議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 東村

平成 28年 5月 臨時会(4回) 05月31日−01号




平成 28年 5月 臨時会(4回) − 05月31日−01号









平成 28年 5月 臨時会(4回)





△平成28年第4回東村議会臨時会会期日程


                                 自:平成28年5月31日
                                        1日間
                                 至:平成28年5月31日
┌───┬────┬──┬────┬─────────────────────────┐
│日 次│月 日 │曜 │会議区分│摘        要               │
├───┼────┼──┼────┼─────────────────────────┤
│第1日│5月31日│火 │本会議 │1.開会宣告                   │
│   │    │  │    │2.会議録署名議員の指名             │
│   │    │  │    │3.会期の決定                  │
│   │    │  │    │4.趣旨説明                   │
│   │    │  │    │5.採決                     │
│   │    │  │    │6.閉会宣告                   │
└───┴────┴──┴────┴─────────────────────────┘





┌─────────────────────────────────────────────┐
│平成28年第4回東村議会臨時会会議録                            │
├─────────┬───────────────────────────────────┤
│招集年月日    │平成28年5月31日                           │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│招集場所     │東村議会議事堂                            │
├─────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┤
│開・閉の日時   │開会 │平成28年5月31日 午前10時00分  │議長 │安 和 敏 幸  │
│及び宣言     │閉会 │平成28年5月31日 午前10時20分  │議長 │安 和 敏 幸  │
├─────────┼───┼─────────────┬───┼───┴─────────┤
│出席(応招)議員 │議 席│氏   名        │議 席│氏   名        │
│         │番 号│             │番 号│             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │港 川 實 登      │6  │比 嘉 重 範      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │伊 佐 真 次      │7  │平 田 嗣 雄      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │神 谷 牧 夫      │8  │池 原 憲 勇      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │仲 嶺 眞 文      │9  │安 和 敏 幸      │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│欠席(不応招)議員│   │             │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│会議録署名議員  │2  │伊 佐 真 次      │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │神 谷 牧 夫      │   │             │
├─────────┼───┴────┬────────┴───┴─────────────┤
│職務のために出席 │事務局長    │福 永 政 也                   │
│した者の職氏名  ├────────┼──────────────────────────┤
│         │主事補     │親 泊 彩 華                   │
├─────────┼────────┼────────┬────────┬────────┤
│地方自治法第121│村長      │伊 集 盛 久 │建設環境課長  │平 田 尚 樹 │
│条により説明のため│副村長     │金 城 紀 昭 │農林水産課長  │仲 嶺 真 文 │
│出席した者の職氏名│教育長     │比 嘉 一 之 │教育課長    │比 嘉 鶴 見 │
│         │会計管理者   │宮 城 調 秀 │        │        │
│         │総務財政課長  │上 原 朝 文 │        │        │
│         │企画観光課長  │宮 田 健 次 │        │        │
│         │住民課長    │宮 平 勇 二 │        │        │
│         │福祉保健課長  │金 城 幸 人 │        │        │
└─────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘






△平成28年第4回東村議会臨時会議事日程表(第1号)

平成28年5月31日

開 会 午前10時


┌────┬─────┬──────────────────────────────┐
│日程番号│議案番号 │件        名                    │
├────┼─────┼──────────────────────────────┤
│1   │     │会議録署名議員の指名(2番 伊佐真次君・3番 神谷牧夫君) │
│    │     │                              │
│2   │     │会期の決定                         │
│    │     │                              │
│3   │決議第5号│米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する意見書    │
│    │     │               (内容説明・質疑・討論・採決)│
│4   │決議第6号│米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する抗議決議   │
│    │     │               (内容説明・質疑・討論・採決)│
│5   │     │議員派遣の件                        │
│    │     │                              │
└────┴─────┴──────────────────────────────┘






○議長(安和敏幸君) おはようございます。ただいまから平成28年第4回東村議会臨時会を開きます。

(10時00分)



△日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、2番、伊佐真次君、3番、神谷牧夫君を指名します。



△日程第2.会期の決定の件を議題とします。

 会期は、5月31日、本日限りの1日間にしたいと思います。これに御異議はありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、会期は5月31日、本日限りの1日間に決定しました。

 次に、日程第3.決議第5号米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する意見書を議題とします。

 趣旨説明を求めます。8番、池原憲勇君。



◎8番(池原憲勇君) 

