議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 東村

平成 23年 6月 定例会(3回) 06月21日−03号




平成 23年 6月 定例会(3回) − 06月21日−03号









平成 23年 6月 定例会(3回)




┌─────────────────────────────────────────────┐
│平成23年第3回東村議会定例会会議録                            │
├─────────┬───────────────────────────────────┤
│招集年月日    │平成23年6月21日                           │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│招集場所     │東村議会議事堂                            │
├─────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┤
│開・閉の日時   │開議 │平成23年6月21日 午前10時00分  │議長 │安 和 敏 幸  │
│及び宣言     │閉会 │平成23年6月21日 午前10時58分  │議長 │安 和 敏 幸  │
├─────────┼───┼─────────────┬───┼───┴─────────┤
│出席(応招)議員 │議 席│氏   名        │議 席│氏   名        │
│         │番 号│             │番 号│             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │仲 嶺 眞 文      │6  │大宜見 朝 健      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │比 嘉 重 範      │7  │池 原 憲 勇      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │神 谷 牧 夫      │8  │金 城 允 士      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │平 田 嗣 雄      │9  │安 和 敏 幸      │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│欠席(不応招)議員│   │             │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│会議録署名議員  │6  │大宜見 朝 健      │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │7  │池 原 憲 勇      │   │             │
├─────────┼───┴────┬────────┴───┴─────────────┤
│職務のために出席 │事 務 局 長 │ 上 原 朝 文                  │
│した者の職氏名  ├────────┼──────────────────────────┤
│         │臨 時 職 員 │ 仲 嶺 眞太郎                  │
├─────────┼────────┼────────┬────────┬────────┤
│地方自治法第121│村長      │伊 集 盛 久 │農林水産課長  │山 城 定 雄 │
│条により説明のため│副村長     │金 城 紀 昭 │教育長     │吉 本 健 夫 │
│出席した者の職氏名│会計管理者   │港 川 尚 樹 │教育課長    │松 田 恵里子 │
│         │総務財政課長  │金 城 幸 人 │農業委員会事務局│山 城 定 雄 │
│         │企画観光課長  │宮 城   準 │長       │        │
│         │住民課長    │福 永 政 也 │        │        │
│         │福祉保健課長  │比 嘉 一 之 │        │        │
│         │建設環境課長  │宮 城 調 秀 │        │        │
└─────────┴────────┴────────┴─────────────────┘




△平成23年第3回東村議会定例会議事日程表(第3号)


平成23年6月21日
開 議 午前10時
┌────┬─────┬──────────────────────────────┐
│日程番号│議案番号 │件        名                    │
├────┼─────┼──────────────────────────────┤
│1   │承認第1号│専決処分の承認を求めることについて             │
│    │     │(東村国民健康保険税条例の一部を改正する条例)       │
│    │     │(質疑、討論、採決)                    │
│2   │承認第2号│専決処分の承認を求めることについて             │
│    │     │(東村税条例の一部を改正する条例)             │
│    │     │(質疑、討論、採決)                    │
│3   │議案第17号│東村乳幼児医療費助成条例を廃止する条例について       │
│    │     │(質疑、討論、採決)                    │
│4   │議案第18号│平成23年度東村一般会計補正予算(第1号)について      │
│    │     │(委員長報告、質疑、討論、採決)              │
│5   │議案第19号│平成23年度東村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について│
│    │     │(委員長報告、質疑、討論、採決)              │
│6   │議案第20号│平成23年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について│
│    │     │(委員長報告、質疑、討論、採決)              │
│7   │陳情第11号│沖縄県教育委員会の教育事務所統廃合による市町村教育委員会への│
│    │     │業務移譲と学校事務の共同実施拡大の慎重な対応を求める陳情  │
│    │     │(委員長報告、質疑、討論、採決)              │
│8   │     │議員派遣の件                        │
│    │     │                              │
│追加1 │同意第1号│副村長の選任について                    │
│    │     │(内容説明、質疑、委員会付託、採決)            │
│追加2 │同意第2号│教育委員会の委員の任命について               │
│    │     │(内容説明、質疑、委員会付託、採決)            │
│追加3 │同意第3号│教育委員会の委員の任命について               │
│    │     │(内容説明、質疑、委員会付託、採決)            │
│追加4 │同意第4号│固定資産評価審査委員会委員の任命について          │
│    │     │(内容説明、質疑、委員会付託、採決)            │
│    │     │                              │
│    │     │                              │
└────┴─────┴──────────────────────────────┘




