎) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 15番、吉山盛次郎君。



◆15番(吉山盛次郎) 

 本来は現行の、本村のですね、国民健康保険法においてはただし、そういうただし書きを挿入すべきだったものを挿入されて無かったと、あの上位法がですね、で、今回それをただし書きとして入れたという事で理解して良い訳ですね。



◎福祉健康課長(新里勝弘) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 福祉健康課長、新里勝弘君。



◎福祉健康課長(新里勝弘) 

 はい、そのとおりです。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑ありませんか。

          (質疑なし)の声あり

 これで、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、経済建設民生委員会に付託いたします。

 日程第11、議案第67号・恩納村水道事業給水条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 議案第67号・恩納村水道事業給水条例の一部を改正する条例について。

 恩納村水道事業給水条例の一部を次のように改正したいので、議会の議決を求める。

 平成26年12月15日提出、恩納村長・志喜屋文康。

 恩納村水道事業給水条例の一部を改正する条例。

 恩納村水道事業給水条例(平成10年恩納村条例第5号)の一部を次のように改正する。

 第21条第1項に次の1号を加える。

 (4)連合専用の料金の適用を受けるとき。

 第21条第2項に次の1号を加える。

 (4)連合専用における使用戸数に異動があったとき。

 第25条の次に次の1項を加える。

 2、連合専用の料金は、水道の各使用者が連携してその納付義務を負うものとする。

 附則、この条例は、平成27年4月1日から施行する。

 提案理由、連合専用の適用を受けることにより、共同住宅の水道についても、個々の居住者を給水対象とみなし、一般の受給者に対すると同様の取り扱いとしたサービスの向上に努めるため。

 これが、この議案を提案する理由であります。

 後ろの方に現行、改正案が添付されております。議員各位のご理解をお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、経済建設民生委員会に付託いたします。

 日程第12、議案第68号・村税の特例に関する条例を廃止する条例についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 議案第68号・村税の特例に関する条例を廃止する条例について。

 村税の特例に関する条例を廃止する条例について、議会の議決を求める。

 平成26年12月15日提出、恩納村長・志喜屋文康。

 村税の特例に関する条例を廃止する条例。

 村税の特例に関する条例(昭和47年恩納村条例第49号)は、廃止する。

 附則、この条例は公布の日から施行する。

 提案理由、沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律(昭和46年法律第129号)の施行に伴う必要な特別措置等を定めるため、恩納村税条例の特例を設けていたが、その目的が達成されているため。

 これが、この議案を提出する理由であります。

 議員各位のご理解をよろしくお願いいたしまして、提案理由の説明といたします。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、総務財政文教委員会に付託いたします。

 日程第13、議案第69号・平成26年度恩納村一般会計補正予算(第5号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 議案第69号・平成26年度恩納村一般会計補正予算(第5号)。

 平成26年度恩納村の一般会計補正予算(第5号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正、第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億3010万5千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ79億7618万1千円とする。

 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表、歳入歳出予算補正」による。

 平成26年12月15日提出、恩納村長・志喜屋文康。

 今回の補正の主なものを申し上げておきたいというふうに思います。

 主な、歳入の主な内訳としましたは、前兼久交流施設整備事業分担金として2775万7千円、それから特定防衛施設周辺調整交付金で2344万7千円、障害者自立支援給付費、国・県負担金で1612万5千円、土地売り払い収入・4397万円が主な内訳であります。

 そのような中で今回、歳出の増、歳出の分で増額となった部分としては、障害福祉サービス等費として2028万円、それから国保その他繰出し金として1888万円、それから先程申し上げましたように前兼久交流施設整備事業で2775万円、小中学校教科書指導書という事で843万円、それから農道・林道の災害復旧費として1134万円、それから金武地区消防衛生組合負担金で1261万円、それから給与改正に伴う職員人件費として1347万円などが主なものであります。これにつきましては、詳しくまた後ほど担当職員をして説明致させますので、審議のうえ議決くださいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。



◆10番(宮崎豊) 

 議長、10番。



○議長(仲田豊) 

 10番、宮崎豊君。



◆10番(宮崎豊) 