 決議第5号

米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する意見書

 平成28年5月31日

 東村議会議長 安 和 敏 幸 殿

提出者 東村議会議員 池 原 憲 勇

賛成者 東村議会議員 港 川 實 登

東村議会議員 伊 佐 真 次

   〃    神 谷 牧 夫

   〃    仲 嶺 眞 文

   〃    比 嘉 重 範

   〃    平 田 嗣 雄

 趣旨説明

 将来に夢と希望に満ちた若い命が無残に奪われたという極めて残虐で凶悪な事件であり、村民や県民に大きな衝撃と不安を与えるとともに深い悲しみと激しい怒りを感じるこの事件に関し断固抗議し事件の再発防止に努めるよう次のとおり提出する。

 あて先

 内閣総理大臣 内閣官房長官 外務大臣 防衛大臣 沖縄及び北方対策担当大臣 外務省沖縄特命全権大使 沖縄防衛局長



米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する意見書

 平成28年4月28日から行方不明になっていた、うるま市在住の県内女性会社員20歳が5月19日に恩納村の雑木林で遺体となって発見された。沖縄県警は同日、死体遺棄の容疑で、嘉手納基地で働く海兵隊員で米軍属の男を逮捕した。その後、容疑者は女性暴行や殺害についても供述しているという報道がなされた。

 今回の事件は、将来に夢を抱く若い女性の尊い命を奪うという極めて残虐で凶悪な事件であり、親族や友人、関係者さらに村民、県民に大きな衝撃と不安を与えるとともに深い悲しみと激しい怒りの声が頂点に達している。

 沖縄県民は、戦後71年を経た今なお、基地あるがゆえに多くの犠牲と過重な負担を強いられており、今年3月にも米軍人による準強姦容疑事件が那覇市内のホテルで発生したばかりであった。

 本村議会は米軍人・軍属等による事件・事故等が発生するたびに、日米両政府に対して再発防止策と綱紀粛正を訴えてきたにもかかわらず、またしても県民が犠牲となる凶悪事件が発生したことは断じて許せるものではなく、激しい憤りを覚える。

 日米両政府は、こうした凶悪な事件が戦後71年、幾度となく繰り返されている事態を重く受け止め、これ以上の沖縄県民の犠牲を断ち切るべく、実効性のある抜本的な対策を講じるべきである。

 よって、東村議会は、村民並びに沖縄県民の人権、生命、財産を守る立場から、今回の米軍属による女性会社員死体遺棄事件に関し、渾身の怒りを込めて厳重に抗議するとともに、下記の事項を早急に実施されるよう強く要求する。



 1、被害者遺族への謝罪と完全な補償を行うこと。

 2、日米両政府は米軍人・軍属等の綱紀粛正及び人権教育を徹底するとともに、実効性のある抜本的な再発防止策を講じ公表すること。

 3、日米地位協定に規定されている米軍属の管理体制と責任の所在を明らかにすること。

 4、基地の整理、縮小を含めた日米地位協定の改定を行うこと。

 5、在沖米海兵隊の撤退を行うこと。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成28年5月31日

沖縄県 東 村 議 会

 あて先

 内閣総理大臣 内閣官房長官 外務大臣 防衛大臣 沖縄及び北方対策担当大臣 外務省沖縄特命全権大使 沖縄防衛局長

 以上。



○議長(安和敏幸君) 暫時休憩します。                          (10時10分)

 再開します。                                       (10時11分)

 先ほどの池原憲勇君の意見書の朗読において、文言のちょっと漏れがありましたので、訂正をお願いします。



◎8番(池原憲勇君) 先ほどの意見書の中で、抜けた文言があります。誤解を招くと困りますので、訂正をしたいと思います。

 3行目、「沖縄県警は同日、死体遺棄の容疑で嘉手納基地で働く海兵隊員」と言いましたが、「元海兵隊員」でありますので、そこを「元」を入れて訂正をしたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(安和敏幸君) ただいま趣旨説明が終わりました。

 お諮りします。決議第5号に対する質疑終結、委員会付託省略、討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、決議第5号に対する質疑終結、委員会付託省略、討論を終結することに決定しました。

 これより採決を行います。

 決議第5号は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、決議第5号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第4.決議第6号米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する抗議決議を議題とします。

 趣旨説明を求めます。8番、池原憲勇君。



◎8番(池原憲勇君) 