○議長(安和敏幸君) おはようございます。早速、本日の会議を開きます。          (10時00分)

 ただいま、村長から同意第1号副村長の選任について、同意第2号教育委員会委員の任命について、同意第3号教育委員会委員の任命について、同意第4号固定資産評価審査委員会委員の任命について、以上4件が提出されております。これを日程に追加し、追加日程第1から追加日程第4として議題にすることに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、同意第1号から第4号までを日程に追加し、追加日程第1から追加日程第4として議題とすることに決定しました。



△日程第1.承認第1号専決処分の承認を求めることについて(東村国民健康保険税条例の一部を改正する条例) を議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認め、これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。

 お諮りします。承認第1号は原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、承認第1号は原案のとおり承認されました。



△日程第2.承認第2号専決処分の承認を求めることについて(東村税条例の一部を改正する条例) を議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。

 お諮りします。承認第2号は原案のとおり承認することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、承認第2号は原案のとおり承認されました。



△日程第3.議案第17号東村乳幼児医療費助成条例を廃止する条例について を議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。1番、仲嶺眞文君。



◆1番(仲嶺眞文君) 東村乳幼児医療費助成条例を廃止する条例についてということで質疑をしたいと思います。なぜ、改正ではなくして廃止なのか、その辺、ひとつ伺いたいと思います。



○議長(安和敏幸君) 福祉保健課長、比嘉一之君。



◎福祉保健課長(比嘉一之君) ただいま仲嶺議員の質問にお答えします。

 今回、乳幼児医療費助成を廃止するという件で提案しております。その前に、今回乳幼児を子供医療費助成ということで年齢の拡充をやりまして、今現在ゼロ歳児から6歳児までが医療費を助成しています。それを15歳まで拡充するということで福祉課のほうで検討しておりましたが、当初、条例でゼロ歳から15歳まで条文を改正して、それと見出しを子供医療費助成というふうに変えて提案する予定でありましたが、去年からことしにかけて2つ、3つの町村が医療費助成ということで改正をやっております。

 そうした中、調べたら、2つぐらいの町村が要綱で制定されまして、なぜ要綱でやったかということになるんですが、条例よりも要綱の場合でしたらいろいろ条文とかあるいは様式等も要綱のほうで一つにセットして定めるということで、条例でやったらまたいろいろ規則でも定めたりするものでありまして、また要綱のほうでワンセットでやったほうがいいんじゃないかなということで、他の市町村のも参考にして制定しました。今現在沖縄県は大体要綱のほうで定めているようでございます。よろしくお願いします。以上です。



○議長(安和敏幸君) 1番、仲嶺眞文君。



◆1番(仲嶺眞文君) 6歳児から15歳児、要するに中学校終了までということで東村子供医療費助成要綱という形ですが、議員の皆さん初め要綱でやると次から変えても議員には諮らないでいいということがあるんですよ。それで、私が言いたいのは、要綱であるメリットを聞きたいですが、それと条例でのデメリット、ということはその2つ関連しますよね。いいことではあるんですが、要綱でいいというメリットは何ですか。条例でやったらデメリットがあるから要綱でやるわけですか。その2つお願いします。



