議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 東村

平成 28年 3月 定例会(3回) 03月25日−03号




平成 28年 3月 定例会(3回) − 03月25日−03号









平成 28年 3月 定例会(3回)



┌─────────────────────────────────────────────┐
│平成28年第3回東村議会定例会会議録                            │
├─────────┬───────────────────────────────────┤
│招集年月日    │平成28年3月25日                           │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│招集場所     │東村議会議事堂                            │
├─────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┤
│開・閉の日時   │開議 │平成28年3月25日 午前10時00分  │議長 │安 和 敏 幸  │
│及び宣言     │閉会 │平成28年3月25日 午前11時58分  │議長 │安 和 敏 幸  │
├─────────┼───┼─────────────┬───┼───┴─────────┤
│出席(応招)議員 │議 席│氏   名        │議 席│氏   名        │
│         │番 号│             │番 号│             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │港 川 實 登      │6  │比 嘉 重 範      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │伊 佐 真 次      │7  │平 田 嗣 雄      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │神 谷 牧 夫      │8  │池 原 憲 勇      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │仲 嶺 眞 文      │9  │安 和 敏 幸      │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│欠席(不応招)議員│   │             │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│会議録署名議員  │3  │神 谷 牧 夫      │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │仲 嶺 眞 文      │   │             │
├─────────┼───┴────┬────────┴───┴─────────────┤
│職務のために出席 │事務局長    │平 田 尚 樹                   │
│した者の職氏名  ├────────┼──────────────────────────┤
│         │臨時的職員   │親 泊 彩 華                   │
├─────────┼────────┼────────┬────────┬────────┤
│地方自治法第121│村長      │伊 集 盛 久 │建設環境課長  │宮 平 勇 二 │
│条により説明のため│副村長     │金 城 紀 昭 │農林水産課長  │宮 城   準 │
│出席した者の職氏名│教育長     │比 嘉 一 之 │教育課長    │比 嘉 鶴 見 │
│         │会計管理者   │松 田 恵里子 │        │        │
│         │総務財政課長  │福 永 政 也 │        │        │
│         │企画観光課長  │金 城 幸 人 │        │        │
│         │住民課長    │宮 城 調 秀 │        │        │
│         │福祉保健課長  │上 原 朝 文 │        │        │
└─────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘






△平成28年第3回東村議会定例会議事日程表(第3号)