 決議第6号

米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する抗議決議

 平成28年5月31日

 東村議会議長 安 和 敏 幸 殿

提出者 東村議会議員 池 原 憲 勇

賛成者 東村議会議員 港 川 實 登

東村議会議員 伊 佐 真 次

   〃    神 谷 牧 夫

   〃    仲 嶺 眞 文

   〃    比 嘉 重 範

   〃    平 田 嗣 雄

 趣旨説明

 将来に夢と希望に満ちた若い命が無残に奪われたという極めて残虐で凶悪な事件であり、村民や県民に大きな衝撃と不安を与えるとともに深い悲しみと激しい怒りを感じる。この事件に関し断固抗議し事件の再発防止に努めるよう次のとおり提出する。

 あて先

 駐日米国大使 在日米軍司令官 在日米軍沖縄地域調整官 在沖米国総領事

米軍属による県内女性会社員死体遺棄事件に対する抗議決議

 平成28年4月28日から行方不明になっていた、うるま市在住の県内女性会社員20歳が5月19日に恩納村の雑木林で遺体となって発見された。沖縄県警は同日、死体遺棄の容疑で嘉手納基地で働く元海兵隊員で米軍属の男を逮捕した。その後、容疑者は女性暴行や殺害についても供述しているという報道がなされた。

 今回の事件は、将来に夢を抱く若い女性の尊い命を奪うという極めて残虐で凶悪な事件であり、親族や友人、関係者さらに村民、県民に大きな衝撃と不安を与えるとともに深い悲しみと激しい怒りの声が頂点に達している。

 沖縄県民は、戦後71年を経た今なお、基地あるがゆえに多くの犠牲と過重な負担を強いられており、今年3月にも米軍人による準強姦容疑事件が那覇市内のホテルで発生したばかりであった。

 本村議会は米軍人・軍属等による事件・事故等が発生するたびに、日米両政府に対して再発防止策と綱紀粛正を訴えてきたにもかかわらず、またしても県民が犠牲となる凶悪事件が発生したことは断じて許せるものではなく、激しい憤りを覚える。

 日米両政府は、こうした凶悪な事件が戦後71年、幾度となく繰り返されている事態を重く受け止め、これ以上の沖縄県民の犠牲を断ち切るべく、実効性のある抜本的な対策を講じるべきである。

 よって、東村議会は、村民並びに沖縄県民の人権、生命、財産を守る立場から、今回の米軍属による女性会社員死体遺棄事件に関し、渾身の怒りを込めて厳重に抗議するとともに、下記の事項を早急に実施されるよう強く要求する。



 5、被害者遺族への謝罪と完全な補償を行うこと。

 6、日米両政府は米軍人・軍属等の綱紀粛正及び人権教育を徹底するとともに、実効性のある抜本的な再発防止策を講じ公表すること。

 7、日米地位協定に規定されている米軍属の管理体制と責任の所在を明らかにすること。(発言する者あり)

 説明の中で、「5、6、7、8」と書いてますが、これは最初から「1、2、3、4」の記述の間違いでありますので、訂正をしたいと思います。最初から「5」が「1」になりますので、そこからまた読み上げたいと思います。

 1、被害者遺族への謝罪と完全な補償を行うこと。

 2、日米両政府は米軍人・軍属等の綱紀粛正及び人権教育を徹底するとともに、実効性のある抜本的な再発防止策を講じ公表すること。

 3、日米地位協定に規定されている米軍属の管理体制と責任の所在を明らかにすること。

 4、基地の整理・縮小を含めた日米地位協定の改定を行うこと。

 5、在沖米海兵隊の撤退を行うこと。

 以上、決議する。

 平成28年5月31日

沖縄県 東 村 議 会

 あて先

 駐日米国大使 在日米軍司令官 在日米軍沖縄地域調整官 在沖米国総領事 

 以上。



○議長(安和敏幸君) ただいま趣旨説明が終わりました。

 お諮りします。決議第6号に対する質疑終結、委員会付託省略、討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、決議第6号に対する質疑終結、委員会付託省略、討論を終結することに決定しました。

 これより採決を行います。

 お諮りします。決議第6号は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、決議第6号は原案のとおり可決されました。



△日程第5.議員派遣の件を議題とします。

 本日可決されました決議については、別紙お配りのとおり議員全員を派遣したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、お配りしているとおり議員全員を派遣することに決定しました。

 今臨時会において議決されました事件について、その条項、字句、数字、その他整理を要するものについては、その整理を議長に一任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、さよう決定しました。

 以上で、本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成28年第4回東村議会臨時会を閉会します。お疲れさん。                  (10時20分)



以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。


                東村議会

                議  長  安 和 敏 幸 

                署名議員  伊 佐 真 次 

                署名議員  神 谷 牧 夫