○議長(安和敏幸君) 福祉保健課長、比嘉一之君。



◎福祉保健課長(比嘉一之君) 仲嶺議員の質問にお答えします。

 メリット、デメリットなんですが、確かに議員指摘のとおり、内容等はそんなには変わらないんですが、先ほど申したとおり要綱で定めた場合はいろいろそういった一連の流れあるいはそういった、例えば乳幼児を助成する場合は様式等の提出もありますが、この要綱にすれば一連の一つの流れで制定して、あとで東村の条例にも追録されるんですが、その流れでもわかりやすいというのが一つのメリットでございます。デメリットと考えるのは、このメリットだけがそういった流れでわかりやすいというものと思っております。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 1番、仲嶺眞文君。



◆1番(仲嶺眞文君) 今の説明でちょっと自分では納得がいかないんですが。やっぱり、できないじゃなくて、条例でやって規則でやってその中での要綱であれば一番すばらしいとは思うんですが、なぜ条例でいけないのか、簡潔に、これで最後だと思いますので、よろしくお願いします。



○議長(安和敏幸君) 暫時休憩します。                          (10時08分)

 再開します。                                       (10時09分)

 福祉保健課長、比嘉一之君。



◎福祉保健課長(比嘉一之君) ただいまの仲嶺議員の質問にお答えします。

 一番やっぱり条例のほうが、先ほど仲嶺議員指摘のとおり議会にかけてそのように定めたほうが望ましいんですが、要綱の場合はどうしても条例よりも細かくあるいはまたそういったいろいろ流れ等速やかと言ったらおかしいんですが、そのようにできるのが主に要綱の制定する目的でありますし、議員指摘のとおり条例の中にまた規則というふうにやれば小まめに説明もできますし、そういった望ましい流れもあるんですが、先ほど申し上げたとおり、いろいろほかの町村も参考にしながら福祉課で検討した中で、そのように要綱で今回制定するということで議案に上げておりますので、いろんな面で条例のほうが望ましいとは思いますが、今回要綱で、ある程度各市町村の条例あるいは要綱等も参考にしながら提案しておりますので、その要綱のほうで今回はお願いしたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。6番、大宜見朝健君。



◆6番(大宜見朝健君) 今、仲嶺議員からも再三指摘がありましたけど、この条例を要綱にかえるということは、要綱にかえたから議会を通さなくてもいいと、自己判断でこの補助金の策定ができるということでの意味だということで僕は把握してるんですけど、例えばこの要綱に持っていった場合に助成金が厳しくなったときに、これは出てくると思います。多分今の情勢の中で。そのときに、この要綱だと議会を通さないもんだから、そういうところでこの助成金のカットとかそういうのはあり得ると思うんですけど、その点についてちょっと答弁願います。



○議長(安和敏幸君) 福祉保健課長、比嘉一之君。



◎福祉保健課長(比嘉一之君) ただいまの大宜見議員の質問にお答えします。

 先ほどちょっと説明不足ではありましたんですが、要綱も条例も定める場合は各担当課職員あるいは担当課長だけで制定するんではなくて、今東村役場の内部では法令審査会というのがありまして、その中でいろいろ条文あるいは一字ずつ各課長がチェックしまして、それで正当なのか、それで議会に提案していいのか、あるいは要綱の場合でしたら最高責任者村長まで決裁をもらって、告示してそれから要綱がスタートするんですが。それとまた、大宜見議員が助成金とかが要綱ではカットされるんではないかというふうにあるんですが、そういった心配はございません。担当のほうでそういった県・国とも調整しまして、要綱のとおりにすれば交付金もおりてきますので、そういった心配はないと思います。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。1番、仲嶺眞文君。



◆1番(仲嶺眞文君) ちょっと時間はかかっても、反対でもいいですか。(「はい」と言う者あり)私は子供医療費の廃止じゃなくて、それを盛り込んだ東村子供医療費助成にかえて条例で残したほうがいいと思います。

 それは、やっぱり課長おっしゃられてるけど、やりませんと言っても、でも4年後、また8年後トップがかわったりして、あ、金がないから、いや、もし僕だった場合は、高校まで上げますと言われたら、議会通さんでもできるということですよね。そうじゃなくして、やっぱりできる範囲、時間かけてもいいから3カ月ぐらいかけてもいいから条例でやったほうがいいと思います。終わります。



