議事ロックス -地方議会議事録検索-


沖縄県 東村

平成 27年10月 臨時会(7回) 10月20日−01号




平成 27年10月 臨時会(7回) − 10月20日−01号









平成 27年10月 臨時会(7回)





△平成27年第7回東村議会臨時会会期日程




┌─────────────────────────────────────────────┐
│平成27年第7回東村議会臨時会会議録                            │
├─────────┬───────────────────────────────────┤
│招集年月日    │平成27年10月20日                           │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│招集場所     │東村議会議事堂                            │
├─────────┼───┬─────────────────┬───┬─────────┤
│開・閉の日時   │開会 │平成27年10月20日 午前10時00分  │議長 │安 和 敏 幸  │
│及び宣言     │閉会 │平成27年10月20日 午前11時13分  │議長 │安 和 敏 幸  │
├─────────┼───┼─────────────┬───┼───┴─────────┤
│出席(応招)議員 │議 席│氏   名        │議 席│氏   名        │
│         │番 号│             │番 号│             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │1  │港 川 實 登      │6  │比 嘉 重 範      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │2  │伊 佐 真 次      │7  │平 田 嗣 雄      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │3  │神 谷 牧 夫      │8  │池 原 憲 勇      │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │5  │仲 嶺 眞 文      │9  │安 和 敏 幸      │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│欠席(不応招)議員│   │             │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │   │             │   │             │
├─────────┼───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│会議録署名議員  │6  │比 嘉 重 範      │   │             │
│         ├───┼─────────────┼───┼─────────────┤
│         │7  │平 田 嗣 雄      │   │             │
├─────────┼───┴────┬────────┴───┴─────────────┤
│職務のために出席 │事務局長    │平 田 尚 樹                   │
│した者の職氏名  ├────────┼──────────────────────────┤
│         │臨時的職員   │親 泊 彩 華                   │
├─────────┼────────┼────────┬────────┬────────┤
│地方自治法第121│村長      │伊 集 盛 久 │教育課長    │比 嘉 鶴 見 │
│条により説明のため│副村長     │金 城 紀 昭 │        │        │
│出席した者の職氏名│教育長     │比 嘉 一 之 │        │        │
│         │総務財政課長  │福 永 政 也 │        │        │
│         │企画観光課長  │金 城 幸 人 │        │        │
│         │住民課長    │宮 城 調 秀 │        │        │
│         │福祉保健課長  │上 原 朝 文 │        │        │
│         │農林水産課長  │宮 城   準 │        │        │
└─────────┴────────┴────────┴────────┴────────┘






△平成27年第7回東村議会臨時会議事日程表(第1号)

平成27年10月20日

開 会 午前10時


┌────┬─────┬──────────────────────────────┐
│日程番号│議案番号 │件        名                    │
├────┼─────┼──────────────────────────────┤
│1   │     │会議録署名議員の指名(6番 比嘉重範君・7番 平田嗣雄君) │
│    │     │                              │
│2   │     │会期の決定                         │
│    │     │                              │
│3   │     │提案理由の一括説明                     │
│    │     │                              │
│4   │報告第8号│議会の委任による専決処分の報告について           │
│    │     │                       (報告・質疑)│
│5   │報告第9号│議会の委任による専決処分の報告について           │
│    │     │                       (報告・質疑)│
│6   │議案第56号│平成27年度東村一般会計補正予算(第3号)について      │
│    │     │               (内容説明・質疑・討論・採決)│
│7   │議案第57号│東漁港整備工事(H27−1)の請負契約について        │
│    │     │               (内容説明・質疑・討論・採決)│
└────┴─────┴──────────────────────────────┘






○議長(安和敏幸君) おはようございます。ただいまから平成27年第7回東村議会臨時会を開きます。

                                              (10時00分)



△日程第1.会議録署名議員の指名を行います。

 本日の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、6番、比嘉重範君、7番、平田嗣雄君を指名します。