平成28年3月25日

開 議 午前10時


┌────┬─────┬──────────────────────────────────┐
│日程番号│議案番号 │件        名                        │
├────┼─────┼──────────────────────────────────┤
│1   │議案第10号│第5次東村総合計画(基本構想・前期基本計画)の策定について     │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│2   │議案第11号│東村「ひと・むら・しごと創生」総合戦略策定について         │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│3   │議案第12号│東村過疎地域自立促進計画について                  │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│4   │議案第13号│北部広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更及びこれに伴う規約 │
│    │     │の変更について                           │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│5   │議案第14号│沖縄県介護保険広域連合を組織する地方公共団体の増加及び規約の変更  │
│    │     │について                              │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│6   │議案第15号│東村議会の議員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例  │
│    │     │について                              │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│7   │議案第16号│特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する │
│    │     │条例について                            │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│8   │議案第17号│東村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について       │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│9   │議案第18号│単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を │
│    │     │改正する条例について                        │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│10   │議案第19号│行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│11   │議案第20号│東村行政不服審査会条例の制定について                │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│12   │議案第21号│東村行政不服審査関係手数料条例の制定について            │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│13   │議案第22号│特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を  │
│    │     │改正する条例について                        │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│14   │議案第23号│固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例について       │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│15   │議案第24号│東村民生委員推薦会設置条例の制定について              │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│16   │議案第25号│東村営体育館の設置及び使用に関する条例の一部を改正する条例について │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│17   │議案第26号│地方公務員法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する │
│    │     │条例について                            │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│18   │議案第27号│平成27年度東村一般会計補正予算(第7号)について          │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│19   │議案第28号│平成27年度東村国民健康保険特別会計補正予算(第5号)について    │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│20   │議案第29号│平成27年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について    │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│21   │議案第30号│平成28年度東村一般会計予算について                 │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│22   │議案第31号│平成28年度東村国民健康保険特別会計予算について           │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│23   │議案第32号│平成28年度東村後期高齢者医療保険特別会計予算について        │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│24   │議案第33号│平成28年度東村簡易水道事業特別会計予算について           │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│25   │議案第34号│平成28年度東村人材育成基金特別会計予算について           │
│    │     │                  (委員長報告・質疑・討論・採決)│
│26   │同意第1号│教育委員会委員の任命について                    │
│    │     │                        (質疑・討論・採決)│
│27   │決議第1号│沖縄県の道路網の整備促進に関する意見書               │
│    │     │                   (趣旨説明・質疑・討論・採決)│
│28   │決議第2号│沖縄県の道路網の整備促進に関する決議                │
│    │     │                   (趣旨説明・質疑・討論・採決)│
│29   │決議第3号│米軍人による女性暴行事件に関する意見書               │
│    │     │                   (趣旨説明・質疑・討論・採決)│
│30   │決議第4号│米軍人による女性暴行事件に関する抗議決議              │
│    │     │                   (趣旨説明・質疑・討論・採決)│
│31   │     │閉会中の継続調査の件                        │
│    │     │                                  │
│32   │     │議員派遣の件                            │
└────┴─────┴──────────────────────────────────┘








○議長(安和敏幸君) おはようございます。直ちに本日の会議を開きます。          (10時00分)

 この際お諮りします。日程第1.議案第10号から日程第3.議案第12号までを一括して議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、日程第1.議案第10号から日程第3.議案第12号までを一括して議題とすることに決定しました。

 付託しておりました長期計画審査特別委員長の報告を求めます。長期計画審査特別委員長、池原憲勇君。



◎長期計画審査特別委員長(池原憲勇君) 

平成28年3月25日

 東村議会議長 安 和 敏 幸  殿

長期計画審査特別委員長 池 原 憲 勇

委 員 会 審 査 報 告 書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので会議規則第77条の規定により報告します。



事件の番号件       名審査結果

議案第10号第5次東村総合計画(基本構想・前期基本計画)の策定について原案のとおり可決すべきもの

(全会一致)

議案第11号東村「むら・ひと・しごと創生」総合戦略策定について原案のとおり可決すべきもの

(全会一致)

議案第12号東村過疎地域自立促進計画について原案のとおり可決すべきもの

(賛成多数)

 なお、可決するに当たり、長期計画審査特別委員会において議案第12号については、付帯決議を採択したので申し添えます。

 以上、報告申し上げます。



○議長(安和敏幸君) ただいま、長期計画審査特別委員長から報告が終わりました。

 この際、お諮りします。委員長に対する質疑終結、討論を終結することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、委員長に対する質疑終結、討論を終結することに決定しました。

 これより、採決を行います。

 お諮りします。まず初めに、議案第10号について採決を行います。

 長期計画審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第10号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第10号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、議案第11号について採決を行います。長期計画審査特別委員長の報告は原案のとおり可決すべきものです。議案第11号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第11号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、議案第12号について採決を行います。長期計画審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第12号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第12号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、日程第4.議案第13号北部広域市長村圏事務組合の共同処理する事務の変更及びこれに伴う規約の変更についてを議題とします。

 これより、質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第13号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第13号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第5.議案第14号沖縄県介護保険広域連合を組織する地方公共団体の増加及び規約の変更についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第14号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対票ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第14号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第6.議案第15号東村議会の議員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第15号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第15号は原案のとおり可決されました。



△日程第7.議案第16号特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。議案第16号について原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて、投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成6票、反対1票。賛成多数であります。したがって、議案第16号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第8.議案第17号東村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。8番、池原憲勇君。