○議長(安和敏幸君) ほかに討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 先ほど討論がありましたので、採決については皆さん方手元にありますボタンにて採決をしたいと思います。

 では、これより採決を行います。

 お諮りします。議案第17号は原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンにて決したいと思います。ではボタンを押してください。賛否についてです。賛成の方、反対の方、ボタンを押してください。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) 間もなく投票を終了します。

 これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告します。投票総数7票、賛成が6票、反対が1票。したがって、賛成多数でありますので、議案第17号は原案のとおり可決いたしました。

 次に進めていきます。お諮りします。



△日程第4.議案第18号平成23年度東村一般会計補正予算(第1号)から日程第6.議案第20号平成23年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)までを一括して議題としたいと思います。これについて御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、日程第4.議案第18号から日程第6.議案第20号までを一括して議題とします。

 付託しておりました予算審査特別委員会の報告を求めます。予算審査特別委員長、平田嗣雄君。



◎予算審査特別委員長(平田嗣雄君) 

平成23年6月21日

 東村議会議長 安 和 敏 幸  殿

予算審査特別委員長 平 田 嗣 雄  

委 員 会 審 査 報 告 書



 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので会議規則第77条の規定により報告します。






┌─────┬──────────────────────────────┬──────────────┐
│事件の番号│件       名                     │審査結果          │
├─────┼──────────────────────────────┼──────────────┤
│議案第18号│平成23年度東村一般会計補正予算(第1号)について      │原案のとおり認定すべきもの │
│     │                              │(全会一致)        │
├─────┼──────────────────────────────┼──────────────┤
│議案第19号│平成23年度東村国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について│原案のとおり認定すべきもの │
│     │                              │(全会一致)        │
├─────┼──────────────────────────────┼──────────────┤
│議案第20号│平成23年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)について│原案のとおり認定すべきもの │
│     │                              │(全会一致)        │
└─────┴──────────────────────────────┴──────────────┘




○議長(安和敏幸君) ただいま委員長報告が終わりました。

 お諮りします。委員長報告に対する質疑、討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第18号から議案第20号までは質疑終結、討論を終結します。

 これより採決を行います。

 お諮りします。議案第18号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第18号は委員長報告のとおり可決いたしました。

 お諮りします。議案第19号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第19号は委員長報告のとおり可決いたしました。

 お諮りします。議案第20号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第20号は委員長報告のとおり可決いたしました。



△日程第7.陳情第11号沖縄県教育委員会の教育事務所統廃合による市町村教育委員会への業務移譲と学校事務の共同実施拡大の慎重な対応を求める陳情について を議題とします。

 付託しておりました総務文教委員会の報告を求めます。総務文教委員長、金城允士君。



◎総務文教委員長(金城允士君) 

平成23年6月21日

 東村議会議長 安 和 敏 幸  殿

総務文教委員長 金 城 允 士  

委 員 会 審 査 報 告 書



 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので会議規則第77条の規定により報告します。






┌─────┬──────────────────────────────┬──────────────┐
│事件の番号│件       名                     │審査結果          │
├─────┼──────────────────────────────┼──────────────┤
│陳情第11号│沖縄県教育委員会の教育事務所統廃合による市町村教育委員会への│(議会終了後、なおも継続して│
│     │業務移譲と学校事務の共同実施拡大の慎重な対応を求める陳情継続│審査する必要がある。)   │
│     │審査                            │              │
└─────┴──────────────────────────────┴──────────────┘




○議長(安和敏幸君) ただいま委員長報告が終わりました。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。

 お諮りします。ただいま議題となっております陳情第11号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、陳情第11号は委員長報告のとおり決定しました。