 いよいよ住民が待ちに待った前兼久公民館が、動き出すというような事になるかと思うんですけども、他の仲泊、冨着、名嘉真、この3字の予定はどのようになっておりますでしょうか。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 これにつきましては、一般質問等でも出てるんでありますが、私としては今議員がおっしゃった地区については、準備が整った所から逐次整備をしていくというふうな事で考えております。ですから、是非地域の方々におかれましてはしっかりと区内で連携を取りながらやっていただくという事が我々にとって大変重要な事になりますので、そこら辺の事については村としてもまた出来る事をしながらやっていきたいというふうに思っています。



○議長(仲田豊) 

 他に質疑ありませんか。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 これで質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、総務財政文教委員会に付託いたします。

 日程第14、議案第70号・平成26年度恩納村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 議案第70号・平成26年度恩納村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)。

 平成26年度恩納村の国民健康保険特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正、第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1963万9千円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ16億1221万5千円とする。

 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表、歳入歳出予算補正」による。

 平成26年12月15日提出、恩納村長・志喜屋文康。

 これにつきましては、詳しくは後ほど担当職員をして説明致させますので、審議のうえ議決下さいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、経済建設民生委員会に付託いたします。

 日程第15、議案第71号・平成26年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 議案第71号・平成26年度恩納村下水道事業特別会計補正予算(第3号)。

 平成26年度恩納村の下水道事業特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表、歳入歳出予算補正」による。

 平成26年12月15日提出、恩納村長・志喜屋文康。

 という事で、後ろの方に総括表含めて添付されておりますが、詳しくは後ほど担当職員をして説明致させたいというふうに思います。審議のうえ議決くださいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題となっております議案については、経済建設民生委員会に付託いたします。

 日程第16、議案第72号・平成26年度恩納村水道事業会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 議案第72号・平成26年度恩納村水道事業会計補正予算(第3号)。

 総則、第1条、平成26年度恩納村の水道事業会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。

 収益的収入及び支出、第2条、平成26年度恩納村水道事業会計予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。

 科目、既決予定額、それから補正予定額という事で、合計まで読上げたいというふうに思います。

 第11款、水道事業収益・5億7255万2千円、5571万1千円、合計で6億2826万3千円。第1項、営業収益、5億4271万7千円、5571万1千円、合計で5億9842万8千円。

 支出、第21款、水道事業費用、5億7255万2千円、5571万1千円、6億2826万3千円。第1項、営業費用、5億1073万9千円、3399万6千円、5億4473万5千円。第4項、予備費、3565万6千円、2171万5千円、5731万1千円。

 資本的支出という事で、第3条、平成26年度恩納村水道事業会計補正予算(第2号)第3条本文括弧書中「資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額1億3755万5千円を1億4155万5千円に、過年度分損益勘定留保資金1億3755万5千円を1億4155万5千円に改め、資本的支出の予定額を次のとおり補正する。

 科目、第41款、資本的支出、1億4755万8千円、支出として400万円、合計で1億5155万8千円。第1項、建設改良費で6199万1千円、それから補正で400万円、合計で6599万1千円。

 議秋の議決を経なければ流用することのできない経費、第4条、既決予算の議会の議決を経なければ流用することのできない経費の金額を次のように改める。

 科目・職員給与額、既決予定額・4619万円、補正予定額・26万9千円、合計として4645万9千円。

 平成26年12月15日提出、恩納村長・志喜屋文康。

 という事で、今回これにつきましても担当職員をして説明致させますので、議員の皆様の審議を経て議決くださいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 ただ今議題になっております議案については、経済建設民生委員会に付託いたします。

 日程第17、 報告第7号・恩納第1地区汚水処理施設建設工事専決処分の報告についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。



◎村長(志喜屋文康) 

 議長。



○議長(仲田豊) 

 村長 志喜屋文康君。



◎村長(志喜屋文康) 

 報告第7号・恩納第1地区汚水処理施設建設工事専決処分の報告について。

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により、議会において指定されている下記の事項について、別紙のとおり専決処分したから同条第2項の規定に基づき報告する。

 平成26年12月15日提出、恩納村長・志喜屋文康。

 記、契約金額・「5億1030万円」を「299万5500円」増額し、「5億1329万5500円」に変更する。平成26年10月10日専決。

 提案理由、事業量の変更に伴い、契約額を増額したものであります。

 専決処分書、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により、平成20年・議発第4号において指定されている下記の事項について、次の契約を専決処分する。

 1、元請負契約金額・5億1030万円を5億1329万5500円に改定し、契約変更増額を299万5500円とする。

 平成26年10月10日、恩納村長・志喜屋文康。

 で、後ろの方に改定契約書、それから事業量変更に伴う位置図等が添付されております。

 議員各位のご理解をお願い申し上げまして、報告とさせていただきます。



○議長(仲田豊) 