△日程第2.会期の決定の件を議題とします。

 会期は、10月20日、本日限りの1日間にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、会期は、10月20日、本日限りの1日間に決定しました。

 次に、日程第3.提案理由の説明を一括して求めます。村長、伊集盛久君。



◎村長(伊集盛久君) 平成27年第7回東村議会臨時会において提案いたします議案について、一括して提案理由を申し上げます。

 報告第8号、議会の委任による専決処分の報告について(東村屋内運動場施設機能強化工事(その2)−1請負契約の変更)。

 平成27年6月29日議案第46号で議決された東村屋内運動場施設機能強化工事(その2)−1請負契約の変更について、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分したので報告します。

 報告第9号、議会の委任による専決処分の報告について(東村屋内運動場施設機能強化工事(その2)−1請負契約の変更)。

 平成27年6月29日議案第46号で議決された東村屋内運動場施設機能強化工事(その2)−1請負契約の変更について、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分したので報告します。

 議案第56号平成27年度東村一般会計補正予算(第3号)については、現時点における事務事業費の過不足を補うため、地方自治法第218条第1項の規定に基づき、提案します。

 議案第57号東漁港整備工事(H27−1)の請負契約については、平成27年10月16日指名競争入札に付した前記の事業について、契約を締結したので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第2条第1項の規定により、提案します。

 以上で、議案の一括説明といたしますが、御審議の上、原案どおりの議決を賜りますようお願いいたします。

 これで、提案理由の説明を終わります。



○議長(安和敏幸君) 提案理由の一括説明が終わりました。



△日程第4.報告第8号議会の委任による専決処分の報告についてを議題とします。

 報告を求めます。教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) 報告第8号議会の委任による専決処分の報告について。

 地方自治法第180条第1項の規定により、別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告する。平成27年10月20日提出。東村長、伊集盛久。

 次のページが告示の主となっております。そして、その次のページのほうですね、専決処分書の内容のほうを少し説明したいと思います。

 こちらの工事は、体育館のミーティングルーム・倉庫等の建物の工事となっております。契約金額が5,076万円。そして変更金額が210万7,000円、合計変更金額が5,286万7,000円となっております。専決日のほうは平成27年7月9日となっております。

 当初の計画では、既設建物体育館があるため、不発弾等の有無を想定していませんでしたが、過去に体育館周辺の平良集落内で不発弾が発見されていることがわかり、不発弾等磁気探査を実施することになったため、この変更となっております。

 なお、従来であれば本議案は専決後、直近の9月定例議会で報告すべきでありましたが、今回の臨時議会での報告になったことをお詫び申し上げます。今後は報告遅れがないように努めますので、御理解を賜りますようお願い申し上げます。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 報告が終わりました。

 それでは、これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) 専決3号と4号、同じ工事名で一緒だと思うんですが、なぜ7月9日、8月4日で契約、やり直してる、9月定例議会に間に合わなかったのか。それと、両方足すと400万超すということで議会、専決ではなくて400万以上で議会承認が必要になるのか。そういうのを意図的に分けたのか。

 それと、その210万と214万の契約の内容で、どういった工事の変わり方をしたのか、そこをちょっとお願いします。



○議長(安和敏幸君) 仲嶺議員、今の質問ですね、議案は今、1つしか提案されてませんので、2つに今、重なった意味の質問されてますので、この辺、ちょっと訂正してくれますか。



◆5番(仲嶺眞文君) 報告8号ですか、8号、9号、すいません、ちょっと分けて。じゃあ8号のほうで。

 その210万円に関する不発弾の調査とかっていうことではあるんですが、7月9日やられてます。なぜ9月の定例会にできなかったのか。実際、この210万円、不発弾調査でやったのか、入札残か考えられたりするんですが、その辺、もうちょっと詳しくお願いします。



○議長(安和敏幸君) 教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) ただいまの質問にお答えします。

 こっちは先ほど申し上げましたけれども、従来であれば9月の議会で報告すべきでありましたけれども、ちょっと私どもの認識不足で、当初の議会に提案した工事の際に5,000万以上のものが採択されれば、あとは決裁のみでという形の、専決のみでという形の誤解認識していたために、こちらのミスで報告遅れとなっております。