 なお、総務文教委員長から陳情第11号について継続審査の申し出が提出されております。

 お諮りします。総務文教委員長の申し出のとおり陳情第11号は継続調査することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、陳情第11号は継続調査することに決定しました。



△日程第8.議員派遣 については、お配りしたとおり派遣することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議員派遣の件は、お手元にお配りしたとおり派遣することに決定いたしました。

 暫時休憩します。                                     (10時25分)

 再開します。                                       (10時26分)

 追加議案について提案理由の説明を一括して求めます。村長、伊集盛久君。



◎村長(伊集盛久君) 平成23年第3回東村議会において、追加して提案いたします議案について一括して提案理由を申し上げます。

 同意第1号副村長の選任について、現副村長の任期が満了いたしますので、引き続き選任したく、議会の同意を求めるため、地方自治法第162条の規定により議会の同意を求めます。

 同意第2号教育委員会の委員の任命について、任期満了に伴い新たに任命する必要が生じたので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を求めます。

 同意第3号教育委員会の委員の任命について、任期満了に伴い新たに任命する必要が生じたので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を求めます。

 同意第4号固定資産評価審査委員会委員の任命について、任期満了に伴い新たに任命する必要が生じたので、議会の同意を求めるため、地方税法第423条第3項の規定により本案を提案いたします。

 以上でございます。



○議長(安和敏幸君) 提案理由の一括説明を終わります。

 追加日程第1.同意第1号副村長の選任について を議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、金城幸人君。



◎総務財政課長(金城幸人君) それでは説明いたします。

 同意第1号副村長の選任について、東村副村長に下記の者を選任したいので、地方自治法第162条の規定により議会の同意を求めます。

 住所、東村字平良63番地。氏名、金城紀昭。生年月日、昭和28年3月1日。

 平成23年6月21日提出、東村長、伊集盛久。

 提案理由については省略いたします。

 なお、金城紀昭さんの履歴につきましては後ろのページのほうに掲載しておりますので、参考にしていただきたいと思います。

 以上で説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 暫時休憩をします。                                    (10時29分)

(副村長退席)

 再開します。                                       (10時30分)

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております同意第1号は、会議規則第39条第2項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、同意第1号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン方式で行います。

 同意第1号について原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) まもなく投票を終了いたします。

 これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、同意第1号は原案のとおり可決いたしました。

 暫時休憩します。                                     (10時32分)

(副村長入室)

 再開します。                                       (10時33分)

 追加日程第2.同意第2号教育委員会の委員の任命について を議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、金城幸人君。



◎総務財政課長(金城幸人君) それでは内容説明を行います。

 同意第2号教育委員会の委員の任命について、東村教育委員会の委員に下記の者を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を求めます。

 住所、東村字宮城590番地の2。氏名、大嶺文夫。生年月日、昭和27年10月4日。

 平成23年6月21日提出、東村長、伊集盛久。

 提案理由については省略いたします。

 なお、大嶺文夫さんの履歴につきましては後ろのページに掲載しておりますので、参考にしていただきたいと思います。

 以上で説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております同意第2号は、会議規則第39条第2項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、同意第2号は委員会の付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 同意第2号について原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) まもなく投票を終了いたします。

 これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を申し上げます。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致であります。したがって、同意第2号は原案のとおり可決しました。

 追加日程第3.同意第3号教育委員会の委員の任命について を議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、金城幸人君。



◎総務財政課長(金城幸人君) それでは内容説明を行います。

 同意第3号教育委員会の委員の任命について、東村教育委員会の委員に下記の者を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を求めます。

 住所、東村字川田371番地の3。氏名、比嘉一之。生年月日、昭和35年4月11日。

 平成23年6月21日提出、東村長、伊集盛久。

 提案理由については省略いたします。

 なお、比嘉一之さんの履歴につきましては後ろのページに掲載しておりますので、参考にしていただきたいと思います。

 以上で説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 暫時休憩します。                                     (10時41分)

(福祉保健課長退室)

 再開します。                                       (10時42分)