◆8番(池原憲勇君) 少しわからないところがあるので、お聞きしたいと思います。

 提案理由の中に、人事評価制度の整備導入により級別基準職務表を条例で定める必要があるため、本案を提案するということになってありますが、この人事評価制度というのが、4月1日から始まっていくのか。その人事評価制度を導入することによって、人事評価制度のまずどういう形の評価なのか、その辺の説明を少しお願いしたいと、お聞きしたいと思います。



○議長(安和敏幸君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいま、池原議員の御質問にお答えいたします。

 人事評価制度は、従来でしたら、28年4月1日から施行ではあったんですが、私どもちょっと取り組みが遅くて、28年の中頃まで研修をして、そこからの導入ということになります。

 議員ご指摘のとおり人事評価制度について、どういうものかと申しますと、これには職員も評価して、その評価するのは、職員を評価するのは補佐、補佐を評価するのは課長、課長を評価するのは副村長という段階がありまして、その段階を踏まえながら評価を行っていきます。

 その評価で何ができるのかと言うと、今度は年に2回ぐらいコミュニケーションを取りながら、職員とヒアリングをしながら、改善できるかできないか。できない場合は、勤勉手当等で減給をしたり、そういう措置、方法があります。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 8番、池原憲勇君。



◆8番(池原憲勇君) 勤勉手当、これが何年から始まったかは、忘れたんですが、大分前から勤勉手当をやっている。本来勤勉手当というのは、職員の職務に対して評価があって与えられるものであるべきだと思うんです。

 しかしながら、今、東村はどちらかというと、満遍(まんべん)なくあげていると。前にも質問したことがあるんですが、これは、職員の能力に応じて本来は勤勉手当というのも、甲乙つけて払うべきものを私は思っておりましたが、今年、人事評価制度が導入をされるということですから、やはり職員の能力に応じて勤勉手当も少々甲乙をつけるべきだと思っております。

 それが、今年から整備をされるということで、非常にそれが、勤勉手当にもやはり、反映されるべきだろうと思っていますので、ひとつそれは満を持して、しっかりと、ただ満遍なくあげるんじゃあなくて、はっきり悪く言えば、村民からすると第2のボーナスをただあげているんじゃないのという考え方もありますので、その辺はやはり一生懸命やる方は、職員にはそれなりの勤勉手当というものを評価をもって与えるべきだと思いますので、その辺は加味してやっていただきたいなと思っております。

 これで、質疑を終わります。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 それでは、議案第17号について、原案とおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第17号は原案のとおり可決されました。



△日程第9.議案第18号単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第18号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第18号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第10.議案第19号行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第19号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第19号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第11.議案第20号東村行政不服審査会条例の制定についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) 初日にも説明は確か受けたんですが、第4条の内容について、どういった方々が該当するのか。その辺をもう一度ご説明お願いします。



○議長(安和敏幸君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいま、神谷議員の御質問にお答えいたします。

 第4条、委員についてでありますけれども、委員については、主にお二方の弁護士とお一方の先生、大学教授を予定しております。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。議案第20号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第20号は原案のとおり可決されました。



△日程第12.議案第21号東村行政不服審査関係手数料条例の制定についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第21号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第21号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第13.議案第22号特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第22号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第22号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第14.議案第23号固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第23号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第23号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第15.議案第24号東村民生委員推薦会設置条例の制定についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第24号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第24号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第16.議案第25号東村営体育館の設置及び使用に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。8番、池原憲勇君。



◆8番(池原憲勇君) 質疑を行います。

 説明の開けて色々使用料等が書かれてるんですが、この使用料は近隣市町村を参考にしてやったのか。それと、村民が今までは、火曜日とか何とかで夜よく使われているんですが、そういう方々の利用料、今までは無料だったと思うんですが、これからは、村民が夕方とか時間帯に体育館を使う場合にお金が出るのかどうか。その辺、お聞きしたいと思います。