 これより質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 報告第7号・恩納第1地区汚水処理施設建設工事専決処分の報告については、以上のとおり報告されました。

 暫時、休憩いたします。



△休憩 11時25分



△再開 16時05分



○議長(仲田豊) 

 休憩前に引き続き、会議を開きます。

 ただいま総務財政文教委員会委員長から、議案第69号・平成26年度恩納村一般会計補正予算(第5号)についての委員会審査報告書が提出されました。

 これを日程に追加し、追加日程第1として、議題にしたいと思います。

 ご異議ありませんか。

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって議案第69号・平成26年度恩納村一般会計補正予算(第5号)を日程に追加し、追加日程第1として、議題とすることに決定いたしました。

 追加日程第1、議案第69号・平成26年度恩納村一般会計補正予算(第5号)を議題と致します。

 本案に対する委員長の報告を求めます。

 総務財政文教委員会委員長、又吉薫君。



◆総務財政文教委員会委員長(又吉薫) 

 それでは報告いたします。

 議案第69号・総務財政文教委員会委員長報告、委員長・又吉薫。

 平成26年度恩納村一般会計補正予算(第5号)について。

 本委員会は、平成26年12月15日の本会議において付託された議案について、同日、全委員出席のもとに委員会を開催し、説明員として総務課長に出席を求め審査を行いました。その経緯と結果を報告します。

 本案は、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億3,010万5千円を追加し、総額で79億7,618万1千円であります。

 歳入増の主なものは、13款・分担金及び負担金2,775万7千円、15款・国庫支出金1,965万4千円、17款・財産収入4,397万円、19款・繰入金1,552万円。

 歳出増の主なものは、3款・民生費4,191万5千円、8款・土木費4,142万3千円、9款・消防費1,261万2千円、10款・教育費1,287万2千円、11款・災害復旧費1,134万4千円であります。

 歳入に関する質疑。

 13款・分担金及び負担金、前兼久交流施設整備分担金については、新築業務の設計業務との説明がありました。

 17款・財産収入、土地売払収入については、国道バイパス工事に伴うもので恩納7441番地の一部、4,652?との説明がありました。

 歳出に関する質疑。

 3款・民生費、障害福祉サービス等費については、障害者のデイサービス、居宅介護サービス、生活支援サービスの実績増との説明がありました。

 同款・民生費、配食サービス委託料については、利用者の増との説明がありました。また、同款、外出支援サービス委託料については、利用者の減との説明がありました。同款、簡素な給付措置については、消費税値上げに伴う減との説明がありました。

 8款・土木費、村道前山線改修工事実施設計業務については、名嘉真から喜瀬武原に抜ける村道で、台風による被害で現在一部片側通行との説明がありました。

 9款・消防費、金武地区消防衛生組合負担金については、恩納分遣所の移転に伴うもので、北部振興事業の高度化整備事業で予定し、事業費が6億8,300万円、内訳、10分の8が補助で1億2040万円は起債であります。3,421万2千円については、金武、恩納、宜野座3町村の総額となっています。

 10款・教育費、教師用指導書については、平成27年度小学校指導用教科書の改訂に伴う教員用教科書との説明がありました。

 採決の結果、出席した全委員の賛成でもって原案のとおり可決と決しました。

 以上、会議規則第77条の規定により報告いたします。



○議長(仲田豊) 

 これより、委員長報告に対する質疑を許します。

          (質疑なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

          (討論なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 討論なしと認め、討論を終わります。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 これより議案第69号・平成26年度恩納村一般会計補正予算(第5号)についてを採決いたします。

 本案は、委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか

          (異議なし)の声あり



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって本案は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。

 本日、議決されました議案等の字句、その他整理を要するものについては、会議規則第45条の規定に基づき、議長に委任されたいと思います。

 これにご異議ありませんか。

          (異議なし)の声



○議長(仲田豊) 

 ご異議なしと認めます。

 よって本日議決されました議案等の字句、その他整理を要するものについては、議長に委任することに決しました。

 以上をもって本日の議事日程は全部終了いたしました。

 本日はこれで散会といたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 16時10分

 地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。

     議長       仲田 豊

     会議録署名議員  平良幸夫

     会議録署名議員  外間勝嘉