 以上です。(発言する者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑の趣旨が違いますよ。ほかに。いいですか。5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) 担当課は結局、その事務的ミスを認めるわけですね。



○議長(安和敏幸君) 教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) その辺も担当、私、課長含めて、職員のミスと認めます。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) では質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 次に、日程第5.報告第9号議会の委任による専決処分の報告についてを議題とします。

 報告を求めます。教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) 報告第9号議会の委任による専決処分の報告について。

 地方自治法第180条第1項の規定により別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告する。平成27年10月20日提出。東村長、伊集盛久。

 こちらも次のページは告示の内容であります。そして、専決処分書の文書の内容を説明します。

 これまでの契約金額は5,286万7,000円、そして変更金額が214万6,000円、合計変更金額が5,501万3,000円、専決年月日が27年8月14日となっております。

 こちらは、先程報告申し上げた専決第3号の磁気探査を行って異物が発見されたため、土工の部分が増となりました。そして、探査が発見されたコンクリートと鉄筋の撤去等が増となったためのものです。

 こちらの報告も、先ほどの報告同様、直近の9月定例議会で報告すべきでありましたけども、報告が遅れたことを重ねてお詫び申し上げたいと思います。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) 報告が終わりました。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) 報告の8号、9号、同じ工事だということで、その増額分はこちらのコンクリートとその鉄筋の破片が見つかって、撤去したということはわかるんですが、なぜ1回でできなかったのか。その辺ちょっと、事務的なことではあると思うんですが、こういう遅れてということであるんであれば、ちょっとまたそういうのが出ても困るし、その辺、ちょっとちゃんとしてほしいということと、意図的に分けたのかなと。両方足すと425万3,000円になるんですが、その辺、そうではないのか、それともどうだったのかを聞かせてほしいですね。



○議長(安和敏幸君) 教育課長、比嘉鶴見君。



◎教育課長(比嘉鶴見君) ただいまの質問にお答えします。

 仲嶺委員のおっしゃるとおり、合計金額では400万ありますけれども、こちらは分けたのは意図的ではございません。まず、最初にこの磁気探査を行った上で、異物が発見されるということですので、まずは磁気探査を行うことが最初にやるべきことで、その約1カ月後ですね、その中で発見された、不発弾ではないんですけれども、そういう磁気探査に感知される物が、特に金属等々が発見された部分があって、それをまた撤去しなくてはならないということで、2段階の専決処分となっております。御理解いただきたいと思います。



○議長(安和敏幸君) 5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) そういうことがないようにやっていただきたいと。

 それと、やっぱりこの議案書もらってから、やっぱり自分たちは目を通して聞かないといけないと。日程とかなんだ、そういった番号順というのもちょっと先走り過ぎましたんですが、村長、今後そういうことがないようによろしくお願いしますよ。



○議長(安和敏幸君) いいですか。ほかに質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 次に、日程第6.議案第56号平成27年度東村一般会計補正予算(第3号)についてを議題とします。

 内容説明を求めます。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 議案第56号平成27年度東村一般会計補正予算(第3号)についての内容説明を行います。

 歳入歳出それぞれ4,036万円の増額補正になっています。

 主な歳入については、13款の国庫支出金の63万6,000円、14款の県支出金で3,972万4,000円、これは主に沖縄振興特別推進交付金となっています。

 次に、主な歳出については2款1項で4,958万9,000円、うち28目の沖縄振興特別推進交付金が4,926万円、2款2項で71万4,000円、2款3項で25万円、3款1項で60万円となっています。その他については現時点での事務経費の過不足の対応の補正となっています。

 補正後の一般会計の予算総額は28億789万8,000円となっております。

 以上で、内容説明といたしますが、詳しい内容については各自、お目通しをお願いします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) 7ページ。区分で委託料1,832万円、それと備品購入費で3,093万円ということですが、どういったことなのか、その辺をお願いします。