○議長(安和敏幸君) 教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) ただいまの質問にお答えします。

 こちらの新しい料金は、近隣市町村の使用料を参考にしているということで、最初の提案説明でもありましたようにやっております。

 あと、村民の利用に関することですけども、基本的に村民が体育施設あるいは教育施設を利用する場合、無料でやっております。ただ、ほかの市町村からのスポーツ団体とか、その他の団体が利用する場合には、やはり、しっかり料金を取ってやるようにやってますので、村民の使用の促進を促すためにも、村民には、とにかくどんどん使っていただくという形でやっていますので、御理解、お願いしたいと思います。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) 村民は無料ということで理解してよろしいでしょうか。



○議長(安和敏幸君) 教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) 規定上、料金を設定してやっていますけども、例えば子供たちのスポーツグループとか、団体とかそういうところが来ると予算もないですので、そういう形では、一般の村民のほうも特に料金を取る方向では考えていません。



○議長(安和敏幸君) ほかに。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第25号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって、議案第25号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第17.議案第26号地方公務員法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 議案第26号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。投票総数7票、賛成7票、反対ゼロ。全会一致で賛成であります。したがって議案第26号は原案のとおり可決されました。

 この際、お諮りします。日程第18.議案第27号から日程第20.議案第29号までを一括して議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、日程第18.議案第27号から日程第20.議案第29号までを一括して議題とすることに決定しました。

 付託しておりました予算審査特別委員長の報告を求めます。予算審査特別委員長、平田嗣雄君。



◎予算審査特別委員長(平田嗣雄君) 



平成28年3月25日

 東村議会議長 安 和 敏 幸  殿

予算審査特別委員長 平 田 嗣 雄

委 員 会 審 査 報 告 書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので会議規則第77条の規定により報告します。



事件の番号件       名審査結果

議案第27号平成27年度東村一般会計補正予算(第7号)について原案のとおり可決すべきもの

(全会一致)

議案第28号平成27年度東村国民健康保険特別会計補正予算(第5号)について原案のとおり可決すべきもの

(全会一致)

議案第29号平成27年度東村簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について原案のとおり可決すべきもの

(全会一致)

 以上、報告申し上げます。



○議長(安和敏幸君) ただいま、予算審査特別委員長から報告が終わりました。

 この際、お諮りします。委員長に対する質疑終結、討論を終結することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、委員長に対する質疑終結、討論を終結することに決定しました。

 これより、採決を行います。

 お諮りします。まず、初めに、議案第27号について採決を行います。

 予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第27号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第27号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、議案第28号について採決を行います。

 予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第28号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって議案第28号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、議案第29号について採決を行います。

 予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第29号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第29号は委員長報告のとおり決定しました。

 暫時、休憩します。                                    (10時58分)

 それでは、再開いたします。                                (11時14分)

 この際、お諮りします。日程第21.議案第30号から日程第25.議案第34号までを一括して議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、日程第21.議案第30号から日程第25.議案第34号までを一括して議題とすることに決定しました。

 付託しておりました予算審査特別委員長の報告を求めます。予算審査特別委員長、平田嗣雄君。



◎予算審査特別委員長(平田嗣雄君) 

平成28年3月25日

 東村議会議長 安 和 敏 幸  殿

予算審査特別委員長 平 田 嗣 雄

委 員 会 審 査 報 告 書

 本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定したので会議規則第77条の規定により報告します。



事件の番号件       名審査結果

議案第30号平成28年度東村一般会計予算について原案のとおり可決すべきもの

(賛成多数)

議案第31号平成28年度東村国民健康保険特別会計予算について原案のとおり可決すべきもの

(全会一致)

議案第32号平成28年度東村後期高齢者医療保険特別会計予算について原案のとおり可決すべきもの

(全会一致)

議案第33号平成28年度東村簡易水道事業特別会計予算について原案のとおり可決すべきもの

(全会一致)