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。1番、仲嶺眞文君。



◆1番(仲嶺眞文君) 人事の件なので再度村長に確認したいと思います。

 村長もスタートして4年、私たちもあと3年3カ月ぐらいしか残ってないんですが、やっぱり東村の大事な教育委員の任命ですので、ましてや現役の職員登用ということですので、1点だけ。私たちも承認するかしないかで、地元に帰った場合にも説明責任等がありますので。これだけ。東村でやっぱりどうしても人選が、ある程度東村全体を見て、それで適任者がいろいろ当たったんだけどということなのかどうか、これ1つだけ、お願いします。



○議長(安和敏幸君) 村長、伊集盛久君。



◎村長(伊集盛久君) 教育委員の任命についてでありますが、現教育長が5月の末ごろ、どうしても今期限りで教育長を退任したいという申し出がありまして、現教育長の本人も一緒になりまして、その前に、留任してくれということを再三お願いをいたしましたが、教育長の将来のやはり人生といいますか、それなりの御本人の人生をこれから有意義に過ごしていきたいということで、役場職員含めて40年近くの職務を全うされて退任をするようになりまして、そして現教育長、副村長、私も含めまして、村内、村外を含めていろいろと検討をいたしましたが、村外の関係者の皆さん方もそれなりに都合がありまして、どうしてもできないというふうになりまして、じゃあどうするかというふうになったときに、やはりこの際は内部から上げて起用しようということで、比嘉一之保健福祉課長を教育長に持っていくというための教育委員の任命をしたわけであります。提案のとおりひとつ御理解と同意をしていただければというふうに思っております。本人はまだ若い、年齢的には若いんですが、役所職員として28年間務められて、その間、課長も歴任しておりまして、年齢的にもあるいは家庭的にもやっぱり彼が適任であるということを認めておりますので、よろしくひとつお願いします。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 1番、仲嶺眞文君。



◆1番(仲嶺眞文君) 休憩をお願いします。



○議長(安和敏幸君) 暫時休憩します。                          (10時47分)

 再開します。                                       (10時48分)

 村長、伊集盛久君。



◎村長(伊集盛久君) ちょっと発言に瑕疵がありまして、訂正をしたいというふうに思っております。教育長の任命ではなくて教育委員の任命であります。以上、訂正します。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております同意第3号は、会議規則第39条第2項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、同意第3号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 同意第3号について原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) まもなく投票を終了いたします。

 これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成5、反対2で、賛成多数であります。したがって、同意第3号は原案のとおり可決いたしました。

 暫時休憩します。                                     (10時51分)

(福祉保健課長入室)

 再開いたします。                                     (10時52分)

 追加日程第4.同意第4号固定資産評価審査委員会委員の任命について を議題とします。

 内容説明を求めます。住民課長、福永政也君。



◎住民課長(福永政也君) 同意第4号固定資産評価審査委員会委員の任命について、東村固定資産評価審査委員会委員に次の者を任命したいので、同意を求める。

 住所、東村字高江83番地34。氏名、仲嶺武夫。生年月日、昭和14年2月6日。

 平成23年6月21日提出、東村長、伊集盛久。

 提案理由は省略いたします。

 次のページに本人の履歴書を添付しておりますので、各自お目通しをお願いいたします。

 以上で内容説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております同意第4号は、会議規則第39条第2項の規定により委員会の付託を省略することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、同意第4号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 同意第4号について原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) まもなく投票を終了いたします。

 これにて投票を終了します。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成6票、反対1票。賛成多数であります。したがって、同意第4号は原案のとおり可決いたしました。

 今定例会において議決されました事件について、その条項、字句、数字その他整理を要するものについては、その整理を議長に一任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、さよう決定しました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成23年第3回東村議会定例会を閉会します。御苦労さんでした。               (10時58分)



以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。



                東村議会

                議  長  安 和 敏 幸 

                署名議員  大宜見 朝 健 

                署名議員  池 原 憲 勇