○議長(安和敏幸君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいま仲嶺議員の御質問にお答えします。

 13節委託料ですね。トータル1,832万4,000円の内訳です。

 村民の森、つつじ園エコパークの施設機能強化事業で631万6,000円です。地域活性化拠点事業で460万円、新しい地域公共交通調査事業で740万8,000円。ちなみに地域活動拠点活性化事業460万円というのは、現在、高江区の公民館の基本設計を予定しております。新しい地域公共交通調査費というのは、現在、村内には福祉保健課のほうで行ってる、福祉課じゃない、大変失礼しました、村の社協のほうで行ってますが、送迎バスとか今後、予想される平成29年度には中学校の統合が予想され、それに伴ってマイクロバス、スクールバスですか、その辺が動きますので、今後、そういった乗り物合わせをどうやっていくかということで、調査委託費の740万8,000円を組んでおります。

 続きまして、18節の備品購入ですね。これは、同じく一括金交付事業で、東村防災情報伝達手段構築事業、土砂災害がうちの本村がちょっと多くありまして、その土砂災害に向けて各戸別の受信機、ちっちゃいラジオみたいな戸別受信機なんですけど、それを設置を予定しております。戸数的には、全体には337台を予定しております。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) よろしいですか。5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) 村民の森の東屋が460万ですか、交通委託、公共交通のあり方とかって七百……631万円っていうのがちょっと何だったかわからないんですが、地域活動拠点高江公民館の460万、備品購入でも337台で3,000万、1台いくらぐらいするのかどうなのかわからんけど、例えば、希望があったら全体に入れるんですか。その辺の何て言うの、計画というか。有銘の場合は難視聴地域、ハウリングして聞こえないところが多々あって、今、入ってます。自分の実家のほうも入ってます。やっぱり大事だと思います。台風時に一生懸命放送されてるんですが、外に出ないと聞こえないというところも多分、あると思いますので、できるだけその337台をつけるんじゃなくて、もし必要だという方があるんであればこの辺、区長会通して調査して、(聴取不能)どうなのかわかりませんが、その337台分の1個としての単価がわかるんであれば、それを教えてもらえないですかね。



○議長(安和敏幸君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの仲嶺議員の御質問にお答えします。

 トータルでは3,000万ぐらいの予算額ではあるんですが、1個の値段にしては単純に3,000万を300で割るのかっていう話になると、単純に計算は出てきますが、大変すいません、単価的には1個の単価は私のほうの手元にはございませんので、後ほど議員のほうに資料を提供したいと思います。

 この337台の内訳は、沖縄県が地域防災計画書というのをつくっておりまして、これは東村の土砂災害の地域は高江にはいくらですよ、宮城には何個ありますよという県が出したものの337台であります。議員御指摘のとおり、台風時には皆さん、皆ドアを閉めてなかなか聞きづらいという面があるんですけれども、今回、私どもの一括交付金の事業では、この土砂災害地域の安全性を確保するために、情報提供するためにということで337台を予定しております。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。3番、神谷牧夫君。



◆3番(神谷牧夫君) 今の337台、もう少し詳しく説明してもらいたい。これはどういうふうにして配付するの、それとも公共関係のところだけ配付なのか、個人にもやってるのか。これ、もう少し詳しく説明してもらえないですか。



○議長(安和敏幸君) 総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) ただいまの神谷議員の御質問にお答えします。

 337台は、主に個人の家庭のほうに予定してます。公共のところは各字公民館にはもう既に入ってますので、337台の内訳としては高江から有銘までのトータルの内訳であります。

 以上です。(発言する者あり)