議案第34号平成28年度東村人材育成基金特別会計予算について原案のとおり可決すべきもの

(全会一致)

 なお、可決するに当たり、予算審査特別委員会において議案第30号については、付帯決議を採択したので申し添えます。

 以上、報告申し上げます。



○議長(安和敏幸君) ただいま、予算審査特別委員長から報告が終わりました。

 この際、お諮りします。委員長に対する質疑終結、討論を終結することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、委員長に対する質疑終結、討論を終結することに決定しました。

 これより、採決を行います。

 お諮りします。まず、初めに、議案第30号について採決を行います。

 予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第30号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議あり」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 異議がありますので、採決を行いたいと思います。

 この採決は、起立によって行います。

 この際、申し上げます。起立されない方は反対とみなします。

 それでは、お諮りします。議案第30号は原案のとおり決定することに賛成の方は御起立を願います。

(賛成者起立)



○議長(安和敏幸君) 起立多数です。よって、議案第30号は可決されました。

 次に、議案第31号について採決を行います。

 予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第31号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第31号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、議案第32号について採決を行います。

 予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第32号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第32号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、議案第33号について採決を行います。

 予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第33号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第33号は委員長報告のとおり決定いたしました。

 次に、議案第34号について採決を行います。

 予算審査特別委員長の報告は、原案のとおり可決すべきものです。議案第34号は委員長報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第34号は委員長報告のとおり決定しました。

 次に、日程第26.同意第1号教育委員会委員の任命についてを議題とします。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。

 同意第1号について、原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) これにて投票を終了いたします。

 投票の結果を報告いたします。

 暫時休憩します。                                     (11時25分)

 では、再開します。                                    (11時32分)

 改めまして、投票の結果を報告いたします。投票総数6票、賛成6票、反対ゼロ。なお、投票総数は出席議員数より1票不足しておりますが、これは棄権したものとみなします。したがって、賛成多数であります。同意第1号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第27.決議第1号沖縄県の道路網の整備促進に関する意見書を議題とします。

 趣旨説明を求めます。3番、神谷牧夫君。



◎3番(神谷牧夫君) 

 決議第1号

沖縄県の道路網の整備促進に関する意見書

 平成28年3月25日

 東村議会議長 安 和 敏 幸 殿

提出者 東村議会議員 神 谷 牧 夫

賛成者 東村議会議員 港 川 實 登

    東村議会議員 伊 佐 真 次

    東村議会議員 比 嘉 重 範

    東村議会議員 仲 嶺 眞 文

    東村議会議員 平 田 嗣 雄

    東村議会議員 池 原 憲 勇

 趣旨説明

 今後とも「沖縄21世紀ビジョン基本計画」に基づき、引き続き必要な道路が計画的かつ着実に整備されるよう要望するため、次のとおり提出する。

 宛先 内閣総理大臣 国土交通大臣 財務大臣 内閣官房長官 沖縄及び北方対策大臣 沖縄総合事務局長

沖縄県の道路網の整備促進に関する意見書

 沖縄県においては、昭和47年の復帰以来4次にわたる振興計画により着実に道路整備が進められ、道路は、県民のくらし、経済、文化等、あらゆる分野の向上・発展に大きな役割を果たしてきたところである。

 また、平成15年には沖縄都市モノレールが開業したものの、依然として陸上交通のほとんどが道路交通に大きく依存している状況である。

 このため、那覇空港・那覇港等の広域交流拠点に連絡する幹線道路ネットワークの構築及び慢性的な都市部の交通渋滞への対応とともに、観光振興・地域活性化の支援、災害対策など、増大・多様化する交通需要への対応が求められており、なお一層の道路網の体系的整備と質的向上が必要である。

 ついては、今後とも「沖縄21世紀ビジョン基本計画」に基づき、引き続き必要な道路が計画的かつ着実に整備されるよう、下記事項について特段の御配慮を強く要望する。



1.那覇空港広域交流拠点や主要拠点へのアクセス制を向上させ、産業振興や人、物の交流の迅速化を図るため、那覇空港自動車道(小禄道路)、沖縄西海岸道路、名護東道路(数久田から許田間)、南部東道路及びスマート・追加インターチェンジ等ハシゴ道路ネットワークの早期整備

2.都市部における交通渋滞を緩和し、環境改善や健全な市街地の形成を図るため、国道329号線西原バイパスを初めとする幹線道路の整備や主要交差点の改善整備

3.中北部地域までの定時・定速の公共交通ネットワークを形成するための沖縄都市モノレールについて、首里駅から沖縄自動車道までの延長整備促進

4.離島における生活圏域の広域化、一体化を促し、定住化の促進を図るため離島架橋等の整備促進

5.沖縄は台風常襲地帯であり、過去の電柱倒壊等の甚大な被害を踏まえ、防災機能の向上を図るとともに、質の高い観光・リゾート地の形成を図るための無電柱化、美しい道路景観の創出・保全、良質な道路緑化等の推進

6.国道58号線、331号線名護以北における高波対策及び拡幅整備促進

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

 平成28年3月25日

沖縄県東村議会



○議長(安和敏幸君) ただいま趣旨説明が終わりました。

 この際、お諮りします。質疑終結、委員会付託省略、討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、質疑終結、委員会付託省略、討論を終結することに決定しました。

 これより採決を行います。決議第1号は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、決議第1号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第28.決議第2号沖縄県の道路網の整備促進に関する決議を議題とします。趣旨説明を求めます。3番、神谷牧夫君。



◎3番(神谷牧夫君) 

 決議第2号

沖縄県の道路網の整備促進に関する決議

 平成28年3月25日

 東村議会議長 安 和 敏 幸 殿

提出者 東村議会議員 神 谷 牧 夫

賛成者 東村議会議員 港 川 實 登

    東村議会議員 伊 佐 真 次

    東村議会議員 比 嘉 重 範

    東村議会議員 仲 嶺 眞 文

    東村議会議員 平 田 嗣 雄

    東村議会議員 池 原 憲 勇

 趣旨説明

 今後とも「沖縄21世紀ビジョン基本計画」に基づき、引き続き必要な道路が計画的かつ着実に整備されるよう要望するため、次のとおり提出する。

沖縄県の道路網の整備促進に関する決議

 沖縄県においては、昭和47年の復帰以来4次にわたる振興計画により着実に道路整備が進められ、道路は、県民のくらし、経済、文化等、あらゆる分野の向上・発展に大きな役割を果たしてきたところである。

 また、平成15年には沖縄都市モノレールが開業したものの、依然として陸上交通のほとんどが道路交通に大きく依存している状況である。

 このため、那覇空港・那覇港等の広域交流拠点に連絡する幹線道路ネットワークの構築及び慢性的な都市部の交通渋滞への対応とともに、観光振興・地域活性化の支援、災害対策など、増大・多様化する交通需要への対応が求められており、なお一層の道路網の体系的整備と質的向上が必要である。

 ついては、今後とも「沖縄21世紀ビジョン基本計画」に基づき、引き続き必要な道路が計画的かつ着実に整備されるよう、下記事項について特段の御配慮を強く要望する。



1.那覇空港広域交流拠点や主要拠点へのアクセス制を向上させ、産業振興や人、物の交流の迅速化を図るため、那覇空港自動車道(小禄道路)、沖縄西海岸道路、名護東道路(数久田から許田間)、南部東道路及びスマート・追加インターチェンジ等ハシゴ道路ネットワークの早期整備