○議長(安和敏幸君) 手を挙げてください。挙手してください、挙手。総務財政課長、福永政也君。



◎総務財政課長(福永政也君) 説明足らずですいません。確かに、議員御指摘のとおり、もう戸数的には決まってるんですね、この設置箇所が。だったら川田の何番地、高江の何番地というのがこの資料には入ってないもんですから、これをつくった県の防災会議のほうに提供を依頼したいというふうに思ってます。この数字から出しました337台であります。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第56号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第56号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。それでは、議案第56号について原案のとおり可決することの賛否について、投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) それでは、実は、押しボタン式投票で行う予定でした。機械の故障が発覚しまして、簡易採決にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) それでは、議案第56号について原案のとおり採決したいと思います。よろしいですか。原案のとおり可決したいと思います。それについて御異議ございませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、議案第56号は可決されました。

 次に、日程第7.議案第57号東漁港整備工事(H27−1)の請負契約についてを議題とします。

 内容説明を求めます。農林水産課長、宮城準君。



◎農林水産課長(宮城準君) 議案第57号の内容説明を行います。

 東漁港整備工事(H27−1)の請負契約について。

 東村財務規則第14条の規定に基づき、平成27年10月16日指名競争入札をしました。東漁港整備工事(H27−1)について。下記のとおり工事請負契約を締結するため、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 記。1、契約目的、東漁港整備工事(H27−1)。2、契約の方法、指名競争入札による契約。3、契約の金額、6,264万円。4、契約の相手方、東村字有銘27番地3有限会社田場組、代表取締役田場兼公。平成27年10月20日提出。東村長、伊集盛久。

 提案理由については省略します。

 以上で、内容説明といたします。



○議長(安和敏幸君) 内容説明が終わりました。

 これより質疑を行います。質疑の発言を許します。質疑はありませんか。5番、仲嶺眞文君。



◆5番(仲嶺眞文君) 東漁港整備工事ということで、契約金額6,200万余り、60万余りですが、落札率というかどの程度だったのかということと、整備工事ということで最近、何か現場、ちょっと浚渫等あったみたいなんですが、それとどう変わるのか。ちょっと工事内容等、お願いします。



○議長(安和敏幸君) 暫時休憩します。                          (10時32分)

 再開します。                                       (10時34分)

 農林水産課長、宮城準君。



◎農林水産課長(宮城準君) ただいまの仲嶺議員の御質問にお答えします。

 落札率は99.37%でありました。

 今回の工事と、実は去った9月いっぱいで終わった工事がありますが、9月いっぱい終わった工事は平成26年度の明繰の事業になります。今回の事業は平成27年度の事業で、9月いっぱいで終わった工事は東側、主に委員の皆さん、示しているのは今回、やる予定の南側と西の側になってます。その反対側のかさ上げをやりました。

 今回の工事もかさ上げです。そして、前回の工事で泊地浚渫をしましたので、台風時にここに5トン以上クラスの船を受け入れるような形でかさ上げをいたします。そういう工事内容になってます。

 以上です。



○議長(安和敏幸君) ほかに質疑はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) では、質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっております議案第57号は、会議規則第39条第3項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。したがって、議案第57号は委員会の付託を省略することに決定しました。

 これより討論を行います。討論の発言を許します。討論はありませんか。

(「なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。

 それでは、これより採決を行います。この採決は押しボタン式投票で行います。議案第57号について原案のとおり可決することの賛否について投票ボタンをお押し願います。

(投 票)



○議長(安和敏幸君) 1人反対の方、押してください。

 押しボタン式の採決をする予定でしたが、故障でできなくなりましたので、簡易評決にて行いたいと思います。その簡易評決について御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) それでは、議案第57号は原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、議案第57号は原案のとおり可決されました。

 今臨時会において議決されました事件について、その条項、字句、数字、その他整理を要するものについては、その整理を議長に一任されたいと思います。これに御異議ありませんか。

(「異議なし」と言う者あり)



○議長(安和敏幸君) 「異議なし」と認めます。よって、さよう決定しました。

 以上で、本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 平成27年第7回東村議会臨時会を閉会します。御苦労さんでした。               (11時13分)



以上、地方自治法第123条第2項の規定に基づき署名する。


                東村議会

                議  長  安 和 敏 幸 

                署名議員  比 嘉 重 範 

                署名議員  平 田 嗣 雄