2.都市部における交通渋滞を緩和し、環境改善や健全な市街地の形成を図るため、国道329号線西原バイパスを初めとする幹線道路の整備や主要交差点の改善整備

3.中北部地域までの定時・定速の公共交通ネットワークを形成するための沖縄都市モノレールについて、首里駅から沖縄自動車道までの延長整備促進

4.離島における生活圏域の広域化、一体化を促し、定住化の促進を図るため離島架橋等の整備促進

5.沖縄は台風常襲地帯であり、過去の電柱倒壊等の甚大な被害を踏まえ、防災機能の向上を図るとともに、質の高い観光・リゾート地の形成を図るための無電柱化、美しい道路景観の創出・保全、良質な道路緑化等の推進

6.国道58号線、331号線名護以北における高波対策及び拡幅.整備促進

 以上決議する。

 平成28年3月25日

沖縄県東村議会

 以上です。



○議長(安和敏幸君) ただいま、趣旨説明が終わりました。

 この際、お諮りします。質疑終結、委員会付託省略、討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、質疑終結、委員会付託省略、討論を終結することに決定しました。

 これより、採決を行います。決議第2号は原案のとおり可決すること御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、決議第2号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第29.決議第3号米軍人による女性暴行事件に関する意見書を議題とします。

 趣旨説明を求めます。6番、比嘉重範君。



◎6番(比嘉重範君) 

 決議第3号

米軍人による女性暴行事件に関する意見書

 平成28年3月25日

 東村議会議長 安 和 敏 幸 殿

提出者 東村議会議員 比 嘉 重 範

賛成者 東村議会議員 港 川 實 登

    東村議会議員 伊 佐 真 次

    東村議会議員 神 谷 牧 夫

    東村議会議員 仲 嶺 眞 文

    東村議会議員 平 田 嗣 雄

    東村議会議員 池 原 憲 勇

 趣旨説明

 観光客の女性を暴行した事件は観光立県沖縄への誘客や地域住民の生活に多大な影響を及ぼす恐れがある。そのためこの事件に関し断固抗議し事件の再発防止に努めるよう次のとおり提出する。

米軍による女性暴行事件に関する意見書

 去る3月13日、那覇市内のビジネスホテルで、米軍キャンプ・シュワブ所属の海軍1等水兵が沖縄観光に訪れていた女性宿泊客に性的暴行を加えたとして、逮捕される事件が発生した。

 多くの観光客が宿泊し、安全・安心であるホテルで発生した今回の卑劣な事件は、女性の人権を蹂躙し、平穏な観光旅行を脅かすもので、県民、観光客と関連業界に大きな衝撃と不安を与えている。

 本議会は、米軍による事件・事故が発生するたびに抗議を行ってきたものの、綱紀粛正などの取り組みの実効性は全く見えておらず、米軍は今回の事件により県民及び観光客が一層恐怖にさらされている現実を受けとめ、抜本的な方策を講じ、具体的かつ実効性のある事件・事故防止策を実施すべきである。

 よって、東村議会は県民、観光客の人権と生命、財産と観光関連業界の経営を守る立場から米海軍1等水兵による許しがたい事件に関し、激しい怒りをこめて厳重に抗議するとともに関係機関に対して、下記事項の徹底、実現を強く求める。



 1 被疑者に対する厳正な対応と被害者への完全な補償を行うこと

 2 米軍人の教育徹底と綱紀粛正を図るとともに、県民、観光客と観光関連業者が安心して生活し営業できる実効性のある抜本的な再発防止策を講じること

 3 「日米地位協定」の抜本的な見直しを図ること

 4 在沖米軍基地の整理・縮小と米兵の削減を促進すること

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

 平成28年3月25日

沖縄県東村議会

 宛先 衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、内閣官房長官、外務大臣、防衛大臣、沖縄県及び北方対策担当大臣

 以上。



○議長(安和敏幸君) ただいま、趣旨説明が終わりました。

 この際、お諮りします。質疑終結、委員会付託省略、討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、質疑終結、委員会付託省略、討論を終結することに決定しました。

 これより、採決を行います。決議第3号は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、決議第3号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第30.決議第4号米軍人による女性暴行事件に関する抗議決議を議題とします。

 趣旨説明を求めます。6番、比嘉重範君。



◎6番(比嘉重範君) 

 決議第4号

米軍人による女性暴行事件に関する抗議決議

 平成28年3月25日

 東村議会議長 安 和 敏 幸 殿

提出者 東村議会議員 比 嘉 重 範

賛成者 東村議会議員 港 川 實 登

    東村議会議員 伊 佐 真 次

    東村議会議員 神 谷 牧 夫

    東村議会議員 仲 嶺 眞 文

    東村議会議員 平 田 嗣 雄

    東村議会議員 池 原 憲 勇

 趣旨説明

 観光客の女性を暴行した事件は観光立県沖縄への誘客や地域住民の生活に多大な影響を及ぼす恐れがある。そのためこの事件に関し断固抗議し事件の再発防止に努めるよう次のとおり提出する。

米軍人による女性暴行事件に関する抗議決議

 去る3月13日、那覇市内のビジネスホテルで、米軍キャンプ・シュワブ所属の海軍1等水兵が沖縄観光に訪れていた女性宿泊客に性的暴行を加えたとして、逮捕される事件が発生した。

 多くの観光客が宿泊し、安全・安心であるホテルで発生した今回の卑劣な事件は、女性の人権を蹂躙し、平穏な観光旅行を脅かすもので、県民、観光客と関連業界に大きな衝撃と不安を与えている。

 本議会は、米軍による事件・事故が発生するたびに抗議を行ってきたものの、綱紀粛正などの取り組みの実効性は全く見えておらず、米軍は今回の事件により県民及び観光客が一層恐怖にさらされている現実を受けとめ、抜本的な方策を講じ、具体的かつ実効性のある事件・事故防止策を実施すべきである。

 よって、東村議会は県民、観光客の人権と生命、財産と観光関連業界の経営を守る立場から米海軍1等水兵による許しがたい事件に関し、激しい怒りをこめて厳重に抗議するとともに関係機関に対して、下記事項の徹底、実現を強く求める。



 1 被疑者に対する厳正な対応と被害者への完全な補償を行うこと

 2 米軍人の教育徹底と綱紀粛正を図るとともに、県民、観光客と観光関連業者が安心して生活し営業できる実効性のある抜本的な再発防止策を講じること

 3 「日米地位協定」の抜本的な見直しを図ること

 4 在沖米軍基地の整理・縮小と米兵の削減を促進すること

 以上、決議する。

 平成28年3月25日

沖縄県東村議会

 宛先

 米国大統領、米国国防長官、米国国務長官、駐日米国大使、在日米軍司令官、在日米海軍司令官、在沖米海軍艦隊活動司令官、在沖米国総領事、在日米軍沖縄地域調整官

 以上。



○議長(安和敏幸君) ただいま、趣旨説明が終わりました。

 この際、お諮りします。質疑終結、委員会付託省略、討論を終結したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、質疑終結、委員会付託省略、討論を終結することに決定しました。

 これより採決を行います。決議第4号は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、決議第4号は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第31.閉会中の継続調査の申し出の件を議題とします。

 会議規則第75条の規定により、議会運営委員会ほか各常任委員会から別紙お配りのとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りします。申し出のとおり、閉会中の継続調査することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、申し出のとおり、閉会中の継続調査することに決定いたしました。

 次に、日程第32.議員派遣の件を議題とします。

 平成28年度の議会研修及び調査等に関する議員派遣は、お配りのとおり決定したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、平成28年度の議員研修及び調査等に係る議員派遣はお配りのとおり決定しました。

 今定例会において議決されました事件について、その条項、字句、数字、その他整理を要するものについては、整理を議長に一任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、さよう決定いたしました。

 以上で、本日の日程は全部終了をしました。

 会議を閉じます。平成28年第3回東村議会定例会を閉会します。お疲れさまでした。       (11時58分)



以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。


                東村議会

                議  長  安 和 敏 幸 

                署名議員  神 谷 牧 夫 

                署名議員  仲 嶺 眞 文